苗木「僕と女の子たちだけが生き残ってしまった」 (29)

澪田「SSを始める前に注意書きっすよー!!」

>>1はスマホに慣れていないため文字を打つのに時間がかかります。これが全力だと思わぬよう
・誹謗中傷のレスは私だけではなく純粋に楽しんでいる読者の方も傷付きます。それを忘れぬよう
・このSSを読んで何を感じても、受け入れる覚悟を。近所迷惑、ダメ、ゼッタイ

澪田「たはーっ!素晴らしい前書きにもうメロメロっすー!」

俺「あ、それと」

・これはダンガンロンパ(無印)のSSです。澪田は出ません

澪田「がびーん! そりゃないっすよヨシフミちゃん~」ポカポカ

俺「いたいいたい、今度飯奢ってやるから」

澪田「テンカイのシースゥゥゥゥウウウ!!!!」

俺「わかったよ……ん?」

俺「え、これカメラ回ってる?マジで?あーあー、ヴォッフン」

俺「はは……どうも作者です。まあそんなこんなで」

澪田「唯吹が主役のけいおんデスロックラブコメ、始まるよ☆」キュルリン

俺&苗木「それは違うよ!」

俺「ってなんで苗木!?まいいや!じゃ、主役が出てきたところで、はじまりはじまり~!(強引)」

苗木「一回目の事件では葉隠くんが殺され、山田君が処刑された」

苗木「二回目は十神くんが殺され、大和田くんが処刑された」

苗木「三回目は石丸クンの自殺。オシオキが無いのも寂しいということで校則違反を何度か見逃してもらっていた桑田クンが代わりに処刑された」

苗木「そして現在……僕と女の子だけが残ってしまった……」

霧切「何を一人で話しているの」

苗木「んゃあ、もうずっとこのままでもいいんじゃないかって」

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

京子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、京子、ほむら、俺「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、京子、ほむら「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

セレス「確かにそうですわね……ある程度校内も開放されましたし、不自由なく暮らせる環境ではあります」

朝日奈「ちょっ、何言ってんの!?外に出られなくても良いって言うの!?」

さくら「朝日奈よ、我はお前がいれば……構わぬ」

朝日奈「さくらちゃん……」

さくら「朝日奈……」

ピーンポーンパーンポーン

モノクマ「オマエラ、至急体育館まで来てっ!ちょ、ちょっとくらいなら待ってあげてもイイけど……できるだけ、早く来てよねっ!」

プツン

苗木「体育館……か」

舞園「また……動機でしょうか」

千尋「もう嫌だよぉ……」

霧切「……とにかく行きましょう。モノクマに逆らうと、桑田君のようになってしまうでしょうから」

モノクマ「やあやあ、待ってたよ。で、動機の話なんだけどさ……」

腐川「そ、そんなフランクに話すことじゃないでしょう」

モノクマ「腐ランク?腐ランクってあの、君がいつも一位のあのランキング?」

腐川「ち違うわよ!架空のランキングを作らないでほしいわね」

江の島「それで、動機ってなんなんだよ?」

モノクマ「うぷぷそれはね……」

モノクマ「次に人を殺した人には、苗木クンを自由にする権利を差し上げましょう!」

人気が無いようですので打ち切りです
本当はこの後四肢を切断した苗木君と舞園さんのイチャラブや、霧切さんが苗木君の遺体を集めてスタンドバトルを繰り広げる新展開などを予定していたのですが……さよなら

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年07月15日 (火) 16:55:07   ID: NA4SfbF2

きもすぎ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom