勇者「ドラゴンハート」 (185)


魔王「ほう、この子供が勇者だと?」

少年「う……あ……」ガタガタ

奴隷商「疑うのであればこの勇者の紋章をご覧ください」

魔王「ふん、まさか商人風情が勇者を生け捕るとはな」

奴隷商「もちろん様々な困難がございましたがそれはそれ」

奴隷商「偉大なる魔王様が地上侵略を計画中と聞き、及ばずながら何かお手伝いできないかと…」

魔王「よく回る舌だがまあ良い。誰か、この者に望むだけの褒美を与えよ」

家臣「はっ!」

奴隷商「商談成立ですな。さすれば〝これ〟は魔王様のモノでございます」

魔王「ふふ、まずは目障りな紋章を消すか。焼印の用意は?」

家臣「こちらに」

魔王「皆も心得よ!この者、この時より勇者にあらず!!」


ジュウゥゥゥ!!!

少年「ぎゃあぁぁぁぁ!!!」


魔王「我が、奴隷なり!!」

 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513778406


【数年後 魔界闘技場】

道化「レディースあ~んど、ジェントルメン!!」

道化「今宵、皆さまがご覧いたしますわ勇者様の一大スペクタクルショー!」

観客「「「ブーー!ブーー!」」」
観客「しね勇者!」ポイ

奴隷「・・・・」ベシャ

道化「はいはい、モノ投げない」

道化「対するは神話の時代からの生きた伝説」

道化「鋭利な爪はあらゆる盾を切り裂き、強固な鱗はあらゆる剣でも傷付けず、空を飛び、地上を焼きつくす…」

道化「最古にて最強、そして、おそらくは最後の一頭」

道化「ドラゴンの登場だ!!」

ドラゴン「グオォォォ!!!」

観客「「「うおぉぉぉ!!!」」」
観客「すげえ」「かっけえ!」
観客「勇者なんかぶっ殺せ!」

奴隷「・・・・」
 


道化「さあ、両者構えて」

ドラゴン「グルル」

奴隷「・・・・」

道化「おい、もうちっとやる気見せろ」ボソッ

道化「あんま呆気ないと惨めな姿を期待した皆さんから苦情出んだよ」

奴隷「・・・・」

道化「チッ!しゃ~ない!ドラゴンさん、やっちゃってください!!」

ドラゴン「グオォォォ!!」ドスドスドス

奴隷(やる気を見せろ?)

奴隷(戦い方もわからず、どうやって見せろってんだ!!)

ドラゴン「ふん!」
ドゴッ!

奴隷「がはっ!」

奴隷(ほら見ろよ、一撃で腕が折れたぞ)

奴隷「げふっ、ごほっ!」

ドラゴン「・・・・」ギロッ

奴隷「ひい!」

奴隷(ぼろい剣でこんなんが斬れると思ってんのかよ…)

ドラゴン「・・・・」

観客「いいぞドラゴン!そのまま殺せ!」
観客「殺せ!」「殺せ!」「殺せ!」「殺せ!」

奴隷(もういいや、どうせ、だれも、おれなんて……)


ドラゴン「情けない…」


奴隷「え?」

ドラゴン「少しは、期待したんだがな…」


グ シ ャ !

 


奴隷「」

オーガ「よいしょ」ポイ

奴隷「」ドシャ!

ゴブリン「ったく、オレラも闘奴だぜ?死体運びまでやらすんじゃねえってえの」

奴隷「」

オーガ「運んだの、俺だぞ?」

ゴブリン「いいんだよ。そのでっかい図体の正しい使い方じゃねえか」

オーガ「こいつ、どうする?」

ゴブリン「水汲んでぶっかけてやんな」

オーガ「わかった」

奴隷「ごほっ!」

ゴブリン「あ、生き返った」

オーガ「水汲んで来たぞ」

ゴブリン「よ~し、ぶっかけろ」

オーガ「わかった」

バシャッ!

奴隷「・・・・」ポタッ

ゴブリン「よう、起きたな。生き返るとはうらやましい」

ゴブリン「だが女神の加護は健在だろうが、闘技場のど真ん中で踏まれ続けてたのを運んでやった、こいつに礼の一言でも…」

奴隷「・・・・」ヨロッ

ゴブリン「お、おい…」

奴隷「」スタスタ

ゴブリン「行っちまった…」

オーガ「ケガ、治ってたな」
 


奴隷「・・・・」スタスタ

「あ、おい…」
「チッ、あれだけやられてピンピンしてら」
「忌々しい」「化物が」

奴隷(見世物にされて数年)

奴隷(好き勝手言うだけの連中にも慣れた…)ゴロン

奴隷(部屋の隅で体を丸めて、耳を閉じてなにもかもやり過ごせば…)



ドラゴン「どっこいしょ!!」ドスン!

奴隷「!!」

ドラゴン「隣座るぞ」

奴隷「・・・・」

ドラゴン「大量♪大量♪」っレタス

ドサドサドサ

奴隷「・・・・」

ドラゴン「食べるか?」モシャモシャ

奴隷「・・・・」

ドラゴン「まったく、1個だけだぞ?」

っレタス

奴隷「いらん…」

ドラゴン「ん?言っとくがこれ以上はやらんからな」

勇者「いらんって…」

ドラゴン「・・・・」

奴隷「・・・・」

ドラゴン「はぁ…」

っレタス(2個目)

奴隷「おい」

ドラゴン「わかっておる、確かに農作物は日の差さぬ魔界では貴重品だ…」

ドラゴン「だがな、食べ盛りが遠慮などするな」

奴隷「いらないって言っでりゅんだ!!」

「噛んだ?」「噛んだぞ」
「普段喋らないから…」
「急に大声出して噛んだ!?」

奴隷「////」
 


奴隷「・・・・」プイッ

ドラゴン「まあそう言わずもらってくれ」

ドラゴン「なんせ、先ほどお前さんと戦った報償金で得たレタスだからな」

奴隷「・・・・」

ドラゴン「くっくっくっ、一方的でつまらん試合に見合わん、驚くほどの金額に気が引けてな」

奴隷「……俺が、」

ドラゴン「うん?」

奴隷「俺が、ぼろぼろになるほど、魔王が喜ぶんだよ」

ドラゴン「ふむ、自分に仇なす勇者が魔物相手に手も足も出ぬのは愉快かも知れんな」

奴隷「…やっぱりな」

ドラゴン「ん?」

奴隷「たまにいるんだ、勇者の肩書きに釣られて来るのが」

ドラゴン「儂がか?」

奴隷「ああ、女神の加護だか知らんが、どいつもこいつも期待するだけ期待して…」

ドラゴン「くっくっくっ…」

奴隷「勝手に失望して消えて……何笑ってんだ?」

ドラゴン「くはっ!幾百万を超える歳月を生きた儂が新参ぺてん師のおちからを期待していると言うか?」

奴隷「どういう意味だ?」

ドラゴン「くだらんという事だ。儂も神とは縁があるが拝む価値なしだ」

奴隷「…それじゃあ、なんで俺なんかに話しかけてきた?」

ドラゴン「それは…


衛兵「全員、静まれ!!」
 


ドラゴン「ん?」

衛兵「静まれ!静まれ!!」

衛兵「おそれ多くも魔王様がご息女、姫様が貴様らに治癒魔法をかけてくださる」

衛兵「傷ついた者は軽微にかかわらず名乗り出よ!」

姫「よ、よろしくお願いいたします…」

「姫さま…」
「ありがとうございます」
「お腹さわって…」
「はあはあ、なでなでして…」


ドラゴン「ふむ、列に並ばんのか?」

奴隷「すぅ…すぅ…」

ドラゴン「おや?」
 


ドラゴン「さっきまで起きておったがどうした?」

奴隷「す~~す~~」

ドラゴン「ふむ、急な昏睡状態はいかんな。もしや強く殴りすぎたか…」

奴隷「す~」

ドラゴン「それとも、可愛い姫の前に出るのは照れるのか?」

奴隷「!!」

奴隷「げふっ!げふっ!ごほっ!げふっ!」

ドラゴン「ふ~~~ん」ニヤ----リ

「姫さま~」
「ぼくも」「わたしにも…」

姫「あ、あの…、ちゃんと全員治療しますからおとなしくしてくださいね」

ドラゴン「ふむふむ、このタイミングで眠るとは残念だ。あの魔王の娘とは信じられぬ、可憐な姫君だというのに」

奴隷「ぐ~!ぐ~!」

ドラゴン「それに見ろ、あの細く美しいくびれから下に続くなめらかな曲線…」

奴隷「ぐ~」

ドラゴン「まさに男を虜にする造形美よ!」

奴隷「ぐ~…」

奴隷「」チラッ

ドラゴン「気が合うな、勇者も尻派か?」

奴隷「ぅぁ.....」

ドラゴン「くっくっくっ」ニヤニヤ
 


姫「あ、あの…」

ドラゴン「おおっ♪」

姫「よろしければ、治療しましょうか?」

ドラゴン「どうぞどうぞ♪」グイッ

奴隷「ぐ~」フルフル

姫「それとも…ご迷惑でした?」

奴隷「ぐ~」コクコク

ドラゴン「とんでもない!」ガシッ!

奴隷「ぐっ!」ボキッ

ドラゴン「繁殖期のオスが同世代のメスに話しかけられて迷惑などとあるはずがありましょうか?」

ドラゴン「彼の態度はお気になさらず、求愛用の巣を黄金で飾り付けできなくて照れておるのです」

奴隷「」

姫「は、はぁ…」

衛兵「姫様、お待ちを、この者はよいのです」

ドラゴン「ああん?」

姫「え?ですが、先ほどの試合では目を背けたくなるような大怪我をおっていたではありませんか」

ドラゴン「そうだそうだ~!」

衛兵「姫様もこいつが誰かご存知のはず、本来はお父上に仇なす勇者なのです」

姫「でもね、折れた腕はきちんと治療しないと癖になってしまうし。潰された衝撃で内出血してるかもしれないでしょう?」

衛兵「だから何だと言うんです? 野垂れ死のうが関係ありません」

ドラゴン「黙れ小僧!! 貴様には姫様の慈愛に満ちたお心がわからぬか!!」


衛兵「おまえがやったんだろうが!!」

ドラゴン「それを言ったら…」ガクッ
 


ドラゴン「儂がどんなに強く、賢く、生命体として高位の存在だとしても、闘技場奴隷である以上命じられたら戦うしかないのです」シクシク

姫「ええ、つらいですよね」

ドラゴン「はい、竜とは本来は温厚で嘘を嫌う心優しき生物、誰も傷つけたくなどないのです…」

姫「それなのに父に無理矢理連れてこられて恨んでますよね」

ドラゴン「よいのです、姫様には命を助けていただき感謝しております」

ドラゴン「ですが儂で最後の一頭、死ねばこの世に何も残せぬ身にして。この少年が、何故か死んだ息子と重なってしまうのです」

姫「まあ!!」

ドラゴン「というわけで、思春期の若者が気になる異性の接近で慌てふためく様子を笑い、からかい、面白がる」

ドラゴン「などと、そんなことは全くなく、純粋な気持ちで心配しておるのです」

姫「まかせてください!」

衛兵「騙されてますよ!!」
 


衛兵「そろそろ部屋にお戻りになりませんと。魔王様より許された時間を過ぎてしまいます」

姫「衛兵、控えなさい」

衛兵「姫さま?」

姫「あなたはドラゴンさんがどんなにこの方を心配しているかわからないのですか?」

衛兵「はい」

姫「え?ほんとにわかりませんか?でも…」

衛兵「…ですが、姫様が一度言い出したら聞かないのも知ってますから手短にしてください」

姫「……衛兵さん、ありがとう」

姫「それでは、はじめましょう!」

ドラゴン「はい!ベッタベッタ触って治療しましょう」グイッ

奴隷(いや!ダメだって!)

姫「は~い、じっとしててくださいね~♪」

奴隷(物心つくぐらいに誘拐されて。これが女子との初接触なんです)

姫「・・・・」す~

奴隷(近い!ヤバい!ニオイとか!もろもろヤバい!)

姫「ん…」ピトッ

ぽうっ

奴隷()ビクン!ビクン!
 


【30分後】

姫「思っていたより体内の損傷が蓄積して残ってましたね」

奴隷「」グッタリ

姫「あとは何か栄養のあるものが…」

ドラゴン「レタスがあります!」

ドラゴン「だがレタスは嫌いなようでな、姫様からも食べるよう言ってもらえませんか」

姫「ふふ、好き嫌いしちゃダメですよ」

奴隷「・・・・」

姫「じ~~~」

奴隷「……わかりました」

姫「ふふ、約束ですからね?」

ドラゴン「くっくっくっ」ニヤニヤ

衛兵「…姫様」

姫「は~い、それではお大事に」

ドラゴン「はは~!姫様の恩情はこのドラゴン、いつか必ずお返しいたします」ドゲザ

衛兵「・・・・」

ドラゴン「?」
 


ドラゴン「いつまで寝たフリしておる?もうとっくに行ったぞ」

奴隷「ぷはっ!!」

ドラゴン「息まで止めておったのか?情けない」

奴隷「お前ほんとなんなんだ!」

ドラゴン「子供にはわからぬだろうが、恋に恋する少年少女の背中を押してやるのが大人の義務というものなのだ」

奴隷「わけわからん!」

ドラゴン「まあ、今日のように情けない負け方してるようでは話にならんがな」

ドラゴン「もっと格好いいところを見せねば」

奴隷「戦うなと言われ続けて来たのに、格好つけかたなんかわかんねえよ!」

ドラゴン「儂でよければ教えてやろうか?」

奴隷「…聞けば強くなれるか?」

ドラゴン「何事もやってみなければわからんさ」

奴隷「そうだな…」

ドラゴン「どうやら負けん気は残っておるようだな」

ドラゴン「ならば自己紹介といこう。最古にて最強、そして最後のエンシェントエルダードラゴン」

ドラゴン「まあ、ドラゴンでいい」

奴隷「…奴隷。ただの、奴隷」

ドラゴン「よろしく、ただの奴隷」アクシュ

奴隷「…ほんとに強くしてくれるんだろうな?」

ドラゴン「勿論。竜の心臓にかけて、望むなら魔王にだってしてやろう」
 

今日はここまでです

こんな感じで勇者の下剋上風魔王堕ちを目指していこうと思ってます

乙ありがとうございます。更新します

映画俺も好きです


【翌日 魔界闘技場】

道化「レディースあ~んど、ジェントルメン!!」

道化「さあ、始まりましたるは勇者様の殺戮ショー」

道化「まぁ、ぶっちゃけ前座なんですが」

奴隷「・・・・」

キュイィィィン!!

奴隷「痛っ…」

『お…い……』

奴隷「頭が、痛い…」

ドラゴン『何を呆けておる?』

奴隷「え?」

ドラゴン『さあ、始まるぞ、準備はいいな?』

奴隷「え?は?なにこれ?」

ドラゴン『どうした!何か問題発生か!』

奴隷「頭ん中でおまえの声がすることだよ!!」

ドラゴン『ま、気にするな』

奴隷「気にするわ!!」

奴隷「え?呪い?病気的な何か?」

ドラゴン『すぐに分かるから前を見ろ。対戦相手が出てくるぞ』

道化「今宵の玩具は魔王様が御自ら作り上げた特注品」

道化「気性の荒いトロルを厳選し、瘴気をふんだんに吸い込ませてより巨大に!より狂暴に進化した!」

道化「ボストロルの登場だ!!」

ボストロル「ゴオオォォォ!!!」ガシャン!
 


ボストロル「フゴッ!フゴッ!」ガシャン!ガシャン!

道化「さあ、この鎖が切れた時!血に飢えた妖魔が今宵も勇者を血祭りに上げる」

ドラゴン『ふむ、さてどう戦ったものか』

観客「いいぞ~!勇者をぶっ殺せ!」
観客「今日もぶざまに死にな!」

ドラゴン『殺すと一口に言っても色々ある。あの巨躯だ、捕まったら一握りで圧死』

奴隷「おい」

ドラゴン『地面に叩きつけて、引き裂かれて、散々殴られて…』

奴隷「おい!」

ドラゴン『くっくっくっ…、まあ、なんだろうと即死だな』

観客「ま…

奴隷「もう黙ってろ!!」


シーーン


奴隷「あれ?」

観客「だ、黙ってろとは何様だ!」

観客「そうだ!さっさと殺されてしまえ!」
観客「死ーね」「死ーね」「死ーね」


ドラゴン『よく言った。ああいう手合いにはガツンと言ってやらんとな』

奴隷「今のわざとだな?」

ドラゴン『心外な、儂がそんな狡猾なドラゴン見えるか?』

奴隷「今までのなかで一番、狡猾に見える」

ドラゴン『だろ?つまり儂にまかせとけば勝てるってことだ』

ボストロル「フッゴ!」ギリギリ

ブツン!

ドラゴン『くるぞ!捕まるなよ』
 


奴隷「くそっ、簡単に言いやがって!」タッ


ドゴッ!


奴隷「あ…れ?」

ボストロル「ふご?」ポカーン

奴隷「…今の衝撃は?」

ドラゴン『おい、大丈夫か?』

奴隷「…殴られたのか?」

ドラゴン『いや、違うな』

奴隷「でも、なんで俺、壁に埋もれてんだ?」

ドラゴン『自分で後ろに下がっただろ?』

奴隷「下がったけどさ…、なんでボストロルがあんなに遠くにいるんだ?」

ボストロル「フガァァ!!」ドスドス

奴隷「とりあえず壁から出ないと!」グググ

ドラゴン『あ、待て!そんな力の調整も出来ぬうちに全力出せば…』

すぽーん

奴隷「うおぉぉぉ!!」

ひゅ~~ん…

奴隷「飛んだ!」

ドラゴン『正確には〝跳んだ〟だ』

ドラゴン『だから落ちる』

奴隷「へ?」

ベチョ!

奴隷「ぐふっ!」

ドラゴン『もっと地に足つけろ!筋肉を意識的に動かせ!』

ドラゴン『そんな有り様ではせっかく分け与えた儂の魔力が無駄になる』

奴隷「ちょっと待て!今の儂の魔力ってなんだ!」

ドラゴン『儂の魔力は儂の魔力だ』

ドラゴン『昨日の食事に〝竜の魔力〟を混ぜといた』
 




ドラゴン『つまり、竜の眷族になったのだ』


 


奴隷「け…けんぞく?」

ドラゴン『呆ける時間はないぞ!前を見ろ!』

奴隷「はっ!」

ボストロル「グオオォ!!」

ブオン!

奴隷「くっ」タッ

ドゴン!

奴隷「・・・・」パラパラパラ

ドラゴン『動くたびに壁に埋まる気か?いい加減馴れろ!』

奴隷「状況整理もままならないのに無理言うな…」パラパラ

ボストロル「フッゴッ!」ドスドスドス

奴隷「あれ?」ググッ

ドラゴン『どうした?さっさと逃げろ』

奴隷「抜けない…」グググ

ボストロル「フガァァ!!」

ブオン!


ドラゴン『もう間に合わん!腕を交差して防げ!』

奴隷「くっ!」サッ


ガキーン!


ボストロル「うが?」

奴隷「痛くない?」

ドラゴン『腕に生えた鱗が身を守ったからな』

奴隷「もうなんでもありだな…」

ボストロル「グガアアァァァ!!!」


ガキン!ガキン!ガキン!ガキン!ガキン!

奴隷「があ!」

ドラゴン『奴め、攻撃がきかんことにプライドを傷つけられたのか?がむしゃらに殴ってきおったわ』

奴隷「落ちついてないでなんとかしろ!」


ドラゴン『ならば深呼吸しろ』
 


奴隷「はあ!?」

ドラゴン『深呼吸だ』

奴隷「おまえ、ふざけ…」

ボストロル「グッガ…」

グッグッグッ…

ボストロル「グガアアァァァ!!!」

ブオン!


ガキーーン!!


奴隷「ぐっ…」ミシミシミシ

ドラゴン『攻撃きかずともそのままでは生き埋めだぞ?』

奴隷「だから…」

ドラゴン『だからこそ深呼吸だ!!』

奴隷「・・・・」スゥ

ドラゴン『まだまだもっと!』

奴隷「」スゥゥ

ドラゴン『恥や外聞は捨てろ』

奴隷「」フォォォ!

ドラゴン『まだだ!胸に溜めた空気を燃焼させるイメージで更に空気を取り込んでいけ!』

奴隷「」コオォォォォ

ドラゴン『ならば共に叫ぼう!』

ドラゴン『ドラゴンブレス!!』


奴隷「」カッ!


ゴオォォォ!


ボストロル「うが?」


チュドォォォォン!!!


ボストロル「グワアァァァ!!」
 


ボストロル「」フラフラ

ボストロル「」ドサッ

奴隷「」

道化「」

観客「」


シーーン…



ドラゴン『よし!』グッ!


奴隷「『よし!』じゃねえよ!!」
 


奴隷「なんか出た!なんか、口から、火の玉が!出たぞ!!」

ドラゴン『これぞ、必殺の竜の息吹《ドラゴンブレス》だ』

奴隷「ぺっぺっ、口の中が焦げ臭い…」

ドラゴン『下手だからな、始めてなら仕方ないが数をこなせば上達しよう』

奴隷「…今何処にいる?」

ドラゴン『ずっと後ろにいたぞ』
ドラゴン「ずっと後ろにいたぞ」

奴隷「そうか…。ところで、こうか?」コォォ

ドラゴン「違う違う、もっと息を丸める感じだ」

奴隷「こう?」コォォォォ

ドラゴン「だいぶ良くなった。儂の息吹は火球だからな、その形を作るように心がければ良い」

奴隷「そう…」コォォォォォォォォ!!

ドラゴン「それだ!そして叫ぶのも忘れるな」

ドラゴン「意外と軽視されがちだが儂は叫ぶことで簡単に身体のリミッターが解除できる説を侮ってはいかんと思うておる」

奴隷「わかった、やってみる」

奴隷「ドラゴンブレス!」カッ!




ドラゴン「oh」


チュドォォォォン!!!

 

今日はここまでです

書き溜めなくなったし筆遅いけど出来るだけ早く更新したいです


ドラゴン「」メラメラ

奴隷「確かに、叫んだ方が威力上がった気がするな」

ドラゴン『くっくっくっ…、まだまだ甘いな』

奴隷「なに!?」

ドラゴン『あれは魔力で作った分身だ』

ドラゴン「」ドロッ

奴隷「何処にいる!!」

ドラゴン『くっくっくっ…』

ドラゴン『はぁ~はっはっはぁ~!儂は昨日と同じ場所にいる!』

ドラゴン『心の準備が出来たらはやく来い』

奴隷「上等だ!聞きたいことが山ほどある」

道化「you win !」

奴隷「あ…」

道化「いや~びっくりしたよ、驚いたよ♪」

道化「壁まで一瞬で移動するかと思ったら飛んだり跳ねたり」

道化「あれ、鱗生えてたよね?」

道化「おまけに最後は口から火の玉…」

道化「ねえねえ、君と僕との仲だろ?ちょ~っと教えてほしいな~♪」

奴隷「・・・・」

奴隷(ガツンと言ってやらねば、か…)

奴隷「」スウ

奴隷「惨めな姿が見れなくて、残念だったな」

道化「なっ!?」

奴隷「じゃあな」タッ
 


奴隷「言ってしまった…」

タッタッタッ

奴隷「いや、今までの事を思えばあれぐらい当然だよな?」

ピタッ

奴隷「影響受けてる気がする…」


奴隷「・・・・」

奴隷(ま、まあ、悪い奴ではないよな?)

奴隷(魔力だっておかげで体が軽いし)ピョンピョン

奴隷「試してみるか…」

奴隷「走って」タッタッタッ

奴隷「壁走り」ダダダダダ

奴隷「そのまま天井走り」シュババババ

奴隷「天井蹴って床に着地」シュタッ

奴隷「・・・・ふふっ」

奴隷(ふぉぉ~!ちょう楽し~~いぃ!!)

奴隷(はっ!これもしかして空飛べんじゃない!?)

奴隷(あ、ありえる…、鱗生えるぐらいなら羽根も生えるでしょ)

奴隷(どうする?ドラゴンに聞けば…)

奴隷(いやいや、ないない…、文句言って結局喜んでるとか思われたらシャクだし)

奴隷「そう!これは実験!!」

奴隷「自分の、体の異変を確認するのは、とても大切!」

奴隷「すぅ~はぁ~~」

奴隷「いくぞ!」カッ!

ドラゴン「あ、おりましたぞ」

姫「奴隷さん」


奴隷「とりゃあぁぁぁ!!!」バッ!


 


奴隷「とりやあぁ……」

ドラゴン「・・・・」

姫「・・・・」

ドラゴン「…空は飛べんぞ」

奴隷「と、鳥や…草木が、生い茂り……」

姫「あ、あの…初勝利おめでとうございます……」

姫「その…ドラゴンさんが直接伝えたら喜んでくれるって」

姫「えっと、それから……」

姫「何も見てませんから!!」

奴隷「ぐ~」

ドラゴン「寝たふりするな」
 


ドラゴン「いやいや姫、これは儂が悪いのです」

奴隷「やめろ」

ドラゴン「説明もなく、あまりに一方的な魔力の譲渡」

奴隷「やめて」

ドラゴン「渡されたら使いたくなるは道理、つまり彼がとりゃあぁなどと 「ぷふっ!」

ドラゴン「?」

姫「つ、続けてください」

ドラゴン「彼がとりゃあぁと 「ぷぷ!」

ドラゴン「・・・・」

姫「なにか?」


ドラゴン「とりゃあぁぁぁ~~~~!!!!」バッ


姫「ぷっはぁ~~~♪」

姫「うっふっふっふ」

姫「あっはっはっは」

姫「ひぃひぃひぃひぃ………」

奴隷「」

姫「はぁはぁ…わ、わたし、急用を思い出したので…これで失礼します」

タッタッタッタッ

ドラゴン「とりゃあぁぁぁ~~~!!!」

プッハァ-

奴隷「」

ドラゴン「よし、一歩進展したな」

奴隷「黙れ」
 

今日はここまでです


ドラゴン「くっくっくっ…、そうむくれるな」

奴隷「うっさい」

ドラゴン「恋愛とは良い面ばかり見せてもいかんのだ、悪い面を見ても呑み込む度量がなければ長続きしないぞ」

奴隷「知るか!」

ゴブリン「おう、サンキュー」ポン

奴隷「?」

オーガ「ありが、と」

奴隷「なんだ?」

妖魔A「お、来たな」
妖魔B「はやく来いよ」
妖魔C「こっちだこっち」

奴隷「??」

闘士A「もう先食べてるぞ」
闘士B「食い溜めてるぞ」
闘士C「食べ終わったぞ」

奴隷「食べてる?」

コボルトA「みんな~肉追加持って来た~♪」

コボルトB「まだまだ報償金はヨユ―あるよ~♪」

コボルトC「全部、奴隷のおごりだよ~♪」


一同「「「ごちんなります!!」」」


奴隷「ちょっと待てーー!!」
 


奴隷「俺のおごりってどういうことだよ!」

ドラゴン「報償金は勝者の総取り、勇者が勝ってもちゃんと払われる」

ドラゴン「ひとりで使いきるには多い額だ」

奴隷「だからって、何でこんな奴らに!!」

ドラゴン「ふん」ベチッ

奴隷「痛っ」

ドラゴン「ま~だ、おまえはそんな事言って」

ドラゴン「隅で背中丸めていじけておって、彼等の何を知ったつもりになっておる?」

ドラゴン「おい、ゴブリン!」

ゴブリン「俺か?」

ドラゴン「そうだ。おまえは何故、ここにいる?」

ゴブリン「ん~…、弟とふたり、家の近くで遊んでたら瘴気浴びちまってさ」

ゴブリン「んで、気がついたらこんな姿よ」

ドラゴン「ところで、妖魔の大多数が瘴気を浴びて変異した元人間だが…、知っておったか??」

奴隷「……いや」

ゴブリン「んで、家追い出されてブラブラしてるとこを妖魔狩りに捕まってここに連れて来られたワケ」

ゴブリン「ちなみに、こいつが8才になる俺の弟」

オーガ「肉うまうま」ガブガブ
 


ドラゴン「コボルト」

コボルトA「わんわん!俺たち、城産まれ」

コボルトB「俺たち、城の地下で産まれる」

コボルトC「俺たちの母ちゃんは普通の犬」

コボルトD「母ちゃんが産んだら、瘴気を吸わせて妖魔にする」

コボルトE「それが、俺たち」

ドラゴン「他も様々な理由だが、望んでここにいる者はひとりもおらぬ…」

ドラゴン「そこは勇者と同じだろ?」

奴隷「だからなんだって!?仲間だから恵んでやれと?」

ドラゴン「はっはっはぁ~、それもいいな」

ドラゴン「戦士の代わりに妖魔パーティー引き連れて、魔王と戦うわけだ」

奴隷「バッカじゃねえの?」

ドラゴン「それはともかく、タダでくれてやるのではない。ちゃんと見返りは払ってくれるぞ」


「ほう、それは興味深い」
 




魔王「見返りが何なのか、余にも教えてくれ」


 


ドラゴン「ぬあ!魔王!」

魔王「ふっ」

ザシュ!

ドラゴン「ぐあぁ」

奴隷「ドラゴグッ!」

魔王「何を吹き込まれたか知らんが…」グググッ

奴隷「くっ…かっ…」

魔王「はっきり言うが、貴様程度脅威でも何でもない。殺そうと思えばいつでも殺せる」

魔王「生かしておいたのは滑稽な姿を民に見せ、余に逆らおうなどと馬鹿が考えぬようにだ!」ギリッ

奴隷「ぐっ……」

魔王「それを目先の勝利に浮かれ、自らの役割を忘れるならば用はない!」

魔王「この場で殺してやろうか!!」

ゴブリン「何も殺すこたあ…」

ザシュ!

ゴブリン「え?」

魔王「下等妖魔の意見など聞いてない」

ゴブリン「」ドサッ

オーガ「兄ちゃん!」

ゴブリン「ダメだ…来るな……」

魔王「…可哀想に、後を追わせてやろう」

ザシュ!

 


奴隷「はぁ…はぁ…」

魔王「・・・・」ポタッポタッ

奴隷「…これは?」

魔王「今度は爪が生えたか…」ペロッ


魔王「氷結魔法」

奴隷「うわあぁぁ!!」パキパキパキ

魔王「どうだ? 自力で砕かねば、そのまま氷に埋もれて死ぬことになるぞ?」

奴隷「ぐぅ…、くそ!」ガチガチガチ

魔王「氷像と化し、身の程を知れ。貴様は所詮その程度なのだ」

奴隷「ドラ…ゴ…ン……」カチカチ



ドラゴン「ぐおおぉぉぉ!!!」

ガシャーーーン!

魔王「何っ!」

ドゴッ!

魔王「ぐふぅ!」

ドラゴン「ぬぅん、りゃあぁぁ!」ブン!

ドゴン!ガシャン!ドガァン!ゴロゴロ!

魔王「くう…」ザザー

ドラゴン「ふぅ~」

ドラゴン「ま、この程度よ」ニィッ
 


魔王「やはり、あの場あの時に殺しておくべきだったか!」

魔王「ドラゴン!」

ドラゴン「おい、大丈夫か?」

奴隷「げほっ!ごほっ!…ゴブリンは?」

ゴブリン「はぁ…はぁ…」

ドラゴン「いかん、はやく姫を呼んで来い」

オーガ「わかった!」ダッ


魔王「今度は姫がなんと言おうと貴様を殺す!!」

ドラゴン「くっくっくっ…、やるなら早くやろう」

ドラゴン「娘に無様な格好を見せたくないだろ?」

魔王「無様な姿を見せるのは貴様だ!」

ドラゴン「ふん!」バッ!

魔王「出でよ、魔杖!」

ガキン!

魔王「やるな!」

ガキン!ガキン!

ドラゴン「魔王もな!」

ガキーン!

魔王「吹雪!」

ブュオォォ!

ドラゴン「効かん!」

魔王「馬鹿な!」

ドゴッ!

魔王「くっ…」

ドラゴン「どうした?攻撃が効かず動揺したか?」

魔王「氷壁結界!」

ドラゴン「くっくっくっ…」

ザシュ!

ドラゴン「良い事教えてやろう。氷は熱で溶ける」

ジュウゥゥ……

 


魔王「魔力で体内の熱量を高めて氷を溶かしたか」

魔王「膨大な魔力とそれに耐えうる強靭な肉体をあわせ持った竜族だからこそ出来る力業だな」

ドラゴン「そんな分析している余裕があるのか?」

ダン!

魔王「無論、余裕とは圧倒的な実力差から生まれるのだ」


魔王「凍てつく波動!」


ゴオォォォ!!


ドラゴン「ぐおぉっ!!」

フッ

ドラゴン「熱がかき消された!」

魔王「吹雪」

ザシュザシュザシュ!

ドラゴン「ぐわあぁぁぁ!!」

魔王「さあ、今一度不様に命乞いをしろ!」
 


ドラゴン「命乞いなど、誰がした!」グオッ!

ガキン!

魔王「ほう、下級魔法では耐えるか…。やはり頑丈だな」

ドラゴン「腕がなまったんじゃないか?」ニヤッ

魔王「大口は最上級魔法を浴びてから言え」

魔王「氷壁結界」

ドラゴン「そんな暇など…与えるか!!」

バキャッ!

魔王「残念だが、貴様の弱点は熟知している」

ドラゴン「言ってろ!」

バッ!

衛兵「…これはいったい?」

姫「父様?」

魔王「来たか」グイッ

姫「きゃあ!」ヨロッ

ドラゴン「ぬぉ、いかん!姫にあたる!?」

ピタッ…

魔王「まったく、その甘さには驚嘆する」

魔王「最上級氷結魔法」

ビュウゥゥゥ

ドラゴン「しまった!」ガチガチガチ

姫「ドラゴンさん!」

ドラゴン「儂は大丈夫です、姫はゴブリンを!」パキッペキッ..

魔王「世にも珍しい、竜の氷像は王の間に飾ってやろう」

ドラゴン「ぬぅ…」パキッパキッ

ドラゴン「」カチーン





ドラゴン『狙う相手を間違えるなよ』


奴隷「ああ、よく溶けるよう全力でいく」コオォォォ!


奴隷「ドラゴンブレス!!」カッ!


ドラゴン「」



チュドォォォン!!
 


ドラゴン「」メラメラ

ドラゴン「」プスプス

ドラゴン「」

奴隷「そんな…」

魔王「作戦は悪くなかった」

ドゴッ!

奴隷「がはっ!」

魔王「ただ、氷を溶かすには少しばかり火力が不足していた」

奴隷「もう一度!」コオォォォ!

魔王「氷結魔法」

奴隷「ゴォ!」パキパキッ

魔王「自分が勇者であると忘れられぬ哀れな奴隷よ」

魔王「未だ勇者の夢を見るなら、魔王として目を冷ましてやろう!」

奴隷「勇者だなんて、思って…な……い……」パキパキパキッ

奴隷「」





魔王「…そこを退け」

姫「嫌です!」
 

今日はここまでです

魔王無双は書いてて楽しいです


魔王「もう一度だけ言おう…」

魔王「魔王としての命令だ、そこを退け」


姫「嫌です」


魔王「そうか…」

魔王「警告はしたぞ」バチバチ

姫「父様…」

衛兵「ままま、魔王さま、お待ちを!」バッ!

姫「衛兵さん!?」

衛兵「わ、わた、わたしの任務は姫の護衛…も、もし、姫に何か危害を加える者がいるなら…」

衛兵「私が守ります!」

ベシーン!

衛兵「おうっふ!」

ゴブリン「ほっそい体だな、そんなんで魔王の攻撃喰らったら死んじまうぜ!」

衛兵「げほっごほっ…なにをする?」

オーガ「兄ちゃん、死んでない」

ゴブリン「おうよ、つまり盾になるなら俺が適任ってことよ!」

コボルトA「グルル!」

コボルトB「わん!わん!わん!」

妖魔「先越されたな」

闘士「ま、頭数は多いほうが良いわな」

ぞろぞろ…

魔王「貴様ら全員、何のつもりだ?」

ゴブリン「へ、甘く見たな魔王様。ここには姫様に命を救われた奴らがごまんといるんだぜ!」

オーガ「兄ちゃんは、特に多い」

ゴブリン「だからよ、魔王様」

ゴブリン「姫様に手え出すってんなら、ここにいる奴等全員が相手んなるぜ!」
 


妖魔A「ゴブリンが代表面してんのは気に食わねえが」ジャキ!

妖魔B「姫の為だ」

闘士A「右に同じ」ガチャ!

姫「いけません、皆さんが束になっても父には敵わないでしょう」

ゴブリン「そんじゃあ俺らが時間稼ぎますんで、姫はその間ドラゴンの旦那を氷から溶かすってのは?」

姫「無理です…」

衛兵「簡単に言ってくれるが魔王様の氷結魔法だぞ? 溶かすには膨大な魔力か深い魔術知識が必要なんだ」

ゴブリン「やべえ、打つ手ねえじゃん」

魔王「ふふふ、今ごろ気づいたか」

闘士A「焦んな!この人数で囲めばなんとかなんだろ」

闘士B「俺らには闘技場で戦い続けた経験値がある」

魔王「そんな脅しで、余が躊躇うと思ったか?」グオォォ!!!


ゴブリン「あ、駄目かもしんねえ」

オーガ「兄ちゃん!?」
 


魔王「全員まとめて氷漬けにしてやる! 」

魔王「最上級ひょっ
道化「膝カックン」


魔王「ぬぉ!?」カックン!

道化「か~ら~の~、鎖拘束魔法」


ジャラジャラジャラジャラジャラジャラ

ガッシャン!


魔王「道化、貴様…」

道化「睨まないでよ、魔王様」

道化「無理をすれば余計こんがらがっちゃいますよ?」

道化「鎖も、子供もね」
 


魔王「闘技場はどうした?」

道化「とっくにメインまで終わりましたが…。いやはや参った参った」

道化「メインまで全然盛り上がらないんだもの。こんなの初めてですよ」

魔王「それで? 何の用でこの場に現れた」

道化「だって、み~んな前座の勇者様を注目してるんだもん」

道化「噂になってますよ? 奴隷に堕ちた勇者がついに使命に目覚めた…、ってね」

魔王「だからこそ、こうして芽のうちに摘もうとしているのだ!」

道化「まったまた!魔王様は噂の怖さをご存じない」

道化「火のないところに煙はたたぬ。たった噂は七十五日も続きますよ?」

魔王「回りくどいな、何が言いたい?」

道化「メインイベント♪」

道化「生かすも殺すも客呼んで、衆人環視の場でつけまっしょう♪」
 


魔王「ふん、良いだろう。処分は明日のメインまでいったん保留とする」

道化「流石は魔王様。ほらほら、勇者様もお礼言って」

道化「火炎魔法」ボボボ

奴隷「うっ」ガクッ

道化「ほらね、勇者様も頭を垂れて感謝してますよ」

魔王「帰るぞ」

道化「は~~い♪」

奴隷「くそ、ドラゴン無事か?」

ドラゴン「・・・・」

奴隷「無事なわけないよな…」

奴隷「今出してやるよ」チャキ

ガキーン!

姫「…奴隷さん、無理です」

奴隷「くそ!くそ!」

ガキン!ガキン!

奴隷「くっそ!!」コオォォォ!!

奴隷「ドラゴンブレス!」カッ!

ドゴン!

ドラゴン「・・・・」

奴隷「くそ…やっぱり俺は、勝ったらダメだったんだ」

姫「奴隷さん…」


ドラゴン「」コオォォォ!!

奴隷「ドラゴン?」

ドラゴン「」ボフン!

奴隷「」ビクッ!

ドラゴン「」ジュウゥゥゥ~~

コボルトA「くんくんくん!肉の焼けたニオイがする」

コボルトB「わぉ?ほんとだ!」


ドラゴン「くっくっくっ…はぁ~はっはっはぁ~!」


ドラゴン「 復 活 !!」

ドラゴン「これぞ、氷河期を生き抜いた秘技《ドラゴンブレス体内撃ち》だ」ブスブス

ドラゴン「魔王の奴め、勝ちをゆずってやったのを気づかず得意げにしておった!」
 


ドラゴン「くっ、あ~~~~! 身体がきしむ!」ノッビ---

ドラゴン「やはり変温動物に氷属性はキツいな。体温奪われると急に眠くなっていかん」

奴隷「ふ~ん」

ドラゴン「何をむくれておる?」

奴隷「別に?ただもっと戦えたと思っただけ」

奴隷「ドラゴンブレスも使わずじまいだし、一撃必殺が聞いてあきれる!」

ドラゴン「そうは言うが不用意に室内でドラゴンブレスを放てば死人が出るしな」

ドラゴン「かといって威力を抑えるのも美学に反する」

奴隷「意味わからん」

ドラゴン「分かりやすく言えば〝無理な使用は喉を痛める〟だな」

奴隷「それなら分かる」

ドラゴン「機嫌はなおらんか?」

奴隷「…悔しくないのか?」

ドラゴン「くっくっくっ…」

奴隷「何だよ?」

ドラゴン「不思議と悔しいなどとこれっぽっちも思っとらん」

ドラゴン「何故かな?」

ドラゴン「代わりに悔しがってくれる者がいるからかな?」

奴隷「馬鹿じゃねえの…」
 


ドラゴン「馬鹿とはなんだ、馬鹿とは」

奴隷「馬鹿だろ、大馬鹿、馬鹿ドラゴン」

姫「ぷぷぷ」

衛兵「姫様、そろそろ戻りませんと」

姫「あ、そうでした! それでは失礼します」

ドラゴン「おお、姫様を巻き込んでしまいこのドラゴン…。返すべき御恩が増えてしまいました」

姫「恩だとか貸しだとか、気にしてませんよ」

ドラゴン「小僧もただの金魚の糞だと思っておったが、その身を盾にするとは見直したぞ」

衛兵「・・・・」

ドラゴン「ん?どうした?」

姫「あの…」

ゴブリン「あいつ女だぞ」

ドラゴン「!!??」

奴隷「いや、どう見ても女にしか見えないだろ」

オーガ「女だ」

コボルト「臭いでわかるぞ?」

ドラゴン「そうなのか?すまぬな、竜族から見れば人間の性別は分かりにくくてな」

衛兵「いや……」

ドラゴン「だから胸のふくらみで判断しておるのだ」

衛兵「なっ!?」

ドラゴン「だからせめて、せめてもう少し姫のように色気があればわかっただろうに…」

衛兵「殺す!我が家名にかけて、貴様に決闘を申し込む!!」

ドラゴン「は~~…、そうか、家系からくる遺伝か…」

衛兵「殺す!!」

姫「はいはい、行きますよ~」ズルズル

衛兵「姫、放してください!これはプライドの問題なんです!」ズルズル

ドラゴン「また遊びに来てくだされ」パタパタ

衛兵「魔王様に頼み、試合の場を用意していただくから楽しみにしてろ!!」

ドラゴン「ほら、勇者も」パタパタ

奴隷「いや、俺は…」

ドラゴン「ほらほら♪」ガシッ

奴隷「・・・・」パタパタ

姫「ふふふ」ペコ

ドラゴン「くっくっくっ…」

べしーん

奴隷「ごふっ!」

奴隷「げほっ、ごほっ…何で背中叩いた?」

ドラゴン「すごいじゃないか、今日だけで二歩も前進した♪」

奴隷「はぁ!?」
 


ドラゴン「昨日までは恥ずかしくて姫の前に出ることも出来なかった子供が」

ドラゴン「たった1日で姫の側にいながら最後まで寝たふりなどせずに談笑に加わる」

ドラゴン「それを前進と言わずなんと言おう」

奴隷「」

ドラゴン「背中を押す身としても実に感慨深い」

ドラゴン「そうだ、明日勝ったら赤飯を炊こう」

奴隷「言ってろ」

奴隷「だいたい、寝たふりじゃない! 本当に寝てたんだ!」

ドラゴン「うんうん、わかったわかった」

奴隷「それに明日の試合は勝ち目ゼロの実質、処刑だ」

ドラゴン「ほう、気付いていたか。感心感心」

ドラゴン「だが明日を楽しみにしていろ、儂が必勝法を伝授してやる!」
 


【翌日 魔界闘技場】

道化「レディース、あ~んど、ジェントルメン!!」

道化「奇跡の勝利から一夜明け、本日のメインイベント!」

観客「待ってました!!」
ワー ワー

道化「ありがとうございます! 本日、過去の入場者数を大幅に更新した 満 員 御 礼 !」

道化「大注目のあの人の前に、対戦相手から紹介だ!」

騎士「」チャキッ!

道化「魔王軍の精鋭のみで構成される親衛隊のニューカマー!」

道化「きーしーー!!」


騎士「」ドキドキ

観客「お前にかけたから負けんなよー!」

道化「そして、そして!」

ゴブリン「出番だぞ!」


道化「噂どおりの勇者か、はたまた奴隷か…」


道化「真価はこの試合の勝敗で判明する」


ドラゴン「行ってこい!」ドン!

奴隷「」ガシャン

E はがねのつるぎ
E はがねのたて
E はがねのよろい

奴隷「いっくぞ~!」

ダン!

道化「あ、まだ口上の途中で!」

奴隷「知ったことかぁ~!」

ガキィィン!!

 


騎士「ぐぉ…」

ギリギリギリギリ

騎士「馬鹿な、押されてる…」

奴隷「くっくっくっ…」

騎士「?」

奴隷「はぁ~はっはっはぁ~!」

奴隷「軽い!」

ガキィン!

騎士「ぐおぁ!」

奴隷「どうしたどうした~!オーガの一撃はもっと重かった!」

ガッガッガッガッ!

騎士「昨日とまるで別人」

ドゴッ!

奴隷「ゴブリンの攻撃はもっと多彩だったぞ?」

騎士「ごぼっ」

奴隷「複数戦のイロハを教えるため、コボルトが集団で襲っで来るんだ…」


奴隷「ふ、ざ、け、る、な~~!!」

ガッガッガキィン!ドガッガキンッガスッ

騎士「」

奴隷「闘士からは得意な得物で入れ替わり立ち代わりで切り刻まれ!」

奴隷「妖魔にぶんまわされて経験値を稼げて良かっただと?」

奴隷「戦闘不能と判断したら、頭をつぶして強制蘇生できるから楽ってなんだ!!」ブワッ

道化「フビン…」

ドラゴン『感謝しろよ、協力を得るため大量の肉で買収したんだからな』

奴隷「それだって、俺の報償金持ちじゃねえか!!」

ドゴアッ!

騎士「げふ」

奴隷「立て~!騎士!寝たら頭をつぶされるぞ!!」
 


奴隷「ぜはぁ~、ぜひゅ~」

騎士「」グッタリ

道化「あ~、勝っちゃたか~」

道化「勝っちゃいましたよ、魔王様!」


魔王「うむ、奴隷を勇者と認めよう」


魔王「そして勇者よ、さらばだ」


魔王「これより、勇者を我が野望の脅威となる前に処刑を行い、排除する!!」


魔王「親衛隊よ、総員をもって勇者を取り押さえ、我が前にひざまずかせろ!」


上級騎士×20「はっ!!」

ザザザザッ!

奴隷「ちっ!」


魔王「不死鳥のように復活する勇者よ、貴様を殺す手段は存在するのだ」
 


ドラゴン「うむ、やはりこうなるか」

バサッ!

ドスン!

奴隷「ドラゴン!」

魔王「やはり来たか!かまわん、奴も取り押さえろ!」

ドラゴン「なあ、まだ竜の美学はわからんままか?」

奴隷「今そんな悠長な時じゃねぇだろ!」

ドラゴン「竜の息吹は一撃必殺。ならば、美学それすなわち」コオォォォ!!!


ドラゴン「必ず殺せってことだ」


ドラゴン「ドラゴンブレス!!」カッ!

ゴオォォォォ!!!

上級騎士×20「」

ドッゴォォーーン!!!
 


奴隷「これが、本気のドラゴンブレス…」

観客「すげえ…」
観客「おい、これひょっとしたら」
観客「ひょっとするぞ」

魔王「くぅ、何をしておる増援を


ドラゴン「レディース、あ~んど、ジェントルメン!!」バッ!

ドラゴン「この少年、勇者に選ばれるも未だ未熟!」

ドラゴン「その実力は奴隷に相応しく、勇者と呼ぶには分不相応」

ドラゴン「よって、勇者の証を立てるまでの猶予をいただきたい!」


ドラゴン「猶予は100日」

ドラゴン「行うは、前人未到の100戦100勝!!」

ドラゴン「100勝の禊《みそぎ》が済みし時こそ少年は、勇者を名乗り魔王を打倒するだろう!」

魔王「」ギリッ

ドラゴン「さあ、これから本番だ!!」
 

今日はここまでです

なんか書き直してたら遅くなって申し訳ない


観客「・・・・」

シーーン…

ドラゴン「どうした? ここはもっと盛り上がるところだが」

魔王「何を言うかと思えば…」

ふわっ

すたっ

魔王「ふざけるな! そのような戯れ言を余が聞き入れるとでも思ったか!!」

ドラゴン「ならば腕ずくで押し通すまで!」ブオン!

魔王「ふっ!」チャキ!

ガキーーン!!

魔王「奴隷の処刑は必ずおこなう!この決定は何が有ろうとくつがえらぬ!!」

ドラゴン「ならば早よう、処刑人を連れてこい!」コオォォォ

魔王「処刑は余が直々に執り行う」

魔王「最上級氷結魔法!」
ドラゴン「ドラゴンブレス!」カッ!

ゴオォォ!!!

魔王「やはり強い」

ドラゴン「貴様も魔界の王に相応しい力量よ」
 


【魔界闘技場 下層空間】

奴隷「ぼ~」ナデナデ

コボルト「はっ、はっ、はっ、はっ」

奴隷「はぁ…」ワシャワシャ

コボルト「くぅ~ん♪」ゴロゴロ

ゴブリン「おうおう、どした~? そんなとこで黄昏て」

奴隷「思ったんだけどさ…」

ゴブリン「おう?」

奴隷「俺って、いる意味あるんかな?」

ゴブリン「気づいてしまったか…」
 


【魔界闘技場 上層部】

魔王「すでに噂が流れ、勇者に期待する声が出てきている!」ガッ

魔王「中には勇者を畏れ、余が秘密裏に始末するなどと不愉快な噂まで!」ガッ

ドラゴン「ほう、そんな噂まで耳にしたか」

ガッガッガッ!!!

魔王「だからこそ、こうして聴衆の前で勇者を処刑する必要がある!」

ブオン!

ドラゴン「けっこう、けっこう…」

パシッ

ドラゴン「その噂、儂が流した」

魔王「なに?」

ドラゴン「グオォッ!」

ドゴッ!

魔王「ぐふっ!」

ドシャー
 


ドラゴン「昨日、勇者が勝利したのを見届けた後。仲間と協力し、噂を流した」

ガッガッガッ!

魔王「うっ、何故そんな真似を?」

ドラゴン「判らぬか?すべては奴隷をメインイベントで勝利させ」

ガキン!

ドラゴン「魔王である貴様に勇者と認めさせるため!」

ズバッ!

魔王「ぐう。余の動きを読んでいたとでも言うつもりか!」

魔王「吹雪!」ビュオォォ

ドラゴン「勿論。だから昨日の戦闘で儂はあえて氷漬けになったのだ」

ジュウゥゥゥ

ドラゴン「それは、誰かが止めに入ると読んでいたからこそ、貴様に華を持たせてやったのだ!」

ボッゴーン!

魔王「…なるほど、ならば貴様もこの場で処刑することにしよう」

ドラゴン「くっくっくっ…、もう時間切れだ」

魔王「なんだと?」

側近「まおうさまーー!!」

側近「魔王様、大変でございます!」

魔王「何事だ?」

側近「議会にて、勇者助命嘆願の議題が賛成多数により採決されました!」

魔王「なんだと? 議会など、数年前に形骸化したはずだ!」

側近「そうなのですが突然議会を占拠されて…」

ドラゴン「初仕事にしてはゴブリン議長は仕事が速い」

魔王「ゴブリン議長?」

ドラゴン「さよう、形骸化されていたので乗っ取らせてもらった」

ドゴッシャ!!
 


魔王「くっ…まだまだ」プルプルプル

ドラゴン「ほう、今の一撃を耐えたか」

魔王「側近よ! 早急に本来の議員を招集しろ!」

側近「それが本来の議員は皆様、ゴブリン達を正式な議員と申しているのです」

魔王「なん…だと…」

ドラゴン「くっくっくっ…、長年の冷遇が祟ったな」

ドラゴン「すっかり落ちぶれていたので小金を握らせただけで言いなりよ」

魔王「側近! 議員連中にドラゴンの倍払うと伝えろ」

ドラゴン「軽々しい口約束だが良いのか? 儂と資産を競うとなれば国庫が空になるやもしれぬぞ?」

魔王「ぬかせ、奴隷仲間からかき集めたはした金で嘘を語るな!」

ドラゴン「わかっておらぬな、はした金をかき集め…」

ドラゴン「大穴狙いの大博打こそ闘技場の醍醐味であろう」

魔王「奴隷に賭けたか」

ドラゴン「うむ、出会った時にな」

ドラゴン「だが今回賭けたのは勝利条件、勇者の1分以内ノーダメージ完全勝利!!」

ドラゴン「とくと拝め、これがその配当10倍の賭け札よ」ピラッ
 


ドラゴン「賭け金は貴様が殺した、我が竜の同胞達の遺産!」

ドラゴン「いずれ劣らぬ美しき金色の巣穴を彩る、財宝の数々を売り払って捻出した」

ドラゴン「魔王の喉元に突きつける剣となるなら、同胞達も報われよう」

魔王「無効だ…」

ドラゴン「またそのように駄々をこねおって」

魔王「無効だ! 貴様は何者だ?」

魔王「エンシェントエルダードラゴン!! 余が蒐集品のひとつに過ぎぬ!」

魔王「つまり、貴様に人としての権利などない!」

ドラゴン「それは違う! 捕まり、項垂れて死を待つだけの儂の前に!」

ドラゴン「姫様が身を投げ出して乞うてぐださった時に貴様はこういったのだ」

ドラゴン「〝好きにしろ〟とな」

魔王「それで? だから自分の命は姫の物だと? ずいぶんと殊勝な話だ」

ドラゴン「いやいや、好きにやらせてもらったという話だ」ニヤッ

ドラゴン「執事《バトラー》出番だ!!」

老執事「およびでしょうか?」
 


魔王「こいつは誰だ! まだ何かあるのか?」

魔王「質問に答えろ!」

ドラゴン「質問に答えろ!」

老執事「なんなりと」

ドラゴン「儂の所有する土地は?」

老執事「南方20の島々とその海岸より1里まででございます」

魔王「え?」

ドラゴン「儂の使用人」

老執事「小作人1855人と家政婦20人、庭師が8人と私でございます」

ドラゴン「儂の爵位!」

魔王「爵位!?」

老執事「伯爵」

魔王「はぁ!?」

ドラゴン「最後に、儂は誰だ!!」

老執事「南方20の島々を治め、魔界有数の穀倉地帯の荘園が主人」

老執事「エンシェントエルダー卿でございます」

ドラゴン「ご苦労、もう下がってよい」

老執事「ご用件があればお呼びください」

側近「魔王様…。エルダー卿と言えば、大量の貢ぎ物を預かっております」

ドラゴン「つまりだ、貴族である儂に人としての権利がないと…そう言うことになるか?」

魔王「貴族? 南方20の島々の大貴族だというのか?」

側近「魔王様、議会が押さえられた状況で貴族と騒動は不味いことに…」

魔王「どうしてこうなった?」

ドラゴン「ちなみに、魔王にはこれから3つの外交問題、2つの政策問題、1つの芸能ゴシップが待っておるのだが…」

ドラゴン「あらためて言ってくれぬか?」

ドラゴン「好きにしろと」
 


今日はここまでです

ただの戦闘だと前回と同じになってつまんなかったんで
政治圧力をかけて乗りきる方針にしました

この方針がいちばん両者の格を落とさないと思ったけど…

どうなんでしょう?


魔王「冗談じゃない!!議会を乗っ取り、爵位持ちの領主になるような奴を」

魔王「これ以上好きになどさせてたまるか!!」

ドラゴン「ケチ臭い、自分の発言に責任も持てんのか?」

魔王「側近よ、早急に対処しろ!」

側近「ど、どうやって?」

魔王「大方、裏切者を金で釣ったに違いない」

ドラゴン「ほう? この国は金で爵位を買えるほど腐敗しておるのか?」

魔王「黙れ! 金品の受け渡しに違法性を見つけしだい爵位も剥奪する!」

ドラゴン「違法な取引などせぬわ、儂はただ住宅事情の相談にのった結果」

ドラゴン「解決法として今は亡き、故竜となった同胞の巣穴を提供しただけよ」

ドラゴン「…まあ、昔の住人が残した家財道具は自由にしていいぐらいは言ったがな」

魔王「黄金の家財道具か! 探しだし、没収するだけでひと財産できそうだ」

ドラゴン「そう言うと思い、予め皆に半年ぐらいは隠ってろと言っておいた」

ドラゴン「探しに人手を割いて、ここを手薄にしたいなら止めはせぬ」
 


魔王「半年? ああ、そうか…。奴隷が100試合終わるまでの時間稼ぎか…」

ドラゴン「そのとおり、奴隷が勇者となる」

魔王「結局そこに行き着くのか…」

魔王「馬鹿馬鹿しい! あいつに何が出来る!!」

魔王「あいつは奴隷として過ごし、今もまだ奴隷の刻印を腕に刻まれた無力な子供だ!!」

ドラゴン「子供もやがては成長し、大人になる」

ドラゴン「成長した勇者はやがて魔王を倒すだろう」

魔王「余が倒されるのを誰が望むと言うのだ!」

魔王「余の目から見れば、自分の復讐の道具に利用してだけに見えるぞ」

ドラゴン「自らの国の腐敗すら見えぬ王よ…」


ドラゴン「民が望んでいるのだ」


ドラゴン「だからこそ、儂は背中を押している」
 


魔王「なにを言うかと思えば……」

魔王「魔界の王たる余の敗北を! いかなる理により民が望むなどと言うか!!」

ドラゴン「まわりを見渡せ」

ドラゴン「ここにはひと目、勇者を見ようと闘技場に押し寄せた大勢の観客であふれている」

ドラゴン「この超満員の観客こそが、勇者を望んでいる民そのものなのだ」

魔王「ぐぬぬぬ」

ドラゴン「…だが、そろそろ話し合いも平行線で飽きてきた」

ドラゴン「折衷案を出そう」
 


ドラゴン「この場には魔王にとっての邪魔者が2名おる」

ドラゴン「言わずとしれた儂と勇者だ」

魔王「余は処刑により取り除こうとしている」

ドラゴン「うむ、当然それは儂の持つあらゆるツテを使い妨害させてもらう」

ドラゴン「一方」

ドラゴン「これから行われる100の試合」

ドラゴン「それら全ての対戦条件がどれだけ不利であろうと、我々はそれを承諾する」

魔王「意味がわからぬ、対戦相手は・・・・」

魔王「ああ、そうか・・・・」

魔王「・・・・承諾は例外なく絶対にか?」

ドラゴン「ただし、1日1試合に限定させてもらう」

魔王「奴隷はすでに2勝している」

ドラゴン「こすいことは言わん。2勝は無しにして良い」

魔王「・・・・いいだろう、確かに愉快だ」

魔王「100の勝利にて勇者を名乗るなら」

魔王「99の魔物を用意しよう」

ドラゴン「了解した。勇者を見極める最後の魔物として」

ドラゴン「その一戦に儂自らが戦おう」

魔王「決まりだな。明日より勇者の禊《みそぎ》となる100の試合を始める!!」


観客「うおぉぉぉ~~!!」
観客「魔王様バンザーイ!」
観客「魔王様バンザーイ!」
観客「魔王様バンザーイ!」

魔王「実に愉快だ」

魔王「勇者のために、最後は命すら捨てることが出来るか見せてもらおう」
 

今日はここまでです

100試合やるよーからの最後にドラゴンと戦いますとする流れにもっていくだけですごい苦労しました

一区切りついたので再開します


【魔界闘技場 下層空間】

奴隷「すぅ…すぅ…」

コボルト「あう?」

姫「し~~♪」

コボルト「くぅん?」

姫「ふふ」ナデナデ

コボルト「はっ、はっ、はっ、はっ」パタパタ

姫「し~、奴隷さんが起きちゃいますよ?」

コボルト「ァォッ♪」

姫「いい子ね」ナデナデ

奴隷「ん……、寝てた?」

姫「あ、目が覚めました?」ナデナデ

奴隷「」ワシャワシャ

奴隷「!!!!」ガバッ!

ゴーーーン!!

奴隷「ぐっ…がっ……」

姫「ぷは♪ すごい音でしたが大丈夫ですか?」

奴隷「姫?」

姫「はい、姫です♪」

奴隷「えっと……、なにしてん、です?」

姫「失礼だとは思ったのですが。ほんとに眠っているのは初めて見たので…」

姫「なにか違うところはないかな~って、調べてました♪」

奴隷「違いなんかないです…。いつもと同じ、見飽きた寝顔です」

姫「ふふふ♪ それでは、そういうことにしておきましょう」
 


姫「よいしょ」ペタン

奴隷「何故横に座った?」

姫「向かい合ったままが良かったですか?」

奴隷「いえ…」

姫「えへへ♪」

奴隷「なんでこっち見てんすか?」

姫「顔が見たいからです」

奴隷「へぇ…」プィ

姫「じ~~♪」

奴隷「・・・・」

姫「じ~~♪」

奴隷「」チラッ

姫「ふふ、がんばれ」

奴隷「な、なにを?」

姫「奴隷さんは頑張らないといけません」

姫「なんと言っても勇者の証明に100試合! 100回も勝たないといけないんです」

姫「と~~っても大変だと思います! だから、頑張ってください!」

姫「わたしも応援しますね!」フンスッ

奴隷「またその話か…」

姫「何か悩んでます?」

奴隷「…俺がこのままドラゴンの助けで勇者になったとして」

姫「ふんふん」

奴隷「そもそも俺は魔王を倒したいとか思ったこと無いし」

姫「ん~」

奴隷「俺が勇者になる理由ってなんもないな~…とか」

姫「そうかもしれません」

奴隷「やっぱりか~~」
 


奴隷「やっぱ、俺ってなんもないんだよな~」

姫「ふふ、ごめんなさいね。落ち込んでる人に優しくするのは簡単なんですが…」

姫「意地悪したくなりました♪」

奴隷「意外と意地が悪いんだな」

姫「そうなんです。良い子でいないといけないだけで、意外と意地が悪いんです」

奴隷「良い子って自分で言うか?」

姫「まあ、意地悪なわたしは置いといて。 ドラゴンさんの事は信じてあげませんか?」

姫「奴隷さんの事を息子のようだと思っているのは、たぶん本当のことだと思いますから」

奴隷「そうかね? なんか、ふざけてるんだか真面目なんだかわかんない奴だけどな」

姫「疑うならお父さんと呼んでみてください」

姫「きっと、喜んでくれますよ?」

奴隷「あんな大型爬虫類の父親なんていません」

姫「ふふ」
 


姫「あ~あ、奴隷さんがうらやましい」

奴隷「ほ乳類の父親がいるのに?」

姫「はい、わたしなんかより絆がある気がします」

奴隷「いやいや、姫は誤解してるだけ、ほんといい加減な奴だから」

姫「そうなんですか?」

奴隷「そうなんです。だいたい、色々やってくれる理由を聞いたらなんて答えたと思う?」

姫「さあ?」

奴隷「あいつが言うには〝恋に恋する少年少女の背中を押すのは大人の義務〟なんだと」

奴隷「あり得ないだろ! 少年少女って!!」

奴隷「少年はともかく少女ってなんだよ!」

姫「・・・・」

奴隷「その言い方じゃ、相手のほうも好き……」

姫「相手?」

奴隷「みたいな?」

姫「好きな人が、いるんですか?」

奴隷「……いや?」
 


姫「いるんですね! 誰なんですか!!」

奴隷「……誰だっていいじゃん」

姫「いいですが、よくないです!」

奴隷「どっちだよ…」

姫「それじゃあ、よくないです!」ズイッ!

奴隷「プライバシーの問題だから…」

姫「よ、く、な、い、で、す!!」ズズイッ!!

奴隷「か、顔が近い!」バッ!

ゴーーーン!!!

奴隷「ぐっ…がっ……また……同じとこ……」

姫「大変! 治癒魔法かけますね」

奴隷「いや、お構い無く…」

姫「ですが、頭を何度もぶつけたら心配になります…」

奴隷「傷薬でも塗っとくから…」

姫「そうです!傷薬といえば!!」

ド ス ン !!

衛兵「奇遇だな、傷薬なら私が持っている」ドッサリ

奴隷「うわぁ…。そんな大量にどうした?」

衛兵「気にするな、さあ軟膏から湿布までなんでもあるぞ?」

衛兵「なんだろうと〝わ、た、し、が〟ぬってやるぞ」

奴隷「お、お構い無く……」

『チッ!』

ドラゴン「良い所で邪魔が入ったか…」ニョキッ

奴隷「どっこから湧いた!!」
 


ドラゴン「どこからいたかとか細かい事は気にするな」

ドラゴン「儂が魔力を渡した時から感覚の一部を共有しておる」

奴隷「つまり?」

ドラゴン「遠くの会話から感情の変化ぐらいなら筒抜けよ」

姫「え?え?」

奴隷「おまえ、たま~~に恐ろしいことをサラッと言うよな」

ドラゴン「そう嫌な顔するな」

ドラゴン「疲労や外傷を一方が肩代わり出来るという利点もちゃんとある」

奴隷「そんな不吉な利点いるか!!」

姫「あの、そんなことより!」

奴隷「そんなことじゃないだろ!かなり重要なことだろ!」

姫「わたし達の会話、ずっと聞いてたんですか?」

ドラゴン「ええ、はじめから」

姫「!!!」

奴隷「姫?」

姫「は、恥ずかしい!!」カァァァ

ドラゴン「わかります、わかります。まわりに誰もいないと思って油断して、かなり素のご自分が出ておりましたからな」

姫「あわわ…」

ドラゴン「しかし儂のような大型爬虫類に聞かれたからと気に病むことは御座いません」

ドラゴン「人間の恋愛など所詮は理解出来ませんからな」

奴隷「意外と傷ついたのか?ごめん」

ドラゴン「なので今回はいっしょに聞いた衛兵殿に解説してもらいましょう」

衛兵「わっ、バカ! 姫様、私は何も聞いてないです!」

姫「あの!用事!大事な用事を思い出しました!だから、あの…」チラッ

奴隷「?」

姫「う~…、失礼します!!」タッタッタッ
 


ドラゴン「うむ、実に初々しいとは思わんか?」

奴隷「止めて!俺まで恥ずかしくなるから止めて!」

衛兵「ふん!」ドサッ

奴隷「重っ!」

衛兵「とりあえず集められるだけかき集めた傷薬だ。受け取れ」

奴隷「受け取れるか! 素人の俺が見ても高価な薬品も混ざってるだろ!」

衛兵「魔王様の命令により、明日から姫様はご自分の部屋から出ることを禁じられた」

奴隷「は?」

衛兵「姫様も今回の騒動に加担していると魔王様が疑いになっての処置だ」

奴隷「訳わからん、自分の娘だろ?」

衛兵「家族の絆など、無いからな…」

奴隷「・・・・」

衛兵「受け取れ、そして高価だろうがかまわず使って傷を治せ」

奴隷「よく運べたな、けっこう重いんだが」

衛兵「オマエも、ワタシをオトコみたいだと?」

奴隷「いやいや、まさか」

衛兵「冗談だ」フッ

衛兵「さてと、用事もすんだし姫様を追いかけるかな」

奴隷「なあ」

衛兵「ん?」

奴隷「傷薬ありがと」

衛兵「その感謝の台詞は姫に伝えよう」

奴隷「・・・・」

ドラゴン「どれ、ぶつけた所を見せてみろ。傷薬をぬってやる」
 


奴隷「ん」グイッ

ドラゴン「あ~、これは染みるかもしれんな」

奴隷「一気にやってくれ」

ドラゴン「痛ければ言え」

奴隷「なあ、ドラゴン」

ドラゴン「痛むか?」ヌリヌリ

奴隷「おまえが色々世話焼くのって…」

ドラゴン「気付いておるだろうが姫の為だ」

奴隷「…そっか」

ドラゴン「儂にとって姫は処刑される時に助けてもらった命の恩人でな」

ドラゴン「残念なことに、魔王は姫にとって良い父親とは言い切れぬ」

奴隷「そうだよな…」

ドラゴン「とは言え儂も歳だ。 脈が無ければ背中を押さぬぞ」

奴隷「それは、その…」ゴニョゴニョ

ドラゴン「うむ、勇者はもっと自信を持て」

奴隷「その…俺のこと……す、好きって……」モジモジ

ドラゴン「だが忘れてくれ」

奴隷「は?」

ドラゴン「勇者になるための理由がないと悩むなら仕方がない」

奴隷「ドラゴンさん?」

ドラゴン「他をあたるとしよう」ヨイショ

奴隷「ちょっと待った! 待て、出来た! 思い出した、勇者になる理由!!」ガシッ!

ドラゴン「くっくっくっ、そうこなくては話にならん」
 


ドラゴン「良いか? 糞女神が勝手に決めた〝魔王を倒す勇者〟になんぞならんでいい」

奴隷「そうなのか?」

ドラゴン「そもそも魔王が存在するようになったのは魔界が出来てからの800年以降」

ドラゴン「だがな、勇者はそれ以前から存在する」

ドラゴン「儂が協力するなら当然〝真の勇者〟となってもらわねば」

奴隷「真の勇者…」

奴隷「それで? 真の勇者とはどんなやつなんだ?」

ドラゴン「うむ、真の勇者とは…」

奴隷「真の勇者とは?」

 ド ム ッ !

奴隷「ごふっ!」

ドラゴン「これだ」

奴隷「どれだよ? 俺の背中おもいっきり叩いただけだぞ!」

ドラゴン「解らぬか? 身分違いの姫君に想いを告げる者」

ドラゴン「それを古来より〝勇者〟と呼ぶのだ」
 


奴隷「あほくさ」

ドラゴン「何がだ?」

奴隷「想いを告げたら真の勇者? ふざけんなら他をあたってくれ」ヨイショ

ドラゴン「まあ待て待て、ちょっと待て」ガシッ

奴隷「想いを告げるって告白しろってことだろ?」

奴隷「いや勘違いしてるみたいだが、別に好きとかそんなんじゃ…」

ドラゴン「照れるでない、初な少年にとって魔王を倒すより難儀だろうが儂がついてる」

奴隷「だから悩んでんだろ」

ドラゴン「よいか勇者? こういう事は古今東西、男からと決まっておるのだ」

ドラゴン「何を隠そう儂ら竜族も麓の村々から金銀財宝を奪い、巣穴を飾り付けるのはオスしかやらぬ」

ドラゴン「そして金色の巣穴と求愛の踊りを用意してこそ一人前」

奴隷「間違ってるのは生態系からか~」

ドラゴン「何を言うか、永きに渡り人間の営みを見続けた儂ならば、恋愛にも精通しておるのは当然であろう?」

奴隷「人間の性別の区別もつかない癖に」

ドラゴン「は~、儂が同族にどれだけモテたか知らんからそのようなことが言えるのだ」

ドラゴン「毎晩のように違うメスを巣穴に誘い、踊りあった遠い昔…」

ドラゴン「儂の自慢の巣穴の前では、どれだけ身持ちの硬いメスも朝になれば卵を残していったものよ…」

奴隷「…すまん、大型爬虫類の特殊な繁殖方法とかまったく興味ないから止めろ」
 


ドラゴン「ほう、ならば聞かせてもらおうか」

奴隷「何をだよ?」

ドラゴン「とぼけるな、姫のどこに惚れたかよ」

奴隷「はあ~? 何で言わなきゃならねえんだよ!」

ドラゴン「まあ良いではないか。感覚感情はわかっても記憶の共有は無理でな」

奴隷「おい、むしろそこらついて詳しく聞かせろ」

ドラゴン「知りたいのだ。 儂の命の恩人の、どこに惹かれたのか」

奴隷「……笑わないか?」

ドラゴン「姫に誓って」

奴隷「……笑ったんだ」

ドラゴン「こうか?」ニィッ

奴隷「そういうんじゃなくて……。俺だって、相手が見下してんのかどうかぐらい分かる」

ドラゴン「ああ、なるほど。 確かに姫の笑い声に侮蔑は込められておらぬからな」

奴隷「・・・・」

ドラゴン「どうした?」

奴隷「やっぱ、言うんじゃなかった」

ドラゴン「くっくっくっ…、話してくれた事に感謝しよう。 やはり勇者は押しがいのある背中をしておる」

奴隷「くそドラゴン」

ドラゴン「はぁ~はっはっはぁ~! 拗ねるな拗ねるな!」

ドラゴン「見下してるかどうかぐらい、分かるのであろう?」
 

今日はここまでです


奴隷「もう知らん! 話しかけるな」ゴロン

ドラゴン「やれやれ、拗ねた子供を物で釣るか」プチッ

奴隷「・・・・」チラッ

ドラゴン「とっておけ、いずれ使うことになる」

奴隷「ウロコ?」

ドラゴン「さよう、竜族のおとぎ話に〝竜鱗の剣〟がある」

奴隷「これが剣?」

ドラゴン「古の時代、いくたの国々を滅ぼした邪悪な竜あり」

ドラゴン「荒ぶる竜に対し人々も結託、武器を手に戦いを挑む」

ドラゴン「しかし、あらゆる刃が竜の鱗を傷つける事なく人間側の敗北に終わった」

奴隷「ふんふん」

ドラゴン「生き残った僅かな人々もそのまま滅びるのを待つだけと思われた時、お節介な竜が現れ勇敢な若者に自らの鱗と助言を与えた」

ドラゴン「竜の鱗はあらゆる刃を通さぬ最強の鎧、ならば竜の鱗から最強の剣を作りなさい」

ドラゴン「かくして、助言に従った若者は鱗を研ぎ鋭い剣にし」

ドラゴン「竜鱗の剣は邪悪な竜の鱗を斬り裂き、竜を殺して平和な時代が訪れるのであった」

ドラゴン「以上が竜殺しについて語られた唯一の伝承になる」

 


奴隷「これがか?ナイフにしかならなさそう」チャッキ

ドラゴン「稀に周囲から逆らって鱗が生えることがあってな」

ドラゴン「それを逆鱗とよぶのだが、小振りなれど研ぎさえすれば切れ味は保証しよう」

奴隷「ふ~~ん…」

ドラゴン「疑うか?」

奴隷「いや、きれいだなって…」

ドラゴン「そうか?」

奴隷「ああ、明かりが透けてぴかぴか輝いてるよ」

ドラゴン「そうか、まあ機嫌が直ったならいい」クシャクシャ

奴隷「わ、なんだよ…頭に手をのせるな。重いんだよ」

ドラゴン「くっくっくっ、ところでお父さんなどと呼ばれてもこそばゆい」

ドラゴン「どうせ呼ぶなら親父にしてくれ」

奴隷「なっ! 誰が呼ぶか!!」

ドラゴン「どれ、息子の恋路の手助けをしてやるかな」

奴隷「うっさい!」

ドラゴン「何せ限られた時間は少なく、教えることは膨大だ…」

奴隷「そうなのか?」

ドラゴン「うむ、格闘、剣術、魔法に一般常識まで」

ドラゴン「竜の魔力を制御する術を学べば、儂との感覚を共有することもなくなるだろう」

奴隷「それだ!それが一番大事!魔力の制御を教えてくれ!!」

ドラゴン「だが明日の試合に勝たねば未来はないぞ?」

奴隷「ぐっ」

ドラゴン「まずは、大振りな一撃をかわして剣を突き刺すことから始めよう」
 


【初戦 闘技場】

道化「レディースあ~んどジェントルメン!!」

道化「さあ、100試合もあるんだ!巻いていこうか!」

道化「初戦の相手は山羊の頭部に獅子の体躯、おまけに蛇の尾を持つ合成魔獣」

道化「キマイラの登場だ!!」

キマイラ「メエェェェ!!!」

ドラゴン『いいな、大振りな一撃をかわして剣を突き刺す』

ドラゴン『ひたすら避けて一瞬の勝機を逃すな』

奴隷「わかってるよ!」チャキッ


【5試合後 下層空間】

ドラゴン「ゆっくり行くからちゃんと避けろよ~」

奴隷「あいよ~」

ドラゴン「右からの大振りな一撃」

ブオン!

奴隷「避けて」サッ

ドラゴン「尻尾の追撃」グォッ!

奴隷「お?」

ドゴッシャ!!

奴隷「へぷーーーっ!!」

ドゴーーン!!

奴隷「」ピクピク

ドラゴン「当然だが知性がある相手であれば懐に入ることも簡単にはいかん」

ドラゴン「今日からはそういった相手の対処法を詳しく教えるのだが……」

奴隷「」クッタリ

ドラゴン「生きとるか?」

奴隷「ご……」

奴隷「5分待って……」
 


【10試合目 闘技場】

道化「レディースあんどジェントルメン」

道化「今日の相手は魔界最大の妖魔」

道化「単眼の巨人、ギガンテスの登場だ!!」

ギガンテス「ぐおぉぉぉ!!」

ドラゴン『気を付けろ、棍棒に当たればひとたまりもないぞ』

奴隷「わかってるよ!」ダッ

ギガンテス「ぐぉっ!」

ブオン

奴隷「避けて」

ドラゴン『蹴りが来る!!』

ガキーーン!!

奴隷「くっ」

ドラゴン『焦りすぎだ。教えたことだけやれば良い』

奴隷「たまには人間の戦い方も、見せてやるよ」ダッ

ドラゴン『あ、バカ』

奴隷「振り下ろしの一撃を…」ダッダッダッ

ギガンテス「ぐおぉぉぉ!!」

奴隷「かわして!」

ドシャーーン!!

奴隷「棍棒から腕まで一気に駆け上がって顔面ど真ん中」ダッダッダン!!

奴隷「そのでっかい目ん玉をぶん殴る!」

メシャ!

ギガンテス「ぐあぁぁぁ」
 


【19試合後 下層空間】

ドラゴン「たまには違う者とも戦え」

ゴブリン「いっくぜぇぇ!!!」

奴隷「右下方からのすくい斬り」

ガキン

ゴブリン「やるな!だがまだまだぁ!!」

ガッガッガッガッガッ!!!

奴隷「上段斬りが腰にくるのか。極端な低身長も武器になるな…」

奴隷「そして本命の…」

オーガ「そろ~り」

ブオン!

奴隷「死角からのオーガの奇襲」

サッ

オーガ「おりょ?」

ゴブリン「ブッブー、ハズレだ」

ベチャ

奴隷「き?」

ゴブリン「本命は、厨房でくすねたタバスコを主成分とした〝特性目潰し〟」

奴隷「きえぇぇぇぇ!?!?!?」ゴロゴロゴロ

ゴブリン「ま、弟に本命やるほど妖魔が出来てないんでね」

奴隷「きえぇぇぇぇ!!!!!」ガリガリガリガリ

ゴブリン「おおっと! つなぎに松ヤニ使ってっからな、なかなか剥がれねえだろ?」

奴隷「ぎえ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙ぇ゙!!!!」

ゴブリン「まっ、もっとも?剥がれたころには腫れて三日三晩はマトモに見ることなんか出来ねえだろうがな!」

オーガ「兄ちゃん…」

ゴブリン「おうよ! 勇者の連勝20を前に俺達が止めてやったぜ!!」

オーガ「目が見えないで明日の試合どうする?」

ゴブリン「あ」

奴隷「」ピクピク
 


【20試合目 闘技場】

ドラゴン『前に話した感覚の共有を覚えているか?』

奴隷「ああ…」

ドラゴン『つまりだ、目が見えぬとも体内の魔力を制御することで儂の視界から見ることも可能なのだ』

奴隷「・・・・」

ドラゴン『見えたか?』

奴隷「いや、まったく」

ゴブリン「あぶねえ、上だ!!」

ドゴーーン!!

道化「レディース、あ~んどジェントルメン!」

道化「はやいもので今日勝てば全試合の5分の1を終了」

道化「なんで恥らいもなく物量で攻めさせてもらいました!」

ボストロル×20「「「ゴオォォォ!!!」」」

奴隷「だけどさ……」

ゴブリン「回り込まれるぞ! もっと下がれ!!」

オーガ「左に来た!」

奴隷「だけど負ける気はぜんぜんしないんだ!!」

オーガ「今だ!」

ザシュ!

ボストロル「フゴッ!」

ゴブリン「バッカ野郎!後ろに逃げろってんだろ!!」

オーガ「囲まれた、右が少ない」

ゴブリン「う、し、ろ!!」

コボルト「わんわん!う~わんわんわんわん!!」(興奮)

奴隷「でも指示は統一してくれ!!」
 


【30試合後 下層空間】

ドラゴン「渾身の一撃」

ブオン!

奴隷「受け流す」

ガギッ!

ドラゴン「尻尾の追撃」

奴隷「避ける」サッ

ドラゴン「テンポを上げて連撃」

奴隷「了解」

ガッガッガッガッガッ!!

ドラゴン「随分と出来るようになったではないか」

奴隷「お陰さんで」

ドラゴン「よしよし、ではそろそろ本気を見せよう」

奴隷「お?」

ドラゴン「渾身の一撃」

ブオン!

奴隷「特に変わらんけど盾で受けるぞ?」サッ

ドラゴン「そしたら掴んで」ムンズ

奴隷「お?お?」

ドラゴン「壁に叩きつける」

ドグッシャ!!

奴隷「ぐへっ!」

ドラゴン「人間達には〝柔よく剛を制す〟を好む傾向があるが」グリグリグリ

奴隷「ぐふっ、放せ…」

ドラゴン「儂はそれと対になる〝剛よく柔を断つ〟という言葉が好きでな」

奴隷「潰れる…」

ドラゴン「今までは儂の教えでなんとか勝ててはいるが、魔物の圧倒的な暴力の前に一瞬で逆転もおこりうる」

奴隷「中身でる!」ジタバタ

ドラゴン「さあ、その時はどうする?」

奴隷「放せ!」グググッ

ドラゴン「正解」ポイッ

奴隷「うぉ!」どさっ!

奴隷「いった! なにが正解?」

ドラゴン「時には剛で断つことも覚えろって話だ」
 


【40試合後 下層空間】

奴隷『しりとり…』

ドラゴン『りんご』

奴隷『ご、ごま』

ドラゴン『孫』

奴隷『また、ご? ご…ご…午後!』

ドラゴン『碁』

奴隷「あ~もう止めた!!」

ドラゴン「はい、儂の勝ち」

奴隷「ご攻め止めろ!」

ドラゴン「碁で断つ」

奴隷「ふざけてるよな?」

ドラゴン「何度も言うが念による会話は難しい。特に頭を使う場合はな」

ドラゴン「だがこれも感覚の共有の一種だからな、魔力制御の訓練になる」

ドラゴン「魔力制御を怠って、竜になって戻れませんとか笑うに笑えんからな」

奴隷「じゃあ、ご攻め止めたら続ける…」

ドラゴン「わかったわかった…」

ドラゴン『次は、ぎ攻め』

奴隷「うわ~ん」
 


【50試合 下層空間】

ドラゴン『そら、右からの連撃!』

ガッガッガッガッ

奴隷「竜の背中の二枚の翼の真ん中の…」

ドラゴン『盾に頼りすぎると肝心なところで割れたりするぞ』

ガキン!ガキン!

奴隷『硬い鱗のわずかな隙間』

ガキン!ガキン!ガキン!パキッ!

奴隷「体内の火炎袋から心臓までを貫く竜の急所」

ドラゴン『通称、竜穴』

ドラゴン『教えた急所を狙うのも良いが、そろそろ盾が割れるぞ?』

奴隷「気にすんな」

バキッ!

奴隷「魔力で作った分身だからな」ドロッ

ドラゴン『知っとるぞ?』クルッ

奴隷「お?」

ドゴッ!

奴隷「ぐほっ!」

ドラゴン『教えたことを実践するのも良いが、バレバレだぞ?』

奴隷「気にすんな…」
 


【60試合後 下層空間】

ドラゴン『また、右からの連撃!』

奴隷『右右左右尻尾上からの叩きつけ…』

ガガガガガキンサッ

ドラゴン『噛みつき!』

グワッ!

奴隷『そのアゴを蹴り飛ばす!』

ミシッ

奴隷『当たった!』

ドラゴン『足を掴んで』

奴隷『お?』

ドラゴン『振り回して』

ブンブンブンブンブンブン!!

奴隷『おおおおおお』

ドラゴン『投げ飛ばす!』

ドゴーーーーン!

奴隷「」

ドラゴン「ふむ、まともな攻撃を受けたのははじめてか…、着実に進歩しておる」

奴隷「…壁から抜けない」

ドラゴン「なんだなんだ? 壁に埋まるなどボストロル戦いらいではないか…」

ドラゴン「進歩がない」

奴隷「うっさい」
 


【70試合目 闘技場】

奴隷「横っ面を蹴り飛ばす!」

シュバッ!

上級騎士80「ぐふっ」

どしゃ

道化「おおっと!親衛隊100人で挑んで、今のでちょうど80人目がノックダウン」

道化「このまま親衛隊100人斬り達成なるか!!」

上級騎士81「させるか!」

ガガキン!

奴隷「81…」

ザン!ザシュ!

奴隷「82…、83……」

上級騎士84「あきらめるな!我々は壁際に追い詰めてる」

ドカッ

奴隷「84」

上級騎士85「このまま包囲するぞ!」

ゲシッ

奴隷「これはノーカン」

上級騎士85「俺を踏み台に…」

奴隷「包囲の頭上を飛び越える!」

上級騎士86「こっちきた!」

奴隷「これで85」ゴスッ

上級騎士87「調子にのるなぁ~~」

ガシッ!

奴隷「しまった!」

上級騎士87「捕まえた! このままぶっ殺せ!!」

上級騎士88「うおぉぉ!」

ザクッ!

上級騎士「ぬおぉ!!」

ザクッ!ザクザクザクザク

奴隷「」

上級騎士「ぜぇ…ぜぇ…」

上級騎士「どうだ?」

奴隷「残念、分身だ」ドロッ

上級騎士「なにぃ!?」

奴隷「集まったとこ悪いが、一発で決めないと後でうるさいんだ」コオオォォォォ!!!

上級騎士「散れ!」

奴隷「おせえよ」

奴隷「ドラゴンブレス!!」カッ!
 


【80試合後 下層空間】

ドラゴン「温い!!」

ドゥッ!!

ドラゴン「渾身の一撃」

奴隷「防いで」

ドラゴン「かまわず振り抜く」

ガキーン!

奴隷「後退して」ザザー

ドラゴン「逃がさず追撃」

奴隷「その攻撃を、殴りかえす!!」

バゴッーーン!

ドラゴン「ぐぅ、見事だ」

奴隷「行くぞ!!」

奴隷「こっからは殴り合いだ!!」
 


【90試合目 闘技場】

側近「ぬあぁぁぁ!! 二十五連・爆裂魔法!!」

ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!

奴隷「効くか!」ダッ!

側近「結界!」

ピキーン!

奴隷「今さらこんなもの!」

ドゴッ!

パリィーーン!

側近「ひぃぃ、こっちに来るなぁ~~!!」バチバチ

奴隷「その大振りな一撃を」
 


【98試合後 下層空間】

ドラゴン「大振りな一撃を」

奴隷「かわして」

ドラゴン「かわさせて」

奴隷「剣を」チャキッ

ドラゴン「剣を…」

奴隷「突き刺す!」

ドラゴン「突き刺せ!」

ザシュ!

 


【99試合目 闘技場】

道化「レディース、あ~んどジェントルメン!!」

道化「な~んて、言うとでも思ったか? この恥知らずの薄情者ども!!」

道化「おまえら全員はした金を誰に賭けたか言ってみろ!!」

観客「「「ユ・ウ・シャ!!!」」」

奴隷「」グッ

観客「行け勇者!」
観客「負けんなよ勇者!」
観客「お前に賭けたんだからな」

道化「僕も賭けたぞ勇者さま!」

観客「ユウシャ!」「ユウシャ」
「ユウシャ!」「ユウシャ!」「ユウシャ!」
「ユウシャ」「ユウシャ!」「ユウシャ!」

道化「さぁ、今日勝てばいよいよ明日は大詰め。 最後の山場」

道化「残す試合は、あと1つ」
 

今日はここまでです

モンハン第二アップデートまでには更新したいと思います


衛兵「姫さま、お部屋にお戻りください」

姫「い~や」トタトタ

衛兵「姫さま~」

姫「お願い、ちょっとだけでいいんです。民の声が聴きたいの」

観客「なぁ、明日の試合どっち勝つと思う」
観客「あ~?そりゃドラゴンよ」
観客「でもよ、あいつらグルなんだろ?」

姫「・・・・」キョロキョロ

観客「だから勇者の勝目があるってんだろ」
観客「そしたら勇者誕生だな!」

「うおぉぉ!ユウシャ!」
「ユウシャ!」「ユウシャ!」「ユウシャ!」

姫「ふふ、ユウシャ~♪」

側近「んん!げふん!げふん!」

衛兵「ひ、姫さま?」

魔王「・・・・」

姫「お父さま……」

魔王「部屋から出るなと、命じたはずだが?」

姫「申し訳ありません……」

魔王「だがちょうどいい、あの浮かれきった民を観てみろ」

魔王「あの者達は奴隷が少し勝ったぐらいで余を倒せると本気で信じている…」

魔王「実に滑稽だとは思わんか?」

姫「・・・・」

魔王「黙ってしまったのは姫も同類だからか?」

姫「いえ…」
 


側近「んん、ところで姫さま! アレはどうしましたかな?アレですぞアレアレ!」

姫「アレ?」

衛兵「あ~~!! アレだろ?アレアレ?」

姫「アレ?」

側近「そ~アレアレ!」シッシッ

衛兵「アレアレ!」グィッ

姫「アレってなんです?」

側近「魔王様、姫さまには急な用事がアレのようでして」

衛兵「はい、私が責任を持って、お部屋にお連れします!」

側近「アレですからな!」バイバ-イ

姫「アレってなんですか~~?」ズルズル

側近「いや~アレだった~~」フー

魔王「ところで、道化の報告によると奴隷の対戦相手を姫に漏らした粗忽者がいるらしい」

側近「はうあ!!」
 


魔王「その粗忽者は終いには自らの手の内までさらしたらしい」

側近「お、お、お許しを…」

魔王「かまわん、もとより今の奴隷を倒せるとは微塵も思ってなかった」

側近「ほっ」

道化「あれ?そんなもんで許すんですか?」

側近「道化!何時から!?」

道化「万が一、勇者が100勝しちゃったりしたら反魔王の気運が高まっちゃいますよ?」

魔王「かまわん、刺激もない単調さに飽きてきたところだ」

道化「アレアレ? 姫さまも一枚噛んでるのに同じこと言えます?」

魔王「衛兵経由で情報がもれてる件か?」

魔王「若者は濁流を好み、大衆は若者が濁流に呑まれるのを好むものだ」

魔王「ならば余興として若者を濁流に突き落とすのも統治者としての務めだ」

道化「流石です魔王様、余興のためなら娘だろうと濁流に突き落としてみるそのお考え」

道化「なかなか出来るモノではございません」

側近「ど、道化よ、魔王様にそれはあまりにも無礼…」

魔王「ふふ、白状しよう」
 


魔王「余には野心と、野心のためにと温めてきた計画がある」

魔王「しかしいささか、計画にばかり心を囚われ余裕を無くしていたようだ」

魔王「遠方を見るが故にドラゴンに足元をすくわれ、醜態をさらす結果となった」

魔王「……言い訳にしかならんがな」

側近「そのようなことは…」

道化「ほんと、カッコ悪かったよね~~」

魔王「ふっ、確かに」

側近「道化!それはあまりにも…」

道化「ですがお気になさらず。これまでの失態も勇者のターンだっただけにございます」

魔王「そうだ、勇者となるならなればよかろう」

魔王「待ち構え、100戦目の決着がつき次第ドラゴンもろとも潰して終わりだ」

道化「そうですとも、終わっちまえばなんてことありません」

道化「耐えて凌げば、魔王様のターンでございます」

魔王「ふふふ、相変わらずよくまわる舌だ」

道化「恐悦至極」
 


魔王「それでは余のターンの最終確認だ」

魔王「道化、海に放った稚魚の様子は?」

道化「1000匹のリヴァイアちゃんなら瘴気とお友達を食べてぐんぐん成長」

道化「愛と裏切りのバトルロワイアルも佳境も佳境、2週間もすれば最強の大妖が誕生するかと」

魔王「祭壇の準備は?」

道化「言いつけに従い作業員の身辺調査をおこない」

道化「結果、疑わしき半数を粛清しましたが補充できたんで問題なし!」

魔王「善かろう。ならば明日、奴隷の処刑を最後に闘技場を封鎖しろ」

側近「しかし、それでは民に不満が」

魔王「構わん、血に飢えさせろ」

魔王「まもなく我らのターンが始まる」

魔王「リヴァイアサンによる濁流が地上にある一切合財を呑み込み」

魔王「残った大地を魔物が満たすことになる」
 


魔王「さあ、ついに地上侵略だ! 存分に楽しもうではないか」

魔王「女神が創った理を破壊し」

魔王「世界を魔界に!」

魔王「あらゆる生命は魔物に」

魔王「人は妖魔に」

魔王「理性を失い」

魔王「暴力と混沌のみが存在する」

魔王「そして余が! 余が望むように新たな理を塗り替えてやろう!」

道化「やんややんや」パチパチ

側近「・・・・」パチ..パチ..

魔王「ふふ、ふはっ、ふはははは、準備は万全。何を焦る必要があったのか?」

魔王「さあ、明日の試合を楽しもう!!」

魔王「奴隷の奮闘に期待し、ドラゴンの次なる一手を待つとしよう」

魔王「もし奴隷が力尽き、ドラゴンの一手が下らぬものなら覚悟しろ」

魔王「代償に、世界が滅びると思え」
 



【 最終戦 】


道化「レディース、あ~~んど! ジェントルメン!!」
 


道化「ここ、闘技場を舞台とした一幕もいよいよ大詰め!」

道化「二幕より舞台はついに、地上へと移されるわけでごさいます!!!」

道化「ここまで来られたのも皆さま方からの声援あればこそ…」

道化「この道化、関係者を代表して熱く御礼申しあげる次第であります」

ペコッ

道化「それでは、最後を締めくくるに相応しいカードを!」

道化「邪悪な魔王に対抗する女神のカードを!」

道化「今宵、皆様がご覧いたしますわ勇者さまの一大スペクタクルショー!」

道化「対するは神話の時代からの生きた伝説!」

道化「勇者対ドラゴンの一戦をお楽しみください!!」
 

今日はここまでです


ゴブリン「合図だ!扉を開けろ!」

オーガ「鎖、引く」ジャラ

コボルト「わん!」ジャラ

ガッタン!

ガラガラガラガラ……

ゴブリン「しっかりな」

奴隷「・・・・」ジャリ

観客「ユウシャーー!!」

奴隷「・・・・」ジャリジャリ

観客「頼むー!勝ってくれーー!!」

観客「負けるなー!勇者さまーー!!」

奴隷「」ジャリジャリジャリ

観客「ユウシャ!」「ユウシャ」
「ユウシャ!」「ユウシャ!」「ユウシャ!」
「ユウシャ」「ユウシャ!」

奴隷「・・・・」

ドラゴン「はじめて会った時を思い出すな」

奴隷「ああ、俺もだ」
 


ドラゴン「それでも、すべて同じというわけでもない」

観客「ユウシャー」「ユウシャ!」「ユウシャサマー!」

ドラゴン「観衆の変わりようを笑うか?」

奴隷「別に? どうでもいい」

ドラゴン「そうか、彼らが変わったように勇者も変わった」

ドラゴン「勿論、良い方にだ。もう皆が心の底で勇者と認めるほど成長した」

奴隷「そんなことより、ここから逃げられるか?」

ドラゴン「そんなことより、か……」

ドラゴン「出口は封鎖され、上から無数の兵が狙っておる。隙を狙うしかあるまい」

奴隷「そっか」チャキ

ドラゴン「勇者よ、魔王に多くの者が苦しめられ、助けを求めておる」

奴隷「へぇ、で? そんなん俺の知ったことか」

ドラゴン「勇者よ、おまえを鍛えるための時間稼ぎとして100試合がどうしても必要だった」

ドラゴン「だが、もしも! もしも、勇者として立ち上がってくれるなら…」

奴隷「そんなつもりはない!!」

ドラゴン「理由がないからか?」
 


ドラゴン「姫に言っておったな、自分には魔王を倒す理由がないと」

奴隷「そうだったかな?」

ドラゴン「…儂はあの時。姫に理由がないと語った おまえを見て、少し腹が立った」

奴隷「?」

ドラゴン「分からんだろ?」

ドラゴン「勇者よ、お前は理由がないのではない」

ドラゴン「知らんのだ」

ドラゴン「何も知らず、知ろうともせず、拗ねて部屋の角でうつむいて」

ドラゴン「子どものまま狭い世界に閉じこもり」

ドラゴン「あの一言がどれほど姫を傷つけたかも気づいておらぬ!」

ドラゴン「儂はそれが! はらわたが煮え返るほど我慢ならんのだ!!」

ダンッ!

奴隷「いつもより速い!」

ガキーン!

奴隷「くっ、速くて……重い!」ザザー

ドラゴン「行くぞ勇者!」

ドラゴン「儂の屍を越えてみせろ!!」
 


奴隷「くっ」タッ

ドラゴン「退くな!」

ブォン

ガキーーン!

ドラゴン「竜を相手に退けば炎で焼かれる、勝機は前に進み掴みとれ!」

奴隷「わかってるよ!」ダッ

ドラゴン「ふん!」

ブオン!

奴隷「大振りの一撃を」

ドラゴン「かわさせん!」

ドゴッ!

奴隷「がはっ!」

ドラゴン「この期に及んで手を抜くようなことをすると思うな!」

奴隷「避けられないなら」

ガッキン!

奴隷「盾で受け流して」

ガッガッガッガッガッガッガッガッ

ドラゴン「盾で受け流して?」

ガッガッガッガッガッガッガッガッ!!

ドラゴン「ほら、どうする?」

ガッガッガッガッガッ

奴隷「くっ」

バキッ!

奴隷「盾が!」

ドラゴン「もとよりそれが狙いだ」

ドゴッシャ!

奴隷「がはっ!!」

観客「ああ~勇者さま~!」
観客「負けないでくれー!」
姫「奴隷さん!!」

ドラゴン「勇者よ、濁流が来る」

奴隷「げほっ!ごほっ!濁流?」

ドラゴン「濁流は地上を呑み込み、魔界は沈む」

ドラゴン「理由ならあるのだ!!」
 


ドラゴン「ここにいる皆だけではない。 勇者は世界を救わなくてはならぬ」

奴隷「それで? つまるとこ俺が勇者として魔王を倒せって?」

ドラゴン「うむ、そうだ」

奴隷「くっくっくっ…はぁ~はっはっはぁ~!」

ドラゴン「勇者……」

奴隷「知ったことか!!」

ダンッ!

ドラゴン「!!」

ガキーーン!

奴隷「勇者なんかくそ食らえだ!!」
 


奴隷「なんで俺がこいつらの為に戦わないとならない!」

ドラゴン「ぬ?」

ガキン!

奴隷「こいつらが今まで何をしてくれたって言うんだよ!」

カン、カン、カン、カン

奴隷「ウロコが硬すぎて剣じゃ斬れない?」

ドラゴン「いいぞ、儂の動きに慣れてきておる。そのまま胸の中の物をすべて出しきれ!!」

奴隷「だったら、拳で殴る!!」

ドゴッ!

ドラゴン「強くなった…」

奴隷「なんで反撃してこない?」

ドラゴン「約束通り戦いかたなら教えた、残さず教えた」

ドラゴン「竜の心臓にかけて、今の勇者なら魔王だとて倒せよう」

奴隷「心臓なんか要らないよ……」

奴隷「お父さん」
 


奴隷「お父さん…お父さん、お父さん!」

奴隷「ほんとのお父さんの、顔も思い出せないけど…。ずっと、そんな人を待ってたんだ…」

ドラゴン「情をかけすぎたか…」

ザシュ!

奴隷「おと、さ……ん?」

ドラゴン「掴んで」ガシッ

ドラゴン「投げる!」ブォン!

ドゴォォーーーーン!!

奴隷「戦いたくないんだ!」パラパラ

ドラゴン「追撃」

奴隷「くっ」サッ

ドガッ!

ドラゴン「避けたか…」

奴隷「もう止めてくれ!」タンッ

ドラゴン「ならば、これでなれならどうだ!!」コオォォォォ

奴隷「お父さん!!」

ドラゴン「行くぞ!最大5発のいっぱつめ!!」

ドラゴン「ドラゴンブレス!!」カッ!
 


奴隷「!!」

ドゴォォーーーン!!

道化「おっほ♪これはこれは♪」

側近「直前で相殺でしょうか?」

魔王「まだまだ、これからだ」

ドラゴン「にはつめ!!」コオォォォォ!!

奴隷「この、わからず屋!」コオォォォォ!!

奴隷 ドラゴン「「ドラゴンブレス!!」」カッ

ドゴォォーーーン!!

ドラゴン「まだまだ!」

奴隷「ゼヒュ・・・」

ドラゴン「さんぱつめ!」コオォォォォ!

奴隷「」コオォ…

ドラゴン「ドラゴンブレス!」カッ

グォォォ!

奴隷「!」

ドゴォォーーーン!!
 


道化「決まりましたな」

側近「今の直撃で勝負ありですかね?」

魔王「ぷはっ、ふははっ」

側近「魔王様?」

魔王「ふふ、奴隷なら無事だ」

側近「土煙で何もみえませんが?」

魔王「それと、上で控えている人数を増やせ」

道化「なにやら、ご機嫌悪からざる様子?」

魔王「なに、いつかどこかで使ってくると思っていたのだが…」

魔王「なかなか、魅せてくれる」



ドラゴン「よんぱつめ!」コオォォォォ!

奴隷「よんぱつめ!」バッ

ドラゴン「ドラゴンブレス!」カッ!

奴隷「極 大 電 撃 魔 法 !」カッ!
 


バチバチバチ!

グォォォ!

ドゴォォーーーン!!

側近「また相殺?」

魔王「いや、奴隷の電撃が勝った」


ドラゴン「ぐわあぁぁぁ!!!」バチバチバチ

ドラゴン「ぐふっ」ドシャ

魔王「そして最大の攻撃が敗れた以上、勝負はついた!」

魔王「見事だ、最初の宣言通り100の勝利をもって、奴隷を勇者と認めよう!!」

魔王「そして去らばだ、ここから先に勇者は邪魔にしかならないのだ」


魔王「これより、勇者の処刑を執り行う!!」


ドラゴン「まったく、最近の若い者は年寄りを軽く見すぎておる……」

道化「魔王様! なんか企んでますよ!?」

ドラゴン「よわい万歳を越えた、年の功を見せてやろう」

ドラゴン「極 大 真 空 魔 法 !」

ブオオォォォ!!!
 


ブオオォォォ!!
 ビュオォォォ!!

観客「なんだこりゃ!?」
観客「竜巻だ!」
観客「逃げろ、まきぞえになる!」

ビュオォォォ!

魔王「最後の悪あがきだ! 構わんから竜巻が収まったら射て!」

側近「射撃用意!」

ビュオォォォ!

姫「奴隷さん……、ドラゴンさん……」

衛兵「姫様、行きましょう!」グイッ

姫「行くって何処に?」

衛兵「もっとあの2人がよく見える場所です」グイッ

姫「そうね、行きましょう」

カンカンカン

観客「姫さま?」
観客「危ないですよ」
観客「引き返しなっせ!」

衛兵「私の手を離さないで!」ギュッ

姫「は、はい!」

カンカンカン

衛兵「……修道院よりお戻りになられてからずっと、どうやったら護れるのか考えてました」

姫「あ、あなたは良くやっているわ?」

衛兵「・・・・」

カンカンカン

ビュオォォォ!

姫「ん、すごい風…衛兵さんは何か見えます?」

衛兵「姫様! あれを!!」

姫「どれ?」

衛兵「あれです!!」

姫「だから、どれ~?」

衛兵「姫様、すみません」

ドン!
 


姫「え?」グラッ

衛兵「魔界の姫君を突き落とした、私をお許しください」

姫「きゃあぁぁ~~~!!!」

ヒュゥゥ~~~


バサッ!


バッサバッサバッサバッサ!!


ガシッ!!


側近「竜巻が止まった! 全員撃て!!」

騎士「ハッ!」カチャ

衛兵「撃つな! 姫がドラゴンに捕まった!!」

側近「なっ!」


ドラゴン「はぁ~はっはっはぁ~! 姫はもらった!!」バッサ!
 


姫「ドラゴンさん?」

奴隷「ドラゴン?」

ドラゴン「姫も勇者も落ちるなよ! このまま逃げる!」

道化「な~にやってんの~? 拘束まほ

ベシャ

ゴブリン「うっし、命中!」

道化「きっ…きえぇぇ~~~!!」ゴロゴロゴロ

ゴブリン「へっへ~、特性特大目潰しのお味はどうよ?」

オーガ「兄ちゃん、俺らも逃げる」

ゴブリン「おうよ」

ゴブリン「おまえらもいい旅になれよ、勇者様」
 


姫「ドラゴンさん?」

奴隷「ドラゴン?」

ドラゴン「姫も勇者も落ちるなよ! このまま逃げる!」

道化「な~にやってんの~? 拘束まほ

ベシャ

ゴブリン「うっし、命中!」

道化「きっ…きえぇぇ~~~!!」ゴロゴロゴロ

ゴブリン「へっへ~、特性特大目潰しのお味はどうよ?」

オーガ「兄ちゃん、俺らも逃げる」

ゴブリン「おうよ」

ゴブリン「おまえらもいい旅になれよ、勇者様」
 


側近「逃がすな! 飛べる者は追え!」

騎士「しかし、ドラゴンほど速くとなると…」

側近「言い訳するな! さっさと動け!!」

魔王「全員、動くな!!」

側近「へ?」

ドラゴン「ごはつめ!」コオォォォォ!!

側近「へ?へ?」

ドラゴン「ドラゴンブレス!」カッ!

魔王「五段・氷壁結界!」

ガコーン!

ドゴォーーン!

魔王「くっ」

ピシッ…

ミシッ…

側近「結界が砕かれる!?」

魔王「ぬぉぉぉぉ!余をだれと思っている!!」バッ

奴隷「魔王だろうが!」バッ


奴隷「極 大 電 撃 魔 法 !」

魔王「極 大 氷 結 魔 法 !」

ドゴッシュゥーーーン!!!
 


魔王「ゼェ……ゼェ……」

ドラゴン「くっくっくっ…」

バサッ!

バッサ!バッサバッサバッサバッサ!

魔王「ドラゴン……」ギリッ

側近「魔王様……」

魔王「追え、他はどうなろうと姫は無傷で連れ戻せ」

側近「お体のほうは…」

魔王「追え! 2週間以内に連れ戻せなければ、魔界に貴様らの居場所はないと心得よ!!」

側近「は、はいぃ!!」

バタバタバタバタ……

魔王「フゥ……フゥ……」

道化「まんまとやられちゃいましたね」

魔王「道化か…、今は貴様の戯れ言に付き合う気はない」

道化「そうでしょうね、ドラゴンロード♪」

魔王「貴様も行け」

道化「は~い、目の腫れが治ったらね♪」

魔王「ハァ…ハァ…」

魔王「ふぅ…、耐え凌げぬものは甘んじて受けよう」

魔王「精々、幕間を楽しめ、まもなく余も向かう」
 


ドラゴン「くっくっくっ…はぁ~はっはっはぁ~! 上手くいったな!」

奴隷「上手くいったじゃねえよ!説明しろ!」

ドラゴン「はじめに隙を狙うしかないと言ったではないか」

奴隷「計画あるなら言っとけって意味だよ!」

ドラゴン「わるいとは思ったが、腹芸も出来ぬ勇者に話してバレでもしたら終わりなんでな」

ドラゴン「それに、おかげでお父さんと呼んでもらえたしな」

奴隷「な、ど、どっか行くあてはあるのか?」

ドラゴン「くっくっ、天井の裂け目を抜けて このまま地上に出る」

奴隷「地上に?」

ドラゴン「なに心配するな、土地勘なら魔界よりある」

奴隷「そうだろうけどさ…」チラッ

ドラゴン「残してきた者達なら手を打ってあるから心配しなくてよいぞ」

奴隷「なっ! あんな奴らの心配なんかしてねえよ、ただ俺はいきなり拐われた姫のことを…」

姫「ぷっはぁ~~~♪」

奴隷「あ、うん、そんな気はした」

姫「あっはっはっはっはっ♪」

姫「うっふっふっふっ、さっきのお父様の顔……」

ドラゴン「はぁはっはっはぁ~! 傑作でしたな!」

姫「ぷっはぁ~~~♪」

奴隷「……ま、いっか」

ドラゴン「地上に出るぞ!」バサッ

 


バサッ

姫「うわぁぁ~~♪ これが、地上」

ドラゴン「夜か、好都合だ。暗いうちに出来るだけ離れる」

姫「きれいな天井…」

奴隷「姫、星です。俺にとっては数年ぶりの星空だ…」

姫「これが地上なんですね」

奴隷「地上に戻ってきたんだ!」

ドラゴン「さあ気を引き締めろ、冒険のはじまりだ」

ドラゴン「世界は広いぞ」

 


今日はここまでです

遅くなってごめんなさい。次回から地上編になります


【逃走7日目 山間の宿場町】

宿屋亭主「おっ、そこのお兄さん! こっから山越えかい? 止めときな、次の宿につく前に日が暮れちまう」

旅人A「じゃあ泊まるか?」

旅人B「少しでも進んでおきたいのですが…」

道具屋「おう、騙されんなよ。今から歩きゃ夕暮れには山小屋につくからそこに泊まんな」

宿屋亭主「ばっ!あんな小屋なんぞ人が寝れるか!!」

旅人A「ありがとう、山小屋に行ってみるよ」

道具屋「礼はいいからなんか買ってくんな」

旅人B「ふふ、それでは薬草ください」

道具屋「まいど♪」

宿屋亭主「道具屋ぁ!!!」

道具屋「おぅ、文句なんのか?商売ってな非情なんだよ」

宿屋亭主「白黒つけたるわ!!」グワッ

道具屋「来いや!」チャキッ

「ま~た、はじまった」
「あいつらも飽きないな」
「商いだけにね」
「すっかり宿場町の名物になっちまったな」


ズッズッズッズッズッ……

宿屋亭主「うぉ?なんか聞こえねえか?」
道具屋「んな子供騙しにひっかかるかよ!」

「キュイイィィィーーー!!!」

ドゴッッ!!

「うぉ、地震だ!」「でかいぞ!!」

ガタガタガタガタ

宿屋亭主 道具屋「きゃあぁぁ~~」ダキッ
 


【逃走8日目 山道の入り口】

役人「地震により地面が裂けて町ひとつ丸ごと呑み込まれたと報告があってな、悪いが安全が確認出来るまでここから先は通告止めだ」

 


今日はこれだけです

まあ、今まで後手後手だった魔王サイドもようやく攻勢に転じましたよってことで


女将さん「やだねぇ、ここら辺もなんだか物騒になってきちまった」

行商人「さて、向こうに行けないと困るんだがな」

役人「そうは言っても山ひとつ崩落してるんだ、道なんか残ってないぞ」

「おと~さん、疲れたよ~」
「宿場町に親族が…」
「さかな~♪ さかなはいらんかぇ~」

役人「ええい、うるさい!うるさい!我々だって混乱してるんだ!」

役人B「おい、行くぞ」

役人「とりあえず見てくるから待ってろ」

ぞろぞろ…

女将さん「はあ…、なんだか頼りないねぇ」

行商人「はは、まったくだ」

女将さん「ねぇ、あんた各地を回ってたらなんか噂でも聞かないかい?」

行商人「そうだな…、とりあえずよく聞くのはそこらじゅうで地震がおきてるって話だ」
 


行商人「それから人探しの黒騎士の一団、これがひょっとしたら魔族じゃないかって噂だ」

女将さん「魔族!!?」

行商人「夜になると村を襲い、家に押し入ると腕に印がないか見てまわるらしい」

行商人「こういう…」ガリガリ

行商人「魔王の刻印だな」

女将さん「は~やだやだ、すっかり物騒な世の中になっちまったじゃないか」

行商人「そうだな、おかげで国中検問だらけで商売あがったりだ」

女将さん「こんな時に勇者さまは何をしてるんだろうねぇ~」

行商人「勇者か…」

行商人「最近めっきり聞くことが増えた、もっともギルドの人探し依頼としてだが」

女将さん「そういえば数年前に聖剣といっしょに勇者さまが消えちまったって噂話を耳にしたよ」

行商人「もしかしたら黒騎士達も勇者を探してるんかもな」

女将さん「あっはっはっ、まっさか~~」

がさがさ…
 


がさがさ……

がさっ

旅人A「ふぅ、死ぬかと思った」

旅人B「大丈夫そう?」

旅人A「ん……、大丈夫」

旅人B「よかった~、後ろから道が崩れて来た時はもうダメかと思いました」

旅人A「ほんとそれな!」

旅人A「まあ、この騒ぎのおかげで検問もなく潜り込めたんで結果オーライだぞ!」

旅人B「」ぐ~

「さかな~♪ここらじゃ絶対食べられない、海の幸だよ~♪」

旅人B「」じ~

旅人A「駄目です」

旅人B「え~」

旅人A「だって山奥で海の幸だぞ、絶対高いって」

「やすいよ~」

旅人B「ですって♪」

旅人A「はーー……、今日だけだからな」

旅人B「やったぁ~♪ お魚屋さん、2匹くださいな♪」


奴隷「へぃ、まいど」
 


奴隷「それじゃあ魚の燻製2匹で銀貨2枚ね」

旅人A「たっか!!? 無理だな行こう」

旅人B「ちょっと待って、まけてもらえば買えないもないでしょう?」

奴隷「勝手に決められてもね、こっちも商売なんで」

奴隷「魚を燻すのから、ここまでの輸送もタダってわけにはいかんしな」

旅人A「はっはっはっ、売れるといいな」ノシ

旅人B「待ってください!」グイ!

旅人B「貯えなら家を出るときに少し持ってきたはずです」ヒソヒソ

旅人A「大事な逃走資金、贅沢するため持ってきたわけじゃないだろ」ヒソヒソ

旅人B「でも親族のお住まいまでもうすぐなんでしょう?」ヒソヒソ

旅人A「親族といっても遠縁で仕事もろくにないかもしれない、何より最近物騒だし出来る限りは節約しよう」ヒソヒソ

奴隷「ふふ」

旅人A「何だよ?」

奴隷「いや、ならこうしよう」

奴隷「ここに売れ残りの燻製が5匹ある。 こいつら合わせて銀貨2枚でどうよ?」

旅人B「それはお手ごろ価格ではないでしょうか♪」

旅人A「えらく気前がいいな?」

奴隷「なに、お2人さんを見てたら俺も帰りたくなってね」

奴隷「さっさと売って店終いしたいのさ」

旅人B「せっかくの申し出です買いましょうよ?」

旅人A「ん…しゃあないか」チャリ

奴隷「まいど」

旅人B「わ~い♪ 見たことないお魚ですね、何か美味しい食べ方ってご存知ですか?」

奴隷「ああ、俺には魚の食べ方とかそんなん全然わからんわ」

奴隷「なんったって海のない魔界に長く居すぎて魚の味すら忘れてたからな」ハッハッハッハッ
 


旅人A「魔界!?」
旅人B「魔界!?」

奴隷「ハッハッハッ……口が滑ったな」

ざわっ… ざわざわ…

女将さん「やだよ、魔界だなんて薄気味悪いこと言って」

奴隷「じょ、冗談だから」

旅人A「冗談でも言っていいのと悪のがあるがな」

旅人B「まあまあ、きっとお家に帰るのが楽しみすぎて口が滑ったんですよ」

旅人A「ああ、そうだ燻製運ぶために馬車か何かで来てるよな? もし方向同じなら乗っけてってくれよ」

奴隷「ああ、ダメダメ、ドラゴンには…

旅人A「ドラゴン?」

ざわざわ…… ざわざわ……

「ドラゴン?」
「おい、誰か役人呼んでこい」

奴隷「人間だから、ドラゴンという名前の人間」

奴隷「別に大量の燻製もドラゴンに運んでもらってないし」

奴隷「そもそも口から火を吐かなければ、鼻から煙りも出ない」

奴隷「その燻製もドラゴンの鼻煙で燻してない」

旅人B「?!」

奴隷「ああ、変なこと言ったな、味は問題ないから」

奴隷「それじゃあ、さようなら」ダッ
 


奴隷「最後の最後でヘマして目立ってしまったな、買っておいた食料拾ってさっさと消えるか」ゴソッ

奴隷「…しっかし、米俵と味噌桶で買いだめする必要あるのかね?」

役人「不審な言動をしたのはおまえか!」

奴隷「違うよ?」

「嘘つき!魔界がどうとか聞いたんだからな!」

役人「嘘をつくとはいよいよ怪しい! ちょっと番所に来てもらおうか?」

奴隷(面倒だな、いかにも融通がきかなそうなタイプだ)

役人B「落ちつきなよ、そんな騒いで皆が不安になるよ」

奴隷(お?)

役人B「別に大事にしようってこともないんだ、ただ腕に魔王の刻印がないか見せてもらえればそれでいいんだ」

奴隷(こっちは疑ってないが職務に忠実で柔軟性があるタイプか、好印象)

役人A「そんなんだから相手に舐められるんだよ!」

役人B「まあいいじゃないか、街中ピリピリしてるからって私達までピリピリする必要はないだろう?」

奴隷(でもまさかこいつら、俺の腕に魔王の刻印があるとは思ってないんだろうな~)
 


奴隷(さすがに見せたら大騒ぎになるよな…)

役人B「さ、ついて来てくれるね?」

奴隷(めんどうだな、逃げるか!)ダッ

役人A「逃げるたぞ!」

役人C「逃がすか!!」バッ!

奴隷「なぁ!?」

役人A「あらかじめ1人隠れてたのだ」

役人C「そう簡単には逃げれると思うな!」

奴隷「いやいや、余裕さ」スルッ

ダッ

役人A「なにしてんだ!」

役人C「す、すまん…」

役人B「さすがに怪しい、追おう」

奴隷「ハッハッ、去らばだ!」シュタッタッタッタッ


強面「ちょっと待ちな!!」


奴隷「今度は何?!」

チンピラ「おうおう、ここで商いするにゃあ俺っち達に挨拶するのが仕来たりなんだ」

強面「とりあえず、その手に持った荷物渡してもらうか」

奴隷「渡すかボッケェ!!!」ドゴッ!

強面「げほっ!」

チンピラ「アニキーー!!」

役人A「いたぞ!あそこだ!」

奴隷「ちっ」ダッ

チンピラ「ア、アニキ」

強面「なにしてる?こうなったら人数増やして役人よりも先に取っ捕まえるぞ!」

チンピラ「へ、へい!」
 


チンピラB「こっちにいやした!」

チンピラC「そっちに逃げたようでさ!」

チンピラD「あっちに行きやした」

チンピラE「あっち?」
チンピラF「どっち?」
チンピラG「こっち」
チンピラH「こっちってどっち?」

チンピラ「「「あそこだーー!!」」」

ドッドッドッドッ

奴隷「なんか増えた~!?」シュタタタタ

役人A「くっ、なんなんだこれは?」

役人B「いや~それにしてもあんなに荷物抱えてるとは思えない速さだね」

奴隷「あったり前だ! つい最近まで空腹が当たり前の底辺奴隷」

奴隷「大事な食糧死んでも放すか!!」


旅人B「放してください!!」
 


旅人B「放してください!」

追っ手A「さあ、捕まえましたよお嬢様」

追っ手B「お屋敷に戻りましょう」

旅人B「いやです!私は旅人さんと…」

旅人A「くっ、お前ら嬢さんに手荒なことをするな!」

追っ手C「おいおい、まずは自分の心配でもしな」

ドゴッ!

旅人A「ぐふっ」

旅人B「旅人さん!!」

追っ手D「旅人さん、だとよ?」

追っ手B「うらやましいね」

追っ手C「もうちょっと痛めつけたら俺らにも優しく話しかけてくれんじゃねえか、な!」

旅人B「やめてーー!!!」

ガッコーーーン!!!

追っ手C「ガッ!痛った……味噌?」

奴隷「1人目」

シュン

シュパーン!!

追っ手C「」ドシャ

追っ手B「えっ?えっ?」

奴隷「2人目」

ベシフッ!

ドッシューン!

追っ手B「」

追っ手A「んなろ!舐めんな!」チャキッ

ドスッ!

追っ手A「へっへっへっ…」

奴隷「3人目」

奴隷「お前は、お前が刺してダメにした米俵の分強めで殴る」

追っ手A「ま、待った!」

奴隷「問答無用」

ドゴッグシャ

旅人B「旅人さん!」

旅人A「嬢さん」

奴隷「ふたりとも下がってろ」

追っ手D「なっ、なんだ!? こいつら助けて何の得があるってんだ」

奴隷「あ? 俺にとっては同類のよしみ以上、商売人と客未満の間柄さ」

奴隷「つまり、こいつはただのアフターサービスだ!!」
 


旅人A「助けてくれるのか?」

奴隷「アフターサービスだって言ったろ?」

旅人B「あふたーさーびす?」

奴隷「知ってるか? 恋に恋する少年少女の背中を押すのは大人の義務らしいぞ」

旅人A「あんたのが年下じゃねえか」

奴隷「くっくっ、突然こんなん言われても胡散臭いよな?」

奴隷「でもちゃんと助けてもらったし、俺も助けてやる」

追っ手D「ふざけたこと言ってんな!!」

奴隷「諦めて寝てる連中つれて帰りな、お前らが束になっても俺には勝てん」

追っ手D「ぐぬぬ…」

役人B「おやおや、また騒ぎを起こしたのかい?」

追っ手D「いいとこに来た! あそこにいるのはある大富豪の一人娘だが話が上手い旅人にそそのかされて家出しちまった」

旅人B「なっ! そもそもは脂ぎった中年を私の婚約者に決めたお父様がいけないのです!!」

追っ手D「わがまま言っちゃいけやせんですぜ、それにあの人はお父様の大切な商売相手」

追っ手D「今までの贅沢だって脂ぎった中年親父のおかげで成り立ってやしたんで」

旅人B「だから私はこれから好きな人と自分の力で生きて行くと決心したのです」

旅人A「嬢さん…」
 


役人B「なにやら複雑な事情のようだね~」

役人A「難しい問題に加担すると後が面倒だぞ」

追っ手D「お嬢さんのご両親はここいらにも顔がきく大富豪、恩を売っといて損はないぜ?」

チンピラA「だそうですよ?」

強面「そんなら買わせてもらうか」

チンピラB「おらおら」

チンピラC「いくらで売ってんだ?」

役人A「不味いことになって来たんじゃないか?」

役人B「まっ、逃がしたら責任問題になりそうだし捕まえようか?」

役人A「またそんな軽く」

追っ手D「形勢逆転だな」

旅人A「くそ!」

旅人B「どうやらここまでのようですね」

旅人A「あきらめるのか? これからは自分で決めるって誓ったはずだろ?」

旅人B「ままなりませんね」

追っ手D「そうでさ、お嬢様さえあきらめたら丸く収まるんでさ」

旅人B「ただし、条件があります! 魚屋さんは見逃してください」

奴隷「俺か?」

旅人B「せっかく助けに来てくれたのにこのような事になり申し訳ありません」

旅人B「それでも、どうか別の方々の背中を押してあけてください」

奴隷「・・・・」
 


奴隷「くっくっくっ…」

奴隷「はっはっはっはぁ~はっはっはぁ~!」

旅人B「魚屋さん?」

旅人A「おい、どうした?」

奴隷「まったく、安く見られたものだ…」

奴隷「これを見ろ!」ビリッ

 


行商人「その刻印は!?」

女将さん「ちょっとやめてくれよ、いきなり大きな声だして」

行商人「間違いねえ、あれこそ魔王の刻印」

行商人「黒騎士騒ぎで持ちきりの王都で散々見たから間違いねえ!」

奴隷「くっくっくっ…、どうやら説明する必要はなさそうだな」

奴隷「聞け! 愚かなる地上の人間どもよ!!」

奴隷「我こそは魔王様直属の中から選び抜かれて、なんやかんやして地上侵略のため潜伏していた魔王軍が尖兵」

奴隷「魔王様による地上侵略はすでに開始されており、度重なる地震もやがて押し寄せる濁流の予兆に他ならない」

奴隷「だが、そのことに気づかず のほほんとバカ面下げた貴様達が哀れだから俺様が親切にも次の地震の発生地点を教えてやろう」

旅人B「突然どうしたんでしょう?」

旅人A「シッ」

奴隷「そう! 気づいた者もいるだろうが次の震源はここだ!!」

奴隷「さぁ、残された時間は10秒! 愚鈍な衆目よせいぜい逃げ惑うんだな!」

奴隷「10」
 


奴隷「9」

追っ手D「……まさかとは思うが信じた奴はいねえよな?」

役人A「いや、あまりに突然で混乱してる…」

役人B「はは、どんどん聞くこと増えてくね~」

奴隷「8…」

チンピラ「アニキ!」

強面「へ、ビビんなよどうせハッタリだ」

奴隷「7…」

旅人A「助けてくれて礼を言うよ、そのカウントが終わったら俺が足止めするからお嬢さん逃がしてくれないか?」

奴隷「6…、追っ手の数をこれ以上増やすのはごめんだな」

奴隷「そうだろ?ドラゴン!!」

ドラゴン『言うようになったではないか』

バサッ!

バサッバサッバサッバサッ

ドスン!

ドラゴン「グガアァァァァッッ!!!」

役人「」

追っ手「」

強面「」

チンピラ「」



奴隷「3!!」
 


強面「きゃあぁぁぁ!!」ダッ

チンピラ「あ、アニキー待ってくだせえ~」

役人A「あわわわわ」

役人B「みんな逃げろ~」

「助けて~」
「急げ~」
「地震が来るぞ~」

追っ手A「んん、何事?」

追っ手D「ぼさっとすんな!」

奴隷「2…」

旅人A「俺達もこの隙に」

旅人B「あの、でも…」

奴隷「1…」シッシッ

旅人B「あのあの、ありがとうございました! 買ったお魚はよく味わって食べますね」

旅人A「行くぞ」


奴隷「0」


シーーン…


ドラゴン「くっくっくっ、はじめての人助けの感想は?」

奴隷「悪くない」
 

今日はここまでです

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom