喫煙者「フッ……“タバコの達人”とは俺のことさ……」 (87)

喫茶店──

男(どういうわけか……)

男(編集長の命令で、“タバコの達人”なる人物を、取材することになってしまった)

男(俺自身はタバコをほとんど吸わないが、もちろん喫煙席で彼を待っている)

男(──っていうかなんなんだよ、タバコの達人って)

男(『タバコを吸うドン!』とか、『もう一本吸えるドン!』みたいな感じ?)

男(しっかし、こんなのを取材しなきゃいけないなんて)

男(よほどネタがないんだな、ウチの雑誌は……)

ガラガラ……

男(お、どうやら来たみたいだ)

喫煙者「こんにちは、今日取材を受ける約束をしていた喫煙者だ」

男「はじめまして、『週刊マスゴミ』編集部の男と申します」

喫煙者「かけていいかな?」

男「どうぞどうぞ」

喫煙者「失敬」スッ

男(ふうん……。見た目はハードボイルドな感じで、結構かっこいいな)

男「ところで、喫煙者さんは“タバコの達人”と呼ばれているとか……」

喫煙者「フッ……“タバコの達人”とは俺のことさ……」

男(いい年して“フッ……”とかいうなよ。でも、ちょっとかっこいいじゃねえか)

男「えぇ、と……具体的にどう達人なのか、教えていただけますか?」

喫煙者「いいだろう」

喫煙者「これを見てくれ」スッ…

男(テーブルにカードを何枚も並べた……?)

男「!」

男「ま、まさかこれは──」

喫煙者「そう、俺の『taspo(タスポ)』コレクションだ」

男「えええええっ!?」

喫煙者「ちなみにこの金ピカのが、ゴールドtaspo」

喫煙者「優良喫煙者にのみ与えられる、名誉あるtaspoだ」

男「はぁ……」

男(こんなのあったのかよ……。ていうか、優良喫煙者なんて制度があるんだ)

喫煙者「こっちが江戸時代のtaspo」

喫煙者「時代が時代ゆえ、木で作られており平仮名で“たすぽ”と書かれている」

男「へぇ……」

男(taspoって江戸時代からあったんだ……意外と歴史が古いんだな)

喫煙者「さらにこれが『青眼の白taspo(ブルーアイズホワイトタスポ)』」

男「攻撃力は3000で、守備力は2500なんですね」

喫煙者「さらにこれが──」

男「あ、いやもう結構です」

喫煙者「そうかい」

男(たしかにこれだけのtaspoを持ってるってのはスゴイ)

男(だけど、記事にするには今ひとつインパクトに欠けるよな……)

男(達人っていうくらいだし、もしかしたらすごいタバコの吸い方するのかも)

男「では……せっかく喫煙席ですので一本吸っていただけますか?」

喫煙者「オーケー」

喫煙者「…………」シュボッ…

喫煙者「…………」ジジジ…

喫煙者「…………」フゥ…

男「ほぉ……」

男(なんというか、すごくキレイな吸い方だ。思わずため息が出ちゃったよ)

男(タバコの吸い方なんか、もちろん人それぞれに決まってるけど)

男(もし、タバコに教科書があっとしたら──)

男(今この人がやったフォームが“模範フォーム”として掲載されるんだろうな……)

男(そんな気がした……)

男「さすがですね」

男「ただタバコを吸っていただけなのに、ちょっと見とれてしまいましたよ」

喫煙者「ありがとう」

男「しかし、大変じゃないですか?」

喫煙者「なにが?」

男「今の世の中、あらゆる場所で禁煙化や分煙化が進んでいる」

男「タバコを吸える場所を探すのにも一苦労でしょう?」

喫煙者「ハハッ、まぁね」

喫煙者「だけど、ルールはルールだ」

喫煙者「世の中の流れがそうなってきてるというのであれば、俺はそれに従うまでさ」

男(さすがは優良喫煙者……)

男(きちんとわきまえてるな)

喫煙者「それに……」

喫煙者「本当にどうしても吸いたくなった時は、こんな技もある」

男「技?」

喫煙者「よ~く見てなよ」

喫煙者「…………」シュババッ

男「!?」

喫煙者「見えたか?」

男「いや、なにがなにやら……」

男「──ってあれ!? いつの間にか、灰皿にタバコが増えてる!」

男「しかも……これは吸いがらだ! 新品のタバコじゃない!」

男「いったいどうして……!?」

喫煙者「そう……俺は今の一瞬で、タバコを10本吸った」

男「えええええっ!?」

喫煙者「俺は一秒で最大50本のタバコを吸うことができるのさ」

男「一秒で50本!?」

喫煙者「この技を使えば、たとえ禁煙スペースでも気づかれずにタバコを吸える」

喫煙者「もちろん、めったなことじゃ使わないがね。ルールは守らねばならん」

男(す、すげえ!)

男(でもぶっちゃけ……タバコを無駄に浪費するだけの技のような気も……)

男(タバコって基本、じっくり吸って楽しむもんだろうし……)

喫煙者「他にもこんなアイテムもある」スッ

男「なんですか、これは?」

喫煙者「多機能付携帯灰皿だ」

男「多機能って……どんな機能がついてるんです?」

喫煙者「メールに通話、テレビを見ることもでき、インターネットも可能だ」

喫煙者「しかも、このとおりタッチパネルで簡単に操作できる」ススッ

喫煙者「便利な世の中になったもんだ」

男(名前……灰皿付きスマートフォンに変えた方がいいんじゃないかな)

男「なるほど……」

男「さすがタバコの達人といわれるだけあって」

男「時代の流れに合わせて、喫煙ライフを満喫しているというわけですね」

喫煙者「そういうことだ」

喫煙者「ルールを守れず、時代に適応できない奴に、タバコを楽しむ資格はない」

喫煙者「これが俺の持論さ」

男(いちいちかっこいいじゃねえかよ……)

男「しかし……タバコといえばもう一つ気になる点があります」

喫煙者「気になる点?」

男「人体に及ぼす影響、ですよ」

男「例えば……確実な因果関係が実証されたわけではないらしいですが……」

男「タバコが肺ガンの一因になる、とかいいますよね」

喫煙者「肺ガン?」

喫煙者「ああ、俺はとっくの昔に肺ガンだよ」

男「は!?」

喫煙者「だけどいたって健康体さ」

男(いや、健康体じゃねえだろ。病院行けって)

喫煙者「なぜなら俺ほどの達人になると、肺ガンを飼いならすこともできる」

喫煙者「今、見せてやろう」

男「え!? 飼いならす!? え、え、え……!? おっしゃる意味が──」

喫煙者「ノドに指を突っ込んで──」オエッ…

デロン……

男(うわっ、口からなんか出てきた……!)

喫煙者「こいつが俺の相棒さ」

肺ガン「よう!」

肺ガン「俺っちは肺ガン! よろしくな!」

男「ど、どうも」

男(なんかとんでもないことになった……。正直ついていけない……)

男「え、えぇ~と……肺ガンさん?」

肺ガン「みずくせえな、肺ガンでいいって!」

男「質問なんですが……喫煙者さんとはどういったご関係で?」

肺ガン「決まってんだろぉ? アニキとはマブよ、マブ」

男(マブ? ああ、親友ってことか)

男「え、でも……あなたは病気ですよね?」

肺ガン「おうよ、シックよシック! しかもとびっきりのな!」

男「なんで本来害するべきである喫煙者さんと、仲良くしてるんですか?」

肺ガン「最初はよ、俺っちもよ、アニキなんて大嫌いだった」

肺ガン「だがよ、アニキのタバコLOVEっぷりを見てたらよぉ……」

肺ガン「アニキと争うのがバカらしくなってな」

肺ガン「こうして仲良くやってるってわけだ」

肺ガン「今や俺っちとアニキは切っても切れない関係よ」

肺ガン「その気になりゃ、俺っちを手術で切除することもできるのに」

肺ガン「アニキは俺っちを肺に住まわせてくれてるんだ」

男「はぁ……」

喫煙者「ま、変なヤツだが、コイツはこれでけっこう役に立つんだ」

男「肺ガンが……いったいなんの役に立つんです?」

喫煙者「例えば、飲み会とかの隠し芸で使える」

喫煙者「いきなりコイツを肺から出して周囲を驚かせたり」

喫煙者「コイツと二人で漫才をやったりな」

男(ガン細胞と漫才かよ)

喫煙者「あとは地味だが、コイツはガンの進化バージョンみたいなもんだから」

喫煙者「他のガンを簡単にやっつけることができる。これまで何人も治療してきた」

肺ガン「末期ガンも俺っちにかかれば余裕だぜ!」

男「へぇ……」

男(──って地味どころか、そっちのが圧倒的にすげーじゃねえか!)

男「喫煙者さん、本格的に医学関係の仕事についたらどうです?」

男「ガンを完治できるんなら、ノーベル賞だって夢じゃありませんよ」

喫煙者「もちろん俺もそう思ったんだがね」

喫煙者「ある団体から“商売あがったりになるからやめろ”って圧力をかけられてさ」

喫煙者「今では医学方面については、細々と活動してるよ」

男「はぁ……」

男(“ある団体”がいったいどこかってのは、聞かない方がよさそうだな……)

男(下手すると俺の命まで危うくなりそうだ……)ゴクッ…

プルルルル……

男「ん?」

男(電話……編集長からだ)

喫煙者「出てかまわないよ」

男「すみません……」ピッ

男「はい、もしもし──」

編集長『オイお前、今日はたしか△△市で取材をしてるはずだよな!?』

男「はい、今まさに真っ最中ですけど……」

男「タバコの達人である喫煙者さんと、お話ししてまして……」

編集長『そんなのどうでもいいから、今すぐ俺がいう現場に向かえ!』

男「は、はぁ……? どうしたんです、いきなり……?」

編集長『今、△△市の駅前にあるビルで、たてこもり事件が起こってる!』

編集長『すぐ向かえ!』

編集長『うまくいけば、スクープの一つや二つ手に入れられるかもしれん!』

男「しかし……こっちも取材中……」

編集部『タバコの達人なんかより、たてこもり事件のがウケるに決まってんだろ!』

編集長『今すぐ現場に向かわなかったらクビだ! いいな!』プッ…

男「あっ、切れちまった……」

男(今日タバコの達人の取材しろっていったのも編集長なのに、勝手すぎる……)

喫煙者「どうかしたか?」

肺ガン「なんか事件のニオイがするな、オイ?」

男「実は……△△市の駅前ビルでたてこもり事件が発生したらしく──」

男「すぐそこに行けっていわれてしまって……」

男「すみません、せっかくお話しをうかがってる最中だったというのに……」

喫煙者「なに、かまわないさ。急な仕事ってのはそういうもんだ」

喫煙者「そうだ! どうせなら、俺が現場まで連れてってあげよう!」

男「え!?」

喫煙者「タクシーより、よっぽど早く現場にたどり着けるぞ」

喫茶店を出た二人(プラス肺ガン)──

喫煙者「フゥ~~~~~……」

モクモクモク……

男(なんだこれは!?)

男(喫煙者さんが吐き出した煙が、固まってゆく……!?)

喫煙者「さあ、これに乗るんだ!」ピョンッ

ボフッ……

男「え!? 乗れるんですか、これ!?」

喫煙者「早く!」

男「は、はい!」ピョンッ

ボフッ……

喫煙者「よし、出発!」

ギュゥゥゥゥゥン……!

肺ガン「ヒャッホーッ!」

男「うおおおおっ!?」

男(すごいスピードだ!)

男(まるで、孫悟空が乗る筋斗雲じゃないか!)

男(でもこの雲、すっげぇヤニくせぇ……)オエッ…

駅前──

ザワザワ…… ドヨドヨ……

男「……野次馬やらマスコミやら警察やらで、ごった返してますね」

喫煙者「せっかく空を飛んでるんだ、なにか写真でも撮ったらどうだ?」

男「それもそうですね」パシャパシャッ

男(よし、事件で大混雑する現場を上空から撮影できた)

男(これなら編集長も喜ぶぞ!)

男「じゃあ次は、たてこもりが起きてるビル内の写真でも撮りたいので……」

男「あのビルにちょっと寄って下さい」

喫煙者「オーケー!」

ビル内──

主犯「野次馬やマスコミが、だいぶ集まってきたな」

手下A「ホントにやるんですね、ボス?」

主犯「おうよ」

主犯「この国の連中なんてのは」

主犯「たてこもり事件を一種のお祭りみたいにしかとらえてねえ」

主犯「最後には、なんだかんだ機動隊やら特殊部隊やらが突入して」

主犯「犠牲者も出ずに終了する、なんて思ってやがる」

主犯「それであぁよかったとか、死人が出た方が面白かったのに、とか思ったりする」

主犯「だが、今日はちがうぜ」ニヤッ

主犯「もっとこのビルの近くに人が集まったら」

主犯「ここにいる人質を公開処刑したり、生首を野次馬に投げ込んだりしてやる」

主犯「野次馬やお茶の間の皆さん全員がPTSDになるような──」

主犯「史上最悪のたてこもり事件を実現してやるぜ!」

主犯「ゲハハハハ……!」

手下A「やりましょう!」

手下B「俺たち、歴史に残りますよ!」

主犯「ってわけだ。てめぇら全員、助かる可能性はゼロだ」

主犯「ゲハハハハ……!」

人質A「ひぃぃ……」ガタガタ…

人質B「そんなぁ……」ブルブル…

青年(こいつら……本当に目立ちたいだけの一心でたてこもりを……?)

青年(きっとあさま山荘事件とかの特集番組を見て影響されたんだな……)

青年(だが、ボクだってむざむざ殺されてたまるか!)

青年「うわぁぁぁっ!」ダッ

主犯「!?」

ビルの外──

男「ん!?」

喫煙者「どうした!?」

男「中で人質の一人が抵抗したんだけど、あっさり取り押さえられた!」

男「ま、まずい! あの犯人ども、あの青年を殺すつもりだ!」

肺ガン「オイ、やべえよ!」

喫煙者「やむをえん! 助けに行くぞ!」

ギュンッ!

ビル内──

主犯「ゲハハ、犠牲者第一号はてめぇで決まりだ!」

主犯「バラバラにして、外にいる野次馬にプレゼントしてやるぜ!」

青年「ぐっ……!」

ビュンッ!

ジュゥゥッ……!

主犯「あっちぃぃぃぃぃっ!」

手下A「どこからともなく火のついたタバコが飛んできた!?」

手下B「大丈夫ですかい、ボス!」

喫煙者「やれやれ、ポイ捨ては本来やってはいけないんだがな」スタッ

手下A「窓から変な奴がやってきやがった!」

主犯「だれだてめぇ!」

喫煙者「通りすがりの、タバコの達人さ」

男(オイオイ、無駄にかっこいいんだけど!)

主犯「ふざけやがって……だったらまずはてめえらから始末してやる!」

主犯「さっさととっつかまえろ!」

手下A「オラァッ!」

手下B「キエェッ!」

喫煙者「やれやれ……」

喫煙者「“根性焼き(レア)”!」ジュッ…

手下A「あっちいいいいいっ!」ドサッ

肺ガン「“ガンガン逝こうぜ”!」ドゴッ

手下B「ぐぎゃああああっ!」ドサッ

喫煙者「一応解説しとくと、“根性焼き”は敵にタバコの火を押しつける技で」

喫煙者「“レア”はその中でもっとも威力が低い」

喫煙者「ようするに手加減……というか火加減しておいた」

男「多分、上位技は“ミディアム”とか“ウェルダン”なんでしょうね」

肺ガン「俺っちの“ガンガン逝こうぜ”は殴った相手を末期の肺ガンにする技だ」

男「“ガンガン逝こうぜ”強すぎるだろ……」

肺ガン「ま、ひとしきり苦しんだら治してやるから安心しときな!」

主犯「くそぉ……!」

喫煙者「これはタバコの達人としての俺のカンだが──」

喫煙者「どうやらお前、ガンだと宣告されたな?」

主犯「!」ギクッ

男「なるほど、それで自暴自棄になって、こんな事件を起こしたってわけか」

肺ガン「俺っちが治してやっから、さっさと降参しな!」

主犯「う、うるせぇぇぇっ! そんなこと信じられるかぁぁぁ!」ダッ

喫煙者「お前はこの俺が止める!」

喫煙者「はああああ……」ゴゴゴ…

喫煙者(長年の喫煙で体内に蓄積したニコチンを、一気に放出する究極奥義!)

喫煙者「ニ、コ、チ、ン、波ァ─────ッ!!!」ボウッ

ドゴォォンッ!

主犯「ぐ、は……っ!」ガクッ

男「すごい威力だ……」

喫煙者「肺ガン、ヤツを治してやれ」

肺ガン「あいよっ!」

男(タバコを極めると、ビームを出せるようになるんだ……知らなかった)

青年「ありがとうございました! あなたたちは命の恩人です!」

喫煙者「気にするな」

肺ガン「人質が全員無事でよかったぜ!」

男「あれ? でもなんか変なニオイが……」クンクン…



メラメラ……



男「あっ、喫煙者さんが最初に主犯に投げつけたタバコが、ゴミに引火してる!」

喫煙者「なにいっ! マズイ!」

肺ガン「早く消しちまわないと、アニキが放火犯になっちまうぜ!」

喫煙者「水、水、水!」ダダダッ

男「消火器どこだ!」ダダダッ

その後──

喫煙者「いやぁ、すっかり助けられてしまったね。危うく火事になるところだった」

男「いえいえこちらこそ、スクープどころかたてこもり犯退治に立ち会えるなんて」

男「なかなかできない体験をさせてもらいました」

男「これなら、編集長に怒られずに済みますよ」

喫煙者「ハハハ、そうかい」

喫煙者「そうだ、せっかくだからウチでメシでも食べていかないか?」

男「いいんですか?」

喫煙者「もちろんだとも」

喫煙者の家──

男「ごちそうさまでした、お料理おいしかったです!」

妻「主人がお客さんを連れてくるなんて、珍しいわ」

妻「大したおもてなしもできませんが、ゆっくりしていって下さいね」

男「どうも……」

男(まさか喫煙者さんに、こんな奇麗な奥さんがいたなんてな……)

喫煙者「さて食後の一服……」シュボッ…

妻「!」ピクッ

妻「ちょっとあなた、タバコはベランダで吸ってっていつもいってるでしょ!?」

喫煙者「いいじゃないか、一本ぐらい……」

妻「ダメです! あたしがタバコ嫌いなの知ってるでしょ!」

妻「肺ガンも、家の中で吸っちゃダメって主人に注意しなきゃダメじゃないの!」

肺ガン「すんません、アネさん……」ショボン…

喫煙者「じゃあ、ちょっとベランダに出てくるよ……」スゴスゴ…

男「…………」

男(誰もが認める“タバコの達人”である喫煙者さんだけど──)

男(“奥さんの達人”にはなれなかったようだ)





                                    おわり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom