【デレマス】ママは『元』アイドル (70)

【娘の視点】

うちのママは元アイドルだったらしい

らしいというのは……うちにそういった資料がないからだ

以前、ママ本人に聞いたことがあるが

「え、えっと……お母さんが若い頃の写真なんて見ても楽しくないでしょ」

といってはぐらかされた



何かあるかなって女のカンが騒いだのは当然だよネ★

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1520690028

ピンポーン

「あ、はーい」

ピンポンピンポンピンポンピンポン

あ、この鳴らし方は……はぁ

ガチャ

『姉さ~ん、今晩泊まらせてぇ~』

やっぱり……

『まったく、莉嘉ったら今日もなの?……25にもなってフラフラして、最近毎日のように来るけど、母さんも父さんも心配してない?』

『へーきだよぉ。もう二人とも諦めて…………うえ…気持ち悪ぅ』

『ちょ、ちょっと!吐くならこんなところでしないで!』アセアセ



今来たのは叔母さんの城ヶ崎莉嘉。今も絶賛人気アイドルをやっているんだけど……まぁ、身内からすれば



…………ただの完全に出来上がった、千鳥足の酔っ払いだよ

この人にもママのアイドルだった頃のことを聞いたことがあるが

『その話は……私にもトラウマな話だから』

って教えてくれなかった。姉がアイドルを止めた理由が妹にトラウマになる話ってなんだろう?



昔はネットも情報があふれていたらしいけど、今では政府による規制とかなんとかで「城ヶ崎美嘉」で調べても出てこないんだよねぇ



うーん、わからなければ

余計に知りたくなるのが女心ってものよ



『ちょっとぉ~おつまみないの~?』グビグビ

……あの酔っ払いめぇ

『……莉嘉。いきなり来てそれはないでしょ。まぁ、ウサミン印のピーナツなら沢山あるけど』

ということは……あぁ、またこのパターンか

『……護君、護君はいないのぉ~。あの子のおつまみじゃないといやだぁ~』ジタバタ

『はぁ……寿、護を呼んで来て。この子ってば護の料理じゃないと満足しないから…』

お兄ちゃんも大変だ。叔母とはいえ、こんなのに好かれちゃって……



「兄さん、起きてるだろうから出てきなさいよ」

ガラッ

「……毎回酔っ払いの相手をしなければならない中学生の身にもなって欲しいけどな」ハァ

「仕方がない、千枝さん直伝のアヒージョでも出すか」

デレマスのSSになります

近親姦が嫌いな方は回れ右で願す

こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします

――私がアイドルを止めた理由?

それは――



シャカシャカ

美嘉『へぇ、これがたくみんの新曲かぁ』

拓海『お前までたくみん呼ばわりかよ』

唯『でもいい曲だよね☆』

里奈『うんうん、マジテンションあげあげぽよ』

拓海『まったく……でも褒められて悪い気はしないな』

美嘉『たくみんも新曲貰ったし、裕美ちゃん達も4月に出るしこれで……うぅ!』

唯『だ、大丈夫!!?』

拓海『どうした?気持ち悪いんなら……里奈、肩を貸せ!』

里奈『合点承知!』

美嘉『うぅ……大丈夫、大丈夫だから……一人でいけるよ』

唯『大丈夫なの……?』

美嘉『うん……朝から……気分悪くて……何も食べてないから……』

里奈『そうなんだ……もしかしてあの日?』

拓海『そういうことを気分が悪いヤツの前で言うな!……けど、何かは腹に入れた方がいいぜ』

唯『ゆい、みんなに何かないか聞いてくるー♪』

――自分の変化には気がついていた

ちひろ『何も食べていないのは、かえって身体に毒ですよ?』

智絵里『乾麺麭ならあるけど食べる?』

杏『杏の飴をあげるよ。ハッカ味だからすーっとするよ』

かな子『それは杏ちゃんが食べなかった余りじゃないのかな?あ、マカロンどうぞ』

――本当は違うって言えない

加奈『私からはそばつゆどうぞ』

若葉『加奈ちゃん……そんなの貰ってもおそばがないよ』

ワイワイ



――みんなの優しさが痛かった

――そんな中、一人だけ私の本当の理由に気がついた子がいた

チョイチョイ

千枝『美嘉さん……ちょっといいですか?』




『産婦人科へ行くなら早い方がいいですよ』

『今が一番苦しい時ですし、千枝もそうでしたからわかります』





――何か重要なことを言われたようだったが、恐いぐらい適確だったので素直に従った









結果……というより思った通り、妊娠三ヶ月だった

――だからその日のうちにプロデューサー……お腹の子の父親になるかもしれない人に相談に行った

『やっぱりあの時のか……美嘉としてはどうしたい?プロデューサーとしての立場よりお前の保護s…』

美嘉『うん……この子達には悪いけど、まだアイドルを続けたいもん。ぴーちゃんにも迷惑はかけられないし……』

『ぴーちゃんって言うな、まったくもう…………わかった。休みを作っておくように自分のプロデューサーに……いや、俺からパッションPに言っておく』

美嘉『うん……ごめんね……そして』

サスリサスリ

『ごめん……』

『それを言うのは俺の方だ。女性の体ばかり負担させて』

『違うよ……今のはお腹の……』

『す、すまん……』





コソコソ

?『……』

――これで長い一日が終わる……と思ったのが間違いだったと知ったのはその日の晩だった



ドタドタドタ

莉嘉『お姉ちゃん、お姉ちゃん!』

美嘉『何よ……体調が悪いんだから静かに』

莉嘉『妊娠してるってホント!?』

美嘉『っ!?』



それはアイドル共通のラインの情報だった

誰かに聞かれていた?……そんな



――その日、いつ寝たのかもう覚えていない



次の日、起きたら家族会議が待っていたのはよく覚えているけど

本日はここまでに致します

…………
……

日菜子「というお話なんですよ……むふふ」

むつみ「いいですねぇ」

比奈「では原稿に取り掛かるっス」



奈緒「ちょっとマテ」ガシッ

比奈「離してくださいっス!サンクリに落ちた身上としては、是が否でも!」ジタバタ

菜々「あー!もう事務所の内紛ネタは禁止されたのを忘れたんですか!」

杏「あー言ってるし、本人としてはどうなの?」

美嘉「私とプロデューサーがそういう関係ってこと?」

「あはは、そんなんじゃないって」

奈緒「だよなぁ」

美嘉「そうじゃなくて……」



杏「えっと……」

比奈「あ……美嘉ちゃんのハイライトが」

菜々「お仕事していない……」



美嘉「もっと……愛欲にの底無し沼に浸かった」

「淫らな関係って言ったら……どうする?」





(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー

……というのが当初の予定でした。

批判はあるでしょうが、もったいなかったので……スミマセン

――次の日、家族会議の後、恐怖を抱えたまま事務所に着いた

恐怖とはもちろん……自分のパッション所属のプロデューサーではなく、他の属性のプロデューサーと関わりを持ってしまったことによる他のアイドルからの憎悪……

ブルルッ

……よそう。考えただけで気が滅入る

『はぁ~』

深いため息。誰かが話を聞いていたのかはわからないが、それも調べないといけないし

バシバシッ

頬っぺたを叩いて気合を入れる

『そういえば、うちのプロデューサーやちひろさんは何て言うんだろう?』

ふとそんな考えが浮かんだ……まったく、アイドルとしての自分を考えていなかったそれに嫌悪感を抱く

これでもカリスマアイドルという名目で売ってきたんだけどなぁ



グイッ

ふと、私の腕を引っ張る感覚に気がついた

千枝『美嘉さん、今は事務所の部屋に入ってはいけません』

『こっちへ来て下さい』

美嘉『でも……』

千枝『今、美嘉さんを庇う派閥と非難する派閥に別れていて、菜々さん言う所の【満蒙の生命線の危機】みたいになってます』

……菜々さん、あなたいったいいくつですか

千枝『ここです』

着いたのは建物の端にあるどうみても物置部屋だった……まさか千枝ちゃん、私をここに監禁して

千枝『えっ、違います!千枝もこの間、プロデューサーさんにママにしてもらった時に』

……今すごく重要なことをさらりと言われたんだけど

千枝『その時に妊娠が発覚しても証拠隠滅できるからってちひろさんが』

何、それ。こわいこわい

千枝『一日入っていれば、十月十日いたことになる、藍子さんとこずえちゃんを参考に芳乃さんが作った部屋です』

『だから千枝、本当は13歳なんですよ。えっへん』

やだ、今すぐお持ち帰りしたいよ。この幼人妻

ガチャ

美嘉『えっと……部屋に何もないんだけど』

千枝『必要なものは必要だと思えば出てきますから』

美嘉『そうなんだ……』

千枝『あ、時空が乱れるといけないので閉めますね』

『あ、一度閉めると一日経たないと開きませんので気をつけて下さい』

ギィ-

……それって

美嘉『ちょ!ちょっと待って!!千枝ちゃん待って!』

千枝『大丈夫ですよ。千枝も一児のママですから』

バタン

美嘉『あ……』

嘘…………産むこと確定になったってこと?



嘘、嘘、うそ……

こうして私、城ヶ崎美嘉は未婚の母親になった

【妹の視点】

その日、お姉ちゃんは家に帰ってこなかった

電話も繋がらなかったので、P君とカケオチでもしたのかと心配になったので次の日急いで事務所に向かった私を迎えたのは



母親になったお姉ちゃんと、二人の赤ちゃんだった

なんでも、ちひろさんが生むように指示したらしく、それを守った千枝ちゃんが何度も泣いて謝っていた

なら……とちひろさんを問い詰めようと待っていた所、珍しく慌ててちひろさんがやってきた

ちひろ「はぁはぁはぁ、美嘉ちゃん。ごめんなさい」

美嘉「……私とCoolPさんの子どもが生まれたけど……一度、説明をお願いしますか?」

ちひろ「は、はい……言い訳がましいでしょうが、私はメールでCoolPさんから美嘉ちゃんが生みたがっているから手配だけしてと受けたのです」

カチカチ

「これです」

確かにちひろさんの携帯にはそう印されていた

美嘉「でもぴーちゃん……プロデューサーさんって、いつも必ず最後は口答で指示するよね?」

ちひろ「はい、ですので準備だけして待機していたのですが」

千枝「え……でも、千枝は電話でちひろさんから美嘉さんを部屋に連れて行くようにって言われましたけど?」

ちひろ「え……?いつのことですか?」

千枝「えっと……あれ?千枝の電話の着信履歴が消えてます?」

美嘉「!!」

ちひろ「誰か……美嘉ちゃんを快く思わない人による仕業ね」

莉嘉「お姉ちゃん……」

美嘉「大丈夫。莉嘉は心配しないでいいよ」

ちひろ「千枝ちゃん……ちょっとそのスマホを貸していただけますか?」

千枝「はい」

コトッ

ちひろ「おそらく……何かしらのウイルスかプログラムが入っていると思われます」

美嘉「ウイルスって……そこまで?」

ちひろ「あら、今時なら何をもって相手にしかけるかなんて些細な話ですよ」

「だからウチも……防御用だけでなく攻撃翌用もそなえています」

「で、おそらく千枝ちゃんのスマホを直接繋ぐと会社のデータすべてが飛ぶ可能性がありますので」

ガサゴソ

「リンクが繋がっていないスパコンを使いましょう。これなら被害も最小限で済みますしね」ニコッ

ドサッ

……えっと、お姉ちゃんの話がだんだんスパイ映画みたいになってきたよ



ガサッ

ちひろ「そう言っていたら、話を聞いたねずみが現れたみたいですね……カメラを回しましょうか」

ってことはそこに犯人が写っているってこと?



ちひろ「ズームインっと……え?」

美嘉「間違いじゃないの?!」

千枝「――っ!」

――――嘘

そこに写っていたのは

『『ここをこうして繋げれば、泉おねーさんの言うように繋がるでごぜーます』』

……仁奈ちゃん!?

美嘉『嘘……』

千枝『どうして……?』

ちひろ『しーっ、みんな静かに』



仁奈『『こーすれば……また美優おねーさんも仁奈を一人ぼっちにしねーでごぜーます』』

『『……きっと美嘉おねーさんの赤ちゃんさえいなくなれば、また事務所は元通りでごぜーますよ』』

美嘉『……っ』

千枝『美嘉さん……』

仁奈『『……仁奈、ひとりぼっちはいやでごぜーますから』』

『『ぐすっ……』』

莉嘉『仁奈ちゃん……おねーちゃん、莉嘉達はどうしたらいいの?』

ちひろ『莉嘉ちゃん、待って。まだ仁奈ちゃん一人でのそれとは限らないわ』

『……すくなくともパソコンのケーブルなんて、知っている人間しか配線はわからないですから』

仁奈『『泉おねーさんがやらなければ仁奈がやるだけですよ』』

千枝『……泉さんが主導ってわけではないみたいですね』

ちひろ『でも、ケーブルを教えた又はわかるように何かしらの手を出したのは間違いないですね』

『でもあちらが動いたのは都合がいいわ』

ちひろ『千枝ちゃんのスマホからデータを』

ピポッ

『やっぱり……『美嘉』『赤ちゃん』のキーワードで音声が繋がるようになっていたわ』

『さらに……』

な、なんかちひろさんがマキノさんっぽいよ……

ちひろ『あら、私だって346の事務員ですから』

『これぐらいは日常茶飯事ですよ』

美嘉『……うちってそんなにヤバイの?』

ちひろ『それはもう……ね。それ以上はキャッチ22よ。モバコインカードにされたくなかったらお口にチャックですよ』

千枝『は、はいっ……』

ちひろ『で…………なるほど、うっかり会社のパソコンでデータを吸い出したら……』

ポチッ

『外部に、千枝ちゃんと美嘉ちゃんが子どもを出産した旨を知らせるようになっているわね』

美嘉『それって……』

ちひろ『……二人のアイドル生命どころか、プロデューサーさんや私たちの今後も危ういですね』

千枝『……ごめんなさい』

ちひろ『それだけのことをしたって自覚していただいたのでしたら、私からは何も言いませんよ』

『ただ……このプログラムの癖的に、泉ちゃんが作ったこれは厳重注意が必要ですけどね』

ちひろ『さて……こうして』

カチャカチャ

『擬似的なデータを送っておきました。こうすれば読み込んだはずなのに発表文が起動しないのを不審に思ってあちらが動くはずです』

『……そこを抑えても解決するわけではありませんけどね』

千枝『……?どうしてですか?』

ちひろ『美嘉ちゃん……まだみんなに話してないことがありますね……美嘉ちゃんがパッションで、プロデューサーさんがクールだとしても』



『いつものあなたならそんな障害は越えるはずなのに、一人で解決……いえ、プロデューサーと誰かに迷惑をかけないようにしていますね』

莉嘉『え?……また誰かカンケーシャがいるの?』

千枝『そういえば、千枝は18歳にならないとプロデューサーさんとは結婚できませんが、美嘉さんなら現行法下なら結婚できます……』

美嘉『……ごめんなさい。それは私だけの判断で、話していい事でないから』

『だから……』



ガチャ

『美嘉さん……それは違います……私が……私がプロデューサーさんに…関係を迫ったから起きた話です。美嘉さんは悪くありません!』



ちひろ『……プロデューサーさんは、児ポ違反で逮捕して貰わないといけないかしら』

――そこに来たのは

美嘉「由愛ちゃん!ダメよ……あなたまで……また傷ついちゃう…今まで以上に」

由愛「わ、私のあれは……美嘉さんのお子さん達に比べれば……」

美嘉「……っ!」



――どーゆうこと?今回のおねーちゃんの妊娠に出産と由愛ちゃんが関係あるの?



ちひろ「……仕方がありません。肝心なプロデューサー本人は今回の件でしばらくシベリアで木を……ではなく遠い場所にいますから、事情を知っている人に」

さりげない爆弾を持っていたよ!……あ、でも、Coolのプロデューサーって、あのPくんだよね?

千枝「……由愛さん。ひょっとして唯さんが関わったあの件ですか?」

由愛「はい……私が……私が…もっと拒否できていれば……」

美嘉「それは違う!ああいう連中はやるといったら必ずやるから……唯とのあさんがいなかったら、襲われて……」





「……妊娠していたのは…………由愛ちゃんだったのかもしれないんだから」



え……

ちひろ「……お二人の話って、三ヶ月前の由愛ちゃんが痴漢にあったって報告があった話ですか?」

「でも、電車で痴漢されて、偶然いた唯ちゃんとのあさんに犯人が捕まったと聞いていましたが……」

由愛「……っ」

美嘉「あー…………ゴメン」

ちひろ「話していただけますか?」

由愛「うぅ…………」

美嘉「えっと……」



千枝「……唯さんから聞いた話ぐらいなら千枝も知っていますから、お二人が話しにくいようでしたら……」

由愛「…………」コクリ

美嘉「……お願い」



つまりこうだった。

電車で毎日痴漢にあっていた由愛ちゃんが、痴漢の人に自分の家の鍵とスマホを盗まれて、仕方なく連れられたらどこかに閉じ込められて襲われ

……千枝ちゃんも二人も何かまだ隠しているみたいだけど

そしたら唯ちゃんとのあさんが助けに来てくれて、その後に由愛ちゃんのプロデューサーとお姉ちゃんが合流したと

……千枝ちゃんの話はここまでだったけど、そっから先はさすがの莉嘉もびっくりしちゃうよ



だって、由愛ちゃんが



せ……せっく……す好きな女の子だったなんて(///)

千枝「千枝の知っている話はここまでです」

「あとは……辛いようですが、美嘉さんと由愛さん自信で」

由愛「…………」

美嘉「……私が言おうか?」

由愛「」フルフル

「……言い……ま…す」

「私が……私が、プロデューサーさんと美嘉さんと落ち合ったあと……」

「プロデューサーさんの部屋で……えっと……体が落ち着かないって言って」

「優しくしてくれた(///)プロデューサーと……」

「その…………三回しました(///)」

「あ、ちゃんとゴムはつけましたし、一回は……後ろでしましたから(///)…大丈夫……です」



由愛ちゃん、ダイターン

美嘉「……これで由愛ちゃんの話は終わり。後は私の話ね」

由愛「(///)……はっ……はい」

――え?お姉ちゃんの話?まだ続いてるの?

美嘉「……莉嘉にも関係あることだから聞いて」

「もしかすると、今日この場で姉妹の縁を切られるかもしれないけど……」

そ――

莉嘉「そんなことない!絶対ない!アタシがお姉ちゃんを嫌うだなんて……そんなこと言う今日のお姉ちゃんは何かオカシいよ!」

美嘉「……グスッ」

「ありがとう……莉嘉」

「うん……続けるね」

「まぁ、簡単にいえばその場にいたアタシも燃えちゃって、Pちゃんにしてもらったんだよね」

千枝「あーっ、千枝わかります。最初、千枝が一人でやっていたのをプロデューサーさんに見られて余計に体が熱くなりましたから」

ちひろ「千枝ちゃん」

千枝「はっ、はい……スミマセン」

由愛「千枝ちゃん……(///)」

美嘉「……で、由愛ちゃんとの激しいバトルで、Pちゃんは切らしていたんだ」

「突撃一番(コンドーム)を」

千枝「えっ……それって」

美嘉「うん……生で……(///)」

「それで……御承知の通り……」

赤ちゃん男「あーあー」

赤ちゃん女「すーすー」

由愛「…………」

千枝「でも、それなら千枝もプロデューサーさんと」

美嘉「……問題なのは私とPちゃんの関係」

ちひろ「その辺がわからないのですよ。美嘉ちゃんはパッションなのに、あのプロデューサーさんは由愛ちゃん担当のクール部門所属ですし」

莉嘉「えっと、よくウチに遊びに来てくれたPちゃんがCoolのプロデューサーさんになって……あれ?」

ちひろ「ちょっと待って、莉嘉ちゃん。よく遊びにって」

莉嘉「うん、パ…お父さんの知り合いみたいで、昔の……んーと、莉嘉が小学生に入るぐらいまでよく遊びにきてたんだ」

千枝「でも……たしかアラサーとか言っていましたから、美嘉さんのお父さんの知り合いにしては若い……もしかして近所のお兄さんとかですか?」

由愛「……美嘉さん」ギュッ

美嘉「大丈夫、大丈夫だから……由愛ちゃんは心配しないで」

「実はね……Pちゃんは」



「私の」



「早く死んだお母さんの」





「弟なんだ」

カチャッ

――そういってお姉ちゃんが見せてくれたペンダントの中の写真

お姉ちゃん?と思われる赤ちゃんと、小学生ぐらいかな?でも面影があるPくんに

今のお姉ちゃんの髪の毛が黒かったら、多分そっくりな女の人……

莉嘉「え……でも死んだって……え?」

美嘉「うん。安心して、莉嘉のお母さんは生きているから」

ほっ、よかった……え?ちょっと待って……えーとぐるぐるして来た



ちひろ「……つまりプロデューサーさんは血の繋がりがある叔父さんで、莉嘉ちゃんは異母姉妹……なのですね」

美嘉「ちひろさん、正解。莉嘉のお母さんはお父さんの後妻。だからお母さんの弟だったPちゃんと疎遠になるのも当然」

千枝「えっ……じゃあ、この子たちは」ヒヤアセ

由愛「……」ジワァ



美嘉「そっ、レッツ背徳した結果……できてしまった」



「本当なら……産んじゃいけない子」

美嘉「私は……Pちゃんのことが好き」

「お母さんが死んで、悲しかった私に優しくしてくれた……自分も寂しいだろうに」

「でもある日気がついた」



「Pちゃんはお母さんの面影を私に見出だしているだけって」

美嘉「それでもよかった……それぐらい好きだったから」

「わがまま言っても必ず言うこと聞いてくれたし」

「何より、私のことを……お母さんを重ねながらだろうけど、真っ直ぐ見ていてくれたから」



「でもある日、アイドルになって数年後……Pちゃんの笑顔がほかの人を見ているのを見た」

「それが……由愛ちゃんだった」

由愛「美嘉さん……」ギュッ

美嘉「最初はね……嫉妬に狂いかけた」

「私の、私だけに向けられていた視線を奪う存在に」



「でも、すぐわかった」

「Pちゃんも……お母さん…Pちゃんのお姉さんが好きだったんだなぁって」

「だから諦める努力をした」

「そんなある時、由愛ちゃんが襲われかけたって聞いた」

「話を聞いたPちゃんって、今すぐ倒れそうなぐらい真っ青になっていた」

「だから、私も付き添って由愛ちゃんと一緒にPちゃんの部屋にいって」

「由愛ちゃんとPちゃんの……情事の一部始終を見ていた」



「変だよね……好きな人とその人が好きになった子の……セックスを見ていたなんて」

「でも、由愛ちゃんとしていたPちゃん、とっても素敵だった」

「由愛ちゃんも……幸せそうだった」

「だから興味が湧いちゃったんだよね」

美嘉「……雰囲気でPちゃんとは結ばれたけどようやく気がついたんだよね」

「由愛ちゃんと違って……は話さなくていいか。…すっごく痛かったから、正気になったのかな?」

「これは重ねていい体じゃない。通わせていい心じゃないって」

「でも……みんな知っての通りになった」ウグッ

「ダメだよね……普段、小さい子が好きとか言ってて」グスッ

「現実はこんなんだから……」エグッ

ゴシゴシ

「だから……私、城ヶ崎美嘉はみんなに迷惑をかけない為に」







「アイドルを辞めてこの子達とこっそり暮らします」

――アイドルヤメルオネエチャンガ?

私は突然のことで、わからなくなった。現実ではない夢でも見ているような感覚に陥っていた

すると、突然千枝ちゃんが声を張り上げた

千枝「美嘉さんっ!だからって……だからってみんなから離れるだなんてダメです!」

美嘉「……千枝ちゃんが子供を産むきっかけを作ってくれたおかげでようやく目が覚めたからね。まずは御礼が先かな」

千枝「そんな……」

「千枝……千枝は……千枝には」



「弟か妹がいるはずでした……でも、お母さんの体が持たないって言われて、この世には生まれてきませんでした」

「だから……千枝に子供ができたら、絶対に産もうって思ってました」

「Pさんと繋がって、妊娠したってわかった時嬉しかったです」

「でも……千枝、まだ子供でした。世の中のことを全然知らないまま子供を作って」

「さらに美嘉さんにも千枝の考えを押し付けて……」



「だから、美嘉さんが辞めるなら千枝も一緒です!同じ罪です!千枝……千枝もアイドルを辞めて誰にも知られないまま育てます!!」

美嘉「千枝ちゃん……」

お姉ちゃんが千枝ちゃんを抱きしめる。普段なら止める行為だけど、不思議と止める気になれなかった

美嘉「ごめんね……私なんかの為にそんなに思ってくれて」

ギュッ

お姉ちゃんの腕に力がこもった……少し震えている?

千枝「千枝こそ……千枝の方こそごめんなさい……ごめんなさい」



もう、二人の泣き声しか聞こえてこなかった

もちろん、私も泣いた。由愛ちゃんも泣いていた

ちひろさんも泣いていた



しばらくして、何か警報みたいな音がしたから、ちひろさんがパソコンに向かっていった

ちひろ「……美嘉ちゃん、千枝ちゃん。このことはまだ私の胸の中に留めておきます。おそらく、お二人……もしかすると由愛ちゃんも近日中にアイドルは辞めなくてはいけない状況でしょうが」

美嘉「……わかってるよ。だから先にこちらから言えばちひろさん達は」

ちひろさんが首を振る。もうわかってるってことかな

美嘉「でも、何かしらの籍だけは死守します。……また戻りたくなったらおっしゃって下さい」

美嘉「……うん、ありがと。ところで」

ちひろ「これですか?」

音がなったパソコンをポンポンと叩く

ちひろ「ようやく、仁奈ちゃんに泉ちゃん達を動かした犯人がわかりました」

「……美嘉ちゃんもよく知ってる子です」

美嘉「……もしかして、色んな悪知恵を働かして人をおちょくるのが好きな子かな?」

――ひょっとしてお姉ちゃんは知ってた?

ちひろ「さらに言えば、逆襲を貰っても慌てるそぶりは見せませんが……割とバレバレな子ですよ」

……やっぱりちひろさんは悪魔かも

ガラッ

「まったく…美嘉はともかく、ちひろさんも酷いのね」

美嘉「ともかくってねぇ……」

そこにいたのはお姉ちゃんと同じLiPPSの速水……

あゆみちゃんだっけ?

奏「奏よ!!」

莉嘉「ご、ごめんなさい……」

美嘉「で、何?みんなの……主にクール勢の空気が不穏だったから、私が一人罪を被るつもりでやっただなんて言うつもりじゃないわよね」

奏「…………さすがね。いつもの慌てふためく美嘉はどうしたの?」

美嘉「んー、子どもが生まれて変わったんかな?鋭いツッコミにいつも耳を赤くしている奏さん相手にはね★」

奏「……ふふっ」

美嘉「ふふふっ」



――なんか



奏・美嘉「あははははは」



すっごい楽しそう

奏「……でも、これだけは言っておくわ。私も怒っているのよ」

美嘉「……それは、ぴーちゃんを寝とったこと?勝手にアイドルをやめること?」

「それとも……この子達が生まれたのは望まれていないような言い方をしたこと?」

奏「全部よ……さらに付け加えるなら、私たちに相談しなかったことも」

美嘉「………………ごめん」

途端に奏さんの声に鳴咽が走る

奏「どうして!……どうして、私に……一言ぐらい…………」

言葉にならない言葉がまわりを静かにした

奏「私じゃダメなの?仲間だって思って……」グスッ

「信頼して……つもりだったの?」エグッ

お姉ちゃんは動かない……まるで動けない呪いにかかったように

奏「……わ、私でダメなら……周子とかフレデリカでもいいじゃない……」

「……二人とも本当のプライバシーはすごく口が固いの知ってるでしょ?」

……あれ?LiPPSってもう一人いたような?

ガラッ

「ヒドイにゃあ、志希ちゃんの名前を上げないなんて」

「コラコラ~今はシリアスな場面でしょ。フレちゃんがメッしちゃうよ」

「ごめんっ!二人がどうしてもって……」



奏「まったく……(グスッ)いい場面が台なしじゃない」

美嘉「志希までいるって……もしかして知ってたの?私と……」

志希「その答え、イエスかね。だから……止めようって言おうとしたんだけど。にゃはは……遅くなっちゃった」

美嘉「なんだ……やっぱりバレていたんだ」

周子「……ごめん。あと奏に黙っていたのは……この子、意外と感情屋だからね。私みたいにに飄々とは流せないから」

美嘉・志希「わかるわ」



奏「ちょっとぉー!!」

周子「……せっかく画して来れたんだけど」

志希「残念ながら、盗聴器でここの会話はつつ抜けになっていたのさ」

フレデリカ「アキエモンの技術と泉チャンの用意周到さとマキノンの腕に感謝シルブプレ~」

ちひろ「え?レーザー盗聴の方は抑えたはずなのにでしか?」

フレデリカ「たしかAED通信とかなんとか」

ちひろ「あー、なるほど『LED通信』ですか。最近のアイドルはお金持ちですねぇ」

……これって本当にデレマスのSSなの?スパイ小説じゃないよね?

美嘉「じゃあ、仁奈ちゃんの件は……」

周子「あれは本人の独断。美優さんがびっくりしていたわ……あとマキノがスカウトしたがっていたし」

志希「見える位置にデータ通信の配線図を置いた泉ちゃんが悪いことにもなるけどね」

美嘉「そう……よかった」

「で、奏。何か申し」



奏「馬鹿っ!!」



それはみんなが何があったかわからなくなるぐらいの大声だった

奏「そうやって一人で……解決したつもりにして」

「私たちは……私はこの気持ちをどうしたらいいのよ!」

周子「かな…」

すると周子さんをフレデリカさんが諭す

フレデリカ「NON、今は二人だけで話させてあげて」

周子「……わかった」



美嘉「うん……ごまかす気はなかった。ごめん……でも」

奏「それでいいの?私たちだけじゃないでしょ。あんなに楽しみにしていた……妹さんとの歌もまだ出してないし」

お姉ちゃん……

「……あなたのことだから、中途半端な考えではないわ。でも……でも」





「いなくなったら……さ、寂しいのは」

真っ赤になって搾り出すように言おうとする奏さん。その言葉を遮るように



チュッ

フレデリカ「ワァオ」

志希「にゃははぁ~」

周子「ふーん」

千枝「わぁ」

ちひろ「あらあら」



美嘉「女同士はキスに入らない?そんなことないから」

「私からのファーストキスだよ。ぴーちゃんともしてない……とっておきのね」



奏「」

「」

「」



「馬鹿……馬鹿……」



「ば……か」

「うっ、うっ、うわぁぁぁぁぁん!」



泣きじゃくる奏さんなんて初めてみたけど、それ以上に、奏さんを抱いてるお姉ちゃんの顔が



大人の……お母さんの顔だった

…………
……



ちひろ「落ち着きましたか?はい、甘めのコーヒーと杏ちゃんの重焼麺麭をもらってきましたよ」

フレデリカ「このフランス製のビスキュイは最高の出来だよね」サクサク

周子「フランス人もいい仕事しますねぇ」サクサク

美嘉「ちょいちょい、二人とも……」サクサク

志希「由愛ちゃんに千枝ちゃんもどうぞ」サクサク

由愛「…いただきます」サクサク

千枝「わぁ、ありがとうございます」サクサク

奏「で、これからどうするの?……わかっているとは思うけど」サクサク

美嘉「うん……少なくとも、この子たちが大きくなるまでは戻ることはできないわね」サクサク

赤ちゃん男「だーだー」

赤ちゃん女「あふぅ」

千枝「あ、なら千枝と一緒にあの部屋で育てませんか?千枝の子も、もうはいはいできるようになりましたし」サクサク

美嘉「便利そうだけど……ちょっとあれは」サクサク

志希「にゃはは。なら、自然が一番ってことで」サクサク

美嘉「そうね……やっぱり、普通に育てたいもの」サクサク



――みんなビスケット食べてて、真面目な場面が台なしな気がするんだけど……

サクサク

あ、おいしいや

周子「どっちにしてもここから離れた方がいいからね。この話が沈静化するまでは……」

莉嘉「えっと……奏さん?」

奏「ん?どうしたのかな?」

莉嘉「結局……お姉ちゃんを……嫌った人って」

奏「うーん、多分莉嘉ちゃんも一緒に仕事したことある子ね」

周子「……多分、莉嘉ちゃんがこれからお仕事しにくくなるから、誰かは言わないでおくから」

志希「憎悪のオーラが出まくりだけどにゃ」

由愛「……っ!」ビクビク

奏「あ……そうか、美嘉がいなくなるとどうしても……」

ちひろ「なら、その問題は任せてください」

「何があっても、莉嘉ちゃんと由愛ちゃんは守ります」

フレデリカ「おっ、頼もしいお言葉。でも簡単に買収されそうですな」

ちひろ「もう、私は鬼でも悪魔でもありませんよ」

美嘉「わかってるって……よしっ」

「それじゃあ……みんな元気で」

奏「……もう行っちゃうのかしら?」

千枝「あ、千枝もお手伝いします」

莉嘉「お姉ちゃん……」

美嘉「大丈夫よ。一度家には帰るから……」

莉嘉「ヤダ…ヤダ……お姉ちゃんと一緒がいい……」

美嘉「莉嘉……」

美嘉「いい、莉嘉……」

「大人になるなら、決して目を背けちゃダメなことが増えてくるの」

「今回、お姉ちゃんはそれを破ったから自分で自分のやったことに責任を持つだけ」

「決して、ぴーちゃんを非難しちゃダメよ」

莉嘉「でも……でも……」

美嘉「大丈夫よ……なんせ」



「城ヶ崎莉嘉は。城ヶ崎美嘉のたった一人の妹だからね」



莉嘉「お……お姉ちゃん……お姉ちゃーん!」ウワァァァァン











ちひろ(絶対にうまく言えなくてごまかしましたよね)

千枝(あははは……)

奏(やっぱり美嘉は美嘉ね)

志希(にゃはは~大丈夫カナ?)

美嘉(聞こえているからね)

由愛(っ……)

周子(ヤバっ!)

フレデリカ(逃げろぉ~)

こうしてお姉ちゃんと千枝ちゃんは事務所を去っていった。

二年後、法律が変わる直前に由愛ちゃんも去っていった



その二年後、千枝ちゃんの。さらに一年後に由愛ちゃんの結婚のお知らせがきた





でもお姉ちゃんは一人で頑張っていた

そして、私こと城ヶ崎莉嘉も一人



何故なら

………………
…………
……

【息子の視点】

「むにゃむにゃ、莉嘉ぁ……もう飲めないよぉ」

母さんが潰れたか



――そして、それは秘密の合図

「じゃあ、護君。しよっか」

「お兄ちゃん、私も準備できてるよ」

叔母と妹の声。振り向くと



二人とも全裸だ。いつものことだが

――ことの始まりはこうだ



…………
……

ピンポーン

千枝『はぁい。あ、美嘉さん。いらっしゃい』

美嘉『千枝ちゃん、お邪魔するね。あ、ウチの子たちよ』

護『こ、こんにちは』(うわぁ……おっきいな。Kかな?Jか?)

寿『(……むぅ)こんにちは』

千枝『じゃあ、あがってあがって』



…………
……

美嘉『そうだ、護。あんた、料理の道に進みたいんだっけ?』

護『う、うん』

千枝『わぁ、なら私が教えますよ』

ガラッ

『ママ、それなら私も』

千枝『あ、紹介するね。娘の千歳……法律上は同い年よ』

千歳『始めまして、千歳といいます』

護『(うわぁ、この娘もおっきい……Hぐらいか?)よろしく……』

寿(ぷくぅ……)

千枝『それじゃあ、お鍋を』

千歳『あ、私が取ります』

ヒョイ

プチッ

『え……や、やだ……』

護『え?大丈夫ですか?』

千枝『あらあら、またおっきくなったのかしら?』

千歳『うん……もう合わなくなったみたい。えっと護君。ちょっとあっち向いてて』

護『は、はいっ!』

ヌギヌギ

ハラリ

護(こんなに近くで女の子が……)

千歳『やだ……フックが壊れちゃったよ』

千枝『仕方がないわね。とりあえず脱いでなさい』

千歳『はぁい』

プチップチッ

フサッ

千歳『よいしょっと』

千枝『護君、もういいわよ』

護『は、はい』

千歳『えっ、ママ!ちょ、まだブラジャー……』

護『え……』

千歳『』←脱ぎたてブラジャーを手に持ったまま

護『ご、ごめんなさい!!』

ズタタタタタ

千枝『あらあら』

…………
……

美嘉『そういえば、この近くにかわいいお店があるってね』

千枝『はいっ、行きましょうか』

寿『はいはーい、行きまーす』

千歳『わ、私はいいよ……』

護『片付けもあるし……一緒にいってもねぇ』

美嘉『じゃあ、少し待ってなさいね』

寿『おでかけおでかけ~★』





護『ふぅ、こんなもんかな。人の家のキッチンだから勝手が違うな』

コソッ

千歳『ね、ねぇ、護君……』

護『うわぁ!……って、千歳さん!?さっきはすみませんでした』

千歳『いいの……で』



『女の子のカラダ。もっと知りたくない?』



その日、ボクは初めてオンナノコというのを知った







寿『あれ?』

美嘉『どうしたの?』

寿『なんか体が……』

(アソコが熱い……なんで?)

美嘉『大丈夫?少し休む?』

千枝『ひょっとしてあの日かな?』

美嘉『まだ来てないはずなんだけど……お腹とか変じゃない?』

寿『お腹は大丈夫なんだけど……』

…………
……

美嘉『それじゃあ、そろそろ』

千枝『あ、送ります』

千歳『(///)……じゃあ』

護『(///)……うん』

寿『……』

千枝『……ねぇ、護君』

護『は、はい』

千枝『……千歳のこと、よろしくね』

護『は、はい、幸せにします!』

千歳『(///)』プシュー

美嘉『おやぁ……護、手を出すならちゃんと避妊しないと、お母さんや千枝ちゃんみたいになっちゃうぞ』

千歳『わ、私は……護君の子なら……』

護『あ、はい。頑張ります……』

千枝『あらあら、この子ったら』



寿『むー!』プクゥ

…………
……

護『千歳さん……よかったなぁ……』モヤモヤ

ドスドスドス

バァン!!

寿『お兄ちゃん!今、一人でしてたでしょ!!』

護『うわぁ!部屋に入るときは』

寿『そんなのいいからどうなの!!』

護『な、なんでそんなこと……』

寿『……』

『だって……』



『……私もほら。こんなに……』



――おもわず直視してしまった

妹もオンナノコだって思ったから



寿『お兄ちゃん……兄さんならいいよ』



その夜、人生二人目のオンナノコ……しかもまだ来ていない妹を体験した

こうして、昼は千歳さん。夜は寿と関係する日々が続いた



まさにエンドレスワルツ。その舞を踊っている最中、その珍客は到来した



寿『はぁはぁ……まだ大丈夫だよ……』

護『はぁはぁはぁ、ちょっと休憩……』



『姉さーん、また泊めさせてー!!』

『もう、いきなり来てそれはないでしょ』

護『やばいっ!莉嘉さんだ』

寿『嘘っ……どうしよう』

護『とりあえず布団に隠れて寝るふりを……』

ガラッ

莉嘉『こんばんは~』

護『(……終わった)』

寿『(ううぅ……)』

莉嘉『……姉さん、護君達寝てるからあっちで寝るね』

美嘉『あら、また一緒に寝てるの?最近仲がいいけど……千歳ちゃんに取られそうだからかしら?』

莉嘉『千歳ちゃん?あ、千枝ちゃんとこの?』



――どうして?

何故、莉嘉さんは追求しなかったのかわからなかった



そして

…………
……

ゴソゴソ

護(ん……夜中の2時?誰かが布団に……)

莉嘉『はぁい』

護『っ?!』

莉嘉『ダメよ、姉さんが起きちゃうから』

寿『り、莉嘉さん……』

莉嘉『ふふっ、兄妹で面白そうな事をしてるわね』

護『こ、これは決して……』

莉嘉『いいのよ……だから』





『莉嘉も交ぜて』



……叔母が処女だったのは今では懐かしい話になった

…………
……

こうして、三人の女性と乱れた関係の仲になってしまっている

莉嘉「どうしたの?護君は胸がいいんだよね」

寿「兄さんのえっち……まだこれからなんだから」



もしかすると



近 親 姦
僕らの誕生の秘密に、こういうのが関係するかもしれない

莉嘉「いただきまーす」

寿「ああっ、莉嘉さんずるい!」



だからボクは父親を探すことは決してやらないだろう





(o・▽・o)&(●・▽・●)おわり……なの?

以上になります

途中であげたように、ああいう終わり方予定だったのがこうなりましたのは中の人の表現力不足であります。申し訳ありません

……前回から何も進展していないなぁと

ちなみに寿は
http://www.nijirushi.com/goods/jpjkpb/39/
こんな感じ

千歳は某たわわのアイちゃんを想像しております



ではありがとうございました

あと、美嘉が抜けた後のLiPPSは唯が参加

現在は二代目のメンバーが入れ代わってLiPPSⅡ(りっぷちゅ)となって活躍中

なる設定を考えたのですが。二代目のメンバーが思いつかなくて挫折
(舞と雪美と薫までは考えましたが……あと、ネネ妹のしーちゃん。勝手に「しいな」ってつけて呼んでます)

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom