ユミル「アナリスク」(81)

食堂

ユミル「訓練生活もつまんねーな、なんにも面白い事がない」

サシャ「ですよね、思いっ切り笑える出来事が無いですからね」グテー

クリスタ「当たり前だよ…立派な兵士になるように鍛え上げる為の訓練生活なんだから……」

クリスタ「遊びに来たワケじゃないんだから……」

ユミル「クリスタは真面目ちゃんだなホント…毎日毎日、訓練ばっかでストレス溜まんねーのか?」

クリスタ「それは疲れるし…ストレスも溜まるけど…」

コニー「おーい!いいもの買って来たぞー!」

ユミル「あのバカはいつも元気だな…」

サシャ「なんですかー」グテー

コニー「昨日街へ行って「フリスク」っての買って来たんだよ!」

ユミル「フリスク?」ピクッ

コニー「眠気覚ましや気分転換に持ってこいの清涼菓子なんだってよ!」

ユミル「クックック……」

クリスタ「どうしたのユミル?」

ユミル「コニー、それ貸せよ」

コニー「これ欲しいのか?」

ユミル「いいから貸せ、面白い事をするから」

サシャ「えっ!!」

コニー「面白いこと!?何をするんだ!?」

ユミル「まぁ見てろよ、ちょっと後になるけどな」

クリスタ「ユミル…何をする気なの……?」

ユミル「……お前には内緒だ」

クリスタ「えっ!?そんなっ!?」

ユミル(こいつに言ったら絶対止められるからなwwww)

兵站行進

ドドドドド

アルミン「ハァ…ハァ…」フラフラ

ユミル(よし、まずはアルミンからだなwwww)

アルミン「くっ……」

ユミル「よぉアルミン、辛そうだなぁwww」

アルミン「へっ…?…ユミル……?」フラフラ

終了後

アルミン「…うぅっ…疲れた……」グッタリ

ユミル「よく頑張ったなアルミン!」

アルミン「ユミル…それで頑張った褒美ってなに……」

ユミル「ほら、フリスクだよ」サッ

アルミン「何これ……錠剤……?」

ユミル「これを肛門に詰めれば気分爽快!元気ハツラツ!」

アルミン「」

ユミル「どうした?」

アルミン「………いや…もう気分爽快するなら何でもいいや…」

ユミル「そうかwwwなら早速試してみろよwwww」

アルミン「うん…」モゾモゾ

ユミル『おい!コニー!芋女!』コソコソ

サシャ「おお!いよいよですか!」

コニー「待ってたぜ!!」

ユミル「アルミンを見てろよ…」

アルミン「ユミル、入れたけどこれで……」

アルミン「あひっ…!?」ビクッ

ユミル(来た!)

アルミン「あ"……あ"あ"!!」ビクッ

サシャ「ちょwwwアルミンがwwww」

エレン「おーいアルミーン!」タタタタ

サシャ「!?」

コニー「まずい、エレンだ!逃げるぞ!」

ユミル「くっ…バレたら大変だ…」

ダダダダ…

エレン「今日の兵站行進無事だっ

アルミン「うわああああああああお尻がああああああああああ!!!!!!!」ジタバタ

エレン「うおっ!?」

アルミン「お尻がッ!!あああ"あああ"ッッ!!!寒いッ!!寒いよおッッ!!!!」ジタバタ

エレン「はぁ!?尻!?」

アルミン「らめえええええぇぇぇえぇぇえぇぇええ!!!!おがしくな"っぢゃうのおおおお"お"ぉぉぉおおぉお"!!!!!」ゴロゴロ

エレン「」

ミカサ「どうしたのアルミン!!」

ラメエエエエエエエ!!!!
アルミーーン!!

↓遠くから見てた3人

ユミル「…」

コニー「…」

サシャ「…」

ユミル「ぶっwwwwwwwww」

コニー「おもしれえwwwwwwww」

サシャ「お腹痛いwwwwww」

ユミル「なっ?wwwww面白いって言ったろ?wwwwww」

サシャ「久しぶり笑いましたよwwwwwww」

コニー「なぁwwww次は俺にやらせてくれよwwwww」

ユミル「いいけどヘマすんじゃねーぞwwwwww」

コニー「おうwwww任せとけwwwww」

夕食

ザワザワ

コニー「チッ…隙がねぇな」

ユミル「おいコニー、まだかよ」

コニー「まだだ…奴が席を立ってからだ……」

サシャ「そもそも誰を狙う気なんですか?」モグモグ

コニー「ミカサだよ」

ユミル「は?」

サシャ「」

ユミル「お……おい…」

コニー「ん?どうかしたか?」

サシャ「ミカサを狙うなんて危険ですよ!絶対殺されますって!!」

ユミル「しかもお前…女に対して「肛門にフリスク入れてみろ」なんて言えんのか…?」

コニー「うるせぇ!俺は成績トップの悶える姿を見てみたいんだよ!それにミカサは半分、男みたいなもんだろ!」

コニー「俺は標的を変えるつもりはねーぞ!もう決心したんだ!」

ユミル「コニー…」

ミカサ「…」ガタッ

サシャ「あ!ミカサが席を立ちましたよ!」

コニー「よ…よし…!」

ユミル「あまり無茶をすんじゃねーぞ!」

サシャ「危なくなったら逃げてくださいね!」

コニー「おう!」タタタタ

ミカサ「…」スタスタ

コニー「おーいミカサー!」

ミカサ「コニー?何か用?」

コニー「肛門にフリスク入れると超気持ちいいんだぜ、お前もやってみろよ」

ユミル「ストレートすぎんだろ」

サシャ「死にましたね」

ミカサ「コニー、貴方がそんな下品な人間だと思わなかった」

ミカサ「もっと女の子との喋り方を

コニー「エレンは笑って肛門にフリスクを詰める事が出来る女が好きだって言ってたぜ」

ミカサ「!!!」

ユミル「なんだと…」

サシャ「ぷっwwぐへへへwwwww」

ミカサ「それは本当なの…?」

コニー「本当だぜ!ほら、フリスクやるよ!」サッサッ

ミカサ「いい事を聞いた!ちょっとトイレに行って来る!」

タタタタタ

コニー「よっしゃあ!」

ユミル「おいwwwwwww」

サシャ「ミカサ信じてましたよwwwwww」

コニー「どうだ!俺だってやるだろ!」

ユミル「やるじゃねーかwwwよしwwトイレに行くぞwwww」

サシャ「ミカサの悲鳴が聞けるかもしれませんねwwww」

女子トイレ

ミカサ「…」ゴソゴソ

ミカサ「これでよし…」

ミカサ「さて、早速エレンの元に」

ミカサ「エレンの……ぐっ……」ビクッ

ミカサ「うっ……ううっ…!!」

エレン「ミカサの奴おせーな」

エレン「アルミンも体調不良でいないし…」

ウワアアアアアアアアアアア!!!!!!!

エレン「あ?」

マルコ「叫び声!?」

ジャン「おい!この声ミカサの声だよな!」

ミカサ「え"れえ"ぇぇええ"ん!!!!!!」ドタドタ

エレン「ミカサ!?」

ミカサ「ゔぐぅッ…!!」ドテーン

エレン「おい!大丈夫かよ!」

ミカサ「あ"あ"ッ!!!ぐうぅッ…!!!!」

ミカサ「えれん"助けてえええ"ぇええ"え"ッッ!!!!!!」ゴロゴロ

ジャン「おいおい何だこりゃ…」

ミカサ「ヒリヒリするッッ!!!助けてええ"ぇえ"えッ!!!!!」ゴロゴロ

エレン「」




コニー「…」

ユミル「…」

サシャ「…」

コニー「やっべ楽しいこれwwwwwwww」

ユミル「ハマっちまうよなwwwww」

サシャ「次は私ですねwwww大物を狙いますよwwwww」

コニー「誰を狙う気なんだよwwww?」

サシャ「キース教官です!!」

ユミル「大物すぎるぞwwwwwww」

コニー「マジかよwww面白そうだなwwwww」

ユミル「でも一粒程度じゃ動じなさそうだよな」

サシャ「そうですね、5粒程詰めてもらわないと!」

コニー「教官死ぬんじゃないか?」

サシャ「大丈夫ですよwwwあの人は元調査兵団団長なんですからwwww」

コニー「マジかよwww何で知ってるんだよwwww」

サシャ「キース教官に聞きましたwwwww」

ユミル「団長なら5粒程度楽勝だろwwwwww」

翌日 対人格闘術

ワイワイ

モブ「あー眠いわー」ウトウト

キース「キエエエエエ!!たるんどる!!」

モブ「ひいっ!ごめんなさい!」

コニー「今日の教官、すげー気合い入ってんな」

ユミル「おっかねぇなwwww」

サシャ「教官!!」ザッ

コニー「お、サシャが行ったぞ!」

キース「何の用だブラウス訓練兵」

サシャ「教官に渡したい物があるんです!」

キース「何故今だ?今ではないと駄目なのか?」

サシャ「い…今じゃないと駄目なんです!」

キース「では渡したい物とは何だ、言ってみろ!」

サシャ「フ…フリスクです!これを肛門に詰め込めれば得も言えぬ快感が体全体を駆け巡り!疲労した体をたちまち癒してくれます!」

サシャ「あと髪が生えます!」

キース「…」ピクッ

サシャ「毎日私達訓練兵のお世話をしてくださるキース教官に…せめてものお礼として…!!」

サシャ「5粒ほど…!!」

キース「…」

キース「ブラウス訓練兵、貴様の好意はよく伝わった」

キース「だが今は対人格闘術の訓練に取り組む時間だ、更にその好意を伝える時間は今でなくても可能な筈だ」

サシャ「も…申し訳ありません!」

キース「場の弁えが出来ず、己の鍛練の時間を無駄にした罰としてこれは没収だ!」バッ

サシャ「あっ!」

サシャ「…」ニヤッ

サシャ「キース教官!それ使えば使うほど効果は上がりますけど使い過ぎないでくださいね!私のですから!」

キース「うるさいぞ!訓練に励め!!」

サシャ『うるさいぞ!教官の禿め!!』ボソッ

キース「なんだと?」

サシャ「ひいい!!」タタタタ

キース(ふっ…まぁいい……いい物を手に入れたぞ…)ザッザッ

サシャ「…」

深夜 教官室

キース(サシャブラウスめ、私が去る間際に禿などと抜かしおって…)

キース(どんな教育を受けてきたのだ)

キース(はぁ…それにしても……)

キース(フリスクか、肛門に詰めれば詰める程効果が上がると言っていたな)

キース(健康にも良く、毛生え効果まで付いている、か…)

キース「…」

キース(10粒だけ…)

女子寮

サシャ「スピー……パァン……」グー

ユミル「クリスタァ…アイシテル……」グー

ギャアアアアアアアアア!!!!!

ユミル「んん………?」パチッ

サシャ「何ですか…」ムクリ

ユミル「これ教官の悲鳴じゃねーのか…?」

教官室

キース「あああ"ああ"あ"ああ肛門がああああああ"あ!!!!!!」ゴロゴロ

コニー「教官!何事ですか!?」ガチャリ

キース「んひいい"い"ぃぃいい"い"ん!!!!!!」ゴロゴロ

コニー「…」

コニー「……www」

ザワザワ
オイオイナニゴトダ?

キース「……ごふっ」バタン

キース「」

エレン「おい!教官が気絶したぞ!」

ライナー「大変だ!誰か医務官を呼んでこい!」

ベルトルト「教官!死なないでください!」

ザワザワ
ガヤガヤ

コニー『くくっwwwwwww』

ユミル『気絶したぞwwwwww』ボソボソ

サシャ『何粒入れたんですかねwwwww』ボソボソ

数日後

食堂

ユミル「フリスクも飽きたなー」

サシャ「飽きましたねー」

クリスタ「フリスク?」

ユミル「いや、お前は知らなくていい」

コニー「おーいお前ら!いい物買って来たぞー!」

サシャ「いい物!?」ガタッ

ユミル「何だそれは!?」ガタッ

コニー「今日は「ブレスケア」っての買って来たんだ!飲めば口臭スッキリ!」

ユミル「ブレスケアだと!最高じゃねーか!!」

ユミル「これでまた新しい遊びを開発出来るぞ!!」

サシャ「本当ですか!!」

コニー「どうすんだよ!教えろよ!」

ユミル「まぁ待てよwwまた後でなwwww」

クリスタ「ユミル、何をする気なの……?」

ユミル「お前には教えねーってwwww」

クリスタ「」

ユミル「いいかお前ら、ブレスケアはフリスクと同じで肛門に詰めこむ行為事態は何も変わらない」

ユミル「異なるのは爆発のタイミングだ、フリスクを手榴弾とするならブレスケアは時限爆弾だ」

ユミル「ブレスケアはいつ爆発するかが分からないスリルを楽しめるんだ!」

コニー「メチャクチャ面白そうじゃねーか!!!!」

サシャ「早速試してみましょうよ!!!」

ユミル「よし!誰から試すかジャンケンで決めよう!」

翌日 食堂

ユミル「よぉコニーwwwちゃんと入れて来たかwwww?」

コニー「ああwwww寝てるとこを狙って詰め込んで来たぜwwww」

サシャ「どうなるか楽しみですねwwww」

コニー「今日一日あいつを観察するぞ!!」

ユミル「訓練中に爆発すれば面白いのになwwww」

講義中

眼鏡教官「…という事でアナリスクをやり過ぎると人工肛門になる恐れがあり………」ペラペラ

コニー『遅いな…まだ爆発しないのか…?』

ユミル『落ち着けよ、スリルを楽しむのにイライラしてどうすんだ』

サシャ『そうですよ!コニーはカルシウムが足りませんね!』

コニー『す…すまねぇ……!!』

眼鏡教官「ではフーバー訓練兵、この問題の答えを」

ベルトルト「はい」ガタッ

3人「…」

ベルトルト「ストロベリーミント味です」

眼鏡教官「正解だ、座ってよろしい」

ユミル「…」

ベルトルト「失礼します」ガタッ

眼鏡教官「ではイェーガー訓練兵、この問題の答えを」

エレン「はい!」ガタッ

サシャ「…」

エレン「ケースを使ってスタンガンを作る事が可能です」

眼鏡教官「正解、座ってよろしい」

コニー「…」

エレン「失礼します!」ガタッ

眼鏡教官「ではブラウン訓練兵、この問題の答えを」

ライナー「はい」ガタッ

コニー「……!!」

ライナー「食べすぎると腹痛になる恐れや虫歯に…

プチッ

ライナー「虫歯に……」ピタッ

コニー『ん???』

ライナー「む……むし…」ガタガタ

ユミル『おwwwwww』

サシャ『まさかwwwwwwww』

ライナー「あ……あ"ぁ……」ブルブル

眼鏡教官「どうした?」

ライナー「んひゃぁ……!!あ"あ"ぁッッ!!!!!」ガタガタ

ユミル『タイミング最悪だなwwwwww』

ライナー「うああ"ああ"あああああん!!!!!肛門リフレッシュしてりゅううう"う"う!!!」バタバタ

ベルトルト「ライナー!どうしたんだ!」

ライナー「やあ"ああああ"あ"助けてベルトルトおお"おお"おおぉぉッッ!!!!!!」バタバタ

ベルトルト「ライナー落ち着け!クールになるんだ!」

ライナー「うわあぁああ"あああ"あ"ぁあ"あ!!!!!!!」バタバタ

サシャ『お尻の穴はクールでしょうね』

ライナー「あふん……」ガクッ

ベルトルト「あっ…」

ジャン「ライナーが気絶したぞ!!」

座学教官「大変だ!!誰か医務室まで運べ!!!」

ザワザワ
ワーワー

× 座学教官「大変だ!!誰か医務室まで運べ!!!」

○ 眼鏡教官「大変だ!!誰か医務室まで運べ!!!」

夕食

コニー「やったぜ今日はwwwwwwwww」

サシャ「大成功でしたねwwwwww」

ユミル「また大騒ぎになっちまったなwwwwwww」

コニー「一仕事終えた後のパンは最高に旨いぜ!!」

ユミル「おい、次は芋女だったよな」

サシャ「はい!そうです!!!」

コニー「狙う相手は決めてんのか?」モグモグ

サシャ「もちろん!決めてますよ!!!」

翌日 食堂

コニー「サシャ、ブレスケアは設置してきたか?」

サシャ「バッチリですよ!ワクワクしますね!!」

サシャ「ちょっとバレそうになって緊張しましたけどwwww」

コニー「バレたら終わりだぞwwwwww」

ユミル「もっと慎重にやれよwwwwwwww」

対人格闘術

ワーワー

ユミル「…」キョロキョロ

クリスタ「ねぇユミル、さっきから何を見てるの?」

ユミル「別に何でもねーよ」

コニー「…」チラッ

サシャ「…」チラッ

エレン「うわあああああッ!!!」ドテッ

アニ「立ちなよ、まだやれるでしょ?」

エレン「当たり前だろ!俺はまだ負けてねーぞ!」ムクッ

ユミル「…」チラッ

エレン「行くぞッ!!!!」ダダダダ

コニー「…」

サシャ(潰れろッ!)

アニ「はぁ…あんた学習能力ないの…?」

アニ「足元を注意しなって」ヒュン

ドガッ!!!

プチッ

エレン「いっ…………」

エレン「……てえええぇぇぇぇ!!!!」ドタッ

コニー「…」

エレン「うぐぐッ…!!ううぅッ……!!」

エレン「うわああああああ!!!!」ゴロゴロ

サシャ「…」

ユミル「…」

エレン「アニてめええぇぇぇッッ!!!」

アニ「…」

エレン「蹴りどころ悪すぎだぞ!!メチャクチャ痛てぇだろうが!!!」

アニ「…」

エレン「おいアニ!聞いてんのか!!」

アニ「…」

サシャ『まさか!!』

コニー『来たか!?』

エレン「お……おい…どうしたんだよ黙り込んで……」

アニ「ふ……ふふふ…」ブルブル

アニ「あーッはッはッはッはwwww!!!!!」ドテーン

エレン「へ…?」

アニ「あはははwwwあははははwwwww」ゴロゴロ

ユミル『笑ってんぞあいつwwwwwww』

クリスタ「大変だ!アニの様子が!」

アニ「あはwwあはは……ww……いだッ…痛いいぃぃ"ッ!!」ピクピク

エレン「痛い?痛いのか?」

アニ「ああああ"ああ"あ"ぁぁあ"ぁああッッ!!!お尻がああ"ぁぁぁああ"あ"ッ!!!!」ドタバタ

エレン「」

サシャ『やりましたねwwwwwwww』

コニー『今回も大成功だぜwwwwwwww』

夕食 食堂

サシャ「今日もお疲れ様でした!!!!!」

コニー「やめられねーなwwwwwww」

ユミル「あいつの悶える姿は傑作だったなwwwwww」

サシャ「さぁ最後はユミルですよ!!!!!」

コニー「誰にするんだお前?」

ユミル「ああ、それはなwwwwwww」

クリスタ「…」

午前5時 女子寮

クリスタ「……zzZ」

モゾモゾ

ユミル(悪いなクリスタ、標的はお前にさせてもらうぞ…)

ユミル(天使の悶える姿か……興奮するな……)

サシャ(ユミル!バレないように設置してくださいね!)

ユミル(さーて下着を脱がせて…

クリスタ「ユミル、何してるの?」

ユミル「」

ユミル「ク……クリスタ!?これは…

クリスタ「ひいっ……」

ユミル「へっ?」

クリスタ「きゃあああああああぁぁああぁああぁ!!!!!!!!」

ユミル「クリスタ!落ち着け?」

クリスタ「いやああああああああ触らないで!!!!!!」

キース「どうした、何事だ!」ガチャリ

ユミル「」

…………………

…………

……

キース「共犯者はこれだけか?」

ユミル「はい…」

サシャ「ユミル……ひどいです…」

コニー「」

キース「では貴様らには罰を与える、覚悟するんだな」

3人「はい…」

こうして3人は過去の被害者から、
アナリスクブラックミントの刑に処されてしまいました。



終わり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom