ノリスケ「カツオくーん、僕がおやつ食べたって^^?」 (24)

ノリスケ「カツオくーん、僕がおやつ食べたって^^?」

カツオ「え?」

ノリスケ「君、さっきノリスケおじさんがおやつ食べたって言わなかったかい^^?」

カツオ「僕はてっきりノリスケおじさんが勝手に家にあがりこんでまたつまみ食いしたのかと勘違いしたんだよ」

ノリスケ「でも、今回はサザエさんが君のおやつを食べたってことだったよねぇ^^?」

カツオ「う、うん」

ノリスケ「これはどういうことかなー^^?」

カツオ「ノリスケおじさん、どうしたの?なんか変だよ」

ノリスケ「変、だって?君は人に濡れ衣を着せておいてさらに変人呼ばわりかい^^?」

カツオ「そ、それは」

ノリスケ「カツオくーん、さっきも聞いたけど、どういうことかな^^?やってもいない人間を犯人扱いするのは^^」

カツオ「ごめんなさい、僕が悪かったよ」

ノリスケ「わかればいいんだよー、次からは気をつけることだね^^」

ノリスケ「で、まだ言うことがあるよね^^」

カツオ「え?」

ノリスケ「さっきの謝罪は僕を犯人扱いした謝罪だろう^^僕を変だと言ったことはどう申し開くつもりだい^^」

カツオ「だ、だってノリスケおじさんの様子がいつもと違うから」

ノリスケ「へー^^つまり僕が悪いっていうんだね^^」

カツオ「そうじゃないけど、いつものノリスケおじさんと違うよ、今日のノリスケおじさんは」

ノリスケ「いつもと違うからって人を変だなんて言っていいのかい^^君は礼儀がなってないなぁ^^」

カツオ「うっ、く、苦しいよ、ノリスケ、おじさん」

ノリスケ「礼儀を欠く子供には教育が必要だからね^^さぁ、大人を変だなんて侮辱したことを反省するんだ^^」

カツオ「ご、めん、なさい、だか、ら、首を、しめない、で」

ノリスケ「首を絞めないで、だってぇ^^?つまり君は助かりたいから言葉だけ謝ってるんじゃないのかい^^?」

カツオ「う、あ、あぁ」

ノリスケ「ほらほら、素直に心から謝らないからこうなるんだぞぉ^^」

ワカメ「ノリスケおじさん!なにやってるの!?」

ノリスケ「やぁ、ワカメちゃん^^聞いてよ、カツオ君ったら酷いんだから^^」

ワカメ「いいから、お兄ちゃんから手を離して!」

ノリスケ「そうだねぇ^^これで少しは懲りたろう^^」

ワカメ「どうして首なんか絞めてたのよ!」

ノリスケ「いやぁ、カツオ君ったら僕が変だって言うんだ^^失礼だろう^^だからきちんと謝りなさいって教育をしていたんだよ^^」

ノリスケ「カツオのケツマンコの味はどんなんだろうなー?うぉ!?ピンク色じゃないか」

ワカメ「そんな、お兄ちゃんは確かにそういうところもあるかもしれないけど、何もここまでやる必要ないじゃない!」

ノリスケ「ワカメちゃーん^^僕は傷ついたんだよー^^」

ワカメ「それは・・・」

ノリスケ「君は他人を傷つけた人を兄だからって庇うのかーい^^」

ワカメ「と、とにかく、お兄ちゃんは気絶しちゃってるから!」

ノリスケ「うん^^まぁ、この辺で許してあげるよ^^カツオ君にだって悪気はなかっただろうし^^」

ワカメ「お兄ちゃん!しっかりして!お兄ちゃん!!」

その夜

波平「なんだと、ノリスケがそんなことを」

カツオ「いいんだ、僕が悪いんだよ。おやつがないのは姉さんが食べたからなのにノリスケおじさんのせいにしたから」

波平「ばっかもん!そういう問題ではない!危うく大怪我をするところだったんだぞ!」

ワカメ「私が止めなかったらどうなっていたか・・・」

波平「ノリスケを呼べ、今すぐだ」

ノリスケ「なんですー、おじさーん^^こんな時間に^^」

波平「お前、カツオの首を絞めたそうだな?」

ノリスケ「えぇ^^絞めましたよー^^」

波平「ふざけるな!お前そんなことしていいと思っておるのか!」

ノリスケ「やだなぁ、おじさーん^^悪いのはカツオ君ですよ^^」

波平「確かにカツオにも悪い点はある。だがな、子供の首を絞めるなどもっての他だろう!」

ノリスケ「何言ってるんですかー^^元をたどればおじさんが悪いんですよー^^」

波平「なんだと?」

ノリスケ「そうですよぉ^^おじさんがカツオ君をきちんと教育していないからこうなったんじゃないですかー^^大人になめた口をきくから僕がおじさんに代わって教育してあげたんですよー^^」

波平「お前、ふざけておるのか!いくら教育のための体罰でもこれは犯罪だぞ!」

ノリスケ「犯罪でも結構ですよ^^カツオ君が真人間になってくれるなら僕は大人としておじさんの代わりに鬼になる覚悟ですよ^^」

海平「親族会議の結果により。ノリスケを処刑することが確定した。残念だけどノリスケ。お前は死ぬんだ」

波平「ノリスケ、お前、一体どうしたんだ・・・」

ノリスケ「どうって^^何がですー^^」

波平「確かに子供たちはお前に失礼な振る舞いをしてきた。間違いない。だが、お前には朗らかさというか、人から慕われる魅力があったろう」

ノリスケ「えぇ、自分でもそう思いますよ^^」

波平「なのに、今のお前はなんなんだ、なぜ、いきなり他人に厳しくなったんだ」

ノリスケ「それはカツオ君やワカメちゃんが原因ですよ^^僕は今までカツオ君やワカメちゃんに甘過ぎたと認識したんです^^」


波平「ノリスケ・・・」

ノリスケ「すいません、おじさーん^^僕の方も悪かったですよ^^さんざんなめられた態度をとられたのに怒らなかったんですからー^^」

波平「お前、一体何が・・・」

ノリスケ「やだなぁ、おじさんいつも言ってるじゃないですか^^厳しくしてあげることこそ愛情だって^^僕はその言葉に従ったまでですよ^^」

ノリスケ「ただいまー^^」

タイコ「おかえりなさい、おじ様からのお話ってなんだったの?」

ノリスケ「カツオ君への教育のことだったよ^^」

タイコ「カツオちゃんの?でも、どうしてあなたが?」

ノリスケ「今日、カツオ君を叱ったからねぇ^^それについておじさんから話があったんだよ^^」

タイコ「そうだったの」

ノリスケ「おじさんも歳だしマスオさんはああいう人だからね^^僕がしっかりしなきゃいけないって話してきたんだ^^」

タイコ「ならいいんだけど・・・」

イクラ「ハーイ!」

ノリスケ「おーよしよし^^イクラはかわいいなぁ^^」

翌日

カツオ「ただいまー」

ノリスケ「あ、カツオくーん、おかえりー^^」

カツオ「ノ、ノリスケ、おじ、さん・・・」

ノリスケ「イササカ先生の原稿がもらえなくってさー^^」

カツオ(ど、どうしよう、何か怖いよ・・・)

ノリスケ「どうしたんだーい^^」

カツオ「あ、あ・・・」

子供部屋に逃げ出すカツオ

ノリスケ「人の顔を見て逃げ出すなんてなってないなぁ^^」

追いかけるノリスケ

ノリスケ「おーい、カツオくーん^^」

カツオ「入らないで!」

ノリスケ「入らないで、だって^^君はやっぱり礼儀作法がなってないなぁ^^」

カツオ「や、やめてよ、入らないでったら」

ノリスケ「おいおい^^入らないで下さい、だろ^^?君はその年齢で敬語も使えないのかい^^参ったなぁ^^」

カツオ「や、やめ、やめて下さい!首を絞めないで!絞めないで下さい!」

ノリスケ「うーん^^君はさっききちんと挨拶をしなかったよねぇ^^」

カツオ「え・・・」

ノリスケ「何も君が憎くて首を絞めるんじゃないんだよ^^君のためにやってあげてるんだ^^」

カツオ「や、やめ、う、あ」

ノリスケ「ほーら^^苦しいだろう^^でもね、君が無礼をはたらく度に僕はもっともっと苦しいんだよ^^ムカついてるんだよおおおお^^」

ワカメ「いやああああ!!!」

ノリスケ「あ、ワカメちゃん^^おかえり^^」

ワカメ「ノリスケおじさん、駄目!お兄ちゃんを離して!」

ノリスケ「駄目だよー^^ワカメちゃん、お兄ちゃんを思うならお兄ちゃんにしっかり罰を受けさせてあげないと^^」

ワカメ「いいから離して!やめて!もう私達に近寄らないで!」

ノリスケ「んー^^さっきから聞いてればどうしてワカメちゃんも敬語を使わないのかな^^?きちんと挨拶をしないのかな^^?」

ワカメ「ノリスケ、おじさん・・・」

ノリスケ「ノリスケおじさんこんにちは、となぜ言わないのかな^^?挨拶をしないなんて失礼じゃないのかな^^?」

ワカメ「違うわ!お兄ちゃんの首を絞めてたから挨拶どころじゃないじゃない!」

ノリスケ「嘘だー^^本当は相手が僕だから見下してるんだろう^^」

ワカメ「な、なにを」

ノリスケ「ノリスケおじさんだったらまぁいいかって具合に見下してるんだろう^^敬語を使わないのといい挨拶をしないのといい、おしおきが必要だね^^」

ワカメ「やめて!」

ノリスケ「ワカメちゃーん^^全ては君のためなんだ^^人を見下す失礼な大人にならないための教育なんだよー^^さぁ、苦しんで苦しんで自分のやったことを反省するだよおおおおおおおおお^^」

ワカメ(く、苦しい、このままじゃ・・・)

ノリスケ「そろそろいいかなー^^まだやめておこうかなー^^」

ゴンッ!

ノリスケ「いたっ^^いたたた^^」

カツオ「ワカメから手を離せ!」

ノリスケ「カツオくーん^^酷いなぁ、バットで僕を殴るなんて^^」

カツオ「早くワカメから離れて!」

ノリスケ「カツオくーん^^かわいい妹なのはわかるよー^^でも、だからこそしっかりと反省させてあげなきゃ可哀相だよぅ^^」

ワカメ「お、にい、ちゃん・・・」

ノリスケ「まぁ、でも、バットで人を殴るなんて完全に不良少年だね^^カツオ君は^^これはよほど気合いをいれて教育しなきゃね^^」

ノリスケ「さぁ、カツオくーん^^お望み通りワカメちゃんから手を離したよぉ^^まずは君から教育だぁ^^」

カツオ「こんなことしたって意味なんかないよ!ただのいじめじゃないか!」

ノリスケ「いじめ、だってぇ^^?」

カツオ「そうだよ!ちょっとしたことで怒って力で押さえ込むなんてただのいじめだよ!虐待じゃないか!」

ノリスケ「カツオくーん^^じゃあ、君が今まで僕にしてきたなめた態度はいじめじゃないのかい^^」

カツオ「な、なにを」

ノリスケ「昨日だけじゃないよねぇ^^今までだってさんざん他の大人とは違う態度でなめた態度をとって馬鹿にして^^それがいじめじゃないっていうのかああああああああ^^」

カツオ「ヒッ!」

ノリスケ「まずはそのバットで頭を殴る^^目には目をだよ^^復讐法さぁ^^バットで殴られる痛みをしるんだあああああああああああ^^」

ノリスケ「さぁ、カツオくーん^^バットをよこすんだ^^大丈夫、手加減はしないよ^^君に他人の痛みを知ってほしいからね^^」

カツオ「う、うわああ!!」

ワカメがノリスケの首に縄跳びをかける

ノリスケ「ウッ!」

思いっきり引っ張るワカメ

ワカメ「逃げて!お兄ちゃん、誰かを呼んできて!!」

カツオ「ワカメが行くんだ!僕が縄を持つ!」

ワカメ「お兄ちゃん」

カツオ「早く行って!」

ノリスケ「カ、カツオ、くん、苦しい、じゃないか、かぁ^^」

力を込めるカツオ

ノリスケ「ウッ!」

カツオ「ノリスケおじさんが悪いんだよ、無茶苦茶なことするから!」

ノリスケ「ふ、ふふ、ハハハハ^^なーんてね^^」

ワカメを捕まえるノリスケ

カツオ・ワカメ「!?」

ノリスケ「本当は苦しくないんだよ^^君達が他人が苦しんでいてもどうでもいいんだと感じるようなレベルの人間なのはわかった^^」

ワカメ「離して!」

ノリスケ「君達はどうやら甘やかされて育って苦労をしていないようだね^^」

カツオ「や、やめろ」

ノリスケ「教えてあげるよ^^首を縄で絞められたらどれだけ苦しいかをおおお^^」

縄でカツオとワカメの首を絞めるノリスケ

ワカメ「クッ!」

カツオ「ア、アアッ!」

ノリスケ「苦しいかーい^^苦しいだろーう^^こんな苦しいことを君達は他人にしていたんだよぉ^^」

ノリスケ「でもね、これでも甘いんだよ^^君達は苦しみを共有する相手がいるもんねぇ^^」

ノリスケ「だからもうちょっと力を入れて苦しめるよぉ^^全ては君達が他人の痛みを知るためなんだあああああああ^^」

ノリスケ「アハハ^^ハハハハ^^バットで殴ろうか^^ハハハ^^片手だから、力入るかなぁ^^」

ゴンッ!

ノリスケ「痛いかーい^^カツオくーん^^アハハ^^僕も痛かったよー^^」

ノリスケ「痛かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお^^」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom