【ゼロの使い魔】ムゲンの使い魔【仮面ライダーゴースト】 (155)

某所に上げる予定でしたが、あまりにも地の文が上手く書けず、編集してここにあげようと考えました。

主は初心者です。稚拙な文章を書きますがご容赦ください

更新は不定期とさせていただきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1530816286

俺は天空寺タケル!
仮面ライダーゴーストだ。

18歳の誕生日に襲ってきた「眼魔」という怪人に殺されたが、様々な出会いや仲間達の助けもあり、生き返ることができた。
生き返った後にも戦う事はあったが、今は平和に暮らしている。

今日は10月4日、俺の20歳の誕生日を祝ってパーティーが開かれているところだ!

『タケル(殿)!誕生日おめでとう!!』

タケル「ありがとう、みんな!」

アカリ「マコト達ももうすぐでコッチに着くらしいし、楽しみね」

ジャベル「アラン様のためにタコヤキも沢山作った甲斐があったというもの…」

ナリタ「いやいや、ジャベルさんは自分でも食べたかったからでしょ!」

アハハハ…

イーディス「しかしタケル、お前も誕生日を2回祝われるとは…贅沢だねっうん!」

イーディス「よし!儂がお祝いの歌でも歌ってやろう!」

タケル「え!?別にいいよおっちゃん!」

イーディス「寂しいこと言わないのっ!さあ、歌うぞー!」

ワイワイ…

タケル「………」スッ

アカリ「あれ、タケル?何処行くの?」

タケル「ちょっと休憩がてら、英雄達に会いに行ってくるよ」


大天空寺 地下

タケル「………父さん、俺今幸せだよ。」

タケル「……ん?なんだこれ、鏡?…うわっ!?」ズズズッ

タケル「指で触っただけなのに…鏡の中に、引っ張られる!?」ズズズッ

ムサシ「むっ!タケルの危機!皆の衆、タケルを助けるぞ!」

どこからともなく声がすると、15の眼魂が現れ英雄ゴーストへと変身する。英雄ゴースト達は互いに腕を掴み、タケルの腕を引っ張ろうと試みる。

タケル「い、痛い痛い!千切れる!千切れるよ!」ズズズッ

ムサシ「我慢するのだ!」ググっ

タケル「ダメだ、このままじゃ……ウワァっ!?」ズルンッ

腕の付け根まで到達した瞬間、一気に体ごと飲み込まれてしまった。英雄ゴースト達もその影響で眼魂の姿に戻ってしまい、共に鏡へ吸い込まれてしまう

この瞬間、天空寺タケルはこの世界から姿を消した----

ドシンッ

タケル「痛っ!こ、ここは…?」

ルイズ「……あんた誰?」

タケル「え?」

タケルが周囲を確認するとまず目に入ったのは目の前にいるピンク色の髪の少女。次に様々な異生物と学生らしき年齢の少年少女達。そして頭部が御成に近い男性が1人。

違和感があるとすれば、その学生らしき集団は魔法使いが被るような黒い帽子を被っていた

「平民を呼び出してどうするの?」
「さすがは『ゼロ』のルイズだ!」

何人かの学生(仮)が笑いながら言った

ルイズ「ミスタ・コルベール!もう一度召喚させて下さい!」

コルベール「これは伝統なんだ。ミス・ヴァリエール。儀式を続けなさい」

ルイズ「感謝しなさいよね!貴族にこんなことされるなんて普通は一生無いんだから!」

タケル「え?貴族って…?」

ルイズ「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール…」

タケル「る、るい…ルイズ、ちゃん?ここって一体…」

ルイズ「五つの力を司るペンタゴン…」

タケル「聞いてないし…」

ルイズ「このものに祝福を与え、我の使い魔となせ…」

その瞬間、目の前の少女ルイズが顔を近づけて…

タケル「えっ……んんっ!!?」

唇を、奪われた。

コルベール「コントラクトサーヴァントは無事終了しましたな!」

タケル「ちょ、ちょっと何を……グァァッ!」ジュウウウ

タケル「何だこれ…左手が、焼けるように熱い……!」

タケルの左手に刺青のように模様が刻まれていく。コルベールと呼ばれた男性がその左手を覗き込む。

コルベール「ふむ、変わった形のルーンですな。是非調べさせて頂きたいですが…次の授業の時間が迫っています故、またの機会にしましょうか」

コルベール「ミス・ヴァリエール。貴方はこの後の授業は休みでいいですから、その少年に色々と説明して差し上げなさい」フワァ

コルベールが踵を返すと何ということか空を飛んで何処かへと飛び去って行った。他の学生達も同様に空へと飛び立っていく

タケル「え…ええええええ!!?人が、飛んでる!?」

ルイズ「メイジなんだから空を飛んで当たり前でしょ…平民の子供でも知ってる「フライ」の魔法も知らないなんて…相当田舎者ね」 ハァ

タケル「え?メイジって…あの子達全員仮面ライダーなの!?」

ルイズ「はあ?カメンライダー?なんなのそれ…兎に角行くわよ!」カツカツ

タケル「え?行くって何処に…」

ルイズ「トリステイン魔法学院よ。話はそこで話すわ」

タケル「ま、魔法…学院?」

人が機械や怪人の力無しに飛ぶ、仮面ライダーを知らないという時点で察していたが、これで確信に変わった。

タケル(ここって、異世界か遠い宇宙!?)

果たして自分は帰れるのだろうか…

とりあえず書き溜めはここまで(少ない)

ルイズに「カメンライダー?なんじゃそりゃ!」って言わせたかったけど自重した。

需要があるか分からないけど少しずつ書いていきます。

朝起きて時間があれば続き書きます

再開していきます。

書きながら寝落ちしてました、失礼しました…

改めて再開

学院の寮に着いてからタケルが聞かされた話はやはり突拍子のないことばかりであった。

ここはハルケギニアという世界(または星)であり今いるのはトリステイン王国。 そしてトリステイン魔法学院や魔法使いであるメイジや貴族と平民のこと。

そして何より驚かされたのは、夜空である。話を聞いている内に夜になっていたのだが、窓を見ると----

タケル「月が、2つ…?」

ルイズ「あんた、そんな当たり前のことも知らないなんて……そういえばあんた、名前は?」

タケル「あ、俺?俺は天空寺タケル、よろしくルイズちゃん」

ルイズ「そのルイズ「ちゃん」って言うのやめなさい!私はあんたのご主人様なのよ!」

タケル「ちょ…ご主人様って…」

再開していきます

ルイズ「当然でしょ?あんたは私の使い魔なんだから。本当は使い魔ならご主人様の目や耳になったり、秘薬探しとかが主な役割なんだけど……」

ルイズ「身辺の護衛すらままならなさそうだし、あんたは召使いみたいな物ね。召使い代わりにしてもらえるだけありがたいと思いなさい!」

タケル「そんな…」

ルイズ「分かったら明日の朝までに洗濯物を片付けておきなさい。私は寝るから」

タケル「ちょちょっと!俺の寝床は…?」

ルイズ「そんなの、床にでも寝てなさい!」

タケル「ええ!床って…こんなことってあるかよ…」

色々と文句はまだあったが、ルイズの方がもう話すことはないとばかりにベッドへ横になってしまった為諦めて床に寝転がる。

タケル「やっぱり、寝づらいな……」

小さく溜息をつくタケルはしかし、嫌な想いと共に奇妙な嬉しさも込み上げてくる。

タケル「こうして「苦しい」とか感じられるのも、生きているからなんだ…」

かつて死んでいた時には「寝苦しさ」すら感じることはなかった。それを感じられることが今自分が生きているという実感が湧き嬉しくもなるのだった。

タケル「……よし、とりあえず明日から頑張ろう!」

異世界どうこうということについては幸い慣れている。タケルは地球へ帰る方法を探りながら使い魔生活をすることを決意し、ゆっくりと眠りにつく。

こうしてタケルのハルケギニア最初の夜は更けていった。





マコト「タケルが居なくなったとは本当か!?」

その頃地球の大天空寺では大騒ぎとなっていた。

アカリ「そうなの!地下室に行くって言ったきりで…」

カノン「タケル君…そんな…警察には連絡したんですか?」

御成「先程シブヤとナリタを泊殿の元へ向かわせたところですぞ!」

イーディス「タケルのことも心配じゃが、事件はもう一つこと起きておる」

アラン「イーディス長官!それは一体…?」

イーディス「地下室に置かれていた英雄の眼魂15個が…無くなっておるのじゃ!」

マコト「何ッ!?」

アラン「眼魂まで共に消えたというのか…!?」

御成「タケル殿に続き眼魂まで!密室の地下から消えたとは…不可思議現象発生ですぞおお!!」







太陽が地平線から姿を現して間もない時間にタケルは起きた。

タケル「ここは…そっか、俺はこの子に召喚されて……」

ベッドでスヤスヤと寝ているルイズへ目を向ける。

タケル「……ルイズちゃん、どうして君は俺を…」

タケル「…兎に角、俺は今できることをしよう。まずは洗濯物だな!」

ルイズが昨晩脱いだ服を集め(中には下着もあったが見ないようにした)洗濯場を目指し部屋を出た。

タケル「とりあえず洗濯場なら水を使うだろうし、下の階だよね」

昨日寮内を歩いた時に確認した建物の内装からして水道らしき物は見当たらなかった。もちろん自分が見つけられなかっただけかもしれないが、可能性が高い方に賭けて階段を下っていく。

3階ほど階を下りてから、現在の階と洗濯広場がどこからか見えないかと外の光景が見える場所を探すことに決めた。 窓を探し廊下を曲がろうとすると、タケルは歩いてきた何者かとぶつかった。

シエスタ「きゃっ!」バタッ

タケル「痛っ!ご、ごめん!大丈夫だった?」

シエスタ「いえ、こちらの不注意でした。どうかお許しを……あら、あなた貴族じゃないんですか。」

タケル「貴族?…あ、そういえばルイズちゃんがそんなこと言ってたっけ……俺は違うよ、使い魔ってやつ。」

シエスタ「ああ、あの……平民を召喚なさった人がいたって昨日から噂になってますよ。」

タケル「そうなの?そんなに珍しいことなんだ…あのさ、えっと…」

シエスタ「シエスタです」

タケル「じゃあシエスタ、洗濯場ってどこにあるか知らない?」

シエスタ「私も今から行きますから一緒に行きましょうか。」

タケル「いいの?ありがとう!」

シエスタ「着いてきてください」

とりあえず今日はここまで。

ウルトラマンルーブ、1話面白かったですね

深夜にひっそりと投下

タケル「そうだ、シエスタの分の荷物も持つよ。洗濯場を教えてくれたお礼にね」

シエスタ「ありがとうございます。」

シエスタは感謝の笑顔を浮かべた。純朴でかわいらしい笑みにどこか地球に残してきた仲間を思い浮かべてしまう。

タケル「カノンちゃんみたいな子だな、シエスタって……」

シエスタ「カノン?お知り合いですか?」

タケル「うん。元いた場所に残してきた仲間だよ……」

タケル「そういえばまだ名乗ってなかったね。俺は天空寺タケル、よろしくシエスタ!」

シエスタ「テンクウジタケルですか。変わった名前ですね。」

タケル「え?そうかな……そうか、ここは西洋寄りの土地だから姓が先なのは珍しいんだね。」

シエスタ「タケルさんって呼んでいいですか?」

タケル「もちろん!よろしくシエスタ!」

それから洗濯場に辿り着いた2人は洗濯を開始する。洗濯板を使った洗濯は普通現代人には苦労するかもしれないが、タケルは幼少期より機械に頼らない生活を父「天空寺龍」と共に送ってきた為難なく終わらせることができた。




タケル「ルイズちゃ……ご、ご主人様、もう朝だよ?」

ルイズ「んん……だ、誰よあんた!?」

タケル「え?寝ぼけてるのかな…俺だよ、タケル。昨日召喚しただろ?」

ルイズ「ああ……。そうだったわね」

なんでわたしが呼び出すのが平民なのよ。と心の中で文句を言った。
それを口に出さなかったのはタケルのことを思いやってではなく起きてすぐで声を出すのも面倒だったからというのと、ご主人様と呼ばれ少しだけ気が晴れた気がしたからだ。

タケルが呼び出されたことで平民を呼び出すことより屈辱な留年という事態が避けられたはずだがそんなことは彼女の思慮の外だった。
ルイズは着替えをすませ朝食をとりに食堂に向かった。
食堂には幾つかの長いテーブルが置かれている。ルイズは自分の学年のテーブルへといつもどおり足を向ける。

タケル「凄い…まるで映画みたいだ。」

タケルは食堂の豪奢な装飾に感嘆しているようだった。きゅろきょろと視線をあっちこっちへやっている。
タケルがそこらじゅうに意識をやっているときにルイズは一人の給仕を捕まえてあることをオーダーした。
それが終わってからルイズは席に着くことにした。

ルイズ「イスを引きなさい」

タケル「う、うん」

書いていく

タケル「朝から凄い料理だね……」

隣の席に座ろうとするタケル。それを片手で制し、そのまま指を下に向けた。
指の先には薄い一枚のパンと具のないスープが一皿置かれていた。ルイズが先ほどメイドに命じさせたものだ。

ルイズ「あんたは床」

タケル「え…」

ルイズ「平民は普通うここに入れすらしないのよ。床ででも食べられるだけありがたいと思うのね」

タケル「ッ~いい加減にしろよ!」

タケルの怒声に反射的にルイズはビクリとしてしまう。席を立ったタケルは食堂の入り口へと戻っていく。

ルイズ「ちょっとあんた!どこいくのよ!?」

タケル「こんな扱いひどすぎるよ!」

そう言い捨てると、タケルは食堂から出て行った。

ルイズ「何よ、平民を同じ席につかせるなんてありえないわ。というか、なんでわたしが使い魔のご機嫌取りをしなきゃいけないのよ…」





タケル「とはいえ、お腹空いたなあ……」

食堂を出たタケルは当てもなく歩いていた。

シエスタ「タケルさん?どうしたんですか?」

タケル「あ、シエスタ…今朝はありがとう。助かったよ」

シエスタ「いえ、私こそ荷物を持ってもらい助かりましたし…それよりどうしてこんな所に?まだ朝食の時間ですよ?」

タケル「それがさ…ルイズちゃん、俺に床で食べろって言うんだよ。それもパンと具の無いスープだけ…」

シエスタ「まあ。だけどしかたないですよ。平民は貴族さまと同じ部屋で食べることすら普通ないことですから」

タケル「そんな…そんなに貴族と平民って絶対的な差があるのか……」

シエスタ「あの…よろしければ何か食べますか?」

タケル「え、いいの!?」

シエスタ「ええ、貴族の皆様が食べてるのとは違う平民の使用人が食べるまかない食ですけど」

タケル「全然大丈夫だよ!ありがとうシエスタ!」

シエスタに続いてタケルは厨房へと入って行った。





タケル「美味しいです、このシチュー!」

マルトー「そうかそうか!ジャンジャンお代わりしてくれよ坊主!」

あれから食堂に着き、料理長のマルトーという男性と知り合った。彼が出してくれるパンとシチューはとても美味しい。

マルトー「贅沢もんの貴族連中は、なんだかんだ理由をつけて残しやがるからな。アンタみたいに美味そうに食ってもらえるなら、料理たちも本望だ」

シエスタ「ふふっ良かったですねタケルさん。」

タケル「本当にありがとうございます!シエスタもありがとう!」

マルトー「しかし本当に美味そうに食うなあ…腹減ってる以外にも理由があるのかい?」

タケル「理由?そうですね……「ご飯をみんなで食べられる」ことが嬉しいから、かな……」

マルトー「なんだそりゃ、ハハハハ!ますます気に入ったぞ!」

シエスタ「タケルさんって本当に不思議な人ですね…ふふっ」

アハハハハ……






なんとか授業には間に合った。食事を終えたタケルは使用人達からルイズの教室の場所を聞き教室へと辿り着いたのだった。

あれからマルトーからは食事に困ったらいつでも来ていいとも言ってくれた。

タケル(シエスタとマルトーさんには、もう足を向けて寝られないな…)

ルイズ「突っ立ってないで座りなさいよ。後ろに迷惑でしょ」

タケル「あ、うん」

どうやらルイズ自身は先程のことを気にしてないらしい。小さく安堵したタケルはルイズの言葉に従い、床に腰を下ろす。
それを見たルイズがなにやら呟いたようだが、タケルには聞こえなかった。

シュヴルーズ「おはようございます皆さん。どうやら春の使い魔召喚の儀式は全員大成功だったようですね。このシュヴルーズ、一安心です」

ルイズ「…………」フルフル

タケル(ルイズちゃん、震えてる…やっぱり俺じゃ不満なのかな…)

タケル(……それもそうか。使い魔として人間が出るのは悪い意味で目立つことみたいだし…)

シュヴルーズ「……ミス・ヴァリエールも、よく召喚を成功させましたね」

シュヴルーズと名乗った教師が、ルイズに声をかけた。 その声には嘲りも蔑みの色もない。ルイズを見るその瞳は優しく微笑んでいた。
それでもルイズの顔は上がらない、上げられない。

クラスのどこからか、クスクスと含み笑いが聞こえた。 瞬く間にそれは教室中に広がり、ついには男子生徒の一人が声を上げた。

生徒「どうせ召喚できないからって、どっかの平民を金でやとって連れてきたんだろ! ゼロのルイズ!」

タケル(ゼロのルイズ……?)

ルイズ「ち、違うわよ! 召喚はちゃんとしたわよ!」

生徒「うそつけ! 魔法を成功させたことがない、成功率ゼロのルイズの癖によ!」

タケル(…なるほど… 魔法成功率0、だからゼロのルイズ、か…)

それがルイズのコンプレックスになっているであろうことは、容易に想像できた。

ルイズ「う……うるさいわね! 召喚したって言ってるでしょ! 私だってこんな奴……!」

ルイズ「こんな……こん……な……」

タケル(ルイズちゃん…)

生徒「なんだよ! なにか言い返してみろよ!」

生徒2「どうせ、【コンストラクト・サーヴァント】も絵具で紋章描いたんじゃねーの?」

生徒「あっはっは! そうだ、ちょっと水かけてみろよ! 消えるかも知れないぜ! ぎゃはははは……ハグムッ!」

タケルが講義しようと立ち上がりそうになったその瞬間、たった今バカ笑いしていた男子生徒の声が止まった。見ると、その男子生徒の口が粘土のようなもので塞がっている。
さらにシュヴルーズが杖を振るうと、罵倒に参加していた生徒全員の口が次々と塞がれていった。

シュヴルーズ「……お友達を、侮辱するものではありませんよ」

シーン……

タケル(凄い…これが魔法か……)

シュヴルーズ「では……授業を始めましょうか」

そう宣言しながら、シュヴルーズが右手の杖を振るう。そこに、こぶし大より一回り小さいくらいの小石が出現した。

シュヴルーズ「私の二つ名は赤土。赤土のシュヴルーズです」

シュヴルーズ「これから一年間、皆さんに『土』系統の魔法を講義します。魔法の四大系統はご存知ですね? ミスタ・マリコルヌ」

マリコルヌ「はい。ミセス・シュヴルーズ。『火』『水』『土』『風』の4つです」

いつの間にか口を塞ぐ粘土が外されていたマリコルヌという少年が起立し答えた。

シュヴルーズ「その通り。今は失われた系統魔法である『虚無』を合わせて、全部で五つの系統があることは、皆さんも知ってのとおりです。」

シュヴルーズ「その五つの系統の中で『土』はもっとも重要なポジションを占めていると私は考えます」

タケル(凄い魔法の授業ってこんな感じなんだ……ルイズちゃんは……」チラッ

ルイズ「…………」カリカリ

タケル(凄い集中力だ…努力家なんだなあ)

生徒「ミ、ミセス・シュヴルーズ! それは黄金ですか?」

突如、教室中にざわめきが走った。 見ると教壇の上に、黄金の輝きに似た鉱石が輝きを放っている。

シュヴルーズ「いいえ違います。黄金は実力の高いスクウェアのメイジが全力をもってして、ほんのわずか錬金できるかできないか……そういうものです」

シュヴルーズ「私はトライアングルですから当然無理ですね。……これは真鍮です」

それでも、教室にはどよどよと動揺が広がっている。中だるみしてきた授業に、黄金という餌で興味をひかせ集中力を取り戻させる。

タケル(このシュヴルーズって先生、メイジとしてだけじゃない。教師としても凄いんだ…)

もちろん会ってます。だからメイジという単語も仮面ライダーだと勘違いしました。

正確には「この世界の魔法」ですね。脳内変換してもらえると嬉しいです

シュヴルーズ「えー、それではこの『錬金』をどなたかにやってもらいましょう。」

シュヴルーズ「そうですね…………ミス・ヴァリエール、前へ出なさい」

 突然のシュヴルーズの指名に、ルイズが硬直する。同時に、教室中の空気が「ゲッ!」という形に固まった。

シュヴルーズ「……? どうしたのですか、ミス・ヴァリエール。早く前へ」

その空気に疑問符を抱きながら、シュヴルースがルイズを促す。その時、赤髪に褐色の肌をした女子生徒が勢いよく立ちあがった。豊満な乳房が慣性に負け、盛大に、揺れる。

ルイズ「…………」

 その様子にルイズがなにやら苦い顔をしたように見えたが、タケルは気づかないふりをした。

キュルケ「ミセス・シュヴルーズ、その……やめておいたほうがいいと思います」

シュヴルーズ「どうしてですか? ミス・ツェルプストー」

キュルケ「危険です」

シュヴルーズ「危険? どういうことですか?」

キュルケ「……爆発します」

キュルケ「先生はルイズを教えるのは初めてですね?」

シュヴルーズ「ええ、そうです。しかし、彼女については前任の先生から聞いてますよ。なんでも大変な努力家だとか」

キュルケ「その努力がやばいんですよ」

彼女の表情は真剣そのものだ。少なくとも、見くびりや嘲りでそう言っているのではない。

シュヴルーズ「ミス・ツェルプストー。私は先ほども言いましたよ。お友達を侮辱するものではないと」

キュルケ「ですから、違うんです! 私は……ムグッ!」

瞬間、ツェルプストーと呼ばれた少女の口が粘土で塞がれた。もうどうなっても知らないからねと言わんばかりの表情で、赤髪の少女は着席する。危険と言い放ったわりには、余裕のある態度で手をヒラヒラさせていた。

ふと、その隣に座る青髪の少女と目が合った。しかし、その視線はすぐに外される。

タケル(……?)

シュヴルーズ「さあ、ミス・ヴァリエール。気にしないでやってごらんなさい」

シュヴルーズ「貴女の魔法に失敗が多いことは聞いていますが、自信を持ちなさい。失敗をおそれては何もできませんよ?」

ルイズ「……やります」

意を決したようにルイズが立ち上がり、前に出た。ざわっ! と教室のざわめき声が一気にボリュームを上げる。

シュヴルーズ「おだまりなさい!」

ついには声を荒げたシュヴルーズの一喝に、教室が静まりかえった。

ルイズが呪文を唱え杖を振りかざし



爆発が、起きた

今日はここまでー

俺色に染め上げろ!ルーブ!

おはようございます。今日の更新は夜になります。


今日はウルトラマンの日だそうですね。ウルトラマンの良さに負けないようにゴーストの良さもこのSSで伝えられたらと思います

>>1はこれが処女作となります。

書いていく

すみません、眠気が酷いので投下は朝に延期します…






あれからルイズは教室の片付けを言い渡されていた。その使い魔であるタケルも一緒に手伝っていた。

ルイズ「………」

タケル(……き、気まずい…)

ルイズ「………これで分かったでしょ、私が「ゼロのルイズ」って呼ばれる理由……」

タケル「え………」

ルイズ「魔法の成功率0、才能0ってことよ!あんたも笑いたければ笑えばいいでしょ!」

ルイズ「魔法の勉強は沢山してきた!試験だって筆記なら学年上位!なのに実技だけは!」

ルイズ「実技だけは……どうしても失敗するのよ…」

タケル「ルイズちゃん……」

ルイズ「……サモン・サーヴァントとコントラクト・サーヴァントが成功した時、嬉しかったのよ。爆発ばかりだった私の魔法が初めてちゃんと発動したんだから」

ルイズ「けど出てきたのは平民で、その唯一の使い魔にもダメなところ見られちゃって……」

ルイズ「やっぱり私は…みんなが言うように……」

タケル「ゼロなんかじゃない!」

ルイズ「え……?」

タケル「俺は信じてる。人には無限の可能性があるってことを…ルイズちゃんの魔法だってゼロなんかじゃない、無限の可能性があるんだ!」

タケル「それに、自分を信じなきゃどんな可能性も開かれないよ。ルイズちゃんは、ルイズちゃん自身を信じるんだ。」

ルイズ「無限の可能性……私自身を、信じる…」

タケル「そうすれば切り開くことができる筈だよ、未来を……」

ルイズ「………………」

ルイズ「あんた、ちゃん付けはやめなさい」

タケル「あっ…ご、ごめん!ごしゅじ「ルイズでいいわ」…え?」

ルイズ「だから、ルイズでいいわ。私もあんたのことタケルって呼ぶことにするから」

ルイズ「言っておくけど!タケルが私の使い魔で私がご主人様って事実は変わらないからね!」

タケル「………うん!よろしくルイズ!」

ルイズ「そうと決まったら早く片付けるわよ、お昼食べ逃しちゃう」

タケル「そうだね!」

食堂



タケル「あ…」

ルイズ「……朝は、私がご主人様って分からせる為とはいえやりすぎたわ…」

ルイズ「今度はい、一緒に…食べることを許すわ!」

タケル「いいの!?やった!」

タケル「やっぱりご飯はみんなで食べないとね!」

ルイズ「ふふっ何よそれ?」

ガヤガヤ…

タケル「あれ?あそこだけ人が集まってる…」

ルイズ「あ、ちょっと!タケル!」

何かあったのかと思って人々の視線の先を見てみると、金髪の男の魔法使いの前に一人のメイドが座り込んで謝っているようであった。
そしてその少女は黒い長めのボブカットをしており、タケルの世話を焼いてくれたシエスタその人であった。

タケル「シエスタ!?一体何があったの?」

シエスタ「タケルさん!」

ギーシュ「何だね君は……」

タケル「君、いくらなんでも女の子相手にやりすぎだよ」

シエスタ「やめてください!タケルさん!私が悪いんです!」

ギーシュ「彼女の言うとおりだよ、全ては彼女が気が利かなかったばかりに……」

よく言うぜ!二股してたお前が悪いんだろ!バレた腹いせかよ!と野次が飛ぶ。
タケルは野次から状況を理解してタメ息をつきたくなる。要するに目の前の優男は二股をしていて、それがバレたのはシエスタのせいだと腹いせをしていたようだ。

タケル「ええ…それただの地蔵自得じゃんか……」

あまりの事態のくだらなさに思わずタケルは脱力してしまう。

タケル「行こうシエスタ、気にしなくていいよ」

ギーシュ「これだから平民は……そういえば君はルイズの使い魔じゃないか?」

タケル「え?そうだけど……」

ギーシュ「やっぱりゼロのルイズはダメだということさ!何をやってもダメで全く才能がない!君みたいな礼儀のない者を呼びだして……」

ルイズ「言ってくれるわねギーシュ!」

ギーシュ「る、ルイズ…!」

書いていく

ギーシュ「じ、事実を言ったまでだろう!君の使い魔も随分と礼儀知らずなものだ!」

ルイズ「タケルこそ事実を言っただけでしょう!」

ギーシュ「この平民が正しいとでも言うつもりかい!?」

ルイズ「当たり前じゃない!」

タケル「ルイズ、もういいからさ……」オロオロ

このままだとロクなことにならなそうな気がしてならない。そう感じたタケルが諌めようとするが、遅かった。

ギーシュ「いいだろう!ならばどちらが真に正しいのか決闘で決着を付けようじゃないか!ヴェストリの広場で待っているぞ」

ルイズ「決闘!?ギーシュあんた何考えてんの!?」

タケル「あ、ちょっと!」

タケルとルイズが止める間もなくギーシュはクルリと体を翻し、去っていった。
シエスタがぶるぶる震えながらタケルを見つめている。

シエスタ「タケルさん、あなた……」

シエスタは涙を滲ませた顔で言った。

シエスタ「あなた……殺されちゃう……、貴族の人を本気で怒らせたら……」 ダッ

タケル「シエスタ!?待って!」

シエスタはだーっと走って逃げてしまった。

ルイズ「ああもう、どうしてこうなるのよ!」

ルイズ「………私、ギーシュに謝ってくるわ」

タケル「え?どうしてそんな!」

ルイズ「メイジに平民は絶対に勝てないの!私の使い魔を、こんなことで失いたくないのよ…!」

タケル「ルイズ……」

言い方こそ棘があるが、自分を失いたくないと心配してくれている想いが伝わってきた。

タケル「……ねえ君、ヴェストリの広場ってどこなの?」

生徒「こっちだ、平民」

ルイズ「ちょっとタケル!?聞いてたの!?平民は絶対に……」

タケル「大丈夫。無茶は絶対にしないし、俺は死なないよ。絶対に生きて帰ってくる」

ルイズ「だから!~ッああもう!勝手にしなさい!」

ルイズはズカズカとヴェストリの広場へ向かってしまった。タケルも後を追うように広場へ向かった。

ギーシュ「とりあえず逃げずに来た事は誉めてあげようじゃないか」

待ち構えていたギーシュが薔薇の造花を揚げ、うぉーっ!と歓声が巻き起こる。
『風』と『火』の塔の間の中庭にあるヴェストリの広場は噂を聞きつけた生徒達で溢れかえっていた。

ギーシュ「では、始めるか。僕はメイジだ。だから魔法で戦う。よもや文句はないね?」

花びらが1枚宙を舞い、甲冑を着た女戦士の形をした人形になった。女戦士の人形は真っ直ぐにタケルに突っ込んでくる。

タケル「ハッ!」

単調な動き。それは眼魔コマンドとの戦いで慣れている。タケルは受け流すように躱してから反撃に転じ、無防備な背中にパンチを繰り出すが、

ゴンっ!

タケル「いったああ…流石に硬いな……」

逆に手を痛めてしまった。硬い金属製のボディは巧のパンチを物ともせず、

タケル「ぐはぁっ! 」

逆に一撃を喰らい、タケルは地面に倒れ込んだ。
 
ギーシュ「言い忘れていたよ、僕の二つ名は『青銅』、『青銅』のギーシュだ。今の君が相手をしているのは青銅のゴーレム、美しき『ワルキューレ』!」

タケル「青銅…道理でパンチが効かないと思った。」

距離を稼いでいるタケルに追い討ちを掛けるべく、ワルキューレが迫る

訂正。タケルが巧になってた…たっくんになっちゃう



ギーシュ「とりあえず逃げずに来た事は誉めてあげようじゃないか」

待ち構えていたギーシュが薔薇の造花を揚げ、うぉーっ!と歓声が巻き起こる。
『風』と『火』の塔の間の中庭にあるヴェストリの広場は噂を聞きつけた生徒達で溢れかえっていた。

ギーシュ「では、始めるか。僕はメイジだ。だから魔法で戦う。よもや文句はないね?」

花びらが1枚宙を舞い、甲冑を着た女戦士の形をした人形になった。女戦士の人形は真っ直ぐにタケルに突っ込んでくる。

タケル「ハッ!」

単調な動き。それは眼魔コマンドとの戦いで慣れている。タケルは受け流すように躱してから反撃に転じ、無防備な背中にパンチを繰り出すが、

ゴンっ!

タケル「いったああ…流石に硬いな……」

逆に手を痛めてしまった。硬い金属製のボディは巧のパンチを物ともせず、

タケル「ぐはぁっ! 」

逆に一撃を喰らい、タケルは地面に倒れ込んだ。
 
ギーシュ「言い忘れていたよ、僕の二つ名は『青銅』、『青銅』のギーシュだ。今の君が相手をしているのは青銅のゴーレム、美しき『ワルキューレ』!」

タケル「青銅…道理でパンチが効かないと思った。」

距離を稼いでいるタケルに追い討ちを掛けるべく、ワルキューレが迫る

訂正できてなかった…寝起きで書いてるのバレちゃう……


ギーシュ「とりあえず逃げずに来た事は誉めてあげようじゃないか」

待ち構えていたギーシュが薔薇の造花を揚げ、うぉーっ!と歓声が巻き起こる。
『風』と『火』の塔の間の中庭にあるヴェストリの広場は噂を聞きつけた生徒達で溢れかえっていた。

ギーシュ「では、始めるか。僕はメイジだ。だから魔法で戦う。よもや文句はないね?」

花びらが1枚宙を舞い、甲冑を着た女戦士の形をした人形になった。女戦士の人形は真っ直ぐにタケルに突っ込んでくる。

タケル「ハッ!」

単調な動き。それは眼魔コマンドとの戦いで慣れている。タケルは受け流すように躱してから反撃に転じ、無防備な背中にパンチを繰り出すが、

ゴンっ!

タケル「いったああ…流石に硬いな……」

逆に手を痛めてしまった。硬い金属製のボディはタケルのパンチを物ともせず、

タケル「ぐはぁっ! 」

逆に一撃を喰らい、タケルは地面に倒れ込んだ。
 
ギーシュ「言い忘れていたよ、僕の二つ名は『青銅』、『青銅』のギーシュだ。今の君が相手をしているのは青銅のゴーレム、美しき『ワルキューレ』!」

タケル「青銅…道理でパンチが効かないと思った。」

距離を稼いでいるタケルに追い討ちを掛けるべく、ワルキューレが迫る

タケル「こうなったら……」

距離を詰められきる前に、腰に手をかざしてゴーストドライバーを出現させる。その様子を見て広場に集まったギャラリーがどよめきをみせる。

「なんだあの平民!?腰に何かを作り出したぞ!」
「土の魔法?あいつメイジだったのか!?」

ルイズ「タケル、あんた一体……」

ギーシュ「へえ、驚いたよ。まさか君もメイジだったとは…しかし、そんなベルト一つで僕のワルキューレは突破できないよ!」

タケル「もちろん、ドライバーだけじゃない!」

正直生身の人間相手に武器を使うのは気が引けるのだが、このワルキューレ相手にはそうも言っていられない。タケルがゴーストドライバーの前に手をかざすと、ゴーストドライバーの眼の形をしたその中心部からゴーストの武器「ガンガンセイバー」が現れる。

「あいつ、今度は剣を作り出したぞ!」
「ただの平民かと思ってたけどやるじゃないか!」

タケル「ハアッ!」

至近距離まで近づいていたワルキューレに対し此方も意表をつくように一気に距離を詰め、一閃。ワルキューレは無残に肩から斜めに切り崩され倒れ伏してしまった。

予想外の平民の勝利に周囲から歓声がとんだ。湧き上がる歓声の中、ギーシュもまたタケルに拍手を送る。

ギーシュ「なかなかやるね、正直意外だったよ」

タケル「あ、ありがとう?これで降参してもらえるかな?」

ギーシュ「焦ってはいけない、勝負はこれからだ」

笑みを崩さずにギーシュは始めの時と同じように薔薇を振った。 花びらが舞い、タケルを囲む形で新たなワルキューレが六体現われたのだった。

今日はここまで。誤字らないように寝ます

書いていく

六体のワルキューレはタケルを囲んだまま、沈黙を保っていた。

ギーシュ「……さて、言う事はあるかね? 」

タケル「え?」

ギーシュ「ここで頭を地面にこすりつけて土下座するというのなら、今なら許してあげないこともない。」

タケル「………」

ギーシュ「どうだい?悪い話じゃないだろう?」

ギーシュの言うことには一理ある。正直自分が平民だなんだと呼ばれることは気にしてないし、ここで自分が頭を下げれば事は全て収まる。しかしそれをしてしまえば…

タケル(シエスタは理不尽な罪をなすりつけられるし、ルイズはゼロって馬鹿にされ続ける…)

果たして、本当にそれでいいのだろうか。

タケル(俺さっきルイズに言ったばかりじゃないか、人には無限の可能性があるって……)

ここで何もせずただ頭を下げるのはそれを否定することだ。自分は示さなければならない、無限の可能性を。

タケル「…悪いけど、それはできない。俺は俺を信じる!」

ギーシュ「そうか、残念だよ…君は愚かだ!」

ギーシュが薔薇を振ると、六体のワルキューレがタケルに向かって一斉に襲い掛かった


蘭子「混沌電波第151幕!(ちゃおラジ第151回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第152幕!(ちゃおラジ第152回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第153幕!(ちゃおラジ第153回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第154幕!(ちゃおラジ第154回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第155幕!(ちゃおラジ第155回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第156幕!(ちゃおラジ第156回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第157幕!(ちゃおラジ157回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第158幕!(ちゃおラジ第158回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第159幕!(ちゃおラジ第159回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第160幕!(ちゃおラジ第160回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第161幕!(ちゃおラジ第161幕)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第162幕!(ちゃおラジ第162回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第163幕!(ちゃおラジ第163回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第164幕!(ちゃおラジ第164回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第165幕!(ちゃおラジ165回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第166幕!(ちゃおラジ第166回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第167幕!(ちゃおラジ第167回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第168幕!(ちゃおラジ第168回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第169幕!(ちゃおラジ第169回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第170幕!(ちゃおラジ第170回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第171幕!(ちゃおラジ171回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第172幕!(ちゃおラジ第172回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第173幕!(ちゃおラジ第173回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第174幕!(ちゃおラジ第174回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第175幕!(ちゃおラジ第175回)」
ex14.vip2ch.com
蘭子「混沌電波第176幕!(ちゃおラジ第176回)」
ex14.vip2ch.com

タケル「命、燃やすぜ!」

その瞬間、タケルの左手のルーンが光りだす。

タケル「ッ!?」

迫るワルキューレの攻撃を大きく跳躍して回避する。更に空中でガンガンセイバーをブレードモードからガンモードへと変形させ

タケル「ハアッ!」

地上のワルキューレを頭頂部から2体撃ち抜き破壊、ワルキューレ達から距離を置いて着地する。
残るワルキューレは、4体。

「なんだあの剣!?銃になったぞ!」
「変形する剣?銃?どっちだ!?」

ギーシュ「ッ……驚いたよ、そんな隠し球があるとはね。だが数的優位は揺るがない!」

タケル(どうなってるんだ…?変身してないのにガンガンセイバーを変形できるなんて…)

タケル(それだけじゃない、変身してるみたいに体が軽い……このルーンの力なのか…)

光る左手のルーンを一瞥し、ガンガンセイバーを更に変形させナギナタモードへと変形させる。

タケル「ハッ!タアァッ!」

迫り来るワルキューレをナギナタで受け流し、その背後を切り崩す。
残るワルキューレは、3体。

外出する(ガンバライジングやりに行く)為一旦ここまで。


帰ってきて気力があったら書きます

タケル殿のCPとSR、タンクタンクのSRが手に入って大満足でした。

ちょっとだけ書いていく

すみません、寝落ちしてました…


体調不良につき今日の投下は無しです

完治とまではいかないけどだいぶマシになったので書いていく。

ギーシュ「馬鹿なッ!この僕が、ゼロのルイズの使い魔如きにッ!?」

ようやく事態の重さに気付いたのかギーシュは3体のワルキューレを突っ込ませる。しかし冷静さを欠いた指示は、先程の相手を侮った指示以上に単調な動きをワルキューレにさせてしまう。
一方タケルは落ち着きながらガンガンセイバーを二刀流モードに変形させる。

タケル「天下無双、かかって来い!」

一斉に襲いかかってくるワルキューレ達、その攻撃を二振りの剣で受け止めてそれを弾き…

タケル「ハアアアッ!!」

ワルキューレ達が怯んだところを一気に叩き斬る。三体のワルキューレ達は遂にその体を崩し、動かぬ青銅の塊と化してしまった。

ギーシュ「そ、そんな…僕のワルキューレ達が……」

ギーシュはへなへなとその場に座り込んでしまった。腰が抜けてしまったのだ。 タケルはガンガンセイバーとゴーストドライバーを消してギーシュに視線を向けた。
ギーシュは思わず「ひっ!」と小さな悲鳴を上げてしまう。

タケル「今度こそ俺の勝ちでいいかな?」

ギーシュ「…ま、参った、僕の負けだ…」

「…ギーシュが…負けた…?」

静まり返っていた野次馬の中で、誰かが言った。その一言をきっかけに、にわかに野次馬達が騒ぎ出す。

「ギーシュが負けた」「平民が勝った」「違う、土の魔法を使っていた」「いや、あのベルトと剣はきっとマジックアイテムだ」「平民が見た事も無いマジックアイテムを使った」

最初は小さな一言一言がざわざわとした喧噪を作り上げていったが、それらはやがて「おぉぉぉーっ!!」っと言う巨大な歓声に変わった。最初に期待していたものとは随分と違ってしまったが、それとは別によく判らないがとにかく凄い物を見たと言う満足感が彼らを支配していた。要は満足出来たのでそれで良いのだ。

タケル「あ、そうだ!えっと、ギーシュ君!」

ギーシュ「な、なんだい…?」

タケル「君にはシエスタとルイズに謝って貰いたい。シエスタには理不尽な罪を着せようとしたこと、ルイズにはゼロって馬鹿にしたこと……いいかな?」

ギーシュ「グッ……い、いいだろう。決闘に敗れたのは僕だからね……」

こうして大歓声の中、広場の決闘は終結した。

ルイズ(後で話を聞かせてもらうわよ、タケル…)




学院長室。

『遠見の鏡』で決闘の様子を見ていたロングビルは、決闘が終了した事を確認して息をついた。

ロングビル「…まさかこんな展開になるとは思いもよりませんでしたね」

噂のルイズの使い魔の平民が見た事も無いマジックアイテムで剣のような銃のような武器を作ったと思ったら、あっという間にギーシュを負かしてしまった。
おそらくこの決闘を見ていなかった人間にこれを口頭で説明しても理解出来ないだろう。何せ自分でも何が起こったか理解出来ないのだから。

ロングビル「それにしても彼の使っていたマジックアイテムは一体なんだったんでしょう?見た所『錬金』の応用にも見られましたが…どう思われますか?オスマン学院長」

オスマン「ふむ…やはり……」

ロングビル「…学院長?」

オスマン「む?いやすまん、確かに錬金系のマジックアイテムのようじゃのう」

コルベール「オールド・オスマン!緊急事態です!」バタンっ

オスマン「ミスタ・コルベール、あまり騒がしくするものではないぞ。決闘なら既に決着がついたわい」

コルベール「決闘?いえ、それよりもミス・ヴァリエールの使い魔です!その者が表した使い魔のルーンに見覚えがないので、調べましたところ……これに酷似しておりまして」

コルベールの広げた古文書には、やはり見慣れないルーン文字が刻まれている。並みのものでは、この意味には気付かないであろう。
しかし、オールド・オスマンには分かった。このルーン文字の意味するところが。そして、それがいかに重要なものであるかも。

オスマン「ほお、これは。……ミス・ロングビル、すまないが」

ロングビル「分かりました」

有能な秘書はオスマンの目配せにいち早く応え、退室した。ロングビルが退室したのを確認したオスマンは、おもむろに説明を始める。

オスマン「これは伝説にのみ存在する、使い魔のルーンじゃぞ。まして、あのヴァリエールの三女が召喚するとは…これは失われしペンタゴンの一角にかかわることじゃ」

コルベール「ま、まさか!」

オスマン「ことの真相はどうあれ、この件は一切口外してはならん」

予想を超える重大な事態だった。コルベールは緊張を抑えきれず、震える声で答えた。

コルベール「しょ、承知しました!」





あれからギーシュはシエスタに謝罪した。タケルも其れを見届ける為に同行していた。
しかしシエスタはギーシュを許すどころかタケルに頭を下げてきた。「タケルさんを置いて逃げてしまってすみません」と泣きながら謝ってきたのだ。

タケルは「気しなくていい」と言ったのだが、どうしてもときかないシエスタに負けて、夕食は厨房内で開かれるという細やかなパーティーに参加することになった。

その後、ルイズにもギーシュはしっかり謝罪した。ルイズもギーシュを許し、タケルに「夜になったら詳しく聞かせてもらうから、午後の授業は出なくていいわ」と言ってきた。

ちなみに厨房のパーティーに行く事になったのを伝えると許可してくれた。

そんなタケルは今、パーティーまでの時間潰しついでに学院内の構造を把握しようと探索をしていた。
行き着いた先は図書館だった。

タケル「うわあ…凄い……」

膨大な量の本の中、ふと青い髪をした一人の少女が目に入る。教室で見たことのあるその少女は、タケルに気が付いたようだった。

タケル「こんにちは、えっと……」

タバサ「タバサ……」

タケル「タバサちゃんか。こんな所でどうしたの?授業中じゃなかったの?」

タバサ「今日の午後の授業は選択式……私の選択科目は自習の日…」

タケル「そっか、それで図書館で自習中なんだね」

タバサ「……」コクリ

タケル「感心だなあ…俺もこの世界の歴史くらいは学ばないと……」

この図書館に歴史書は無いか、そう思いながら近くの本を手に取るタケル。しかし…

タケル「えっ…」

そこに書かれていたのは見たこともない文字だった。英語なら何とか分かるが、そもそも地球にある言語かどうかというレベルだった。

タケル(そっか、異世界だから文字も違うんだ…日本語で話せてたから油断してた……)

タケル「ねえタバサちゃん、自習の邪魔じゃなかったらでいいんだけど…頼みたいことがあるんだ」

タバサ「………?」

タケル「その、俺に字を教えてくれないかな?俺ってここからずっと離れた所から召喚されたから、ここで使われてる文字のこと全然知らないんだ…駄目、かな?」

自分はこことは遥か離れた地(異世界)から召喚された、あながち嘘は言ってない。

タバサ「……条件がある」

タケル「え、条件って…?」

タバサ「私をちゃん付けで呼ばないこと。それと私に名前を明かすこと……」

タケル「え、そんなことでいいの?分かった、約束するよタバサ。俺は天空寺タケル、タケルでいいよ。宜しく!」

タバサ「タケル……分かった…」

タバサは小さく頷くと席を立ち、三冊の本を取ってきてタケルに渡す。

タバサ「まず絵本で字の勉強……」

タケル「うん!お願いします、先生!」

それから夕方になるまでタバサに字を教えてもらった。

書いていく

厨房





マルトー「我らの剣が来たぞ!」

あれからタバサと別れて学院内を歩き回ったタケルは、学院の構造を何とか覚えることができた。
歩き回っている内に学生達の食事の時間は終わり、ちょうどパーティーの時間となっていた。タケルが厨房に入った瞬間拍手喝采が沸き起こった。

「まさか貴族を倒してしまうなんて!」
「君は我々の誇りだ!」

タケル「ははは……」

あまりに持ち上げられすぎてしまい、タケルも思わず乾いた笑いが出てしまう。

シエスタ「さあタケルさん、こちらに座ってください。」

マルトー「シチューやパンだけじゃない、余った材料だが肉や魚もあるぞ!」

タケル「わあ…!じゃあみんなで食べましょう!」

ガヤガヤ……

タケル「やっぱりみんなで食べるご飯は美味しいな……」

シエスタ「タケルさん…?」

タケル「……ううん、何でもないよ。」

マルトー「なあ我らの剣、俺はお前の額に接吻するぞ!なあ!いいな!」

タケル「そ、それはちょっと…ははは……」

マルトー「はは、そりゃそうか!」

マルトー以下、厨房は笑い声に包まれる。

マルトー「なあ、お前どこで剣を習った?どこで剣を習ったら、あんな風に触れるのか、俺にも教えてくれよ。」

タケル「剣ですか?あれは独学ですよ。」

タケルの剣は我流であり、実戦によって鍛えられたものだ。先の戦いで見せた剣術にはルーンの力の手助けこそあれど、殆どはタケル自身が眼魔との戦いで身につけたものだった。

マルトー「聞いたか!お前達!やっぱり本当の達人は言うことが違う!己の腕を誇ったりしない!」

タケル「あ、ありがとうございます…」

こんなにべた褒めされるのは流石に慣れない。タケルは苦笑いしながらも終盤に差し掛かったパーティーを最後まで楽しもうと、デザートのパンケーキに手をつけた。





……………

タケルがハルケギニアに来てから数日が過ぎた。あれからのタケルはルイズの服の洗濯をしなくて良いことになった。
朝は早く起きて座禅の修行、起床時間になったらルイズを起こして食堂へ。朝食を取ったら共に午前の授業を受けて、昼食を取ったら午後は授業を受けたりタバサから文字を教わったり。

夕食は授業を共に受けた日はルイズと共に、タバサから文字を教わる日は遅くなってしまう為ルイズは先に夕食を取って、タケルは厨房で賄い飯を食べてから寮へ。

そんな日々が続いたある日夜中に目覚めたタケルはトイレに行くことにした。

タケル「ふああぁぁ……」

トイレが終わった後、廊下をあくびしながら歩く。向かいの部屋から火を纏ったトカゲのような生物が出てきた。
向かいの部屋はルイズと同じクラスの少女キュルケの部屋である。そして今出てきたトカゲもどきは……

タケル「君は確か、キュルケちゃんの使い魔の…フレイム?」

フレイムはタケルの上着のすそをくわえると、ついて来いというように首を振った。とりあえずタケルはついていくことにした。



つれて来られたのはキュルケの部屋の中だった。部屋の中は暗く、フレイムの周りだけはうすら明るい。暗がりからキュルケの声がした。

キュルケ「扉を閉めて?」

タケルは言われた通り扉を閉める。

キュルケ「ようこそ、こちらにいらして」

書いていく

タケル「そんなこと言われても、暗くて何も……」

キュルケの指をはじく音が聞こえると同時に部屋にあるロウソクが灯っていく。ロウソクの先にはネグリジェのような下着を着たキュルケがベッドの上で妖艶な姿で待っていた。

タケル「き、キュルケちゃん!?どうしたのそんな格好で!」

キュルケ「あなたは、私をはしたない女だと思うでしょうね。」

タケル「いやその、はしたないというかなんていうか……」

キュルケ「いいえ…思われてもしかたないの。わかる? あたしの二つ名は『微熱』」

タケル「微熱…?」

キュルケ「私はね、松明みたいに燃え上がりやすいの。だから、いきなりこんな風にお呼びだてしたりしてしまう。わかってる。いけないことよ」

キュルケ「でもね、あなたはきっとお許し下さると思うわ」

タケル「あの、なんの話……うわっ!」

妖艶な姿のキュルケはタケルに歩み寄ると手を握ってきた。

キュルケ「恋してるのよ。私、あなたに。恋はホント突然ね…」

タケル「えっ……ええ!!?」

あまりにも驚かされた。まさか恋とは。

キュルケ「あなたが、ギーシュを倒したときの姿……かっこよかったわ。彼のゴーレムをマジックアイテムで作った剣や銃で鮮やかに切り崩す姿。特に最後の言葉『俺の勝ちでいいかな』。勝利を驕らない姿に痺れたの。信じられる?痺れたのよ!これは情熱だわ!」

タケル「そ、そんな。俺はただ……」

キュルケはタケルの手を引くとベッドに座らせて自身も隣に座る。果たしてこれでいいのだろうか?
確かにキュルケは女性として魅力的である。しかしいくら発育が良くてもキュルケはタケルから見れば年下の学生であり、まだ互いのことをよく知らないのだ。

タケル「その、悪いんだけど……」

キュルケ「タケル、愛してるわ…」

断ろうとをする前に押し倒される。

タケル(ちょ、ちょっと…!!?)

タケルにキスしようと徐々にキュルケの顔が迫ってくる。ダメだ、こんなのは。しかし身体が麻痺しているかの如く思うように動かない。頭は何とか正常に動くものの身体は雰囲気に完全に飲まれてしまっていた。今まさにキュルケの唇が重なろうとしたその瞬間……

「キュルケ・・。待ち合わせの時間に君が来ないから来てみれば……」

絶妙なタイミングで窓の外から、こちらを覗くやけにハンサムな男が現われた。

キュルケ「ベリッソン! ええと、二時間後に」

ベリッソン「話が違う!」

キュルケは男としばらく言い争って後、魔法で男を吹っ飛ばした。

タケル「あの、今のって……」

タケルはジト目でキュルケを見る。

キュルケ「ただの友達よ」

タケル「いやいや、夜中に窓から忍び込もうとする男を友達とは言わないでしょ!」

キュルケ「愛してるのは貴方だけよ、タケル」

雰囲気の呪縛から解き放たれたタケルを再び押した倒そうとするが次々に窓から男達が現れる。

つまりそういうことなのだ。キュルケは惚れっぽい性格であり、色々な男で遊んでいる少女なのだ。自分はその遊びに付き合わされそうになっただけだったのだ。
タケルはキュルケを優しく押しのけ部屋を出ようとした。

キュルケ「待って、タケル!」

タケル「悪いんだけど、そういうことは本気で好きな人とするものだよ。じゃあね」

そう言ってタケルはドアのノブを触ろうとするが。

キュルケ「ああ、そういうニヒルなところも素敵!!」

キュルケに後から抱きつかれ押し倒される。

タケル「ちょっとキュルケちゃん!俺の話聞いてた!?」

タケルは引き離そうとするがすごい強い力で引っ張られる。

ルイズ「キュルケ!!」

その時、扉が開いて出てきたのはルイズだった。この時のタケルにはルイズが救いの女神に見えた。

キュルケ「取り込み中よ。ヴェリエール」

ルイズ「ツェルプストー、誰の使い魔に手を出してんのよ」

ルイスはキュルケとしばらく言い争い、タケルをつれて部屋を出た。タケルは助かったと思い素直についていった。

ルイズ「まったく、あんな女に篭絡されそうになって」

タケル「籠絡!?そんな、俺は無理矢理されそうになったんだよ。ルイズが来てくれなかったらと思うと……本当にありがとう、ルイズ」

ルイズ「え?…ま、まあ使い魔の面倒を見るのも主人の役目だから当然よ!」

ルイズは驚いた、今までキュルケに誘惑されておちなかった男はいないのだ。
キュルケでおちないなら、自分はどうだろうか。そんなことを一瞬考えてしまい、早く忘れようと眠りにつくルイズであった。





次の日の朝
タケルはいつものように座禅の修行をしてからルイズを起こし朝食へ。

ルイズ「タケル、街にいくわよ」

共に朝食を食べる最中、突然ルイズは言った。

タケル「え…ングっ……何で?」

タケルは口に入れたパンを咀嚼し飲み込んでから言った。

ルイズ「剣を買いにいくのよ。あの剣は確かに便利だけど、直ぐに抜けないならいざって時に私の事護れないじゃない」

タケル「そうかな…直ぐに出せるし、俺もそこそこ格闘は自信あるんだけど…」

ルイズ「常に見える剣を持たせることで私の面子を守らせる意味合いもあるのよ!いいから仕度する!!」

キュルケ「タバサ。今から出掛けるわよ! 早く支度しちゃって頂戴!」

タバサ「虚無の曜日」

キュルケは朝起きた後、再びタケルにアプローチしようとルイズの部屋に行ったがもぬけのからだった。昨日、タケルにやんわりと断られたせいで、キュルケの情熱の炎はさらに勢いを増したらしい。
今までの男達はキュルケに無条件にチヤホヤし、夢中になっていった。キュルケ自身もそれが当たり前だと思っていたが、タケルは違った。
タケルの優しさを大人の魅力だと解釈したらしい。

タケルとルイズが見たことのない鉄の馬で出て行くところを見たキュルケはすぐさまタバサ部屋に行き今に至るというわけである。
キュルケの友人であるタバサはいかにもめんどくさそうに答えた。しかしキュルケはそんな友人の読んでいる本を取り上げ、掲げた。

キュルケ「分かってる。あなたにとってこの日がどんな日かあたしは痛いほどよく知ってるわよ。でも、今はね、そんなこと言ってられないの。恋なのよ、恋!」

キュルケ「恋したのあたし!ほら使い魔のテンクウジタケル、それであの人があのにっくいヴァリエールと出掛けたの!だからあたしはそれを追って突き止めなきゃいけないの!わかった?」

タバサは天空寺タケルという言葉に少し反応を示した。

タバサ「わかった」

キュルケ「あら、貴方にしてはずいぶん物分りがいいのね、とにかく妙な馬に乗って出かけたのよ。貴方の使い魔じゃなきゃあ追いつかないのよ!助けて」

タバサは何もいわずに準備を始めた。

キュルケ「ありがとう! じゃ、追いかけてくれるのね!」

友人のキュルケの頼みというのもあるが、タバサ自身天空寺タケルに興味を持っているからだった。その後2人は、タバサの使い魔、風竜、シルフィードでルイズ達を追った。

ルイズ「あっという間に着いちゃったわ!その『ばいく』って鉄の馬凄いわね!」

タケル「はは…バイクは馬じゃなくて機械なんだけど、まあいいか」

実際に出来るか半信半疑で試した結果、マシンゴーストライカーを呼び出すことに成功したタケルはルイズを乗せて街へとやってきていた。
トリステインの街並みを見渡す。自分はやったことないが、世間で人気のRPG「タドルクエスト」の街並みもこのような感じなのだろうか。

タケル「それにしても、結構狭いね…」

タケルは大通り歩きながらいった。自分が見慣れている地球の大通りはこれの5倍ぐらいあった。主に通るのが人だからだろうか。

ルイズ「この先にはトリステインの宮殿があるの」

タケル「へえ…王様とかいるの?」

ルイズ「今いるのは女王陛下と姫殿下ね。それより財布は大丈夫?」

タケル「もちろん、ほら!」

タケルはズボンから自分とルイズの財布を取り出す。ルイズも「それなら良かった」と道を先へ進んでいく。

実は既に何人もスリを実行しようとしている。しかしその度に失敗するのだ。

タケル(ありがとうございます、エジソンさん!)コソコソ

エジソン眼魂(何、これもタケルの為デース)コソコソ

実は同じポケットにはエジソン眼魂が入っており、スリをしようと手を伸ばしてきた悪漢に電流を流して撃退させていたのであった。

ちょっとだけ書いていく

しばらく歩いていると辿り着いたのは街の裏通りだった。

ルイズ「ビエモンの秘薬屋の近くだったから、この辺なんだけど…」

ルイズはキョロキョロ探す。

ルイズ「あ、あった」

目的の武器屋を見つけたルイズはそこの扉を開けた。武器や入るとしょぼくれた感じの店主がパイプを吸っていたがルイズを見るとあわてて猫なで声で対応した。

店主「旦那、貴族の旦那、うちは全うな商売してまさぁ、お上に目をつけられることなんか、これっぽっちもありません」

そう言ってる時点で全うな商売はしていないといってるも同然なのだが、そんなことは知らないルイズは店主に適当に見繕うように言っている。タケルは店内を見て回ることにした。

タケル「へえ、凄いや……」

大小様々な剣が置かれている。こうして見るとファンタジーな世界にいるという実感が湧いてきて少し高揚する。そんな時ムサシ眼魂が懐から顔(目?)を出す。

ムサシ眼魂(むう?何だこのナマクラどもは!)

タケル(えっ!?ナマクラ!?)

ムサシ眼魂(うむ、日本刀と西洋剣の違いはあれ刀を見る目はある。ここにあるのはどれも形だけのナマクラばかりだ。)

そんな会話がされてるとも知らず店主は奥から剣をとってくる。

店主「これなんかいかがですか?この店一番の業物ですぜ。」

店主が持ってきたのは1.5メイルほどある立派な剣だった。

ルイズ「これいいわねえ」

ルイズはこの剣が気に入ったようである。 店一番の業物といわれたのが良かったようである。

書いていく

タケル「あの、やめといた方がいいんじゃないかな…あんまり良い剣じゃなさそうだし……」

ルイズ「良いの、これにするの」

ルイズは逆にむきになっている。

タケル「いやでも使うの俺なんだし…」

ルイズ「うるさいわね、おいくら?」

店主はもったいぶって散々この剣がいかに立派か語った後、

店主「エキュー金貨で2千、新金貨で3千」

ルイズ「立派な家と森付きの庭が買えるじゃない」

ルイズは目を丸くする。どうやら大層な値段らしい。

店主「これでも安くしてますぜ?まともな大剣なら、どんなに安くても新金貨200が相場でさあ」

言われて、ルイズはぐっと息が詰まる。

ルイズ「これで買えるのは無いの?」

店主「新金貨100ですかい? まあ、なくはないですが」

店主は乱雑に積み上げられた剣の中から、一本の剣を取り出した。
先ほどの大剣と長さは変わらないが、刀身が細めの、薄手のロングソードだった。しかし表面に錆が浮き、見栄えが悪い。

ルイズ「何よこれ、ぼろぼろじゃない」

店主「見た目は少し古いですがね。なあに、ちゃんと手入れをすればまだ立派に役に立ちまさあ」

ルイズは下を向き、ため息をついた。他に買えそうな剣も無いので、一応タケルにも確認してみる。

「仕方ないわ。タケルもこれでいいわよね」

タケル「そうだなあ…」

タケル(どうかな?武蔵さん?)コソコソ

ムサシ眼魂(ふむ……この剣、只ならぬ気配を感じる。タケル、その剣にしろ)コソコソ

タケル「じゃあこの剣で頼むよ。」

ルイズ「決まりね。それ、いただくわ」

タケルは促されるままに財布を取り出し、中身を出す。慎重に金貨の枚数を確認した店主は「毎度」と言い、鞘に剣を収めてルイズに渡した。
剣も買ったし、もうここには用は無い。ルイズは剣をタケルに持たせ、出口に向かう。

ルイズ「タケル、行くわよ!」

タケル「うん」

こうして2人は店を後にした。






学生寮、ルイズの部屋

ルイズ「ちょっと、ツェルプストー。これ、どういうこと?」

ルイズはタケルに右手に持たされた大剣を見て、キュルケを睨みつけながら言った。すなわち昼間の武器やで店一番と太鼓判を押され、ルイズは気に入ったが、金が足りずに諦めざるを得なかった物だ。それを先祖代々の仇敵であるキュルケが持ってきたのだ。面白いわけがない。

キュルケ「タケルに似合いそうな剣を見つけたから、プレゼントするって言ってるのよ」

キュルケは悠然と彼女の視線を受け流す。ルイズ達を見つけたキュルケとタバサは2人を尾行していたのだ。買い物を終えたルイズ達が武器屋から出て行ったのを見計らって入店。ルイズが買えなかったという、店一番という触れ込みの剣を購入したのだ。
そのせいかタバサもこの部屋にいて、ベッドに座り本を読んでいた。

ルイズ「おあいにくさま。使い魔の使う道具なら、既に間に合ってるの。ねえ、タケル」

タケルは二つの剣を交互に持ち上げながら、見比べている。
かたや見てくれはいいが剣豪がナマクラと称した剣。かたや見てくれは悪いが剣豪から太鼓判が出た剣。どちらを使うかは明白だった。

タケル「キュルケちゃん、悪いけど俺はルイズが買ってくれた剣を使うよ。」

undefined

もちろんキュルケが引き下がるわけもない。自信たっぷりにタケルにささやきかける。

キュルケ「この剣を鍛えたのはゲルマニアの錬金魔術師シュペー卿だそうよ。やっぱり剣も女もゲルマニアに限るわよね?」

ルイズ「な、何よ! あんたなんかゲルマニアで男を漁りすぎて相手にされなくなったから、トリステインに留学してきたんでしょ!?」

キュルケ「……言ってくれたわね、ヴァリエール」

ルイズ「何よ、ホントのことでしょう?」

キュルケの顔色が変わる。二人は同時に自分の杖に手をかけた。しかし、つむじ風が舞い上がって二人の杖を吹き飛ばした。見ると、先ほどまでじっと本を読んでいたタバサが杖を構えていた。

タバサ「室内」

タバサは淡々と言い、すぐに視線を本のページに戻す。それでも二人は睨み合いを続ける。その折、キュルケが目線を逸らして言った。

キュルケ「それじゃあ、タケルに決めてもらいましょうよ」

ルイズ「そうね。タケルの剣でもめているんだし……もちろん私の買った剣を選ぶわよね?」

キュルケ「あら~、そんなぼろぼろの剣よりもあたしの剣のほうがいいわよね?」

選ぶも何も自分は先程ルイズの剣と言ったはずなのだが…タケルが小さく溜息をついて再びその意思を伝えようとしたその時…

「こらっ、うるせえぞ! この馬鹿女ども!」

この言葉に、ルイズとキュルケはもちろんタケルまでも固まった。

キュルケ「……馬鹿女?」

ルイズ「タケル……あんた」

タケル「い、いや、俺じゃないよ!?」
 
詰め寄ってくる二人に言い訳するタケル。しかし声はタケルのほうから聞こえたのだ。

タバサ「剣」

ただ一人状況を正確に把握していたタバサは、相変わらず淡々と言った。三人ともタケルが左手に持ったぼろぼろの剣に注目する。

デルフ「人が寝てるとこ起こしやがって」

剣は鎬の金具を腹話術の人形のようにようにかちゃかちゃと動かしながら、言葉を発した。

タケル「ええっ!?剣が喋った!!」

デルフ「おどれーた。おめ、使い手かよ。目も覚めるわけだ」

その様子を見たキュルケは呆れ気味に呟いた。

キュルケ「これって知性を持つ剣、インテリジェンスソードじゃない。また変なものを買ってきたわね」

ルイズ「知らなかったのよ。こんな気色悪いもの、すぐ返品するわよ」

タケル「いやだから、俺はこの剣にするって」

「「え~!」」

ルイズとキュルケは声をそろえて言った。

タケル「ねぇ、君の名前は?」

デルフ「デルフリンガーだ。お前はなんてえ名前だ?」

タケル「俺は天空寺タケル。デルフリンガーならデルフでいいかな?」

デルフ「おう、いいぜ。よろしくな、兄弟」

タケル「うん、よろしく!」

こうしてハルケギニアでのタケルの相棒が決まった。

>>1です、とりあえず生存報告を。

今週中には再開できるのでもう少々お待ちください

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom