にこ「あんた達…キャラ作りはしてるの?」 (35)

にこ「って前にも聞いたけど…あんた達どうなってるの?」

穂乃果「え?キャラ作り?」

凛「凛は全然してないにゃ」

ことり「凛ちゃんは出来てる様な…」

真姫「にこ先輩の言う事だから冗談だと思ったわ」

にこ「なんでよ。アイドルにとってキャラは重要だって言ったじゃない」

海未「キャラ作りですか…」

穂乃果「う~ん…キャラ…キャラ…でも、面白いかも」

にこ「いい?試しに明日までに考えて来なさい」

花陽「わ、私に出来るかな…」

にこ「出来るかじゃなくてやるの!アイドルなんだから」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514106767

翌日

にこ「あの子達…ちゃんとキャラ作りしてくるのかしら…」

ガチャ

穂乃果「おっはようにゃ~」

にこ「………」

穂乃果「今日もファイトだにゃ」

にこ「あんた…どうしたのよ?」

穂乃果「にこ先輩の言う通りキャラ作りしてきたにゃ」

にこ「いや…あんたね…」

ガチャ

海未「……ご、ご機嫌様…にゃ~」

にこ「海未…」

海未「は、恥ずかしい…」

穂乃果「おお!海未ちゃんもキャラ作りしてきたにゃ。しかも、猫耳まで用意してるにゃ。可愛いにゃ」

にこ「いや…」

ガチャ

真姫「おはよう」

にこ「あっ、真姫…あんた、キャラ作りは?」

真姫「え?してるわよ」

にこ「いや、変わってる様には見えないけど…どこら辺が?」

真姫「パンサー」

にこ「パンサー?」

真姫「そうよ。パンサーよ。ヒョウよヒョウ」

にこ「あっ、そう。どこら辺がパンサーなのよ…」

ガチャ

ことり「おはようございます」

にこ「今度は…ことり…」

ことり「ちゃんとキャラ作りして来たにゃ~」

にこ「………」

ガチャ

凛「おっはよう~」

花陽「おはようございます」

にこ「凛…花陽…」

凛「にゃ~今日もテンション上がるにゃ~」

花陽「そ、そうだね…」

にこ「あんた達…それは…なに?」

凛「凛のキャラは猫娘にゃ」

花陽「私のキャラは…凛ちゃんが決めたんだけど…」

凛「鬼太郎だにゃ」

穂乃果「おお!流石仲良しコンビ」

真姫「…二人で合わせて来るなら私にも言ってくれれば良かったのに…」ボソッ

穂乃果「え?何?」

真姫「何でもないわよ」

にこ「………集合」

穂乃果「え?何?じゃなかった。何にゃ~」

にこ「穂乃果?あんたのキャラをもう一度聞いていい?」

穂乃果「猫だよ」

にこ「海未は?」

海未「猫です」

にこ「ことりは?」

ことり「猫ちゃんです」

にこ「真姫は?」

真姫「パンサー」

にこ「で?」

凛「凛が猫娘でかよちんが鬼太郎だにゃ~」

にこ「被ってるんだけど」

穂乃果「え?」

にこ「キャラが被ってる。被ってるしキャラ作りってそう言う事じゃないわよ。海未やことりに至ってはただのコスプレ」

ことり「ごめんね。猫耳しか借りれなくて」

穂乃果「え?どこで借りたの?」

ことり「え?それは…」

にこ「とにかく…全員猫ってどう言う事よ」

海未「確かに…薄々そうかなとは思ってましたが…」

にこ「薄々なの?って言うか元々凛が猫キャラなのにどうして猫を選んだのよ?」

穂乃果「あ~、そっか。普段凛ちゃんを見てるから猫キャラが真っ先に浮かんだんだ」

海未「確かに…それはあるかもしれません」

にこ「あんた達ねぇ…スクールアイドルやる気あるの?」

穂乃果「」

穂乃果「あるよ。海未ちゃんなんか恥ずかしがりながらやってるのに。ね?」

海未「え、ええ…」

にこ「いや、そうだけど…」

真姫「全く…」

にこ「いや…あんたもよ?」

真姫「え?」

にこ「いや、あんたもだから」

真姫「私は何もしてないでしょ」

にこ「それよ。パンサーだとか言ってるだけで普段と何も変わってないじゃない。何?あんたは普段からパンサーなわけ?」

真姫「それは…」

にこ「パンサーキャラって意味わからないから。って言うか結局パンサーもネコ科なんですけど」

穂乃果「おお!にこ先輩物知り~」

海未「誰でも知ってますよ…」

にこ「凛、花陽」

凛「はい」

花陽「はい」

にこ「凛は普段のままで良かったのよ。なんで余計な事するのよ。猫娘って。猫だけで良かったのよ。妖怪要素はいらなかったのよ」

凛「え~凛だって皆んなとやりたかったです。仲間ハズレは嫌にゃ~」

にこ「結果あんたの仲間増えてるから…。で?花陽…あんたはアイドルの事を分かってると思ってたんだけど。唯一誰とも被ってないけども…アイドルだって言ってるのに顔を隠してどうするのよ」

花陽「それは…」

凛「かよちんは凛が無理矢理説得したんです。かよちんはずっと違うって言ってました」

にこ「じゃあ、なんで無理矢理説得したのよ」

凛「だって…凛とかよちんはセットだから…」

にこ「だいたい鬼太郎と猫娘って。既にあるものを使わないの。分かった?全員やり直しよ。アイドルのキャラ作りって物をちゃんと理解しなさい」

翌日

にこ「はあ…あの子達。よくあんなんでやって来れたわね。結果的ににこがメンバー入りして正解だったわね」

ガチャ

穂乃果「………おはよう」

にこ「あら。おはよう。何?キャラ作りして来たの?」

穂乃果「別に…」

にこ「何よ?して来てないの?あんたねぇ」

穂乃果「そんな事言ってないでしょ」

にこ「は?して来たわけ?って言うかなんでそんなに機嫌が悪いのよ?」

穂乃果「別に…にこ先輩には関係ない」

にこ「いや…関係あるわよ。雰囲気悪くなるじゃない」

穂乃果「にこ先輩に言われたくない」

にこ「なんですってぇ」

穂乃果「ふん」

にこ「あんた………もしかして、それキャラ作り?」

穂乃果「だったら何?」

にこ「穂乃果…それはどう言うキャラなの?」

穂乃果「ツンデレだけど?何?ダメなの?」

にこ「デレは?デレ要素は?」

穂乃果「は?」

にこ「あんたのそれ…ただの感じの悪い人よ」

穂乃果「え?感じの悪い…」

ガチャ

海未「ご機嫌様」

にこ「来たわね、海未…」

海未「あ、あの…実は今日クッキーを焼いて来まして」

にこ「え?クッキー作って来たの?」

海未「はい。あの…穂乃果か。あ~んして食べさせてあげます」

穂乃果「え?」

海未「あ~ん」

穂乃果「え?え?海未ちゃん?」

にこ「ちょっと、ストップ」

海未「どうしました?妬いているのですか?私が焼いてきたのはクッキーですが…」

にこ「何言ってんのよ。海未?あんた、もしかしてそれキャラ作り?」

海未「はい。その通りです。クッキーだけでなくキャラも作って来ました」

穂乃果「え?何?駄洒落を言うキャラ?穂乃果は今、海未ちゃんが駄洒落を連発してるのに結構驚いてるんだけど」

海未「いえ、違います。私なりにキャラ作りを勉強して来ました。ツンデレキャラと言うものです」

にこ「ツンはぁぁぁぁ?」

海未「へ?なんです?急に大声を出して」

にこ「ツンデレのツンはどうしたのよ?穂乃果にデレデレしてクッキー食べさせてただけじゃない」

海未「ああ…そうですね。忘れていました。別ににこ先輩の為に作って来たんじゃないんですからね」

にこ「いや…あんた。まだ、にこ食べてないし。それ、ただにこに意地悪してるだけだから。ツンとデレを別々の人にやっちゃったらダメでしょ」

海未「意地悪なんて…そんなつもりは…は!?だったら、にこ先輩も食べればいいじゃないですか。穂乃果、あ~ん」

にこ「穂乃果にもツンツンしなさいよ」

穂乃果「まあ、普段されてるから。ツンツンと言うか厳しくと言うか」

にこ「って言うかあんたに至ってはキャラ戻ってるし…」

穂乃果「え?ああ…にこ先輩に言われる筋合いはない」

にこ「いや、だからツンは?」

穂乃果「してるじゃん」

にこ「ああ…そっか…ツンがないのは海未で穂乃果はデレがなくて…ややこしい…ややこしいわよ」

海未「にこ先輩…大丈夫ですか?」

にこ「あんた達のせいよ」

ガチャ

真姫「おはよう」

穂乃果「あっ、真姫ちゃん」

真姫「朝から騒がしいわね」

にこ「何よ?来てそうそう文句?」

真姫「別に…」

にこ「別にって…あんたキャラ作りは?」

真姫「ああ…よくよく考えたら何で私がそんな事しなきゃならないのよ」

にこ「あんたねぇ…」

真姫「まあ、にこ先輩がどうしてもって言うならやってあげても…」

穂乃果「おお!何だ。真姫ちゃんもキャラ作りして来てるじゃん。それこそツンデレってやつでしょ?」

海未「そうだったのですか?」

真姫「はあ?何言ってるのよ」

にこ「違うわよ、穂乃果」

穂乃果「え?」

にこ「真姫は素でこれなのよ」

真姫「だから、何を言って…」

ガチャ

凛「おはよう」

穂乃果「凛ちゃん」

海未「何かいつもと雰囲気が違いますね」

にこ「凛…キャラ作りして来たのね?あんたはそのままでも十分キャラがたってるのに」

凛「私だけ仲間ハズレなんて…ミトメラレナイワァ」

にこ「いや…あのお堅い生徒会長の真似じゃない。キャラ作りじゃなくてモノマネじゃない」

真姫「って言うかあの生徒会長はそんな馬鹿みたいな事言わないでしょ」

凛「モノマネじゃないわ。参考にしたの」

にこ「どっちにしてもよ」


ガチャ

ことり「おはよう~」

穂乃果「あっ、ことりちゃん。キャラ作りして来た?」

ことり「うふふ。うふふふ。うん。うふふ」

にこ「それは…何キャラよ?」

ことり「うふふふ。不思議ちゃんキャラです。うふふふ」

穂乃果「おお!不思議ちゃん。いいねぇ、不思議ちゃん」

ことり「うふふふ」

にこ「まあ、イメージ通りっちゃあイメージ通りだけど…」

ガチャ

花陽「おはようございます」

凛「あっ、かよちん来たにゃ…かよちんが来たわ…」

真姫「生徒会長は絶対にかよちんなんて言わない。そんなキャラじゃ絶対ない」

にこ「花陽…あの…一つ聞いていい?あなたのその格好は何?」

花陽「あの…その…お米農家です」

にこ「それは…キャラ作り?」

花陽「はい。色々考えて自分が好きなアイドルと自分が好きなお米を合わせたらどうかなって」

穂乃果「へ~花陽ちゃんはお米が好きなんだ?」

花陽「はいっ」

にこ「そう。分かったわ」

穂乃果「おお!じゃあ、今日こそキャラ作り成功なのかな?」

にこ「そんな訳ないでしょ。ツンデレ、ツンデレ、ツンデレ、生徒会長の真似、不思議ちゃんにお米農家って。どんなグループよ。バランス悪いわよ。ツンデレがグループ内に3人いるってどう言う事よ」

真姫「なんで私もツンデレキャラになってるのよ…」

穂乃果「ええ?またダメなんですか?」

にこ「当たり前よ。しかも、あんたさっきから普通に喋ってるし。花陽のお米農家って何なのよ?どこの世界にアイドルと農家を掛け合わせるグループがいるのよ。ことりの不思議ちゃんキャラもまともなメンバーの中に一人いるから際立つんだからね」

花陽「や、やっぱりダメかな…」

にこ「ダメよ。成功するビジョンが見えない」

凛「それはにこ先輩の見る目がないんじゃないかにゃ~」

にこ「はあ?あんたに言われたくないのよ。やり直しよ。やり直しぃぃぃ」

穂乃果「え~、またぁ」

翌日

にこ「はあ…あの子達…もう少しまともにキャラ作り出来ないのかしら。流石ににこみたいに完璧には無理でももうちょっとなんとか…」

ガチャ

穂乃果「おはようさん」

にこ「は?」

穂乃果「何や、にこ先輩。もう、来ったんや。ぼちぼちでんな~」

にこ「あんた…それは何よ?」

穂乃果「関西弁キャラです」

にこ「関西弁…大阪って事?」

穂乃果「さあ?とにかく関西弁です」

にこ「あのさ…」

穂乃果「ん?どないしたん?」

にこ「あんたのエセ関西弁。凄いムカつくわよ」

穂乃果「ええ?ほんま?」

にこ「ほんま」

ガチャ

海未「おはようございます」

にこ「海未…あんたは一体どんなキャラ作りをして来たの?」

海未「ああ…キャラ作りどすか?」

にこ「何となく今ので分かったけど」

海未「私のキャラ作りは…思い切って京都弁にしてみました」

にこ「やっぱり。って言うか上手っ。あんた京都弁上手いわね。希の関西弁より自然に入ってくるわ」

穂乃果「え?穂乃果は?」

にこ「あんたは不自然よ」

ガチャ

凛「邪魔するで~」

にこ「邪魔するなら帰って~。ってあんたも関西弁なんかい」

穂乃果「おお…オーソドックスなツッコミ」

凛「なんや。ウチに文句でもあるんかいにゃ」

にこ「関西弁かネコ語かどっちかにしなさいよ」

凛「にゃ。いつの間に…」

にこ「もういいわよ」

凛「どうもありがとうございます…。にこ先輩もやってよ」

ガチャ

ことり「おはようございます」

穂乃果「ことりちゃん!ことりちゃんはどんなキャラで来たの?」

ことり「え?私…私は普通だよ?」

にこ「え?何?キャラ作りしてないの?」

ことり「えっと…私は…皆んなは…何しようと?」

穂乃果「関西弁だよ」

海未「私は京都弁です」

凛「大阪弁にゃ…や」

ことり「そうだったんだ」

にこ「いや、ちょっと待ちなさい」

ことり「え?どうしたの?」

にこ「今の何よ?」

ことり「え?何が?なんか変やった?」

にこ「それよ。今のよ」

穂乃果「おお!ことりちゃんも関西弁にしたんや」

ことり「え?違うよ?私は関西弁は喋らん…喋らないよ」

穂乃果「え?そうなんだ」

ことり「うん」

にこ「おかしいでしょ。どうして、ちょくちょく博多弁が出てくるのよ」

ことり「あっ、それは…私は博多弁キャラをやってみようかなって」

にこ「だったら普通にやればいいじゃない。どうして、普段標準語なのにうっかり博多弁が出ちゃった感じにするのよ。何?あざといキャラなの?可愛いけど。ことりがやると凄い可愛いけども」

ことり「ち、違うよ。私は普通に博多弁キャラで…」

ガチャ

真姫「good morning」

にこ「はあ?真姫?」

真姫「What the heck?」

穂乃果「英語?」

凛「凛が一番嫌いな奴にゃ」

にこ「いやいや、待ちなさいよ。日本語で喋りなさいよ」

真姫「なによ。にこ先輩がキャラ作りとか言うから…」

にこ「英語キャラでいこうと思ったわけ?」

真姫「そうよ。いけない?」

にこ「あのねぇ…アイドルやタレントの英語キャラってのは日本語に英語を少し混ぜて話したりだとか。英語だけだと何言ってか分からないでしょ?」

真姫「それはにこ先輩が勉強不足なのよ」

ガチャ

花陽「おはようございます」

凛「あっ!かよちん!」

にこ「花陽…今回はちゃんとキャラ作りして来たんでしょうね?」

花陽「う、うん。お、オラ、ちゃんとキャラ作りして来たズラ」

にこ「ズラ?」

花陽「ズラ」

にこ「…はい。分かりました」

穂乃果「おお!今回はいい感じなのかな?」

にこ「んなわけないでしょ」

凛「ええ?何がダメなの?」

にこ「μ’sは東京のスクールアイドルでしょうが。なんで、グループ内に関西弁が4人居るのよ」

ことり「何言いようと?……私は博多弁だよ」

にこ「にしてもよ」

穂乃果「え~、ことりちゃんの博多弁可愛いじゃん…可愛いですやん。可愛いですやーん」

にこ「あんた、本当にムカつくわよ?」

穂乃果「え?」

にこ「真姫に至っては英語だし、花陽に至ってはどこの方言ですか?」

花陽「えっと…静岡かな?」

にこ「どうして、東京出身なのに方言使おうとしたのよ?キャラ作りってそうじゃないから。やり直し!」

穂乃果「え~。またぁ」

翌日

にこ「はあ…まったく…疲れたわ」

ガチャ

穂乃果「おっはようございまーす」

にこ「ああ…おはよう」

穂乃果「今回はにこ先輩が納得のいく感じに出来ましたよ」

にこ「本当に?」

穂乃果「うん。色だよ色。無理にキャラを作らずにメンバーのイメージカラーとかを作るんだよ」

にこ「なによ。穂乃果にしては良い考えじゃない」

穂乃果「皆んなで相談したんです。今回で最後にしようって」

にこ「そうなの。で?穂乃果は?」




穂乃果「穂乃果はオレンジです」

にこ「おお!良いじゃない。良いわよ。すごくいい。なによ、やれば出来るじゃない」

穂乃果「ふふっ、でしょ~」

ガチャ

真姫「おはよう」

穂乃果「真姫ちゃん。おはよう」

にこ「真姫。あんた、今日は考えて来たの?」

真姫「もちろんよ。その感じだとイメージカラーの事聞いたのね」

にこ「ええ。真姫?あんたのイメージカラーは?」

真姫「赤よ。私のイメージカラーは赤以外考えられなかったわ」

穂乃果「おお!赤!確かにイメージにぴったり」

にこ「ま、まあ。良いんじゃない?若干、穂乃果のオレンジと似てる感じがするけど」

真姫「オレンジと赤は全然別物じゃない。赤系統って言えば確かに赤系統かもしれないけど」

にこ「まあ…ちなみににこなら色は絶対にピンクだから。これまた、赤系統だけどそれだけは譲れないから」

穂乃果「まあ、うん。ギリセーフだよね」

真姫「そうね」

ガチャ

海未「ごきげんよう」

穂乃果「海未ちゃん。何色?」

にこ「何色にしたの?」

海未「ちょ、いきなり何ですか」

にこ「イメージカラーよ」

海未「ああ、昨日の話ですね。赤紅色にしました」

にこ「何でよ。なんでそうなるのよ」

海未「へ?」

ガチャ

ことり「おはようございます」

にこ「ことりは何色?」

ことり「え?え?」

にこ「イメージカラーよ」

ことり「ああ…ことりは桜色にしました」

にこ「桜色?」

ことり「はい。桜色です」

ガチャ

花陽「おはようございます」

凛「おっはようにゃ~」

にこ「あんた達?何色にしたの?」

穂乃果「イメージカラーだよ」

凛「凛は赤色にしたにゃ」

花陽「私は茜色にしました」

にこ「ぬぅあんでよ」

凛「え?」

花陽「だ、ダメですか?」

にこ「偏ってるから。穂乃果のオレンジは納得よ?イメージあるから。真姫の赤もまあ納得だわ」

海未「じゃあ、何が納得いかないのです?」

にこ「あんたよ。一番はあんた。海未はどう考えても青でしょ」

海未「何故です」

にこ「名前が海未なんだからイメージカラーも青でいいでしょ。

海未「そんな安直な…」

にこ「じゃあ、逆に聞きます。なんで、えっと…」

海未「赤紅です」

にこ「それ。赤紅色なんか選ぶのよ。なんなのよ、赤紅って。鮭?鮭かなんか?」

海未「それは紅鮭では?」

にこ「なんでもいいけど。あんたは絶対に青だから」

海未「はあ…」

にこ「全体的に被ってんのよ。赤系統に。凛とか花陽とか絶対に赤系統じゃないから。イメージないから。昨日話し合ったんじゃなかったの?」

穂乃果「イメージカラーを決めて来ようってとこまでは」

にこ「どうしてその先まで考えが至らないのよ」

真姫「そんな事言ってにこ先輩だってピンクなんでしょ?ことり先輩と被ってるじゃない」

ことり「そうだったんですか?」

にこ「それは…にこは昔からピンクって決まってるのよ」

凛「そんな事言ったら凛だって昔から赤って決まってるにゃ」

花陽「そ、それは初めて聞いたような」

にこ「もう、やり直しよ。今回もやり直し」

穂乃果「え~またぁ」

数ヶ月後

絵里「にこ。私なりにアイドルについて調べたんだけど…」

にこ「え?何?」

絵里「アイドルってやっぱりキャラ作りとかしなきゃいけないみたい」

希「いや、そうとは限らないやろ」

絵里「でも、μ’sも試しにやってみたら…」

にこ「いや…やめましょう。μ’sのメンバーは元々個性が強いから…キャラ作りは必要ないってわかったから」

絵里「そうなの?でも、私は…」

希「大丈夫やって。えりちも結構個性強いから」

にこ「あんたもね」


このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom