【ガルパン】杏「五十鈴ちゃん、新年会の幹事お願い」 (10)


1月 新学期 

生徒会長室


杏「五十鈴ちゃん、新年会の幹事お願い」

華「新年会があるんですか?」

杏「うん。せっかくだから戦車道履修者でぱーっとやろうと思ってね。ついでに五十鈴ちゃんも来年の生徒会の為にこういうの仕切る経験しといてよ」

華「わかりました。わたくし、頑張ります!」

杏「じゃあよろしくー。細かいことは全部任せるけど1月中にはお願いねー」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515078560




優花里「おお!新年会ですか!」

沙織「会長も好きだよねー、そういうの」

みほ「すごい!友達と新年会なんて初めて!」

華「はい。わたくしも実家の新年会にしか出たことがないから楽しみです」

みほ「実家の新年会は大変だよね」

華「ええ、お着物を着て朝早くからお花やお料理を準備して……」

みほ「ひっきりなしに来るお客さんにずっと挨拶して……」

沙織「言っておくけど普通はそんなんじゃないからね」

優花里「私達の知らない世界です……」

みほ「華さん、何か手伝えることあるかな?」

華「よろしいんですか?」

みほ「うん。大変だと思うから」

華「嬉しいです!ありがとうございます」


沙織「ごめんね、私達も手伝いたいんだけど」

優花里「我々も小山殿と河嶋殿に仕事の引き継ぎを頼まれてまして」

麻子「私もそれを手伝うことになってる」

華「いえ。お気持ちだけで十分です。良い新年会にしますね」

優花里「楽しみにしております!」

沙織「無茶はしないでよー」

麻子「なんでもいいが集合時間は昼以降で頼む」


みほの部屋


みほ「パソコン、良かったら使って」

華「ありがとうございます」

みほ「まずは何から決めようか」

華「日時を決めましょう。いつやるか決めないことには皆さんの予定も合わせられませんから」

みほ「そうだね。さすが華さん」

華「戦車道履修者は32名ですから、そこそこの大きさのお店にしなくてはいけませんね」

みほ「あらためて数えるとたくさんいるよね。学園艦には無いかな?」

華「そうですし、せっかくの新年会ですからやはり陸のお店にしましょう」

みほ「えっと、次の寄港は来週の土日だね」

華「では来週の土曜日で仮決定して、皆さんに聞いてみましょう」

みほ「うん。華さん決断力すごいよ!どんどん決まっていくね」

華「いえ、みほさんと相談しながらだからスムーズに事を進めれられるんですよ」

みほ「そ、そうかな?」

華「この調子でお店も決めましょう!」

みほ「うん!」


華「みほさんは何か食べたい物はありますか?」

みほ「うーん、私はみんなが食べたいものでいいよ。華さんは?」

華「わたくしも好き嫌いは無いので……どうしましょう」

みほ「みんなに聞いてみる?」

華「全員の希望を聞くと収集がつかなくなりそうですね。みほさん、遠慮なさらず何か希望があるなら言ってみてください。参考にしますから」

みほ「じゃあ……みんなでお鍋とか……そういうのやりたいな」

華「お鍋ですか!良いですね!」

みほ「大人数でそういうのしたことなくて……ちょっと憧れてたの。黒森峰にいた頃はみんなと食べるのはドイツ料理だったし」


華「わたくしもやりたいです。お鍋で決まりですね」

みほ「ええっ、私の希望で決めちゃっていいの?」

華「お鍋が嫌いな人なんていませんよ」

みほ「華さんは本当に食べたい物ないの?」

華「わたくしは本当に何でも。強いて言うならばそうですね……お腹いっぱい美味しいものを食べられたら嬉しいですが」

みほ「だったら食べ放題のお店を探そうか」

華「食べ放題!それは素晴らしいですね!是非そうしましょう」

みほ「あはは……」


翌日 訓練後


みほ「皆さん、お疲れ様でした」

オツカレサマデシター

みほ「解散の前にお知らせがあります」

ザワザワ ナニナニ? ナンダロ?

華「この度、戦車道履修者で新年会を行うことになりました」

オオー!


華「来週の土曜日、陸にあるお店で和牛しゃぶしゃぶ食べ放題です!」

オオー!

あや「しゃぶしゃぶだって!」

桂利奈「食べ放題だって!」

優季「和牛だって~」

梓「楽しみ!」

あゆみ「楽しみだね!」

キャッキャ


華「料金はひとり、7500円です!」

エッ……

シーン……

ザワザワ……

あや「7500円……?」

あゆみ「7500円!?」

桂利奈「アニメのぶるーれい買える値段……」

優季「お小遣い無くなっちゃう~」

梓「ちょ、ちょっと!みんな聞こえるから!」

あや「梓は高いと思わない?」

梓「ちょ、ちょっと高いかなとは思うけど」

あゆみ「だよね。社会人じゃないんだから。1回で7500円って」

優季「社会人でも高いんじゃない?私のパパのお小遣いなんてぇ」

梓「と、とにかく文句言っちゃダメだって」


優季「でもぉ~カバさんチームの人達も微妙な表情してるし~」


エルヴィン「……」

カエサル「……」

左衛門佐「……」

おりょう「……ぜよ」


あや「アリクイさんチームもなんかぶつぶつ言ってるしー」


ねこにゃー「7500円あればガチャを……」

ももがー「課金アイテムを……」

ぴよたん「あれ、安いのか高いのかわからなくなってきたっちゃ」



あゆみ「アヒルさんチームだって」


典子「よーし!肉!!食べ放題!根性で食べまくるぞ!!」

妙子・あけび・忍「「「おーーーー!!!」」」


あゆみ「駄目だ、値段のこと気にしてないわ」

桂利奈「バレー部なら元取れそう」


梓「……たぶん河嶋先輩が『高い!』って怒るんじゃないかな」

あや「確かに!すごい怒りそう!」


杏「じゃーみんなよろしくー。五十鈴ちゃんが初幹事だからねー」

桃「新年会があるからって気を抜くなよ!明日の朝練も遅刻しないように!解散!」

オツカレサマデシター

梓「あれっ」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom