エレン「みなさん!王様ゲームしませんか!」(70)

リヴァイ「?」

ペトラ「王様ゲーム?」

エルド「何だそれ?」

グンタ「俺も知らんな」

ハンジ「何それ?」

エルヴィン「王様ゲーム…なんだ?」

オルオ「俺は知ってますよ兵長」

リヴァイ「何だ」

オルオ「数字が書いてあるくじを引き、当たりを引いたものが
王になります。そして番号を二つまで指定し、命令するんです。
ちなみに命令には絶対服従…」

オルオ・エレン以外「!」

エレン(良く知ってるなーオルオさん)

ペトラ「絶対って…」

グンタ「じゃあ、キスしろって言ってもか?」

オルオ「まあそうなるな」

リヴァイ「ほう」

ハンジ「面白そうじゃん」

エルヴィン「絶対服従、か」

エルド「いいぞ。やるか、エレン」

エレン「ハイ!」

続き書いていい?

書きますね

エレン「じゃあくじはここにあるので皆さん引いてください!」

全員「ドキドキ」

オルペト「兵長とキスか・・・」ボソッ

リヴァイ「・・・?」ゾクッ

エレン「みなさん引きましたね?」

エルド「おう・・・」

いいよ

全員のくじ番号

王様 エルヴィン 

1番 オルオ

2番 ハンジ

3番 エレン

4番 ペトラ

5番 グンタ

6番 リヴァイ

7番 エルド

エルヴィン「王様・・・か」

リヴァイ「・・・」チッ

ハンジ「エルヴィンが王様なら健全そうだね!」

エレン「どうしますか?エルヴィン団長!」

エルヴィン「では>>6番が>>7番に>>8をする」

すみませんミスです

>>9 >>10 >>11

の順番でお願いします

エレン

ペトラ

イラマチオ

エルヴィン「では3番が4番にイラマチオをする」

エレン「3番が・・・」

ペトラ「4番に・・・」

エルヴィン「イラマチオ」

リヴァイ「フッwww」

エレン「リヴァイ兵長なに笑ってんです!?」

オルオ「ウフッwww」

ペトラ「ちょっと!まねしないでよっ」

エルヴィン「王様の命令には絶対服従だ」

ペトラ「そんな・・・公衆の面前でイラマチオするって・・・」カァァァァ

エルヴィン「あっでもちょっと待っててねカメラ持ってくるから!」ガチャッドタドタ

全「・・・」

エレン「どうするんですか!?」

エルド「団長が戻ってくる前にどうにかしなくては・・・」

ハンジ「練乳でもぶっ掛けておけばいいんじゃね?」ドピュルルッ

ハンジ「ちゃんと演技してね!」

ペトラ「キャァッ!?」

ドタドタドタドタ

グンタ「おい戻ってくるぞ!」

ハンジ「エレン!パンツ脱げ!」

エレン「はっはい・・・」

ペトラ「」ドキドキドキ

ガチャン

エロヴィン「ただいま戻った!さぁはじめてくれたまえ!」ハァハァ

エルヴィン「・・・あれ?もうやっちゃったの?」ハァハァ

エルヴィン「まぁいいもう一回やっt」ハァハァ

ハンジ「いやまったくエレンのやつ興奮しちゃってねぇ~」

エレン「えっ!?」

ハンジ「はいじゃあ2回目のくじ~」

エレン「」グスン

王様 >>20

エロヴィンになっとる

there you go

じゃなくて、超接近してにらめっこ

>>20だとわからないのでリヴァイでいいですか

リヴァイになりました


全員のくじ番号

王様 リヴァイ

1番 ペトラ

2番 エルド

3番 エルヴィン

4番 オルオ

5番 ハンジ

6番 グンタ

7番 エレン

ハンジ「リヴァイ・・・頼むから今回は健全なのにしてくれ・・・」

リヴァイ「わかってる」

エルヴィン「」ドキドキ

リヴァイ「>>28番が>>29番に>>30をする」

全員「さすが兵長・・・・!」

ヅラ取り

4が3の頭をひっぱり、ヅラがとれる

リヴァイ「4番が3番の頭を引っ張り、ヅラが取れる」

全員「さすが兵長・・・・!」

ハンジ「さっきわかってるって言ったよね!?どう考えてもあの人対象だよね!?」

オルオ「俺4番だ」

エルヴィン「・・・3番だ」




オルオ「じゃ、じゃあいきますよ・・・」

エルヴィン「思う存分引っ張ってくれ」

オルオ「」ガシッ

ブチブチブチブチ

オルオ「なぜだ・・・ヅラがとれん・・・」ブチブチ

エルド「あれはっ!?」

ペトラ「やっぱりヅラっていうのは噂に過ぎなかった・・・!!」

オルオ「」ブチブチ

エレン「あの!エルヴィン団長が痛がっていますよ!?」

ハンジ「ああ・・・エルヴィンの頭が!!」

リヴァイ「おいオルオ!その辺にしておけ」

オルオ「俺は団長になんてことをしてしまったんだ」ブチブチ

オルオ「ところどころに生えててかっこ悪いならいっそのことすべて抜いてしまおう」ブチブチ

3分後・・・

ハゲウィン「」トゥルピカ

グンタ「団長ったらワイルド・・・」

エレン「エルヴィン団長、これを」

エルヴィン「帽子か」スポッ

エレン「これで一件落着ですね・・・」

ハンジ「じゃあ3回目いってみよー」

王様 >>40

全員のくじ番号

王様 ハンジ

1番 エレン

2番 グンタ

3番 リヴァイ

4番 エルド

5番 ペトラ

6番 エルヴィン

7番 オルオ


ハンジ「おお、私が王様ねぇ・・・んじゃ、>>42番が>>43番の
      知っている秘密を大声で連呼する」

ksk

6

1

ハンジ「おお、私が王様ねぇ・・・んじゃ、6番が1番の知っている秘密を大声で連呼する」

エルヴィン「1番は誰だ?」

エレン「あ・・・俺です」

エルヴィン「ああ君か。(エレンの秘密何か知ってたっけ?)」

エルヴィン「よし、秘密の用意できたぞ。」

エルヴィン「」スゥゥゥゥゥ

エルヴィン「エレンの!!秘密は!!>>47だ!」

すいません。今後気をつけます。

国家予算並の貯金

エルヴィン「エレンの!!秘密は!!国家予算並の貯金をしている!!」オオゴエ

エレン「なんでそのことを・・・!」ギクッ

ハンジ「エレン、精密にはいくらあるんだい?」

ペトラ「どうやって稼いだの!?」

リヴァイ「1万やるから100万よこせ」

エレン「え・・・あっうーん・・・」

エルヴィン「父親にばれたんだろ?」

エレン「」ギクギクッ

エルヴィン「そして・・・ウォール・マリアの地下室には・・・
       エレンから奪った貯金が隠されているんだ!」

エレン「えっ」

がんばってください♪( ´▽`)

がんばってください♪( ´▽`)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom