【安価】京太郎「横浜を出る喜び」咏「ふぇっ!?!」【三スレ目】 (1000)


京太郎「という事で、お世話になりました」ペコリ

             . . : ´ ̄ ̄ `: : . .
          /: : : : : : : : : : : : : : : \
          '.:.:.:.:.:.:.:::::::::: i::::::ヽ::::::.:.:.:':.:.ヽ
       /.:.:.:::l:::::l:::::::::::::|::ハ:::ト、:::::.:.:..l:.:.::..
       .:./ :l:|: ::|l::::::::::::| -―-::l::::.:.:.:l:.:.l::.
      |: l::::斗-:|l::::::::::::||:l |:ハ::|:::::.:.:.l:.:.l:.:.

      |: l::::| |: ::|L:: -'ィ芹气ト、:::i::::::|::..|: |

      |:{ ::::〈|: ::|ト.     乂ツ /::::i::::::|::::|: |
      |:{i::::ハ|: ::|´     ,,,,, |:::::i::::::|::::|: |   …………
      |:{|:::{: |: ::| ’        |:::/:: : |::::|: |
      |八::圦::::|   _    /::::::::::/:::::|八
.        ヾ::::>:|、   ,....::::::::::::::::::/:::::::j: : \
        /\{/ >- '::::::::::_彡'::::::: :::'::: : : :.\

       /::|:::::::::/`Y丁 ̄/ /::::::::::::/:::::::::: : : : \
    -=≦:/::::|:::::::/:::::{/ }У::*::/::::::::::::/\__:::::: :\⌒
     _彡イ::::: |:::::::{::r⊆⌒ヽ*::/:::::::::/*::::*:::ヽ:::ハ::ト、
      /:::/|:::::::::>⌒ヽ` 厂\::/*::::*:::::*:::::i/ .i:| })
.     /:イ::*:|::://::://::*::::*\::*:::*:/:: *:|  リ
    /::i :|::*://::*〃::*:::*::::*:::*:\::/::*:::*:::|

     {:/::/⌒シ':::*::::{{::::*::::*::::*::::*::::*:\:*:::*:::|
     /*〈 イ'三三三}:::*::::*::::*::::*::::*::::*\:*:::|


咏「はぁ!? お前、横浜を出て行くのかよ!」ペチペチ

京太郎「そう言われても、三尋木プロが虐めるし」

咏「うっ」グサッ

京太郎「それに年俸も低いし。俺はもう博多へ行きます!」

咏「……そんな」シュン

京太郎「俺自信、横浜を出る喜びはありました」キリッ

咏「私だって、二週目だとヒロインだったし」ムス

京太郎「え? じゃあ三週目もデレてくれるんですか!?」クワッ

咏「あははははっ!!」



    __           /7 __,....―'― /‐、―――ー‐.∩_
    | |          / / 「 、::::::::::::::::| /::::::::::::::::::::,-l .|/―、
  / |_ ---、    ,⊂  \:ヘ ヘ:::::::::::::/ /_::::::::::__:::::<_  _―‐、 ヘ 、  /二、  /|
   >  _,―‐‐、ヘ /::::/ /:\ |::ヘ ヘ::::::::/ ,、\_/ /::::::/  .|:::::/ └、:::\`´ \二/
  /_/| |    | |::::::::|__|:::__| |:::::::´::::::::く/::::\__/::::::::`´|_|:::ヽ・_/-´:::::::::\

    |_|  //:::::::::::::::::` ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       〉´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::||:::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /:::::::::::::::::::::::::::/./::::::/ |:::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::::::::::::ヘ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::::::::::::/ /::::::::| |:::::::::::| ヘ::::::::::::::::::::::::::::::|.ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
     /:::::::::::::::::::::::::/ `|:::::::::L__|:::::::::::| .ヘ::::::::::::::::::,ー―|‐|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

     |::::::::::::::::::::::::/  .|:::::::|  |:::::::::::|  ヘ:::::::::::::::::::::::::::| ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     /:::::::::::::::::::::::/  |:::::::|  ヘ::::::::::|   \:::::::::::::::::::::|  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    /::::::::::::::::::::::/   |::::::::|    ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    /:::::::::::::::::::::::|  气テテテ芹|          气テテテ芹  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   /::::::::::::::::::::::::|   |.|:::::::| ,―          |    ⊂二  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  /::::::::::::::::::::::::::::|   ||::::::::| .` ̄|          |      |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
../::::::::::::::::::::::::::::::::|   |::::::::|   ノ          、    .ノ   .|::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  |:::::::|ー‐            ー―‐    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ

:::::::::::::::::/|:::::::::::::::::\|  |:::::::|                      /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::
:::::::::::://:::::::::::::::::::::|  ヘ::::::|   .-----‐‐――7         /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::
::___/ ./:::::::::::::::::::::::|   l:::::|   \       /         /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::
/ 7_ /::::::::::::::::::::::::::ヽ   ヘ::|     \__/        ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::
. / \_::::::::::::::::::::::::::\  l:::|                 /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::∧:::
/  ./  ̄7、:::::::::::::::::::::::::::` ヘ|_             _  ´::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::| \
  /   /  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー   __   二::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
 /  /   / ̄ー、/、:::::::::::::::::::::::::::::::|    _ -:::::::::::::::::::::::::::::::::/: ヘ::::::::::::::::::::::::::|

/  /   /  / |  ̄`ー―――´__/::::::::::::::::::::::::::::::::::_ -: . : . : . |:::::::::::::::::::::::|
  /   /  /  / \   \,―´:::::\\::::::::::::::::::::::::::::/: . : . : . : . : \:::::::::::::::/


京太郎「駄目だこりゃ!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517326131



このスレは京太郎が学校毎のキャラの好感度によって、様々な選択を行う物語です
以下の内容が含まれているので気を付けてください

・キャラ崩壊
・京太郎と女性キャラの恋愛描写
・どっかでみたようなネタの焼き増し
・女子力
・金髪は正義
・わりとお金持ち
・エタらないように短めの周回を繰り返す

《前スレ》
【安価】京太郎「清澄を出る喜び」咲「ふぇっ!?」
【安価】京太郎「清澄を出る喜び」咲「ふぇっ!?」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516364369/)
(一週目長野県編完~二週目序盤)

【安価】京太郎「白糸台を出る喜び」照ふぇっ?!」
【安価】京太郎「白糸台を出る喜び」照「ふぇっ?!」【二スレ目】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516719541/)
(二週目中盤~二週目完結)


《遺影一覧(いつか供養したいと思いつつ……)》
【安価ss】京太郎「えこひいきすることにした」咲「えっ」
【安価ss】京太郎「えこひいきすることにした」咲「えっ」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1426513168/)
※安価で好感度反転(清澄・風越まで終了)

【安価】咲「やっぱり京咲がナンバーワン!」京太郎「?」
【SS】咲「やっぱり京咲がナンバーワン!」京太郎「?」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427983806/)
※短編集(三十一章までは小ネタ投下すみ。メインストーリー未完結)

【SS】京太郎「よかれと思って」咲「ふぇっ」
※京太郎万能ネタSS(話を膨らませすぎて、ネタが思いつけずあぼーん)

【安価】京太郎「彼女が欲しいなぁ」咲「……」チラッ
【安価】京太郎「彼女が欲しいなぁ」咲「……」チラッ - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461421620/)
※簡易育成もの(一週目終了。二週目未完結)




【好感度ランク】
・コンマ判定によって数値が決定
・ゾロ目は00、99を除いて100扱い
・00、99はGOD

【数値毎の好感度システム】
GOD   私が神だ
100   アナタ無しじゃ生きられない
90~99 誰よりも愛してる
80~89 大好きなあの人
70~79 異性として意識
60~69 気の合う親友
50~59 友人
40~49 嫌いじゃないけど好きじゃないよ
30~39 興味なし
20~29 嫌い
10~19 大嫌い
00~09 虫ケラ以下

【人気度】
100   ゴッド 補正50
90~99 ギャラクシー 補正40
80~89 ワールド 補正30
70~79 アジア 補正20
60~69 ジャパン 補正15
50~59 イケイケ 補正10
40~49 ベリーグッド 補正8
30~39 グッド 補正5
20~29 ノーマル 補正0
10~19 バッド 補正-10
00~09 サイアク 補正-20


 前スレにも書きましたが、一応こちらにも
 次回の更新は前スレが埋まってないと思うので、小ネタは少々投下
 前スレを埋め終わり次第、こちらで三週目スタート

 明日は多分無理で、次の更新は木曜日か金曜日です
 二週目もお疲れ様でした。三週目もよろしくお願いします!

京太郎「やったぜ!今季1勝目を上げたぞ!」

咏「んー、まあ私に言わせりゃまだまだだねい。ギリギリの勝ちだったしな。」

京太郎「うっ……少しは余韻に浸らせてくれても良いじゃないですかあ。」

咏「いやいや、お前さんが勝ったのは確かに喜ばしいけどさ。大事なのはこれを続けていくことじゃね?わっかんねーけど。」

京太郎「……おっしゃる通りです。この1勝を足がかりにこれからも勝ち続けていけるよう、もっと頑張ります。」

咏「うんうん、変に浮かれてないようであればひとまずは安心だねぃ。」

京太郎「俺……もっと努力してチームを優勝に導いてみせます!そして、その時には必ず咏さんにこの想いを……」

咏「えっ!?そ、それってお前、まさか……(カァァァ」

京太郎「咏さん。俺、ずっと前からあなたのk『ファッカー須賀ァ!』ミョンミョンミョンファ

京太郎「うわぁ!咏さんの扇子が突然巨大化しだしたと思ったらチームメイト兼現指導役のネリーコーチに変化したあ!」

ネリー「チームが優勝目指して一丸となろうとしている矢先にイイ身分ダナ須賀ァ!
この位のコトでイチイチ浮かれてるようじゃサキが思いやられるゾ!
咏センパイはチームの勝利と賞金ゲットの為に大切な存在なんデスカラ明日以降に備えてユックリ休んデクダサイネ。
おい須賀ァ!リーグ戦は[ピーーー]か殺られるかの過酷な世界ダ!
お前もこれから更にチームに貢献できるヨウニ、ネリーにディナー4649円分を奢ってから感謝のツモ切り114514回の特訓ダ!サァ行くゾ!(ズルズルズル←京太郎がネリーに引きずられる音

咏「リーグはまだまだ始まったばかり……ま、気楽にやりますかねぃ。知らんけど」


 さーて、前スレも埋まったしやっていきましょーかねぃ
 その前にシステム設定から行きますか


【行動選択 一ヵ月おきで二年(24回行動)】

 
 一ヵ月の行動を選択(試合・テレビ出演・講習・解説の仕事などなど)
 ↓
 その行動に出てくるキャラ安価
 ↓
 出てきたキャラの現在職業&京太郎への好感度判定
 ↓
 イベントを回収
 ↓
 周囲の反響(掲示板? いや、流石にそれはまずいか?)


 これれを二年分繰り返し、期間内に男子麻雀の人気を100にする

 人気が100に到達した時点でED開放
 その時点で好感度が一番高い(同位も含む)人とのEDへ

 
 以上ですねぃ
 何かご質問とか、リクエストあるでしょーか?
 あと、掲示板ネタってやってもよかですかね?
 題材的にものすごーくスレイヤーされちゃいそうなんですが


好感度上げってどうなってるの?


>>26
 行動に出てくるキャラが上昇対象




 解説の仕事を選択
 ↓
 キャラ選択 久 (解説の仕事で選ばれたのでアナウンサーに決定)
 ↓
 好感度判定で50を獲得
 ↓
 成功判定開始 結果、大成功で人気度+5 加えて、久の好感度も+5
 ↓
 久の好感度が55で終了
 ↓
 周囲の反響タイム

24回行動で大成功で好感度+5
初期好感度低いと絶望的じゃね?

掲示板ネタあります?

麻雀のバトル展開はありますか?コンマで勝負みたいなの。

雀力の項目ないけど人気度が雀力兼ねる?


>>29
 あんまりヒロイン増やされすぎても大変なので
 いかに絞りつつ攻略するか&初期で高く取るかですね
 このスレのモットーはライトに周回、エタるの阻止、なので

>>30
 多分やんないかな
 見たいって人いなそうだし

>>32
 細かい判定は無いと思います

>>33
 そうなります
 麻雀が人気になればなるほど、京太郎が強くなります 
 そのあたりは本編でも触れる予定


 こんなもんかね
 もうちょっとしたら再開するので、もう少々お待ちください  



 20XX年。
 世界の麻雀競技人口は一億人を越し、大々的な人気を博していた

 しかし、それらはあくまで女子麻雀に限る話である


 オカルト能力を持った麗しい少女達の対局は見る者全ての関心を引き寄せた
 だが、男子の麻雀はオカルトもなく……言っちゃ悪いが、容姿も優れているとは言い難かった

 女子の人気に反比例するかのように、段々と人気を失っていく男子麻雀

 今となっては、男子が麻雀を打つ事さえ恥ずかしいと見られる傾向もあるくらいだ


 そんな時代の中


 一人の少年が、注目を浴びようとしていた――


【長野県予選 男子個人戦 決勝】

 俺が麻雀部に入って、二年と少し

 一年目は、部のみんなが頑張って団体戦で優勝した
 二年目もまた、部のみんなが頑張って団体戦で優勝した

 そう、それは全て女子だけ


 男子の俺は、ずっと……全国の舞台にさえ立てなかった


京太郎「ぐぅっ……」

男子A「諦めな」

男子B「ここまでよく頑張ったよ」

男子C「お前に勝ち目は無い」


 しかし、なんの因果か
 俺は三年目に――全国大会の出場を掛けた場所に立っていた


実況「清澄の須賀選手。追い詰められていますね」

大沼「そうじゃな」チラ


京太郎「(くそっ! みんなは優勝を決めたっていうのに!)」

 今年の大会は男子の参加者が少なく、トーナメント式
 しかも、上位三名ではなく一名しか全国へと行けない

 そんな中、俺はここまで運良く勝ち上がってきた

 でも――全国への切符を手に入れる事は出来そうにない

 俺は、追い詰められていた
 


大沼「(顔は良いんじゃが、腕が足りんのぅ)」

実況「残すとこオーラスですが……おっと、女子の決勝が終わったようですね」

大沼「清澄か?」

実況「ええ。清澄高校、三年連続の団体戦優勝です。これは須賀選手、なんとか粘りたいところ!」


京太郎「(駄目だ、ツモ運にも見放された)」ハァ

 この時、ガラガラの観客達は誰もが須賀京太郎が負けると思っていた
 実況も、解説のプロも

 或いは、チームメイトすらも


実況「おっと、ここで女子の大会中継から、この対局へと放送が切り替わるようです」

大沼「尺が余ったのか。まぁ、男子の大会など誰も興味無いじゃろうがな」

実況「では、ここからは実況のジョンカ●ラと、大沼プロでお送りします」

 だが、その時――
 不思議な事が起こった

京太郎「(どうせ最後なら、思いっきり勝負しに役満狙いでも行くか)」スッ

 ドクン

大沼「っ!」ガタッ

実況「? どうかなさいましたか?」

大沼「あの小僧……!」


 テレビ放送が、女子の大会から男子へと切り替わった瞬間
 誰もが、もう興味無いとテレビのチャンネルを変えようとした


 だが、そのボタンを押すまでの猶予――たった数秒


 そこに映し出された男、須賀京太郎の姿に……

  /    '   |   ',         :}∧∨',ヽ, /  V |   | ' /: : :ヾv  v
 '     :|   ',    ,         }  ! V / :|  V |   |{ ,: : / } ヽ v
'    / !   :{ハ   ハ ∧       } V| /{ V |_,  v!   |      }  ヽ
    '  :,   ' ,   ' ∨∧     ' ,}イ' _j{≫!7:f心刈 V       / {l 、|斗 ―――
   /  ,∧  ∧ー=ミ{__ ヽ ',    j{⌒'| 7/j' j'うゝ:ア |  '  '      ' :{l ヽ! `ヽ
   ,'  / ∧  ∧:、 {`~^ ー--  /: : j ^    ≫'’     V'    _ノ  {l  |   V
/ ,'  /  j{∧  ∧ヽ{ ,ィァ=v云|  ': : : i|   ~´       '   「:\ } {l      ,ヽ
  ,' ./:| / v∧  {ヾ八{  ヽぅ! /: : :  U           し  :!: : : V:V      , \
  ! ./ | /  ヾ∧  ,、\: `: : : :|/: : : :、               }: : : : : '        ,
  |/  :| '     )ヽ , \ヽ: : : :': : : : ノ!                八: : : :'       ,
     '    } / / ヽ   丶: :.} !: : : `: .、       _      ': : : : : '        ,
        j/ ,       \し: : : : : : :.   _,.  '"      /: : : : : '           ,
           ,          ヽ.,: : : : : :冖、 _      ,イ{: : : : :/           !
           、         > .,: : : : : : (     /: U : : :./          |
          | ヽ           / :≧s。.,:ヽ  _ ./\: : : : {「 \           |


 視聴者達は、目を奪われた



 なんだこの子、負けそうなの?
 あら、ちょっと格好いいじゃない?
 男子にもイイ感じの子がいるのね

 感想はそんな風に様々だった事だろう
 興味の無い男は、すぐにチャンネルを変えた事だろう

 だが、その僅か数パーセント
 京太郎の姿を見て、彼を応援しようと思った人間達が……


京太郎「(あれ? なんだかツモが急に――)」

 ドクン

京太郎「(もしかして、これって)」チャッ

 
                      ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、

                     /_,..-         ヽ  `  、
                    __../´     /    ∨   \
                      ,/ `i      / ,'     :    、 ヽ
.        Y ヽ        //   i   ., / /|  |  :.  | | |    ∨
        |  ‘,  .._/  i   i   . | |..|...|  |   _} | | | |  | :
        i   ∨    ̄ ̄.|   .i .{ ´| |\.{  |: , ´//}∧ |  | |
        ‘,   ∨     .|   .i , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
.        ∧  .‘,     .i   i . { 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
r <                  i   i.}从lム     ; \     ,ノ /  \
.', .\               _ .j   i  | ∧          ∧,イ
 ',   <    .∧         .i  Ⅵム  .-===-  ...イ //
.  ヽ    ` ─ .´ヽ        ∨  ヽl\       //イ
.     >                ‘ ,  |.≧` .ー . ´.≦|
     >  ´     /          ̄ ̄ ̄ ̄)三三└x
 > ´     _             __  ≦i.iミ&三三三ニ≧ -   _  、
(_  <   ∧           ィマY三三三三i.i三三三三三三三三三三.iニ',

           〕 ─  ´ ´/ィ三ミi i三三三‘,○三三三三三三三三三三.i三i
           i三.ミ x\ //三ニ/三三三三.i三三三三三三三三三三三i三.i
           i三三三≧彳三ニ././三三三三i三三三三三三三三三三三i三.i
           ∨三三三三三,///ニ,’三三三.i三三三三三三三三三三ニ.i三ミi

.            ∨三三三三/.//ニ/三三三三三三三三三三三三三三三三.∧
             ∨三三三ニノ/ニ/三三三三ニ.Yヽ三三三三三三三三三三三ミi
              マ三三三 /ミ/三三三三三ニ`´三三三三三三三三三三三ニi


京太郎「ツモ! 国士無双! 48000!!」

 京太郎に、力を与えた



大沼「(……コイツは、まさか?)」

実況「これは、なんという事だァー! まさかの決勝ゴォール! どうですか、ktzw3!?」

ktzw3「いやー、いいコース狙ってますよねぇ。凄いゴールですよ」

実況「ありがとうございます」



大沼「(使える……)」ニヤリ




 地方の県大会
 しかも男子の優勝者など、誰も気にも止めない

 実際彼は、全国大会への切符を手にしたのはいいものの……一回戦で敗退
 三連覇を果たした女子とは圧倒的な差をつけられる事となる

 だが、そんな彼の元に一通の手紙が届いた


京太郎「……なんだ、これ?」


 それは、須賀京太郎を横浜ロードスターズへとスカウトしたいという内容の手紙
 半信半疑だった京太郎だが、僅かな希望に縋ってそれを承諾

 話し合いの為に、横浜へと赴く事となる

 そこで出会ったのが、この男

大沼「わしが大沼秋一郎じゃ」

 大沼秋一郎である

京太郎「ど、どうも」

大沼「……単刀直入に言おう」

京太郎「はい」

大沼「小僧、お前の雀力はプロの水準に達しておらん」

京太郎「」ガビーン

大沼「じゃが、お前には特殊な力がある」

京太郎「特殊な力?」

大沼「そうじゃ。それは、自分を応援する者の数で……雀力を増すというものじゃ」

京太郎「ええっ!?」

 にわかには信じ難い話
 だが、京太郎にも覚えがないわけではない

 長野の県大会決勝
 あの時は確かに、誰かに応援されているような感覚が体中を巡り、力が増したような気がする

大沼「つまり、お前は人気になればなるほど強くなるわけじゃな」

京太郎「は、はい。でも、それが何か?」

大沼「……現状、男子のプロは肩身が狭い。競技人気が少ないからのぅ」

京太郎「はぁ……?」

大沼「若い奴らはプロを目指さず、今ではジジイばかりじゃ」

京太郎「そういえば、実業団も女子と合併されたんでしたよね」

 男子と女子で分かれていたプロも、今では合併
 それはひとえに、男子なんていてもいなくても変わらないから

 実業団もわざわざ男子をスカウトしない
 女子の中に、一部の古豪が息を潜める

 おじいちゃんと孫が打っているみたい
 とは、一部のマニア達の言葉である




大沼「このままでは男子の麻雀が終わる。そこで、お前の出番というわけじゃ」

京太郎「つまり、俺が男子の麻雀を盛り上げると?」

大沼「そうじゃ。お前が男子の人気をあげる事で、競技人口が戻っていく」

京太郎「それで、俺も強くなれる……?」

大沼「勿論。じゃが、そうなるには幾つか大きな壁があるがのぅ」

 女子との対局
 今の京太郎ではまるで歯が立たないだろう

 しかもその上、女子の楽園と言われるプロの世界に若い男が入るのだ
 
 京豚は朝~夕までの間に打ち砕かれ顧みる者もなく永遠に滅びる
 という、謎の言葉が生み出されるほどに、男子は嫌われている

 人気が出るまでの間に、殺されてしまう可能性だって十分にあるのだ

大沼「どうじゃ? それでもお前は、プロに入るか?」

京太郎「……俺は」

大沼「負けたく、ないんじゃろう?」

京太郎「!!」

大沼「チームメイトに空気と扱われ、勝ち負けすら気にしてもらえない自分を変えたいんじゃろう?」

京太郎「……」

大沼「長野に、お前の明日は無い。高校を卒業しても、誰もお前の事など胸に刻まんじゃろうて」

京太郎「俺は、俺は!!」

大沼「……」


京太郎「清澄を出て……プロの世界へきます」

 
 強くなりたい
 認められたい

 そんな彼は、自分が客寄せパンダとして選ばれたという事を自覚していた

 だが、それでもいい

 自分を、みんなに認めてもらう

 ただその為だけに、彼はプロの道を選び……突き進む

 いばらの道の、その向こうへと


 


 導入編終わり
 ここで現在の麻雀人気判定


【人気度】
100   ゴッド 補正50
90~99 ギャラクシー 補正40
80~89 ワールド 補正30
70~79 アジア 補正20
60~69 ジャパン 補正15
50~59 イケイケ 補正10
40~49 ベリーグッド 補正8
30~39 グッド 補正5
20~29 ノーマル 補正0
10~19 バッド 補正-10
00~09 サイアク 補正-20


 安価↓1 ↓2 ↓3 のコンマ一桁の合計 


 0はゼロ ゾロ目の場合は10

 00が出たら人気度10+チームメイト枠を拡張


【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(15)補正マイナス10
・レギュラー番組(なし)
・獲得タイトル(なし)
・年俸(不明)


 お次は京太郎の年俸を決定
 年俸はおまけみたいなもので、高ければ京太郎の行動や周囲の反応が少々変化
 
 一年目終了時点と二年目終了時点でも年俸査定あり
 一年の活躍によって増額し、満足できなけれなFAも可能
 (タイトル回収はここでしか出来ない)


 安価 ↓1 ↓2 ↓3 ↓4 ↓5


 コンマの合計×人気度補正(現在はマイナスなので1)×一万円=年俸

 ゾロ目=100
 00&99は1000



【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(15)補正マイナス10
・レギュラー番組(なし)
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)


 これでスタート
 新卒一年で月収32万弱って、京ちゃん普通に優良株ですがな

 ちなみに年俸とは別に、テレビ出演や解説の仕事でも稼いでる設定です

 
 
 じゃあ、プロ編始まります 



【プロ生活一年目 四月】


京太郎「ここがロードスターズの宿舎かぁ」

 正式に麻雀プロとなった俺は、長野から横浜へと引っ越してきた
 その際に先輩達との挨拶も済ませたのだが、そのメンバーは俺以外全員女性

 しかもその中の一人、三尋木プロからはなんだか嫌われているみたい
 俺、何かやらかしたかな

京太郎「つーか、大沼プロはいないのか」ハァ

 話によると、大沼プロは別の実業団所属らしい
 じゃあなんでロードスターズなんだよ、と思うが

 なんでも、ここ以外に俺を受け入れてくれる場所は無かったとのこと

 大沼プロのところも、大沼プロを抱えるだけで精一杯らしい

京太郎「俺自身、横浜に選ばれる喜びはありました」キリッ

 とりあえず、この宿舎で俺の新生活が始まるんだ!

憧「あ、京太郎じゃん」

京太郎「ん? 新子じゃないか!」

憧「そっちも引越し?」

京太郎「ああ。そんな感じだ」

憧「そっか。男子のプロは大変だと思うけど、まぁ頑張りなさいよね」

         , r '´ ̄ ̄)`ヽ      ./´     .|     1    \
        /   , r ',´`ゝイ      /       i|     .|     ヽ
       ./  ,r'彳 /   .|     ./ ./    , /|     |   ヽ.  ヽ
      /// /  ./   ト、 ヽ   ./ /    / /|    i .ハ    1  ヽ
     ./  / ./  ./    |ヾ  ヽ / /i-、,_  /j ./ |    .ル.j |   .|1.   1
     ./  ./ ./  ./    .| ヾ  ヽj /.i  .>ト,/ j    /i j .|.ハ  | |.   |
    /  / j  i     |  ヾ /j j | / ./ '、` j   /ノ/ .|.j |  .j .|   .i |
    ./  / .|  .|    | |  >'´i |rt== ミ、 、 ./ / /' r t/'ー-/ |   .| |
   ./  .| .j  .|    | | V´  | .| .ク心:::::ミヾ ' '´   '  - ' j /j |   ルj
   j   .| .j  .|    .| |    | .| 毛:::::::ゝ       r==ミ,tノ/j j i  .从'
   /   .| /  .|    | |   | .| ヾ:::::リ'       .ク:::C }./イ .|.j //' 1
   |  | .| /   .|     i. |   | .| ,,,,,         .レ:::リ './ iイ i/ノ |'  ,1
   |  1 .|./   |     ヽ.ト   | .|           ''ヾ / |'j j´  |  |1
  .|  1 |'    .1ヽ    ヽ》、  | .|         '  ,,,,, /  |j /   .|  |.|
  .|   、|    ヽ、ト    ヽ \| .|    ヽ、       /  .j ./    1 |.|
  .|   ,V     ゝ 、、    \ i .|、      ´    ノ   /./    .| | |
  .|   1、     .》、\ヽ    ゝ | ヽ、      , r ' ´   ././     | j |
  .|   .1ヽ    / `ー-ヽ、、_   ゝi、./ `ヽ- j ' ´  .i   ./.イ      |.j .|
  .|   1.ヽ  ./       ` ゝ 、 ` \'  ./ i   1  // 1|     .|.j  |

京太郎「……」

 コイツの名前は新子憧
 俺と同期で、横浜ロードスターズへ入団したルーキー

 入団式の時に少し仲良くなって、今ではこうして他愛の無い話をする関係だ



憧「あ、そうだ。あの子、見なかった?」

京太郎「あの子?」

憧「さっきまで一緒にいたんだけど……」

京太郎「もしかして、アイツか?」

 憧が探している相手
 それは恐らく、残るもう一人の同期……

???「もー。ずっとここにいるってば」

京太郎「お、いたいた」

           「 ̄`ヽ-―‐---、__

           {:.. ,..-f( ))-、       ̄}
              广}___クーく.___{ ̄`ヽ ..:::/
          / ,..-‐r:r―┬r::r--、  }!V、_
          /7'..:::i::|^!...:::i:| |:ヒjハi::ヽ|! ヾヽ
           {ハ:::::::f':n:i、:::::{"{::n:ヾi:::.:|!  }!'^゙
           |丶弋ツ `゙ 弋;ツ}::::.|!  }!
            |:::|:i| "  '_   " .!::::.{! o|!、
             |、::|ハ:.,、  、ノ ,..ィ:ノ::リ;》=《i ゙、
         /.:ヽハ!:r‐` T"´  !イ':":.:.:.:.:\i!
       r:<>、.:.:.:.:.:.ト--、   ,..-/:.:.:,:イス) >_>、
      ζ√ーァ\:.:.:.ヽ     /:fィ_トrJ しイ.,>イ
        ∀  ! `Zf┬‐-≧ーイ:.:r'´       |_)i::}
      / .,.:彡ミy' /_,.-< ̄`ヽ::::..       !::、:::i!
      <  ̄  ノ''"   ...::::..... ::::::::.   ,.ィ:::::i!:::|
     ,.へ  / ........:::::::::::: ::::.   ::: ,:<_,.ノ::::::|:i::|
     `>'"           ::::: :::..:/  \:::::|::i:|
     ∠.._________;:.-'"´  __,.イ:::::|::::i!
       /  `ー┬‐;--------―irイヽ、|::::!:::i:|
       / 「 ̄ `ニY⌒r―''" ̄ ̄i .i! | i ヽ!::/::::|:|
     /  L...イ:.:./i T|`iー―--┘ i||  {/::::::ハ!
      / __/:.:// | |:.:.i____ i! ゙、  }::::::/
    / ̄_/:.:.:./ i  ||:.:.:i____i|ヽ、| /:::::/
    / ̄.:.:.:.:.:.:./ /   ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|!\_|::::ノ
  /:.:.,:ィ―-イ L___| └―---r---|!、:.:.:.|'"   ※ネリーのAAはこれが最初で最後です(血涙)

.  <__ |   |   |       |   | \:|


ネリー「やっほ。久しぶり、キョウタロー」

京太郎「よぉ、ネリー」

 ネリー・ヴィルサラーゼ
 元はグルジアからの留学生だった彼女だが、今ではロードスターズの助っ人枠

 俺達ルーキーの中でも、一番注目されている選手だろう

憧「引越しの準備は終わったの?」

ネリー「とっくに。ネリーはそんなに荷物ないし」

憧「じゃあ、私の荷物もっと増やせそうね」

ネリー「増やしてもいいけど、ちょっと借りたりするよ?」

憧「えー!?」

京太郎「お前達って同室なの?」

憧「本当は一人が良かったんだけどね」

 ふーん、なるほど
 俺は男子だから一人部屋だけど、女子だとそういう事もあるのか

ネリー「キョウタローの部屋に遊びに行ってもいい?」

憧「ダメダメ。私の荷解き手伝ってよ!」

ネリー「自分でやれって」

憧「ケチ!」


 やいのやいの! わいわい

京太郎「元気だなー」

 人気が出たら宿舎を出ようと思っていたけど、意外と居心地良さそうだな
 知り合いがいてくれるって、楽しいもんだし

ネリー「アコって相当売ってそうだよね」ジー

憧「どういう意味よ!」ウガー

 ギャーギャー

京太郎「お、おいおい」

 この宿舎には先輩もいるんだから
 あまり騒いじゃ……

???「こら! なんば騒ぎよっとね!?」

憧「っ!」ビクッ

ネリー「あっ」ビクッ

京太郎「アナタは!」

                   ,..ィ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``丶、
               /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /:.:.:.:.:.:.:癶\.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /:.:,;,;,;彡:.:.:.:.:.:У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
    x==ニ二 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.Y

  /    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/メ、//:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.i.:.:.:}
 ∥    /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:./\:./:.:.:.:.:.:.:.:/.:j:.:.:!.:.:.i
 {{    //:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:./ __ ̄  //l:.:.:.:.:.:.:./.:/l:.:.:!:.:.:l
  \  / j/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:癶{:.:{/-=斧ミx メ /:.:.:.:.://:/ j:.:.j.:.:.:l
     /:./.:.:.:.:.:.:./   Ⅵ ∥(::::(,八∠ -‐''" //~`ト、j==
     ∥{:.{:.:.:.:.:.:./ヽ_   -气,,,少       _メ   j:./:.:.:.:ト、
    { い:.:{:.:/:.:.:.:.:八               斧f,汽Xノ/:.:.:.:.:l:.ヘ
       乂从ト:.:.:.:.:.:.:.::}            〈(;;ン゙ ///.:.:.:.:.:.:lヽ:゙、
           \∧:./      r-   ` `Y/ノ/ l.:.:.:.:.:.:l }:.}
             / ̄>x \   乂 _)>    /:.:.:.:/  i.:.:.:.:.:.:l ノ:ノ
          /-―-、  ` \ __  /:./:./   i:.:.:.:.:.:l/
        /       ヽ   メ、ノ:.:_:./ノ    }:.:.j:.:.l
       \/         Y O {/メ ̄     、_ /:.ノ }.:j
        ∨           l\ノ\}         ̄  ノノ
          ∨         ヾ::L             /
            ∨            〈::::::}
          ∨      / /  ヾ┤
              ∨ミx/ //    ヾx、
                ∨/ /         V゙、
               V/          V゙、
               ∨         }::ハ


姫子「京太郎君! もう来とったと?」

京太郎「鶴田先輩。お疲れ様です」

姫子「そげん、気を遣わんでよかばい」アハハハ

 この人は鶴田姫子
 俺達よりも一年早くロードスターズに入団した先輩だ

 確か、新生した博多エバーグリーンズを蹴って……ロードスターズに入ったんだっけ?
 俺はてっきり、あの有名な哩姫コンビを結成する為に博多に入団すると思っていたけど

 なんで横浜を選んだんだろうか?
 


憧「今のうちに退散、退散っと」

ネリー「ネリーは逃げるよ。そーっと逃げるよ」スタコラ

姫子「……」バキッポキッ

憧「」

ネリー「」

姫子「そげん説教が欲しかとね?」ニコニコ

憧「いやー!! 博多弁説教コースはいやー!」

ネリー「博多弁は大変! 大変だって!」

姫子「そげなこつなか! 博多弁は最高ばい。みなみけは二期が至高やっとよ」

 ズルズルズルズル

京太郎「うわー」

 引きずられていく新子とネリー
 可愛そうだが、俺には見守る事しか出来ない

京太郎「さて、荷物を……」スッ

                   . . . -―. .-. .
                . . :´: : : : : : : : : : : : `: . 、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`

            /: : : : : : : l: : : : : l : :l: : l: : : l : : : : : : :V
             ': :,: : : :l: : :! : : : : |:_:_l_:_:lヽ : l : : : : l :, : V
           l : l : : : !: : :!l: : : : :l丶!、: ! ̄ :l : : : : l: :l: : ,

            | : l: : :斗- l l_:_:_:_:_l N N  ヽ!: : : : :!: :! : !
            |: :| : : ' |:_:_|     .斧芸斥≫: : : : :!: :! : !
            |: :!: : { 《芸芯     弋__り | : : : : ::|: :! : l
           l:.:l: : :l |弋_リ         l : : : : : l: :l : :|
           l: |: : :l |: : |  ,        j : /: : : :!: l : :|
              N : : | !: : !         //: : : : :|: :! : |
            ∧: : ! l : l    _     イ: : : : : : : ': :l : :、
             丶:.ヽ !: :!、       <: : : : : : : : ノ: : ': : : \     /!
             ノ\:.\!:_> イ: : : : : __ y:''"´: : : :/: : : : : :、: : ̄:/

        ___ヽ_/: :l: : :>--<> --l  ̄ .//: : : : : : /ヽ : : : : : : :二ニ=-
       |:::::|   フ : |: : : : |/: :{ / {! / ./: : : : : : /   \: : : : :ヽ
       |:::::|-=ニ , : : |: : : : { : :ヽ  |/  /: : : : : /     \: :、: :Y
       |:::::|  /: : :/}: : :/ !! : !:_ゝ   ./: : : : : /       /  ヽヽ:l
       |:::::|  ,'/: ://: : / l!\!    ./: : : : : /    /      |  }
      r |:::::|-、/{: //: : /  /     .{ : : : : /  .!  /        |
     /  Y ィ ! |//: : /   /     /|: : : : :l   !  /         |
     {   __}   !./ ! : : !  /     / .|: : :!l: |   l /         |
      八  __} 爪/ { : : |=======rヘ===.! : :!l:.;'=== |/           !
      / ヽ / | .', Ⅳ :l ///////`´////\|l/////!        |
      .| | | / | .',  .ヽ!/////////////////////|           !


咏「……」ジー

京太郎「おわっ!? 三尋木プロ!?!?」

咏「邪魔」

京太郎「あ、すみません!」

 あれ? どうして宿舎に三尋木プロが?
 確か、宿舎には住んでいなかったような?

咏「……何?」

京太郎「あ、いや! どうして、三尋木プロがここにいるのかなって」

咏「いちゃ悪い?」ギロ

京太郎「そ、そんな事はありません!」ビクビク


咏「別に。ただ、ルーキーを見に来ただけ」

京太郎「そう……ですか」

 恐らくだけど、そのルーキーの中に俺は入っていないんだろうなぁ
 悲しいけど、これが現実だ

咏「……私の後輩」

京太郎「え?」

咏「とはいっても、かなり年下で……昔、ちょこっと教えてあげただけなんだけどねぃ」

京太郎「???」

咏「ずっと、横浜ロードスターズに入りたいって言っていた。入団テストも合格して、本当に嬉しそうだった」

京太郎「は、はぁ……?」

 三尋木プロは一体なんの話をしているんだ?

咏「……でも、その内定は取り消された。なんでだと思う?」

京太郎「わ、分からないです」

咏「代わりの人員が選ばれたから。そいつが入る代わりに、その子はうちに入れなくなったわけだねぃ」

京太郎「えっ?」

咏「……泣いてた。実力が劣る相手に枠を取られるならまだしも【男子】なんかにプロの座を取られた事が悔しいって」

京太郎「……もしかして、それって」ゴクッ

咏「テストも受けず、コネで入った実業団。楽しめばいいんじゃね? しらんけど」

 スタスタスタ

京太郎「……」

 そんな、理由だったんだ
 三尋木プロが、俺を嫌う理由

 俺のせいで、プロになれなかった人が……いたなんて

京太郎「くそっ!」ギリッ

 でも、俺は選んだんだ

 プロになるって

 アイツ等を見返してやるって

 だから――今更、引き下がるわけにはいかない


京太郎「(必ず、男子麻雀を盛り上げてやる!!)」ギリッ




【京太郎の部屋】

京太郎「よし、部屋も片付いたっと」

 これで明日から、俺のプロ生活が始まる
 試合に出たり、解説の仕事をしたり大忙しだ

京太郎「(もしかしたら、仕事でアイツ等と会うことになるかもな)」

 そうなったら、俺は……

京太郎「明日のスケジュールは、どうなっていたっけ?」


 安価 ↓2


1 ハートビーツ大宮との試合
(好感度が上がりやすいイベント)

2 タレントとしてのお仕事
(人気度が上がりやすいイベント)



京太郎「明日はタレントの仕事、か」

 まぁ、そうだよな
 今の俺は弱すぎる
 
 早く人気を上げて、俺自身が強くならなくちゃいけねぇ

京太郎「でも、タレントの仕事といっても……何をするんだ?」

 麻雀プロが出る番組なんてあまり見てなかったし
 よく知らないんだよな

京太郎「えーっと、確かここに詳細な資料が」フムフム


 安価↓2 補正マイナス10


00~09 変化無し ビラ配り

10~29 +1 握手会

30~49 +2 ラジオデビュー

50~89 +3 舞台デビュー

90~99 +5 テレビデビュー

ゾロ目 +10 映画デビュー

00 連続ドラマ主演 獲得



京太郎「……え? 映画デビュー!?!?」

 俺が、映画に出るの!? 

 うそ、マジで!?

 そんなの聞いてないんだけど!!

 というか、マジで!?

 はぁ!? なんじゃそら!?

京太郎「俺がアイドルなの!? もしかして俺、アイドルなの!?」

 バタン

憧「ちょっと! うるさいわよ!!」

京太郎「あ、悪い」

憧「なによ? 顔真っ青じゃない」

京太郎「あ、新子……俺、明日映画に出るんだ!」

憧「は?」

京太郎「主演じゃないんだけど、結構いい役でさぁ」ブルブル

憧「ふぅーん?」

京太郎どどど、どうしよう?」

憧「落ち着きなさいよ。それで、共演者は誰なの?」

京太郎「えっと」

 そういえば、共演者は誰なんだろうか
 俺以外の出演者は……?


 安価↓1~3 までで一番コンマが大きい子 ※好感度判定ではありません
 

 ゾロ目の場合その時点で参加確定(最高コンマと共演)
 00が出れば全員参加

※ 話の本筋にそぐわないキャラは基本的に出せません 
※ この場合はマホは学生なので出れませんし、ハギヨシさんも出る筈ないので除外



京太郎「ネリーじゃん!!」

憧「えっ!? 嘘っ!?」

 ガチャッ

ネリー「んー、うるさいなぁ。どうかしたの?」

京太郎「おい、ネリー! 明日、俺とお前で映画の撮影だぞ!!」

ネリー「うん。知ってる」

京太郎「え? そうなの?」キョトン

ネリー「そうそう。だから明日は一緒にスタジオに行こ」

京太郎「う、ういっす」

ネリー「じゃあね」バタン

憧「……」

京太郎「……」

憧「私じゃ、ないんだ」ズキン

京太郎「みたいだな。えっと、台本は……」

憧「いい。聞きたくない」

京太郎「え?」

憧「明日、頑張ってね」スタスタ

 バタン

京太郎「???」











憧「う、うぅっ……なんで? なんで、私じゃないのよ」ジワッ






【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(25)補正0
・レギュラー番組(なし)
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)


【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(79)
憧(74)
咏(09)


 ここで提案
 折角のゾロ目映画なので、本当に映画風に小ネタSSを書いてよかですか?

 最初はメタ的に撮影風景を描写するつもりだったんだけど
 折角友情から恋心へ変化するんだから、特別に

 どげんでしょうか? 


 そんじゃ映画の題材を安価で決めましょか
 

 安価↓3


1 恋愛映画(準主役カップル役)

2 サメ映画(カップルではないが生存者組)

3 ホラー映画(キャンプ地の仲睦まじいカップル役)

4 その他 リクエストなんでも


※どれを選んでも京太郎とネリーのキャラは変わりません


 そんじゃラブロマンスな甘いひと時を映画にして公開します
 しかし今日はもう遅いのでここまで

 次回の再開は多分明日だけど、小ネタどまりになるかも
 本格的な再開は日曜日の夜か、月曜の夜になります


 三週目もスタートしたばかりですが
 ぼちぼち頑張っていきましょー


【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(25)補正0
・レギュラー番組(なし)
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)


【横浜ロードスターズ】
姫子(87)「喋る機会を減らされとうなかよ」
ネリー(79)「映画かぁ。ふふふっ」
憧(74)「私だって、アイツの事……」
咏(09)「タレントになればいいんじゃね? しらんけど」


 京ちゃん誕生日やんけ!!めでてぇ!!

 かといって、別段何かあるというわけでもないのですが
 とりあえず映画から書いていこうかね

 でも、撮影から一ヵ月で公開ってどういう事なの……?
 まぁ、その辺の時系列は各々で脳内補完してださい


         ,  ´    /V    <⌒`
        /,     /   ∨      ̄\___
       ' /       '     ∨   、 < ̄ ̄´
       / /    ,  |      V   l | V \
     '  .'  / l |  | l     | } 、 | }  、`
     |  |  { |{ |  {∧ l   |//V /   \
     } ∧ ∨从>-、从  |'___}イ }、r---- またお前は俺への好感度が低いのか!?

     /イ' 从 {  =====∨\ }  ̄  |ノ `\   ____
      乂  \           リ    |  ,. : :´: : : : : : : : : :`: : : .
       \__、              人/: : : : : : : /: : : : : : : : : :`: 、
     /⌒7/{込、  ,  ―--‐  イ/: : ,: : : : : :/: /: :/: : : : : : : : : : ヽ
     /////\\//≧   __ ィ///: : : :/ : : : /|_/: :/: :/: :/): : : : : : : .  っ
    {////// V///// ̄} //////,--、/: : :/_ /`ー'--'-/-く: : :/: : : : : :.  っ
    ///>-//}/////// ()//// 〈  {: /  ===   /:イ: //\': :/: : : : :|
   ,'////////≧=--- 、////////⌒ー--}         |://:/}:\: / : : ,
   {////////////////// ̄}¨´  r‐―ノ       /' /、/イ: /`/: :
   ` <_////////////// |    〉               ヾ>jイ:イ: : /
      |//// -=<__()__ノ--≦:く     ,....::⌒\        /: : : : :,
      |////////////////////乢\  `ヽ、:.:.:У     ,:⌒V:∧: :{
      |////////////()//// ̄Vノ >,   __      ,イ_ノ/ \| ご、誤解だよぉ
      ////////rく(ヽr,// く...、......∧---/........\/: イ ̄ }://イ
      //////// し'--く/  {:.:`\....、 /........//r、/ )-、
      ,'/////////ノ---' \  ` ー-`、∨.....イ/r'-、 ーく
     //////////∧            [二] ̄  ∧_二}´


 原作でもっかい、こういう絡みが見られたら死んでもいいんだけどなぁ、俺もな~


【映画 金より男子 ※タイトルに特に意味はないです】

 
 概ね季節通りの大雪
 また今年も、雪が積もり……俺の誕生日は白い世界に包まれる

 雪が似合うね
 そう笑っていた俺の幼馴染
 彼女は常に俺の傍にいて、学校も、クラスも、ずっと同じで

 俺は漠然と、こんな日々が永遠に続くものだと思っていた
 だから、物心からずっと俺の誕生日を祝ってくれていた彼女に――

 今年、告白をする事にした

京太郎「俺はお前が好きだ。今年は幼馴染としてじゃなく、恋人として俺と誕生日を過ごしてくれないか?」

女「えっ?」

 いつもどおりの帰り道
 雪の舞う道の中で、俺はその想いを伝えた

女「私は、あのね」

 照れているような、困っているような
 少しはにかんだ様子で、彼女は目を伏せる

 ドキドキと心臓が鼓動を早める

 頷いてくれ
 頼む

 そう、心の中の俺が叫ぶ
 俺は誰よりもお前を愛している

 だから――

女「私は――」

?「おい」

京太郎「え?」

男「邪魔、なんだけど」

女「あっ」ドキッ

 声を掛けられて振り返ると、そこに立っていたのは例の転校生
 イケメンで、金持ちで、キザったらしいイヤミな奴

 俺はコイツを嫌いだったが、幼馴染の奴は違った

 コイツと図書委員で同じになり、気が付けば――

男「……今夜、あの場所で待ってる」ボソッ

女「っ」

男「じゃあな」


 俺の知らない、関係になっていた

 


 結局、幼馴染は俺に何も答えなかった
 俺も、怖くて何も聞けなかった

京太郎「……」

 カチコチと、時計の秒針が進む音だけが、
 安いアパートの一室に響いている

京太郎「……っ」

 今日は俺の誕生日
 でも、残された時間はもう残り数分しかない

 この時計の針が十二時を回れば……

 俺の抱く僅かな希望も、シンデレラの魔法のように消えてしまうのだろう

京太郎「なんでだよ、なんで」

 諦めたわけじゃないのに、悲痛な声が漏れる
 凍えるような寒さに、薄暗い一室がそうさせるのか

 俺の心は折れていた

 ずっと好きだった幼馴染を、いけ好かない転校生にかっ攫われて

 惨めに、一人で誕生日を祝おうとしている

京太郎「苺のケーキ。アイツ、毎年……俺の苺をねだったんだっけ?」

 テーブルの上に置かれた、ホールケーキ
 甘いものはそこまで好きじゃないが、アイツの為に毎年ホールを買っていた

 今年も、このケーキを減らすのはアイツだと思いたかった

 でも、俺の知っている幼馴染はもういない
 アイツは、もうあの男に――



 カン、カンカンカンッ



京太郎「!」

 閉ざしかけた俺の心を開く、アパートの階段を駆け上げる音
 これは、まさか……?

京太郎「っ!」バッ

 魔法が解けるまで、残り十秒
 俺は、はやる気持ちを抑えきれずに玄関へと走る

 インターホンすら待てない

 俺は無我夢中で、玄関の扉を開く
 
京太郎「!!」

 そこにはきっと、俺が夢に描いていた光景がある
 そう、信じて開かれる扉

 夢は――


ネリー「……誕生日、おめでとう」

京太郎「……」


 魔法は、解けてしまった




京太郎「……っ」

 俺は言葉を失った
 だって、そこにいたのはアイツじゃなくて……ただのクラスメイト

 サカルトヴェロ? グルジア? とかいう国からの留学生だ
 名前はネリー。麻雀部に所属するエースであり……

 アイツと仲の良い、友達でもある

京太郎「……」

ネリー「……ねぇ、寒いよ」

 放心する俺を見上げていたネリーが、責めるように俺を睨む
 どうやら、中に入れろと言っているようだ

ネリー「じゃあ、お邪魔するね」

京太郎「ま、待てよ。駄目だ!」

 俺の脇をすり抜けて、部屋の中へと入ろうとするネリーを引き止める

ネリー「なんで?」

京太郎「なんでも何も、人を待って……」

ネリー「来ないよ」

京太郎「!」

ネリー「彼と、今夜は過ごすってさ」

京太郎「……ああ、そうかよ」

 そうして俺は理解した
 アイツは俺ではなく、あの男を選んだ

 そして、その事を俺に直接伝える事すら拒絶した

 こんなメッセンジャーを寄越して、一体なんのつもりなんだろうか?

 私は行けないけど、この子と代わりに過ごしてね、とでもいうのかよ?

京太郎「……帰れよ」

ネリー「あ、ケーキあるじゃん。ネリー、苺がすき……」

京太郎「帰れよっ!!!」ダンッ

ネリー「っ」ビクッ

 気が付けば、声を荒らげてしまっていた
 コイツは何も悪くないのに

 アイツに頼まれてここへやってきただけなのに……
 
ネリー「……嫌」

京太郎「……は?」

 逆に怒られる事も覚悟していたのに、ネリーは俺のベッドに腰掛ける
 居座る気満々という表情
 
 その態度に、俺は呆気を取られていた




京太郎「……ハッ、なんだよ。友情の為に、目的を果たすまでは帰れないってか?」

ネリー「……」

京太郎「それとも何か? 傷心の俺に付け込んで、落とそうって魂胆なのかよ?」

 自分でも最低な物言いだと分かっている
 だけど、そうでもしないと彼女が帰ってくれないかもしれない

 俺は一人になりたかった

 こんな自分を、情けない自分を誰にも見られたくなかったんだ

ネリー「……そうだよ」

京太郎「……えっ?」

ネリー「ネリーはね。キョウタローを落としにきたの」

 その言葉に、俺は一気に頭に血が上る
 コイツは、なんて言った?

 俺を落とす? 失恋したばかりの俺を、落とすだって?

京太郎「お前っ! いい加減にしろよ!!」

ネリー「……」

京太郎「ふざけんなっ! そんな事言って楽しいか!? 面白いのかよ!!」

ネリー「そんなわけないでしょ」

京太郎「じゃあなんだよ!! なんでそんな――」

ネリー「好き、だったから」ジワッ

京太郎「っ!!」

ネリー「……ずっと、キョウタローの彼女に、なりたかったから」ポロッポロッ

 わけが分からない
 どうして、ネリーが泣いている?

 泣きたいのは俺の方だ
 こんな、これは、ちょっと、困る

京太郎「……いつからだよ?」

ネリー「……わかんない。でも、文化祭の時、ネリーの為にお金くれたでしょ?」

京太郎「お金……? ああ、あの時か」

 思い出す。あれは確か、ネリーが金欠で文化祭を回れないとかいう話になって
 それで俺は――

京太郎「ぷっ、くくっ……あっはははははっ!」

ネリー「?」

京太郎「お前、あんなので俺を好きになったのか? たった一万円で」

ネリー「金額じゃないよ。キョウタローがネリーにお金をくれた事がきっかけで……」

京太郎「でも悪いな。アレ、アイツの気を引きたくてやった事なんだよ」

ネリー「!」

 そう。確かに俺は困っているネリーにお金をあげた
 だけどその狙いは、コイツの横にいたアイツへのアピール
 
 いい人を演じたかった
 あの男よりも懐が深いと、見せたかっただけなんだ

京太郎「だから、お前が――」

ネリー「知ってたよ」

京太郎「……はぁ?」

ネリー「ネリーね。全部、知ってた」



ネリー「キョウタローがあの子を好きな事も。そのダシに使われた事も」

京太郎「じゃ、じゃあ……なんで?」

ネリー「わかんない。でも、打算ありきでも嬉しかったから」

 そう言って、ネリーは服の裾をぎゅっと掴む
 流れ出ていた涙はいつしか止まり、その瞳には強い光が宿っていた

ネリー「本当はね。あの子から頼まれてなんかいないよ?」

京太郎「……なん、だって?」

ネリー「見ていたの。キョウタローが告白するところも、あの人がそれを邪魔するところも」

京太郎「……」ギリッ

ネリー「それで、チャンスだと思った。もしあの子がキョウタローを選ばなければ……ネリーが」

 ここへ来て、俺と過ごす
 だから、十二時を回るまで外で待っていた?

 馬鹿な、あれから何時間――

ネリー「……」

 よく見れば、ネリーの服は少し雪に濡れている
 顔も青ざめているし、指先もかじかんでいるようだ

 ずっと、雪の降る外で待ち続けたのかよ?

 俺と同じように、十二時が訪れる瞬間を――

京太郎「……わっかんねー」

ネリー「なにが?」

京太郎「俺に、そんな価値はねぇだろ」

ネリー「ネリーにはあるの」

京太郎「……そうかよ」

 観念した俺はテーブルの横に座り、ネリーを手招きする

京太郎「とりあえず座れよ。ケーキくらい、ご馳走してやっから」

ネリー「……うん」テクテク

 チョコンと、ネリーが俺の対面側に座る
 こうして見ると、やっぱり凄い格好だなぁと改めて思う

京太郎「俺、お前みたいなちんちくりんはタイプじゃないぞ」

ネリー「それも知ってる」

京太郎「だけど」

ネリー「?」

京太郎「……やっぱ傷心中ってのは、どんな奴でも可愛く見えるのかもな」ポリポリ

ネリー「作戦成功だね」クスクス


 外には雪が未だ降り続けている
 俺の誕生日を過ぎても、ずっとずっと

ネリー「……雪で帰れないかも」

京太郎「それなら、泊まっていけよ」

ネリー「いいの?」

 だけど、今の俺は一人じゃない

京太郎「変な事は、しない」

ネリー「してもいいのに」
 
 正直、よく分からない奴だと思う
 アイツの事を忘れて、コイツと向き合えるかも分からない

京太郎「ハァ……あのな」

ネリー「??」

京太郎「本当にお前がどうでもいい奴なら、今頃襲いかかって抱いてる」

ネリー「っ!」ドキン

 それでも今の俺には、根拠の無い自信がある

京太郎「そうしたくないのは、多分だけど……そういう事、かも」

 コイツといればいつか前を向ける 

ネリー「……キョウタロー!!」ダキッ

京太郎「わっ!? こら! だからって、別にお前の事が好きなわけじゃねぇし!!」

 きっと、それだけは――間違い無い事だと思う



 カンッ!!!

















【映画本編のラスト】


男「好きだ!」

女「抱いて!」

男女「あんあん」パンパン

男「やっべ、なんか病気で死んだ!」チーン

女「そんな……うっ! おえぇー」ドクンドクン

医者「おめでたやんけ!!! でもアンタも病気やで。苦しみもがいて死ぬんやで」

女「ンアーッ!!」チーン


 スイーツ(笑) カンッ!!



 なんかこういうの書くの、むず痒いね
 みなさん的にはどうでしたか? 男女の最後に涙を流したに違いありませんね

 
 

 ゾロ目判定のボーナスチェイン

 安価↓2 補正0

00~09 大爆死 変化なし
10~29 そこそこヒット +1
30~49 ヒット +2
50~89 大ヒット +3
90~99 ブーム発生 +5

ゾロ目 +10 京ネリ旋風が巻き起こる

00 ハリウッドからオファー 




 
 とりあえずルール説明と補足追加します


【試合】
・まずは対戦相手の安価→好感度判定→上昇値判定(人気&好感度)→大成功時、追加好感度判定

【タレント活動】
・まずはイベント内容の安価→共演者の判定→好感度判定→上昇値判定(人気&好感度)→大成功時、追加人気度判定


 要するに、コンマ90以上、ゾロ目の際にブーストかかるか否かですね
 タレント活動は↓のように記録も残っていきます
 勿論、麻雀で活躍してタイトルとかも入手できますので、挑戦してみてください



【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(27)補正0
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)


【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(79)
憧(74)
咏(09)


 今日はここまでです
 うーむ、小ネタ微妙ですね。育成メインに切り替えた方がいいのかも

 次回の更新は可能なら日曜の夜 もし無理そうなら月曜日の夜
 それも無理なら来週の土曜日くらいかも

 ぼちぼち、お待ちください

今日は更新なさそうですね


>>158

 と、おもーじゃん?
 するんだな、これが


 というわけで映画公開後の反響からやりたいデス
 更新休んでいる間に思いついたんですけど

 
 とりあえず、映画公開に対する清澄のリアクションをやっておきたいのでー
 今日は清澄の好感度判定いきますん


1 一気に全員好感度開放を済ませておく

2 仕事をやるたびに一人ずつ、清澄の好感度開放


 ↓1~3  多い方


 清澄の好感度開放
 京太郎がデビューする前なので、補正の類は一切無し

 ガチンコでこの世界の京太郎の扱いが決まりますん


【数値毎の好感度システム】
GOD   私が神だ
100   アナタ無しじゃ生きられない
90~99 誰よりも愛してる
80~89 大好きなあの人
70~79 異性として意識
60~69 気の合う親友
50~59 友人
40~49 嫌いじゃないけど好きじゃないよ
30~39 興味なし
20~29 嫌い
10~19 大嫌い
00~09 虫ケラ以下


 
優希 ↓1 一週目49 嫌いじゃないけど好きじゃないよ

まこ ↓2 一週目85 大好きなあの人

久 ↓3 一週目20 嫌い

和 ↓4 一週目19 大嫌い

咲 ↓5 一週目03  虫けら以下


【元清澄高校メンバー】
咲(80) 大好きなあの人
久(59) 友人(後輩)
まこ(16) 大嫌い
和(09) 虫ケラ以下
優希(06) 虫ケラ以下


 安定のやっぱり京咲がナンバーワン。のどっちが平常運転すぎんよ~
 これ、京ちゃんが活躍していくのを見た連中の反応・影響をどうしましょうか


1 京太郎の人気度獲得に応じて、清澄勢の好感度も上昇
(今回の場合、10上昇したので全員10アップ)

2 京太郎の人気度獲得は清澄のキャラと一切関係なし
(ただ、京太郎の活躍にぐぬぬするだけ ※一部キャラのみ)

3 毎回京太郎の活躍を見ていた人をコンマor選択安価で決定
(今回の場合、安価で選ばれた誰かが好感度10を獲得)


 こちらは↓1~5 で決定 
 これが終わったら、再開していこうと思いまー


【某所 喫茶店】

 カランカラーン

咲「竹井さん、お久しぶりです」ペコリ

久「あら、咲。そんなかしこまらなくてもいいのに」クスクス

咲「すみません。でも、いつまでも私にとって、竹井先輩は部長ですから」

久「もう。私が引退してから二年以上経つのに……」

咲「……二年、かぁ」

久「……やっぱり、ダメ、だったのね」

咲「はい。次の部長になった染谷先輩は……」ジワッ

久「あのまこが、ねぇ。正直、今でも信じられないわ」

咲「私も、そうでした。あの優しい染谷先輩が、京ちゃんにだけあんなに冷たく……」

久「……私のせい、なのかしらね」

咲「え?」

久「須賀君の事、雑用に扱っていたでしょ? だからほら、まこやみんなが……増長したんじゃないかって」

咲「違いますよ! 竹井さんは、その……」

久「ううん、自分でも分かっているもの。酷い事をしたんだって」

咲「……京ちゃんは、よく言ってました」

久え?」

咲「部長が、俺に雑用を押し付ける裏で色々と気を回してくれている事を知ってるって」

久「!」

咲「初心者の為の練習メニューとか……作ってくれていたんですよね?」

久「あ、あれは部長として当然のことよ!」

咲「でも。私は大会の事ばかり考えて……京ちゃんの事を、見ていませんでした」

久「……咲」

咲「家族の事だけ。自分を見失うような感覚……まるで自分が、麻雀を打つだけの機械になったような」

久「それは、アナタだけのせいじゃないわ。私達が、そう望んだからでしょう?」



咲「……でも、私が京ちゃんを見捨てたのは、事実ですから」








久「見捨てた?」

咲「……私、三年生から東京に転校したんです」

久「そうだったの? じゃあ……?」

咲「はい。和ちゃんが部長で、優希ちゃんが副部長に」

久「それは……須賀君、大変だったでしょうね」

咲「マホちゃんに、聞いた事があるんです。京ちゃんは、どうしているのかって」

久「マホに?」

咲「はい。京ちゃんはいくら電話で聞いても、はぐらかすので」

久「それで?」ドキドキ

咲「こう、言われました?」





~~~~マホ「すがきょうたろうさん? 誰ですか? その人?」~~~~~




久「っ!?」ゾゾッ

咲「それが、どっちの意味なのかは、怖くて聞けなくて」

久「わざと知らないような態度を取ったのか。或いは、本当に知らなかったのか」

咲「どちらにしても、京ちゃんの扱いはきっと……そういったものだったんだと思います」

久「……仮にも、全国大会に出場した生徒を知らない、なんて」アタマカカエ

咲「それで、真実を知りたくなって……私は、みんなを呼んだんです」

久「いきなり、京ちゃんの事で話したい事がある、なんてメールが来たからびっくりしたわよ」

咲「すみません。色々と、お忙しいのに」

久「アナタ達ほどじゃないわ。それで、他の子達はまだなのかしら?」

咲「……返事が来たんです」

久「?」

咲「京ちゃんの事なら、話す事なんて無いって」

久「うわー……」

咲「それでもう、私っ……どうしたら、いいかぁ……」グスッ

久「あーもう、泣かないの。お化粧が落ちちゃうわよ」

咲「すみま、せん」ズビー

久「……その、須賀君は今どうしているか知っているの?」

咲「それが、卒業の後くらいに一通のメールで……」


~~~京太郎『咲、俺はみんなに認められるような男になりに行く。その夢を叶えたら、また会おうな』~~~


久「夢?」

咲「やっぱり、竹井さんも聞いていないんですね」

久「まあねぇ。でも、みんなに認められるって、どういうつもりなのかしら?」



咲「うっ、うぅ……」ポロポロ

久「だから泣いちゃダメだって。もう、しょうがないわね」スッ

咲「?」

久「ここはもう出ましょう? 近くに、映画館があるの」

咲「映画、ですか?」

久「そうよ。どうせ泣くなら、恋愛映画でも見て泣いた方がスッキリするわよ」ウィンク

咲「あはは、そうですね」クスッ


店員「アリアトシッター」


 カランカラーン


久「じゃあ、映画館に行きましょ」スタスタ

咲「何か、おすすめの映画とかありますか?」テクテク

久「なんでも、今ヒット中の恋愛映画があるそうよ」スタスタ

咲「へぇ。どんな……」

久「あ、アレよ。ほら、ポスターが!」

咲「本当だ。色んなキャストさん毎のポスターがありますね」ジロジロ

久「この主役、なんかダサイわね。それよりも脇役の人達の方が……あっ」

咲「どれどれ……あっ」



                    ,. - ――-- 、

                , -、´     - 、    、
               ,.:/           \   \        【金より男子 大ヒット公開中】
                / '   |  、    \  \   ヽ
               / |   |  | ヽ l  ヽ   :.   |               CAST
             / _,∧{ | _|__,从  | |-、  l   |         男太郎    女花子
              ̄ / ∧ {'Ⅵ___ ヽ、 l ノィ { ∧{       須賀京太郎  ネリー・ヴィルサラーゼ 
              { /ィ从\ Vソ '  ∨| |、 从{ ,..;ジ'″ .ヽ 桐山漣 菅田将暉 松岡充 杉本彩
                 〃      /イ}/ } '´三三 /`ー'¬ー,, 
                 ` ー、 _     / /三三./三三三三`'、
                    `ヽ`_....イ ∠三三三三三三三三三l、
                             | │三三三三三三三三三l\
                             |/ 三三三三三三三三三 ヽ\
                         /三三三三三_、.-、三三三三.lノ.三三三三二ニ=― ―― ―
                         /三三 _.. -''″三 -.l,三三三 /三三三三三三三三三三三 ヽ
                            |三三/三三三三三三`''―-、.l三三三 ,/│三三三三三 /
                            l三 |三三三三三三___三`'-、三三/   |三三三三三/
                         `-__|、、三三 _..-'"゛三三三三 `''ヘ..,_     |三三三三 /
                           `|"'.、 .'"三三ー―ー ̄三三三三`ヽ  l三三三三 ,
                                l'、.゙''' .____、三三三三三三三三ヽ l三三三三|
                             l,.ゝ ..,,_.   `゙'ー_  .ー'二´三三三 ヽ ヽ三三三|
                              \   `゙''ー ..___>-、三三三三三 ヽ \、 ノ

咲「……」

久「……」

咲「……?」チラッ

久「……?」チラッ





咲・久「「ええええええええええええええええっ!??!????」」ガビーン








【某所 喫茶店】


 カランカラーン

まこ「なんじゃ、お前達。咲の集まりには応じなかったんか?」

和「……そういう染谷先輩こそ。咲さんは別に、私達を集めているじゃないですか」

優希「……」

まこ「まぁ、普通のお誘いなら喜んで行くが……あの馬鹿の話ならのぅ」

和「馬鹿、ですか。そんな言葉では少々物足りないですね」

優希「……」

まこ「相変わらずお前達も、京太郎を嫌っちょるんか」

和「当然です。あんな人間のクズ、早く死ねばいいんです」

優希「っ」ビクッ

和「ああ、ごめんなさい。ゆーき、あんな男の話……不快ですよね」

まこ「過保護じゃな」

和「当然です。ゆーきは私にとって、一番の親友ですから」

優希「のどちゃん」

和「いいんですよ、ゆーき。アナタの受けた心の傷は、私が癒してあげます」ギュッ

優希「じぇ……」ギュッ

和「ゆーき。ふふっ……良い子ですね」ナデナデ

優希「……」

まこ「……なんでもええんじゃが、これを」スッ

和「なんですか?」

まこ「今年、横浜ロードスターズに入団した新人の資料じゃ」

和「ロードスターズ! 確か、憧が入団したと聞いていましたが」

まこ「それなんじゃが……その他のラインナップが、のぅ」

和「? 煮え切らない態度ですね」

まこ「見れば早いぞ」

和「分かりました。では……」パラッ


和「なっ?!」ガタッ

優希「のどちゃん……?」

和「どういう事ですか!? あの男が、どうして!?」

まこ「……仮にも、全国出場者じゃからのぅ」

和「そういう問題ではありません! 男子如きが、どうしてプロに!?」

優希「京太郎が、プロ……?」

和「ゆーき!!!!」

優希「っ!」ビクッ

和「ダメです。あんな男の名前を、口にしてはいけません」

優希「……」コクリ

まこ「……」

和「とにかく、これはきっと何かの間違いです」

まこ「間違い、のぅ。じゃったら……これはどう説明する?」スッ

和「今度はなんですか? 映画のパンフレット? それが……」

優希「あっ」

和「? どうしましたか、ゆー……っ!?」ビリィッ

まこ「!?」

和「こんなものっ! こんなっ! こんなものぉぉおっ!!」ビリビリッビリッ

まこ「の、和?」

優希「……」ブルブルブル

和「はぁ、はぁっ……はぁっ……ぜぇっ」フーッフーッ

まこ「写真を見ただけでその反応。本人を前にしたら……」

和「殺してしまうかも、しれませんね」ギラリ

まこ「っ!」ゾゾッ

和「……でも、やっぱり染谷先輩の勘違いじゃないですか?」

まこ「な、何がじゃ?」

和「彼はタレントになったのでは? 外面だけは、一般人よりも多少、僅かに、マシ、でしたから」ニッコリ

まこ「……さぁのぅ」

和「それで? こんなものの為に、私達を呼び出したんですか?」

優希「……」


まこ「わしはな、全部長を尊敬しておった」

和「?」

まこ「アイツの後を継いで、二連覇を達成させる。それに囚われて、外側だけアイツの真似を続けたんじゃ」

和「何をおっしゃっているのか分かりません。染谷先輩のお陰で、私達は二連覇出来たんですよ?」

まこ「それは、京太郎の犠牲があってこそ、じゃろ?」

和「!?」

まこ「わしは、久がやっておったように京太郎をこき使った。じゃが、アイツはちゃんと裏で京太郎をフォローしていたんじゃ」

和「染谷先輩はそれを怠った。だから、後悔していると?」ワナワナ

まこ「かもしれん。当時は何も思わんかったのに、アイツが頑張っている姿を見たら……自分が恥ずかしくなった」

優希「……」ソワソワ

まこ「その映画。オチはクソ森じゃが、京太郎の奴はいい演技をしちょったぞ?」スッ

和「……観ませんよ」

まこ「それはお前達が決める事じゃ。じゃあ、またな。会計は済ませておくけぇ」スタスタ


 カランカラーン


和「……」

優希「のどちゃん。私は……」

和「帰りましょう」

優希「で、でも! 私も、気になっ……」

和「ゆーき」

優希「うん」

和「良い子です。さぁ、家まで送りますから」

優希「ごめんね、のどちゃん」

和「何を謝るんですか? ふふっ、私達はずっとずっと……何があっても、親友ですから」

優希「……」 

和「(そう。私達に、あんな人はいりません。あんな……人は)」ブルブルブル

優希「(京太郎、私は……)」ジワッ




【元清澄高校メンバー】
咲(90) 「なんだろう? この幼馴染に悪意を感じる。でも、京ちゃんがまさか映画デビューなんて!」ワーイ
久(69) 「あははは……サイン、もらっておくべきだったかしら? でも、映画の須賀君……カッコよかったわね」キュン
まこ(26) 「わしは……久にはなれんかった。京太郎、お前は……」
和(19) 「嫌いです。あんな人。嫌いと言ったら、嫌いなんです」
優希(16) 「嫌いだじょ。でも、映画くらい……観てやっても、いいじぇ」





【プロ一年目 五月 ロードスターズ 宿舎】


京太郎「よっ、ネリー。お疲れ様」

ネリー「……っ」カァァァ

 タタタタッ

京太郎「?」

 あれ、ネリーの奴……どうしたんだ?
 最近、俺の顔を見ただけで逃げていくような……?

姫子「ん? 京太郎君、こげな場所で何しとーと?」

京太郎「あ、鶴田先輩。実は、かくかくしかじかですたい」

姫子「あー、なるほど。多分、ネリーは照れとうよ」

京太郎「ネリーが? 俺に?」キョトン

姫子「映画でカップル役を演じたけん、気まずいんじゃなかと?」

京太郎「そういうもんですかね? 俺は普通ですけど」キリッ

姫子「……京太郎君は鈍感たい」ハァ

京太郎「???」

姫子「なんでもなか。ほら、今日も仕事を頑張って!」

京太郎「はい!」

 そうだ
 映画の撮影は先月で終わって、今月は――


 安価 ↓2

1 実業団との試合
(好感度が上がりやすいイベント)

2 タレントとしてのお仕事
(人気度が上がりやすいイベント)



京太郎「今日は試合だ!」

 俺のプロとして初の試合だ!
 ここはなんとか勝利して、鮮烈なプロデビューを飾るぞ!!

京太郎「えっと、相手は誰だったっけ……?」ハテ

 確か資料によると……


 安価↓2

1 ハートビーツ大宮(はやりん所属)
2 横浜ロードスターズ(うたたん所属)
3 松山フロティーラ(のーうぇい所属)
4 つくばプリージングチキンズ(すこやん所属)
5 佐久フェレッターズ(藤田プロ所属)
6 エミネンシア神戸(のよりん所属)
7 延岡スパングルーズ (大沼プロ所属)
8 博多エバーグリーンズ(哩所属)

横浜って所属チームじゃ?


>>213 
 ミスったから次回から省く
 まぁ、取られたらチームメイトと試合って事にしていたYO


京太郎「今日はハートビーツ大宮との試合だ!」

 確か、牌のおねえさんの瑞原プロが所属しているんだよな
 あの人、見た目は若いけど……いや、よそう

 俺の予想でみんなを混乱させたくない

京太郎「確か対局って、うちのチームから一人と。相手が二人」

 うぅ、緊張してきた
 それに、相棒は誰なんだろうか

京太郎「とりあえず、会場に行ってみよう」テクテク

咏「……」ジトー



 このレスのコンマでパートナー決定

00~24 咏
25~49 憧
50~74 ネリー
75~99 姫子



 対戦相手 女子キャラのみ 安価↓1~5

 一番コンマ高い人 or ゾロ目は確定(ゾロ目並んだら大きい方の勝ち)

 


 クロチャーとユキのハートビーツ臭はんぱねぇっすね
 今思ったんすけど、ここのメンバー選択のところで好感度判定も兼ねて良かったかもね
 そうしたら基本的に好感度高い人ばかりが京ちゃんの周りに集まるし

 でも、今回は再判定します(無慈悲)



 好感度判定安価 補正0


クロチャー ↓2

ユキ  ↓3


 ついでに対局結果も安価 ↓4 補正0

00~09 変化無し 箱割れ 
10~29 +1  四位
30~49 +2  三位
50~89 +3  二位
90~99 +5  一位
ゾロ目 +10  ダントツトップ


00 京太郎以外は全員ぶっとび&おまたぬれぬれ




【横浜ロードスターズ VS ハートビーツ大宮】


えり「さぁ、始まりました。横浜ロードスターズ対ハートビーツ大宮」

はやり「よろしくねっ!」

えり「えー……瑞原プロは解説ですか?」

はやり「うん。この試合はルーキー同士の試合だから」

えり「なるほど。それでは、入場して頂きましょう。四人の選手達です!」


 ワーワー パチパチ


 タタタタタッ!!

                                       、 - _ ( 、   、、
                                  -= ーゝーヽ`  ` 、) ,ヽ.(
                                ,..-― '" `         { ( 、
                                /   -  _ 丶 、  、.l ヽ ',

               ,. -‐   ―- ._   丶ー-‐ '"  -  ,.ー―  ヽ、  、ヽ    }
               ,.イ/////////////>、 _ ゝ-    _,. '"          、ヽ.!'l     ト
             //////////,ハ'///////,ヽ'"__,. - '"             .}.ヽ!    }.ヽ
             ハ//////////i_l///ハ///ハ.ノ         .:.  : /   .! '   : ,'  '
.            !'//////////ソ }/ソ'r;.∨/jソ         ,. -―-、  .ハ}'   ',   /   '
          , 'l'////////Vィ'了'"  vハ//ハ        /  >"⌒} ./ .'   .}  /   }
_        , / ノ/////////,弋rソ    、 ∨/ハ    ハ'、 >"    /,ィ      ,. 'ノ   !
ー- ̄_ー '"   /////////ト'//ヘ   _ , 八/ハ  , '{. l/ , ∧  ./ ' l ,  r- '",.イ   j-
     ̄.>'"//////////,ゝ,\/\    イ、 )'/ソ / 、ヽ } .ノ/ l/{/  .!/ !,/ ./_´. ー-,   ,'  ヽ
--―‐ ''"////////////////-‐ \/`ニ/,ヽ//  ヽ'"{、` .V         / ´_,.. ィ'",.イ/     ` 、
///////////////!/////ハ-‐ ''"  ̄ ,. - ヽ,\/ } ヽ.{  !   .'     .,.' /  /  /./ ´   、 `ヽ
///////////////l//////∧ :.  ./    .!//ハ .!   ', l : i ./ /./       ././-‐'" `ー ぅ 、 `ヽ
'///////////////!'//////∧  ,    .l }. ヽソ .l ,. '" ̄,.=-‐ ̄-、ヽ        イ -‐ ア   ( .{::...:i .!、
,.イ//////////////l///////∧ /      ;. -― ,..、ヽ ̄ヽゝ-<_フイ .} /       ./ ,.-‐ハ.__l ̄,' .ノ、',
////////////////,l////////∧  .!  .(`ヽ_,' -― '" ,,..-―- 、⌒ .〈'"     ,  イ' f /  ! !::/ /::'j .}
////////////////,l//////////ヽ :   { ´    __  _    `ヽ、}_,. ‐   '" / !::{   `':::'.イ::ノ.}ノ
///////////////ハ/////,∨////ヽ.  ゝ‐,.,´ ̄ーl 7l/ィV vvヽ    イヽ       / ゝ、  ....:::::::: ̄ノ
///////////,.イ///l.jV////ハヽ/////\ ゝ{Vv.v´ }Vニニニニハ` ,  ヽ \、  _イ.     ` _:::::::::::;:: '
//////////.l////l.ハ'////∧ \/////\ ー- _ノ.-‐::::::;⌒ァニj     }  ヾ、_丶        _   ̄
////////  l////,!' ∨////∧ `<////,\   ;/::::;:::::/二ハ/  ._,. イ  、  __>ー-― '''"
,'/////   |////,!  ∨////∧   ',`'<///\__{.{::::!:::::!ニ,、〉' /  、 _ ヽ.)
'///       l////,l、 ノ ヽ'////∧    ̄/`</,ヽ'.j::::::::ノ=,i.ノ ./  jヽ!
/        .V///,l/   ヽ/////ヽ lニ.'    .ト./__.イ.ノ.!ノ /  (
         V///l     \////,\ {   .r-‐ニニニノ/ ,' ., ト 、
         ノ∨//!        \////\、 ,.人_,...  ..__,ノ .{
.        /-―ヾ/ハ――-  _  `マ//ヽー-イ .j   , ハ  ゝヽ
.     /〈-ー, /.ヾハ    l /  ̄ ‐-</ハ ゝ,(乂 ノソ.ソ ` `
    <;‐┬'" `ー--ヾ、¬ァ└-.__」 lヽV}

     ー-.!      ', \、⌒ '   ∟; _j ',リ
        '         ヽ `        `
.        '        i 、           、
        !       l \          、

玄「牌のおねえさん! ドラゴン!」バーン

由暉子「牌のおねえさん! エンジェル!」バーン

 
 ジャーン

玄&由暉子「「二人揃って、牌キュア!!」」ジャジャーン

観客「「「FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!」パチパチパチ


えり「凄い人気ですね」

はやり「うん! 二人共じまんの弟子だからね」フフフ

えり「若いって、いいですよねぇ」

はやり「……」カフッ






はやり「」ブルブル

えり「えー、瑞原プロが吐血したところで引き続き……ロードスターズの選手の入場です」

 ワーワー! ベイス☆ボール!
 ラミレスー! クラモトー!


ネリー「……」モジモジ

京太郎「どうした?」

ネリー「うっ」ドキン

京太郎「なんだよ、まだ照れてんのか?」

ネリー「ちがっ! そうじゃない!」アセアセ

京太郎「今日は試合だぜ。余計な感情は無しだ」

ネリー「!」

京太郎「勝とうぜ。俺とお前で、さ」スタスタ

ネリー「……うん」スタスタ

 ワーワー カワイイコダー
 ナンカオトコガイルゾー  キョウブタシネ


えり「入場してまいりました! インターハイでも優秀な成績を残す、ネリー・ヴィルサラーゼ!!」

はやり「それと、今年唯一の男子……須賀京太郎君だね!」

 ブーブー! チンポヤロウハキエロー!
 マージャンニオトコハヒツヨウネェンダヨー!!

えり「おおっと、これはとんでもない大ブーイングです」

はやり「男の子だからね。しょうがないね」


玄「うわぁ……男の人だよぉ。嫌だなぁ」ドンビキ

由暉子「そうですか? とても素敵な人に見えますが」

玄「ユキちゃん!? 本気なの!?」


 オトコハキエロー! シネヤー!
 クタバレー!!


観客「BOOOOOOOOO!!!」

京太郎「分かってはいたけど、凄いな」アハハ

ネリー「……やめてよ」

京太郎「え?」


ネリー「みんな、やめてよ!!!!!」


観客「!?」

えり「!?」

はやり「はやっ☆」

玄「!?」

由暉子「?」


ネリー「キョウタローを……いじめないで」

京太郎「ネリー……」

ネリー「キョウタロー、優しいよ? 弱いけど、いつも頑張ってるの!」


えり「観客からのブーイングに対し、相棒であるネリー選手が反応したようですね」

はやり「美しき信頼ってところかな☆」

えり「しかし、観客のブーインはまるで収まりません」

はやり「うーん、可哀想」


ネリー「……っ」

京太郎「いいよ、ネリー」

ネリー「え?」

京太郎「お前のその気持ちだけで、勇気がもらえたから」ポンポン

ネリー「~~~ッ」カァァ

京太郎「勝つぞ」キッ

ネリー「うん!」


玄「何かゴチャゴチャ言っているけど、私達は負けないよ! ね、ユキちゃん!」

由暉子「……このブーイングの中、笑っている」

玄「?」

由暉子「心も、強い方なんですね」ドキドキ

玄「も、もしもーし?」アタフタ


えり「さぁ、両チームが卓に着きます」


玄「負けないよ!!」

京太郎「俺は勝ちますよ」

由暉子「えっ?」

京太郎「ただ、勝つんじゃない」ポンポン

ネリー「……」ソワソワ

京太郎「コイツと一緒に、ワンツーフィニッシュだ」ニッ


観客1「オイオイオイ」

観客2「死ぬわアイツ」

観客3「ほう。生意気抜きネリーですか。大したものですね」

観客12「「!?」」

観客3「ツンである生意気を抜けたネリーはデレの効率がきわめて高いらしく、SSに愛用する作者もいるくらいです」

観客1「なんでもいいけどよォ」

観客2「相手はあの牌キュアだぜ」

観客3「それに頭ポンポンに、相手の為に闘うというフラグ立て」


京太郎「……」ゴゴゴゴ


観客3「これも即効性の勝利フラグです。しかも、相手チーム選手のデレも添えておもちバランスも良い」


由暉子「……」ドキドキ


観客3「それにしても、試合直前だというのにあれだけフラグ補強できるのは……超人的な主人公力というほかはない」


京太郎「よし……と」



 須賀京太郎の能力は、自分を応援する者の気持ちによって力を増す

 一人よりも十人

 十人よりも百人

 その数が多ければ多いほど、彼の力は勢いを増していく

玄「リーチ!」

京太郎「……(感じる)」ドクン

 だから、この現状
 この会場にほとんど味方のいない彼は、力を得られる筈もない

京太郎「……カン」

玄「うぇっ!?」

京太郎「リーチ!」

 だが、今の彼には力が溢れている
 
 誰にも負けないと、心の奥から力が沸き上がってくる

 それはきっと、彼を想う強い気持ちがあるから

ネリー「キョウタロー!」

京太郎「ああ、決めてやる!」

 千人にも、万人にも勝るネリーの想い

由暉子「(彼の捨て牌は滅茶苦茶すぎます。ひとまず、字牌で繋いで)」スッ

 それが、京太郎に力を与える!

京太郎「それだ!!」カッ


                            , 、。s≦ニニム
                       ====ノ /ニニニニニニ}───
                    _,  ´ ̄\__ .イニニニニ/
                    > ´ イ⌒',   `ヽニニニ{
              _ - ´       |    ハニニム
                 _>   ' ,/  、 } , : | ハニニニニニ=--
                  /⌒/ | | _/| ∨ / l|  |}ニニニニニニニニニ=-
                /   { |゙ト、| / /}ィリ|n  |ニニニニニニニニニニニニニニ=-zzzzzx
                   ̄ィ , 从沁∨'/炒 } リ ハ!ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≫
                   { /从  ,     ム从ニニニニニニニニニニニニニニニニ{ニニニニニニニヽ
                     /\ -‐ イ「ニニニニニニニニニニニア¨¨¨¨ ̄⌒寸ニニニニニニニニ\
                       `ヾ. ≧≦ /ニニニニニニニニニニニ,'        寸ニニニニニニ,=ミニヽ
                     {_ヽ /ニニニニニニニニニニニ,'            ヾニニイ/`Yニニム
                   _      `寸ニニニニニニニニニニア            lア゙ { 〈〉'〈ニニニ}
                  `寸≧s。    ィニニニニニニニニニニ{           _-" ::::',:::`¨´ー‐=ニ}
                      /ニニニニ=-,=ニニニニニニニニニニニニ{        __, イ ヽ:::::::ヽ:::::::ゝ┐ }!
                  マニイ´ヾニニニニニニニニニニニニニニニ〉         乂___.イ‐ヽ=-⌒ヽ:::::::{´. /
                 //////}ニニニニニニニニニニニニニニム                    ‘,:::ゝ' ',
                 _,,ィ///////>ニニニア//-==ニニニニニニム                 〈::::/ /
              /////////////ア///////////.寸ニニニ{                   /]ゝィ
              ,イ/////////////ア///////////////寸ニi〉                {__/
.          ,イ/////////////>'////////////////}ニア゙
.         /////////////ア´ {{////////////////ニア
.         ,イ////////ニ=-     寸////////////イ¨´
      ,イ///////イ´         マ/////////ア´
.     /ゞ===イ´           マ/////アイ
      ム:::::::::::::::::}              {:::::::::::::リ
   く::::::::::::/¨¨´.               {:::::::::::/
    ¨¨¨                     ゞ─'゙


京太郎「ロン!! 国士無双! 32000!!」

由暉子「!?」

玄「」

京太郎「言ったろ、ワンツーフィニッシュだってな」ナデナデ

ネリー「あひゃっ……!」ゾクゾクビビクンッ

カンして国士はないんじゃ・・・


>>248

 ミスったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
 最初は四槓子にするつもりだったんだあああああああああああああああああああああああああああ


 でもおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



 とちゅうでええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ



 国士の方がああああああああああああああああああああああああああああああああああ


 カッコイイってえええええええええええええええええええええええええええええええええええええ



 思ったんだあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ






 ふぅっ、スッキリした
 ごめんなさい、今書き直します
 



 須賀京太郎の能力は、自分を応援する者の気持ちによって力を増す

 一人よりも十人

 十人よりも百人

 その数が多ければ多いほど、彼の力は勢いを増していく

玄「リーチ!」

京太郎「……(感じる)」ドクン

 だから、この現状
 この会場にほとんど味方のいない彼は、力を得られる筈もない

京太郎「……決めてやる」カッ 

 ダァンッ!!

玄「うぇっ!?」

京太郎「リーチ!」バーン

 だが、今の彼には力が溢れている
 
 誰にも負けないと、心の奥から力が沸き上がってくる

 それはきっと、彼を想う強い気持ちがあるから

ネリー「キョウタロー!」

京太郎「ああ、見てろよ! ネリー」

 千人にも、万人にも勝るネリーの想い

由暉子「(まだ八巡目。彼の捨て牌は滅茶苦茶……ひとまず、字牌で繋いで)」スッ

 それが、京太郎に力を与える!

京太郎「それだ!!」カッ


/     ,     /   /   / /             |   |  :.   .   :.
    /     /   /    '    |   |     |   |  i|   |    .
  イ        '   /|    /|  l   |   |     |   |  l|   |    |
// /      |   | {   ' :.     |   |     }   |  l|   |   {
 ' 〃         |   |  | |   ト,  :     /| /| /|    '  ∧|
/ / .'   ,:  ' Ⅵ |_'. |  | |   | l   |     ' }/ }/ :  /  .イ `\
{/ /   / /  / {  |  Ⅵ≧!、,|   | 、 |   _/ム斗七    /:. / }'
 '   ,イ / | { 从 | イ  {::しメ∧   l  Ⅵ   イ {::し刈 `ヽ'  ' }/
'  / /イ Ⅵ :.  Ⅵ    Vzり \  、 }  /  Vzり   }/  /
/        | 从   |            \ ∨/        ,  /
       _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_
 ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
/////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
/////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
/////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////

京太郎「ロン!! 字一色! 32000!!」

由暉子「!?」

玄「」

京太郎「言ったろ、ワンツーフィニッシュだってな」ダキッ

ネリー「あひゃっ……!」プシャー!!

京太郎「勝てたぞー! ネリー!!」ギュー

ネリー「うんっ……」ギュー


 誰もが呆気に取られていた

 勝手に弱いと決めつけ、どうせ噛ませになると思われた男が……
 たった一局で、勝利をもぎ取っていったのだから

 東一局 八巡目
 
 それだけで、プロの対局があっという間に終了したのだ

1位 58000 京太郎

2位 25000 ネリー

3位 24000 玄

4位 -7000 由暉子


京太郎「……ありがとうございました」

玄「」ブルブルブル

                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                  /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                .::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::| \::::::::::::::::|:::::::::: l|:::::::::::::::.
              .::::::::|::::::::::: l|:::|ハ::::::::: l|   \::::::::: |:::::::::: l|:::::::::::::::::.
            |:l|:::: |l:::::::::: l|:::|人:::::::八、__\: : |:::::::::: l|::::::::::: |::::.

            |:l|:::: |l:::::::::: l|斗匕\:: : \    \|:::::::::: l|::::::::::: |!::::.
            |Λ:: |l:::::::::: l|     \:Г _____ノ―-=ミ|].::::::::::|l:::::.
              八 Ⅵl::::::::::八抖芋ぅ  /   /     ヽ:::::::::|!!:::::.
                   |八ハ八Λ////// /_____|. .   \___ノ\::: |||::::::.
                   |: /|::::::::::Λ 。J   \))) |: : : \/     ∨||:::::::.
                  (__) |:::::: /:.込、о  _____  \___ノ.        Ⅶ:::::::::.
              从 |::::::::::::::: 个o。  `⌒′  Jl{: :  .:    V:::::::::::.
                /:/ハ|::::::::::::::::: |l:::::::: ≧ー-<_..ノ八: : . /       V:::::::::::.
             /:/{ |::::::::::::::::: |l:::::::: : /〉}__厂 /: : \/.      --=ミ:.
            {Λ{ |::::::::::::::::: |l:::::::: /,仏{⌒ヽ::::::::::: /:        V    \
.              丿    |::::::::::::::厂 ̄ Λ:|  /:Λ___/!: :       V  . . ハ
               /|:::::::::::/  | ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄|: :.         V⌒ : : :|

玄「ありがとう、ございましたぁ」ズビー

京太郎「あ、あの!」

ネリー「キョウタロー」チョイチョイ

京太郎「?」

ネリー「勝者が敗者に掛ける言葉なんてないよ?」

京太郎「……そうだな。じゃ、帰ろうぜ」

由暉子「あっ……待ってください!」

京太郎「?」

由暉子「……また、打ってください。今度は、もっと……楽しませてみせますから」

京太郎「! ああ、楽しみにしてるぜ……エンジェル!」

由暉子「……ユキで、いいですよ」モジモジ

京太郎「お、おう? 分かった」

ネリー「は? 負けたくせに、何話しかけてんの?」ギロリ

京太郎「いや、いいだろ別に」

ネリー「ダメ!! もう帰ろ!!」グイグイ

京太郎「ちょ、わっ! 待てって!!」


はやり「わー。凄いですねー! あっさり終わっちゃうなんて!」

えり「ま、まぁ。気を取り直して次の試合に行きましょうか」アセアセ

はやり「はい。次はうちの……」




 対局ミスで心折れたので今日はここまでだよぉぉぉぉ! 
 ゆんやあぁぁぁぁぁぁ! だから対局の細かい描写は嫌だよぉぉぉぉぉ!!
 
 つうわけで、好感度チェインと清澄の反応タイムは次回に持ち越し
 明後日あたりに更新する予定だよ、多分ね!

 とりあえず、対局ミスはほんとサーセン



【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(32)補正5
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破)


【ハートビーツ大宮】
由暉子(79) 「須賀京太郎……覚えました」
玄(32) 「くやじぃよぉ……おねえちゃぁん」

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)「今夜は一晩中、お祝いすっとよ」
ネリー(79)「ネリーとキョウタローで、勝ったんだ」
憧(74)「私だって……」
咏(09)「まぐれじゃね? しらんけど」

【元清澄高校メンバー】
咲(90)
久(69)
まこ(26)
和(19)
優希(16)

おつー
ネリー他のチームメイトの好感度も一緒に上がっても良いと思うけど据え置き?
それだと同チームのメリットなさ過ぎる気が……

おつ。
クロチャーの好感度は27じゃないの?
ユキは安価どうりの好感度のままだし


>>261 
 チームメイトは試合する度にランダムでペア組むのと、京太郎が宿舎で毎回絡む美味しい役目
 清澄はもはや好感度というか、因縁度というか、本編のラインなのでヒロインレースとは別軸ですよね
 
 前回の照、咲じゃないのですが
 京太郎が頑張る理由は清澄の連中に認められたい、見返したいなので

 そこはそれ、これはこれでオネシャス


>>264
なぜかクロチャーだけ反映させていたね

【ハートビーツ大宮】
由暉子(84)
玄(32)
はやり(安価↓3)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(84)
憧(74)
咏(09)

【元清澄高校メンバー】
咲(95)
久(74)
まこ(31)
和(24)
優希(21)

 これが正しい

 ちなみに、次回でやるチェインで上がるのは対局した三人娘だけです
 清澄はあくまで、一回目の結果だけしか見ていないという感じ
 安定の咲ちゃんカンスト
 一週目の咲さんはなんだったんでしょうかね

移籍して喜ぼうぜ


観客1「オイオイオイ」

観客2「死ぬわアイツ」

観客3「ほう。生意気抜きネリーですか。大したものですね」

観客12「「!?」」

観客3「ツンである生意気を抜けたネリーはデレの効率がきわめて高いらしく、SSに愛用する作者もいるくらいです」

観客1「なんでもいいけどよォ」

観客2「相手はあの牌キュアだぜ」

観客3「それに頭ポンポンに、相手の為に闘うというフラグ立て」


京太郎「……」ゴゴゴゴ


観客3「これも即効性の勝利フラグです。しかも、相手チーム選手のデレも添えておもちバランスも良い」


由暉子「……」ドキドキ


観客3「それにしても、試合直前だというのにあれだけフラグ補強できるのは……超人的な主人公力というほかはない」


京太郎「よし……と」

勝つわアイツ

>>287
おもちに関する方向性の違いにより解散

>>289
京ちゃん「おもちは円錐型」

くろちゃー「おもちは釣鐘型」


 久々に再開ししていこ
 のんびりしすぎだって、はっきりわかんだね
 お気に召す話が作れればいいんですが……ふぁっく
 もっとテンポを上げたいという思いもあったり
 ちんこ 回す
 


 一方その頃、清澄は、シリーズなんですけど
 全員分やると長くなるので、代表一人を毎回安価で決める感じでいいですかね?

 好感度は一応全員上がりますが、リアクションパートは一人ってな感じです


【ロードスターズ控え室】

 ガヤガヤガガヤ

京太郎「うーん」

 ハートビーツ大宮との試合
 プロデビューを、東場一局からの役満勝利で飾った俺だが


咏「まぁ、余裕じゃね?」

先輩1「ですよね」

先輩2「やるじゃーん」


 キャッキャウフフフ


京太郎「先輩方は誰も俺に見向きもしない」ガーン

ネリー「ネリー達がいるよ?」

姫子「めでたかねー」パチパチ

憧「まぁまぁ、かしらね。アンタにしては」プイッ

京太郎「ありがとう、新子。それに、鶴田先輩まで」ウルウル

 まぁ、俺なんてまだまだ新人だしな
 これからちゃんと活躍していかないと

京太郎「さて、残りの試合はどうなるかなー」

憧「もうほとんど終わってるわよ」

姫子「ロードスターズの勝ちやっと」

京太郎「おお!」

 俺も少しは勝利に貢献出来ていたのならいいけど
 


 大成功判定のボーナスチェイン

 安価↓2 補正5

00~09 変化なし
10~29  +1
30~49  +2
50~89  +3
90~99 ヒーローインタビュー +5

ゾロ目 +10 牌キュア達に食事に誘われる

00 京ちゃんが牌キュアの一員になる



【試合会場】

えり「という事で、今回お送りしたハートビーツ大宮対横浜ロードスターズですが」

はやり「残念ながら、はやり達は負けちゃいました」シクシク

 ガンバレー ハッヤリーン!
 パイキュアダシテー

えり「それでは今試合のヒーローインタビューですが……え? これ、本当ですか?」

はやり「どうしたのかな?」

えり「恐らく、長い歴史の中でも初めてかもしれません。それではご紹介しましょう」


                    _,.. -- 、__, 、___
              ⌒> ´  ´  ヽ  `ヽ、
                _,.   ´  ,  , 、   | 、 、 ヽ
                ̄7  / / 从  、 |  |  |  :.
                 /イ / /l/  | | | l}从}  |   {
               _/_ { 从ヽ、 { | |/ イ´∨}  :
                 ̄´ {∧ { ○ 从{  ○ }'⌒}、{
                 {从         r-く| \
                     叭   __   八}イ
                   、 └―┘ ィ/∨
                  「¨>-- rく「 ̄ }

             , ------ ∨_」   :, ∨]/|ィ¨7ー-- 、
               ////////「//| ー- 」 }ヽ// ///////}
                {/{////// \∧ r'  ヽ }' {///////      ※服は気にするな!!
                |l∧////////Ⅵ,〈      | |///////|
                |/∧/////////|l∧     ,l |///////|
                |//∧/////////() \//∧}///////
                |////}////////// 「/////∧/////{
                |////|///////////∨()////\/// |
                |////|////////////\///// ∧/ /
                |////|//////////////\//////,イ
                |////|//////// ()/////|:.\////:.|

えり「デビュー戦にして初勝利! さらにはヒーローインタビューも獲得!」

はやり「須賀京太郎君だー!」ワーイ

京太郎「え? ええええええ!?」ガビーン

えり「はじめまして、針生えりです」ペコリ

はやり「瑞原はやりだよ☆」

京太郎「す、須賀京太郎です。あの、俺、鶴田先輩にここに行くように言われて」アセアセ

えり「緊張なさらないでください。では、インタビューを」

京太郎「は、はひっ」ガチガチ


 安価↓1~3 

 折角なのでヒーローインタビューの質問内容募集
 あまりにも不適切なもの以外は回収するよー

 悪意のある質問はオーケー

例 
 男のくせにどうして麻雀を? なんかもおっけーね


えり「須賀選手、見事な初勝利でしたね?」

京太郎「ええ。気持ちよかったです」

 ブゥーブゥー チョウシノンナー

えり「……こほん。その勝利を、最初に誰に伝えたいですか?」

京太郎「えっと、そうですね。チームメイト……は、もう知っていますし」

 となると、残るのは……

京太郎「両親、ですかね。俺がプロ入りするって言い出した時、反対していましたから」

えり「反対を?」

京太郎「ええ。男なのに麻雀のプロなんて無理に決まってるって」

 ソーダソーダ! アタリマエダヨナァ!? ソウダヨ

えり「なるほど。確かに男性のプロは少ないです」

はやり「強い人も勿論いるけどね!」

えり「では須賀選手、そんな男性である貴方がなぜ……今回は勝てたのでしょうか?」

京太郎「……んー、まぁ少し恥ずかしいんですけど」

えり「?」

京太郎「ほら、始まる前に俺……ブーイングを受けちゃったじゃないですか」

えり「え、ええ。ありましたね」

はやり「ひどいよね。はやりはああいうの、よくないと思うな」

京太郎「はい。それでまぁ、その時に……俺の相棒が、庇ってくれて」



ネリー「っ」ドキッ



京太郎「俺は悪く言われてもいいんです。でも、俺が情けないせいで、アイツが悪く言われる事が許せなかった」

えり「なるほど。その思いが引き寄せた役満だったと?」

京太郎「はい。アイツのお陰で、俺は勝てたんです」




ネリー「~~~~~~~~~~ッ!!!!!」ジタバタジタバタ

姫子「よかばいよかばい」ホッコリ

憧「……」ジェラァ



えり「随分と仲がよろしいんですね? どういったご関係なのでしょう?」

はやり「気になる気になるー」

京太郎「え? ただのチームメイトですけど? 同じルーキーで、気が合うんです」

えり「え?」

はやり「え?」

観客1「オイオイオイ」



ネリー「……」マガオ

姫子「あっ」

憧「ね? だから言ったじゃない」ドヤァ


はやり「ネリーちゃんはタイプじゃないの?」

京太郎「タイプ、ですか? 仲間ですし、そういった感情は」アセアセ

はやり「ふーん? だったら、仲間じゃないハートビーツはどうかな?」ニコニコ

京太郎「え?」

はやり「エンジェルとドラゴンも、みんな可愛いでしょ? 誰かタイプの子はいた?」

京太郎「エンジェルと、ドラゴン」


由暉子「っ!」ドキン

玄「!」


京太郎「確かにお二人とも可愛くて、スタイルも良くて」

はやり「うんうん」


由暉子「……//」カァァァ

玄「わ、私はそうでも、ないよ? エンジェルは可愛いけど」


京太郎「正直、ドストライクですね。直球ストレート」キリッ



由暉子「」ボムッ

玄「はわわわわっ!?」



ネリー「……ふーん? へぇ……」

憧「そうなんだ。玄みたいな子が……」



京太郎「機会があればお食事とかしたいなーって」アハハ

えり「そ、そうですか。控え室で……刺されないといいですね」

京太郎「?」

はやり「はいはい! はやりはどうかな?」

京太郎「勿論、見逃し三振ですよ!」

はやり「早くて手が出なかったんだよね!? 三球ともストレートだよね!?」

京太郎「……はい」コクリ

はやり「ふふっ、ありがとう」グッ

えり「……えー。それでは、横浜ロードスターズの須賀選手でしたー」ゲンナリ



【試合会場 廊下】

京太郎「ふぅ、疲れたぁ」テクテク

 タタタタタッ

京太郎「?」

由暉子「はぁ、はぁっ、あの!」

京太郎「ユキ! どうしたんだ、息を切らして」

由暉子「えっと、私は大丈夫です!」

京太郎「?」

由暉子「?」

京太郎「え?」

由暉子「え?」

京太郎「何が?」

由暉子「予定、空いてます!」

京太郎「何の?」

由暉子「食事です!」

京太郎「????」

由暉子「????」

京太郎「……あっ、そういう事か!」ポン

 さっきのインタビューで俺が食事をしたいって言ったから
 その返事に来てくれたわけだ

京太郎「ああ、悪い。まさか間に受けてくれるなんて思ってなくて」

由暉子「」ガーン

京太郎「……で、いつ空いてるんだ?」

由暉子「」パァァァァ

京太郎「今夜は祝勝会があるから、明日以降だと嬉しいんだけど」

由暉子「でしたら、明日はどうでしょう!!」

京太郎「ああ、いいけど」

由暉子「では、明日の七時に……○○駅前のレストランで」

京太郎「おっけー。楽しみにしてるよ」ニッ

由暉子「私も、楽しみにしています」プルプル

京太郎「松実さんとも、話してみたかったし」

由暉子「え?」

京太郎「え?」

由暉子「ドラゴンも、ですか?」

京太郎「えっ? 松実プロはいないの!? 予定が合わないなら……」

由暉子「あ、いました。います! ですから明日でいいですね?」

京太郎「お、おう?」

由暉子「では、また明日」トテトテトテ

京太郎「……ちょっと、変わった子だな。可愛いけど」


【翌日 レストラン ワグ●リア】

 ワイワイ サトウキュン ヤチヨー
 ヤマダハヤマダデス オトコハイヤァー 

京太郎「どうも改めまして、須賀京太郎です」

玄「松実玄、です」オズオズ

由暉子「真屋由暉子です」

 ハートビーツとの試合の翌日
 俺は約束通り、牌キュアの二人と湯色を共にしていた

 レストランっていうよりただのファミレスっぽいとかはともかく

 この美少女二人と食事出来るのは、なんとも光栄だな

玄「あの、ネリープロは?」

京太郎「ああ、アイツはなんか昨日からずっと不機嫌で。話しかけても無視するんですよ」ハァ

玄「そうなんだ。大変だね」

京太郎「……」

由暉子「……」

玄「……」

京太郎「遠く、ないですか?」

玄「はわっ!? そ、そうかな!?」


  京太郎       ユキ
       テーブル

  ~~~ しきり~~~~~

 
       テーブル 

             玄

京太郎「なんで、テーブル別なんですか?」

玄「うっ!? だ、だって……」

由暉子「すみません。ドラゴンはその、少し男性が苦手でして」

京太郎「あ、そうだったんですか? そうとは知らず、ごめんなさい」

玄「いいのいいの! こっちこそごめんね!」アセアセ

京太郎「……とりあえず、注文しましょうか」

由暉子「そうですね」

玄「(気まずいよぉ。助けておねーちゃん!!)」



京太郎「おっ、ここの料理美味しいですね」

由暉子「はい。味付けがとても好みです」カチャカチャ

京太郎「ユキは綺麗に食べるなぁ」

由暉子「これくらい普通では?」

京太郎「んー、ユキが綺麗だから余計にそう見えるのかもな」

由暉子「げふっ!? ごほっ、ごほっ! ごほっ!」

京太郎「おいおい、大丈夫か?」

由暉子「すみません……」フキフキ

京太郎「変な奴だな」クスクス

由暉子「誰のせいだと思っているんですか?」ムスー

京太郎「悪い悪い。ほら、早く食べ終えてデザートを注文しようぜ」

由暉子「そうですね」フフ

 

玄「……うぅ、余計に居づらいよぉ」モグモグ



京太郎「(松実さんがずっと一人で黙々と食べてるな)」ジー

玄「ひっ!?」ビクッ

京太郎「あ、すみません!」

玄「ううん、ごめんなさい。須賀君は、悪い人じゃない、のにね」

京太郎「……?」

玄「見てれば分かるよ。須賀君、昨日はネリーちゃんの為にあんなかっこよく戦ってたし」

由暉子「確かに、アレはお見事だったと思います」

京太郎「カッコイイかは分かりませんけど、夢中ではありましたね」

 ネリーの思いに答えようと必死だった
 だからきっと、俺の力が応えてくれたんだと思う

 それくらい俺は、あの時必死だったんだ

玄「……私、まだちょっと男の人は苦手だけど」

京太郎「はい」

玄「少しずつ、須賀君でリハビリしていっても……いい、かな?」

京太郎「ええ。光栄です」ニッコリ

由暉子「……」ジェラァ



 カランカラン

京太郎「美味しかったなー」

玄「ありがとう須賀君、おごって貰っちゃって」

由暉子「ご馳走様です」ペコリ

京太郎「男ですから。これくらいさせてください」

玄「……男、かぁ」

京太郎「あっ、しまった」

玄「ううん、違うの」ブンブン

京太郎「?」

玄「不思議だなって。どうして私、今まで男の人のそういう、良い部分を見ていなかったのかな?」

由暉子「それは……」

玄「乱暴な人達ばかりだって。麻雀の弱い人たちだって。私にはちゃんとお父さんもいるのに……」

京太郎「玄さん」

玄「世間もそうだよね。須賀君の試合を見る前から馬鹿にしたりして、私も……そんな人達と同じだった」ジワッ

京太郎「違いますよ」

玄「え?」

京太郎「だってほら。松実プロは俺とこうして、食事をしてくれた」

玄「!」

京太郎「一歩前に、進んでくれたじゃないですか。俺にとっては、それだけでも嬉しいです」

玄「……ありがとう」

京太郎「お礼を言うのは俺の方ですって」

玄「いつか、みんなに認めてもらえるといいね」

京太郎「はい。その為に、俺は頑張っていますから」ニッ

由暉子「……」ソワソワ

京太郎「それじゃあ、途中まで送ります」


由暉子「須賀君!」

京太郎「? どうしたんだ、ユキ」

由暉子「……また、誘ってもいいですか?」

京太郎「当たり前だろ。俺からも、誘っていいよな?」

由暉子「はい! お待ちしています」

玄「ふむふむふむ。なるほどー」ニヤニヤ

 そうして、俺と牌キュアの食事会は終わった
 またいつか、こんな風にこの二人と食事が出来るといいな

 なんて、期待しすぎかもな




【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(32)補正5
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)
【仕事履歴】
・映画出演1(準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(94)
玄(42)
はやり(52)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(74)
咏(09)

【元清澄高校メンバー】
咲(95)
久(74)
まこ(31)
和(24)
優希(21) 


 京太郎の衝撃プロデビュー戦
 誰の回想を振り返りますか?


 安価↓2


1 咲

2 和

3 久

4 まこ

5 優希


【ファイル2 久の回想】


久「へぇ、本当に試合するのねぇ」

 私は一人、自室のベッドの上で雑誌を読んでいる
 それは、よくある麻雀の情報雑誌

 この前、咲と一緒に映画に行った後……コンビニで買ってきたものよ

久「ロードスターズ。三尋木プロがいるところね」

 よりにもよって火力トップクラスのあの人の場所だなんて
 いつも焼き鳥になってばかりのあの子が……立派になったわね

久「って、そろそろ試合の始まる頃じゃない!」

 私は雑誌を閉じて、テレビのスイッチを入れる
 録画の用意はしておいたけど、やっぱりこういうのは生に限るわ

久「……どれどれ」

 テレビでは瑞原プロと針生アナが掛け合いをして、前フリを行っている
 相手はあの牌キュア……真屋由暉子と松実玄ね

 対する須賀君はネリー・ヴィルサラーゼとタッグ

久「足……引っ張らないといいけど」シンパイ

 いくら全国大会で優勝したからって、実力の差は歴然だわ
 せいぜい、ネリーの邪魔にならないように……

久「……」

 ダメね。私、またこうやって須賀君を悪い風に考えてる
 彼だって曲りなりにもプロ。活躍だって、出来るかもしれないのに……

久「あっ」

 そうこう考えている内に、須賀君が会場に姿を現す
 案の定と言うべきか、凄い大ブーイングね

 可哀想に。私が思わずテレビから目を逸らそうとした時……

ネリー『みんな、やめてよ!!!!!』

久「!」

 須賀君の隣に立つ、ネリーが大声を上げた

ネリー『キョウタローを……いじめないで』

京太郎『ネリー……』

ネリー『キョウタロー、優しいよ? 弱いけど、いつも頑張ってるの!』


久「っ」ズキン

 胸が痛かった
 この子はきっと、須賀君をよく知っていて……好意を抱いているのだろう

 だから彼が傷つけられる事を耐えられず、観客に食ってかかっている

 じゃあ、私はどうなの?

久「私は……」

 私は彼女と同じ事が出来る?
 須賀君が傷ついた時、それを助ける事ができるの?

久「……多分」

 私はあの頃、無責任に雑用を須賀君に押し付けていた
 彼の育成は後
 大会が終わったらきっと

 でも、それは私が引退した後の事じゃない
 しかも、私の後輩達は……彼を指導しなかった


久「ずるいわよね、私」

 結局は餌をチラつかせて、彼を利用しただけ
 餌は彼に与えられる事は無かった

久「それなのに……アナタは、そこに立つのね」

 画面の中
 ブーイングの嵐の中で、彼は輝いていた

 強い瞳 揺るがない意志を持って戦っている

 だから、結果は見えている

 そう、間違いなくこの勝負――


京太郎『ロン!! 字一色! 32000!!』

 
 彼の勝利で終わる


久「もぅ、須賀君ってば……」

 少し見ない間に、こんなにも格好良くなったのね
 そんな姿を見せられたら、私――

          イ: . : . イ: . : . : . : . : . : . : ヘ: . : . : . : .

        ./: . : ..//: . : ハ:ヘ: . : . : . : . : .', : . : . : .:
       . : . : . :/  {ハ: . {  ヾ}V: . : . : . : . :', : . : . : :
      . : . : . , '    ` ヽ:{、 ノ V: . : . : . : . ', : . : . : .
     ,: /: . : /   ___     ',: . : . : . : . :.}: . : . : .
    //: . : /  '"´     `` 、  V: . : . : . :..:i. : . : . :
    〃: . : ,'{    --‐       ,: . : . : . : !: . : . : .
   〃': . :7 ',    ‐ァ==ォs、   }: . : . : . : . : . : . : .

    / {: . {i! }    '´ ら::::. リ ヾ、 : . : . : . : . : . : . : .:
   ,' i: . {  リ      { .ij::. ,'   ヘ ,: . : . : . :.リ. : . : . :
   {  V:.{ ノ      ゝュノ      ,: . : . : . :7: . : . : .
   ヽ  >' ´              从: . : . :.,' : . : . : /
     ',         //       ハ: . : . : . : . : . :./: .
     {                 /: . : . : ./: . : . : ;イ: .:
     {                  /: . : . : ./: . : . : /:.{: . :
     ',  __             /: . : . : ./: . : . :..7: ..!: . :
      ', ‘ー’         /:.,イ: . : . : . : . : . : .{: . :{: . :
       ,             /:/ {: . : .7: . : . : . : ..!: . : . :
                 {:.{ i: . : ..{: . : . : . : . :ヘ: . : .:
        、        ヾヽ ,: . : .iヘ: . : . : . : . : \: .
         ー  --   、  \',: . :.ヘ \: . : . : . : . : ヽ
          }: . : . /: . : ',  .\: . :ヘ \: . : . : . : . :

          ノ:ハ: .:7: . : ..∧     \:.:ヘ-‐'\: . : . : . :


久「好きに、なっちゃいそうよ――」

 
 カンッ


【プロ一年目 六月 ロードスターズ宿舎】
 
 ザワザワザワ

京太郎「今日はなんだか宿舎が騒がしいな」

憧「地区予選大会が始まったからね」

姫子「来年の有力選手の確認で盛り上がっとーよ」

京太郎「へぇ、なるほど」

ネリー「……」ムスー

京太郎「で? お前はまだ怒ってるのかよ」

ネリー「別に」

京太郎「そうかよ」ツーン

姫子「どげんかせんと……」ソワソワ

憧「チャンス、よね。でも……」

京太郎「とりあえず俺、仕事に行ってきます」

姫子「気をつけて行きんしゃいー」

ネリー「ふんだ」ベー

憧「このチャンス、やっぱり逃せないわ!」クワッ


 安価 ↓2

1 実業団との試合
(好感度が上がりやすいイベント)

2 タレントとしてのお仕事
(人気度が上がりやすいイベント)


京太郎「今日はタレントの仕事か」

 あれだけの活躍じゃ、そうそう試合には出られないのか
 なんとか人気と知名度を上げないとな

京太郎「よし、今日の仕事は……?」


 安価↓2 補正8

00~09 変化無し ビラ配り

10~29 +1 握手会
30~49 +2 ラジオデビュー
50~89 +3 CDデビュー
90~99 +5 テレビデビュー

ゾロ目 +10 映画 続編 今度は主役

00 連続ドラマ主演 獲得


京太郎「ラジオ、かぁ」

 あんまりトークとか得意じゃないんだが
 これも知名度を上げるためには必要な事か

京太郎「後は、誰がパーソナリティーなんだろうか」
 
 せめて、知っている人だといいなぁ



 安価↓1~3 までで一番コンマが大きい子 ※好感度判定ではありません
 

 ゾロ目の場合その時点で参加確定(最高コンマと共演)
 00が出れば全員参加


※ あまりにもかけ離れていた場合は除外します


 安価ズレたけど、これをアリにするか決めてなかったのでガチタイマン
 コンマ大きい方が勝利 ゾロ目が出れば無条件勝利


憧 ↓2

玄 ↓3 


【ラジオ局】

京太郎「失礼しまーす」

スタッフ「あ、須賀京太郎さんっすね」

京太郎「あ、はい! そうです」

スタッフ「ではこちらへどうぞー」

京太郎「了解です」

 いやぁ……初めて来たけど、ラジオ局って意外と大きいなぁ

京太郎「ここが収録ブースか」キョロキョロ

?「アンタ、何やってんのよ」

京太郎「え?」
                _. .-. . . . ̄. .゙. . . 、
             , '´: . . . . /. . . . . . . . . .ヽ

            /:;ィ´: : : : :/: : : : : : . . . .ヽ. .\
        _,-─tァヽゝL:_/_:,': : : : : :|: : : : . . .゙ . . ヽ
      ,〃,r‐'7ハ: レ!__,'_ : ;イ | : : : /!!: : : : : ヽ. l . . .、

      /:〃  l: ト、|:.|: ハ Tハ!:|: : : :{ ||: : : :.|: |:゙. .!_l |ミヽ、
     ,':./   !: |: :|::LL_ヽ| !:||: : : ! |'T:‐:-|、: :|: ト、 !| \:ヽ

     ,':/    .|:.:|: :| ハチ≧ト、|ハ: : :!土_ヽ: :|: |: !:.|. .ヽ!!  ヾ.、
    ,'/     λ:.r=|: |.{:;;::Cヾ  ヽ|チ不≧!/! |: !. ./,'|    ヾ:、
    |l     ハ: | (!: !`ー''     { {゚:;;:C |>|:.!:.|,:'./|j     ヽl
    ||    |: :|ヽト、!:.!"""   '   ` ー'' ,イハ|: |:/.:l      ||
    |:!.    |N:l:.ミト、!:.|  、     """ /ノノ !:.|: _;|      |:!
    |:l  r、 .N:.ト {ヽ: !、    ー    ,イf.l´.:.:|:.j//ハ      l:.|
     i!:|  \\:|:゙、| |:ヽ:|:>、_ .... -≦|:.:.:.| !:.:.:.|,.'/:.:∧      .|:.|
.    从!   l\\:| |: :l: !:|      |ヽ|: !:.:.:.| |: :/ ,イ|:゙、:ヘ      !:.|
    ハ:ト:l   Lf~ヽ `_ヽ_:!|ヽ    ||、-、ヽ:_L`_r"∠!: :!:∧    |:.:!
   ,' :|::!ミ、 | >、ゝ.|´ヽ ヽヽ:ヽ-、 ,.r!::>‐'{ | |ノ|ノ7: |:.:.ヘ.   ,':.:|!
   |,' |!| ヾ,へ.ヽハノ、/ ̄`ヽヾ´ ̄`|::::\_ヽ_!__! .| /|: :.!:.: ∧ ./:.:.:!i!

   |i| !:|  |\,ゝ       |: :ヽ  |::::/´   /` ̄ヽ: |:.: :.∧/:.:.:.:||i!

憧「そんなにキョロキョロしていると、私が恥ずかしいじゃない」

京太郎「新子!? なんでお前がここに!?」

憧「なんでって、決まってるじゃない」

京太郎「?」

憧「このラジオ。私の番組よ?」

京太郎「えええええ!?」 

憧「だから私がゲストで呼んであげたのに」

京太郎「そ、そうだったのか」

憧「って、今までは私のラジオを聞いてなかったの?」ムス

京太郎「だって、知らなかったし」

憧「……ま、いっか。とにかく、今日はよろしくね」

京太郎「おう、初めてだから手とり足とり教えてくれ」

憧「うん。任せて」ニッ

スタッフ「それじゃあ、打ち合わせお願いしまーす」」

京太郎「新子と、ラジオか」

 麻雀プロである新子の番組だから、麻雀系のラジオなのかな
 うぅ、気になるぞ



 番組名安価 コンマ大きい方 ゾロ目勝利 


↓1 新子憧のもう我慢できないわっ!(超絶過激な恋愛相談番組)


↓2 アコにお任せ!(フランクな麻雀相談番組) 
 


憧「はい。一応これがメインの流れを描いた紙ね」

京太郎「おう!」

憧「私はトイレに行ってくるから、京太郎は今のうちに機材に慣れておいて」テテテテテ

京太郎「おっけー」

 ふむ。ここがブースの中か
 マイクがあって、ふむふむふむ

京太郎「んじゃ、次は資料を確認しておくか」

 ペラリ

京太郎「えっと【新子憧のもう我慢できないわっ!】……これが番組名か」

 我慢できない? 
 これだけじゃどんな番組か分からないな

京太郎「あの、これってどんな番組なんですか?」

スタッフ「え? ああ、恋愛相談番組ですよ」

京太郎「恋愛? うぇ、苦手だなぁ」

スタッフ「あはは。大丈夫ですよ、そういうのじゃないんで」

京太郎「?」

スタッフ「男の人は、リアクション要員みたいなものですし」

京太郎「はぁ……?」

 リアクション要員?
 まぁ、確かに俺は恋愛アドバイスなんて出来ないしな

スタッフ「あのぅ」

京太郎「はい?」

スタッフ「ガチでドン引きだけは、しないであげてください」

京太郎「??」

  ガチャッ

憧「さぁて、それじゃあそろそろ本番よ!」

京太郎「ああ、分かった」

 うぅ、緊張するな
 一体、どんな風に進行するんだろうか





スタッフ「……彼もかわいそうに」

プロデューサー「ああ。まさか、こんな番組だとは思っていないだろう」

 ゴゴゴゴゴゴゴ


お便り1【モテる女子力を磨くための4つの心得! 試してみました! 大成功です!!】

お便り2【合コンで男を落とす6つのテクニック 大成功で、彼も泣いて喜んでくれました!】

お便り×100 ゴッチャァ


プロデューサー「頑張ってくれたまえ、須賀君」




 ぽん、かんっ、ちー。というわけで次回はアコチャーとのラジオからスタート
 んー。まぁご存知ない方に言っておくと、割とキャラ崩壊注意かもです
 ここまで読んでいる方は察していると思いますけどね
 つまり、アコチャーの女子力が爆発するっ!!!!
 再開は恐らく、明後日くらい
 びみょうな小ネタを明日投下するかも? です。それでは、また次回の更新で


【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(35)補正5
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)


【ハートビーツ大宮】
由暉子(94)
玄(42)
はやり(52)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(77)
咏(09)

【元清澄高校メンバー】
咲(98)
久(77)
まこ(34)
和(27)
優希(24)


 やっぱり寝る前にいくつか
 京太郎とアコチャーのラジオですが、次回更新までにお頼りとかあれば、なるべく回収します。それと、かなり
 咲の話になるのですが、恐らくだけどこのシリーズは今回の三周目か、次周回の四周目で終わる予定です

 Naんだかんだ言ってリハビリも積んできたし、そろそろアレを復活させようと思っていたりー……厳しいかな
 1は安価あんまり向いていないのかもと、最近思い始めましたので
 
 だから、下手すると、このプロ編で【出る喜びシリーズ】が終わる可能性も
 よくよく考えて、今後の安価を取って頂ければと思います
 ねすかふぇ
 


 これもうニセコイか彼岸島か殿下が分かんねぇなぁ、お前どう?
 
 最近ちょっと忙しめなのでこんな時間になってもうた
 すまないが、今夜は小ネタの投下でよろしいか?


 ということで、いきなり安価どーん


 ↓1~5


1 のどか様は告らせたい リターンズ
(和がお可愛い事になるYO)

2 めめめめめめめめめんへらぁ……
(キャップがヴァイッ!)



 めんごめんご、sageたままだったね
 んー……キャップで決まりか
 へへへ、とりあえず金髪ヒロインは久しぶりだぜぇ
 らーめん
 ぁー、キャラ崩壊(金髪なのに癒し枠じゃない)ので注意してくだせぇ



【番外編小ネタ めめめめめめめめめんへらぁ……】


 バス停留所
 7時48分のバスを待つ

京太郎「……」

 それまでの数分間

美穂子「……」

.          /                           ヽ
         /             ′              :.
.        /   ′i i i     i      i           :.
        ′   ′ i i ii  i  i i      i   i   i  :.
.        i    i   i i_」iLi _i  i i       i   i   i   :
.        i    i i i ´i i i i`  i i  ii i  _i_!_ ,′   i } i
        八 i ii i ii i { i !{  ii i  ii i  从  /`ヽ   i ′i
.           ヽ从小「八八八从__i从__ハノ__//ハ//   ノ ノ/ i |
.           ′|{   ___      x''丐ミメ、ヽィイl/   |
            ′   i ゞ=≠''      し':::::::::ハV/^   i  |
           ′   i :::.:.:.           r辷'゚シ′/     i  |
          ′    i       ,       ̄^` /     i |
          ′    人            :::.:.:  ///    i   |
       ,′  / / へ、    ‐ -         イ//    i  |
       ,′   / /  // ト .         .イ //      ii  |
       ,′    /  // /  }  ー   ´{ |//      jj   |
       ,′  / /  // /..斗ノ      ト .」.'/ / /        |
.     {{{ { i{  {>'" r{       ノ〉 `ヽ/ /        |
     r‐くく { i{  |     |ー-、     ,′  { {     //从ノ
    /`ヽ \ヽハ i |     |________,′   ヽヽ从///ヘ、


京太郎「……」

 俺と彼女の時間だった

美穂子「……」

 そう、あの日までは





【清澄高校】


高久田「須賀、正直に言っていい?」

京太郎「おう!」

高久田「気持ち悪い」バッサリ

京太郎「」

高久田「お前、その人の後をつけたりしてないよな?」

京太郎「い、いや。そんな事は」

高久田「引くわー(お前には嫁さんがいるのに浮気とか)」

京太郎「やっぱり、変かな(バスの停留所で一目惚れなんて)」

高久田「ああ、間違いなくな(やっぱり京咲がナンバーワンだろ)」

京太郎「俺、あの人に告白しようと思うんだ」

高久田「はぁ!? やめとけやめとけ!!」

京太郎「そんなにか?」

高久田「お前、女の子(幼馴染と進展できない奥手な子)の気持ち考えた事あるのか!?」

京太郎「そう言われると……」ムゥー

咲「ま、まぁまぁ。そこまで言わなくても」ヌッ

京太郎「おわっ!? 咲!?」

高久田「! 聞いていたのか?」

咲「うん」

高久田「(やべぇよ、やべぇよ)」ブルブル

京太郎「お前も、気持ち悪いって思うか?」ウルウル

咲「!」キュン

               ,..-‐:.':.´ ̄:.`:.ー.、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::、.....:.、::::、:.:.、::..:.\
             /:.:.:...:;:.:.::::::i :i:::: i::......i::...i......i...   \
          i:.:.::::::i :i..::;i_;:!-、ハ:::::i:::}-トi、::i:::::i:... ヽ

            | ...:::i:::::|/ハ:|!|;ノ |::::|:::|、ハ|`i:::::i:::::..:.:゙、
             |.::::::::|::::::|/;xf'‐-、 |;ノiノf==、イi:::ハ:i::::::.:.゙、
             |::i::::::|:::::::i(! b.:::..:i ............0:::.::})|::i::ヾiヽiー-ヽ
.           |:::!::::fヽ::i::゙、 `ー'::::::::::::::、`ー' ,!ノ::::::|
             ヾ!、::ヽ ヽ!ヾ ""::::::::::::::::::::"" i:::,、::::|
            ヽ、:`:ー:::、   ! ̄ヽフ   /,ノ \i         ,、
               ヽiヽi、` , 、 ` ̄´ /             /./ /フ
       r、            ヽ|  ` ーイー-――ァー,-、    _   /./// ,.-,
.   ヾヽ.  | i     _,....-‐:.:'〔'   _/:.:.:.:.:.://  ヾi  |i ノ ´ ∠- '/
   ,...__ヽ丶 | .!  ,イ、、:.:.:.:.:.:.:.ト._´/:.:.:.:.:://   r-、|  | ´ 、    ∠.._
   `ー-、`ヽ`  Vヽ.,、 、\:.:.:.:.:i   /:.:.:,;.:."イ  | /  ゙、  ヽ   ヽ  ,ィ―ー‐'
   ⊂二     ー' ,イ >ー`ー-ヽ./-‐"-‐'ノ==  レ'     ヽ√i    ,ノ
      ヽ /   / .V `ー-┬'`i'ー―'´  ヽヘ      ;ヘ,メ、   /〉

咲「え? ううん、そんな事ないよ」アセアセ

京太郎「そうか、ありがとう」スタスタ

咲「あっ、待ってよ京ちゃん!」トテトテ


高久田「……頑張れよ」グッ




咲「京ちゃーん!!」

京太郎「咲か」

咲「あのね京ちゃん。さっきの話なんだけど、やっぱり……」

京太郎「俺もう決めてるんだ。明日告白するよ」キッ

咲「うう~~……」

         ,. : : :  ̄ ̄: : : : .
       ,. : ´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
     / : : : : : : : ,: : : : : : : : : : ヽ:ヽ

     .': : :,: : /: :/: :|: : ||: :V: :V : |: :V:.
     ' : : /: /|:_/__ノl: : |{:、_|_|: : |: : |: :.
    /: : : :|: |:_V {:/:从: :| 、{ \:l从|: : | : i
   ': :,ィ/: |: |: ,イ_)笊 \  イ_)斧ミ|/: ,.: :|
  {:イ/ ': : Vl { Vzソ      Vzソ / : イ : |
    l' |: ,: {`\ `¨´  '  `¨´〈:イ )}: : ,
     |∧乂ム  ''''        '''' ムイ|: /
     '  }:∧个 r 、_- -   イ : /|/
       '  ヽ: :/ / }-、_,.ィ : /: イ
          _,..{   ' ' ノ {-く
     r<........../\___}__,/........> 、

     「\..、...rく\___,/ /.........../..>、
    /⌒ `ー{  \__/,イ......../イ´  ∧
     {    /     V--:.:.´:/ V / |
    |   ,:      /==r- '   V  |
    | /        /__ノ      }
    | ´        //:.,.:.}     ,   {
    V        / ,:.:.:|:.:|      {   |
      {       イ  {:.:. |:.:|      |   |
     \_,/   |:.:.:.|:.:|      |   |
        |      ∨:j:./     |   |


咲「分かった。もう止めないよ。だけど、気をつけてね……通報とか」

京太郎「おいおい、告白するだけだぞ?」

咲「それと、終わったら連絡してね。えっと……慰めてあげる!」

京太郎「サンキュー」

 きっと咲は、俺が玉砕する事を心配してくれているのだろう
 だからこんなにも、親身になっているんだ

 だけど咲、俺は覚悟を決めたんだ

 あの人に、思いを伝えると



【翌日 バス停留所】

 そして翌日

美穂子「……」

京太郎「……あの」

 俺は勇気を振り絞り、自分の殻を打ち砕いた

美穂子「……はい?」

 大きな一歩を踏み出し……

京太郎「一目惚れです! その綺麗な瞳とか、金髪とか、おもちとか!!!!」

 全体重で……

美穂子「え? え?」オロオロ

京太郎「何もかもが好きになりました! 付き合ってください!!!」

美穂子「……」


  !|   | |   |ト|、_ |i |i      | |   _,A-┼―‐!|
  |.|   |i |i    !、A    |V|     川.   -H  !  /|
  ゝ! _」┘ー‐┘  ̄ ̄   ̄ ̄ ̄`   ̄ ̄` `ニー┘L
-┬:!^´                     彡'=≠==ミ、、
 | !.|                         ´ /::::::::::::::::::ヽヽ
 | N     __,............、                 L:::i:::::::::i::::::i ヾi
 | | |  __彡ィ≠ーテ‐┬-               ィ..{:::::::::::!.....!
 | | :i. 7'")_!、__ノ_C′              !::..、;;;;;ノ..r┘
 | | |                       ゝ=====シ
 .!.| .!    ,, ,, ,, ,,                     ,, ,, ,, ,,
  |.ト、 !  ///////                   ///////
  | | ヽ!   " " " "        ′         " " " "


 地雷を踏んだ



美穂子「……」

 ど、どうだ?
 俺はもうやれるだけの事はやった

 後は思いが通じるかどうかだけど……

美穂子「……//」カァァァ

京太郎「!」

美穂子「こ、こんな私でよければ……よろしく、お願いします」ペコリ

京太郎「やった!!! じゃあメアド交換しましょう!」

美穂子「ええ。最近携帯を買ったばかりなの」スッ

京太郎「じゃあえっと……あ、すみません。俺の名前は須賀京太郎です。清澄高校の一年生です」

美穂子「ふふっ、私は風越女子の三年、福路美穂子よ。よろしくね、京太郎君」

京太郎「」ドキィーン


【通学路】


 やった!
 信じられん、やったぞ俺!!

 モテた事なんて一度もないこの俺が、あんな可愛い人と付き合えるなんて!

京太郎「良かった……勇気を出して、良かったんだ」グスッ

 俺は踏み出した
 大きな一歩を踏み出したんだ

京太郎「高久田の奴に自慢してやるぜ」ニヤニヤ

 ああ、それにしても楽しみだな
 これからあの人とメールをしたり、デートをしたりと……

携帯「」ブブブブブ

京太郎「お?」チラッ


 FROM:福路美穂子
『みほこです。さっきはほんとうにうれしかったわ。わたしのひとみをほめてくれたのはあなたでふたりめなの。こんなわたしに、あんなにもじょうねつてきなこくはくをしてくれるなんてあなたはとてもやさしいひと。わたしがあなたにできることなんてすくないかもしれないけどひっしにがんばるわ。まずはそのためにあなたのことをよくしっておくひつようがあるとおもうの。だからたんじゅうびやしんちょうたいじゅうけつえきがたすきなたべものきらいなたべものなんかをめーるしてもらえないかしら?あしたはあなたのためにおいしいおべんとうをつくってあげたいの。ねぇいいでしょう?まさかいやだなんていわないとおもうけど、いちおうかくにんね。わたしはあなたがいやがることなんてしたくないの。だってあなたはわたしのことをなによりもあいしてくれているんですもの。だからわたしもあなたのことをだれよりもあいさないといけないものね。ふふふふ。それじゃあへんじをまっているわね』


京太郎「よみづらっ!? ぜんぶひらがなじゃん!」

 これは、えっとあれか?
 携帯を買ったばかりだから、まだ打つのになれてないとかで……

京太郎「とりあえず、読み終わってから返事を」

携帯「」ブブブブブ

京太郎「うぉっ!?」ビクッ

 FROM:福路美穂子
『みほこです。どうしてへんしんしてくれないんですか?ふつうめーるをかくにんしてからへんしんするまでさんぷんもかからないとおもうのですけれど? もうろっぷんもたっているのに、どうしてへんじをくれないんですか? ふざけているんですか????????????????????????????????????????????????????????????????』


京太郎「えっ、何これは」ゾゾゾ

 なんだか怖いぞ、このメール
 特に最後の?の連打がやべぇよ


 


京太郎「……もしかして、面倒くさい人、だったりして?」

 人は見かけによらない、ってよく言うけど……
 いやいや、そんなことを考えるな!

 あの人は俺の告白にOKしてくれた天使なんだぞ!
 疑ったりするんじゃない

京太郎「……でも、待てよ?」

 もしかして、あの人……学校の人達と俺を馬鹿にしているとか?

京太郎「そうか」

 友達に俺の事を話して、からかうつもりでこんなメールを
 女子高特有の陰湿なネチネチ攻撃で、俺を馬鹿にするつもりだ

 きっと、俺が返信をしたらそれを回し読みして笑うつもりなんだよ、きっと

 こんなメール、そうとしか考えられない

京太郎「ちくしょう」ギリッ

 そりゃそうか
 あんなに可愛くて胸の大きくて、金髪の子が俺と付き合ってくれるわけがない

 騙されて当然……

携帯「」ブブブブブ

京太郎「ん?」

 いや、違うわ……


 FROM:美穂子
『みほこです。ちくしょうって、なんですか? まさかわたしのめーるにたいしていったわけじゃないわよね?というかどうしてへんしんくれないの? もしかしてわたしをからかっているのかしら? そうだとしたらこちらにもかんがえがあります』


京太郎「」

 この人は本物だ
 そのうえ、肉眼で俺を監視しているみたいだ

         /  / /   /  {   }  \ ヽ    V  V
     _ ,.斗   // /  ./!  / !  :}  } ' ヽ V',     ,  ,
       ̄ ̄ / / /  //_j_ ,' | |、 :}  ' :| ,V斗=ミ{  ,   ,
          / /  ' ,'  ィ^~v{≧x、,ヽ,' /、ィ'"_j/ } /「  j  |
       /' /   !/|  /{ 斗-ミヽ ∨ / }/ア乏メヽレ } }レ
        ,     | :| ハノ∥んr'j  V / V'  Vrソ 》 :} 八-、 '
      / >'/  ハ { :, ` ー≦' /' ヽ      ̄  /イ{/ヘ Yハ{
     / '"  ∥ / ',从_}:       〈|         } !     ∥ ヽ
            7/  ヽ '                  し    /’
          /’    ` _、       _      {ーイ/
                   、    f-――'ヽ    人レ'^
                   \  L∠二二ソ  /|/
                  レ}h。         /r rー==ミ、
                 r「\__'}个 --- <  | |ニニニヾ
                 |:|    }         | |ニ{1-B}ニ!        __
                 |:|    }         / L!ニニニニ{   _,. 斗r≦ニニ=-ヽ
                 人:.、___」    ___/__/ニニニニニ7    ∥ニ/ニニニ=-,
     , ‐ --、斗r≦ニ斗r'ニ7 ノ、   |ニニニニニニニニ/     .∥ニ'ニニニニ=-,
    /ニニニニニニくニニニ/\ __ ,!ニニニニニニニニ,    ∥/ニニニニニニ=-,

   ,-=ニニ/ニニニニニニニ\ニム      jニニニニニニニニ,    ∥'ニニニニニニ=-
   /ニニニ{ニニニニニニニ∧ニム     /ニニニニニニニニ,    ∥ニニニニニニニ!

  普通に怖いんですけど


京太郎「!?」キョロキョロ

 どこだ!?
 どこから俺を見ているんだ!?

京太郎「……あっ」

 見えた。この校庭からまっすぐ見上げた先

 あそこだ

美穂子「……」ゴゴゴゴゴッ

高久田「おーい、京太郎! なんかお客さん来てるぞー!」

 俺が通っている学校の……俺の教室からだ

美穂子「……//」モジモジ つ携帯


京太郎「……」

携帯「」ブブブブブ


美穂子「……」テレテレ

 悩ましげな顔で返信を要求してくるぞ
 無理だよ……手が震えて、携帯なんて触れねぇよ

美穂子「……」ジィー

京太郎「……」ブルブルブル

美穂子「……」イラッ


携帯「」ブブブブブ


京太郎「……」ガタガタガタ

 教室からメールが来る

 FROM:美穂子
『みほこです。アナタやっぱりわたしをからかっているのね。もういいわ、アナタ……ぶっ殺すから』

 殺害予告がメールで届くんだけど

                        |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::| |:::_:;;:-┼┼| '| ̄ ̄|
        ,..-..-..‐..‐..‐..‐..‐..‐..‐..-..、  |::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::∧/Τ :::::::::| |::| |:::::::::::|
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ |:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::/... |::::| |::::::::::::| |::| ハ:::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::|::::::::::::::::|  |::::| |::::::::::::| |::|/  |:::::::
  /:/::::::/::::::/:::::::::/::::ハ::::\::\:::::::::\::゙、:::::::::::::|::::::::::::::::|.   |::::|_.\__|_|_  |::::::
 /::/::::::/::::::/::::::/:::/::::::|::::゙、::::::゙、::::\:::::::::\゙、:::::::::|:::::::::::::::/   \>メ : : : : : : : メ ̄\
. |::/::::::/::::::/::::::/:::::|::::::::|:::::∧::::::::゙、:::::\:::::::::゙、|:::::::|::::::::::::::|   / ̄フヽ.ヽ_:_: ://.| ̄ ̄

/:::|:::::::|::::::/::::::/:::::::|::::::::|:::::| |:::::::::゙、:::::::゙、:::::::::::|::::::|::::::::::::::|  /.  ! ゝ.7〈: : :〉./: :|
|::/:::::::|:::::/::::::/::::::::ハ:::::::|:::::| |:::::::::::|:::::::::゙、::::::::::|:::::|:::::::::::::ハ `   i: : :{...{___}. }: :|
|::|::::::/::::::|::;;-┼―| ハ:::::|、:::|‐┼-;;;;;|::::::ト:::|::::::::::|::::|::::::::::::| |    \: :\ _/: :/
|::|::::::ト::|:Τ::ハ:|」:_:|   V V_/::/:::フ‐|:::|::::::::::|::::|::::::::::::|. |      ̄ ̄ ̄ ̄
|::|:::::|:::|:::| ィ=====、     , -====、  |:::|::::::::::|::::|::::::::::::|  |
|::|:::::|:人/. b^V^|       b:::::::::| V:::::|::::::::::|
|::|:::::|:::|!_| ー―       └--´   |:::::|:::::::::|
|::|:::::|:::|::::| 、、、          、、、  /:::::|:::::::::|

|::|:::::|:::|:::::|        '         /|::::::|:::::::::|
|::|:::::|:::|:::::丶     _ _     /:::|:::::::|:::::::::|  
|::|:::::|:::|:::::|:::|:丶         /|:::::::|::::::::|::::::::|

|::|:::::|:::|:::::|:::|::::::|`丶 _   /|:::::|:::::::|::::::::|::::::::|
|::N::::|:::|:_, -‐' ̄|>|       ト ̄\_|::::::/::/|/
.|∧::::|:::|     |_      _/   |///、

京太郎「」

 すんごい眼力

京太郎「」

 漏れそうだわ

京太郎「」ジョババババババッ

 いや、漏れたわ


京太郎「い、いかん。とりあえず今日はもう……帰ろう」ブルブル

美穂子「!」

高久田「あれ? 須賀ー! お前、どこへ行くんだよー!」

 教室から高久田が読んでいるが、とりあえず無視
 今は家に帰る事だけ……

美穂子「……」ヒソヒソ

高久田「え? ええ!? じゃあ、アナタが、京太郎の言っていた?」

美穂子「……」コクッ

高久田「そうか……だからアイツ。おい、須賀ー!! お前、彼女が待ってるぞー!!」


京太郎「!?」


 ざわざわ  ざわざわ

 ヘェ、スガノカノジョカー  カワイイネー
 ソンナオカルトアリエマセン!  ジェエエエエエエエエエ


京太郎「」

 最悪だ
 これじゃあ俺は、彼女を置いて逃げる悪者じゃないか!

美穂子「……京太郎君」トテテ

京太郎「うわっ!?」

 いつの間にか校庭に降りてきているし!?

美穂子「ふふふっ……来ちゃったっ」ニッコリ

京太郎「」

 来ちゃったかぁ……

美穂子「これから帰るのよね?」

京太郎「え? いや、あの」

美穂子「本当はサボリなんて駄目だけど、しょうがないわ」

京太郎「は? え? あの?」

美穂子「さ、行きましょう?」ニッコリ

京太郎「……はい」



【帰宅路】

美穂子「お友達、びっくりしていたわね」

京太郎「あー、えー。そうですね」

美穂子「京太郎君もびっくりした?」

京太郎「はい。死ぬかと思いました。今も思っていますよ」ジョバジョバ

美穂子「ふふっ。ところで……今日はどこに連れて行ってくれるのかしら?」

京太郎「え? どこにも行きませんけど? もう帰るんです」

美穂子「はぁ? 初デートはもう始まっているのよ?」ゴゴゴゴゴゴッ

京太郎「」

 そっかー……
 初デートはもう始まっているのかぁ

京太郎「……いや、でも」

美穂子「……」ブツブツブツブツ

京太郎「?」

美穂子「……X、Y、Z」ブツブツブツ

京太郎「え? シティーハンター?」

美穂子「○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号○○町X丁目Y番地XZ号」ブツブツブツ

京太郎「はい。○○町X丁目Y番地XZ号は俺の家の住所ですね。どうして知っているんですか?」ドンビキ

美穂子「……//」モジモジ

京太郎「もしかして、俺の家で遊びたいんですか?」

美穂子「……//」ソワソワ

      |  ! ! i |   |_,.. -‐|弋T下、\ヽ_八  | i
      |  | | i {   l ヽ -|=-`ー一'⌒´   \! |
      |  | l 、 ヽ.  ヽ 〆二ニ==ミx.     ||
.    八 { {ヽ \ \Y´ _彡ヘ::::::::ヽ `ヽ    ||
        \ヽ\\,ン⌒ 、     、:::::ハ   \ ||
        \r'`′   li\    ヾ:::::(_,  ′! l   !
                |i  ヽ     \ノハ   ||   !
                |i  }     ン'′  ||   !
                |i  ノ     / / / / ||   !
                l:/               | l   i
                |:\          |l   i
                |i  \         ||   !
                |i   ヽ.__ ノ       ! !    !
                ||       ヽ     ||    !

美穂子「……」コクン

京太郎「え? 嫌ですよ!? 実家バレているだけで、もう小便垂れ流しているんですから!?」ジョバババババ


京太郎「大体、見てください福路さん!」

美穂子「?」

京太郎のズボン「」ビッショリ

京太郎「ほら、ZU☆BU☆NU☆RE!」

美穂子「……」

京太郎「今朝は俺みたいなゴミクズが告白なんてしてすみませんでした!」

美穂子「……?」

京太郎「ごめんなさい、許してください。ほんとうに反省しています。福路さんは優しいから、俺を見逃してくれますよね?」

美穂子「はぁ? 意味が分からないわ。今朝の事なら、私はとても喜んで……」

京太郎「はい、お静かにー! 俺は必ずアナタから逃げ切りますからね!!」

美穂子「……」チッ

京太郎「え? 舌打ち!?」ビクッ

美穂子「須賀●●51歳(会社員)。須賀▼▼46歳(主婦)。カピー3歳(カピバラ)」ブツブツ

京太郎「な、なんで俺の家族の名前を!?」

美穂子「……ふふふ」つ包丁 キラーン

京太郎「ちょっと待ってください! 家族には手を出さないでください! なんでもしますから!!!」ドゲザッ

美穂子「……じゃあ、家に連れて行ってくれる?」ニッコリ

京太郎「え? それは……」

美穂子「連れて行ってくれるわよね?」つ包丁

京太郎「……」



【京太郎の部屋】


PC「ネトマなう」


京太郎「……」カタカタ カチカチ

美穂子「もう、違うわ。そこは3sを切らないとー」

京太郎「こ、こうですか」カチカチ

美穂子「うんうん。上手上手」ナデナデ

京太郎「……あの、福路さん」

美穂子「美穂子」

京太郎「福路、さん。どうして、俺に抱きついているんですか?」

美穂子「こうしないと、教えられないじゃない」ムギュー

京太郎「あは、はは……真実を知っているだけに、素直に喜べないなー」

美穂子「それと京太郎君」

京太郎「はい」

美穂子「次に福路さんって呼んだら、殺すからね?」ニッコリ

京太郎「……分かりました、美穂子さん」

美穂子「うふふふ。ご褒美にキスしてあげるわ」チュー

京太郎「……わーい」

 こうして、俺には念願の彼女が出来ました
 
 可愛くて
 おっぱいが大きくて
 金髪の、外見完璧な彼女

 でも、彼女の内面はとてもドス黒く
 俺にはとても、手に負えそうもありません

 ああ、神様

 頼みますから、もう一度俺にやり直すチャンスをください

京太郎「あぁ……咲」ボソッ

美穂子「咲?」ピタッ

京太郎「あ」

美穂子「……その子、誰なのかしら?」つ包丁 キラーン


 でなければ俺は、その内死んでしまいそうです



 To Be continued




 という事で小ネタしゅーりょー
 もっとゲス顔の多いキャラを選べば良かったとちょびっと後悔

 それではまた、次回の更新でお会いしましょー


アッー!更新頻度が遅くてスマソ
ココ最近、締切やらなんやらほいで忙しいのですボクたち
チャー ンスがあれば更新していきますので
変わらず今後もご参加頂ければ嬉しいですー
態々、見ていただいている方の為にもがんばりますー


【新子憧のもう我慢出来ないわっ!!】 


イクゾー!



【プロ一年目 六月 ラジオ局】


憧「新子憧の~! もう我慢できないわっ!!」

  デッデッデデデデ カーン!

憧「イクワヨー!」

京太郎「ホイッ!」

 ドンドンパフパフ

憧「というわけで、今週もよろしくね? メインパーソナリティの新子憧でーす!」

京太郎「(おー、流石だな)」

憧「なんと今日は、特別なゲストをお招きしているんです。リスナーのみんなは、誰だと思う?」

 ジャカジャカジャカジャカ ジャン!

憧「正解者はいるかしら? 私と同じ横浜ロードスターズのルーキー、須賀京太郎でーす!」

京太郎「ど、どうも! 須賀京太郎です」カチコチ

憧「あははっ、初ラジオで緊張しているみたいね」

京太郎「いやー、あはは。生には慣れてなくて」

憧「生には? あ、そっか。映画に出演しているんだっけ?」

京太郎「はい。先月公開した『金より男子』という映画に……」

憧「ちょっとちょっと! 番宣なんてしないでよ! 人の番組で」

京太郎「あ、えっ!? その、悪い! 段取りとか、色々あるよな!」アセアセ

憧「ぷっ……ふふっ、だめ。この顔、面白すぎ」クスクス

京太郎「おい、笑うな! 放送中だろ!」

憧「えー、思ったより須賀はカタブツさんみたいです」

京太郎「」

憧「私のラジオはゆるーいから、肩の力は抜いてねー」

京太郎「が、がんばる」カチコチ

憧「さぁて、ゲストの紹介も終わったし! お便りのコーナーから行きましょー!」

京太郎「いぇーい!」

憧「ぶふぉっ!?」

京太郎「!?」

憧「いぇーいって……ふふっ、いいんだけど、ふふふっ」

京太郎「(コイツのツボがよく分からん)」


憧「じゃあまず一通目のお便りは、PN文学少女さんから」

京太郎「恋する文学少女! いいよなー」

憧「アコチャーさん、こんばんは! はい、こんばんわー」

京太郎「こんばんはー」

憧「モテる女子力を磨くための4つの心得! 試してみました! 大成功です!!」

京太郎「?」

憧「彼と次のデートもこぎつけて、今度携帯を買ってもらえる事になりました! アコチャーさんのおかげです!」

京太郎「ほほー」

憧「良かったー! 恋する文学少女さんの恋愛が今後も上手くいきますように!」

京太郎「恋愛相談番組ってだけあって、こういうお便りなんだな」

憧「当たり前でしょ? さぁ、次のお便りは……スガライクザフラットさんから」

京太郎「すがらいく?」

憧「アコチャー、こんばんちゃんぷ。はーい、こんばんちゃんぷ~!」

京太郎「こんばん、ちゃんぷ?」

憧「合コンで男を落とす6つのテクニック 大成功で、彼も泣いて喜んでくれました!」

京太郎「お、また成功例か!」

憧「彼はもう私にゾッコン。なんと、彼の家にお持ち帰りまでされて、服まで脱がされちゃいました」キャー

京太郎「っ」ドキィン

憧「最後の一線は越えなかったものの、彼と結ばれる日はそう遠くない筈です」

京太郎「(服まで脱がせたのにそこまでいかないとか、彼氏はEDかよ)」ドンビキ

憧「あこちゃー。今回は残念だったけど、次回に期待出来そうね」

京太郎「まぁ、次は順当にイケそうだよな」

憧「とにかく押して押して、押し倒す! PNスガライクザフラットさん、次のデートも頑張って!」

 ドンドンパフパフ

京太郎「……なんというか」

憧「?」

京太郎「思っていたより、ちゃんとしてるから驚いてる」

憧「女の子向けの恋愛相談番組だもん。須賀にはちょっと早いかな?」クスクス

京太郎「うっ、だけど男目線の意見も言えるぞ!」

憧「そう? じゃあ。次のコーナーに期待ね」

京太郎「任せろ!」

憧「それじゃあゲストが待ちきれなさそうなので、いつものコーナー行くわよ!」

京太郎「……」ドキドキ

憧「アコチャーにお任せ! 恋愛相談のコーナー!」

京太郎「いぇーい!」

 ドンドンパフパフパフ!





憧「このコーナーではリスナーのみんなの恋のお悩みに、私がアドバイスをしていくわよ」

京太郎「俺もいるぞ!」

憧「期待出来るかしら? それじゃあ、一通目のお便りは……PNまほっちさん」

京太郎「まほっち……」ズキン

憧「アコチャーさん、こんばんわー! はーい、こんばんわー!」

京太郎「こんばんわー」

憧「まほっちには、気になっていた二つ上の先輩がいました」

京太郎「二つ上って事は……二つ下ってことか」

憧「その先輩は去年卒業したのですが、最近会えなくてとても寂しいんです」

京太郎「今年卒業……いや、まさか」

憧「電話を掛けたいのですが、出てくれない時のことを考えると胸が張り裂けちゃいそうです」

京太郎「……」

憧「もし出てくれなかった場合、何度も掛けていいものですか?」

京太郎「なるほど」

憧「んー! アコアコしてくるわねー」

京太郎「は?」

憧「でも大丈夫。この私が、まほっちさんの恋を見事に叶えてあげちゃうんだから」

京太郎「お、おう?」

憧「まず、その先輩への電話なんだけど……普通にしていいと思うわ!」

京太郎「うんうん」

憧「もしそれで出なかった場合は、次にLINEかメールね」

京太郎「そうそう」

憧「それもスルーされたとしたら……うん! 脈アリよ!!! ガンガン攻めましょう!」

京太郎「え?」

スタッフ「え?」

プロデューサー「えっ?」


京太郎「脈……ある、のか?」

憧「当たり前でしょ! 男の子って、好きな女の子には素直になれないものでしょ?」

京太郎「いやまぁ、そうだけど」

憧「最近の男子は自分からグイグイいけないから、女子のお誘いにも遠慮がちなのよね」

京太郎「それもまぁ、そうかな?」

憧「という事で、彼は今フリーで間違いないわ!」

京太郎「えっ?」

憧「だって普通、女子からの連絡をスルーなんてしないでしょ? 嫌いならアドレスを変えたり、それを伝えるはずよ?」

京太郎「人によっては、まぁ……そうかな」

憧「それをわざわざ無視するって事は、もっと構って欲しいあ・か・し!」

京太郎「……んん?」

憧「彼はきっと、まほっちからの熱いアタックを待っているって事になるのよ!」

京太郎「……」

憧「だから、電話もメールも無視されたら大チャンス! そこが攻め時なの!」

 パフパフ!

憧「彼はきっと、人の愛に飢えているの」

京太郎「???」

憧「でも、自分に自信がなくて……その愛に手を出せない」

京太郎「???????」

憧「だからもう、一日最低でも百回の着信、百通のメールくらいは送らないと!」

京太郎「ほわぁ!?」

憧「彼はきっと、まほっちさんの愛にむせび泣くわ!」

京太郎「まぁ、泣くだろうなぁ」

憧「そんな時こそ、仕留め時! 直接家に乗り込んじゃって!」

京太郎「!?」

憧「言葉を交わしていなくても、きっと顔を合わせれば想いは通じるわ」

京太郎「なぜ?」

憧「だって彼は、これまでに毎日まほっちからの愛を送られているのよ!」

京太郎「まぁ、そうかも」

憧「それを疑い、手が出せずにいた彼の前に本人が姿を見せれば……それらの愛が本物だと気付く」

京太郎「いや、気付かない」

憧「彼はまほっちを抱きしめるわ! そして、ロマンティックなムードの中……二人は口づけを交わす」

京太郎「交わさない」

憧「あぁ~んっ! アコアコォ~~~!!」

京太郎「」


京太郎「……」

憧「何よ、須賀は不満そうね?」

京太郎「まぁ、そうかな」

憧「じゃあ須賀もアドバイスしてみなさいよ! 人を馬鹿にするくらいだから、まともなアドバイスが出来るのよね?」

京太郎「まともかどうかは、分からねぇけど……やってみる」

 なんだか新子のアドバイスはおかしかったし
 ここはゲストの俺がしっかりせねば

京太郎「えーっと、まほっちさん。恋愛、頑張っているみたいですね」

憧「……」

京太郎「好きな人と中々会えないのは辛いですよね」

憧「ふんふん」

京太郎「電話して声を聞きたい気持ちがあるのも分かります。でも、いきなり電話はハードルが高いと思います」

憧「えー?」

京太郎「まずは自分が今、どんな事をしているか。周りのみんながどうしているのかを、メールしてあげてください」

憧「……は?」

京太郎「まほっちさんが先輩を気にしているように、先輩もまほっちさんの事を気にしていると思うから」

憧「……!」

京太郎「きっと、返事をしてくれます。そうしたら今度は、先輩の話を聞いてあげてください。新しい環境に慣れようと、色々と溜め込んでいると思うので」

憧「まぁ、そうね」

京太郎「ここで重要なのは、一体何の為に、彼と話すのか……それをしっかりと考える事です」

憧「え?」

京太郎「彼の気を引きたいから? 彼の声を聞いて自分が安堵したいから? それって……多分、相手によっては楽しくないものだと思います」

憧「あっ……」

京太郎「恋愛って、一方通行じゃ駄目なんです。こちらから愛を注ぎ過ぎちゃうと、相手は息が苦しくなって……逃げ出しちゃいますよ?」

憧「うっ」ズキン

京太郎「まずはキャッチボールから。少しずつでいいんです、相手にとって、想いを受け止めてくれる相談相手から始めましょう」

憧「……」キュンキュン

京太郎「時々、攻めてみてもいいですよ? でも、相手の気持ちをないがしろにするような危険球は、避けられるだけです」

憧「あこぉ……」

京太郎「駆け引きも重要ですけど、基本は気持ちよくストレート勝負。きっと、気持ちよく相手のミットに収まりますよ」ニコッ

憧「アコアコォ~~~!!」ビクビク

スタッフ「アコォ~!」

プロデューサー「アコォ~!!」

 ドンドンパフパフ



京太郎「とまぁ、あまり具体的な事は言えないんだけど」ポリポリ

憧「ま、まぁまぁね。10アコアコくらいはあげるわ」

京太郎「それじゃあ、次のお便りに行くか」

憧「そうね。次はPNネリネリネルネさんからのお便りにしましょう」

京太郎「おー」

憧「あるお芝居で一緒に演技した共演者で同僚の好きな人と仲良くなるためにはどうすれば良いですか?」

京太郎「お芝居? 学校の演劇とかかな?」

憧「あーね。演技と現実がごちゃまぜみっくすじゅーすになっちゃったパティーンかぁ」

京太郎「みっくすじゅーす……うっ、頭が」

憧「これはあれね。思い込み、恋愛じゃありません。共演者との恋愛なんかまやかしなんだから」

京太郎「!?」

憧「というわけで、共演者との恋愛はNG。映画なら尚更ね、完全な勘違い、はい! みゃくなーしっ!!!」バンバン

京太郎「(え? なんでこんなに冷たいんだろう)」ビックリ

憧「やけん、次のお便りいきましょうね~」

京太郎「お、鶴田先輩の真似じゃん」

憧「えへへへっ」アコアコ



【ロードスターズ宿舎】


ラジオ「はい! みゃくなーしっ!!!」


ネリー「……」

姫子「うわぁ」


憧「それじゃあ、次のお便り、いっくわよー!」

京太郎「お、おう」

憧「PNは……テルテルさん!」

京太郎「てるてる……てる、さん」

憧「アコチャー、こんばんおかしー! はーい、こんばんおかしー!」

京太郎「てるさん、おかし……? いや、そんなわけが」ブツブツ

憧「最近、前から気になっていた歳下の男の子が私と同業者になりました」

京太郎「ほうほう」

憧「その人と仲良くなりたいんですが、どうやって接点をもてばよいでしょうか? はい、なるほどねー」

京太郎「接点か。仕事の話から……っていうのがポピュラーだけど」

憧「同業者って事は大人よね? ふんふむ……こういう時は、やっぱりアレね! 彼の好み……趣味を知る事!!」

京太郎「え?(まともだ)」

スタッフ「え?(まともじゃん)」

プロデューサー「え?(ちくび痒い)」

憧「趣味って大事よね? ほら、仕事以外で、二人の時間にダイレクトに関わるし」

京太郎「なるほど。じゃあ、趣味を聞き出して……」

憧「甘いわね。男の子なんて、自分の本当の趣味を易々と明かしたりしないわ」

京太郎「そうか? 俺ならはっきり言うけど」

憧「え? うそっ!? ほんと!?」ガタッ

京太郎「ああ、まぁな」

憧「じゃ、じゃあ教えてよ! ねぇねぇ!」

京太郎「俺の趣味か? えーっと……まぁ、ハンドかな」

憧「ハンド!? 手がいいの?」

京太郎「手以外でどこを使うんだよ」

憧「それはまぁ、足とかで……//」カァァ

京太郎「それだと別物(サッカー)じゃん」

憧「そうよね。手(手コキ)と足(足コキ)じゃ全然、趣味が別よね」

京太郎「だよなぁ」

憧「須賀は、その……口とか、興味ないの?」

京太郎「口? え? どうやるの!?」

憧「そ、そんなの私だって詳しくないわよ!!! まだ一度も、したことないし……//」

京太郎「……ん?」

憧「ん?」キョトン

スタッフ「あばばばば」

プロデューサー「もっとやれ」


憧「とにかく、相手の事を知る必要があるわ!」

京太郎「そうだな。情報は大事だ」ウンウン

憧「でも、そう簡単に話しかけられたら苦労しないわよね?」

京太郎「そっか。じゃあ、友達とかに……」

憧「ここはやっぱり盗撮よね!」

京太郎「!?」

憧「ふふふっ、乙女の必需品……監視カメラの出番がきたわ!」

京太郎「?????????」

スタッフ「あかん」

プロデューサー「」

憧「彼の趣味をよく知る為には、彼の自室は外せないわね」

京太郎「あ、新子?」

憧「大切なのは、PCモニターやテレビの画面が見える位置に設置する事よ。貴重な情報源だから」

京太郎「もしもーし」

憧「お風呂やトイレは初心者にはオススメしないわ。ここは上級者向けの修羅の道よ」

京太郎「」

憧「相手の全てを受け入れる覚悟を持った者だけが……それらを目に焼き付ける資格を得るの」

京太郎「」ブルブルブル

憧「半端な覚悟で入ってくるんじゃないわよ……恋愛の世界に」ゴゴゴゴゴ

京太郎「なんか違う、なんかちがーう!!!!」

憧「なんで?」

京太郎「いやいやいや! 全てがおかしい! なにもかもが違う!」

憧「?????」

京太郎「カメラって! カメラって!!」

憧「あ~そっかぁ。ごめんなさい、私が間違っていたわ」

                         __

                    . : : : ´ ̄: : : : : ``~、、
                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
               _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: _/: : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
             / ィ´/.: :/: /: : :.:.:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
          //ニ∨:.:./: /: : : : : |: : :.:.:./|: : : : : : : :.:..|: : : r┬-=ミ

.          /ニ二|:.:./: /: : : : //|: : : : ||: : : : : : | : |: :.:/:  ̄: i'' 、\
.          /二ニニ=|:.|| : |/|:__:厶斗 : : : ||:」_: : : : | : |/|: : : : :.|  \\
       /二ニニニニ八|| : |八: :|l/ |∧: : |八:.l、``~、、|: : |: : : : :.|   \\
.       /ニニニニニ/|:| : l  ヽ|  |  \|  \\: : | : l//|: : : :.:.:|     : :ヽ
      /ニニニニニ/  |:|: :ハ x==ミ      ___  \| : |/:.|: : : : : |     |: : |
.     /ニニニニニ/   :|:|:.:||          '⌒''㍉ | : l⌒Y: : : : l|     |: : |
    /ニニニニニ/    |:|:.:ト|     ,        | : |  ノ: : : :.:||     |: : |
.   /ニニニニニ/     :|:|:.:| {               | : |/| : : : : l:|     |: : |
  /ニニニニニ人__   :|:|:.:|公。   r――┐    ,.l: :/.:.:.| : : : : | |      |: : |
. 〈ニニニニニニニ=/ ̄`|:|:.:| : : |>  `   ′ ィ :´/ / : : | : : : : |: |       |: : |
.  、二ニニニニニlニニニ|八| : : |ニ/^ ト ,.   < 「∨:/: : : ,′: : :.八:|      :|: : |
.   \二ニニニニlニ二|: : \: l:/  ∨  _,,. -=´/イ,_ /: : : : / : : |     |: : |
      \二二二ニl二二|: : : :.:..||  /`Y´ヽ    /=ニ/: : : : /_: :.:.:.|    :|: : |
      \__二二二ニニ|: : : : :.ll/|  o}  ',  /ニ=/: : : : /二ニ=-      |: : |
       /: : |\二二ニ| : : : : 「 \   /ヘ/ニ二/: : : : /二ニニニ|    |: : |
.      /イ| │ \二=/|: : : :.:.|  ( )´ ̄ ̄/ニ二/: : : : /二ニニニ=|    |: : |
.        八:.l   /ヽ,/ニ|: : : : :「 ̄ノ|\  _lニニ/: : : : /ニニニニ=ハ   :|: : |
.         \ /.:.:./ニニ|: : : :.:|/ ∧ `¨ヽ=ニ/: : : : /|ニニニニニl: ∨   |: : |
           /.:.:./ニニ|∧:.:..| | } ヽ__/ニ=/: : : : /=|ニニニニニ|: :.∨ :|∧|
.          /: : :,ニニニニ|: /=| ,'/ニニ=>|: :|: :./二|ニニニニニ|: :.:.∨ :|  |
           : : : |ニニニニ|/\∨二>'' ´ニ=|:/| : |二 |ニニニニニ|: : :.:.∨
            |: : : :|ニニニニ|ニニ`}/二二ニニ|'=| : |二 |ニニニニニ|: : : : :∨

憧「普通は盗聴器からよね!」テヘペロ

京太郎「」


憧「すっかり音だけじゃ満足出来ない体になっちゃっていたわ」フフフフ

京太郎「(こういうキャラ付け、なんだよな?)」

憧「盗聴器はしっかりした物を買う事をオススメするわよ。安物はノイズが酷いから」

京太郎「……」

憧「勿論。高ければいいというわけじゃないの。設置する場所も重要なのよ」

京太郎「へー」

憧「私的に見つかりにくいと思う場所は……」

京太郎「思う場所は?」

憧「あっ……」ジィ

京太郎「?」

憧「まぁ、そんな事はどうでもいいの」

京太郎「え?」

憧「テルテルさん。彼の全てを知る事から、全ては始まるの」

京太郎「始まらないよ。そこで終わりだろう」

憧「彼の性癖……趣味が分かったら、それで勝負!」

京太郎「おい! 今、性癖って言わなかった!?」

憧「後は隙を見て、相手にしなだれかかってこう言うの!」

                  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
            /: : : : : : : : :/ : : : : : : : : \: \: : : : ノ○ミ~ 、
           /: : l// : : : : l : : : : : : l: : : : :\: ヽ///l:ハ  \\

          /; : : l∥ : : : /l : : : : : l :l :\ : : :ヽ: :Y: :/:! : i   \\
        / ;: : : :l l: : : : j l: : : : : :l :l\ : :_ : Y :l:/: l : : !     ヽ:ヽ
         //  j: : : :l l : _l:l l l: : : : :l :l '"ヽ} ヽ : :l: :l : :l : :l l     Y: :、
      / /   {: : : :l {: : : :l:l ̄人: : : 乂l _,,x云从,l :l: :/ : :l: l      l:い
      / /     !: : :从ト{`x云zzミ \: : \ノ勹以刋)〉:l⌒Y: : : l       l:l :i
     , : l    人{ : l: lヽ〈( いj沁    ̄  乂;;;;シ |l  ハ :/} !  _  l l: l
     l : l    l: \l::{ハ 乂;;;;ソ           j: l/: :{ l: :l //  l: : l
     l : l    l: : : l: :ト∧      '     ::/::/:: 弋ー- 、:} }//   | : l
      ! : l     l: : : :l: :l : ∧ ::/::/::           /r-ヽ ∨|/l      l : : l
    |: :l    ;: : :_l: l: : : :::...     `:::::’   /: :/ノ、    /八     l: : : l
     l: : :l    /: / |l: l: : : : l 7ー- __   イ/r―つノ _/┐∧     l: : : l
     !: : l   /: /  l l: l : : : j /   弋  ̄  // /_  ̄ //// : ∧    l: : : :l
      j : :j  / /  l 八:l: : : //   /⌒ー「 /-―- ̄ζ///ヽ: : :∧   l: : : :l
    ;: : /  / :{   l  }: : :/r―<{:{   r-/  ∠ ̄ ̄///  Y : ∧  l : : : l
    /: :/  /: :/l   l  ノ: : / {::::::::::::`ーr-/ ヽ  rへ}  /ヽ   }: : :∧  l: : : : l
   /: :/  /: :/{::、  l /: : /  }:::::::::::::::::{::///廴 ノ::::\   ..::ノ  ノ: : : :∧ l: : : : l
   /: :/  /: :/ い  /: : :/   l:::::::::::r-‐イ// / / ̄ ̄/ ..::::::l   ハ: : : : :∧ l: : : : :l
  /: :/ // /  ヾ:,/: : :/  く└--ノ l  }  / /   / / | / }: : : : : :ヽl : : : : l
  /: // /: /    {: {: :{  _>'"  }  ゙、    / /   l / /: : : : : : : :l: : : : 八
 / / : /: :/    人{ヽ{/ ̄     j ト ヽ /l /       l  /: : : : : : : : :l: { : : : :ヽ
//: //: : l   __{ //      / /  / |/l     j  /: : : : : : : : : :l :ト、 : : : \
: : / /: : :j  /   /:::/       / / /   |:::l     {  { : : : : : : : : : :l: !: \: : : :
/   /: :/..::::/     /      / /      l :::j       \ Y : : : : : : : : :l l: : : :\: :
   /: : :{ /::::/            / /      l         ∨ : : : : : : : : :ト|: : : : : :\
  /: : :∧ ::/              /○       l          ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :


憧「ねぇ……すけべぇ、しようよぉ」

京太郎「」

スタッフ「」

プロデューサー「」

憧「アコアコォ~~~!!!」




 それからも、新子は独創的なアドバイスを繰り広げていった
 俺は……まぁ、出来る限りで頑張ったと思う

憧「それじゃあ今日もお別れの時間がやってきました!」

京太郎「おー」

憧「ふふ、須賀はすっかりグロッキーみたい。大人の恋愛は早すぎたかしら?」

京太郎「ソウデスネ」

憧「リスナーのみんな、これからもどんどんおハガキを送ってね」

京太郎「ラジオじゃなくて、身近な人に相談するのもオススメですよ」

憧「それじゃあ今夜はこのナンバーでお別れよ」

京太郎「さようなら~」

 ちゃららら~

憧「Live A-Life」

 平常心でいられない (恋愛)
 心揺さぶる展開 (変態行為)

 だってこの四角い空はだれの天気予報も意味ない (予想不可避)

 いつもスキだらけなんだから (カメラ仕掛けまくり)
 勢いだけじゃ渡れないんだよ (一歩引いて監視)

 テンションあげればどうにかなる (ならない) 
 それだけで勝てる相手じゃない (ライバル多し)

 でもあのとき電話くれなきゃ (脈アリ電話)
 ここへの一歩、踏み出せなかった (両思いならなんでもOK)
 「まず一人、ここにいる!」って (アナタのお嫁さん候補)
 言う勇気 くれたよね (くれたって事はやっぱり両思い)

 新しいLife (須賀憧)
 これからがLive (生中継→生出し→Live)
 全国を目指すに十分なSoul five!! (大好き五つ子)

 きめられたレールに沿ったプレイじゃ満足できない (意味深)

 難しく考え過ぎて 決断力鈍ってるんじゃないの? (もはや狂ってる)
 ほら そこダマでロンだよ! (ダマ=ゴムに穴あけ ロン=おめでた)
 点数読み上げる この勝ちどきが聞こえる? (ライバル一掃ゴールイン)


京太郎「(いい曲なのに、なんだか歌詞に妙なものを感じるのは俺だけだろうか)」

憧「我ながらいい曲ね!」


 ちなみに、この曲……オリコンにランクインしたそうです



※(カッコ部分は歌詞じゃありません)



 
 京太郎の衝撃ラジオデビュー
 誰の回想を振り返りますか?


 安価↓2


1 咲

2 和

3 久

4 まこ

5 優希


【咲の部屋】


咲「……京ちゃん」

 まさか京ちゃんがプロの実業団入りしたなんて
 しかも、映画にも出演したりしているし……

咲「どうして、話してくれなかったの?」

 私って、京ちゃんにとってそんなに頼りないかな?
 それとも、やっぱり私の事を嫌ってる?

咲「……」

 嫌われて当然、だよね
 私は京ちゃんを捨てて、家族を選んだんだから

 私がいなくなったせいで、京ちゃんはあんなにも……

咲「あー、ダメダメ。そうやってウジウジしていたら京ちゃんにもっと嫌われちゃう」

 私も頑張らないと
 京ちゃんにいつか会って、好きになって貰う為に

咲「……あ、そうだ! 考え事をしていたら、ラジオの時間がもう始まってる!」

 最近聴き始めたラジオ、結構面白いんだよね
 ふふ、前に出したおハガキ……読んで貰えているかな?

ラジオ「ジジジジ」

咲「わくわく」

ラジオ「それじゃあ次のお便りは……PN,京ちゃん大好きさんからって、京ちゃん?」

    ,':.:.:.:.:': :.:. :.:.| , イ:.l | ̄`丶:.|:.: .|  , -‐-、 | |  :i:.:.:.:.:\
   ,' : : :! :.:.:.:.:.:/:.:.:.:!',| |:.:|__|:.:.:.j:.:.:j|:.:.:.:.:|:.:.|:.:\:|:... i     ヽ
   ! : :.:.:.| :.:.:.:.: !:.:!:.:.:.:| i| ヽ| j:.:./|:./ !:.:.:.;'j:.,'|:./ |:.|:.:.:.:.|:.:.    i
   ! .:.:.:.:.| : :.:.:.:.', |ヽ:.:ヒニ三≠/ j/ j:.:.///_j/ j/|:.:.:.:' i:.:.:. .  i
   | :.:.:.:.:.! : .:.:.: ヽイ X::::::::ハ `  / ///"ィハ,`ヽ f:.:.:/:.:i` 丶 、i
.   !: :.:.:.:.:!:.:.:.:.:.\{{ {: {:::::::kd       i{::::::r! }} /:.:/:.:.:i|
   !:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:.:.:!ヽ.マOイ ソ         Y) イ!.ノ//:.:.:.:.:i
.   ;.:.:.:{{  \:.:.ヽ  `¨¨´         、 `¨´  {:.:.:.:.:.:.:.:i
    ',:.:八   `丶\ ゙゙゙゙゙             ゙゙゙゙゙ l:.:.:!.:ト、:. i
     ヽ|ヽヽ.                      !:::ハ| ヽl
.        \.ー\        ⊂ニ  つ     .イj/  !  |
        ヽiヽ::}丶    , ---- 、    <

.          ヽヽl    ./   /\ \イ
            l    / / , ヘ.Y´
            ,xへ|   // / ,.へ.\

咲「ふぇぁっ!?」

 こ、この声!? 京ちゃん!?
 なんで京ちゃんがラジオに出ているの!?

 訳が分からないよ!!!

ラジオ「えっと、高校生のときに引っ越して疎遠になった幼馴染の男の子とよりを戻すにはどうすればいいですか?」

咲「っ」ドキン

ラジオ「わー、これ凄いなー」

ラジオ「何が?」

ラジオ「いやさ、これ。もしかしたら俺の知り合いかもしんねーなぁって」

咲「っ」ボシュゥゥゥゥ

ラジオ「へぇ? そうなんだ?」

ラジオ「勘違いかもしれねぇけど。まぁ、その幼馴染が相手だと思って……アドバイスしようかな」

咲「!!」ドキドキ


ラジオ「今は疎遠になっているかもしれないけど、幼馴染ってのは……特別なんだ」

咲「!」

ラジオ「少なくも俺にとって、幼馴染のアイツは……今でも大切な存在だから」

咲「京、ちゃん……」ポロポロ

ラジオ「理由があって疎遠になっているかもしれないけど、いつかきっと元に戻れる」

咲「うん、うんっ」

ラジオ「だから、信じて待っていてくれないか? 必ず……会いにいくから」

咲「京ちゃん! 待ってる!! 私、待ってるよ!!」

 私の何気なく送ったハガキは、京ちゃんに届いた
 ねぇ、京ちゃん

 私ね、ずっと待ってるから

 信じていいんだよね? 京ちゃんは私を迎えに来てくれるんだよね?

 他の誰でもない、私を



咲「……」


 安価↓2


00~49 ヤンデレ大魔王咲さん

50~99 ぽんこつ咲さん

ゾロ目 大天使咲

00 京咲エターナル さぷらいずどらいぶ


咲「ふふっ、それなら安心だね」

 だって京ちゃんがああ言ったなら、きっと約束を守ってくれる
 だから、私は待つだけでいい

咲「京ちゃん、だーいすき」

 今日はもう遅いし、早く寝ちゃおう

咲「えへへ、夢の中に京ちゃんが出ますように」

 京ちゃんの想いが聞けて、私はもうすっかり安堵していました
 きっと近いうちに私は京ちゃんと結ばれて、可愛い子供と一緒に暮らすんだと思います

咲「京ちゃんのお嫁さん……ふふふっ」

 考えただけでにやけちゃう
 京ちゃんは優しくて、かっこよくて、素敵な旦那様

 ご近所でも、仕事先でも……モテモテで……

 私よりもっと綺麗な人に、出会って

咲「ひっく、うぇえぇぇぁぁぁぁぁぁぁ!! 京ちゃん盗られるぅぅぅぅぅっ!!」

 ビエーン!

咲「やだやだやだぁぁ! 京ちゃんは私の旦那様なのにぃ!」


【隣の部屋】

 キョウチャントラレルゥゥゥゥゥ!!


照「京ちゃん、か」


 ヤダヤダヤダァァァァァ!


照「プロになったんだね」


        /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
.       / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヘ

.         / .::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::: : i
       / .::::: .:/ . /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ .::::::: i
.     /  :::::/ .:::::/: : .::::..::::::::: : : :::::::::::::::::. :. : : . : ヽ:::::::. i
     ′  ./ .:::::/ .::::::/::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::. : ::::. ハ:::::: i
     ′:. / ::::/ :::::::/:::::::::/ : ::::::::::::::::::::::::::::::::::, :::::::: i::::: |
.    /:::::::: ′.:::/:::::::::/:::::::::/:从:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. . ...i:::::.i
   /::::::::::′:::::′  .′:::/:i:::i::i::::::::::::::::::::::::::    ...::::::::|::: :|
.  /::::::::::::i::i::::::i:::::::::.i  从:: i::i  ::::  .::::::::::::::::::::::::::i:::::i::::::i
.  /:::::::/.i::i::::::i::::::::::i:::::::i::::i:::i:::i::::::::i:::::::::::::::::::::::::::i::::::i:::::i::::::i
 /:::/  |::i:::::i:::::::::i:i::::::i:i::i:::i::::i::::::::l:::::::::::::::::::::::::::l:::::i::::::l:::::i

.//    ヾi:::::i:::::::i:i:i:::::i:i:::i::|:::::i::::::::i'::::::i::::::::::::::::::′i:::::/:::::i
.´     少:::::::',:::::l:i::i:::::i:゙、ト:|::::ヘ:::::::i:'::::|:゙::::::::::::/i::/i::/::::::::i\
    /  |::::::::::、:ハ ヾ:i  、.i   ヘ::::i::',::i ゙、:::::/ iノ. i/::::i:::::i  \
  /   |::::::::::ハ ヾ ゞ.    ,丶i ゙:j  ヘ/ / 厶::::ハ:::i    丶

 ∧ヾ   |:::::::/    ヽ.、   ._ ヾ.,    イ   /::/i::::′      ゝ_
../ ∧ヽ.  |::::/.      i > _  ̄ . r  ./.  // i:/         /.:/i_
.i  ∧ヽ  |:/       丶    ̄    /  /  レ         /.:// ヽ


照「ふ、ふふふふふっ……そっかぁ」



 カンッ!




【プロ一年目 七月 ロードスターズ宿舎】


京太郎「ここにも無い、か」ガサゴソ

姫子「なんばしよっと?」ヒョコッ

京太郎「あ、先輩。実は、俺の部屋に盗聴器とか無いかなーって」

姫子「この間のラジオ? 気にしすぎたい」クスクス

京太郎「そうですかね。アハハハ」

憧「……ウフフフフ」

ネリー「?」

京太郎「というか、なんで三人とも俺の部屋に入り浸ってるんです?」

ネリー「減るもんじゃないし、いいじゃん」モグモグ

京太郎「現在進行形で俺の家の食料が減ってるんですけど」

姫子「まぁまぁ。それよりも仕事の用意ば、急がんと」

京太郎「あっと、そうでした!」


 えーっと、今日の仕事はなんだっけか?


 安価↓2


1 実業団の試合

2 タレントとしての仕事



京太郎「今日もタレントの仕事かー」

ネリー「試合は?」

京太郎「出番なし。男子はやっぱり出場できないよなー」

姫子「まだ一年目。これからこれから」

憧「そうよ。今は人気を高める事だけ考えなさい」

京太郎「おっけー。とにかく頑張るよ」

 俺の場合は人気が強さに直結するらしいしな
 ここはドカンと、大きい仕事をこなしてやるぜ!

京太郎「それで、今日の現場は……?」


 安価↓2 補正8

00~09 変化無し ビラ配り
10~29 +1 握手会
30~49 +2 大会解説のお仕事
50~89 +3 CDデビュー
90~99 +5 テレビデビュー

ゾロ目 +10 映画 続編 今度は主役

00 連続ドラマ主演 獲得


京太郎「え、映画の主役だってぇえええええええええええ!?」

ネリー「!???????!?!?!?」

憧「え?」

姫子「へー」

京太郎「あわ、あわわわわわっ!」
                                                   

                                                  <淡だよー!


京太郎「どうしよう、マジかよ!」

ネリー「映画……」

憧「凄いじゃん!」

姫子「恋愛映画?」

京太郎「どうでしょう。詳しくは書いてないので」

 マジか。前に映画に出たばかりなのに
 次は主役だなんて!

京太郎「と、とにかく現場に行ってきます」カチコチ

 前回はネリーがいたけど、今回は誰か知り合いがいるかな?

京太郎「(うぅー、緊張してきたぞー)」


 0時になったら、共演者安価を出しまぁす!!

 既存キャラでも、新キャラでもオーケーよ
 ちなみに、既存キャラの好感度は↓の感じね

 参考にしてくださいまし
 つーかいい加減金髪ヒロインを追加してくれませんかねぇ!!!

【ハートビーツ大宮】
由暉子(94)
玄(42)
はやり(52)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(77)
咏(09)

【元清澄高校メンバー】
咲(98)
久(77)
まこ(34)
和(27)
優希(24)


 映画時点での京太郎のステータスと清澄の好感度ね
 まだですよ? まだ安価じゃないですよー?


【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(45)補正8
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)
・映画出演2(主役。???と共演)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(77)
咏(09)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(94)
玄(42)
はやり(52)

【元清澄高校メンバー】
咲(100)
久(87)
まこ(44)
和(37)
優希(34)




 安価↓1~3 までで一番コンマが大きい子 ※好感度判定ではありません
 

 ゾロ目の場合その時点で参加確定(最高コンマと共演)
 00が出れば全員参加

※ 話の本筋にそぐわないキャラは基本的に出せません 
※ 方言キャラもなるべく勘弁してクレメンス(好きなキャラ多いんだけどね)


 争うのです、ボクたち!!!!!! 金髪 is GOD!!!

この場合はうたたんだけ?それともうたたんとユキのふたり?


>>516
 うたたんとユッキですな
 ゾロ目の方が優遇されるので咏がメインヒロインですけども


 映画の題材を考える時間が欲しいので今日はここまで
 一応、テーマ募集してます。次回更新までにリクエストあればオナシャス!

 それと、アコチャーファンには悪い事をしたと思っています
 だが私は謝らない。君達は女子力を乗り越えてくれると信じているからだ

 次回更新はもしかすると今週末でございます
 気長にお待ちくださいませ


 
【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(45)補正8
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)
・映画出演2(主役。咏&由暉子と共演)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(77)
咏(19)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(100)
玄(42)
はやり(52)

【元清澄高校メンバー】
咲(100)
久(87)
まこ(44)
和(37)
優希(34)


【バレンタイン番外編 タコスよりカカオ】


 バレンタイン。2月14日
 それは、恋心を秘めた少女が想いを伝える神聖な日

 中学までは義理チョコ程度しか恵まれずに過ごしてきた俺だが


 今年は違う


京太郎「なんてったって! 俺にはみんながいるもんな!」


 そう! 俺が所属する麻雀部には美少女が沢山いるんだ!
 だから義理チョコは勿論、本命チョコだってありえるかも?

 いいや、確実にある! そう、間違いない!


京太郎「って、思っていたのにチクショォォォォォォォ!!!!」


優希「……今日の部活は、私とお前の二人だけだじぇ」

 なんの因果か、今日は優希を除いた四人は全員部活を休んでいる
 部長は進路のアレやコレで不在
 染谷先輩はお店のバレンタインフェアで忙しい為、不在
 和はお母さんと用事があるらしく、不在
 咲は図書委員の仕事で、不在

 誰も、俺にチョコをくれなかった

京太郎「……ちょこぉ」ガックリ

 まさか、今年は一個も貰えないとは
 咲は教室で渡してくれなかった事から考えて、完全に脈なし

 帰宅した和と染谷先輩に至っては、望みゼロすぎる

京太郎「あぁぁぁぁぁ……チョコ、欲しかったなぁ」

優希「……//」ソワソワ

京太郎「はぁ……憂鬱だぁ」


優希「(京太郎の奴、あんなにチョコを欲しがっているじぇ)」ソワソワ

 バレンタイン。女の子が想いを伝える、神聖な日
 今日は私も、素直になって……

優希「……」ドキドキ

 そう思ってチョコを作ってきた
 みんなと一緒になって、ドサクサに紛れて渡せるかなって

 でも、今日は二人きり
 こっちの方がチャンスのはずなのに……
 
 駄目だじぇ。恥ずかしくて、死んじゃいそう

優希「……///」モジモジ

京太郎「……おい、優希?」

優希「じぇっ!?」ビクッ

京太郎「……お前、もしかして!」ガタッ

優希「っ!」カァァァァ

京太郎「……うんこか? トイレなら我慢しない方がいいぞ」

優希「」ブチッ

.  /_, -‐.:´..:..:..:..:..:..:..:..:..:.\、_
   ̄/:..:..:..:..:..:.._, -----、..:..:| | /ー- 、
  /..:..:..:..: , -.:´..:..:..:..:..:.,,;,`ー|⊃..:..:..:..:..`ー、
. /..:..:..;..:./..:..:..:..:_, -‐´..:..:..:...| ! 〉.:..:..:..:..:..:..:`ー、

/,∠;,,/..:..:..:..:/  ┃ ┃..:..ー'..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..\
/..:/ハ/..:..:/..:..:..━┛ ┗━..:..:..:..:..:..:.../..:..:..:..:..:..:..\
/..:/..:|..:../..:..:..:..:..━┓ ┏━..:..:..:..イ:.,:/..:..._..;. ィ..:..:..:..:゙、
..:..:..:..:..|../..:..:..:..:..:..:..:.┃ ┃:..:..:..:/:/ |//〆、  |/イ..:..:..:..:.゙、
-― ´ ̄`ー -、..:../..:..:..:..:..:..:..:../|/   \ \| /..:..:/..:..:.|

ー - 、     \|..:..:..:..:..:..:..:./   ⊂⊃ \ ノ/../,.:..:..:.|
    `、      ゙、..:..:..:..:..:./         /, '/,,;イハ|
.     ゙、      |..:..:..:..:/    _      ゙、
.    ,  |     .|..:..:..:./   / | \     ゙、
   /  |    /..:.|..:/    /   ^ー、. \    |
   |   |   /|..:..ハ..|    \   \ ゙、   /
   |   |   ,イ |..:|_,レ'´` 、  `ー-、_ `  )/
    |   | /. |  |..|.;、..:∧/`ー-、_    ̄ _,<
   |  |/   | />ハハ;|       ̄ ̄
   |  /    / /' /|
    V    / / /   |


優希「きょうたろぉぉぉぉぉぉっ!!」

京太郎「ちょ、まっ! あ、アッー!!!!!!」

 私のバレンタインは、こんなにも早く終わってしまったじょ






【龍門渕邸】

優希「ほれ、みんなで食べるといいじぇ」

衣「いいのか!? わーい! チョコをもらったぞ!」

一「へぇ、気が利くじゃん」

透華「わざわざバレンタインの日に来るとは! これはこちらもお返しをしなければなりませんわね!」

純「ふーん。チョコか」

一「敵に塩を送っていいのー?」

優希「別に。なんなら、来年は龍門渕に転校してやるじぇ」

純「……!」

一「枠が空いてないって」アハハh

衣「ちゃんと食べられるのだな? タコスは入っていないか?」ピョンピョン

優希「入ってるわけないじぇ」ケッ

衣「それじゃあ開けるぞ!」ガサガサ


チョコ「」バーン


衣「……なんだか、奇々怪々な形をしている」ドンビキ

純「やめておけ、衣」ヒョイッ

衣「あっ」

純「これにはタコスが入ってる」

優希「入ってるわけないだろ!! いい加減にしろ!!!」ウガー

純「透華ー、ちょっと厨房に行ってくるぜー」

透華「え? でも、今はハギヨシが……」

純「いいからいいから」スタスタ

優希「こらー!! チョコを返せー!!!」トテトテトテ



【龍門渕邸 厨房】


ハギヨシ「おや? これはこれは……」

智紀「どうしたの?」

純「悪い。清澄の須賀にチョコを渡したいんだ。もう一つ余分にくれないか?」

智紀「いいけど」

ハギヨシ「かしこまりました」

 バターン!

優希「こらー!どういうつもりだじぇ!!」

純「どうもこうもねぇよ。お前、本当は須賀にチョコを渡したいんだろ?」

優希「!」ドキン

純「ちょうど今、萩原さんと智紀がチョコを作っていたから、その一つをお前にやる」

優希「え?」

純「龍門渕から頼まれたって、チョコを渡すついでにお前の分も渡せばいいだろ?」

優希「……お、お前!!! イイ奴だな!!!」パァァァ


純「気にするな。どうせ透華の奴は、須賀にもチョコを渡すつもりだっただろうし」

優希「ふーん。でも、ありがたい事だじょ」

 これで、京太郎にチョコを渡せる
 そうしたら、自分の気持ちを……

ハギヨシ「では、これをどうぞ」

純「あ、すみません……って!」


ハート型のチョコ【愛を込めて、じゅんじゅんより♪ 京ちゃんへ】  バーン


ハギヨシ「よかれと思って、メッセージを」フフフ

純「いりませんよこんなの!!!! 龍門渕一同よりに書き換えてください!!!」バキッ

ハギヨシ「おや、これは失礼しました」

智紀「あー、勿体無い」

純「全く、なんでオレがアイツに……// くそっ!」カァァァ

優希「……ふーん? お前も、そうなんだ」ジトー

純「は、はぁ? わけがわかんねぇし」

優希「まぁ、譲る気はないじょ」

純「……」

智紀「あ、そうだ。試作品のチョコを食べる?」スッ

純「お、おう! 全く、どいつもこいつも変な勘ぐりして……もぐもぐ」モグモグ

智紀「はい、どうぞ」

優希「わーい! って、これウィスキーボンボンだじょ」

智紀「うん」

優希「うぇー、流石にアルコールはまずいじぇ」

智紀「あ、そっか。旦那様用に作ったから」テヘペロ

優希「こんなの未成年が食べたら……」

智紀「あっ」

ハギヨシ「おや?」



純「…………ひっく」




【清澄 部室】

京太郎「あー、チョコが欲しいなぁ」ハァ

 優希の奴、ちょっとからかっただけなのに
 アイツ、思いっきり顔面を叩いていきやがって

 パンチよりチョコをくれっつぅーの

京太郎「あああああ……糖分が欲しいよぉぉぉ」

 コンコン

京太郎「?」

 ん? 誰だ?
 部室の扉を叩いている?

?「あ、あの……京太郎君、いますか?」

京太郎「はい」

?「きゃっ、言っちゃった! は、恥ずかしいよぉ……」

 この声、聞き覚えはないけど……なんだか可愛いな
 もしかして、俺の事を好きな女子!?

?「アナタに、渡したいものがあるんです」

京太郎「はいはい! 今受け取りますよ!!!」

 間違いない
 俺は全速力で扉を開き、その少女を受け入れ――

純「なーんて美味しい話があるわけねぇだろーが!!!!!」ブンッ

チョコ「」ヒューン

京太郎の顔面「」ドグチャァァァァ!!!!!!!


                     __   / |
                    // /| /.  |/ /|
              ー=ー-、./|/.// '´ /// /
             , -‐\. |/    ゙、` <´  /      (`ー‐--、___
            , ´ , -‐、V| ; |  ゙、 i ゙、 ´Z -‐ァ     `ー<,ノ´  , `、
           / / //`| ! ハ  i ハィ`i   、'´         '┬'´|〕  _レー、
         / /   , /  ゙、ソ-‐,二_  |ミ 、 |          ゙、 ゙、 /   |゙、__
       / /   ///ー‐-   '´'゛'   〉r‐ 、|          |   / ./ ソ `i_
     _, ´ /  /, イノl゙、<_;;i             }|    r'`ヽ     |  トュ/  /  ,  ゙、
    //_, -‐ ´/ / N゙、.l  ノ    _,    ノ|    ゙、  )、__,ノ     /  /'´  ゙、
    ̄ ̄          ゙、  , -ァ'´ ノ   / i |     !、´       /  /    ト、
                   ゙、 `-'‐ ´    ' | l lハ      `ー-、     ト,/     | `、
                   \     ,  , -‐ ´ !、     __  `ー-、_  __,!、__   ノ   ゙、
                      >-‐ ´ | ̄|    〉‐/´ ̄ / `ー-、__   ̄  \ `"´    `、
                     __/   |  |  >、    |/    / _, -‐ ´ `>、_   \       \
             _, -‐'/\  ,イ\// /\. /    / __, --―‐'´  `ヽ、  ゙、        \
           /_, -‐'´,<´)/ | / /   `    /             >―゙、          ゙、
          ´ ̄_, -‐ ´\ / / /       /          _, -‐ ´  _,  〉         ゙、
           /|       __|//_/         |    _, ---―‐'´     <´  / |         |
   _       / //   /  >'´             |_, -‐ ´            \/  |         |
-‐'´  ` ー - 、/ /    /ィ /            -‐'´|           _,     |   |           |
-‐'`ー-、_    `ー‐--'´// |              ! __, -ァ―――-- 、_     |   /|            |
      `ー-、____/ / /                / /          ̄`ー- !  |          |
     / /       / /      ..         /  /              `ー┴-、_____ノ
      //|   _, -‐ ´ /       :::       /   /
.   /   ! -‐'´ , -‐' ´        :::.          /
 ┌'´ / / ̄               ::::.        /



純「ぶわっはははははははははははっ!!!!!!!!」

優希「」



京太郎「」バターン

 チーン


【鶴賀高校前】

ゆみ「なに? 一緒にチョコを渡して欲しいだと?」

優希「うん。あの酔っ払いは使い物にならないじょ」



純「オレって、オレってこんなに酒に弱かったのか……」ズーン



ゆみ「チョコくらい自分で渡したらどうだ?」

優希「色々と試したけど、失敗しちゃって」

ゆみ「甘えるんじゃない。バレンタインは乙女の聖戦なんだぞ?」

優希「うっ」

ゆみ「集団告白なんて、どこの中学生だ?」

優希「で、でも! 照れて上手くいかなくて……」

ゆみ「うん」

優希「加治木さんみたいなデリカシーの無い人なら、神経図太そうだから気にしないかなって」

ゆみ「物を頼まれながらこんなに傷付けられたのは始めてだ……そもそも!!!」

純「うぅ……」

ゆみ「井上! お前が付いていながらこの体たらくはなんだ!」

純「いやぁ、だってよぉ……」 

ゆみ「まぁいい。ライバルに手を貸すのもなんだが、お前達程度なら障害にはなるまい」

優希「じゃあ手伝ってくれる?」

ゆみ「ああ。それならまずは、全裸になってこのチョコ風呂の中にはいるんだ」

ポリバケツ「チョコたっぷり」タプタプ

ゆみ「そうして全身をチョコでコーティングする。全てはそれから始まる」

純「いや、始まらないだろ。全てが終わるだろ」

ゆみ「カマトトぶるんじゃない!!! 恥を捨てろと言っているんだ!!」

純「恥を捨てても、人間まではやめるつもりはねぇよ!」

ゆみ「クレオパトラは王様を誘惑する為に絨毯を送り、その中でダブルベンティヘーゼルナッツアーモンドブラベウィズエクストラホイップウィズチョコレートソースエクストラコーヒーコーヒーフラペチーノライトアイスまみれになっていたという逸話を知らないのか!?」

純「だから誘惑じゃねぇって!! ただチョコを渡したいだけだっての!!」

   /  , <    人   `ヽ、 ノィ

  ,  /      / ハ   、  へr'
  //才      ,  /~~l i  i  、 V
 匕/      ,  /´  | .l  }   l
 У      、ィ' /'  j  Yハ ム  l il
 ,イ     /ヾく     l!〆_' ハ /}/

 /    ,.√f  ̄ぁ`" '  ' ぁ ,´オイ
   ,.ィ(「 $ `ー ´ ι  ` ̄  l !
 '"´ !八 ゝ       `  u  レ"
   从 ミ八  j / = ヽ7  /

     }/  ト  、 _ _ノ ,ィ'_ _
 __ ___!Vハ,ノ  > , __.<刀//入
 ///∧         ,  ,////1/ヽ
 /////ヽ ―一-  ''´ ノ´////}'//.〉
 ////////>ー ---<//////,{,'/,∧

 /////////////////////////{'/  ∨
 /////////////////////////イ   ∨


優希「……」ハァ


【清澄 部室前】

ゆみ「とまぁ、結局普通にチョコを渡す事になったわけだが」

優希「うん」

純「最初からこうしていれば……」

ゆみ「とにかく、普通に渡せばいいんだ」

優希「よ、よろしく頼むじぇ!」

ゆみ「では、扉を……」


京太郎「うぉぉぉぉ! めっちゃ嬉しいぞ、咲っ!!!!」


三人「「「!?」」」

 扉の奥から聞こえてきた声
 それは、京太郎の喜ぶ声で……

優希「……」

 そっと、扉の隙間から部室の中を覗くと


京太郎「マジでありがとな」

咲「うん。委員で遅れて、チョコを渡せなくてごめんね」

京太郎「やっほー! これでゼロじゃなくなったー!!」

咲「そ、それでね。そのチョコは義理じゃ……」

                        ____  ,- 、_
                       ⌒>    `  ヽ  ` 、
                       /,      ,   | l   ヽ
                     /イ  ,/ / |{  | | | l |   .
                       / イ { /{-从 }/}-}イ |  |
              r-、_         V从 ィ=ミ∨ィ≠ミ| / , ∧
          ,. : : : ̄:´ゝく)、        ヽム   '     |/イ V }
        /: : : : : : : : : : : \          }∧ v  ァ  'r-イ
         ,: : :,: : : :/:}: : :|: : |: : ヽ         _、__  イ/}_/
       : : : |: /-'{: |: : 从: }: : 、: .    ___ {// }   r≧7}
        | : : |: ィ雫 |/ィ雫}:/:∧:} <//////////  「/////>- 、
        l : r从 ゞ'  , ゞ'{イ: :{/}'///////////{l _|//////////\
        从乂:、 u:.:.:  :.:人//////////|/////∧:: ////////////// 、
         }/ハ>  _´ イ///////////////////∨////////|//////∧
       ,......-.ノ   V -.乂___,..---- {////////o//r====、 }、//////∧
      rく.、.......{    }...........7 、       |/////// ///////// | ∨/////∧
      ∧ \....\  /....../l/ }       |////////o////////{  ヽ./////∧
      { V  ` rミ ∨=≦ 〈 ⌒Y     |/////////////////|  /⌒////〉
      |  {    ` [二]´  「二二}      |////////o////////| ////////
      |  ::.    /:.:.:|   /     }     }/////////////////}'///////
      |  }    {:.:.:.:}  {    ∧     |////////o////////|/////
      |  |    、:.:.:|   ヽ    ノ     |/////////////////|///
      |  |      ∨   {乂_/      |////////∧///////|イ(ィ
      |   '             V       //////// //∨/////∧_ノ
      { V、          〉      〈/////// / |/| \///// 〉
     {ニ/\\_____/.、       |\___// |/|///\__,..イ
    〈_/........\____/...}       |/////////}/}/////// |
     /............../.................|...........|        |/////////「 |/////// |


京太郎「分かってる分かってる。毎年恒例の義理だろ? それでも嬉しいよ!」

咲「あ、うん。よかった」



優希「……」

ゆみ「……」

純「……」



【清澄高校 正門前】


優希「……」ズーン

ゆみ「……そろそろ帰るか」

純「おう」

ゆみ「これ、明日でもいいからアイツに渡しておいてくれ」スッ

純「オレも頼むわ」スッ

優希「……うん」

純「じゃあな」スタスタ

ゆみ「また今度」スタスタ


優希「……う、うぅっ、ひっく」グスッ

 結局、私はチョコを渡せなかった
 みんなに手伝って貰ったのに

 京太郎の為に、一生懸命作ったのに

 全部、無意味になってしまった

 こんな、こんなもの!!

優希「こんな! 手作りチョコなんて!!!!」ブンッ

 グチャッ

優希「……」

和「……ゆーき?」

優希「あっ……のど、ちゃん?」

和「どうしたんですか? 今、地面に落としたこれは?」

優希「……」

和「これって、もしかしてゆーきが作った……?」

優希「うん。京太郎に渡そうと思っていたけど……」

 それから私は、のどちゃんに全てを話した
 のどちゃんは嫌な顔をしないで、私の話を最後まで聞いてくれた

 そして……

和「そうだったんですか。もう、それなら私を誘ってくれれば」

優希「だって、のどちゃん。忙しそうだったから」

和「母の用事を済ませたら、すぐに戻るつもりだったんです」

優希「そっか。でも、もういいじょ」

和「……分かりました。それなら、もう何も言いません」

優希「うん」

和「ところで、そちらの二つの箱は?」

優希「ああ、二人に頼まれた分だじょ。後で京太郎に持っていく」

和「それなら、私からの分も頼まれてくれませんか?」

優希「え?」

和「今、メッセージカードを書きますから」カキカキ

優希「……自分で渡さないの?」

和「なんとなく、そんな気分ではないので」フフフ



【清澄 部室】

咲「それじゃあ京ちゃん。私、先生に提出する書類があるから」

京太郎「いってらー」

 バタン

京太郎「ふぅ……咲からの一個だけか」

 ゼロよりはマシとはいえ、義理だもんなぁ
 本命チョコ……一つくらい、欲しかったなぁ

京太郎「いやいや、贅沢は禁物……」

 ガチャッ

京太郎「!」

優希「……これ、扉の前に置いてあってじぇ」ポイッ

 バサバサバサ

京太郎「これ、チョコか!? もしかして、俺に!?」

優希「知らない。私は、疲れたからベッドで仮眠するじぇ」ボフッ

京太郎「うひゃー! マジか! 三つもあるじゃん!!」ワーイ

 全部、可愛らしい包に入ってる!
 えっとー、メッセージカードにはなんて書いて……

京太郎「!」

優希「……四つもチョコを貰えて、嬉しい?」モゾモゾ

京太郎「よっつ? いや、違うぞ優希」

 咲からもらった一つ
 そして、今俺の手の中にある三つ

 でも、その三つのメッセージカードには――

チョコA【ハッピーバレンタイン。またスターバックスに行こう!  ゆみより  & 優希より】

チョコB【透華が会いたがってたぜ。オレもたまには、お前の顔が見たいかな。 純  と優希より】

チョコC【やっぱり京和がナンバーワン! わんわんわうーん!  アナタを愛する 和(ボールペンで塗りつぶされ) ゆーきより】

 
京太郎「全部で五つ、だな。優希、ホワイトデーはお返し……楽しみにしておけよ?」


                  -‐……‐-
           __ .  '"           ``ヽ、
           __(_,:'     . : : : : : : : i : : : .   \  __
      , -=ニ(__)′ . : : : : : :/: : : :¦: : : .    〃ヽ_)ニ=‐-

     /   . : /   . : : : : : /: : : : : | : : : : .     乂ノ  ``ヽ、
   //  . : ,′ . : : /: : :/:{: : : : :i:| i : : :i: : .    i:    \\
,    / . : : : ;  . : : 厶=-‐i:{: : : : :i:N‐-=|: : .    l:Y    `、
.    ;′ : /: : :i{ : : : :i{: :乂: |: |:{ : : |:¦: | :卞: : .   ;i | }: .    `、
   {  : i{: : 八 : : i{ { ,,ィ茨氷 : :l: ィ茨氷、}i: : }i | }: :

   乂_ : :{i : : i个ト:乂;《 {i _j゚} \j  {i _j゚},》}i: : 八:.|;゙: : /¦ }

      \{\ i|¦: : ::|  とつ'°    とつ'゚ 厶イ: :|:,厶イ  jノ
           〉|¦: : :i|ハ :':':'     '    :':':'  爪: : : | |
         |¦: : :ii込、          ;勹i : : | |

           八乂_: :乂: :>。.  ~~  ¨  イ: :八: :_人ノ
.                    r 〕=‐ :=夭=ァ
               _jI斗       :ト、__
             .斗=ニ  八__     _,/ ⌒ミトミ__
.            ∧\___________》竺吝竺-《____________,/>、
         / rく_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_/∧

           /  V_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-/ ∧
          ,′  ∨-_-_-_-_-_-_-_-_-____-_-_-_-__,′  :,
        ,′   }-_-_-_-_-_-_-_-_-_-__-_-_-_-_,′    ′
        {   (\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-{       ;
        { /⌒  ヽ-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_j{______,  }

優希「……うん」


 カンッ!


 ぎゃああああ! 思ったより長くなってもうた!
 んー、元ネタをあまりリスペクト出来なかったかな
 たまにはスポットライト当たらないキャラをピックアップ
 まぁ、ゆみさんはN1スレでは活躍したんですが

 ちなみに、配役はのどっちと咲を除いて声優ネタ
 ん、わかりづらいですね
 こうなったら、次からは金髪推しでやっていこう


 おまたせ。今夜再開するよー
 まだネタ思い浮かんで無いので、今回は撮影パートメインで描写
 たぶん、20時辺りから始めるので少々お待ちください
 せんてんすすぷりんぐ


【プロ一年目 七月 撮影スタジオ】

 俺が麻雀プロとして実業団入りしてから、三ヵ月が経った
 未だに試合の出場数は少ないけど、同期や先輩に恵まれて楽しく過ごしている

 だけどやはり、男子である俺が麻雀をする事に抵抗のある人は多い
 
 それでも俺は前に進むしかない
 応援してくれる人の数だけ雀力を増すという、このチカラを使って

 俺は高みを目指すんだ!

京太郎「……と、張り切ったまでは良かったんだけど」

 ガヤガヤガヤ

京太郎「うへぇ。いつ来ても、ここは慣れないな」

 映画の収録スタジオ
 前はサブキャラだったから、緊張も少なかったけど……今回の俺は、主役だ

 当然、他の共演者やスタッフ達の視線は俺に集中する

 うう、緊張する

監督「おお、須賀君! 来てくれたね」

京太郎「あ、どうも」ペコリ

 この人は前回の映画の時と同じ監督で、漫画やアニメの実写化をよく手がけている人だ
 今回俺が出演する映画も、何かのアニメの実写化らしい

監督「よろしく頼むよ!」ハハハハ

京太郎「あの、監督。どうして俺を主役に?」

監督「ん? それはまぁ、前回の君の演技が評判良かった事と」

京太郎「事と?」

監督「君の声が、原作アニメの主役の声と似ていたからね」

京太郎「原作アニメって……お江戸ぎあすの事ですか?」

 お江戸ぎあす
 江戸時代、日本がブリテンに支配された世界をモチーフにしたレジスタンス物のアニメ

 俺の役は、政治争いによって日本へと流されてきたブリテンの王子だ
 うーん、外国人役かぁ

監督「君は金髪だし、特徴もいいしね」

京太郎「まぁ、頑張ります」

 とにかく、自分でやれる範囲で頑張ろう

監督「それじゃあ着替えてきてくれ。衣装さんがそっちにいるから」

京太郎「はい!」テテテテ



京太郎「えーっと、楽屋はこっちか?」

 ガチャッ

咏「……げっ」

京太郎「あっ」

 み、三尋木プロ?!
 どうしてこんな場所に!?

咏「……あー、共演者ってお前か」

京太郎「え? という事は、三尋木プロも?」

咏「まぁねぃ。上からのお達しって奴」

 心底不服そうな表情で 、咏さんは髪を結いている
 おお、この髪型も可愛い!

京太郎「三尋木プロと共演出来るなんて光栄です!」

咏「あっそ」シラー

京太郎「……よろしく、お願いしますね」

咏「最低限は」

京太郎「」

 ダメだ、取り付く島が無い
 やっぱり俺、三尋木プロに嫌われているんだなぁ

京太郎「……」ズーン

スタッフ「おまたせしましたー。それでは須賀さん、着替えよろしくお願いします」

京太郎「はいっす」ズーン


咏「……ふんっ」


 安価↓2  咏ちゃんの役目はどっち?


偶数 CC 

奇数 ナァナァリィーッ!



スタッフ「いやー、スタイルいいですねー」

京太郎「ど、どうも……」

スタッフ「何かスポーツとかやってたの? 凄い、がっちりしているけど」

京太郎「昔、ハンドボールを」

スタッフ「はぇー、すっごい」

 スタッフさん達は前回顔見知りになった事もあって、親切な人ばかりだ
 後は共演者の皆さんと仲良くなれれば……

 ガチャッ

京太郎「ん?」

由暉子「あっ!」

京太郎「ユキ!」ガタッ

由暉子「須賀君!」パァァァ

スタッフ「あれ? 知り合いなのー?」

京太郎「ええ、同じプロですから」

由暉子「え? す、須賀君がもしかして……」ドキン

京太郎「ああ、主人公役なんだ。よろしく」

由暉子「」

京太郎「?」

由暉子「(相手が須賀君だと知っていれば……)」

スタッフ「(確かこの子、元はメインヒロイン役だったけど……役の変更を申し出てきたのよね)」ジィー

由暉子「」ションボリー

京太郎「ユキがいるなら、嬉しいなー」

由暉子「!?」

京太郎「よろしくな」ニカッ

由暉子「は、はい!」

京太郎「ところで、ユキは何役なんだ?」

由暉子「私ですか? 私は……」

 
 安価↓2  ユキの役

 偶数 忠犬カレン

 奇数 ナァナァリィー

 ゾロ目 のどっち カレン参戦

 00 ゼロレクイエム


由暉子「主人公の流々の妹……お奈々です」

京太郎「俺の妹か。へぇ、似てるかな?」
 
 同い年だから、妹でもおかしくはないけど
 ちょっぴりキャスティングが謎だなぁ

スタッフ「(だって本当は三尋木プロが妹役だったんですもの)」

京太郎「えっと、俺が主人公の流々で、ユキが妹のお奈々」

スタッフ「流々を導く謎の美女、お志津が三尋木プロですよ」

京太郎「それって、もしかして?」

スタッフ「はい。メインヒロインです」

京太郎「ま、マジか」

 いや、別に三尋木プロが相手役なのはいいんだ
 だけどほら、向こうは俺が相手役なんて嫌だろうし

咏「……」ジィー

  /     . : : :/ :,イ . : : :/   ! !: : : : : : : : : :.| |: | : : : : .:ト、 . : : : :| : : .   | |
 ,′  . : : .: .: .:|: :| |: :. : /   | |: : : : : :. :. :. :.| |: ト、 .: .: .:| ヽ: : : :| : : : : . | |
 |  . .:.:|: : : : : :|: :トL_: :.|   | |: : : : : :. :. :. :.| |: | \: : |  :!: : : :| : : : : : |: .|

 |. :|. : : :|.: .: .:.イ:|: :| |:.:.:.`ト、   ! !: : : : : : : : : :.| |: | ,,斗匕´|.:,イ: :!: : .: .: .:|: .|
 |. :|.:. .:.i|.: .: .:.:| |: :| |: : :.:|   `トL______斗匕´   乂  |/ |: :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: :.小l:≧|zx; 」,__|           ___,,..ィzzz≦. :| : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|.: .: .:.{ヽj八| {:::::|/刀フTミ、        ,:怎テ乏///}} ア|: :! : : : : : |: .|
 |. :|: :|: i|: : : :.|ヽ   |: : : |cz:::ノノ/        八゚辷cz::ノノ / :jノ.: .: .: .: .:|: .| 
 |. :|: :|: i|.: .:.:.i| '.  |: : : ト--゚'′          `ー--゚'′   |i : : : .: .: .:|: .|
 |/'|: :|: i|.:. .:.八 '. |: : : |/ ̄\/ ̄| ̄\/ ̄\       从: : : .: .: .:|: .| 
 | |: :| 八.: .: .:.`ⅵ/ ̄ ゚..    ゚   :|   .'     /  ̄\  /. : : : : .: .: .:|: .|
 | |: :|: : ∧/ ̄¨’,     ゚.     ゚   |  .′   /     , ’¨ ̄\: : : : : ノ: .|
 { 人_|/ ̄ \    ’,.   ゚.   ゚  :|      /    , ’   / ̄\'´.:. :.|
   / \     \   ’,  ゚..   ゚  | .,′  ./   , ’   /     /\ : |


京太郎「(なんだかすげぇ睨まれているし)」

由暉子「(本当なら、私が須賀君と……)」

京太郎「マジで、頑張ろっと」ブルブル


監督「それじゃあ、最初は軽い殺陣からやってみようか」

京太郎「お、お願いします!」ブルブル

監督「そんなに緊張しないでいいよ。相手が合わせてくれるから」

京太郎「そういうもんなんですか?」

 模造刀を片手に、俺は所定の位置につく
 このシーンは、俺が幕府の追っ手に襲われる場面だ

 何度か斬り合って、最終的には俺が切られて死にかける

 そこを咏さんが演じるお志津が助け出すというわけだ

京太郎「チャンバラってどうやるんだ……」

監督「とりあえず、須賀君はのびのびと斬り合えばいいよ」

アクター1「俺達が切られて倒れたりするので」

アクター2「こっちの攻撃も勝手に避けてください」

監督「絶対いつかは斬られる筈だから、その時に倒れてくれればいいよ」

京太郎「そういうもんですか」

 そっか、それでリアルな演技を引き出すわけだ
 よーし、なら本気でチャンバラしてやる!」

由暉子「須賀君、頑張ってくださいね」

咏「……この着物、ちょっとブカブカ」

スタッフ「まぁ、お隣の方用のものだったので」

監督「それじゃあ行くぞ……アクション!」カッ

京太郎「!」

アクター1「へへ、こんなところにもブリ公がおったぞ」

アクター2「ならば斬られなばなるまい」

アクター3「出会え、出会え!!」

 ゾロゾロゾロゾロ

京太郎「(凄い数だ……)」

アクター5「死ねいっ!」ブンッ

京太郎「ハッ!」スッ

アクター5「えっ?」

京太郎「ふっ!!!」ザシュッ

アクター5「ぐぁっ!?」バタッ

アクター12346789「「「「「「「「「……?????」」」」」」」」」

京太郎「来いっ!!」タタタタ

アクター1「くっ! くらえ!」シュッ

アクター2「二人がかりだ!!」ブンッ

京太郎「遅い!」ザシュザシュッ

アクター12「「ぐあああああああああああああっ!!!」」

アクター4「はぁっ!」ダダダ

アクター7「きぇーいっ!!」

京太郎「はぁっ!」ダンッ

アクター3「儂を踏み台にしたぁ!?」

京太郎「せいやっ!」ザシュザシュザシュッ!!!」

アクター473「「「ぎゃああああああああああああああ!!!」」」


アクター8「ば、莫迦な!?」

アクター9「七人があっという間に………!?」

京太郎「……」チャキッ

アクター8「ええい! なぜ、刀を鞘に納めるか!!!」

京太郎「見よっ!!」カッ


    瞳   術


アクター89「「か、体が勝手に……自分に、刃を!?」」ブルブル

 ザシュザシュ

アクター89「「」」チーン

京太郎「……ふぅ」




監督「」

咏「」

スタッフ「」

由暉子「凄いです」パチパチ



監督「いや、あのね? 君の身体能力が凄いのは分かったんだけど。流石に全滅はマズイかなぁ」

京太郎「……すみません」ペコリ

監督「やっぱりハンドをやっていた人間は運動神経が違う」ブルブル

由暉子「さっきの目がピカーっとしたのはなんですか?」

京太郎「ああ、瞳術だよ。ハンドやってれば基本的な技術なんだけどな」

由暉子「へぇ。なんだか、ハンドボールに興味が湧いてきました」

京太郎「それなら今度、一緒に試合を見に行くか? プロはすごいぜ」

由暉子「ぜひ!」



咏「……演技くらいちゃんとしろっての」ボソリ


監督「それじゃあ、次は先に……お志津との会話シーンから行こうか」

京太郎「は、はい!」

咏「……」コクリ

 こうして、出だしは色々とやらかしてしまったんだけど
 俺は順調に撮影を続けていった


咏「男は床で寝ろ」

京太郎「くっ!」



京太郎「どうして毎度毎度、うどんを出前する!?」

咏「うどんの一杯や二杯で、がたがた申すな。この童貞」

京太郎「一杯や二杯どころではござらん! 三日で三十杯も頼んだであろう!?」

咏「わっかんねー」ケラケラ

京太郎「ええい、お奈々からも何か言うてやれ!」

由暉子「お兄様。お奈々はうどんでも構いませぬ」

京太郎「ほわぁっ!?」


監督「うんうん、いいよいいよー」


京太郎「斬って良いのは、斬られる覚悟のある者だけよ!」


京太郎「我が名は零! 黒の侍の頭領なり!!」


 ぶっちゃけ、その内容は俺にはピンと来なかったんだけど



咏「お前さ、さっきのセリフ……もうちょい、強めに言った方がいいんじゃね?」

京太郎「え? そうですか?」

咏「……うん」

京太郎「アドバイス、ありがとうございます!」

咏「別に。映画のクオリティを上げる為に言っているだけだし」

京太郎「……へへっ」

咏「笑うな、気持ち悪い」ゲシゲシ
 
 映画の撮影を通じて、少しずつ
 三尋木プロとの関係が改善されていったような気がするんだ


 ちょいと休憩はさみます
 その間に映画のヒット判定


 ゾロ目判定のボーナスチェイン

 安価↓2 補正8

00~09 大爆死 変化なし
10~29 そこそこヒット +1
30~49 ヒット +2
50~89 大ヒット +3
90~99 ブーム発生 +5

ゾロ目 +10 うたたんハリケーンが巻き起こる

00 すこやんとスキャンダル発生 


 映画公開時ステータス


【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(48)補正8
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(花より男子で準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)
・映画出演2(お江戸ぎあすで主役。咏&由暉子と共演)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(77)
咏(19)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(100)
玄(42)
はやり(52)

【元清澄高校メンバー】
咲(100)
久(87)
まこ(44)
和(37)
優希(34)


 誰の回想を振り返りますか?


 安価↓2

1 咲
2 和
3 久
4 まこ
5 優希


【まこの回想 映画公開2編】

 ガヤガヤガヤガヤ

モブA「楽しみだねー」

モブB「うんうん。須賀君の最新作!」

モブC「あー、ここ最近の俳優で一番かっこいいよぉ」

モブD「須賀君……俳優じゃ、ない。プロ雀士……」

モブA「えー? うっそー!? 男子が麻雀なんてしないっしょー」


 ワイワイワイワイワイ


まこ「……あの京太郎がプロ、のぅ」

 正直言って、信じられないという気持ちは強い
 アイツは昔から麻雀が弱くて、いつもふざけておるような奴じゃった

まこ「……」

 この間、公開されちょった映画
 タイトルは金より男子、じゃったか

 映画自体はゴミじゃが、京太郎の演技は中々悪くない
 むしろ、あの映画の中で一際輝いていたようにも思える

まこ「そして、あの試合」

 ハートビーツ大宮戦
 ブーイングをものともせず、仲間の為に役満を叩き出した京太郎
 あの姿は紛れもなく、ヒーロー

まこ「そんな男に……わしは」

 ブー マモナクジョウエイガハジマリマス

まこ「!」

 もう始まるのか
 京太郎が主演の映画……お江戸ぎあす

 最初に聞いた時は、なんちゅうふざけた題名じゃと思ったが
 確か、和の奴が大好きなアニメも同じタイトルじゃったな

まこ「……和、か」




 原村和
 そして、片岡優希

 あの二人は、京太郎の事をあんなに好いておったのに……いつからか、避けるようになっておった
 和の奴は特に、京太郎を恨んじょる
 
 きっかけは恐らく……あの日の出来事なんじゃろうな

まこ「……」

 ジブンヲー セカイサエモー カエテシマエソナー

まこ「おーおー。カッコ付けおって」

 和服で刀を振り回し、演技する京太郎のなんと楽しそうな事か
 そう言えば、京太郎のあんな顔を最後に見たのはいつじゃったかな

まこ「わしが、守ってやれなかったんじゃな……」

 後悔は先に立たず
 どれだけ謝ろうと、京太郎はわしを許してくれるはずがない

 じゃからわしは……いつまでもずっと

モブA「ねぇ、隣の人さっきからブツブツうるさくない?」

モブB「マジ勘弁」

モブC「マナー悪いよねー」

モブB「席変わったらどうだい?」

モブA「そだねー」

モブD「わかるわかる」


まこ「」


 これは悪い事をしたのぅ
 とりあえず、今は……


京太郎『はーっはっはっはっはっ! 我が名は零!!!』バーン


 この映画を、楽しむとしよう



【プロ一年目 八月 ロードスターズ宿舎】


京太郎「うひぃ、あっちぃー」

 まさか自室のエアコンが壊れるなんてなぁ
 しかも自分で修理しようとしたら、新子の奴が全力で止めに来るし

 カメラがどうこうとか、意味が分からん

京太郎「あぁ~あじぃ」

 コンコン


京太郎「はい?」

 ガチャッ

姫子「おー、京太郎君。これ、受け取ってほしかよ」ドサッ

京太郎「わっ! なんですか、これ?」

姫子「ふふっ、京太郎君宛のファンレターたい」

京太郎「ええ!? マジっすか!?」

姫子「京太郎君もほんのこつ、人気者になってきたとよ」

京太郎「うぉー! やったー!!」

 遂に俺にもファンが出来るようになったんだ!
 これで、俺の力も益々増していくはずだ!

京太郎「よし、これで試合に出られるようになったかな?」

姫子「うーん? 決めるのは上だから」

京太郎「早く鶴田先輩と一緒に打ちたいです!」

姫子「! そげん言われると、照れるたい」テレテレ

京太郎「あー、打ちたいなー」

 映画も好調みたいだし、しばらくはタレント系の仕事が続くのかな

京太郎「スケジュール、確認してみるか!」


 安価↓2


1 実業団の試合

2 タレントとしての仕事



京太郎「お、やっぱりタレントの仕事か」

憧「アンタもすっかりタレントねー」チュパチュパ

京太郎「って、おわ!? なんでお前が俺の部屋に!?」

憧「さっきからいたわよ? 鶴田先輩と一緒に」レロレロ

京太郎「しかも俺のとっておきのアイス食ってるし!」

憧「別にいいでしょ? 減るもんじゃないし」

京太郎「だから減るんだっつぅの!」

ネリー「無神経過ぎるよねー」チュバチュバ

京太郎「」

姫子「あは、はは……それで、仕事の内容は?」

京太郎「えーっと……今日は」チラリ


 安価↓2 補正8

00~09 変化無し ビラ配り
10~29 +1 握手会
30~49 +2 大会解説のお仕事
50~89 +3 CDデビュー
90~99 +5 テレビデビュー

ゾロ目 +10 ハリウッド

00 連続ドラマ主演 獲得


京太郎「テレビ局で撮影の仕事らしいです」

ネリー「テレビ?」

京太郎「うん。KBSって、テレビ局」

憧「KBSって、色んな番組があるわよね」

京太郎「番組の内容は書いてないなぁ」

姫子「問題は共演者が誰か」

ネリー「誰だろうねー」

京太郎「まぁ、誰だっていいさ。とりあえず、行ってきます」

憧「気をつけて行ってきなさいよ」

京太郎「おう!」

 遂に俺もお茶の間デビューか
 既に対局の中継で出ているような気もするけど

 俺が出る番組は一体、どんな内容なんだろうか

 
 安価↓1~3 までで一番コンマが大きい子 ※好感度判定ではありません

 ゾロ目の場合その時点で参加確定(最高コンマと共演)
 00が出れば全員参加

※ 話の本筋にそぐわないキャラは基本的に出せません 
※ 方言キャラもなるべく勘弁してクレメンス(好きなキャラ多いんだけどね)


 争うのです、ボクたち!!!!!!


 うたたんと共演
 番組の内容はどれ?


 安価↓2 補正8


00~09 女子カーリングの解説

10~29 麻雀情報番組

30~49 ニュースバラエティ

50~89 お笑い番組

90~99 レギュラー番組獲得

ゾロ目 雀点(笑点) メンバー入り

00 CM契約獲得 
 

補正10じゃないの


>>627
 テレビ出演時点で+5やからそうだね
 そんじゃ、レギュラー番組を獲得という事で


【須賀京太郎(称号なし)】
・人気度(58)補正10
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(花より男子で準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)
・映画出演2(お江戸ぎあすで主役。咏&由暉子と共演)
・テレビ出演(レギュラー獲得)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)
ネリー(94)
憧(77)
咏(24)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(100)
玄(42)
はやり(52)

【元清澄高校メンバー】
咲(100)
久(97)
まこ(54)
和(47)
優希(44)

 こうなります
 後はレギュラー番組なんだけど、もうこれ咏たんとの合同番組でいいよね

 番組内容ちょっと考えるんで、ちょい時間ください
 女子カーリング終わるくらいまでお待ちんこ


 あぁ~! 日本代表堪らねぇぜ!!!
 スウェーデン倒したので、咏ちゃんの好感度は毎月5上昇する事にします

 レギュラー番組だからね、仕方ないね
 人気度は上げるとEDが縮まるので無しです


 それじゃあ、安価を取ろうかね



 ↓1~5 で一番多いもの


1 麻雀情報番組

2 音楽番組

3 ゆるゆるレポート番組 

4 トーク番組


【テレビ局】

 テレビ出演
 ドラマ、バラエティ、ニュース

 色んなジャンルがある番組の中で、俺はどれに出演するのか

 ワクワクとする気持ちを抑えながら、テレビ局へと到着した俺を待っていたのは
 
ディレクター「という事で、須賀プロには三尋木プロと麻雀番組をやってもらいます!」

京太郎「」

咏「」

 色んな意味でビックリなお話でした

ディレクター「そういう事で、よろしくお願いします」

京太郎「いや、いやいやいや! 本気ですか!?」

ディレクター「何がだい?」

京太郎「だって、ほら!」チラリ

咏「……」ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「」ブルブル

ディレクター「おかしいなぁ? 同じチームだし、映画も共演するくらいだから仲が良いと思ったんだけど」

京太郎「一応、先輩と後輩の関係ですし」

ディレクター「まぁ、仲良くやってよ? ね?」

京太郎「はぁ……」

ディレクター「じゃあ、そういう事でー!」スタコラー

京太郎「あっ」

咏「……おい」

京太郎「ひぃっ!?」ビクッ

咏「……足、引っ張るなよ」ボソッ

京太郎「え? あ、はい」

咏「……ふんっ」トテトテ

京太郎「……あれ? 思ったより、怖くない?」キョトン



京太郎「へぇ、ここが撮影用のセットか」キョロキョロ

 なんだか、普通のバラエティとかと違うんだな
 どちらかというと、ニュース番組とかに近いかな

京太郎「えーっと、俺がこっちで……三尋木プロがこっち側」

咏「……ん」

京太郎「それで、内容はまず実業団の試合結果と……学生の大会結果」

咏「後は対局の解説とかだねぃ。最後に、対局のコツを解説して終わり」

京太郎「なるほど。本格的ですね」

咏「ま、私は何度か経験あるし」

京太郎「頼りにしてますよ」

咏「……」プイー

 はぁ、やっぱりまだ許してはくれないか
 三尋木プロの後輩から、プロ入りの座を奪ったんだもんな……そりゃ許せなくても仕方ない

京太郎「あの、三尋木プロ」

咏「なに?」

京太郎「俺も、この番組で麻雀の事をもっと学びたいと思います」

咏「……は?」

京太郎「今は俺、色々と理由があって麻雀よりもタレントを優先しています」

咏「……」

京太郎「「でも、それは全部麻雀の為なんです。それだけはハッキリと事実を伝えたかった」

咏「で?」

京太郎「あ、いや。だから、ほら……いつかは、認めて欲しいなって」

咏「だったら……とっとと強くなって、タイトルの一つでも取ればいいんじゃね?」

京太郎「!」

咏「このまま試合に出ていないと、新人賞すら獲れないかもねぃ」

京太郎「」ガーン

 そ、そうか!
 新人賞は一年目しか、獲れないんだ!

 だったら、もっと試合に出て結果を残さないと!

京太郎「うぅー……頑張ります」

咏「ふん」


ディレクター「それじゃあ、そろそろ始めますよー」


京太郎「あ、はい!」

 
 こうして、俺は三尋木プロと麻雀情報番組を始める事になった
 それと同時に、新たな目標も出来た

 新人賞を獲って、三尋木プロに認められてやる

 その為にはもっともっと、強くならないと!



 というところで、今回はここまで
 次回は情報番組&清澄反応を行います

 ちょいと咏ちゃん優遇が過ぎるので、なんかそのへんのバランスも次回までに考えます
 現状だと一ヵ月一ヵ月が長すぎるので、どうにかテンポよくしたい

 それでは、またの更新でお会いしましょー


 そんじゃ、再開しようかねー
 今回はレギュラー番組をやった後に清澄視点

 その後からは新ルール発表ですのでよろしくー
 


【プロ一年目 八月 】

 
 チャラチャラチャッチャー

咏「どもどもー」

京太郎「皆さん、こんばんわ! 須賀京太郎です」

テロップ『横浜ロードスターズ ルーキー 須賀京太郎』

咏「三尋木咏でーす」フリフリ

テロップ『横浜ロードスターズ 3 Cat Chamber 三尋木咏』

京太郎「本日から始まりました、週間ロードスターズ」

咏「ま、私達の活躍とか色々を振り返る番組だねぃ」

京太郎「それでは早速、今週の試合結果からお送りします」

『VSつくばプリージングチキンズ』

 四戦三敗

京太郎「四試合が行われましたが、勝利は一試合のみ」

咏「いやー、世知辛いねー」

京太郎「それでは試合のハイライトをご覧下さい」


『一試合目』

憧『アコアコー!』

京太郎「えぇ、最初は新子がうまく攻めていたんですが』

咏「長く続かなくて惨敗と」

『二試合目』

ネリー『……』

京太郎「ネリーもどこか元気がなく、ペアの先輩と息が合いませんでした」

咏「だらしないねぇ」


『三試合目』

姫子『……っ』ビ゙クビクン

京太郎「エロいですねー」

咏「上手く能力を活かせなかった感じかなー」


『四試合目』

咏『はい、32000』

京太郎「カッコイイですねー。綺麗に役満を決めています」

咏「ま、ここで決めなきゃ全敗だったし」

京太郎「ただの役満ではありません。九蓮宝燈、渋いです」

咏「そう?」

京太郎「はい。スタイル決めていきましたね?」

咏「お前の解説がよく分かんねーんだけど」ペシペシ

京太郎「あいたたた!」




京太郎「三尋木プロの勝利で、辛うじて順位を守ったロードスターズ」

咏「今三位だっけ? プレーオフギリギリじゃん」

京太郎「なんか二位以上の安全ラインに上げていきたいですね」

咏「補欠のくせに言うじゃん」

京太郎「」

咏「ま、お前が出なくても私がいるから優勝間違いなしだけどねぃ」

京太郎「頼もしいエースの発言に、ファンのみなさんの期待も高まると思います」

 チャラチャラチャッチャー

京太郎「続きまして、全国麻雀大会の結果をお送りします」

咏「今年からは男女合同になったんだっけ?」

京太郎「はい。プロと同じですね」

咏「え? プロに男子なんかいたっけ?」

京太郎「え?」

咏「は?」ゴゴゴゴ

京太郎「……残念ながら、現在残っているベスト4には男子の選手はおりません」

咏「だろうね」

京太郎「三尋木さん、誰か注目の選手はいますか?」

咏「んー……まぁ、清澄のちっこいのかな」

京太郎「夢乃マホ選手ですね」

咏「そーそー。あれはまだ伸びそうだね」

京太郎「現在二年生。期待のエースの活躍に、長野県も湧いている事でしょう」

咏「(自分の後輩だって事には触れない……か)」

京太郎「では、大会のハイライトもご覧頂きましょう」

 チャララララー



京太郎「それでは最後に、麻雀のワンポイントレッスン!」

咏「で、どんな風にレクチャーすんの?」

京太郎「それはですね。麻雀のプロに聞いた、強くなる為のコツを発表するんです」

咏「へぇー?」

京太郎「今回は第一回目なので、三尋木さんにお願いしたいと思います」

咏「ふむふむ」

京太郎「ズバリ! 麻雀で大切なものはなんですか!?」

咏「火力」

京太郎「火力、ですか?」

咏「点棒は命。相手より高い点で和了続ければ勝てる」

京太郎「なるほど。自分の点棒が削られるリスクを負ってでも、高い手を作っていくわけですね」

咏「ま、そういう事。イケそうな時はでっかく! 駄目な時はベタオリ」

京太郎「なるほど。それが自分のスタイルという事ですね」

咏「うんうん」

京太郎「次週は一体どのプロからアドバイスを頂けるのか、楽しみですね」

咏「まともな奴だといいんだけどねぃ」

 
 チャラララー

京太郎「それではそろそろお別れのお時間です。EDはロードスターズの新子憧の一曲です」

テロップ『「Live A-Life 新子憧』

京太郎「また来週、お会いしましょー!」

咏「うぃーっす。また来週ー」フリフリ

 
 ジャーン



ディレクター「はい、お疲れサマー」

京太郎「ふぅ、緊張したぁ」

咏「生番組とかすげー久しぶり」

ディレクター「中々に息が合っていたよー!」

京太郎「そうですか? いやー、嬉しいな」

咏「……」

ディレクター「そうだ、折角だし打ち上げでも行く?」

京太郎「いいんですか?」

ディレクター「勿論! 三尋木プロもどうです?」

咏「いや、いい」スタスタ

ディレクター「あらら」

京太郎「あはは……なんだか、すみません」

ディレクター「いいのいいの。それじゃあ、スタッフ達を誘ってくるよ」

京太郎「すみません」

 これから毎週同じ番組をやるのに、三尋木プロは相変わらず冷たいまま
 なんとか、心を開かせる事は出来ないかな

京太郎「(やっぱり、試合で活躍するしかない……のか)」

 とりあえず、頑張ろうっと





             . . : ´ ̄ ̄ `: : . .
          /: : : : : : : : : : : : : : : \
          '.:.:.:.:.:.:.:::::::::: i::::::ヽ::::::.:.:.:':.:.ヽ
       /.:.:.:::l:::::l:::::::::::::|::ハ:::ト、:::::.:.:..l:.:.::..
       .:./ :l:|: ::|l::::::::::::| -―-::l::::.:.:.:l:.:.l::.
      |: l::::斗-:|l::::::::::::||:l |:ハ::|:::::.:.:.l:.:.l:.:.

      |: l::::| |: ::|L:: -'ィ芹气ト、:::i::::::|::..|: |

      |:{ ::::〈|: ::|ト.     乂ツ /::::i::::::|::::|: |
      |:{i::::ハ|: ::|´     ,,,,, |:::::i::::::|::::|: |
      |:{|:::{: |: ::| ’        |:::/:: : |::::|: |
      |八::圦::::|   _    /::::::::::/:::::|八
.        ヾ::::>:|、   ,....::::::::::::::::::/:::::::j: : \
        /\{/ >- '::::::::::_彡'::::::: :::'::: : : :.\

       /::|:::::::::/`Y丁 ̄/ /::::::::::::/:::::::::: : : : \
    -=≦:/::::|:::::::/:::::{/ }У::*::/::::::::::::/\__:::::: :\⌒
     _彡イ::::: |:::::::{::r⊆⌒ヽ*::/:::::::::/*::::*:::ヽ:::ハ::ト、
      /:::/|:::::::::>⌒ヽ` 厂\::/*::::*:::::*:::::i/ .i:| })
.     /:イ::*:|::://::://::*::::*\::*:::*:/:: *:|  リ
    /::i :|::*://::*〃::*:::*::::*:::*:\::/::*:::*:::|

     {:/::/⌒シ':::*::::{{::::*::::*::::*::::*::::*:\:*:::*:::|
     /*〈 イ'三三三}:::*::::*::::*::::*::::*::::*\:*:::|

咏「……案外、悪くないかも」

 

 京太郎の番組
 誰の回想を振り返りますか?


 安価↓2

1 咲
2 和
3 久
4 まこ
5 優希


【久の回想 京太郎の番組】


久「ふんふふ~ん♪」カチカチ


               ,;-―'"- 、、,_    `゙'-、,
              ,/       ``''ー、,、  `'ヽ、,
         ,/            `゙'-、    ‘' 、
           i´                  `'‐、  `'、
          ,i´\、                      `'、,  ゙i,
.       |   `'ー、,、                   `'、 |
.        /        `゙_';-、,                   \!
       /     _,,-‐;:'/:/Z'ッ,、_                ヽ
       ,i  _,-'":;;∠/:/  '"/|::|:::「::i-、,、           ,ノ
      ヽ/::::/:;/l/<`    -‐l;ナフTハ‐ミ;:`'-、,     ,/
.      /::::/:/y≠=、      ____ \゙l::::::::`ヾ;、,_  j
     /::::/:/:K/z ヾ     /7" ゙̄;\`|::::::::::::::ト、:゙7"
     /:::::{:/::::l`'li::::。|       ⊃::::::l! ,} ! :::::::::: |`!/
      i::::: |!::::/|  ゙ー’       ‘、_/ '/::::::::::::::,ル"
     !:::::::゚:::{ ! "    ,     , , ,  / ::::::::::;ィ个、
     ヽ:::::::::ヽ.゙、           〃::::::::::::::ilヘ/: :`r‐ー--、
    / ̄ ̄ ̄/L,>、   '丶      |{:::::::::::::::::|/ : : : | : : : :
    |   _  .| |: : /\       ィ;ヘ:::::}::::::::| : : : : | : : : :
    | / '/^)|:.イ: : :.丶-‐丶       V::::::::::| : : : : | : : : :
    |./ ./ /l |.: |.: : : : .\ \    /::::::::: ノ : : : : | : : : :
    |/ / / | |: :.|.: : : : : : \ ' , イ/{::::/.: : : : : :! : : : :
   / / / .|.」_: : l.: : : : : : :.:,;‐>r´へ:.:∨.: : : : : :.:./: : : :

    !   L/ /^i.: :!.: : : : :/.: : .{.: : : :.\: : : : : :/: : : :
.  |     ' /.:.:.ゝ; :/: : : : : .} : : : : : :\_/.: : : : :

久「凄い。なんだか最近、須賀君の情報が色んなところに出てくるわね」

 初映画主演から、あまり期間を開けずに今度は映画主演
 試合の出場回数が少ないのが気になるけど、人気はどんどん上がっているみたい

久「……須賀君」

 もう、どれくらい会っていないかしら
 清澄を卒業して、色々と忙しくて……昔の仲間と全然連絡も取れずにいた

 だから、私は彼の辛い日々にも気付けなかったのよね

久「……あら、今度はテレビのレギュラーを取ったみたい」

 相変わらず、タレント活動ばっかり
 試合での活躍も見たいのに……まだ、男子の人気が足りないのかしら

久「……須賀君」ドクン

 胸が熱い
 お風呂上がりだから? いいえ、これはきっと……恋

 私が彼を好きになっていいわけが無いのに
 どうして、こんなにも彼の事を考えてしまうの

久「あぁ~! もう! モヤモヤする!」ピッ

テレビ『週間ロードスターズです!』

久「あっ」ドキ

 須賀君だ
 前よりも、少し背が伸びた? でも、ちょっと痩せたように見える

 ダメじゃない、もっとちゃんと食べないと

久「……そんな声掛けを、どうしてあの頃にもっと……出来なかったのよ、私の馬鹿」

 後悔ばかり いつだって私はそうだった
 
 ねぇ、須賀君

 こんな私が、アナタを好きになって……

 本当に、いいのかしら?


 ここで休憩を挟むのですが、これからの新ルール説明入れます
 質問とかご意見があったらどうぞ
 特になければこれでいきます


【新システム】
・清澄ハイライトの消失
(京太郎と清澄の間の過去は、清澄メンバーが選ばれないと明らかにならない)
・活動内容が試合&タレントパートに分割
・一ヵ月の前半に試合を行い、後半はタレント活動となる
・要するに一ヵ月に二回行動
・上昇値の変更&チェイン消失

00~19 変化なし
20~39 +1
40~69 +2
70~89 +3
90~99 +4
ゾロ目 +5

00 +10


【一ヵ月の流れ 試合】

1 相手チーム決め
2 味方&相手選手決め(合計三人)
3 新キャラの好感度判定
4 結果判定(味方&相手選手&人気度の好感度が上昇)


【一ヵ月の流れ タレント活動】

1 活動内容(選択制※1)
2 共演者決め(一人のみ)
3 共演者の好感度&現在職業判定
4 結果判定(共演者の好感度&人気度が上昇)

※1 咏との番組はこの中の選択肢で選ぶ
(ゲストは出ないが、必ず咏の好感度と人気度が大成功扱い。確実に+4される)


【タイトル 試合ミッションの追加】
・ルーキーオブザイヤー達成条件(試合で五回トップ。現在一回達成)
・チーム優勝(チームが五回勝利。現在一回達成)
・二つ名を獲得(小鍛治健夜を倒す)
※ 他、随時追加予定

試合で5回トップ(チームが5回勝利)は、来年3月までで残り4回達成ってことです?

別に勝利しなくてもガメオベラにはならんのやろ?
(麻雀選ぶ意味)ないじゃん

咏との番組選んでも00&ゾロ目判定は有りますか?


>>675
 そういう事
 だから残り六回チャンスがある

>>676
 試合かタレント活動かの判定は無くなるんやで

>>677
 判定入れるとテンポ悪くなるのでナッシング
 試合の方でも咏さんを選んでクレメンス

テンポ悪くなるから入れないならゾロ目判定を活動内容選択安価で兼ねれば良くね

試合時の味方選択って>>1のコンマじゃ無くって安価に変わるの?


>>681
 採用 
 うたたん番組の場合のみ、選択で取得したレスのコンマを参照

>>682
 相手選びと同時に行う
 例えば

 すこやん 咲  咏  89
 
 のよりん 咲  姫子 76

 すこやん 照 咏 95

 この場合は すこやん 照 が相手 味方は咏になる


 すこやん 咲   98
 
 のよりん 咲  姫子 76

 すこやん 照 咏 54

 こうやって味方入れ忘れの場合はそのレスは無効
 次点の のよりん 咲 が相手 味方は姫子になる


 ぼちぼち再開するけど、試合とタレント活動のどっちが先がいい?
 少しでも人気度上げたいなら、タレント先の方がいいかもだけど


 安価↓1~3 多数決

1 先に試合を行う

2 先にタレント活動を行う




 オススメをスルーしていくスタイル、嫌いじゃないわ!
 試合前に人気度上げた方がいいと思うんだけどね
 安価は絶対なので、あしからず
 

 じゃあぼちぼち再開しまー


【プロ一年目 九月 ロードスターズ宿舎】


京太郎「え? 俺がレギュラー、ですか?」

姫子「うん。そげん、話になっとーよ」

 ある日、俺が鶴田先輩から聞かされた話は……とても信じがたいものだった

憧「でも、いきなりね」

ネリー「これまでずっと、補欠気味だったのに」

京太郎「最初の試合で観客からブーイングだらけでしたからね」

憧「でも今はファンがいっぱい増えて、試合に出して欲しいって意見も増えたと」

ネリー「やったじゃん!」

京太郎「ああ。これでまたみんなと打てる!」

姫子「はりきっとーね」

京太郎「それで、次の試合はいつなんですか?」ワクワク

姫子「今夜たい」

京太郎「へ? マジっすか!?」

姫子「マジ」

京太郎「全然心の準備がー!!」

憧「相手はどこだっけ?」

ネリー「んーっと」


安価↓2

ハートビーツ大宮(はやりん所属)
松山フロティーラ(のーうぇい所属)
つくばプリージングチキンズ(すこやん所属)
佐久フェレッターズ(藤田プロ所属)
エミネンシア神戸(のよりん所属)
延岡スパングルーズ (大沼プロ所属)
博多エバーグリーンズ(哩所属)


 数字で安価出してないのでもう一度

 安価↓2

ハートビーツ大宮(はやりん所属)
松山フロティーラ(のーうぇい所属)
つくばプリージングチキンズ(すこやん所属)
佐久フェレッターズ(藤田プロ所属)
エミネンシア神戸(のよりん所属)
延岡スパングルーズ (大沼プロ所属)
博多エバーグリーンズ(哩所属)


姫子「松山フロティーラが相手やっと」

京太郎「フロティーラって、戒能プロがいる所ですよね?」

ネリー「強豪だねー」

憧「今夜こそ、アコアコしてみせるんだから!」

京太郎「みんな燃えてるんだな!」

憧「須賀も頑張ってよね」

京太郎「当たり前だ!」

 誰が相手であろうと、俺は勝つ!
 そして、三尋木プロに認められてやる!

京太郎「っしゃー! 誰が相手だー!!」

姫子「えーっと」


  対戦相手二人&味方チームから一人
  
  安価↓1~3

  一番コンマ高い組み合わせ or ゾロ目は確定(ゾロ目並んだら大きい方の勝ち)


姫子「姉帯豊音さんと、獅子原爽さん」

京太郎「おお!」

 あの二人、すっげー可愛いんだよな!
 なんだか、今夜の試合が楽しみになってきたぞ!

憧「でも、今日の相方は三尋木さんだよー」

京太郎「えっ」

姫子「あー」

ネリー「ご愁傷様」

京太郎「う、うるせぇ! 同じ番組やってるくらいだぞ! 相性はばっちりだ!」

 多分、大丈夫だよな?
 うん、きっと――


【その頃】


咏「アイツと……私が?」ワナワナワナ




【またまたその頃 フロティーラ】

良子「今回の二人の相手は、須賀京太郎君です」

豊音「!!」

爽「なんと!!」

良子「ノーウェイ、男子が本当に参加しているとは」

爽「まぁ、驚きですよねー」

豊音「……」コクコク

良子「二人は彼の事は知っていますか?」

爽「それは――」

豊音「それは……」


 コンマ安価 補正+10

↓1 良子

↓2 爽

↓3 豊音


【松山フロティーラ】
豊音(80) 良子(61) 爽(55)


爽「まぁ、普通に好きですよ。お江戸ぎあす、面白かったし」

良子「グッド、私もです。そう言えば、後輩の方が出演していたとか?」

爽「はい。それで見たんですけど、いい演技してたなー、彼」

良子「姉帯さんはどうです?」

豊音「私は……」グスッ

良子「!?」

                       ... -――‐- ...
                 /::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::∧
.               /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                    /:::::/:::::::::::/::/::/::::::::::::::::::::∧
              .′::′:::::::/::/::/::: : |::::|:::::::::::::|

               |::::::l::::::::::/ /::/:::|::::::|l:::|:::::::::::::|
               |::::::l:::::::/ー匕ィ77''''|l:::|二二二二二ニ==--
               |::::::|:::::; __ | 〈 〈 {_L从ハ二二二二二二二二ニ=--
               |::::::|::::{℃癶_)-`ー‐'__フ`<二二二二二二二二二二〉
               |::::::|::∧/Y´Υ ̄ ̄∨::l:::l:::| ̄ ̄二ニ<二二二二/
.             __ |::::::|::l::リ し' ヘ⊇...イ:::::l:::l:::| ̄ ̄ / /二二マニ/
         /   `≪三三|    ∨彡'三lリ'l:::|   /{ l二二二/
          /       }≪三|    /三三ヲ/ ll:::|  ,/ l |二>''"
.          /       ∨〉 `~「 ̄\,/三彡'  八:{ /   __フ´
         /       /  /二二二>∠__,     ∨ /__ノ
      /___\__    l ,/二二二/----'      ∧
      〈/┬‐=ミ\  / ,/二二二/         ∨::::::.
        ヽ|二二>∨ ,/二二二/      /   |:::::::::::\
       ノ|二二二{__/二二二/      /     |:::::::::::::::::\
.      /:::::|二二二フ二二二ニ' /    /'     |:::::::::::::::::::::::\
     // ̄!二二/二二二∨/    /     |::::\::::::::::\::::\


豊音「うぇぇぇぇっ……」グスッ

良子「ワッツ!? 一体、どうしたのですか?」

爽「まさか、須賀京太郎の事が嫌いなのか!?」

豊音「そ、そうじゃなくてぇ……」ゴシゴシ

良子「?」

豊音「私、須賀君の大ファンなんだよー!!!」バンバン

爽「」

良子「」

豊音「須賀君と試合出来るなんて……」


       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、        /     \
      ,´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ    /  う ち  ',
    ,´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ   /   れ ょ   ,
   /:/:::::::::::::::::::::∧:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::'   {    し  |   }
   /:/:::::::::::::::::::::ハ:ハ:::::::::::::l ヽ:::::::::::::::::::',   {    い     }
   {::{:::i:::::::::::川::レ::ハ::::::::::::',⌒V:::::::::::::::ヘ  ゝ   よ    /
   {::{:::::::::::::::l_レ::{ l:l \:::::::::ヽ_川ハ:::::::::::ハ /へ   |     ,′
.   l::l:::::::::::::::ハハゝ \  \:::::::::::r― 、:_:::::ハ   \__/
   V:::::::::::::ハ  ,z==    \:::::::`:::ー.__> へ_┬ 、
    ハ:、:::::::::ゝ/フ、、、、   ' ヽヽ::>´ / /  /\\
    i::::\:::| l:( (        ―と - ´ィ´/ />'/\  \__
    }:::::::::::\:ヽヽ   (    ノゝィ::::::7 /ヽ∨\     )
    }:::::::::::::::::ヽ:u>┬ 二  ̄ イ-uァ、:`´:>工`         \
    |:::::::::::::::∧:::ハ`┴┬┬―┴ ´  /川    \       /
.   j::::::::::::::/ i:::::ハ  { 〈     /::ノ/-―  ̄{ヽ_ ノ

   /フ/ ̄ \ !:::j }  \ヽ   _/ Y`ヽ      \
  /::/     ノ:::ノノ   i// //(  ゝ イ    \  ∧

良子「Oh……そうでしたか」

爽「それなら、良いところを見せられるように頑張らないとなぁ」

パウチカムイ「」コクコク


【横浜ロードスターズ VS 松山フロティーラ】


えり「さぁ、本日も始まりました。横浜ロードスターズVS松山フロティーラ」

はやり「今日も解説頑張っちゃうよ!」

えり「……なんでまたこの組み合わせなんでしょうか?」

はやり「えー? 私はえりちゃんと一緒だと嬉しいけどなぁ」

えり「いえ、私も三尋木プロよりはありがたいです」

はやり「ふふっ、ありがとー」

えり「(でも、正直言って他のプロの方がいい)」

はやり「さーて、今日の注目のカードは~?」

えり「えー、第一試合の姉帯豊音&獅子原爽ペア VS 三尋木咏VS須賀京太郎ペアでしょうか」

はやり「あ、須賀選手また出てくれるんだね!」

えり「なんでも、前回の試合から反響がすごかったらしく。今月からレギュラー入りだとか」

はやり「映画も面白かったもん。はやりはもっと、人気出て欲しいと思います!」

えり「しかし、相手はプロ三年目の強敵。三尋木プロの援護があるとはいえ、ルーキーの彼がどこまで戦えるか」

はやり「色んな意味で気になる一戦だね!」



【控え室】


豊音「」ドキドキドキ

爽「なぜ入らない?」キョトン

豊音「いや、だって……中に、須賀君がいると思うと」ドキドキ

爽「なら、私が先に」ガチャッ

豊音「あ、あー!!」



咏「この! この! 足を引っ張ったら許さないからねぃ!」ビシバシッ

京太郎「いだっ! 痛いです!!」

咏「ふん!」



爽「……見てはいけないものを見てしまった」バタン

豊音「え? 何があったの!?」

爽「ミナイホウガイイ……」

豊音「(き、気になるよー!)」



豊音「と、とにかく突撃!」ガチャッ

爽「や、やめろー!」


京太郎「ん?」

豊音「あっ」ドキン

京太郎「あー! 姉帯選手じゃないですか!」

                        _ , 、

                      /ィ--∨  :.- 、
                    __/  , ,:   } l \
                  ` ー-, | /{ { l  | |  .
                   /_/  | / 从 :  ,-}/、 |l |
                    /   从 -rォⅥ /rォ- }イ {
                 _` ̄´ { {rI ゞ ,}' ゞ  } }∧
                  Y {{ |Y }  从∧  _    八{
                「l | || | | |    Ⅵ 、 ` ー` イ / '
                { ー '' ' | /^〉 「//}` ー ´r'-、
                    |       ' ノ_,」// |    |/()|
                 :.   /´ //////∧_ r '///>- 、
                   ∧ _人 イ///////∧-}//////////> 、
                {//\___「///////// ∨////////////∧
                 |////()/}//////////{/////====/// //|
                ////// //////////(_)//////////|////|
                ,'//////イ/////////////////////l|////|
              ////////j//////////////////////|////|
            {////////{//////////////////////|////|

            ∨//////イ////////////////////// ///∧

               マ//// |//////////(_)///////// {//////}
                ̄   |/////////////////////,イ///// |
                    |/////////////////////} 〉/////|
                    |////////////////////{ {//////|
                      //////////////////////∨///// }
                  //==///////////////==/\///イ


京太郎「今日はよろしくお願いしますね」ニッコリ

豊音「」ボフッ

                    .... -――- ....
                  /::::::::::::::::::::::::::::::\

                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:::/:::::::/:::::::::::::::::\:::::::::::::::.
               /:::/:::::::/i ::::::l\:::::::: |::::::::::::::::.

                 /:::::i:::::::/八::::::|  \::::|:::::::::::::::::|
                  {::::/|::::::i (_) \i (_) r‐、::::::::::::::|
              八/ :|:::(圦////\///}  }::::::::::::::\
                  |::/\\___ .ィ_ノ::::::::::::::::::::\
                .:/: : ::У/l_∧_/: : :〉-- 、:::::`ト ::::\

                   //: : :::/´ ノ/ |: : : ::{: : : ::|:::::: i  \:::\
                  //: : :::∧i/\/} : : : i: : : ::|:::::: |    \:::i
            //: : : :/: : | ,/: : |: : : ::| : : : |:::::::::\    )ノ
.  \ー―――‐=彡/ : : : : /\: !〈 : : : /|: : : ::∨: :|::::::::::: \

     ̄ ̄ ̄ ̄ /: : : : : :::/: : : \:〉 ̄: ::|: : : : ::∨ リ::::::::::::::::::::\

.            ∨: : : : : {: : : : : : \: : : |: : : : : ::∨:::::::::::::::::::::::::::\
            ∨:_:_彡i: : : : : : : : ∨/| : : : : : : |:::::::::|::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::i: : : : : : : : : ∨|: : : : : ::/::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::\
.             /::::::::/::::::l : : : : : : : : : : :i\:_:_::/::::l::::::::i\:::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::/:::::::::}: : : : : :/) }: :::〉: |:::::::::::::l::::::::|  \:::::::::::::::::::::::::::::::〉
.           /::::::::/::::::::ノ: : : : : :乂ノ: ::/ : :|::::l::::::::l::::::::|   \::::::::::\:::::::/


豊音「わわわわわっ!」

爽「あちゃー」

京太郎「?」

咏「……」イライラ



京太郎「今日はいい試合をしましょうね」スッ

豊音「あ、あの! ははは、はい!」アクシュニギニギ

京太郎「獅子原選手も」スッ

爽「……」ジィー

京太郎「?」

爽「ユキはこういうのがタイプなのかー」ヘー

京太郎「ユキ? ああ、そっか! 同じ学校ですもんね」

爽「そうそう。私も出来る事ならハートビーツに入りたかった」

京太郎「あそこはアイドル路線が強制されますから」

爽「この子もアイドルっぽくなれそうなんだけどな」

パウチカムイ「」コクコク

京太郎「へぇ、可愛いですね」

爽「!?」

パウチカムイ「……//」ポッ

豊音「す、須賀君!!」

京太郎「はい?」

                 -‐=====‐-

                 /二二二二二二二\     __
                /二二二二二二二二二\  / }
             /二二二二二二二二二二二∨   {_
               /二二二二>''"´ ̄     ____,,.斗<二ニ=‐┐
           /二>'''"´    ,.. -=ニ二二二二二二二二二>''"´
            |/ ,,... -=ニ二>''":::::::{\\:::::::::::::::∨二>'"
.            斗<二二|:l:|_,ノ ':::\:::::::. _\∨:::::::::::|´
          <二二|:::::|::::::|从 _ \:::\:::\刈|∨::::::: |
      ∠二二二二|:::::|l:::l:|_/γ心` \::i\:::\|::l∨:::: ト.
      --――━━┥::八从^ 乂ツ   ,\ \:::\:::::::::|:::.
                |::::::::|:::l∧ ,,,        Χ::::\:::|:::::.
                |::::::::|:::|⌒::.、   ~ー'^~ ..:i:: \:::}::|::::::::.
                |::::::::|:::|::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::\:::::\
            /:::::::/::/::/|                  |:::::::::\:::::\
              /:::::::/::/: -- 、                ┴- 、___:\:::::\
           /::::/´/  ̄\)           /二、  ∨\∨:::∧
.          /:::/ニニ{ /二二)          (__ \  |ニニ|:|:::::::::::.
         /:::::|ニニニ{ ´ ィ^'´              |{ヽ  ∧ニ|:|::::::::::::::.
.        /:::::: |ニニ/∧   」                  |{  /ニ}ニ|:|:::::::::::::::|
       /::/:::: lニニiニニニ二|_________|ニニニニ{ニ|:|::::::l::::::::|

.      /::/:::: : lニニl二二二二二\二ニ∨ニ二二二二二二〉ニ::|::::::l::::::::|

豊音「サイン、もらってもいいかなー?」

京太郎「勿論、いいですよ!」

豊音「!」パァァァァ


咏「……」イライライライライライラ




 
 安価↓3 補正10

00~19 箱割れ 変化なし
20~39 四位 +1
40~69 三位 +2
70~89 二位 +3  二位以上でチーム勝利 
90~99 一位 +4

ゾロ目 相手をトバして勝利 +5

00 京太郎以外は全員ぶっとび&おまたぬれぬれ

えっ、何これは……?(困惑)

これは人気と好感度爆上げかな

役満役満ツモ役満役満


豊音「ありがとう! 一生宝物にするね!」

京太郎「そんな大げさな」

豊音「わ、私! 本当に須賀君のファンで! 映画も、もう何回も観ていて!」

京太郎「お江戸ぎあす、見てくれたんですね! 嬉しいです!」

豊音「うん。でも、私は金より男子の方が好きだったかなー」

京太郎「おお、そこもチェックしてくれていたなんて……あ、そうだ!」ガサゴソ

豊音「?」

京太郎「良かったら、これどうぞ。映画のポスター、キャストのサイン入りの奴です」

豊音「!!!」

京太郎「二枚貰っちゃって。誰かに一枚、あげようと思っていたんですよ」

豊音「はわわわわっ!? い、色んな人のサインがあるよー!!!」

                        --=ニニニ=--
                      ∠二二二二二二\
                       /二二二二二二二二\
                    ----〈  -=ニ二二二二二二ニ|\
                   `<二ニニ=-   _   --=ニ二二} く_
                    ̄/{`<二二二ニ=------ヘ__/_
                        /:::{::::::|::::抖=ミー┬‐=ニ二二二二〉
                    /::::::l::::::|::人Vリ 八:::::::|:::::::|:::. ̄
                      /::::::: l::::::l/ i/i/i/i/i/i\::|:::::::|::::|
                  /::::::: : l::::::| 、u┌~ー‐┐人::::八:}
                    /:::::::::: ∧::::ト、个ト .__....イ:::::::::/ ノ'
                /:斗</ : l::::| \_/∨/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
              /´: : : : :/ : : l::::|  //∧/             /
                /: l: : : : ::{:_:_://∨ {:i:i:/             /
               /| : l: : : : : : :/: : : ‘,i:i:/              /
          /::::/: : l: : : : :l: : \: : : ::‘_,/_            _/
         /:::::::/: : : l: : : : :{: : : : \:/ '´ --`ぅ        r┴ 、)
        /:::::::/|: : : : \: : :{: : ::/ /     --ク´         Ε`ヽ)
.     /::::: /  :|: : : : \∨:{:/ : { {   __/            /^ソ
.    /::::: /   :|: : : : : : }:/ : : : :{ |TΤ                /'´
.   /:::::::/      〈: : :__ : : : : : : : : 八iノノ            /
.  {::::::/      {:/: : : : : : :\: O: /________,/

.  {:::/         {: : : : : : : : : ::>'": : : : : : : : : : : : : : : l: ::|


豊音「なんてお礼を言えばいいか、わからないよー!」

京太郎「これくらい大した事ありませんって。今日の試合、一緒に楽しみましょうね!」

豊音「うん!」

爽「青春だなー」

咏「お前ら! 人のチームの控え室で騒ぎすぎだっての!!」ウガー

京太郎「あ、すみません」

咏「試合前は集中しておけ、この馬鹿ルーキー」ペシペシ

京太郎「あいたたたた」

咏「お前、そんな調子で足引っ張ったらマジでぶっ飛ばすからねぃ」

京太郎「は、はい。でも!」

咏「?」

京太郎「もし俺が一位になれたら、その時は……認めてくれますか?」

咏「……ふん。なれるもんなら、なってみろ。ま、無理だろうけどねぃケラケラ

京太郎「いえ。俺は絶対に勝ってみせます!!」

豊音「うー! 私だって、負けないよー!」

爽「勝利はフロティーラが頂く!」

咏「だから敵の控え室で騒ぐなって!!」



 というところで今回は切りまぁす! だって00出ると思わなかったんだもん
 次回は京太郎による公開レ●プショーをお送りします

 00出しての勝利なので、京太郎に二つ名を上げてもいいかなー
 本当はすこやんを倒して付けるつもりだったんですが、もういいよね、コレ

 次回更新までに、京太郎の二つ名候補を募集しておきます
 幾つか出たアイデアも参考にしつつ、安価で決めますね


 次回 『うたたん死す』  麻雀スタンバイ!


【須賀京太郎(称号獲得※名称は次回決定)】
・人気度(68)補正15
・獲得タイトル(なし)
・年俸(393万円)

【仕事履歴】
・映画出演1(花より男子で準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)
・映画出演2(お江戸ぎあすで主役。咏&由暉子と共演)
・テレビ出演(週間ロードスターズで咏と一緒にレギュラー)
・試合2(VS松山フロティーラ。咏と共に豊音&爽を撃破。MVP獲得)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)ネリー(94)憧(77)咏(29)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(100)はやり(52)玄(42)

【松山フロティーラ】
豊音(90) 爽(65)良子(61) 

【元清澄高校メンバー】
咲(100)久(97)まこ(54)和(47)優希(44)



咏ちゃん24+10で好感度34だよ


>>733
 こいつぁ失礼



【須賀京太郎(称号獲得※名称は次回決定)】
・人気度(68)補正15
・年俸(393万円)

【獲得タイトル】
・ルーキーオブザイヤーまで残り(2/5)一位勝利
・チーム優勝まで残り(2/5)チーム勝利
・ゴールドハンドまで残り(2/3)ゾロ目勝利

【仕事履歴】
・映画出演1(花より男子で準主役。ネリーと恋愛映画でカップルに)
・試合1(VSハートビーツ大宮。ネリーと共に由暉子&玄を撃破。ヒロイン獲得)
・ラジオ出演(新子憧のもう我慢できないわっ!)
・映画出演2(お江戸ぎあすで主役。咏&由暉子と共演)
・テレビ出演(レギュラー獲得)
・試合2(VS松山フロティーラ。咏と共に豊音&爽を撃破。MVP獲得)

【横浜ロードスターズ】
姫子(87)ネリー(94)憧(77)咏(34)

【ハートビーツ大宮】
由暉子(100)はやり(52)玄(42)

【松山フロティーラ】
豊音(90) 爽(65)良子(61) 

【元清澄高校メンバー】
咲(100)久(97)まこ(54)和(47)優希(44)


あと3回もトップにならないといけないのはキツいな

京太郎「闇の炎に抱かれて消えろ!」 豊音「 目覚めよ!我が邪王心眼!」

豊音「……ダークフレイムマスター」ボソッ

京太郎「!?」

なんだか色々アイデア出てますね、あざっす
でもあれなんですよね、二つ名って言い方が悪かったかもですけど
すこやんのGrandmasterとか咏さんのCat Chamberとかの事だったのよね
なので英語に出来ないっぽいのは拾えないっす。申し訳ない

更新は明日の夜に行いますので
今しばしお待ちください


 ぼちぼち再開するけど、二つ名次第で本編内容が変わるので
 先に決めちゃおうか
 候補は下の中から。 20時10分に多数決用の指定レス出します
 


Darkflamemaster(闇の炎の使い手)
Santana(メキシコに吹く熱風)
Lordstars(ロードスターズ)
Golden Guardian(黄金の守護者)
Zero(ゼロ)
Handman(ハンドマン)
Mr.Peerless(無双者)
Golden ball(金玉)
Gold Traitor(黄金の反逆者)
Entertainer(エンターテイナー)
Hands of glory(栄光の手)
One for All(ワンフォーオール)


 安価下1~5

1 Darkflamemaster(闇の炎の使い手)
2 Santana(メキシコに吹く熱風)
3 Lordstars(ロードスターズ)
4 Golden Guardian(黄金の守護者)
5 Zero(ゼロ)
6 Handman(ハンドマン)
7 Mr.Peerless(無双者)
8 Golden ball(金玉)
9 Gold Traitor(黄金の反逆者)
10 Entertainer(エンターテイナー)
11 Hands of glory(栄光の手)
12 One for All(ワンフォーオール)


 争うのですボク達!!!!!


 同数なので決戦投票

10 Entertainer(エンターテイナー)

12 One for All(ワンフォーオール)

 下1~3  で多い方 無効票安価下 


 Entertainer(エンターテイナー)で決まり
 それでは、そういう流れで本編始めます


京太郎「レディースエーンドジェントルメーン! アクションマジック! 回避!」


 という風にはならないので、ご安心を  

 ちょいとカーリング見ながらなんで、更新遅かったらごめんよ


【試合会場】

えり「それでは運命の第一試合が始まります」

はやり「うん、楽しみ!」

えり「まずは松山フロティーラから、姉帯豊音選手! 獅子原爽選手のペアです!」


 ワーワー! トヨネーオレダー! ケッコンシヨー!
 カワイー! チョーカワイイヨー!!

豊音「ど、どうもだよー」ペコリ

爽「うん。歓声が心地いいな」


えり「この二人、プロ入り三年目にしてかなりの戦績を誇っていますね」

はやり「うんうん。若い子が活躍するのはいい事だと思うな!」

えり「そうですね。そして、対するはベテランとも呼べる三尋木選手、そしてルーキーの須賀京太郎選手です!」

 キャアアアー!!!! キョウタロウキューン!!!!

 ゼロ! ゼロ! ゼロッ!!!

京太郎「あはは……どうも」

咏「……」


咏ファン1「おい、うるせーぞ京豚!! 咏たんの入場だぞ!!」

京太郎ファン1「はぁ? 何言ってんの? 私達は京太郎きゅんを見に来たに決まってるでしょ!!!」

咏ファン2「へい、構わん殺すぞ!」

京太郎ファン2「やってみろよ三下ァァァァ!!!」

 ギャーギャー ワーワー!!

はやり「大人気だね!」

えり「大人気過ぎて、ロードスターズ側の客席が真っ二つになっていますね」

はやり「でも、前回に比べて京太郎君を応援する人が増えているんじゃないかな?」

えり「ですね。彼は前回の試合から、主にタレント業に励んでいましたから」

はやり「すごいよね! 映画の主演まで果たすなんて!」

えり「ちなみに、三尋木選手と須賀選手はKBSテレビで週間ロードスターズという番組を放送しているみたいですね」

はやり「相性ばっちりだね!!」

えり「ファンの方は、争っているようですが」



豊音「あわわわわ」

淡「呼んだ?」

豊音「観客席がとんでもないことになってるよー」

爽「ちょっぴり同情するね。でも、手加減は出来そうにない」

パウチカムイ「」コクコク



京太郎「三尋木プロ。俺、頑張りますから」

咏「御託は良いから、実力を見せてみろって」ペチペチ

豊音「負けないよー!」

爽「さぁ、勝負だ」


えり「それでは各自、卓に付いたところで試合が始まります」

はやり「みんなーがんばれー!!」


京太郎「……」ギュッ

 いやー、こうして卓に入るのも久しぶりだな
 アレから麻雀に触れて来なかったから、自分の強さが心配だったけど……


豊音「……」ゴゴゴゴ

爽「……」ドドドドド

咏「……」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「うへぇ」

 こりゃ、すっげーモンスター達が揃ってるな
 過去の俺じゃ、勝ち目なんて無いだろう

京太郎「……」

 でも、今の俺は違う
 こんな強敵達を前にしても、俺はワクワクしている

 そうだ
 俺は楽しまないといけない

 麻雀を楽しんで、それを見てくれている人達に伝える

 そうして、俺の……いいや、男子麻雀のファンになってもらうんだ

京太郎「さぁ、勝負だ!」

/     ,     /   /   / /             |   |  :.   .   :.
    /     /   /    '    |   |     |   |  i|   |    .
  イ        '   /|    /|  l   |   |     |   |  l|   |    |
// /      |   | {   ' :.     |   |     }   |  l|   |   {
 ' 〃         |   |  | |   ト,  :     /| /| /|    '  ∧|
/ / .'   ,:  ' Ⅵ |_'. |  | |   | l   |     ' }/ }/ :  /  .イ `\
{/ /   / /  / {  |  Ⅵ≧!、,|   | 、 |   _/ム斗七    /:. / }'
 '   ,イ / | { 从 | イ  {::しメ∧   l  Ⅵ   イ {::し刈 `ヽ'  ' }/
'  / /イ Ⅵ :.  Ⅵ    Vzり \  、 }  /  Vzり   }/  /
/        | 从   |            \ ∨/        ,  /
       _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_
 ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
/////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
/////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
/////////////|//∧  :. \               / / /'////}/////////////


【東一局 京太郎の親】

須賀京太郎 25000
三尋木咏 25000
姉帯豊音 25000
獅子原爽 25000

京太郎「よっしゃー! 俺の親だー!」


えり「早速、ルーキーの須賀選手からの起家ですか」

はやり「前回は一発で役満終了だったから。今回も楽しみ!」

えり「未だに一度しか試合に出ていない須賀選手、その実力はいかに!!」


京太郎「えーっと……」


えり「どうでしょうか?」

はやり「九種九牌で流さないのかなー? ってぐらい酷いです」

えり「ですよね」

はやり「ふふっ、でも……須賀君、楽しそう」


京太郎「(劣勢な時ほど明るく、笑顔に)」ニッ

咏「リーチ」カラン

京太郎「!」

豊音「それなら、私も! リーチだよー!」


えり「お、出ましたね。追っかけリーチ」

はやり「背向の異名を持つ、姉帯選手の必殺技ですね~」

えり「それでは、先にリーチをした三尋木選手が刺されると?」

はやり「さぁ、どうな……」


京太郎「リーチ!!」

豊音「ほぇ?」

爽「!?」

咏「は?」


えり「おおっと?! ここで須賀選手も追っかけリーチです!!」


 ザワザワ  オイオイ ドウナッテンダ?
 さぁ、わっかんねー 


京太郎「ふっふっふ。姉帯さん、追っかけリーチはアナタだけの……」

咏「ロン」

京太郎「ふぇ?」

咏「12000。はい、よろしく」チャッ

京太郎「」

豊音「」

爽「なにこれウケる」


【東二局 咏の親】

須賀京太郎 12000
三尋木咏 39000
姉帯豊音 24000
獅子原爽 25000


えり「えーっと? これは差込みの一種なのでしょうか?」

はやり「あははは、どうだろうね?」


京太郎「うごごごごご」

咏「ま、こんなもんじゃね?」

豊音「リズムが乱されちゃった……」

爽「(とりあえず赤で行くか)」チラリ

 モクモクモク

京太郎「(! なんか赤いおならみたいのが出てきた)ジイー

咏「(アレが例の……でも、関係無いねぃ)」

爽「(よし、これで……)」

爽の手【2344m 336p 155669s】

爽「(あれ? 字牌が来てない?)」

京太郎「んー……」

京太郎の手【西西南南発発発白白白中中中】


 ザワワワワワワ!!!


えり「え? なにこれは?」

はやり「はやー」

えり「み、瑞原プロ! ご説明を!」

はやり「あー、多分だけど。獅子原選手が使った能力が、須賀君には効かなかったのかなぁ」

えり「と、いいますと?」

はやり「多分、他家に字牌が行きにくくなる能力なんだけど……須賀君は幺九牌を呼びやすい体質みたいだから」

えり「つまり、三尋木選手と姉帯選手に行く筈の字牌が、全て須賀選手に流れたと?」

はやり「そうなっちゃうかなー」


爽「」ブルブル

京太郎「うへぇ……心臓が痛い」


京太郎「うーむ」

咏「……」タン

豊音「(なんだか不穏な空気だよー)」タン

爽「(赤を無駄にしちゃった。というか、これ……字牌は全部須賀の場所に行ってるよな)」

京太郎「あー……」タン


えり「須賀選手の捨て牌から警戒か、誰も字牌を切りませんね」

はやり「まぁ、須賀君に凄い手が入っているのは全員が理解していると思うので」

えり「しかし須賀選手はテンパイ。自分でツモる可能性は十分にあります」


京太郎「みんな切ってくれそうに無いし、ここは……カン」

咏「は?:

京太郎「カンっす」

京太郎の手【西西南南発発発白白白  中中中中】

えり「須賀選手、ここで引いた中をカン! これには何の意味があるのでしょうか?」

はやり「んん? 王牌に気配を感じたのかなぁ?」

京太郎「……もいっこカン」

えり「は?」

はやり「え?」

京太郎「ほいっしょ」チャッ


京太郎の手【西西南南発発発   白白白白中中中中】


えり「な、なんと! 引いたリンシャン牌でもう一度カン! それも白です!」

はやり「あっ」


京太郎「……もういっちょ。カン」

京太郎の手【西西南南 発発発発白白白白中中中中】

咏「!?」

爽「うわぁ」

豊音「」

 ざわざわざわ  オイオイマジカヨ!

えり「会場が騒然としています。無理もありません、これで三回連続カン」

はやり「それも、三元牌だもんねー」

えり「三槓子では点数の上乗せはありませんが、ここで引く牌はもしも西か南であれば!」

はやり「大逆転だねー」


京太郎「……」ゴゴゴゴ


えり「対戦相手だけではなく、会場全体が須賀選手がリンシャンをツモるのを見守ります」


豊音「(こ、これはマズイ予感がするよー)」

咏「……」ゾゾ

爽「(いやいやいや、流石にそれは……)」


京太郎「うおぉぉぉぉぉぉ!」チャッ







京太郎「……」 つ東





京太郎「あちゃー。やっぱり咲のようには上手くいかないか」タン

咏「……」ホッ

豊音「ふぅ」

爽「心臓に悪いな」ドキドキ

 ダヨナー ソウウマクハキマラネェヨ
 ナンダヨ、オドロカセヤガッテ


えり「会場中から漏れるため息! 驚くべき三回連続カンでしたが、嶺上開花はならず!」

はやり「……」クスクス

えり「瑞原プロ?」

はやり「うん? あ、ごめんね。少し面白くて」

えり「?」

はやり「あのカンの目的が、分かっちゃって……それで、ふふふ」

えり「目的、ですか?」

はやり「うん。だってほら、あれだけ喧嘩して騒いでいた観客の皆さんが……静かになっちゃったでしょ?」

えり「あっ」

はやり「あー……欲しいなぁ。ロードスターズより、絶対こっちに向いてるのに」クスクス


京太郎「くそー! 結局流局かよ!!! テンパイ!」

咏「テンパイ」

豊音「テンパイだよー」

爽「テンパイ」

京太郎「はえー……逃げながらテンパイとは、流石っすね」

咏「……」ギリ

京太郎「? 三尋木プロ?」

咏「(この私が、安堵した? コイツが和了じゃなくて……助かったって、安堵を?)」ギリ

京太郎「さぁさぁ! 勝負はまだまだこれからですよ!!」


【東二局 一本場  咏の親】

須賀京太郎 12000
三尋木咏 39000
姉帯豊音 24000
獅子原爽 25000

えり「先程の須賀選手の役満テンパイが響いているのか、対局に動きはありません」

はやり「みんな慎重になっちゃったのかな?」

京太郎「ノーテン」

咏「ノーテン」

豊音「ノーテンだよー」

爽「ノーテン」


えり「打って変わって、地味な一局となりましたね」

はやり「素人目にはそうかもね」

えり「?」

はやり「(恐ろしく静かな心理戦……はやりじゃなきゃ見逃しちゃうね☆)」ゴクリ


豊音「うぅー。攻勢に出れないよー」

爽「(須賀の爆発力が侮れない上に、高火力の三尋木プロとかキッツいなぁ)」

咏「……」ギリッ


はやり「(あーあー、ペース乱されちゃってる)」


えり「それでは次は姉帯選手の親となる、東三局です」


【東三局 豊音の親】

須賀京太郎 12000
三尋木咏 39000
姉帯豊音 24000
獅子原爽 25000


豊音「次こそは和了ってみせるよー!」

咏「(さっさと須賀をトバして終わらせる。それだけでいい)」

爽「カムイ」

パコロカムイ「」ズモモモ

京太郎「(またなんか出てきた)」

パコロカムイ「……」スリスリ

京太郎「ハハハ、こやつめ」ナデナデ

パコロカムイ「……にゃー」

爽「にゃー!?」

咏「何を馬鹿やってるんだか……」スッ

 タンッ

咏「リーチ!」

豊音「うっ!?」

京太郎「……んー」



えり「三尋木選手のリーチで膠着状態が解かれましたね」

はやり「これは持って行っちゃうかなぁ?」

えり「現在、須賀選手と姉帯選手が和了牌を手にしています」

はやり「豊音ちゃんが低め。須賀君が高めだね」

えり「しかしここはもう、どちらでもいいから和了って親を流したいところ」


豊音「うーん……これかな」タン

咏「!」


えり「おおっと! ここで遂に和了牌が出ました!」

はやり「……?」

えり「ん?」


咏「……」スルー


えり「なんという事でしょうか! 三尋木プロ、和了をスルーしました!」

はやり「???」


咏「(こんな奴から上がってもしょうがない。私がトバしたいのは、コイツだけ!)」ギロリ

京太郎「……ふむ」

咏「(振り込め! 振り込め!)」

京太郎「……ははっ」

咏「!?」

豊音「ほえ?」

爽「なんだなんだ?」

京太郎「いやー……なんだか、熱い視線を感じちゃって」

咏「っ!」ドキィッ

京太郎「俺、意外にモテるのかな」クスクス

咏「~~~~っ!」ブルブル

京太郎「……じゃあ、切りますね」スッ

咏「!」

えり「こ、これは?!」

はやり「はややー」


咏「ロン! ロンロンロンロンッ!!!!!」バラッ


えり「おおっと、三尋木プロ! かなり取り乱した様子でロンを宣言」

はやり「高めだから……跳ね満で、12000だね」

えり「12000! それはつまり……」


京太郎「あちゃー」

咏「これで裏ドラが乗れば終わり!!」

京太郎「そうなりますねー」

豊音「あわわわわわ!」

淡「うひゃー」

爽「誰がお前」

あがれないだろ

リーチ後上がり牌見逃したらもうロンはできないぞ


>>848

>>849

 これマジ?
 ごめん、書き直してきまー


>>847 は無かった事に。麻雀エアプですまん



えり「三尋木選手のリーチで膠着状態が解かれましたね」

はやり「これは持って行っちゃうかなぁ?」

えり「現在、須賀選手と姉帯選手が和了牌を手にしています」

はやり「豊音ちゃんが低め。須賀君が高めだね」

えり「しかしここはもう、どちらでもいいから和了って親を流したいところ」


咏「(振り込め! 振り込め!)」


えり「しかし、三尋木プロ! その視線の先は須賀選手のみ!」

はやり「まさに狙い撃ちって感じだねー」


えり「(さっさと振り込め……!)」


京太郎「……ははっ」

咏「!?」

豊音「ほえ?」

爽「なんだなんだ?」

京太郎「いやー……なんだか、熱い視線を感じちゃって」

咏「っ!」ドキィッ

京太郎「俺、意外にモテるのかな」クスクス

咏「~~~~っ!」ブルブル

京太郎「……じゃあ、切りますね」スッ

咏「!」

えり「こ、これは?!」

はやり「はややー」


咏「ロン! ロンロンロンロンッ!!!!!」バラッ


えり「おおっと、三尋木プロ! かなり取り乱した様子でロンを宣言」

はやり「高めだから……跳ね満で、12000だね」

えり「12000! それはつまり……」


京太郎「あちゃー」

咏「これで裏ドラが乗れば終わり!!」

京太郎「そうなりますねー」

豊音「あわわわわわ!」

淡「うひゃー」

爽「誰だお前」

淡「淡だよ」

爽「!?」


えり「とんでもない事になりました。ここで裏ドラが乗れば、須賀選手はトビです」

はやり「ドッキドキの一瞬だね」

京太郎「うわー。やばいなー」

咏「お前もこれで化けの皮が剥がれるんじゃね? 男のくせに、プロなんて……」


京太郎「観客の皆さん!!!」

 ざわざわ  ナンダナンダ?
 
京太郎「これ、俺はどうしたらいいんでしょう!?」

咏「は?」

観客「は?」

京太郎「裏が乗ればチームの勝利! でも、個人的にはトビたくない!!」

豊音「へ?」

爽「まぁ、そうなるか」

京太郎「俺、この試合勝ちたいんです! だから、みなさんも応援してください!」

 フザケンナー! チームノショウリデイイダロー!
 ソウダソウダー! 

京太郎「大丈夫っす! 俺、ここで生き残ったら逆転しますから!」

咏「!!」

 ザワザワ  ガヤガヤ

京太郎「そりゃ、俺の持ち点はゼロになりますけど……あれ? ゼロ?」

 ゼロ? ゼロッテ……アレダヨナ?
 ソウイエバコイツ……

京太郎「みんな! 俺はゼロだ!! だから、絶対に負けません!」


 そうだよ(便乗)  やはり我々のリーダーはゼロしかいない

 ゼロ!  ゼロ!  ゼロ!!  ゼロ!!!


えり「な、なんという事でしょうか。会場内は割れんばかりのゼロコール」

はやり「須賀君の活躍を見たい女性ファンは勿論、フロティーラのファンのみんなも!」

えり「それは恐らく……須賀選手が飛べばフロティーラの負けが決ま……はっ!? まさか、そこまで考えて……」ゾワッ


京太郎「さぁ、三尋木プロ。裏ドラ、めくってください」

咏「……」

京太郎「絶対、乗りませんから」

咏「……くっ!」バッ


えり「裏ドラは――!!!」

はやり「乗らない!!!」

えり「須賀選手! 首の皮一枚で繋がったー!!!」


観客「「「「FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!!!!」」」」


京太郎「おっしゃー!!! 俺、生きてるー!!!」イェーイ

豊音「はわ……//」ポワー

爽「か、かっこいい……」

カムイ「」コクコク


【東四局 爽の親】

須賀京太郎 0
三尋木咏 51000
姉帯豊音 24000
獅子原爽 25000


えり「えー。現在、東四局ですが面白い状況が続いております」

はやり「ロードスターズの一位が咏ちゃんと須賀君」

えり「フロティーラの二人は姉帯選手がリーチ棒で失った千点のみ」

はやり「爽ちゃんは微動だにしてないねー」

えり「誰か一人でもツモ和了した時点で、須賀選手はトビとなります」

 ワーワー! ゼロー! ガンバレー!
 ゼローガンバエー!!

えり「しかし、誰がこの状況を予想したでしょうか。会場内の応援は須賀選手一色!

はやり「流石は映画の主役さんだね」

えり「それもありますが、彼のプレイは何か観客を惹き付けるものがあるように思えます」

はやり「役満テンパイといい、さっきのギリギリのプレイといい……須賀君には才能があるね」

えり「才能、ですか?」

はやり「うん。とびっきりの、才能がね」クスクス


咏「……お前、わざとか?」

京太郎「?」

咏「さっき、わざと私に振り込んだだろ」

京太郎「……バレました?」

咏「当たり前だっての。なんで、そんな真似をした?」

京太郎「なんでって、これはチーム戦ですから。俺がトべばチームの勝利ですよ」

咏「……っ」

京太郎「それともう一つ。別に俺は試合を捨てちゃいませんよ」

咏「はぁ?」

京太郎「もしもあれで裏が乗らず、俺が生き残れば……会場内の観客をこうして味方に出来ますから」

咏「なんで、そんな事を……」

京太郎「俺の力は、応援してくれる人の数で決まります」

咏「あっ」

京太郎「普段の俺じゃ、三尋木プロや姉帯プロ達には勝てません。でも……」


 ガンバレヨスガー! オウエンシテルゾゼロー!!
 ゼロー!!  スガキューン!


京太郎「ここはもう、俺のステージですから」ニッ


京太郎の手持ち【19m19s19p東南西北白発中】



えり「~~~~~~~~~ッッッッ!!!!!!」

はやり「はやはやー」

憧「アコアコ~~~!!!」

観客3「ほぅ、国士無双両面待ちですか……大したものですね」

リー棒を返してもらえなかったんだね

>>859
 あーもうめちゃくちゃだよ
 しかも国士無双両面待ちってなんだよ(哲学)

 ごめん、ちょっと休憩入れさせて

 さっきのミスで頭がまっしろになってもうてる


ごめん、やっぱ今日はここまで
すまん、すまん。

やっぱりガチ対局なんてワイには無理やったんや
許してクレメンス

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2018年02月28日 (水) 16:56:01   ID: Xj8JyNTz

なんだこの無茶苦茶な闘牌は

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom