綱手「カカシ、今回の任務は>>4だ」 (105)

綱手「カカシ、今回の任務は>>4だ」

カカシ「またなんて無茶振りを・・・」

私とSEX

綱手「私とセックスしろ」

カカシ「は?いい加減飽きたんですけど?」マジギレ

綱手「いいからはやk」

カカシ「神威!」

綱手「あぁぁ!?」ドパドパグチャ

カカシ「とんだマジキチ火影様だ・・・」

カカシ「あー気分悪いなぁ」

カカシ「今度はマジメに>>14するか」

死姦

カカシ「そういえばこの前穢土転生したサクラを家に縛ったままだったな」

カカシ「いい加減飽きたから放置してたけど・・・」

カカシ「犯りに行くか」


カカシ「ようサクラ、元気か?」ニコ

サクラ「・・・・何しに来たんですか?」ギギギ

カカシ「おいおい、ここは俺の家だよ」

サクラ「チッ」

カカシ「さっそく楽しませてもらおう」ニヤァ

カカシ「相変わらず狭いなお前の中」グググ

サクラ「あぁ、うぅっ!?」ズルッ

カカシ「動くぞ」パンパンパン

サクラ「あぁんっ!?///」

カカシ「いい顔になってるぞサクラ」パンパンパン

サクラ「あっ///....んっ....」

カカシ「出るッ・・・」ドピュドピュ

カカシ「よし、じゃあなサクラ」

サクラ「・・・・」トローン

カカシ「この木の葉もつまらん里になっちまったなぁ・・・」

カカシ「なんだアレは!?」

カカシ「アレはまさか・・・>>25なのか」

二代目

カカシ「アレはまさか・・・二代目火影様!?」

カカシ「穢土転生なのか、確かめに行くしかない」シュッ

カカシ「二代目様!一体ここで何をしておられるのですか!?」

卑劣様「ん?ワシはここで>>30をしていただけだ」

ベクトル操作

カカシ(すまん、禁書ネタはよく知らんのだ・・・>>34

男漁り

卑劣様「ワシはイイ男を探すためにこの世に転生したのだ」

カカシ「そ、それはつまり」

卑劣様「よくよく見るとオヌシいい男♂だな」ニヤ

カカシ「や、やめ、アーーーーーッ♂」

卑劣様「逃げおるか!?小癪な!」

カカシ(このままでは確実に掘られる!誰か助けを!)

>>42「そこまでだ!」

カカシ「!?」

さすけ

サスケ「そこまでだ!カカシ」

カカシ「!?」

サスケ「残念だが、お前はここで卑劣様の肉便器になってもらう」

カカシ「クソッ・・・・」

卑劣様「サスケ、こやつの名は?」

サスケ「はたけカカシだ」

卑劣様「カカシィ!オヌシはワシの新しい肉便器だ!大人しく降参しろ!」

カカシ「簡単にやられてたまるか!神威!」

ちょっとだけ支援。

卑劣様「なんだとォ!?」シュルン

カカシ「やったか・・・!?」

卑劣様「いつからワシが本物だと錯覚していた?」

カカシ「影分身だと!?」

サスケ「こっちには幻術もある。大人しくしろ」

カカシ「だったら>>47だ!」

諦める

カカシ「もういい、お前たちの好きにしてくれ」

卑劣様「ほぅ?物分かりがいいではないか?」

カカシ「もう飽きたんだよ。いろいろ」

卑劣様「ヌホホホww。というわけで早速>>52をしてもらおう」

俺と仲良く

卑劣様「ワシと仲良くしてもらおう」

カカシ「え?肉便器にされるのでは?」ガクブル

卑劣様「まずはお友達からだ。否応にレイプしてはつまらんのでな」

カカシ「はぁ・・・」

卑劣様「オヌシはこの里についてよく知っているようだな。腹が減った。メシが食いたい」

カカシ「ならあそこだな」



カカシ「やっぱ一楽のラーメンはうまいな」

卑劣様「おぉ!これがラーメンなるものか!」

カカシ「知らないのですか?ラーメン」

卑劣様「火影という身故このような庶民の料理は食べられなかったのだ」ズルズル

カカシ(威厳がない火影様だなぁ)

卑劣様「おほほほ!ラーメンとは美味なものだな!」ズルズル

カカシ(後で肉便器にされると思うと微妙な気分だなぁ)

卑劣様「オヌシとは気が合いそうだ!」

カカシ(二代目ってのは厳格で冷徹な人だと聞いたが・・・)

卑劣様「昔と違って賑わっておるなぁ・・・」

卑劣様「ワシがまだ火影だったころは、この里もまだ不安定でな」

カカシ「そうだったのですか」

卑劣様「里の安永はワシの幸せだ」

カカシ(でもマスク取ってる間たまにすごい形相でこっち見てたな)ヒェ

卑劣様「次はどこを案内してくれるのだ?」

カカシ「なら・・・>>62

サクラの家

カカシ「サクラの家にでも行きましょう」

卑劣様「ほぉ、サクラとな?」

カカシ「俺の弟子です」



カカシ「ごめんください」

サクラ母「・・・!?カカシ先生!?カカシ先生ですよね!」

カカシ「ど、どうしたんですかお母さん?」

サクラ母「娘が・・・娘が行方不明で!もう一か月も姿を現してません!」ポロポロ

カカシ「」

サクラ母「どうか、どうか娘を・・・うぅ・・・」ガク ポロポロ

カカシ(あーあ)

卑劣様(何やら大変なことになっておるようだな)


ちなみにサクラはカカシにバラバラにされて神威異空間
エドテンされて監禁中という設定

ふむふむ

卑劣様「さっきのサクラとやら・・・」

カカシ「えぇ、一か月前に行方不明になったそうです」

卑劣様「探さぬでよいのか?」

カカシ「探すも何も、サクラは任務中に敵にバラバラにされて死んだので」

卑劣様「サクラとやらの母は知らぬようだが?」

カカシ「言ったら恐らく・・・今はこのままで」

カカシ(面倒だ)

卑劣様「そうか・・・オヌシもいろいろ大変だな」

最初に書いとくべきだったね
前作は
綱手「カカシ、今回の任務は>>3だ」 - SSまとめ速報
(http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1376233653/l50)

ナルト「」シュ

カカシ「どうしたナルト?」

卑劣様(こやつ・・・九尾の人柱力のようだな)

ナルト「カカシ先生ェ・・・サクラちゃんをどこにやったってばよ!?」ギロッ

カカシ「!?」

卑劣様(これが修羅場か)

カカシ「落ち着けナルト、いったい

ナルト「サクラちゃんをどうしたって聞いたんだってばよ!」

カカシ「・・・・サクラは>>72だ」

長い長いトイレ

カカシ「・・・サクラは、長い長いトイレに出かけたんだ」

ナルト「な、なんだって!?」

カカシ「アイツは便秘に悩んでいたんだ」

ナルト「そ、そうなのかってばよ?」

カカシ「あいつのボテ腹は任務の邪魔になると自分で悟ったんだろうな」

ナルト「そんな・・・・」

カカシ「だからアイツは、俺以外の誰にも別れを告げずに、過酷な道を進んだんだ」

ナルト「・・・・」

カカシ「アイツは長い長いトイレの果てにきっと何かを見つけるだろう」

ナルト「いつ、いつ帰ってくるんだってばよ!?」

カカシ「分からない。だがサクラは一生かかってでも治すと言っていた」

ナルト「サクラちゃん・・・」

カカシ「お前の義務は、サクラの帰りをいつまでも待ち続けることだ」

ナルト「・・・!・・・分かったってばよ」

ナルト「火影になっても、ジジィになっても、待ってるってばよ、サクラちゃん」

カカシ「よく言ったなナルト」

ナルト「おうよってばよ!」

カカシ「帰ってきたサクラに恥じぬよう、立派な火影になるんだぞ、ナルト」

ナルト「カカシ先生・・・!」

卑劣様(いい話だのぉ)

カカシ(ちょろいwww)

卑劣様(カカシのやつ、卑劣だのぉ)

ナルト「じゃあ行ってくるってばよ、カカシ先生」シュッ


カカシ「はー。疲れた突かれた」

卑劣様「オヌシ大物だな」

>>84「弟子を騙すとは、堕ちたなカカシ」

カカシ「お前は!?」

卑劣様(こやつ・・・!?)

綱手&シズネ

綱手「弟子を騙すとは、堕ちたなカカシ」

カカシ「つ、綱手様!?そんなハズ・・・!?」

卑劣様「五代目火影か」

綱手「私をナめるなよカカシ。お前がキレていつか私を殺すのは分かっていた」

綱手「雷切でフィストファックだと思っていたが誤算だったな」

シズネ「あなたを許しません、カカシさん!」

カカシ「クソが・・・・どうやって!?」

綱手「決まってるだろ?影分身だよw」

カカシ「で・・・俺をどうするつもりですか?」

綱手「いや別に。大体サクラ暗殺を頼んだのは私だしな」

綱手「唯一許せないのはお前がフィストファ

シズネ「綱手様っ!?」

綱手「なんだシズネ」

カカシ「神威!」

シズネ「」ブシャー

綱手「し、シズネ・・・?カカシお前!」

カカシ「煩そうだったので、殺したまでです」

卑劣様(卑劣だのぉ)

綱手「・・・!私は、お前を>>92する!」

レイプ

綱手「・・・お前を許さない!ここでお前をレイプする!」

カカシ「な、なんだって!?」

綱手「お前に会うときは常に玩具を持ち歩いているんだよ・・・」

カカシ「それはペニバン!?」

卑劣様(ほほぅ!?面白そうだ)

カカシ「神威!」

綱手「お前の写輪眼はすでに封印されている!」

カカシ「何っ!?」

卑劣様(なんというご都合主義・・・)

綱手「覚悟しろカカシェ・・・」

カカシ「クソ、捕まった!もうダメだ!?」

カカシ「二代目様!助けてください!」

卑劣様「面白そうだから嫌だ」

カカシ「はぁぁぁぁぁぁ!?」

綱手「挿れるぞ、カカシ・・・////」ズリュ

カカシ「ふぉぉぉお!?」

綱手「動くぞカカシィ・・・」パンパンパン

カカシ「うぉぉぉおおぉおぉ!?」

綱手「どうだカカシ?気持ちいか?」パンパンパン

カカシ「うぁぁぁぁぁぁ!」

卑劣様(ほお!!なかなかのヤり手だな五代目!)

カカシ「う・・うはぁ・・・」ムクムク

綱手「どうした?ちんちん勃ってきてるではないか?」ニヤァ

綱手「イイゾ・・・イイゾ・・・」パンパンパン

カカシ「う、出るぅぅぅぅ!?」ドピュドピュ

卑劣様(おぉ、これはなかなか・・・)

綱手「ハァ・・・ハァ・・・」

カカシ「」トローン

卑劣様(さて・・・・そろそろこの世から去るときか)

卑劣様(カカシ、感謝する。いいものも見せてもらった)

卑劣様(では置き見上げとして・・・・)

卑劣様(ワシの卑劣な時空間忍術を披露しようではないか)

卑劣様「卑劣の術!」ズォォォォ

綱手「こ、これは一体!?」

カカシ「!?」

卑劣様(この術は正に世界を変える術)

卑劣様(だが代わりにワシの存在は消える)

卑劣様(カカシ、いい師匠になるのだぞ)

ズォォォォ

カカシ「何が起こってるんだ!?」

卑劣様(兄者、こんな卑劣な術ばかり作って申し訳なかった・・・)

卑劣様(ではの、木の葉の里よ・・・・)

里民「まぶしぃ!?」

_______
____

カカシ「ナルト、サクラ、サイ、綱手様のところへ行くぞ」

ナルト「おう!」

サイサクラ「はい!」

綱手「ではカカシ班に任務を命ずる!今回の任務は砂隠れで戦闘中のガイ班の援護だ」

カカシ(なにか違和感があるような・・・・)

カカシ(ま、いいか)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom