ルフィ「フンッ!フンッ!フンッ!」 (39)

ルフィ「あぁあああああああああああああああ!!」 ドピュピュ

ルフィ「・・・っはぁ!・・・はぁ・・・すげぇ~」

ルフィ「おーーーい!ゾロ!サンジ!ウソ・・チョッパー!」

ルフィ「ナミの股にちんこいれたらすげエ気持ちいいぞ!!」キラキラ

ゾロ「は?」

サンジ「え?」

チョッパー「・・・」

ルフィ「お前らもやってみろよ!!すげえんだって!」

サンジ「おい、ルフィ、てめぇちゃんと同意とたんだろうな?」

ルフィ「ん?なんでだ?俺が船長なんだしなにしたっていいだろ」

ルフィ「ナミだって気持ちよさそうだったし問題ねぇよ、しっかしすげえ気持ちよかったなぁ~」

ロビン「ルフィ、あなたこの行為のことなんていうか知ってるの?」

ルフィ「いや、しらねぇ」

サンジ「ルフィ!!!!」

サンジ「てめぇ、船長といえど女を無理やりレイプするたぁさすがに許せねえ」

ゾロ「・・・・・」

サンジ「くらえ!!コリ・・」

ガッ!

ゾロ「やめとけよ、ルフィの言ってることは正しい。海賊の船に女がいりゃあこういうことは日常茶飯事だろうが」

サンジ「そりゃそうだが今までこんなことはなかったはずだぜ!」

ルフィ「そんなことよりよぉ~、女ってみんな股に穴あんのか?」

一同「・・・・・」

ゾロ「ある」ドンっ

ルフィ「シシシシシ、そっかぁ~。それじゃ・・・次の行き先は女ヶ島だぁーー!!!」

ロビン「ちょっと待ってルフィ、今から引き返すのは難しいわ」

ルフィ「それじゃあよ~ロビン、お前が代わりに相手してくれよ」

サンジ「ルフィ!!!!・・・・俺も・・・イイカ?」

ルフィ「あたりめぇだ!!!!」

ルフィ「ゾロ、おめぇはいいのか?」

ゾロ「・・・俺はいい」

ルフィ「そっか~、気持ちいいのになぁ~」

チョッパー「ちょっとみんな!あれ海軍の船じゃないか!?」

ゾロ(ピクッ

スモーカー「今日は逃がさねぇぞ、麦わら共」

スモーカー「たしぎ!!船はつけられるか!!」

たしぎ「はい!スモーカさん、いつでもいけます!!」

スモーカー「よし野郎共!!麦わら共を捕らえろ!!」



ルフィ「ちぇ、めんどくせぇな~」

ルフィ「ゾロ、いけ」

ゾロ「・・・・・」チャキ

海軍モブ「うおおおおおおおおおおおおおお」

ゾロ「二刀流・・・鷹波!!!」

海軍モブ「うわあああああああああああああ」ズバズバズバ

たしぎ「決着をつける時がきましたね」

ゾロ「あぁ」

たしぎ「いきますよ!!エイっ!!」

ゾロ「覇気を纏おうが」チャキ

ゾロ「剣の腕に差がありすぎだ・・・」キンッ

たしぎ「あっ・・・!刀が」

ゾロ「勝負あったな」

たしぎ「くっ、早く殺しなさい」

ゾロ「・・・・・」ボロン

たしぎ「な、なにを出しているのですか!」

ゾロ「一物だ」ボロンッ!

スモーカー「ほぅ、こりゃ立派なデカマラだな」ガシっ

ゾロ「てめぇ!!煙の!」

スモーカー「・・・」ギュッ

ゾロ「がっ・・・あっ・・・そこは・・・鍛えて・・ねぇ・・・」バタ

スモーカー「フン、俺は鍛えてるがな」

たしぎ「す、すいませんスモーカーさん、助かりました」

スモーカー「しかしなんでロロノア以外の船員が出てこねぇんだ?」

ルフィ「ケムリーーーーーーーーーーーーーーン!!!」

スモーカー「あぁ?」

たしぎ「きゃっ!」

ルフィ「お前もしつけーなぁ」

たしぎ「なんであなた裸なんですか!何か着てください!」

ルフィ「え~、やだよめんどくせぇ。 俺はこの麦わら帽子だけでいいんだ(シシシ」

スモーカー「どうでもいいが麦わら、てめえはここで捕らえる!」

ルフィ「サンジ!」

サンジ「あいよ」ブラン

ドガッ!!

スモーカー「邪魔をすん・・・な」

サンジ「効くかい?覇気を纏った海楼石入りの靴は」

スモーカー「たし・・ぎ・・・」

ルフィ「よし!海へ捨てて来い!!」

フランキー「そいつはちょっと待ってくれルフィ」

フランキー「そいつは俺が楽しみてぇ、こっちへよこしてくれ」

ルフィ「ん?それならいいぞ」

サンジ「一応海楼石の手錠はしておくぜ」

ルフィ「後は・・・」ニタァ

たしぎ「ひっ!」

サンジ「ルフィ、たしぎちゃんも捕まえるのか?」

ルフィ「あたりめぇだ!!」ドンッ!!

たしぎ「きゃああああああああああ」

2時間後


ルフィ「ゴムゴムのぉ~~皮被連射砲(ガトリング)!!!」ドピュピュピュピュピュぴゅぴゅ

ルフィ「ふぃ~、同じ女でもこうも違うんだなぁ~」

たしぎ「・・・・」

サンジ「チョッパー、マリモは?」

チョッパー「ダメだ・・・意識が戻らない、それどころかもう男としての機能も・・・」

サンジ「チッ・・・」



スモーカー「くっ!てめぇ、こんな(パン)こと(パン)して(パン)くっ!(スパァン)」

フランキー「あぁ?気持ちいいだろ?俺の50cmマグナムはよぉ」(スッパァァァアアン)

スモーカー「ぐあああああ!・・・あっ!」(パン)

骨「いいですね~フランキーさん、わたしも掘りたくなってきちゃいました」

骨「まっ、わたしチンポもケツメドもないんですけど!ヨホホホホホ!」

骨「しかしフランキーさん、コレどうするんです?」

フランキー「これ?」

骨「ウソップさんの死体ですよ」

フランキー「あぁ・・・まあ後で海にでもすてりゃいいだろ」

骨「まさかウソップさんの鼻をあんなことに使うなんて、わたし不覚にも勃起しちゃいましたよ!」

骨「まぁわたし、おちんぽないんですけどね!ヨーホホホホホ」

スモーカー「あっ!あぁ!イィ!もっと奥ついてくれ!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom