幼馴染「好きな人ができたから別れて」 (74)

ああ^~幼馴染が制裁される展開が読みたいんじゃあ^~

はやくしろー

男「what?」

幼馴染「だから好きな人できたのよ」

男「だ、誰だよ」

幼馴染「男の知らない人ー☆あ、いやもしかしたら知ってるかも」

男「なんで突然・・・」

幼馴染「んー?ごめんねー」

男「お前・・・」









さぁ任せたぞ>>10

幼馴染「じゃ、そういうことだからーあ、アドレス消しといてねー」

男「待てよ!」

幼馴染「ちょ、もう触んないでよ!きもい!」

男「き、きも……?」

幼馴染『男くーん、あそぼー』

幼馴染『男くん、かっこよかったよ』

幼馴染『男、はい、チョコ』

幼馴染『うん……私も』

幼馴染『ずっと、大好きだよ。ずっと一緒にいようね』


男「うあ゛ぁあ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ」

続きはよ

はよはよ

男「なんなんだよ!なんなんだよいったい!」

男「くそ……」

男「ただいま」

母「あ、おかえり。あんたちょっと……」

男「なに?」

母「あんた幼馴染ちゃんになにやったわけ?」

男「は?なんだよそれ」

母「あんたたち別れたんでしょ?」

男「なんで知ってんの……」

母「さっき幼馴染ちゃんと会ってねえ」

母「別れることになったから、ごめんなさいって言われちゃって」

母「あんたあんないい子をもったいない……」

母「幼馴染ちゃんはお互い悪いところがあったって言ってくれてたけど」

母「あんたがなんかしたんじゃないのぉ?」

男「ち、ちが!あいつがほかに好きなやつができたって突然!」

母「へー、そうなの。でもあんたそれ幼馴染ちゃんに愛想尽かされるようなことしたんでしょ」

男「俺は……なにも……」

母「ああ、そうだ。あんた、後で幼馴染ちゃんちにちゃんと挨拶いくのよ?」

男「はぁ!?なんでそんなこと!」

母「幼馴染ちゃんちにはよくしてもらってるし、向こうはちゃんと言ってきてくれたんだから当然でしょ」

男「お……俺は絶対嫌だから!幼馴染の顔なんて……」

男「あいつの顔なんて二度と見たくねえ!!」ドタドタドタ

母「あ、ちょっと男?」

母「……はぁ。ありゃ振られるわ」

見てるぞ

男「くそっ、くそっ……なんで俺が悪いみたいに……」

ブブブブ

男「あ、携帯……そういえば、さっきも鳴ってたけど、無視したっけ……」

ピッ

『別れたんだって?』

『お互い悪かったって、あんたなにしたのよ』

『幼馴染泣いてたよ。さいてー』

男「は、な、なんだよこれ?」

男「うわ、女子から……男子も……」

幼馴染「恐ろしいくらい上手くいきましたね」

母「あの子バカだからね」

幼馴染「すいません協力してもらっちゃって…」

母「いいのよー可愛い幼馴染ちゃんの頼みだもの」



こうだろわかる

すべては男の誕生日への布石・・・・・・ッ

あーいいっすね^~

ブブブブ

男「あ、着信。友?」

友「あ、大丈夫か、お前?」

男「お前も……聞いたのか?」

友「ああ。女子から聞いた。お前酷い言われようだったぞ」

男「は、ははは、また俺が悪いことになってんのか……」

男「なんか……もう。女性不信になりそうだわ……」

友「事情、教えろよ。僕は男の言うことを信じるから」

男「と、友……うっ……く……じ、実は」

友「そうか……」

男「な、なあ……友……俺、どうしたらいいのかな?」

男「なんか、みんな俺が悪いみたいに言うし……幼馴染のこと、信じてたのに……なんで……こんな」

男「俺、学校行きたくねえよ……」

友「しっかりしろ」

友「僕も、今聞いたこと、できるだけみんなに分かってもらうように言ってみるから」

友「お前も、堂々しろ。お前は悪くないんだから」

男「友……」

友「……くやしいか」

男「……くやしい。くやしいよ」

友「……じゃあ、復讐したいか?」

男「ふ、復讐?」

男「復讐って……そんな」

友「向こうは、お前のこと好き放題悪く言ってんだぞ」

友「俺は今、すっごくむかついてる」

友「あのビッチ、ぎゃふんと言わせようぜ」

男「……うん」


あとは頼んだ>>35

友「でさー、男の奴泣きながらありがてえありがてえ言っててさ(笑)」

幼馴染「ギャハハハハハ!まぢうけるんですけど~」

あくしろよ

保守

男「オラァ!!出て来いクソビッチ」バーン

幼馴染「なっ!いつの間に!!」

男「うるさい!死ね!!」バキッドカッ

幼馴染「ぐわっ!!」

男「死ね!!死ね!!」ゲシッゲシッ

幼馴染「」

友「ひ、ひぃぃい!!」

男「お前もだ!くらえ!」スチャッ

ズガガガガガ

友「」

男「悪は去った」

これはひどい

男「はっ!!」

男「なんだ…夢か…」

男「夢から目覚めたか・・・良かった夢で」

男「ん?幼馴染からLINEが来てるぞ」

幼馴染「さっきみた夢は、どうだった?本当に、私が別れると思った?

男「え、なにこれは・・・」

母「こら男!!あんたいつまで寝てたのよ!今日は幼馴染ちゃんの裁判の日でしょう!!」

男「え・・・え??」

母「ほら早く支度しなさい。あんたは証人で当時の証言しなきゃいけないんだから。幼馴染ちゃんのためにちゃんとやりなさいよ」

友の死体「」

男「ヒッ!?」

幼馴染の死体「」

男「ヒャアアアア」ショワァァァ

なんだこれは…たまげたなぁ

おぅ……なんだこれ

裁判長「あなたの名前を教えてください」

男「男です」

裁判長「年齢と職業を教えてください」

男「24歳、学生です」

裁判長「学生!?あっ、へー・・・」

男「(なんだこの裁判長は・・・)」

裁判長「あなたは被告と、どのような関係ですか」

男「はい、恋人関係です」

裁判長「わかりました。事件当時、あなたは被告人と一緒に被告人の家にいたとありますが、そこであなたは何をしていたのでしょうか?」

男「はい、私は幼馴染さんと一緒にテレビを見ていました。途中で私は、お風呂に入りました」

裁判長「それは何時頃ですか?

男「23時ちょうどくらいだったと思います」

裁判長「お風呂から出たのは何時頃ですか?」

男「23時30分頃だったと思います」

裁判長「分かりました」

検察官「それでは証人尋問を行います」

検察官「男さん、あなたが入浴中だとされる23時15分頃に今回の事件が起きています。あなたは、あなたの入浴中に被告人は絶対に外出していないと言っていますが、それはなぜですか?

男「彼女の家のお風呂は、玄関のすぐ隣にあります。私は脱衣所のドアも開けたまま入浴しており、しかもシャワーはお風呂に入ってから最初の1分弱くらいしか浴びていません。その間、玄関のドアが開く音、閉まる音は一切しなかったからです」

検察官「玄関のドアの開閉の音がしなかったので、被告人は外出していない、ということですか?」

男「はい」

検察官「しかし被害者の所持品や着衣には、被告人の複数の指紋が残っています。これについてどう思われますか?」

男「それはわかりません。事実としてそうであるならば、私はその事実を否定することはできません」

検察官「状況からして、被告人が今回の事件に関わった可能性は非常に高いと言えます。検察側としてはこう考えていますが、これについてはどう思われますか?」

男「逆に私が考えている状況からしても、彼女が事件に関わった可能性は無いと言えます。ドアの開閉の音についてもそうですし、そもそも事件現場まで行く時間、家に戻ってくる時間がなさすぎます」

検察官「そういうことは弁護士の方が言うべきですよ。私は、被告人が事件に関わっている可能性が高いということに対してあなたはどう思いますか、と質問しています」

男「どうもこうも思いません。関わっているはずがないものに対して、質問されても何も答えられません」

検察官「では被告人が逮捕されたとき、あなたはどう思いましたか?」

男「何かの間違いに違いない、そう思いました。この想いは今も変わっていません」

男「なんでこんなことに・・・」

母「仕方ないわよ、幼馴染ちゃんは友くんのことをあまりよく思っていなかったことは事実だったんだから」

男「だからって、幼馴染が犯人扱いされるなんておかしすぎる。俺が風呂ってるほんの30分の間にあんなことができるわけがない」

幼馴染「男くん・・・」

男「あ、幼馴染・・・」

母「幼馴染ちゃん、男があんな証言しかできなくてごめんね」」

幼馴染「いえいえ、そんなことないです。20日間勾留中に起訴されないで、一旦釈放されたのも男くんが頼み込んでくれた弁護士さんのおかげですし・・・」

男「そもそもお前は犯人なんかじゃないんだ。あんな場所であんな裁判受けること自体がおかしいんだ!!」

幼馴染「信じてくれてありがとう。・・・あのさ、朝のLINE、びっくりした?」

男「ああ・・・なんで???と思ったけど、今日は裁判の日だってのを母から聞いて、そうだとにかく集中しないとと思って・・・」

幼馴染「そうだったんだ。ありがとね」

男「なんで、夢のことがわかったの・・・?」

幼馴染「いや、私ね、>>35の時の夢を見たの」

男「うん、俺もだった・・・」

幼馴染「もしかして男くんも同じ夢見てたりしてーってなんとなく思ったの。だからLINEしたんだけど、まさか本当に見てるとはね」

男「そうだったんだ、本当にびっくりしたよ」

幼馴染「あの時は本当にごめんね。いきなり別れようとして。けど友くんのひどい言動と、それに乗せられてる男くんのことを思うと・・・」

男「もういいよ」

幼馴染「けど、男くんも私に復讐しようとしてたんでしょ?w」

男「ああ・・・つい・・・本当に悪かったと思ってる、大好きな人に復讐だなんて」

幼馴染「私がそれだけひどいことをしようとしてたってこと」

男「・・・」

幼馴染「あの時のことは、もう忘れましょう」

男「けど、その時のことが結局、今回の疑いをかけられてる要因に・・・」

幼馴染「わかってくれる人がわかってくれればそれでいいの」

男「けどお前、殺人だぞ!殺人なんて有罪になったら執行猶予ほぼつかないじゃないか」

幼馴染「うん・・・」

男「友のやつ、一体何で・・・誰に殺されたんだ・・・」

幼馴染「男くん、実は・・・」

男「まだ誰にも言ってないことがあるの」

最後の行、幼馴染だったwwww

色男か!色男だな!

男「え?」

幼馴染「うん・・・実はね。あの日、友くんの家に行ったの」

男「え!?」

幼馴染「でもね!何もなかったのよ?行ったのは14時くらい」

男「・・・何しに行ったの?」

幼馴染「>>35の日以来、私は友くんのことをずっと軽蔑してた。それは友くんにも伝わってた」

男「それで?」

幼馴染「お互いのわだかまりを解いておきたかったの。このままずっと心の底にモヤモヤを残して生きていくのは辛かった」

男「それでどうなったんだ?」

幼馴染「初めのうちは冷静に話が出来ていたの。けど時間が経つにつれてだんだんと話がこじれてきて」

男「おう」

幼馴染「そうこうしてるうちにね」

男「そうこうしてるうちに、どうしたんだ?」

幼馴染「実は俺も、お前のことが好きだったんだ、って友くんから言われたの」

男「友・・・あいつが!?」

幼馴染「うん。だから、私と付き合ってた男くんが憎かったとも言ってた・・・」

男「そうか・・・だからあいつ、俺がお前と別れたって話した時に、俺をハメようとしてたのか・・・」

幼馴染「そうね。さらにどん底に突き落として、苦しみを与えようとしてたんだと思う」

男「なるほど・・・。それでそのあと、友との話はどうなったんだ?

幼馴染「うん、その一言を聞いてから、なんだかお互い気が楽になったっていうか。私もそれで少し納得出来たっていうか」

男「それで?」

幼馴染「これからまた、仲良くしていこうねって話をして帰ったよ」

男「俺はまだあいつと仲直りしてなかったのに・・・w」

幼馴染「ごめんねwけどその時、これでもしかしたら男くんとも仲直りできるんじゃないかなって希望が見えたんだ」

男「そんな矢先に、この事件か・・・」

幼馴染「友くんの家を出たのは17時くらいだったから、それ以降はもちろん友くんの家には行ってないよ・・・」

男「そうだよな、17時半に俺が幼馴染の家に行った時は、お前はもう家にいた」

男「ん・・・ってことは、付近住民が友の悲鳴を聞いたのが23時15分、けどお前が実際に友の家にいたのは17時まで」

幼馴染「うん・・・?」

男「じゃあその時のことを全部話せば、また違う捜査をしてくれるはずだよ!」

幼馴染「そうかなぁ・・・私は、男くんに勘ぐられないように黙ってたんだけど・・・やっぱり話すべきだよね」

男「当たり前だよ!俺に遠慮なんかしないでいいよ、身の潔白が証明される可能性があるなら、全部話さないと!」

幼馴染「わかった!!」

それから1年が経過した頃。

裁判は進み、幼馴染の無罪が確定した。

男が専任した弁護士が必死に証拠をかき集め、男も付近住民に聞き込みするなど、時間を惜しむことなく協力した。

友のマンションには防犯カメラがあるにもかかわらず、警察・検察ともにその映像を全く見ていないこともわかった。

凶器の包丁や、友の着衣や部屋に複数の幼馴染の指紋があることが検察側の決定的な証拠だったが、最終的には防犯カメラの映像が判決を決めた。

14時のマンションに入った映像が有り、17時のマンションを出て行った映像が有り、それ以降は一切友のマンションに幼馴染の姿は現れなかった。

18時過ぎに友が外出し、10分ほどしてコンビニの袋を手にして戻ってくる姿があった。幼馴染が友の家にいるときに犯行が行われていないことの何よりの証拠で、弁護士と男が集めた証拠も手伝い、無罪となった。

不審者が侵入した形跡なども一切ないため、結果的に友の自殺ということでこの事件の幕は降りた。

そして警察・検察のずさんな捜査が浮き彫りになるという、世間にとっては非常に不信感の募る、衝撃を与える結果の事件であった。

男「いやー!!!無実が証明されてよかった!!」

幼馴染「うん!!本当にありがとう!!」

幼馴染『実は>>35の時、私が好きになったのは友くんだったのよね。わだかまりを解こうとして事件の日に友くんの家に行ったけど、友くんから「お前が好きだった」
って言われて、両想いだったのにお互いが思いを伝えられないまま、結果私が友くんを軽蔑する結果になったことがわかった。
けどあの時、一気に友くんへの想いが大きくなった。料理をして、そのあと友くんに思いっきり抱きついて・・・そんなこと、男くんには言えないなー』

友の自殺の動機は、あの時幼馴染に軽蔑されて、自分の愚かさを痛感したにもかかわらず、軽蔑されていた幼馴染が自分のことを求めてきた。
それを嬉しく思ったが、また俺は愚かなことをしているのではないか、あのとき男を裏切った、その時に男と幼馴染から受けた軽蔑の感覚と言ったらそれはもう苦しかった。

俺はまた男を苦しめるのか?そして自分も苦しむ結果を、また自ら招くのか?と悩みに悩み、自己嫌悪に陥り、自殺した。

以上です。

なんか突然書く気になったから書いたけど、めちゃくちゃだないろいろ。

引っ張った割には……
でも乙

>>73
うん、すまぬ
引っ張るだけ引っ張ったが、無い頭をす絞りきれなかったわ・・・

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom