レッド「エリカが好きだ」(36)

レッド「………」

レッド「エリカが好きだ!」

レッド「……」

レッド「よし…今日こそ言うぞ」

ピカチュウ「ピッカァ」

レッド「ピカチュウも応援してくれてるんだな」

ピカチュウ「チャァァ」

レッド「……」

エリカ「あらレッドさん、また来てくれたんですね」ニコッ

レッド「………」ドキューン

エリカ「ささ、取り敢えずジムの中に入りましょう」

レッド「……ああ」

レッド「(髪の匂いとか、凄くいい香りがする)」

エリカ「最近来てくれないからちょっと寂しかったり…ちょっとですよ?」

レッド「(出来れば毎日来たいけど…鬱陶しく思われたくない)」

エリカ「今日はどのような用事で?」

レッド「(正直あなたに会えれば十分です)」

エリカ「…レッドさん?」

レッド「…ポケモンバトルだ」

エリカ「いつも通りですね」

レッド「(それしか理由が思いつかない)」

―――――

レッド「………」

エリカ「また、負けてしまいましたね」

レッド「(手加減は苦手だ)」

エリカ「私も強くなったと自負してましたけど…敵いませんね」

レッド「(出来ればたまには勝たせてあげたい)」

エリカ「手加減はしないでくださいね?」

レッド「(ばれていたか)」

レッド「……」

エリカ「あ、丁度ご飯の時間」

レッド「……」

エリカ「レッドさんも食べていきます?」

レッド「……」コク

エリカ「……」カチャカチャ

レッド「……」カチャカチャ

エリカ「あの…お口に合いませんでしたか?」

レッド「…凄く…美味しい」

エリカ「良かった…!初めて作ったので不安だったんです」

レッド「…幸せだ)」モグモグ

レッド「…ごちそうさま」

エリカ「お粗末様でした、食器片づけますね」

レッド「手伝うよ」

エリカ「いいんですよ、お誘いしたのは私ですから」

レッド「(そう言われると、それ以上言えなくなる)」

エリカ「どうしました?」ニコッ

レッド「……なんでもない」ドキドキ

レッド「……」

エリカ「あら、もう帰っちゃうんですか?」

レッド「…」コク

エリカ「また来てくださいね、今度は負けませんから」

レッド「…ご飯、美味しかったよ」ウィーン

エリカ「……」

レッド「…また言い出せなかった」

ピカチュウ「チャァァ」

レッド「ちょっとでいいんだ、勇気があれば…」

ピカチュウ「ピカピカァ」

レッド「バトルより精神を切り詰める事があるなんて思いもよらなかった」

ピカチュウ「ピッカァ」

レッド「お前もそう思うよな?」

ピカチュウ「せやね」

―――――

エリカ「………」

エリカ「あぁ…また言い出せなかった」ドズーン

ラフレシア「…」ポンポン

エリカ「レッドさんを前にするとどうしても緊張しちゃって…」

エリカ「……」

エリカ「あぁぁぁぁ…」ズーン

エリカ「……よし」

エリカ「明日こそは何かしらのアプローチを掛けましょう」

エリカ「明日こそは…」

―――――

レッド「明日こそは、好きだと言おう」

レッド「…明日こそは」


大体30ぐらいで終わる予定 短いの

レッド「……やぁ」

エリカ「あ…またポケモンバトルですか?」

レッド「いや、違う」

エリカ「ええっと…すると?」

レッド「……」

エリカ「…?」

レッド「エリカ」

エリカ「はい」

レッド「………」

エリカ「…」

レッド「タマムシデパートに行かないか」

エリカ「…えっ?」

レッド「(妥協してしまった…)」

レッド「良い技マシンがあるんだ」

エリカ「……」

レッド「駄目なら一人で行くけど」

エリカ「あの…私もちょうど行こうと思ってたんです」

レッド「じゃあ」

エリカ「ええ一緒に行きましょう」ニコッ

レッド「……」ホッ

デパート

レッド「……(だいもんじか)」

エリカ「あ!レッドさんソーラービームですよソーラービーム」

レッド「好きなのか」

エリカ「なんかロマンって感じですね」ニコニコ

レッド「……」カチャ

エリカ「あら?レッドさん草系のポケモンっていましたっけ」

レッド「…これください」

店員「らっしゃーせー」チャリンチャリン

レッド「ほら、エリカに」

エリカ「えっ…」

レッド「偶にはお礼、したいから」

エリカ「…ありがとうございますレッドさん!」ガシッ

レッド「(手、ちょ、エリカの柔らかい手に握られてる)」ドキドキドキドキ

レッド「その、エリカ」

エリカ「…あっ!」ババッ

レッド「(ちょっと残念)」

エリカ「えっとですね、これはその、別に変な意味はなくてですね」アセアセ

レッド「(可愛い)」

レッド「屋上に行こう」

エリカ「休憩しましょう…ちょっと疲れちゃって」

レッド「ジュース買うよ」

エリカ「じゃあ私も」

レッド「お金はあるからさ、沢山」

エリカ「では、お言葉に甘えます」

―――――

レッド「……まさかこんな事になるとは」ガチャコン

レッド「これってデートだよな、うん」ガッツポ

レッド「…頑張ろう」

―――――

エリカ「デート、ですよね…これって」

エリカ「……」カァァァァ

エリカ「はっ!いけませんいけません…レッドさんの前では清楚で冷静なレディで通ってるんですから!」ブンブン

レッド「買ってきた」ゴトッ

エリカ「ありがとうございます、喉からからです」ペコリ

レッド「……」パキョッ

エリカ「……んくっ んくっ」コクコク

レッド「……(エリカの喉って白いんだな)」ジー

エリカ「…ぷはぁっ」

レッド「……」ゴクリ

エリカ「ふぅ…」

レッド「…ふぅ」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「(この状況は…)」

エリカ「(レッドさんに思いの丈を伝える千載一遇の好機!?)」

レッド「(これを逃せば次いつ喋れるか)」

エリカ「(立つのよエリカ!今やらねばいつやると言うの!?)」

レッド「(ピカチュウ!力を貸してくれ!)」

ピカチュウ「ピカピカァァ」

レッド・エリカ「「あの」」

レッド・エリカ「「あ…どうぞ」」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「(しまった…)」

エリカ「(逃したぁぁぁ…)」

レッド「(ピカチュウ、どうしたらいい?こんな時何と言ったらいい?)」

ピカチュウ「(イニシアチブを握るんや)」

レッド「(!!)」

ピカチュウ「チャァァ」

レッド「エリカ(こうなれば先制攻撃だ!)」

エリカ「はっ!…な、なんでしょうレッドさん」

レッド「……」

エリカ「……」ゴクリ

レッド「草ポケモンっていいよな」

エリカ「はいっ?」

レッド「(しまったぁぁぁぁ)」

レッド「旅を始めた時はさ、草って軟弱な気がしたんだ」

エリカ「むっ、草ポケモンってパワフルなんですよ?」

レッド「それが分かったのは…多分エリカと戦ってからだけど」

エリカ「えっ」

レッド「初めて戦って、正直自分の見当違いに気が付いた」

エリカ「レッドさん…」

レッド「エリカと会えたから自分の間違いに気が付けたんだ」

レッド「(よし、何とか場を繋げてる)」

エリカ「(バトルの事になると途端に饒舌になるのね)」

レッド「……」

エリカ「……」

レッド「(話題が尽きた)」

エリカ「あの…」

レッド「……」

エリカ「夕食、一緒に食べます?」

レッド「…食べる」

レッド×エリカを書こうと思ったけど正直すまんかった

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年02月23日 (日) 15:24:25   ID: j53V6nZB

続き

2 :  SS好きの774さん   2015年08月18日 (火) 17:00:10   ID: loGY_qcg

エリカを俺の嫁にしたい
それと続きまってます!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom