渚「朋也くん、今日も帰り遅かったですね……」(793)

朋也「悪いな渚……。今日も作業が長引いちまってさ」

渚「いいんです。仕方ないです。お仕事なんですから」

クンクン
渚「あれ、なんでしょう。朋也くんの服からとってもいい匂いがします。香水みたいな」

朋也「き、気のせいだろ……!」

渚「そうなんでしょうか」

朋也「そうに決まってるだろ。仕事で汗だくなんだからよ」

渚「あ、そうでした、えへへ。そう思ってお風呂沸かしておきましたから、どうぞ冷めない温まってください」

朋也「もう沸かしてあるのか?」

渚「はい。そろそろ朋也くんが仕事で疲れて帰ってくるんじゃないかと思ってましたので」

朋也「渚……」

渚「どうしたんですか、あまり嬉しそうじゃないです……。先にお食事の方が良かったですか?」

朋也「あ、いや、違うんだ。よーし、じゃあ風呂入って汗流してくっかー」

渚「では朋也くんがお風呂に入ってる間、洗濯の準備をしてしまいましょう」





渚「だんご、だんご~♪」

渚「ふぇ? 朋也くんの脱いだ服のポケットの中に何か入ってます……」

ゴソゴソ

渚「これは、マッチ箱……でしょうか?」

渚「何で朋也くんがこんな物を」

渚「はて。朋也くんは普段タバコを吸わない方だと思ってましたが……。
   お父さんからいただいたのでしょうか?」

渚「箱に名前が書いてあります。バー『愛の巣』?」

渚「バー……?」

数分後

朋也「ふぅ、いい湯だったなー」

渚「あのぉー、朋也くん」

朋也「ん、どうした?」

渚「……」

渚「いえ、なんでもないです。さあ、こんな時間ですけど晩御飯にしましょう」

朋也「ああ」

渚(なんか怖くて聞けませんでした……)

ここまでどんな苦労して辿り着いたと思ってるんだ朋也…
まさかバーで女性陣が働いてるって事は無いだろうが…

朋也「汐はもう寝てるみたいだな」

渚「はい。朋也くんが帰ってくるまで起きてるって張り切ってましたけど、さすがに寝ちゃったようです」

朋也「そうか……」

渚「……。朋也くん?」

朋也「あ、いや。だったら、起こさないようにできるだけ静かにしないとな」

渚「はい」

渚「……」

春原に浮気してたんだったら絶対許さない

小清水も絶対許さない

いや・・・これは生活費を稼ぐために朋也がホストでバイトしてるだけだ

だがそこで杏に見つかってしまい脅されて・・・・

数分後

朋也「じゃあそろそろ俺たちも寝るか」

渚「はい」

パッ

渚「……」

渚(結局、あのマッチ箱のこと聞くことができませんでした……)

渚(もしかしたら、朋也くん……)

渚(そ、そんな訳ありません! 朋也くんに限ってそんなことゼッタイ、ゼッタイありえないです)

渚(きっと何かの間違いです。明日も朋也くんと汐ちゃんのお弁当作らなければいけませんし、
   こんなこと早く忘れて寝ましょう)





モゾモゾ
汐「……」

渚「……。汐ちゃん? 目が覚めちゃったんでしょうか。おしっこですか?」

汐「においがする」

渚「におい……? 何の匂いでしょうか?」

汐「せんせいのにおいがする」

渚「先生?」

杏か 安心した

汐「うしおのようちえんのせんせい」

渚「というと、もしかして杏ちゃんのことですか?」

汐「うん」

渚「クンクン。全然、そんな匂いしないです……」

汐「あそこからにおいがするー」

渚「……!」

渚(あれは朋也くんの上着……)

晴子さん(Air)→秋子さん(KANON)→美佐枝さん(CLANNAD)→がっかり(リトバス)

渚(匂いが気になってしまったので、ハンガーにかけたまま洗濯するのを忘れていました……)

渚(ということは、あの匂いはもしかして杏ちゃんの匂いなんでしょうか……)

渚「汐ちゃん。本当にあの服から汐ちゃんの先生の匂いがするんですか……?」

汐「うん」

渚「本当に本当ですか……?」

汐「ほんとにほんとー」

渚「……」

渚(どうして……なんでしょうか……)

意表をついて風子がいいと思うよ?

>>76
おいはるにゃんとさささささささみをがっかりとはどういう了見だ

>>81
まて!非攻略キャラでがっかりということだ
あ、美佐枝さんは攻略できたな

>>87
ほう では誰だね

>>90
晴子さん、秋子さん、佐々美様攻略できなくてがっかりだな正しくは
俺が好きになるキャラ非攻略キャラばっか

>>96
お前にがっかりだよ俺は
今すぐEX買ってこいですわ

次の日

朋也「じゃあ、俺は仕事行ってくるから。汐の方よろしく頼んだぞ」

渚「……」

朋也「ん。聞こえてるのか、渚? 渚?」

渚「あ、す、すみません。ついボーっとしてしまったので……」

朋也「なんだか今日は元気ないな。大丈夫か?」

渚「ぜ、全然、平気です! ちゃんと汐ちゃんを幼稚園まで送ってきますので心配しないでください」

朋也「頼んだぞ。それじゃ、行ってくる」

バタン

渚「……。朋也くん」

杏がワキガって妙にリアリティあって嫌だ

>>110
いや椋の方が…

風子「足でイクなんて最悪です」
朋也「うぅ!」

幼稚園

渚「……」

杏「なに新婚ほやほやのワイフが、幸薄そうな顔してるの」

渚「あ、杏ちゃん……。じゃなくて杏先生」

杏「いやねぇー、いつもどおりの呼び方でいいわよ」

渚「そ、そうですか。じゃあ杏ちゃん。えへへ……」

汐の策略だな

渚「今日も汐ちゃんのことよろしくお願いしますです」

杏「安心して。あんたの旦那と違って、汐ちゃんはとっても素直でいい子だから。ねー」

汐「うん! いいこ!」

渚「えへへ、それはよかったです……」

杏「どうしたのよ? 今日はやけにしょんぼりしてるわね。何か悩み事?」

渚「あ、いえ……」

杏「相談に乗るわよ。あ、わかった! 朋也とケンカでもしたんでしょ??」

渚「そ、そんなことはありません……! 朋也くんとは今も仲良しです」

杏「……。そっかー」

渚「今日も汐ちゃんのことよろしくお願いしますです」

臭「安心して。あんたの旦那と違って、汐ちゃんはとっても素直でいい子だから。ねー」

汐「うんこ!」

渚「えへへ、それはよかったです……」

臭「どうしたのよ? 今日はやけにしょんぼりしてるわね。何か悩み事?」

渚「あ、いえ……」

臭「相談に乗るわよ。あ、わかった! 朋也とケンカでもしたんでしょ??」

渚「そ、そんなことはありません……! 朋也くんとは今も仲良しです」

臭「……。そっかー」


これでいいだろ

早く書け寝れねえだろうが

杏「で、本当のところ何なのよ? 話してごらんなさいって」

渚「いえ、本当になにも……」

杏「まったく。相変わらずね、自分ひとりで辛いこととかしょいこんじゃうその性格」

渚「すみません」

杏「謝るくらいなら話しなさいよ。私で力になれることなら何でもしてあげるからさ!」

渚「……」

渚「あの……大したことではないんですけど」

杏「なになにー?」

渚「実は杏ちゃんに少しだけ聞きたいことが……あるんです……」

杏「私に?」

渚「と、特に深い意味はないので、怒らないで答えてくださいね」

杏「平気平気。なんだか知らないけど私はすっごく気が長いんだから。
   前口上はいいから早く早く」

渚「あのですね……」

渚「最近、どこかで朋也くんと二人で会ったりしましたか?」

杏「え?」

渚「……」

渚「す、すみません……。本当にすみません! 突然変な質問して。やっぱり私おかしいですよね」

杏「……」

杏「……会ってないよ」

渚「嘘だっ!!!!」

杏「…」

渚「し、死んでる…」

まとめブログくれ

朋也のちんぽみるく大人気すぎて嫉妬

杏の腋舐めたい

渚「あ、あの……杏ちゃん?」

杏「……」

杏「そりゃたくさん会ってるに決まってるでしょ~!」

渚「ふ、ふぇ!?」

杏「汐ちゃんの入園当初から今に至るまでね。
   汐ちゃんが幼稚園でどんな風にすごしてるかとかを教えるくらいするでしょーに」

渚「あ……」

杏「母親のあんたにばかりそういうこと話してたんじゃ、あいつ任せっきりに
   なるんじゃないかと思ってさ。ときたま合間を縫って報告してやってるって訳」

渚「夜のお店とかで、ですか……」

杏「ちょ……!? な、何言ってるのよ……。そ、そんないかがわしい場所でなんかじゃないわよ!」

杏「そもそも、どうしてそうなるのよ?」

渚「あ、す、すすすいません! つい……」

杏「ついってねえ、あんた……。どうしてそんなこと思ってるのか言ってみなさいよ」

渚「……」

杏「ここまで来たらもう何も隠すことなんかないでしょ!?」

渚「え、あ……はい。じ、実は昨日、朋也くんが……」

かくかくしかじか

渚「というわけでして……もしかしたらと」

杏「あのねぇ! 朋也の服から何が出てこようがどんな匂いがしようが私の知ったことじゃないわよ!」

渚「ひぇ……! す、すみません、しゅみません!」

杏「まさかとは思うけどあんた。私があんたの旦那をたぶらかしてるって言いたいんじゃないでしょうね?」

渚「け、決してそんなことは……」

杏「ふん。どうだか」

喧嘩しないで

杏が横取りルートか

杏「朋也ぁ今日も朋也のちんぽみるくのませてぇ」
朋也「今日はさすがにはやく帰らないと…うわっ」
ジジー(ズボンのジッパー降ろす)
杏「こんなに腫らしといてこのまま帰れないわよね~ンン゙ブチュッブチュッチュパ…」
的な展開まだすか?

ことみはAの嫁だから。

いや俺の嫁だよ

汐「パパァ、どこいくのぉ?」

朋也「ちょっと汐んとこの保育園で種まきするんだ」

杏「大体、そんなこと私に聞く前に直接本人に聞けばいいじゃない!」

渚「や、やっぱりそうですよね……」

杏「なんでよりによって私……!?」

杏「まあ今晩あたりにでもじっくり話し合うことね。それじゃ、私はそろそろ戻るから」

渚「あ、はい。あ、あの、色々とすみませんでした……」

杏「もういいわよ。それじゃ、また午後になったら迎えに来てね」

タッタッタッタ

渚「……」

渚「もし、相手が杏ちゃんだったとしたら、私はどうすればいいんでしょうか……」

渚「……」

渚「いえ、例え相手が杏ちゃんだったとしても……。このことばかりはゼッタイに許せません……」

美凪、初めて会ったのは暑い夏の日だったね。

あの時の美凪はみちると一緒にシャボン玉を吹いていたっけ。

Aが一緒に吹くと美凪より上手くできて、みちるが驚いていたなぁ。

A「結婚しないか?」

美凪「…はい」ポ

顔を赤くしてAに答えてくれたね。

愛しているよ美凪。

>>219
死にたまへ

もう寝る

>>221

ことみ、美凪、杏、渚は既にAの物。残念。

詳しくは
ことみ(愛人)
美凪(嫁)
杏(セフレ)
渚(性奴隷)

モテるって以外とつらいよ。

有紀寧(笑)はいらないからお前にあげる。

星じゃないですヒトデです!
なんでふーこが星なんか作らなきゃいけないのか意味分かりません!!

 風子「最悪が駄目なら……」
 風子「岡崎さんっ」
 岡崎「あー?」
 風子「最低です!」
 岡崎「……」
 風子「……」
 岡崎「…すまん、もう一回……」
 風子「そこはかとなく最低ですっ!」
 岡崎「……もう一回……」
 風子「ぷち最低です!!」
 岡崎「(.´Д`)ハァハァ」





 風子「貴方って本当に最低の屑ね!」
 岡崎「お、おれ…うっ…年下に…何てことを言わせて……っ!
    …ら…らめぇええええええ!言葉だけでイっちゃうのぉおおおおお!」
 風子「あら、無様ね。いいわ。好きなだけイきなさい。この変態ロリコン野郎」
 岡崎「あぁあああああ!い、イきます!ふ、風子様のっ!黒ストにぃいいいいい!」
 風子「ホラホラ」
 岡崎「うあっ!あ、あ、お、親指でぇえっ!い、いいいいじられたらぁ、
    あ、い、いくぅううううう!」
ビクビクッ
 風子「こんなに出しちゃって……ふふ、これはもう捌けないわね。
    責任、とってもらおうかしら」
 岡崎「……は、はい……女王さまぁ……」

春原「…」
朋也「…」
杏「…」

こいつらこそっと3Pとかしてそうだ

帰り道

トボトボ
渚「……。一体どうすれば……」

パッパッパー!!
↑車のクラクションの音

渚「え?」

春原「おーい、渚ちゃーん。久しぶりぃ~!」

渚「す、春原さん? どうしたんですか?」

春原「いやね。せっかくの有給休暇だからさ、この機会に岡崎たちにも顔出しておこうかなって思ってさ。
    きっとここ最近、僕に会えなくて岡崎も寂しがってるんだろうしーさぁ!」

渚「そうだったんですか」

春原「今、丁度渚ちゃんたちの家に向かってるところだったんだけど。迷惑だったー?」

渚「そんなことありません、大歓迎です。今、朋也くんはお仕事中で家に居ませんけど
   今日は特に遅くならないと言ってましたので、少し待っていただければ」

春原「そっかー。じゃあ、どうせなら渚ちゃんも家まで送ってくよ」

渚「え。よろしいんですか?」

春原「いいっていいって。まだ免許取立てだけど、事故らないから大丈夫だよ~」

渚「それではお言葉に甘えて」

ブロロロロロ…

汐×春原…

渚「わぁ。とっても運転お上手です」

春原「えっへっへー。そうでしょ。そりゃかなり練習したもんね~」

渚「えへへ。春原さんもあれからまったくお変わりなく、安心しました」

春原「渚ちゃんの方こそ相変わらず幸せそうだね。うらやましいよ」

渚「え……」

春原「ん?」

渚「は、はいとても幸せです。朋也くんがいつも優しくしてくれますので」

春原「……。やれやれ、渚ちゃんもつくづく嘘をつけない子だね~」

渚「え……。わ、私嘘なんかつ、ついてません」

やっぱ春原はヒーローだよ
かっこ良すぎ…

春原「今思えばさっき道で僕が声かける前から様子おかしかったもんね」

渚「あぅ……」

渚「す、すみません……」

春原「一体どうしたのさ? まあ今の渚ちゃんがこんなに深く思いつめるなんてこと
    岡崎が絡んでもなきゃ、ありえないからなー」

渚「……」

春原「話すだけ話してみなよ。僕なんかじゃ役に立たないことかもしれないけど、
    渚ちゃんの気持ちが少しくらいは楽になるかもしれないよ」

渚「……。はい」

かくかくしかじか

春原「ぬええぇぇぇぇー!! あ、あの岡崎がっ!?」

渚「はい……」

春原「夜のバーで女と密会ぃぃ!?」

渚「はい……」

春原「しかもその相手はあの藤林杏ぅぅ!!!」

渚「あ、で、でもまだ必ずしもそうと決まったわけではないんです……。
   私の早とちりかもしれませんし」

春原「でも岡崎の衣服から、いかがわしそうな名前のバーのマッチ箱が出てきて、
   しかもいかがわしそうな女物の香水の匂いが漂ってきたんだよねーっ!?」 

渚「は、はぃ……」

春原「くそーっ。岡崎のヤツぅ、なんで僕も誘わなかったんだ。
    杏はともかく、僕だって若女将の酌をぉ!!」

渚「春原さん……!」

春原「あ、ゴメン……。真面目に考えます」

春原「でも、今渚ちゃんが言ったことが本当なら、残念だけど
    岡崎が二股かけてるってことはほぼ確実だね」

渚「……」

春原「それに今朝、藤林杏の挙動がおかしかったっていうなら多分、相手は……」

渚「はい、そうかもしれません。でも朋也くんも杏ちゃんも、今まで私のことを何度も助けてくれました。
   そんな二人を疑うなんてこと……本当はしたくないんです……」

春原「だからって、このままでいいのー? 
    ずっとこんな状態続けてたらいつか収拾つかなくなるよ?」

渚「……」

春原「岡崎本人に直接そのことについて聞いた方がいいと思うけどね。
    あいつもそんなに往生際悪い奴じゃないし」

渚「聞く勇気がないんです……。そのことを言ったら今までのように朋也くんと
   接していけなくなってしまうんじゃないかと思えてしまって……グスッ」

春原「どうしたもんかねー……。じゃあさー、こうしてみなよ?」

春原「今から興信所に行って、岡崎の素行調査をしてもらいなよ」

渚「素行調査ですか?」

春原「それで結果がわかれば、渚ちゃんも色々と決心がつくんじゃない」

渚「でも朋也くんにそんな見張りを付けるみたいなことをするのは……」

春原「見張るんじゃなくて、自分の夫の無実を証明する為にやることだと思えばいいじゃん」

渚「……」

春原「まあ、他人の僕が無理にとは言わないけどさ。少なくとも、今のまま続けていくよりはいいと思うよ」

渚「春原さん……」

春原「そこの角行くと興信所あるけど。どうする、曲がる?」

渚「……。お願いします」

春原「へっへー。そうこなくっちゃね~!」

芽衣「少し頭冷やそうか…」

朋也「ごめんなさいもうしまsぎゃああああ」

数分後

春原「うしっ。調査依頼したし、これでとりあえず今やれることは全部やったね」

渚「本当にこれでよかったんでしょうか……」

春原「まあどういう結果になるかはわからないけど、
    とにかく岡崎を」

春原「ここから渚ちゃんの家まではそんなに遠くないから、歩いて帰れるよね」

渚「え、春原さんもおいでなるんじゃなかったんですか?」

春原「なんか、そんな話聞いてたら岡崎と会いたくなくなっちゃったからさ……」

渚「あ、ごめんなさいです……。私のせいで」

春原「僕が気分屋なだけだから気にしなくていいよ」

春原「まあ、気長に興信所からの連絡を待つことだね。それからどうするかは渚ちゃん次第だし」

渚「なんだか結果を知るのがすごく怖いです……」

春原「平気だって。僕もなんだかんだで岡崎が不倫してるって決め付けてたけど
    やっぱり岡崎に限って、渚ちゃんを裏切るなんてこと絶対ありえないよ。
    とにかくまた何かあったらいつでも呼んでよ。僕、渚ちゃんの為だったら地球の裏側からでも駆けつけちゃうよ!」

渚「本当にありがとうございます……。今日は春原さんと会えて本当によかったです」

春原「そんじゃ~ね!」

ブロロロロロ…

渚「……」

渚「春原さん、行っちゃいました……。この気持ちは何なんでしょうか……」

トモヤいらねえ春原でいい

負けねえ!!!!!!!!!絶対負けねえ!!!!!!

俺の美凪への想いは負けない
誰にも負けない!!!
俺の想いよ、美凪に届け!
この星空の元で俺は美凪に毎日想いを馳せる

そんな俺にどうかこの空よ、祝福を―

そしてなにより 美凪、みちる、この空よ祝福を!

姉妹愛よ、永遠なれ!

届け、届け!!!
美凪の想い、みちるの想い!!!

俺の想いよ、美凪に届け!!!

>>355

またお前か…

数日後

寮母「春原さん、お電話ですよ。岡崎さんって方から」

春原「ほーい。どっち岡崎だろ? もしもぉーし、春原ですけど~」

渚『えぐっ、えぐっ、す、すの、春原さぁん……うぅぅ』

春原「な、渚ちゃん……? 一体どうしたの、何があったのさ!?」

渚『わたし、わたし、どうしたらいいかぁぁ……ひくっひくっ』

春原「と、とりあえず今そっち行くから」

なぜおいついた

ひとで☆

リトバスやったけどさー・・クロスチャンネルの方が五倍くらいよかった

新聞紙ブレードは軽く引いた

支援

すぱぱぱぱぱぱぱぱぱんっ

無念なりー

はるにゃんが可愛かった
小毬ちゃんは痛そうだったな…

まともな人間が一人たりともいないからなリトバス

謙吾はまともだったのに…

どうしてこうなった…

渚「……」

春原「渚ちゃん……この写真」

渚「朋也くんが残業だと言っていた日の夜に撮ったものらしいです……」

渚「この写真の朋也くんとっても楽しそうです……。私なんかと一緒に居るときよりずっと……」

渚「当たり前ですよね……私より杏ちゃんの方がずっと素敵ですから……」

春原「渚ちゃん……」

渚「こんなことするも納得です……」
心ここに在らずの渚は、机の上にもう一枚写真を差し出した。

春原「!」

春原「あの二人……チューまで」

渚「……」

☆ひとで☆

宇和ああああああああああああああああああああああああああああああ

風子「今日の岡崎さんいつもより激しいです!」
岡崎「いやっほおおおおう岡崎最高ーーーーーー!」

これが昼ドラの人生……



リトバスはまともな人ばかりなのに(小毬は例外)どこかズレてるんだよなあ……

>>399 なん・・・だと

俺はCLANNADの方がまともに思えている。俺も犯されたか

渚「その時、お二人がしてた会話がこれだそうです……」

渚はおもむろに、興信所から渡されたカセットテープを再生し始めた。

ガチャ

杏『ねえ、本当にいいの? ここ最近、高い店ばかりじゃない』

朋也『感謝しろよ。渚と俺で貯めた貯金まではたいてやってるんだから』

杏『そんなお金まで手を出しちゃうなんて、あんたも最低ねー。
   まあ、そこまでしてくれるのは嬉しいけどさ、あはは!』

朋也『ああ。渚には悪いと思ってるよ……』

杏『でも続けちゃうんだ。あんたも意思が弱いのねー』

朋也『いつかはやめるつもりだ。バレない内にな……』

杏『何言ってるのよ? さすがの渚もいい加減気づき始めてるわよ。
   私なんてこの前、鎌かけられたんだから!』

朋也『マジか!?』

杏『大マジよ。二人だけで会ってないか?ってね。あんたの方は何かあの子から聞かれてない?』

朋也『いや、俺の方は特に……。知らなかった、渚がそこまで感づいてたなんて……』

杏『あんたには何にも聞かないってことは、もしかしたら真剣に離婚まで考え始めてるかもしれないわね~』

朋也『おい……』

杏『まあ、その方が私にとって好都合だけどね。これで気兼ねなくあんたと一緒になれる訳だし』

朋也『やめろって……。まだ俺はそこまで』

杏『何よ? じゃあ、所詮私とは遊びだっていう訳!?』

朋也『そういうことじゃねーよ……』

杏『じゃあ、私と渚どっちが好きか答えてよ!』

朋也『どうしてそうなるんだ』

杏『いいから答えなさいよっ!!』

朋也『はぁ……。お前に決まってるだろ』

杏『……。あはは、それが聞きたかったのよ』

朋也『バーカ』

チュ…


春原「……」

渚「えぐっえぐっ……」ポロポロ…

ううううううわああああああああああああああああああああ

杏の脳内再生率が異常

水月しねえええええええええええええええ

今日も書くの遅いな

>>444
速瀬より雪さんが先に出てきた俺はちょっとマヨイガ逝ってくる

杏『ほんと、汐ちゃんに感謝しないとねー』

朋也『なんでだ?』

杏『だってあの子が私の教え子になってくれたおかげで、あんたに近づく口述がいっぱいできたんだもん』

朋也『そういやそうだな。汐が入園してから俺たち何かと会う数が増えたっけな」

杏『でも、もしあんたが私と一緒になったらあの子連れてこないでよ?』

朋也『ああ?』

杏『だって渚の生き写しの子と一緒に暮らすなんて、なんかイヤだし』

朋也『ったく。仮にも俺の子なんだぞ、悪く言うな』

杏『あっはは。ごめん、これで許して』

チュ チュ チュ…

春原「な、渚ちゃん。もういいよ……」

パチッ
渚「えぐっ、えぐっ……。春原さん、春原さ……ああぁぁぁぁぁぁ」ポロポロポロ…

最終的に
杏「あはは、とうとうできちゃったね…責任取ってくれるんだよね?」
智代「私もだ……岡崎、けじめをつけてもらおう」
ことみ「私もなの。ひらがなよっつでにんしんなの」
春原「僕も出来ちゃったみたいなんだ」
風子「風子、参上!岡崎さん、お困りのようで……うっ」


みたいな展開希望

>>464
俺「ことみ。ひらがなよっつでけっこんなの。けっこんしよう、ことみ」
ことみ「わかったの///」

俺「ひらがないつつではやくかけなの。」

最後のシ者

おやすみー(´w`)夢で保守。

渚「春原さん……私、信じてたのに……ひくっ」

渚「二人のこと、ずっと信じてたのに……ひくっひくっ」

渚「こうなるんでしたら、あのまま何も知らないまま過ごしていた方が……ううっ」

渚「よかったのではないかって……うぅぁぅ」

春原「……」

渚「もう誰も……私の助けてくれる人がいなくなっちゃいました……ぅぁぁ」

春原「何言ってるんだい、渚ちゃん……。僕のことを信じてるから、僕を呼んでくれたんじゃないのかい?」

渚「春原さぁん……うぐっ、春原さぁ……ん」

春原「だ、だめだよ渚ちゃん。これじゃ渚ちゃんもあいつらと同じになっちゃ……うわぁ!」

バタッ…

春原「渚ちゃん……渚ちゃんってば」

渚「すみません……少しだけ、ほんの少しだけこうさせてください……」

春原「……」





汐「ママぁー?」

渚「!」

春原「渚ちゃん、そろそろ……」

渚「はい……。突然、どうもすみませんでした……」

春原「とにかくさ……。こうなったら、ちゃんと3人で話し合うしかないよ」

渚「……」

春原「もうここまできて逃げるなんてなしだよ、渚ちゃん」

渚「……」

春原「もうこんな状況じゃみんな完全に元通りにすることはできないかもしれない。
    けど今、自分にできる最大限のことはしないと、もっと後悔することになるよ?」

渚「……」

春原「いいね?」

渚「……」

渚「はい……」

春原に彼女がいないのはおかしい
智代あたりとキャッキャウフフするべき

その夜

朋也「ただいまー」

渚「おかえりなさい……です……」

朋也「……渚……?」

渚「朋也くん……。晩御飯を食べ終わったら、少し時間いただけますか……?」

朋也「……。ああ」

渚「ありがとうございます……」

なんで渚ってこの世にいないんだろう

でもいたところで俺は渚に釣り合える人間じゃない・・・
うぅっ・・・

渚は今日、春原に見聞きさせたのと同じ写真とテープを岡崎に晒した。

朋也「……」

渚「こんなことするなんてすっごく悪いと思ってました……。
   私の大好きな朋也くんのことを、あろうことか他の人に調べさせるなんて……」

朋也「……」

渚「でもしてしまいました……」

渚「ですから……私は朋也くんや杏ちゃんを攻めることなんてできません……」

渚「朋也くん、私はどうすればいいんでしょうか……ううぅっ、ひくっ」

朋也「う……。渚ッ! 本当に悪かった! このとおりだっ!!」

渚「えぐっ、えぐっ……ぅぁぁ……ぁぁ」

渚いい子だな・・・
普通の女なら慰謝料をふんだくって
娘と実家に帰るところだよ
こんなふうにいわれたら誰だって非を認めちゃうよ

渚「そんな、謝らないでくださぁい……ううっ」

朋也「いや! 謝らせてくれ!!」

朋也「悪いのは渚でも杏でもない、俺だけなんだよ!!」

渚「そ、そんなこと……うぅ」

朋也「俺が甘かったんだ、甘すぎたんだ!! だからお前をこんなにも苦しめちまった!!」

渚「やめてください……ひくっ。朋也くんは悪くありません……!」

朋也「もう渚の気の済むようにしてくれ! いっそのこと俺のことを顔が腫れるまでボコボコに殴ってくれ!!」

渚「お願いですから、もうそんなこと言うのはやめてください! そんなこと私には絶対にできません!」 

朋也「どうしてだ!? 俺はお前を裏切ったんだぞ!」

渚「どうしてもです! 私の好きな人を傷つけたくないのでは理由になりませんか!?」

朋也「……渚」

杏「筋肉、いぇいいえーい!」

朋也「渚……。本当に俺のこと怒ってないのか?」

渚「怒る理由なんてありません……。むしろ私が怒られるべきです」

朋也「何言ってんだ。渚はこれっぽっちも……」

渚「もうやめましょう朋也くん。みんなでみんなを許せば、みんなが幸せになれるんです」

朋也「ああ。悪い、渚……。好きだ」

渚「私もです……。朋也くん」


汐「ママー。きいろいおにいちゃんはー?」

渚「え?」

春原「ウシオ電機」

渚と天使の見分け方がわかんねえ・・・

朋也「黄色いお兄ちゃん?」

汐「うん」

朋也「なんだそりゃ?」

汐「パパがいっつもアルバムでみせてくれる、きいろいおにいちゃん」

朋也「黄色って、もしかして春原のことか? 春原がどうかしたのか?」

汐「きょう、ママといたー」

朋也「な!?」

渚「し、しおちゃん……!?」

×汐
○タラヲ

×しお
○うしお

朋也「ど、どこでだ!?」

汐「おうち」

朋也「本当にそれは春原だったのか!?」

汐「うん。きょうはきいろじゃなかったけど
    ぜったいパパのアルバムのきいろのおにいちゃんだったー」

朋也「一体何してたんだ!?」

渚「そ、それは……」

汐「いま、パパとママがしてることとおなじことしてた」

朋也「……。渚……?」

渚「あ、あぁ……。ち、違うんです、朋也くん! そ、それは……」

クレしんでも離婚話はなんどかあるがたいていはいつもしんちゃんが繋ぎ止める

が、これは逆・・・

椋ちゃんが好きです(´・ω・`)

でも杏ちゃんはもーっと好きです

おまえらさぁ…くだらない書き込みでストーリーに茶々いれんなよ!クズ!

特に髪の色に突っ込んだ奴とかな、ウゼェ

朋也「渚、どういうことだよ……」

渚「で、ですから。それは……あの、えっと……」

朋也「なぎさあああああぁぁー!!」

ドシッ

渚「あぅ……っ!」

汐「ま、ママーッ!」

渚「う、うぐぅ……と、とも、やくん……くる、くるし」

朋也「渚、俺と杏がやってることにかこつけて、お前はぁぁ……!!」

汐「パ、パパ、やめてー!」

朋也「うるせぇー!! お前は黙ってろッ!!」

汐「ビクッ! うわああああああぁぁぁーーーん……!!」

もやしに見えた

岡 崎 最 低

春原って髪の色戻してなかったっけ?

>>583
なんて軽そうなID

春原がオビワンか

そして矛盾螺旋へ

朋也「何が許し合おうだ!! お前が春原を選んだのも俺に対する対抗心でやったあてつけなんだろッ!!」

渚「ち、ちが……い……あぁぅっ」

朋也「おい、なんとか言ってみろよ!!」

渚「うぅ……ぅぁ……ぁぅぅぁぁ」

朋也「なぎさああああぁぁ!!」

渚「あぁっ!」

渚は苦しさのあまり、力いっぱい朋也を突き飛ばした。

ドン!!

そして、その反動で朋也はそのままバランスを崩し……。
ドカッ!!

岡崎「ぐぁっ……!! …………」

渚「ハァハァハァ……。と、朋也……くん?」

古畑「えぇ~こんかいの事件、犯人は・・・実に良心的な人間ですぅ~」

渚「智也くん、だんご大家族作りましょうね」

智也「あぁ」

渚「野球チームを作れるくらいが夢です♪」

智也「……」

渚「し、しんでる!」

朋也「オイ、飯はまだなのかー?」

汐「さっき食べたです」

渚「と、朋也くん……。朋也くん?」

朋也「……」

渚「う、嘘ですよね、朋也くん……?」

朋也「……」

渚「お願いですから目を開けてください……朋也くん……うっうっ、ひくっ」

朋也「……」

渚「こんなのイヤです……! 絶対イヤです……! ああああああぁぁぁ!!」

汐「うえええええぇぇぇーーーーん!!!!」

それでも渚は朋也を愛してるんだぜ・・・

朋也「何が許し合おうだ!! お前が春原を選んだのも俺に対する対抗心でやったあてつけなんだろッ!!」

渚「ち、ちが……い……あぁぅっ」

朋也「おい、なんとか言ってみろよ!!」

汐「少し…頭冷やそうか…」

朋也「なっ…なんだ!?」

渚「し…しおちゃんッ!」

汐「黙って見てなさい…!」

汐「シュート」

岡崎「ぐぁっ……!! …………」

渚「と……朋也くぅぅぅぅぅん!!!」

汐「ゲロ吐ry

汐「パパーたかぃたかぃしてー?」

智也「まったくママに似て甘えん坊だなぁ汐はw」

渚「私は甘えん坊じゃありません」

ヒョイッ

智也「ほーらたかいたかーい!!」


汐「うぇ……ゲロ吐いちゃうよおぉパパァゲロでるぅうゲロ吐いちゃうぅよおお!!ゲロゲロゲーロビチャビチャ…おえっぷ」

智也「おい…なにやってくれんだこのがきゃあぁああ!!」

渚「(あーあ…)」

渚「ちょっとパチンコ行ってきますね」

智也「このくそがきがぁあ!!」

ドカッバキ

汐「…………」

智也「ハァハァ…あーゲロくせぇ風呂は命の洗濯よ~っと♪」

汐「…………」

渚「ただいまー…っと」

渚「あーあ、三万も負けてしまいました」

智也「お、帰ったか渚。」
渚「ただいまです、汐ちゃんがピクピクしてますが大丈夫でしょうか?」

智也「ほっとけ、ほっとけそんなゲロガキ」

椋ちゃんが大好きです(´・ω・`)

汐「えぐっ、ママー……こんどはパパうごかなくなっちゃった……」

渚「ううぅ……ごめんなさい汐ちゃん。私のせいで……私のせいで……あぁぁ」

汐「ママ、泣かないで」

渚「……ひくっ、ひくっ」

汐「ママー……」

渚「ありがとうです……。でも、ごめんなさい汐ちゃん。
   私も朋也くんの所へ行かなくてはいけません……。
   でないと、きっと朋也くんは私のことをこれからずっと許してくれないはずです……」

汐「ママもどっか行っちゃうの……?」

渚「でもその前に……」

渚「お夕飯できました」

智也「おう」

汐「…………」

渚「ねっ、ねぇ、これやばくない?死んでるって!!」

渚「きゅ、救急車…!」

智也「馬鹿!、いいからスーバーで袋と消臭スプレーかってこい!」

朋也「…………」 ←死んでない
朋也「」 ←死んでる

もう書いてやらんバーガー!

司「ここがクラナドの世界か…」

次の日

渚「おはやようございますです、杏ちゃん」

杏「あらー、渚。おはよう。
   今日はこの前と打って変わってごきげんそうじゃない?」

渚「えへへ、そうですか」

杏「ええ。なんか吹っ切ったって感じね。さては旦那といいことあったわね~?」

渚「あ、朋也くんなら殺されました」

杏「え? 渚?」

渚「ですから、朋也くんなら殺されました。私と……杏ちゃんに」

杏「ちょ、ちょっと……。あんた何を言ってるのよ?」

もう誰かが刺されたりBADENDになるSSはいやだよぅ・・・・

一番かわいそうなのは春原

司「この世界はもう崩壊している((;゚Д゚)ガクガクブルブル」

杏「な、何で私が朋也を殺さなくちゃいけないのよ! そもそも朋也が殺されたって……あんたまさか!」

渚「はい……。私と杏ちゃんが結果として朋也くんを死なせてしまったんです……」

杏「だから私は殺してない! 変な言いがかりはやめなさいよ!!」

渚「杏ちゃんにお願いがあります。私と一緒に死んでもらえませんか? そうすれば朋也くんも……」

杏「はぁ? あんた、どうしたのよ!? さっきから訳わからない!」

渚「杏ちゃんも朋也くんのことを真剣に愛していたのでしたら、できるはずです」

杏「いい加減にしないと、渚といえど本気で怒るわよ?」

渚「一緒に来てもらえませんか?」

杏「イヤに決まってるでしょ。なんでよりによってあんたなんかと一緒に!」

渚「そうですか……。すごく残念です。では私一人で行くことにします……」

杏「え?」

病んでるけど渚、非の打ち所がない
普通のヤンデレなら有無を言わず杏を殺害しただろう
でもこの渚は病んでなお相手の意見を尊重している
まあ問題があるとすれば汐を残して死ぬこと

杏「ちょ、ちょっと。何言ってるの……?」

汐「ママー……」

渚「汐ちゃん……。杏ちゃんやお父さん、お母さんの言うことちゃんと聞くんですよ?」

渚「お父さん、お母さん。先立ち不幸、許してください。ごめんなさいです……」

渚「杏ちゃん。汐ちゃんのことよろしくお願いしますね……」

杏「な、渚……?」

渚「そして朋也くん……」

杏「な……!」

汐「ママーッ!」

渚「今、行きます」

サクッ!

ドピューーーーーーーーーーーーーーーーッ…… ピロピロピロピロ…




おしまい

おしまいwwwwwなにもかもwwww\(^o^)/


ひどい七夕である

>>541
の最後の二行を忘れてハッピーエンドだと考えて・・・・寝るよ・・・

よっしゃー、やっとこれで寝れるぜ^^

杏と汐のギクシャクした親子関係を描くアフターアフターアフターマダー?

渚いい子すぎだよ・・・

1おつ

杏「ふぅ…もう出てきていいわよー」

朋也「うまくいったみたいだな」

春原「約束の金忘れないでよ」

アッキー「やっと夢に生きられるな!」

早苗「第二の人生が始められます♪」

汐「」

ここからは濃厚なけいおんおしっこスレになります

杏「なんなのよ…これ…」

汐「ママ、赤いの出てるよ」

杏(あたしのせい?)

椋「あっ!お姉ちゃん、そんなトコでなにやって…えっ?」

杏「!?椋…」

椋「まさか岡崎くんと二人になるために…」

杏「ッ!?違うわよ!これは渚が勝手に…」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年02月20日 (土) 02:17:32   ID: LBYv_TK-

頭おかしい

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom