【艦これ】バレンタイン【安価】 (96)

~注意事項~

・誤字脱字などあると思います

・持っていないキャラ等出た場合はボイスを聞くなど対処していますが、キャラ崩壊等あるかもしれません

・専ブラから投稿しています。もしかしたらエラー等出るかもしれません。

・ただただクソ安価
 &
 設定安価でも無いのに無理やり設定ねじ込んでくる場合は再安価する場合があります

・メインヒロインは曙

~ちなみに~

・このssは

【艦これ】提督「曙との距離を縮めたい」【安価】
【艦これ】提督「曙との距離を縮めたい」【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470194301/)

から続くシリーズの続編です。これだけでも楽しめるよ!ホントだよ!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502455752
※前スレ
【艦これ】提督「曙達と欧州救援作戦」【安価】
【艦これ】提督「曙達と欧州救援作戦」【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502455752/)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515029277

~2月12日、提督の部屋~

コンコンコンッ

提督「どうぞ」

明石「失礼しますっ」ガチャッ

提督「明石か。何だ朝から」

明石「お願いがありまして」

提督「お願い?」

明石「その、明後日は……」

提督「バレンタインだな」

明石「はい。その日の事なんですが」

提督「……?」

明石「…提督もチョコレートを作ってみてくれませんか?」

提督「良いけど」

明石「女の子として」

提督「お断りだ」

明石「どうしてですか!?」

提督「当たり前だぁ!」

明石「よく考えてください。提督」

提督「よく考えなくても断ると思うけど」

明石「バレンタインのチョコレートといえば、誰が作るものだと思いますか?」

提督「そりゃ…女の子だな」

明石「ほら~」

提督「………」

明石「………」

提督「…仮に作ったとして、そのチョコレートはどうするんだ」

明石「>>5

その…言わせないで下さいよ…

明石「その……えーっと」

提督「?」

明石「い、言わせないでくださいよ」

提督「食べたいの?」

明石「…」コクリ

提督「…まぁ、良いけど」

明石「言いましたね!?」ズイッ

提督「めんどくさいなお前!?」

提督「……はぁ、飲むよ。飲めば良いんだろ?」

明石「はいっ」

提督「……」ゴックン

………………

提督(女)「やっぱり、慣れないな…この感覚」

明石「相変わらず可愛いですね」ウフフ

提督(女)「」ゾワッ

………

明石「何作りましょうか?」

提督(女)「あぁ、考えてないんだ…」

明石「案としては…そうですね」

明石「>>8とか」

أيها الوزراء والمستشارين الفاشلين اذا ماتقدر تحل أزمه بسيطه من غير راتب المواطن فغيرك يستطيع أن يسير بالشعب الى عالي القمم فتنحى ودع غيرك لعل يحل شي من خرابك

すまねぇ、アラビア語はさっぱりなんだ

>>12

>>10

明石「等身大の曙チョコとか」

提督(女)「…何で」

明石「足先からじっくり食べようかと」

提督(女)「………」

明石「冗談ですよ。そんな事してる間に溶けちゃいますし」

提督(女)「あぁそう…」

明石「ここは無難に」

提督(女)「無難に?」

明石「無難に…」

提督(女)「…こっちで調べて作るよ」

明石「お願いします…あはは」

提督(女)「やれやれ…」

提督(女)「そういえば、材料は?」

明石「はい、ここに」

提督(女)「あぁ、持ってたのか」

明石「はい。流石に材料も無しにお願いしませんよ」

提督(女)「それもそうか」

明石「はい」

………………

コンコンコンッ

明石「提督、お客です」

提督(女)「手ぇ離せないからそっちで頼んだ」

明石「はいはーい」

ガチャン

やってきた娘>>16

比叡

比叡「あれ、明石さん?」

明石「あ、比叡さん」

比叡「司令はいらっしゃいますか?」

明石「はい。キッチンに」

比叡「失礼します。司令ー」テクテク


提督(女)「あぁ、比叡か」

比叡「…どうしてそのような格好を?」

提督(女)「明石に"女の子の俺にチョコレートを作って欲しい"って言われてな…」

比叡「不思議なお願いですねー」

明石「えっ」

提督(女)「そういえば、用事は?」

比叡「>>18

なんとなくなんですが明後日に何か用事があるか聞こうと思って

比叡「何となく、特に理由も無いんですが、その」

提督(女)「ん?」

比叡「明後日は…何か予定ありますか?」

提督(女)「明後日…明後日は……仕事かなぁ」

比叡「えっ」

提督(女)「え?」

比叡「い、いえ…そうですか」

提督(女)「>>20

仕事が終わってからなら空いてるけど

提督(女)「…終わってからなら空いてるけど」

比叡「そうですか!」

提督(女)「…どうした」

比叡「…特に理由も無いというのは嘘で」

提督(女)「知ってた」

比叡「えっ」

提督(女)「…何かあるのか?」

比叡「…一緒に買い物に、行きたいんです」

提督(女)「良いよ。そのくら」
ガシッ
提督(女)「いぃっ!?」

明石「…>>22

1・2のアッホ!!

1・2ってなぁに?

よく分かんないんで再安価。ごめんね?
>>26

はいはい今はチョコレートに集中しましょうね…ムスッ

明石「はいはい、今はチョコレートに集中しましょうね?」

提督(女)「ぉ、おう……っ?」

比叡「何処に行きます?」

明石「」ジロッ

比叡「」ビクッ

…………

明石「提督」

提督(女)「何だ」

明石「お腹が空きました」

提督(女)「そう…」

明石「………」

比叡「何か作りましょうか?」

明石「っあぁ!?だっだだだ大丈夫です!自分でします!」

比叡「これでも私、練習してますから!」

明石「い、いやー……でも…」

比叡「……嫌、ですか?」

明石「失礼ですけど…見張って良いですか?」

比叡「」ガビーン

提督(女)「はっはっは」

比叡「笑えません!」

比叡の料理は美味しい?

直下コンマ
99に近いほど美味しい。00は……まぁ、うん。そうねぇ

……………

モグモグモグ

明石「…………」

比叡「……うーん…」

明石「ちゃんと見てたんですけどねぇ」

提督(女)「……何この、何?」

比叡「練習してるんですけどね…」トホホ

明石「………」

比叡「司令、料理を教えt」
提督(女)「俺は上手くないぞ」

比叡「嘘です。朝ごはん美味しかったじゃないですか」

提督(女)「…曙あたりに教えてもらったらどうだ」

明石「最近凄く上達したらしいですねー」

比叡「花嫁修行ですね」

提督(女)「え………」

比叡「…司令?」

提督(女)「あぁうん。そうか、花嫁か……」マッカッカ

明石「」ペシーン

提督(女)「痛っ」

…………………

提督(女)「よし、後は冷やすだけ」

明石「お疲れ様です。提督」

提督(女)「あぁ、疲れた。寝る」

比叡「えっ」

提督(女)「だってほら、丁度お昼寝時だし」ゴローン

明石「………」

提督(女)「一緒にどう?今は女の子同士だし」

明石「…何いってるんですk」

比叡「是非っ」ダッ

明石「あ、ちょっと!?」

提督(女)「……」ナデナデナデ

比叡「ちょっと縮みました?」ギュー

提督(女)「縮んだ…かも」

比叡「………」チラッ

明石「…………」

提督(女)「明石も、ほら」

明石「>>32

見せつけられて我慢できるわけないじゃないですか

明石「見せつけられて…我慢できるわけ無いじゃないですか」ゴローン

提督(女)「いらっしゃーい」

…………

ギュー

提督(女)「あー……」

明石「どうかしました?」

提督(女)「いや……なんと言うか」

比叡「体調が優れない…とかでしょうか」

提督(女)「その……」

明石「…?」

提督(女)「興奮してきた」

明石「胸も無いくせに何言ってるんですか」

提督(女)「」

比叡「離れた方が良いでしょうか」

提督(女)「>>34

いいよ

提督(女)「良いよ。このままで」

比叡「でも」

提督(女)「このままが良い」ギュッ

比叡「し、司令……」

提督(女)「…………」

比叡「本当に、無いんですね……」

提督(女)「比叡…」ツルペターン

明石「……」ウトウト

……………………

明石「ん……ぅ」モゾモゾ

ムクッ

提督(女)「………」Zzz

比叡「………」Zzz

明石「…提督、提督」

提督(女)「」Zzz

明石「………」>>36

耳に息を吹き掛ける

明石「ふーっ」ミミモト

提督(女)「……」Zzz

明石「起きてください。もう外が暗くなっちゃってます」

提督(女)「……」Zzz

明石「提督……」

明石「ふーっ」ミミモト

提督(女)「んっ……」ピクッ

明石「妙に艶かしい声を出さないで下さいよ…」

提督(女)「………」Zzz

明石「…っ」>>38

今ので起きないのが悪いんですよ

明石「…提督っ」

提督(女)「………」Zzz

明石「…今ので、起きないのが悪いんですから」

…………

ムニムニムニ

提督(女)「っふ……はっ……ぁ?」

明石「」モミモミモミ

提督(女)「……(何、何この状況)」

明石「…」フニフニ

提督(女)「(何で胸揉まれてるんだろ…)」

提督(女)「(害は無いし、ここで起きても気まずいか……うーん)」>>41

寝たふりを続ける

提督(女)「……(まぁ、良いか)Zzz」

明石「……」フニフニフニフニ

提督(女)「…(無い胸を弄って、そんなに楽しいもの……か。そりゃそうか)」

クリクリ クリッ

提督(女)「っ……(…手つきが、何か……)」

スリクリフニスリクリクリ

提督(女)「……ぁ、……っふ……」

明石「…提督?」

提督(女)「………Zzz」

明石「……寝てます、よね?」

提督(女)「……Zzz」

明石「………」スッ

提督(女)「(流石に止めるよn)」
スススススス
提督(女)「待って明石、そこはだめ」ガシッ

明石「」ググググググ

提督(女)「あっ、あかっ、待っ」

明石「>>43

いつも提督はそういってもまたないから、待ちません

明石「普段待たない人が、待ってもらえると思いますか?」

ズボッ

提督(女)「~~ー~ーっ!?」

明石「…(トランクス……)」サワッ

比叡「司令…?どうかしましたか……」モゾモゾ

明石「あっ」

比叡「…………!……?」

提督(女)「比叡……助けて…」


ヒエーーーーーーッ

………………

明石「すいませんでしたっ!」

提督(女)「良いよ…凄い焦ったけど。…比叡、ありがとう」

比叡「どういたしまして…」

明石「…その、提督」

提督(女)「ん?」

明石「女物の下着、着けません?」

提督(女)「ホントに反省してる?」

明石「してますよ」

提督(女)「………」ジトー

明石「…嫌なら、良いです」

提督(女)「断る!」

明石「ですよねー!」

提督(女)「……今、何時だっけ」

比叡「6時半です。晩ごはんの時間ですね」

提督(女)「明石」

明石「はい」

提督(女)「…作って」

明石「それで、許してくれます?」

提督(女)「あぁ」

明石「…頑張ります」


明石の料理の上手さ
直下コンマ

…………

提督(女)「……明石」

明石「…ごめんなさい」

比叡「………」

提督(女)「…」

明石「提督」

提督(女)「…何」

明石「口直し、作ってくれませんか?」

提督(女)「」

………

明石「…美味しい」グスッ

提督(女)「泣くなよ…」

比叡「美味しいです。本当に…」

提督(女)「そりゃ…良かった」

比叡「お嫁さんに欲しいくらいです」

提督(女)「じゃあ、結婚しようか」ズイッ

比叡「えっ、あ………」

提督(女)「ん?」

比叡「お婿さんに直して、良いですか」

明石「そっちなんだ…」

…………

提督(女)「二人とも」

明石「はい?」
比叡「はい?」

提督(女)「もうすぐ寝たいんだけど…」

明石「そうですか」

提督(女)「……」

比叡「大丈夫です。女の子同士ですから」

提督(女)「寝てる途中に俺は男に戻るぞ…」

明石「着替え持ってきますね」

比叡「あ、私も」

提督(女)「あっ、ちょっと!?」

ガチャンッ

提督(女)「…お風呂入ろ」

…………

提督(女)「まさか本当に寝に戻ってくるとは思わなかった」

明石「まぁまぁ、良いじゃないですか」

比叡「お邪魔しますね」ゴローン

提督(女)「…やれやれ」ナデナデ

比叡「~♪」

明石「それじゃ、私も」ゴローン

提督(女)「…………」

明石「…何ですか」

提督(女)「……胸は良いけど下はやめて」

明石「良いんですか…」

比叡「おやすみなさい。司令」

提督(女)「うん。おやすみ」

………………

提督「………ん」モゾモゾ

ムクッ

提督「(…目、覚めちゃったな)」ゴシゴシ

チラッ

比叡「」Zzz
明石「」Zzz

提督「……」ムラッ

提督「って…マズイか(一回夜風に当たろう。冬だけど)」モゾモゾ


ガチャンッ

~廊下~

提督「う……寒っ」

>>53「…提督?」

夕雲

提督「夕雲?どうしたこんな時間に」

夕雲「提督こそ、お肌に悪いですよ」

提督「え、あぁ…(肌か…)」

夕雲「…折角ですし、付き合っていただけます?」

提督「何に?」

夕雲「>>55

安価ミスってた
>>57

妹の(遠征からの)お迎え

夕雲「巻雲さん達のお迎えです」

提督「ん……?帰ってくるまでには大分時間があるぞ」

夕雲「心配ですから」

提督「妹思いなのは良いが、寝不足で訓練に支障が出ても困るぞ」

夕雲「……」

提督「ちょっと失礼」ガシッ

ヒョイッ

夕雲「…提督、何かしら?」

提督「部屋に連れ込んで寝かせようかと」

夕雲「犯罪よ?」

提督「大丈夫。帰ってくる前に起こすから」

夕雲「話が噛み合ってないわね……」

提督「寝起きだからな」スタスタ

夕雲「本当に連れていくのね…」

~提督の部屋~

比叡「」Zzz
明石「」Zzz

夕雲「…何かしら、これは…」

提督「一緒にチョコレートを作ってたんだが…流れでな」

夕雲「どういう流れか、よく分からないのだけど」

提督「全くだ…」ゴローン

夕雲「……」

提督「おいで。夕雲」

夕雲「……提督」

提督「?」

夕雲「その……恥ずかしいです」

提督「大丈夫だって、もう男女の仲なんだから」

夕雲「でも……」

提督「……うーん(女の子同士なら…いやでもまた半日女の子っていうのもなぁ…)」

どうやって夕雲の恥ずかしさを取り除く?>>60

比叡と明石の間に入ってもらう

提督「二人の間に寝たらどう?」

夕雲「それも何だか…違わないかしら」

提督「……あーもうっ」ギュッ

夕雲「ひゃっ」

提督「さ、寝ようか」ゴローン

夕雲「えっ、提督?」

提督「…………」

夕雲「もう、強引ね…」

……………

比叡「……っは…ゆめ…あぁー……」ムクッ

比叡「……あれ、司令…」ゴシゴシ

チラッ

提督「………」Zzz
夕雲「………」Zzz

ギューーッ


比叡「あれー…?」

比叡「…………」

比叡「…また隣、失礼しますね」モゾモゾ

……………

pppppp

提督「はっ」ガバッ

カチッ

提督「夕雲、夕雲ー」ポンポン

夕雲「…」Zzz

提督「…(約束だし、起こさないと…)夕雲ー」ユサユサ

夕雲「ん……ぁ」

提督「時間だ。迎えに行こう」

夕雲「………?あぁ…巻雲さんの…お迎え」

提督「あぁ」

夕雲「…」ギュッ

提督「…夕雲?」

夕雲「連れていって…くれますか?」

提督「……おんぶするよ」フフッ

夕雲「ありがとうございます…」ギューーッ

………………

ザザーン……ザザーン……

夕雲「……寒いですね」

提督「そうだな…裸でくっつくと良いらしいぞ」

夕雲「……え?」

提督「嘘だ。服を着ないと凍死する」

夕雲「…くっつくと良いの?」

提督「それは本当…」ブルブル

夕雲「なら、提督。良いですよ?」

提督「…お言葉に甘えさせてもらう」

ギューーッ

~30分後~

夕雲「あ、見えましたね」

提督「本当だ…」

夕雲「……」ギュー

提督「離れないと、見られるぞ」

夕雲「>>66

見られてもいいですよ

夕雲「良いですよ」

提督「……え」

夕雲「見られても良いわ。提督となら」

提督「…」ギューーッ

夕雲「ん……」

提督「夕雲」

夕雲「はい?」

提督「……良いか」スッ

夕雲「見られちゃいますよ?」

提督「良いんじゃないのか?」

夕雲「………」

チュッ

……

巻雲「夕雲姉さ~んっ!」

夕雲「お帰りなさい。巻雲さん」

~物陰~

提督「……」コソコソ

>>69「遠征から帰ってみれば…何してるの?」

満潮

提督「遠征組の出迎え…かな」

満潮「なら、何で隠れてんのよ」

提督「…何でだろ」

満潮「はぁ…こんな所で道草食ってないで、さっさと仕事したら?」

提督「それもそうか…。あっちは無事みたいだし」

満潮「…あ、ちょっと待ちなさい」

提督「ん?何だ」

満潮「………っ、>>71

髪、くっついてるわよ

満潮「髪、くっついてるわよ」

提督「髪?」

満潮「髪の毛!緑の!」

提督「あ、ホントだ。ありがとう」

満潮「…何、してたの」

提督「…色々?」

満潮「>>73

仕事中は程々にしときなさいよ…

満潮「仕事中でしょ?ほどほどにしなさいよね…」

提督「あぁ、ほどほどにしとく。ほどほどに」

満潮「……」ジトー

提督「………」

満潮「はぁ、馬鹿馬鹿しい…整備に行くわ」

提督「あ、満潮」

満潮「何よっ?」

提督「>>75

髪に海藻ついてるぞ

提督「髪に海藻ついてる」

満潮「えっ、嘘でしょ!?」ゴソゴソ

提督「ホントホント提督嘘つかない」

満潮「はぁー……」ペリッ

提督「それじゃ、頑張れよ」

満潮「はいはい。そっちこそ手ぇ抜くんじゃないわよ」

提督「…おう」

明日から海外行くことになりました
2、3週間更新できません

~執務室~

提督「………おはよー」ガチャ

シーン

提督「…暗っ…(何時だっけ、今)」

ガタッ

提督「っ(抜刀!)」バッ

チャキッ、カチャン

提督「………誰だ」

>>82「うぅ~………」グデー

北上さま

提督「北上?何やってんだお前……」

北上「ちょっと驚かそうとしたら落っこちちゃって…」

提督「気を付けろよ…」ハハハ

北上「…それ、しまってくれる?」

提督「あぁ、ごめん」

チャキッ…カチャン

北上「あー、腰痛い」

提督「おいおい?大丈夫か」

北上「…提督がぎゅってしてくれたら治るかもね」

提督「本当は大して痛くないな?」

北上「えっへへ」

提督「」

北上「>>84


今晩はここまで。お疲れ様でした

まあいいじゃん。細かいことはさ

海外(ハローワーク)

北上「まぁ良いじゃん?細かいことはさ」

提督「やれやれ…」クスクス

北上「あんまり気にしてると…ハゲるよ」

提督「えっ」

北上「気をつけてね」

提督「あ、あぁ…」

北上「それよりも」

提督「?」

北上「折角二人きりなんだから、他にあっても良くない?」

提督「何だ。誘ってるのか?」

北上「どう思う?」

提督「………」>>85

提督「」チュッ

北上「(…意外と優s)」

グイッ

北上「っ!?」ドサッ

チュッチュチュゥ ペチャクチクチュグチュッ

北上「ん、ふっ!んぅ~~っ!?」

プハッ

北上「けほっ…。ぁぁ…油断した」

提督「まだ足りない」ガシイッ

北上「えっ、ちょっとじょうだ」
チュウゥゥ
北上「んぅう~~っ!」

………

プハッ

北上「はっ……はあっ……はぁ…っ」

提督「良い顔してるぞ。北上」

北上「ホント、は…っ、良い趣味…してるよ、ね…」

提督「……」サワッ

北上「…しちゃう?」

提督「…………」

『仕事中でしょ?ほどほどにしなさいよね』

提督「……(うーん)」>>91

やめとく

提督「…やめておくよ」

北上「ん…そっか」

提督「何か、ごめん」

北上「ホントにね。…後で責任取ってもらうから」

提督「え」

北上「冗談冗談。…ご飯食べない?」

提督「そうだな…食堂行こうか」

北上「うん」

えー、行ってきます。
しばらく更新止まりますが見捨てないで!

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom