上条「誰なんだてめぇ・・・」ハァハァ俺「名乗る程の名はねぇさ」 (53)

俺「だが、裏社会ではこう呼ばれてるよ」

上条「・・・?」ハァハァ

俺「疎まれし者━━━━ジョーカー━━━━━・・・」

ステイル「ジョーカーだと!?」

上条「知っているのかステイル!?」

ステイル「あぁ、知らない!」

上条「なに!?」

俺「ククク・・・」

俺「まぁいい幻想殺し。貴様を殺し、そこのバーコード君も消すとしよう」

ステイル「君に僕がやれると思っているのかい?」

俺「やれるさ・・・」ニヤァ

俺「前方より全知全能の神!!!!!」

ゴォォォォ!!!!

ステイル「こ、これは!?神を召喚だと!?」

俺「神を操るのがそんなに不思議かい?」

上条「右手で!!」

上条「なっ!幻想殺しが効かない!?」

俺「神だからなぁ!!!!」ハーッハハッヒ

ハァハァ俺「まぁいい幻想殺し。貴様を殺し、そこのバーコード君も消すとしよう」ハァハァ

ステイル「君に僕がやれると思っているのかい?」

ハァハァ俺「やれるさ・・・」ハァハァ

ハァハァ俺「前方より全知全能の神!!!!!」ハァハァ

ゴォォォォ!!!!

ステイル「こ、これは!?神を召喚だと!?」

ハァハァ俺「神を操るのがそんなに不思議かい?」ハァハァ

上条「右手で!!」

上条「なっ!幻想殺しが効かない!?」

ハァハァ俺「神だからなぁ!!!!」ハァハァ

俺「さぁ、もう終わらせよう」

俺「いけ、神よ。目の前にいる二人を消せ」

俺「フハハハハハ!!!!」

上条「くそっ!」

ステイル「ちぃ!!」

お前「やらせると思うか?ジョーカー・・・」パキィン

俺「神が!?・・・てめぇ」

お前「久しぶりだな」

俺「鮮血で選ばれざる者━━━━━ジョーカー━━━━━・・・」

お前「もう一人の・・・ジョーカーだよ。相棒」

俺「ハァハァ」

俺「ハァハァ」

俺「フハハハハハ!!!!」

上条「くそっ!」

ステイル「ちぃ!!」

お前「ハァハァ」パキィン

俺「ハァハァ」

お前「ハァハァ」

俺「鮮血で選ばれざる者━━━━━ジョーカー━━━━━・・・」

お前「ハァハァ」

お前「上条君、ステイル君。今のうちに逃げるんだ」

上条「でもあんた・・・」

ステイル「出血がひどいように見えるが・・・」

お前「これはメイクだ。そんなことより、早く助けなければいけない人がいるんだろう?」

お前「ここは任せるんだ!行け!」

上条「すまない!」

ステイル「恩にきる!!」

俺「あとで合流しよう!!」

お前「あとは任せたぜ!!」

ステイル「ここが敵の基地だ」

上条「敵の本拠地・・・」

ステイル「ヤツはここの何処かにいるはずだ」

ステイル「手分けして探そう」

上条「わかった!見付けたらTELする!」

ステイル「こちらもそうしよう!」

お前「」ゴォォォォ

俺「い」ゴォォォォ

俺「そこを通せジョーカー」

お前「あの二人のところへは行かせない」

俺「何故だ!何故お前はあいつらを庇う!?」

俺「俺たちは味方だったはずだ!!」

お前「・・・」

俺「なにか、事情があるんだな・・・」

俺「話せよ、助けてやる」

俺「俺とお前との仲だろ?」ニコッ

お前「・・・実は、あの黒いツンツン頭のヤツに人質を取られているんだ」

俺「なんだって!?」

俺「誰が人質に!?」

お前「ひろゆきさんだよ。知ってんだろ?」

俺「ひろゆきが人質?馬鹿なありえない!!」

俺「ひろゆきは俺なんかよりもずっと強くて金持ちだ!!なのになんで!?」

俺「ありえねぇよ・・・」

お前「この写真が送られてきたんだ・・・従わなければひろゆきは・・・!!」

俺「落ち着くんだ・・・(くそっ!どうすれば!!)」

お前「」ニヤ

お前「残念釣りでしたwww」ナイフデスバシャア!!

俺「ンコォッ!!おっおっ??」ヨロヨロ

お前「相変わらず腹筋だけはあるな!!だが釣りスレによく引っ掛かる証拠でもある!!」ゴォォォォ

お前「全知全能の神!!ジョーカーを消せっ!!」











カラン←ナイフ落ちる音

上条「そげぶっ」

敵「のわーーーー!!!!」

上条「やったのか・・・」

ステイル「あぁ、全部終わった。帰ろうか」

上条「あぁ・・・」



こうして、上条一行は敵を倒すことが出来た!学園都市に帰った上条はまた日常に帰っていく!!
めでたしめでたし!

スッゲー長くなった。おっと!このssは完結だ!簡潔で完結だ!プクク

俺なりに考えたんだが空中庭園の所はあえて、あ、え、て!あんな結果にした
次回に繋げたくてな
次回作見るときにはそこら辺注意して読んでもらえるとタスカル↑


じゃあまた会おうぜ

はぶかられざる者、ジョーカーより

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom