コナン「光彦に強制的にオナラをさせるボタン?」 (173)

博士「そうじゃ、新一、くれぐれも悪用するでないぞ」

コナン「わーたよwwwww」

コナン「さてwwwwポチッとなwwww」ポチ

博士「これ!」

光彦 ブバァアア

光彦「っ!?」

光彦「な、なんでいきなりオナラが出たんでしょうか……放屁の誘発原因となるものは
   食べてないんですが……たまたまですかね、もう寝ましょう」

コナン「連打連打wwwww」ポチポチポチポチ

博士「これ!」

光彦 ブボブボブボブオ

光彦「お、おかしいです……」

次の日

コナン「光彦、元気ねーなどうした?」

光彦「い、いえ……」

光彦(学校ではオナラしないようにイザ兆候があっても我慢しなくちゃ……)

コナン「ホントか? 無理は禁物だぜ?」

コナン(こりゃマジでオナラするっぽいなwwwww)

元太「そうだぜ、こういう時はうな重食えうな重」

光彦「い、いえ食用が」

コナン「ポチっとなwwww」ポチ

ブッバァアアア

元太「な、なんだ! お、オナラか?」

光彦「ど、どうして……」

コナン「おいおい光彦wwwwなーにオナラしてんだよwww」

元太「ほんとだぜ、音が大きすぎてビックリしちまった」

光彦「ち、違うんです」

元太「何が違うんだよ」

歩美「みんなーおはよー」

コナン(今wwwww)ポチ

ブッバァアアアアアアアアア

歩美「な、なに……光彦くん……く、くっさぁ……」

光彦「あっ、あっ、ち、ちがっ」

光彦(ううう……どうして……)

コナン「まぁ出ちまったもんはしょうがねぇよwwwバーローwwww」

元太「そうだぜ気にすんなよ」

コナン「生理現象、だろ?(キリッ」

コナン(wwwwwwwwwwwwwwwwwww)

光彦「み、みなさんっ!」

歩美「ほうだひょ」

コナン(歩美のヤツ鼻つまんでやがるwwwww)

コナン「さ、授業行こうぜ!(キリッ」

元太「そうだぜ行こうぜ」

光彦「は、はいっ!」

コナン(ここで帰られたら面白くなんねーからなwwwww)

先生「はい、では今日は割り算をやります」

コナン「さて、と」ポチ

ブバァアアアア

クラス ザワザワ

ダレダオナラシタノーwww

クサーイwwww

光彦「……」

コナン「ふぅ」ポチポチポチポチポチ

ブボン ブバン ブボボン ブボン ブバン ブバン

ミツヒコカラニオイガスルゼー

ミツヒコクンクサーイ

コナン「中々に面白いな」ポチポチポチ

光彦「あっ、あっ……」ボボン

光彦(が、我慢してるのにっ……)ボバン

灰原「……」

先生「み、光彦くん、我慢出来ませんでしたか?」

光彦「ち、違うんですっ! これはっ」

コナン「よっしゃ一秒間に20連打挑戦してみるか」ポチチチチッチッチチッチチッチチチチチ

光彦「あ、つっ、ひゃっかっ……」

ブボボボッ・・・…ブシャアアアアアアアアアアア

元太「み、光彦っ!!! け、ケツから血がっ」

コナン「出血の洪水だなwwwwwwwwwww」

コナン(まさか腸が壊れるとはなぁwwwwww20連打は常人にはキツかったかwwwwwwww)

病院

元太「光彦、俺、なんていうか、その、元気出せよ! うな重もってきてやったから」

光彦「い、いいです……今は食べ物食べれないんです」

歩美「どうしてー?」

光彦「腸が壊れてしまって、治るまで排泄しちゃ駄目なんです」

コナン「まぁなっちまったもんは仕方がねぇwwwww」

灰原「……そうね」

研究所-

博士「こりゃ新一! 悪用するなとあれほど」

コナン「まぁまぁwwwところで新しい機械ない?www」

博士「あるぞい」

コナン「次はどういうのなんだ?」

博士「今度は、光彦くんに強制的にゲロさせるボタンじゃよ」

コナン「おっほーwwwwwこれまた面白そうじゃねーかwww」

博士「くれぐれも悪用は厳禁じゃぞ?」

コナン「おっけおっけwwwwww光彦が退院するのが楽しみだぜwwww」

博士「だから悪用は駄目じゃと」

コナン「あー分かってるってwww」

博士「ならいいんじゃが」

博士「よいか新一、くれぐれもオナラボタンと併用してはいかんぞ」

コナン「どうしてだよwwww」

博士「ダブルトロピカルアタックはさすがに光彦くんも可愛そうじゃて」

コナン「おっけ、じゃあやれって事だなwwww」

博士「全く、新一は物分りが早くて助かるわい」

コナン「wwwwwwww」

学校-

元太「光彦、退院出来て良かったな!」

光彦「えぇ、もうオナラは出ませんよ、病院でも出ませんでしたから」

灰原「……それはどうかしら」

光彦「えっ?」

灰原「いえ、なんでもないわ。気をつける事ね」

光彦「何にですか?」

元太「まぁ細かい事はいいじゃねーか早く授業行こうぜ!」グイ

光彦「あっ、元太くんっ」

コナン「おっwwww光彦来てる来てるwwwww」

灰原「ちょっと名探偵さんいいかしら」

コナン「んだよwwwwwww」

灰原「学校で有名になってしまった、ミツヒコ・オン・ザ・ガスイベントだけど」

コナン「そういえばそんなカッコイイ名称だったなwwwww」

灰原「あなたが広めたんじゃない……それはそうとして」

コナン(コイツ、勘付いたな……しょうがねぇ」

灰原「何がしょうがないのかしら」

コナン「ちょっとこのボタン押してミソ」スッ

灰原「な、何よこれ」

コナン「いいからはよ。押したらなんでも聞いていいぞ」

灰原「しょうがないわね」ポチ

光彦「おうぇええうぇえええええ」ゲロロロン

灰原「っ!?」

コナン「はいwwwwお前も共犯なwwwwww」

灰原「くっ、ハメられてしまったわ……」

コナン「まぁなんでもいいんだけど、邪魔だけはすんなよwwww」

灰原「し、仕方ないわね……」

灰原(ごめんなさい……私ではどうする事も出来なかったわ……)

元太「み、みつひこぉおおおおお!?」

光彦「げ、げろが……」

コナン「病み上がりだからだろ、はよ教室行くぞ」

元太「お、おいコナン、今日は光彦帰らせたほうが」

コナン「バーロー、せっかく来たんだぞ? 教室まで連れていくべきだろ」

光彦「ぼ、ぼくっ、きょうはもうかえ」

コナン「帰りたくない?wwwwなぁきいたかwwww」

元太「しょ、しょうがねぇ肩かすぜ光彦」

光彦「だから、きょぉうはもうかえり」

コナン「たくない?wwwww凄い根性だぜwwww」

光彦(やっと落ち着いてきました……なんかコナン君に乗せられて来てしまいましたが、なんとか
    やり過ごせそうですね……)

コナン「とか思って安心してるツラだぜwwwwさてwwwwダブルトロピカルアタックを試してみるかwwww」

コナン「何時がいいかなwwww給食?wwwいやいやwwwもっと使うべき所があるなwwww」

コナン「さてwwwどこでやろうかなwwwwよしwwww>>50の時にやろうwwwww」

プール

コナン「よしwwwwプールで使うかwwwwんwww待てよwwwでも確か……」

回想

博士「良いか新一、ダブルトロピカルアタックは危険なんじゃ」

コナン「どういうことだってばよ」

博士「良いか、ダブルトロピカルアタックを二回連続で使用すると、恐ろしい事が起こるのじゃ」

コナン「な、なんだよ……」

博士「恐らく光彦くんは一生を苦に満ちた人生で生きる事になるのじゃ」

コナン「面白そうじゃねーかwwwww」

………
……


コナン「面白そう、とは言ったが、本当にやっていいんだろうか……本当やるかどうか>>60が決めてくれ」

外道すぎワロタ

コナン「だよなwwwここまで来たらやるっきゃねぇwwww」

プールの時間

光彦「本当はあまり気乗りしませんが、授業ですからね……あれ?コナン君は水泳やらないんですか?」

コナン「あぁwww調子悪くてなwww」

コナン(バーローwww授業に出たらグッドタイミングが選べないだろwwwwwww)

先生「では水泳の授業をはじめまーす。今日はリレーの練習しますよー」

コナン「っ!? 閃いた! 真実はいつも一つだぜ」

コナン「光彦が飛び込む瞬間、そこを狙う。リレーだからな、他の皆も注視してる中でのダブルトロピカルアタック」

コナン「たまんねぇwwwwww」

バシャバシャ

元太「次は任せたぜ光彦ぉ!」バン

光彦「はいっ」ターンッ

コナン「今っ!」ダブルポチ

光彦「もひゃっ!」ゲロロロ ブボン

コナン「飛びながらゲロと屁してやるがるwwwさてもう一度だwww二回連続使用wwww」ダブルポチ


パンッ

パパンッ

先生「あっ、あっ……み、光彦、くん?」

元太「ぷ、プールが赤く……み、みつひ、こ?」

歩美「キャー!!!!」

灰原「何よ、これ……」

コナン「光彦の肢体が全部吹き飛んじまった……プールが光彦の血で染まっていく」

コナン「博士……こんなもん……」


コナン「最高だなwwwwwwwうひゃひゃひゃwwww最高でおまんがなwwwww」


光彦「かはっ、ふひゃっ、かはっ。手、足がっ、あがががあが」ガクリ

コナン「痛みと手足が吹き飛んだことへの驚きで気絶しちまった。このままじゃ溺れ死ぬな」

コナン「しゃあねぇ助けてやるか」ザブーン サバァ

コナン「おい、誰か早く救急車だ! 光彦が死んじまうぞ!」

コナン「くそっ、死ぬなよ光彦……絶対助かるからな……」

光彦「……」

元太「い、意識がねぇんじゃ……」

コナン「こういう時はな、話しかけるのが意味があるんだ。深層心理に生きる活力を与えるんだ」

灰原「その通りよ……」

歩美「が、頑張って光彦くん!」

コナン(まっ、こんな状態じゃ死んだ方がマシだろうがなwwwwそれじゃ面白くないwwwww)

救急隊員「いきなり四肢が爆破したという少年はここですか!?」

コナン「はいwwww」

コナン「ミツヒコwww絶対助かるからなwwww」

光彦「コナン、くん……」

コナン「わかるー?www俺コナンwwww」

光彦「なんで、笑って……」

コナン「笑ってなんかねーよバーローwwww」

光彦「……そう、ですか、君が……」

コナン「えっ?wwwきこえないんだがwwww」

光彦「やったんですね」ボソ

10年後

光彦「博士、ありがとうございます」

博士「気にする事はなんじゃよ。全てあの道具を作ったのも使ったのもコナンじゃ」

光彦「えぇ、アイツだけは許せまん。最後のあの笑み、僕は忘れない」

博士「それで、どうじゃ? 最新鋭強化義装具の使い心地は」

光彦「最高ですよ、今なら指一本で鉄格子すらひしゃぐ事が可能です」

博士「そうじゃな。これも全て」

光彦「あいつに復讐するため」

光彦「それにアイツは灰原さんをも奪って行った。「こいつと結婚するからバーローwww」と
何から何まで僕へのあてつけだけを行ってきた」

光彦「僕は正義を執行する、代弁者となります。まずはコナンから……」

博士「そうじゃ、アイツは生かしておいてはいけない悪魔なんじゃ」

博士「あんな危険な道具を作り、使う地獄の使い魔じゃ」

博士(ワシが作ったなんていったらエラい事になるからのぉ……)

博士「さぁ、このマントを羽織るんじゃ、正義の代弁者にマントは必要不可欠じゃ」

ファサァ

光彦「今最高な気分ですよ、博士」バサッ

光彦「待っていろ、コナン、今、その腐った性根を存在ごと消し炭にしてくれる」

コナン「ファーッwwwいいなぁwww白い粉を運ぶ仕事は儲かってしょうがねぇwwなぁ愛www」

灰原「……アナタくずね」

コナン「そういうなwww別荘はどこがいい?wwwハワイか?wwwそれともヨーロッパの古城でも買うか?www」

灰原「そうね、別荘より研究所がほしいわ」

コナン「おっけおっけwww買ってやるよwwww」

灰原「というかそもそも別荘なんてもうあるじゃない」

コナン「あれは軽井沢だろwww国外のもほしいじゃんwwwww」

光彦「長遠視粒子眼球、光度良好、対象を補足」

博士「うむ、しかしコナンは鼻が効くぞい、十分注意するんじゃ」

光彦「大丈夫ですよ博士、対象は建物の中、そしてかつここまでの距離は約2キロ」

博士「うむ、まぁ気づかなとは思うがの。仮に気づいても手遅れかの」

光彦「今の僕は時速280キロで走れますからね」


コナン「……匂うな」

灰原「何がかしら?」

コナン「どこかで、俺を見ているヤツがいる」

灰原「また? どれだけ鼻が効くのよアナタ」

コナン「愛、すぐここを出るぞ」

灰原「魔法の粉はどうするの?」

コナン「もう金は貰った、後は引き取りてがここに来るだけだ、別に俺が居なくても構わない
なくなったらそれは俺のせいじゃな。奴らの不注意が原因さ」


光彦「対象に動きあり、気づかれ、た?」

博士「考えにくいがの……しかしヤツの鼻なら……」

光彦「全速力で目標の駆逐を敢行します」

ダダダダダダダッ

灰原「ねぇ、後ろから凄い音がするのだけれど」

コナン「ちっ、なんだアイツ、俺のベンツについてこれるとか化け物かよ」

灰原「そのスピードメーター壊れているんじゃないのかしら」

コナン「なんでだよ」

灰原「だって160キロ出ているのに、人間に追いつかれそうなのよ」

コナン「違うな、アイツは人間じゃない、走る度に足元のコンクリがヒビが入ったり凹んでるんだぜ、哀」

灰原「でもあんな人間居るわけ」

コナン「……ちっ、あのタヌキボディのマッドサイエンティスト崩れがぁっ……」

光彦「追いつきました……」ダダダダダダ

灰原「併走されてるわ」

コナン「うるせー今どうするか考えてるんだよ!」

光彦「まず、その邪魔くさい車の屋根から壊しますか」スッ

コナン「な、なんだアイツの腕、刃物と一体化しているっ!?」

光彦「light boy sword」

スパン

コナン「ち、ちっ、車の屋根が、これじゃあオープンカーだぜっ、ったくっ、クソッタレええええ!」ガキン

光彦「グッ、車で体当たりとは、思わず吹き飛ばされそうになりましたよ」

灰原「早くなんとかしてよ」

コナン「バーロー、あいつはオーバーテクノロジーの産物だ、今は逃げるしかねぇ!」

灰原「……そうかしら?」

コナン「どういうことだ?」

光彦「くっ、た、体勢を立て直して、よし、」ダダダダダ

灰原「従来の金属ではあの速度は出ないわ。仮に出せてもあんなに素早く本体は
動かせない」

コナン「バーロー早く結論を言え結論を!」

灰原「あれの材質はおそらくMWNTよ」

コナン「っ! 多層カーボンナノチューブか」

灰原「ええ、だから、あれを破壊するにはマグマに放り込むか隕石を落とす必要があるわ」

コナン「バーローwwwもっと現実的な案を言えwwwww」

光彦「終わりだ、悪の権化コナン」

コナン「ん? なんかどっかで聞いた事のある声だな……」

光彦「light boy……」

灰原「見て、アイツの手のひらが光り始めたわ、何か出す気よ」

コナン「くっそ、もっとスピード出ろよこのっ、」グイ フィイイイン

灰原「200キロ、これなら……」

光彦「hey KONAN. It cannot escape from me. 」

コナン「こいつマジでやべぇwwwwおいついてきやがったwwwww」

光彦「light boy……crush……」

光彦「今、全てが終わる」

キィイイイイイインン

コナン「おいおいwwwwなんか車の上に丸い光が出てきてるんだがwwwww」

灰原「っ、これは、小規模ブラックホールの生成!?」

コナン「あぶねぇ飛び降りるぞwwww」グイッ

灰原「あっ」ダッ

グシャアアアンン

光彦「車は押しつぶしました……500トンの圧力、人間には耐えられないでしょう」

コナン「ふぃ~飛び出した先が海で良かったなwwww」

灰原「全く、無茶ばかりして///」


光彦「……いない?」

博士「どうしたんじゃ!?」

光彦「確かに対象を潰したハズなんですが、姿が見えません」

博士「逃げられたのう……」

光彦「僕のこの眼球では辺りに姿は見えないので、それはないかと」

博士「いや、そこは海の近くじゃろう? 海は様々な不純物があり、流れあるのでのう、
建造物の透視どころではない技術が必要になるのじゃ。その眼球にはまだその機能はないんじゃ」

光彦「では、海に飛び降りたと」

博士「じゃろう」

コナン(今の会話wwww光彦の野郎だったかwwww)

コナン「ゆるさねぇ……この俺にたてつくとどうなるか、教えてやるぜ」ピポパ

コナン「ジンか、実は総力をあげて潰さなきゃいけないヤツがいる」

コナン「頼むぜ」

灰原「頼もしいのね」

コナン「当たり前だ、俺は黒の組織の名誉幹部だからな」


光彦「コナン、僕は必ずお前を駆逐して見せる」

博士「その意気じゃ!」


~完~

眠い疲れた
ダブルトロピカルしないを選択していたなら光彦が恥をかく展開にするつもりだった

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの3244さん   2014年04月25日 (金) 17:04:09   ID: LrC5atQo

出るーーーーーーーーーー

2 :  SS好きの3244さん   2014年04月25日 (金) 17:04:09   ID: LrC5atQo

出るーーーーーーーーーー

3 :  SS好きの774さん   2015年12月28日 (月) 06:30:43   ID: MpH80Y6g

出るーーーーーーーーー

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom