うずめ「みんなのおしっこでミックスジュース作るよ!」 (37)

てす

うずめ「さ、思い立ったが吉日って言うし!」

うずめ「さっそく>>6におしっこしてもらえるかお願いしてみよっと」

残念王子

うずめ「よしっ!残念王子さんにおしっこをもらおう!」

うずめ「あっさり改心してカードくれたくらいだし、おしっこくらいきっとすぐもらえるね!」

~残念王子宅

うずめ「こんにちは!」

アロエ「あら、あなたはしめじの…」

うずめ「うん、久しぶりだね!ところで残念王子さんはいる?」

アロエ「マスターなら>>15にいますよ」

うずめ「>>15まで伸びなかったよ!!」

アロエ「!」ビクッ

アロエ「あの、何を…」

うずめ「ううん、独り言」ニコッ

アロエ「!」ゾクッ

月海

うずめ「ま、この際あなたでもいっかな」

アロエ「?」

うずめ「じゃーん!」

アロエ「これは…ペットボトル?」

うずめ「うん!ねえお願い…」

うずめ「この中におしっこしてもらっていい?」

アロエ「え…えええっ!?」

~その頃

吉良「たまにはドールのことを忘れておまえと過ごすのも悪くはないな」

月海「汝…本当によいのか?吾とのこと、そのアロエとやらは…」

吉良「いいんだよ、あいつは所詮データ」

吉良「実体を持ったお前とは比べものにならん」ムニ

月海「ひゃうっ!で、では…汝は吾を正妻とみなしてくれるのじゃな…?あんっ!」

吉良「当たり前だろ…あんな貧乳の小娘よりお前の方がいいに決まってる」ムニムニ

アロエ「何を言ってるんですかっ!?」

うずめ「え?だからね、このペットボトルにおしっこを…」

アロエ「へっ、変態!変態!変態!」

アロエ「しめじのマスターだから、きっとあの子が大好きになるようないい人かと思ってたのにっ!」

アロエ「幻滅ですっ!もう帰ってください!」

うずめ「あれー、そういうこと言っていいのかなぁ…?」

うずめ「しめじね、私のデバイスの中で今眠ってるんだけど…」

アロエ「!」

うずめ「あなたがおしっこしてくれなかったら私、ショックでデバイスを落として壊しちゃうかもね」

アロエ「くっ…!」

アロエ「あ、あなたって人はっ…!」プルプル

うずめ「どうしたのプルプルして?もしかしておしっこ我慢してるの?」

アロエ「ちがいますっ!」

うずめ「我慢しなくていいんだよ?トイレならここに」ヒョイ

アロエ「人の話を聞きなさいっ!」

うずめ「あーっと手が滑ったぁ!」スッ

アロエ(デバイスをっ!?地面に叩きつける気!?)

アロエ「あ、あああっ!」

アロエ「き、急に、おトイレに行きたくなった…かも…」

うずめ「ふふっ」ニヤリ

うずめ「じゃ、これね!はい!」

アロエ「あ、ありがとう…ございます…」パシ

アロエ「じゃ、じゃあ…入れてくるので少し待ってて…」

うずめ「待ってよ!」ガシ

アロエ「!?」

うずめ「入れるとこ…見せてくれないの?」ニコ

アロエ「なっ…!」

アロエ「本気で…言ってるの?」

うずめ「うん!」

アロエ「…」

うずめ「あーっとデバイスがっ!?」

アロエ「し、しますっ!ここでしますからっ!」

アロエ「くっ…」ヌギ

うずめ「おおー…へえ~」マジマジ

アロエ「そっ、そんなに見ないでください…」

アロエ「んっ…」

うずめ「…」

アロエ「…」

うずめ「早く出してよ」

アロエ「わかってますっ!」

アロエ「…うぅ」

うずめ「…出ないね」

うずめ「あーっと手が」

アロエ「ううっ…あああっ!」チョロ

チョロロ…ジョポポポポ

うずめ「わあい!やったあぁ!」

うずめ「おしっこありがとうね!それじゃ残念王子にもよろしく!」タッタッタ

アロエ「うぅ…」ペタン

アロエ「うっ、ううぅ…しめじぃ…」シクシク

うずめ「ふふっ…アロエのおしっこなんて思わぬ収穫だったよ」

うずめ「じゃ、次は>>35におしっこもらいにいこっと」

ラフレシアの君

おやすみんこ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom