「ヒナまつり」で覚えることわざ (40)

「馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ)」
:ありがたい念仏を馬にきかせても無意味であることから、いくら意見をしても効果がないことのたとえ。


詩子「それで私もね、色々と大変なのよ…」

新田「あ、あぁ…」

瞳「………」

サブ「……ヒトミちゃん、最近詩子さんにあれこれ言わなくなったスね」

新田「あぁ…初めこそ、自分ばかりサボってと、色々意見もしてたけど…」

詩子「ヒトミも、私の苦労がわかるようになったのよ…」

瞳「……」

瞳「………馬の耳」

詩子「えっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527685170

「郷に入っては郷に従え(ごうにいってはごうにしたがえ)」
:住む場所が変われば習慣や風俗も変わるものだからそれに従って生活をするように。


ヒナ「ねえ、充電きれたんだけど」

アンズ「……あんたねぇ…ここはあんたの家じゃないんだから、ここにいたいならあたしの言うこと聞きなさいよ」

アンズ「やっさんに教えてもらったんだけど、こういうの、何て言うか知ってる?」

ヒナ「郷に入っては郷に従え。でしょ。アンズ、バカにしすぎ」

アンズ「そ、そう…ごめん」

ヒナ「うん。で充電器どこ?」

アンズ「このバカ!!!!」

「知らぬが仏(しらぬがほとけ)」
:知ってしまうと腹が立つが、知らないままなら平静でいられる。


ヒナ「はらへった…」

ヒナ「新田のやつ、また私を置いて…キャバクラか…」

ヒナ「……」

ヒナ「出前…」

ヒナ「特上…」


新田「帰ったぞー」

新田「遅くなって悪かったな。ちょっと会合が長引いてよ」

新田「…よっしゃ!今日はいっちょ、寿司でも食いに行くか!」

ヒナ「え」

ヒナ「い、いや…私はいいよ」

新田「何?!」

新田(何だ?最近倹約してたから遠慮してんのか?)

新田(……こいつも成長してんだな……)

ヒナ「ほんとにもう…気持ちだけで…」

新田「何柄にもねえこと言ってんだよ!おら行くぞ!」

ヒナ「新田さえよければ…」

長編書いてた人?

>>4
それは恐らく別の方かと…。

「足るを知る者は富む(たるをしるものはとむ)」
:欲深くならずに、分相応なところで満足をすることができる者は、心が豊かである。


林(夫)「どうだい、毎日中華ばかりで飽きてきただろう」

アンズ「ううん、そんなことない!すっごくおいしい!!!」

林(夫)「そうかい?嬉しいねえ」

アンズ「えへへ…」


林(夫)「アンズちゃんは…食べることの有難さを、よくわかってる。だから心が豊かなんだ」

林(妻)「そうね……これまでの暮らしも、決して否定出来るものじゃないものね」

アンズ「ねえ、お願いがあるんだけど…」

林(夫)「なんだまだ起きてたのかい、どうした?」

アンズ「さっき出てきた豆苗の残りをかしてほしいんだけど…」

林(妻)「あれはもやしだから育てなくてもまた買えばいいのよ……」

「二兎を追う者は一兎をも得ず(にとをおうものはいっとをもえず)」
:同時にふたつのことを得ようとしても結局どちらも失敗してしまうこと。


新田「おいヒナ、さっさと食わねえと冷めちまうぞ」

ヒナ「今それどころじゃない」

新田「はぁ?」

ヒナ「どちらをとるべきか…どちらもとるべきか…むずかしい…」

新田「ガッツリ食ってんじゃねえか」


新田「…ってことがあって」

詩子「いや、話聞いてもサッパリなんだけど……どうせ学校で何かあったんでしょ。ヒトミ、なんか知らないの?」

瞳「さぁ?」

新田「まぁ、あいつ普段寝てばっかだろうし…」

瞳「あ、いえ、私はそもそもヒナちゃんのことを気にかけてないので」

新田「あぁ、うん。そっか…」

詩子「年頃なんでしょ。見守ってあげなさいな」

新田「うーむ、ヒナがなぁ…」


ヒナ「……!」

ヒナ「…よっしゃ」

ヒナ「やっぱ、剣士一本でいってよかった…変に魔法まで覚えなくて正解」

ヒナ「次のステージ行くか…!」

「火のない所に煙は立たぬ(ひのないところにけむりはたたぬ)」
:まったく根拠がないところから噂がたつことはない。


馬場「しかし、最近の新田の活躍ぶりはとどまるところをしらねえな」

馬場「このご時世にビル爆破するとか…正気の沙汰じゃねえよ」

新田「いや、あれは俺はホントに何も…」

馬場「まぁそう謙遜すんな。火のない所になんとやら、だ」

新田「若頭……」

新田(……いや、てかここに火あるんすけど、めっちゃ燃えてるんすけど)

ヒナ「?」

馬場「お前がいりゃこの組も安泰だぜ、なぁ、親父?」

ヒナ「親父のくれるアメ、黒糖の味ばっかするからいらない」

組長「今度ヒナちゃんの好きなやつ買ってきましょうね~~~~~」

馬場新田「「………」」

「目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)」
:今までわからなかったことが、急に理解できるようになること。

ヒナ「……」

瞳「ヒナちゃん何見てるの?」

ヒナ「知恵袋」

マミ「わかる!面白いよねー私もよく宇宙のこと聞いてる」

相沢「あてになるのか?」

マミ「なるよー!みんな何でも教えてくれるんだよ!」

瞳「責任が無い分、良くも悪くも色んなこと言えるからじゃないかな」

ケンゴ「いやお前それもう中学生の考え方じゃねえよ…」

ヒナ(マミはアホの子)

ヒナ「…なるほどな」

マミ「え?何かわかった?!」

「禍を転じて福と為す(わざわいをてんじてふくとなす)」
:自分にふりかかった禍を、うまく利用して自分の有利になるようにすること。

部長「三嶋くん、先日の不手際聞いたよ。納期が遅れたって?困るなあ」

瞳「すみません」

瞳(私のせいじゃないし)

部長「それでじゃないが……どうかね、今度の休みに私が手取り足取り」

瞳「はぁ」

瞳「……部長さん、最近、家族サービス出来てないんじゃないですか」

部長「ど、どうしてそれを…」

瞳「良かったらここの無料優待券…使ってください。たまには一家団欒、のんびり過ごされてみては?」

部長「う、うぅ…ありがとう、ありがとう…」

「いやー三嶋さんがいれば我が社は安泰だ!!」

ワハハハハ

瞳「はは」

瞳(辞めたい)

細々とやっております。
良ければことわざのお題ください。

安価下

猿も木から落ちる
とかか?一人一個?

隣の芝生は青く見えるとか?

>>12

「猿も木から落ちる(さるもきからおちる)」
:その道に長じた者も、時には失敗することがあるというたとえ。

新田「クソッッ、なんでだ…」

ヒナ「………」

ヒナ「新田のやつ…朝から晩までツボのことばかり…私のご飯はどうなる…」

ヒナ「…新田、もうツボ作りやめよう?」

ヒナ「どうせ良いのなんて出来っこないよ」

新田「………」

新田「…ヒナよ、こういうことわざを知っているか?猿も木から落ちる」

ヒナ「うん」

ヒナ「でも新田は猿じゃない」

新田「人の心って知ってる?」



>>12
有難うございます。
お一人様お一つずつでお願いします。

獅子身中の虫

人の振り見て我が振り直せ

>>13

「隣の芝は青い」
:自分のものより、他人のもののほうが良く見えること。

瞳「私、たまに思うんです。みんなは今頃友達と遊んだり、習い事に行ったりしているのに……私はこんなところで何やってるんだろう、って」

詩子「………」

詩子「……ふぅ~~……」

詩子「……ヒトミ、隣の芝ってのはね、青く見えるもんなのよ」

新田(ここにいたら大抵の芝は青く見えると思う……)

瞳「ダイキリです」

新田「ありがとう」

>>15

「獅子身中の虫」
:内部にいながら害をもたらす者や、恩を仇で返す者のたとえ。

ヒナ「ごっそさん」

新田「……お前なあ、こんなこと言いたかねえけど、アンズは飯食った後いつも、皿洗い手伝ってるらしいぞ」

ヒナ「よそはよそ、うちはうち」

新田「そういうのは俺が怒る時に言うんだよ!!!」

~~~~~~~~~~~~~

ヒナ「ってことが」

アンズ「いやあんた何やってんのよ…」

アンズ「せっかく拾ってもらった恩を仇で返すようなことしちゃダメでしょ」

ヒナ「別に悪い事はしてないよ」

アンズ「たまには苦労を労ってあげなきゃ」

ヒナ「……」

~~~~~~~~~~~~~

新田「はぁ…ったく、また皿洗いもしねぇで…」

ヒナ「……新田」

新田「あ?」

ヒナ「ご苦労」

新田「喧嘩売ってんのかテメェ!」

>>16

「人の振り見て我が振り直せ」
:他人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよということ

斑鳩「……ここしばらくヒナのことを観察していて、わかったことがあります」

アンズ「……」

斑鳩「ヒナはもしかしてもしかすると、人に優しく出来る人間なのかもしれないと…」

アンズ「…注文は?」

斑鳩「私も少しは考え方を変えて、ヒナの行動を見習うべきなのかもしれません」

アンズ「冷やかしなら帰ってくれる?」

斑鳩「半チャーハンセット」

アンズ「はい半チャーお願いします!」

アンズ「……それで?未来に連れて行くのはもう諦めたんじゃなかったの?」

斑鳩「とりあえずはここに留まって様子を見ることにします」

アンズ「留まるって…あんた、お金は?仕事もしてないのに」

斑鳩「働かずともヒナを連れて帰るまではしばらく組織からの援助金が出るので…」

アンズ(こんな大人にはならないようにしよう…)

亀で申し訳ないです…。

宜しければまたお題をば。
安価下

能ある鷹は爪を隠す

二階から目薬

類は友を呼ぶ

風が吹けば桶屋が儲かる

>>21

「能ある鷹は爪を隠す」
:才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ。

ケンゴ「しかし、まさかヒナにこんな力があったとはな…」

貴志「ビビるよな」

ヒナ「これからもっと敬ってくれていいよ」

ケンゴ「急に偉そうだなこいつ」

瞳「ヒナちゃん、こういうのは隠してるからこそよく見えるものだよ」

ヒナ「わかった」

「「………」」

瞳「……とりあえずここから助かってからにしようか」

ヒナ「わかった」

>>22

「二階から目薬」
:物事が思うようにいかず、もどかしいさま。また、回りくどくて効果が得られないことのたとえ。

新田「……オーケー、整理しよう。結局テレビを買ったのは何の為?」

ヒナ「アンズがほしいっていうから、」

新田「うん」

ヒナ「売った」

新田「そこでもうおかしいんだよ!」

新田「だったらそのままプレゼントすりゃいいだろ!あれ、何?そんでそのお金を?」

ヒナ「タクシー代に…」

新田「何でだよ!!!」

ヒナ「結局ヒトミが持ってきたテレビを売って山分けした」

新田「……おれが渡した金で誰が得したのこれ」

ヒナ「でもアンズが本当にほしかったのはあやとりだった」

新田「何、お前一休さんなの?」

棚からぼたもち

>>23

「類は友を呼ぶ」
:気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものである

ケンゴ「なぁ聞いてくれよ」

貴志「なんだよこの忙しい時に」

ケンゴ「……さっきクラスの女子に、ケンゴくんたち、いつもヒナちゃんと一緒にいるよね、って言われた」

貴志「はぁ?いや、それは芝居の練習で仕方なく…」

相沢「まぁまぁ、ほら、こういうだろう」

相沢「類は友を呼ぶ」

ケンゴ「マジかよ辞めたくなってきた」

ヒナ「まあ本当に?魔法使いのおばあさん」

貴志「うるせえよ!」

>>24

「風が吹けば桶屋が儲かる」
:意外なところに影響が出ること、また、あてにならない期待をすることのたとえ

アツシ(それにしても……まさかロックージョンを探し求めたことで、マオちゃんとヒナちゃんが再会するきっかけになるとは)

マオ「も~~。ダメだよヒナちゃん、ほっぺにご飯粒ついてるよ」

ヒナ(マオ)「ご飯」

アンズ(マオ)「ちょっとあんた、今食べたばかりじゃない!」

アツシ(人生、何がきっかけで転ぶかわかんねえもんだよな…)

マオ「二人とも喧嘩しないでよ~~」

アンズ(マオ)「だってヒナが…!いたた!あんたちょっとは手加減しなさいよ!」

ヒナ(マオ)「先にやってきたのはアンズ」

アツシ(おれもこれで、ようやくロックージョンについて学べる…!よろしく頼むぜ、マオちゃん…!)

王「マオ様!人形と話すのはおやめくださいとあれほど…!」

マオ「やばいツルツルだ!」

『情けは人の為ならず』
原作漫画を読んでる気分だ。ゆっくりと読ませていただきます

>>28

「棚から牡丹餅」
:思いがけない好運を得ること、労せずしてよいものを得ることのたとえ

新田「いて座が最下位か……またヒナが余計な気をおこさなきゃいいけど」

ヒナ「……」


ヒナ「……ということがあってだな」

アンズ「いちいちあたしらに相談しにくんじゃないわよ」

マオ「でも前回のことがあるし、やっぱり気をつけてあげた方がいいんじゃない?」

ヒナ「あの星占いはヤバイってマジで」

アンズ「しょうがないわねー」


893(死にさらせェ!)すれ違いざまにナイフ

新田「ん?」

ヒナ「いやいやいや」ヒョイ

893「アイッター!!」


マオ「あ、新田さ」

893「[ピーーー]!」工事現場の鉄骨ヒューン

マオ「んあぁ?!」跳ね返しヒューン

新田「ん?」

893「アイッター!!!」


アンズ「新田、あんた今週はちょっと外出控えた方がいいんじゃない?」

新田「俺にもうこの店に来るなと?!」

サブ(しゃ!)


893(…やべぇ…芦川組の新田が神に愛されてるってのはマジだったんだ…)

893(おれたち、つくべき人を間違えたのかもな…)


馬場「おぉ、新田!なんか知らんが今日もお前に惚れてうちに入るってヤツが何人かいてよぉ!」

新田「?はぁ」

新田(……アンズには店追い出されるし)

新田(最近いいことねぇな)

>>31

「情けは人の為ならず」
:人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということ

新田「……」

ヒナ「……ねえ、新田、ここ来てからずっと家事やってるけど、いいの?」

ミカ「実家なんだからそういうもんだよ」

ヒナ「でも…」

ミカ「……はぁ。ヒナちゃん、情けは人の為ならず、って言うんだよ」

ヒナ「そうなん?」

ミカ「そうだよ。だから変に気をつかうと、かえって兄貴の為にならない……あれ?意味逆だっけ」

ヒナ(まぁ、いつも家事やってんのはうちでも同じか)

ミカ「まいいや、兄ちゃん、ビール!」

ヒナ「イクラ」

新田「……………………」



>>31
何よりの褒め言葉だ…ありがとうございます。

人を呪わば穴二つ

おもろい。支援

>>34

「人を呪わば穴二つ」
:人を陥れようとすれば自分にも悪いことが起こるというたとえ。

不良「オラ、おっさんこれが欲しいんだろ?」空き缶ポイー

ハハハハハ

アンズ「……何よアイツら…馬鹿にして…」

アンズ「……そうよ、あたしたちがこんな思いをしてるのに、あんなクズがお金を持ってるのがおかしいのよ……」

アンズ「………」スッ

シゲさん「アンズちゃん」

アンズ「!シゲさん…」

シゲさん「まさか今、あの人たちから財布を取ろうとしたのかい?」

アンズ「……あたし、」

シゲさん「前にも言っただろう?そんなことをすればアンズちゃんが警察に捕まってしまう」

アンズ「でも…!」

シゲさん「……アンズちゃん、人を呪わば穴二つ、ということわざがある」

シゲさん「どんな理由であれ、人を貶めればいつか自分に返ってくるんだ」

アンズ「……」

シゲさん「でもそれは、良いことをしても同じだ。アンズちゃんが誰かに良いことをしてあげれば、それはいつか必ず、アンズちゃんのところに返ってくるよ」

アンズ「シゲさん…」

シゲさん「さあ、一緒にゴミを片付けてご飯にしよう。今日はやっさんがご馳走を用意してくれるみたいだ」

アンズ「ホント?!うん、わかった!」

少し未来へ行っておりました。

毎度遅くなり申し訳ありません。
気長に見て頂けると幸いです。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom