オーク「安価でハーレム」魔法使い「はもう達成したので」幼馴染「魔王城目指そう!」 (17)


(安価のルール)
展開に無理がある場合や鬱展開(NTRなど)は安価下
連投で安価取るのは30分経ってからでないと安価下
ちなみに流れ次第ではエロもあるけど多分そこまでエロくない


前スレ
 

 
【キャラクター紹介】

(パーティーメンバー①)

オーク

「成年するまでに雌を孕ませられなかった者は追放」という村の『掟』により、追放されかけていたオーク族の青年。
長老の計らいにより、「自分を受け入れてくれる雌を5人ほど連れて来た上で童貞を卒業」出来ていればいいことになった。
村では一番強いものの、純愛志向のために無理矢理女の子を連れてくることが出来ず、最近まで童貞だったが、闇エルフとの性交により無事卒業。
オーク族でありながら魔法の扱いにも長けており、火属性の魔法が得意。
風の魔石の力を借りて風を操ることも出来る。
武器は女騎士からもらった銀の斧に、魔法使いが防御魔装を施し、女オーガがミスリルを使って鍛え直したものを使っている。
実は先代魔王と勇者の血を受け継いでおり、現在の魔王が秘宝を集めている真意を確かめるべく旅を始めた。


幼馴染

幼い頃からオークと仲の良いオーク族の女の子。
オークと冒険に行くことが目的で強くなり、村ではオークの次に力が強い。
この世界のオーク族♀の容姿は普通の人間に近く、違う点はやや肉付きが良いことと、耳や尻尾が生えているところ。
闇エルフから諭され、3人目のハーレムメンバーになることを決意する。


女騎士

王都の騎士団に所属する騎士。
多数の山賊に襲われているところをオークに助けられたことから彼を英雄視しており、オークについて侮辱されると激怒する。
オークに度々アプローチをかけようとしてはヘタレていたが、覚悟を決めて4人目のハーレムメンバーとして処女をオークに捧げた。


闇エルフ

褐色の肌に銀髪の、闇エルフ族の女性。
オーク族の秘宝である「魔石の戦斧」を手に入れるため、長老をさらった犯人。
誘拐の罪を許し解放してくれたオークの強さと人柄に惚れ込んで、1人目のハーレムメンバーとなった。
 


(パーティーメンバー②)

魔法使い

黒髪セミロングの可愛らしい女の子だが、闘技場で何度も優勝している実力者。
詠唱を速める杖を操り、身体能力も高い。
闘技場の常連になっていたのは、魔法の研究素材を採取しに行く際のパートナーを探すためだった。
オークの強さと誠実さを認め、素材採取に同行してくれるよう頼み込む。
死霊の森でオークに命を救われ、ハーレムメンバーの2人目となる決心をした。


女吸血鬼

色白で赤い長髪の女ヴァンパイア。純血種ではないらしい。
言葉遣いは乱暴だが美人で、年齢は500歳を超えている。
貴族や豪商から宝石を盗んでいた盗賊団のリーダーで、王都から南にある岩山にアジトを築いていた。
実は略奪行為は孤児を養うためであり、一度は捕らえられたが、事情を知ったオークの説得により、働いて子供たちを養うことを決めた。


不死王

金冠を被り、豪奢なローブに身を包んだ妖艶なノーライフキングの女性。
生前は死霊術の得意な魔術師だったが、故郷を追われて旅に出る。
やがて魔族の住む地に移り住むが、やっと見つけた居場所や友人を内戦で失い、絶望の果てに強大な力を持つ不死者として蘇った。
オークの祖父である勇者は彼女の弟である。


女怪盗

一般公開されている旧王宮で出会った女性。
厳重に警備された宝を盗み出すのが趣味の怪盗。
旧王宮に展示されていた宝石を盗み出したが、オークに捕らえられて宝石を返した。
オークとともに犯罪者を捕らえる楽しみを知り、趣味の盗みは休止中。


疾風のカルラ(天狗♀)

魔王軍幹部である六魔将の一人で、風を自在に操る強大な力を持った天狗。
茶髪のショートカットで、背中には黒い翼が生えており、山伏風の恰好をしている。
先代魔王と勇者の血統であるオークの潜在能力を評価しており、魔王軍との良好な関係を築くべく、オーク一行の旅に同行している。
 


(王都に住むキャラクター達①)

エルフ

王都の食堂で働く、明るいエルフ族の少女。
女騎士の命を救い、闘技場で魔法使いを倒したオークを尊敬している。
食堂が休みの日などは、騎士団の救護所を手伝っている。


女戦士

やや露出の多い鎧に身を包んだ金髪で男勝りの女戦士。
大剣を軽々と操る怪力の持ち主で、本気の手合わせを経てオークと意気投合。
騎士団に所属していたこともあるが、自由を求めて退団し、冒険者ギルドの仕事をして稼いでいる。
面白い仕事を見つけ、オークと二人で暴れ回るのを楽しみにしている。


死霊術師

死霊の森に住んでいた黒いローブを着た小柄な少女で、何かの骨で作られた首飾りを掛けている。
死霊術の天才で、魔獣のゾンビ「ポチ」と暮らしていたが、現在は魔法使いの家に居候中。
鞄の中に入れた人の頭蓋骨を使い、死者との交信が出来るだけでなく、ドラゴンゾンビすら「おともだち」にした。
死霊術以外の一般的な魔法はあまり知らないようだ。


ポチ

死霊術師と仲の良い魔獣のゾンビ(♀)。
オーク達と出会った当初は獣の姿だったが、浄化される危機を救ったオークに対する感謝の気持ちにより、耳と尻尾が獣の人型状態になった。
短髪美乳で、肘と膝より先はモコモコの毛皮に包まれていて、全身には魔力を循環させる為の文様が浮かんでいる。
 


(王都に住むキャラクター達②)

魔女

魔法使いの師匠で、超グラマーな25歳の若き天才。
オークの纏う、特殊なマナの色に興味を持つ。
オークの回復魔法が上達するよう指導した。

 
シスター

王都聖教会に所属する聖職者。髪型は栗毛のセミロング。
アンデッドを憎み、ポチを浄化しようとしたが、後に和解。
オークと女怪盗の山賊討伐に同行し、卑怯な盗賊に人質にされかけるが、オークの手で助けられる。
教区長に捕まり生贄にされかけた際にもオークに救われ、彼に好意を抱くようになる。


単眼娘

単眼単角で色白な容姿の、どことなく儚げな印象を受けるサイクロプス族の少女。
王都の工房で鍛冶師見習いをしている。
追い剥ぎにミスリルを奪われ、倒れていたところを騎士団の救護所に運ばれてオークに助けられた。


女武道家

湖の異変を調査中に出会った武道家の女性で、王都に道場を開いている。
魔獣の襲撃から救ってくれたお礼として、オークに気功を使った防御術を教えた。
 

女召喚士

湖の近くで召喚術の実験をしていた少女。
異変の原因を作ってしまったが、オークに諭されて村長に謝るなど、気弱だが根は素直な良い子。
 


(魔王軍)

魔王

大きな角と虹色の目が特徴である男装の麗人。
部下に命じて秘宝を探させているが、その目的は不明。


獄炎のラーヴァ(ラーヴァゴーレム♀)

魔王軍幹部の六魔将の一人。秘宝を狙ってオークの村を襲った。
性格は好戦的で、溶岩から生まれた肉体は強烈な熱気を放っている。


水底のフレイア(マインドフレイア♀)

魔王軍幹部の六魔将の一人。魔法や触手を使った精神操作の術を得意としている。
オークを「イカ」にして夫婦になることを望んでいる。


常闇のベアトリス(バックベアード♀)

六魔将の一人で、一つの街から住民全てを消し去るほどの力を持つ単眼の少女。
潜在的な能力は六魔将でも随一だが、精神的に幼く、不安定な部分も多い。
いつも抱いている黒いぬいぐるみ「ベアードくん」は魔王からもらったもの。


地裂のオルガ(女オーガ)

王都で工房を開いている長身巨乳なオーガ族の女性。
鍛冶の腕は確かだが、肌を露出しただらしない服装で弟子に注意されることが多い。
正体は魔王軍幹部の一人であり、その怪力は六魔将でも並ぶ者がない。


堕光のエンゼラ(堕天使♀)

六魔将の一人で、褐色の肌に金髪の堕天使。
目的のためなら手段を選ばない危険な性格。
 


今回は続きの投下なしで申し訳ない
前スレでキャラ投票やるのでハーレム加入して欲しいキャラやエロが見たいキャラにエロき一票をお願いします
 


(フレイアの身体に雷が驟雨の如く打ち付ける)

フレイア「ぁぐ…ぅ…っ!」

フレイア(私としたことが…油断してイた…)

フレイア(秘宝かラ出た魔力の渦に気配を隠していタとは…)

(力なく倒れ伏すフレイア)
 


(頭と手以外は霊体で形成された禍々しい怪物が姿を現す)

強化悪霊「フヒフヒィ…秘宝に目がくらみやって来たか…身の程を知れ」

強化悪霊「長い年月をかけて秘宝から溢れた魔力を吸収し続けた我に敵うものか」

強化悪霊「もはや大魔法を浴びせるまでもない…」

(悪霊の周りに魔力が集中していく)

フレイア(もウ…逃げる力も…なイ…)

強化悪霊「電撃魔法!」

(瀕死のフレイアに無慈悲な一撃が放たれる)
 


オーク「フレイア!」バッ

フレイア「……っ!?」

(魔法が直撃する前に、追いかけてきたオークがフレイアを抱き上げて避ける)

強化悪霊「ぬぅぅ…邪魔が入ったか」

強化悪霊「良かろう…まとめて始末してやるわ」

カルラ「そうはさせんで!骸骨オバケ!」バッ

女怪盗「戦闘でも役に立つってとこ、見せないとね!」ババッ

不死王「ふふふ…私も頑張っちゃうわよぉ…」シュルッ


1 戦闘は3人に任せてフレイアの治療に集中する
2 まずは全力で敵を倒す
↓+2

※引き続き前スレで投票受付中ですのでよろしくお願いいたします
 

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom