女「んっ…らめぇぇ…!」 ぼく「君、滑舌悪いよ」 (20)

女「あ、はい…」

女「んっ…チュパッ…ちんぽぉ…ちんぽおいしいよぉ…」

ぼく「感想要らないから。黙ってしゃぶって」

女「あ、はい…」

ぼく「んっ・・・らめぇぇ・・・!」

女 「キモッ!」

女「やぁ…こ、こんな格好…ワンちゃんみたいで恥ずかしいよぉ…」

ぼく「いいから。挿れづらいからちゃんとやって」

女「あ、はい…」

女「ああん…中に‥中にいっぱい出してええ....」

ぼく「断る」

女「」

女「ちんぽきたぁぁ…太くて硬いのがおまんこに入ってりゅのぉぉ…!」

ぼく「実況とか要らないから。そういうのやめて」

女「あ、はい…」

女「ちんぽあちゅい…!ちんぽあちゅいよぉぉ…!」

ぼく「クーラー強くしようか?」ピピッ

女「あ、すみません…」

女「こ、腰がぁ…腰が勝手に動いちゃうぅぅ…!」

ぼく「勝手に動かないで。リズムが狂うから」

女「あ、はい…」

女「もっと突いてぇ…もっと突いてほしいのぉぉ…!」

ぼく「命令しないで。ぼくのペースでやるから」

女「あ、はい…」

女「おほっ…!んほぉぉっ…!しゅごい…しゅごいよぉぉ…!」

ぼく「うるさいよ。集中できないからやめて」

女「あ、はい…」

女「あ、頭がぁ…頭がおかしくなりゅぅぅぅぅ…!」

ぼく「えっ、病院行こうか?」

女「あ、大丈夫です…」

女「中に…中に出してぇぇ…!ザーメン欲しいのぉぉ…!」

ぼく「してるから。ちゃんと避妊してるから」

女「あ、はい…」

ぼく「あぁ、もうイク」

女「わ、私も…私もイッちゃうよぉぉぉぉ…!」

ぼく「いいから。別に合わせなくていいから」ドピュドピュ

女「あ、はい…」


終わり

ぼく「あぁ、もうイク」

女「別に実況しなくていいから」

ぼく「あ、はい…」


終わり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom