忍「陽子ちゃんのこと、好きですよ?」 (26)

忍「陽子ちゃん」

陽子「んー?」

忍「最近どうですか?」

陽子「なんだーいきなり」

忍「特になんでもありません」

陽子「まあいいけど」

忍「ふふっ」

陽子「最近どうって、うーん」

忍「元気ですか?」

陽子「そりゃなあ」

忍「知ってますけど」

陽子「じゃあ聞くなよ!?」

忍「えー」

陽子「それに、こう毎日一緒だとなあ」

忍「そうですねぇ」

陽子「まあ、ずっと一緒、ってわけじゃないけどなー」

忍「ずっと一緒がいいですか?」

陽子「……」

陽子「いや、ずっと一緒だと疲れそうだし」

忍「でも一瞬考えましたね」

陽子「考えた」

忍「どうでした?」

陽子「だから、疲れたよ」

忍「嘘ですっ!」

陽子「確かに半分嘘だけど!」

忍「じゃあその残り半分は?」

陽子「そんなワクワクした目で見られても」

忍「さぁ!」

陽子「……ちょっといいなって思った」

忍「じゃあずっと一緒にいましょう!」

陽子「いやいや」

忍「だめなんですかー?」

陽子「アリスが怒るぞー」

忍「私だって綾ちゃんに怒りますよ」

陽子「綾?なんで?」

忍「なんでもです」

陽子「今日のしのはグイグイ来るな」

忍「たまにはいいじゃないですか」

陽子「寂しかったのかー?」ナデナデ

忍「かもしれません」

陽子「アリスに捨てられたかー」

忍「ひどいです陽子ちゃん」

陽子「気持ち良さそうな顔だなあ」

忍「陽子ちゃんとこうしてるのは久しぶりですね」

陽子「んー、そうだなあ」

忍「陽子ちゃんはいつも綾ちゃんといますし」

陽子「アリスやカレンと一緒にいて幸せそうなしのに言われたくない」

忍「金髪少女は別腹なんです。趣味です。生き甲斐です」

陽子「言い切った」

忍「メインディッシュは」

陽子「は?」

忍「ああ、でもメインディッシュというわけでもありませんね」

陽子「どういうことだ」

忍「陽子ちゃんの話です」

陽子「どこからどこが!?」

忍「陽子ちゃん」

陽子「おー?」

忍「ふふっ、呼んでみただけです」

陽子「甘えん坊しのだ」

忍「陽子ちゃんといると安心します」

陽子「そりゃどーも」

忍「でも陽子ちゃんは私といると疲れるんですよね」

陽子「つ、疲れるけど楽しいよ!」

忍「えへへー」

陽子「ハハっ……」

忍「もっと撫でてくれてもいいんですよ?」

陽子「最近手を引くのすらさせてくれないくせに」

忍「今日は特別です」

陽子「えー」ナデナデ

忍「いつもはどうしてかアリスが拗ねてしまいますから」

陽子「アリスがいない前ならいいの?」

忍「い、いたいですグリグリしないで共犯ですいたい!」

陽子「さらりと」

忍「二人で悪いことしてるんです」

陽子「それってどうなんだろうか」

忍「二人だけの秘密です」

陽子「……ならいいや」

忍「二人だけですからね♪」

陽子「二人だけかー」

忍「二人だけです」

陽子「へへっ」

忍「ふふっ」

陽子「そういえば、昔あった秘密の話、なにがあったっけ」

忍「陽子ちゃんが夏休みの宿題できなくてお姉ちゃんに泣きながら宿題手伝ってって頼んできたこと?」

陽子「それはしのもだろー」

忍「それもそうでした」

陽子「それに別に秘密の話じゃないし」

忍「じゃあ綾ちゃんたちにも話しますか?」

陽子「笑われそうだからいやだ」

忍「そのときの陽子ちゃん可愛かったですよ」

陽子「えー、照れるなあ」

忍「小さい頃の陽子ちゃんは抱きしめたいです」

陽子「今は!?」

忍「今の陽子ちゃんは……そうですねえ」

陽子「なんだろうすごいドキドキする」

忍「あっ、じゃあもっとドキドキさせちゃいます!」

陽子「なんだって!?」

忍「陽子ちゃーん」ギュッ

陽子「わっ!」

忍「えへへ、ドキドキしますか?」

陽子「う、うーん……なんか癒される」

忍「あれ?」

陽子「それよりしののほうがドキドキしてる気がする」

忍「えっ、そんなことないです!陽子ちゃんのほうが!」

陽子「いやいやしのだって」

忍「陽子ちゃんです!」

陽子「しの!」

忍「陽子ちゃん!」

陽子「しの!」

忍「陽子ちゃん!」

陽子「しの!……ってなんの話してたっけ」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom