白坂小梅「ゾンビランドサガ?」 (63)

幸太郎「はい皆さんおはようございまーす!今日も元気に頑張りましょう!」

さくら「おはようございます・・・」

純子「おはようございます・・・」

愛「・・・・・」

サキ「チッ」

幸太郎「声が小さい!シャキッとせんかシャキッと!」

さくら「お、おはようございます!」

リリィ「おっはよー!」

ゆうぎり「おはようさん」

山田たえ「うあああああああああ・・・・・」

幸太郎「それでは本日のスケジュールを発表しまーす!」

さくら「はい!」

幸太郎「今日はモノホンのアイドルちゃん達とお仕事だよー!」

サキ「へー」

愛「そっか・・・」





愛「・・・・・へ?」

愛「い、今何て言った?」

幸太郎「ん?生娘のアイドルちゃんとお仕事ができるって言ったんだよ~?」


愛「あ・・・アホーーーーーーッ!!!」

バキィッ


幸太郎「ぐはぁッ!?」バタッ

幸太郎「」ピクピク

愛「ハァハァ・・・」プルプル

さくら「あ、愛ちゃんどうしたと!?」

サキ「あの日か?」

愛「違うわ!」

愛「いくら何でもハードル高すぎるわ!」

幸太郎「何が悪いんじゃ!?他のアイドルと面白おかしく喋って佐賀の魅力を伝えるだけじゃろがい!」

愛「それがハードル高いって言ってんのよ!下手したら相手のトラウマになるわ!」

幸太郎「ゾンビィバレしなけりゃよかろうが!」

愛「ぐぬぬ・・・」

リリィ「リリィは他のアイドルちゃんとお話ししてみたいなー」

さくら「こ、これもアイドルとして大切なこと・・・だよね」

純子「私はちょっと怖いです・・・」

サキ「ビビってちゃなんも始まんねーぞー」

ゆうぎり「そうどすなぁ」

山田たえ「うあああああああああ・・・・・」

愛「うっ・・・」

幸太郎「よっしゃ決まりじゃあああああ!!!頑張れよ!」

愛「はぁ・・・で、どんな子が来るの?」

幸太郎「それでは手元の資料をご覧ください」

さくら「何ももらってませんけど・・・」

幸太郎「そりゃ今から配るからな!ほれ!」バサッ

愛「こいつ・・・どれどれ・・・」ペラ

~数日後~

珠美「ふぃ~やっと着きましたね!」

小春「ヒョウ君も待ちくたびれてましたよ~」

菜々「うう・・・酔ったかも」

小梅「ここが・・・佐賀県」

P「おーい!」タタタ・・・

菜々「あ、プロデューサーさん、どこ行ってたんですか?」

P「すまんすまん、ちょっと向こうのプロデューサーに連絡をな」

小春「一緒に仕事するローカルアイドルさんたちの・・・ですよね」

小梅「どんな人・・・なのかな」

P「ちょっと準備に手間取っててな、大急ぎで来るそうだ」

珠美「そうなんですか」

菜々「・・・・・」ソワソワ

珠美「菜々さん?どうしました」

菜々「あ、いえ・・・大丈夫ですよ」

小梅「・・・?」






菜々(何でしょうこの感じ・・・あの子が死んだときみたいです)

ブオオオオオオオオン!!!

P「お、あのワゴンかな?」

菜々「随分荒っぽい運転ですね」

小梅「でもあのままだと・・・」



ドンガラガッシャーン!


小春「あ!盛大にスリップしました!」

珠美「やっぱり・・・」

シュウウウウウウウウウ・・・・・

珠美「だ、大丈夫なんですかあれ・・・」


ウーンイテテ・・・

チョット! ナニジコッテンノヨ!

オマエラガイソガセルカラジャロガイ!

小春「何か聞こえてきますよ」

P「どうやら無事のようだな・・・」

バコン!

菜々「あ、誰か出てきますよ!」


山田たえ「・・・・・」


珠美「あの人が今日一緒に仕事するアイドル・・・?」

小春「こんにちは!」


山田たえ「うあああああああああ・・・・・!!!!!」ガクンガクン

小梅「!」

さくら「た、たえちゃん落ち着くっちゃ・・・」ガシッ

山田たえ「うあああああああああ・・・・・」

小梅「・・・・・」

ヒョコッ

リリィ「あー!あの人たちが今日一緒に仕事するアイドルかな?」

サヤ「あー、多分そうじゃねーの?」

ゆうぎり「うふふ、皆さん可愛らしいどすなぁ」

純子「そうですね・・・」

愛「・・・・・」

菜々(あれ、あの子・・・)


ガバッ


幸太郎「これはこれは346プロの皆さん、遅れてしまい申し訳ありません」

珠美「何かカッコ良さそうな人出てきましたよ」

P「あ、いえ・・・」

幸太郎「私は彼女達「フランシュシュ」のプロデューサーを務めています、巽幸太郎です」

P「あ、これはどうも・・・私は346プロのプロデューサーで・・・」

幸太郎「今日はよろしくお願いしますね」

P「あのそれよりケガは・・・」

幸太郎「あ、全然大丈夫っすよ、皆さん丈夫さだけが取り柄なんで」

サキ「おい」

愛(そりゃゾンビだからね)

リリィ「大変だったんだよー!車の中でバラバラになっちゃって・・・」

小梅「え・・・」

さくら「そ、そのくらい激しく揺れたってことですよ!」

小梅「ふーん・・・え?」

菜々「どうしました小梅ちゃん?」

小梅「いや、別に・・・」





小梅(あの子がざわついてる・・・まさか)

スタッフ「プロデューサーさん達、ちょっといいですかー?」

P「おっと呼ばれてるな」

幸太郎「いいかお前ら!ちょっと大人しくしとるんやぞ!」

タタタ・・・




さくら「は、はい!」

小梅「行っちゃった・・・」

珠美「そちらのプロデューサーさん、中々個性的ですね」

愛「ただの変人よあんなの、そっちのプロデューサーもなかなかじゃない?頭がPって・・・」

さくら「あ、愛ちゃん・・・」


菜々「愛ちゃん!?まさか水野愛ちゃんですか?」

愛「!?」

小春「水野愛ちゃんさん・・・ですか?」

菜々「2000年代のアイドル戦国時代でトップクラスの人気を誇ったアイドルグループ、『アイアンフリル』のメンバーですよ」

小春「へ~」

愛「・・・・・」

菜々「でも彼女は事故でお亡くなりになってるはずですが・・・」

小梅「え・・・」

愛「そ、それは・・・」

菜々「むむむ、もしかして愛ちゃんも永遠の17歳に・・・」

愛「はぁ?」

リリィ「あはは!いるよね!そういう痛い設定つけた人」

菜々「設定じゃありません!」

ヒョウ君「グルルルル・・・」フシュー

山田たえ「うあああああああああ・・・・・」フシュー

小春「ど、どうしたんですかヒョウ君・・・?」

純子「最近はこういうペットもいるんですね・・・」

ゆうぎり「ごつい蜥蜴でありんすなぁ」

リリィ「かっわいー!」ナデナデ

ガブッ

リリィ「あ・・・」

ブチッ!

ボトッ

小春「う、腕が・・・」

珠美「もげた・・・」

菜々「こ、これは一体・・・」

小梅「・・・・・」


リリィ「え、えっとこれはね・・・」

サキ「て、手品だよ手品!」

小梅「手品?」

純子「そ、そう手品なんですよ!」

愛「今の時代一芸ないと生き残れないからね」

珠美「そ、そうですね・・・」



幸太郎「おいお前ら!」

P「始まるぞー!」



さくら「ほ、ほら呼ばれてる、行こう!」

菜々「はぁ・・・」

その後も、仕事は順調に進み・・・


ゆうぎり「こちらが佐賀名物の・・・」

菜々「美味しいです!」



リリィ「へぇ、最近は小学生のアイドルも増えたんだ」

小春「はい!」


アイドル達はすっかり打ち解けていた

スタッフ「お疲れ様でしたー」


P「皆お疲れ、これウチで販売してるエナジードリンクなんですがどうぞ」

幸太郎「これはこれはどうも」ゴクゴクプハー


サキ「ウチらって栄養ドリンク飲んでええのか?」

愛「さぁ?」

幸太郎「その調子で明日もよろしく頼むぞ!」

P「おっと。ちひろさんに明日来る子の確認を・・・」ピポパ




さくら「また誰か来ると?」

小春「はい、もっとにぎやかになりますよ!」

ゆうぎり「お宅んトコそんなにおるんか?」

菜々「まぁ100人以上いますからね」

純子「ひゃ、ひゃく・・・」

愛「346は所属アイドルの数だけは凄いからね・・・」

サキ「何だ、知ってたのかよ」

愛「いや、昨日ネットで見た」


P「おーい!ホテル行くぞー!」


菜々「はーい!」

珠美「それじゃ、明日もよろしくお願いしますね」

さくら「よろしく!」

小梅「・・・・・」

~その夜、ホテルにて~

小梅「確かこの部屋・・・」

菜々「しかし小梅ちゃんがあの子達とパジャマパーティーしたいなんて意外ですね」

小梅「うん、ちょっと気になることがあってね」

小春「気になることですか?」

珠美「しかし向こうのプロデューサーさんが夜は会っちゃいけないって言われてるんですけど・・・」

小梅「うん、だからちょっとだけ・・・」ガチャ

小梅「よし、鍵はかかってない」

小梅「お邪魔します・・・」

シーン・・・

小春「誰もいませんね」

菜々「お風呂でしょうか?」

珠美「一緒に入りたかったですね、でも皆さんスタイルよかったなぁ・・・」ハァ


モゾモゾ・・・


小梅「ん?」


ムクッ


山田たえ「・・・・・」

菜々「あ、山田さん」

小春「こんばんわです」


山田たえ「う、ううううう・・・・」

珠美「え?」






山田たえ(ノーメイク)「ヴぁああああああああああああああああ・・・・・・・」ボーン


菜々・珠美・小春「「「ひえええええええええええええ!!!」」」

小梅「おお~」キラキラ

菜々「ななな何ですかアレ!?」

小春「顔色が悪くなってます・・・」

珠美「あれはまるで・・・」


小梅「ゾンビだぁ♪」


山田たえ「ヴぁああああああああああああああああ!!!」バッ

珠美「くっ!」


ガキィン!

菜々「珠美ちゃん!」

珠美「売店で木刀を買っておいてよかったです、しかし・・・」


山田たえ「うあああああああああ・・・・・」ギリギリ

珠美「すごい力です、まるで人間じゃないような・・・」

ガチャ


さくら?「あれ?小梅ちゃん達、どうして・・・」

菜々「あ、さくらちゃん、大変!」

小春「やまださんがゾンビに・・・」


さくら(ノーメイク)「ええ!?」

サキ(ノーメイク)「おいどうした!」

愛(ノーメイク)「一体なんの騒ぎ?」

純子(ノーメイク)「ど、どうしました?」

リリィ(ノーメイク)「あ、こはるちゃん達だ!」

ゆうぎり(ノーメイク)「夜這いでありんすか?」


菜々・小春・珠美「「「ひゃああああああああああああああああああああ!!!!!」」」ガクガク

小梅「わぁ、やっぱりみんなゾンビだぁ♪」

さくら「あ・・・」

愛「これってまずいんじゃ・・・」

サキ「ああそうだ!ウチらぞんびじゃい!」

純子「えっ、言っちゃうんですか?」

サキ「もうここまで来たら隠す意味ねーだろ」

ゆうぎり「まぁ確かに・・・」

小春「ほ、ホントにゾンビ・・・」

リリィ「だ、大丈夫だよ!リリィ達人襲ったりしないから!」

珠美「ほ、本当ですか・・・?」

山田たえ「うあああああああああ・・・・・」ギリギリ

珠美「これは襲っているといえるんじゃないですかね・・・木刀折れそう」ブルブル


サキ「おいやめろたえ!そいつは珠美だ!」

山田「うああ・・・」スッ

小梅「あ、離した」

菜々「ちゃんと意思疎通はできるんですね・・・」

小梅「それで、あなた達はいったい・・・」

さくら「それは・・・」


~説明後~

さくら「って事があって・・・」

珠美「本当に皆さん一度死んでゾンビになったんですね・・・」

さくら「そん時のことはあまり覚えてないから曖昧だけんどね」

純子「でもいいんでしょうか、幸太郎さんに黙って・・・」

サキ「いいんじゃね?さっきチラって見たけどアイツ向こうのPと酔いつぶれて寝てたし」

愛「・・・・・」

菜々「じゃああなたは本当に・・・アイアンフリルの水野愛ちゃん、なんですね」

愛「・・・ええ、そうよ」

菜々「あのライブの時雷が直撃して壮絶な死を遂げたことで話題になりましたよね」

珠美「何ですかそれ!?カッコ良すぎじゃないですか!」

愛「やめてよ・・・」

愛「でもあなた詳しいわね、もう10年も前のことなのに・・・」

菜々「え、ああまぁ子供の頃からアイドルに憧れてましたから・・・」ハハハ


純子「・・・・・」ジー

菜々「ど、どうしました?」

純子「あなた、どこかで・・・」

菜々「え?」

さくら「純子ちゃんの知り合いなの?」

愛「いやいやそんなわけないでしょ、純子が死んだの昭和なんだから」

珠美「菜々さんは17歳ですしね」

純子「やはり気のせいですか・・・」

菜々「そ、そうですよ!アハハ・・・」










純子(菜々さん・・・一緒にアイドル目指した子にそんな人がいたようないなかったような・・・)

菜々(純子ちゃんってやっぱりあの純子ちゃん・・・?)

小梅「それにしても、本当にゾンビがいるなんて・・・」

山田たえ「うああ・・・」ガブガブ

ヒョウ君「」

小春「ひょ、ヒョウ君を食べないでください~」オロオロ

小梅「い、一緒に写真撮っても・・・?」



愛「・・・変わってるわね、あの子」

菜々「ま、まぁ・・・」

さくら「そういうわけで、ウチらゾンビとして、アイドルとしてこの佐賀をもりあげていくとよ!」

珠美「そうなんですか・・・感動しました!」

小春「また明日も頑張りましょうね」

リリィ「うん!」

山田たえ「うあああああああああ・・・・・」

~翌日~

幸太郎「ほんじゃお前ら!今日もきばって頼むぞ!」

さくら「は、はい!」

リリィ「今日来る子ってどんな子かな~」ドキドキ

小春「り、リリィちゃん!心臓飛び出てますよ!」

リリィ「おおっと・・・」

~一方その頃~

拓海「ついに来ちまったぜ・・・姉御の聖地に!」

芳乃「姉御~?」

拓海「まぁアタシは会ったことねーんだけど・・・かつて九州制覇を成し遂げた伝説暴走族の眠る地なんだ!」

芳乃「それはそれは~」

ありす「それもいいですけどちゃんと仕事に集中してくださいよ」

拓海「わかってるっつーの」

ありす「しかしフランシュシュ・・・最近ちょっとだけ話題になってる佐賀のローカルアイドルですか」

拓海「もう調査済みかよ・・・」

芳乃「あ、菜々さん達がいたのでしてー」





菜々「あ、皆さん来たみたいです」

サキ「あいつらか・・・」

拓海「うーっす」

芳乃「お待たせしたのでしてー」

ありす「そちらが・・・」


珠美「はい!フランシュシュの皆さんです!」

さくら「きょ、今日はよろしくお願いします!」

拓海「おうよろしく・・・って!?」

サキ「あ?何だよガン飛ばして」

拓海「アンタまさか・・・二階堂サキか!?」

サキ「え・・・」

拓海「いやまさかな・・・姉御はもう死んで・・・」

菜々「こっちが愛ちゃんで、こっちが純子ちゃんです!」

ありす「橘です、よろしく・・・って愛さんってまさか!」

愛「え?」

ありす「10年前壮絶な死を遂げたアイアンフリルの水野愛さん!?」

愛「え、えっと・・・」

ありす「ネットで調べたことがあります、それに純子さんといえば昭和を代表するアイドルの1人では・・・」

純子「あ、あの・・・」

ありす「それにこっちは天才子役の・・・」

リリィ「えへへ~」

拓海「おい、これはどういうことだよ!」

小春「そ、それは・・・」

小梅「今日の夜、パジャマパーティーすればわかるよ」

拓海「はぁ?」

芳乃(この方達からは死の香りがするのでしてー、まさか・・・)

~その夜~

小梅「ほらこっちこっち・・・」トテトテ

ありす「勝手に会っていいんですか?向こうのプロデューサーさんに怒られますよ」

拓海「まぁいいじゃねーの?ウチのプロデューサーと飲んでたし」

菜々「ほらこの部屋ですよ」

芳乃「早速入るのでして~」

ガチャ

菜々「こんばんわ~」

小梅「遊びにきたよ・・・」


山田たえ「・・・・・」


ありす「あ、山田さん・・・」

ありす(この人一切喋らなかったけど、どんな人なんだろ)


山田たえ「う、うう・・・」

拓海「え?」




山田たえ(ノーメイク)「うあああああああああああああああああああああああ・・・・・・・」

ありす・拓海「「ひゃああああああああああああああああああああ!!!!!」」

芳乃「やっぱり・・・」

小梅「その後、リリィちゃん達もやってきて更に驚いた3人だったけど・・・」


拓海「さっすが姉御!死すら乗り越えるなんて!」

サキ「ハハハハハ!!!まーな!!!」


愛「液晶タブレット・・・」

純子「屋敷のパソコンよりも小さいです・・・」

ゆうぎり「進化って凄いでありんすなぁ」

ありす「そうですか?普通だと思いますけど」


小梅「まぁすぐに慣れました」

~それから~

小梅「ねぇプロデューサーさん」

P「ん?」

小梅「また機会があったら、あの子達と仕事したいな・・・」

P「随分仲良くなったんだな」

小梅「うん、今度は幸子ちゃんや輝子ちゃんも一緒に・・・」

さくら「幸太郎さん、またあの子達と仕事できませんかね?」

幸太郎「そうじゃろ!お前らゾンビィになってよかったじゃろ!」

愛「それはどうかな・・・」

幸太郎「しゃああああああああ!!!こっからアイドル界の頂点目指すぞおおおおおおお!!!」

サキ「おう!」








ゆうぎり「しかしあの菜々って子、どこかで・・・」


~おわり~

これで終わりです

ゾンビランドサガ・・・ゾンビにも希望があったいい作品ですね

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom