霧切「苗木君の癖に生意気ね」苗木「^^#」 (123)

霧切「ちょっと聞いているの?」

苗木「はいはい」

霧切「大体あなたは、いつも」クドクド

苗木「ったくうるさいなぁ、もう」

霧切「……何ですって?」

霧切「いい苗木君?これはあなたにために」

苗木「ッラァッ!!」ドゴッ

霧切「うっ……!!」

霧切「おえええええっ!!」ゲロゲロゲロ

苗木「うわっ!?」サッ

霧切「おえええっ……げほっげほっ!」

苗木「あーあ、もう汚いなぁ霧切さんは」

霧切「はぁ…はぁ…」プルプル

霧切「…え?苗木君?」

苗木「こっちに来なよ」グイッ

霧切「痛っ!髪を引っ張らないで!」

苗木「そりゃ!!」バキッ

霧切「はうっ!」

霧切「がっ!げええええ!!」ビシャビシャ

苗木「全くこんなに床汚して…モノクマに迷惑だと思わないの?」

霧切「ううっ…」

霧切(は、早く逃げないと)

苗木「待ちなって霧切さん!」ガシッ

霧切「い、いや!離して!」

苗木「じゃあ、ちょっと我慢してね?」

霧切「やめっ」

苗木「オルァ!!」ベキッ

霧切「がふっ」

苗木「もういっちょ!!」ドゴ

霧切「が……」

霧切「う……あ……」

霧切「」ダラン

苗木「この程度でダウンしてもらっちゃ困るんだよなぁ」

苗木「あっ、ちょうどいいところに泥水の入ったバケツが」

苗木「おきてよ霧切さん!!」バッシャア

霧切「ひっ!冷たっ?」

苗木「ほらバケツもちゃんと被りって!」ゴッ!

霧切「~~~~!?」

苗木「オラオラオラオラオラ!!」ズドドドドドドド

霧切「ぎゃっ!おええええええええ!!」ボトボトボト

苗木「美人な顔もすっかりゲロまみれになっちゃったね」

霧切「…もう……許して…おねがい」

苗木「仕方ないなぁ。もうボクに説教しないって約束してくれる?」

霧切「は、はい…」

苗木「なら許してあげるよ」

霧切「!」パァァ

苗木「というのはうーそ^^」カッキーーン!

霧切「あ」

ドサッ

苗木「この絶望バット試してみたかったんだよね、ありがとう霧切さん!」

霧切「あ……う……」ピクピク

…………


朝日奈「霧切ちゃん……ひっく」グスッ

大神「朝日奈……」

大和田「誰だなんだよ!女をあんな風に痛めつけるヤツは!!オレは許さねぇぞッッ!」

石丸「それで霧切くんは無事なのかね!?」

不二咲「命の方に別状はないんだけど…その」

大和田「なんだ!ハッキリいいやがれ!」

不二咲「ひっ!」

大神「大和田よ、怖がらせるな」

大和田「…わりぃ、続けてくれ」

不二咲「そ、その……意識が戻らないんだ」

苗木「ボクが近くにいながら……霧切さんっ!」

舞園「苗木君のせいじゃありませんよ!悪いのは痛めつけた人です!」

桑田「今回は仕方ねーよな。ったく誰が犯人なんだ」

セレス「……」

セレス「ひょっとすると、苗木君がやったのでは?」

山田「あのー、流石に苗木誠殿にそれは無理と思いますぞ」

十神「こんな男に人を傷つける気概があるわけなかろう」

舞園「変なこと言わないでください!苗木君がそんなことするはずがありません!」

セレス「勿論、冗談ですわ」ニコッ

苗木「………」

………


苗木「ねぇ、セレスさん」

セレス「あら?苗木君。わたくしに何か御用でも?」

苗木「ふッッ!!」ドゴッ

セレス「がっはっ!」

ドサッ

セレス「……?」

セレス(わたくし…殴られたのですか?)

苗木「あんまりヒトを疑っちゃうのはよくないと思うな」スッ

セレス(バット!?)

セレス「そ、そんな物騒なものはしまってください!」

苗木「まずは腕を折っちゃおうか!」

セレス「が…っ!ぎゃあああああああ!!」

セレス「あああああ!!腕がっ!わたくしの腕がぁ…っ!」ゴロゴロ

苗木「ダメだよそんな顔しちゃ。ほらほらポーカーフェイスポーカーフェイス」

セレス「ひっく…ううっ……そんなのできるわけが!」

苗木「できるできないは聞いてないよ!」ゴシャッ

セレス「あぎゃああああああ!!」

苗木「あ、ゴメンねセレスさん。足が変な方向に曲がっちゃったね」

セレス「うぎゃああああああ…ッ!」

苗木「ほら、ポーカーフェイス!」

セレス「うあああ……う」

苗木「大丈夫?死んでないよね」ゴッ!

セレス「うぐあっ!」

苗木「なーんだ!生きてるじゃん!」

苗木「全然ダメじゃんセレスさん」ドン!

セレス「ひっ…!ひいいいいい!!」

苗木「やっぱり霧切さんみたいにしなきゃダメかな」

セレス「あ……あ」

セレス「お、お願い!」ガタガタ

苗木「うん?」

セレス「お願いしますッ!!靴でもなんでも舐めるので許してくださいッッ!!」

苗木「えー」

セレス「本当になんでもしますので見逃してください!!」

苗木「どうしよっかなー」

苗木「じゃあ靴舐めてよ」

セレス「!?」

苗木「ほらほら早く、ボクの気が変わる前に」

セレス「はっ、はいい!!」

苗木「ゴミ一つでも残したら……分かってるよね?」

セレス「ひゃい!」ペロペロペロペロ

ペロペロペロペロ

ペロペロペロ

セレス「終わりました!」

苗木「ご苦労様セレスさん」

苗木「それじゃあ後はゆっくり寝ていいよ」スッ

セレス「なッ!話が違うでは」

メギャッ!

セレス「うぎぃぃああああああああああ!!」

不二咲「セレスさん……全身の骨折で全治四か月だそうだよ」

葉隠「ああああああ!!オシマイだべー!オレら全員殺されるー!」

十神「落ち着け。まだ死者は出ていない」

桑田「落ち着いてられるかって!!いつ襲われるか分かんねーんだぞ!」

腐川「あんた達の中にどうせ犯人がいるんでしょ!?わっ、分かってるんだからね」

朝日奈「そういうあんたはどうなのよ!」

大神「よさぬか朝日奈」

舞園「どうしてこんなことに……苗木君」

苗木「ああ。これも全て黒幕が悪いんだ!」

苗木「このままだと本当にコロシアイが起きるかも……」

舞園「……」

舞園「あの、苗木君」

苗木「なんだい舞園さん?」

舞園「その時は苗木君、私の事守ってくれますか?」

苗木「勿論だよ!ボクがキミには一切手は出させない!必ずだ!」

舞園「ふふっ。ありがとうございます苗木君」

舞園「私も苗木君のこと応援しちゃいますね!」

苗木「………」

………


舞園(今日の苗木君、頼もしかったな)

舞園(あ、夜時間過ぎてますね……早く部屋に戻って寝ないと)

ゴンッ!!

舞園「!!?」ドサッ

葉隠「オ、オレを殺そうったってそうはいかねぇべ!!」ガクガク


舞園「はがく……れ…君?」

舞園(え……なにこれ…血?)ドロッ

舞園「え?え?」

舞園「……きゃあああああああああ!!」

舞園「ど、どうしてこんなことを…!?葉隠君!」

葉隠「な、苗木っちから聞いたべ!舞園っちがオレを殺そうとしてるって!」ガクガク

舞園「えっ?」

葉隠「オレは死にたくねー!絶対生きてやるべ!」ポロポロ

舞園(私が誰か殺す?しかも苗木君から聞いて…?)

葉隠「うおおおおお!!」ガンッ!

舞園「ぎゃぅ!」

葉隠「やられる前に先制攻撃だべ!!だべっ!」ガンガンッ!

舞園「ちょっ…きゃっ!やめてくだざい!!」

葉隠「オレはじにたくねー!じにたくねぇべー!!」ガンガン

ガンッッ!!

葉隠「だ……べ…」

ドサッ

舞園「!」

苗木「大丈夫かい舞園さん!?」

舞園「苗木君……?」

苗木「よかった、今度はギリギリ間に合ったみたいだね」

舞園「え?」

苗木「言ったじゃないか。ボクがキミを必ず守るってさ」

舞園「……ぐすっ」

苗木「さ、もう平気だよ」

舞園「うっ……ううっ……うぇぇぇぇぇん!怖かったよぉ!!」

苗木「遅くなってゴメンね舞園さん」ニヤ

翌日


十神「葉隠の件だが……あいつは空き部屋に縛り隔離した」

朝日奈「隔離って!」

十神「あいつのやったことを考えれば当然だ」

山田「確かに……クラスメイトを2人、しかも美少女を重体にさせた罪は重いですな」

桑田「しかも舞園ちゃんにまで手を出そうとしやがったんだからな!当然の報いだぜ!」

石丸「しかし食事はどうするのだ?」

十神「心配するな。飯は大神と大和田が交互に持っていくことになっている」

大和田「つーか舞園は大丈夫なのか?昨日襲われたんだろ?」

十神「あれを見ろ」


舞園「苗木君、あーん」

苗木「ちょ!ここ公共の場だよ舞園さん!」

十神「心配はいらんだろう」

桑田「チッ!……まぁ命の恩人じゃ勝てっこなーよなぁ」

大神「なんにせよ、これで通り魔事件は終わったのだ」

朝日奈「そうだよね…葉隠は残念だったけど」

山田「これで堂々と夜時間まで出歩けますな」

不二咲「よかったぁー」ホッ

十神「ただし、後ろにはくれぐれも注意しておけよ」

桑田「そうだな。葉隠が鎖引きちぎって脱走せんとも限らねーし」

大和田「おいおい、流石にそれはねーよ」

アハハハハ!!


苗木(おわっちゃあいないよ……まだ何もおわっちゃいないんだよ)

不二咲「大和田君とのトレーニングですっかり遅くなっちゃった」

不二咲「早く帰らないと」トテテ

苗木「やぁ、不二咲さん」

不二咲「ひえっ!……なんだぁ、苗木君かぁ。びっくりしちゃった」

苗木「こんな時間にどうしたの?」

不二咲「あ、それはちょっと……」

苗木「言えないことかい?」

不二咲「ゴメンね」

苗木「ふーん」

不二咲「今は言えないけど、でもいつか必ず強くなってみんなに言うから!」

苗木「そーかそーか^^」

苗木「じゃあ強くならなきゃね!」ブンッ!

ゴシャアッ!!

不二咲「っ…!?」ドサッ

不二咲「!?!?」

不二咲(……あ、あれ?目がくるくる回るよ)

不二咲(それになんだかすごく寒い)

苗木「寝ちゃダメだよ不二咲さん」ゲシッ

不二咲「がっ!げほぁっ!」ビチャビチャ

苗木「強くなりたいんでしょ?ならこのくらいでへばってちゃダメだよ」ゲシッゲシッ

不二咲「なっ……なえ…ぎ……くん?」

苗木「ほら立って!カウント10!9!8!」

不二咲「え?…なえぎ…くん?」

苗木「7!6!5!4!」

不二咲「ううっ…!」ググッ

不二咲(ダメだぁ、力が入んないよぉ)

苗木「3!2!1!」

苗木「あーあ間に合わなかったね不二咲さん。おしおき決定」

不二咲「あう…う」

苗木「それじゃあ指を一本ずつ折っていこうね^^」スッ

不二咲「ひっ!!」

苗木「それいーっぽん」ボキッ

不二咲「うあああああああ!!」

苗木「にーほん、さーんぼん」ボキッボキッ

不二咲「あっあっ……あっ!」

不二咲(僕の意識はここで閉じた)

舞園「不二咲さん、両手指骨折と後頭部の損傷がひどくて……いつ目が覚めるか」

大和田「ちきしょう!!ちきしょォォォォォォ!!」

大神「また始まってしまったのか…!」

朝日奈「もうこんなのやだよ!私!」

桑田「葉隠捕まえたら終わったんじゃねーのかよ!」

腐川「だ、だから外には出たくないのよ!!」

十神「……昨日、葉隠に質問に行ってきて気になった点がある」

十神「苗木、舞園。お前達に心当たりがあるんじゃないか?」」

舞園「えっ!?」

苗木「ボク達!?」

十神「葉隠はお前から『舞園が自分を殺そうとしている』と聞いて犯行に及んだらしいが」

十神「それは本当か?」

苗木「ボ、ボクは何も知らないよ!」

舞園「苗木君は私を助けてくれたんです!そんなことするワケが」

十神「元々葉隠を嵌める為に舞園、お前も苗木に利用されたとしたらどうする?」

苗木「舞園さんを利用するなんて……そんなこと」

十神「無いとは言い切れまい?」

舞園「いい加減にしてください十神くん。それ以上言うなら私でも怒りますよ」

十神「フッ、どうかな」

桑田「さっきから聞いてりゃ!舞園ちゃんいじめんじゃねぇぞアホ!アホ!アホアホアホ!」

十神「黙っていろアポめ」

十神「と苗木。お前には真犯人が分かるか事態が収まるまで部屋から出ることを禁じる」

苗木「えっ?」

舞園「そんな!強引すぎですよ!」

十神「葉隠から苗木の名前が出た以上野放しにはできん」

舞園「守ろうとしてくれた方より私を殺そうとした人の方を信じると?」

苗木「いいよ舞園さん。ボクが言うとおりにしていれば丸く収まるんだから」

石丸「ぐぐ…!クラスメイトを疑うことなどあってはならないが」

十神「Ⅰパーセントでも確率があれば徹底的に疑え。間違っていたら悪かったでいい」

朝日奈「私は気に入らないよ、その論理」

山田「苗木誠殿なら信じてもいいと思うんですがな」

大和田「いくら女子でも苗木にはやられねーだろ」

苗木「とりあえず、ボクは部屋に籠ってればいいんだね?」

………

苗木(こうして軟禁生活が始まったわけだけど)

苗木(十神クンの提案でボクの足には部屋の中を行き来するしかできない鎖が繋がれた)

苗木「邪魔だなぁ……十神クン」

コンコン

苗木(大神さんがご飯を持ってきてくれたのかな?)

苗木「はーい」

ガチャ

苗木「…あっ!」

舞園「来ちゃいました」ニコッ

苗木「舞園さん!どうしたの?」

舞園「大神さんに無理言って変わってもらいました」

舞園「はい、あーん」

苗木「あはは。自分で食べれるよ」

舞園「そう言わずに、はい」

苗木「わ、分かったよ……あむっ」モグモグ

舞園「苗木君」

苗木「ん?」

舞園「私はあなたのことを、誰よりも信じてますから!」ギュッ

苗木「舞園さん……」

舞園「たとえみんなが苗木君を信じなくなっても、私だけはずっと信じていますから!」

苗木(彼女はボクを信じ切っている)

苗木(そんなボクに裏切られたら彼女はどんな反応をするんだろうか)

図書室


十神「霧切は腹部による過度な暴行に加え頭部損傷」ペラッ

十神「セレスは右手足骨折に加え側頭部損傷」

十神「不二咲は両手指骨折と後頭部損傷か」

十神「どれも苗木の力でできるとは思えんが……っ!」

???「……」

十神「なっ!?江ノ島貴様いつからそこ―――がっ!!」

???「苗木君のため……」

???「苗木君褒めてくれるかな」テレテレ

十神「やは……り……俺は間違えて…なか…っ」

ドサッ

舞園「全身骨折で……なんとも言えない状況です」

腐川「いやああああああ!!白夜様がああああ!!」

桑田「チッ…あんだけ仕切っといて襲われてりゃワケねーぜ」

朝日奈「でもこれで苗木のアリバイが晴れたってことだよね?」

苗木「十神クンには申し訳ないけど、そうなるのかな」

舞園「はい。そうですね」

山田「その割には舞園さやか殿は喜んでいらっしゃらない感じですな?」

舞園「最初から苗木君のこと信じてましたから」

石丸「しかしこの状況は何も変わってはいないぞ!」

大神「そうだな……まだ犯人が見つかっていない」

苗木「歩き回るときは常に二人一組にしたら、気休め程度だけど安全なんじゃないかな?」

石丸「いいぞ苗木君!その意見に賛成だ!」

朝日奈「確かにその方がいいよね……じゃあ私はさくらちゃんと!」

石丸「それでは兄弟!僕と組もう!」

大和田「おうっ!」

桑田「舞園ちゃーん、俺と」

舞園「苗木君、よろしくお願いしますね」

苗木「うん。よろしくね舞園さん」

山田「桑田怜恩殿は僕で決まりのようですな」

桑田「ブゥゥゥゥゥデェェェェェ!!」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年05月10日 (土) 23:15:49   ID: KAIlOI3j

続き書けよ。気になるだろう

2 :  SS好きの774さん   2015年01月22日 (木) 16:55:21   ID: 7Z8mM4fz

↑それに賛成だ!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom