【FGO】ぐだ男「令呪溢れさせるの勿体無いなぁ」【安価】 (455) 【現行スレ】

※キャラ崩壊注意
※ホモは無理
※ネタバレ注意


ぐだ男「………………んー……」

ぐだ男「たまにはマシュ以外とヤるのもいいかなぁ!」

ぐだ男「そうと決まれば早速マイルームの設定をランダムにして……っと」

ぐだ男「さぁ! 誰が来るかな!」



サーヴァント

沖田「いやぁ、珍しいですねぇ!」

沖田「いっつもマシュさんがマイルームにいたので、てっきり2人部屋なのかと」

ぐだ男「遊んでるだけだよ」

沖田「まあ確かに、色々なものがありますね」

沖田「それでどうします? あ、私の部屋からお菓子持ってきたんですよ! 食べますかー?」



令呪

沖田「ほっ、ほぉぉっ、でりゅっ、まだっ、ひぐぅ!?」

ビチャビチャビチャ

ぐだ男「おー、すごい出たね」

ぐだ男「でも流石に3回目だとほぼ腸液かな?」

沖田「ま、ましゅ、ター……もう、むひぃぃっ!?」

ズヌヌヌヌッ

ぐだ男「でもそのかわり綺麗になったね!」パコパコパコ

ぐだ男「しかも適度にゆるいし、これはいい」パコパコパコ

沖田「むりっ、だめれひゅっ、まひゅたー、いぐぅぅぅ!?」

ビュルルルルルルルルル

沖田「おっ!? ほごっ、ほぉぉぉぅ!?」

ブシャァァァ

ぐだ男「ふぅ、このまま沖田さんで楽しもっと」

沖田「ん、ふぅ! いっ、ひっ!」

ぐだ男「肛門めくれ上がってきたね沖田さん、うんこ出す度イっちゃうね!」パコパコパコ

沖田「もっとっ、ますたぁ! 沖田しゃんのっ、クソ穴っ、ホジホジひてくらさいっ!」

ぐだ男「はいはい、肛門三段突き!」パコパコパコ

ぐだ男「……そろそろ令呪溢れるなぁ、沖田さんも疲れ始めてるし」パコパコパコ

沖田「じぬっ、イきじぬぅっ!?」

ぐだ男「お疲れ様っ、一旦ここまでねっ」

ビュルルルルルルルルル



サーヴァント

酒呑「旦那はん、今日はどういう気まぐれなん?」

ぐだ男「ん?」

酒呑「ほら、あの子、マシュ……いっつもあの子やん?」

ぐだ男「……なんでだと思う?」

酒呑「……ふふ、もう……いややわぁ、いけず」

酒呑「それで、夜にうちみたいな鬼を呼んだんなら……覚悟、できてますのん?」



令呪

酒呑「もう、なんやのこれ?」

ぐだ男「まあまあ、一回試したかったんだよ」

酒呑「まあ、令呪つこたんやし、聞いてあげても……んんっ」

ぐだ男「ちっぱいでも感じるんだね」コリコリ

ぐだ男「ほら、ちゃんと乳首に意識向けてごらん?」

酒呑「だ、んなはん……いけずやわぁ」

ぐだ男「次はクリトリス触るね?」クリクリ

酒呑「ん、ふあぁっ」

ぐだ男「ほら、集中して? おへそだよ?」

ペチンッ

ぐだ男「俺のはこれくらいあるから、酒呑だとおへその上まで行くね」ペチペチ

酒呑「旦那はん……もうっ、もぉ……」

ぐだ男「ほら、次は尿道とか」

酒呑「な、ひあ……んんんっ!?」チョロチョロ

ぐだ男「うんうん、集中を切らさずいこうか」

酒呑「かんにん……かんにんん……」

ぐだ男「次だね、今度はおへそか脇触るからね?」

酒呑「ま、まっ、んひょぉ!?」ビクビクッ

ぐだ男「あ、はずれ、触ったのは脇だよ」サワサワ

ぐだ男「あと1回外れると素股だけだよ?」

酒呑「いけずっ、挿れてっ、挿れてぇ……」

ぐだ男「……じゃあ特別に……次ツノをこうやって、コシコシしたら挿れる合図だよ?」

酒呑「早くっ、はやくぅ……!」

ぐだ男「はい、乳首」コリコリ

酒呑「んひぃぁぁぁぁっ!?」プシャァァァッ

ぐだ男「残念、また今度だね……廊下でもどこでも、ツノ触ったら合図だから」

酒呑「はひぃ……ひっ……ふあ……」チョロチョロ

ぐだ男(まぁ、しばらくはおあずけにした方が面白いからしてあげないけど……次は誰にしようかな)


サーヴァント

エレナ「ねえ、どうしてあたしを選んでくれたの?」

ぐだ男「はは、なんでだと思う?」

エレナ「……うーん……そうね……」

エレナ「あ、あたしからもっと魔術の勉強をして欲しいから、とか?」

ぐだ男「あはは、はずれ」

エレナ「あら残念、じゃあなんで?」



令呪

シュッシュッシュッ

エレナ「ほら、もっと吸って?」

エレナ「沢山甘えて良いのよ?」シュッシュッシュッ

エレナ「ん、ふあ……ふふ、赤ちゃんみたい」

ぐだ男「……っ、エレナ……ッ」

ビュルルルルルルルルル

エレナ「んっ……うふ、沢山出したのね?」

エレナ「もっともっと、出してみましょ?」

シュッシュッシュッ

エレナ「もう、容赦なくやってくれたわね……?」

エレナ「おっぱい、両方とも腫れちゃってワンサイズ上がっちゃったわ……」

エレナ「それにほら、髪まで精液だらけ」

ぐだ男「でもよかったよ、エレナ」

エレナ「……っ、もう、そんな顔してもダメ!」

エレナ「それじゃあ、少しだけシャワー借りさせてね?」

ぐだ男(……出した出した……次はどうしようかな……)




サーヴァント

Xオルタ「お菓子美味しいです」モグモグ

ぐだ男「貰い物だけどね」

Xオルタ「…………美味しいです」モグモグ

ぐだ男「お茶も淹れ方教わったんだ、飲む?」

Xオルタ「いただきます」



令呪

Xオルタ「ふっ、ふぅ、んんん……っ」クチュクチュクチュ

ぐだ男「ほら、手ぇ止まってるよ?」

Xオルタ「もう、むり、です……っ」クチュクチュクチュ

ぐだ男「なにが無理なんだい?」

Xオルタ「挿れて、挿れてください……」クチュクチュクチュ

ぐだ男「うーん、じゃあほら」

ボロンッ

ぐだ男「自分のいじるだけじゃなくて、しゃぶってよ」

Xオルタ「んぼっ、ぐぽっ、れるっ、んもっ!」ジュポジュポジュポ

ぐだ男「ん、そろそろ出るよ」

Xオルタ「おぼっ、ごっ、えぐっ!?」

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「……ふう……あれ、気絶してる」

ぐだ男「2日本番なしはキツかったかな?」

ぐだ男「次は誰にしようかな」



サーヴァント

アストルフォをホモ扱いしないと怒られる団体に怒られたくないので却下!

サーヴァント

エレシュキガル「へぇー……貴方の部屋ってこうなってるの……」

ぐだ男「ん? 間取りとかは変わんないと思うけど……」

エレシュキガル「いや、なんでもない……んん、それで? 何の用かしら?」

ぐだ男「そんなに畏まったことはしないよ……ほら、エレシュキガルと別れて、また会うまでの話でもしようかなって」

エレシュキガル「本当!?」

ぐだ男「うん、まあ結構長いからさ、お菓子でも食べながらね」



令呪

ぐだ男「きっと驚くだろうなぁ」

ぐだ男「流石にエレシュキガルも初見の衝撃を免れないだろうね」

ぐだ男「……ただ暇だ……」

ぐだ男「令呪の効果が切れるまでマシュでも呼ぼうっと」

ぐだ男「よかったね、リップがちょっと器用になってて」

エレシュキガル「こ、恐かったのだわ……」

エレシュキガル「む、胸が……お、襲いかかって……」

ぐだ男「うんうん、まあわかるよ」

ぐだ男「とりあえず落ち着こうか」

エレシュキガル「……おっぱい怖い……谷間怖い……」ブツブツ

ぐだ男「……まあこれはこれで面白いね」



サーヴァント

メルト「あなた、またリップにけしかけたでしょ」

ぐだ男「そんな事ない、紹介しただけだよ」

メルト「……ま、私には関係ないけど」

メルト「それよりも、どうもてなしてくれるの?」

ぐだ男「あはは、一応考えてるよ」

ぐだ男「とりあえずお茶でも淹れようか」

メルト「……そうね、いただくわ」



令呪

メルト「……まったく……なに、考えてるのよ……」

ぐだ男「ちょっと怒った顔も可愛いよね、メルトは」

メルト「んっ、ふぅぁ……!」ガクガク

ぐだ男「ほら、キツそうだし隣座りなよ」

メルト「この……はぁ……はぁ……っ」

ぐだ男「うーん、心がこもってるほうが効き目が良いのかな?」

ぐだ男「とりあえず動くね?」パコパコパコ

メルト「だから、無駄よ……私は……」

ぐだ男「神経障害で感じにくいんだよね? でも耳まで赤くなるほど恥ずかしいんだよね?」

メルト「な、ちょ……っ!?」

ぐだ男「ははは、可愛いなぁ」

メルト「ひぅっ、んひゃぁぁっ!?」

ぐだ男「っ、出すよメルト……!」

ビュルルルルルルルルル

メルト「最悪よ……あんた、次やったら承知しないわよ!?」

ぐだ男「えー」

メルト「……刺すわよ」

ぐだ男「あはは、分かったよ」

メルト「まったく…………帰るわ」

ウィー……

ぐだ男「……いやぁ、メルトは可愛いなぁ……次は誰に」

「ふああっ!?」

ぐだ男「…………なんだ今の……」



サーヴァント

ぐだ男「…………」ゴソゴソ

清姫「おはようございます、マスター」

ぐだ男「ん、おはよう」

清姫「食堂で朝餉をこしらえたので一緒に行きませんか? それともこちらで食べましょうか?」

ぐだ男「んー……食堂行くよ」

清姫「お伴しますね、マスター」ニコニコ



令呪

玉藻「もう、強引なんですからっ……んむ、れる……っ」

刑部姫「べろ……ちゅっ、マーちゃん耐えられるかなぁ?」

清姫「むぼっ、じゅぽっ……ぷはっ……私、今回ばかりは容赦いたしません!」

ぐだ男「清姫、出すよ」グイッ

清姫「ごぼっ!?」

ビュルルルルルルルルル

清姫「んっ!? んぉ、ほぶっ、うえぇっ!?」ビチャビチャ

玉藻「うわ……えぐいですねぇ……」

刑部姫「ま、マスターちゃん? 姫には、優しくね……?」

ぐだ男「じゃあちゃんと濡らしたし、2人ともこっちにお尻向けて」

玉藻「あー、容赦なしで……んひっ!?」ヌプププ

刑部姫「ま、まっ、心のじゅ、びっ!? ふひっ!?」ヌプププ

グチュグチュグチュ

玉藻「あっ、やっ、ふと……はげひっ!?」グチュグチュグチュ

刑部姫「おっ、おほ!? ほぉぉっ!?」グチュグチュグチュ

ぐだ男「それじゃあ、まずは清姫から……っと」

清姫「……ひぁ、あっ、ふぎっ!?」

ぐだ男「出すまでやるからね……っ!」パコパコパコ

清姫「あっ、ひ、んひ!? あっ、あっ、あん、っんん!?」

ぐだ男「……ふぅ……流石にヤりっぱなキツイなぁ……」

ぐだ男「刑部姫とか、結構グロッキーだし……」チラッ

刑部姫「ふっ……ぉっ……ひゃひ……」ゴポポッ、チョロチョロチョロ、ゴポポッ

ぐだ男「玉藻も大丈夫?」

玉藻「え、ええ……こう見えて経験豊富ですのでっ」ガクガク

ぐだ男「……じゃ、清姫? 出したらちょっと一眠りするからね?」

清姫「はひ……ぁへ……」プシャァァァ



サーヴァント

巴「マスター、何か御用でしょうか?」

ぐだ男「用ってほどでもないけどさ、ゲームしようよ」

巴「それはっ、新作の!」

ぐだ男「篭りぱなしになる人いるからもう少し寝かせる気だったんだけど、巴なら自制できるかなって」

ぐだ男「内緒だよ? 黒ひげとか、黒ヒゲとか、黒髭とか、あと刑部姫とか」

巴「はい! お任せください!」



令呪

ぐだ男「……そろそろ霊薬でも飲もうかな」

パンッパンッパンッ

ぐだ男「流石に休みなしっていうのも疲れるし、俺も頑張らないと」グビリ

巴「ほっ、お、んぉっ、ほひっ」パンッパンッパンッ

ぐだ男「そろそろ夢の十代かな?」

ぐだ男「巴も疲れると思うし、効率よく10回ごとにお尻の方も使っていこうか」ヌポッ

ズヌヌヌヌッ

巴「んひぃぃぃいっ!?」ガクガク

ぐだ男「お、よしよし、ガニ股のまま踏ん張れたね」

ぐだ男「それじゃあ明日の昼までにはおわらせよっか」

巴「あぁっ、ひっ、んんんっ!?」グポグポグポ

ぐだ男「長く苦しい戦いだった……」

巴「お゛、お゛ぉ……おほぉ……」ブピッ、ゴポポッ

ぐだ男「流石に霊薬でブーストしないと、勃起し続けるのは難しかった……」

ぐだ男「でも、そのおかげで巴は成し遂げた……こんな帰るみたいにガニ股で気絶してるけど……」

巴「……へっ……おっ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「………………」ギンギンッ

ぐだ男「霊薬抜けるまで使おっと」ヌプププ

巴「お゛ぉおっ!? やっ、じぬっ! イきっ、じぬぅっ!?」

ぐだ男(フィットするようになったなぁ……次は誰にしよう)



サーヴァント

ドパイーン

ぐだ男(どでけぇ……)

ぐだ男「リップ、お菓子作ってくれたって本当?」

リップ「はい! 師匠にお手伝いしてもらいましたが……」ズヌルッ

リップ「どうぞ!」

ぐだ男(谷間から出たのに冷たい……)

ぐだ男「うん、ありがと……えっと、プリンかな? 美味しそうだね」

リップ「えへへ……」



令呪

リップ「ひっ、ぁあ……!?」

チョロチョロチョロ

ぐだ男「んー、刺激強すぎたかな?」

リップ「ま、マスター、なんです、か……これぇ……」カクカク

ぐだ男「それはねリップ、イくってやつだよ」

サワサワ

リップ「なん、だか……ひぇんな、かんじれひゅ……」ゾクゾク

ぐだ男「神経過敏を胸に関してだけ、快感のみにしたんだ……つまり、気持ちいい、って言う感じなんだ」モミュモミュ

リップ「……気持ち、いいれす……っ、い、イき、ますっ!」

プシャァァァ

リップ「はぁーっ、はぁーっ……はぁ……はぁ」

ムニュムニュムニュ

ぐだ男「柔らかいねぇ、押し付けるだけで半分沈むもん」

リップ「あっ、んんっ、ひうぅっ」ビクビク

ぐだ男「すごいよリップ、君だけの特別だ」ムニュムニュ

リップ「あ、りがとうっ、ございますっ、んんんっ!?」ゾクゾク

ぐだ男「っ、出るよ……」

リップ「はいっ!」

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「ふぅー……残らずブレストバレーに行ったね、これもリップだけの特別だ」ナデナデ

リップ「えへへ……ありがとうございます……!」



サーヴァント

マリー「最近、マスターの部屋にいろんなサーヴァントが出入りしているのですってね」

マリー「私も一度来てみたかったの!」

ぐだ男「そうなんだ……もっと前から解放してもよかったかもね」

マリー「ふふ……それでどうしましょうか?」

ぐだ男「紅茶が結構もらってるんだ、淹れよう」

マリー「本当? じゃあ御馳走になります」



令呪

マリー「んんっ、あっ、あ! ああっ! ひぁぁ!?」

ぐだ男「良い締め付けだよ、マリー」パコパコパコ

ぐだ男「まだまだ、満タンになるまで注ぐからね……!」パコパコパコ

マリー「も、だめっ、イってる、イってるからぁっ! ふあぁぁ!?」

ぐだ男「……っ、出すよ……!」

ビュルルルルルル

マリー「ひゃぁぁぁぁ!?」

マリー「はぁ……はぁ……もう、タプタプ、よぉ……」

ぐだ男「でもほら、マリーのが離さないんだよ?」パコパコパコ

マリー「そん、なぁっ!?」

マリー「だめっ、いまはっ、ひっ?!」

ぐだ男「ほら、子宮もこんなに、おりてるしさっ!」

ビュルルルルルル

マリー「はぁーっ……はぁー……はぁ……」

ぐだ男「……ふぅ、こんなものかな……?」ヌポン




サーヴァント

ドレイク「ほら、ちと早いがね、あんたにゃこれでいいだろ」

ドレイク「あたしゃ、この発酵した方を頂くとするけどね」

ぐだ男「うん、ありがとうドレイク」

ぐだ男「一応、まだ酒は飲めないんだ」

ドレイク「は、一杯やるかい?」

ぐだ男「……うーん……少しだけもらおうかな?」

ドレイク「いいねぇ、んじゃ」トクトクトク

ぐだ男「……結構入れたなぁ……」ゴクゴク

ぐだ男「…………割と、いけるかも……ああでも、やめとくよ」

ドレイク「ははは、いい飲みっぷりだったよ!」



令呪

ドレイク「……ったく、変なことに令呪を使うねぇ」

ドレイク「で、いつまでなんだい?」

ぐだ男「あれ、付き合ってくれるの?」

ドレイク「まあね……暇つぶしにはなるかも知れないし」

トクトクトク

ぐだ男「あれ、飲むの?」

ドレイク「あ? そっちの方が盛り上がるだろ?」

ぐだ男「……キツい?」

ドレイク「あー……割と楽に船では出してたって思い出したよ」

ドレイク「そろそろ、ちょっとトイレにでも……」

ぐだ男「あ、ここでしていいよ」

ぐだ男「よく汚してるし」

ドレイク「……はぁ……いい趣味してるねぇ……」

ドレイク「んじゃあ、失礼して…………ん……っ」シャァァァァ

シャァァァァ

ドレイク「溜まって多分、出るもんだ……っと」

ぐだ男「おつかれ、付き合わせて悪いね」

ドレイク「そうだね、次はもっと刺激的なのがいい」



サーヴァント

アイリ「ふふ、マスターの部屋というのも初めてだわ」

ぐだ男「そんな珍しいものはないと思うんだけどな……」

アイリ「珍しいものよ、年下の男の子の部屋なんて」

ぐだ男「そうなんだ」

アイリ「ええそうよ、うふふ」


令呪

自分の声って、ぐだ男の声? アイリの声?

アイリ(ふふふ、なんで興奮してるの?)

アイリ「ちがっ、そんなんじゃ……っ」クチュクチュクチュ

アイリ(でもほぉら、こんなにトロトロ……自分を慕ってくれてるマスターに対して、恥ずかしくないのかしら?)

アイリ「うそっ、やっ、やだ……」クチュクチュクチュ

アイリ(ほら見て? あなたのオナニーでマスターの、苦しそう……)

アイリ「え……お、大きい……っ」クチュクチュクチュ

アイリ(クスクス……ほぉら、ちゃんと癒してあげなきゃ? あなたの、お・く・ちで)

アイリ「……はぁ……はぁ……はぁ……」クチュクチュクチュ

アイリ「んぼっ! じゅぷっ、れるっ、ごぷっ! じゅるっ、れるっ!」ジュポジュポジュポ

アイリ(ほら、もうイくんでしょう? ちゃんと咥えながら目を見つめて、媚びるようにしなきゃ)

アイリ「んっ、ぐぷっ、ちゅぽっ、んむっ!?」ジュポジュポジュポ

プシャァァァ

ビュルルルルルルルルル

アイリ(ふふふふふっ、お漏らしまでしたの? 変態、最低だわ!)

アイリ「げほっ、けほ……ご、ごめんなさい……」

ぐだ男「気にしないでください……それよりもほら、本番いきましょうか」

アイリ(くすくす……ほぉら、ちゃぁんとおねだりして?)

アイリ「は、はい……アイリの天の杯マンコ……精子で満タンにして……?」

アイリ(あはははは! いいわ、最高! まさに変態だわ!)

ぐだ男(こういうの中々いいなぁ……次は誰にしよう)



サーヴァント

エウリュアレ「つまんない」

ぐだ男「あらら」

ぐだ男「その心は? 女神様」

エウリュアレ「妹と変わり映えしない、つまんない部屋だわ」

ぐだ男「あー……あんまり飾ってないからかな?」

エウリュアレ「そうよ、せっかく女神を呼んだのならもっと素敵な部屋になさい?」



令呪

エウリュアレ「こ、の……女神に、なんてことを……」プルプル

ぐだ男「まあまあ、もしバレても大丈夫だよ」

ぐだ男「接合部見えないようにすればいいんだし」

エウリュアレ「そう言う、はなひじゃ……ふああ!?」

ぐだ男「ほらほら、あんよはじょーず」ゴリゴリ

エウリュアレ「ん、っ、ふ、ひぁ」ヨタヨタ

エウリュアレ「おっ、ほ……おぉ……っ!?」チョロチョロ

ぐだ男「んー、結構かかったね」

ぐだ男「運良く気づかれな……かったのか?」

ぐだ男「汚した分はマシュがやってくれるから大丈夫だよ」ヌポン

エウリュアレ「あっ、あー……ひぅっ」ゴポポッ

ぐだ男「腕も疲れたと思うし、一休みしていって」

ぐだ男(……俺もちょっと休もうかな)



サーヴァント

ヤリトリアオルタ「なんの用ですか、マスター」

ぐだ男「いやほら、たまにはゆっくり話がしたいなって」

ぐだ男「馬から降りてくれたし、お菓子ももらってきたよ」

ヤリトリアオルタ「………………」

ヤリトリアオルタ「そうですね、たまには良いでしょう」

ぐだ男「紅茶も淹れてきたから、楽しんでね」

ヤリトリアオルタ「いただきます」



令呪

ナイチンゲール「……それで、何の用でしょうか?」

ナイチンゲール「有事ではないとしても、備えねばならないので」

ヤリトリアオルタ「………………」

ガバッ

ナイチンゲール「っ!? な、にを……」

ヤリトリアオルタ「受け入れろ……」

ズヌヌヌヌッ

ナイチンゲール「ふぐっ、ぁっ、ふ……っ!?」

ヤリトリアオルタ「……動くぞ……!」

ぐだ男「巨乳が4つ、いい眺めだ」

ナイチンゲール「あ゛っ、あ゛ぁっ!?」ブルンブルン

ヤリトリアオルタ「………………っ」パコパコパコ

ぐだ男「気に入ったのならそのペニパンあげるよ」

ナイチンゲール「ほお゛っ!? おっ、くあっ!?」ブルンブルン

ヤリトリアオルタ「………………っ!」パコパコパコ

ぐだ男「うんうん、お気に入りみたいだ」



サーヴァント


藤乃「マスター、先日は何をしていたんでしょう?」

藤乃「廊下で、エウリュアレさんと奇妙なことをしていましたが……」

ぐだ男「え? 手押し車だよ?」

藤乃「えっと……なぜ?」

ぐだ男「ちょっとした罰ゲームでさ、まあエウリュアレはひ弱だから足じゃなくて腰を持ってあげてたんだけど」

藤乃「な、なるほど……?」



令呪

ぐだ男「うんうん、綺麗だなぁ」

藤乃「……ま……マスター……」

ぐだ男「花はレイシフト先から持ってきたんだ、ここ年中冬だし」

藤乃「は、恥ずかしい……です」

ぐだ男「まあ目立つところだしねぇ」

ぐだ男「認識阻害の魔術習ったから使ってあげよう、じっと見さえしなければバレないから」

藤乃「ば、バレた時は……!?」

ぐだ男「……可哀想だしヴェールくらいはしてあげよう」

藤乃「はあ……はぁ……はぁ……」

ぐだ男「お疲れ様」

ぐだ男「今魔術を解除……うわお」

藤乃「はぁ……はぁっ……はっ」ムワァ

ぐだ男「興奮しっぱなしだったかな? 楽しんでくれたら何より」

ぐだ男「とりあえず風呂に行こうか」



サーヴァント

ナーサリー「マスター、お茶会のご招待ありがとう」

ぐだ男「まあ、ナーサリーと俺の二人の小さなものだけどね」

ぐだ男「最近いろんな人がくれるんだ、お菓子」

ナーサリー「ふふ、ステキなお茶会になりそうね」

ぐだ男「ナーサリーは何を持ってきたの?」

ナーサリー「はいっ、クッキーを焼いてもらったのよ」

ぐだ男「おお、美味しそうだね」



令呪

ぐだ男「きっつ……ああほら、ナーサリーの為に本借りたんだ、黒髭から」

ナーサリー「……こ、こん、なぁ……エッチ、なの……」

ぐだ男「ほら、読んでみて?」

ナーサリー「……『く、殺せ……と女騎士は言いました』」

ぐだ男「黒髭め、なんてもの……」パコパコパコ

ナーサリー「あぅ、ひ!? ふあ!?」

ナーサリー「『す、すると、怪物たちが……お、女騎士に……』ひやっ!? 『お、オチンポを……』」

ぐだ男「ベタベタだなぁ……」パコパコパコ

ナーサリー「『王子、様とっ、お姫様はぁっ!? 平和を喜び、結婚、しました……っ』」

ぐだ男「なるほど、感動的だね」パコパコパコ

ナーサリー「『そ、そひて……王子様は、お嫁さんになったお姫様を何度も種付けしました』」

ぐだ男「あちゃー、そういう展開」パコパコパコ

ナーサリー「『何度も……なん、ども……ひあっ、ひ、だめっ!?」プシャァァァ

ぐだ男「あらら、お漏らししちゃったね」

ナーサリー「ひっ、ぁ……ほひ……ぉぉ……」ガクガク

ぐだ男「ダメだこりゃ、気絶してる……仕方ない、ここまでにしてあげよう」パコパコパコ

ビュルルルルルルルルル



サーヴァント

アビゲイル「マスター、ナーサリーから呼ばれたのだけど……」

ぐだ男「うん、仲良いって聞いててね……色々好きなものを聞いたんだ」

ぐだ男「はい、アビー用のお菓子だよ」

アビゲイル「まあ、すごい……!」

ぐだ男「一杯はないけど、二人で食べようか」

アビゲイル「そうね、そうしましょ?」



令呪

タッタッタッタッ

ぐだ男「ちょうどいい負荷に、ちょうどいいBGM、それに背中を冷やす液体……カルデアマラソンにはいいコンディションだ」

アビゲイル「あっ、ひっ、やめっ、んんんっ!?」ヴヴヴヴヴヴ

ぐだ男「まあまあ、こっちも上半身裸なんだし、おあいこだよ!」

タッタッタッタッ

アビゲイル「ふおっ、ほぉっ、ぉぉっ!?」ヴヴヴヴヴヴ

ぐだ男「清姫に見られたから速度上げるよ!」

アビゲイル「ひぁぁぁああ!?」ヴヴヴヴヴヴ

プシャァァァ

ぐだ男「まったく! アビーは悪い子だなぁ!」パコパコパコ

アビゲイル「おごっ、ほぐっ!? あへっ、ほぉぉっ!?」

ぐだ男「一緒にトレーニングしてたのにイくだなんて! 反省セックスだ!」パコパコパコ

アビゲイル「ごっ、ごめんな、ひぎっ!?」

ぐだ男「ポルチオ開発で降りてきたねぇ、フォーリナーだ」パコパコパコ

ぐだ男「……あー、そろそろ全部出すよ……っと!」

ビュルルルルルルルルル

アビゲイル「あ゛ーっ、あ゛っ、あ゛ぉぉ……」ピクピク

ぐだ男「……流石にキツかったかな? また次頑張ろっか」



サーヴァント

メドゥーサリリィ「なんで裸だったんですか?」

ぐだ男「え? 運動するとき汗で気持ち悪くなるから」

ぐだ男「それに上半身裸なんてサーヴァントでもちょいちょいいるじゃん?」

メドゥーサリリィ「いえ、少し珍しかったので……聞いただけです」

ぐだ男「……脱ごうか……?」ヌギッ

メドゥーサリリィ「結構です」



令呪

ヌプププ

メドゥーサリリィ「お、ほ、ぉっ!?」

ぐだ男「あれから鍛えたから、霊薬に頼らず無刺激四時間は維持できるようになったよ」

メドゥーサリリィ「たひ、けっ!?」

ぐだ男「大丈夫大丈夫、下のお姉ちゃんも似たような事してたし」

ぐだ男「それに動かなくていいし、気絶したら起こさないで上げる」パコパコパコ

メドゥーサリリィ「ほあっ!? やっ、うごいちゃ、らめっ、んひっ!?」

ぐだ男「んー……やっぱり寝バックがしっくり来るね」パコパコパコ

メドゥーサリリィ「おっ、ほおっ!? んひっ、あひっ!?」

ぐだ男「ほらほら、オナホみたいに締めなきゃ!」パコパコパコ

メドゥーサリリィ「はひっ、ましゅたーのっ、ためにっ、しめまひゅ!」

ぐだ男「ははは、お姉ちゃんはもうちょっと強かったんだけどなぁ」パコパコパコ

ぐだ男「そうだ、次はエウリュアレと一緒に抱いてみようかな」パコパコパコ

メドゥーサリリィ「ひぐっ、おほっ、んあああっ!?」



サーヴァント

ぐだ男「ふん……ふんっ!」

キルケー「……おーい」コンコン

ぐだ男「おやキルケー、いつの間に」

キルケー「今だよ……最近鍛錬に執心してるみたいだね」

ぐだ男「ほら、筋肉あるとヤれること増えるし」

キルケー「ふむ、まあね。体力作りにはいいと思う」

ぐだ男「それに抱くのにもあったほうが良いだろうし」

キルケー(……? まああれほどあれば幼いサーヴァントは楽々抱えられるな)

ぐだ男「キルケーも抱こうか?」

キルケー「ふっ、おいおい、私は大魔女だぞ? 背丈は同じかもしれないが見くびらない方がいいぞ?」



令呪

キルケー「……あれ、何をしていたんだっけ……?」

ぐだ男「おーい、ボーッとして大丈夫?」

キルケー「え、あ、あぁ……すまないね……」

キルケー「……それで、なんの話だったっけ?」

ぐだ男「俺の修行のためにキルケーがご奉仕するんでしょ?」

キルケー「ん? あれ? そ、そうだった、な……?」

ぐだ男「ほら、次は口でしてよ」ギンギンッ

キルケー「……わ、わかった……」オズオズ

ジュッポジュッポジュッポ

キルケー(これでどうすれば…………んぶっ!?」

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「ふう……よしよし、そろそろお尻でも使おうかな」

キルケー「げほっ、げほ…………あれ? 何をしていたんだっけ……?」

ぐだ男「大丈夫……? 今日は止めようか?」

キルケー「む、ああいや、大丈夫、大丈夫……」

キルケー「それで、なんの話だったっけ?」

パコパコパコ

ぐだ男「ほーらキルケー、中に出すよー?」パコパコパコ

キルケー「うっ、ぅう……うぁぁ……っ!」

ぐだ男「頭空っぽにして甘えてもいいよ、キルケー……!」パコパコパコ

キルケー「あぅっ、うぁ……ふあぁ……」

ぐだ男「全部令呪の効力があるまでの間だし、その間に本能のまま楽しんでねっ!」

ビュルルルルルルルルル

キルケー「おぅっ……ほぉ……おほぉ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「ふぅー……あ、そうそう……鼻フックもあったんだ、可愛い雌ブタにしてあげよう」



サーヴァント

ぐだ男「今日は豪勢に二画使おうかなって思うんだ」

ぐだ男「で、どんなプレイにする?」

エウリュアレ「……とんだ変態ね」

ぐだ男「おや?」

メドゥーサリリィ「……少し見損ないました……」

ぐだ男「あらら」

ぐだ男「……とか言って部屋から出ないところ、結構好きだよ」



令呪

ぐだ男「さてと……じゃあ改めて聞くけど」

ぐだ男「どんなプレイにする?」

エウリュアレ「犬、みたいに……激しく、犯して……」クパァ

メドゥーサリリィ「…………奥まで、挿れて……犯して、ください」トロォ

ぐだ男「うんうん、素直なサーヴァントにはご褒美をあげよう」

ぐだ男「エウリュアレ、おいで」

エウリュアレ「……はい」

ぐだ男「メドゥーサリリィにはその間録画してもらおうかな?」

ぐだ男「見ててね? お姉ちゃんがお手本見せてあげるから」

ズヌヌヌヌッ

エウリュアレ「あっ、ひぎっ、ぃひぃいっ!? い、イった! イき、まひたぁ!」

ぐだ男「うんうん、偉いねエウリュアレ、ちゃんと言えたし準備万端、このまま前より激しくエッチしようか」パコパコパコ

エウリュアレ「おっ、お゛ぉおっ!? ずるっ、するぅっ!」

ぐだ男「ははは、素直に言ってくれて嬉しいよ」パコパコパコ

メドゥーサリリィ「んっ、ふあっ、ひあっ!?」

ぐだ男「ほらっ、どこに出して欲しい?」パコパコパコ

メドゥーサリリィ「おくっ、一番っ、奥ぅ……ふひゃぁぁ!?」

ビュルルルルルルルルル

メドゥーサリリィ「ふーっ、ふーっ、ふー……っ」チョロチョロチョロ

ぐだ男「よしよし、2人ともお疲れ様」ナデナデ

ぐだ男「最後に仲良くお掃除しようね」ヌポン

エウリュアレ「んっ、れる……れろぉ……」ペロペロ

メドゥーサリリィ「んむ、ちゅぷ……ちゅっ、じゅるっ」ペロペロ

ぐだ男「ほら、カメラに向かってピースピース」

エウリュアレ「んむ……へへぇ……むぷ、んん」ペロペロ

メドゥーサリリィ「ぴーふ……ちゅっ、ちゅっ……ちゅぽ」ペロペロ



サーヴァント

マタハリ「はぁい、マスター」

ぐだ男「うん、お早うマタ・ハリ」

マタハリ「お部屋にお呼ばれなんて、珍しいからドキドキしちゃう」

ぐだ男「そう? 嬉しいな」

ぐだ男「こっちももてなしがいがあるってもんだよ」



令呪

マタハリ「はぁ……ん、ふぅ……っ」

プシャァァ

マタハリ「ま、ます、たぁ……もぅだめぇ……」

ぐだ男「大丈夫だよマタ・ハリ」

ぐだ男「道具は色々持ってるから」

ヴヴヴヴヴヴ

マタハリ「ま、死んじゃ……ひぁぁぁ!?」ガクガク

マタハリ「ふぅっ、ふぅぅっ、ふあ……っ」プッシャァァァ

ぐだ男「……ラスト、イってみようか」

マタハリ「はぁ……はひっ……んぁあ……」ヴヴヴヴヴヴヴ

マタハリ「ひ、ああっ、んひゃぁぁぁ!?」ヴヴヴヴヴヴヴ

ショォォォォ

ぐだ男「はは、汁出しっぱなしだね」

ぐだ男「……ふぅ、良い休憩になったよ、最近忙しかったから」



サーヴァント

ぐだ男「あれ、イリヤ」

イリヤ「あ、トレーニングですか?」

ぐだ男「成果が出る暇つぶしだしね……あっつ」ヌギッ

イリヤ「ひゃぁ!?」

ぐだ男「あ、ごめんいつもの癖で……ごめんね?」イソイソ

イリヤ「えっと、だ、大丈夫、です……」



令呪

イリヤ「ま、マスター……こ、れ……だめ……」

ぐだ男「まだまだイケるよね?」

イリヤ「や、やぁっ!?」

チョロチョロチョロ

ぐだ男「皿に溜まってきたね、出した出した」

ぐだ男「……でも、これ以上は無理かな?」

イリヤ「う、うん……もう、出な」

ぐだ男「なら道具を使おうか」

ルビー「賛成でーす!」

イリヤ「……へ?」

ぐだ男「じゃあ、やろうか」

ルビー「はいはーい! ルビーちゃんにお任せっ!」

ぐだ男「おーおー、尿道バイブもすんなりだ」

ぐだ男「拡張できたねイリヤ、小指くらいなら挿っちゃうよ」

イリヤ「ひやっ、やっ、挿れちゃ、だめっ」

ぐだ男「……ルビー、鉤棒」

ルビー「はいはーい」

ぐだ男「イリヤ、これはさっきまでと比べて細いけど……」ニュプ

ぐだ男「クリトリスを裏から刺激できる」

イリヤ「ひっ、いぃっ!? あっ、ふあっ、ひぃっ!?」ガクガクガク

ぐだ男「ルビー、流して」

ルビー「おー、鬼畜ですねぇ」ビリッ

イリヤ「ぎいぃぃっ!? いっ、いぎっ、ひぎっ!?」ビクンビクン

ぐだ男「弱い電流だけど効くでしょ? これからは尿道でもオナニーできるようになるよ」

イリヤ「い゛ぃ……ひ、ぃ……」

ぐだ男「……尿道ガバガバにしたけど、いっぺんに出さなきゃバレないし良いよね」



サーヴァント

ジャンヌオルタリリィ「失礼しますトナカイさん」

ジャンヌオルタリリィ「……何をしていたんですか?」

ぐだ男「慰めようかなって」

ジャンヌオルタリリィ「……どちらを?」

ぐだ男「ナニを」

ぐだ男「まあ後でも良いよ、なんだい?」

ジャンヌオルタリリィ「いえ、ナーサリーライムの勧めで大変良いと言っていたので」

ジャンヌオルタリリィ「ええっと……お邪魔でしたか?」

ぐだ男「いや、全然……まあ俺なりにもてなすよ」



令呪

コリコリコリ

ジャンヌオルタリリィ「ん、ふ、んん…………っ!」

ぐだ男「頑張ってねサンタさん、負けたら罰ゲームだよ?」クリクリ

ジャンヌオルタリリィ「ま、負けません!」

ジャンヌオルタリリィ「この程度、サンタの名において絶対に勝ちます!」

ジャンヌオルタリリィ「トナカイさんになんて絶対に負けません!」

ジャンヌオルタリリィ「お゛っ、まげっ、まげまじだっ! オチンポに負けまひたぁ!」

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「ほらほら、まだまだ行くよサンタさん」

ぐだ男「ちっちゃなプレゼント袋パンパンにしてあげるからね」パコパコパコ

ジャンヌオルタリリィ「ほぉっ!? おひっ、ひあっ!? だめっ、だめですっ、トナカイチンポに負けるぅぅ!?」

ビュルルルルルルルルル

ジャンヌオルタリリィ「ほ、おっほ……ほひっ、ひぃ……あへぇ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「あ、上のもパンパに詰めないとなっと」

ジャンヌオルタリリィ「んぼぉ!?」

ぐだ男「胃袋をキンタマみたいに精子でパンパンにしてあげるね、サンタさん」

ジャンヌオルタリリィ「おぶっ、おっ、ほぐっ!?」



サーヴァント

水着マリー「……マスター」

ぐだ男「ん? どうかした?」

水着マリー「また、してくれないかしら……?」

水着マリー「あの日から……忘れられ、なくてぇ……」モジモジ

ぐだ男「はは、だから水着に着替えたんだ」

水着マリー「意地悪言うのはやめて……ねえ、マスター……」



令呪

水着マリー「ま、マスタァ……こんな……」

ぐだ男「大丈夫大丈夫、魔術知識無ければ気が付かないからさ」パコパコパコ

ぐだ男「だからまぁ、好きなだけアクメしていいよ、っと!」

ビュルルルルルル

水着マリー「ひう、んひゃぁぁ!?」

チョロチョロチョロ

ぐだ男「いつもよりお漏らしも豪快だねマリー、こんがり焼けてビッチみたいになるまでハメ倒してあげるよ」パコパコパコ

水着マリー「ん、あぁっ、だめ、もう、イって、イってるからぁ!」

ぐだ男「駄目だなぁマリーは、恥ずかしがっちゃだめだよ?」パコパコパコ

マリー「や、ぁっ!? ふあっ!?」

ぐだ男「あー、後ろに手を引っ張ると中々奥抉れるね、気持ちいいかなマリー?」パコパコパコ

マリー「は、はいっ、きもち、いぃっ!?」

ぐだ男「ほらっ、じゃあ出すからね!」

ビュルルルルルル

マリー「っひ、あひ……ひ、ふあ……あぁ……」プシャァァ

ぐだ男「ふぅ……あー、ヴィヴ・ラ・フランスっと……」ヌポン



サーヴァント

セミラミス「……我を呼び出すとはな」

ぐだ男「ん? 忙しかった?」

セミラミス「不遜だ、と言っている」

ぐだ男「あー……最近よく言われる」

ぐだ男「じゃあまあ、それなりにおもてなししようかな」

セミラミス「ほう? できるのか?」

ぐだ男「王様も何人かいるし、もてなしの作法は勉強したし……さっきまでマリーで遊んでたし」

セミラミス「ふん、ならば見せてもらおうか?」



令呪

セミラミス「がっ、おごっ、ひぎっ!?」

ズパンッ! ズパンッ!

セミラミス「ぐ、ぁ、ゴボッ!?」ビチャビチャビチャ

ぐだ男「あらら、あれじゃあスプリガンの貫通式オナホだなぁ……じゃあ次」ピ

セミラミス「はぁ……はぁ……んぐッ!?」

ぐだ男「新鮮な海魔はどうかなぁ?」

ニュルニュルニュル

セミラミス「な、ぁっ、やめ、んっ」

セミラミス「ひゃ、あ、ふ、ん、ふぐぅ!?」

プシャァァァァ

ぐだ男「おーおー、気持ちよさそうだなぁ」

ぐだ男「もっと増やしてあげよう」ピ

ぐだ男「結局激しめなのが好きなのかな?」

ぐだ男「まあセミラミスの好みを見つけられたし、喜んでいるならおもてなしでいいよね」

セミラミス「ふぎっ、お゛っ、ほごっ、ぐひっ!?」

ドチュッドチュッドチュッ

ぐだ男「それにしても魔猪がお気に入りとは、中々乙だ」

セミラミス「がッ、ひっ!? おおっ!? ぎぁ!?」

ドチュッドチュッドチュッ

ぐだ男「さてと、じゃあごゆっくり、っと」



サーヴァント

バニヤン「メルシー、マスター」

ぐだ男「あれ、バニヤン」

ぐだ男「どうかした?」

バニヤン「ううん、少し顔を見たくて……」

バニヤン「忙しかった……?」

ぐだ男「いいや、大丈夫だよ」

バニヤン「本当? 良かった」



令呪

バニヤン「ん……ふふ、くすぐったい……」

ぐだ男「いつも助けてもらってるから、お返しに綺麗にしてあげよう」

ぐだ男「ほーら、両手上げてー」ワシャワシャ

バニヤン「……はい……ふふふっ、くすぐったいよぉ……っ」

ぐだ男「ほら、逃げちゃだめだよ」ワシャワシャ

バニヤン「ん、ふ、ふあ……んっ……!」

コシコシコシ

バニヤン「んっ、ふあ……や、んっ!」ビクビク

ぐだ男「ここがいいのかな?」

コシコシコシ

バニヤン「ま、マスター……出ちゃ……」

ぐだ男「シャワーで流してあげるから、大丈夫だよ」

バニヤン「ん、ふっ、ああ……」

ショォォォォ

バニヤン「はぁ……はぁ、はひ……はぁ……」

ぐだ男「ほら、もっと綺麗にしてあげよう」

バニヤン「も、もう……らめ……ひうぅ……っ!」



サーヴァント

ランサーアルトリア「マスター、最近は励んでいるようですね」

ぐだ男「まあね、備えあればって」

ランサーアルトリア「なるほど、良い考えだと思います」

ランサーアルトリア「ですが、時には休息をとるのも必要かと」

ぐだ男「よく言われるよ……じゃあ今日は部屋で休もうかな」



令呪

ランサーアルトリア「ん、な……ひぅ!?」

ランサーアルトリア「ふっ、ひぁ……くひぃっ!?」

ランサーアルトリア「ま、マスター……うあぁっ!?」

ぐだ男「錯覚だけで悶絶とは、中々強烈な触手に襲われてるのかな?」

ランサーアルトリア「あっ! ひ、んんっ!?」

ぐだ男「……そろそろ兜くらいは外してあげようかな」

ランサーアルトリア「はぁっ、はひっ、はぁっ! ま、ます……ひぁぁぁ!?」

ランサーアルトリア「ひっ、あぁぁぁ!?」

プッシャァァァァ

ランサーアルトリア「はぁーッ……はぁっ、はっ……はぁ……!」

ぐだ男「大洪水だね……そろそろ外してあげよう」

ガチャガチャ

ぐだ男「むせ返るくらい濃厚だ……おーい」

ランサーアルトリア「………………」ショォォォ

ぐだ男「あらら、気絶してる……」



サーヴァント

フラン「…………ウー……」

ぐだ男「あれ、なんだいフラン」

フラン「……ウゥ」

フラン「アウ……アアゥ……」

フラン「……あそ、びに」

ぐだ男「なるほどね、じゃああそぼっか」

フラン「……ヤァ……!」



令呪

ぐだ男「ほーら、もっと力抜いてねー」

グリグリグリ

フラン「ァ、フグゥ……オゥゥ……」ゾクゾク

ぐだ男「息吐いてねぇー……お尻に集中してー」

グポグポグポ

フラン「フッ、フゥッ! ウギィ……ッ!?」ビクビク

ぐだ男「一気に抜くからねー……一二の……それっ」

ヌポポポポポ

フラン「オ゛グッ!? フグゥゥゥッ!?」

チョロチョロチョロ

フラン「フッ、フゥッ、フゥ……フゥ、フー、フー……!」

フラン「オッ、ホォッ! オ゛ォッ!?」

ぐだ男「お尻は肛門じゃなくて腸で締めるんだよ」パコパコパコ

ぐだ男「……うんうん、上手い上手い」パコパコパコ

フラン「ウゥッ、フウッ、ンンゥゥ!?」

ビュルルルルルルルルル

フラン「ゥー……フゥ、ウアゥ……」

ぐだ男「よしよし、じゃあ次呼ぶまでアナニーしといてね」ヌポン

フラン「………………わか、た……ウウウ……」



サーヴァント

茨木童子「汝、最近酒呑に何かしたか?」

ぐだ男「……その心は?」

茨木童子「どうにもいつもの落ち着きがない」

ぐだ男「……………………ああ」

ぐだ男「いやぁ、思い当たる節はないなぁ、ごめんね」

茨木童子「そうか……ならばよい」



令呪

茨木童子「ッッッ!?」プシャァァァ

茨木童子「な、っ、ひ……は?」カクカク

ぐだ男「大洪水だね、よしよし」クチュクチュクチュ

茨木童子「や、やめっ、なんだっ、これっ、ふひゃぁぁ!?」

ぐだ男「元々くすぐったがりなのかな?」

ぐだ男「なんだかこうも簡単に感じてくれると嬉しいよ」クチュクチュクチュ

茨木童子「ひっ、ほぉっ!? ひゃめっ、ふひっ、んにゃぁぁっ!?」プシッ、プシュッ

ぐだ男「うんうん、こんなに濡れてたら挿れてもいいよね」

ボロンッ

茨木童子「ま、まへ……い、いま、そんにゃ……凶悪なの……」

ぐだ男「まあまあ、習うより慣れろだよ」

茨木童子「意味が……んひぃぁぁぁぁっ!?」

ぐだ男「あー、きゅうきゅう締めつけてくるね」パコパコパコ

ぐだ男「ずっとイってるからかな?」パコパコパコ

茨木童子「あっ、あひっ、ふぅっ!?」

ぐだ男「全身性感帯みたいになったし、色々楽しもっか」パコパコパコ

ぐだ男「とりあえず四発目、出すよ」パコパコパコ

茨木童子「やっ、ひゃめっ、ふぁぁぁっ!?」

ビュルルルルルルルルル

茨木童子「はぁー……ぁ゛ー……あー……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「じゃあ今度はバックで行こうねー」

茨木童子「や、ぁ、やめ…………ほぉぉぉおっ!?」



サーヴァント

アタランテ「最近はマシュ以外もここに来るそうだな」

ぐだ男「うん、呼んだり来たりね」

ぐだ男「ほら、みんなと仲良くしようと思ってさ」

アタランテ「ほお、では私を呼んだのはそういう訳か?」

ぐだ男「うん、親睦を深めようと思ってね」

ぐだ男「とりあえず適当に寛いで、お茶淹れてあげる」



令呪

アルテミス「あんっ、ふと、ひぃんっ!?」

ビュルルルルルルルルル

アルテミス「はっ、はっ、ふふ……今度はアタランテちゃんの番ね」

アタランテ「な、待っ、アルテミス様っ!?」

ぐだ男「まあまあ、満更でもないんでしょ? 金リンゴくれたんだし」

アタランテ「あっ、あれは……その……と、とにかくこれは認めないっ!」

ぐだ男「……アルテミス! ジャッジ!」

アルテミス「オッケー!」

アタランテ「な、んひゃぁぁっ!?」

ぐだ男「うおっ、キツ……幼女並みだ……」

アタランテ「ぅ、やぁ、動くな……んにゃぁ!?」

ぐだ男「あー、名器名器、吸いつくねぇ」パコパコパコ

アタランテ「にゃっ、ひやっ、んひっ、ふひゅ、ふぁぁぁっ!?」

ビュルルルルルルルルル

アルテミス「ん、んー……はふ……タプタプよぉ……こんなに出すなんてぇ」ゴポポッ

アタランテ「ひゅっ、はひゅ……おほぉ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「お疲れさま、マングリ返し解除していいよー」

アルテミス「はー、疲れちゃった、腰抜けて動けなーい」

アタランテ「……ん、んん……ぅあ……」カクン

ぐだ男「……動けないなら使っちゃおっと、綺麗にしてもらおうかな」

ぐだ男「アタランテに」

アタランテ「ふえ……んむぅ!?」

アルテミス「あーあ、可哀そー」

アタランテ「んむっ!? ごっ、じゅぶ!? むごぉ!?」

ぐだ男「あー、口マンコもチュウチュウ吸っていい感じだなぁ」

ぐだ男「ほらほら、アルテミスも応援してるよー」

アタランテ「んもっ、じゅぶっ、ちゅ、んもぉ!?」

ビュルルルルルルル

アルテミス「ふふふ、偉い偉い、全部飲めたわねー」



サーヴァント

BB「はーい、グレートデビル系後輩、BBちゃんがむさ苦しいセンパイの部屋に来ましたよー」

ぐだ男「そんなにかなぁ? 結構質素だと思うけど」

BB「なんですか? 口答えですか?」

BB「メルトちゃんに告げ口してもいいんですけどー?」

ぐだ男「メルトは許してくれるよ、蹴り一発で」

BB「あれ、止めないんですか?」

ぐだ男「俺はデアデビル系センパイだからね」

ぐだ男「ヤンデレと悪とテロには屈しないつもりだよ」

BB「……いや、お痛したのはそっちでは?」



令呪

BB「く、くぅ……んっ……なんて鬼畜なぁ……」

腕「」ワキワキ

BB「やればいいんでしょう!」バッ

ビュォォ

BB「んひゃぁぁぁぁ!?」ビクンビクン

BB「ふっ、ふひ……こ、これは流石に……BBちゃんでも…………あ」

腕「」ドゴーン

BB「きゃぁぁぁ!?」

BB「ほっ、おほぉ……」

ぐだ男「AP尽きるまでお疲れー」

ぐだ男「辛勝とはいえ流石だねー」

BB「おほっ、ほひ……」ジョォォォォ

ぐだ男「あらら、っと……粗相しちゃったか……」

ぐだ男「まあ、慣れてるしいいけどさ……お仕置きけってーい」

BB「そ、んにゃぁ……ゆ、ゆるひて……」



サーヴァント

ジャガーマン「あれは 誰だ 誰だ 誰だ」

ジャガーマン「あれは ジャガー ジャガーマン ジャガーマン!」

ぐだ男「…………ええっと……」

ジャガーマン「淫交マスター! 悪行はジャガーの耳に入ってる!」

ぐだ男「あれ嘘だよ」

ジャガーマン「……なにぃ?」

ジャガーマン「……むむぅ、ならばグレートデスクローを当てなくていいか」

ぐだ男「それ宝具だよね、当てる気だったの?」



令呪

アイマスだったから許す

ぐだ男&ジャガー→イシュタルってこと?

ぐだ男「ジャガー、これは淫交じゃなくてお仕置きなんだ」パコパコパコ

ぐだ男「俺だって心苦しいし、ましてや楽しんでる訳じゃない」パコパコパコ

ジャガーマン「なるほど……」パコパコパコ

ぐだ男「イシュタルにも反省して欲しくて辛く当たっているんだ……ボールギャグまで噛ませてね」パコパコパコ

ジャガーマン「……なるほど?」

ぐだ男「だからジャガーもそのままお尻の穴ペニパンで犯してね、イシュタルのためにも!」

イシュタル「ふぐっ、ふぐぅっ!?」

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「あー、アナル感じてきたのかな?」パコパコパコ

イシュタル「ふぐっ、ほっ、ほごぉっ!?」

ぐだ男「記念撮影でもしようかな、せっかくだし」パコパコパコ

イシュタル「ふっ、ほぐぅ!?」

ジャガーマン「む、締め付けが……」

ぐだ男「お、じゃあイくのかな? こっちも!」パコパコパコ

イシュタル「んぐぅぅぅぅっ!?」

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「ふう……ありがとうねジャガー、君のおかげで捗ったよ」

ジャガーマン「ふっ、ふっ、ふー……またジャガーの手を借りたくなったら来なさい……」ドヤァ

イシュタル「ふっ、ふぐ……ふごぉ……」ピクピク



サーヴァント

刑部姫「……マーちゃんって割とオープンだよね」

ぐだ男「なにが?」モミモミ

刑部姫「ほら、んっ、4Pから割とさ……清姫とのボディタッチ多くなったし」

ぐだ男「いやほら、抵抗されなかったし、してないし」

ぐだ男「和姦かなって」

刑部姫「姫は別にね、疲れないんならそれでいいけど……」

ぐだ男「なるほど、わかったよ」



令呪

刑部姫「は、はぁいみんなぁ……今日はいつもの放送じゃなくてぇ」

刑部姫「マーちゃんがゲストに来てまぁす」

ぐだ男「今日はオッキー特訓回です」

ぐだ男「24時間耐久セックス、気絶するたびヤバげな媚薬投薬します」

刑部姫「……は、はぁい……姫、頑張っちゃうぞー」

刑部姫「じゃ、じゃマーちゃ……んひっ!?」

ぐだ男「あー、いつも通りトロフワだねぇ、抱きがいある身体だ」パコパコパコ

刑部姫「あ゛っ、あぁっ、あひっ、あぁっ!?」

刑部姫「おっ、ほぉっ!?」ジョボジョボジョボ

刑部姫「あ゛ー……ぁっ、おほぉ……」

ぐだ男「はーい、4回目の気絶でーす、それじゃあコメント拾うんでオッキーにしたい事……おお?」

ぐだ男「えー、『アナルバイブ』『媚薬三倍』『鼻フック』これが多いかな?」

ぐだ男「それじゃあ鼻フックだけしてと……」カチャカチャ

ぐだ男「オッキー、起きてー」ブスッ

刑部姫「ぉぉぉぉおおおっ!?!?」

刑部姫「だめ、らみぇ!? これっ、ごわれっ!?」

ぐだ男「ほらほら、壊れてもいいけど、気絶したら次はもっと過激だよー?」パコパコパコ

刑部姫「ほひっ! おほっ、ほぉぉぉおっ!?」

ぐだ男「膣痙攣とアナルバイブでいつもよりキツキツだね、もっとアヘって良いよ」パコパコパコ

刑部姫「ひっ、あへっ、へぇぇっ! ずきっ、マーちゃんちんぽぉっ! 好きぃっ!」

ぐだ男「いえーい、ラブラブ中出しするよー」

ビュルルルルルルルルル

刑部姫「んにょぉぉぉっ!?」プシャァァァ

刑部姫「ほっ、おひょ……ほへぇぇ……」ゴポポッ、ゴピュッ

ぐだ男「はーい、今日はここまでー、お疲れ様ー」



サーヴァント

玉藻「マスター、最近遊んでいられるようですねぇ」

ぐだ男「うん、案外好かれてるみたいだね」

ぐだ男「勿論俺もみんなのこと好きだよ」

玉藻「……そういうことではないんです」

ぐだ男「…………」

ぐだ男「玉藻のことも好きだよ」

玉藻「そういうことではないんです」


令呪

玉藻「もう、おっぱい好きですねぇ」

玉藻「ほーら、ぱふぱふ……ん? 挿れたいですか?」

スリスリスリ

玉藻「仕方ありませんねぇ……ん、んぅ……」パフパフ

玉藻「相変わらず、凶悪ですねぇ……動きますよ?」

パンッパンッパンッ

玉藻「ほーらほら、ぱふぱふ、ぱふぱふっ」パフパフ

玉藻「ん、んぅ……ふあ……」パフパフ

ビュルルルルルルルルル

ぐだ男「んー、上手い上手い」ナデナデ

ぐだ男「パイフェラ上手だねー」

玉藻「んぼっ、んむっ、じゅぽっ!」グポグポグポ

玉藻「ぷはっ……はぁ……大き過ぎ、ますよぉ」ムニュムニュ

ぐだ男「ふーん……じゃあフェラはいいや」キュウッ

玉藻「ひにゃぁ!?」

ぐだ男「乳首いじるから、そのままパイズリしていいよぉ」コリコリ

玉藻「ん、ひぁっ、ふひゃぁぁ!?」

ビュルルルルルルルルル

玉藻「ん、んんぅ……髪まで、かかったじゃないですかぁ」

ぐだ男「ごめんごめん、あとでシャワーで流してあげるよ」クリクリ



サーヴァント

水着スカサハ 「水練とはな、珍しい」

ぐだ男「全身運動だし、週2くらいで行ってるよ? それに師匠はあんまりプールの方は来ないからじゃないかな?」

水着スカサハ 「ほお、では私も見てやろうか?」

ぐだ男「……ははは、スパルタなんだろうなぁ……」

水着スカサハ 「無論な、それとも儂の鍛錬について来れん柔な鍛え方をしているのか?」

ぐだ男「……よし、じゃあ次からよろしく」



令呪

水着スカサハ 「ほれほれ、この程度か?」シコシコシコ

水着スカサハ 「出せるだろう? ははっ」シコシコシコ

ビュルルルルルルルルル

水着スカサハ 「ふふ……流石だな……」

水着スカサハ 「三発目でこれか、惚れ惚れするな……だがっ」

水着スカサハ 「ほらほらっ、早く勃たさんか!」シコシコシコ

ぐだ男「うっ、師匠、待っ……」

水着スカサハ 「ほら、吐き出せっ!」ギュゥッ

ビュルルルルルルルルル

ビュッ、ビュビュッ

水着スカサハ 「ん、れる……もう出んな……」

水着スカサハ 「また溜まり、鍛錬して欲しくば呼べ」

水着スカサハ 「影の国の女王の手練手管を味あわせてやろう」

ぐだ男「はぁ……キッツ…………」

水着スカサハ 「まあ今は休め……年甲斐もなくはしゃいでしまった」

水着スカサハ 「それにしても、髪はすっかり精液まみれだ……湯を借りるぞ」



サーヴァント

ぐだ男「やあジャック」

ぐだ男「誰かから誘われたりしたのかな?」

ジャック「うん、ナーサリーとサンタリリィから」

ぐだ男「そっか、あとでご褒美あげよう」

ぐだ男「その前にまず、ジャックにお菓子をあげよう」

ジャック「わーい、ありがとうおかあさん」



令呪

ジャック「ァァッ!? おかあさ、んひゃぁぁっ!?」

チョロチョロチョロ

ジャック「やらっ、やぁっ、あひっ!?」ビクンビクン

ぐだ男「……悪趣味なの作ったなぁ」

ジャック「ひつ、ぁあっ、んひっ、ひゃぁぁ!?」

ぐだ男「こりゃあパコるよりは効率的かもなぁ」

ぐだ男「……まあ俺はやりたくないけど」

ジャック「あっ、ほぉっ、んひゃぁ、ひっ、ひぁぁぁああ!?」

ガションガション、ウィィィィ、ヴヴヴヴヴヴ

ぐだ男「うわお、こんな風に動いてたのか……」

ぐだ男「ダヴィンチちゃんめ、女の子をなんだと思ってるんだ」

ぐだ男「……あ、確認したから元に戻すね」

ジャック「やっ、まってっ、もうイきたくな……ッッッ!?」

ぐだ男「あのローションみたいなのが媚薬にもなってるのかなぁ……いやぁ、男としての自信をなくすよ」

ジャック「イぐっ、イっ、ひへっ、んひ、ふひゃぁぁ!?」



サーヴァント

ぐだ男「この前借りたのって普段使いしてんの?」

ダヴィンチ「ん? ああ、その為に作ったんだし」

ぐだ男「……ほんと変態だよね」

ぐだ男「結構尊敬するよ」

ダヴィンチ「ふふん、まあね!」

ダヴィンチ「最近は特異点も少ないし切羽詰まる事態もない」

ダヴィンチ「オモチャを作って遊ぶくらいの自由を謳歌してるんだ」

ぐだ男「なるほどね」



令呪

ぐだ男「ほらっ」ピシィッ

ダヴィンチ「んんんんっ!?」

ぐだ男「どうかな、ダヴィンチちゃん」

ダヴィンチ「はぁ、はぁ……結構、キツい……」

ぐだ男「そっか、パラケル印は痛みの快楽化効果は薄いのかな」

ダヴィンチ「な、なんで媚薬の実験に……付き合うことに……」

ぐだ男「ほら、せっかく暇だし効果を見たかったんだよ」

ぐだ男「他にもまだまだあるから、塗り薬も飲み薬も、頑張ろうね」ヌリヌリ

ダヴィンチ「くぅ……私も興味あるから抵抗しにくいなぁ!」

ぐだ男「お黙り!」ピシィッ

ダヴィンチ「ひゃぁぁ!?」

チョロチョロチョロ

ぐだ男「ふむ、スカサハ印のは結構強烈なのかな?」

ぐだ男「キルケー印のは飲み薬か……ほーらダヴィンチちゃん」

ダヴィンチ「ん、んん……はぁ……はぁ……」

ダヴィンチ「んひゃぁぁぁっ!?」プッシャァァァァ

ぐだ男「うお、凄い効き目だ」

ぐだ男「副作用も無いみたいだし……んん?」

ダヴィンチ「へぇ、はへ……ふひぃ……ひぃ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「……ダヴィンチちゃん、自分に合うよう配合したでしょ……」

ぐだ男「そうなると他のも自分用じゃあないだろうな……」

ぐだ男「……まあとにかく下ろしてあげよう」



サーヴァント

カーミラ「それで、何の用?」

ぐだ男「仲良くしたいなって思ってね」

カーミラ「それなら……」

ぐだ男「エリちゃんじゃなくて、カーミラが良いんだよ」

カーミラ「……ふん、あらそう」

カーミラ「好きにすれば良いわ、ただしつまらなかったら帰るけれど」

ぐだ男「分かったよ、とりあえずお茶でも……」



令呪

エリザベート「ちゅぽっ、んむっ、ちゅっ……ぷはっ、どう小鹿?」

ぐだ男「んー……そうだなぁ」ナデナデ

カーミラ「ん……れる……ちゅぷっ……んむっ」ジュポジュポ

ぐだ男「積極的なエリザベートかな?」

エリザベート「ふふっ、当然よねえ!」

ぐだ男「というわけで……あ、カーミラはそのまま玉舐めね」

エリザベート「私は?」グイッ

エリザベート「んもぉっ!?」

ぐだ男「精子と、あとご褒美セックスだよ」

ビュルルルルルルルルル

エリザベート「んむっ、ごきゅっ、むぶぅっ!?」

カーミラ「なによっ、これ……んんっ!?」ヴヴヴヴヴヴ

ぐだ男「ダヴィンチ印の放置装置……イけないかんじがグッドでしょ?」パコパコパコ

エリザベート「おっ、ひぁっ、やぁっ!?」

ぐだ男「尻尾もツノもあるからバックから犯しやすいよねぇ、エリザって」パコパコパコ

エリザベート「ぁっ、ほぉおっ、んひゃぁぁぁっ!?」

ビュルルルルルルルルル

エリザベート「あっ……ほへ……んひっ……」ゴポポッ

ぐだ男「じゃあカーミラ、エリザの舐めて綺麗にしてあげてねー」

カーミラ「…………ん、れる……ちゅぅっ、むっ、れろ……」



サーヴァント

水着玉藻「また他の女の子に手を出したそうですねぇ」

水着玉藻「見境ないこれ、潰しちゃいましょうか?」グリグリ

ぐだ男「いやほら、令呪使っても抵抗できるはずじゃん?」

ぐだ男「そもそも縛る効力なんて無いに等しいんだし」

水着玉藻「…………つまり?」

ぐだ男「弾かれてないってことは合意じゃん?」

水着玉藻「一夫多妻去勢拳!」

ぐだ男「バリツ!」



令呪

尻パラソル見たことないんだけどどんな体勢なるの?

金太狼の画像マジマジと見るハメになるとは思わなかったわ
悪いけど許可もらったし下にずらす

今後金太狼禁止な

水着玉藻「あっ、ひあっ、ふああああっ!?」

ぐだ男「ほら、もっと締めないと」パコパコパコ

水着玉藻「ま、まっひぇ、やぁぁ!?」

ぐだ男「玉藻が頑張らないと他の娘にも手を出しちゃいそうだなぁ」パコパコパコ

水着玉藻「そん、にゃぁっ、ん、ひぅ、ふあああっ!?」

ぐだ男「出すよ……っ」

水着玉藻「ひっ、ふあ、んひゃぁぁぁぁ!?」

ビュルルルルルルルルル

水着玉藻「んもっ、む、んぽっ」ジュポジュポ

水着玉藻「ぷは……はい、お掃除しました」

ぐだ男「偉い偉い、それじゃあ次は……」

水着玉藻「良妻賢母など大言壮語でした、玉藻はおちんぽ大好き発情狐でした」スリスリ

水着玉藻「いっぱいハメてアヘアヘにしてください」スリスリ

ぐだ男「はは、いつもの態度も良いけど偶にはこういうのも良いね」ペチンペチン

水着玉藻「んっ、ひゃう……も、もっと虐めてください……」

ぐだ男「また今度ね」ナデナデ



サーヴァント

三蔵「はぁい、修行見に来たよ」

ぐだ男「……あー……ちょっとサボってたかも」

三蔵「ぎゃてぇ!? あれだけ言ったのに!」

ぐだ男「いやほら、スポーツしてて……」

三蔵「スポーツゥ? 部屋の中で?」

ぐだ男「筋トレとか……あとは最近部屋にサーヴァント呼んで二人っきりでとか」

三蔵「ふーん……じゃあ今日は私としましょ!」



令呪

三蔵「は、ひゃぁ!? なにっ、これぇ……!」グチュグチュグチュ

三蔵「手、止まん、なひぃ……!」グチュグチュグチュ

三蔵「切ない、よぉ……っ!」グチュグチュ

ぐだ男「大丈夫、三蔵ちゃん」ニヤニヤ

三蔵「みな、いれぇ……んにゃぁ!?」グチュグチュグチュ

三蔵「ひゃぁぁぁ!?」プッシャァァァァ

三蔵「あぅっ、やぁっ、うごいちゃ……ひぁ!?」

ぐだ男「熱々のトロトロだね、三蔵ちゃん」パコパコパコ

ぐだ男「ほら、全然話してくんないよ?」パコパコパコ

三蔵「やぁっ、いわ、ないれぇ!」

ぐだ男「ほら、顔隠さないで」パコパコパコ

三蔵「はっ、はひっ、うぁっ、んん!」

ぐだ男「……キスしようか、三蔵ちゃん」パコパコパコ

三蔵「へ……んむっ、ん……ん……ちゅ……む、ふぁ……」

ビュルルルルルル

三蔵「はぁー……はぁー……はぁー……」

ぐだ男「気持ちよかったよ、三蔵ちゃん」ヌポン

三蔵「うぅ……意地悪……」




サーヴァント

武則天「……今日はあの猫はいないな……」キョロキョロ

ぐだ男「まあね、ご飯あげちゃったし」

武則天「ならよい! にゅふふふふ」

武則天「もてなすがよいぞ!」

ぐだ男「……じゃあお茶でも淹れようかな、緑茶でいい?」

武則天「マズかったら拷問じゃぞ!」

ぐだ男「任せて、それなりに評価は得ているから」



令呪

ぐだ男「こくみつらしょけー」ドポポポポポ

武則天「不遜過ぎてびっくりするー!?」

武則天「なにいれておるんじゃぁ!?」

ぐだ男「え…………まあまあ、直ちに健康に影響は無いよ」

ぐだ男「媚薬の欲張りセット」

武則天「影響出るわぁ!」

ぐだ男「いやほら、この後も海魔版しょけーも待ってるから」

武則天「影響出るに、んにゃぁぁぁ!?」

武則天「ほっ、おほぉ!?」

ニュルニュルニュル

武則天「やべっ、やめっ、んほぉぉっ!?」

プシャァァァァ

武則天「へぇっ、はへぇ……!」チョロチョロチョロ

ぐだ男「流石ジル印の触手は活きが良いなぁ、アビーのは恥ずかしがり屋だからかじり始めるんだよなー」

ニュルニュルニュル

武則天「ほひっ、にゃっ、んひゃぁぁ!?」

武則天「た、たしゅけっ、ひっ、ひあぁぁぁ!?」




サーヴァント

ステンノ「ふぅん……特に面白くはないわね」

ぐだ男「……手厳しいなぁ」

ステンノ「妹から聞いてるよりもね……それとも、まだ何かあるのかしら?」

ステンノ「ふふ、待ってあげても良いわよ?」

ぐだ男「じゃあ、その間お菓子でも……」

ステンノ「あら気が利いてるのね」モグモグ



令呪

ボテるまでは行けるんだけど……業が浅くて済まん!出産はキツイ!変更かマイルドにしてくれると助かる!

ステンノ「んっ、ひゃうっ!? んひゃぁ!?」

ぐだ男「おお、感動だ、同じ締め付けっ!」パコパコパコ

ぐだ男「受け取ってねステンノ、今回は特別製だからっ!」パコパコパコ

ステンノ「あっ、ひゃっ、んんっ!?」

ステンノ「やらっ、なかっ、ださないでっ!?」

ビュルルルルルルルルル

ステンノ「んひゃぁぁぁっ!?」

ステンノ「……なっ、んひぃっ!? なにっ、これっ!?」

ぐだ男「もう受精したのかー、流石だなぁ」

ステンノ「ひぎっ!? あっ、うまれっ!?」

ニュルニュルニュル

ぐだ男「内側からグチョグチョにしてくれる肉バイブだよ」

ぐだ男「出所は内緒だけど教えてもらったんだ」

ステンノ「あぎっ!? やっ、子宮っ!? ひろげら、ひぎぃぃっ!?」

ニュルニュルニュル

ぐだ男「寿命は短いらしいし、自由に楽しんでね」




サーヴァント

マシュ「先輩、起きてください」

ぐだ男「ふぁ……久しぶりだなぁ、起こされるの」

マシュ「最近はこの部屋に居ませんでしたからね」

マシュ「……もしかして不摂生な生活を送っていたんですか?」

マシュ「夜更かしなどはいけませんよ」

ぐだ男「あー……ごめん、夜更かしはした」

マシュ「むむ、いけませんよ先輩、平和になったとは言え」



令呪

ぐだ男「ほらほら、頑張って」

ジャンヌオルタ「この……あとで、覚えて……んひゃぁぁぁっ!?」

マシュ「んんっ!? オ、オルタさん……動かないで……ひぅっ!?」

ぐだ男「動き悪いなぁ……ディルドのスイッチ押すよ?」カチッ

マシュ「ひゃぁぁ!?」ヴヴヴヴヴヴ

ジャンヌオルタ「なっ、うっ、んんんっ!?」ヴヴヴヴヴヴ

ぐだ男「はは、ほらほら、10回イった方はトイレだよ?」

ぐだ男「ほら、ちゃんと狙ってあげるんだよ?」

ぐだ男「ジャンヌオルタも大きく口開けてスタンバイしてくれているんだし」

ジャンヌオルタ「……ほほえて、なはいよ……っ」

マシュ「ご、ごめんなさい……ん、ふああ……っ」ショォォォォォ

ジャンヌオルタ「んごっ、ごっ、ぐぷっ、んぶっ」

マシュ「やっ、とまら、んんんっ」ショォォォォォ

ジャンヌオルタ「がぼっ、んっ、ごぼっ……ゲホッ、ゲホッ!」

ぐだ男「いやぁ、なかなか出したねぇ」

ぐだ男「ジャンヌオルタもお疲れ様」

マシュ全然エロく書けねー!
悪いけどマシュ禁止!苦手!


愚痴終わり!

サーヴァント

デオンちゃんをホモ扱いしないと怒られる団体に怒られちゃうので却下!

ニトクリス「最近緩み過ぎている様ですね」

ぐだ男「……マシュから聞いた?」

ニトクリス「ええ、お目付役も」

ニトクリス「さぁ! 種火と修練、宝物庫に行きますよ!」

ぐだ男「はは、オッケー行こうか」



令呪

ニトクリス「こ、こんにゃぁっ、ふけっ、ふけひぃ……!」ガクガク

ぐだ男「ほらほら、お目付け役なんでしょ」

ニトクリス「ふひゃぁぁぁ……!」ガクガク

ぐだ男「……よし、このままカルデアマラソンだ」ダッダッダ

ニトクリス「や、やめっ、ふひっ!? おひゃぁぁぁ!?」

ダッダッダッダ

ニトクリス「はっ、はひっ……はぁぁぁぁ……」ジワァァ

ぐだ男「そのパンツ? グチョグチョだね」

ニトクリス「はへぇ……へひぃ……」バタン

ぐだ男「結構見られちゃったよね? ほら、ファラオは軒並み見てたんじゃないかな?」

ニトクリス「はひっ、ひゃめ……ひゃめぇ……」

ぐだ男「……ああ、俺が見てるのもキツイのか、ごめんごめん」



サーヴァント

ヒロインX「セイバー!」ドガッ!

ぐだ男「いないよ」

ヒロインX「……なんだ……失礼しました」スチャ

ヒロインX「そう言えばこの部屋に呼ばれていましたね、何の用です?」

ぐだ男「いやほら、少しくらい息抜きと言うか、ガス抜きと言うか?」

ぐだ男「触れ合う機会も無かったしさ」

ヒロインX「……なるほど、では少しここに居させてもらいましょうか」



令呪

ヒロインX「あっ、やぁっ、ひゃめぇ!?」

ぐだ男「うっわ、ギュウギュウに締め付けてくんじゃん……!」パコパコパコ

ヒロインX「ああっ、ひああっ!? 見、みる、にゃぁ!?」

ぐだ男「見られて締め付けるとか、すっごいエッチなんだね」パコパコパコ

ぐだ男「もっと抱き着いてよ、ほらっ!」パコパコパコ

ヒロインX「ひっ、あ、ふかっ、ひぃっ!?」

ビュルルルルルルル

ヒロインX「はへっ!? へひっ、おひょぉ!?」

ぐだ男「うわ、これはほかのセイバーには見せられないなぁ……」パコパコパコ

ヒロインX「いわ、ない、れぇ……ひぐぅっ!?」

ヒロインX「はげひっ!? らめっ、たしゅけっ! んひゃぁぁ!?」

ビュルルルルルルル

ヒロインX「は、はへっ……はひぃ……はぁ、はぁっ」ジョボジョボジョボ

ぐだ男「うわぁ、すっご……すっごい感じたんだなぁ……」ヌポンッ



サーヴァント

ケツァルコアトル「はぁい! マスター!」

ケツァルコアトル「今フリーだって聞きましたー」

ぐだ男「いや、マイルームをランダムにしてるだけで何かをフリーにした覚えはないよ」

ケツァルコアトル「……んー、そうですかー」

ケツァルコアトル「それはそれとして、お姉さんが今日は部屋にいますよー」

ケツァルコアトル「お世話はまっかせてくださーい!」

ぐだ男「え? それは楽しみだなぁ……でもどうしよう」



令呪

ぐだ男「ぁー……極楽極楽」

ケツァルコアトル「お背中流しますかー?」

ぐだ男「後でね……ふうー……骨身にしみる……」モミモミ

ぐだ男「運動後の風呂はいいなぁ」モミモミ

ケツァルコアトル「お姉さんビックリしちゃいました、まさかあんなに激しく動くなんて……」

ケツァルコアトル「それに、マスターの……とても大きかったですよ?」

ぐだ男「……ああうん、ルチャの話しね」

ケツァルコアトル「うう……ま、マスター……?」

ぐだ男「んー?」ショリショリ

ケツァルコアトル「そ、そんなに、気になりましたか?」

ぐだ男「いやほら、ノーパンなんだしここも見えちゃう時はあるじゃん?」

ぐだ男「こっちの方が好きだし、あと意識するでしょ?」

ケツァルコアトル「も、もうっ、意地悪すぎまーす!」

ぐだ男「でもほら、可愛いよ?」

ケツァルコアトル「う……も、もういいでーす……好きにしてくださーい」



サーヴァント

ぐだ男「前のは違うんだ」

ぐだ男「ノッブにヒロインxへのお仕置きは何がいいかって聞いたら、嵌められたんだよ」

水着ネロ「うむ、まあ気にするな! 余もハレムは築いたことはあるからな!」

水着ネロ「まあ確かにそなたは嫉妬を買うかもしれんがな」

ぐだ男「よし……じゃあオルタ辺りにも伝えといてね」

水着ネロ「先の説明をか? うむ、余に任せるが良いぞ!」ドヤァ



令呪

水着ネロ「ふむ、この棒を使って踊るのか……うむ! では見るがよい新宿のモヒカン達!」

水着ネロ「たぁっ!」

水着ネロ「とぉっ!」

ぐだ男(ネロ! ネロ! 掛け声はもっとエッチに!)

水着ネロ「む? むむ、分かったぞ……」

ぐだ男(あと水着もエッチに脱いでいって!)

水着ネロ「うむ! 任せておけ!」スルスル

水着ネロ「湧き上がるがよい!」パサッ

水着ネロ「あんっ、んひゃぁぁ……!?」

水着ネロ「み、見られてる、のだぞ……? そんにゃ、はげひ……!?」

ぐだ男「見られてるのに締めつけてんの、ネロの方だよ?」パコパコパコ

水着ネロ「うぅ、そんな、意地悪、をぉ……っ!」

水着ネロ「はひっ、はへっ! んひゃぁ!?」

ぐだ男「ほら、皆に中出しされるところ見てもらおうよ!」パコパコパコ

水着ネロ「はっ、んんっ、んひ、ふひゃぁぁ!?」

ビュルルルルル

水着ネロ「はぁ……はぁっ……はひ……み、皆の者……きょ、今日はここまでだ……」



サーヴァント

ジャンヌ「お早うございます、マスター」

ぐだ男「…………ビックリした」

ぐだ男「寝起きに悪い美人が多いんだよなぁ……まったく」

ジャンヌ「び、美人……もう! からかわないでください!」

ぐだ男「んじゃあ、朝ご飯でも食べに行こうかな」

ぐだ男「ジャンヌも行こうか」

ジャンヌ「ええ、そうしましょうか」



令呪

(擬似妊娠でいいかなー?)

ジャンヌ「ま、マスッ、タァ!?」

ぐだ男「洪水みたいに濡れてんじゃん、感じてるの?」パコパコパコ

ぐだ男「それにしても、ダヴィンチちゃん製の精力剤は強力だなぁ、孕んでるみたいに膨らんじゃってんじゃん」パコパコパコ

ジャンヌ「こんな、ところでっ!」

ぐだ男「こんなところで感じてるのはジャンヌだよ?」パコパコパコ

ぐだ男「ほら、まだ出すよっ!」

ビュルルルルルル

ジャンヌ「ふ、ぁぁ……も、もう……ゆるひて、ください……」

ぐだ男「そんなこと言って、何回イったのかな?」

ジャンヌ「もっと、もっひょくらはいっ!」

ぐだ男「ははっ、脚回して離してくれないから止められないよ」パコパコパコ

ぐだ男「ほんとスケベだよねジャンヌって!」パコパコパコ

ジャンヌ「おほっ、ほぉぉ!?」プッシャァァ

ぐだ男「うわ、潮また吹いたね? どんだけ感じてんのさ!」パコパコパコ

ぐだ男「じゃあ、出すよッ!」

ビュルルルルルル

ジャンヌ「はへっ、へひ……はぁーっ……はぁーっ……」

ぐだ男「ふー……スッキリした」ヌポン

ジャンヌ「あへ……はぁ……はへぇ……」ゴボボボボッ、ビュポッ

ぐだ男「はは、逆流するくらい出しちゃったね」



サーヴァント

アイリ「……マ、マスター? 今いいかしら?」

ぐだ男「ん? ああ、どうぞー」

アイリ「最近お呼ばれしていなかったから、ふふ……」

ぐだ男「あーまぁ、いろんなサーヴァントと触れ合っていこうとしてるからね」

アイリ「じゃあ、お邪魔だったかしら?」

ぐだ男「…………んー? そんな事は無いよ」

ぐだ男「特にほら、アイリさんが望むならさ、俺は好きなだけ構っちゃうし」

アイリ「そ、そう? 嬉しいわ」



令呪

寝取られこの形式だと難しいんで悪いけど再安価
もっと書く形式ならいけるんだけど不公平だし以降全部4つ5つレスすんのもキツイからね、すまん

令呪

アイリ「ふ、二人共……よぉく、みてね……」

アイリ「ここが、膣で……赤ちゃんを産むところ」グパァ

アイリ「ここにね? 男の人……の、おチンポを、ジュポジュポってこすって……濃ぉい子種を、子宮にパンパンになるまで流すの」

アイリ「ほらみて……マスターの、すっごく大きいでしょう? 子宮まで、届いちゃうの」コスコス

イリヤ「…………う、わぁ……」ドキドキ

クロエ「ほ、ほんとに、するの?」

アイリ「……ええ……見、見てて、ね?」

ぐだ男「それっ」ズヌポポポ

アイリ「っひ、あっ、はひっ、ひぁ……ぁ……ふふ……い、一気に、奥まで……イ、っちゃたぁ……」プシュッ

イリヤ「だ、大丈夫?」

ぐだ男「大丈夫大丈夫、悦んでる顔だからこれ」パコパコパコ

アイリ「おほっ、ほぉぉっ!?」

アイリ「まっへっ! イってりゅっ、イってるのぉっ!」

ぐだ男「よく見ててねぇ、そろそろまたイかせるからっ!」パコパコパコ

アイリ「あっ、ああっ、あ゛はぁっ!?」

ビュルルルルルルル

アイリ「んひゃぁぁぁっ!?」ジョボジョボジョボ

クロエ「わっ……!? すっごい顔……」

ぐだ男「……ふう、まあ今日はここまで、帰っていいよ」



サーヴァント

アビゲイル「……ま、マスターさん?」コソコソ

ぐだ男「ん、なにかな?」

アビゲイル「きょ、今日はあなたのお部屋に行ってもいいかしら……」

ぐだ男「うん、まだ誰も来てないしいいよ」ナデナデ

アビゲイル「ほんとう? ふふ、ありがとう」



令呪

アビゲイル「こ、これで、いいの?」シュッシュッシュッ

ぐだ男「うん、もう少し強く握ってもいいよ」

アビゲイル「え、ええ……こうかしら」シコシコシコ

ぐだ男「そうそう、上手だね」ナデナデ

ぐだ男「そのままお願いね、アビー」

アビゲイル「ええ、任せてマスターさん」シコシコシコ

ビュルルルルルル

アビゲイル「ふふふ……十回目ね?」

アビゲイル「手も、顔も、身体も、髪も……マスターさんので染められちゃった……」

アビゲイル「凄い、臭い……」

ぐだ男「頑張ったねアビー、ありがと」ナデナデ

アビゲイル「喜んでくれたら、嬉しいわ……」



サーヴァント

マタハリ「マスター、この前は酷い目に合わせてくれたわねぇ?」

マタハリ「もう! するんだったらそう言ってくれないと困るわ」

ぐだ男「その方が良いんだよ」

ぐだ男「まあ、今回は違うプレイでね……」

マタハリ「もう……今度はどんなことされるのかしら……」



令呪

マタハリ「ふふ、どうかしら?」

ぐだ男「谷間酒は最高だね、マタハリくらいが一番飲みやすいよ」

ぐだ男「まあ普通の水だけど、なんだかいつもより美味しいよ」

マタハリ「ふふ、ありがとう」

ぐだ男「次はデザートでいこうか、生クリームとかは食堂でもらったんだ」

マタハリ「はぁい、どうぞマスター」

マタハリ「ふふ、可愛い下着ね……」

ぐだ男「どこから食べようかなぁ? ぐっへっへ」

ぐだ男「乳首のイチゴいただきまーす」モグモグ

マタハリ「ん、んんッ……もっと食べても良いのよ?」

ぐだ男「分かった分かった、欲しがりだなぁ」

ペロペロペロペロ

マタハリ「ぁんっ、ひゃぁ……ひぁぁ!?」



サーヴァント

ぐだ男「……ふぁ……ぁぁ……」ゴソゴソ

清姫「ぁんっ」ビクン

ぐだ男「…………清姫か……じゃあ、今日は清姫マイルームね」モゾモゾ

清姫「ま、ます、たぁ……んん」

ぐだ男「…………あーあ、ベッドからでようかなぁ……」

清姫「あっ、はぁっ、あはぁ……っ」

ぐだ男「…………オナってないで出ておいで―」

清姫「はっ!? い、いつのまに……!?」



令呪

ぐだ男「ほらほら、鏡に向かってシコシコしてみなよ」パコパコパコ

清姫「はひぃぃッ!? ちゅのッ、角、つにょすごひぃぃ!?」シコシコシコ

ぐだ男「いいなぁ、二本もあるんだからさぁ」パコパコパコ

清姫「ふひぃぃ!? い゛、イひぃぃ!?」シコシコシコ

ぐだ男「……この体勢脇も胸も見れて最高だなぁ、最高ついでに」パコパコパコ

スポッ

清姫「は、はひぇ……?」

ぐだ男「オナホで頭バカにしてあげよう」パコパコパコ

清姫「あ゛ぁー……らめっ、らめれひゅっ」ガクガク

清姫「しょんにゃ、シコシコッ、したらぁ……バカに、なりまひゅぅ……!」

ぐだ男「扱く度に締めつける清姫の方が悪いでしょ?」パコパコパコ

ぐだ男「ほら、角コキでイってごめんなさいは?」パコパコパコ

清姫「ご、ごめんッ、にゃさっ!? 角チンポれぇイっへ、ごめんな……んひょぉぉ!?」プッシャァァ

清姫「あ゛ぁー……はあ゛ぁー……ほ、あへぇ……」ジョボジョボジョボ



サーヴァント

ぐだ男「春画取引を黒髭から持ち掛けられたね?」

北斎「おう、〆切キッツいんだ」

ぐだ男「……ありがとう、これがお礼だ」ゴトッ

ぐだ男「海魔の墨を利用した墨汁だ」

北斎「はっはっは、話しただけで珍品をもらえるなんて、儲けもんだ」



令呪

北斎「お、おまえ、さッ、ひぁぁ!?」ヌポヌポヌポ

ぐだ男(お父さん結構鬼畜だ……絵になるならいいんだろうか)

北斎「だ、だめっ、駄目だ、これっ、死ぬぅ!?」ニュポニュポニュポ

ぐだ男「ほらほら、自分の触手に負けちゃだめだよー」

北斎「ひゃ、んひい゛ぃ!? あああぁぁっ!?」ニュルニュルニュル

ぐだ男「そろそろお尻も行ってみようか」

ヌゾゾゾゾッッ

北斎「ああ゛ァァああ゛あぁ!?」プシャァァァァ

北斎「お゛ほっ、おぇぇっ!?」ニュゾゾゾゾ

ぐだ男「あ、出てる出てる、口から出ちゃってるよ」

ニュルルルル

北斎「あ゛ー……はぁ゛ー……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「ん? こういうのも好きなのかな?」

ぐだ男「まあでも今日はここまでね、死んじゃうから」



サーヴァント

シバ「えー、また無料タイムで終わりですか?」

シバ「延長するならもっとモフモフしても良いんですよ?」

ぐだ男「うーん、確かに毎回無料ですませるのも失礼かな」

ぐだ男「ようし、QPいくらから始めようかな」

シバ「きゃー! 太っ腹です! 素敵!」



令呪

シバ「さ、しゃんわり、引きひまふ……ッ!」

ぐだ男「聞こえないなぁ」グチュグチュグチュ

シバ「あ、はひゃぁぁ!? ま、まっへ! イってりゅ、かりゃぁ!?」プッシャァァァァ

シバ「あ゛、あっへぇぇ……も、もぅ……ぅ゛ああぁぁ!?」

ぐだ男「いやぁ、高いQP払ったからさぁ、しっかり解さないとねぇ」グチュグチュグチュ

シバ「は、半額ッ!? 八割引きでッ、んひゃぁぁぁぁ!?」チョロチョロチョロ

ぐだ男「もう一声、もう一声欲しいなぁ?」グチュグチュグチュ

シバ「タダッ! ただでいいかりゃっ、ハメハメひてくらひゃい!」

シバ「ひゃへぇぇ!? あ゛、あ゛っへぇ!?」

シバ「タダマンッ! タダなのにィ、イっひゃぅぅ!?」

ぐだ男「あー……熱々トロトロ、腰止まんないなぁ」パコパコパコ

ぐだ男「こりゃ金とれるよ……っと!」パコパコパコ

ビュルルルルルル

シバ「んにゃぁぁぁぁ!?」

シバ「あっ、あへっ、あへぇ…………」チョロチョロチョロ

ぐだ男「ふぅ……あー、やっぱりお金を介入しない種付けはいいね」



サーヴァント

頼光「あらあら、本日は私ですか?」

ぐだ男「うん、よろしくね」

頼光「ふふ、ええ」

頼光「では午後はどうしますか? 修練でも行きましょうか?」

ぐだ男「そうだね、そろそろ行こうかな」



令呪

頼光「ふふ……早く来てください……」クパァ

頼光「あなたの魔羅で、私を犯してください」

ぐだ男「うんうん、頼光の望み通り子作りしてお母さんにしてあげるね?」ボロンッ

頼光「ッ! は、早くっ、私を抱いてください……っ」

ぐだ男「わかったよ、可愛がってあげるね」

ニュプププッ

頼光「はぁっ、はっ、ひあああっ!?」

ぐだ男「じゃ、動くよ?」パコパコパコ

頼光「はうっ、んんんっ、んんぁぁっ!?」

頼光「こん、なっ、えぐっ、てぇっ!?」

頼光「お、お待ちをっ! やっ、ああっ!? イ、っくぅ!?」

ビュルルルルルルル

頼光「はっ、はへっ、はあああ……! こんな、激し……」

ぐだ男「休まないで締めといてねぇ、またまだやるよー」パコパコパコ

頼光「んはぁぁあっ!?」

ぐだ男「ん、そこそこ、よく舐めてね」ナデナデ

頼光「ん、んむ、れる……」ジュポジュポ

ぐだ男「……そろそろ出すよ?」

頼光「んぽっ、ちゅっ、んもっ、んんんっ!」

ビュルルルルルルル

頼光「ふふ……上手くできましたか? っけぷ」

ぐだ男「うんうん、ありがとうね」ナデナデ



サーヴァント

パールヴァティー「今日は、今日は私ですよ」

ぐだ男「パールヴァティーか、よろしくね」

ぐだ男「これからちょっと散歩でもしようかなって思ってたんだ」

パールヴァティー「そうですか? では一緒に行きましょう」

ぐだ男「うん、そうだね……色々お喋りとかしてさ」



令呪

出してもいいけどエスカレートしたら怖いんでなしね
悪いけどカバーしきれなくなるのは不公平だし、一律マスター出演とかはなして


再安価

ジャック「おかあさっ、ひあっ、んひゃぁぁぁっ!?」

ぐだ男「あー、前回のマシーンのおかげでキツマンもちょうどいい締め付けになったなぁ」パコパコパコ

ぐだ男「これはきっと女神にも気に入ってもらえるよね」パコパコパコ

パールヴァティー「ひぎっ、おへっ、ほぉぉぉおっ!?」

ガッショガッショガッショ

ぐだ男「掘削中みたいだし、その間ジャックのロリ穴使おっと」パコパコパコ

ジャック「らめっ、おかぁさ、ひゃひぃっ!?」

ぐだ男「ほら、デカケツこっちに向けなよ」ペシペシ

パールヴァティー「は、はひ……っ」

ぐだ男「んじゃあジャックちゃんに授乳してあげてね、俺は勝手に動くからっ」パコパコパコ

パールヴァティー「ひっ、ひゃぁっ、んひゃっ!?」

ジャック「ん、んむ、んんんつ」チュパチュパ

ぐだ男「ほらほら、もっと締めないと!」パチィンッ

パールヴァティー「ひゃぁぁ!? うっ、ふぅっ、ふひっ、はひぃぃっ!?」

ビュルルルルルルル

ぐだ男「ふぅ……んじゃあ今度はスパンキングしながらケツ穴抉ってこうか、ジャックちゃんはパールヴァティーにおっぱい舐めさせてあげて」パコパコパコ



サーヴァント

モードレッド「この前なんかやったんだって?」

ぐだ男「……あー……あの時いなかったね、サーフィンでもしてた?」

モードレッド「はんっ、ここもこの部屋も退屈だからな!」

ぐだ男「ははは、じゃあモードレッドが飽きないよう俺なりにもてなすよ」

ぐだ男「いろんな王が喜んだもてなしだよ」

モードレッド「ふっ、オレは反逆の騎士だぞ? 王並みじゃあ満足しねえかもなぁ」



令呪

ぐだ男「いっちにーさんしー、にーにーさんしー!」

モードレッド「あつ、あ゛ぁぁぁぁっ!?」ガクガクガク

チョロロロロロ

モードレッド「ふ、ふぅぅっ! の、やろ……んひぃ゛!?」

ぐだ男「いいペースでイってるね! さすがは王!」カキカキ

ぐだ男「これで20回目! 雑魚マンコはチョロいねぇ」

モードレッド「あたり、めえ、だ……このっ!」

ぐだ男「はーいいっちにーさんしー、にーにーさんしー!」

モードレッド「おひょぉぉぉっ!?」

ぐだ男「40回おめでとー、俺もようやく五発目だよ」

モードレッド「はぁ、はへっ、はぁーっ、はへぇーっ……」ガクガクガク

ぐだ男「流石だね、槍に貫かれた経験は違うよ……ギチギチだけどね」

ぐだ男「……ま、準備運動はここまでね」

モードレッド「へ……ひ…………ひぎぃぃっ!?」

ぐだ男「いちにさんしっ、にーにさんしっ、さんにさんしっ、よんにさんしっ!」

モードレッド「まっ、まへっ!? じぬ?っ!? じぬぅっ!?」パコパコパコ

ぐだ男「なまっちょろいと後が怖いからねー、しょうがないしょうがない」

ビュルルルルルルル

ぐだ男「ふう……その調子その調子!」



サーヴァント

ぐだ男(……布団の中に違和感…………)

ぐだ男(数的に1人……小柄、薄着……)

静謐「マスター」ヒョコッ

ぐだ男「はは、やっぱりね……おはよう静謐」ナデナデ

静謐「ふふ……おはようございます、マスター」テレテレ



令呪

静謐「ふぐ、ふ、くぅ……ぅぅっ」ギュルギュルギュル

ぐだ男「ほら、ピースピース」

静謐「うぐぅ……ぴ、ピース……」ギュルギュルギュル

ぐだ男「脱糞する時はちゃんとさっき教えたセリフ言うんだよー?」

静謐「は、ひ……ぃ……」ギュルギュルギュル

静謐「……せ、静謐のハサンは……ウンチひりだしてイきますっ」ギュルギュルギュル

静謐「これからもっ、静謐のウンチ穴……イジメて……あっ、ひゃぁ!?」

ブブブッ、ブリュリュリュリュリュリュッッ

静謐「はへぇーっ……はへっ、へひっ……」ガクガク

静謐「あっ、ふっ、あはぁっ!?」

ぐだ男「はぁー……高品質の直腸だねー」パコパコパコ

ぐだ男「ヌットヌトのトロトロっ、どっちが性器かわかんなくなるよ!」パコパコパコ

静謐「あへっ、おほっ、ごめんなざいっ! エッチな身体でっ、はひぃぃっ!?」

ビュルルルルルルル

ぐだ男「……よしよし、ちゃんと飲み込めたね……今度は精液浣腸だからね?」

静謐「う、嬉しいです……はへ……ふ……んんん」ショォォォォォ



サーヴァント

ブレエリ「ふふん、今日も最高だったわね!」

ブレエリ「そう思うでしょ? アナタも!」

ぐだ男「うんうん、マジサイコー」スポッ

ブレエリ「……耳から何を出したの?」

ぐだ男「…………え? なんのことかな?」ポイッ

ぐだ男「何にも持ってないよー」

ブレエリ「あらほんと」



令呪

ぐだ男「ダメだよエリちゃん、輪モロする鎧なんてダメだからね」コリコリコリ

ぐだ男「俺はね、エリザの為に言ってるんだ」コリコリコリ

ブレエリ「わ、わかっひゃからぁ……んひゃうっ!?」

ぐだ男「ほらほら。下も緩めだしさぁ」グチュグチュグチュ

ぐだ男「エッチな鎧なんてとっちゃおうか」スルスル

ブレエリ「や、やぁっ、とっちゃダメェ……」

ぐだ男「さて、じゃあ指摘も終わったし……今度はお仕置きだね、エッチな格好してた分ね」

ブレエリ「やぁっ、だめぇ……やめっ、ひああ……っ」

ぐだ男「カパカパのビキニアーマーなんて着られないようにしてあげるねぇ」コリコリコリ

ぐだ男「擦れるたびにイくようにしてあげよう」コリコリコリ

キュゥゥゥッ

ブレエリ「ひぎっ!? つ、つぶれっ、はひゃぁ!?」チョロチョロチョロ

ブレエリ「わかっひゃからぁ! さ、サイズあわせ」

ぐだ男「ダメに決まってるでしょうが!」ギュゥゥッ!

ブレエリ「ひきゃぁぁぁ!?」ブシャァァァ



サーヴァント

アタランテ「…………汝……他の女の匂いがするぞ……」

ぐだ男「……それはさっきまでマシュとアルテミスがいたからだよ」

ぐだ男「やだなぁ、この部屋は待ち合わせ場所から暇つぶし場所なんだから、いろんな人が来るんだよ」

アタランテ「……む……そうか……早とちりだったな……すまない」

ぐだ男「……ふーん? 嫉妬しちゃったのかな? 可愛いなぁ」ナデナデ

アタランテ「な、そんな……わけではない、勘違いするな……」プイッ



令呪

ごめんちょっと難しいかも
男鯖誰にしていいかわからないし、ぐだ男を中心に書いていくスタイルだからその辺頼む

再安価

令呪の方を再安価ね

ぐだ男「よっと……はい、力抜いてねー」ズヌヌヌヌッ

アタランテ「はっ、はぁ……っ! くぅ、んっ」

ぐだ男「キツめだったかな? まあアタランテなら大丈夫!」ペチペチ

ぐだ男「お尻の薬はキツめの媚薬だから、すぐになれるよ」

アタランテ「はぁっ、はっ、はへっ、はへぇっ」

ぐだ男「……雌犬みたいに盛り始めたね、可愛いなぁ」ナデナデ

アタランテ「はへっ、はっ、はひゃあ……」ガクガク、ピクピク

ゴドンッ、ヴヴヴヴヴヴ

ぐだ男「うわぁ、ポッカリ開いちゃったねぇ」

アタランテ「はっ、はひっ、おほぉぉ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「結構汗だくだし、このままシャワーで綺麗にしてあげよう……よっこいしょ」



サーヴァント

スカサハ 「溜め込んでいるか?」

ぐだ男「うん、満足できるくらいにはね……!」

ぐだ男「男子3日会わざれば、という所を師匠に見てもらいたい!」

スカサハ 「ふ、そのいきや善し!」

スカサハ 「では見せてみろ!」



令呪

スカサハ 「ふっ、またっ、イくのか……?」

スカサハ 「情けっ、なっ、い……」

ぐだ男「甘イきしてるの師匠の方だけどね」パコパコパコ

ぐだ男「自分がイったとき俺の方がイったって認識なのかな?」パコパコパコ

スカサハ 「ふっ、ん、はぁ……っ、盛大に、イったな」プッシャァァァァ

スカサハ 「ふ、これがっ、影の国、のぉっ!? じょうっ、おぉぉっ!?」ゾクゾクゾクッ

ぐだ男「あ、弱点発見……いやぁさすが師匠、アクメしながらも君臨するとはなぁ」パコパコパコ

ぐだ男「中出しと一緒に誤認識解除してあげよう」パコパコパコ

スカサハ 「まだ、まら扱いて…………なっ!? これ、はひぃぃっ!?」

ビュルルルルルルル

ぐだ男「流石に無意識状態だと、師匠もイっちゃうんですね!」パコパコパコ

スカサハ 「まっ、待っ!? くぅ、はぐっ、んんぅっ!?」

ぐだ男「弱点開発したんで、ちょっと楽しんで見てください」パコパコパコ

ぐだ男「ふぅー……辛勝かな」パコパコパコ

ぐだ男「序盤で有利に進めて、そのまま逃げ切れた」パコパコパコ

ぐだ男「どうかな師匠、今回の俺の点数は」パコパコパコ

スカサハ 「やめっ、やめへっ! まけっ、わらひのまけらっ!」

スカサハ 「やすまっ、へぁあっ!?」

ぐだ男「反撃が怖いからこのままGスポット開発しますねー、オナニーする時もここ意識してください!」パコパコパコ

スカサハ 「はっ、はひっ、わかっひゃっ、お、おまえにょかちらからぁ! んひゃぁぁっ!?」

ぐだ男「んじゃあ、今から勝ち負けなしって事ですね!」パコパコパコ

スカサハ 「ちがっ、はひっ、んひょぉぉぉっ!? しぎゅうっ、つぶ、ひぁぁぁああ!?」

ビュルルルルルルル




サーヴァント

キアラ「最近、お盛んだと聞きました」

キアラ「なんでも、女性を取っ替え引っ替え……無理矢理に」

ぐだ男「……まあ無理矢理かも知れないね」

ぐだ男「まあでも抵抗されてないし、カルデアの令呪は縛る役目は少ないしね」

キアラ「なるほど、それは道理かもしれませんね?」

キアラ「マスターと言えど人、英霊が抵抗できぬわけありません……それに、抵抗しないのは気があるから、ですね?」

ぐだ男「……キアラさんはどうする?」

キアラ「…………ふふ、試してみますか……?」

ぐだ男「……怖いなぁ……一筋縄では行きそうにない……」



令呪

キアラ「はっ、んんっ、これ、はっ」ビクビク

キアラ「ん、はうっ、んんんっ……!」ガクガク

ぐだ男「いくらキアラさんでも、条件付けでイったことはないでしょ?」モミモミ

キアラ「は、はいんっ、こんな、簡易にっ、一方的っ、なのはっ」

キアラ「流石にっ、んんっ、初めてっ、ひゃぁっ!?」

ぐだ男「下手に突っ込むよりは、俺も体力減らないし、キアラさんは普通に楽しんでいいよ」モミモミ、コリコリ

キアラ「あっ、はぁぁっ! はひっ、んんんっ!?」

キアラ「ん、はうっ、はっ、んふっ」ゾクゾクゾクッ

キアラ「なる、ほど……短時間のみ、というのが、惜しいです……」

ぐだ男「ん? もう切れた?」モミモミ

キアラ「はい……んっ……とても、気持ち良い時間でした……んっ」

ぐだ男「そっか、割と他のサーヴァントならキツめのペースだったんだけどね」モミモミ

ぐだ男「んじゃあ、俺も手を離すよ」

キアラ「……ふう……心無しか、軽くなったような気がします」

ぐだ男「あー、リンパ系辺りかな? まあ半日揉んでたらそこら辺も改善できたのかな」

キアラ「ふふふ、ではまた、よろしくお願いしますね?」



サーヴァント

ナイチンゲール「……どうかしましたか?」

ぐだ男「いや、黒い方のランサーアルトリアと最近は一緒じゃないのかなって」

ナイチンゲール「…………そうですね、何故でしょう」

ぐだ男「治ったのかな」

ナイチンゲール「……ならばよいのですが、今度経過を聴いてみます」



令呪

ナイチンゲール「ふぅーっ、ふぅーっ、ふぅー……!」

ぐだ男「精液取るためにコンドームつけてるけど、遅漏気味になって楽しめるなぁ」

ぐだ男「それにこのツブツブ、婦長ってばお気に入りかな?」ヌリュリュッ

ぐだ男「おーおー、出てる出てる……婦長何回イった?」

婦長「……浅いところで、3回……深いところで5回……子宮口で9回です……」

ぐだ男「そっか、まだまだ精子絞りお願いね?」

ナイチンゲール「お゛っ、ほぉっ!? ほぉぉっ!?」

ぐだ男「密着する体位だと雑魚マンコになるんだねっ、触れてるところが多いからかなっ?」パコパコパコ

ぐだ男「とりあえずコンドームこれで、終わりだからっ!」パコパコパコ

ビュルルルルルルル

ナイチンゲール「ふぎっ、ほごっ、おっ、はへ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「使用済みは……婦長処理しといてー」

ナイチンゲール「は、い……わかり、まひ……ふあ、んんんっ」プシャァァァ



サーヴァント

カーミラ「また、今度はあのふざけた格好の方に手を出したらしいわね」

ぐだ男「エリちゃんのこと? ふざけた格好……は、結構してると思うけどね」

カーミラ「……ふん……」

カーミラ「それで、今度は何をさせる気なの?」

カーミラ「さっさと済ませてちょうだい」



令呪

ぐだ男「この辺りにね、リンパがあるんだよー」モミモミ

ぐだ男「この時代だと結構流行り始めてるマッサージなんだ、全然エロくないよ」モミモミ

カーミラ「ふっ、んんっ、ぁ……っ!」ビクビク

ぐだ男「胸も重要だけど、ここもね、お尻、重要だよ」ガシッ、ムニュムニュ

ぐだ男「中もね、ここ大事なゾーンだから念入りにね……」グチュグチュ

カーミラ「んひゃ!? ひ、あぁっ、んんっ!?」

ぐだ男「ほら、口開けて?」

カーミラ「え……んむっ!? ん、れるっ、ちゅ……む、んぷ……ぷはぁ……はぁ……」

ぐだ男「はい、準備運動終りねいれるよー」

カーミラ「はうっ、はっ、んんんっ!?」

カーミラ「だ、めっ、そこっ、抉っちゃっ、いやぁっ!?」

ぐだ男「んー、肉づきが違うと結構感触変わるなぁっ」パコパコパコ

ぐだ男「おっと……えーっと、この辺ほぐすといいんだよー」パコパコパコ

カーミラ「まっ、まってっ、ふぐっ、くぅぅん!?」

ぐだ男「体位もね、猫の背伸びっていって、ヨガなんだけど」パコパコパコ

ぐだ男「それにバストマッサージも加えてね、内側から健康!」パコパコパコ

カーミラ「ほっ、おほぉぉ!? イぐっ、イくイくイくイひぃっ!?」

ビュルルルルルルル

ぐだ男「ふぅ……えー、オイルも奥まで塗る、これをあと2セットくらいやるとブラッドバス10回分の美容効果があるから」



サーヴァント

アルトリアリリィ「なるほど、アレはマスターの地域の作法なのですか」

ぐだ男「一般的じゃないから驚かせちゃったかもね」

アルトリアリリィ「……は、はい……」

ぐだ男「まああの後もヒロインXは元気だし、懲りてないみたいだけど」



令呪

アルトリアリリィ「はぁ……はぁ……ま、マスター……」

ぐだ男「これは特訓だから、気を失わないようにね」

ドゴォッ!

アルトリアリリィ「―――ッッッ!?!?!?」

アルトリアリリィ「ひぎゃぁぁぁ!?」プシャァァァ

アルトリアリリィ「あっ! おお゛おお゛っ!? ほぉぉぉぉぉ!?!?」ジョロロロロロ

アルトリアリリィ「えひっ!? おっ、ほごぉっ、おほぉぉ!?」

ぐだ男「ふぅー……疲れた」

アルトリアリリィ「おほぉ……ぉ、ほ……ぁ゛ぁ……」

ぐだ男「鼻血出るくらい強烈だったね、お疲れ」ポンポン

ぐだ男「この感覚忘れないでね、次はもっと激しめにやるから」

ぐだ男「……着衣のままはキツかったかな? スカートグシャグシャに濡れちゃったね?」



サーヴァント

水着清姫「マスター?」

ぐだ男「ん、お、今日はその格好なんだ、可愛いね」

水着清姫「っ、ありがとうございます!」

ぐだ男「特に露出がいい感じだね、清姫らしいよ」ナデナデ

水着清姫「ふふ……嬉しいです……」テレテレ



令呪

水着清姫「あはっ、あははははっ!?」

水着清姫「ひゃめっ、やめっ、んふふふふ!?」

水着清姫「いきっ、がっ、あははは!? できなっ、あらっ、んはははっ!?」

ぐだ男「そーれそれそれそれ」コショコショコショ

水着清姫「あははは!? きゃはははは!? ひっ、ひぃっ、しぬっ、しんでっ、しまいます!?」

ぐだ男「死にはしないよー……多分ね」コショコショコショ

水着清姫「あひゃひゃひゃひゃっ!? ひっ、ひぃっ!?」

水着清姫「あはっ、ひっ、いひひひひひっ!?」

ジョロロロロロ

ぐだ男「顔は知るだらけで、下もぐしょぐしょだね、可愛いなぁ」コショコショコショ

水着清姫「たひゅっ、たしゅけへっ、んひゃひゃひゃひゃ!?」

水着清姫「やらっ、んふふっ、んんん、しぬっ、しんひゃいまひゅっ!?」

ぐだ男「まだまだ楽しもうねー」コショコショコショ



令呪

ミス、サーヴァントで

イシュタルで行きます

イシュタル「ねえ、なにしてるの?」

ぐだ男「ん? 掃除」

イシュタル「ふーん? 何かこぼしたの?」

ぐだ男「うん、もうちょっとで終わるから」

イシュタル「あっそう、早くしなさいよー、女神を待たせるなんてありえないのよ?」



令呪

ぐだ男「金勘定にはやっぱりソフトが使えるなら使ったほうがいいんだよねー、この機会に覚えといてねー」

イシュタル「んんっ!? んひゃぁぁぁっ!?」

ヴヴヴヴヴヴ、ガコンガコンガコン

ぐだ男「外まで聞こえるピストン音、凄いなぁ」

ヴヴヴヴヴヴ、ヴヴヴヴヴヴ

イシュタル「フグゥゥゥッ!? あ、うぁぁっ!?」

ガコンガコンガコン、ガコンガコンガコン

ぐだ男「特にお尻のは太そうだなぁ、大変だ」

イシュタル「あへ……あへぇ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「なんたる、なんたることだ……」

ぐだ男「ダヴィンチ印のハードピストン装置が……オーバーヒートで爆発するなんて……」

……プスプス……

ぐだ男「くそう! ここまでなのか!」

イシュタル「……ぁ……あひ……」



サーヴァント

ぐだ男「暇だなあ……」

ジャンヌオルタ「……それで私を呼んだってわけ?」

ぐだ男「うん、暇つぶしにね」

ジャンヌオルタ「ふん、こっちだって忙しいのよ?」

ぐだ男「具体的には?」

ジャンヌオルタ「…………うるさい!」



令呪

ジャンヌオルタ「ふぎっ、おお゛ぁ!? んひゃぁぁ!?」

ぐだ男「あー、そろそろ出るよー」パコパコパコ

ジャンヌオルタ「ふごっ!? んにぃっ、ふっ、うぁぁ!?」

ぐだ男「子宮で全部受け止めてね、っと」

ジョボボボボボボボ

ジャンヌオルタ「お゛ぁ、ほぉ゛ぉ……あひ……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「そろそろ出るよ、飲んでね」

ジャンヌオルタ「んぼっ、ん、ぶむっ!?」ジュッポジュッポジュッポ

ジョボボボボボボボ

ジャンヌオルタ「ごぎゅっ、きゅっ、ごっ、んごっ……げぷ、こ、これで……いいで」

ぐだ男「そのまま抜くからもう一回しゃぶって」グイッ

ジャンヌオルタ「んぼぉ!? んっ、ちゅぼっ、おぐっ、んぶっ!?」ジュッポジュッポジュッポ

ジャンヌオルタ「やべっ、んぼ、えぶっ、んじゅっ、れるっ!?」ジュッポジュッポジュッポ

ビュルルルルルル、ヌポン

ジャンヌオルタ「お、おほ……おへ……うぇ……」



サーヴァント

ネロ「余だぞ!」

ぐだ男「ん、お早う」

ぐだ男「……ふぁ……んん、今日はどうしようかな、っと」

ネロ「食堂にゆくか? 余も行こう!」

ぐだ男「嬉しいな、一緒に食べれるなんて」



令呪

ネロ「ふぎっ、おっほぉぉ!?」

グッポグッポグッポ

ぐだ男「んー、二時間のジットリ調教でチンコじゃあガッバガバになってきたかなぁ?」

ぐだ男「えらいバイブも作ったものだなあダヴィンチちゃんってば」

グッポグッポグッポ

ぐだ男「誰が使う前提だったんだろ」

ネロ「おへ、へぇぇぇっ!?」

ネロ「ひゃめっ、ひゃ、んひょぉぉぉ!?」

ネロ「うぐぅっ!? はぁ……はぁ……も、もっと、奥に入れても良いのだぞ……?」

ぐだ男「自分でやっておいてあれだけど、中々えぐいなぁ」

ネロ「あ、あ、ああああっ! よ、よいぞ、ぉぉぉ!」

プッシャァァァァ

ぐだ男「フィストファックって本当にできるんだなぁ……」グッポグッポグッポ

ネロ「んひゃ!? ま、まへっ! 子宮をつかむ、んにゃぁぁぁ!?」




サーヴァント

ぐだ男「こたつ気に入った?」

アナスタシア「……はい……寒い事にはなれていますが……暖かい方がいいです」

ぐだ男「いやあ、技術系のサーヴァントが変な機能つける前に奪ってきてよかったよ」

ぐだ男「まず歩行させるか腕をつけるかで悩んでてよかった、直流交流で喧嘩してた時は本気で完成しないのかと不安になってたけど」

アナスタシア「それは……大変だったのね」

ぐだ男「まあ、俺も欲しかったし……」



令呪

ぐだ男「ふっふっふ、ほぉらペロペロしてごらん?」

アナスタシア「は、はい……ん、んむ……れる……ちゅっ」ペロペロ

アナスタシア「はふ、んん……んふ……んひ、ふあぁ……っ」ペロペロ

ぐだ男「はっはっは、皇女様ってばアイスで感じちゃうんだからぁ」

ぐだ男「ガンガンに冷房かけといたから、それに冷蔵庫から冷たいもの持ってきたから、楽しんでいこっか」

アナスタシア「……は、い……んんん……ふぁぁ……っ!」

アナスタシア「ふ、ふぐ……ひあぁ……っ!?」

ぐだ男「特性氷アナルパールはどうかなぁ?」ヌポン、ヌポン

ぐだ男「芯から冷やしてくれる優れものだよぉ」ヌポン、ヌポン

アナスタシア「ひ、あ、ぁぁぁ……!」

ぐだ男「保冷剤で蓋したローターも出力最大にしよっか、その方が楽しいし」カチッ

アナスタシア「ひゃ、ひゃめっ、んんひゃぁぁぁ!?」

ぐだ男「と同時に引っこ抜く!」

ヌポポポポポッ

アナスタシア「っきゃぁぁぁぁ!?」ゾクゾクゾクッッ

ぐだ男「……ふうう……指悴んできちゃったなぁ……」



サーヴァント

ぐだ男「あのさ、ジャンヌ・オルタ」

ジャンヌオルタ「なによ」

ぐだ男「この間結構ハードなことして、その前にもマシュとやったんだけど」

ぐだ男「そろそろここに呼ばれたり来たりしたらどうなるか分かってるよね?」

ぐだ男「いや、その気がないなら言って欲しいな……分かってるけど、今日は気分じゃないって感じなら」

ぐだ男「とりあえず令呪使うけど嫌なら出ていいよ?」

ジャンヌオルタ「…………っ、は、はやく、しなさいよ」

ぐだ男「オッケオッケー、令呪で無理矢理って建前で行こうか」



令呪

ジャンヌオルタ「ひっ、はひっ、ひゃぁ!?」

シコシコシコ

ぐだ男「お注射もあって大きくなって来たねぇ」

ぐだ男「このままコキ続けたら雌チンポできりゃうかもね?」

ジャンヌオルタ「も、もっひょ! もっとぉ!」

シコシコシコ

ぐだ男「なら、お薬ふやそっか?」プスッ

ジャンヌオルタ「んひょぉぉぉ!?」

ジャンヌオルタ「はぁ~……はぁ~っ……はひぃ……」

ビンビンッ

ぐだ男「……はは、細長いなぁ……」

シコシコシコ

ジャンヌオルタ「ひょ、ほひょぉぉ!?」

プッシャァァ

ぐだ男「よしよし、勃起させなければ大丈夫だからさ、呼んだらおったてながら来てね?」

ジャンヌオルタ「はへ……は、ひ……」



サーヴァント

メカエリ「…………どうかしましたか」

ぐだ男「穴はあるのかなって」

メカエリ「? ふん、そんなもの私の体にはありません」

メカエリ「完璧なボディですからね」

ぐだ男「あはは、そうだね」



令呪


メカエリ「く、くぅ……んっ……なんて鬼畜なんでしょう……」

腕「」ワキワキ

メカエリ「っ! やればいいんでしょう!」バッ

ドバババババ

メカエリ「んひゃぁぁぁぁ!?」ビクンビクン

メカエリ「ふっ、ふひ……わ、わたしが、この、ていどれぇ……」ガクガク

腕「」ドゴーン

メカエリ「きゃぁぁぁ!?」

メカエリ「このっ!」ビビビビビッ

メカエリ「んひゃぁぁぁっ!?」ゾクゾクゾクッ

メカエリ「ほっ、おほぉ……」 パチッ、パチパチッ

ぐだ男「AP尽きるまでお疲れー」

ぐだ男「流石にメカだと立ち直り早いねぇ」

メカエリ「と、とうじぇん、れすっ」

ぐだ男「お、そりゃあ頼もしい」

ぐだ男「んじゃあ宝物庫の方も行ってみよー!」

メカエリ「なっ!? まっ、まちなさっ!?」



サーヴァント

水着モードレッド「よお……この前のトレーニング覚えてるか?」

ぐだ男「……うん」

水着モードレッド「よく覚えてねぇんだけど、なんかあったか?」

ぐだ男「………………よくあるスクワットだったし、忘れても仕方ないんじゃない?」

水着モードレッド「ふーん、そんなもんか……」



令呪

ぐだ男「あー、小麦色の肌はいいよねぇ」パコパコパコ

水着モードレッド「てめっ、この……ふぐっ!?」

ぐだ男(弱点はもう予習済みだし、このままジャストフィットなオナホみたいに使っちゃおう)パコパコパコ

水着モードレッド「そこっ、ヒャメッ、んひゃぁ!?」

水着モードレッド「まじでっ、あとでっ、ぶっとばっ、んひぃっ!?」

ぐだ男(開発済みでよかった、このまま調教済みにしておくか)パコパコパコ

ビュルルルルルルル

水着モードレッド「ふひあああっ!?」

水着モードレッド「殴る……後で、本気で殴る、ぅぅぅっ!?」

パコパコパコ

ぐだ男「お尻突き出したまま言われてもねぇ」パコパコパコ

ぐだ男「それに、下の口は結構素直だよ? 子宮口だけど」パコパコパコ

水着モードレッド「ひぁっ、あっ、んへっ、あへぇぇぇっ!?」

ビュルルルルルルル

ぐだ男「……ふう……ま、操りやすくはなったかな?」



サーヴァント

クロエ「あ、マスターさんこんにち……」

ぐだ男「魔力注入!」

クロエ「なっ、ちょっ、なんで顔近づけるのー!?」

ぐだ男「はぁはぁっ、これはっ、魔力を上げるためだから! エッチな目的ではない!」

クロエ「お母さんとあんなことして今それじゃあ説得力ないわよ!」



令呪

アイリ「ひっ、あぁっ!? まっ、ひゃぁぁ!?」

ぐだ男「前のもあって抱き心地は最高だねー」パコパコパコ

アイリ「ま゛っへっ、こわれっ、んへぇあ!?」

ぐだ男「まあまあ、イリヤもクロエも見てるんだしさぁっ!」パコパコパコ

アイリ「はひっ、あ、あひぃっ!?」

ぐだ男「出す、よ!」

ビュルルルルルル

アイリ「ひ、ぁぁぁぁぁ!?」

ぐだ男「……っふうー……じゃ、次はクロとイリヤ同時にいこっか」

イリヤ「は、はい……」

クロエ「…………まったく……」

クロエ「やっ、ひゃめっ、んひぃっ!?」

ぐだ男「ほらほら、頑張らないとっ!」パコパコパコ

ぐだ男「イリヤに情けないところ見せちゃうよ?」パコパコパコ

イリヤ「く、クロォ……」ガクガク

クロエ「ひょんにゃっ、はへっ!? 奥っ、ゴリゴリっへぇ、イっちゃうからぁっ!」

ぐだ男「なら、そこ乗り越えないとねっ!」パコパコパコ

クロエ「んひっ!? ふと、くっ……なか、だめぇっ!?」

ビュルルルルルル

クロエ「はっ、はーっ……はへぇーっ……はひっ、はー、はー……」チョロチョロチョロ

ぐだ男「ふぅ……じゃあ次はイリヤだねー、アイリさん復活まで頑張ってね?」



サーヴァント

本は無理

再安価
サーヴァント

武蔵「いやー、腕を狩るのも飽きてきたねえ」

ぐだ男「まあねー……apも尽きたし今日はここまでね」

武蔵「おつかれー……ねっ、今日部屋お邪魔してもいい?」

ぐだ男「ん? ああ、いいよー」

ぐだ男「まだ決まってなかったし、昼食べた後おいで」

武蔵「了解、じゃあ腹ごしらえしちゃおっか」



令呪

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom