ユニ「おねえちゃん、どこ触ってるのっ!?」 (7)

ノワール「はぁ、はぁ!ネプテューヌっ!そこっ!ダメえっ!」クチュクチュ

ユニ「うわぁ・・・お姉ちゃんってそっち系だったんだ・・・」

ノワール「あっ、いいわよネプテューヌ!そこ、そこらめぇ!!」ビクンビクン

ネプテューヌ「ピンポーン、ぼっちのノワールいる?留守にする用事なんてないよね!早く出てきてよぉ!」ドンドン

ノワール「ユニ!あ、あなた出てきなさい!」

ユニ「えーっ、お姉ちゃんが出たほうが・・・」

ノワール「今出れる格好だと思ってるの?!ユニのバカ!」

ユニ「は、はーい」スタスタスタ・・・

・・・・・・

ユニ「うちの姉に何か用事ですか?」

ネプテューヌ「んもーつれないなぁノワールは、私の仕事手伝ってもらおうと思ってさぁ」

ノワール「ちょっと!手伝うわけないでしょ!」バッ

ネプテューヌ「あ、やっと来たぼっちノワール」

ノワール「ぼっち言うな!」

ネプテューヌ「ねぇお願い何でもするからさぁ」

ノワール「どうせあなたなんか何もできないでしょ?いつもゲームばかりやって・・・」ブツブツ

ネプテューヌ「んもうひどいこと言うなぁ、そんなこと言うから友達いないんだーノワールは!」

ノワール「ぐぬぬ」

ユニ「・・・お姉ちゃん、もうちょっと素直になったら?」

ノワール「え、えっ?!なによいきなり!?」

ユニ「(バレバレなんだけどなぁ)」

ネプテューヌ「んー?どしたの、ノワール?」

ノワール「ななな、なんでもないわよ!」

ネプテューヌ「んー?あやしいなぁ~!」グイッ

ノワール「ちょ、ちょっと!ひっつきすぎ!離れて!!」ドスッ

ネプテューヌ「いたっ!ひどーい、何も突き飛ばさなくてもいいじゃんー!」

ノワール「あっ、ご、ごめんなさいネプテューヌ・・・すりむいてない?」

ネプテューヌ「いたたた・・・ぼっちのくせになまいきだぞ~っ!」

ノワール「いいから手当てするわ!わ、私の部屋に来て!」グイッ

ネプテューヌ「えっ、なんでノワールの部屋なの?」

ノワール「な、なんでもいいでしょ!早く来て!」グイグイッ

ユニ「お姉ちゃん、強引だなぁ・・・」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom