ライナー「ユミル?簡単だ。」(45)

10巻までのネタバレあり。
キャラ崩壊とエロ注意

男子寮

ライナー「教官によると、今日の訓練は中止だそうだ。」

ベルトルト「やっぱりか、すごい雷雨だもんね・・・。」

エレン「マジかよ!?くそー!」

ジャン「すぐに、叫びやがってうるせぇ。これだからガキは。」

エレン「んだと!?」

マルコ「ジャン!喧嘩腰になるなよ!」

アルミン「エレンもだよ。ほら、あっちで本読もう?」

エレン「う、分かったよ。」

ジャン「ケッ!」

マルコ「ジャン!」

ベルトルト「暇だね。」

ライナー「あぁ。」

ベルトルト「何かしようよ。」

ライナー「あぁ、そのつもりだが・・・何をする。」

マルコ「猥談しない?」ニュっ

ライベル「!?」

ジャン「おい!マルコ!?急にチェス抜けるなよ!」

ジャン「ってか、何言ってんだ?お前!」

マルコ「だって、二人が悩んでて、せっかく思いついたから言うべきだろ?」

マルコ「それに、ジャン、チェス弱くてつまらないし・・。」

ジャン「」ガーン

マルコ「で、どう?」

ライベル「そりゃ、まぁ」

ジャン「やる訳ねえよな!」

ライベル「やる!」

ジャン「ええええええ!?」

ジャン「は・・・?正気かよ?」

ライナー「勿論だ。」

ベルトルト「僕もだよ、ジャン。猥談は楽しい。」

ジャン「いやいやいや、それはおかしいでしょ・・・。」

ベルトルト「それに、猥談は情報交換の場。ミカサ情報も得られるだろう。」

ジャン「よし!始めようぜー。」

ベルトルト「おー!」(フッ)

マルコ「はい、じゃあまず気になる子居るー?」

ジャン「はい!ミカサ!」

ライナー「・・・あぁ。」

ベルマル「うん。」

ジャン「なんだ?反応薄いな。」

ライベルマル(そりゃ、そうだろ。)

マルコ「他ー、ベルトルトは?」

ベルトルト「えっ、僕?」

ライナー「お、気になるな。」(大方、アニだろ)

ベルトルト「僕はアニも可愛いと思うけど・・・ユミルかな。////」

ライナー「・・え!?へぇ?」

マルコ「あーユミル良いよね、ユミル。」

ジャン「そうか?」

マルコ「セックステクもありそう!」

ライナー「いや、違うな。」

マルコ「え」

ライナー「あいつ、セックス自体怖がってて何も分かっちゃいねえよ。」

ベルトルト「?何でライナーにそんなこと分かるの?」

ライナー「まぁ、そりゃあ。実際にやったからだ。」

ライベルマル「は?」

学校いってきます

ベルトルト「どういうこと?」

ジャン「付き合ってたの!?」

マルコ「いつから?」

ライナー「待て待て!順を追って説明する。」

ライナー「まず、ユミルとは付き合っていない。」

マルコ「突き合ったのに?」

ライナー「あぁ。」

ジャン「ふっww」

ライナー「襲っただけだ。」

ベルトルト「ファ!?」

ベルトルト「!?お、襲っただって!?」

ライナー「あぁ。昨日な、つい。」

マルコ「でも、ずっとみんな一緒だったよ?昨日。」

ライナー「深夜にユミルの散歩スポットでだ。」

ジャン「でも、何でユミル?」

ライナー「いつも涼しい顔してるアイツを壊したいと思った。」

ベルトルト「そんな!」ガクッ

すいません。 
誰か居ますか?
居たら書かせてください。

すいません。ありがとう。
書きますね。

すいません。ありがとう。
書きますね。

連投、ごめんなさい。

ベルトルト「ユミルがかわいそうじゃないか!」

ライナー「ベルトルト・・・。」

ベルトルト「もう!ライナー、なんとか言いなよ!?」

ジャン「・・まだお利口さんをやってんのかベルトルト。」

ベルトルト「へ!?」ドキ

ジャン「正直に言えよ。」ズイッ

ジャン「本当は羨ましいんだr「そう、だよ!」

ジャン(あれ?自白、早。)

ベルトルト「頼むライナー、僕もユミルを襲いたい!」

ライナー「・・・」

ライナー「あぁ、全力で協力するぜ!」ニカッ

ベルトルト「!ありがとう・・・!」

マルコ「ねぇ、猥談は一旦中止で、レイプの計画立てれば?」

ベルトルト「え、いいの!?」

マルコ「うん!」

ベルトルト「でも・・」

マルコ「いい、いい!オレたちのことはきにしなくて!」

ベルトルト「じゃあ、ありがとう!おやすみ!」

マルコ「あぁ!」

マルコ「て、なんでおやすみ?」

ベルトルト「いや、ジャンぐっすりだし、昼寝かなと・・。」

ジャン「ZZZ・・・」
     
マルコ「あぁ。ほっときゃ良いんだ。」

ベルトルト「そっ!じゃ!」

マルコ「うん!」

ライナー「じゃ、計画たてるか。」

ベルトルト「うん!」

ちょっと抜けますまた来ます。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom