みさえ「しんちゃぁ~ん?『爪剥がし』の時間よ~」 (107)

しんのすけ「…」

みさえ「笑え!!!!!!」ドスッ

しんのすけ「…うっほほぉい…」

みさえ「ペンチよ。しんちゃぁ~ん?自分で剥がせるかしら~?」

しんのすけ「…やだゾ…」ボソッ

みさえ「は?」

しんのすけ「やだぞ母ちゃん!なんでこんなことするのかわからないゾ!」

みさえ「どっちからやる?右足か左足か」

しんのすけ「やらないって母ちゃん!どうかしてるゾ…」

みさえ「…聞き分けのない子供にはお仕置きが必要ね…」

みさえ「あなた~!あれ持ってきて!」

ひろし「よしきた車に積んであったな!」

やっぱりか

しんのすけ「椅子に縛り付けてどうするつもりだ!」

みさえ「じきにわかるわ」

ひろし「しんのすけぇぇえ…父ちゃんほんとはこんなことしたくないんだぁぁあ…」グイグイ

しんのすけ「むぐぅ…」

みさえ「喉に直接ホースを通したわ!」

ひろし「よぉ~し!しんのすけ!お前だけのガソリン6L早飲み大会だ!」

しんのすけ(くっ…苦しいゾ…)

ひろし「思いっきり流し込むからなしんのすけ!たぁーんと飲め!」ダプンダプンダプン

しんのすけ「うっ…!うっ!うっ!うっうっうっ!!!!!!」

しんのすけ「うっ…ゲェェエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!」ボシャァ

みさえ「見てあなた!ホースを逆流する勢いで吐いたわ!さすがねしんちゃん!」

ひろし「しんのすけぇ…ホースの口から俺の顔にゲロ混じりのガソリンかかったぞテメエ…」

しんのすけ「…!っ…!…!っっっっ…!」ビクンビクン

ひろし「ガソリンかけられる人間の気持ち考えたことあんのかよコラ…」

しんのすけ「…」ビクンビクン

ひろし「人の迷惑考えろよな…」ガシッ

みさえ「あれをやるのね!」

ひろし「お前あれ好きだったよな!『ケツだけ成人』!」

しんのすけ「…ケツだけ星人…?今はなにも関係ないゾ…」

ひろし「星人じゃなくて成人だろ!」ドスッ

ひろし「父ちゃんに任せろ!ケツだけ大人にしてやるからな!」ガチャガチャ

しんのすけ「…どういう…意味…」

みさえ「アンタの肛門に身の周りのもの手当り次第にブチ込むって言ってんのよ能無し」

しんのすけ「…え?」

つまんね

ひろし「一つ目はどっちがいいよしんのすけ。画鋲60個か冷蔵庫か選びな」

しんのすけ「えっ?えっ?」

ひろし「選べって言ってんだよ!」ドスッ

しんのすけ「ぐえっ!」

ひろし「ケツの穴に入れるなら画鋲の山と冷蔵庫とどっちがいいのかって聞いてんの!」

しんのすけ「…え?…無理だゾ…えっ?」

ひろし「じゃあまず画鋲で」グイッ

しんのすけ「えっ!?なんか入ったゾ!?冷たい!」

ひろし「一個でガタガタ言ってんじゃねえ!!!!あと59個もあんだよ!!!!!」

しんのすけ「…うっ…うわぁぁあああああああああああ!!!!」

ひろし「おいっ!ほいっ!そらっ!へっへっへ!うほぉ!入ってら!」グイグイグイグイグイグイ

しんのすけ「嫌だ!嫌だゾ!うっ!…えっ?えっ!?なんか!?チクチクするゾ!痛いゾ!!!!!痛い!!!!」

ひろし「全部入ったな!」

しんのすけ「はっ!はっ!はっ!はっ!はっ!いっ!痛い!痛い!」ピクピク

みさえ「これからが本番よ」

ひろし「うつ伏せの状態からピクリとも動けないだろ?」

ひろし「そこでこれだ!」ドスンッ

しんのすけ「…?」

ひろし「お前の腰に少しずつ重りを乗せて行くからな」

しんのすけ「ま…待って…」

ひろし「腸壁がズタズタになるから踏ん張っておけよ」

みさえ「しんちゃ~ん!乗せるわよ~」ズシッ

ひろし「まずは70kg!」ドスンッッッ!

しんのすけ「ぐっ!っっっっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!」ギチギチ

しんのすけ「ふっ………んっ!んっ!!んっ!!!んんん!!!!!!!!!!」ミチミチミチミチミチ

しんのすけ「っはぁぁぁああぁああぁああぁあぁあああぁあああああああ!!!!!!!!!」ブチブチブチブチブチ

しんのすけ「…」ビクンッビクンッ

ひろし「おっし次は『耳落とし』をやろうか!」

しんのすけ「…」

みさえ「…ちょっとあなた!様子が変よ…」

ひろし「…おいしんのすけ…?しんのすけ!?」

みさえ「死んだの…?」

ひろし「…ああ…もう……なんというか……酷い…」

みさえ「そう…もうしんちゃんは動かないのね……」グスン

ひろし「すまんなしんのすけ…最後まで父ちゃんらしいことできなかった…」プルプル

みさえ「ごめんね…しんちゃん…本当にごめんね…」グスッ

ひろし「しんのすけはもう動かない…喋らない…忘れてやるんだ…コイツのために…」

みさえ「ひまちゃぁ~ん?お昼寝はおしまいよ~!」

ひろし「おいでひまわり!父ちゃんと母ちゃんと遊ぼう!」


~fin~

しんのすけ「うっほほぉ~い!待ってましたぁ~!」

みさえ「ちょっと、はしゃぎすぎよ。ほら手出して」

しんのすけ「いつも美人なかあちゃん、よろしくだゾ」スッ

みさえ「全く、こんな時だけ調子いいんだから…親指からいくわよ、えいっ」バリッ

しんのすけ「んほぉぉぉぉん!これこれ、たまんないゾ!」ビクッビクッ

みさえ「なぁにしんのすけ、親指の爪剥がしただけで幼児チンコ固くしちゃって」

しんのすけ「オラもっと欲しいゾ!早く早くぅん」

みさえ「爪剥がされて感じるなんて、一体誰に似たんだか…」バリッ

しんのすけ「んぐぅぅぅぅ!さ、最高だゾ!」

ひろし「お~いみさえ、それ終わったら俺の玉潰しも頼むよ」

みさえ「はいはい、まったくウチの男どもときたらワガママなんだから」

難しいな

しんのすけ「爪剥がし?なにそれ」

ひろし「悪くなった爪を剥いじゃう事だ、コレをしないと大人になれないぞ?」

みさえ「そうよ、だからおとなしくしなさい」

しんのすけ「ほ~い」

みさえ「セットしてっと・・・」ガチャガチャ

しんのすけ「な、なんか怖いゾ・・・」

ひろし「大丈夫だ、とーちゃんも昔はしたからな」

みさえ「それじゃ、いくわよー!」
ダアァン!
バツン!

しんのすけ「ー!!」

ひろし「おー綺麗に飛んだなー」

しんのすけ「痛い!痛いゾ!」

みさえ「後9枚もあるんだから我慢しなさい!」

しんのすけ「やだゾ!ふん!」スルリ

ひろし「あっコラ待て!」

ー公園ー

しんのすけ「おーい!みんなー!」

まさお「あ、しんちゃんだ」

ネネ「どうしたの?そんなに慌てて」

しんのすけ「オラのとーちゃんとかーちゃんが変なんだゾ!」

しんのすけ「爪剥がしなんて言って爪を剥いでくるんだゾ!あんなのきっと嘘だゾ!」

ネネ「しんちゃん知らないの?」

しんのすけ「え」

まさお「僕達もママに言われて爪剥がししたんだよー」

風間「すごく痛かったけど、コレも大人になるための大事なことなんだって」

しんのすけ「え」

しんのすけ「オラそんなこと一度も聞いたこと無いゾ!」

ネネ「幼稚園でも言ってたじゃない、爪を剥ぐのは大人になる事だって」

しんのすけ「そんなこと言ってないゾ!」

風間「痛いからって逃げてるだけじゃないのか?」

しんのすけ「そんなこと無いゾ!幼稚園でもそんなこと一回も聞いたこと無いゾ!もーわからずや!」ダッ

まさお「あっどこ行くの!しんちゃん!」

ー幼稚園ー

よしなが先生「はーい!みんな!爪剥がしの時間よー!」

園児「はーい!」

ダーン!
バツン!
ダーン!
バツン!

園児「痛いよー」

まつなが先生「ほーら痛くない痛くないよしよし」ナデナデ

園児「うっ・・・えへへ」ニッコリ

ネネ「よしなが先生!私も足の爪剥がして!」

まさお「僕も僕も!」

よしなが先生「はいはい、順番だから待ってね」

しんのすけ「狂ってるゾ・・・」

よしなが先生「はい、後はしんちゃんだけよ?」

しんのすけ「オラ絶対やだゾ!こんなの間違ってるゾ!」

まつなが先生「またこの子は・・・全くもう」ムンズ

しんのすけ「や、やめろ!離せ!んぎー!」バタバタ

まつなが先生「はいはい、辛抱してねー」ギュッギュ

しんのすけ「痛いのはやだゾ!」

ダン!
バツッ

よしなが先生「あっミスっちゃった」

しんのすけ「」

しんのすけ「う・・・ん・・・ハッ・・・ここは?」

みさえ「何寝ぼけてんの、もう、勝手に出て行って心配したんだから!」

しんのすけ「お、オラ幼稚園に行って、それで・・・」
ジワッ
しんのすけ「痛っ・・・つ、爪が!無い!無いゾ!」

みさえ「初めてする時はみんなそうやって戸惑うのよ、しんのすけがおかしいんじゃないの」

ひろし「ゴメンなぁ、今まで説明もなかったし突然だったから」

しんのすけ「・・・うんん、何も聞かずに出てったオラが悪かったゾ!」

みさえ「よかった・・・受け入れてくれて」

ひろし「そうだな、コレで次のステップに進める」

しんのすけ「次?」

ひろし「次は指削ぎだ」

ー終ー

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年10月16日 (木) 17:27:04   ID: h9cHnnpr

俺たちはこんなんにならなくてよかったね

2 :  SS好きの774さんだよー   2014年11月25日 (火) 17:54:44   ID: OJjkyy6M

でも本当だったら、,,,,

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom