京太郎「新生活は抱き枕とともに」 (362) 【現行スレ】



京太郎「俺たちも4月から高校生か……」


咲「 清澄でも一緒だね!」


京太郎「つまり咲のせいでの苦労が増えるわけか……」


咲「なにその盛大なため息!?」


京太郎「じゃあ一人で学校に行けるのか?」


咲「だ、大丈夫……たぶん……」


京太郎「オレの目を見て言ってみろ」


咲「……京ちゃんのイジワル」


京太郎「ええ……」


咲「あ、そうだ」


京太郎「やだ」


咲「まだなにも言ってないよね!?」


京太郎「どうせろくなことじゃないだろうしな」


咲「『私』っていう最高の抱き枕がついてきます!」


京太郎「もう少し大きければなぁ……」


咲「京ちゃんのえっち!」


入学式から彼女連れでちょっとした話題になったそうな




カンッ






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521901889


注意
・このスレは京太郎スレなので苦手な方はそっ閉じ推奨です
・荒らしはスルーでsage進行でお願いします
>>1は初スレ建てなのでミスがあったらどんどん指摘してください
・アニメは全話見て単行本も全部持っていますが、原作をリアルタイムで追えない環境なので一部は書けない可能性があります
・かなりの遅筆です
・アイディアを書き込んでいただければストックにいれておきます
・生暖かい目で見守ってください
・雑談や合いの手はありがたいですがAAを貼るのとageるのはやめてください
・たまに安価をとることがあるのでご協力いただけると幸いです
・目指せ週3更新
・ちなみに京慕を書く予定はありません
・鬱・グロ・ホモを書くつもりもありません
・のどっちも竜華もはしたない子じゃありません


初代スレ
京太郎「抱き枕がほしい」
京太郎「抱き枕が欲しい」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379762114/)

二代目スレ
京太郎「抱き枕になりたい」
京太郎「抱き枕になりたい」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1384626473/)

三代目スレ
京太郎「抱き枕っていいよな!」
京太郎「抱き枕っていいよな!」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391427578/)

四代目スレ
京太郎「抱かれ枕?そういうのもあるのか!」
京太郎「抱かれ枕?そういうのもあるのか!」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398096593/)

五代目スレ
京太郎「なあ…抱いてもいいか?」【抱き枕】
京太郎「なあ…抱いてもいいか?」【抱き枕】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405090610/)

六代目スレ
京太郎「寒い時期には抱き枕」
京太郎「寒い時期には抱き枕」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416229353/)

七代目スレ
京太郎「アイドルの等身大抱き枕か……」
京太郎「アイドルの等身大抱き枕か……」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436703210/)

八代目スレ
京太郎「バレンタインに抱き枕を」
京太郎「バレンタインに抱き枕を」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455435488/)





ネタに困ったとき
三題話お題
https://shindanmaker.com/303040

何かコンマを取るとき

00 片岡優希  01 染谷まこ 02 竹井久  03 原村和  04 宮永咲  05 井上純    06 沢村智紀 07 国広一  08 龍門渕透華09 天江衣
10 福路美穂子11 吉留未春12 文堂星夏13 深堀純代14 池田華菜15 津山睦月  16 妹尾佳織 17 蒲原智美18 東横桃子  19 加治木ゆみ
20 宮永照    21 弘世菫  22 渋谷尭深23 亦野誠子24 大星淡  25 上重漫    26 真瀬由子 27 愛宕洋榎28 愛宕絹恵  29 末原恭子
30 神代小蒔  31 狩宿巴  32 滝見春  33 薄墨初美34 石戸霞  35 小瀬川白望36 エイスリン 37 鹿倉胡桃38 臼沢塞    39 姉帯豊音
40 辻垣内智葉41 ハオ   42 雀明華  43 ダヴァン 44 ネリー  45 本内成香  46 桧森誓子 47 岩館揺杏48 獅子原爽  49 真屋由暉子
50 松実玄   51 松実宥  52 新子憧    53 鷺森灼  54 高鴨穏乃   55 園城寺怜56 二条泉    57 江口セーラ58 船久保浩子59 清水谷竜華
60 椿野美幸 61 依藤澄子62 古塚梢    63 森垣友香64 安福莉子   65 花田煌  66 安河内美子67 江崎仁美 68 白水哩    69 鶴田姫子
70 荒川憩   71 小走やえ72 岡橋初瀬  73 南浦数絵74 佐々野いちご75   76 霜崎絃  77 瑞原はやり78 対木もこ  79 百鬼蘭子
80 藤原利仙 81 新子望  82 小鍛治健夜83 福与恒子84 三尋木咏   85 針生えり 86 野依理沙  87 村吉みさき88 戒能良子  89 佐藤裕子
90 赤阪郁乃 91 善野一美92 久保貴子  93 藤田靖子94 愛宕雅枝   95 夢乃マホ 96 赤土晴絵  97 熊倉トシ  98 ハギヨシ  99 >>1の好きなキャラ

75は出たときに考える


いつの間にか九代目スレです
こちらのスレでものんびりとお付き合いお願いします







※エイプリルフールネタです


健夜「エッチまでしたのにふざけないでよ!」





その日、すべてのメディアは衝撃の第一報を伝えた


『永遠の処女(エターナルバージン)』

『絶対結婚不可能女(インポッシブル)』


麻雀以外にも(悪い意味で)話題には事欠かない彼女だ
一線を退いたのは婚活のためだという噂があるくらいだ


「お、落ち着いてすこやん……」


ラジオでともにパーソナリティーを務める福与アナは顔面蒼白だ


ほろ酔い雑談という人気の企画だ
酒に弱い健夜の声がエロいともっぱらの評判だ


「小さい頃は私と結婚するって言ってたのに……」


「親戚の子?」


「昔は一緒にお風呂に入ったり寝たりしたのに……」


「……うん?」


「他にも手作りの指輪でプロポーズしてくれたのに……」


その後も語られる幼少期のエピソード


『責任とってやれよ……』


翌日、そんな言葉がネットの世界を席巻したという……




カンッ






>>3のコンマが羊先輩なので


京太郎「うーん……」


仁美「どうかしたと?」


京太郎「よく眠れないときは羊を数えればいいっていうじゃないですか」


仁美「たしかに」


京太郎「でもあれって本当はsleepとsheepの発音が似てるから英語でやらないと意味ないらしいんですよ」


仁美「マジで?」


京太郎「なので眠れないときはどうすればいいかと考えていまして」


仁美「よく言われるんはリラックスすることたい」


京太郎「リラックス……ですか?」


仁美「クラシックを聴いたりホットミルクを飲んだり……」


京太郎「あ、だったらいい方法がありますよ!」


仁美「なんね?」


京太郎「先輩を抱き枕にすればいいんですよ!」


仁美「な、何ば言いよっとーと!?」


京太郎「ほら、羊みたいにで抱き心地が良さそうじゃないですか」


仁美「京太郎のバカ!」


京太郎「なぜに!?」


京太郎が他の部員たちからも詰られたのはいうまでもない




カンッ






思い付いたんだからしょうがない


京太郎「東横桃子胸から揉むか尻から揉むか」




桃子「……いきなりなんすか?」


京太郎「モモを抱きしめるのにどうすればいいのか考えてたんだ」


桃子「……春の陽気に当てられて頭まで」


京太郎「人を哀れむような視線はやめてくれないか?」


桃子「私じゃなければ完璧な痴漢やセクハラっす」


京太郎「完璧だなんてそんな」


桃子「褒めてないっす!」


京太郎「だが待って欲しい」


桃子「……なんすか?」


京太郎「向かい合って頭を撫でられるのと後ろから抱きしめられるのどっちがいい?」


桃子「……甲乙つけがたいっす」


京太郎「つまり両方検証してみる必要があると思わないか?」


桃子「そう言って合法的にセクハラしようとしたってそうはいかないっす!」


京太郎「じゃあやめるか?」


桃子「……あくまで検証っすよ?」


京太郎「ああ」


翌日、ふくすこラジオに『抱き枕には勝てなかったっす』というお便りが届いたという……




カンッ






思いましたがこれって7文字のキャラならたいていいけそうですね


ちょっとバタバタしてるのでもう少し不定期になりそうです

とりあえず指導係なんて向いてないと思います



おやすみなさい





シズ誕生日おめでとう


憧「シズってノーパンなの?」






穏乃「藪から棒にどうしたの?」


憧「シズって基本ジャージにスパッツでしょ?」


穏乃「うん」


憧「でもスパッツの下からはパンツのラインが出てないじゃない」


穏乃「だからスパッツを直接履いてるって?」


憧「まあそうね」


穏乃「そんなわけないじゃん」


憧「そうなの?」


穏乃「ほら、履いてるよ?」


憧(ほとんどお尻丸見えじゃない……!)


穏乃「ね?ちゃんと履いてたでしょ?」


憧「そ、そうね……」


穏乃「じゃあもういい?」


憧「う、うん……」


穏乃「じゃあ京太郎に新しいバンツ選んでもらうからじゃあね」


憧「うん……うん?」



カンッ?



つづくかも?





昨日の続きっぽいやーつ


憧「玄ってノーブラなの?」




玄「突然何を言い出すの、憧ちゃん?」


憧「だって玄って女の人の胸が好きじゃない」


玄「たしかにおもちは好きだけど……」


憧「だったら一番形がはっきりわかるようにブラ着けてないんじゃないの?」


玄「まだまだ甘いね、憧ちゃん」


憧「なにがよ」


玄「ブラジャーにはおもちを支えて形を良くする効果があるんだよ!」


憧「そ、そう……」


玄「それにいつまでもおもちを保つためには寝るときにだってブラを着けるべきなんだからね!」


憧「……たしかに垂れるのはいやね」


玄「だけどブラとパンツの組み合わせも同じくらい重要だからね!」


憧「ハルエとかそのへん大雑把そう」


玄「だけど何より大切なのは見てもらう相手にも気に入ってもらえるってことじゃないかな」


憧「な、なるほど?」


玄「というわけで京太郎くんに下着を選んでもらう約束があるからまたね」


憧「うん……うん?」



カンッ?



続けた方がいいの?






今年はセリーグが面白いですね

昨シーズン観戦に行けなかった分今年はオープン戦から行けて満足です

例年ヤ戦病院と揶揄されるので怪我には気をつけてもらいたいです


良子「エッチまでしたのにふざけないでください!」




良子「もしも私がそう言い出したらどうします?」


京太郎「かなり悔しいと思いますね」


良子「ほう?」


京太郎「せっかくの初めてがいつの間にか終わってたなんて悲しすぎるじゃないですか」


良子「ふむ」


京太郎「それに憧れのシチュエーションとかもありますし……」


良子「放課後の教室でなんてのはいささかマニアックでは?」


京太郎「なぜそれを!?」


良子「興味を持つことを否定はしませんが節度も守りましょう」


京太郎「……はい」


良子「他にも資料によると『巫女』『おねえさん』『巨乳』『クールビューティ』あたりがお好きなようで?」


京太郎「……ノーコメントで」


良子「一つお姉さんとしてアドバイスします」


京太郎「……なんでしょう?」


良子「気持ちというのは言葉にしないと伝わらないですよ」


京太郎「……はい!」



そんなエピソードを聞いた某アラフォーがショックで寝込んだとか


わっかんねー



カンッ






憧「宥姉ってスカートで寒くないの?」


宥「どうしたの、突然」


憧「タイツは履いてても風とか吹いたら寒くない?」


宥「うーん、たしかに昔はそうだったなぁ」


憧「今は違うの?」


宥「今は……はい」


憧「……毛糸のパンツ?」


宥「うん、おかげでとってもあったか~いの」


憧「ふーん……でもよくこんなかわいいデザイン売ってたね」


宥「ううん、お店で買ったわけじゃないの」


憧「そうなの?」


宥「うん、京太郎くんが私のサイズに合わせて作ってくれたの」


憧「へえ……」


宥「最近胸が大きくなってきたから京太郎くんに採寸してもらう約束してるからもう行くね」


憧「うん……うん?」



カンッ



つづくのかなー?






一挙7失点って……


憧「灼さんって胸大きくなった?」





灼「いきなりなに?」


憧「前はなかったふくらみが……」


※アニメイト3冊連動特典参照


灼「流石にそれは失礼だと思……」


憧「でも急に大きくなるなんてなにか秘訣とかありそうじゃない?」


灼「……たしかに」


憧「まさか怪しいサプリとか……」


灼「さすがに違う」


憧「マッサージとか?」


灼「……うん」


憧「マジで!?」


灼「毎日決められた時間こなすのがコツ」


憧「なるほど……」


灼「そろそろ京太郎にマッサージしてもらう時間だから行くね」


憧「うん……うん?」




カンッ



さすがにつづかないはず






いよいよラストですね!


憧「ハルエって下着とかに無頓著そう」





晴絵「いきなり何?」


憧「だって彼氏がいたこととかなさそうだし」


晴絵「……ノーコメントで」


憧「うわあ……」


晴絵「そんな目で見ないで!」


憧「せめて普段からスカートにしてみるとかさ」


晴絵「さすがにそれは……」


憧「……まさか履いてないとか」


晴絵「ちゃんと履いてるよ!ほら!」


憧「トランクスって……」


晴絵「意外と履き心地悪くないよ?」


憧「女子力は犠牲にしてるけどね」


晴絵「う……」


憧「せめてもう少し可愛い柄にしたら?」


晴絵「いや、これだと彼氏とペアルックにできるじゃん」


憧「な、なるほど?」


晴絵「じゃ、京太郎とおそろいのパンツを見に行く約束があるからそろそろ行くね」


憧「うん……うん?」



カンッ



麻雀部全員書けましたね!




望さんも忘れずに!



石川投手ごめんなさい



あらたそが誕生日らしいので書きます


京太郎「うちの座敷童」




「さすがに妖怪扱いは酷いと思……」


膝の上のお姫様は不機嫌そうだ


「そうですか?」


頭の上から問いかける


「そう」


小さくコクリとうなずいている


「じゃあやめましょうか?」


頭を撫でる手を一旦止める


「それはダメ」


明確な否定だ


「さいですか」


また撫で始める


「よろしい」


膝の上の座敷童は満足げだ


「やっぱり灼ちゃんって座敷童だよね」


「うるさいそこ」




カンッ






>>53さんが言うので

憧「お姉ちゃんって結婚できない気がする」





望「突然なに?」


憧「二十歳すぎて実家手伝いって出会いがなさそう」


望「ケンカなら買うよ」


憧「いや、妹として心配してるんだって」


望「ふーん?」


憧「だってお姉ちゃんより先に私が結婚することになったら色々と気まずいんでしょ?」


望「よし、とりあえず表に出ようか」


憧「純粋に妹として心配してるんだってば」


望「余計なお世話だっての」


憧「そうかなあ……」


望「ま、いいや、そろそろ出かけなきゃいけないからね」


憧「そうなの?」


望「うん、京太郎くんとちょっとね」


憧「そうなんだ」


望「ちなみに今夜はお泊まりだから」


憧「うん……うん?」




カンッ






こんばんは

明日から1週間ほど出張なので更新をやすみます

次回更新は帰宅してからにします

なにかネタとかあれば書いておいてくだされば拾うかもです


おやすみなさい



乙です
間が空いてしまいますがポンコツぶちょーの誕生日ネタとか読みたいです



「江口先輩って須賀とケンカしたことあるんですか?」


休日の部活動
まだ誰も来ておらず二人きりの部室で浩子はそんなことを聞いてきた


「いきなりなんや」


「普段の二人を見とったら気になったんです」


「うーん……いっぺんだけあるわ」


「ほう?」


嬉しそうに舌なめずりまで始めおったで……
こりゃヘタに隠さん方がええな


「小学校に上がる前のことやったんやけどな」


「はい」


「俺が冗談であいつに結婚したいっていったんや」


「ほほう」


「せやけどあいつは断りおった」


「子供特有の恥ずかしさとかです?」


「あいつは『男同士じゃ結婚できないじゃん』って言いおったんや!」


「あっ」


「せやからそれ以来女って証明するために家では互いに裸でおるんや」


「……うん?」


「そんで外では悪い虫がつかんように京太郎のおさがりの制服を着とるっちゅうわけや!」


「…………胃もたれしそうなんで帰ってええですか?」


「お、気をつけて帰れよ」


『これ以上あかん』


浩子の忘れてったメモにはたった一言そうあった




カンッ






セーラ誕生日おめでとう!

実は束縛系の京ちゃんとか面白そう

誰か書いてください


ついでに>>1も誕生日です

このスレを建ててからもう4つも年をとったんですね……

歳はとりたくないものです



まさか出張中は全部負けていると思いませんでした

なので尚更今日の由規投手の好投は嬉しかったです


書けていないネタは徐々に消化していく所存ー


おやすみなさい





本スレにサン・ジョルディの日というのがあったので使います

京太郎「読書好きな幼馴染姉妹」




照「京ちゃん、これあげる」


京太郎「……本?」


照「うん、今日はサン・ジョルディの日っていっておすすめの本を送る日なの」


京太郎「そうなんだ」


照「だから私からのプレゼント」


咲「わ、私からもあるもん!」


京太郎「咲からも?」


咲「うん」


京太郎「といっても普段本なんて読まないぞ?」


咲「嘘ばっかり」


京太郎「え?」


照「……裸の胸が大きな女の人の本は?」


京太郎「そ、それは……」


咲「言っとくけど胸だけじゃないからね?」


京太郎「はい……」



?「須賀くんはこの行商人と狼の物語や不可能男が巫女と体を重ねる小説がおすすめだと思います」




カンッ






京太郎「弘世先輩って昔はポニーテールだったんですね」


菫「藪から棒にどうした」


京太郎「宮永先輩に見せてもらった写真だと先輩はポニーテールだったので」


菫「まあそんな時期もあったな」


京太郎「どうして今は違うんですか?」


菫「校則が変わったんだよ」


京太郎「え?」


菫「なんでもポニーテールが街で会う男性の劣情を催すおそれがあるらしくてな」


京太郎「ええ……」


菫「だから弓道のとき以外は髪を下ろすようにしてるんだ」


京太郎「そうだったんですか……」


菫「なんだか残念そうだな」


京太郎「ええ、とてもよく似合っていたので」


菫「……そうだな、学校以外で二人だけの時なら見せてもいいぞ」


京太郎「……え?」


菫「ほら、部活が始まるからさっさと準備しろ」


京太郎「わ、わかりました……」



翌日からやたら女らしくなったそうな


誕生日おめでとう



カンッ






>>61


哩「ポンコツやなか!」


京太郎「じゃあ一つ一つ検証してみましょうか」


哩「望むところたい」


京太郎「チェック1. 今朝二人で作ったお弁当をちゃんと持ってきましたか?」


哩「た、たまたま忘れてたから届けてもらったと……」


京太郎「チェック2. 今朝二人で決めたいってきますのキスはちゃんとしましたか?」


哩「その……ちゃんと起きれんかったけん……」


京太郎「チェック3. 今朝は夜更かしせずにちゃんと起きられましたか?」


哩「昨夜は久しぶりやったけん……」


京太郎「チェック4. ちゃんと俺が用意したケーキのつまみ食いは我慢できましたか?」


哩「……ごめんなさい」


京太郎「やっぱりポンコツじゃないですか」


哩「今日から18になったし生まれ変わるけん見とくんがよか!」


京太郎「はいはい、期待せずに待ってますよ」


そんな部室での会話にビビクンしている1名を除きうんざりしていたとか



遅くなったけど誕生日おめでとう




カンッ






透華「エッチまでしたのにふざけないでくださいまし!」


京太郎「藪から棒になんですか」


透華「殿方はこういったセリフに弱いと教わりましたの」


京太郎「……誰にです?」


透華「智紀に借りた本にありましたの」


京太郎「……そうですか」


透華「どうかしましたの?」


京太郎「いえ、ちょっとした野暮用ができただけです」


透華「そうでしたの……」


京太郎「とりあえずそういったセリフは控えてくださいね、わかりましたね?」


透華「わ、わかりましたの……」


京太郎「じゃあ俺は野暮用があるので失礼しますね」



透華「強引なのも悪くないですわね……」


なぜか元気になった人間が二人いた模様



カンッ






小蒔「えっちまでしたのにふざけないでください!」


京太郎「藪から棒になんですか」


小蒔「男性はこういったセリフに弱いと学びました!」


京太郎「……どこからです?」


小蒔「霞ちゃんの部屋にあったマンガにありました」


京太郎「……そうですか」


小蒔「どうかしましたか?」


京太郎「いえ、ちょっとした野暮用ができただけです」


小蒔「そうでしたか……」


京太郎「とりあえずそういったセリフは控えてください、いいですね?」


小蒔「わ、わかりました……」


京太郎「じゃあ俺は野暮用があるので失礼しますね」




小蒔「キリッとした表情もステキです……」


なぜかしおらしくなったおっぱいおばけがいたとかいなかったとか




カンッ







由暉子「えっちまでしたのにふざけないでください」


京太郎「藪から棒にどうしたんだ」


由暉子「男性はこういったセリフに弱いと聞いたので」


京太郎「……誰に?」


由暉子「爽先輩と揺杏先輩にです」


京太郎「……そうか」


由暉子「どうかしましたか?」


京太郎「いや、ちょっと野暮用ができただけだ」


由暉子「そうでしたか……」


京太郎「とりあえずそんなセリフは控えたほうがいいと思うぞ」


由暉子「京太郎くんにしか言いませんよ」


京太郎「……え?」


由暉子「私がえっちしたいと思うのは京太郎くんだけです」


京太郎「そ、そうか……」


由暉子「はい」



少しだけ先輩に感謝した京太郎だったとさ




カンッ






まこ「えっちまでしたのにふざけおって!」


久「藪から棒にどうしたの?」


まこ「なんじゃおったんか」


久「いたけど……さっきのセリフはなに?」


まこ「ちょっとした鬱憤ばらしじゃ」


久「そうなの?」


まこ「いつまでも女の乳ばかり追いかけるおおあんごうへのな」


久「……ひょっとして須賀くんのこと?」


まこ「ほうじゃ」


久「そ、そうなの、ちょっと意外ね」


まこ「昨日もバイト上がりに盛りおってからに」


久「……うん?」


まこ「風呂だけで飽きたらず制服に着替え直してさらに盛りおって……!」


久「そ、そう……」


久(話が高度すぎてついていけないわ……)



なぜか寝不足の上級生二人を不思議に思った新入生たちだったとさ




カンッ





「えっちばかりしてふざけないでください」やんけ



怜「えっちばっかりしてふざけたらあかん」


竜華「突然どないしたんや」


怜「心当たりないん?」


竜華「……知らへん」


怜「ふーん……」


竜華「な、なんやその録音……」


怜「ここ1週間の私の寝言録音アプリや」


竜華「そ、そう……」


怜「毎晩京くんを抱き枕にして一緒に寝とるんは知っとるやろ?」


竜華「せやで」


怜「ところがここ1週間毎晩おもろい音声が録音されてたんや」


竜華「そ、そうなんや……」


怜「フナQあたりなら高う買い取ってくれそうやな」


竜華「そ、それはやめたほうがええ思うで……?」


怜「さすがに毎晩5回以上は京くん死んでまうで」


竜華「……はい」



なぜかその夜の竜華は一際激しかったそうな



カンッ



なんもかんも>>87さんが悪い






竜華ママ「いやあ、これおもろいなあ」


竜華「何聞いてるんや?」


竜華ママ「んー?昨日怜ちゃんから送られてきたんやけどな」


竜華「ほーん」


竜華ママ「怜ちゃんの寝言録音アプリの音声ファイルなんよ」


竜華「……うん?」


竜華ママ「怜ちゃんの抱き枕を襲う幽霊が録音されてるんや」


竜華「そ、そうなんや……」


竜華ママ「大声で『イクー』とか叫んどるんけどよっぽどの未練なんやろなあ」


竜華「…………」


竜華ママ「そういえば最近京くんがやたら疲れとるけどなんか心当たりある?」


竜華「……知らへん」


竜華ママ「自分だけが気持ちよくなってたら相手に嫌われるで」


竜華「……え?」


竜華ママ「ま、竜華には関係ない話やろうけどな」


竜華「……セヤデ」



その晩から幽霊は片手で足りるくらいしか叫ばなくなったそうな




カンッ






怜「今日は誕生日パーティとかで疲れたしもう寝よか」


京太郎「そ、それはいいんですけど……」


怜「どうかしたん?」


京太郎「あの……どうして竜華さんが縛られてるんですか……?」


怜「このアプリ知っとるやろ」


京太郎「えっと、寝言を録音できるアプリでしたっけ?」


怜「せや、愛用しとるんやけどちょっと問題が起こっててん」


京太郎「問題……ですか?」


怜「ここ1週間くらい苦しそうに叫ぶ黒髪巨乳の膝枕が気持ちええ女幽霊の声が録音されとるんよ」


京太郎「……え?」


怜「そしてところどころに金髪長身元ハンドボール部CV福山潤の呻き声も入っとるんよ」


京太郎「そ、そうですか……」


怜「せやから除霊に協力してもらお思うてな」


京太郎「……なるほど」


怜「せっかくの誕生日なのに安眠妨害されたらたまったもんやないしな」


京太郎「ソウデスネ……」



その夜はすすり泣く女幽霊の声が録音されていたそうな



カンッ



おそろしいゆうれいですねー






京太郎「あの……どうして寝るときはいつも裸なんですか……?」


怜「うーん……特に理由はないで」


京太郎「だったらせめて下着だけでも……」


怜「つまり私の裸は見たくないと?」


京太郎「……え」


怜「つまり私に裸で抱きつかれるんは嫌やと?」


京太郎「そ、そんなことないですよ!」


怜「ならええやん」


京太郎「……うん?」


怜「ほら、人肌の温もりとか大切やん」


京太郎「な、なるほど……?」


怜「ま、唯一欠点があるとすれば……」


京太郎「すれば?」


怜「汗とか色々とかがごまかせんことやな」


京太郎「……うん?」



翌日、京太郎の一部はなぜかべとつき二人の同居人はスッキリした顔をしていたそうな




カンッ







松岡投手を応援選手にしていてよかったです

なんでも中継ぎ6人で被安打1だそうで


>>27から>>58のエピローグ的なやつを書きます

憧「エッチまでしたのにふざけないでよ!」





「突然どうしたんだ」


私の隣に横たわる男が答える
私が怒っている理由には皆目検討がなさそうだ


「……本当に心当たりないわけ?」


一縷の望みに賭けつつ尋ねる
答えによっては許してやってもいいわね……


「ないぞ」


私のかすかな希望は驚くほどあっけなく打ち砕かれた
そのぽっかり空いた穴に流れ込んできたのは怒りだ


「……そう」


口を衝いて出たのはそんな言葉だ
実際は怒りではなく呆れだったのかもしれない


「どうかしたのか?」


「……なんでもない」


私から告白してデートの末に体を重ねたのは高校生に直前だ
学校こそ違えど幼馴染ということで穏乃やクロと親交があったのは事実だ
女子校ということで足りない男手を担ってもらったのは私の方だ
でもまさかみんなとあんな関係になることないじゃない……


「……バカ」


誰に対してかはわからないがそんな言葉がふと漏れた





「……大丈夫か?」


そういって抱きしめ撫でてくれる
いつの間にか泣き出していたらしい


『アンタのせいよ!』


そう叫び詰り思い切りぶつけられたらどれほど楽になるだろう
そうする以前に大きな手に安心してしまう私も私なのだが


「……なんでもないわよ」


鼻をすすりつつそう返すのが精一杯だ
察して欲しいと思うのは高望みのしすぎだろうか


「てっきりシズたちと仲良くしてるのに嫉妬してるのかと思った」


「な”!?」


「違うのか?」


「だ、誰がアンタなんかに嫉妬するもんか!」


精一杯の強がりだ
我ながら馬鹿馬鹿しいとは思う
とはいえ、素直に認めるのは絶対に嫌だったのだ





「悪かったよ……」


そういってまた私を抱きしめてくる
ゆるんでいる顔を見られないのはせめてもの救いだ


「少しは彼女のことを大切にしなさいよ」


「そうだな、ごめん」


「……バカ」


「どうすれば許してくれるんだ?」


「……少なくともみんなにしたことをすること」


「はいよ」


その言葉を忘れないように唇を重ねる
場面こそ違うが誓いのキスとしては十分だ


「じゃあさっそく毛糸のパンツから作るか」


「……流石に今の時期はいいわよ」


「でも憧の下着選びは楽だぞ」


「私の好みがわかってるから?」


「ツルツルではみ出す心配がないからな!」


とびきりの笑顔を浮かべている頬に口付けだけではなく手形まで追加されたのはいうまでもない……



カンッ






かなり眠くて筆が乗らないので寝ます

あのセリフを言わせたいキャラとシチュでも書きながら気長にお待ちください

おやすみなさい





憧「私がえっちだなんてふざけないでよ!」


京太郎「……ツッコミ待ちか?」


憧「もう、いきなり突っ込むなんて京太郎のエッチ」


京太郎「はあ……」


憧「どうしたの?ため息ついてたら幸せが逃げていくわよ?」


京太郎「……そうだな」


憧「あ、でも私が彼女なんだから幸せじゃないわけないわよね!」


京太郎「……そうだな」


憧「でもそろそろ寝なきゃいけないしお布団に行きましょうか」


京太郎「……ああ」


憧「でも付き合いだしてから毎晩だなんて京太郎もえっちね!」


京太郎「……ああ」


憧「でもでも彼氏を満足させてあげるのも彼女の勤めだもんね!」


京太郎「……ああ」


京太郎(誘わないと一日中機嫌が悪いしな……)


憧「いくら縁起が悪いからって毎晩京太郎から誘ってくれなくてもいいのにね♪」


京太郎「……そうだな」


体を心配しての差し入れは逆効果だという……




カンッ


アコチャー誕生日おめでとう!






竜華「私がえっちやなんてふざけんといてや」


京太郎「……と、もうしておりますが?」


怜「……どう思う?」


京太郎「少なくとも無罪ではないと思いますが」


怜「せやな」


竜華「なんでや!」


京太郎「まず全裸でベッドに潜りこないでください」


怜「それと風呂への乱入も禁止や」


京太郎「後洗濯物を選択前にさらに汚さないでください」


怜「自分でするのはええけどせめて声はもうちょい抑えたほうがええで?」


竜華「そ、そんな……」


京太郎「ということで少なくとも今夜はタオルを解かないほうがいいと思いますが」


怜「賛成や」


竜華「そ、そんな……でも放置プレイいうんも悪くないかも……」


怜「はあ……」
京太郎「はあ……」


その晩、トイレで一悶着あったとかなかったとか




カンッ






たぶんシリーズ化はしないだろうネタを書きます

和「私の彼氏を取らないでください!」




嘉帆「青筋立ててどうかしたの?」


和「原因はお母さんじゃないですか!」


嘉帆「そう?」


和「どうして一緒にお風呂に入ってるんですか!」


嘉帆「親子のスキンシップじゃない」


和「今は私と京太郎くんだけの時間です!」


嘉帆「まあまあ、京太郎くんも嫌がってないじゃない」


和「……そうなんですか?」


京太郎「……ノーコメント」


和「体はしっかり反応してるじゃないですか!」


嘉帆「まあまあ、男の子なんだから仕方ないじゃない」


和「そんな問題じゃありません!」


嘉帆「じゃあどういう問題なの?」


和「えっと……それは……」


嘉帆「指摘できないってことは問題がないってことよ?」


和「わ、私の彼氏なんだから私以外の女の人をえっちな目で見ないでください!」


嘉帆「あらあら、真っ赤になっちゃってのぼせちゃったの?」


和「知りません!」


嘉帆「でもそんなところが可愛いでしょう?」


京太郎「ええ、そうですね」


和「二人とも嫌いです……」




なぜか翌朝寝不足な人がいたとかいなかったとか




カンッ





親子のスキンシップは大事な事、何の問題もない

ところで大阪には愛宕や清水谷って家があるんですよね



久しぶりに野球が見られると思ったのに中断だった悲しみ



前にも言いましたがシリーズ化はしません

>>124で大阪を紹介されたので書きます

怜「私の京くんを取らんといて!」




怜ママ「急にどないしたん?」


怜「どないしたんはこっちのセリフや!」


怜ママ「どうしてなん?」


怜「また京くんにお弁当作って渡したやろ」


怜ママ「なんでもハンドボール部の朝練があるいうてたからな」


怜「……そうやったんか」


怜ママ「もうええ?」


怜「ま、まだあるわ!」


怜ママ「今度はどないしたん?」


怜「なんで私が誘ってないのに京くんにうちに来とるんや」


怜ママ「私が呼んだからやで」


怜「……は?」


怜ママ「なんでもハンドボール留学のせいで一人暮らしらしいからな」


怜「それとこれとは関係ないやろ!」


怜ママ「成長期に偏った食生活はよくないで」


怜「だからってなんも……」


怜ママ「それにいうやろ、男は胃袋から掴むんがええって」


怜「なるほど……」


怜(それ私より先に掴まれるんじゃ……)



未来視よりも明らかだったという


カンッ







白望「私がえっちなんてふざけないで」


塞「て言ってるけど実際はどうなの?」


京太郎「うーん、どうなんですかねえ」


塞「どういうこと?」


京太郎「その……客観的に見たことがないのでなんとも……」


塞「じゃあせっかくだし検証してみる?」


白望「望むところ」


京太郎「じゃあ……裸で布団に潜り込んでくる」


塞「アウトだよ!」


白望「えー……」


京太郎「普通のことなのに……」


塞「普通はそんなことしないの!」


白望「じゃあ京太郎の入ってるお風呂に乱入する」


塞「アウトー!!」


京太郎「じゃあ下着を着せてあげるのは?」


塞「アウト!!」


白望「じゃあ……」



翌日、臼沢塞は声が完全に枯れてしまったという……



シロ誕生日おめでとう



カンッ






白望「私がえっちなんてふざけないで」 改


「……何か言い分は?」


被告人に問いかける


「ないよ」


全く悪びれる様子がない
なんだったら現行犯といったほうが正しい


「……いい加減俺の布団に裸で潜り込むのやめません?」


「やだ」


「せめてちょっと待ったとか……」


「考えるまでもない」


「決断早いね」


「それが自慢」


「キャラ違いません?」


「そう?」


犯人に反省の色なし
かなり悪質だ


……尤も被害らしい被害はない
むしろご褒美といっても過言ではない





「一緒に風呂入ったあとちゃんとパジャマを着せましたよね?」


「……暑い」


「だったら潜り込まないでくださいよ」


「それは無理」


「じゃあ俺が出ます」


「それも無理」


「じゃあどうすればいいんですか?」


「素直になれば」


「……は?」


「京太郎はおっぱい大好き」


「違いま……せんけど」


「じゃあ問題ない」


「ええ……」


「鎮めてあげようか?」


「……こういう時だけは積極的なんですね」


「…………ダル」




カンッ







すわほー

やっと勝てましたね

由規投手に勝ちがつけば万々歳でしたが

このまま明日も勝ってそのまま交流戦に突入したいですね!



いつぶりかの安価をします

「私の彼氏を取らないでよ!」

竜華、洋榎、絹恵、その他母親が登場しているキャラクター

誰が見たいですか?

↓3くらいまででこのレスのコンマに最も近いキャラを採用ということでー


りゅーか



100分の1を射抜く竜華の強さよ……

なんかRに美月さんと一緒にお風呂に入ったりし抜いたりしてもらってるスレがあるらしいですよ

知らんけど


>>141採用で書きます


竜華「私の彼氏を取らんでや!」





竜華ママ「急にどないしたん」


竜華「昨日京くんがきとったんに教えてくれんかったやろ!」


竜華ママ「ああ、せやったか、ごめんごめん」


竜華「むー」


竜華ママ「それにあんまりがっつきすぎたら嫌われるかもしれへんよ?」


竜華「……そうなん?」


竜華ママ「確実に色々と消耗するからな」


竜華「たしかに……」


竜華ママ「でも溜めすぎるんもようないんやけどな!」


竜華「……え」


竜華ママ「流石に京くんがあんなに激しいとは思わんかったわ」


竜華「な、何言っとるんや!?」


竜華ママ「夕べのベッドでのことやけど?」


竜華「はあ!?」


竜華ママ「やっぱり体が大きいと色々と激しいんやなあ」


竜華「あかん、このままじゃ彼氏が枯れ死してまう……」



もちろん寝相の話ですよ?



カンッ





「部員が怖いじゃと……?」


「そうなんです……」


部室ではできない相談といってうちの雀荘に来ている唯一の男子部員が頷く
どことなく落ち着かないように見えるのは気のせいじゃろうか?


「ちなみにどの辺が怖いんじゃ」


「その……例えば休み時間に友人とご飯を食べようとするじゃないですか」


重々しい口調で話し始める
少なくともふざけているようには見えない


「必ず誰か部員がいるんです」


「そんなん偶然じゃろ?」


「でも女子といるときには街中であっても絶対に誰かいるんですよ……」


「ほうか……」


「で、結局向こうが気まずくなって帰ってしまって……」


「なるほどのう……」


「最近じゃあ家を出るときから帰るまで誰かいるんです、家の方向は逆のはずなのに……」


「さすがにそれは不自然じゃのう」


「最近は家の中でも誰かに見られてるようで……」


「ふむ、なら今晩はうちに泊まって様子を見てみんか?」


「……え?」


「家に帰って怖い思いをするよりは多少はマシじゃろう」


「……お願いします」


深々と頭を下げてくる

……最後にワシのところにくればええからのう



カンッ






初美「えっちじゃないですよー」


京太郎「そんな格好で言われても説得力皆無ですよー」


初美「ぐぬぬ」



カンッ





初美「さすがに誕生日だったのに扱いがぞんざいすぎですよー!」


京太郎「ええ……」


初美「だいたい私がこの格好なのにはちゃんとわけがあります」


京太郎「……露出癖?」


初美「違いますよー」


京太郎「じゃあどんな理由なんですか?」


初美「それはズバリ!みんなのためですよー」


京太郎「あの……そんな格好で喜ぶのは一部の人だけかと……」


初美「ちーがーいーまーすー!姫様や霞ちゃんたちに不埒な視線が集まるのを防ぐためですよー!」


京太郎「な、なるほど……?」


初美「現に霞ちゃんがつまずいたり巴ちゃんが転んだりしたとき以外は私に釘付けじゃないですか」


京太郎「言われてみれば……」


初美「つまり私の格好は立派なお勤めなんですよー」


京太郎「おお……!」



なぜか翌日から巫女さんたちにドジっ子属性が追加されたという……




カンッ







豊音「えっちじゃないよー」


京太郎「……どうして毎晩俺の布団に裸で潜り込んでくるんですか」


豊音「やっぱり嫌だった……?」


京太郎「嫌じゃないですけど……」


豊音「私も京太郎くんにぎゅーってできて超気持ちいいよー」


京太郎「……そうですか」


京太郎(怒るに怒れない……)


京太郎「で、でもどうして潜り込んでくるんですか?」


豊音「えっと……みょーとだから……」


京太郎「みょーと?」


豊音「は、恥ずかしいからこれ以上はダメだよー!」


京太郎「わ、わかりました……」




京太郎「みたいな感じでとよねぇが可愛すぎるんですがどうしましょう?」


塞「知らないわよ!」





カンッ






Mr.麻雀こと小島武夫氏が亡くなられました

麻雀が好きだった父のもとでルールもわからないまま見てた九蓮宝燈の綺麗さに憧れたものです

現実で和了したのは一度しかありませんが

御冥福をお祈りします


おやすみなさい





エイスリン「エッチジャナイヨ」


塞「そう?」


エイスリン「ウン」


塞「でも最近ヌードが多くない?」


エイスリン「ベンキョウ!」


塞「勉強?」


エイスリン「コッカクトカニクヅキトカ……」


塞「なるほど……」


エイスリン「モデルモキョウリョクシテクレテル!」


塞「……モデル?ヌードを描かせてくれる?」


エイスリン「ソウ」


塞「そ、そう……」


塞(すっごく興奮してない……?)


エイスリン「アトショリモバッチリ!」


塞「ふ、ふーん……」


塞(京太郎に見えるけど気にせいよね……?)



本当にエロいのはどっちなんでしょうねー



カンッ





胡桃「えっちじゃないわよ!」


塞「うん、そだねー」


胡桃「何よその目は!」


塞「特に深い意味はないわよ」


胡桃「あ、でも京太郎がえっちなことしてくるもん!」


塞「……そうなの?」


胡桃「まずは一緒にお風呂に入って体を洗わせてるでしょ?」


塞「う、うん……」


胡桃「あとは夜寝るときに怖くないように一緒にトイレに行ってやってるわ」


塞「……そう」


胡桃「もちろんちゃんとキレイに舐めてキレイにさせてるわよ!」


塞「ねえ、胡桃」


胡桃「……なに?」


塞「それって子供にすることなんじゃないの」


胡桃「うるさいそこ!!」




カンッ







塞「えっちじゃないわよ!」


京太郎「……一応男部屋なんですが」


塞「暗かったから間違えちゃった☆」


京太郎「そもそも部屋を出る必要がありませんでしたよね?」


塞「そう、迷子、迷子になっちゃったの」


京太郎「部屋のトイレからどうして迷子になるんですか」


塞「ほら、モノクルしてないから……」


京太郎「モノクルと一緒に服も忘れたんですか?」


塞「だって暑いじゃない」


京太郎「じゃあ俺の布団に入ってこないでください」


塞「ほら、人肌恋しくなる夜もあるじゃない」


京太郎「アラフォーの独身実家暮らし雀士みたいなこと言わないでください」


??「アラサーだよ!」


京太郎「誰だ今の」


塞「とにかく私に任せなさい」


京太郎「ええ……」


塞「さあ……すけべしようや」


京太郎「…………台無しですね」




カンッ








京太郎「あれ?珍しいですね」


晴絵「私がスカートを履いてるのが?」


京太郎「はい」


晴絵「ジーパンよりこっちの方が涼しいからね」


京太郎「確かに最近一気に夏めいてきましたもんね」


晴絵「そうそう、まだ風があるから……」


京太郎「……プリント拾うの手伝いますね」


晴絵「うん、ありがとうね」


京太郎「これって今日の授業のプリントですか?」


晴絵「今度の期末試験対策プリントだね」


京太郎「なんか先生みたいですね」


晴絵「みたいじゃなくて先生だってば」


京太郎「……そうですね」


晴絵「ま、お手伝いに免じてパンツを見るくらいは大目に見よう」


京太郎「……すいません」


晴絵「で?晴絵先生のパンツの感想は?」


京太郎「黒いパンツと白いブラウスの裾とその間の素肌がすっげえエロいです!」


晴絵「……黒?今朝用意したのは白だったけど」


京太郎「……え?」


晴絵「……だ、誰かに言ったら責任とってもらうからね!?」


京太郎「わ、わかりました!」


この後一部麻雀部員の間で『黒パンツ』作戦が流行るが参加できずに涙を流した部員もいたそうな



カンッ


誰でしょうねー






京太郎「シズが制服着てる!?」


穏乃「私だってちゃんとしてるからね?」


京太郎「ジャージがメインだしなぁ……」


穏乃「それはそれ、これはこれ」


京太郎「そ、そうか……」


穏乃「でも今日たいへんだったんだよ」


京太郎「そうなのか?」


穏乃「うん、プール開きだから水着を下に着ていったんだけどさ」


京太郎「替えの下着を忘れたとか?」


穏乃「なんでわかったの!?」


京太郎「実際にやるやつがいるんだな……」


穏乃「でもちゃんとスパッツ履いてるもんね!」


京太郎「……ちなみにスパッツの下は?」


穏乃「……えっち」


京太郎「ええ……」



カンッ



でもシズのお尻を揉みしだくと色々と楽しそう






宥「さ、寒いよぅ……」


京太郎「ど、どうしたんですか、優さん?」


宥「寒いの……」


京太郎「え?今日はプールの授業があるくらいには暖かいですよ?」


宥「その……プールはよかったんだけど……」


京太郎「だけど?」


宥「その……下着を忘れちゃって……」


京太郎「え?でもタイツとか履いてれば問題ないんじゃないんですか?」


宥「その……おまたがスースーするの……」


京太郎「……え」


宥「だから……少しだけ京太郎くんに温めてもらいたいな……」


京太郎「ロンオブもち!」


宥「ふぇ!?」


京太郎「さあさあ、俺の膝に来てください!」


宥「お、お邪魔します……」


京太郎「どうです?少しは温かくなってきましたか?」


宥「うん、あったか~い」


京太郎「それは何よりです」


宥「でもね?私のお尻にあったか~いものが当たってるよ……?」


京太郎「……宥さんのための特別なカイロです」


宥「そうなんだ~」



この後お互いに局所的に汗ばむくらいあったか~くなったそうな



カンッ






憩「あんまりジロジロ見るのはどうかと思いますよーぅ」


京太郎「……すいません」


憩「そんなにおねえさんのお尻を見てどないしたん?」


京太郎「その……パンツのラインが見えないので……」


憩「それが気になってジロジロ見てたん?」


京太郎「……はい」


憩「そないに気になるん?」


京太郎「ええまあ……」


憩「……今日は特別やで?」


京太郎「……え?」


憩「……これならラインが出んやろ?」


京太郎「確かにそんなヒモみたいなパンツならラインが浮き出ませんね」


憩「恥ずかしいからこれ以上禁止ですよーぅ」


京太郎「わ、わかりました……」



紐パンの下の黒パンを目撃した京太郎が責任を取らされるのはまた別の話……




カンッ





憩ちゃん誕生日おめでとうですよーぅ


どうでもいいですがシズにマウントを取ろうとして合コンに行くけどチャラ男のせいで男が苦手になって京ちゃん以外考えられなくなるアコチャーください


おやすみなさい





ハオ「ジロジロ見てどうしました?」


京太郎「チャイナドレスっていいなって」


ハオ「それはどんな意味でしょう?」


京太郎「ここまで女性の魅力を引き立たせる服もなかなかないというか……」


ハオ「簡単にいうと?」


京太郎「えっちぃ」


ハオ「……智葉の連絡先は」


京太郎「ストップ!姐さんに連絡するのはマジで勘弁して!」


ハオ「白昼堂々部室でセクハラをしてくる方がどう見ても悪いような……」


京太郎「すいませんでした!」


ハオ「おお、見事な土下座」


京太郎「あ」


ハオ「……なんですか?」


京太郎「チャイナドレスを下から見るのもいいもんだな!」


ハオ「智葉に連絡しないと……」


京太郎「すいませんでした!」


ハオ「じゃあいいと思ったところを10個挙げてくれたら許します」


京太郎「え?それだけでいいの?」


ハオ「え?」


立て板に水のような回答にハオの方が謝ったそうな




カンッ


どうでもいいですがチャイナドレスのキャラって後二人いるらしいですよ







ハオ「そもそも伝統装束に性的興奮を覚えるものですか?」


京太郎「ピッチリと体のラインが出てる時点で十分な」


ハオ「な、なるほど?だったら私に限ったことではないのでは?」


京太郎「いや、それは違うぞ」


ハオ「そうなんですか?」


京太郎「バランスってやつだな」


ハオ「バランス……ですか?」


京太郎「見事な曲線のバランス具合ってことだ」


ハオ「ふ、ふむ?」


京太郎「出てるところは出てて引っ込んでるところは引っ込んでるってことだな!」


ハオ「……それってセクハラでは?」


京太郎「……気のせいだろ」


ハオ「そうですか?」


京太郎「おう!」


ハオ「ちなみにラインが出ないように下着はつけないものなんですよ?」


京太郎「マジで!?」




カンッ



少なくとも中国人の友人に聞いたので間違いないはず





今日は飲み会なので今夜の更新はおやすみします

履いてないことに恥じらいそうなキャラとかシチュとかあったら書いておいてください


おやすみなさい




京太郎「…………」


灼「なに?」


京太郎「な、なんでもないです……」


灼「じゃあ私のパンツをジロジロ見るのはやめたほうがいいと思……」


京太郎「……え?」


灼「流石に露骨すぎ」


京太郎「すいません……」


灼「で?どうだった?」


京太郎「あの……なにがですか?」


灼「私のパンツ」


京太郎「……答えないとダメですか?」


灼「ダメ」


京太郎「えっと……お尻のタヌキも独特でいいと思……」


灼「かわいくはないんだ……」


京太郎「え?」


灼「じゃあ脱ぐ」


京太郎「す、ストップ!ちょっと待ってくださいって!」



二人が一枚のパンツに手をかける光景が目撃されるまであとわずか……




カンッ







京太郎「玄さんには失望しましたよ……」


玄「そ、そんな……」


京太郎「まさか玄さんに限って、玄さんに限ってはあり得ないと思っていたのに……!」


玄「わ、私だって細心の注意を払ってきたもん!」


京太郎「でも結果として今この現状があるんじゃないですか!」


玄「うう……」


京太郎「まさかプールの後の下着を忘れてしまうなんて!」


玄「その……楽しみすぎて……」


京太郎「だからっておもちのためにはブラが必須なのは常識でしょうが!」


玄「でも忘れちゃったものは仕方ないでしょ!」


京太郎「人のおもちの前にまずは自分のおもちのケアをしっかりしてくれるようにいっつも言ってるでしょうが!」


玄「ご、ごめんなさい……」


京太郎「確かに宥ねぇ以外は必要ないメンツばかりかもしれませんが!だからこそ大切でしょうが!」


玄「……はい」


京太郎「まったく……次からは気をつけてくださいね?」


玄「だ、だったら……お家に帰るまで京太郎くんに後ろから支え続けてもらえば少しは被害を減らせるのです!」


京太郎「なるほど……」


憧「なるほどじゃないわよこのバカップルが!」


玄「ふぇ!?」


京太郎「確か憧にはわからないかもしれないが玄さんには切実な問題なんだ、わかってくれ」


憧「わかりたくもないわよ!」


たまたま予備も着けていた宥ねぇのおかげで致命傷は免れたとさ




カンッ






竜華「さーさーのーはさーらさらー♪」


怜「えらいご機嫌やろ?」


京太郎「ええ、そうですね」


竜華「ほらほら、お素麺茹で上がるから薬味とか準備してや」


怜「普段は暑いって茹でるのすら嫌がるのにな」


竜華「せやかて今夜は七夕やしな」


京太郎「ただ流石に天の川は無理そうですね」


竜華「ただ無事なだけ安心や」


怜「……で?いつになったら服着るんや?」


竜華「え?」


京太郎「あの……流石にエプロンすら脱いで全裸で食事っていうのはどうかと……」


竜華「せやかて暑いし……」


怜「竜華の場合色々と火照っとるもんなぁ」


竜華「どういう意味や!」


怜「ちなみにこの付け合わせのキュウリもナスも竜華の使用済み(意味深)や」


京太郎「……え?」


怜「まあ昨日は電車が止まったせいで帰れへんかったしな」


京太郎「あ」


竜華「ちょい待ち!色々と察するのやめーや!」


怜「せやかて織姫と彦星とは真逆みたいな性活しとるしな~」


京太郎「まあ竜華さんですし……」


竜華「どういう意味や!」




カンッ






からかい上手の竹井さん1


久「あーつーいー」


京太郎「暑いからってそうも暑い暑いって言ってると今以上に暑く感じますよ?」


久「暑いのは事実なんだし仕方ないじゃない」


京太郎「だからってスカートの裾を持って仰ぐのはやめてください」


久「ふーん……」


京太郎「なんですか、その笑顔は」


久「須賀くんは私のスカートの中身が気になるんだー」


京太郎「……知りません」


久「ほらほら、ちゃんとお願いしたら見せてあげてもいいわよ?」


京太郎「部活やらないんなら帰りますよ」


久「ごめんごめん」


京太郎「部長なんて知らないです」


久「もう……こんなことできる男の子なんて須賀くんしかいないんだからね?」


京太郎「え、それって……」


久「知ーらない♪」



カンッ







からかい上手の竹井さん2


久「あーつーいー」


京太郎「暑いからってそうも暑い暑いって言ってると今以上に暑く感じますよ?」


久「暑いのは事実なんだし仕方ないじゃない」


京太郎「だからってスカートの裾を持って仰ぐのはやめてください」


久「たしかに仰いでもそんなに涼しくないしいっそ脱いじゃおうかしら」


京太郎「…………は?」


久「そうよね、そもそも脱いじゃえばいいって話よね」


京太郎「ま、待ってください!流石にそれはダメですって!」


久「あら?須賀くんに見られたって減るものじゃないしそんなに気にしないわよ」


京太郎「部長が気にしなくっても俺が気にするんです!」


久「えー……アイスでも食べれば脱がなくても涼しくなれるかもしれないなー」


京太郎「ダッシュで買ってきます!」


久「行ってらっしゃーい」



久「……本当に行かなくてもいいじゃない、バカ」





カンッ








からかい上手の竹井さん3


久「あーつーいー」


京太郎「暑いからってそうも暑い暑いって言ってると今以上に暑く感じますよ?」


久「暑いのは事実なんだし仕方ないじゃない」


京太郎「だからってスカートの裾を持って仰ぐのはやめてください」


久「たしかに仰いでもそんなに涼しくないしいっそ脱いじゃおうかしら」


京太郎「…………は?」


久「ええ、そうしましょう」


京太郎「あの……部長……」


久「何?私のタイツ越しのパンツに興奮しちゃったの?まあ今日のはお気に入りの垢だからねー」


京太郎「赤?黒の間違いじゃないですか……?」


久「え?だってちゃんとプールの袋に……」


京太郎「……部長にそんな趣味があるなんて誰にも言いませんから」


久「ま、待ちなさい!大きな誤解!誤解なのよ!」


京太郎「……わかったからまずはスカートを履いてください」


久「こ、こんなはずじゃなかったのに……」




カンッ



あなたはどの久がお好み?







はやり「やっぱり水風呂は気持ちいいね☆」


京太郎「そ、そうですね……」


はやり「浮かない顔だけどどうしたのかな☆」


京太郎「はやりさんの一部はよく浮いてますけどね」


はやり「京太郎くんのえっち~」


京太郎「だったらせめて隠すそぶりを見せてくださいよ……」


はやり「……はやりの大事なところまで見ちゃったのに?」


京太郎「あ、あれは事故でしょうが……」


はやり「京太郎くんにとっては事故みたいに嫌なことだったんだ……」


京太郎「そうじゃないですって」


はやり「じゃあ京太郎くんは今の生活に満足してるの?」


京太郎「まあ料理上手で頭が良くて美人なはやりさんと一緒ですしね」


はやり「……水着撮影の後パンツを履き忘れちゃうくらいおっちょこちょいでも?」


京太郎「まあきっかけはともかく今が良ければいいんじゃないんですか?」


はやり「そうだね☆」




美月ママの『そろそろ孫の顔が見たい』というメールが牌のお姉さんが牌のお母さんになったのはそんな誕生日のことだったそうな




カンッ



はやりんとイチャイチャするスレとか見たいなー






霞「毎日うだるような暑さね」


京太郎「特に今年は異常気象らしいですし」


霞「いっそのことはっちゃんみたいな格好になっちゃいましょうか」


京太郎「え”!?」


霞「……その反応は何かしら?」


京太郎「と、特に深い意味はないですよ……」


霞「……ふーん」


京太郎「あ、そろそろ夜の勤行の準備にいかないと……」


霞「待ちなさい」


京太郎「え?」


霞「正座」


京太郎「……え」


霞「いいから正座」


京太郎「はい……」


霞「さて、どうしてそんな反応をしたのか洗いざらい話してもらいましょうね♪」


京太郎「……はい」



最終的に正座をさせている側が謝罪する自体になったそうな




カンッ



でも実際色々とキツいと思う






絹恵「あれ、お姉ちゃんどないしたん?」


洋榎「ちょっとしたアクシデントや」


絹恵「もしかしてそうしてもらわんとあかんくらいひどいん!?」


洋榎「いや、これは京太郎が大げさなだけや」


絹恵「……お姫様抱っこってかなり重症ちゃうの?」


洋榎「ちょーっとくじいただけやから大丈夫やて」


絹恵「なんならお母ちゃんに車で迎えにきてもらったほうがええんちゃう?」


洋榎「そこまで大げさにせんでもええって」


絹恵「お姉ちゃんがいうなら……」


洋榎「……ちゃんと責任は取れよ?」


京太郎「……おおかたそっちの自業自得じゃないですか」


洋榎「やかましいわ!」


京太郎「まあ洋榎さん重くないからいいんですけど……」


絹恵「ほんなら部活行こか」


洋榎「せやな」


京太郎(確かに転んだ時にスカートの中見たのは俺が悪かったけどさあ……)


洋榎(履いてへんかったことバレてへんよな……?)



そんな格好のいじりの標的を見逃すはずもない姫松の部員たちだったとさ




カンッ







憧「……なにジロジロ見てるの」


京太郎「いや、大変だなぁって」


憧「たいへん?」


京太郎「だって暑いのに上だけでも3枚は着なきゃいけないだろう?」


憧「確かにブラにキャミソールに制服を着るけど」


京太郎「それを着ていくのがなんか面白くってさ」


憧「私の裸なんて見るだけじゃなくて脱がすのにも慣れてるのに」


京太郎「それはそうだけどさ」


憧「ちなみに今日のブラは一番のお気に入りだから」


京太郎「え、違いとかあるの?」


憧「女の子には色々とあるの」


京太郎「まじか……」


憧「でも男って得よね」


京太郎「え?」


憧「私に好きな下着をプレゼントする権利があるんだからね」


京太郎「な、なるほど……?」


憧「最近また大きくなってきたから新しいの欲しいなあ」


京太郎「えっと……今週末でも見に行く……?」


憧「ええ、楽しみにしてるわね♪」





カンッ






塞「ねえ、今日って土用の丑の日よね?」


京太郎「世間的にはそうらしいですよ」


塞「今夜空けといて欲しいって言われたから空けといたよね」


京太郎「ええ」


塞「しかも予約もしてあるって言ったわよね」


京太郎「はい」


塞「だったらどうして野球場にいるのかな!?」


京太郎「知ってますか?土用の丑の日って必ずしもうなぎである必要はないんですよ?」


塞「……それで?」


京太郎「なのでやきゅ『う』の試合を楽しもうと思いまして」


塞「……え」


京太郎「まあまあ、せっかくのビール半額デーですし」


塞「なんか誤魔化されたような……」


京太郎「でも色々とグッズももらえたし今日は花火が上がるしでいいことづくめじゃないですか」


塞「……試合がつまらなかったら許さないからね」


京太郎「じゃあ精一杯応援しますか」



カンッ




やっぱり神宮のナイターって最高なんやなって






作者含めた燕ファンと鯉ファンはこの2試合絶頂レベルですわな



塞「まさか3試合とも見に行くなんて……」


京太郎「まあまあ、試合が面白かったんだからよかったじゃないですか」


塞「それはそうだけど……」


京太郎「暑い夏にビール片手に野球観戦なんて最高じゃないですか」


塞「飲めないくせに」


京太郎「まあ出張に託けて羽を伸ばせたってことで」


塞「まあお昼は色々行けたし……誰かさんはお仕事だったみたいだけど」


京太郎「さすがに仕事はすっぽかせませんから……」


塞「まあ、そうね」


京太郎「本当は来週の火曜日のナイターにも行きたいんですけどねー」


塞「そうなの?」


京太郎「ええ、今年2試合目の地元開催なんで」


塞「でも試合はできそうなの?」


京太郎「一応マスカットスタジアムのある中庄の方は無事で高校野球予選もできているみたいです」


塞「……でもお仕事よね?」


京太郎「はい……」



カンッ



3戦連続劇的勝利で楽しかったです
一応実家の方は無事だったみたいで一安心です


>>231
トラウマになってそうなファンもいそうですね……
どことは言いませんが






京太郎「あの……今日って先輩の誕生日なんですよね?」


尭深「そうだよ」


京太郎「それなのに……」


尭深「パーティとかよりこっちの方がいいから……」


京太郎「といっても縁側でお茶を飲んでるだけですが……」


尭深「うん、そうだね」


京太郎「ケーキとかいらないんですか?」


尭深「私はこっちの方が好きだけど……」


京太郎「ならいいですけど……」


尭深「うだるような暑さの中でのんびりお茶を飲みながら風を感じるっていや?」


京太郎「その……この季節は個人的には麦茶のイメージが強いので……」


尭深「でもほうじ茶をゆっくり飲むのもいいよ?」


京太郎「たしかに……」


尭深「それとも……麦茶がぬるくなるくらいゆっくりエッチなことしたい?」


京太郎「…………はい」


尭深「うん、いいよ」


京太郎「……え!?」




カンッ



ちなみに某おもち鑑定士曰くちょっとおもちの子らしいですよ







一「今日も暑いねー」


京太郎「……そうですね」


一「いっそ裸になったほうが涼しいかもねー」


京太郎「え!?」


一「なにさ、その反応」


京太郎「……なんでもないです」


一「む、言いたいことがあるんだったらはっきりいいなよ」


京太郎「……わかりました」


一「うんうん」


京太郎「そんな裸みたいな格好でなにいってるんですか!」


一「……え?」


京太郎「ただでさえ布面積狭いんだから動き回ったら中が見えちゃうでしょうが!」


一「なあんだ、そんなことかあ」


京太郎「そんなことじゃないですよ!」


一「君以外の男の前でこんな格好できるわけないじゃないか」


京太郎「え、それって……」


一「さあて、お仕事お仕事♪」




カンッ









エイスリン「アツイ……」


京太郎「たしかに夏と言っても異常ですね」


エイスリン「ニュージーランドハスズシイノニ……」


京太郎「たしか今は冬なんですよね?」


エイスリン「ウン」


京太郎「こんなに暑いんだったらニュージーランドに避暑に行きたいですね……」


エイスリン「クル?」


京太郎「え?」


エイスリン「ワタシノオウチ」


京太郎「流石に迷惑じゃないですか?」


エイスリン「No worries.」


京太郎「いいんですか?」


エイスリン「パパトママモアイタイッテ」


京太郎「なるほど……せっかくの夏休みだしいいですね」


エイスリン「ウン♪」



色々というかエロエロあったそうな……




カンッ






透華「これが一の服ですの」


京太郎「ええ、そうですけど……」


透華「せっかくだし着てみましょうか」


京太郎「さ、流石にサイズとか……」


透華「そういうこともあろうかとハギヨシにすでに用意させておりますわ!」


京太郎「ええ……」


透華「ということで着替えを手伝っていただけます?」


京太郎「嫌です」


透華「……どうしてですの?」


京太郎「透華さんのそんな姿を誰かに見られたくないからです」


透華(つまり京太郎さん以外の殿方に肌を晒さないで欲しいということですのね!?)


京太郎「透華さん?」


透華「わかりました……この服は今夜閨をともにするときに着ますわ……」


京太郎「…………え?」



一「さりげなく僕をディスってるよね?」





カンッ







桃子「あーつーいーっすー」


京太郎「夏だしな」


桃子「こんな日に体育なんて拷問に違いないっす」


京太郎「まだプールなだけマシだろうが」


桃子「自動温水プールなんて嬉しくないっす!」


京太郎「……そうだな」


桃子「プールとはいえ熱中症には気をつけないといけないっすね」


京太郎「まあ汗をかかないよりはいいよな」


桃子「そうっすね」


京太郎「ただなあ……」


桃子「どうしました?」


京太郎「……透けてる」


桃子「ふふん、着けてないからブラが透ける心配は皆無っすよ!」


京太郎「……お、おう」


カンッ



桃の天然水(意味深)







一「透華ってどうして須賀くんのことが好きなの?」


透華「藪から棒にどうしましたの」


一「半ば強引な方法で龍門渕に転校させようとするなんて気になるじゃないか」


透華「一言で言えば……『私のはじめて』の相手だからですわ」


一「もしかしてえっちな話?」


透華「ち、違いますわ!確かに一緒にお風呂に入ったり閨をともにしたりはありますがそう言ったことは未経験ですわ!」


一「ふーん……つまり須賀くんは欲求不満だと……」


透華「一!?」


一「あはは、冗談だって」


透華「まったく……悪趣味がすぎますわ」


一「ごめんごめん、でも、はじめてってどういうことなの?」


透華「そうですわね……『木登り』でしょうか」


一「木登り?」


透華「ええ、私をはじめて木登りに誘った異性ですの」


一「そうなんだ……」






あれはまだ小学校にすら上がっていない頃の話


お祖父様主催のパーティに多くの方々が家族で参加していましたの


もちろん純粋なパーティだけが目的な人もゼロではないでしょうがある意味不純な思惑もありましたの


「ぼく、おおきくなったらとうかちゃんとけっこんしたいな!」


親に仕込まれた言葉を九官鳥のごとく繰り返すだけの子供達
少なくともその言葉に純粋な想いだけではないのは薄々とは気づいていましたの


ですが、京太郎だけは違っていたんですの


「なにをしていらっしゃるんですの?」


「みてわかんねえの?きのぼりだよ、きのぼり」


「それはたのしいんですの?」


「もちろん!」


そう答える男の子はとても誇らしげでしたわ


「やったことねえの?」


「ええ、あぶないことはやらないようにいわれてまして」


「ふーん、つまんねえの」


「つまらない……ですか?」


「だってこんなたのしそうなことがあるのにできないなんてつまんねえじゃん」


「わたしもきのぼりできるんですの……?」


「もちろん!」


「わたし……やってみたいですわ」


今思えばあれがはじめて自分のやりたいことをやりたいと言った経験ですわね







「の、のぼれませんわ……」


「しかたねーなー」


「あの、なにを……」


「おれがしたからおしてやるよ」


「で、でもおもいでしょうし……」


「へーきへーき、おれちからもちだからさ!」


「むう……」


スカートの中が見えてしまいますわ……


「やるの?やらないの?」


「お、おねがいしますわ……」


結局、好奇心に勝つことはできませんでしたの


「いくぞ、せーの!」


こうしてわたしのはじめてのきのぼりがはじまりました







一度木の枝に体を上げてしまえばあとは枝を伝うだけで登っていけます


「どう?」


「すごいですわ……」


「な?楽しかっただろ?」


「ええ」


そのとき、私たちを探す声が聞こえてきました


「やっべ、おこられるまえにおりなきゃ!」


そう言ってするする降りていくのに慌ててついて行きます
そのまま飛び降りてあっさり地面に彼は戻ってしまいました


「ほら、いそがないとおこられるぞ!」


「で、でも……」


最初に押してもらったところから飛び降りる勇気はありません


「ほら、おれがぜったいうけとめるからとびおりろ」


そういって両手を広げてくれています


「わ、わかりましたわ……」


目をつぶって飛び降りると完全には受け止めることはできなかったらしく、二人揃って地面に倒れ込み、駆けつけた大人たちに怒られてしまいました






一「それでどうなったの?」


透華「さすがに汚れたままではいられないので二人で一緒にお風呂に入りましたの」


一「つまりそのときお風呂で……」


透華「そ、そんなわけありませんわ!」


一「ふーん……」


透華「そのまま夜は二人で一緒に寝ましたの」


一「寝る(意味深)」


透華「一!?」


一「で、それ以来須賀くんのことが好きになったと……?」


透華「まあ……そうですわね……」


一「パンツとお風呂の責任を取ってほしいと」


透華「違いますわよ!」


一「でも、確かにそんなことされたら好きになっちゃうかもね」


透華「ええ、今でもあの時の頼もしい笑顔は鮮明に覚えておりますもの」


一「あーあ、僕もそんな恋をしてみたいなあ」


透華「京太郎は渡しませんわよ!?」


一「あはは、取らないって」


透華「まったく……」




カンッ



こんな感じの京透華スレ誰か立ててください!







穏乃「涼しいねー」


京太郎「やっぱり暑い夏は水風呂に限るよな!」


穏乃「ねー」


憧「な、なんであんたたち二人でお風呂に入ってるのよ!」


穏乃「暑いから」


京太郎「暑いから」


憧「……は?」


穏乃「というか覗きに来るなんて憧のえっちー」


京太郎「えっちー」


憧「二人で入ってる方がおかしいでしょうが!」


穏乃「そう?」


京太郎「昔からずっとこうして来たよな?」


憧「昔は昔、今は今!」


穏乃「そこまでいうなら憧も一緒に入ればいいじゃん」


憧「さ、流石にそれはちょっと……」


穏乃「ツルツルだから?」


京太郎「ほーん」


憧「そ、想像すんな変態!」


穏乃「せっかくだし脱がせて確かめてみる?」


京太郎「それもそうだな」


憧「ま、待ちなさい!ねえ!話を聞きなさいよバカ!」



水風呂はすっかりぬるま湯になってしまったそうな




カンッ



暑さのせいでなかなか話が思い浮かばない……






とある日の花田煌の日記


「パンツを見せてほしい……ですか?」


この日、私は困ってしまいました
唯一の異性の友人と言える1つ下の男の子にそんなことを頼まれてしまいました


たしかに普段の彼は私にとってすばらであることは間違いありません
ちょっとした何気ない気配りに助けられたことも枚挙に遑がないほどです


そして友人以上に感じることも多々あります
ふとした瞬間にドキリとさせられたことも一度や二度ではありません


ですがそれとこれとは話は別です
少なくともパンツを見せて欲しいなど軽々しく口に出すのはすばらくありません


「え、こんなことを頼むのは私だけですか……?」


その言葉にときめかなったわけではありません
ニヤついてしまいそうなのを必死にこらえました


そう言われて喜んでしまうなんて私もある意味では変態さんなのかもしれません
ですがそれは決して見透かされてしまってはいけません


「私以外の女性にそんなことを言ってはいけませんよ……?」


私の言葉に大きく頷いてくれる彼
私への一途な想いにニヤつきそうになるのを懸命に隠すように嫌がる表情を作りながらスカートをめくりあげたのでした……




カンッ







京太郎「むう……」


誠子「どうしたんだ須賀、何か悩み事か?」


京太郎「ええ、まあある意味……」


誠子「ほう、せっかくなら相談に乗るぞ」


京太郎「いえ、お気持ちはありがたいんですが……」


誠子「む、私では頼りにならないと?」


京太郎「そういうわけではないですが……」


誠子「だったらほら」


京太郎「……パンツです」


誠子「…………は?パンツって履くあのパンツのことか?」


京太郎「ええ、そのパンツなんです」


誠子「それでパンツに関してどんな悩みがあるというんだ」


京太郎「……パンチラがないんです」


誠子「……は?」


京太郎「スカートがめくれてパンツが見えないんです!!」


誠子「藪から棒に何を言い出すんだお前は……」


京太郎「唯一見える先輩だってスカートの下にはスパッツじゃないですか!」


誠子「しかたないだろう、スカートの中これしか履いてないんだから」


京太郎「え」


誠子「タンマ、今のなし」



カンッ







晴絵「あーつーいー」


京太郎「こんな日に部室の片付けなんてどうかしてますよ」


晴絵「しかたないじゃない、取材とか来るらしいし」


京太郎「まあその気持ちはわかりますし……」


晴絵「でしょ?」


京太郎「だったら夕方とかでもよかったんじゃないですか?」


晴絵「いやあ……襲われるかもしれないし」


京太郎「クマとかイノシシにですか?」


晴絵「京太郎に」


京太郎「襲いませんよ……」


晴絵「それはそれで失礼じゃない?」


京太郎「知りませんよ……」


晴絵「あ、じゃあ終わったらご褒美あげるよ」


京太郎「アイスですか?」


晴絵「本棚2段目百科事典のカバーの中身」


京太郎「……は?」


晴絵「あの中から好きなシーンを再現してあげる」


京太郎「よし、頑張りましょう!」


晴絵「現金だなあ……」


膝までずり下げたジーパンとパンツとたくし上げ胸ちらの写真は宝物になったそうな





カンッ









晴絵「そもそもパンツなんてただの布でしょ?」


京太郎「違います」


晴絵「即答って……」


京太郎「確かにパンツ自体はただの布ですが身につける人によってその魅力は何倍にも増幅されるんです」


晴絵「そ、そう……」


京太郎「シズが履いてる子供パンツもいいですし灼さんのバックプリントもグッドです」


晴絵「うん?」


京太郎「玄さんの派手すぎず魅力を高めるブラとお揃いのシンプルなのもいいし宥さんの毛糸のモフモフ感もいいですね」


晴絵「……まるで見てきたように言ってない?」


京太郎「まあ見たことありますから」


晴絵「えっと変質者の通報先は……」


京太郎「不可抗力!不可抗力ですから!」


晴絵「……ま、そういうことをしておくよ」


京太郎「……はい」


晴絵「あれ?憧のは?」


京太郎「見たら後が怖いので……」


晴絵「なるほど……」


京太郎「ええ……」


晴絵「……それなのに私のもみたいんだ」


京太郎「わざわざ見せるためにズボンを脱いでくれるなんて最高じゃないですか!」


晴絵「……バーカ」



その日下着を履き忘れていうことを赤土晴絵はまだ知らない




カンッ






ルームシェア中の大学生だと思ってください


憧「急な雨なんて最悪……」


京太郎「帰るまではもつと思ったんだけどなあ」


憧「ま、後悔する前にさっさとシャワー浴びたいわ」


京太郎「ストップ!まだ俺がいるんだぞ!?」


憧「別にいいわよ、見られても減るもんじゃないし」


京太郎「俺が困るの!」


憧「……そんなんだから童貞なのよ」


京太郎「それは関係ないだろ!」


憧「だったら見ればいいじゃない」


京太郎「それはパス」


憧「どうしてよ」


京太郎「大学で知らない男に話しかけられて怖がってただろ?」


憧「……見てたんだ」


京太郎「それに最初に決めたルールもあるしな」


憧「……意気地なし」


京太郎「はいはい、それでいいですよ」


憧「バーカ」



カンッ



耳年増な憧チャーとのルームシェアとか面白そう







美月「どう?はやりちゃんのブラウス」


京太郎「なんていうか……最高ですね」


美月「もともとかわいいはやりちゃんのために私が選んだからね」


京太郎「さすがです!」


美月「でもそれだけじゃないわよ?」


京太郎「え?」


美月「はやりちゃんをよーく見ると……」


京太郎「……透けてますね!」


美月「そう、ブラがうっすら透けるからブラウス」


京太郎「なるほど……お見それしました」


美月「ちなみにブラはパンツともお揃いで大人すぎず子供すぎない水色よ」


京太郎「さすがです、お義母さん!」


美月「さて、じゃあ次はスムーズに脱がせる実技訓練と行きましょうか!」


京太郎「はい!」


はやり「二人ともダメー!」


なお結局3人まとめてお風呂で実技訓練をしたそうな




カンッ



どうでもいいですが今日はダブルパイずりの日らしいですよ





つまり咲ちゃん照さんの日だったんですね!!!!!!

あ、乙です



京太郎「あの……なんですかこの状況」


照「お望みのダブルパイずり」


咲「しかも美少女姉妹のだよ」


京太郎「……胸が微妙な少女?」


照「……ふーん」


咲「ちょっとお話ししようか」


京太郎「待て、それはおかしい」


照「おかしいのは京ちゃんの方」


咲「美少女姉妹にあんなことこんなことしてもらって喜ばない方がおかしい」


京太郎「だってさあ……」


照・咲「「何?」」


京太郎「パイずりっていうか……板ずり?」


照「そう」


咲「大丈夫、時間はたっぷりあるから……」


京太郎「待て!話せばわかる!わかるから!」


照・咲「「問答無用」」


パイずりより尻こきの良さを叩き込まれたとさ



カンッ



何もかんも>>277さんが悪い







京太郎「スエハラースエハラー」


恭子「人のこと呼び捨てにしながらなにしとるんや」


京太郎「いえ、ヒロちゃん先輩に探し物をするときはこの呪文を唱えればいいと言われたので」


恭子「探し物?なんかなくしたん?」


京太郎「なくしたと言っても俺ではないんですが……」


恭子「そうなん?」


京太郎「代行に言われたんで」


恭子「なにを言われたんや?」


京太郎「……聞いても怒りません?」


恭子「そんな怒られるようなことなん?」


京太郎「その……先輩のパンツです……」


恭子「…………は?」


京太郎「代行が先輩がスパッツの下にパンツを履き忘れていると言っていたので……」


恭子「……つまり履き忘れた私のパンツを探しとったと?」


京太郎「……まあ簡単に言えば」


恭子「あるわけないやん、そんなの」


京太郎「……え?」


恭子「普段から履いてへんもん」


京太郎「そ、そんな……」


恭子「どうせなら誕生日やし選んでくれてもええんやで?何でか知らんけどちょうどカタログがそこにあるし」


京太郎「わ、わかりました……」



そのカタログは代行の用意したものであることを二人はまだ知らない




カンッ






穏乃「いやー気持ちいいねー」


京太郎「……そうだな」


穏乃「もしかして機嫌悪い?」


京太郎「山の日だから山に登ろうって安易すぎだろ……」


穏乃「でもついてきてくれるところ好きだよ」


京太郎「さいですか……」


穏乃「少なくとも家でゴロゴロしてるより健康的だよ」


京太郎「……仮にも女子高生が上半身裸ってどうなんだよ」


穏乃「だって暑いもん」


京太郎「あのなあ、俺だって男なんだぞ?」


穏乃「裸なんて今更じゃん、前と後ろ間違えて入れられたし」


京太郎「……それはすまん」


穏乃「せっかくだしもう一運動していこっか」


京太郎「は?」


穏乃「ちなみに拒否権はないからね♪」


下山する頃には疲労困憊の二人でしたとさ


カンッ



シズって一回ハマったらやばそう







ルール1. 洗濯機を使うときは相手に確認して許可を得ること


ルール2. 部屋の前を通るときは相手が中にいないか一声かけ許可を得ること


ルール3. ユニットバスなので利用するときは相手に許可を得ること


ルール4. 友達や恋人を呼ぶときは誤解を招かないように相手に一泊分のお金を渡して家を開けておいてもらうこと


ルール5. あくまで他人であることを忘れないこと


京太郎「こんな感じでいいか?」


憧「とりあえず思いつく限りはこんな感じね」


京太郎「飯とかどうする?」


憧「ま、そのときはそのときね」


京太郎「それもそうだな」


憧「それよりルールを破ったら問答無用で警察を呼ぶから」


京太郎「さすがにそれはどうなんだ……」


憧「たった2週間のルームシェアで一生を棒に振りたくないでしょ?」


京太郎「そうだな」


憧「ま、よろしくね」


京太郎「ああ、こちらこそよろしくな」



続きますん


こんな感じのドタバタ劇誰か書いてください







京太郎「ところでさ」


憧「なによ」


京太郎「今夜の飯どうするよ?」


憧「あ……」


京太郎「さすがにこんな時間から作るのは面倒じゃね?」


憧「それもそうね」


京太郎「じゃあ何か食べに行ってくるわ」


憧「え?」


京太郎「え?」


憧「行ってくるわって一人で?」


京太郎「そのつもりだけど」


憧「……私が一人で出かけて襲われたりしてもいいってこと?」


京太郎「……え?」


憧「それに一人で歩き回るより二人で出かけた方が色々と見れていいでしょ?」


京太郎「確かに……」


憧「大丈夫よ、奢らせたりしないから、ね?」


京太郎「わ、わかった……」


その日、『ご飯は二人で食べに行くこと』というルールが追加されたそうな




続きますん







こんばんは

世間にあわせて>>1もお盆休みです
帰省したり小旅行に出かけたりしたいので日曜日くらいまで更新はおやすみ予定です


実際アコチャーとルームシェアとかどうなんですかね?
少なくともシチュエーションが思いつかないのでなんともいえませんが

あ、でもホームシックになって抱き枕にしに来るとか面白いかもですね
ここは抱き枕スレですし

日付変わって今日からのヤクルトの神宮6連戦での勝ち越し数分書きましょうかね
といってもネタが浮かべばですが

ちなみにヤクルトの先発予想は
対巨人が小川投手、古野投手、原樹理投手
対阪神がブキャナン投手、カラシティー投手、石川投手ですかね?

バレンティン選手のヒーローインタビューを信じて神宮6連戦6連勝して広島に乗り込んで欲しいですね



おやすみなさい



ちょくちょく書かれてる野球観戦ネタで
巨人戦なら東京代表で阪神戦なら大阪代表の面々を京太郎が何度も野球観戦に誘っている前提で色々試合見ながら駄弁らせたりイチャイチャさせてみては



こんばんは

神宮6連戦は4勝2敗の勝ち越し2ですね
原樹理投手の無四球完封ボーナスで3つ書きます

とりあえず考えているネタは

・一寸先は闇
・猫の手も借りたい
・無い袖は振れぬ
・同じ釜の飯を食う
・比翼連理
・磯の鮑の片思い


この辺りから書く予定です
他にもシチュエーションのアイディアがあれば書いていただければありがたいです
他のキャラに流用することもできますし


>>301
野球ネタはちょっと難しいですね
政治、宗教、野球の話は避けろとも言われますし
>>1自身もスワローズファンイコール某球団のアンチ的なところもありますし


おやすみなさい






憧「……停電?」


京太郎「みたいだな」


憧「スマホ充電してない……」


京太郎「俺もだ……」


憧「真っ暗なリビングで過ごせってこと?」


京太郎「いや、懐中電灯なら一本持ってる」


憧「電池とか大丈夫なの?」


京太郎「いざとなれば手回しでもいけるやつだからな」


憧「ふーん……」


京太郎「といってもこれ一本しかないからな?」


憧「え、じゃあお風呂とかどうするの?」


京太郎「……我慢?」


憧「あんたに目隠しして照らさせるとか……」


京太郎「どんなマニアックなプレイだよ……」




カンッ






京太郎「すいません、玄さんにこんなことを頼んでしまって……」


玄「ううん、お姉ちゃんのためだもん、私頑張るよ!」


京太郎「じゃあ……脱がせますよ……?」


玄「さ、流石に恥ずかしいかな……」


京太郎「やっぱりやめますか?」


玄「ううん、私が少し恥ずかしい思いをすれば済む話だから……」


京太郎「まさか……宥さんに手作りの下着をプレゼントするのにここまで苦労するなんて……!」


玄「時期が時期だししかたないよ」


京太郎「……はい」


玄「それに……さすがにお姉ちゃんに裸になってもらうのは……」


京太郎「……じゃあ、始めましょう」


玄「……うん」


なぜかお互いに全裸で採寸している姿を見た宥ねぇがあったか~くなったそうな





カンッ






憧「さすがにこの格好はどうなのよ……」


京太郎「洗濯したまま干し忘れたのは誰だっけ?」


憧「う……」


京太郎「いやあ、洗濯機を開けたらあんな光景が広がってるなんてなあ」


憧「……忘れてくださいお願いします」


京太郎「…………ああ」


憧「今の間は何!?」


京太郎「気にしたら負けだぞ」


憧「まさかワイシャツしかないなんて……」


京太郎「俺だって洗濯前だったんだからしかたないだろ?」


憧「なんかスースーする……」


京太郎「なんだったらトランクスも貸してやろうか?」


憧「そんなの履くぐらいならノーパンのままの方がマシよ!」


京太郎「ほーん」


憧「……忘れてくださいお願いします」


京太郎「はいよー」




カンッ






憧「く、屈辱……」


京太郎「バレーボールで手首を捻挫したんだからしかたないだろ」


憧「でもさすがにこの手はやりすぎよ」


京太郎「あとあとのことを考えたらちゃんと直したほうがいいだろ?」


憧「それはそうだけど……」


京太郎「ほい、完成」


憧「……カレー?」


京太郎「男の手料理なんか期待するなよ?」


憧「……まあまあね」


京太郎「へいへい、これなら利き腕が使えなくても逆の手で食べられるだろ?」


憧「……そうね」


京太郎「それとも食べさせてやろうか?」


憧「ええ、お願いするわ」


京太郎「……え?」


憧「もしかして困ってる女の子を見捨てるのかしら?」


京太郎「わ、わかったよ!食わせてやるから覚悟しやがれ!」


憧「ふふん、返り討ちにしてやるわ!」


……やっているうちにお互いに恥ずかしくなりつつも『お風呂』という最大のハードルが残っていることに気づいていない二人だったとさ




カンッ







憧「たっだいま~♪」


京太郎「うわ、酒くさ」


憧「くさくないもんねー」


京太郎「わかったわかった、いいから風呂入ってさっさと寝ろ」


憧「おふろはいらなきゃやだー」


京太郎「じゃあさっさと入ればいいだろ」


憧「いっしょじゃなきゃやだー」


京太郎「……は?」


憧「いっしょじゃなきゃやだやだやだー」


京太郎「わかったわかった」


憧「きょうたろーのえっちー」


京太郎「ええ……」


憧「でもわたしがかわいいからしかたないもんねー」


京太郎「そうだな」


憧「えへへー」



風呂場で寝落ちして裸で寝ていたアコチャーが死にたくなるのは翌朝の話……




カンッ







京太郎「あ、そうだ」


憧「なによ」


京太郎「俺、明日から2泊3日の研修旅行だから」


憧「そうなの?」


京太郎「新入生同士の親睦を図るんだってさ」


憧「ふーん」


京太郎「というわけで俺いないけど大丈夫か?」


憧「むしろ気を遣わなくていいぶんせいせいするくらいよ」


京太郎「さいですか」


憧「ということで問題ナッシングよ」


京太郎「あ、そうだ」


憧「何よ、まだあるの?」


京太郎「……酒は飲むなよ?」


憧「…………そうね」




3日後なぜか湿っているベッドに不審がる京太郎だったとさ




カンッ







ネタが切れたので今夜の更新はなしにします
ラストはシズか望さんの襲来ネタにします

どっちが見たいか明日のヤクルト阪神戦が始まるまでに書いておいてください
ちなみに明日山中投手が勝ち投手になれば両方で書きます


おやすみなさい





憧「あ、そうだ」


京太郎「どうしたんだ?」


憧「明日私の友達を呼びたいんだけど」


京太郎「わかった、じゃあ明日1日開ければいいんだな」


憧「ええ、だから……」


京太郎「あ、別にいいぞ」


憧「え?」


京太郎「なんかサークルの先輩が泊りに来いって誘ってくれててさ」


憧「……ちなみに女の人?」


京太郎「お、よくわかったな」


憧「いなさい」


京太郎「え?」


憧「いいから明日は家にいること!泊りに言っちゃダメだからね!?」


京太郎「わ、わかった……」


どうしてアコチャーは怒ったんですかねー



カンッ







すわほー

勝ちましたね!
信じて応援してきた甲斐がありますね
勝って兜の緒を締めてカープを迎え撃って追撃していって欲しいですねー


約束どおり両方書きます
ただ二人同時訪問か個別かはまだ決めていませんが



おやすみなさい




乙です&期待
京太郎を誘った先輩が実はアラチャーやあるいは憧と面識あるキャラでも良いのよ?



>>333


憧「ちなみに先輩ってどんな人なの?」


京太郎「一人はとても先輩には見えないくらい小柄でかわいい人なんだけどな?」


憧「うん」


京太郎「結構あまえんぼうなところがあってかわいいんだ」


憧「そうなの?」


京太郎「ああ、一緒にお風呂に入ったりそのまま服を着ないで膝の上に乗せてテレビを見たりそのまま抱き合って寝たりするんだ」


憧「……うん?」


京太郎「後は姉妹で二人暮らしをしてる先輩だな」


憧「ねえ、ちょっと待って」


京太郎「妹さんの方がおっぱいに興味があるらしくってよく一緒にお姉さんのを揉ませてもらってるんだ」


憧「ねえ、ねえってば」


京太郎「もちろん妹さんのおっぱいマッサージも怠らないけどな!」


憧「……あんた外出禁止ね」


京太郎「なんでだよ?」


憧「なんでもよ!」



カンッ


こうですかわかりますん







咲「はふー……」


京太郎「なんだよ、急に」


咲「いやあ、なんだか京ちゃんを抱き枕にするのも久しぶりな気がするなぁって」


京太郎「そうか?」


咲「具体的には一ヶ月半ぶりくらい?」


京太郎「そ、そうか……」


咲「なんだかこんな日々が五年目くらいに入った気がするよ」


京太郎「思えば遠くへ来たもんだな」


咲「そうそう、でも悪くないでしょ?」


京太郎「まあな」


咲「こんな日々が続くといいね」


京太郎「ああ、そうだな」


そんなとある日の部活での一幕



カンッ



速報復旧お疲れ様でした
またのんびりやっていこうと思うのでおつきあいお願いします






>>334から


穏乃「やっほー、来たよ、憧」


憧「いらっしゃい、シズ」


穏乃「それにしてもすごい部屋だね」


憧「そう?普通じゃない?」


穏乃「二部屋あるだけで十分すごいよ!」


憧「といっても私は一部屋しか使ってないけどね」


穏乃「そうなの?」


憧「うん、あっちの部屋は物置なの」


穏乃「じゃあ私もここに住んじゃおっかなあ」


憧「な、何いってんのシズ!?」


穏乃「えー、家賃とか光熱費とか半分出すしいいでしょー?」


憧「ダメよダメ!絶対だめ!」


穏乃「えー、ケチー」


憧「物置のものを移動させるだけでも大変でしょ!」


穏乃「あ、そっかー」



つづく?







穏乃「あ、ちょっとトイレ借りていい?」


憧「いいけど……」


穏乃「えへへ、結構我慢してたんだー」


憧「わかったからそこのつきあたりよ」


穏乃「ありがとー」


憧「まったくもう……」


穏乃「あれ……便座が上がってる……?」


憧「おかえりー」


穏乃「ねえ、憧」


憧「んー?」


穏乃「憧ってさ……立ったままおしっこする……?」


憧「藪から棒に何よ!?」


穏乃「いや……便座が上がってたからてっきりさ……」


憧「あ、あれは、そう!掃除をしてそのままにしてたの!」


穏乃「なーんだ、そうだったんだー」


憧「当たり前よ、人をなんだと思ってるわけ?」


穏乃「ほら、人には言えない秘密が誰しもあるらしいから」


憧「ないない、そんなわけないでしょ」


穏乃「そっかー、安心したよー」


憧「まったくもう……」


憧(あとで注意しとかないと……)



つづく?






穏乃「ごめんね、急に泊めてもらうことになって」


憧「ご飯を食べに行ったら電車が止まっちゃったんだし仕方ないわよ」


穏乃「迷惑だったらタクシーとかなんなら歩いても……」


憧「だからそれはダメだってさっきから言ってるでしょ?襲われたりしたら私も困るの」


穏乃「憧……そこまで私のことを……」


憧「はいはい、着替えとかなら私のを貸してあげるから先にお風呂どうぞ」


穏乃「はーい」


憧「……行ったわね」


京太郎「……やっぱり今からでも俺出て行こうか?」


憧「そっち方面だって電車が止まってるのに?」


京太郎「そ、それは……」


憧「いいから私のいう通りにすること」


京太郎「わ、わかった……」


憧「とりあえず……何か着るもの貸してくれない?」


京太郎「ワイシャツくらいしかないけど……」


憧「ま、今夜過ごすには十分でしょう」


京太郎「え?」


憧「ほら、いいからさっさと部屋に戻って、シズが出てきちゃう」


京太郎「わ、わかった……」



穏乃「シェービングクリームまで用意するなんて憧って細かいところもしっかり手入れしてるんだなぁ」


シャンプーやトリートメントが並ぶ中穏乃はそんなことを思っていたのだった……




つづく?







穏乃「やっぱり憧ってセンスいいね」


憧「急に何よ」


穏乃「だってパジャマだってこんなにかわいいもん」


憧「そう?」


穏乃「でもその格好はどうかと思うよ?」


憧「どうしてよ」


穏乃「……ワイシャツにパンツだけってどうなのさ」


憧「あら、けっこう楽よ?」


穏乃「……じゃあせめて前はとめよう?」


憧「どうせシズしか見ないでしょ?」


穏乃「そうかもしれないけどさ……」


憧「ほら、いいからさっさと寝るわよ」


穏乃「わ、わかった……」


憧「はいおやすみ」


穏乃「……ねえ、憧?」


憧「なに」


穏乃「さすがに男物のトランクスを履くのはどうかと思うよ?」


憧「……買い間違えただけよ」


穏乃「ふーん……」




つづく?










穏乃「たしかトイレはこっち……あれ?物置部屋の電気が点いてる?」


ガチャ


京太郎「あ、憧?お客さん……え?」


穏乃「え?」


京太郎「こ、こんばんは」


穏乃「こんばんは……?」


京太郎「えっと……襲ったりしないから俺の話を聞いてもらっていいかな?」


穏乃「わ、わかりました……」


京太郎「つまりかくかくしかじかで」


穏乃「まるまるうまうまってことですか?」


京太郎「あくまでも一時的なものだから心配しなくてもいいと思うよ?」


穏乃「今日憧の様子がおかしかったのはそのせいだったんだ……」


京太郎「あの……あんまり問い詰めたりしないであげてな?」


穏乃「はい、どうせなら今度3人で会うとき二人で初対面のふりをして見てもいいかもしれないですね」


京太郎「ああ、それ面白そう」


穏乃「じゃあ、憧のことよろしくお願いしますね♪」




カンッ



ダブルデート編とかやってみても面白いんじゃないですかねー






初対面のふりじゃなくて付き合ってるふりでもいいんだぜ



>>345


京太郎「あれ?どうして憧がここに?」


憧「友達と会う約束をしてるからね」


京太郎「そうなのか?」


憧「なんでも彼氏も来るらしいからちゃんとあって判定してあげないと……」


京太郎「憧も大変なんだな」


憧「そういうあんたはどうしてここにいるのよ?」


京太郎「俺も人と会う約束があるんだ」


憧「もしかして恋人とか?」


京太郎「お、よくわかったな、俺がこれからデートなんて」


憧「うそ、あんた彼女いたの!?」


京太郎「俺にどんなイメージ抱いてるんだよ……」


憧「しんじられない……」


京太郎「お、ちょうど着たみたいだ」


穏乃「やっほー、二人とも」


憧「え?どうしてシズがここに?」


穏乃「待ち合わせしたんだから来るに決まってるじゃん」


憧「あ、そういえばあんたの彼氏はどこ?」


穏乃「え?憧の隣にいるよ?」


憧「もしかして……」


穏乃「じゃあ、行こっか♪」


京太郎「お、そうだな」


憧「え?……え?」



つづきますん






憧「ところで今日はどこに行くの?」


穏乃「服を選ぶのに付き合ってもらおうかなって」


憧「そういえばシズも女子大生だったわね……」


穏乃「そういえばってどういう意味さ!」


京太郎「まあまあ、落ち着けって」


穏乃「はーい」


憧「でもそれぐらいだったら私が来る必要なくない?」


穏乃「ううん、買いたいのは下着もだからさ」


憧「……え?」


穏乃「なんか最近サイズが合わなくなってきてそろそろ買い換えた方がいいんじゃないかなって」


憧「そ、そう……」


穏乃「デザインは京太郎の好みだとしても着け心地とかは憧の方が詳しそうじゃない?」


憧「……まあ、ね」


穏乃「じゃあしゅっぱーつ♪」


憧(あとでぜったいといつめないと……!)



つづきますん



取り越し苦労でも事実でもどっちでも書けそう







咲「今日ってなんの日か知ってる?」


京太郎「咲の誕生日だろ」


咲「覚えててくれたんだ」


京太郎「一週間前から毎日それとなく言われたらな……」


咲「え?そうかな?」


京太郎「少なくとも誕生日占いとか英語の練習とかいって誕生日を言われれば誰だってわかるっての」


咲「ま、いいや、それで誕生日プレゼントだけど大丈夫?」


京太郎「なんだっけ?」


咲「もう、『おはようからおやすみまで私といること』だよ」


京太郎「本当にそれでいいのか?」


咲「うん♪」


京太郎「まあ咲がいいならいいんだけどさ……」


咲「予行演習でもあるしね」


京太郎「え?」


咲「さ、スタート!」


数年後に本番がやって来ることを須賀京太郎はまだ知らない……




カンッ



咲ちゃんイェイ~






憧「あ、もうこんな時間じゃない」


穏乃「そろそろ帰らなくちゃ」


京太郎「あ、じゃあ俺送っていくよ」


憧「ふーん、気がきくじゃない」


京太郎「新子さんを一人で帰らせるわけにはいかないしな」


憧「え?」


穏乃「確かにそれはよくないね」


憧「待って、シズはどうするの?」


穏乃「え?そりゃデートの後だしねえ……」


憧「……マジ?」


穏乃「うん」


京太郎「じゃあ、送っていくよ」


憧「待ちなさい!」


穏乃「え?」
京太郎「え?」


憧「私だってついていくんだからね!」



つづきますん





in お城みたいなホテル


穏乃「へー、はじめて入ったけどこんな風になってたんだー」


京太郎「なんつうか、すごいな」


穏乃「ねー」


憧「もう、みっともないからいちいちはしゃがないでよ」


穏乃「やっぱり経験豊富だと言うことが違うねー」


京太郎「たしかに新子さんモテそうだもんな」


憧「私だってこんなところ来るのはじめてよ!」


穏乃「じゃあ彼氏とかいないの?」


憧「彼氏ってわけじゃないけど……」


穏乃「ないけど?」


憧「いっしょに住んでる男ならいるわよ……」


穏乃「同棲ってやつ?すっごーい!」


憧「あんなのもともとは不動産屋の不手際よ」


穏乃「じゃあ憧はその同棲やめたいの?」


憧「……いや」


穏乃「憧?」


憧「たしかに最初はなんともなかったけど今は京太郎が私以外の女の付き合ってるなんてたとえシズが相手でもイヤ!」


京太郎「憧……」


穏乃「そっか……」






穏乃「じゃあさ、ちゃんと告白した方がいいんじゃないの」


憧「え?」


穏乃「家にあれだけ男の人の痕跡があって本人に会えばさすがの私だって気づくよ」


憧「もしかして……」


京太郎「……ごめん、あの日トイレに行こうとして遭遇したんだ」


穏乃「で、せっかくだから二人で憧をからかおうってね」


憧「なによそれ……」


穏乃「憧?」


憧「こんなの私一人だけ恥ずかしい思いしただけじゃない!」


穏乃「まあ騙すようなことをしたのは悪かったけどさあ」


憧「もういい!私帰る!」


京太郎「さすがにこんな時間に一人で帰るのは危ないだろ」


憧「そ、それはそうかもしれないけど……」


穏乃「私お風呂に入るからさ、その間二人で色々話した方がいいんじゃないかな」


憧「……わかったわ」


穏乃「じゃあ、二人とも頑張ってね♪」



その日、新たなカップルが誕生したという……





カンッ






おまけ


「へえ、ハロウィーンだからコスプレ衣装が色々あるんだー」


「といってもどれもこれも布面積が少なくない?」


「その方がえっちな気分になれるんじゃない?」


「……男ってそうなの?」


「……ノーコメント」


「せっかくだから着てみようよ」


「いやよ」


「えー、ノリわるーい」


「そもそも仮装じゃなくてこれじゃあコスプレじゃない!」


「いいもん、私たち二人だけで楽しむもん……」


「え?」


「だって憧は着こなす自信がないんでしょ?」


「はあ!?どんな衣装だって着こなしてみせるわよ!」


「お、おい……」


はじめて、3人、コスプレ……
特に深い意味はないです




モイッコカンッ






塞「あら、もうおこた出したの?」


京太郎「ええ、寒くなってきましたし」


塞「確かにいっきに寒くなってきたもんね」


京太郎「といってもまだ電源は入れてないんですけどね」


塞「ほんとだ……」


京太郎「冬が来る前に使えるか確認しとかないといけませんしね」


塞「じゃあその確認を……」


京太郎「もう終わりましたよ?」


塞「そう……」


京太郎「ちゃんと使えたんで大丈夫みたいです」


塞「……ちなみにその白いおもちみたいなアイスのゴミは?」


京太郎「やっぱりあのCMみたいにこたつで食べるアイスは美味しいですね」


塞「……ズルくない?」


京太郎「まあまあ、みかんでも食べて機嫌なおしてくださいよ」


塞「なんか納得いかない……」



カンッ



こたつでアイスは風物詩ですね
個人的には白玉の入ったあのアイスとアタリが出れば1000円もらえるチョコのついたあのアイスが好きです





憧「あ、そうだ」


京太郎「なんだよ急に」


憧「明日お姉ちゃんが来るから」


京太郎「お姉ちゃん?憧の?」


憧「そうよ、なんでもこっちの友達に会うついでに様子を見に来るんだって」


京太郎「そっか、じゃあ明日の晩は……」


憧「うちにいなさい」


京太郎「いやでも家族水入らずを……」


憧「うちにいなさい」


京太郎「やっぱりこないだみたいなことになっても……」


憧「うちにいなさい」


京太郎「……はい」


憧「そもそも行くあてなんてないでしょうが」


京太郎「いや、ホテルとかあるしさ」


憧「ひょっとしてそれってお城みたいな外見じゃないでしょうね?」


京太郎「……ノーコメント」


憧「絶対ダメだからね!?」


京太郎「わ、わかった……」


憧(何か手を打たなきゃいけないわね……)



たぶんつづく






玄「京太郎くん……11月8日はなんの日かわかってるよね?」


京太郎「ええ、もちろんです」


玄・京太郎「「いいおっぱいの日!」」ハイタッチ


玄「おっぱいと胸の違いは説明不要だよね?」


京太郎「ロンオブもちです」


玄「じゃあおもちの良さもわかるよね?」


京太郎「ええ、色、形、大きさ、柔らかさその他もろもろ、すべてを兼ね備えたおっぱいのみが得られる称号ですね」


玄「そこまでわかっていれば問題ないね!」


京太郎「といってもさすがに見たり触ったりはできないので想像が大きく関わってきますが」


玄「でも想像できるからこそ自由な余地が生まれるよね!」


京太郎「ですね!」


玄「じゃあまずは今月の瑞原プロと戒能プロのグラビアから始めようか!」


京太郎「形は戒能プロですが柔らかさでは瑞原プロに軍配ですね」


玄「その心は?」


京太郎「……新曲のPV」


玄「え?私まだ見てないよ!?」


京太郎「おもち好きなら必見ですよ」


玄「むむむ」




晴絵「一応部活中なんだけどなぁ……」



カンッ



個人的なベストおもちストははるるです






今日はポッキーの日らしいのでコンマだけやって寝ます
キャラは>>3を参照してください


おやすみなさい





京太郎「あの……これはどんな状況でしょう?」


久「私専用等身大抱き枕」


京太郎「いくら部室に誰もいないとはいえ男女が抱き合ってベッドに入るのはいかがかと」


久「私みたいな美少女に抱きつかれるのに不満でもあるのかしら?」


京太郎「まあ、うれしいのも否定しませんが」


久「だったら問題ないじゃない」


京太郎「あの……そもそもどうしてこんな状況に?」


久「ほら、秋って人恋しくなるっていうじゃない」


京太郎「はあ……」


久「だからそれを補ってもらおうってね」


京太郎「すいません、意味がわかりません」


久「ほら、今なら私の匂いを嗅いだりあんなところやこんなところを触ったりし放題よ?」


京太郎「後が怖いので……」


久「据え膳食わぬは男の恥よ?」


京太郎「その一時の過ちで人生を棒に振りたくないので」


久「……いくじなし」


京太郎「……すいません」


久「ま、いいわ、私お昼寝するから邪魔しないでね」


京太郎「せ、先輩!?」


その日二人だけの『ゆうだち』が付き合いはじめたきっかけになったそうな




カンッ



久たんイェ~イ







京太郎「あの……これはどういった状況でしょうか……?」


霞「うーん……夜這い?」


京太郎「知りませんよ……」


霞「まあまあ、昔はこうしてよく一緒に寝たじゃない」


京太郎「裸だった覚えはありませんが」


霞「年頃の男女が閨をともにするなんて目的は決まってるじゃない」


京太郎「少なくともそういった間柄になった覚えはありません」


霞「せっかくだしホ○ッキーゲームしましょう、私ちゃんと持ってきたのよ」


京太郎「なにがせっかくなんですかなにが」


霞「だってこうでもしないと恥ずかしいじゃない?」


京太郎「少なくとも男の布団に全裸で潜り込む方がよっぽど恥ずかしいんじゃないんですか」


霞「まあまあまあまあ」


京太郎「……一本だけですからね?」


霞「ええ♪」


このとき逃げ場がないことに京太郎はまだ気づいていなかった……



カンッ




このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom