後輩「あっ先輩じゃないですかwwww」(260)

後輩「ほら、何ボーッとしてるんですかwww早く腹筋してくださいよwwwww

男「え?ふ、腹筋?」

後輩「ほら早く早くwwww」

男「お、おう…ふんっ! ぐぬぬぬ……うぐっ」

後輩「ぷっwww7回でダウンとかwww貧弱過ぎですよwww」

男「うぅ……」

後輩「まあ、普段から孤独な先輩にはぴったりなスペックですねwww」

男「ぐはっ」

後輩「この前の体育の時も先輩転んでましたしねwwww」

男「(うわぁ…後輩が知ってるって事は、まさか噂になってんのか…死にてえ…)」

後輩「まあ先輩は見た目からして貧弱ですからねwwww……そういえば、この前のテストの結果どうでした?」

男「う…えぇと……五十…六…」

後輩「ぶふっwww体も頭も弱いとかwwwゴミwww」

男「」グサ-

男「…で、でも、普段はそこまで悪くは……」

後輩「言い訳wwwださっwww」

男「がはっ」

後輩「やっぱり、私みたいな完璧超人とは正反対ですねwww」

男「……(そりゃ、まあ)」チラッ

男「(可愛いし、頭良いし、人望もある…けど)」

男「もう少し素の性格が良かったらなあ…」

後輩「ぷぷっwww美少女はみんな聖人だとでも思ってるんですか?ww」

男「いやお前の場合ひどすぎ」

後輩「そりゃあ普段から模範生として振る舞ってればこうもなりますよ」

後輩「いやあー本当に大変ですよ?www昨日も2人から告白されましたもんwwww」

男「!? そ…そうか……ふ、振ったのか?」

後輩「当然振りましたけど……というか、何でそんな事聞くんですか?wwwまさか脈があるかもとか思っちゃいました?www」

男「い、いやそ

後輩「ありえませんからwww先輩と付き合うとか、吐き気がします」

男「ああもうお前なんか吐いちまえよ(震え声)」

後輩「まあ、別の意味では吐かせてもらってますけどね」

男「……ストレスとか?」

後輩「正解です!景品としてこのクッキーをあげます!」

男「お、サンキュ(どうせ後輩の事だし、賞味期限切れのやつとかそういうのだろ」ボリッ

後輩「あ~それ食べちゃいました?www食べちゃいましたかーw実はそれ、期限切れのやつ何ですよーww」

男「おう、そうか(俺もしかしてエスパー?)」ボリボリ

後輩「……」

男「ウマ-」ボリボリ

後輩「…お腹、壊しますよ…?」

男「だな」ボリボリ

後輩「…食べカスが落ちたら汚いです。没収」サッ

男「ア-ッ」

後輩「…話を戻しましょう」コホン

後輩「要は、私の中に溜まったストレスを先輩に全力投球してるって話です」

男「……全力投球する必要性は?」

後輩「ありますね。そうしないと先輩が勘違いしちゃいますからね」

男「ふぬぅ」

後輩「まあ結局、先輩がどうなろうが知った事じゃないんですよ。先輩なんてゴミ箱です、ゴミ箱。ゴミです」

男「理論が一瞬だけ飛躍したな」

男「(というか、本当に俺の事が嫌いなのか…?」

男「(その割には2人だけの部活に毎回来てるけど……分からん)」

男「なんか考え事してたら眠くなって来たわ…zz」

後輩「えっ」

男「zzz」

後輩「ちょっと、せんぱーい。起きてくださいよー」

男「zzz」

後輩「美少女のモーニングコールですよー」

後輩「起きなさそうだし、今日はもう帰るか……」ガラッ

スタスタ………

男「zzz……行ったか」ニヤリ

男「とはいえ何もする事ねえな…帰るか」

男「まあ今日は後輩を出し抜けたって事でーー」

ガラッ

後輩「誰を出し抜いたんですか?先輩」ニコッ

男「」

後輩「先輩の仕草を良く見てれば、寝たふりなんて一発ですよ」

男「くそっ、長年培ってきた俺の特技が…!」

後輩「…」ハア

男「…まあ良っか。それじゃ」

後輩「はい……あ、あのっ」

男「…?」

後輩「こ、今度、一緒に…」ゴニョゴニョ

男「エ?何だって?」

後輩「~っ! 先輩なんてお腹壊しちゃえ~っ!」ダッ

男「?」

ーーーーーー
後輩「……どうすれば素直に伝えられるんだろ…」

ーーーー

ガラッ

後輩「先輩ー、可愛い後輩が来ましたよーwww」

男「ウィ」

後輩「うーわ、せっかく私が声をかけたのにその反応ですかwwwそんなんだから恋人はおろか友達も出来ないんですよww」

男「」グッサアァ

後輩「まあそんなのはどうでも良いですwww…ところで先輩」

男「?」

後輩「今度の休み、一緒に出かけません?」

男「!!??」

後輩「なーんて、嘘ですよwww何ぬか喜びしてるんですかwwキッモwww」

男の心「」グッシャァァァ!

後輩「あはっ、何期待してたんですかwww先輩とのデートなんてもはや罰ゲームですwww」

男「うぅ…(俺はそんなにダメ人間なのか…?)」

後輩「(…えーと、明日は土曜日か)」

後輩「先輩」

男「?」

後輩「明日の朝9時。駅前に来てください」

男「えっ?…えっ?」

キャラが安定してない上にただの毒舌女
解散

後輩「それじゃ」ガラッ

男「あ、おい…」

男「一体どういう風の吹きまわしだ?」

男「……」

男「…そうか…これは」

男「罠  か  ! !」

ヴ-ヴ-

男「?後輩からメール?」

[先輩声が大きいです
普通に校門まで聞こえてます]

男「ひぃっ!?」ガタガタ

男「…あれ?」

男「(後輩が部室を出てからもう5分は経ってるよな)」

男「(何でまだ校門に…まさか待ってくれてたとか…?)」

男「…いや、それはないか。自惚れちゃ駄目だっていつも後輩も言ってるし」

男「さぁって帰るか!」ガラッ

幼馴染「」

男「」バッタリ

男「よ」

幼馴染「こんちはー、…あれ?後輩ちゃんは?」

男「あーさっき帰ったよ」

幼馴染「ほーん、タイミング悪いなあ…まあいっか!じゃ、またねっ」バタバタ

男「じゃあなー」

男「騒がしかった…」

男「さあ、気を取り直して校門行くか」

男「(俺の予想だと、後輩は正門にいると思われる)」

男「(裏門から回ってみるか…)」コソコソ
ーーーーーー

男「(お、案の定いた)」

男「(…少し様子を見るか)」

男「(誰かを待ってるみたいだな…俺か?違うか)」

後輩「……」チラチラ

男「(何かすっげえそわそわしてる…時折校舎の方見てるし…)」

10分後

男「お、スマホ取り出した。メールしようとしてるっぽいけど…何か手が悩んでる感じだ」

ー5分後

男「やっとメールを打ち終わったらしい。しかしあんなに長く何を考えてたのか」

ヴ-ッ ヴ-ッ

男「ん?俺?」

カチッ

[今どこですか]

男「…」チラッ

後輩「……」ソワソワ ケイタイチラッ ソワソワ

男「ふ…普段の毒舌が霞むくらい可愛い…!」

後輩「」ソワソワ

男「おーい、こうはーい」

後輩「!……どうしたんですか先輩?話しかけないで下さい。バカがうつりますからwww」

男「フグッ」

後輩「まあちょうど良かったです。私、そこの文具店に寄ってきた所なんですけど、今なら一緒に帰る事を許可してあげますよ」

男「(さっきまでの態度と真逆…!…少し意地悪をしてやろうかな)」

男「いや、ちょっと用事があるから遠慮しとく」

後輩「え…そ、そうですか……せ、先輩も頭悪いですねw人生で恐らく2度とないチャンスを潰すなんてw……」

男「わ、分かった!一緒に帰ろう!」

男「(何で泣きそうな顔するんだよぅ!泣きたいのはこっちだよ!)」

後輩「! ふ、ふん、今更遅いですよっ」

男「お願いします!一緒に帰ってください!!」

後輩「そんなに言うなら…分かりました、そこの喫茶店で手を打ちましょう」

男「お…奢り…?」

後輩「当然でしょう?あ、先輩って気弱いですしサイフとしてならモテるかもwww」

男「ぐぅっ」

後輩「さあ、そうと決まったら早く早く!」

男「(あれ…結果的に嵌められた…?)」

???「ダメダメな先輩と一緒に帰ってあげますよ! なんせボクは可愛いですからね!」

>>37 ?


男 後輩「」ワイワイ

幼馴染み「お、あの二人一緒に帰ってる…楽しそうでなによりだね」

幼馴染み「相談に乗ってあげた甲斐があるってもんだよ~」

ーーーーー

後輩「うーん…男先輩を帰り道に誘うにはどうすれば良いんだろう…」

幼馴染み「別に普通に誘えば?」

後輩「それができてたら苦労しないって……」

幼馴染み「アンタも毒舌やめれば良いのに」ハア

幼馴染み「じゃあ、有無を言わさない感じで」

後輩「なるほど、強引に…」

幼馴染み「あと、もう少し素直になってみたら?」

後輩「う″…が、頑張ってみる」

幼馴染み「うまく行くと良いね」

後輩「うん。いつも相談に乗ってくれてありがと」

幼馴染み「いやあ照れるなあ!やっぱり私達親友だね!」

後輩「都合の良い友達って事だよね!」

幼馴染「茶化すなっ!」

後輩「ふふっ」

二人「「じゃ、また明日」」

ーーーーー

幼馴染み「(さあーて、文具店に行きますか♪)」フフン

後輩「ほら、あれですあれ!外見は地味ですけど、結構前からあるんです」

男「へー、友達と来る時に使えるかもな」

後輩「先輩友達いないでしょ」

男「居るに決まってんだろ(震え声)」

後輩「はあ…まあ、味は私が保証しますよ」

男「来た事あるのか」

後輩「はい、10回以上」

男「常連さん?」

後輩「いや、色んな男子と」

男「」

男「おま…そんな事してたのか…」

後輩「え?ww何ショック受けてんですかwww私がどうしようが先輩には関係ない話でしょ?wwwwww」

男「いや、そうだけど…俺は純粋に心配してるんだけど」

後輩「はい?ww私が悪い男に引っかるとでも?そんな訳ないでしょwwwただの嫉妬www」

男「いや嫉妬はねえわ」ヒキ


後輩「えっ」

男「え?」

後輩「は?」

男「すいませんでしたーっ」

喫茶「フューリー」内

男「いやあ…てっきり後輩がビッチだったのかと」

後輩「……ぶん殴りますよ?」ガスッ

男「ウボエァッ」

後輩「全く…すいませーん、カフェオレ2つお願いしまーす」

男「あれ?俺の意見は?」

後輩「別に意地悪じゃないですよ。ここのカフェオレは隠れた名物ですから、先輩にも一度試してもらった方が良いと思って」ニコッ

男「(うわあああ笑顔が眩しいいい)」

後輩「(うわあああ今の発言絶対ひかれたあああ)」

男 後輩「(うわあああああ)」

男「ま、まああれだ、俺も嫉妬しなかった訳じゃない」

後輩「当たり前じゃないですかww私と居られるだけでも幸せ者ですよ!www」

男「ま、まあ…な……い、一応かなり可愛いし……」ボソッ

後輩「え?www今なんて言いました?wwwwなんかキモい言葉が聞こえてきたんですけどwwwwww」

男「ぐ、ぐう…!」

後輩「ほらwww何て言ったんです?wwwほらwww」

男「っ…!!あ、ああ、…お前はすげえ可愛いし、気配りがちゃんとできる奴だって言ったんだよ!!」

後輩「え…ちょ……!」

男「それに頭良いし!料理だって上手かったし!家事だって一通りこなせるし!それに、何だかんだ言いつつも俺に構ってくれてる優しい奴だっつったんだよ!!」

後輩「ゃ…ぁ…ゎゎっ……」プシュ----!

男「おもったよりも こうかは ばつぐんだ!!」

男「誉め殺し作戦の成功を確認」

後輩「」

男「しかしこれはやり過ぎたか…ま、ほっときゃそのうち元に戻るか」

二人「」ヌボ-ッ



DQN「………」

男「(なんだあいつ、こっちをジロジロ見て来てる…)」

DQN「…」ハア

男「怪しいな…一応警戒しとくか)」

後輩「……あ」

男「ん、戻ってきたか」

後輩「は…はい」

後輩「…ところで、カフェオレの味はどうでしたか?」

男「ああ、結構美味かったよ」

後輩「でしょう?」フフン

男「だが、グリコのカフェオレには及ばないな」

後輩「ええ~…先輩ってコーヒーとか飲まないんですか…」

男「いや待て、誤解だ。確かにカフェオレが主だけど、(max)コーヒーもよく飲むぞ」

後輩「へえ~」

男「(い、一応事実だよな…)」

男「(なんだあいつ、こっちをジロジロ見て来てる…)」

DQN「…」ハア

男「怪しいな…一応警戒しとくか)」

後輩「……あ」

男「ん、戻ってきたか」

後輩「は…はい」

後輩「…ところで、カフェオレの味はどうでしたか?」

男「ああ、結構美味かったよ」

後輩「でしょう?」フフン

男「だが、グリコのカフェオレには及ばないな」

後輩「ええ~…先輩ってコーヒーとか飲まないんですか…」

男「いや待て、誤解だ。確かにカフェオレが主だけど、(max)コーヒーもよく飲むぞ」

後輩「へえ~」

男「(い、一応事実だよな…)」

男「(なんだあいつ、こっちをジロジロ見て来てる…)」

DQN「…」ハア

男「怪しいな…一応警戒しとくか)」

後輩「……あ」

男「ん、戻ってきたか」

後輩「は…はい」

後輩「…ところで、カフェオレの味はどうでしたか?」

男「ああ、結構美味かったよ」

後輩「でしょう?」フフン

男「だが、グリコのカフェオレには及ばないな」

後輩「ええ~…先輩ってコーヒーとか飲まないんですか…」

男「いや待て、誤解だ。確かにカフェオレが主だけど、(max)コーヒーもよく飲むぞ」

後輩「へえ~」

男「(い、一応事実だよな…)」

男「…と、遅くなったらアレだし、もう帰ろう」

後輩「え?……!?もうこんな時間!?」

男「はい(後輩がずっと惚けてたからな)」

後輩「う″……(もっと色々喋りたかった…)」

男「ほら、行くぞ」

後輩「は、はい!…あ、これ私の分のお金です」

男「お、おう…つーか俺の奢りだったんじy」

後輩「じゃ、先に外で待ってますからっ」タッ

>>51>>52なんてなかったんや!!


男「あ…おま、待てって……」

男「(はあ……なんか情けないな、俺…)」アリガトウゴザイマシタ-

男「(いやいや、そんなに気弱になったらダメだ!本当にサイフになってしまう!)」スタスタ

男「(むしろ、金を奪う意気込みじゃなきゃな!例えば…ヒモとか?)」スタスタ

男「(まあ相手なんて行き遅れたBBA捕まえれば良いしな)」スタスタ カラ-ン マタオコシクダサ-イ

後輩「あ、先輩ー」

男「後輩、俺合コン行くわ」

後輩「」

後輩「は?ちょ、えっ…え?」

男「俺も将来の事を考えなきゃいけないしな」

後輩「い、いや合コンはダメでしょ!そ、そもそも先輩が合コン行ったって独りぼっちになるって!」

男「がふぅ!…い、言ってくれるな…!だが、教室ではぼっちな俺にとっては、そんな事は想定内!今回はちゃんと秘策があるのさ!!」

後輩「!?」

後輩「で、でもやっぱりやめるべきですって!ほら、近くにこんな可愛い女の子がいるじゃないですか!!」

男「お、ほんとだ!あの子可愛いな!ちょっと声かけてくる!」ダッ

後輩「あっちょっこら待て鈍チン!!」タタッ

後輩「ゼエゼエ…やっと追いついた…」

男「おっ後輩」

女「あれ?この子は?」

男「ああ、こいつは…」

後輩「こ、この人の彼女ですっ!」

男「」

ageてもうた…


女「はは、浮気は駄目だよ?」

男「」

後輩「そ、そうで…そうよっ!ほんっと駄目人間なんだから!」ギュ

男「ウウウオアアア」

後輩「そ、それじゃ!ご迷惑をおかけしましたーっ!!」

男「」ズザザ

後輩「ハア…何で先輩は変に行動力があるんですか…」

男「いやー、申し訳ない…恥かかせちゃってすまんかった」

後輩「本当ですよ!…先輩の彼女役なんて(異性として)恥ずかしいに決まってるでしょ……」

男「う″…やっぱり(人として)恥ずかしいか…」

後輩「で、ですから、その…今後は、ナンパとかそういう事はやめてくれませんか?…私がいるんですから…」

男「…確かに後輩の前でこんな恥ずかしい事をする訳にも行かないよなあ…分かった、そうする」

後輩「鈍過ぎなのよこの大バカ!!」

男「?」

その構ってくるところが良いんだろ

男「まあなんだかんだ今日も楽しかったよ」

後輩「そ、それなら良かったんですけど…」

男「…えーと、俺の家はこっちか…後輩、お前ん家はどっち?」

後輩「向こうのほうです」

男「そっか、じゃあな」

後輩「えっ」

男「え?」

後輩「先輩頭大丈夫ですか?もしかして虫でも湧いてんの?」

男「え、いや、へ…?(俺なんか選択ミスッたか!?)」

後輩「はあ……良いですか?普通の女の子なら、ここでビンタ入れててもおかしくないですよ、この甲斐性なし」

男「ぐうっ……」

後輩「こういう時は、普通ーー」

イケメン「お、後輩ちゃん!どうしたの?学校帰り?」

後輩「あ、イケメンさん、こんばんは!」ニコッ

男「」(アニメで言う背景)

後輩「イケメンさん、部活終わった所ですか?」

イケメン「ああ、汗臭くてごめんな」サワヤカ-

男「(あ、シーブリーズのかほり)」

後輩「いえいえ、そんな事ありませんよ」ニコ

男「(うっわーすっげー良い笑顔)」

イケメン「えーと、もう暗くなってきたし家まで送ろうか?」

男「(!そういう事か)」

後輩「うーん、せっかくですし…」

男「(イケメン人間出来過ぎだろ…嫉妬以前に敗北感が……)」ガクッ

後輩「ぜひ、と言いたい所なんですけど、今日は遠慮しておきます」ニコッ

男•イケメン「!」

イケメン「…そうか、じゃあ道に気を付けてね」ハハッ スタスタ…

男「…」

後輩「…分かりました?交際経験ゼロのお馬鹿さん」フン

男「…あれ?交際経験って多ければ多いほどビッチじゃね」

後輩「わ…私は違います!!付き合った事はないです!」

男「何だお前も童貞か」

後輩「そ、そんな下品な事言わないで下さい!あと私は女の子ですから、それを言うなら…しょ…処女でしょっ」カアア

男「いや、そうやって初々しさ出そうとしなくて良いから」

後輩「実際恥ずかしいんです!!先輩のくせに何でそんな冷静なんですか~っ!」ボコボコ

男「可愛い腹パンもあったもんだ」

後輩「こ、この童貞があぁっ!!」

男「どどど童貞ちゃうぉくぁwせdなんjrftgyふじこlp」

後輩「一回落ち着きましょう」

男「まずこのssにて注意していただきたいことが」

1、>>1はss初心者。「いくらなんでもこれはないわ」とか「キモ過ぎる」
とか思った人はブラウザの戻るを押してください。
2、メタ発言があります。ご容赦ください。
3、更新が遅くなります。

男「まあこんぐらいか。あとは…まぁキャラの設定としては>>1の知り合いなどが使われている。
  ちなみに主人公の設定はほとんど作者だ。」

男「次から口調かわる」

男「じゃぁ温かい目で見てやってください。はじまりはじまりー」

男「よし、落ち着いた」

後輩「じゃあ、この可愛くて非力な女の子を早く送ってくださいよ」

男「あ、そうだ、イケメンの奴行っちゃったぞ…良いのか?」

後輩「仕方ないでしょう?気配りの出来ない先輩には私が教えてあげないと」

男「そうか…ありがとな」

男「よし、俺も来るべき恋愛に備えて頑張るか!」

後輩「来るべき恋愛?」

男「ああ、俺好きな人がいるんだ」

後輩「…………ぇ」

男「まー振り向いてくれるかは分かんないけどさー」

後輩「(いや…私みたいなのは嫌われて当たり前だよね…)」

後輩「(普段暴言ばっかりで……)」

後輩「(分かってたはずのに…)」

男「でもさ、…?後輩、どうした?」

後輩「なんでも、ない…」ポロッ

男「え、ちょ…」

後輩「さようなら、先輩」ダッ

男「あ、待て!」タッ

後輩「っ…着いてこないで下さい…!」タタッ

男「断る!!」タタッ

後輩「……っ」ダッ


ーーじゅっぷんごーー

後輩「ゼイ…ゼイ…」

男「ゼエハア……ゲホッ」

後輩「…何でついてくるんですか…ここは普通、突っ立ったまま唖然とする所でしょう…」ゼエ

男「そ、そうなのか…」ハアハア

男「…でも、結果的には送った事になったか…」


後輩「(…あ、そうだ、さっきの話は……)」

後輩「せ、先輩、好きな人がいたんですよね…」ゼエ

男「あ、ああ…」ゲホッ

後輩「…先輩なら、いけると思います」ジワ

男「……え?」

後輩「……ですから」ポロポロ

後輩「頑張ってください」ニコッ

男「こ、後輩……?」

後輩「う、うぅぅ…」

男「ちょ、おい…」

後輩「す、すみませ…ヒクッ…ぅ…ぁぁぁ…」

男「……(きっと嫌がられるだろうけど…)」

男「……悪い」ギュッ

後輩「あ…」

後輩「…だ…め…」

男「……」

後輩「うぅ…そんな事されたら…ヒクッ…好きになっちゃいます…」

男「…後輩」

後輩「…だから…ぅ…でも…もう少しだけ……」ギュゥゥ

男「……」

後輩「ぅ…グズッ…あぁっ……あぁぁぁ!!~~っ!」ギュゥゥゥ

男「(やばい苦しい死ぬ)」サ-

後輩「ぅ″ぅぅぅ~っ!」ギュ

男「こ…後輩」サァァ

後輩「~っ!~~っ!!」ギュウゥゥ

男「こうは…くる…し…」キュウゥ

後輩「ぅぅ…グスッ……ぁ…あれ?せ、先輩?」ヒクッ

ふう

男「」

後輩「…どうしよう…」

後輩「(…ここは私の家の前)」

後輩「(今は一人で泣きたいけど、先輩を放置する訳にも…でも先輩は違う人を…うぅっ…)」

後輩「ーっ、もうどうにでもなれっ!」ズザザ

ーーーーー

男「…ぅーん……」パチ

後輩「」スウスウ

男「!?」

後輩「」スウスウ

男「……」

男「…」ソ-ッ

後輩「」スウスウ

男「……」ソ-ッ

後輩「……ぃ…」ムニャムニャ

男「!?」ビクゥ!?

後輩「」スウスウ

男「……」ホッ

男「…」ソ-ッ

後輩「……んぅ…」ガシッ

男「!!」

後輩「」スウ

男「……」ガックリ

男「…後輩、起きろ」

後輩「…ん……ふあぁぁ」

男「とりあえずこの状況を説明してくれ」

後輩「ぁ…ああ、先輩がだらしなくのびてしまったので、公園のベンチに連れて来てあげたんです」

男「でもこんな事しなくても良かったろうに……っと」

後輩「私にとっては良くないんです」

後輩「それに、あのままだったら、いかにも不審者な先輩は警察に連れてかれます。間違いなく…ふぁ」

男「(……寝起きのせいか毒舌の威力が…)」

男「……」

後輩「……」

男「…後輩」

後輩「何でしょう先輩」

男「この格好、恥ずかしい…」

後輩「私だって恥ずかしいです」

男「…なら」

後輩「先輩」

男「は、はい」

後輩「私のワガママを許してくれませんか…?」

男「!…分かった…けど」

男「後輩は、俺なんかに膝枕なんてして良いのか…?」

後輩「ばかですね、先輩も。ーー私は」

後輩「ーーーーー」


男「……」

男「……そっか」

後輩「分かってたとは思いますけど、……ちゃんと伝えたのは初めてですね…」

男「……」

後輩「…」

男「……ごめん」


HAPPY END!

すうじつご

ガララ

後輩「あっ先輩じゃないですかwwww」

男「むしろ俺以外に誰がいるのか」

後輩「知ってます?ここって夜な夜な女の声が…」

男「おい馬鹿やめろ今夜トイレ行けなくなる」

後輩「あははっ、男の子のくせに怖がりwww頼りないしモテませんよwwww」

男「別に後輩以外にはモテなくて良いや」

後輩「は?」

男「えっ」

男「いやこの前お前」

後輩「私は先輩の事好きなんて言った覚えはないですっ」フイ

男「俺はちゃんと言ったけどなあ…」ポリポリ

ーーーー

男「…ごめん」

後輩「あはは…嘘……ふふ…うっ…」

男「今はまだ待って欲しい」

後輩「グスッ……え?」ヒック

男「俺さ、さっき好きな人がいるって言ったよな」

後輩「……はい…(?)」

男「あれは…ただ、カマをかけたかっただけの嘘だ」

後輩「!……」

男「(俺は、好きの一言も言えない臆病者だけど)」

男「あの時はごめん。後輩の事を傷つけちゃって…本当にごめん」

後輩「……」

男「(人の気持ちも考えない自己満野郎だけど)」

男「…でも」

男「いつかちゃんと告白するから…!それまで、待って欲しい」

後輩「…………」ハア

後輩「……ダメです」

男「(これは…嫌われたな)」

男「(でも、俺みたいなキモいのを諦めさせられたんなら、良かったのかな…)」

男「……」

後輩「今すぐ、ここで告白して」

男「!?」

後輩「私は自分の気持ちを言いました!だから、先輩も……」ドキドキ

後輩「(これって脈ありってことだよね!?そうだよね!?)」バクバク

男「……後輩がそう言うなら…」

後輩「ごくり…」

男「後輩…」


男「好きです。俺と付き合ってください!」

後輩「!!!……あぁぅ…」フラッ

男「つ、遂に言った……お、おい?後輩?」

男「……気を失ってる…」

男「しかし公園で倒れられても困るなあ…」

男「まあいっか…二人でベンチでぼーっとするのも悪くないな…」

…………

ウウオアアア


ーーーーー

後輩「と•に•か•く!この前のことは忘れてください!!」

男「はいはい…」

コンコン ガラッ

女「おーい男~…って、この子は……巷で噂の美少女ちゃんじゃない!」

後輩「!?…こ、こんにちは…」

女「可愛いなぁ」

後輩「ど、どうも…?」ビクッ

男「おーい、あんまいじってやるなって。で、何の用事だ?女」

後輩「(この人、誰……?)

女「そうそう、この部活にやってもらいたい事があってさ…」

男「うんうん…」

後輩「……」

女「…んで、後の部分を…」

男「おーけー、把握した」

後輩「……」

男「…ん?どうした?」

後輩「い、いえ!何も……」

男「そうか…(何か妙な顔してたな…)」

女「ほほう…」ニヤリ

女「お二人さん、もしかしてお付き合いしてるのー?」

男「ま、まあn

後輩「違います」

男「」

女「あら」

後輩「こんな人よりも、もっと良い人が沢山いますよ」キッパリ

男「(あれ?嘘に聞こえない)」

女「うーん…じゃあ」

女「私が貰っちゃおうかな?」

男•後輩「は、はぁ!?」

男「おま、確か彼氏が…」

女(演技よ演技!)

男(!なるほど…)

後輩「だっ駄目ですよそんなの!」

女「へえ?」

後輩「第一この人にはもう恋人が…!」

男「あー俺誰とも付き合ってねえしな…どうしよ」

後輩「え!?この前の事…!」

男「あー、忘れちった」

後輩「うぅー…!」

女「…じゃ、オーケーって事かな?」

男「まあ断る理由も…」

ギュ

男「?」

後輩「……」フルフル

男•女「!」

男「…こう…はい?」

後輩「……」ウルウル

後輩「だめ…」

男「だ、駄目って」

後輩「……」ウルウル

男「(やばいやばいやばばばば)」

女「(ああもう抱きしめたいなあちくしょう!)」

後輩「……」ウルウル

男「そ…袖つまむのはやめてくれ…」

後輩「……」カバッ

男「ちょっ…おわ!」ギュゥ

後輩「先輩は……わたしのだから…!」ギュウウ

男「後輩…」

女「じゃあ私はここらで…」コソコソ

後輩「…わかってるんです…先輩の気持ちは……」

後輩「でも、もし先輩がどっかに行っちゃったらと思うと、私…」ギュウ

男「……」

男「…そういえば、この前の返事、まだ聞いてなかったな」

後輩「へ…」

男「俺は、お前の事が一生好きだ…だから」

後輩「あ…わ、私は…」

後輩「私で良ければ……よろしくおねがいします…」

男「!!……じ、じゃあ…改めてよろしく…」

後輩「は…はい…!」

幼馴染「えんだああああああ!!」ガラッ

後輩「いっ…イヤアアアアア!!」

後輩「ど、どこから聞いてたの!?」

幼馴染「さーあ?」ニヤニヤ

後輩「あぁもう!」

幼馴染「この前だってあの喫茶店に二人で入ってたし!意外にグイグイ押すんだね後輩ちゃん!」

後輩「何で知ってんのよっ!!」

男「(ああ、そういう…あのDQN君、こき使われてたのか…)」

幼馴染「じゃあ後はごゆるりと~♪」ピシャン

後輩「本当にもう…」

男「…騒がしかった」

後輩「全くですよ…」

男「……」

後輩「……」

後輩「…せ、先輩」

男「な、何でしょうか」

後輩「わ、私たち、恋人同士…ですよね…?」

男「そ…そうだな…?」

後輩「じ、じゃあ…そそ…その…キ…キス、とか…」

男「!?」

後輩「して…欲しいなっ…て…」

男「っ……分かった」

後輩「い、いや冗談ですって先輩はほんとバ…へっ!?」

男「後輩…目を瞑れ」

後輩「ひ…ひゃい……」

後輩「ん…」スッ

男「…行くぞ」

後輩「(えっちょっ本当に!?)」ドキドキ

後輩「(で、でもヘタレな先輩の事だし、きっと出来ないに決まって…!)」

シ-ン

後輩「……」

後輩「(ほら…やっぱりからかわれたのかな…)」

後輩「…先輩?」パチ


後輩「!!っーーーーーー」

男「ーーーー」ダキッ

後輩「ーーーー」ギュウ

「ーーーー」


HAPPY EMD!

放課後


後輩「…でね、その時先輩が…」

幼馴染「……うん」

後輩「…後、帰り道にーー」

幼馴染「…ちょっとストップ」

後輩「-手を繋いでくれたの!」キャー

幼馴染「無視するなーっ!」キー

幼馴染「さっきから彼氏の話ばっかりじゃん!聞いてるこっちの身にもなってよ!」

後輩「え”-……」

幼馴染「めんどくさっ!」

後輩「だってようやく先輩に甘えられるようになったんだもん」

幼馴染「はー……というか、惚気話をずっと聞くのは正直しんどいんだよ」シナッ

後輩「じゃあ、幼も好きな人にコクればいいのに」

幼馴染「うーん?…話が微妙にかみ合ってない……」

後輩「えぇと、時間は…じゃあ、私はそろそろ部活だから!じゃ!」トテテッ

幼馴染「じゃーねー」

幼馴染「…」

幼馴染「わたしは男の事好きなのかなあ」


便宜上、幼馴染の知り合いを男とします
今までの男は先輩にする

幼馴染「ただいまー」ドサッ 

幼馴染「さあってと……よし、男の部屋の窓は空いてる…おばさんもわかってるね」

ガラッ ササッ


~~~~~

通行人1「!? Look!Who’s the girl!」

通行人2「Oh!She is NINJA!!」

ここまでプロローグ

男「独り言か」 幼馴染「二人言だよ」

タダイマ-

男「ふいーっ疲れた」

男「さあってと、DSでもやるか…」ガチャ

幼馴染「お~っす」ポリポリ

男「またか…」ハア

幼馴染「良いじゃん、いつもの事だし」ポリポリ

男「いつもだから困ってんの。そのポテチコンソメ?」

幼馴染「そうだよー、はい」

男「サンキュ」ポリポリ

幼馴染「あー」モフッ

男「ん、どうした?」

幼馴染「……」ボ-ッ

男「…?」

幼馴染「…」チラッ

男「はい?」

幼馴染「……」ン-

男「(何考えてるかさっぱり分からん)」


アイディアァが某ssの二番煎じになるかも知れない

幼馴染み「……ん、…」ヒョイヒョイ

男「?こっちに来いって事?」スタスタ

ギュ

男「!!」

幼馴染「……」ジ-

男「(平常心平常心)」ドキドキ

幼馴染「んー…」サッ

男「(あ……何か残念…)」

男「なあ幼、さっきから変だけど何してんの?」

幼馴染「……」ボ-

男「駄目だ、分からねー」

幼馴染「………♪」スンスン

男「(あれ?俺のベッドもしかして臭ってる?)」

幼馴染「…!」ハッ

幼馴染「男って彼女いる!?」バッ

男「おわっ何ですか急に!!…彼女なんていないに決まってるだろ」

幼馴染「良かった……あれ?」

男「?どうかした?」

幼馴染「……?…?」

幼馴染「…」ジ-

男「う″…何だよぅ…」ジ-

幼馴染「……」ポッ

男「(あっ可愛い)」

幼馴染「む~…」ピッピッ

男「……(いきなりケータイ?why?)」

幼馴染「もしもし~」

幼馴染「あのねー、いま男と目が合ったんだよー」

男「?(誰と会話してるんだ…)」

幼馴染「でね、その時に何だか急に恥ずかしくなったの」

男「!?(ここここれはまさか!?)」

幼馴染「いや、いつもは違うけど…何でだろ、異性として見てみたからかも」

男「(いや待て勘違いかもしれないまだあわわわわっばばばbイエアァァァッ!!!)」

幼馴染「うん、これって好きって事なのかなあ」

男「!!ww?wwWWw??wwW」

幼馴染「うん、ありがとーバイバイ」ピッ

男「フ-……今のはどちら様?」

幼馴染「……」ボ-

男「(スルーかよ!…でも可愛いから許す)」

幼馴染「うーん…恋って何だろうねー」

男「(お、ようやく喋った…)普通に恋は恋じゃねーの」

幼馴染「むむぅ」ゴロリ

男「(あれ?シカトされてる?)」ガ-ン

男「おーい?」

幼馴染「おちゃ」

男「(あ、シカトはされてないんだ)」

幼馴染「……」

幼馴染「私って男が好きかも」

男「ぶふぅぅっ!?何を急に!?」

幼馴染「うーん…どうだろー」

男「えっマジで!?」

幼馴染「むー…後輩はそうだって言ってたけどなあ…」

男「いやいや、お前自身はどう思ってんのさ!」

幼馴染「でも、後輩だってまだ付き合って間もないしなー」ゴロン

男「…あれ?」

幼馴染「でも、将来のビジョンが一つしか浮かばないんだよー」グデン

男「(うーん…スルーしてる訳でもないし)」

幼馴染「やっぱりそういう事なのかも…」ウ-ン

男「(一人でとうとうと語ってる感じ…そうか、これはただの、そう、ただのーー)」

男「独り言か」

幼馴染「うーん…?」

幼馴染「……二人言だよ」

男「え?」

幼馴染「男…私、たぶん…いや、男の事が好き」

男「え…え?」

幼馴染「ねー男、私と付き合おー」グイグイ

男「…」カッ-チン

幼馴染「ねーねー、聞こえてるー?男ー?」

男「…」

幼馴染「男ってば変なのー」

男「…のは…」プルプル

幼馴染「?」

男「変なのはお前だあぁぁ!!」バッ

幼馴染「げうっ!?」

幼馴染「げほっ!ひどいよ!何でいきなり投げ技決めるの!?」

男「はあ…雰囲気もへったくれもない告白だなあ…」

幼馴染「う″ぅ……でも、男とそういう空気になるのは想像出来ないなぁ」

男「ぐ…確かに」

幼馴染「それでさ、返事!返事は?」

男「ええと…当然オーケー…だけど…」カアア

幼馴染「あ、やっぱり。実はなんとなく分かってたんだよ」

男「なんか俺が馬鹿みたい…」ガックシ

男「幼はさ、そういう雰囲気になりたいとか思わないの?」

幼馴染「うーん?どうだろ」

男「ダメだこりゃ…」ハア

幼馴染「だって、これからも私達はずっとおんなじだと思うよ?」

男「…なら、無理に変えてやるっ」ギュムッ

幼馴染「きゃっ!?」

男「ほら…これでどうだ…!」ドキドキ

幼馴染「ん…あったかいね、男」ニコ

男「(あれれ~おかしいな~)」

男「幼、こう…ドキドキしたりしない?」ドキドキ

幼馴染「なんで?別に私息切れしてないよ?」ギュウ

男「(ダメだこりゃ)」ドキドキ

男「幼って鈍感だな…」パッ

幼馴染「え?鈍感?」

男「そう」

幼馴染「うーん、それはちょっと違うかなぁ…」

幼馴染「何ていうか、これまでの男との関係は恋人って感じじゃなかったし…」

男「え″っ…じ、じゃあどういう関係だってばよ……」

幼馴染「うーん……夫婦?」

男「」ブッ-

男「思考がぶっとびすぎィ…」

幼馴染「でも、私たちって夫婦に近いと思うんだ」

男「うーん?」

幼馴染「何する時も一緒だし、もはや家族みたいなものでしょ?」

男「お?……お、おおっ…!」

幼馴染「ね?」

男「すごいな幼、大発見じゃん!」

幼馴染「へへっ」ニヘ

男「(こいつと結婚しよう)」ボ-

幼馴染「それじゃ、今後ともよろしくね、男♪」

男「結局何にも変わってない気が…まあ、いっか」

おしり

男「ところで、この前のあの二人ってどうなったの?」

幼馴染「あー、今はもうらぶらぶだよ」

男「へえー……というか、あんなに人をこき使うのはもうやめてくれよ?」

幼馴染「さあ?」

男「善処してくれよ…」ハア

ーーーーー

よ く じ つ

ガララッ メリッ

後輩「せーんぱー…あれ?いない……」

後輩「どうしたんだろ…」

後輩「…あ、夕陽きれい……」ポ-

後輩「…って違う!!先輩ってばどこ行っちゃったの!?」

後輩「(そうだ、職員室に行けば…)」

…………

先公「ああ、先輩君は風邪で休みだね」

後輩「!…そうでしたか」

シツレイシマシタ

後輩「……」

後輩「…あれ?」


後輩「(先輩の家ってどこだっけ…)」

後輩「(そうだ、メールを使って聞けば…)」

後輩「(…ぅ…でも迷惑かなぁ…)」

後輩「(メールは緊張するからなるべく使いたくない…)」

後輩「(んー……)」

先輩宅

先輩「」ゴホゴホ

先輩「(……喉が渇いた)」ケホッ

先輩「少しくらいなら、外出したって大丈夫…だよな?」

先輩「げほっ!?ごふっ、おえっ…」

先輩「(今回の風邪は結構重いな…)」

先輩「(後輩は今何してるんだろか…)」

ガチャ パタン

先輩「」フラフラ

先輩「(めまいが…きっつ…!)」ヨロッ

先輩「あ、あった…あの自販機だ…」

先輩「(maxコーヒーってほんと売ってる場所が少ないんだよな)」ピッ ガコォォン

先輩「…っ!」フラ

先輩「やば…倒れ…!!」

ドサ

後輩「っ重…!」

先輩「こ、こう…はい?」

後輩「へへ、先輩ってば何で外出歩いてるんですか」

先輩「う″…すいません」

後輩「ほんとに先輩は迷惑かけてばかりですね…」

後輩「やっぱり完璧な優等生の私がいないと駄目っ…!」フラ

先輩「だ、大丈夫だ!自分で帰れる!だからーー」

後輩「何言ってるんですか。美少女が送ってあげるって言ってるんだから、
のろまな先輩はおとなしく従ってて下さい」ニコ

先輩「……」

先輩「ありがとう」

後輩「素直に感謝できる人は嫌いじゃないです…っ」ヨロ

5分後…


後輩「よいしょっ…と」

先輩「ここまで肩貸してくれてありがとうな」

後輩「いえ、このくらい」ニコリ

先輩「鍵は…」ゴソゴソ

カチッ ガチャ

先輩「」スタスタ

後輩「おじゃましま~す…」ドキドキ

先輩「えっ」

後輩「えっ?」

先輩「家に上がるの?」

後輩「いや普通上がりません?客の分際で言うのもあれですけど」

先輩「マジか…」

後輩「…先輩、今まで一体いくつのフラグを折ってきたんですか……」ハアァ

後輩「というか、今気付きましたけど」

先輩「はい」ケホッ

後輩「彼女なら家に入るのは普通じゃないですか?」

先輩「あっ」


先輩「…でも住所教えたっけ」

後輩「先生が普通に教えてくれましたよ」

先輩「プライバシーもあったもんじゃないな」ゴホゴホ

後輩「とにかく、先輩は早く寝てください。私が付き添ってあげますから」

先輩「悪い…」ドサッ

後輩「ところで、親御さんは?」キョロキョロ

先輩「ああ、一人暮らし」

後輩「! へえぇ~…」

後輩「…私、まだまだ先輩の事知らないんですね…」

先輩「そうだな」ケホ

後輩「ま、まあ知らなくても良いんですけどね!どうせ住む世界が違いますし!」

先輩「後輩」

後輩「あ、はい」

先輩「」スタスタ ゴソゴソ

後輩「? …そのメモ帳とペンで何するんですか?」

先輩「」カチッ カキカキ

後輩「(ケータイ見ながら何書いてんだろ…)」

先輩「よし、できた」

後輩「で、何ですかそれ」

先輩「ここには俺の携帯の電話番号が書いてある…」

後輩「っ!」バッ

先輩「(ほう…脊髄反射か)」サッ

後輩「!?」

先輩「欲しければ自力で取ってみるが良い」

後輩「そんな高く持ち上げられたら取れないですよ!」グググ

後輩「(この紙切れがあれば先輩といつでも話せるっ!)」ググ

先輩「さっき言わなかったっけ?知らなくても良いって」

後輩「う″ぅっ…そ、それはそれ、これはこれです!」ググ

先輩「(つま先立ちする後輩可愛い)」

後輩「というか、こんな嫌がらせをするなんて小学生ですか!」

先輩「体は子供、頭脳も子供!何もおかしくないハズだ!」

後輩「確実に精神年齢の方が低いです!」グク

後輩「高校生にもなってこんな事するなんて、恥ずかしいでしょう!?」

先輩「良いだろ、ほのぼのしてて」

後輩「ほのぼのを通り越してシュールです」


後輩「もう駄目…疲れた」

先輩「お前意外にスタミナないんだな」

後輩「私はスベックどうこう以前に女の子ですってば」ハア


後輩「あ、そういえば」

先輩「どした」ケホ

後輩「普通に先輩のケータイ取れば良いですよね」スッ

先輩「しまったぁぁっ」

後輩「って!先輩風邪なんだからおとなしくしててくださいよ!」

先輩「ん、それもそうゲ…が…ゴホッ!ケホ、ゲホッ」

後輩「だ、大丈夫ですか!?」

先輩「ぐ…ヴェ……はあ、安静にしなきゃなあ」

後輩「ほら、早く布団に入って…ええと、今日は何か食べました?」

先輩「そう言えば何も…」ケホ

後輩「台所借ります。お粥作って来るから待っててください」スタスタ

先輩「え、ちょっと…ケフッ…ウック」

………

後輩「出来ましたよ~」ホカホカ

先輩「お、おお、ありがとう…」

後輩「? 何で微妙に嫌そうな顔するんですか…?」

先輩「え…えーと…」

後輩「もしかして迷惑でした…?」

先輩「ち、断じて違う!…その…オカユキライ」

後輩「へっ?」

後輩「……ぷっ」

後輩「あは…あはははは!お粥が嫌いですか!」

先輩「笑うなよぉ…」

後輩「好き嫌いがあるとか、子供っぽいですよwwww あはは!」

先輩「ぐぅっ…反論できない」

後輩「あははは…あーあ、幻滅しちゃいました」

先輩「!?」

後輩「こんな人が彼氏とか、恥ですよ」

先輩「え…ちょ、待っ」

後輩「……」スッ

先輩「っ…て、え?」

後輩「ほら、早くしてください。美少女のあーんなんてめったにありませんよ」

先輩「あ、ああ……あーん…」パク

後輩「まあレトルトですから、味を聞く必要もないですし」スッ

先輩「そ、そっか…あーん…」モグ


先輩「というか、こんな事する必要は?」

後輩「あ、あります!」

後輩「だって、私が食べさせてあげなければ先輩はお粥を食べないでしょう?」

先輩「ま、まあ…」

後輩「好き嫌いの多い彼氏とか、世間受けが悪いんですよ」

先輩「そう…か?」

後輩「ですから、私が外面を保つためにこれをやってあげてるんです!」

先輩「……」ケホッ

後輩「そう、恋人なんて私にとってはステータスなんです!
先輩なんて実際はどうでも良い存在なんですっ!」スッ

先輩「ん、そうか…あーん」パク

先輩「ごちそうさま」

後輩「はい」

先輩「……」ケホ

後輩「……」

先輩「(あれ?冷静に考えるとやばくね?夜近くに二人っきりとか)」

後輩「(この状況、もしかしてもしかしたりする!?)」

先輩「な、なあ後輩」

後輩「(先輩とあんな事やこんな事…キャッ♪)」カア

先輩「…おーい?」

後輩「(はっ! でも避妊ってどうするんだろ!?あの道具今ここにあるのかな…
いやいや、出来ちゃったら出来ちゃったで責任を取ってもらえば…責任、結婚…けっk」プシュ-

先輩「違う世界に飛んでるな、これは」

ブ-ッ ブ-ッ

先輩「ん、後輩の携帯に着信…?」

先輩「流石後輩。メールも絶えないとはなかなかの人気だな」

後輩「えへ…せんぱいにほめられた…」ヘラ

先輩「聞こえてるんかい」

後輩「」ポ-ッ

先輩「(そういや、後輩って何だかんだ充実した生活してるんだよなー)」

後輩「」ポ-ッ

先輩「(俺は友達そんなに居ないし…)」カチャ

手元にあったガラケーを拾い上げる。着信はゼロ。

先輩「(ぼっちあるある。
一瞬携帯が光っているのが見えて、メールかと思ったら
ただ表面が日光を反射していただけだった)」

後輩「」ボヘ-

先輩「(…そういや、後輩との出会いって何だったっけ…)」

~~一年アゴ~~

校門前

ガヤガヤ

後輩「(ここが私の入る高校…)」ドキドキ

幼馴染「ほら、早く行こう!」グイ

男「おわっ制服引っ張んな!」

後輩「えっ…あ、ちょっと二人とも待って!」タタッ

掲示板前

幼馴染「やった!男と同じクラスだよ!」

男「ふ、ふーん…そうなのかー」

幼馴染「あっ、男も嬉しそうな顔してる!」

男「ばっ、そんなんじゃないよ!」

後輩「私だけ違うクラス…」ガ-ン

幼馴染「ま、まあ何とかなるよ」

後輩「(何これ…すごい不安)」

教室内

先生「さ、これで全員の自己紹介が終わったな。後はしばらく自由だから、今のうちにクラスの顔を覚えとけよー。
それじゃ、俺は20分に戻る」ガラッ

…ザワザワ

後輩「(え、えーと…誰に話しかけよう…)」

生徒1「あ、あの!後輩さん…ですよね?」

後輩「え?は…はい、そうですよ」ニコッ

後輩「(…この雰囲気…知ってる)」

生徒1「ぼ、僕と付き合って下さい!」

後輩「ごめんなさい」ニコ

後輩「(もう慣れちゃった自分が怖い…)」

ーーーー

ガヤガヤ

後輩「(やっと学校終わった…)」スタスタ

後輩「(もう、二人のいるクラスは解散したみたいだし)」ハァ

後輩「(……結局、男子は私をそういう目でしか見ないのかな…)」スタスタ

後輩「(…って、あれ?)」

後輩「ここ…どこ?」

後輩「人気が全然ない…」テクテク

後輩「(こんな所に美少女がいたら襲われちゃうわ!)」ギュ

後輩「(…なんて冗談は置いといて)」

後輩「早く人の声のする方に戻らなきゃーー」クルッ

上級生1「お、君、こんなところでどうしたんだい?」

上級生2「すっげえ可愛いな。新入生?」

後輩「え、あ…あの…」

後輩「(そ、そんな…作り話じゃないし、襲われたりしないよね?)」

上級生1「なあ、これから俺達と良い事しねえか?」

後輩「っ!?…ぇ、遠慮します……」

上級生2「はは、断れると思ってんの?第一、ここには助けは来ないぜ?」

後輩「お、大声を出せば…」

上級生1「出したら酷い目に合ってもらおっかなー」

後輩「っ!」

今更だけど鳥必要ですかね

他スレで乗っ取りがどうとかややこしい事になってたけど

>>190はなかった事にしといてください

今日はここまでで寝る
見てくれてる人が居たらありがとう

上級生2「さあ、早くイこうぜ…!」ジリッ

後輩「ゃ…だ、誰かぁ…」フルフル

上級生「ふへへ…言っただろ?ここには誰も来ねえんだよ!!」

先輩「……」スタスタ…ピタッ


上級生1「…」

上級生2「…」

後輩「…」

先輩「……」


上級生「…ここには誰も来ねえんだよ!!」クワッ

後輩「(言い直した…)」

先輩「……」

上級生2「っち…何だお前…!」

後輩「(やった!助かった!)」

上級生1「おいてめえ!やんのか!?ああ!?」

先輩「……」グッ


先輩「…」サササッ

上級生2「あっ逃げた」

後輩「え?…えぇーっ!?」

上級生1「ふんっ…まあ良っか、とっととやる事やっちまおう」

上級生2「ぐへへ」ガシッ

後輩「やあっ、そ…そんな…!」ジタバタ

上級生1「ハア…抵抗する所がまたそそるなーー


上級生1「……おい。またまた邪魔者のお出ましだぜ」

メガネ「……ッ!!」

後輩「!…助けて!!」

上級生2「おいおい!!とっとと失せろよ!
いい加減さっさと始めてえんだ!」

メガネ「ひ、ひいぃ!」バタバタ

後輩「あ…嘘…」

上級生2「もう我慢できねえ!」バッ

後輩「きゃあぁああッ!」

強引にブレザーを剥がれる後輩。起伏のあるワイシャツ姿が露わになる。

後輩「あっ、離して…!」

上級生1「あっはは!どいつもこいつも情けねえよな!
ちょっと威嚇しただけで逃げるんだからよ!」

上級生2「へへっ…どうだ?誰からも見放された気分は!」

後輩「嫌ぁっ!」

後輩の知られざる過去!

遂に彼女の性事情が明らかになる!


続く

後輩「あ…ああっ…」

ーードタバタ

上級生「へへへ…」ガシッ

ードタバタ


先公「貴様ら!!早くその子から離れろ!!」

上級生ズ「やべっ!!」

後輩「あっ…」

女先生「ほら、こっちにいらっしゃい」

後輩「はいっ…!」パタパタ

女先生「とりあえず保健室に行くわよ。
それじゃ、男性教師の方々、後はよろしくね」

スタスタ

ーーーー

先公「…さて」

上級生1「ひ…」

ティ-チャ-「久々に…キレちまったよ…(AA略)」

ア-ッ


ホモ展開ではないので悪しからず

ほけんしつ

女先生「もう大丈夫だからね」

後輩「…はい…」

保険の先生代理(男)「もしかして、僕はいない方が良いですかね?」

女先生「はい、そうした方が良いかと…」

ガララ

女先生「今飲み物を持ってくるから」スッ

後輩「…いえ。構いません」

女先生「遠慮はいらないわよ」スタスタ

カチャ

ジャ-

女先生「ほら、暖かいココア」

後輩「ありがとうございます…」

後輩「…」フ-フ- ズズ

女先生「(かっ可愛い…!私女だけど襲いたい…)」

女先生「んー…やっぱり高級品は一味違うわね…」ズズ-

後輩「…」ズズ-

女先生「…」ズズ ハァ

後輩「…あの」

女先生「何かしら」

後輩「この後、私どうなるんですか…」

女先生「んーとね、まず親に連絡しなくちゃいけないわ」

後輩「そうですか…」

女先生「それとも、今後の身の振り方が知りたかった?」ズズ

後輩「…はい」


結局、私を襲った3人組は退学となったのだとか。

そして私は、この学校に通う事を選んだ。
両親の反対もあったけど、思ったよりも私の心の傷は深くなかったから。

そういえば、あの後、廊下で偶然メガネさんと会った。

メガネ「っ!」

後輩「あ…」

後輩「(そういえば、あの時先生を呼んでくれたのってもしかして…)」

メガネ「…あの、その…これも何かの縁だし…」

ーー失望した。

後輩「っ…あの時はありがとうございました。それでは」サッ

メガネ「え…あ…」

私を助けてくれた人も、結局私の姿形しか見ていなかった。

すれ違い様に見た、彼の面食らったような顔は今でも覚えている。

某日放課後

ガヤガヤ

後輩「(今日も終わりか…)」

先生「後輩ー」

後輩「はい、何でしょうか先生」

先生「お前、部活はどこ行くかもう決めたか?」

後輩「え…ええと…」タジ

先生「一応ここは部活強制参加だからな」

後輩「でも、人が多いのは苦手で…」

先生「むむ…人数が少ない部活も、あるにはあるんだけどなあ」ボソ

後輩「え?本当ですか!?」

先生「ただ、お前に合わないというか何というか…」

後輩「是非教えて下さい!!」ガバッ

先生「お、おおう…」

正直な所、私は集団が好きじゃない。

先生「確かこの教室だったかな…」スタスタ

後輩「(文化部かぁ…きっとまったりした所なんだろうな)」ワクワク

後輩「…そういえば、部員って何人ですか?」

先生「ああ、男が一人」

後輩「…は?」カッチ-ン

先生「ああ、やめてもいいぞ?お前は過去が過去だけにな」

後輩「…」

後輩「先生は、その人にどんな印象を持っていますか?」

先生「ううん…生憎、その生徒はあまり知らんが…」

先公「おお!先生!…と、その子は…ああ、あの時の」

先生「おお、ナイスタイミング」

後輩「あ、その節はお世話になりました」ペコリ

先公「へえ…今時礼儀正しいな」

先生「ちょうど良かった。この生徒は…えー…先輩、とかいう奴が信頼できるか聞きたいらしい」

先公「あー、うちのクラスの」

後輩「はい」

先生「こいつが文化部志望でな…」

先公「なるほど……要は、そいつに襲われないかって心配が?」

先生「お、おい!もうちょっと言い方が…」

後輩「構いません。自分で言うのも何ですが、不安なんです」

先公「あいつは……そうだな」


先公「まず第一に自分の保身を考えるような奴だから、大丈夫だと思うよ」

後輩「……はぁ…?」

先公「じゃ、俺はこれで!…そういやあいつ、政治家とか向いてるかもな」スタスタ ブツブツ

先生「うん、俺もこれで失礼するかな。何かあったらすぐ逃げろよ。…じゃ」

後輩「どうも」


後輩「(…少し恐いけど)」

後輩「(最悪、幽霊部員になれば良いよね…)」

後輩「よしっ…!」コンコン

後輩「失礼しま…」ガラリ

先輩「……」

後輩「……」


「は?」 「え?」

過去編 終わり

先輩との慣れ初めは現在編でちょくちょく補完してく
正直この部分は書いてて苦痛

という訳でまた明日

一時的とはいえ酒場と酒場に挟まれるとは……

風邪騒動の翌日


ーーガララ メリ

後輩「誰かいま…誰もいませんね」

後輩「ううん…これは暇ですねー」

後輩「仕方ないし、サボっちゃうか」チラ

ガララ パタン


ガラッ

後輩「引き止めて下さいよー」

先輩「泣くよ?」

後輩「それで、体調の方はどうですか?」

先輩「お陰様で快調です」カチッ プシュ-

後輩「それは良かったです」

先輩「……」ズズ

後輩「……」



後輩「昨晩はあんな激しく…」ポッ

先輩「っんぐ!?く、くく…ゲホッ!ゲホ」

先輩「勝手に捏造すな!」ゴホゴホ

後輩「未遂でしたもんねー…」ムスッ

先輩「と、とにかく!昨日は何もなかった。以上!」

後輩「…さすが童貞ですね」

先輩「俺よりも、お前の方がそういうの慣れてそうだよな」

後輩「へへん!伊達に美少女やってないですからね!」

先輩「告白された回数は?」

後輩「もう50超えましたよ。
正直、告白を断るのって結構疲れるんですよ?」

先輩「贅沢な悩みっすね先輩」

後輩「私って罪深い人間ですね♪」キャッ

先輩「…」グイッ

後輩「ん″!?いはいいはいいはい!」

後輩「む″……いきなり何するんですか…」

先輩「やりたかったからやった、後悔はしてない」

後輩「はぁ…」

先輩「……」

先輩「ちょっとお花摘みにトイレ行ってくるわ」

後輩「隠語の体をなしてませんよ……それに先輩男でしょう」

先輩「かしこ」ガラッ

後輩「どっちも今となっては死語ですよね」


ピシャッ

後輩「……」

後輩「(このコーヒー、先輩がいつも飲んでるよね…)」

後輩「…おいしいのかな」ス-ッ

後輩「…っ! 勝手に飲んじゃ駄目に決まってるでしょ!」

後輩「……」チラ

後輩「(もし口をつけたら間接キスか…へへ)」

後輩「(先輩とは一度キスしたもんなあ……またしたいけど、誘う勇気がない…)」

後輩「……」

後輩「(…少しならバレないよね?)」ス-ッ


コクッ

後輩「(あ…先輩が口を付けた所に今…)」

後輩「ってマッッズ!!」

後輩「何よこのコーヒーもどき……もしかして先輩って悪食…?」


ガラッ

先輩「只今帰還しましたー」

後輩「きゃあう!!」ビクッ

先輩「っ!?……なんで驚いたんだよ」

後輩「ほ、ほら先輩ってば存在感が薄いですから」

先輩「…もうこのステルス機能特許申請しちゃおうぜ」

後輩「先輩だって積極的に会話して行けば一人ぼっちにならなかったのに」

先輩「良いんだよ、友達ってのは慎重に選ぶべきなんだよ」

後輩「その結果がこれですか」

先輩「……友達いるし!他校だけど数人いるし!!」

後輩「言ってて悲しくなりません?」

先輩「いや…ここにも一人いるし、別に良いかなって……」

後輩「私は友達の分類ですか?」ジトッ

先輩「ひぃぃ…い…いや、ちゃんと一人の女の子として見てますから…!」

後輩「ほんとうに?」

先輩「神に誓います!無宗派だけど!」

後輩「じゃあ、証拠を見せて下さい」

先輩「…うーん……例えば…抱きしめる、とか…?」オソルオソル

後輩「ええっ!?」

先輩「あっ嘘嘘すみませんでした自首するから通報だけは勘弁」

後輩「…先輩なら、良いに決まってるじゃないですか…」ギュ

先輩「!!……(自分の身を守るように手を回す後輩可愛い…!)」

後輩「それに、私たちってもう一緒に寝たでしょう?」カアア

先輩「ストーップ!その言葉は誤解を招きかねない!」

後輩「む……でも、同じベッドでは寝ましたよね」

先輩「そ…それはあれだ、なんと言うか…」

後輩「……」


ギュッ

先輩「!?」

後輩「…幼馴染!?」

幼馴染「もう後輩ちゃん可愛いよ!抱きしめたい!」ギュムッ

後輩「ちょっ、何でここに…あっ苦し…」

幼馴染「大好きだよ後輩ーっ!」

後輩「わ、分かったから離れなさいってば!」



先輩「(何これ。おかしくないですか。何で女の子同士がイチャイチャしてんの?
馬鹿なの?眼福なの?)」ジ-ッ

幼馴染「久しぶりに寄ってみたら、二人とも仲良さそうで安心したよ」ギュ

後輩「わっ私の事はいいじゃん!そんなのより男の所に行ってあげなよ!」グク

幼馴染「はいはいまたねー」

ガラッ メリッ


先輩「し…神出鬼没…」

後輩「ゼエ…何だったのあの子…」


メリメリッ

先•後「?」

おや?ドア のようすが…?


テッ テッ テッ テッ テッ テッ テッ テ-
バリッ バリッ バリ-ン

おめでとう! ドア が ぶっこわれたよ!


先輩「」

先輩「……」

後輩「前からメリメリ言ってたのはそういう事だったんですか…うーん…」

後輩「…駄目…うん、完全に壊れてる」

先輩「…しばらくは休部かな」

後輩「えぇー…そしたら私、先輩に会えなくなっちゃいますよ…」

先輩「…」カア

後輩「この程度で照れるなんて先輩はやっぱりちょろいですね?wwww」

先輩「!?」

後輩「ふふ…そんな状態じゃ、色んな女の子に現を抜かしそうですよねwwww」

先輩「っ、そんな事は…」

後輩「ないとも言い切れないのが悲しいですよねー」

先輩「(言い返せない…とりあえずコーヒーでも飲むか…)」

後輩「だから私が女慣れさせてあげても……あつ」

先輩「?」ゴクゴク

後輩「ぁ…うぁ……」

後輩「」プシュウゥゥ

先輩「…おーい?」

ーー   ーー


後輩「……ううん……」

先輩「ああ、やっと正気に返ったか」

後輩「あれ?今何時です?」

先輩「そろそろ下校時刻だよ、帰ろう」

後輩「はいっ」


先輩「……あのさ、後輩」

後輩「はい」

先輩「つ、次の週末…デ、デートしてくれませんか?」

後輩「……」


後輩「あはっ、やっぱり先輩は可愛いですwwwwそういう所www」

先輩「……」

後輩「仕方がないから私がリードしてあげますよwwww」

後輩「えーと…日付けとかは後で連絡しますから」

先輩「つ、つまりokって…」

後輩「それじゃあ先輩、さようなら!」タタッ



先輩「……」


先輩「(顔、かなり紅潮してたな…)」



後輩「~~っ」タッタッタッ

ここは守りに徹する!

土曜日、駅前


先輩「はよー…」

後輩「おはようございます」


先輩「(っく…可愛い…!赤いスカートは反則だろ…)」

後輩「ほら、先輩。こういう時は嘘でも服装を誉めるものですよ?」

先輩「いや、嘘なんてついてな………あっ」


後輩「へへ…額面通りに受け取らせてもらいます…」テレッ

先輩「……ご自由に…」フイッ

後輩「…先輩、好きですよ」ピタッ

先輩「!?」

後輩「…これくらいで顔を赤くしてどうするんですか。
ほら、早く行きましょう!」グイ

先輩「ちょっ…今日はグイグイ来るな!?」

某駅

先輩「あのー後輩さん…手首掴まれるの結構恥ずいんですが」

後輩「経験者がリードするのは当然でしょう?」

先輩「(頬染めてる癖に…)」


先輩「(…なら、恋愛失敗経験の多い俺がリードしてやる)」ギュッ

後輩「えっ、ちょっ…ちょっと…!」カァァァ

先輩「少し本屋に付き合って貰うぞ」グイグイ

後輩「そ、それは別に良いけどっ…あっ、他の人に見られ…うぅ」

<悲報>後輩はツインテール

書店


先輩「えぇと…」スタスタ

後輩「(何買うんだろ…)」


先輩「お願いします」

レジ「はい、お会計はーー」



後輩「何買ったんです?」

先輩「教えない」

後輩「教えてください!」

先輩「ぜってー教えない」

後輩「先輩のケチ!」

先輩「ケチじゃない、節約上手なだけだ」

後輩「意味が分からないです…」

先輩「それにしても、このショッピングモールって馬鹿デカいな」

後輩「ちょっと案内図見ましょうよ…」

先輩「後輩って方向音痴だっけ」

後輩「先輩の居る方向だけは分かりますよっ♪」ギュウッ

先輩「そ、そうか……」


後輩「…何か反応して下さい……恥ずかしいです…」

先輩「ごめん…」

後輩「……」


先輩「あの…そろそろホールドを解除してもらえない?」

後輩「え?…あっ、はいっ」パッ

先輩「次はどうする?」

後輩「ええと…じゃあ、小物とか色々見ましょう」

先輩「了解」

後輩「先輩、この髪飾りとかどうですか?」

先輩「んー、良いと思うよ」

後輩「じゃあこっちは?」

先輩「似合ってるんじゃね」


後輩「……」

先輩「…おろ?」

後輩「先輩……」ハァ

後輩「もっとこう気の利いたコメントはないんですか?」

先輩「いや…だって本当にどれも似合いそうだし」

後輩「そうですかそうですか、先輩の愛なんてその程度だったんですね」スタスタ

先輩「待て、それ全部買うのか」

ーーー


後輩「早速付けてみました」

先輩「……抱きしめて良い?」ゴクリ

後輩「変態」ペチッ

先輩「あふっ」


後輩「やっぱりオシャレは女の子の生命線ですよ♪」フンフン

先輩「随分ご機嫌だな…あ、maxコーヒー売ってる」

後輩「そのマズいのまた買うんですか?」

先輩「あろ?後輩これ飲んだ事あるんか」

後輩「へっ?あ……あぁいや!そうですっ、この前買ってみたんです!」

先輩「これは人には勧められない味だからな」

先輩「まあ今は要らない」

後輩「そうですか」

後輩「……あっ! あそこでアイス買いません!?」キラキラ

先輩「(こうなると分かっていたからだ)」



後輩「ああ、チョコおいしそう…でも抹茶も…!」

先輩「じゃあ俺はバニラをお願いします」

後輩「は、早くない!?」

先輩「バニラ以外は食べない主義なのだよ」

後輩「うぅ…じ、じゃあ私はチョコと抹茶両方で!!」

先輩「は!?」

カシコマリマシタア

ーーー


後輩「多い……」

先輩「はー…どうしてこの子は中途半端に口つけちゃうのかしら…」

後輩「うう……」


後輩「…ごめん、手伝って……」キ-ン

先輩「はいはいっと」スクッ

後輩「…」モグモグ

先輩「」パクパク

後輩「あっ先輩、口にアイスが……あれ…付いてないですね…」

先輩「甘い。俺にかかればどんなフラグもイチ殺だ」

後輩「…ヒトとして致命的ですねwww」

先輩「うるさいやい」

後輩「でも、浮気の心配がないのは助かりますかね」フフン

先輩「チクショウ……」



先輩「(………)」

先輩「(口元がアイスで汚れてるのに気づかず偉そうにしている後輩可愛い)」ニヤニヤ

後輩「…どうしました?」

先輩「…いいや」

後輩「でも、先輩が駄目であればあるほど
私が気にかけてあげた甲斐があるというものです」

先輩「そうか」スッ

後輩「そうです、だから先輩は私にかんsyんむぅっ!?」

先輩「ほら、口のアイス取るからじっとしてて」

後輩「んっ…ふ……」ポ-ッ

先輩「よし、取れた」

後輩「せんぱい…」トロン


先輩「どうした?後輩…」

後輩「せんぱいっ」バッ

先輩「んっ!?ーーむぅ…ん……」

後輩「ん……あむぅ…れろ……」


先輩「……ぷはっ」

後輩「ふぅ……えへへっ♪」

先輩「(ああもう可愛いッ)」ギュウ

後輩「へへ…だいすきゅい…」

ーーー

男「何だあのバカップル…って、あれってこの前の」

幼「あ、ほんとだ」

男「なんか、すげえ堂々としてるというか…見せ付けてる…」

幼「こうしゅうの面前ではしたないよっ!後輩っ」ピタッ

男「ちょ、ちょっと…腕組むにしても密着し過ぎ…」

幼「じゃ、次はゲーセンコーナー行こっ♪」キュ-ッ

男「え…あ、うん」

今は耐える…!

後輩「先輩…ずっと一緒ですからね」

先輩「当たり前だ」


End

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2013年09月23日 (月) 23:29:18   ID: Dq-07Nqb

いいね

2 :  SS好きの774さん   2013年10月19日 (土) 00:55:42   ID: JgtkQafD

つづきはよはよ

3 :  SS好きの774さん   2014年01月12日 (日) 17:35:23   ID: A4SnHrAC

おい…何故ほとんど誰もレスしなかった…
貴重な良後輩スレが…

4 :  SS好きの774さん   2014年05月30日 (金) 19:47:32   ID: yizNjlTQ

↑その程度の駄作だったってだけ。後輩のキャラがぶれすぎだし、マジでイライラさせるキャラに魅力が立つ訳ないっしょ?処女作だからっつってユーザーの興味心や好感度をゲットできない作品が見捨てられるのは必然だし当然の結果。評価するのも萎える。

5 :  SS好きの774さん   2014年08月08日 (金) 18:45:45   ID: YLaBOHWi

↑てめえ処女馬鹿にすんな。
と言うかなんでそんなこと言うの馬鹿なの死ぬの?

6 :  SS好きの774さん   2014年08月11日 (月) 13:24:36   ID: Jm4rY4TX

仲良いなおまえらwww

7 :  SS好きの774さん   2014年08月23日 (土) 22:54:34   ID: xzv5VqeR

>>5アホの言うことって何でこんなにおもろいのかなwwネットで幼稚なことしか書けない奴に何をいっても無駄かww精々足掻けガキww

8 :  SS好きの774さん   2014年11月28日 (金) 10:38:55   ID: DrnjgqDE

まとめ民がゴタゴタやかましいわぼけ。
無断転機されてるのに集ってる風情で文句吐かすのは見当違いだろ

9 :  SS好きの774さん   2015年07月15日 (水) 20:08:57   ID: QzFxJ0SM

なんで幸子がいたんだ…?

10 :  SS好きの774さん   2015年11月13日 (金) 00:09:55   ID: jGwKDDTj

これすごいいい作品でした。

続き期待してます、、

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom