【安価】主人公「台詞や単語がニュータイプっぽくなって告白できない」 (34)

 放課後…

主人公「来てくれたか」

幼馴染「用って何?」

主人公「お、俺…」

幼馴染「部活あるんだけど」


主人公「俺はお前の事が>>2

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520935875

(まるで安物の恋愛小説のように君に恋をしている事を)認めたくないものだと思っている

主人公「いや…認めたくないものだな。自分自身の若さ故の———」

幼馴染「あっそ。じゃあもう行っていい?」

主人公「ちょ、待って! これは違う!」

幼馴染「違うってなにが」




悪友「アイツ告るつって、何わけわかんない事言ってんだ?」

親友「さぁ」



幼馴染「だから何が言いたいの?」

主人公「好っ…すっ…>>4

道を誤ったのだよ。貴様のような幼なじみの成り損ないは粛清される運命なのだ!分かるかぁ!!

主人公「道を誤ったのだよ!!!!!貴様のような幼なじみの成り損ないは粛清される運命なのだ!分かるかぁ!! 」

幼馴染「成り損ないって何!? 普通に幼馴染でしょ、何様よ!」

主人公「私にはそういう資格がある!!!」

幼馴染「馬鹿か、ちょっ、なにするの!? 離れて!!」

主人公「こんな所にのこのこ来るからぁ!!」

幼馴染「あんたが呼んだんでしょ!!? やめてー!!」

 
 バシッ


主人公「痛っ」

幼馴染「はぁはぁ…」

主人公「あ…」

幼馴染「…」

主人公「俺はなんて事を……」

幼馴染「っ…」

主人公「>>6

親父にもぶたれた事なかった?

主人公「…殴った」

幼馴染「は?」

主人公「親父にもぶたれた事無いのにぃ!!!」

幼馴染「お、おじさんに言うからね…!!」

主人公「!!! 何でもう一度殴らないんだ!」

幼馴染「どういう事!?」

主人公「知った事か!!!」

幼馴染「もう嫌ぁーーー!!!」

主人公「ああ、行っちゃ駄目だ、戻れよ!!! 幼馴染ぃーー!!」




主人公「行ってしまった…何でこんな事に」

親友「お前のせいだろ!」

一場面で終了のものでしたがもうすこし続けます…

 ---喫茶店---


主人公「違うんだ……あんな事言いたかったんじゃないのにさ…!」

親友「好きでしたの一言も言えないならもう諦めろよ」

主人公「言いたいさ! 言いたいけど! …なんでこんな事になっちゃうんだよ」

悪友「もしかしてまだ告白するつもりなのかよ」

主人公「はい」

悪友「空が落ちてこないでもしない限りもう無理だと思うけどねー」

主人公「いや、まだだ。まだ終わらん」

親友「はぁー、しょうがねぇな。幼馴染ちゃん、まだチア部で学校にいると思うけど」

悪友「アタシは止めた方が良いと感じるんだけど」

親友「俺もそう思うけどさぁ。やるってんなら応援するのが友達だろ」

悪友「しょうがねーなー」

主人公「学校へ行きまーす!!!!」

幼馴染「おー!おー!がーんばれ!!がーんばれ!」

チア部A「おー!」

チア部B「おー!」

チア部C「おー!」

幼馴染「フレー!」


野球部A「へっ! 毎日チアの女子に応援されるなんて最高だよな!」

ライバル「幼馴染はオレのものだからな!」

野球部B「はいはい!」

野球部C「声出せーーー!!!」

野球部全員「「「うぃーーーーーっす!!!!!!」」」



悪友「暑苦し…。冬であれかよ」

親友「あれ? 主人公は?」

悪友「あ! 幼馴染の傍へ!!」



主人公「幼馴染!!!!!!!!!」

幼馴染「うわ!!」

主人公「>>12

(やはり僕には無理だ…友達として)大好きだよ。幼馴染。

親友「大好きだよ。幼馴染」

主人公「!?」

幼馴染「!?」


悪友「!?」


親友「あれ、俺一体何を————」

チア部A「あんたいきなり出てきて何言ってるの!?」

チア部C「不愉快な奴!!!!」

親友「いやっ違――———」


チア部「「「やっちゃえーー!!!!!」」」


 ボコボコボコ!!


親友「主人公ーー!!主人公ーー!!」


 ボコボコボコ!!


親友「やめてぇーーー!!」


 ボコボコボコ!!
 

親友「主人公ぅぅぅ゙ぅ゙ぅ゙ぅ゙!!!!!」

――――――――――
―――――――
―――


ライバル「さっきの奴は…?」

野球部B「ズタボロにやられちまってる。ミンチよりひでぇよ…」



主人公「おい!おい!何してるんだよ!!!」

悪友「楽にさせてやれよ…」

主人公「冗談やってんなよ!目を開けろよ親友ぅ!!!!」

悪友「騒ぐのやめなよ…只でさえ私達は余所者出身でやっかまれてるんだからさ……」

主人公「だってよ…親友なんだぜ…?」

幼馴染「どういうのあいつ達…! 追っかけてきて、追っかけてきて!」

ライバル「大丈夫か?」

幼馴染「そう見えるの!?」

ライバル「落ち着こうぜ」

幼馴染「…。そうね、ごめんなさい」



主人公「いいムード出してるよ…あの二人」

悪友「そうか?」

主人公「けど俺は幼馴染の事、諦めきれない…」

悪友「良い子ちゃんって聞くけど、幼馴染はやめとけよ。見てくれだけさ、中身は性悪のすっとこどっこいなんだぜ」


悪友「けど、アタシならあんたを理解してあげられる…」

主人公「>>15

あなたは不用意に他人の心の中に入り込み過ぎます

主人公「君は不用意に他人の心の中に入り込み過ぎる」

悪友「それ悪い事?」

野球部D「旅行券が一枚余ったんだ! 誰か行かないか!」

主人公「この子が行く!」

悪友「え?」

主人公「宇宙を体験してこなきゃ」

悪友「うん!!!!」



主人公「チア部はもう終わりだろ」

幼馴染「ええ」

主人公「一緒に帰ろう」

幼馴染「嫌」

主人公「もう変な事なんて言ったりしないから!」

幼馴染「…分ったわ。着替えてくるからここで待ってて!」

主人公「>>17

見せてもらおうか

主人公「見せてもらおうか」

幼馴染「え?」

主人公「幼馴染の生着替えの性能とやらを」ハァハァ

幼馴染「いいわよ」パパッ

主人公「は、速い!?何という運動能力!!! 見えん…私を焦らしているのか!!!!」

幼馴染「馬鹿言わないでよ!!」パパパッ

親友「主人公!」

主人公「親友、来たか!幼馴染の後ろへ!」

親友「おう!」

 バキッ

親友「わーーーー!」

主人公「い、一撃で、親友を…!!!」



幼馴染「お待たせ。着替え終わったわ」

主人公「ひぃ、化物めっ!」

幼馴染「一緒に帰るんでしょ?」

主人公「>>19

そんな事を言って、好きを作らせるのか!

主人公「…」

悪友「騙されるな、主人公!」

幼馴染「?」
主人公「?」

悪友「今までのお前の言動を許す女の子がアタシ以外にいる訳ッ—————」

幼馴染「ヒロインは私一人でいい!!」

悪友「そんな事を言って、好きを作らせるのかぁ!」

幼馴染「そうでもあるがぁぁぁぁ!!!」

悪友「わーーーー!」



 ガシッ

ライバル「捕まえたぜ主人公ぉ!」

主人公「ライバルか!?」

ライバル「幼馴染を異世界の言葉に駆り立てたのは貴様だ!分かっているのかぁ!」

主人公「俺は、聖戦士じゃない!」

ライバル「その仲間に入れてやるってんだよー!!」

主人公「>>21

冗談ではない!

主人公「冗談ではない!」

 
 メキャァ!


野球部後輩「ライバル大尉ーー!!」

主人公「手当てしてやれ!」

野球部後輩「はい…っ」


主人公「あ…幼馴染!? 何処行った! 俺はまた変な事を…」

主人公「幼馴染ー!」






---街中---



幼馴染「うっ浄化を…」

幼馴染「…」

幼馴染「あ、あれ、私なんでこんな所にいるの?」

幼馴染「主人公と一緒に帰る約束したのに、しまったわ」

主人公「~~~~~っ」

幼馴染「あ、主人公!」

主人公「~~~~~~っ」

幼馴染「ごめんねー、先に行ってしまってぇ!」

主人公「>>23

幼馴染「えー!? 何ー? 遠くて聞こえないのー!」

主人公「>>23

幼馴染!お前は戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない!

主人公「幼馴染!お前は戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない!」

幼馴染「そんな! 治っては!?」

主人公「あ、俺は一体何を、あ、止まらないっ」

幼馴染「ああーーーーーーーー!!!」





主人公「僕は、僕は取り返しのつかないことを、してしまった…」

幼馴染「…いいのよ」

主人公「幼馴染!」

幼馴染「これで、貴方が正気に戻るのなら……」

主人公「幼馴染…やってしまったの…?」

幼馴染「転んで一緒に倒れただけだけど」

主人公「>>25

再会を祝してお茶でもどう?もちろん君のおごりでね

 バッ

悪友姉「…」
悪友「…」

幼馴染「貴女!? 宇宙へ上がったんじゃ…」

悪友姉「よろしく。悪友の姉だ」

悪友「再会を祝してお茶でもどう?もちろん君のおごりでね」


主人公「っあ」


幼馴染「主人公、来ちゃ駄目!!」

主人公「でも!」

幼馴染「こいつらの目的は貴方よ!」

ライバル「捕まえたぜ主人公ぉ!」

主人公「>>27

勝てると思うな、小僧!

主人公「勝てると思うな、小僧!」

ライバル「小僧で悪いかーー!!!」

主人公「子供は嫌いだ図々しいからっ!!」

ライバル「主人公……貴様は、俺の!!!!!!!!!」




悪友「あうっ、頭が…」

悪友姉「妹!」

 ザシュッ

悪友姉「あ」

主人公「貴女達は女性でありすぎたんですよ!!」

悪友姉「妹ぉ! あとは一人でやってみなぁ!ああーーーーー!!」



主人公「…」

悪友「…」

主人公「ニュータイプの成り損ないはもう死――」

悪友「お兄ちゃん?」

主人公「え?」

悪友「やっぱりお兄ちゃんだ!」

主人公「幼馴染、悪友の様子が変なんだけど!」

幼馴染「え!?」

主人公「>>29

なんでこんな物を地球に落とす!?
これでは地球が寒くなって人が住めなくなる。
核の冬が来るぞ!

主人公「なんでこんな物を地球に落とす!?

    これでは地球が寒くなって人が住めなくなる。
    核の冬が来るぞ!」

幼馴染「宇宙人なの? だから意味不明に宇宙へ行けって」

主人公「人が人に罰を与えるなどと!」ハァ…

幼馴染「貴方が行かせたんじゃないの?」

主人公「エゴだよそれは!」ハァハァ!


 ムニュン!


幼馴染「!?!?!?」

主人公「たかが貧乳一つ、ガンダムで押し出してやる!」

幼馴染「離し、て~~っ」ググググ

親友「僕も手伝わせてもらいますよ~!」ファー

ライバル「やるぞ主人公。この光は俺達だけが生み出しているものじゃない」ヌッ

幼馴染「!?」

主人公「やめてくれ…!こんな事につきあう必要はない!」ググググ

親友「主人公だけにいい思いはさせませんよ!」

ライバル「やってみる価値ありますぜ!」

主人公「駄目だ!擦り熱とオーバーロードで自爆するだけだぞぉ!」

幼馴染「このっ」

主人公「>>31

ユニヴァアアアアアアアス!!!

主人公「…」



親友「え!? ここでやめるの!?」

主人公「?」

親友「臆病者め、貴様はそこで見ていろ! ライバル、幼馴染を金縛りにする――」


ライバル「幼馴染、親友は俺にやらせろ!」


幼馴染「…」

親友「蝙蝠野郎がーー!!」

 バキッ

ライバル「いてっ! 幼馴染、俺だライバルだ!」

幼馴染「幼馴染同士のいちゃこらを邪魔する者は許さぁん!!!」

ライバル「これが御大将のやる事かぁー!」

 バキィ!


親友「ひぃああああ!! こぅなったら刺し違えてでも主人公の気持ちをお前に届けてやるーー!!!!!」

幼馴染「この安価すごいよ、さすが黒歴史以後の名場面!ニュータイプじゃない台詞はすでにもらっている、貴様が>>12をいただいたようにな!! わかっているのか親友!!!」


親友「ユニヴァアアアアアアアス!!! 」



主人公「>>34

これが若さか

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom