本編見たこと無い奴が書くまどマギ安価スレ(37)

まどか「ティヒヒヒ!私、まどか!特徴もない女子中学生!」

さやか「私はさやか!決め台詞は『私ってほんと馬鹿』!」

まどか「タイトルの通り本編見たこと無い>>1がSSとか知人の話で仕入れた知識のみで安価SSを書くよ!」

さやか「よしじゃあ>>2をしよう!」

まどか「そうだね!ティヒヒヒ!」

ホスト狩り

さやか「ホスト狩りしようよ!」

まどか「私知ってるよ!さやかちゃんは恋愛が上手くいかない時に屑みたいなホスト達を見て闇落ちしちゃうんだよね!」

さやか「というわけでホスト狩りじゃあああああああ!!!!」

まどか「ティヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!!」

路地裏

ホスト「はあ、今日も疲れた……早く家帰って糞して寝よう……」

まどか(さやかちゃん!さやかちゃん!ホストが歩いてくるよ!)ヒソヒソ

さやか(善良だろうと何だろうと関係無い!ホストである時点で悪だ!>>5で地獄の制裁だ!!)ヒソヒソ

まどか(ティヒ!!)

マミさんの友達にする

まどか「そういう訳でマミさんよろしくお願いします!」

マミ「……なんで私と友達になることが地獄の制裁になるのかな?」

さやか「そりゃあマミさんみたいな根暗と友達になるとか絶対にろくなことありませんもん!」

マミ「泣くわよ?」

まどか「まあまあ、可愛い後輩の頼みですよ?」

マミ「厚かましさMAXね……絶対に嫌よ」

さやか「言うこときいてくれたら>>7をあげちゃいますよ?」

一日友達券

さやか「ホストを不幸にするためなら私が犠牲になっても構わない!」キリッ

まどか「さやかちゃんカッコいいよ!!」キャイキャイ

マミ「……貴女たちみたいな酷い人たちと友達になるなんてこっちからお断りよ」

さやか「そうやって偉そうな態度だから友達の一人も出来ないんですよ。やーいボッチー」

まどか「ボッチー」

マミ「……」グスッ

ホスト「おいおい、陰湿な真似してるんじゃないよお嬢ちゃんたち」

さやか「あ゛っ!?」

まどか「ティヒヒヒ!向こうから絡んでくるとは予想外だよ!」

ホスト「ほら、ハンカチ使いな。せっかくの綺麗な顔が台無しだぜ?」スッ

マミ「……ありがとう…ございます」

さやか「チッ!やっぱりマミさんなんかに協力を頼んだのが間違いだった!」

まどか「さやかちゃん!ここは>>10に作戦変更だよ!」

>>1に戻ってやり直す

まどか「ここは一時退散だよ!ティヒ!」ダダダダッ

さやか「……仕方ないか。命拾いしたな、貴様!」ダダダダッ

ホスト「……最近の女学生は随分とエキセントリックだなぁ。君、大丈夫かい?良かったら家の近くまで送るけど」

マミ「え、えぇ……///」ポッ

さやか「くっそー!マミさんが恋愛フラグを立てただけとか凄い時間を無駄にしてしまった!」

まどか「気持ちを切り替えて今度は>>13をしよう!」

さやか「オーケー!」

甲子園出場

まどか「甲子園出場を目指すよ!」

さやか「流石まどか!目標のスケールが違うね!」

まどか「夢にときめけ!明日に煌めけだよ!」

さやか「絶妙に古いね」

まどか「早速野球部に入部しにいこう!」

グラウンド

野球部主将「うーん、うちは今まで女性部員がいたこと無いからなぁ……マネージャーならともかく……」

まどか「どうしても甲子園に行きたいんです!」

さやか「オネシャーーース!!」

野球部主将「いや、甲子園は高校生の大会だよ?」

まどか「そこをなんとか!!」

野球部主将「なんとかって言われても……」

さやか「こうなったら>>17だ!」

色仕掛

さやか「うっふ~ん、ねぇ入れてよぉ♀」クネッ

まどか「流石さやかちゃん!体を張るね!私は絶対にやらないけど」

野球部主将「>>19

じゃあそっちの子だけついてきてよ

野球部主将「なんとなくイラっときたから君は駄目ね、そっちの子はいいよ」

さやか「はあっ!?てめぇ人のセクシーポーズ見といて対価を払わねえとはいい度胸じゃねぇか!」

まどか「キャプテンに不遜な態度をとるな!この俗物が!!」

さやか「まどか!?貴様、裏切りおったな!」

まどか「ごめんねさやかちゃん、甲子園への切符は一人用なんだ!ティヒ!!」

さやか「おのれえぇぇぇ……こうなったら>>21してやる!!」

キャプテン以外を落とす

屋上

野球部員A「どうしたんだ?突然呼び出して……」

さやか「あ、あの……///実は…………好きです!付き合ってください!!」

野球部員A「ええっ!?(屋上って時点で何となく想像はついていたけど……よっしゃ!嬉しいぜ!)」

さやか「隙有りっ!!オクラホマ・スタンピードだっ!!!」グイッ ブンッ!!

野球部員A「……はぁっ?」ヒュゥゥゥゥゥ

地面『待ってたぜ』

グシャアアアアアアアアアアッッッッ

まどか「ティヒ!」ビュンッ!

野球部主将「おおっ、なかなか良い肩してるな」パシッ

マネージャー「キャプテン!大変です!」

野球部主将「どうしたマネージャー」

まどか「どうしたマネージャー?」

マネージャー「部のみんなが屋上から転落して中庭で死屍累々です!」

野球部主将「何ィ!?」

まどか「ティヒィ!?」

野球部主将「明日は大事な試合があるんだぞ!?みんなは大丈夫なのか!?」

マネージャー「一人残らず全身粉砕骨折しました!」

野球部主将「ぐっ……!」

さやか「フッ、お困りのようだね」ニヤッ

野球部主将「き、きみは……」

さやか「必要ならこのさやかちゃんの力を貸してやるぜ?」

まどか(もしやさやかちゃんが犯人なのでは……?だが証拠も無いし猫の手も借りたいのも確かだ……)

野球部主将「ぐぬぅ……背に腹は代えられん。頼んでいいか?」

さやか「条件付きだ。>>26をもらうぞ」

トップバッター

さやか「トップバッターの座を私に献上するのだ」

野球部主将「まあそれぐらいなら構わないが……しかしまだまだ人数が足りてないぞ」

まどか「キャプテン!私に名案があります!」

野球部主将「聞かせてくれ」

まどか「>>28すればいいんですよ!」

魔法で治す

まどか「魔法で治せばいいんですよ!ね!さやかちゃん!」

さやか「断る」

まどか「ああん゛っ!?どうして!?」

さやか「気分が乗らない(奴らが意識を取り戻したら私が入部できなくなっちゃう!)」

野球部主将「魔法……?寝言は寝て言ってくれ。ああ、どうすればいいんだ!?明日の試合は負けるわけにはいかないのに……」

さやか「どうしてそこまで拘るんですか?大会ってわけじゃないですよね?」

野球部主将「ああ、明日の試合に負けたら我々野球部は>>30することになってるんだ……」

スカートめくり

野球部主将「相手の学校とはライバル関係でな。毎回罰ゲームを決めて試合してるんだが……今回はスカートめくり……!最悪警察沙汰になるかもしれない恐ろしい罰ゲームなんだ……!」

さやか「男子ってほんと馬鹿」

まどか「となると今から助っ人を集めるしかないですね」

野球部主将「ああ、俺も知り合いに頼んでみるから君たちも手伝ってくれそうな人がいるのなら頼むぞ!」ダダダダッ

まどか「ティヒヒヒ!面白くなってきたね!」

さやか「よーし、じゃあ早速>>32に声をかけてみよう!」

マミ杏子

まどか「マーミーさーん、あーそびましょー」ピンポン ピンポン

さやか「いるのは分かってんだぞ!ゴラァ!」ガンガンガンッ!

マミ「」ブルブルブル

まどか「ティヒ!居留守とは小賢しい手を!」

さやか「こうなったら火でもつけて……」

杏子「……お前ら、何やってんだよ?」

まどか「杏子ちゃん!いいところに!」

さやか「野球しようぜ!」

杏子「はあ?なんで私が誰がお前らなんかと……」

まどか「ティヒヒヒ!やってくれないと>>35しちゃうよ!」

全裸ダンス

まどか「やってくれないと全裸ダンスしちゃうよ!」

杏子「……勝手にやってろよ。馬鹿どもが」

さやか「あっ…………行っちゃった……」

まどか「……仕方ない。全裸ダンスするよ、さやかちゃん」

さやか「えっ……?やだよ……恥ずかしいし……」

まどか「一度宣言したことを覆すわけにはいかないでしょ?……ほら、がに股になってアへ顔で恥ずかしいダンスを踊るんだよ……」

さやか「嫌……嫌……!」

>>37「待ちな」

ホスト

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom