小路綾ちゃん「ね、ねぇ陽子、隣のクラスのタカシ君って知ってる?」 (41)

陽子「タカシ君?知らないなぁ、なんで?」

綾「えっ!?」ドキッ

陽子「なんで?」

綾「な、なんでって、その…」カァァ

陽子「……」

綾「……」ポッポッ

陽子「……」

陽子「はっはーん」ニヤァ

綾「な、何よ!」カァァ

しのぶ「なんのお話ですか?」

アリス「何々?」

綾「あわっあわわわわわ」アセアセ

陽子「いやぁ実はさぁ!」

綾「やめてよぉ!」

ボゴッ

陽子「うわっじょ、冗談だって」

綾「も、もぉ~」

ポカポカポカ

陽子「あっはっはっはっはー」

しのぶ「なんなんでしょうか?」

アリス「さぁ?」

~タカシのクラス~

タカシ「……」カリカリ

綾「……」ジー

タカシ「……」カリカリ

綾「……」ジー

タカシ「ふー」ノビ

綾「……」ジー

綾「…かっこいい…」カァァ

綾「た、タカシ君ってインドア趣味なのかしら」

綾「もしそうだとしたら私と気が合っちゃったりして…」

綾「……」ポッ

綾「うわわわわわ」カァァ

綾「だ、ダメ!だめだめ!だめ私!ダメよ小路綾!」

陽子「なに一人でブツブツ言ってんの?」

綾「うわぁあっ!!」ビクッ

陽子「な、何?」ビクッ

綾「あ、よ、陽子、な、なんでもないわよ?」

陽子「そ、そうか?」

綾「そうよ」

陽子「ふ、ふーん、ま、まぁいいけど」

綾「……」

陽子「そ、それよりこれからシノの家に行くんだけど綾も行く?」

綾「あ、あぁ私はいいわ、用事があるの」

陽子「…そっか、じゃあ仕方ないな」

~シノの家~

しのぶ「最近綾ちゃんの様子がおかしくありませんか?」

陽子「あ、あぁおかしいけど多分あれは、」

アリス「絶対変だよ!前と全然違うもん!」

陽子「だから多分あれは、」

カレン「アヤヤー様子おかしいでーす」

しのぶ「どうして綾ちゃんがおかしくなっちゃったのか調べましょう」

アリス「調べるってどうやって調べるの?」

しのぶ「……」

しのぶ「…き、聞き込み?」

カレン「キキコミ調査でーす!」

陽子「だめ!ダメだめ!」

しのぶ「どうしてですか?」

陽子「それだと綾が可哀想だろ、なんか悪い事したみたいで」

カレン「オーウー」

しのぶ「そ、そうですねやめておきましょうか」

~綾の家~

綾「タカシ君…」クチュッ

ピクッ

綾「あっ」カァァ

綾「タカシ君…タカシ君…」クリクリ

綾「あはっ、ダメよ、そ、そんな、あっ」ピクピク

綾「わ、私たち、ま、まだ高校生っなのに、あっあっあぁ」クリクリ

綾「あっ」ビクン

綾「あっ…あっ…」ビクビクン

綾「…はぁ…」

綾「はぁ…タカシ君…」

フキフキ

~次の日タカシの教室~

タカシ「……」ペラッ

綾「た、タカシ君が本を読んでる…」ジー

タカシ「……」

綾「な、なんの本なのかしら…」ジー

タカシ「……」ペラリッ

綾「み、見えない…ん~…」ジー

ジー

綾「……」

綾「見えない…」ガクッ

陽子「お、綾~」

綾「あ、陽子」

陽子「うわっクマがすごいな、どうしたんだよ」

綾「そ、そう?どうしてかしら」ペタペタ

アリス「…綾、変だよ…」

綾「へ、変じゃないわよ?」

アリス「変だよ!」

綾「え、えぇ~…」

陽子「まぁまぁまぁ、アリス落ち着いて」

アリス「陽子は綾が変でも平気なの!?心配じゃないの!?」

陽子「だ、大丈夫、綾は大丈夫だから」

アリス「どこが大丈夫なの!?」

綾「わ、私そんなに、変?」

アリス「前と全然違うでしょ!?自分で分からないの!?」

綾「そ、そう、なんだ…」

陽子「まぁまぁまぁまぁ!ね!?」

アリス「日本人はとっても素敵だけど、そういう所、良くないよ!」

カレン「アリース」ギュイイイン

アリス「何!?今大切な話をしてるからちょっと、」

カレン「黙るのはアリスの方デース」

ヴィーン

ギュルルルルルル

ザクザクザク

ボトボトボト

アリス「……」シーン

陽子「か、カレン…?チェーンソウ…」

綾「いやぁあああああああああああ!!!!!」

カレン「アリスがうるさいからデース」ギュイーン

陽子「ちょ、ちょっと!落ち着け!カレン!もうやめろ!」

綾「陽子ぉぉぉおおお!!ダメ!にげてえええええ!!!」

カレン「うるさーい」ヴィーン

キュルキュルルルッルル

陽子「うがっ…」

ボト

コロン

綾「いやあああ!!陽子の腕がああああああああ!!!」ポロポロ

陽子「か、カレン、お、落ち着け、な?」ニコッ

カレン「……」ヴィーン

陽子「…綾、逃げろ…」

綾「よ、陽子を、お、置いていけるわけないでしょ!?」ジョロロロ

陽子「いいから!!」

綾「いや!絶対に嫌よ!」

陽子「早く逃げろ!!」

カレン「うるさいデース」

ギュルルルルル

綾「…あっ…」ボトボト

バタン

綾「……」シーン

陽子「綾?嘘だろ?綾?」

陽子「綾ぁあああああああああああ!!!!」

カレン「うるさいデース」

ヴヴヴヴヴヴヴッヴヴィーン

ギュルルルルルル

陽子「……」ボトボト

キュルルルルル

陽子「……」シーン

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom