エレン「オレのセコムが怖い件について」(20)

エレン「誰かオレを助けてください……」

エレン「最近ミカサがオレが誰と話していても睨んでくるんです。アルミンとかライナーとかでも」

エレン「最近ミカサがオレが誰と話していても睨んでくるんです。アルミンとかライナーとかでも」

エレン「同じこといっちゃいましたね。でもそれだけミカサがいつも異常に過保護なんです。」

エレン「オレにとっては重い鎖なんです・・・・・・・!?」

ミカサ「エレン・・・・・・・今何かいった?」

エレン「え、いやなにも」

エレン「ミカサ・・・・・・・お前はいつまでオレについてくるんだよ」

ミカサ「エレンは私がいないと早死にする」

エレン「だからって過保護すぎるぞおまえ」

ミカサ「エレン・・・・・・・あなたあのクソチビが好きなんでしょう」

エレン「!?」

エレン「ミカサ、リヴァイ兵長は尊敬の意味で好きなんだ」

ミカサ「じゃあ、あの馬面かしら?」

エレン(馬面・・・・・・・)「オレが好きなのは・・・・・・・」

リヴァイ「おいお前・・・・・・・エレン。地下に戻れ」

エレン「はい・・・・・・・」

エレンの顔は真っ赤だった。

ミカサ「アルミン、あのチビにはしかるべき報いをしなくてはならない」

アルミン「突然どうしたのミカサ、あのチビってリヴァイ兵長!?」

ミカサ「エレンが好意を抱いてる。あのときもそうだ顔が真っ赤になっていた」

アルミン「エレンと兵長が!?」

アルミン「エレン!君は兵長が好きなのかい!?

エレン「・・・・・・・好きだよ」

アルミン「エレンだけは違うと信じていたのに」

エレン「アルミン何か勘違いしてないか?」

アルミン「?」

エレン「オレはリヴァイ兵長が命を助けてくれた。まぁ、方法は荒いけれど、それにかっこいいじゃん。そういう意味だよ。決してBL方向じゃないからな」

アルミン(あぁ、よかった)

エレン「逆にホモっていったらライナーとベルトルトじゃないのか?」

アルミン(さらっとすごいこと言っちゃったねエレン・・・・・・・)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom