ヒッチ「私とシない?」ジャン「は?」(301)

進撃中の話。


友A「昨日彼氏としたんだけどさ、久しぶりだったから早くて。あいつ連続で出来ないしさ。あー、欲求不満」

ヒッチ「わかる~。私も入れた瞬間にイカれたことあるよ。マジないわ~」

友A「それはないね~」

友B「でも遅すぎるのも微妙じゃない?私は擦れて痛くなっちゃうから早いくらいでいいな」

ヒッチ「…あ」

友A「いや、ね?回数できればそれはそれでいいんだけどさ」

ヒッチ「う、うんうん、そうだよね~」

友B「でしょ?」

ヒッチ「あ!私生徒会の会議あるんだった。行かなきゃ。じゃあ、また明日!」

友A「じゃあね~」

友B「生徒会良いのいたら紹介よろしくぅ」





ヒッチ「…」

ヒッチ「……今更経験ないとか言えない」

ヒッチ「………まだ処女だってばれたら知識だけの耳年増って笑われる…」

ヒッチ「…逆になんで!なんでみんな経験してんのよ!」

ヒッチ「…って言っても仕方がないか」

ヒッチ「…こうなったら…身近なとこでどうにか…」

ヒッチ「って言っても仲良い男友達は友Aたちとも仲良いから、バレたらカッコ悪いし」

ヒッチ「他には…」

マルロ「おい、ヒッチ。会議中だぞ、何を独りでぶつぶつ言ってるんだ」

ヒッチ「あ?」

マルロ「」

ヒッチ「………やっと会議終わった~」

ヒッチ「それにしても、いちいち話しかけてくるとかマルロ私に気でもあるんじゃないの?」

ヒッチ「…ってもマルロは絶対嫌だし、そもそもビジュアルが無理。論外」

ヒッチ「クラスの男子もパッとすんのいないし、出会い系とかまったく知らない人ってのは流石に怖いし…」

ヒッチ「どこかに、イケてる男いないかな」

ヒッチ「ん?」




エレン「急げよアルミン、調査団始まっちまうぞ」

アルミン「ちょっとエレン、待ってよ。そんな走らなくても調査団は逃げないよ」

ヒッチ「この間の、調査団のやつか。…うん、あいつ…エレンだったかな。なんか頭おかしそうだけど顔はいいし、声かけてみるかな」

ヒッチ「あのぉ~、エレ…」




ミカサ「………」ギロッ




ヒッチ「ひ!」



ヒッチ「………あいつはダメだ」

ヒッチ「エレンのそばにいるあの布団かぶってるの…名前忘れたけど、あいつもなかなかかわいい顔してるんだけど、あのミカサっていうのがそばにいると2人に近づくのは難しい」

ヒッチ「うーん」

ヒッチ「他には誰か…」

ヒッチ「そういえば私と対決したやつ、名前なんだっけ…ジャン?」

ヒッチ「…うん、あのジャンとかいうやつなら…。馬面だけどブサメンってわけじゃないし…むしろ、まあそこそこかっこいいし?」

ヒッチ「腹立つ性格してるけど、するだけなら別に顔が良けりゃそれでいいから…」

ヒッチ「及第点かな」

ヒッチ「そうとなれば、明日早速話をつけに行かなきゃ」

ヒッチ「あー!気が楽になった。今日は生徒会も終わったしもう帰ろーっと」

次の日の昼休み

ヒッチ「クラスに来てみたものの、教室にはいないみたいね」きょろきょろ




アルミン「…ね、ねぇ…誰か探してるの?」

ヒッチ「!…あの、ジャンってこのクラスよねぇ?」

アルミン「うん、そうだけど。ジャンに何か用かな?」

ヒッチ「うん、ちょっとね。えっと、どこにいるかわかる?」

アルミン「ジャンならさっき中庭のほうに行くのを見たよ」

ヒッチ「ふぅん、わかった。ありがとね」

アルミン「う、うん」







エレン「おい、アルミンどうかしたか?」

ミカサ「…この間の生徒会の女が来ていたみたいだけど」

アルミン「うん、なんだかジャンを探してたみたいだね」

エレン「ジャンを?」

ミカサ「どうして?」

アルミン「さあ…」



中庭

ヒッチ「あ、いたいた。独りで中庭で昼食とかぼっちかよ」

ヒッチ「ま、話しかけやすいからいいんだけど」

ヒッチ「…よし」






ヒッチ「ね~ぇ、ジャン。ひとり?隣、いいかなぁ?」

ジャン「うお!…びっくりした。ヒッチ…だったか?」

ヒッチ「わ、覚えててくれたんだ!嬉しいな」

ジャン「忘れるわけねぇだろ。それになんだよその猫なで声は。気持ち悪いな」

ヒッチ「…なによ。人がせっかくかわいこぶってやってんのに」

ジャン「あんだけ殴っといて、よく言うぜ。今更かわいこぶられても気持ち悪いだけだろ」

ヒッチ「ふん、言ってなさいよ」

ジャン「で、何の用だ?」

ヒッチ「………」

ヒッチ「手っ取り早く言うわ」






ヒッチ「私とシない?」

ジャン「は?」

ジャン「………なにをだよ」

ヒッチ「わかってるくせにぃ。エッチよ、エッチ」

ジャン「なななな」

ヒッチ「どうせあんた童貞でしょ?このヒッチ様が相手してやるってんだから喜びなさいよ」

ジャン「ば、馬鹿じゃねえのか。そもそも、ろくに面識もない俺になんでいきなりそんなこと言うんだよ」

ヒッチ「なんでって聞かれても特に理由なんかないから困るんだけど。ただ、腹立つことにあんたがちょっとだけイイ男だったってだけよ」

ジャン「…全然話についてけねーんだが」

ヒッチ「あんた、と、わたし、エッチ、する、オッケー?」

ジャン「全然オッケーじゃねぇし、お前が平然としてるのも意味わかんねーし」

ヒッチ「やだ、平然として見えた?ちょっと恥じらったほうが燃えるってんなら恥じらってみるけど?」




ヒッチ「で、どうすんの?」

ジャン「どんな目的が知らねえけど、そんな自分を安売りするようなやつに興味ねえよ」

ヒッチ「はあ?なに純情ぶってんのよ」

ジャン「それに、俺は…」




ヒッチ「あのミカサってのが気になるの?」

ジャン「なっ…!」

ヒッチ「…分かり易過ぎぃ。あんときもっと良い女が~とか言いながらあの子のこと見てるみたいだったから、かまかけただけだったのに」

ジャン「ああ、そうだよ。俺はミカサが好きだ」

ヒッチ「でもあのミカサってこはエレンってのにベタベタじゃない。勝ち目なんかなさそうだけど?」

ジャン「そんなのお前に関係ないだろ」

ヒッチ「…あんた、女慣れしてないでしょ。私と話してるのに視線合わせようとしないし。顔赤いし。ほら私の目、見てみなさいよ」

ジャン「なんだよ。お前、いい加減に…」

ヒッチ「そんなんじゃ、あの難攻不落っぽいのをおとすのは無理ね」

ジャン「なんでお前にそこまで言われなきゃならねぇんだ」

ヒッチ「だから、私が練習台になってあげる。それでお互いWin-Winでしょ?」

ジャン「Win-Winって、お前のメリットはなんだよ」

ヒッチ「それは…まあ、いずれ…言うわよ」

ジャン「………」

ヒッチ「オッケー以外の返事は聞く気ないからね?」

ジャン「俺の気持ちは無視かよ」

ヒッチ「考える要素なんかないでしょ?こんな美少女がさせてやるって言ってんだから」

ジャン「そんな自分で言うほどの美少女様なら俺にこだわらなくてもいいじゃねえか」

ヒッチ「…別にこだわってない」

ジャン「そうかよ」

ヒッチ「………私だって、あんたで妥協してやるんだから。むしろ感謝してほしいわね」

ジャン「妥協ってなんだよ、そんなら別にしなくていいだろ」

ヒッチ「しないとダメなの!」

ジャン「意味わかんねー。混乱してきた」

ヒッチ「じゃ、明日はちょうど土曜日だし10時に駅前で待ち合わせね」

ジャン「は?え?勝手に決め…って、おい!」



ヒッチ「絶対だからね!」

ジャン「行っちまった…」




キーンコーンカーンコーン


ジャン「………昼飯食い損ねた」

マルコ「おーい、ジャン!ここに居たのか!」

ジャン「…おう、マルコ」

マルコ「次は音楽だから早く移動しないと…あれ、ジャン顔赤いけけど、なにかあった?」

ジャン「………いや、なんでもねぇ」

とりあえず、ここまで。
ヒッチかわいいよヒッチ。

次の日の駅前

ジャン「来てしまった…」

ジャン「いや、俺はただ、例えあいつであろうと女の子を待ちぼうけにさせるのが可哀想だと思ったから来ただけで…別に邪な気持ちは…」

ヒッチ「おはよ」

ジャン「でも、確かに俺はあまり女慣れしてない。サシャとかみてぇなのは大丈夫だが…だから、これはその…練習であってミカサを裏切るわけでは…」

ヒッチ「ジャン、お!は!よ!」

ジャン「…!?…お前昨日といい、今日といい、後ろからいきなり声をかけるのやめろよ。びっくりすんだろ」

ヒッチ「今日は何度か声かけたって。ひとりでぶつぶつ言ってたから聞こえなかったんじゃない?きも」

ジャン「お前が誘ってきたのにきもいとはなんだよ」

ヒッチ「…で、その服なに?微妙なんどけど」

ジャン「いきなり駄目だしかよ。この服のなにが悪いんだ」

ヒッチ「モノトーンで暗い。陰気臭い。次はもっとちゃんとしたの着てよね」

ジャン「次…?」

ヒッチ「ていうか、まず私の服を褒めなさいよ。ボキャブラリーの少ないあんたでも私服かわいいね、の一言くらい言えるでしょ」

ジャン「…肩のとこ破けてんぞ」

ヒッチ「はあ?!なにそれ!!!これが流行りなんですけど!!破れてるとか頭おかしいんじゃねぇの!!!!」

ジャン「そんな怒らなくてもいいだろ」

ヒッチ「うるさい!…まあ、いいや。行くよ」

ジャン「…!」

ヒッチ「早く、時間になっちゃう」

ジャン「……時間…?……ヒッチ、そっちに行くのか?」

ヒッチ「は?なに?」

ジャン「いや…その…行くんじゃないのか?この駅の裏…その、ホテル街だろ?だったらそっちじゃなくてあっちの角を………」

ヒッチ「は?なんでいきなりよ。朝からするとでも思ったの?これだから童貞は…。きもい!マジきもい!なに駅裏にホテルあるとでもリサーチでもしてきたの?」

ジャン「う…そんなズケズケ言わなくてもいいだろ。俺はただ」

ヒッチ「昨日は純情ぶってたくせに、即ホテルに行くつもりだとか笑っちゃうんですけどぉ!ま、私ほどの美少女を前に期待するなってほうが無理なのはわかるけどさ」

ジャン「………」

ヒッチ「なによ。………まあ、いいや」

ヒッチ「…映画、行くから」

ジャン「は?」

ヒッチ「だから、まず映画行くの!ヤるにしてもムードってもんがあるでしょ!」

ジャン「映画…」

ヒッチ「そう!早く!始まっちゃう。あ、観るのはもう私決めたから」

映画館


ヒッチ「私チケット買ってくるからあんた飲み物買ってきて」

ジャン「ヒッチ、チケット代は」

ヒッチ「あ、いいから。今日はまあ、私が付き合わせてるんだし?映画代くらいだすわよ。今回はね」

ジャン「あ、ああ」

ヒッチ「なによ。私が映画代たかるような女に見えた?」

ジャン「いや、そういうわけじゃねぇけど」

ヒッチ「気にするならジュースとポップコーン買って。ポップコーンはキャラメル味ね」

ヒッチ「あ、飲み物はジンジャーエール。飲み物はMでポップコーンはSサイズでよろしくぅ!」

ジャン「ったく、ああ、わかりまひた!」

ああ、誤字…
ジャンがテンパってたとでも脳内変換してください…

店員「いらっしゃいませー。ご注文は…」

ジャン「ドリンクM2つとポップコーンはMとSひとつずつ。Mは塩でSはキャラメルで」

店員「お飲物は何になさいますか?」

ジャン「コーラと…ヒッチはなんだったか。えっと…炭酸だったな確か。山ぶどうスカッシュ…?」

ヒッチ「ジンジャーエール!」

ジャン「そうだった…もうチケット買い終わったのか。こっちもあと支払いだけだからあっちで待っててくれ。買ったやつ持ってくから」

ヒッチ「はいはい、じゃ、あそこに座ってるから。両手塞がるだろうし、あんたの分のチケットはとりあえず私持っとく」

店員「合計1100円になります」

ジャン「じゃあ、これで」バリバリッ



ヒッチ「!?!?」

ヒッチ「うわ!うわあ!マジックテープ!?あり得ないんですけど!うわあ!うわああ!マジックテープ!!!」

ヒッチ「ないわー、ほんとにないわー」

ヒッチ「………離れてて良かった」



ジャン「待たせたな。ほら、お前の分」

ヒッチ「あ、ありがと。………ねぇ」

ジャン「ん?」

ヒッチ「財布、マジックテープなの………?」

ジャン「あ、ああ?それがなんだ?」

ヒッチ「ダサ過ぎ。あり得ないよ。ドン引き」

ジャン「」

上映中


ジャン「………」

ヒッチ「………」

ジャン(なんだこれ?これって完全にデートじゃねぇか?)

ジャン(映画は最近よくテレビでCMやってた恋愛ものだし)

ジャン(つまんねー)

ヒッチ「………」ぐすっ

ジャン(ヒッチ…涙目になってるし)

ジャン(…よく見たらヒッチって性格に難ありだがかわいいんだよな。黙ってれば)

ジャン(そして俺はこいつと…)悶々

ジャン(…!!?)

ジャン(ーーー静まれ静まれ。映画上映中になにを考えてるんだ俺は。素数…素数…)

ジャン(…ふう、暗くて助かったぜ。に気づかれたら危うく変態呼ばわりされるところだった)

ヒッチ『はあ?なにこんなとこでおっ勃ててんのよ。この童貞!変態馬面!』

ジャン(…これはこれで…)

ジャン(………!)ハッ

ジャン(いやいや…いやいやいや、俺はミカサが…こいつはただの練習台だ)

ジャン(…練習台?それってすごく俺が悪い男みたいじゃねぇか。いやでもこいつが練習台にしろって言い出したんだし…。でもそれ以前にこいつの目的がわからん。なんで俺なんだ?)

ジャン(………ま、考えてもわかんねーもんはわかんねーし。なるようになれ、だ!)

ヒッチ「うん、なかなか良かった!」

ジャン「そうか?」

ヒッチ「…なに、寝てたの?」

ジャン「寝てねぇって」

ヒッチ「で、お昼ご飯、なに食べる?あんたお金なさそうだからそこのマックでいいよ」

ジャン「…それはお気遣いありがとうございます」

ヒッチ「なによ、その棒読み」





ジャン「………」もぐもぐ

ヒッチ「………黙ってないでなにか話してよ」もぐもぐ

ジャン「………ヒッチ、この後はどうするんだ?」

ヒッチ「ん?もうシたいの?ほんと、男って…」

ジャン「違う!この後はどこに行くのか聞いてんだよ。ゲーセンでも行くか?」

ヒッチ「あ、そ。じゃ、買い物しようかなー。そろそろ秋物の新作もけっこう出て来たし。あんたもデートに着てけるような服買ったら?」

ジャン「デート…」

ヒッチ「なによ?」

ジャン「いや…」

ヒッチ「…?それじゃ、買い物付き合ってよね」






ヒッチ「うーん、ワンピ…ホワイトとアイボリーどっちにしようかな。悩むぅ」

ジャン(白もアイボリーも一緒じゃね?)

ヒッチ「あ、さっき買った服に合わせるインナー買っとこ。やっぱりあの店戻る」

ジャン「はい」

ヒッチ「わー、このシュシュかわいい。私に似合いそー。でも私髪短いからなー。手首につけようかな」

ジャン「はい」

ヒッチ「ちょっと歩き疲れたからあそこでお茶しよ。アイス食べたい」

ジャン「はい」





ヒッチ「いっぱい買っちゃったー!ジャン、荷物持ちご苦労様~」

ジャン「おう」

ジャン(つ、疲れた…)

ヒッチ「………最後はこっち」

ジャン「おい、どこ行くんだよ。こっちは住宅街だぞ?」

ジャン(…駅裏のホテル街でもねぇし。どこいくつもりなんだ?)

ヒッチ「…いいから!着いて来て」

ジャン「はいはい」

ヒッチ「………」

ジャン「………」

ヒッチ(…ちょっと緊張してきた…いや、でも決めたし)

ジャン「…まだ歩くのか?」

ヒッチ「もうすぐだから」




ヒッチ「着いた」

ジャン「?」

ヒッチ「ここ、私の家」

ジャン「え?」

ジャン(どこ行くのかと思ったら家まで送らされただけかよ。…結局今日一日ヒッチに付き合わされただけで、何もなかった…)

ジャン(いや、別に期待してたわけじゃねぇけど!)

ジャン「……そうかよ、じゃあな」

ヒッチ「ちょっと、なに帰ろうとしてんの」

ジャン「………?」

ヒッチ「うち、上がってきなよ。親とかいないから」

ジャン「…!!あ、あぁ!」



ヒッチ(期待した顔しちゃって。分かりやすすぎ)

ヒッチ(…ちょっとかわいいかも)

ヒッチ(って、別にジャンに特別な感情はないけど)

ヒッチ「はい、スリッパ。これ使って」

ジャン「…おじゃまします」

ヒッチ「だから誰もいないって」

ジャン「親とか何時頃帰ってくるんだ?」

ヒッチ「帰ってこないよ?」

ジャン「え?」

ヒッチ「帰って、こない。仕事で忙しいのかなんなのか知らないけど、めったに帰ってこないよ」

ジャン「さみしくないのか?」

ヒッチ「別にー?これはこれで気ままにやれるからいいんだけどね。お金は十分おいてってくれるし」

ジャン「……そうか」

ヒッチ「なによ?同情でもしちゃった?」

ジャン「そんなんじゃねーって。いちいちお前は突っかかってくんな。可愛くねぇ」

ヒッチ「うるさい。…じゃあ、そろそろ…」

ジャン「………!」ドキッ



ヒッチ「夜ご飯にしよっか」

ジャン「え、あ…はい」

ヒッチ「今日買い物とか付き合ってもらったし、夜ご飯作ってあげるから食べてきなよ」

ジャン「お前に料理なんか作れんのか?」

ヒッチ「ふん、すぐにそんなこと言えなくしてやる」

ヒッチ「じゃーん!」

ジャン「これ、お前が作ったのか?」

ヒッチ「ふふーん、なかなかすごいでしょ?」

ジャン「旨い」

ヒッチ「でしょ?」にこにこ

ジャン(笑ってる…かわいい)

ジャン「…ヒッチも意外と女っぽいとこあんだな」

ヒッチ「は?どういう意味」

ジャン「いいえ、なんでも」もぐもぐ





ジャン「ごちそうさま」

ヒッチ「お粗末様でしたぁ~。じゃ、お皿片付けるから自分の分持って来て」

ジャン「お茶も片付けるか?」

ヒッチ「あ、うん。冷蔵庫いれるからボトルごと持ってきてー」






ヒッチ「ふう、じゃあ………」

ジャン「なんだよ、次は皿洗いか?」

ヒッチ「違う」

ヒッチ「………ねぇ、ジャン」







ヒッチ「…そろそろ、する?」

今日はここまで。
次から処女ビッチなヒッチががんばるエロパートの予定。

ジャン「えっと………はい」

ヒッチ「なんで敬語なのよ」

ヒッチ「じゃあ、私…シャワー浴びてくるから。ジャン、私の部屋に行ってて。出てすぐ右の部屋だから」

ジャン「お、おう」

ヒッチ「…下着とかあさらないでよ」

ジャン「ばっ…誰がそんなもんあさるかよ!」

ヒッチ「あっそ」




お風呂場


ヒッチ「………」

ヒッチ「……」

ヒッチ(うわーーーー、いよいよ…)

ヒッチ「………」

ヒッチ「私スタイル悪くないよね?」

ヒッチ「中学生にしては、まあ巨乳とまではいかないけど、発育良い方だし」

ヒッチ「化粧水とか身体にも使ってるから肌質もいいし」

ヒッチ「ハイジニーナ脱毛してるし」

ヒッチ「我ながら、見せても恥ずかしくない身体…のはず」

ヒッチ「あ」

ヒッチ「…これ、何着て部屋に戻ればいいの?」

ヒッチ「バスタオルのみ…?いや、それはなんかヤル気満々みたいでなんか嫌だし…上から下までフル装備ってのもなんか違う気がするし」

ヒッチ「朝、もう一回anan見直しておけば良かった」

ヒッチ「いやいやいや、ジャン相手にそんな気合い入れることないって」

ヒッチ「………こないだ買った下着と部屋着でいっか…」

ヒッチの部屋

ジャン「…」そわそわ

ジャン「……」そわそわ

ジャン「…」そわそわ

ジャン(女の部屋初めて入った…)

ジャン(…もしかしてあの引き出しに…)




ヒッチ「…ジャン」

ジャン「…ぉわ!!!」

ヒッチ「なに、どしたの?………私、シャワーあがったから、あんたも浴びてくれば?」

ジャン「あ、ああ」

ヒッチ「………」

ジャン「………」

ヒッチ「……お風呂場、その廊下の突き当たり」

ジャン「わ、わかった」

ヒッチ(ジャンのやつ、分かり易すぎるくらい緊張しちゃって…童貞丸出しでかーわいー)

ヒッチ(ま、そんなこと言って私も処女なんだけど…)

ヒッチ「なんだかこっちまで緊張するの馬鹿らしくなってきちゃった」

ヒッチ「…さ、ジャンが戻ってくる前にいろいろ準備しないと」




ヒッチ「ゴム…ベッドサイドの引き出しに入れとけばいいかな」

ヒッチ「………」そわそわ




ガチャ


ヒッチ「…!」

ジャン「……シャワー終わった」

ヒッチ(え、早…)

ヒッチ「あ、そう。…じゃ、はじめよっか」

ジャン「…えっと」

ヒッチ「………」

ヒッチ(…服のボタン外してるだけなのにめっちゃ見てくる…)

ヒッチ「私にだけ脱がせるつもり?ジャンも早く服脱いで」

ジャン「………ああ」

ジャン(やべー、既にめっちゃ勃ってる…気づかれたか?)

ヒッチ(うわ、もうズボンの前膨らんでる…勃ってんのかな)

ジャン「………」

ヒッチ「………」

ヒッチ「あ、電気消すから」

カチッ


ジャン「……おい、暗くてまったく見えねぇんだけど」

ヒッチ「ヤルだけなんだから、いいでしょ。文句言ってないで手さぐりでがんばんなさいよ」

ヒッチ(だって明るいのは恥ずかしいし…)

ジャン「ヤルだけとか…朝ムードがどうとか言ってたやつは誰だよ。可愛げねえな」

ヒッチ「うっさい、あんたもさっさと脱げ」

ヒッチ(とりあえず自分で部屋着は脱いだけど、ブラとかどうしよう)

ジャン「っても、まだ目が慣れてないから…」もぞ

ヒッチ「…ひあ…!」

ヒッチ(くそ、こいつ、手さぐりのくせにいきなり胸触ってきやがった…不意打ちで思わず声出ちゃったじゃない…)

ジャン(…なんだ、今の柔らかい感触は……胸か…?ていうか、ヒッチ今…声…)

ヒッチ「…ジャン?」

ジャン「わ、悪い。びっくりさせたな。さ、触るぞ?」

ヒッチ「うん…」

ジャン(まず、揉めばいいんだよな…うわ、やわらけー。指沈む)

ヒッチ「………あ……」

ジャン(おっぱいってこんなやわらかいもんなのか?…つか、下着が邪魔だな…)

ジャン「ヒッチ、これ、取るぞ」

ヒッチ「い、いちいち聞かなくていいから…」

ジャン「……………あれ…くそ」

ヒッチ「…ジャン…ホック、ここ」

ジャン「…なかなか、外れねえんだけとわ」

ヒッチ「…ちょっと手、どけて」

ジャン「………はい」

ヒッチ「………ん、外したよ」

ヒッチ(結局自分で外すはめになった………)

ジャン「おう…」

ジャン(暗くてなんとなくしか見えないが……夢にまで見た…生乳が目の前に……)

ジャン(とりあえず、揉むか)

ヒッチ「あ…ふ………」

ジャン(…この、硬くなってるの乳首だよな)ぎゅ

ヒッチ「…………ッ!」びくん

ジャン「ヒッチ、感じてんのか…?」

ヒッチ「ちが、あ、あ…ぅ…ん」

ジャン(違うとか言いながら、乳首指で転がす度に身体竦めて反応するの可愛すぎんだろ…普段あんな生意気でいけすかねぇのに)

ヒッチ「あんま、顔、見ん、なぁ」

ジャン「別に、見てねーよ」

ジャン(…切羽詰まったみたいな声とか……普段とのギャップで、すげー可愛く聞こえるし)

ヒッチ(…はあ、胸いじられるのって、こんなに気持ちいいんだ…でもジャン相手に感じるなんて、なんか悔しい…)

ヒッチ(………よし)




ヒッチ「………ん」ちゅ

ジャン「………!おま、首に……」

ヒッチ「………んーぅ…」ちゅー

ジャン「…いって……吸うなよ…」

ヒッチ「………油断してるのが、悪い」

ヒッチ(試しにしてみたけど、キスマークって、付け方これで合ってんのかな)

ヒッチ(薄暗くて、わかんないや)



ジャン「こいつ…」

ヒッチ「……えっ?…や、ジャン、ん…」

ジャン「………」ちゅ

ヒッチ「ふぁ、吸っ…ばか……ん、ぅあ…」

ジャン「さっきの仕返しだ、馬鹿」

ヒッチ「や、強…んんっ」

ジャン(やべー、乳首吸われて喘ぐヒッチ可愛すぎなんだけど)

ジャン(さっきから、ヒッチの反応がいちいち可愛く見えて困る…)

ジャン(こんな状況だからなのか?…俺って…単純)




ヒッチ「……はあ、はぁ」

ヒッチ(やだ…私…濡れて、る…?)

ジャン「ヒッチ…」

ジャン(脚もじもじさせてるけど…そろそろ下も触っていいのか…?)

ヒッチ(あ……ジャンの手が段々下に下がって…)

ジャン(太もも、すべすべしてて触り心地マジすげーんだけど!…しかし、この感触は名残惜しいが俺は進まねばならない)

ジャン(俺は・・・!俺には今何をすべきかがわかるんだよ!)





ヒッチ「あ…!」

ジャン(ついに…)

ヒッチ「ひゃ…ジャン…そこは…」

ジャン(うわ、押したらなんか染みてきた…)

ヒッチ「あ……ぅ…んぁ、あ!!」

ヒッチ(布越しになぞられるの…気持ちいい…それに今、一瞬クリ触られたときビリビリして…電気走ったみたいだった…)

ヒッチ(……いまの、もういっかい…)

ヒッチ「ふ……ぁ…」

ヒッチ(あ…ジャンの手、太ももに戻っちゃった…内もも指でゆっくり撫でられるのも…ゾクゾクするけど…そうじゃなくて…)

ヒッチ「…ジャン…」

ジャン(なんだ…ヒッチが手握ってきたぞ…俺、手順間違えたか…)

ジャン「………ヒッチ?」

ヒッチ「は、ぁ、そ、そこじゃなくてぇ…」




ヒッチ「……もっかい、触って、ここぉ…」くちゅ

ジャン「………ッ…!!!」











ジャン(結婚しよ)

ジャン「ヒッチ、可愛い…」かぷ

ヒッチ「………ひゃ…耳…やだ…」

ジャン「んで、お前、エロすぎ…」

ヒッチ「そんなこと、な……あ、あ、ぁあ…んんッ!」

ジャン(触る度にびくびくしてる…ここがクリトリスってやつか?)

ヒッチ「…ぅ…あ…はあ、ジャン…」

ジャン「もう、下も脱がしていいだろ?」

ヒッチ「い、いい…てか、いちいち聞くなってさっき言った…」

ジャン「そんな惚けたような顔してんのにまだそんな口聞くのか」

ヒッチ「….ジャンのくせに…生意気…」

ジャン「よく言うぜ…」

ヒッチ「ひっ…あ、あ、あ」

ヒッチ(指が…奥まで…)

ヒッチ「……ッ、ふあ…!」

ジャン「………ここか?」

ヒッチ「そこ、だめ…ぇ…」

ジャン(すげー、指で中掻き回す度に溢れてくんだけど…)

ヒッチ「…!」

ヒッチ「ひぅ…ジャン…指ぃ」

ジャン「…すげ、二本入った」

ヒッチ「や、中で、曲げ…」

ヒッチ(ちょっと…痛い、けど…これくらいなら耐えられなくない…かな…)

ヒッチ「ふっ…あ、ん…はあ」

ヒッチ(もう、十分濡れたよね…これなら大丈夫かな…)

ヒッチ「ジャン」

ジャン「…なんだ」

ヒッチ「………ゴム、そこの引き出しに入ってるから」

ジャン「………ん」



ヒッチ「……っ…」

ヒッチ(……!うわ、こっそり触ってみたけど自分でも引くくらい濡れてる…自分でしててもこんなになったことない…)



ジャン「…?…………?」

ヒッチ「……ちょっと、ジャン?」

ジャン「……ヒッチ、電気つけていいか?説明書みたい」

ヒッチ「つけらんないの?」

ジャン「………いや、念のため…な?」

ヒッチ「…貸して」

ヒッチ(あらかじめ説明の紙、熟読しといてよかった)

ジャン「…頼む」

ヒッチ「じゃ、触るから」ぴと

ジャン「…う……」

ジャン(ゴムつけられなくて少し萎えてたが…ヒッチに触られただけで復活した…痛いくらい勃ってやがる…)

ヒッチ「………ん」さわさわ




ヒッチ「…え?」

ジャン「…ヒッチ、どうかしたか?」

ヒッチ「な、なんでもない」

ヒッチ(え…待って…想像と違う…大きい…?こんなもん?指と比べものにならないんだけど…ゴムサイズ合ってんの…?とりあえず下まで下げれたからこれでいいのかな…)

ヒッチ「…出来た」

ジャン「………サンキュ」


ジャン「ヒッチ…」

ヒッチ(あ、抱きしめられたまま押し倒された。これちょっといいかも。キュンとした…相手がジャンってのが悔しいけど!)

ヒッチ(心臓…ばくばくしてるけど、これジャンの音?それとも私?)

ジャン「挿れるぞ」

ヒッチ「…うん」

ヒッチ(…………緊張する)

ジャン「ん…ここか…?」グッ

ヒッチ「!?」

ジャン「……きつ、ヒッチ…力抜け…」ググッ

ヒッチ「………!!!!!」




ヒッチ「……………い…」

ジャン「…い?」




ヒッチ「………痛い、痛い痛い!!!ちょ、やめ!」じたばた

ジャン「は?え?」

ヒッチ「無理無理無理、ストップ」

ジャン「いや…今さら…ちょっと我慢しろって。まだ先っぽも入ってねえぞ」

ヒッチ「痛ッ、痛いからぁ!それ以上挿れるなッ………」

ジャン「おい、ヒッチ?」

ヒッチ「……ジャン……動かな……」

ジャン「ヒ、ヒッチ…?」



ヒッチ「………痛いって言ってるだろ!!!」
ドカッ

ジャン「うお!お前、蹴るなよ!!」


ドカッ

ジャン「うお!お前、蹴るなよ!!」

うわ、ミスった
ダブった部分脳内削除して下さい

ヒッチ「痛い…」

ヒッチ(まだ押し広げられる感覚残ってる…)

ジャン「俺もベッドから蹴り落とされて痛いんだけど」

ヒッチ「………」

ジャン「無視かよ」



ジャン(…なんだ?…こんな痛がるとか…百戦練磨なんじゃねぇのかよ…)

ヒッチ(何これ、こんな痛いもんなの…無理なんだけど…本当に無理なんだけど…)

ジャン「…なあ」

ヒッチ「………今日はやっぱ無理。ひ、久しぶりだからかな?ちょっと…調子が悪いみたい…」

ヒッチ(…ごまかしたけど、言い訳が苦しすぎる。………処女だって…ばれたかな…)

ジャン(久しぶりで、ってだけでこんな痛がるほどなのか?……いや、それより…)

ジャン「………」

ヒッチ「何よ、その不満そうな顔」

ジャン「いや、俺はこれ…どうしたら」ギンギン

ヒッチ(うわ、あんな反り返って…)

ヒッチ「………はあ」

ヒッチ「わかった…手でしてやるから、ベッドの端に座んなさいよ」

ジャン「…おぅ」

今日はここまで

ヒッチ(…雑誌によると親指と人差し指で輪っか作って…少し強いかなってくらいの力で握ってしごけばいいんだよね?)

ヒッチ(滑りを良くするのに…だ液…垂らして…と)

ヒッチ「……ん」

ヒッチ「…ジャン…どう?」

ジャン(うわ、口から、だ液垂らすのエロ…。でも、どうせなら直接咥えてほしい)

ジャン「あ、あぁ…すっげー気持ち良いんだけど、イクのにはちょっと…」

ヒッチ「………口でしろって?」

ヒッチ(…歯とかあてなきゃいいんでしょ…アイスとかバナナで練習したことあるし、ここで私のテクを披露したら処女だって疑われずに済むかな…)

ジャン「…別に嫌なら」

ヒッチ「はあ、いいよ…………んぅ…れろ…」

ヒッチ(この大きさ…咥えられるかな…)

ヒッチ「あむ………ん…むぐ」

ジャン「……ぅあ…くっ…」

ヒッチ(裏筋のとこ舌でくすぐってや 舐め上げてやっただけなのに、声なんか出しちゃって)

ヒッチ(…ジャン、眉間に皺寄せて…すごい気持ち良さそうな顔してる)

ヒッチ(練習したかいあったかなぁ)

ジャン「………!くっ…」

ジャン(うわ、咥えながら上目遣いでこっち見るとか…やっぱ慣れてんのかな、こいつ……つか…あんな潤んだ目で見られたら誰でも興奮する)

ヒッチ「じゅぷ…むぐ…ん、んう」

ヒッチ(口の中、ジャンので……いっぱい…)

ヒッチ(さきっぽから、なんか苦いのでてきた…これが先走りってやつ?)

ジャン「はぁ、…ヒッチ…俺…も、やば…イキそ…」

ヒッチ「んぐ…ぅ…むぐ…ぷは…いいよ、いっても…じゅぷ…んぅ、はぁ」

ヒッチ(口で吸いながら、根元をしごくと…いいんだよね?)

ジャン「う…ヒッチ、ヒッチ…」ぐっ

ヒッチ(ん…!いきなり、奥まで…のど…苦し…)

ヒッチ「んーーーー」

ジャン「………くっ…ぅあ…ヒッチ…!出る!!」

ヒッチ(早いの?普通なの?え?わ、私どうしたら…えっと…えっと…)

ヒッチ「んぅ…!!?」

ヒッチ(…く、口の中に…出された…てか、量…すごい…まだ出てる。どくんどくんしてるし…)

ヒッチ(あ、ちょっと柔らかくなった…)

ヒッチ「……ん」ちゅぅぅ

ジャン(うわ…残ってたの吸われて…)

ジャン「…くっ…ヒッチ、それ…良すぎ…」

ジャン(かつてない快感だった…)






ヒッチ「………」




ジャン「………!」ハッ

ジャン「………あ。わ、悪い…ほら、吐き出せって…ティッシュ、ティッシュ」わたわた

ヒッチ「…」

ヒッチ「………ん」ごくん

ジャン「…の、飲んだのか?」

ヒッチ「ぷは………うえ…まず…にがしょっぱ……」

ジャン「い、いまお茶持ってきてやるから。…冷蔵庫勝手にあけるぞ?」

ヒッチ「んん、はやく…」





ごくごく


ヒッチ「…あー、すっきりした」

ジャン「なんか、ごめん」

ヒッチ(…謝られると、よくわかんないけどなんか腹立つ。気持ち良かったならありがとうって言えばいいのに…)

ヒッチ「………いいよ、別に。その代わり、来週も付き合ってよね」

ジャン「…マジかよ」

ヒッチ「当たり前でしょ」

ヒッチ「きょ、今日は、私の調子悪くてダメだったけどぉ、あんたが童貞喪失するまで付き合ってあげる」

ヒッチ(そして、私も処女喪失するまで…ね)

ジャン「なんだよ、それ。…ところで、こないだWin-Winって言ってたが、お前のメリットってなんなんだよ」

ヒッチ「…まだ教えない」

ヒッチ(ていうか、絶対処女とか教えたくないし。…ヤレるんだからそれでいいじゃない。いちいち細かいことまで気にしすぎなのよ)

ヒッチ「で、来週の土曜日と日曜日、どっちが空いてる?」

ジャン「お前すぐ俺の話はぐらかすな。まあ、どっちも空いてるけどよ…」

ヒッチ「ふーん、じゃあ土曜日からうち来て、泊まってけば?」

ジャン「………いいのか?」

ヒッチ「どうせいつも私ひとりだし?」

ジャン「そうか…。じゃあ、来週はそうさせてもらう」

ヒッチ「うん、またご飯作ったげる」

ジャン(…なんかもうこれ、付き合ってるだろ)

ジャン(…ま……こいつはそんなつもりねーんだろうけどな)

ジャン(なんか、むなしい…賢者タイムだからか?)

ジャン「とりあえず今日はそろそろ帰る」

ヒッチ「ん、送ってかないけど、道わかる?」

ジャン「なんとなく」

ヒッチ「玄関まで送る…」

ジャン(気だるそうにシーツ巻きつけて起き上がるのエロすぎ…)

ジャン(………家に帰ってからも改めてヒッチで抜いてしまいそうな自分が怖い…。目に焼き付けておこう)

ヒッチ「ジャン?どうかした?」

ジャン「!?…いや、ちょっと考えごとしてただけだ。…じゃ、俺帰るわ」

ヒッチ「うん、じゃあね」

ジャン「また、来週。…学校で」

ヒッチ「…学校で」



ヒッチ(あ…家にひとりとか、こんなのいつもなのに、ジャンが帰っただけでなんかいつもより家が広く感じる)

ヒッチ(…別に、さみしいとかじゃない、けど)

ヒッチ(………多分)




ヒッチ「…ていうか」


ヒッチ「あーーー!!」ごろごろ

ヒッチ「うわー、私…うわー。…処女喪失はしなかった…?けど、なんかすごい駆け足で大人の階段登った気がする…」

ヒッチ「………」

ヒッチ「それにしても…あそこまで痛いのは予想外だった…」

ヒッチ「…これは、対策練らないと…」

ヒッチ「ローションとかあったほうがいいのかな…でも買うの恥ずかしい…し…それか、もっと濡らしてからすればいいの?…わかんない」





ヒッチ「…いま考えても仕方ないか…」

ヒッチ(…緊張とけたからか…急に眠気が…)

ヒッチ(あ…ベッド、ジャンの匂い…する)

ヒッチ(……なんか……人のぬくもりって感じで…いいかも)

ヒッチ「………ふぁ…。…寝よ…」

今日はここまで
これで半分くらいの予定

処女ビッチなヒッチの進撃はつづく!

今日の投下は進撃中12時間目の改変です。

あと、先に書いておくと今回エロないです。
パンツ着用をオススメ。

月曜日の放課後

ジャン(じゃあ学校で、とか言ったが今日はヒッチに会わなかったな)

ジャン(…ま、会ったところで話すこととかは特にねーんだけど)

ジャン「なあマルコ、帰りにコンビニ寄ってってもいいか?」

マルコ「うんいいよ。じゃあ僕もその後…あっ、コニーとサシャだ」

マルコ「珍しいね…今日は2人で帰るの?」

サシャ「そうなんですー!コニーがおいしいラーメン屋を見つけたらしくってー」

マルコ「へー」

ジャン「………」

ハンナ「今日はどこ行こっか?」

フランツ「僕の部屋とか…?」

ハンナ「もー」




マルコ「ハンナとフランツはいつも仲いいよなー」

ジャン「そうだな…」

ミカサ「エレンの熱中症対策にぼうし買わなきゃ…」

エレン「いらん!」

マルコ「あの2人も…」

ジャン「」ブチッ

ジャン「クソッ…」

ジャン(入学から時間が経つにつれカップルが校内で増えつつある…)

ジャン(俺にだってそろそろ浮いた話のひとつやふたつあってもいいだろうに…!!)

ジャン(…ヒッチとのことは、ある種浮いた話なのかもしれないが…ヒッチがなに考えてるか全然わかんねーし)

ジャン(ヒッチ、俺のことどう思ってんだろ)

ジャン(…そういや俺、今日ヒッチのことばっか考えてんな。さっきエレンの野郎がミカサに世話焼かれてるの見てイライラはしたが、今までほどはショックを受けなかった)

ジャン(………)

ジャン「はあ…帰ろ」





ジャン「ん?」

ジャン(これは…!!)

火曜日の朝

エレン「はよーす…」

サシャ「おはようござ…ってエレン寝ぐせスゴいですよ!!」

エレン「風呂入ってそのまま寝ちまった…」

ミカサ「エレン、それは駄目。髪に良くない。きちんと乾かして」

エレン「別にいいだろ」





ジャン「おいおい、これだからてめぇはガキなんだよ…」

エレン「はあ?」

ジャン「大人の身だしなみってのがわかってねぇ!」フッ

サシャ(なんですか、あのいつにない無造作ヘアは)

アルミン(いつになく整えられたまゆ毛が…なんか違和感)

ミカサ(いつになく胸元が開いているけど、一体なんの意味が…)

エレン「朝っぱらから体を張って笑い取りにきてんな…」

ジャン「は?何なに?俺が何でこんなにイケてるのか知りたいって?」

エレン「いや…言ってねぇぞ…」

ジャン「こういうことだ!」

エレン「!!」





サシャ「ラ…ラブレター!!」

ミカサ「へー」

エレン「これもらったからはりきってオシャレしてんのか…」

ジャン「あ?何言ってんだ逆だ逆」

ジャン「俺がいつもかっこいいもんだから!ラブレターが届いたんだよ!!」

サシャ「でもこれ…差出人の名前が無いですね」

アルミン「これじゃあからかわれてるだけかもしんないね…」

エレン「案の定手紙ひとつで浮かれきってるしな」

ジャン「なっ…う、浮かれてなんかいねーよ…お前じゃねーんだから!!」

水曜日の朝

ジャン「!!」

ジャン(また靴箱にラブレター入ってる…!)

『昨日は手紙を読んでくださりありがとうございました』

『事情があって今は名を明かすことはできませんが、私はいつもあなたを見ています』

ジャン(いつも見てるって…じゃあ、この手紙の主は知り合いって可能性も…!?)

ジャン(一体誰なんだ…)

サシャ「おはようございまーす!」

ジャン(サシャ…いやこいつはねぇ)

サシャ「けさはおにぎり9コしか食べれませんでした~」

ミーナ「やばいでしょ」

ジャン(こんな大食いのバカ女にあんな品のある文章が書けるわけない)

ジャン(それに、さすがにクラス内の女子からっていうのは…)

クリスタ「失礼します」

クリスタ「サシャ!昨日貸した辞書返してないでしょ!」

ジャン(他クラスの女子…!!)

サシャ「あっ!…忘れてました……」

クリスタ「もー、次は気をつけてよ?」

ジャン(クリスタ…品があってかわいくて手紙のイメージにしっくりくる。ま、まさかこの子が…!?)

ユミル「これで、サシャが辞書返し忘れるの4回目だろ?仏の顔も三度までだっつーのに、次もあるとはな。さーすが私の嫁。心が広い」

クリスタ「もう、ユミル!」

ジャン(あとはユミル…こいつ男っぽいしまさかそんなこと…でももしこいつがあんなこと書いてたら…それはそれで…!!)


ガラッ

ペトラ「あっ、ちょっとあなた達!今日の放課後のことなんだけど…」

ガララッ

リコ「失礼します!おいお前ら!実は部活のことで少し話が…」

ジャン(もしかして先輩という可能性も!?うおおぉ、こんなにいたら選びきれねぇぇぇぇ!!!)

ジャン(今まで意識したことなかったけど、俺ってけっこう女子の知り合い多いじゃねぇか…)


ジャン(あと知り合いの女子といえば…)

ジャン(…ヒッチ)

ジャン(………そんなわけねぇか)



放課後

アニ「何かジャンがラブレターもらったらしいよ」

マルロ「なっ、ほんとかそれ!?」

ヒッチ「!」

ヒッチ「ねえ、アニ。それほんとぉ?」

アニ「うん、クリスタが言ってたよ。クリスタはサシャから聞いたらしい」

マルロ「まさか、あいつがな」

ヒッチ「あいつにラブレターとかマジかよ~」ゲラゲラ

ヒッチ「ウケるんですけど~…あ」

ヒッチ(…待って、仮にそれがほんとだとして、万が一あいつに彼女ができたら…せっかくここまで事を進めたのに処女捨てれなくね?)

ヒッチ(ていうかあいつに彼女…?………なんか、むかつく)

ヒッチ「…うーん」

アニ「ヒッチ?」

ヒッチ(ちょっと様子見てこよ…)

アニ「………」



ジャン「今日も結局手紙の差出人はわからずか…」

エレン「まだ言ってんのか」

ジャン「あ?エレン、負け惜しみか?」




ジャン(…ん?俺の靴箱の前に誰かいるぞ…)



ジャン「!」

ヒッチ「!」

ヒッチ「あ…あんた達…っ」

ヒッチ「こ、これは」

ヒッチ(うわ、うわうわ、タイミング悪すぎぃ…!)

ヒッチ(様子見にきただけなのに、私がラブレター出したと思われんじゃん!)

ダッ

ジャン「おいっ!ヒッチ!!」

エレン「う、うそだろ…あいつがまさかジャンを…」

ジャン「………」ドキドキドキドキ





木曜日の朝

サシャ「今でもヒッチがジャンを好きなんて信じられません…ほんとに」

ジャン「いや、でも、あいつが俺を好きになる前兆はあった気がするんだよな…」

エレン「あったか?そんなの?」

ジャン「あの勝負をした日…」

ヒッチ『あんたがジャンか…』ポッ

ヒッチ『さ、さっさと試合始めるよ!!』カァァ

ヒッチ『なんでそんなことばっかり言うの!!』ポカッ

ジャン『イテッ』

みんな「………」

ジャン(フッ…みんなぽかんとしてやがる。まあ、仕方ねぇ…なにせ、こいつらは俺とヒッチのめくるめく性活を知らないからな)

ヒッチ『私とシない?』

ヒッチ『……もっかい、触って、ここぉ…』

ヒッチ『やあん!そこぉ、良すぎるのお!ジャンってば、すごい!!おかしくなっちゃぅう』

ジャン(ヒッチのやつ…なんだかんだ理由つけて、結局俺に抱かれたかっただけなんじゃね?)

ジャン(いやー、まさかそうだったとはな。俺も罪作りな男だ)

サシャ「ジャンがニヤニヤしてとても気持ちが悪いです…」

ジャン「今思えば今までのはきっとヒッチなりの愛情表現だったんだろうな…俺としたことがそんなことにも気づいてやれなかったなんて…」

エレン「あほか」

サシャ「もう放っておきましょう」

エレン「だな。あ、俺…ちょっとトイレに…」





エレン「!」

ヒッチ「!」





エレン「お…お前…!!」

ヒッチ「しーっ、ジャンに気付かれるだろ!!」

エレン「え…?あいつに話があるんじゃないのか?」

ヒッチ「いや、それがさぁ…」

ヒッチ「例の…ラブレターのことについてあんたらに相談に乗ってほしいんだけど」

エレン「?」

ヒッチ「ここじゃなんだから、あっちの空き教室行こ。着いてきて」

ミカサ「私もいく」

エレン「いいか?」

ヒッチ「うん、いいよ。…で、相談内容なんだけど……」

放課後


ジャン「エレン達…いつの間に帰りやがったんだ?まったくこれだからガキはよぉ」

ジャン「まぁ俺は大人だから一人で帰…」

ジャン(また、ラブレターが…)

『もうこうなってしまったからには直接気持ちを伝えようと思います。校舎裏で待ってます』

ジャン(………ヒッチ…!)

ジャン(あの日以来ヒッチで抜くこと12回…)

ジャン(とうとう来たーーー…)

ジャン(俺の…いや……2人のスクールラブライフの始まりがな…!!)

校舎裏

ジャン「どこだ…?まだ来てないのか?」そわそわ



ヒッチ「ジャン…」

ジャン「!」

ジャン「ヒッチ…」

ジャン「あの手紙…出してたのお前なんだよな」

ヒッチ「う…うん。まあ………」

ジャン「びっくりしたぜ、まさかお前があんな手紙よこすなんてな…今までのは全部照れ隠しだったのか…?」

ヒッチ「そ、そういうことなんじゃねーの…?」

ジャン「それにしても手紙で告白なんて…あんな大胆な誘い掛けてくる割にはいじらしいなお前…いや…ヒッチ…」

ヒッチ「そうかな….」

ジャン「お前の気持ちがひしと伝わってきたぜ…」

ジャン「だから…」

ヒッチ「………」




ジャン「お前がど~~~~してもって言うなら付き合ってやらんこともねぇぞ?」

ヒッチ「………ッ」

ジャン「そりゃあ俺ほどの男になると引く手数多…」

ジャン「でもその中でも特に魅力ある手紙を差し出したお前に俺とのスクールラブライフを過ごす権利を与えんことも…」







ヒッチ「おい」

ヒッチ「人が厚意で差出人のフリしてやってるからって調子に乗りやがって…」

ジャン「!?」

ヒッチ「あたしがほんとにあんたのこと好きになると思ったのか?一回ヤラせてやったくらいで彼氏ヅラしてくんじゃねぇよ」

ジャン「いや…厳密にはヤってねぇし…」

ヒッチ「う、うるさい!」

ジャン「ていうか、お前、差出人のフリって一体どういうことだ!?」

ヒッチ「実は昨日生徒会室でアニがあんたがラブレターもらったとかいう話を聞いたからさ….」

ヒッチ「試しにあんたの靴箱を見に行ったら…」

ヒッチ「見ちゃったんだよね…。奴が…あんたの靴箱にラブレターを入れる所を…!!」

ジャン「…やつ…?」

ヒッチ「で、中身を確認してやろうと思ったところであんたらに見つかったってわけ」

ヒッチ「あまりの衝撃にあんたにいうべきかわかんなくて…エレン達に相談したら言わない方がいいって言うからあたしが差出人のフリしてやったけど…」

ジャン「おい、じゃあ差出人って一体…」

ヒッチ「あいつだよ!!」


巨人「」ズシンズシンズシンズシン


ジャン「!!?」

ヒッチ「あの巨人が差出人なんだよ!!!!」

ジャン「」

ヒッチ「ざまあ」





金曜日

生徒会室

マルロ「ジャンにラブレター出したの巨人だったらしいぞ」

アニ「あぁ、なるほどね。あんなガキくさい男モテるわけないと思った」

ヒッチ「」ブフーッ

マルロ「ヒ、ヒッチ!?」

ヒッチ「げほ、むせた…げほ、ごほ」

アニ「…いきなりどうしたの。ヒッチ、ジャンに気でもあるの?」

ヒッチ「はあ!?そんなわけないんですけど…!!アニの目、節穴なんじゃねーの?!」

アニ「ふーん」

ヒッチ(…とりあえず、ラブレターも巨人からだったし。あんな性格じゃ、あいつに彼女なんてできそうにないし、明日の予定は大丈夫そうね)

ヒッチ(ていうか、明日どうしよう…時間とか、ちゃんと約束してなかった…)

ヒッチ(………そういや、ラブレターが巨人からだったって知ってジャンのやつ落ち込んでたな)

ヒッチ(………)

放課後

ジャン「くそ…なんで俺があんな目に…」

ジャン(ヒッチもヒッチだ…あんな状況なら普通俺に気があると思うだろ)

ジャン「はあ…てか、明日どうすりゃいいんだ?時間とかなんにも聞いてないぞ」

ジャン(まさか、昨日ので怒らせて、なくなったとかはねぇよな…)



ジャン「!」

ジャン「…靴箱に手紙が」

ジャン「つか、あいつ…手紙だと敬語なんだな」

ジャン(…あ、これが人間の女から初めてもらった手紙だ)





ヒッチ(とりあえず明日は昼過ぎに待ち合わせにしたけど、どこいこうかな)

ピリリ

ヒッチ「ん…電話」

ヒッチ「…切れた」

ヒッチ「あ、メール」

『ヒッチ、手紙見た。今電話かけたの俺。電話番号登録よろしく』

ヒッチ「え、文章こんだけ?…ジャンのやつ…もっとなんか送ってきなさいよ」

ヒッチ「ま、ジャンならこんなもんか」

次の日


ヒッチ「………」

ヒッチ「…ジャン、来ない…」

ヒッチ「私、13時って書いたよね…間違ったかな。いや、でもちゃんと書いたはず…」

ヒッチ「ジャンのやつ…遅刻とか」

ヒッチ(…来なかったらどうしよう)






ジャン「……ヒッチ、ごめん…遅れた」

ヒッチ「ジャン」

ヒッチ(何、私…ジャンが来ただけでちょっと嬉しいとか思ってんの。…遅刻してきたんだから怒るとこなのに)

ヒッチ「何、走ってきたの?」

ジャン「いや、まあ…。本当にすまん。…で、どこいく」

ヒッチ「汗だくじゃん…いいよ、先にちょっとどこかで休も。そこのカフェでいいや。ストロベリーチーズケーキフラペチーノおごって」

ジャン(あれ、ヒッチあんまり怒ってないのか…?)




ヒッチ「おいしー。ちゃんとチーズケーキの味するー」

ジャン「いや、ほんと、遅れてごめん」

ヒッチ「…これおごってもらったしチャラでいいよ。ていうかなんで遅刻したの?」

ジャン「…いや、普通に寝坊した」

ヒッチ「ふーん…別に、いいけど」

ジャン「すまん」

ヒッチ「いいって言ってんじゃん。…ところでジャン、何飲んでんの?」

ジャン「…甘くないフラペチーノ、っ言ったらこれ勧められた。なんだったかな…」

ヒッチ「私の美味しいんだけど、めっちゃ甘いんだよね。一口ちょうだい」

ジャン「…別に、いいけど」

ヒッチ「なに、私の真似?似てないし。…じゃ、もらうね」

ジャン(…うわ、これ間接キスってやつじゃね…)

ジャン(………いや、待て。先週あんなことまでしておいて今更間接キスぐらいで騒ぐような関係じゃ…ん?間接キス…?)

ジャン(………そういえば前戯までしたのに、俺たちキスしてなくね?)

ヒッチ「ジャン?」

ジャン(エッチはしてんのにキスはしてないって…なんか、落ち込む)

ジャン(…ヒッチは誰かとキスしたことあんのか…?…ま、多分普通にあるよな。慣れてる感じだったし)

ヒッチ「ちょっと、ジャン聞いてた?…次はゲーセン行こうって言ったんだけど」

ゲームセンター


ヒッチ「あ、これかわいい」

ジャン「かわいいか?」

ヒッチ「うん、かわいい。携帯に付けたい」

ジャン「…欲しいのか?」

ヒッチ「…とってくれんの?」

ジャン「一回やってみて駄目だったら諦めろよ」

ヒッチ「じゃあ、一回でとってよ」

ジャン「無理言うなよ」

ヒッチ「~♪」

ジャン(景品…取れたが、結局結構お金使っちまったな)

ヒッチ「ジャン、ありがとね~」

ヒッチ「♪」

ジャン「…なくすんじゃねぇぞ」

ジャン(ヒッチの嬉しそうな顔見れたから…ま、いっか)




……


ジャン「ちょっと暗くなってきたな」

ヒッチ「じゃあ、そろそろ夜ご飯の買い出し行こ。家帰る途中にスーパーあるし。一応帰ってすぐ食べられるように下ごしらえとかはしてきたんだけど、付け合わせの野菜買い忘れた。あとお茶なくなりそうかも」

ジャン(下ごしらえ…?なんかすげぇな)

ヒッチ「荷物持ちご苦労様~」

ジャン「俺がいるからっていろいろ買い過ぎだろ。こんな食うのか?」

ヒッチ「ついでだからいろいろ買い置きしただけだし…ほら、鍵開けるからちょっとこれも持ってて」

ジャン「はいはい」

ヒッチ「ん…開いた。今スリッパ出すからちょっと待って」

ジャン「おじゃましまーす…」

ヒッチ「はいはい、いらっしゃいませ」

ヒッチ「夜ご飯の準備…って言ってもあと揚げるだけなんだけど、もう少しかかるから先にシャワーいってきたら?」

ジャン「ん、そうする」

ジャン(シャワーから戻ってきたらなんか良い匂いが…)

ヒッチ「ジャン?…ちょうど夜ご飯出来たよ。今日はコロッケ作った」

ジャン「コロッケ!マジか!めっちゃ好きなんだけど」

ヒッチ「そうなんだ」

ヒッチ(まあ、アニから聞いて知ってたんだけど。つか、アニのやつが聞いてないのに勝手に教えてくれたんだけど)

ヒッチ「たくさん作ったから食べて」

ジャン(ヒッチのこういう意外と家庭的なとこ、いいんだよなあ…)

ジャン「なあ、ヒッチ…俺…」

ヒッチ「ん?」

ジャン「………」

ジャン「…なんでもねぇ」

ヒッチ(びっくりした…いきなり真剣な顔したから告白されるのかと思っちゃった)

ヒッチ(………ていうか、私、もしジャンがあの時ちゃんと付き合ってって言ったらどうするつもりだったんだろ)

ジャン「ごちそうさま」

ヒッチ「………」

ジャン「ヒッチ?」

ヒッチ「あ、あぁ、えっと…美味しかった?」

ジャン「旨かった。また食いてぇな」

ヒッチ(…!)

ヒッチ「えっと…シャワー浴びてくる。先に部屋に行ってて」

ジャン「……了解」

ヒッチ「今日こそ、最後まで…でも痛いのはなあ…。一応ローション買ってみたけど、どうやって切り出そう」

ヒッチ「濡れにくい体質って言おうか…いや、ダメだ。前回あんだけ濡れてて今更言えない」

ヒッチ「うーん、ananになんか上手いこと書いてなかったかな…」





ヒッチ「………anan…?」

ヒッチ「…!」




ヒッチ「ベッドの上に置きっぱなしぃいい!!!!!」

ガチャッ


ヒッチ「ジャン………!!!」

ジャン「お、ヒッチ」ニヤニヤ

ジャン「お前、こんなの見てんの?」





ジャン「感じあう、SEX」

ヒッチ「ひ…」



ジャン「こうしたい、こうされたい!濃密に愛し合える、秘密の願望集」

ヒッチ「ちょ!馬鹿!ジャン!ふざけんな!!読み上げんじゃねぇよ!!!」

ジャン「いやー、天下のヒッチ様がこんなの読んでるなんてな。ーーーていうか…おい!お前!!服!!!」

ヒッチ「バスタオル巻いてる!いいから返せ、私のanan返せ!!!!」

ジャン「おま…おい!押すなって…………ッ…!」

ドサッ

ヒッチ「…あ…」

ヒッチ(ジャンに馬乗りに押し倒されて…や、やだ…明るいのに、バスタオルはだけて全部見られ…直さないと…)サッ

ジャン「おっと」ぐい

ヒッチ「…や!………手…放しなさいよ。ていうか…み、見んな…変態…」

ジャン「こないだは暗くて全然見えなかったが、ヒッチ…けっこう胸でかいんだな」

ヒッチ「や…やだ」

ジャン「…やだやだ言って、触ってないのにもう乳首立ってんじゃねぇか……女って、こういう強引なの、好きなんだろ?このまま始めようぜ」

ヒッチ「いや…待って………せめて、で、電気………」

ジャン「やだね。…俺を殴り飛ばすくらいだからどんだけ怪力なのかと思ってたが…ちょっと押さえつけただけで動けないんだな」

ヒッチ「怒るよ…離せ」

ジャン「そんな顔真っ赤にして睨まれても怖くねーし」

ヒッチ「ちょ、ほんとに、やめて」

ジャン「いーから、いーから。このタオル借りるぞ」

ヒッチ「良くない…!え、ちょ………縛って…」

ジャン「これで、抵抗できねーだろ?」

ヒッチ「ふざ、ふざけんな…童貞のくせに、こんな」

ジャン「はいはい…そういや、こないだお前、俺の首にキスマークつけただろ。ほら、ここ。もうだいぶ消えてきたが、シャツから微妙に見えるし」

ヒッチ「それが、なんだってのよ」

ジャン「………」ちゅ

ヒッチ「は…」

ジャン「………」ちゅー

ヒッチ「やめ………」

ジャン「………ぷは…キスマークついたな」

ヒッチ「こんな…首筋に…」

ジャン「ヒッチ…」かぷ

ヒッチ「や、耳…弱いんだ…ってぇ」

ジャン「ヒッチ」れろ

ヒッチ「ひぁ、も、いいからぁ…手のタオル取っ、て」

ヒッチ(なにこれ…なんで、私…こんなことされてるの…こんな、こんなはずじゃ…)

今日はここまで
続きは近いうちに…

続きいきます

ヒッチ「ジャン…いい加減に…ぁあ!や、いきなり…指…!」

ジャン「前も思ったんだけど、お前口悪いくせに攻められると弱いよな」

ヒッチ「そんなこと…ない」

ジャン「あるだろ、ほら指すんなり入ったぞ」

ヒッチ「ひ、あ、かき混ぜるの、だめ…」

ジャン(前、この上のざらざらのとこ弄ったら反応良かったよな…)くちゅ

ヒッチ「ん…あぁ!」ぴく

ジャン「ヒッチ、かわいい…」

ヒッチ「あ、あんたは前から…んっ…そんなことばっかり…調子に、乗…ぁあ…んなぁ…!」

ジャン「なんだよ、せっかく人が褒めてやってんのに」

ジャン「で、ヒッチ気づいてるか?」

ヒッチ「え…?」

ジャン「明るいから、全部見えてる」

ヒッチ「…!…や、やだぁ…」

ヒッチ(ジャンが指を出し入れするたびに音が…ていうか前より濡れてる…こんな、無理矢理嫌なのに…)

ジャン(てらてら光ってすげーエロい…ヒッチ、気持ち良くなってんのか?………よし)

ヒッチ「ジャン…あんま、ジロジロ見んな…」

ヒッチ(あれ…ジャン、何して…)

ジャン「………」れろ

ヒッチ「…ひぁああ!」

ヒッチ「ちょ、ちょっと、どこ舐めて…!」

ジャン「暴れるなって、足、危ねえ!」

ヒッチ「ジャンがぁ…変なことするから…ッ…!」

ヒッチ「や、広げるの、だめ…」

ジャン「…こうしないと、舐められないだろ」

ヒッチ「そこで喋らない、で…!息があたって…」

ジャン「前は暗くて手探りだったからよくわかってなかったが、ここだろ?ヒッチの気持ちいいとこ」

ヒッチ「あ、んぅ…やめ…はあ、んん…ぁあ」

ヒッチ(中に指入れたままクリ舐められて…声、抑えられない…)

ジャン「ヒッチ…」

ヒッチ「ジャン、そこぉ…あ、あ、あ」

ジャン(ヒッチ、すげー気持ちよさそう…)

ジャン(どんどん汁溢れてくるし…マジエロすぎ)

ヒッチ(身体が勝手に震えて…なに、なにこれ…なんか、来ちゃう)

ジャン(あれからいろいろネットとか見て研究したつもりなんだが、甘噛み、とかするのもいいんだよな…?)

ジャン「………」はむ

ヒッチ「…?!ッあ、あぁああ、ぁあ!!」びくん

ヒッチ(い、イかされた…)

ジャン「…今、お前イった?うわ、めっちゃ指締め付けてくる」

ジャン(ヒッチの目、焦点定まってない…中も痙攣したみたいにひくひくしてるし、息も上がって…エロい…)

ヒッチ「はぁ、はぁ、ちょ、ちょっと待って…」

ヒッチ(まだ身体震えてる…息が上手く出来ない…イクって、こんな気持ち良くて…こんな、苦しいものなの…?)

ジャン「すげ、俺の手首くらいまで垂れてきてるぞ」ぐちゅぐちゅ

ヒッチ「だめ、やだ…指動かすのだめぇ…もう、イったからぁ」

ジャン「…じゃ、そろそろいいよな」

ヒッチ「…え?」

ジャン(こんなの見せつけられて冷静でいられるわけねぇだろ。もう限界だって…)

ジャン「挿れるから、な」ぴと

ヒッチ「……あ……」

ヒッチ(さっき、イったし…今度は大丈夫かな…)

ジャン「きつ…」ぐい

ヒッチ「…!い、いたい…ジャン…ッ…やっぱ、待って…」

ジャン「…先っぽ、入った」ぐぐっ

ジャン(まだ亀頭だけしか挿れてないのに気持ち良過ぎて油断したら出ちまいそうだ…)

ヒッチ「痛い、の…もっと優し、く…」

ジャン(…搾り取られそうなくらい締め付けてくる。勝手に腰が動いちまう)ぐいぐい

ヒッチ「いやあ、…ジャン、待って、待って動かないで」

ジャン「くっ…もうすぐ…全部入るぞ…」


ヒッチ「ひぐ…ぁ…抜いてぇ…痛いからぁ」

ヒッチ(ジャン、私の声聞こえてないの…?)

ヒッチ(痛いって、やめてって言ってるのに….力じゃ全然かなわないし…ジャン…怖い…)

ジャン「あと…少し…うあ、狭…」

ヒッチ「うぐ…ぁあ…無理…止まって…それ以上入んな…入んないからあぁ」



ジャン「……く…」ググッ

ヒッチ「~~~ッ!!!」

ジャン「…ッ…はあ……全部、入ったぞ」

ヒッチ「…ぅあ………」

ジャン「…ヒッチ…?」

ヒッチ「やだ…こんなの……やだ…」

ジャン「え、ヒッチ…な…泣いてんのか…?」おろおろ

ヒッチ「…ふ…うぁ……いたい…」ぐすぐす

ジャン「あ…ヒッチ、血が…」

ジャン「お前…もしかして」

ジャン(処女だったのか…?いや、でもなんで…つか、俺…)

ヒッチ「…とりあえず…抜いて…あとタオル、取って…」

ジャン「…ご、ごめん……」ズル…

ヒッチ「…ぅあ…ゆ、ゆっくりぃ…」

ジャン「……今、腕のも取る…」

ジャン(完全に萎えちまった…つか、この状況なんだ?全然理解出来ねぇ…とりあえず、ヒッチは処女だったってこと…だよな)

ジャン「……ヒッチ…その…」

ヒッチ「…黙って」

ジャン(黙れって言ったって…うわー、やっちまった…調子に乗りすぎた…でも初めてとかヒッチ言わなかったじゃねぇか)

ジャン(わかってたら俺だってもっと優しく…)

ジャン(…いや、なんでそもそもヒッチはエッチしようなんて言い出したんだ…?)

ジャン(駄目だ、混乱して頭が働かねぇ)

ジャン「………」

ジャン(……俺がそばにいるの嫌じゃないのか、とか聞いたらヒッチ余計怒るかな…つか、怒るよな。でもこの沈黙は気まず過ぎるだろ)

ジャン「…か、帰ったほうがいいか?」

ヒッチ「…ヤリ逃げするつもり?」

ジャン「いや…違…でも、お前…」

ヒッチ「いいから、黙って」

ジャン「………」

ヒッチ「………」

ジャン「………」


ヒッチ「………ジャン」

ジャン「…な、なんだよ」

ヒッチ「…散々言っといて、処女とか笑えるって思ってる?」

ジャン「は?…いや…そんなこと…」

ヒッチ「…思ってるでしょ」

ジャン「思ってないって…あのな、ヒッチ…その、なんか俺、調子に乗っちまって…本当ごめん」

ヒッチ「………」

ジャン「ただ…俺…お前のこと本気で…」




ヒッチ「でも」

ジャン「好…ヒッチ?」




ヒッチ「でも、私も処女捨てたかったし、ジャン、あんたも童貞捨てられたんだから…良かった…でしょ」

ジャン「……っ…」

ジャン「おい…」

ヒッチ「………なに、よ」

ジャン「…ヒッチ、それ本気で言ってんのか」

ヒッチ「……え?」

ジャン「そんだけの理由でエッチしたのかって聞いてんだ」

ヒッチ(…ジャン……?)

ヒッチ「………あ…」

ジャン「…ごめん、俺帰るわ」

ヒッチ「…ぅあ……」

ヒッチ(ジャン、怒ってる…こんな、怖い顔はじめて見た…)

ジャン「…本当に悪かったな、無理矢理しちまって」

ヒッチ「……ジャン…待って…」

ジャン「なんだよ…目的、達成したなら俺はもう用なしだろ…クソ、なんか俺ばっかりお前のこと…馬鹿みてぇじゃねぇか」

ヒッチ「….ジャン」

ジャン「…言っとくが、俺は別にお前のことミカサの代わりだとか…そんなこと思って抱いた訳じゃねーから」

ジャン「………そんなこと、お前にはどうでも良かったんだろうけどな…」

ヒッチ「…!違…」

ジャン「じゃあな」

ヒッチ「待って、待って、ジャン…ちょっと…」

ヒッチ「…!」ズキッ

ヒッチ(下半身痛くて追いかけられない…)



ヒッチ「…ジャン、待って」

ジャン「…………」



バタン

ヒッチ(ジャン…帰っちゃった…)

ヒッチ「………ぅ…」ぽろ

ヒッチ「…なんで、なんで私泣いて…」ぽろぽろ

ヒッチ(当初の目的は達成したんだから、別に…別にこれでいいのに…なんでこんなに寂しくて悲しいの…)

ヒッチ(ジャン…)

ヒッチ「…ジャン…の、ばか…ぁ…なんで帰っちゃうの…」

ヒッチ「…」ぐすぐす

ヒッチ「……違う…」





ヒッチ「私が最低……だ…」

ヒッチ「…私、ジャンのこと傷つけた…」

ヒッチ「………」

ヒッチ「ジャンに…嫌われ、ちゃった…」

今日はここまで
あと2回か3回くらいで終わります
あと一回くらいエロパートある予定

学校

ヒッチ「…………」うろうろ

ヒッチ「……」うろうろ

ヒッチ「………」うろうろ

ヒッチ(もう、昼休み終わっちゃう…)

ヒッチ(ただ、ジャンに一言放課後時間作ってって言うだけなのに…こんな何十分も教室の前行ったり来たりして私馬鹿みたい)

ヒッチ「……お腹すいた…お昼食べ損ねてるし」

キーンコーンカーンコーン

ヒッチ(あ、予鈴が…)



ガラッ

マルコ「ジャン、次の授業は理科実験室だよ」

ジャン「あ、教科書ねぇや。隣のクラスのやつに借りてくから先行っててくれ」

ジャン「!」

ヒッチ「!」



ジャン「…ヒッチ」

ヒッチ「ジャン…」

ヒッチ「…あの、私…えっと、今日放課後…時間…」

ヒッチ(上手く声が出ない…なにこれ、ただジャンと話してるだけなのに…)

ジャン「…悪い、放課後は用事ある」

ヒッチ「え……」

ジャン「…じゃあな」

ヒッチ「…ちょっと、ジャン」

次の日

ヒッチ「あ、ねぇ、ジャン…」

ジャン「マルコ、今日の放課後ゲーセン行こうぜ」


また次の日

ヒッチ「ジャン…」

ジャン「今日は…早く帰るから」



ヒッチ(あれからジャンに何回も話しかけようとしたけど、いつもはぐらかされて全然聞いてもらえなかった…)

ヒッチ(こんな気持ちのまま週末迎えたくないな…)

ヒッチ「………」

友A「あれー?ヒッチ最近元気ないね」

友B「昼休みとかも全然教室にいないし、どこいってるの?」

ヒッチ「うん、ちょっと…ね」

友B「うわ、ヒッチどんよりしてる」

友A「こんなときはパーっと遊んじゃお!男友達も誘ってさ~」

男友「呼んだかー?」

友A「あ、ちょうどいいとこに!ヒッチがなんか元気ないからさ、慰めてやってよ」

男友「マジで?ヒッチ~、俺で良ければ慰めちゃうよ?心も身体も!」さわっ

ヒッチ「…!さ、触らないで!」

バシッ

男友「…は?」

ヒッチ「あ…」

ヒッチ(やば、つい条件反射で振り払っちゃった…だって男友がいきなり肩なんて抱いてくるから…)

ヒッチ「も、もぉ、男友セクハラだよー。あはは、なんか私やっぱり調子悪いみたい。保健室いくね」




友B「…なにあれ」

友A「………感じ悪ぅい」

ヒッチ「………やらかした…次の休み時間からあのグループ戻るの気まず…」

ヒッチ(別に心底仲良しってわけでもないからいいんだけど、あのグループにいると何かと便利だったのにな…)

ヒッチ(ていうか男友に触られることなんか今までにも何回もあったのに…)

ヒッチ(気持ち悪いって思っちゃった…)

ヒッチ(ジャンになら…どこ触られても平気だったのにな…)

ヒッチ(………なんで、私こんなにジャンに固執してるんだろ…)

ヒッチ(私、ジャンのこと…)

ヒッチ「………」

ヒッチ(今日の放課後、ジャンのとこもう一回行ってみて…それでダメだったらもう、終わりにしよう)

放課後

マルコ「…ジャン、あの子また来てるよ?何があったか知らないけど、話くらいしてあげたらいいんじゃないかな。見てて可哀想になってきたよ」

ジャン「………」

ジャン(くそ、可哀想でみじめなのは俺の方だって…ヒッチはなんでまだ俺に付きまとうんだ?)

ジャン(俺は、ヒッチのこと忘れようとしてるのに…)

マルコ「ジャン?」

ジャン「…わかったって…毎日毎日来られても困るしな。…行ってくる。マルコ今日は先に帰っててくれ」

マルコ「うん、わかった」

ヒッチ(ジャン、まだかな…)うろうろ



ジャン「ヒッチ」

ヒッチ「…!ジャン…」

ヒッチ「あの、私…」

ジャン「…ヒッチ、いい加減にしろよ」

ヒッチ「えっ…」

ジャン「…俺に用なんてないだろ。もう来なくていいから」

ヒッチ「…」

ジャン「俺に悪いことしたって思ってんなら、もういい。…俺も忘れるからヒッチも忘れてくれ」

ヒッチ「は?忘れる…?なにそれ……」

ジャン「……言葉通りだって。じゃあな」

ヒッチ「待ってよ、そうやっていつも自分の言いたいことばっか…ヤることヤっといて忘れるって、何?………私の話も聞いてくれたっていいじゃない」ぐい

ジャン「……」

ジャン「…離せよ」

ヒッチ「……ッ!」

ジャン「………」

ヒッチ「……う…」じわ

ジャン「…!」

ジャン「…なんでお前が泣くんだよ。泣きたいのは俺の方だって…なんなんだよ」

ジャン「…俺の気持ち踏みにじったのはヒッチじゃねぇか」

ヒッチ「……それは…本当にごめん。でも私、ジャンのこと…」

ヒッチ「………」

ジャン「…わかった…場所変えよう」

空き教室

ヒッチ「………」

ジャン「落ち着いたか…?」

ヒッチ「うん…ごめん」

ヒッチ「私、ジャンに酷いことした。ジャンは私のこと想ってくれてたのに、私…」

ジャン「だから、もういいって。そんなこと言うために毎日来てたのか?」

ヒッチ「…違う、本当に私が伝えたかったのは………」

ジャン「…」

ヒッチ「………えっと…」

ヒッチ「はじめは…周りの話についてけないし処女なんて別に適当に捨てちゃえばいいやって思ってジャンに近づいたけど…」

ジャン「………」

ヒッチ「…でも、ジャンと遊ぶのは楽しかったし、家で誰かとご飯食べるのもすごく久しぶりで…」

ヒッチ「ジャンと居ると…なんだか安心した」

ヒッチ「今は、処女あげたのジャンで良かったって思ってる」

ヒッチ「まあ、無理矢理だったのは、ちょっとどうかと思うけど…」

ジャン「………すまん」

ヒッチ「で、散々経験者ぶってたのに処女だってバレたのが恥ずかしくて…あんな風に言っちゃって…」

ヒッチ「それで、ジャンのこと傷つけて…嫌われたって思ったらすごく悲しくてどうしていいのかわからなくなった」

ヒッチ「でも」

ヒッチ「もう、ジャンと遊んだりできないのは、嫌」

ヒッチ「ジャンと気まずいままなのも、嫌」

ジャン「ヒッチ、それって…」

ヒッチ「ジャンと、一緒にいたい」

ヒッチ「だから…….私、多分ジャンのこと好き」

ジャン「多分て、なんだよ」

ヒッチ「だって…私まだ自分でも自分の気持ちわかってないし」

ヒッチ「でもジャンのこと特別に想ってる」

ヒッチ「…もう、遅い…かな」

ジャン「………はぁ」

ジャン「…遅くないけど、どう応えていいのかわからねぇ」

ジャン「今の信じて、また裏切られたら今度こそ立ち直れなさそうだし」

ヒッチ「嘘じゃ…ない…」

ジャン「………うん」

ヒッチ「…」

ヒッチ「………ジャン、こっち向いて」

ジャン「…?」


ちゅ


ジャン「!」

ヒッチ「信じないかもしんないけど、これ、ファーストキス」

ジャン「………ヒッチ」

ヒッチ「…これで私の初めて、全部あんたにあげた。それじゃ、駄目?」

ジャン「…お前……」

ヒッチ「……どうしたら、ジャンは私の気持ち信じる?」

ジャン「………」

ヒッチ「また、エッチする?…多分、もう前程は痛くないと思うし、ジャンがシたいなら…痛くても我慢する」

ヒッチ「ね?シよ?そしたら、ジャンまた私のこと…」

ジャン「…そういうことじゃ、ねぇだろ。お前やっぱりなんも、わかってねぇよ…」

ヒッチ「………だって…」

ジャン「ヒッチ?」

ヒッチ「…だって、わかんない!こんなの、知らない!!こんな気持ちになったの初めてだし、な…何をしたらいいの?」

ヒッチ「わかんない……」

ジャン「………はぁ」

ジャン「………ヒッチ、こっちこい」

ヒッチ「………うん」

ジャン「ヒッチ…」ぎゅ

ヒッチ(ジャンに抱きしめられてる…どきどきするけど、すごい安心する)

ジャン(はあ、俺やっぱりこいつには敵わないんだよなあ)

ヒッチ「ジャン…?」

ジャン「ヒッチ、好きだ」

ヒッチ「……!」

ジャン「お前のこと…信じてもいいんだろ?」

ヒッチ「うん…信じてよ」

ヒッチ「ジャン…」ぎゅ

ジャン(うわ、うわ、しおらしいヒッチ…殺人的にかわいい…)

ジャン「なんか、一足飛びどころか五足飛びぐらいしちまったが…中学生らしくこういう…その、手繋いだりとか
ただこうやって抱き合ったりとかそういうとこから始めなおすのもいいんじゃねぇか?」

ヒッチ「文通とか?」

ジャン「いや、それはやめてくれ。もうラブレターは懲りた」

ヒッチ「あはは」

ジャン「…今度、またお前んち行ってもいいか?」

ヒッチ「………さっき、そういうことじゃないって言わなかった?」

ジャン「いや、変なことは…しないって…。また、あのコロッケ食いたい」

ヒッチ「…うん、いいよ。作ってあげる」

ヒッチ「………」

ヒッチ「ジャン…改めてこれから、よろしく」

ジャン「そっか俺たち付き合うんだよな。うわー、なんか実感わかねぇ」

ヒッチ「ジャン、あんた私のことすきなんでしょ?私も…まあ、ジャンのこと嫌いじゃないし」

ジャン「嫌いじゃない、って素直じゃねぇな。さっきはあんなに…」

ヒッチ「うるさい!…だから」




ヒッチ「ジャンがど~~~~してもって言うなら付き合ってあげないこともないけどぉ?」

ジャン「…それ、俺の真似か?」

ヒッチ「ふふん」

ジャン「…なんか、納得いかね」

ヒッチ「でも、私のこと好きなんでしょぉ?」

ジャン「…お前も俺のこと好きだろ」

ヒッチ「ジャンもなかなか言うようになったじゃない」

ジャン「…お前と付き合ってくんなら、これくらい言えねぇと保たないだろ」

ヒッチ「そうかもね」





ヒッチ「でもその前に」

ジャン「ん?」





ヒッチ「一発殴らせろ!」

ドガッ

ジャン「?!?!」

ジャン「おい、なんで殴るんだよ。いい雰囲気だっただろうが!」

ヒッチ「それとこれとは話が別!」

ヒッチ「ずっと言いたかったんだけど、この間!あんたどさくさに紛れて生で入れたでしょ!あの時は私も痛くてそれどころじゃなかったから気づかなかったけど!」

ジャン「!…あ」

ヒッチ「あ、じゃない!…に、妊娠したらどうするつもりなの!信じらんない!」

ジャン「…も、申し訳ない…でも中では出してな…」

ヒッチ「そういう問題じゃないんだけど!先走りでも妊娠するときはするんだから」

ジャン「えっ…えっ…」おろおろ

ヒッチ「…ま、もう昨日、生理きたから妊娠はしてないんだけどさ」

ジャン「おい」

ヒッチ「はあ、何?私は結果がどうこうじゃなく、勝手に生で挿れたことを怒ってんの!」

ジャン「それは…その、すみません」

ヒッチ「いい、次はちゃんとゴムつけないと今後一切触らせないからね」

ジャン「え?」

ヒッチ「なによ」

ジャン「いや、次って」

ヒッチ「…付き合うんでしょ。だったらこれから手繋いだりデートしたり…そういうとこから始めて…で、いずれまたエッチも…するでしょ?」

ジャン「なんでそこで赤くなるんだよ」

ヒッチ「ジャンこそ」

ジャン「………」

ヒッチ「………ばーか」

ジャン「はいはい」



ジャン「…じゃあ、そろそろ帰るか。暗くなってきたし、送る」

ヒッチ「待って、帰る前に…」

ジャン「ん?」



ヒッチ「今度は、ジャンからキスして?」






ジャン(結婚しよ!!!)

おまけ




ジャン「ヒッチ、いるか?」

友A「ヒッチ、呼ばれてるよ。…あれ4組の男子だよね?」

ヒッチ「あ…うん」

友B「彼氏?…あ、でも前にヒッチの彼氏他校って言ってなかったっけ?」

友B「別れたの?」

ヒッチ(うわ、友たち前に見栄張って言ったことまだ覚えてたんだ…ジャンに聞こえたかな)

ヒッチ「…いや、今度話すね。とりあえず行ってくる」

ジャン「なに、お前。他校に彼氏いんの?」

ジャン(こいつのことだからどうせ見栄張って言ったんだろうな。かわいいヤツ)

ヒッチ「うっさい!ニヤニヤすんな。立ち聞きしてんじゃねぇよ。…で、何の用?」

ジャン「あ、そうだ。お前、今日暇?」

ヒッチ「生徒会はないけど」

ジャン「こないだサシャがチーズケーキが旨い店みつけたらしいから。お前、好きなんだろ?」

ヒッチ「なんで知ってんの」

ジャン「前にお前自分で言ってたじゃねぇか」

ヒッチ「そうだっけ?」

ジャン「あと、今度のフォークダンス…俺と…その、踊らないか?」

ヒッチ「…え?」

ジャン「いや、ほら昨日プリント配られただろ」

ヒッチ「あぁ、あれね…。いいよ、ペアになったげる」

ジャン「なんかお前いつも偉そうだよな」

ヒッチ「なによ、文句あるの」

ジャン「はいはい、じゃあまた放課後な」

ヒッチ「うん、後でね」





ヒッチ「~♪」

アニ「ヒッチ、ご機嫌だけどどうしたの?」

ヒッチ「別に~?ていうか、アニなにしてんの?」

アニ「今日の生徒会で使う資料コピーしてる。暇なら手伝って」

ヒッチ「え?今日生徒会あるの?」

アニ「え、あるよ?普通に。しかも会議」

ヒッチ「!?」







ジャン「遅い」

ヒッチ「だーかーらー、ごめんって言ってるでしょ。会議が長引いちゃったの!」

ジャン「ケーキ屋閉まっちまったぞ」

ヒッチ「…あーあ、楽しみにしてたのになぁチーズケーキ。ま、いいやまた今度行こ」

ジャン「………フッ…」

ヒッチ「え、なに笑ってんのきもいんだけど」

ジャン「そんなこと言ってていいのか?ヒッチ」

ヒッチ「なによ」

ジャン「これ、なんだろうなぁ?」スッ

ヒッチ「!…ジャン!」

ジャン「買っておいてやったぞ、チーズケーキ」

ヒッチ「うわ、うわ、なにそれ!ジャンのくせに気がききすぎなんだけど!その腹立つドヤ顔も今は許す!」

ジャン「…喜んでんのか?けなしてんのか?」

ヒッチ「喜んでるって!うちで食べよ!早く早く」

ジャン「おい、引っ張るなよ」

ヒッチ家

ヒッチ「今お茶入れるから。チーズケーキだし、ミルクティーでいいよね」

ジャン「なんでもいい」

コポコポ

ヒッチ「はい、ジャン。紅茶」

ジャン「ん、サンキュ」

ヒッチ「さーて、食べよ、食べよ」

ジャン(チーズケーキくらいであんな喜んで、かわいいヤツ。…部活サボって買いに行って良かったな)

ヒッチ「はあー、チーズケーキの匂い好き」

ジャン(かわいい…)

ヒッチ「……ジャン、食べないの?」

ジャン「あ?…食う」

ヒッチ「ぼーっとしてたけど、なんかあった?」

ジャン「なんでもねぇよ」

ヒッチ「?ならいいけど」

ジャン(ヒッチのこと見ててぼーっとしてたとかバレたらすぐからかってくるに決まってるしな)

ヒッチ「それじゃ、いただきまーす」

ヒッチ「んー、おいし!ジャンありがと」

ジャン「おー、どういたしまして」

ヒッチ「………」

ジャン「なんだよ」

ヒッチ「そういえばさぁ、フォークダンスがどうとか言ってたけどあんた踊れんの?」

ジャン「あの輪になってなんかぐるんぐるん狂ったようにステップ踏めばいいヤツだろ?なんとなく覚えてる」

ヒッチ「え?それってマイムマイムでしょ?違うと思う。多分今回のフォークダンスそれじゃないよ。つか、それじゃペアになる意味ないじゃん」

ジャン「…それもそうか」

ヒッチ「今回踊るのは、あれじゃない?ほら、オクラホマなんとかってヤツ。こうやって女子が右手を頭の後ろで曲げて後ろに向けるから、それを後ろの男子が…ダメだ、言葉じゃ説明できない!」

ヒッチ「見てて」

ヒッチ「こんな感じで手、後ろに回すから、それをジャンが握ればいいの。わかる?左手はこう、ね」

ヒッチ「で、踊る」

ジャン「後半適当すぎんだろ。ここからどうするんだ?」

ヒッチ「えー、あとはYouTubeとかで動画検索しなさいよ」

ジャン「けちくせー」

ヒッチ「ま、体育の時間に練習したりするんじゃない?来週久しぶりに学年合同体育あるでしょ」

ジャン「ふーん…それって俺以外の男とも踊るってことだよな」

ヒッチ「………なに、ヤキモチ?」ニヤニヤ

ジャン「は?……ちげぇし」

ヒッチ「素直になんなさいよー」

ヒッチ「素直になんなさいよー」

ぽすっ

ジャン「!」

ヒッチ(なんか流れでジャンに寄っかかってみたけど、ジャンにくっつくの久しぶりかも。あれ以来エッチはもちろん、抱きしめられもしてないし)

ジャン「ヒッチ…」

ヒッチ(やっぱりジャンの匂い落ち着く…)すりすり

ジャン「…そんな体重預けられたら重てぇんだけど」

ヒッチ「は!?」

ジャン「嘘ですごめんなさい」

ヒッチ「………」

ジャン(まずい、怒らせたか?)

ヒッチ「ジャン」

ジャン「な、なんだよ」

ヒッチ「………シよーよ」

ジャン「え?」

ヒッチ「あれから、ジャン全然私に触れようとしないじゃん」

ジャン「いや、それは」

ヒッチ「どういうつもり?…まだプラトニック気取ってんの?」

つん

ジャン「うあ……」

ヒッチ「…ね?」

ジャン「ちょ、そこ、触るな…って」

ヒッチ「ジャン」

ちゅ

ヒッチ「ん………」

ジャン「ちょ………ヒッチ」

ヒッチ「ジャン、舌入れるから口あけてよ………んちゅ…」

ジャン「…ヒッチ、ストップストップ!」

ヒッチ「なんで?」

ジャン「なんでって…その、な?俺も抑えがきかなくなっちまうし」

ヒッチ「抑えなくたっていいじゃん」

ジャン「………」

ヒッチ「この前ジャンが言ってたこともわかるけどさ…」

ヒッチ「い、一応好き同士なんだし?…触れ合いたいのは普通でしょ?」

ジャン「ヒッチ………」

ヒッチ「ね、ジャンは?ジャンも、シたいよね?」

ジャン「それは…」

ヒッチ「………身体全部で私のこと、愛してよ」

ジャン「お前なぁ」

ヒッチ「…ジャン」

ジャン「俺がどんだけ我慢してたかわかってそうやって誘ってんのか?」

ヒッチ「我慢なんかしなくたっていいじゃん。カレカノなんだし」

ジャン「………はぁ」

ヒッチ「ため息やめて」

ジャン「じゃあ、どうしろってんだよ」

ヒッチ「んぅ…」ちゅ

ヒッチ「………抱いてくれたらいいんだよ。…今度は優しく」

ジャン「…根に持ってんな」

ヒッチ「だって、痛かったんだもん」

ジャン「…今回も痛いかもしんねーぞ」

ヒッチ「だーかーらぁ!優しくシてって言ってんの」

ジャン「んなこと言われたって…」

ヒッチ「余計なこと考えなくていいって、ほらジャン」ぎゅ

ジャン「ヒッチ…」

ヒッチ「………脱がして?」

ジャン「………お前それ、そういうのに俺が弱いってわかってやってるだろ」

ヒッチ「ん?…ふふふ、どうだろうね」

ヒッチ「…でさ、目の前にこんなかわいいこがいるんだけどいつまでぼーっとしてるつもり?」ぷちぷち

ヒッチ「はい、ボタン外した」

ヒッチ「………見て、今日のブラかわいいでしょ?」

ジャン「………かわいい」

ヒッチ「じゃあ…ご自由にどうぞ?」

ジャン「…ッ!」



ドサッ

ヒッチ「ひゃ…」

ヒッチ「…もう、急に押し倒すのやめてよ」

ジャン「ヒッチ…」

ヒッチ「んー?」

ジャン「優しくするの…心がけるが、手加減できるかわからねぇからな」

ヒッチ「うん」

ジャン「男子中学生の性欲なめんなよ」

ヒッチ「…もう体験済みだし」

ジャン「………やめて、ってのもやめないで、って脳内変換するからな」

ヒッチ「それは、AVかなにかの見過ぎ」

ジャン「………」

ヒッチ「………でも」

ヒッチ「ジャンになら、いいよ」

ジャン「………!」

ヒッチ「意味わかる?…ジャン好みに仕込んじゃっていいよってこと」

短くてごめんなさい
続きは近いうちに一気に投下します

続きいきます

ヒッチ「ま、私がすんなりそれに従うかどうかは別の話だけどね」

ジャン「なんだよ、それ」

ヒッチ「完全に主導権取りたいってんなら、もっとテクつけてからにしてよねってこと!私も主導権取りたいし…そこは戦いだから」

ジャン「なんだよそれ………うあッ!」

ヒッチ「先手必勝~」

ジャン「…おい、また…急に触んなよ」

ヒッチ「もうおっきいんだ」さわさわ

ジャン「し、仕方ねぇだろ」

ヒッチ「ふふ」さわさわ

ジャン「く…」

ヒッチ「ねぇ、撫で回されるだけじゃ足りないんじゃない?」

ジャン「………わかってて、言ってんだろ?」

ヒッチ「自分で脱いだら、舐めてあげる」

ジャン(うわ、やばい、舌ちろって出して唇舐めるのエロい)

ジャン「………よろしくお願いします」

ヒッチ「んふふ、そうやって始めから性欲に素直になればいいんだよ」

ヒッチ「そしたら、ほら」ぺろっ

ジャン「………ッ!」

ヒッチ「気持ち良くなれるんだから」むに

ジャン「ちょ、おま…ヒッチ!どこを」

ヒッチ「さきっぽ舐められながら玉のほうにぎにぎされるのも良いんじゃない?」

ジャン「う、あ…ヒッチぃ…」

ヒッチ「あーもう、そんな目でこっち見ないでよ。男なのに涙目になっちゃって気持ち悪ぅ」

ジャン「仕方、ねぇだ、ろ…」

ヒッチ「うわ、ビクビクしてる。じっくり見るとなんかグロいけど、かわいい…かも」ちゅ

ヒッチ「ん」あむ

ジャン「………うあ!」

ヒッチ「ひもひいい?」じゅぷ

ジャン「ぁあ、あ…く…」

ジャン「…く、ぁ…ヒッ…チ…も、出る」

ヒッチ「もう?らひて…いーよ…んむ、れろ………」じゅぷじゅぷ



ジャン「……ッ!」

ヒッチ「!」



ジャン「…はぁ…はぁ………あ」

ヒッチ「………顔、かかった」

ジャン「悪い…でも、俺はもう出るって言ったからな!?…そんな怒んなよ」

ヒッチ「怒ってないけど、こんな量多いと思わなかったし、びっくりしたの!つか、早漏過ぎ~」

ジャン「………溜まってたし」

ヒッチ「…ふーん、そう」

ヒッチ「なら、今日は…」ぎゅー

ジャン「…うぉ、ヒッチ…今触ん、な」ビクッ

ヒッチ「ぜんぶ、出しちゃっていいよ?」ちゅ

ジャン「く、ヒッチそういうのどこで覚えてくるんだよ…」

ヒッチ「なに?なんか疑ってんの?」

ジャン「そうじゃねぇけど…」

ヒッチ「…ま、耳年増なめんなって話よ」れろ

ジャン「うあ…」

ヒッチ「ねぇ…これで終わりじゃないでしょ?」

ジャン「………ヒッチ」

ヒッチ「…ほら、もう勃ってる」

ジャン「………挿れたい」

ヒッチ「いいよ?でも………」





ヒッチ「その前に私のも、シて?」

ジャン「…わ、わかってるって」

ジャン「ヒッチ、これ脱がすからな」

ヒッチ「今日のはホック前にあるから、取りやすいんじゃない?」

ジャン「…下も脱がすぞ?」

ヒッチ「いちいち確認はいらないと以前もお伝えしましたが」

ジャン「なんだよその口調」

ヒッチ「………ジャンは女心を学ぶべき」

ジャン「…まあ、おいおいな…つーかさ」

ヒッチ「ひあ、あ!」

ジャン「お前びしょびしょじゃねぇか。舐めてて感じたのか?」

ヒッチ「ひ、久しぶりだし…」

ジャン「人のことあんだけ言っといてこれかよ…久しぶりで期待しちゃった、てか?」

ヒッチ「知らない!」

ジャン(赤面して涙目のヒッチ可愛いけど、これ以上苛めたら本当に機嫌損ねそうだな。…とりあえず脱がすか)

ジャン「ヒッチ、これ脱がすから腰浮かせろ」

ヒッチ「………」

ジャン(だんまり決め込んでる割には素直なんだよなー)

ジャン「じゃ、お望み通り」くちゅ

ヒッチ「あ、ん、んん!」

ジャン「…慣らさなくても充分濡れてるじゃねぇか。指、2本入ったぞ」

ヒッチ「や、言うなぁ…ぁあ、や、ん、あ、それやだ」

ヒッチ(中で指ばらばらに動いて、中拡げられてる感じが…ぞくぞくする….)

ジャン「やだって言ってもやめないって言ったろ?」

ヒッチ「ひゃ、あぁあ…!」

ヒッチ(3本目…?掻き回されてぐちゅぐちゅ言ってる…今クリ責められたらヤバイかも)

ジャン「ヒッチ、ちょっと」

ヒッチ「あ…」

ヒッチ(指、抜かれちゃった…)

ジャン「…物欲しそうな声出さなくてもこれで終わりじゃないから安心しろよ」

ヒッチ「?…え…あ、あ、待って!…舐めるの、だめ!シャワーあびてな、い、ひあ、や…だから…だめぇ!」

ジャン「ヒッチも舐めただろ」

ヒッチ「…でも…ッ!あ、やぁ!そこ、気持ちよすぎ、て…だ、めぇ」

ジャン(やっぱり舐められるほうが気持ちいいのか?さっきより声が切羽詰まってる感じだが…ネットで更なる情報収集しといて良かったぜ)

ヒッチ「はぁ、んんん、指…!同時には、だめ!あ、あぁ変にな、る」

ジャン「ヒッチ、すげぇ音なってるぞ」ぐちゅぐちゅ

ヒッチ「ぁあ、や、もう…」

ジャン「…ヒッチ確かここ好きだよな?」ぐちゅ

ヒッチ「ひあ、あ!」びく

ジャン(太もも痙攣したみてぇに震えてるが…そろそろか?)れろ

ヒッチ「や、だ、やだ、あ、あ、あぁあ」

ジャン「ヒッチ…」

ヒッチ「あ、あ!ん、ジャン…んん、ンッ!」ビクン



ヒッチ「はぁ、はぁ…」

ジャン「イった?」

ヒッチ「…ん………」とろん

ジャン「ヒッチ、エロい顔してる」

ヒッチ「ばか…」

ジャン「その馬鹿にここまでされてんだぜ?」くちゅ

ヒッチ「……ぁあ!」びく

ジャン「もう、挿れていいだろ?」

ヒッチ「ん…いいよ」

ジャン「じゃ…そろそろ」

ヒッチ「………ジャン、そこに横になって」

ジャン「ん?」

ヒッチ「今日は、私が上…」

ジャン「え?」

ヒッチ「私が上!」

ジャン「………わかった」

ヒッチ「………ゴムつけるね」

ジャン「あ、自分で…」

ヒッチ「いーの、私がつける」くるくる

ヒッチ「これで、おっけー」ぱちん

ジャン「いてッ…おい、ヒッチ…」

ヒッチ「なに、そんな睨まないでよ…じゃ、挿れるから…」

ジャン「ん」




ぐぷぷ

ヒッチ「う………」

ジャン「…無理すんなよ?」

ヒッチ「んんッ…平、気………はぁ、んん」

ジャン「大丈夫か?」

ヒッチ「ぅあ…はいったぁ…?」

ジャン「…あと、少し」

ヒッチ「ん、んん…ぅ…これで、全部…?」

ジャン「ああ…全部はいった」

ヒッチ(………ジャンので、いっぱいだ…)つい

ジャン「…ッ!」

ジャン(繋がってるとこ、指でなぞりながらため息つくとか…)

ヒッチ「ん!…ちょっと!さっきよりおっきくなってる…もう少し小さくして」

ジャン「無理言うなよ。…動いていいか?」

ヒッチ「…もうちょっとこのまま」

ジャン「…う…あ、はい」

ジャン(………ヒッチのがぐいぐい締め付けてきて…さっき一回出してなかったらやばかったな)

ヒッチ「ね、ぎゅってして?」

ジャン(生殺し状態にしておきながらこんな可愛いこと言うとか悪魔か、って)

ヒッチ「ねぇ、ジャン?」

ジャン「…わかった」

ぎゅ

ヒッチ(………ジャンの体温が気持ちいい…このままずっとくっついたままでいたいな)

ジャン「なぁ、ヒッチ…もう」

ヒッチ「まだ、だーめ」

ジャン「…マジか」

ヒッチ「マージ」

ジャン「………」そわそわ

ヒッチ(…とは言ったものの、ジャン…辛そう。動きたいんだろうな。まあ、そろそろ馴染んできたし…)

ヒッチ「そろそろ大丈夫…かも」

ジャン「……なら、」

ヒッチ「…でも、ジャンは、動いたらだめ。私が動くから」

ジャン「え、あ、でき、んのか?」

ヒッチ「やってみなきゃわかんないでしょ」

ジャン「それもそうだけどな…でも」

ヒッチ「いいから!私がするからジャンはじっとしてて!」

ジャン「はい…」

ちょっと中断します
でも今日中に終わらせますので…

ヒッチ「ん…」

ヒッチ「ん、んん、はぁ…」ゆさゆさ

ヒッチ(だめ、なんか上手く動けない…ジャンは黙ってこっち見てるし)

ジャン「………」

ヒッチ(…気持ち良くないのかな)

ヒッチ「…ジャン?」

ジャン「おっぱい揺れるのエロくていいな」むぎゅ

ヒッチ「は!?そんなこと考えてたの…?って、ちょっと、いきなり胸ぇ…」

ジャン「俺は動いちゃダメなんだろ?…手持ち無沙汰なんだよ」

ヒッチ「だからって、じゃま、しないで…よ」

ジャン(気持ちいいんだが…いまひとつ刺激が足りない…でもそう言ったらヒッチの気分害しそうだしな…)

ヒッチ「はぁ、疲れた…ちょっと休憩…」

ジャン(チャンス!)

ジャン「じゃ、攻守交替な」

ヒッチ「え?」

ジャン「そろそろ俺も動いていいだろ?」ズンッ

ヒッチ「そんな………や、下から…ジャンは動いたら…だめぇ!」

ジャン「んなこと、言ったって…こんな生殺しみたいなの…く…耐えられねぇだろ」ズンズン

ヒッチ「あ、あ、やぁ…激し…」

ジャン「でも、動きづれぇ…ヒッチ、やっぱりお前下な」

ぐい

ヒッチ「え?………うあっ!や!やだ!」じたばた

ジャン「暴れるなって…おとなしく下に…って、あーあ、抜けちまった」

ヒッチ「だって、ジャンがいきなり腕引っ張るから…」

ジャン「…なあ、やっぱりヒッチそこに四つん這いになってくんね?」

ヒッチ「は!?」

ジャン「いや、バックでヤるのは男の夢というか…せっかくだしさ」

ヒッチ「せっかくってなによ」

ジャン「いいから…ほら」

ヒッチ「う…」もじもじ

ジャン「なんだよ」

ヒッチ「だって…その………」

ジャン「恥ずかしいのか?」

ヒッチ「ぎゃ、逆に恥ずかしくないと思う!?」

ジャン「………嫌なら、我慢する」

ヒッチ「………」

ジャン「………続き、シていいか?あ、バックじゃなくてもいいから」

ヒッチ「………」

ジャン「ヒッチ?」

ヒッチ「わかった!わかりました!四つん這いになればいいんでしょ!なれば!」

ジャン「そんな怒るなら別に…」

ヒッチ「怒ってないから!…こ、これでいい?」くいっ

ジャン(これは………)ごくり

ジャン(誘うように突き出された尻とそこからの流れるような太ももにかけての滑らかなライン…汗ばんだ肌が手に吸い付くように馴染み…てらてらと淫靡に光り視線を逸らすことを許さない魔性の聖域…そしてそんな本来秘めるべき場所を曝け出すことに耐えかねて羞恥に染まる頬…)







ジャン(挿入しよ)


ヒッチ「…ジャン?…恥ずかしいんだから…入れるならはやくいれて!」

ジャン「…!お、おう」グッ

ヒッチ「や、あ!いきなり…!もっとゆっくりぃ」

ジャン「早くって言ったりゆっくりって言ったり…どっち、だよ…」ぐり

ヒッチ「や、そこダメ!」

ヒッチ(…この、入ってくる感じ………一瞬ぴりって痛いんだけど…拡げられてるのがわかって…あぁ、だめ。クセになりそう)

ヒッチ「やだ、奥まで…キちゃう…ジャン、もっと優しく」

ジャン「んな、こと言われ、たって、はぁ…今更腰止まんねぇ…よ!」

ヒッチ「ひぁ!あ、ぁあ!!んん」

ジャン「はぁ…は、あ」

ヒッチ「んあ、あ、は…ジャン…!」

ジャン「ヒッチ…好きだ…」

ヒッチ「ん…あ、ああッ!」

ジャン「…はぁ…あんま締めんな…って」

ヒッチ「そんな、の、知らな…あ、あっ」

ジャン「きつ…」

ヒッチ「ジャン…ジャン……ね、ちょっと…ストッ、プ…!」

ジャン「……っ…ヒッチ?」

ヒッチ「あ、んん…バックで最後までするのはやだぁ…ジャンの顔見えない」

ジャン「あぁ、もう…煽るな、よ!」ぐいっ

ヒッチ「わ、」

ジャン(挿れたまま体位変えんのむずい…)ぐり

ヒッチ「や、深い………」

ジャン「…これでいいだろ?」

ヒッチ「ん…ジャン」

ヒッチ「ちゅ…んぅ」

ジャン「はっ…はぁ、ヒッチ!ヒッチ!」パンパン

ヒッチ「ジャン、イッても…んん…いいよ…!」

ジャン「……う…ぁ!」

ヒッチ「ぁあん…ジャン!」

ジャン「………ッ!!」





ヒッチ「………はぁ…疲れた」

ジャン「…体力ごっそり持ってかれたな」

ヒッチ「でも、ハマりそうでしょ?」

ジャン「…お前にな」

ヒッチ「…よ、よく言う…」

ジャン「ヒッチの照れるポイントいまいちよくわかんねぇ」

ヒッチ「うるさいうるさい!」

ジャン「まあ、なんだかんだ結局全部お前のペースなんだよな」

ヒッチ「…なによ、文句あるの?」

ジャン「別にないです」

ヒッチ「なら、文句言わないで」

ヒッチ「………くしゅっ」

ジャン「かわいこぶったくしゃみしてんじゃねーよ」

ヒッチ「はぁ?いつもこうですけどぉ。つか、寒くなってきた。服着る…」

ジャン「ん 、お前のブラウスここ」

ヒッチ「いや、もう私は部屋着に着替える…あ、これジャンのワイシャツ」

ジャン「………うわ、ぐしゃぐしゃじゃねぇか」

ヒッチ「ごめん、下敷きにしてた」

ジャン「マジかよ。帰ったらババァになんか言われるかもな」

ヒッチ「帰るの?」

ジャン「あぁ、泊まるような準備してきてねぇからな」

ヒッチ「それもそっか…」

ジャン「遅くなるってメールはしといたが…もう、こんな時間か。そろそろ帰るわ」

ヒッチ「じゃあ、来週の土日泊まりに来なよ…前は泊まらなかったし」

ジャン「…そうする」

ヒッチ「コロッケつくる!」

ジャン「楽しみだな、それは」

ヒッチ「でしょ?…駅まで送ろうかな」

ジャン「いや、そしたらまた俺がここまでお前のこと送ってくることになるだろ」

ヒッチ「そうだけど…ま、いっか。どうせ学校でも会えるし」

ジャン「月曜、昼飯一緒に食うか?」

ヒッチ「…うん、いいよ。じゃあ昼休みに中庭で」

ジャン「約束な」

ヒッチ「うん…あ、玄関まで見送るね」

ジャン「じゃあな」

ヒッチ「あ、ジャン」

ジャン「ん?」




ヒッチ「大好き」

ジャン「……俺も」



おわり

これでとりあえず終わりです。
どマイナーのジャンヒチでしたが、支援、保守してくださった方ありがとうございました。

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年09月20日 (金) 01:35:37   ID: e4wPvAsl

処女ヒッチ可愛い期待

2 :  SS好きの774さん   2013年12月02日 (月) 20:59:41   ID: nTfXbuX3

イイハナシダナー

3 :  SS好きの774さん   2014年01月29日 (水) 14:08:09   ID: p5y7zvID

ヒッチと結婚しよ

4 :  SS好きの774さん   2014年02月26日 (水) 20:59:53   ID: 0s-Sj1n8

ヒッチかわいいな

5 :  SS好きの774さん   2014年03月30日 (日) 22:42:59   ID: PPJhxGBA

ヒッチサイコー

6 :  ss好きの774   2014年05月31日 (土) 17:12:50   ID: D9coO8nV

ジャンヒチのssないからずっと探してた、これはいいなヒッチエロいしo(^-^)o

7 :  SS好きの774さん   2014年07月08日 (火) 11:43:35   ID: s9lV3R8S

とても良かったです✨

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom