光彦「今日こそコナン君を…コナンを殺りますよぉぉぉ!」(9)

光彦「コナン君、さようなら…後悔するならあの世でしてください」ジャカ

コナン「け、拳銃!?お前、それを何処で…?」

光彦「警視庁から頂戴したんですよぉ…。さぁ、もう逃げ場はありません!」

コナン「止めろ、光彦ッ‼早まるな!」

光彦「今更止めても無駄ですよ、コナン…いや、工藤新一‼」

コナン「!?」

灰原「貴方…それを何処で?」

光彦「と、言う事はやはりコナンは工藤新一なんですね」

コナン「…オメー、いつから気付いていた?」

光彦「君と最初に会った時から気付いていましたよ…。君の顔は、工藤新一と瓜二つでしたから!」

コナン「…」

光彦「さぁ、お喋りはここまでだ!死ねぇぇぇぇ‼」ジャカッ

灰原「!」

コナン「光彦、何故オレを殺そうとするんだ!?」

光彦「フッ…しらばっくれても無駄ですよ、工藤新一。色々なSSで博士と君が僕を殺しているということ…僕は知ってるんですから!」

コナン「な、何を言ってるんだ?」コンワク

光彦「死ねぇぇぇ‼」
ダダダダダ

コナン「止めろ、光彦‼拳銃を乱撃するな‼」

光彦「止めても無駄ですよぉぉぉぉ!」
ダダダダダ

灰原「きゃあ!」パシュッ

コナン「灰原!…まさかお前、撃たれたのか!?」

灰原「大丈夫よ、工藤君…少し擦っただけだから」ツー

コナン「でも、血が!」

灰原「私は良いから彼を止めて‼このままじゃ、彼はただの犯罪者になってしまうわ!」

コナン「灰原…ああ、分かったよ」

光彦「どうやら、灰原さんに当たってしまったようですね…ですが僕は、工藤新一に当たるまで銃の発砲は止めませんよ!まだまだ弾はありますからね!」
ダダダダダ

コナン「止めろぉ!」

光彦「死ねぇぇぇ‼」
ダダダダダダダダダダ

ゴメン、遅れた。
誰も見てないから大丈夫だと思うけど

灰原「止めなさい、円谷君っ!」

???「そこまでよ、円谷光彦‼拳銃を捨てなさい!」

光彦「誰だ!」

???「私よ、毛利蘭よ!忘れちゃったの?」

コナン「?!蘭…何で?」ポカン

蘭「決まってるでしょ、新一と哀ちゃんを助けに来たのよ!」

コナン「お前もオレの正体に…気付いてたのか…」

蘭「当たり前でしょ、幼馴染なんだから!」

光彦「おっと、蘭姉さんでしたか。まぁ良いでしょう…蘭姉さんも殺してやりますよぉぉぉ!」
ダダダダダ

蘭「!」サッ

灰原「あら、彼女流石ね…あれを避けるなんて」

コナン「ああ、流石関東一だよ…」

光彦「死ねぇぇぇ‼」
ダダダダダ

蘭「拳銃を捨てて!お願い‼」

光彦「捨てるもんかぁぁぁ!」
ダダダダダダダダダダ

蘭「そっちがその気なら…こっちだって!」
サッ カラテノカマエ

蘭「ハァァァァッ‼」ドゴォ

光彦「うわぁ!危ないですね…流石は関東一です」

コナン「光彦‼何故こんな事をするんだ!?」

光彦「決まってるでしょう…君を殺りたいからですよぉぉ!」

コナン「な、何故そんな事を言うんだ⁉オレ達少年探偵団は、仲間じゃねぇか!」

灰原「そうよ円谷君…私達は仲間…それに気付かせてくれたのは、貴方達でしょ‼なのにどうして…どうしてこんな事するの⁉」

光彦「仲間?笑わせないで下さいよ…僕の事を散々殺して来た癖に!だから、殺られる前に殺る。正当防衛です‼」

蘭「そんなのは、正当防衛じゃないわ!銃を乱射し、哀ちゃんを傷つけた…光彦君がしている事は、他のSSで貴方がされている事と大差ないわ!違う!?」

コナン「蘭…」

光彦「!」

コナン「灰原を刺した事は許してやる…その代わり、もう一度…もう一度仲間に戻ろう、な?」

コナン「それで良いか、灰原?」

灰原「良いわよ。…円谷君、もうこんな事はしないと誓って頂戴。お願い」

光彦「僕は…僕は、何でこんな、事を…!」

蘭「大丈夫、光彦君。間違いは誰にでもあるわ。ただ…同じ失敗や間違いを犯さなければ良いの…」

コナン「光彦、これからもよろしくな」

光彦「はい‼」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom