雪那「夜見!夜見は居るか!」[刀使ノ巫女SS] (16)

アニメ本編終了時に夜見が生き残っていたら高津学長はどうなっていたか?という話

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534065749

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


夜見「…御用命でしょうか?」ヌッ


雪那「結芽から聞いたぞ!お前、昼食に塩むすびだけを大量に食べているそうじゃないか!」


夜見「…いけませんでしょうか?」


雪那「ダメに決まっているだろう!そんな偏った食生活では身体に悪影響だ!」


雪那「これからは私が栄養バランスを考えたらおかずを作ってきてやるから米を減せ!わかったな!」


夜見「米を減らす…!?それだけは…!」


雪那「ほほぅ、私に口答えするとは随分偉くなったものだなぁ?」


夜見「くっ…!…かしこまりました」


雪那「そうだ!お前は私に従っていればいいのだ!はーっはっはっは!」


真希(なんだアレは)

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


夜見「…御用命でしょうか?」ヌッ


雪那「お前…相変わらず辛気くさい顔をしているな」


夜見「そう言われましても…」


雪那「そんな顔のやつが隣に立ってみろ!私の評判が悪くなるではないか!」


雪那「ちょっと来い!私が直々に可愛くメイクしてやる!ありがたく思えよ!」


雪那「ほら、じっとしろ!チークが入れられないだろう!」


雪那「…ふぅ!どうだ、少しはマシになっただろう!」


夜見「くっ…!こんな可愛い仕上がり…なんという辱しめ…!」


雪那「私が良いと言うまでその化粧は落とすなよ?」


夜見「…畏まりました」


雪那「よろしい」ニヤニヤ


寿々花(あれはなんですの?)

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


夜見「…御用命でしょうか?」ヌッ


雪那「なんだ、任務帰りか?」


夜見「…荒魂が出現したのでその対応に行って参りました」


雪那「はんっ、たかが荒魂討伐程度でそんな疲れているようでは親衛隊も勤まらないのではないか?」


雪那「どれ、さっさと次の任務で汚名返上出来るように肩でも揉んでやろうじゃないか」


夜見「そんな…恐れ多いです」


雪那「ほぅ?お前ごときが私の善意を断るか?」


夜見「…ではお願い致します」


雪那「よろしい」


雪那「…どうだ?気持ちいいだろう?」モミモミ


夜見「おが、じょんだー…(とても上手です)」ホッコリ


雪那「そうかそうか」クスリ


結芽(なにあれ?)

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


夜見「…御用命でしょうか?」ヌッ


雪那「お前、親衛隊の後釜である特別遊撃隊に選ばれなかったそうじゃないか!」


雪那「益子のチビでもなれるというのに、お前ときたら…」


夜見「…申し訳ありません」


雪那「そうだ、私が稽古をつけてやろう!」


雪那「"あの"相模湾大災厄の英雄である私が稽古をつけてやるのだから、次は特別遊撃隊に入れよ!」チャキ


夜見「…畏まりました」チャキ


薫(なんだあれ)


薫(というか誰がチビだ)


薫(あとあんた相模湾大災厄で大して活躍してないだろ)

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


夜見「…御用命でしょうか?」ヌッ


雪那「…お前、少しはその野良犬みたいなボッサボサの髪の毛を手入れしたらどうなんだ?」


夜見「…私はただ壊すだけ、身だしなみなど不要です」


雪那「お前には不要でもな!見ている私は不快なんだ!」


雪那「ちょっと来い!櫛で解かしてやる!」


雪那「…ほほぅ、お前には勿体ないぐらい艶のある良い髪ではないか」サッサッ


夜見「…恐縮です」ポワー


雪那「毛を解かされて気持ち良さそうにして、まるで本当に犬のようだな」クスリ


紫(なんだあれは…?)

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


夜見「…御用命でしょうか?」ヌッ


雪那「ああ、近くに良い店を見つけてな」


雪那「お前、私の護衛として同行しろ」


夜見「…しかし私は紫様の親衛隊です」


夜見「食事の護衛という任務の為に紫様のお側を離れる訳には…」


雪那「ほぅ?私のしてやった事を忘れたか?この恩知らずが!」


夜見「そうは言われましても…」


雪那「あ、ちなみにその店、きりたんぽ鍋が旨いらしくてな」


夜見「くっ…!過去の恩を持ち出されれば従うしかありませんね」


雪那「分かればよろしい」


雪那「ほら、さっさと行くぞ!このウスノロが!」


夜見「はい」


紫(なぜ私の前でやる?)

雪那「夜見!夜見は居るか!」ドタドタ


シーン…


雪那「おい!私が呼んでいるのだぞ!」


シーン…


雪那「ほほぅ…この私を無視するとは良い度胸だな!」


雪那「こんな事をしておいてただで済むと思うなよ!」


シーン…


雪那「…本当に居ないのか?」


シーン…


雪那「…そうか」シュン…


夜見「…申し訳ありません、別件で少し手が離せなくて…」ヌッ


雪那「…っ!遅いぞノロマが!」


夜見「…申し訳ありません」

雪那「私を心配させるとはなんたる事か!」


雪那「ちょっと来い!」


夜見「…はい」


雪那「…」ギュッ


夜見「…あの…そんなに抱きつかれると少し苦しいのですが…」


雪那「…これは私に心労を負わせた罰だ」


雪那「私が良いと言うまでこのままじっとしていろ」


雪那「分かったな?」


夜見「…畏まりました」


雪那「よろしい」ギュッ


紫(よそでやれ)


END

やさしい世界

この世界なら結芽も存命で綾小路学長に可愛がられている…はず

とじともでどうなるか楽しみですね

ではまた

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom