巨人「愛してる…」(4)

月が綺麗な夜だった。

あつこ『いよいよ明日っぽいね…』

花丸木『そうだね…明日っぽいね…』

あつこ『明日…超大型巨人さんが扉を破壊する…』

花丸木『そして僕達、巨人がトロスト区に侵入する…』

花丸木『完璧だ、この調子なら人類の侵略なんてあっという間だぞ!』

あつこ『うん…』

花丸木『どうしたあつこ?元気がないね?』

今日の花丸木はトロスト区侵入作戦の事で頭がいっぱいの様だった。

今日は……私の誕生日だったのに…

あつこ『何でも無いよ…』プイッ

花丸木『…』

酷いよ花丸木…
私の誕生日…憶えてくれてると…思ってたのに……!!

花丸木は…乙女型の心を踏みにじったんだよ!!

あつこ『…グスッ』

あつこ
http://livedoor.blogimg.jp/attack_titan/imgs/d/9/d99f91d1.png

花丸木
http://tn-skr3.smilevideo.jp/smile?i=20912558

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom