桂馬「結局断りきれず、ちひろと付き合うことになってしまった」 (26)

桂馬(くっ……こうなっては仕方ない……この問題はとりあえず置いておいて、女神探しだ!)

桂馬(とにかく歩美を落とす!)

桂馬(時間がない、急がなくては!……いけないのに!)

ちひろ「えへへ、なんか照れるなあ」

桂馬(こいつがくっつきすぎる!)

桂馬「お前……昨日言ったこと覚えてないのか?」

ちひろ「ちょ、いきなり何言うのさ!恥ずかしいじゃん!」ドンッ

桂馬「いたっ、なにするんだよ」

ちひろ「だって、桂馬が恥ずかしいこと言うから」

桂馬「なんの話だ!僕は、昨日、恥ずかしいからしばらくは付き合っていることをばれないようにしようと話したことを言ってるんだ!!」

ちひろ「ああ、なんだそのこと」

桂馬「それなのにお前と来たら朝からべたべた!隠す気あるんかい!!」

ちひろ「あ、あるよ、あるある!さすがに私もまだ恥ずかしいし」

桂馬「なら」

ちひろ「あ、でもバンドの仲間には言っちゃったよ」

桂馬「のおおおおおおお!!」

桂馬「ぜ、全員か?」

ちひろ「うん」

桂馬「なんてことおおおおお」

ちひろ「いやあ、嬉しくって……つい」テレテレ

桂馬「あ、歩美にも、言ったのか……」

ちひろ「う、うん。おめでとうって、言ってくれた」テレテレ

桂馬(最悪……!最悪だ!!)

桂馬(これでかなりルートの難易度が……はっ)

桂馬「ゆ、結にも言ったのか?」

ちひろ「あ、うん。メールで」

桂馬(これは……まずい!)

桂馬(結、それにマルスがこのことを知ったら、いったいどんな事態になるか……)

桂馬(暴れるだけならまだいい……)

桂馬(最悪、せっかくよみがえった女神の力が失われるかもしれない……!!)

桂馬(くそ、いったいどうすれば)ウンウン

ちひろ「……」

ちひろ「えい!」ギュー

桂馬「ぐえ」

桂馬「ちょ、いきなり抱きつくな!もしこんなところを誰かに見られたら!」

ちひろ「見られたって……いいじゃん!」

ちひろ「なにさ!桂馬は私と付き合うの、そんなに恥ずかしいわけ!?」

桂馬「い、いや、そういうわけじゃ……」

桂馬(もっと大事なんだよ!!)

ちひろ「そ、それに……か、彼女の私といるのに……」

ちひろ「他の女の名前でおろおろすんな!!ばか!」

桂馬「うっ」

桂馬(こ、こいつがこんなに嫉妬深かったとは……)

「そうだそうだー」

「ひどいぞー」

桂馬(なっ!い、いつの間にかギャラリーが!?)

桂馬「……」キョロキョロ

桂馬(よし、とりあえずギャラリーの中に女神持ちたちはいない!)

桂馬(だが、この騒ぎをこのまま大きくするのは危険だ、すぐにおさめないと……)

桂馬「……ごめん、ちひろ」

ちひろ「へ」

桂馬「ほら、僕、彼女が出来たことなんて、初めてだからさ」

桂馬「それに、普段リアルなんてってさんざん言ってきたから」

桂馬「みんなに、知られるのが恥ずかしくて……」

桂馬「ちひろのことは、大事に思ってるよ」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom