勇者「最期だけは綺麗だな」 (629) 【現行スレ】


勇者「あぁ~、今日も殺ったな。おい、ちょっと休むぞ」

僧侶「………」

勇者「ぼけっとしてんな。休める内に休んどけ」

僧侶「……何であんなことをしたんですか?」

勇者「はぁ?あんなことってなに? 言いたいことがあるならはっきり言えよ」

僧侶「っ、何で村人まで殺したんですか」

勇者「はっ。何かと思えば、そんなことか。相変わらずバカだな、お前」

僧侶「馬鹿は貴方です!村人は洞窟の魔物を退治して欲しいとーー」

勇者「そうだな。女子供を攫って喰っちまう化け物を皆殺しにしろって頼まれたな」

僧侶「皆殺しって……」

勇者「だってそうだろ? 懲らしめたり追っ払うわけじゃない、殺してくれと懇願されたんだから」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513265058


僧侶「それは、そうですけど……」

勇者「だからだよ。だから殺した」

僧侶「意味が分かりませんよ!村人を殺したことと何の関係があるんですか!?」

勇者「大ありだバカ。お前もあの村を見ただろう。あの村の奴等を見ただろうが」

勇者「どいつもこいつも腑抜けた面をして、自分達で戦おうともしない腰抜け共だ」

勇者「ふらりと立ち寄った俺達に縋り付いて、女子供の仇を取ってくれ? 笑わせんな」

僧侶「彼らには戦う力がないからです!皆が貴方のような力を持っているわけではありません!」

勇者「そんなもんなくても戦えるだろうがバカが!!」


僧侶「それは力ある者の言葉です!」

勇者「ギャアギャアうるせえんだよ!!」

僧侶「っ!!」ビクッ

勇者「これまで何もしてこなかった奴等が、これまで何も守ろうとしなかった奴等が……」

勇者「大の大人が、男が、雁首揃えて泣き喚きやがって……」

僧侶「………」

勇者「おい」

僧侶「…………何ですか?」

勇者「俺達があの村に行くまで、奴等は化け物に怯えるばかりで女子供を守ろうとすらしなかった」


僧侶「何ですかそれ、何で言い切れるんですか……」

勇者「男や年寄りはいたけど、若い女や子供達は殆ど残っちゃいなかった」

勇者「きっと慣れていたのさ、あの状況に。当たり前になってたんだよ、差し出すことが」

僧侶「そ、そんなこと有り得ませんよっ!我々も戦っているって言っていたじゃないですか!」

勇者「あんなの嘘に決まってんだろうが、それを聞いてた女子供の顔を見たか?」

僧侶「……いえ」

勇者「はっ、そうだと思ったよ。だから教えてやる」

勇者「その言葉を聞いた時、何もかもを諦めた顔をしてたよ。棺桶に入ってる奴より棺桶が似合いそうな、そんな顔をしてた」

僧侶「えっ?」

勇者「きっと村の連中に失望して、自分達の置かれた状況に絶望してたんだ」

勇者「袖や裾で隠してはいたが腕や脚に痣があった。村の連中は、女子供が逃げ出さないように暴力で抑え付けてたのさ」


僧侶「そ、そんなはずはーーー」

勇者「命を張って守ってくれるような奴が傍にいるなら、普通は安心するはずだろ?」

勇者「娘達は終始怯えきってた。守ってくれる奴が傍にいるのに、妙だとは思わないか?」

僧侶「……何度も何度も村が襲撃されていたんです。怯えて当然ですよ」

勇者「にしても怯え過ぎだ。男共に触れられた時なんて飛び跳ねるほど驚いてただろ?」

僧侶「(……言わてみれば、そうかもしれない)」

僧侶「(あの時は魔物の話を聞いていたから気に留めなかったけど、あの反応は確かにおかしい)」

勇者「……あれは化け物に怯えてたわけじゃない。あの娘達は村の連中に怯えてたんだ」

僧侶「でも、それは憶測じゃないですか。貴方は憶測で罪も無い人をーーー」

勇者「奴等を斬った時、ようやく安心しんたんだよ。化け物を皆殺しにしたって言った時はまだ怯えてた」


僧侶「え?」

勇者「俺が村長やら男共を斬り殺した時、あの娘達は安心してた」

勇者「化け物は皆殺しにしたって言った時よりも、ずっとずっと安心していたよ……」

僧侶「………」

勇者「お前さ、さっき力を持たないから戦えないだとか抜かしてたよな?」

勇者「自分達が生き残るために女子供に平気で暴力を振るうクセに、化け物と戦う力はないってわけ?」

僧侶「それは……」

勇者「それは? なに?」

僧侶「わ、私はただ、救いを求める人を殺すのは間違っていると言っているんです」

勇者「ハハハッ! 笑わせんなバカ」


僧侶「……ッ」ギュッ

勇者「何が救いだよ、反吐が出る」

勇者「救えたはずの命を見殺しにして、自分より力の弱い女子供を盾に生き延びてきた奴等に救い?」

勇者「あんな奴等に救いなんてあるわけねえだろうが。もしあれが人間だって言うなら尚更だ」

僧侶「私達が倒すべき敵は魔物です。魔物を倒し、人々を救うのが私達の役目です」

僧侶「守るべき者を、救うべき人々を手に掛けるのは間違っています。やり方も……」

勇者「やり方はどうあれ、お望み通り救ってやったじゃねえか」

勇者「人の姿をした邪悪で醜悪な化け物の群れから、か弱い娘達をな」

僧侶「…………」

勇者「俺が殺すのは化け物だけだ。覚えとけ」


僧侶「それが勇者たる人間の言葉ですか!?」

僧侶「それが人々を救うべく神に選ばれた者の、希望を託された者のすることですか!?」

勇者「知ったことかよ」

勇者「まあ、少なくとも村に繋がれてた娘達にとっての希望にはなれたんじゃねえか?」

勇者「すぐに村から出るように言ったし、どっかの町に向かってるとこだろ。自由を求めてな」

僧侶「……簡単に言いますけど、途中で魔物に襲われたらどうするつもりですか?」

勇者「金はくれてやったし、お前の持ってた魔除けの水……聖水だっけ? あれも全部くれてやったから大丈夫だろ」

僧侶「そうですか、それなら大丈夫ですね……って、全部!?」

勇者「何、文句あるの?」

僧侶「眠る時はどうするんですか!あれがあるから今までは安心して眠れたのに……」

勇者「へ~、救うべき人々よりもご自分の安眠の方が大事なわけですか」


僧侶「うっ…」

勇者「あれだけ御立派なこと言ってた僧侶様がそんなこと言うとは思わなかったよ」

僧侶「べ、別に自分の方が大事だとか言ってないです!全部あげたことに驚いただけで……」

勇者「あ、そう。まあいいさ。そういうことにしといてやるよ」

僧侶「(本当に嫌な人。何でこんな人が勇者なんだろう。神様は何でこんな人を……)」

勇者「大体、お前が魔除けなんてものに頼るから悪いんだよ。なまっちょろい」

僧侶「は?」

勇者「覚悟が足りねえって言ってるんだ。寝る間も惜しんで化け物を殺すのが俺達の役目だ」

勇者「眠らずに斬りまくれば、今までの倍……いや、それ以上の化け物を殺せる」


僧侶「それ、本気で言ってます?」

勇者「当たり前だろうが、バカかお前」

僧侶「(すぐ馬鹿って言うし、口悪いし)」

勇者「そのくらい本気でやらねえと、あの村にいた化け物が増えちまうからな」

僧侶「?」

勇者「化け物は化け物を生むってことだよ。死ぬのを覚悟で戦う奴なんてのは、ほんの一握りだ」

勇者「大半は誰かにやってもらおうとする。一国の王でさえそうなんだ」

勇者「人は人に縋る。勝手に救いを求めてな。それが無理だと分かったら何をするか分からない」

勇者「あの村の連中みたいに、人間でいるための歯止めが利かなくなる。何でもやる」

僧侶「……追い詰められた人間は、人間に害をなす。そう言いたいのですか?」


勇者「そう言ってんだろうが、バカかお前」

僧侶「(いつもこれだ。ことある毎に馬鹿馬鹿って!)」ムカッ

勇者「人間、ああなったらお終いだ。お前の治癒術法でも治せない。心までは癒せないからな」

勇者「覚えとけ。あいつ等みたいに何でもする人間って奴は、人を襲い喰らう化け物と変わりないんだよ」

僧侶「(それは貴方の中の考えです。救われない人なんていない。どんな人にだって、きっと……)」

勇者「それから、もう一つ」

僧侶「は、はい、何ですか?」

勇者「人間がか弱い生物だなんて考えは捨てろ」

勇者「自分が狂ってることに気付いていない人間の方が、化け物なんかより厄介だ」

勇者「後、自分を信じてる奴、真っ当だと思ってる奴を信じるな。そういう輩は総じて質が悪いからな」


僧侶「貴方みたいに?」

勇者「俺、信じろなんて言ったっけ? お前さ、俺をお友達や何かだと思ってたわけ? バカ?」

僧侶「~~~!!」カァァ

勇者「お前はいつまで経っても現れない神様でも信じてりゃあいいんだよ。今まで通りにな」

僧侶「あ、貴方は何で嫌味ばかりを言うんですか!!」

勇者「嫌味じゃなくて真実だろ?」

勇者「化け物も化け物共が崇める竜も、神様が現れてぱぱっと殺してくれれば解決するんだからな」

僧侶「違います」

僧侶「これは神が与えた試練なんです。人間の手で解決しなければ意味がありません」

勇者「へ~、そうなんだ。それが本当だとしたら、神様ってのは随分と嫌な奴なんですね」ニコリ


僧侶「私は貴方のような人の方が嫌いです」

勇者「俺もだよ。よし、これで話はまとまったな。それじゃあ行くか」

僧侶「行くって、何処にですか?」

勇者「いちいち聞くなよ鬱陶しい。お前は付いてくれば良いんだよ」

僧侶「っ、はい。分かりました……」

勇者「お前が下らない質問するから予定が狂った。ほら、急げ。さっさと行くぞ」スタスタ

僧侶「(はぁ、どんどん先に行っちゃうし、気配りとかないし、私のことなんて考えてないんだろうな)」

勇者「………」スタスタ

僧侶「(あんな人とこれからも旅を続けていたら、おかしくなりそうな気がする)」


僧侶「(大丈夫かな、私……)」トボトボ

ガサッ!

僧侶「(っ、魔物!?何で!? そうだ、聖水はもうないんだ。ダメ、間に合わーーー)」

ブシュッ…

僧侶「………?」

僧侶「(止まった? 喉奥から鋭利な舌が伸びて……舌? 違う。これは、剣?)」

ズルリ ドチャッ

勇者「……おい」

僧侶「!?」ビクッ

勇者「さっき言ったことを忘れたの? やっぱりバカだな、お前」ジャキッ


僧侶「(魔物を背後から突き刺した?)」

僧侶「(あんなに離れていたのにどうやって……っていうか、また馬鹿って言った)」

勇者「もう魔除けはないって言っただろ。ここからはこれが当たり前になる。気を抜くな」

僧侶「は、はい」

勇者「次は殺せ」

勇者「お前は治癒以外にも術法使えるんだろ?生きたいなら、いつでも殺せる準備しとけ」

僧侶「………分かり、ました」

勇者「何? まさかお前、まだ躊躇ってんの? 救うとか大層なこと言ってたクセに?」


勇者「聞いてんのか、おい」

僧侶「………」

勇者「チッ」ゲシッ

僧侶「痛っ、何で蹴るんですか!」

勇者「お前、綺麗なままでいようなんて思ってんじゃねえだろうな?」

僧侶「そ、そんなことーーー」

勇者「だったら戦え。誰も助けちゃくれないんだ」

勇者「本気で誰かを救いたいと思うなら、血塗れになってでも救え。その手を汚さなけりゃ、誰も救えねえぞ」

僧侶「………はい」

勇者「あ? 何言ってんのか聞こえねえよバカ」


僧侶「戦います!!」グスッ

勇者「あ、そう。一生懸命頑張ってね」スタスタ

僧侶「……」ムクッ

トコトコ

僧侶「………」グスッ

僧侶「(情けない。蹴られて、馬鹿にされて、見下されて……助けられるなんて……)」グシグシ

僧侶「(悔しい。でも、私には足りない。口先ばかりで戦う覚悟もない)」

僧侶「(あの人はあんなだけど、言うだけのことはやってる。やってるから、言えるんだ)」ズビッ

勇者「うるせえな、いつまでも泣いてんじゃねえよ。ガキかお前は」

僧侶「(……私はーーー)」

勇者「ハハハッ! すぐ顔に出るんだな。分かりやすい女」

僧侶「(私は、この人が大っ嫌いだ)」

また明日


【#1】化けの皮

僧侶「はぁっ、はぁっ」ガクンッ

勇者「遅えんだよ。さっさと付いて来い。この森を抜ければ目的地だ」

僧侶「(そんなこと言われたって山歩きなんてしたことない。あの人、何であんなに早く歩けるの?)」

僧侶「(枝に足は取られるし、ぬかるんでるところもあるし、枝葉は邪魔だし、歩きにくいったらない)」

勇者「何だよ、恨みがましい面で見てんじゃねえよ。こうなった原因はお前だろうがバカ」

僧侶「はぁっ、はぁっ」

勇者「はん、救うだの何だの大口叩いてた割に根性ないな。ほら、どうした? 頑張れよ。神様に笑われちまうぜ?」

僧侶「(うるさい)」

勇者「睨む気力があるなら付いて来い。この程度でへばってんじゃねえ」

僧侶「(……言われなくたって付いて行きますよ。もう、馬鹿にされるのは沢山だ)」ガサッ


勇者「それでいい、喋らず歩け」

勇者「僧侶、お前は黙っていれば二割増しくらいで可愛く見えるよ」ニコリ

僧侶「(出会った頃にこんな人間だと知っていたなら、本質を見抜けていたなら……)」

ーーー
ーー


勇者「初めまして」ニコリ

僧侶「え? あ、はい。初めまして……」

司教「驚かせてしまったかな?」

僧侶「あの、司教様。失礼は承知ですが、本当にこの方が勇者様なのですか?」

司教「そう。彼こそが勇者だ」


勇者「僧侶さん」

僧侶「な、何ですか?」

勇者「私は神に仕え、世に蔓延る魔を討ち、人々を混迷の世から助けたいと、そう思っています」

僧侶「(しっかりした人。紳士的だし、優しそうだし……本当に、この人が勇者様なんだ)」

勇者「どうしました?」

僧侶「い、いえ。その志に胸を打たれてしまって……恥ずかしながら、言葉が出てきませんでした」

勇者「志だなんて、そんなものでは……私はただ、自分の成すべきことを成すだけです」

僧侶「……怖ろしくは、ないのですか?」

勇者「僧侶さん、魔を怖れてはなりませんよ」

勇者「神に仕える私達こそが正義なのです。ですから、私達は決して怖れてはならないのです」


僧侶「(す、凄い信仰心。私も見習わないと)」

勇者「?」

僧侶「(私と同い年か、ちょっと上くらいかな。今までに見たことのない、力強い目をしてる)」

僧侶「(何があっても付いて行こう。この人の役に立ちたい。この人なら、きっと……)」

司教「まだお若いというのに素晴らしい信仰心。大司教様より聞き及んでいましたが、感服致しました」

勇者「いえ、そんな。私などまだまだです」

勇者「司教様、私のような未熟者に協力して下さり、ありがとう御座います」

勇者「司教様や大司教様のお力添えがなければ猊下に会うことは出来ませんでした。まして陛下になど……本当に、何と言ったらいいか」

司教「いいのですよ。さあ、頭を上げなさい」

司教「貴方は武勇に優れた人格者であり、敬虔な信者でもある。正に模範と言える人物です」

勇者「………しかし、まだ若すぎると、使命を理解していないと、そう口にする方々もいます」


司教「実に嘆かわしいことです」カツン

司教「人を判断するに年齢は関係ありません。年齢や外見ではなく、その者の本質を見極めなければならない」

司教「貴方の本質を見たからこそ、国王陛下もお認めになられたのです。教皇猊下を始めとした方々も」

勇者「……有難きお言葉」

司教「その旨は世界各地の教会に伝えてあります。国王陛下も各地に支援団体を作るとのこと」

司教「それでも充分とは言えないでしょうが、旅の援助になることを切に願っていますよ」ニコリ

勇者「そ、そんなっ! 何も、そこまでせずとも私はーーー」

司教「貴方は我々の希望。神の子。子のために何かしようとするのは当たり前のことでしょう」

勇者「司教様、私の素性を知っているでしょう? 私は穢れた身。神の子などでは……」


司教「おやめなさい」

ギュッ

勇者「司教様、私は……」

司教「貴方は穢れてなどいませんよ。清らかな心と高潔な精神を兼ね備えている。立派な人間です」

司教「だからこそ、皆が認めたのです。これからは、今の自分を誇りなさい」

勇者「司教様……」ギュッ

司教「………落ち着きましたか?」

勇者「は、はい」

勇者「取り乱してしまって申し訳ありません。僧侶さんにも、お恥ずかしいところを見せてしまいましたね」グシグシ

僧侶「いえっ、そんなことは」オロオロ

僧侶「(あんなに泣いて……穢れた身ってどういうことだろう?)」


勇者「自分が情けない。これから旅に出るというのに、涙を流すなど……」

司教「勇者、よいのですよ。神の前で隠し事をすることはありません」

司教「人とは、常に何かを抱えているものなのですから……さて。では、僧侶」

僧侶「はい」

司教「貴方はこれより、勇者と共に旅に出ることになります」

僧侶「はい、承知しております」

司教「貴方は若くして術法の素養を開花させた。貴方ならば、きっと勇者を支えられることでしょう」

司教「傷を負えば癒し、時に寄り添い、共に魔を討ち、混迷の世に光を」スッ

僧侶「勇者様と共に」スッ

司教「よろしい」

司教「では、勇者、僧侶。神の前で手を取り、互いに誓いなさい」

勇者「分かりました。では、僧侶さん。手を」

僧侶「はい……」スッ


司教「では、勇者。誓いを」

勇者「はい」

ギュッ

勇者「私はこの力を継いだ時より、人に尽くし、人に生きると誓いました」

僧侶「(……綺麗。こんな人、いるんだ)」

勇者「そして新たに、如何なる時でも己を見失わず、如何になる困難にも立ち向かうことを、ここに誓います」

司教「よろしい。では、僧侶」

僧侶「私は如何なることがあろうと神に仕え、貴方と共にあることを誓います」

僧侶「貴方と共に、世に蔓延る魔から人々を救い、彼の者を打ち倒すことを、ここに誓います」

ーーー
ーー


僧侶「(旅をしてすぐに、あの時に語った全てが嘘だと分かった)」

僧侶「(あれは教会から援助を受けるための嘘。あの人は、神を利用していたに過ぎなかった)」


勇者「おい、止まれ」

僧侶「(一緒になんていたくない。でも、私は神の前で誓った。誓ってしまった。誓いは破れない)」

僧侶「(あの人が本当はどんな人間かを告げたところで、誰も信じてはくれないだろう)」

僧侶「(あの人は、演じるのが巧い)」

僧侶「(一度は私も目を奪われた。美しい顔立ち、佇まい、所作。全ては計算された仕草だったんだ)」

勇者「止まれって言ってんだよ。聞いてんのか?」ガシッ

グイッ

僧侶「痛っ…何をするんですか!」

勇者「君のお陰で今日は野宿に決定しました。何か言うことはありますか?」


僧侶「離して下さい」

勇者「ごめんなさいは?」ニコリ

僧侶「……ごめん、なさい……」

勇者「よし。じゃあ、俺は薪を探してくるから。お前は黙って此処にいろ。下手に動くなよ」ザッ

僧侶「(あんな人、勇者だなんて認めない。神の子でもない。人心を惑わす悪魔だ)」

勇者「あ、忘れてた。ここは開けた場所だから化け物と戦いやすい。これ、この辺りに刺しといて?」スルッ

ドサドサッ ガチャンッ

僧侶「こ、これを、全部?」

勇者「お前さ、いちいち言わなくちゃ分かんないわけ? 察しろよバカ」

僧侶「(もう反応しない。ここで言い返したら負けなんだから。我慢しろ、私)」


勇者「出きるだけ広範囲に刺せ」

勇者「間隔は近すぎず遠すぎずだ。生き延びたかったら真面目にやってね?」ニコリ

僧侶「分かりました」

勇者「じゃっ、薪を拾ってくるよ。戻るまでに済ませとけ。というか、少しは役に立って下さい」

僧侶「……っ、はい」

勇者「頼んだよ、僧侶さん」

スタスタ

僧侶「……やっと行った。んっしょ。うわっ!」ガクンッ

ドタッ

僧侶「(何これ、凄く重たい。あの人、こんなものを背負いながら森を歩いてたの?)」

僧侶「(ダメだ。背負いながらだと、とてもじゃないけど動けない。二、三本抜いて、少しずつ刺していこう)」


僧侶「んっ、しょ……」

サクッ サクッ サクッ

僧侶「(あ、そうだった)」

僧侶「(聖水はないし、これからは自分の身は自分で守るんだ。まず、眠る時は結界を張らないと)」

僧侶「(朝までなら保つとは思うけど、強度はどうだろう。後で色々試してみよう)」

サクッ サクッ サクッ

僧侶「(これ、地味に疲れる。あと何本あるんだろう。帰ってくるまでに終わらせなきゃ……)」

勇者『少しは役に立って下さい』

僧侶「(腹立つ。でも、ちゃんとやらないと……近すぎず、遠すぎず、このくらいかな?)」

サクッ サクッ サクッ

僧侶「(前に複数の魔物と戦った時は走ってたし跳んでた……もう少し、遠い方が良いかな)」


【#2】化け物は善悪を語るか

パチパチッ

勇者「何してんだ、食えよ。中々美味いぞ」

僧侶「今は無理です。兎を捌くところを見ていたら食欲が失せました」

勇者「肉を食ったことくらいあるだろ?」モグモグ

僧侶「それは、ありますけど……」

勇者「普段見てないってだけで、こうやって食ってんだよ。腹に入れば同じだろうがバカ」

僧侶「野蛮人め……」ボソッ

勇者「あ?」

僧侶「何でもないです」

勇者「ほら、食え。沢山食って血を作らねえとぶっ倒れちまうぞ」


僧侶「嫌です」プイッ

勇者「あ、そう。なら仕方ないな」

もにゅ

僧侶「なっ、何するんで……ングッ!?」

勇者「食えって言ったら、食え」

僧侶「ング…ぷはっ……はぁっ、はぁっ」

勇者「どうだ、美味いだろ?」ニコ

バチンッ!

勇者「……痛いな、何すんだよ」

僧侶「貴方は最低です。無理矢理あんなことするなんて……」

勇者「急におっぱい触ったことは謝るよ。おっぱい触ってゴメン。意外とおっぱいデカいんだな」

僧侶「そっちじゃない!おっぱいおっぱい言うな!!」


勇者「おっぱいじゃなかったら何だよ」

僧侶「無理矢理に食べさせたでしょう!?」

僧侶「貴方は何であんなことが出来るんですか!私は食べたくないって言ったのに!!」

勇者「優しさだよ」

僧侶「貴方の優しさは歪んでます!」

勇者「食わなきゃ死ぬぞ? 今日はきちんと食って、ゆっくり休め」

僧侶「………は?」

僧侶「(きちんと食って、ゆっくり休め? この人がそんなこと言うわけない。きっと幻聴だ)」

勇者「魔除けの水はない」

勇者「化け物が出る。俺は朝まで戦う。お前は使えないから寝てろ。そう言ってんだよ。お分かりになりました?」


僧侶「ひ、一人でなんて無茶ですよ」

勇者「お前みたいな奴がいると邪魔なんだよね。戦う覚悟もない奴に足を引っ張られるのは御免だ」

勇者「お前となんて一緒に死にたくないし、死ぬなら戦って死ぬ。臆病者は引っ込んでろ」

僧侶「ッ!!」ギリッ

勇者「お前、聖術とかいう便利なもんを使えるんだろ? 司教から優秀だって聞いたぞ」モグモグ

僧侶「……少しは、得意です」

勇者「あ、そう。結界とか張れるのか?」

僧侶「張れますけど、戦闘中は難しいです」

僧侶「今のように止まっているなら簡単ですけど、動き回る人に結界を張るのはーーー」

勇者「なに言ってんだお前、誰が俺に結界を張れって言った」


僧侶「え?」

勇者「お前がお前に結界を張るんだよ。そのまま朝までじっとしてろ。出て来んなよ」

僧侶「でも、怪我をしたりしたらどうするんですか? 貴方は術法を使えないんですよ?」

勇者「そうなったら仕方ねえさ。俺はその程度の男だったってことだ」

僧侶「何で……」ポツリ

勇者「あ?」

僧侶「何でそこまで命を軽んじることが出来るんですか!? 自分の生き死になんですよ!?」

僧侶「村人を殺した時だってそうです!!」

僧侶「はっきり言って貴方は異常です!命の尊さをまるで分かっていません!!」

勇者「ギャアギャアうるせえな!! んなことは分かってーーー」

僧侶「分かってない!! 簡単に戦うだとか死ぬだとか言わないで!!」


僧侶「貴方は、分かってません……」

勇者「………」

僧侶「どんな人にだって家族がいて友人がいて、助け合って愛し合って生きているんです」

僧侶「貴方は、あの村でそれを簡単に断ち切った。迷いなく斬り捨てた」

僧侶「許されない罪を犯した人間にだって、そこから救う道はあるはずです」

勇者「何それ? ただの理想論じゃねえか。何もしなかった奴には言われたくないですねえ」ニコニコ

僧侶「っ、だからといって殺さなくてもいいでしょう!?」

勇者「じゃあ何か? 化け物は問答無用で殺して良くて、化け物みたいな人間は救えってか?」

勇者「化け物にも家族や友達がいるだろうよ。嫁や子供、恋人だっているだろうよ。違うか? なあ?」


僧侶「そんなことーーー」

勇者「分からないか?分からないから理解しないのか?分かりたくもないか? 理解出来ない奴は殺すわけだ」

勇者「人間の命は尊くて、化け物の命はゴミみてえなもんか? この兎の命は? 化け物より上か下か?」

僧侶「っ、貴方は理解しているんですか!?」

勇者「してないし、する気もないね」

勇者「俺は化け物を殺す。人間のような化け物も、化け物のような化け物も同様に殺す」

勇者「人間を殺した人間は救われて、人間を殺した化け物は殺される。これじゃあ道理から外れてるだろうが」

僧侶「………化け物は、貴方です」

勇者「あ? 今、何て言ったお前?」

僧侶「っ、化け物は貴方だと言ったんです!!」

僧侶「自分勝手な正義を振りかざして人を裁く。そんなものは正義ではありません!!」


勇者「口先だけは立派だな」

僧侶「何と言われようと構いません」

僧侶「貴方には、人として備わっているべき道徳や倫理がない。暴れ狂う獣と同じです」

勇者「……分かった分かった。もういいよ。悪かった」

僧侶「え?」

勇者「もう聞きたくもない、理想論でお腹一杯だ」

勇者「もう話すことないだろ? お前の気持ちは痛い程に分かったよ」

勇者「だから、もう寝ろ。眠れるかどうか分かんねえけどさ。ほら、向こうに行ってじっとしてろ」


僧侶「………あの」

勇者「なに?」

僧侶「……さっきは言い過ぎました。化け物だなんて言って、ごめんなさい」

勇者「謝るくらいなら最初から言うなバカ」

勇者「それよりほら、化け物からの有難い贈り物だ。お前が持っとけ」ポイッ

僧侶「……これは聖水? 全部渡したはずではなかったんですか?」

勇者「全部は貰えませんとか言われてな。だから、一個だけ残して渡した」

勇者「魔除けの水なんて俺には必要ない。いざとなったら、お前が使え」


僧侶「………」

勇者「なに?」

僧侶「………ありがとうございます」

勇者「謝ったり礼を言ったり面倒臭い女だな。もういいから、さっさと向こう行けよバカ」

僧侶「……お休みなさい」

勇者「………」

僧侶「………っ」キュッ

トボトボ

勇者「(怒ったり落ち込んだり忙しい女。その点、村の娘達は素直で可愛かったなぁ)」

勇者「(頬を赤らめて抱き着いてきた時はどうしようか迷った。今思うと、素直に抱いとけば良かった)」

勇者「あ~、疲れた……」ゴロン

勇者「……………化け物、暴れ狂う獣。いつかはそうなるんだろうか。殺される側、怖れられる側に」


【#3】頑張る人、隠れる人

僧侶「(うん、これなら大丈夫かな)」

僧侶「(これくらいの強度なら持続出来るだろうし、低位の魔物の攻撃なら防げるはず)」

僧侶「(後は朝日を待つだけだ。そう、後は朝日を待つだけ)」

僧侶「(……仕方ないのかな?)」

僧侶「(私が戦っても、あの人の足手まといになるだけだ。それは、これまでの戦いで分かってる)」

僧侶「(でも、本当にいいのかな? このまま、何も変わらないままで……)」

僧侶「……良いわけない」

僧侶「(そんなことは分かってる。だけど、あの人はどうなんだろう?)」

僧侶「(助けられたことはあっても助けたことはない。助けを求められたこともない)」

僧侶「(……私は、あの人の後ろにくっついて歩いて来ただけ。お荷物だ)」


僧侶「(半端者、臆病者……)」

僧侶「(そう言われると悔しいから、口では否定してみせるけど、結局はあの人の言う通り)」

僧侶「(一緒に戦って言ったけど、それって同じ場所に立ってるから成立することだ)」

僧侶「……私は、あの人の背中ばかり見てる」

僧侶「顔を見るのは口喧嘩をする時だけ。本当に立派だよ、何もしてないくせに」

僧侶「あの日から今まで、何もしようとしなかったくせに……この、臆病者……」ギュッ

ーーー
ーー


勇者「相変わらず数だけは多いな、お前等」ブンッ

ゴシャッ ドサドサッ

勇者「(もう壊れやがった。武器足りるか?)」ポイッ

勇者「灰色の化け物。オークだっけ?お前等は洞窟で殺した奴等の親戚? 仲間の仇討ち?」ガシッ


勇者「報復?復讐?」

ゾロゾロ

勇者「まあ、理由なんて何でもいいや」

勇者「此処でお前等をまとめて殺せば、ここら辺の被害はなくなる」

>>殺せ 殺せ あいつを殺せ

>>あいつだ あいつが やったんだ

>>一人だ 囲め 囲め

>>千切れ 千切れ 千切って 喰うぞ

勇者「……それが当たり前だよな」

勇者「化け物だろうが何だろうが、家族を殺されて黙っていられる奴はいねえよな」ダッ


勇者「なあ、化け物よぉ?」

>>!?

ザンッ ゴロン

勇者「(一撃で壊れやがった。粗悪品だな)」ポイッ

勇者「あの村の連中より人間してるよ、お前等」

勇者「仇を取りたいなら掛かってこい。お前等の仲間は俺が殺ったんだ」

ゾロゾロ

勇者「ところで、一つ聞きたいんだ……」ガシッ

勇者「人間の、女子供の肉ってのはそんなに美味いのか? 兎や猪じゃあ駄目なのか?」

勇者「……駄目なんだろうな、満足出来ないんだろ? 洞窟でぐちゃぐちゃにしてたからな」

勇者「髪の毛剃って、体毛剃って、爪剥がして、丁寧に丁寧にやってたもんなぁ」

>>弓だ 弓を使え

>>槍だ 槍を使え 遠くから 刺せ

>>あいつの武器 壊せ

勇者「人間はお前等を喰わねえのに、何でお前等は人間を喰うんだ? なあ?」

勇者「お怒りのようですけども、お前等だって人間に殺されても文句言えねえんだよ。つーか、言わせねえからな」ダッ


勇者「叩いて」

ゴシャッ

勇者「刺して」

ゾブッ

勇者「斬って」

ザンッ

勇者「殴って」

メキャッ

勇者「千切って」

ミヂミヂ ブチッ

勇者「潰してよぉ」

ドチャッ

勇者「結局は無惨に殺されるんだ」

勇者「お前等がいつもしてるやつだ。やり方は嫌でも覚えたよ。どうだ、上手いもんだろ?」


勇者「数が少なくなってきた」

勇者「武器より先にお前等の方が尽きそうだな。どうするよ。まだ続ける?」

>>逃げる ぞ

>>逃げろ 逃げろ

>>あいつは 喰えない あいつに 喰われる

勇者「逃がすわけねえだろクソが。続けるしかねえんだよ。お前等は全員ぶち殺ーー」

ズズンッ

勇者「何だぁ?何が降って来やがった? まさかーーー」

ズオッ

勇者「危ねえ!」

ビタンッ! グシャッ

勇者「(オークは今ので死んだな。それより)」

勇者「(まだ土煙でよく見えねえが、あれは確かに尻尾だった。ってことは龍だ。あの時の奴か?)」

また明日


【#4】未だ、勇者は現れず

勇者「(奴か?それとも違う龍か?)」

勇者「(どっちでもいい。あの野郎じゃなくても龍だったら殺す。龍だけは……)」


勇者「(さあ、姿を見せろ)」ガシッ

サァァァ

古龍「この場合、久方振りと言うのか。人間は」

古龍「あれから四年か五年か……大きくなったな、小僧。いや、今は勇者だったか」

勇者「ッ!!」ダッ

古龍「眼付きが変わったな」

古龍「射殺さんばかりの眼をしておる。随分と恨まれているようだな、儂は」


古龍「小僧、儂が憎いか」

勇者「当たり前だクソが!くたばれや!!」

ズギャッ!

古龍「此度は話があって来たのだが、貴様は話も聞けぬのか」

古龍「あまりにも歩みが遅いものだから、儂が直々に会いに来てやったというのに」

勇者「お前と話すことなんざねえよ」

勇者「黙って俺に殺されろ。死んで、骸になって、化け物共の餌になれ」

古龍「……やれやれ」

勇者「(駄目だ、こんな剣じゃあ傷一つ付けられねえ。大槌だ、大槌はどこにある)」


古龍「たかが五年……」

古龍「儂からすれば瞬きの間。その瞬きの間に、貴様は随分と様子が変わった。濃密な時間を生きたと見える」

勇者「(……あった)」ダッ

古龍「聞いておらぬか」

勇者「取り敢えず死ね。話はそれからだ」ガシッ

古龍「死んだら話せんだろう」

勇者「地獄で聞いてやるよ」

ドゴンッ!

勇者「ハハハッ! おら、ぶっ壊れろ!!」


古龍「(人の身で、儂の鱗を砕くか)」

古龍「(やはり、この力は侮れん。絶たねばならぬ。が、絶つには惜しい。此奴も惜しい)」

勇者「何だぁ?何を見てやがる? いつまでも見下ろしてんじゃねえぞボケが!!」ダンッ

古龍「図に乗るなよ」

古龍「儂を糞だなんだと言ってくれたな。ならば、貴様は蝿だ。糞に集り飛び回る蝿よ」グワッ

勇者「(大口開けた。火を吐く気だ)」

古龍「飛び跳ねたままでどう避ける? 勇者といえども飛べはせんだろう?」

ゴォォォォッ…ヌッ

古龍「!?」

勇者「ハナっから避ける気なんざねえんだよ。焼けて爛れても、お前を殺す」

古龍「(此奴め、火に巻かれて尚も向かって来るか。これでこそ、これでこそ来た甲斐があったと言うものよ)」


勇者「(熱い。この臭いは何だ?)

勇者「(肉の焼け…焦げる臭いがする。焦点が定まらねえ。っていうか殆ど見えねえ)」

勇者「(っ、どうした。しっかりしろボケ。あいつが目の前にいるんだぞ。機を逃す気かクソバカ野郎)」

勇者「(ほら、思いっ切り打っ叩け)」

ドギャッ

勇者「(当てた。当てたが……)」

古龍「力はあるのだろうが武器が脆い。それが人の武器の限界か」

勇者「……くそっ…」

ドサッ

古龍「これで、話が出来るな」

勇者「……うるせえ。見下ろしてんじゃねえ」


古龍「そう睨むな」

古龍「……しかし、刃が立たないと分かっていながら儂に牙を剥くか。あの時の人間を思い出す」

勇者「人間じゃねえ、勇者だ」

古龍「そうだったな。厳密には、あの男は勇者であった人間だ。今は、貴様が勇者なのだろう」

勇者「はっ、俺が勇者?笑わせんな」

勇者「……俺は違う。俺は勇者なんかじゃない。お前さえ殺せりゃあ、それでいい」

古龍「………」

勇者「何だよ?何か問題あんのか?」

勇者「お前を殺せば、人間様は大層お喜びになる。俺だって嬉しい。その後どうなろうが構わねえ」

古龍「………」

勇者「……ゲホッ…お望み通り喋ってやってんだ。何か言えよこの野郎。殺るなら殺れよ」


勇者「ただ……」ズリッ

古龍「(立ち上がるか、あの体で……意気は衰えていない。寧ろ、先程よりも……)」

勇者「ただ、黙って殺されてやるわけにはいかねえな。目玉の一つでも潰さねえと格好が付かねえ」

古龍「これは残りの一つだ。この目を潰されるわけにはいかんな……勇者よ、聞け」

勇者「うるせえ、勇者って呼ぶんじゃねえよ。勇者はあの人だけだ」

勇者「後にも先にも、勇者はあの人だけなんだよ。あの時、お前が殺した男……あの人が、勇者だ」ジャキッ

古龍「……そうか。では小僧、一つ言っておく」


勇者「あ?」

古龍「儂を殺したいのなら殺すがいい。殺せればの話だがな」

古龍「だが儂は、貴様に殺されるまでもなく死ぬ。直に、老いて死ぬ。そこで話がある。取り引き、と言ってもよい」

ーーー
ーー


僧侶「はぁっ、はぁっ」

僧侶「(あの人のところに行ったらいないし、地響きがしたと思ったら森は燃えてるし、一体何が起きてるの?)」

僧侶「(何が起きたのか分からない。だけど、きっと何かが起きたんだ。早く捜さなきゃ)」タッ


僧侶「はぁっ、はぁっ、火の勢いが強く……これは」

僧侶「(これはオークの死体? 何かに押し潰されて……というか、地面が抉れてる。範囲も広い)」

僧侶「(これはあの人がやったんじゃない。他の何かがやったんだ。何だろう、凄く嫌な予感がする)」

僧侶「早く、早く見付けないと」

タッタッタッ

僧侶「はぁっ、はぁっ」

僧侶「(ダメだ、此処にもいない。一体何処まで行ったんだろう。この先かな? でも、この先は火の勢いが……?)」

僧侶「なに、あれ……」

僧侶「(炎の奥に、何かが見える)」

僧侶「(恐ろしく巨大な何かがいる。揺れているのは尻尾? あの影を作っているのは翼? だとしたらあれはーーー)」

僧侶「……………龍」


【#5】選択

僧侶「……あれが、龍」

僧侶「魔の頂点、悪の権化、神に仇なす邪悪なる蛇、世に終わりをもたらす者」

僧侶「……私はあんなモノと戦おうとしていたの?」

僧侶「(脚が震える。火に囲まれているのに寒気がする。視界が揺らぐ。怖い、逃げ出したい)」

僧侶「(あの人はあんなものと戦っているの? たった一人で? 私は、私はどうしたら……)」

勇者『だったら戦え。誰も助けちゃくれないんだ』

勇者『本気で誰かを救いたいと思うなら、血塗れになってでも救え。その手を汚さなけりゃ誰も救えない』

僧侶「っ、いつまで繰り返すんだバカ、臆病者」

僧侶「やるべきことは分かってるはずだ。何を迷う必要がある。さっさと行け」


僧侶「そうだ。行くんだ。私が助けるんだ」

ーーー
ーー


勇者「寿命で死ぬ?ふざけたこと抜かすな」

古龍「事実だ。残り一年かそこらだろう。儂は死に、大地に還る」

勇者「ふざけんな、その前に俺が殺してやる。そうしねえと力を継いだ意味がねえ」

古龍「それならばそれでよい。先程もそう言ったであろう。よく聞け、小僧」

古龍「ここ最近、儂の死期を知った者が争い始めた。次なる王の座を巡って対立しておるのだ」

勇者「あ、そう。それは大変良いことだ」

勇者「お前は困ってるみたいだけど、俺はすっげえ嬉しい。そのまま滅べ」

古龍「……儂の亡き後、人ならざる者達を導く者が必要となる。そこで、取り引きだ」


勇者「どんな取り引き内容か知らねえが……」

勇者「お前にはこれが取り引きに応じる奴の顔に見えるか? 爛れて分かんねえか?」

古龍「儂は、貴様を次なる王に指名しようかと思っておる」

勇者「はぁ?寝惚けたこと言ってんじゃーーー」

古龍「人間とは醜く、浅ましく、救い難い。小僧、貴様も憎かろう。勇者を奪った人間が」

勇者「………」

古龍「小僧、こちらに来い。その力を使い、迷える者達を導くのだ。魔の王となれ」

古龍「強き者に従うのが魔のものよ。その力あらば、姿形が人間であろうと認めざるを得まい」

古龍「取り引きの材料は儂の命」

古龍「時が来れば存分にやるがよい。存分に力を奮い、他の者に力を誇示するのだ」


古龍「小僧、貴様の中にあるのは復讐の念のみ。不満はあるまい?」

勇者「それ本気で言ってんの? どんだけ人材不足なんだよ、お前等」

古龍「身内で争っておる時点でたかが知れる。今の民が欲するのは、人間を脅かす王なのだ」

古龍「貴様は人を救おうなどとは毛ほども思っていない。憎み、蔑み、見下しておる」

古龍「ならば、行くべき道は一つ。復讐を果たした後に、魔となりて生きるのだ」

古龍「その力は聖邪併せ持つもの。つまりは使い手次第よ。人など捨てよ、人こそが邪なのだ」

古龍「貴様は憎んでいながら未だに迷っておる。迷いを捨て去れば、その力は増すであろう。儂を凌ぐ程にな」

勇者「………」

古龍「さあ、自らを縛る人の世から解き放ーーー」

ザッ

僧侶「………その人から、離れて下さい」

古龍「あのまま隠れて居れば良かったものを、愚かな娘だ」


勇者「お前、何で……」

僧侶「遅れてごめんなさい。もう、迷いませんから」

勇者「はっ、何だよそれ。バカじゃねえのお前。隠れてろって言っただろうがよ」

古龍「邪魔だ小娘。儂は今、この小僧と話しておるのだ。今ならば見逃してやる。失せろ」

僧侶「っ、嫌です。それに、幾ら話したことろでこの人は魔の王になどなりません」

僧侶「(この人は素行も性格も悪いけど、魔の甘言に惑わされるほど愚かじゃない。それだけは確かだ)」

古龍「作られし神を崇める愚か者、人間が如何に邪悪かも知らぬ盲目者が………小僧!!」

勇者「んだよ。うるせえな」

古龍「興が削がれた。儂はあの場所で待っておる。して、答えは」

勇者「……首洗って待ってろ」

古龍「どちらとも取れるが、まあよかろう。待っておるぞ。人間に、神の僕などに足下を掬われるなよ」


古龍「人間を信じたが最期」

古龍「真に救おうなどと思ったが最期、あの時の勇者のようになる。ではな」

バサッバサッ

勇者「………言われるまでもねえ。んなことは分かってんだよ」ポツリ

僧侶「た、助かった。それより傷を治さないと」

勇者「辺りを見ろよ。そんなことしてる暇はねえ」

僧侶「そんなことって……酷い火傷を負っているんですよ? このままでは危険です」

勇者「この姿を見て悲鳴一つ上げないのは褒めてやる。でもな、治療なんざしてたら二人揃って死ぬ」

僧侶「っ、でもその体で動くのはーーー」

勇者「僧侶、聞け」

勇者「俺はこの様だ、治るまでに時間が掛かる。火に巻かれる前に森を抜けるんだ」


勇者「行くぞ!!」

僧侶「は、はいっ!!」

タッタッタッ

勇者「……危ないとこだった、正直助かったよ」

僧侶「え?(幻聴?)」

勇者「ありがとな」

僧侶「へっ?(何言ってるんだろう、この人)」

勇者「何だよ」

僧侶「い、いえっ。私はあの場に行っただけです。結局、何の役にも立てなくて……」

勇者「ハハハッ、そういやそうだな。礼言って損した」

僧侶「(何で笑えるの? 痛くないわけないのに、苦しくないわけないのに……)」


勇者「ぼさっとしてんな、死ぬ気で走れ」

僧侶「はいっ」

タッタッタッ

勇者「はぁっ、はぁっ……」フラッ

ドサッ

僧侶「!!」

勇者「(こいつはやばいな。もう何も見えねえぞ。息も、出来ねえ……)」

僧侶「し、しっかりして下さい!!」

勇者「…………」

僧侶「(呼吸が……まずい、火の勢いが増してる。早く森から抜けて治療しないと……?)」

僧侶「(何だろう、背中に焼き印がある。これは確か……って、そんな場合じゃないでしょバカ)」

僧侶「ん~っ、んっしょ。よし、行こう!」

また明日


【#6】傷痕に思うこと

僧侶「はぁっ、はぁっ」

僧侶「(もう少しで抜ける。火の勢いは増してるけど、この風向きなら此方には来ない)」

僧侶「(屋内で治療出来れば良いけど、こんな森に囲まれたような場所に家屋があるとは思えない)」

僧侶「(だったら今此処で治療した方が……ん? 向こうに何かある。あれは、家?)」

僧侶「(辺りにも何かあるみたいだけど此処からじゃあ見えないな。とにかく行ってみよう)」ザッ

ーーー
ーー


勇者「…スー…スー…」

僧侶「……よし、何とか間に合った。でも、ここは一体何なんだろう?」

僧侶「辺りはお墓ばかりだし、この廃屋以外には民家らしきものはないみたいだし。それに」チラッ

勇者「…スー…スー…」


勇者「…スー…スー…」

僧侶「(それに、この人はこの人で分からないことが多すぎる。あの龍と面識……因縁があるようだったし)」

僧侶「(会話は断片的にしか聞こえなかったけれど、憎んでいるのは確かだと思う)」

僧侶「(だけど、全身焼けるくらいの火傷を負っても戦い続けるのは正直言って異常だ)」

勇者「…スー…スー…」

僧侶「全ては自己満足、ですか?」

僧侶「(旅を始めたばかりの頃、この人は私に向かってこう言った……)」

勇者『神の為だとか奉仕だとか、自己犠牲だとか救済だとか、バカじゃねえの?』

勇者『お前等はそうやって、私達は他人の為に生きてます。みたいに言ってるけどさーーー』


勇者『結局のところは自己満足だろ?』

勇者『どんなに綺麗な言葉で飾っても行き着く先は其処なんだ。自分がそうしたいからそうするってだけの話だ』

勇者『善行も悪行も、何をどうするか決めるのは自分だろ?生きる理由を何かに預けるなよ』

僧侶「(……そう言った後で、人間なんてものは自己満足の塊だ。そう言ながら笑っていた)」

僧侶「(世界中の誰もが認めるような、非の打ち所のない正義なんてものもはないと思う)」

僧侶「(だけど、この人の中の正義が異質であることは分かる。独善的と言うか捻くれてるというか……)」

勇者「…スー…スー…」

僧侶「(一体どんな生き方をしたら、そんな風に考えるようになるんですか?)」

僧侶「(一体どんな生き方をしたら、こんな風に傷だらけになるんですか?)」

勇者「…スー…スー…」

僧侶「(切り傷、刺し傷、擦り傷、火傷。他にも沢山、数え切れないほどの傷痕がある)」


僧侶「(特に酷いのは背中)」

僧侶「(焼き印。鞭か何かによる裂傷。肉が盛り上がってるから、かなり深い傷だったはずだ)」

僧侶「(出来ることなら治したいけれど、過去に負った傷痕までは治せないし消せない)」

勇者「…スー…スー…」

僧侶「(毛布、掛けておかなきゃ)」ファサ

僧侶「(服は焼けちゃってるから、予備の服とかを縫い合わせて何か羽織るものを作らないと)」

僧侶「(それから、傷痕について詮索するのは止そう。焼き印、烙印についても……)」

勇者「…スー…スー…」

僧侶「……お休みなさい」

勇者「…スー…スー…」

僧侶「………さて、始めよう)」パカッ

僧侶(裁縫道具持ってきてて良かった。裸で歩かせるわけにはいかないし、朝までに作らなきゃ)」チクチク


【#7】悔恨と祈り

勇者「……ッ」ガバッ

シーン

勇者「っ、眩しいな。朝になっちまったのか」

勇者「(つーか此処は……そうか、あいつが運んでくれたのか。借りを作っちまったな)」

勇者「(火傷も治ってる。動いても問題もないみたいだな。術法ってのは便利なもんだ)」

勇者「(ご丁寧に服まで作ってある。継ぎ接ぎだけど、素っ裸よりはよっぽどマシだ)」

勇者「ったく、本当にバカな女だな」バサッ

勇者「(俺と旅なんてしなけりゃ、こんな目に遭うこともなく、そのうち言い寄られて良い嫁さんになれただろうに)」

勇者「(いや、ああいう奴等って結婚しないんだっけ。神だか信仰だかに捧げるとか何とか……)」

勇者「(好き好んで神なんていう見えない存在に縛られて一生を終えるのか。意味分かんねえ)」


勇者「……まあいいや」

勇者「つーか、あいつは何処行ったんだ? 外には墓しかねえってのに」ザッ

ガチャ

僧侶「………」

勇者「おい、何やってんだお前」

僧侶「あ、おはようございます。もう動いても大丈夫なんですか?」

勇者「見りゃあ分かるだろうが、それより何やってんだって聞いてんだよ」

僧侶「(一晩で人が変わるとは思ってないけど、ありがとうくらい言えないのかな、この人……)」

勇者「おい、聞いてんのかお前」

僧侶「ハイハイ聞いてますよ。お墓に手を合わせているんです。見れば分かるでしょ」フン


勇者「何で?」

僧侶「何でって……勝手に立ち入ってしまったので、その謝罪とお礼をしていたんです」

勇者「はっ、死んだ奴に何を言っても届くわけねえだろうが」

僧侶「何とでも言って下さい。これは、私がそうしたくてしているだけですから」

僧侶「何より、墓地に来たら手を合わせるのは常識です。亡くなった方のご冥福と、これからも安らかにーーー」

勇者「もういい分かった。好きにしろよ」

僧侶「はい、そうさせて貰います」ニコリ

勇者「………」

僧侶「あの、何ですか?」

勇者「別に何でもねえよ。俺は家に戻って準備する。お前も、それを早く済ませろ」


僧侶「はい、分かりまし……家?」

勇者「あ?」

僧侶「い、いえ、何でもありません」

勇者「………」ザッ

僧侶「(誰がどう見たって廃屋なのに、家? あの人、この場所を知ってるのかな)」

僧侶「(夜は暗くて見えなかったけど、辺りには家があった形跡がある。向こうには畑があったのかな?)」

サァァァァ

僧侶「うわぁ、草花が風に揺られて綺麗だなぁ……陽も当たるし空気も澄んでる」

僧侶「こんなに良い場所なのに何で誰もいないんだろう? 魔物が増えて移住したのかな?」


僧侶「(それとも、何かあったのかな……)」

ザッ

僧侶「?」クルッ

勇者「………」

僧侶「あ、もう済んだんですか? と言うか、その武器は一体……金棒?」

勇者「これは金砕棒。こっちは……まあ、鉄板みたいなもんだな。剣なんかより約に立つ」

勇者「刃毀れすることはないし、何より頑丈だ。大抵の奴は打っ叩いただけで殺せる」ブンッ

僧侶「(うわっ、前に背負ってた武器の束よりも重そう。素振りしてる音が怖い……)」

勇者「これなら、あの野郎相手にもーーー」

僧侶「あ、あのっ」


勇者「何だよ?」

僧侶「武器の説明はともかく、そんな物騒な物を何処から持ってきたんですか?」

勇者「そういや言ってなかったな」

勇者「目的地ってのは此処だ。元々、此処にはコレを取りに来るつもりだったんだよ」

勇者「この武器は王や教皇と会う前まで使ってたもんだ」

勇者「でも、こんな優美さも華やかさもねえ武器を持ってると良い顔されないから、あの家に隠しといた」

勇者「身なりを整えて装飾の付いた剣を腰に下げて、後は猫被って神の為とか言えば言うこと聞くからな」

僧侶「そうだったんですか(後半は聞かなかったことにしよう。それより……)」

勇者「何だよ、その面は」

僧侶「……あの、此処は何なんですか? 何かあったんですか?」


勇者「…………」

僧侶「(や、やっぱり聞いちゃダメだったかな)」

僧侶「(凄く怖い顔してるし、絶対に何か言われる。ああ、やめておけば良かーーー)」

サァァァァ

勇者「……此処は村だった」

僧侶「え?」

勇者「住んでた連中はいがみ合うこともなく、日々を平和に過ごしてた。手を取り合ってな」

僧侶「村の方々は移住したんですか?」

勇者「移住なんかしてねえよ。殺されたんだ」

僧侶「!?」

勇者「………ある日、森で行き倒れてる男をガキが助けた。その男がお尋ね者の野盗の一人だとも知らずにな」


僧侶「………」

勇者「傷が癒えて村を立ち去ると、そいつは仲間を引き連れて戻って来た。で、村を襲撃して占拠した」

勇者「男は殺され、女は犯され、子供は玩具にされた。野盗を助けたクソガキも一緒にな」

僧侶「(………酷い)」

勇者「そのガキはわんわん泣いてたよ」

勇者「拷問好きの変態がいてな。鞭で叩かれたり、斬られたり、焼き印押されたりしてた」

勇者「そのガキは顔が良くてな、特別気に入られてたんだ。だから、死なないように遊ばれ続けた」

僧侶「…………」

勇者「痛みで意識朦朧としながら、ガキは自分の行いを省みた」

勇者「困っている人がいたら助けなさいと両親に教わった。人に手を差し伸べることは正しいはずだ」


勇者「そう、自分は正しいことをしたはずだ」

勇者「それなのに、あろうことか助けた人間に両親も村の人も友達も殺された。生きてるのは自分だけ……」

勇者「そのガキは、そこでようやく自分が間違っていることに気が付いた。で、糸がぷっつり切れた」

僧侶「……糸?」

勇者「生を繋いでた糸さ。生きる気力とか、希望とか、そういったものが次々に切れたんだ」

勇者「自分の軽はずみな行動。その所為で失われたものを背負いきれなかったんだろうな」

僧侶「……その子はどうなったんですか?」

勇者「さあ、どうなったんだろうな? とにかく、そのバカの所為でこの村は滅びた」

勇者「バカって言うか咎人だな」

勇者「何をしようと決して救われないし、幾ら謝っても決して許されることはない。恨まれて当然だ」

勇者「もし運良く誰かに助けられて生き延びてたとしても、陰険で捻くれた嫌味な奴に育ってるだろうよ」


僧侶「(……安らかに、お眠り下さい)」キュッ

勇者「……お前みたいな奴に手を合わせて貰ったんだ。村の奴等も少しは救われたと思うぜ?」

僧侶「……そうでしょうか」

勇者「死人の気持ちなんて分かんねえけど、きっと喜んでるさ」

僧侶「貴方は?」

勇者「あ?」

僧侶「……貴方は良いんですか? その、祈らなくても……」

勇者「お前はどうか知らねえけど、俺は死んだ奴に何を言っても無駄だと思ってる」

勇者「何か伝えたいことがあるなら、生きてる内に伝えなけりゃ意味が無いんだよ」


勇者「それに、祈ったところで聞く耳なんぞ持たねえさ」

僧侶「……そんなことは、ないと思います」

勇者「そうだと良いけどな……」

サァァァァ

勇者「……そろそろ行くぞ。あの野郎が待ってる」ザッ

僧侶「あ、はい。分かりました……」

トコトコ

勇者「あ~、腹減ったな」

僧侶「(この人のことだから、これ以上踏み込んだことを聞いたら怒るだろう)」

僧侶「(同情したり、慰めの言葉なんて口にしたら、もっともっと怒るだろう)」

僧侶「(だけど、祈ることくらいは許して下さい)」

僧侶「(貴方が嫌っている神にではなく、村人の御霊に祈ることは許して下さい)」

僧侶「(貴方が抱えているものを、少しでも軽くしてくれるようにと、祈らせて下さい……)」


勇者「おい」

僧侶「は、はい!?(もしかしてバレた?)」

勇者「お前、寝てねえだろ。隈が酷くて見られたもんじゃねえ」

僧侶「(女性に向かって何て言い草だ……)」

僧侶「(幾ら何でも酷すぎる。別に女性扱いされたいわけじゃないけどね!)」

勇者「おぶってやるから来いよ」

僧侶「結構です」

勇者「お前がそうでも俺の気が済まねえんだよ。俺は借りを作るのは嫌いなんだ、早くしろバカ」

僧侶「へ~、結局は自分の為ですか。そうですか」

勇者「うるせえな、いいから早くしろよ。さっきからフラついてんじゃねえかお前」


僧侶「嫌です」

勇者「お前が付いてくるのを待ってるより、俺が背負って歩いた方が早いんだよ。分かったかバカ」

僧侶「(くっ、言い返せない)」

勇者「いつまで突っ立ってんだよ。早くしろ」

僧侶「…………」

トコトコ ギュッ

勇者「よし、行くぞ。化け物出たら落とすから、そのつもりでな」ザッ

僧侶「(何でもっと優しく出来ないのかな。普通に言ってくれればいいのに)」

僧侶「(そうしたら良い人……いや、これまでのことを考えれば普通くらいには……)」

勇者「お前は軽いな。これからはもっと沢山食え。太れ、そんで体力付けろ」

僧侶「(落とされるまでは寝たふりしてよう)」

勇者「あっ、兎だ。今なら……」

僧侶「やめてっ!!」

勇者「うるせっ!耳元で叫ぶんじゃねえよ、兎が逃げたじゃねえか!!」

ここまでとします


606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
俺なんかとあるスレで一回ネタレスしたら、外野が騒ぎ出してそれ以降ずっと粘着されてるわ
2017/12/21(木) 21:49:30.36ID: 2xe7qRnY0 (2)


607: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
あ、そう。一生懸命頑張ってね
2017/12/21(木) 21:57:22.66ID: k0G8USMSO (1)


608: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
>>606 特定した。あれはおまえが悪いと思う
2017/12/21(木) 21:57:31.99ID: 3KsatTIQo (6)


609: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
>>608
他にネタレスしている奴沢山おるやん
なぜに一回だけしかやってない俺をピックアップして粘着したのか不思議に思うわけよ
2017/12/21(木) 22:00:38.44ID: IRf2blm6O (3)


610: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
あんなの感想ですらないじゃん、擁護しようがないよ。というか、おまえまだあの作者に粘着してるやろ
2017/12/21(木) 22:07:11.92ID: 3KsatTIQo (6)


611: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします []
>>610 スレは覗くけど、ネタスレなんて一回だけだぞ
変なノリに乗っかったのは正直すまないと思う
だが、何日もネチネチ粘着されるレベルじゃないとも思うわ
何の目的があるかは知らないが
2017/12/21(木) 22:11:04.56ID: IRf2blm6O (3)


612: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
悪いことは言わないから、もう黙った方がいいよ。自分が格好の燃料を投下していることに気づいてくれ
2017/12/21(木) 22:25:16.42ID: 3KsatTIQo (6)


613: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]
まぁ黙々とSSを書き続けるしかないってことやね
そろそろ粘着はやめてほしいんだがな
まだ気が済まんのか
2017/12/21(木) 22:40:55.90ID: IRf2blm6O (3)


反省するどころか開き直って被害者面ですわ
こんな奴にスレ覗かれてるとか気分悪いだろうな


【#8】距離

勇者「………」ザッ

僧侶「(やっぱり、まだ熱が残ってる)」

僧侶「(目に見える傷は癒えたけど、内側はそうもいかない。高位の魔は、魂をも容易く傷付ける)」

僧侶「(しかも相手は龍、魔の頂点)」

僧侶「(物理的な破壊力は言うまでもなく、魂そのものに対する破壊力も凄まじい)」

僧侶「(存在そのものが規格外。龍とはそこに在るだけで人を壊し、人を狂わせるという……)」

僧侶「(事実、熱に当てられただけで苦しかった。対峙した時は意識を保つのもやっとのことだった)」

勇者「………」

僧侶「(あれと対峙して、あの炎を直接浴びたとなれば、その痛みは想像を絶するものだろう)」

僧侶「(少なくとも数日は安静にしないと満足には動けない。本来なら安静にさせてる……)」


勇者「あの野郎の所為で焼け野原だな」

勇者「……まあ、この方が見通しが利くし、歩くのも楽だから良いけどよ」ザッ

僧侶「(だけど、休むように言ったとしても休まないだろうな。この人のことだから、そんなことを言ったら怒るに決まってる)」

僧侶「(きっと、休んでなんかいられるか、バカだろお前。とか言われるんだろうな。でも……)」

勇者「………」

僧侶「……あの」

勇者「あ?」

僧侶「体を休めた方が良いと思います。まだ熱が残っていますし、これ以上無理をしたらーーー」

勇者「これくらい何ともねえよ」

僧侶「でも」

勇者「舌噛むぞ、黙って目瞑ってろ」

僧侶「(やっぱり駄目だ。私の話なんてーーー)」

勇者「お前は旅に慣れてない」


僧侶「え?」

勇者「お前は旅にも戦闘にも慣れてない。命を張るなんてことはそう簡単に出来やしない」

勇者「この前まで守られてる立場だった奴が、急にやる気を出したってすぐには変わらないんだ」

僧侶「(……慰めてくれてる、わけじゃないよね。何が言いたいんだろう?)」

勇者「俺のことはいいから、お前は自分のことだけを考えろ。つーか、自分のことしか考えるな」

勇者「お優しいのは結構なことだ」

勇者「でもな、そんなんだと化け物に殺されちまうぞ。その優しさってヤツに付け込まれてな」

僧侶「(この人の言う化け物ってなんだろう?)」

僧侶「(人を襲い喰らう魔物? それとも理性や道徳倫理を失った人間のこと?)」

僧侶「(でも、そうだとしても、人間には救いがあると信じたい。人は変われると信じたい)」


僧侶「……私には、そんな風には出来ません」

勇者「だろうな。分かってるよ、お前がそういう奴だってことくらいは」

僧侶「(分かってる、か……)」

勇者「誰かの為に何かをしたいなら、自分をしっかり持たなきゃならない」

勇者「理想を現実にしたいなら死ぬ気で生きろ。誰かを殺してでもな。口先だけなら何とでも言えるんだ」

僧侶「……あの」

勇者「あ?」

僧侶「ありがとうございます……その、色々と教えてくれて……」


勇者「………」

僧侶「(あ、喋らなくなっちゃった。素の時にお礼言われるのとか慣れてないのかな?)」

僧侶「(というか、旅に出てから初めてまともな会話をしたような気がする)」

僧侶「(今まではず~っと口喧嘩してばかりだったし、バカとか言われ……あれっ!?)」

勇者「………」

僧侶「(今の会話の中で一度もバカって言われてない。こんなの本当に初めてだ……)」

僧侶「(……待て待て、何を喜んでるんだ私は)」ブンブン

僧侶「(そもそも日に何度もバカバカ言うのがおかしいのであって、今の会話が普通のはずだ)」

僧侶「(……それは、まあ、私にだって反省しなくちゃいけないところは沢山あるけど……)」ウーン


勇者「さっきから何してんだお前」

僧侶「へっ? 何かしてました?」

勇者「頭振ったり、ぶつぶつ言ったり、う~ん……とか言ってたな」

勇者「正直気持ち悪いんだけど、もしかして頭の病気? 幼児退行? おもらしでもしたの?」

僧侶「ち、違いますっ!」

勇者「あ、そう。じゃあ静かにしてろ」

僧侶「(すぐにこういうことを言う……)」

勇者「お前が何を考えてんのか知らねえけど、人間は急には変われねえよ」

勇者「それに、どんだけ頭の中で理屈をこねくり回したって結局はやるかやらないか、二つに一つだ」

僧侶「(……私の頭って透けて見えるのかな。分かりやすい女とか言われたし)」ウーン


勇者「うるせえ」

僧侶「ご、ごめんなさい(また言ってたんだ。これからは気を付けよう……)」

勇者「……おい」

僧侶「何ですか?」

勇者「あいつは北の山村で待ってる。だから、これからは北を目指すことになる」

僧侶「(あいつって……あ、龍か。そう言えば、あの場所で待つとか言ってたような気がする)」

勇者「この森を抜けて暫く進むと町があるから、着くまでは休んでろ。いいな」

僧侶「(……過去に何があったんだろう。何があったら、あんな風に戦えるんだろう)」

僧侶「(自分の命を投げ出してまで殺したいって、どう考えても普通じゃない。何があったら、そこまでーーー)」


勇者「おい、聞いてんのか」

僧侶「えっ?」

勇者「町に着くまで休んでろって言ったんだよ。ちゃんと聞いてろバカ」

僧侶「……はい、分かりました(今のは話を聞いてなかった私が悪い。しかし、バカと言う必要はない)」

勇者「………」ザッ

僧侶「………」

勇者「………」

僧侶「………」

勇者「………」

僧侶「(…………今更だけど、本当におんぶされてるんだ。こんな風になるなんて思わなかったな)」


【#9】人でなし

僧侶「…スー…スー…」

勇者「(やっと静かになった)」

勇者「(それにしても、まさか此処まで付いてくるとは思わなかったな)」

勇者「(どうせ口先だけの奴だろうと思ってた)」

勇者「(威勢が良いのは最初だけで、すぐに音を上げて逃げ出す。そう思ってたんだけどな……)」

僧侶「…スー…スー…」

勇者「(つーか、よく寝られるなコイツ)」

勇者「休めとは言ったけど本当に寝るか普通。朝まで縫い物するとかバカじゃねえの」ボソッ

僧侶「…んっ…ん~?」


勇者「………」

僧侶「…スー…スー…」

勇者「………」ザッ

僧侶「…スー…スー…」

勇者「(……妙な気分だ)」

勇者「(誰かを背負うってのはこういうもんなのか? あの人もこんな気持ちだったのか?)」

勇者「(自分以外の命、鼓動、息遣い、体温、声……こいつの全部が、俺の背中にある)」

勇者「(一度でもしくじれば、俺は勿論、こいつも終わる。こいつはそれを分かってんのか?)」

勇者「(…………そういや、俺もそうだったな)」

勇者「(何も分からず、ただ付いていくだけ。その先に何があるかなんて考えなかった)」

勇者「(あの時に何かをしていれば、何かが変わっていたかもしれないのに……)」

勇者「(あの人はどんな想いで俺を背負っていたんだろう。どんな想いで俺に託したんだろう)」


僧侶「…ん~…ふふっ…」

勇者「(……悩んでるのがバカらしくなるな。どんな生き方したらこんな風に育つんだ)」

勇者「(村でも簡単に騙されてたし、人は嘘を吐くってことを知らねえのかコイツは)」

勇者「(挙げ句、どんな罪人にさえ救いがあると本気で思ってやがる。人はやり直せると……)」

勇者「(きっと、そう教わって、そのまま育ったんだろうな。教会の中で守られながら、誰を疑うこともなく)」

勇者「(旅に同行したのだってそうだ)」

勇者「(司教に命じられるまま、それが使命か何かだと吹き込まれ、世の全ては神の望みしことだと……)」

僧侶「…スー…スー…」

勇者「そう簡単に自分を捧げるなよ……」

>>同感

勇者「………起きろ」ユサユサ

僧侶「んぅっ…どうしたんですか?」

勇者「姿は見えないが何かいる。さっさと降りろ。俺の傍から離れるな」


勇者「さっさとしろ!」

僧侶「は、はいっ!」サッ

>>使えない道具なら捨ててしまえば良いのに、バカみたい

僧侶「(本当に姿を消してる。禁術? でも、そんなことを出来る人間なんて……)」

勇者「うるせえバカ、さっさと出て来い」

>>いるわよ? 目の前に、ほら……

チュッ

勇者「ッ!?」ブンッ

>>あら、照れてるの? もしかして初めて?

勇者「(姿が見えないにしても妙だ。力の流れが読めねえ。異物が混じってるみてえだ)」

僧侶「大丈夫ですか!?」

勇者「ああ、何もされちゃいない。少し遊ばれただけだ。お前はじっとしてろ」


勇者「……どこ行きやがった」

僧侶「う、上です!!」

勇者「はあ?」チラッ

魔女「あ、見つかっちゃった。初めまして、私は……そうね、魔女。魔女でいいわ」

勇者「下着見えてんぞ」

魔女「見せてるの、綺麗でしょ?」

勇者「派手な下着は好みじゃねえな」

魔女「あらそう。なら、次から地味なのにするわ。でも残念、気に入ってくれると思ったんだけどな……」

勇者「そうか、次は期待してる。お前に次があるかどうかは分かんねえけどな」ジャキッ

魔女「あら怖い」

勇者「……何で姿を現した。あのまま隠れてればいいものを」


魔女「別に? 特に深い理由も意味もないわ」

魔女「初対面なのに姿を見せないのは礼儀がなってないと思っただけよ」

勇者「挨拶もなく唇を奪うのは礼儀正しいとは思えねえけどな。少しは慎み深くしろよ。女だろ」

魔女「別にいいでしょ? というか、ワガママの一つや二つ許しなさいよ。男でしょ?」

勇者「(何なんだ、あの女……)」

僧侶「……貴方は何ですか?」

魔女「はぁ?質問の意味が分からないんだけど? 聞きたいことがあるならハッキリ言いなさいよバカ」

僧侶「っ、貴方は人間なのですか?」

魔女「そんなの見れば分かるでしょ? 私のどこをどう見たら魔物に見えるわけ?」

僧侶「貴方が使用したのは禁じられた術です」

僧侶「仕組みを理解したとしても扱うのは非常に困難とされる高位の術法。加えて、貴方の法力はどこかおかしい」


魔女「おかしい?」

僧侶「人であるなら濁りすぎている。魔であるなら清すぎる」

勇者「(なる程な、違和感の正体はそれか)」

魔女「案外鋭いじゃない」

魔女「というか、人を見る目はないクセにそういうことろには気が付くのね」

僧侶「……貴方は、どっちですか?」

魔女「人でなし」

僧侶「え?」

魔女「魔でもなし」

僧侶「ふ、ふざけないで下さーーー」

勇者「もういい、下らねえ問答はうんざりだ。用があるなら降りてこい。ぶん殴ってやるからツラ見せろ」


魔女「ごめんなさい、それは無理」

勇者「下着は見せるのに顔は無理ってか、随分と変わった女だな。変態?痴女?」

魔女「違うわよ。私は貴方を試しに来たの」

勇者「あ?」

魔女「貴方が王に相応しい者なのか、それとも取るに足らない人間なのか。貴方はどっちなのか」

勇者「……奴の手下か」

魔女「さあ、それはどうかしらね。貴方の想像に任せるわ。取り敢えず始めましょう?」スッ

僧侶「(何かをしようとしてる?)」

僧侶「(あの状態から更に術を使う気なの? 空中で姿勢を保つだけでも手一杯なはずなのに)」

ズズズッ

僧侶「(地面から手が、これはまさか蘇生術……でも、そんなこと出来るはずはーーー)」


魔女「出来るわよ? 蘇生術くらい」

僧侶「なっ!?」

勇者「蘇生術、ね」

魔女「蘇生術と言っても悪用したものだけどね。貴方に恨みがあるようだから簡単に応えてくれたわ」

ズル…ズル…

勇者「……昨日のオーク共か」

僧侶「(魔物とは言えあれだけの死者、あれだけの魂を操るなんて……あの者は一体……)」

勇者「凄え術なんだろうが、こいつらが出来上がるまで待ってやる義理はねえな」ダッ

ドチャッッ

僧侶「(凄い、一度であんなに……)」

勇者「やっぱり使い慣れてるやつが一番だ。思いっ切りぶん回せる」


勇者「しかし、朝から化け物殺しか……」

魔女「不満?」

勇者「いや、最高の気分だ」ダンッ

ズシャッッ

魔女「あら凄い。やっぱり、この程度じゃあ満たされないみたいね」

勇者「満たされることなんてねえよ。どれだけ化け物を殺そうが、あの野郎を殺すまではな」

魔女「……そう。貴方に一つ質問があるのだけど」

勇者「あ?」

魔女「化け物を殺すことに躊躇いはないの?罪悪感や後悔は?眠れない夜はある?」

勇者「ない」

魔女「あらそう。それを聞いて安心したわ」スッ

ズズズ

勇者「またかよ。次は何を出すつもりだ?」

魔女「それは見てのお楽しみ」

ボコッ

勇者「あ、そう。だったら出て来る前に打っ叩いーーー」


僧侶「っ、待って下さい!」

勇者「あ?」

僧侶「……あれは、『違います』」

勇者「違う? お前、何言ってーーー」

ズルリ

僧侶「(っ、やっぱり人間だ)」

勇者「人の形をしてるだけじゃねえか。コイツ等とさっきのオーク共と何が違うんだよ」

僧侶「魔の魂を呼び出すのと、人の魂を呼び出すのではやり方が違うんです」

勇者「分かりやすく言え」

僧侶「えっと、蘇生術に応じると言うことは、現世に戻りたいと願う様々な要因があるからです」

僧侶「先程のオークのように、死しても消えぬ憎悪によって応じる場合もあります」


勇者「で、何が言いたい」

僧侶「……見ての通り、彼等の肉体や精神は生前の姿とかけ離れています」

僧侶「蘇生を望んでいるなら、あのような状態で蘇えることはありません」

僧侶「つまり、蘇生を望んでいるわけではない。強制的に呼び起こされたのだと思います……」

勇者「………」

魔女「どうしたの?何か問題でもある?」

勇者「ない。やることは一つだ」ザッ

僧侶「!!」

魔女「ふふっ、そうよね。問題なんてあるわけないわよね。化け物なら殺せるんだもの」

魔女「貴方は確かにそう言った。躊躇いも罪悪感も後悔もなく殺せるって」

勇者「ああ、言ったな」

魔女「土から這い出ようとしている化け物が、故郷の人間だとしても?」


勇者「………」ピタッ

僧侶「(故郷。じゃあ、この人達は……)」

勇者「何をした」

魔女「ちょっと起こしただけよ。それより、再会出来て良かったじゃない」

魔女「何なら謝罪でもしてみたら?」

魔女「僕の愚かな行動が原因で、皆を死なせてしまってごめんなさい。ってね」

勇者「………」

魔女「そんなに睨まないでくれない?私、言ったわよね? 貴方を試しに来たって」

勇者「これが試験ってわけか」

魔女「ええ、その通り。でも、逃げたいのなら逃げても構わないわよ?」

魔女「だけど、貴方が殺さない限り、この者共は生を求めて彷徨い歩くでしょう」

魔女「亡者は生に餓え、渇きに苦しみ喘ぎながら人間を襲い続ける。罪の無い、か弱い人間を」

勇者「何を試すつもりか知らねえが」ジャキッ

魔女「別にいいのよ? 無理をしなくても……」

勇者「ふざけんな。俺が化け物に背を向けて逃げるわけねえだろうが」ダッ


勇者「(そう、化け物だ)」

勇者「(誰がどう見ても化け物だ。元が何であろうが誰だろうが、化け物なら殺す。それだけだ)」ブンッ

ゴシャッッ

勇者「………」

僧侶「(躊躇いなく斬り捨てた。あの人には相手が何であっても関係ないの?)」

僧侶「(故郷の人間、同じ場所で生きた人間なのに、何も感じないのかな……)」

僧侶「(っ、何を考えてるんだ私は! あんなの平気なわけない。無理してるに決まってる)」

僧侶「(取り返しが付かなくなる前に私が何とかしないと。無理矢理呼び起こされたのなら、還す方法はある……)」

勇者「おい」

僧侶「な、何ですか?」ビクッ

僧侶「結界は張ったか?」

僧侶「あ、はい。一応……」

勇者「そうか。なら、そこでじっとしてろ」

勇者「お前は何もしなくていい。何があっても手は出すな。妙な気は起こすんじゃねえぞ」


勇者「分かったな」

僧侶「…………はい」

勇者「それでいい。すぐ戻る。ちょっと待ってろ」フラッ

僧侶「っ!!」ガシッ

勇者「っと、悪りぃな。じゃあ、ちょっと行ってくる」

僧侶「っ、私が止めます」

勇者「あ?」

僧侶「無理矢理呼び起こされたのなら、強制的に還すことも可能なはずです」

勇者「それが出来たとしても時間は掛かるんだろ? その間のお前は無防備になるだろうが」

僧侶「それは、そうですけど……」

勇者「手っ取り早くあの女を殺せりゃいいが飛ぶ手段がねえ。お前、俺を飛ばせるか?」

僧侶「飛ばせるとは思いますけど、落下の際の維持が……」

勇者「……そうか、だったら奴等を斬った方が早いな。さっき言った通り、お前は何もしなくていい」

僧侶「でも、ふらついて……」

勇者「何のことはねえ。一度殺すも二度殺すも同じことだ。こんなのは大したことねえ」


僧侶「そんなーーー」

勇者「敵。化け物。それだけだ。やり方はこれまでと同じだ(そう、同じだ。ほら、やれよ)」ザッ

ゴシャッッ

勇者「…ゲホッ…うおぇっ…」ビチャビチャ

僧侶「(……無理だ。あんなの、耐えられるわけがない。魂に傷を負った状態では尚更……)」

勇者「はぁっ…はぁっ…ッ、ああッ!!」ブンッ

ズシャッッ

勇者「…はぁっ…はぁっ…」

魔女「随分と辛そうじゃない。そんなものに囚われていたら王を……龍を殺せないわよ」


勇者「………」

魔女「これまでをなかったことにするのよ。過去を、罪を、これまでの全てを斬り捨てるの」

魔女「そうすることでしか王は殺せない。そうすることでしか、人間を超越出来ないのだから」

勇者「少しは黙ってろ」ブンッ

ズドンッッ

魔女「彼、頑張るわね。まだ保ってる」

僧侶「………何で、あんなことを」

魔女「彼の過去、彼の罪を洗い流すため」

僧侶「過去、罪……」

勇者『ある日、森で行き倒れてる男をガキが助けた。その男がお尋ね者の野盗の一人だとも知らずにな』

勇者『傷が癒えて村を立ち去ると、そいつは仲間を引き連れて戻って来た。で、村を襲撃して占拠した』

勇者『男は殺され、女は犯され、子供は玩具にされた。野盗を助けたクソガキも一緒に』


僧侶「(そうか、この者の狙いは……)」

魔女「洗い流すと言うより、罪に塗れさせると言った方が正しいかしら」

魔女「あれは彼の故郷の住人。彼の所為で命を奪われ、生を弄ばれた、哀れな者共……」

魔女「……それを罪と感じているから彼は苦しんでいる。なら、身も心も罪に浸してしまえばいい」

僧侶「(やはり間違いない。この者は、あの人を壊すつもりなんだ。魔に、堕とす為に…)」

魔女「罪そのものとなれば苦しむ必要もない」

僧侶「……人として問います。貴方は、何故こんなことが出来るのですか」

魔女「人間だったら何なわけ?」

僧侶「えっ……」

魔女「貴方はバカだから知らないでしょうけど、こんな人間もいるのよ。言ったでしょ、人でなしだって」

僧侶「………」

魔女「私はずっと見ていたわ。貴方達のことを」

魔女「勇者と言われながら、陰では嫌われ疎まれ憎まれ怖れられ、それでも戦う彼を」

魔女「そして、彼の傍らにいながら何もしようとしない貴方を、自分だけが人間であろうとする醜く浅ましい貴方の姿をね」


魔女「今の貴方は穢れていないわ」

魔女「身も心も綺麗なまま。何一つ穢れていない。それなのに、私には誰よりも穢れて見える」

僧侶「っ!!」

魔女「勘違いしないで? 別に責めてるわけじゃないの。貴方は人間だと言ってるだけよ」

魔女「貴方はどうしようもなく人間なのよ。寄り掛かることしかしない、ただの人間にすぎない」

僧侶「………」

魔女「でも、彼は違う」

魔女「ほら、あれを見てみなさいよ。人間にあんなことは出来ない」

勇者「がああッ!!」

ゴシャッッ

僧侶「…………」

魔女「そう、人間にあんなことは出来ない。彼も私と同じ……人であって人でなし」


【#10】人間の証明

勇者「(無理矢理に呼び起こされた?)」

勇者「(違う。コイツ等は望んで蘇ったんだ。そうに決まってる。目を見れば分かるんだ)」

勇者「(真っ暗な瞳、底無しの闇。俺が憎いんだ。そりゃそうだよな、俺が招いた死だ)」

勇者「(憎まれて当然だ。こんな風に思われているだろうと思ってた。想像していた通りだ)」

勇者「(こうして囲まれる夢は何度も見た。数え切れない程に、何度も何度も見た光景だ)」

勇者「(俺が思っていた通り、それが現実になっただけだ。そなのに、何で……)」ブンッ

ズシャッッ

勇者「くそっ、何で……うっ…うおえぇッ」ビチャビチャ

僧侶「っ、あの人は……あの人は、人間ですっ」

魔女「彼が人間? 面白いことを言うわね」

魔女「過去に自らの行いによって死に追いやった者を、今は自らの手で殺めてる。彼自身の意志で」

僧侶「自らの意志!? ふざけないで下さい!!」

僧侶「そうなるように仕向けたのは貴方でしょう!? 死者の御霊を操って亡者としたのも!!」


魔女「うるさい女ね……」

魔女「戦うことを選んだのは彼でしょう? 私、言ったわよね? 逃げてもいいって」

僧侶「あの人が逃げるわけがないと分かっているから、そう言ったのでしょう!?」

魔女「後のことなんて無視すればいいじゃない。誰が死のうが龍さえ殺せればいいんだから」

僧侶「~~っ!!」

魔女「実際、彼も半端なのよ」

魔女「口では人を見下すようなことを言いながら、人間を切り捨てることが出来ていない」

僧侶「口では何と言おうが、あの人は貴方が思うような人ではありません!!」

魔女「へえ、知ったような口を利くじゃない。貴方に彼の何が分かるわけ?」

僧侶「それは……」

魔女「誰よりも近くにいながら理解しようともしなかった貴方に、そんな人間に何が分かるの?」

魔女「それとも何? 少し優しくされたからって彼を優しい人だとでも思ったわけ? 頭の軽い女ね」


僧侶「ち、違っーーー」

グイッ

僧侶「!?」

勇者「あんまり離れるな」

僧侶「あっ…」

勇者「話すだけ無駄だ。そいつの言葉に耳を貸すな。もうすぐ終わるから待ってろ」

僧侶「(目に光が……駄目、このままでは……このままでは壊れてしまう)」

魔女「(そろそろね)」スッ

ズズズ

僧侶「(……若い男女? 先程の村人よりも姿形が生前に近い。何を利用して呼び出したの?)」


勇者「あれで最後か?」

魔女「ええ、それで最後よ」

魔女「貴方を人間に生んだ人間。貴方を人間として育てた人間。少年であった頃の、罪の象徴」

僧侶「っ、それでも血の通った人間ーーー」

勇者「落ち着け」グイッ

僧侶「落ち着いていられるわけがないでしょう!? そんなに傷だらけになって、過去にまで傷を付けられて!!」

勇者「いいから黙ってろ」

僧侶「でも、こんなの……」

勇者「そんなことはいい。それより頼みがある。一度しか言わないから良く聞け」

僧侶「………」コクン

勇者「あの化け物を叩き潰した瞬間、俺をあいつの所に飛ばせ。いいな」

僧侶「ば、化け物って!あの二人は貴方の両親なのですよ!?」

勇者「だからこそ俺がやるんだろうが」

勇者「あれは俺の生んだ化け物だ。村の連中もあの二人も俺がやらなきゃならない。分かるな?」


僧侶「そんなの……」

勇者「お前は何も考えるな。いいから俺の言う通りにやれ」

僧侶「…………っ」ギュッ

僧侶「分かりました。でも、上手く制御出来るかどうか分かりません」

勇者「それで構わねえ。思い切り俺を吹っ飛ばせ、あの女が反応出来ない速度でな」

僧侶「そんなことをしたら貴方が……」

勇者「そのくらいのことをしねえと奴に届かない。あいつはこれまでの化け物とは違う」

勇者「つーか、俺の気が済まねえんだよ。俺が不憫だと思うなら手を貸せ。後、泣くな」

僧侶「…………」グシグシ

勇者「よし、準備はいいな?」

僧侶「……はい、やってみます」

勇者「余計なことは考えるな、お前は思いっ切りやるだけでいい。頼んだぜ」ザッ


僧侶「(私には分からない)」

僧侶「(あの人が何を思っているのか、何故あのような答えに行き着いたのか、何故そうしなければならないと思うのか……)」

僧侶「(私には理解出来ない)」

僧侶「(理解出来ないけど、あの人は本気でそれを望んでいる。それだけははっきりと分かる。だったら、私がやるべきことは……)」

魔女「相談は終わった?」

勇者「ああ、終わった」

魔女「その顔、本当に殺す気なのね」

勇者「元に戻すだけだ」

魔女「面白い言い方をするのね。私が元に戻したのに、それを元に戻す?」

勇者「終わった命は元には戻らない。去った者が帰ってくることもない。お前は歪めただけだ」


魔女「………」

勇者「俺はそれを正すだけだ」

勇者「在るべき場所に帰す。この世を去った者が逝くべき場所に、死者の在るべき場所に」

>>大きくなったな……

>>あの時は、こんなに小さかったのに……

僧侶「(……これは恨みなんかじゃない)」

僧侶「(負の感情だけで、ここまで綺麗な姿で蘇るわけがない。呼び掛けに応じたのは)」

勇者「………」

僧侶「(子に、会いたかったから……)」

魔女「さあ、終わらせなさい」

魔女「貴方の過去を、貴方の罪を、貴方の人間性を、貴方自身の手で終わらせるのよ」

僧侶「(あの者はそれを利用して蘇らせたんだ。邪法によって蘇生術を歪め、生を喰らう亡者として……)」


勇者「………」

>>どうしたんだ?せっかく会えたのに酷く辛そうな顔をして……

>>どうしたの?どこか痛むの? さあ、母さんに見せて?

勇者「………」

ゴシャッッ

魔女「気分はどう?」

勇者「………何してる。さっさとやれ」

魔女「?」

僧侶「(荒ぶる風よ、望みし者を望みし場所へと運びたまえ……)」

魔女「法力の高まりを感じるわね。何をするつもり? 貴方の術法が私に通じるとでも?」

僧侶「私ではありません。貴方を裁くのは……」

勇者「ぐッ!!」グォッ

魔女「(風術法で飛ばした!?)」

勇者「ッ、こいつはいいな。正に、あっという間ってやつだ」

魔女「(目が生きている。これは彼の考えた策ね。まったく、相変わらず無茶ばかり……)」

勇者「よお、やっとお近付きになれたな」

勇者「散々上から好き勝手言ってくれたな。俺は見下ろされるのが大嫌いなんだ」


魔女「(今からでは間に合わないわね)」

勇者「何とか言えよバカ女」

魔女「……そうね。次からは気を付けるわ」

勇者「さっきも言ったろ、お前に次はねえ。くたばれボケ」

ドズンッッ

勇者「(何だ、この感覚……)」

魔女「ふふっ、何の保険もなく貴方に会いに来ると思った? バカね」

勇者「どんな術法を使ったのか知らねえが、次も同じだ。次も殺す」

魔女「あらそう、楽しみにしているわ。またどこかで会いましょう。私の愛する人でなし」

サァァァァ

勇者「言ってろ、人でも魔でもない半端者が」

ヒュゥゥゥ ドンッ


勇者「…ゴフッ…」

僧侶「!!」タッ

勇者「(……流石に高すぎたか。あの人の力がなけりゃあ死んでたな)」

勇者「(しかし、術法ってのはえげつねえ。飛んだ瞬間に血ぃ吐いたし右手はズタズタだ)」

僧侶「大丈夫ですか、しっかりして下さい!」

勇者「……うるせえ。少し休めば動ける」

僧侶「意識があって良かった。今から治療します。じっとしていて下さいね?」

勇者「いい、このままでいい。このままで……」

僧侶「………」

勇者「なあ、あの魔女とかいう化け物は消えたのか?あれも術法か?」

僧侶「はい、あの者の気配は消えました。あれはおそらく、何かを器にして自己を投影したものだと思います」


勇者「投影か、便利なもんだな……」

僧侶「………」

勇者「………」

僧侶「……貴方がやったことは間違っていません」

勇者「はあ?」

僧侶「貴方が幾ら自分を責めようと、人を救おうとしたことは決して間違いではありません」

僧侶「咎を負うべきは貴方ではなく、善意を踏みにじった者、悪意に塗れた者……化け物です」

僧侶「何の慰めにもならないかもしれませんけど、私はそう思います。だから、その…グスッ…」

勇者「言いたいことは分かったから一々泣くな。ほら、お前も少しは休め」

僧侶「……はいっ」グシグシ


勇者「なあ、僧侶」

僧侶「?」

勇者「腹減ったな」

僧侶「ふふっ……はい、兎以外なら何でもいいです」

勇者「そっか。じゃあ兎にする」

僧侶「貴方に任せます」ニコッ

勇者「……はっ、そうかよ」

僧侶「(こんなに弱々しい笑みを見るのは初めてだ。私は、この人を癒せるだろうか?)」

僧侶「(あの時、司教様には傷を癒せと命じられた。それから、時に寄り添うようにとも命じられた)」

僧侶「(けれど、過去の傷を癒すことは出来ない。心に刻まれたものは、如何なる術法でも消せはしないのだから)」

~勇者の故郷、跡地~

「……ったく……知れば知るほどにむなくそわりぃぜ」

「…………」

「俺はな。俺の勝手で、俺の気まぐれであんたらの魂を呼び戻す」

「肉体を与える。忌々しすぎる記憶も消す」

「そしてあんなことが二度とねえように俺が守る」

「あっちゃならねえことだ。この次元じゃ幾らでもあるようだが」

「また見ちまった。また知っちまった。だからここでもやらせてもらうぜ」

~勇者の故郷、跡※~

~勇者の故郷、※※~

「……とりあえず、こんなもんか」

~勇者の故郷~

村人「おや? あんたは?」

青年「俺かい? ちっと旅をしてるとこだ」

村人「ふうむ。兄さんは旅の人か」

村人「……なあ兄さん。兄さんはいい体をしとるし、立派な剣も持っとるようだが。用心棒とかできるかの?」

青年「依頼かい? 自分で言うのもなんだがそこそこやれる方だぜ」

村人「いきなりで悪いけども、寄り合い所に来てもらっていいかの?」

村人「最近物騒での。一応国の支援は取り付けとるんじゃが。もう一押し欲しいと皆で話しててな」

青年「いいぜ。実は炉銀やら食料やら何やら心もとなくてな。割安でもなんならただでもいいから乗らせてもらいてえ」

長老「受けてくれるか。村のみんなには事後承諾ということになりそうじゃの」

青年「しかしいいのかい? 素性の知れねえ流れ者にそんな話をぽんぽん進めちまって?」

長老「構わんよ。わしの勘は今度は大丈夫だと……はて、今度?」

青年「おいおい。そんなんでいいのかよじい様? 俺は助かるけどよ」

長老「いやいや馬鹿にしたもんじゃないぞ勘は」

青年「(当たりだよ。しかし全部は無理だったか。しゃあねぇ)」

青年「まあよろしくたのまあ。しかし腹がへったな。寄り合い所にメシはあるかい?」

長老「ああ。ここの村は芋のスープが売りでな……」

青年「やべーぞ芋か! ますます腹が減ってきたぜ!」

長老「ふぉっふぉっ。任せておけ」

青年「(……っし。長老のじい様に話をつけた。んじゃここでも始めるとしようか)」


【#11】 糸

勇者「………」

僧侶「…………」

チクチク

勇者「…………」

僧侶「……ふ~っ。はい、終わりました」

勇者「ん、上手いもんだな」

僧侶「あっ、まだ縫ったばかりです。あまり動かさないで下さい」

僧侶「激しく動けば簡単に切れてしまいますから、そういう行動は極力控えて下さいね」

勇者「何処に行っても化け物だらけの世の中だ。控えようにも向こうから寄ってくる」

勇者「でもまあ、そうなったら左手で振ればいいだけの話しだ。縫ってくれてありがとよ」

僧侶「(何でわざわざ縫わせたりしたんだろう? 治癒術法を使えばすぐに治るのに……)」

勇者「あんまり術法には頼りたくねえんだよ」


僧侶「……何も言ってません」

勇者「言わなくても顔に出てる」

僧侶「うっ……そんなに分かりやすいですか?」

勇者「そうだな」

勇者「分かりやすいって言われる人間の中でも特に分かりやすい部類なんじゃねえか?稀少種ってやつだな」

僧侶「稀少種……」

勇者「嫌そうだな。珍獣の方が良いか?」

僧侶「もっと嫌ですよ」

勇者「ははっ、だろうな」

僧侶「(笑ってる。まだ無理してそうだけど、さっきよりは良くなったのかな?)」


勇者「何だよ。珍獣でも不満なのか?」

僧侶「稀少種も珍獣も嫌です」

僧侶「というか、私のことはもういいです。それより何で拒否したんですか?」

勇者「(コイツ、術法使えるのに知らないのか?)」

僧侶「どうしました?」

勇者「(知らない、わけじゃないな。まさか教えられていないのか? 質の悪い奴等だ……)」

僧侶「?」

勇者「いや、何でもねえ。気分だ、気分」

僧侶「気分って……」

勇者「さっきの奴等は俺が作った化け物だ」

勇者「この傷を綺麗さっぱり消しちまったら全部が無かったことになっちまう気がする。だから、これでいい」


僧侶「………」

勇者「何だよ、言いたいことがあるなら言えよ。隠したって頭透けてんだから意味ねえぞ」

僧侶「……聞かないようにと思っていましたけど、貴方は初めて会った時に穢れた身と言っていました」

勇者「言ったっけ。まあいいや、それで?」

僧侶「その…過去が原因なのかなぁと……」

勇者「お前、俺の体を見たんだろ?」

僧侶「……はい、見ました」

勇者「だったら言わなくても分かるだろ。多分、お前の想像通りだ」

僧侶「そう、ですか……」

勇者「自分で聞いといて落ち込むんじゃねえよ。めんどくせえ女だな」

ポカッ

僧侶「あたっ」

勇者「前にも言ったよな、お前は自分のことだけを考えろ。下らねえことは考えるな」


僧侶「下らないって、そんな……」

勇者「何にせよ昔のことだ。何をどうしようと変えられない。お前が悩む必要もない」

僧侶「………」

勇者「少し休む。お前も休め、さっきのバカ女と話して疲れたろ」ゴロン

僧侶「あ、はい」

勇者「…………」

僧侶「(考えてる通り……)」

僧侶「(背中にあった烙印。あれは多分、咎人の烙印か奴隷の烙印)」

僧侶「(随分と前に図書館で見た覚えがある。あの印はそういう類いのものだったはず)」

僧侶「(村を襲ったのは野盗だと言っていたから、きっとどこからか奪ったものを使って……)」チラッ


勇者「…………」

僧侶「(どんな思いで生きてきたんだろう)」

僧侶「(家族を失い、故郷を失い……考えるなと言われても、そればかりを考えてしまう)」

僧侶「(きっと、元々は違っていた。少なくとも人を信じることが出来る人間だったはずだ)」

勇者「………」

僧侶「(同情していないと言えば嘘になる。でも今は、同情よりも疑問の方が強い)」

僧侶「(善行を働いた人間が、何故それ程までに苦しい思いをしなければならないのだろう?)」

僧侶「(それすらも神の御意志だと言うの?この人がこうなってしまったことも?)」

僧侶「(……こんなこと、今まで考えたことがなかった。教会の中で祈りを捧げていた頃は疑問なんて持ったこともなかった)」

僧侶「(私は何も知らなかった)」

僧侶「(人と人とは慈しみ愛し合うものだと思っていた……でも、そうじゃなかった)」


僧侶「(それを突き付けられたのは、あの村だ)」

僧侶「(村の長老や一部の男性は、自らが助かる為に女性や子供を差し出し、自分達だけは助かろうとしていた)」

勇者「………」

僧侶「(この人が言ったことを否定したのは、認めたくなかったから……)」

僧侶「(本当は薄々気付いてた。異常なまでの怯え、その不自然さ、村人の様子のおかしさに)」

僧侶「(そんなはずはないと思いたかった。そうではないと信じたかった。勘違いだと言い聞かせて目を逸らした)」

僧侶「(だから、この人が剣を抜いた時、私は止められなかった)」

僧侶「(止められなかった? 違う、きっと止めなかったんだ。そう、私は止めなかった)」

僧侶「(この人が村長を斬った時、それは間違っていると思いながら、どこか正しいと思っている自分がいた)」

僧侶「(その瞬間、自分が酷く醜いものになった気がした。私は怖ろしくなって、また逃げた)」

僧侶「(何も知らない振りをして、全てをこの人に覆い被せて……)」

僧侶「(その癖、殺したのは間違っていると責め立てた。自分は正しい、間違っていない、そう思いたかった)」

僧侶「(自分が思い描いていた人間、自分の中に描いていた綺麗な世界。それらが崩れ去ってしまうことが何よりも怖ろしかった)」

僧侶「(もしかしたら、この人を責めることで楽になりたかったのかもしれない……)」


魔女『今の貴方は穢れていないわ』

魔女『身も心も綺麗なままで何一つ穢れていない。それなのに、誰よりも穢れて見える』

僧侶「(……あの魔女の言う通りだ。私は醜い。もう、何を信じればいいのかさえ分からなくなってきてる)」

勇者「………」

僧侶「(自分の足で歩むことが出来ないから、縋らずには生きていけないから、だから、この人が嫌いだったのかもしれない)」

勇者「ん、そろそろ行くか」

僧侶「(私には、もう……)」

勇者「どうした?」

僧侶「あのっ」

勇者「あ?」

僧侶「(打ち明けよう。全てを打ち明け……打ち明けてどうなるの?)」

僧侶「(自分が楽になりたいから?また自分?結局は自分が助かりたいだけ?)」

勇者「おい、本当に大丈夫かお前?顔色が酷いことになってんぞ」


僧侶「ごめんなさい……」

勇者「はぁ?」

僧侶「村でのこと、本当は知ってて……でも言えなくて……狡くて、ごめんなさい……」ポロポロ

勇者「落ち着け。何言ってるか全然分かんねえ」

僧侶「もう私、何を信じたらいいのか……」

勇者「ちょっと待て、何で急にそんなことになるんだよ。何かあったっけ?」

僧侶「……多分、考えないようにしてたんだと思います。それが急に、ぶわって溢れてきて……自分でも分からなくなって……」

勇者「いや、意味が分かんねえ。考えないようにって何を? 溢れてきたって何が?」

僧侶「……自分です」

勇者「はぁ?」

僧侶「……あんなことを言って貴方を責めたりして、本当にごめんなさいっ」

勇者「(村に気付いてた。狡い。俺を責めた………ああ、なるほど、そういうことか)」


僧侶「……私、本当に……」ポロポロ

勇者「おい、聞け」

僧侶「?」

勇者「過ぎたことは気にすんな」

僧侶「そんなの無理ですっ」

勇者「(即答かよ)いいから気にすんな。急に外に出たから面喰らってるだけだ」

僧侶「へ?」

勇者「お前は外の世界に戸惑ってるんだよ。多分、それが今になって一気に吹き出したんだ」

勇者「旅する前はずっと教会の中で生きてきたんだ。そうなっても仕方ねえさ」

僧侶「……そう、なんでしょうか……」

勇者「多分な。それにほら……」

僧侶「?」

勇者「なんつーか、その……」

勇者「俺と一緒にいて色々と汚えもん見せられたから、今までいた場所との違いに付いて行けてねえんだよ」

勇者「だからもう気にすん……気に病むな。この先も付いて来る気なら先のことだけを考えろ。引き摺るな」


僧侶「……グスッ…はぃ…」

勇者「というか、お前は何もしてねえんだから悩む必要も泣く必要もねえだろうがよ」

僧侶「だから、悩んでたんです……」

勇者「……そうか。じゃあ、これからは何かしろ」

勇者「別に特別なことをしろってわけじゃねえ。お前が出来ることをすりゃあいい」

僧侶「……私の、出来ること?」

勇者「裁縫とか出来んだろ。この服だってお前が作ったんだし、役には立ってる」

僧侶「ほんと?」

勇者「……本当だよ」

僧侶「うそなんだ……」

勇者「ぐちぐちうるせえな!本当だって言ってんだろ!火傷は治したし、さっきは俺を飛ばしただろうが!役に立ってるから泣くな鬱陶しい!!」

僧侶「うぅ~…」

勇者「……一応聞いとくけど、それは嬉しくて泣いてんのか、情けなくて泣いてんのか」


僧侶「りょうほうです……」

勇者「……そうか、ならいい。そろそろ行きてえんだけど歩けそうか?」

僧侶「……どうやら無理そうです」

勇者「お前が泣き止むのを待ってたら日が暮れるな。おぶってやるから来い」

僧侶「でも、なみだとか、はなみずとか……」ズビッ

勇者「うっせえな!いいから来いって言ってんだよ!!」

僧侶「は、はいっ」

ギュッ

勇者「よし。んじゃ、行くぞ」ザッ


勇者「………」

僧侶「……あのぅ」

勇者「あ?」

僧侶「……色々とごめんなさい」

勇者「うるせえ」

僧侶「………ほんとにごめんなさい」

勇者「分かった。もういいから休んどけ」

僧侶「……はい」

勇者「………おい」

僧侶「?」

勇者「次からはそうなる前に話せ。ガキの相手してるみたいで面倒臭えから」

僧侶「……ありがとうございます」

勇者「………」

僧侶「………ありがとうございます」

勇者「分かった。もう分かったから黙ってろ」


※※※※※※


ここで私はただ一つの側面から罪が積極性であることを解明できるだけである。


罪を構成しているものは神の概念によって無限にその度が強められた自己であり


したがってまた行為としての罪についての最大限の意識である。


  ・・・・・・・
罪が神の前に起こるというのが、罪における積極的なものである。



キェルケゴール『死に至る病』


【#1】

僧侶「スー…スー…」

勇者「(泣き疲れて寝たのか?)」

勇者「(ったく、怒ったり泣いたり浮き沈みの激しい女だな。これだからガキは嫌なんだ)」

魔女『使えない道具なら捨ててしまえば良いのに、バカみたい』

勇者「(……そうだな、その通りだよ)」

勇者「(こんなに手間の掛かる奴は捨てればいい。足枷になるなら、いない方がマシだ)」

勇者「(相容れない考え。育った環境も違う。互いに分かり合うことなんて出来はしないだろう)」

僧侶「…んっ…うぅ…」ビクッ

ぎゅぅぅ

勇者「(……あの人は、俺を見捨てなかった)」

勇者「(どう考えても足手まといでしかない俺を、あの人は傍に置き続けた。最期まで……)」

勇者「(なぜ俺だったのか、その理由は分からない。ただ、決して投げ出すような真似はしなかった)」


僧侶「ん~っ…」

勇者「(なら俺は?俺は何でコイツを背負う?)」

勇者「(自分より弱いものを守りたいと? あの人のようになれるとでも思っているのか?)」

勇者「馬鹿か俺は……」

勇者「(今更になって綺麗に生きようとでも? 馬鹿げてる。甘っちょろい理想なんてものはあの日に捨てたはずだ)」

勇者「(俺はあの人のようにはなれない。守るだとか背負うだとか、そんなこと、俺には……?)」

ガガッ ガガッ

勇者「(あの身なり、何処かの騎士か)」

>>その方は怪我人ですか!?

勇者「いえ、眠っているだけです。貴方は?」

騎士「………」

勇者「どうしました?」

騎士「い、いえっ……申し遅れました。私は騎士。此処より北にある街から参りました」


勇者「そうでしたか、私はーーー」

騎士「貴方は勇者様。そうでしょう?」

勇者「何故それを?」

騎士「国王及び教皇による勇者への協力要請、その中には似顔絵もありましたからね」ニコリ

勇者「(何が似顔絵だ、つまりは人相書きじゃねえか。大方、後で始末する為に顔を広めたんだろう。笑わせやがる)」

騎士「如何しました?」

勇者「いえ、まさかそこまで広まっているとは思ってもいませんでしたから……」

騎士「勇者様の似顔絵が届いたのはつい最近のことです。ご存知ないのも無理はありませんよ」

勇者「ところで貴方は何故こんな所に? 他の騎士の方々の姿が見えませんが?」

騎士「昨夜、山火事が発生したとの情報が入りました」

騎士「それから、龍が飛び去るのを見たという情報も多数寄せられました。北の騎士団は、双方の関連性について調査に来たのです」


勇者「貴方お一人で、ですか?」

騎士「まさか。勿論、他の騎士も来ています」

騎士「ただ、少しばかり騎士団内部で問題がありまして……それに、龍絡みとなると中々……」

勇者「(怖じ気づいたのか、腰抜け共が)仕方ありませんよ。誰にでも怖れはある」

騎士「貴方にも」

勇者「?」

騎士「貴方にも怖れはありますか?」

勇者「(あるわけねえだろ)私にはありません」

騎士「……お強いのですね」

勇者「そんなことはありませんよ。私一人では此処まで来ることは出来ませんでした」


勇者「彼女が……」

僧侶「スー…スー…」

勇者「僧侶さんがいてくれなければ、こうして立っていることも出来なかったでしょう」

騎士「………が」

勇者「何か?」

騎士「いえ、何でもありません。お二人は何処へ?」

勇者「北の街を目指していた所です」

騎士「そうでしたか!」

騎士「ですが、少々困りましたね。すぐにでも送って差し上げたいところですが調査がーーー」

勇者「調査の必要はありません。龍は私の前に現れました」

騎士「………そうでしたか。その右腕の傷、その服装はそういうことだったのですね」

勇者「詳しいことは道々か、街に到着したらお話しします。ご迷惑かとは思いますが、街まで送って頂けませんか」


騎士「迷惑だなんてそんな、私で宜しければ喜んでお送りいたします」

騎士「では、申し訳ありませんが少々お待ち下さい。すぐに迎えに参りますので」

勇者「ありがとうございます」

騎士「っ、頭を上げて下さい!礼を言わなくてはならないのは私の方です!!」

騎士「微力ではありますが、貴方のお役に立てることを心より光栄に思っています。何より、この出逢いを」

勇者「(めんどくせえ、堅っ苦しい、話は長え。だから嫌なんだよ、こういう奴って)」

騎士「では、後ほど」

ガガッ ガガッ

勇者「………行ったか。おい」ユサユサ

僧侶「んっ…」

勇者「もう大丈夫か」

僧侶「えっ? はい、大丈夫です……」


勇者「どうした? 何かあるなら言え」

僧侶「いえっ、本当に何でもありません。何ともないです。大丈夫です」

勇者「あ、そう」

僧侶「(はぁ、また寝ちゃった……金棒と鉄板に加えて私まで……重かっただろうな……)」

勇者「お前が眠ってる間に北の騎士と会ってな、そいつが今から迎えに来る」

僧侶「えっ、騎士が迎えに? というか、何で騎士がこんな所に?」

勇者「説明は後でしてやる。ともかく、北の街まで乗せてってくれる。後、腕痺れたから降りろ」

僧侶「あっ、ごめんなさい。今降ります」ストッ

勇者「いいか、迎えに来るのは騎士だからな。失礼のないようにお行儀良くしてろよ」


僧侶「………」

勇者「何だよ、そのツラは」

僧侶「べ、別に何でもないですよ?」

勇者「そうかよ。つーか遅えな、早く来いよ」

僧侶「(この人、外見と外面はすっごく良いからなぁ。見惚れる程に綺麗な顔してる、顔は)」

僧侶「(それから、細かな動作まで計算したような演技。それが男女問わず惹きつける。一体どこで身に付けたんだろう?)」チラッ

勇者「………」

僧侶「………はぁ。演技じゃなくて、普段もあんな感じなら良いのになぁ」ポツリ

勇者「聞こえてんだよバカが」

ポカッ

僧侶「あたっ」

勇者「余計なこと言ってねえで大人しく待ってろ。しばらく口喧嘩はナシだ、いいな」


僧侶「…………」

勇者「早速無視ですか、良い度胸ですね。僧侶さん」

僧侶「へっ?いや、ちゃんと聞いてます。大丈夫です。ただ、ちょっとぼ~っとしちゃって……」

勇者「気を抜くな。迎えに来るのが人間だからって油断するなよ。何があるか分かんねえぞ」

僧侶「……はい。『分かっています』」

勇者「そうか、ならいい」

僧侶「(やっぱり、ちょっとだけ違う。森で私が泣いた時も、さっき頭を叩いた時も……)」

勇者「………」

僧侶「(何て言うか、優しかった。ような気がする。最初の頃に比べたらだけど……)」

ガラララ

勇者「お、来たな」

僧侶「あ、馬車ですね。久し振りだなぁ……」

勇者「お前と旅に出てから二、三日で化け物にぶっ壊されたからな。お前が馬車に魔除け水使うの忘れた所為で」

僧侶「違います!あれは大型の魔物だったので効力がーーー」

勇者「馬車は壊され馬は喰われて大変だったな。お前は終わった後も吐いてたっけ。懐かしいな」

僧侶「そろそろ口調を変えないとバレますよ」

勇者「うるせえな、分かってるよ」


【#2】殉教者

騎士「お待たせしました」

勇者「いえ。しかし、わざわざ馬車を用意することは……」

僧侶「(また心にもないことを言うんだから。私以外の人にはいつもこれだ)」ムスッ

勇者「僧侶さん、どうしました?」ニコリ

僧侶「(うっ、バレてる……)」

勇者「僧侶さん?」

僧侶「何でもありません。騎士さん、わざわざありがとうございます」

騎士「いえ、礼には及びませんよ。お二人共お疲れでしょう。さあ、乗って下さい」ニコリ

僧侶「(綺麗な人だなぁ。凜々しくて、物腰は柔らくて……格好いい女性って感じだ)」

騎士「あの、私に何か?」

僧侶「えっと、初対面でこんなことを言うのは何ですが、とても綺麗な方だなと思いまして」


勇者「(何言ってんだこのバカ)」

騎士「………」

勇者「申し訳ありません。お気を悪くしたのなら謝罪します」

騎士「っ、ふふっ、あははっ」

勇者「?」

騎士「いえいえ、此方こそ申し訳ありません」

騎士「まさかそんなことを言われるとは思ってもいなかったもので少々驚いてしまっただけです。面白い方ですね」

僧侶「あ、ありがとうございます?」

勇者「(褒めてねえよバカ)」

騎士「ふふっ、お話しは中で聞きます。さあ、どうぞ」

勇者「はい、ありがとうございます」

僧侶「ありがとうございます」ペコッ

トコトコ

騎士「…………」ザッ

コツコツ バタン


騎士「っと、これは……」

勇者「僧侶さん、少し詰めて下さい」

僧侶「あっ、はい。騎士さん、どうぞ」ススッ

騎士「ありがとうございます」トスッ

勇者「これの所為で窮屈になってしまいました。申し訳ありません」

騎士「い、いえ、それ程のものでなければ魔物を相手に出来ないのでしょう?」

騎士「単体ならばともかく、複数を相手取るとなれば通常の刀剣では歯が立たない。大型のものであれば尚更のことでしょう」

勇者「貴方が理解のある方で助かります」

騎士「理解? どういうことですか?」

勇者「大半の方は良い顔をされませんから……」

騎士「何故です?」

勇者「物騒、粗野、野蛮。おおよそ、勇者と呼ばれる者が帯びるには適したものではない、と」


騎士「そうでしたか……」

騎士「魔物の怖ろしさ、貴方が歩む道の過酷さ。それを知らない方にはそう見えるのでしょうね」

勇者「(何だコイツ、知ったような口を利きやがって)」

騎士「では、出発しましょうか」

勇者「はい、宜しくお願いします」

騎士「全員乗った。出してくれ」

>>了解しました。

ガラララ

勇者「早速ですが、私の見聞きしたことをお話しします」

騎士「そう急がずとも街に到着してからで構いませんよ?少しばかり休んでは如何です?」


勇者「それでは貴方に迷惑を掛けてしまう」

騎士「えっ?」

勇者「到着してからでは貴方を拘束してしまうことになる。本来の職務に支障が出る怖れもあります」

勇者「此処で話しておけば、貴方が街に到着したと同時に騎士団に伝達出来るでしょう?」

騎士「な、何を仰います。私に、一介の騎士に、そこまで気を遣わなくともーーー」

勇者「気遣いだけではありませんよ?」

騎士「?」

勇者「私個人として、これ以上に貴方のご好意に甘えるのは気が引けます」ニコリ

騎士「ふふっ、遠慮なさらなくてもいいのに……あっ…し、失礼しました」カァァ

勇者「いえ、お互い力を抜いて話しましょう。その方が休まります」

騎士「そ、そうですか?」

勇者「ええ。僧侶さんもそうでしょう?」

僧侶「えっ!? あ、はい。私もいつも通りに接して頂いた方が……その、楽といいますか」


勇者「だそうですよ?」ニコッ

騎士「お、お気遣い、ありがとうございます」

僧侶「(あ、顔が真っ赤だ。きっと照れてるんだろうな。こんなに綺麗な人を容易く……)」チラッ

勇者「………」ニコニコ

僧侶「(何ですか、その好青年風の爽やかで涼やかな微笑みは……この、猫被りめっ!)」

勇者「どうしました?」

僧侶「何でもないです」

騎士「……取り乱して申し訳ない。では勇者様、お願いします」

勇者「分かりました」

勇者「先程お話しした通り、私の前に龍が現れました。無論、その目的は私を抹殺することです」

僧侶「(えっ?)」

勇者「その際、森は龍の炎で覆われたのです」

勇者「その後は僧侶さんの助けもあり、何とか龍を退けることが出来ました。深手は負いましたが」


騎士「他に何かありましたか?」

勇者「北の山村で待つ。そう言っていました……龍については以上です」

騎士「龍については? まさか他にも?」

勇者「はい。実は今朝、魔女と名乗る者に襲撃を受けました。熟達した術法の使い手です」

勇者「虚を突いて倒したかと思いましたが、僧侶さんによれば実体ではないとのことです」

騎士「身体的特徴や人相は分かりますか?」

騎士「まだこの辺りに潜伏しているかもしれません。我々もお役に立てるかと思います」

勇者「残念ながらこれといった特徴はなく、顔を隠していたので人相は分かりませんでした」

騎士「……そうですか。しかし、龍に加えて魔女ですか。厄介な相手ですね。関連性は?」

勇者「私個人の考えでは無関係だと思われます」

勇者「龍の配下。もしくは龍を崇拝する者であるのなら、私を抹殺しようとするはずです」


騎士「勇者様の抹殺が目的ではなかったと?」

勇者「ええ。挑発行為が主で、それ以外には何もありませんでした。魔女の目的は不明です」

騎士「目的不明の挑発行為、ですか。差し支えなければ内容を教えて頂けませんか?」

勇者「あくまで個人的なことですので、捜査に必要な情報ではないかと思います」

騎士「っ、そうでしたか。思慮が足りず申し訳ありません」

勇者「いえ。大してお役に立てず申し訳ない」

僧侶「(何で隠したんだろう。この人なら力になってくれるかもしれないのに。疑ってるのかな?)」

勇者「私が見聞きしたものは以上です」

騎士「ご協力感謝致します。では街に到着次第、宿に案内します」

勇者「何もそこまで……」

騎士「それくらいはさせて下さい。私もこれ以上、貴方の好意に甘えるのは気が引けますので」ニコリ

勇者「分かりました。では、お願いします」

騎士「はい、お任せ下さい。それから、大変申し上げにくいのですが……」


勇者「何でしょう?」

騎士「少しばかり手を貸して欲しいのです」

勇者「それは、先程言っていた騎士団内の問題に関係することですか?」

騎士「ええ、そうです」

騎士「話だけでも聞いて頂けると助かります。知恵を貸して欲しいのです」

勇者「(チッ、めんどくせえな)構いませんよ?私で良ければ力になります」

騎士「あ、ありがとうございます!」

騎士「それについては街に到着して宿に案内してからと言うことで……宜しいですか?」

勇者「ええ、分かりました。僧侶さんもそれで構いませんか?」

僧侶「はい、私もそれで構いません。お世話になったお礼もまだですから」

騎士「ありがとうございます……」

僧侶「(ん? 何だろう。変な感じがする。どこからか見られているような……あ、消えた)」


騎士「しかし、龍が自ら姿を見せるとは」

勇者「ええ、私も驚きました」

騎士「自らが赴き、決戦場所を指定。それが最北端の山村ですか。何とも厳しい道のりですね」

勇者「承知の上です」

騎士「……そう言えば、あの村は先の勇者様が亡くなった場所でしたね」

僧侶「えっ?」

騎士「ご存知ではなかったのですか?」

僧侶「その、術法の勉強ばかりに明け暮れていて、恥ずかしながら世情に関してはあまり……」

騎士「と言うことは、僧侶様は世とは隔絶された場所に? 修練場や、それに近い場所に?」

僧侶「いえ、王都近辺にある司教区です」

僧侶「隔絶と言いますか、世に飛び交う言葉には耳を傾けぬようにと教えられてきました」

僧侶「噂や憶測など、人心を惑わし混乱させるようなものは信仰を揺らがせる、と」

勇者「(なる程、通りで甘っちょろいわけだ)」


僧侶「あのっ、騎士さん」

騎士「はい?」

僧侶「先の勇者様が北の山村で亡くなったというのは事実なのですか?」

僧侶「その辺りの事情に関しては無知なもので、教えて頂けると助かります」

騎士「は、はい。私が知りうる限りのことで宜しければ……」

僧侶「はい、是非お願いします」

騎士「では……」コホン

騎士「先程は亡くなったと言いましたが、厳密に言うならば消息を絶った場所です」

騎士「最後に目撃されたのが北の山村近辺なので、そこが没した土地だと言うのが通説になっています」

僧侶「なる程……」

騎士「それと、これは未だ不確かな情報ではありますが、龍との戦いに敗れたという説もあります」

騎士「それを裏付けるように、先の勇者様が消息を絶ったと同じく龍が姿を消した。五年もの間」

騎士「これが勇者なき五年、龍なき五年の始まりです。混迷の世の始まりでもあります」


僧侶「正邪なき混沌の世……」

騎士「ええ、それです。そして五年後の今、現在の勇者様が現れた」

騎士「ですが、それと同じく龍の目撃情報も出始めた。勇者様の現れに合わせるようにして……」

僧侶「…………」

騎士「再び現れた龍の片目が潰れていることから、先の勇者様と龍が戦ったという説は有力視されています」

騎士「ですので、最後に立ち寄った北端の山村を聖者の墓所、殉教者の地と呼ぶ者もいます」

僧侶「聖者の墓所……」

勇者「(何が殉教者だボケ)」

勇者「(どいつもこいつも好き勝手言いやがって、あの人は信仰の為に戦ってたわけじゃない。あの人は……)」

騎士「以上です」

僧侶「ありがとうございます。とっても勉強になりました。お詳しいのですね」


騎士「いえ、そんなことは……」チラッ

勇者「…………」

騎士「あの、勇者様」

勇者「?」

騎士「退屈だったでしょうか?」

勇者「いえ、聞き入っていただけです。とても心地良い声色でしたから、つい」ニコッ

僧侶「(また歯が浮くような台詞を言ってる)」

騎士「えっ…そ、そうですか。それは良かったです……」カァァ

僧侶「(騎士さん、騙されちゃダメですよ)」

>>そろそろ到着します。

騎士「了解した」

騎士「そろそろ到着します。何だか私ばかり喋ってしまって申し訳ない……」

僧侶「いえ、そんなことはないです。本当に勉強になりました。ありがとうございます」

勇者「(やっと解放されるな。さっさと宿屋に入って休みてえ。飯食いてえ、水浴びてえ)」


【#3】宣告

勇者「此処ですか、良い宿ですね」ニコッ

騎士「気に入って頂けたようで良かった。お部屋はどうしますか?」

僧侶「(そっか、今日はお布団で眠れるのか。ここ最近は野宿だったから嬉しいなぁ)」

僧侶「(村では雑魚寝だったけど今日は違う。一人でゆっくり眠れるんだ)」

勇者「一部屋で構いません。ね、僧侶さん」

僧侶「はい。って、えっ!?」

騎士「……あの、本当に一部屋で宜しいのですか? 僧侶様は別々の部屋が良さそうですが」

勇者「別々の部屋では行動に差が出ますから」

僧侶「それはそうですけど……街ですよ?」

勇者「私を狙うのは魔物だけじゃない」

勇者「街であれ何処であれ、慣れない場所では行動を共にした方が良いでしょう」

勇者「別々の部屋で眠っている間に何かが起きたら対応に遅れが出てしまう。違いますか?」

僧侶「(ちょっと警戒し過ぎなような気もするけど)そうですね。分かりました」


騎士「では、手続きは私が」

勇者「何から何まで、申し訳ありません」

騎士「いえ、お気になさらないで下さい。では」ニコリ

コツコツ

勇者「……えっ、じゃねえんだよバカが」

僧侶「(絶対言われると思った)」

勇者「ゆっくり眠れるなんて思うなよ。寝る時は時間毎に交代するからな」

僧侶「えっ、そこまでする必要はないと思いますけど……」

勇者「お前はあの村で何を見た。何を学んだ」

勇者「奴等のような化け物がこの街にいないと断言出来んのか。気を抜くなって言っただろうが」

僧侶「っ、ごめんなさい……」

勇者「別に謝らなくていい。それより、今から言うことを良く聞け」


僧侶「は、はい。何ですか?」

勇者「俺の傍にいるってことの危険性をもう少し自覚しろ。敵はどこにでもいる」

勇者「龍をぶっ殺すまで付いてくる気なら、安心して眠れる夜はないと思え。それが嫌なら今すぐ帰れ」

僧侶「っ、帰りません!私は最後まで付いていきます!馬鹿なことを言わないで下さい!!」

勇者「手遅れになる前に聞いておく、お前は何で付いてくる?」

僧侶「それは、神に誓ったからです……」

勇者「神なんぞどうでもいい。お前はどうだって聞いてんだよ。お前の芯のところは?」

僧侶「……私?」

勇者「そうだ。何処の誰に誓おうが構わねえが、お前の意志はどうなんだ。それでいいって言ってんのか?」

僧侶「………」

勇者「……いいか、僧侶」

勇者「俺の傍にいれば、この先も醜いものを見る羽目になる。化け物共による理不尽な死やら人間の獣性やらを嫌って程にな」


僧侶「っ、言われなくても分かってます」

勇者「分かってねえから言ってんだよ。襲ってくるのは化け物だけじゃない」

勇者「悪意や憎悪、憤怒や悲痛、喪失と慟哭。人間魔物関係なく、それは起きる。今この瞬間にも起きてるだろう」

勇者「そういった目に見えないものが次々に絡み付いて離れなくなる。俺といれば、それが続く。お前が歩もうとしてんのは、そういう道なんだ」

僧侶「………」ギュゥ

勇者「今のうちによく考えておけ。神に縋らず、自分がどうありたいかをな」

僧侶「………はい」

コツコツ

騎士「お待たせしまた。さあ、どうぞ」

僧侶「(私がどうありたいのか?)」

僧侶「(どうあるべきかではなく、どうありたいのか? そんなこと、私には……)」


騎士「勇者様、何かあったのですか?」

勇者「いえ、何も。僧侶さん、私は少しばかり話があるので先に入っていて下さい」

僧侶「はい……」

トボトボ

勇者「………」

騎士「勇者様?如何しました?」

勇者「いえ、何でも……お話を伺うのは少しばかり体を休めてからでも宜しいですか?」

騎士「ええ、勿論です。では、そうですね……夕方にでも迎えに上がります」

勇者「迎えだなんてそんな……場所さえ教えて頂ければ私が向かいます」

騎士「助力を願う側としてそれは出来ませんよ」

騎士「それに、以前に比べて街並みも随分と変わりましたので迷ってしまうと思います」

勇者「……そうですか。では、お願いします」

騎士「はいっ。では、後ほど」ニコリ

コツコツ

勇者「街並みが変わった、か……」

ガヤガヤ

勇者「(……入るか。あのまま一人にすると、また余計なことを考えて泣き出しそうだしな)」


【#4】手を握る

僧侶「(お前はどうしたいのか、か)」

僧侶「(これまでは付いて行くのに必死だったから、こんな風に考える時間なんてなかったな)」

シーン

僧侶「(静かなのに、何だか落ち着かないや)」

僧侶「(神に縋るのではなく、信仰も誓いも関係なく、私自身の気持ちか)」

僧侶「(……急に言われても分からないし、これまでの私を振り返ってみよう)」

勇者『ッ、下がってろ!』グイッ

僧侶『きゃっ!』ドタッ

グサッ

勇者『ってえな……死ね、クズ共』

ザンッ ゴロンッ

僧侶『っ!!』ビクッ

勇者『何してる。さっさと立て』

僧侶『あ、あの、血が出てます。治療しないと……』

勇者『そんなもん必要ねえよ。まだ終わってねえんだ。死にたくなかったら離れるな』

僧侶「(うん、あの人の役には立ってないね。自分で言ってて悲しくなるけど、これは事実だ)」

僧侶「(傷を癒やしたのなんて龍が現れた時だけだし、術法援護したのは魔女が現れた時だけだ)」


僧侶「(改めて考えると邪魔でしかない……)」

僧侶「(あの人の性格からして、今まで放り出さなかったのが不思議なくらいだ)」

勇者『俺の傍にいるってことの危険性をもう少し自覚しろ。敵はどこにでもいる』

勇者『龍をぶっ殺すまで付いてくる気なら安心して眠れる夜はないと思え。それが嫌なら今すぐ帰れ』

僧侶「……そっか」

勇者『今のうちによく考えとけ。神に縋らず、自分がどうありたいかをな』

僧侶「……必要ない。ってことだったのかな」ポロポロ

僧侶「(きっとそうだ。直接はそういうことは言わなかったけど、そういうことなんだ)」

僧侶「(それはそうだよね。これから先はもっと厳しくなるだろうし、ましてや龍なんて……)」

ガチャ パタンッ

勇者「………」

僧侶「えっ? あっ…」グシグシ

勇者「何だお前、また泣いてたのか」

僧侶「な、泣いてないです。ただ、ちょっと泣きそうになってただけで……」

勇者「同じようなもんだろうが……で、何で泣いてた。そうなる前に話せって言っただろ」


僧侶「……必要ないのかな、と思って」

勇者「何でそうなるのか分かんねえ。俺はどうしたいのか考えろって言っただけだろうが」

僧侶「……だって」

勇者「あ?」

僧侶「っ、だってどう考えても足手まといだから!だから、必要ないのかなって……」

勇者「その辺の自覚はあったんだな。ないのかと思ってた」

僧侶「私にだってそれくらい分かります!」

僧侶「私が何よりも分からないのは、何で今まで私を放り出さなかったのかです!!」

勇者「何でお前が怒鳴るんだよ。普通逆だろ」

僧侶「だってそうでしょ!?」

勇者「え、意味分かんねえ。何言ってんのお前?」

僧侶「いつもバカバカ言って、邪魔だと役立たずだとか……それなのに自分で考えろとか……」


勇者「大丈夫?医者呼ぼうか?」

僧侶「~~~っ!!」

勇者「冗談だよ、少し落ち着け」

僧侶「……別に?落ち着いてますけど?」ズビッ

勇者「ガキかお前は……」

僧侶「私がガキなら貴方もガキです。年齢なんて二つ三つしか違わないのに大人ぶっちゃって……」

勇者「なにを拗ねてんだ。つーかお前って幾つだっけ」

僧侶「もうすぐ17です」

勇者「じゃあ16じゃねえか。下らねえ見栄張るんじゃねえよ」

僧侶「………」

勇者「……はぁ、隣座るぞ」トスッ

僧侶「もう座ってるじゃないですか」


勇者「僧侶、俺の目を見ろ」

僧侶「は、はいっ!?」

勇者「顔を背けてたら何も伝わらない。きちんと話すから、きちんと聞け」

僧侶「……わ、分かりました」

勇者「さっきああ言ったのは、お前が考えているような理由で言ったんじゃない」

僧侶「……じゃあ、何で?」

勇者「危ういと思ったんだ」

僧侶「危うい?」

勇者「ああ。誓いのため、神のため、信仰のため。そんなんじゃ、いつか必ず押し潰される」

勇者「がんじがらめになって、息詰まって、自問自答を繰り返す。それで最期は、背負ったものに潰されちまうんだ」

僧侶「………」

勇者「いいか、戦いの中に縋るものなんてありはしない。自分で何とかするしかないんだ」

勇者「縋るなって言ったのはそういうことだ。自分を何かに預けるな。それはお前の命だろ?」


僧侶「(私の、命……)」

勇者「話は終わりだ」

僧侶「(自分の、私だけの、戦う理由……)」

勇者「(コイツ、また何か考えてるな)おい、ちょっと付き合え」

僧侶「えっ?どこに行くんですか?」

勇者「買い物だ。おら、さっさと行くぞ。夕方までには帰って来なけりゃならないんだ」

僧侶「でも、ご飯とかお風呂とか……」

勇者「飯は外で食えばいいだろうが、風呂はもう少し我慢しろ」

僧侶「……あのぅ」

勇者「あ?」

僧侶「お留守番してちゃダメですか?人混みとか苦手なので行きたくないです……」

勇者「………」イラッ

僧侶「それに、貴方から言われたこともあります。今度はしっかり落ち着いて考えられると思います」ハイ


勇者「面倒くせえな、いいから来い」グイッ

僧侶「えっ、ちょっ……一人で行けば良いじゃないですか!留守番くらい出来ますよ!?」

勇者「お前を一人にしておくと碌なことが起きないんだよ!目を離すとすぐに泣くだろうが!!」

僧侶「も、もう泣きません!」

勇者「まるで信用出来ねえ。今朝方同じようなこと言ってたろ、お前」

僧侶「うっ…」

勇者「……少しは外を見ろ。そうすりゃあ違ったもんが見えるかもしれねえだろ」

僧侶「(最初からそう言ってくれればいいのに、何で素直に言わないかな……)」

勇者「ほら、行くぞ」ギュッ

僧侶「(……熱い。まだ熱が残ってるんだ。無理しなくてもいいのに)」

勇者「どうした?」

僧侶「へっ? いえ、何でもないです」

勇者「?」

僧侶「(ちょっとだけ治癒しながら歩こう。これくらいならバレないよね……)」ギュッ

勇者「……行くぞ」

僧侶「あ、はい。お願いします」

ガチャ パタンッ


【#5】偽りなく

僧侶「わあ、凄いですね!」

勇者「何が?」

僧侶「人とかお店とか雰囲気とか、色々です!」

勇者「行きたくないとか言ってた割に楽しそうだな。こんな景色、珍しいもんでもないだろ」

僧侶「初めてですから……」

勇者「は?」

僧侶「実は私、ずっと教会の中にいたんです。外に出たことなんて殆どありませんでした」

僧侶「出たとしても限られた区画だけで、これだけ人がいる場所に出たことはありません」

僧侶「私にはそれが当たり前でしたし、不満に思ったことなんてないですけどね」ニコッ

勇者「……何でお前だけ?」

勇者「他の連中は外に出てるだろ。王都や近辺の街じゃあ修道女なんてそこら中で見かけたぜ?」


僧侶「……多分、隠したかったんだと思います」

勇者「隠すって、お前を?」

僧侶「ええ。全属性の術法を使える人間なんていないですし、教会の中でも疎まれていましたから」

僧侶「……疎まれていると言うより、気味悪がられていたと言った方が正しいかもしれませんね」

勇者「………」

僧侶「世が世なら異端の者として裁かれていたと思います。或いは、悪魔や魔女として……」

勇者「術法だとか言葉を濁しても所詮は魔術だからな。よく殺されなかったなお前」

僧侶「司教様が守ってくれたんです」

僧侶「闇に覆われつつある世界、それを案じた神の御意志。この子は御心の現れ、排斥ではなく愛すべき者であると……」

勇者「お前が神の御心? 大それたことを言う奴だな」

僧侶「……後に聞いた話では、その発言の為に司教の座に留まることになったとのことでした」

僧侶「これも後から聞いたことですが、ゆくゆくは教皇になるだろうと言われた方だったようです」

勇者「ふ~ん、あいつがねぇ」

勇者「でもまあ、言われてみれば他の奴等とは毛色が違ったかもな。俺は好きじゃねえけど」


僧侶「相変わらずですね」

勇者「あ?」

僧侶「他人が尊敬している人をそんな風に言うなんて普通の人ならしません。貴方らしいと言えばそれまでですけどね」

勇者「嗚呼、何て優しい方なんだ」

勇者「一人の人間の為にそこまで奉仕するなんて素晴らしい。とでも言えば良かったか?」

僧侶「嘘だと分かる上に気持ち悪いので結構です」

勇者「ほらな?嘘を吐いてまで褒められたくないだろ?心から尊敬してる人なら尚更だ」

僧侶「(好きか嫌いか褒めるか貶すか、極端な人だなぁ……中間、真ん中とかないのかな)」

勇者「なあ、一ついいか?」

僧侶「何ですか?」

勇者「司教の奴は何でお前を旅に出した?」

僧侶「……今がその力を使う時だと、司教様にはそう言われました。もしかしたら、他にも理由があったのかもしれません」

僧侶「私の存在を問題視する声は多かったですし、それに苦心している司教様を見るのは私もつらかったですから」


勇者「……良かったな」

僧侶「え?」

勇者「そういう奴に出逢えて良かったじゃねえか。お前の痛みは分かんねえけど、救われたんだろ?」

僧侶「……はい」

僧侶「一時は自分を呪ったことさえありましたけど、司教様はずっと励ましてくれました」

僧侶「いつか必ず、その力が私を救うだろうと言ってくれた……何より、居場所をくれた人ですから」

勇者「(………居場所か)」

僧侶「あの」

勇者「ん?」

僧侶「貴方にもいたんですよね?その、苦しみや痛みから救ってくれた人が……」

勇者「………ああ、いた」

僧侶「どんな人だったんですか?」

勇者「俺とは真逆だよ。強くて優しくて、人を守れる人だった。それから、大きな夢を持ってた」


僧侶「夢?」

勇者「争いのない、平和な世界」

勇者「みんなが笑っていられるような、そんな世界さ。そんなもん、無理に決まってんのにな……」

僧侶「………」

勇者「………手、もういいぞ」

僧侶「え?」

勇者「痛みなら引いた。もう充分だ」

僧侶「き、気付いてたんですか!?」

勇者「当たり前だバカ。俺はそこまで鈍くねえ。手を離さない時点で妙だったしな」

僧侶「少しでも楽になって欲しいからやったのに……バカって言わなくてもいいじゃないですか……」

勇者「……っ、悪かったな。お陰で随分と楽になったよ。ありがとな」


僧侶「…………」

勇者「何だよ」

僧侶「い、いえ。何でもないですよ? ホントに」

勇者「………」

僧侶「(頭の中を覗かれている気がする……)」

勇者「……まあいいや。あんまり離れるなよ」

僧侶「えっ? はい、分かりました」

勇者「じゃあ、飯でも食うか。確かこの辺りに美味い店があったんだ」

僧侶「……あれ?来たことあるんですか?」

勇者「ああ、随分と前に一度だけな。この辺りはあんまり変わってねえな」

僧侶「(……と言うことは勇者になる前だよね?先の勇者様と一緒に来たのかな?)」

勇者「お、あった。懐かしいな」

僧侶「(あ、笑ってる。勇者になる前のこの人は、一体どんな人だったんだろう……)」


【#6】外食にて

僧侶「………」モグモグ

勇者「美味いか?」

僧侶「は、はいっ!とっても美味しいです!」

勇者「そっか、そりゃ良かった」

僧侶「でも、全体的にちょっと味が濃いですね。体に悪そうな感じがします」ウン

勇者「たまに食うからいいんだろ?」モグモグ

僧侶「なるほど……」

勇者「どうした?冷めちまうぞ?」

僧侶「いえ、外には色んなものがあるんだなぁと思いまして。ちょっと衝撃を受けてます」

勇者「そんなにか?」

僧侶「そんなにです!」ガタッ

僧侶「見たこともない料理、知らない味。空気、雰囲気。この街は沢山の未知で溢れています!」

勇者「そうか、それは良かったな。嬉しいのは分かるけど少し落ち着け。周りが見てる」


僧侶「あっ…ごめんなさい」トスッ

勇者「ま、気に入ったみたいで良かった」モグモグ

僧侶「あのっ、次はどこに行くんですか?」ワクワク

勇者「次?そうだな、剣を買おうかと思ってる」

僧侶「え~、武器なら既にあるじゃないですか」

勇者「狭い場所で使えるやつがないんだよ。開けた場所でやる分には問題ねえけどな」

僧侶「あ、そっか。色々考えてるんですね」モグモグ

勇者「お前はもう少し考えろ」

僧侶「うっ…」

僧侶「(よし、これからは気を付けよう)」

僧侶「(裁縫の他にも役に立てることはあるはずだ。出来ることなら術法で役に立ちたいけど、どうしたら良いかな)」ウーン


勇者「今は考えなくていい」モグモグ

僧侶「(見抜かれている……)」

勇者「そう言えば」

僧侶「はい?」

勇者「お前とこうして飯を食うのは初めてだな」

僧侶「それは、王都近辺の街を突っ切って北に向かって来たからですよ」

僧侶「あの辺りは化け物が少ないから、俺がやらなくても王都の奴等がやるだろう。とか言って」ムスッ

勇者「そりゃそうだろ」

勇者「俺達は安全ではない場所に行って、安全ではない奴等を掃除する。そういう存在なんだ」

僧侶「……それは、そうですけど」

勇者「何だお前、まさか期待してたの?」

僧侶「…………ちょっとだけ」

勇者「ッ、ハハハッ!」

僧侶「だ、だって仕方ないじゃないですか!」

僧侶「旅に出ると聞いたら、まずはこういうのを想像しますよ。お買い物とか、お食事とか……」


勇者「あ~、おもしれえ。他には?」

僧侶「……どうせ笑われるから言いません」

勇者「笑わねえから言ってみろよ」

勇者「今なら何でも叶えられる。それに、こんな機会は二度とないかもしれないんだ」

僧侶「………髪飾りとか腕輪とか、そういうものに憧れてました」

勇者「憧れ?」

僧侶「小さな頃から遊んだりする相手なんていなくて、娯楽なんて本を読むくらいでした」

僧侶「それで、本の挿し絵とかで王女様とかが身に付けてるのを見て、綺麗だなぁって……」

僧侶「その挿し絵に色はなかったですけど、何というか、とってもきらきらして見えたんです」

勇者「……ん。じゃあ買うか」

僧侶「え!?」

勇者「欲しいんだろ?折角だし買ってやるよ。俺の金じゃねえけどな」

僧侶「そ、そんなのダメですよ」

僧侶「折角頂いた援助資金をそんなことに使ったら何を言われるかーーー」

勇者「こっちは生きるか死ぬかでやってんだ。棺桶に片足突っ込みながら、泥にまみれて必死にな」

勇者「刺されて斬られて噛み付かれて、終いにゃ焼かれた。髪飾りや腕輪の一つや二つで文句は言われねえよ」


僧侶「でも……」

勇者「頭固えな。なら、うっかり買う」

僧侶「?」

勇者「剣や衣服、防具各種」

勇者「それを買ってる時に綺麗な髪飾りか腕輪が目に入って、ついうっかり買ってしまった。ということにする。それで納得しろ」

僧侶「……何でそこまで」

勇者「死ぬ時に後悔したくねえだろ?」

僧侶「え、縁起でもないこと言わないで下さいよ!」

勇者「ははっ、まあいいじゃねえか。無茶も我が儘も生きてる内にしか出来ねえんだ」

勇者「ああしておけば良かった、こうしておけば良かった。そういうのは少ない方がいい」

勇者「やりたいことやって、欲しいもの手に入れて、それから死ね。その方が未練なく逝ける」

僧侶「………」

勇者「ほら、食ったら行くぞ。あんまり時間ねえからな。ほら、急げ」


僧侶「へっ? わ、分かりました!」モグモグ

勇者「そこまで急げとは言ってねえよ……」

僧侶「……んっ、ゴクンッ…だ、だって」

勇者「ったく。ほら、これで口拭け」

僧侶「あ、すいません」フキフキ

勇者「あの、会計お願いします。これでーーー」

>>はい、ありがとうございましたぁ!

僧侶「あの、ごちそうさまでした。とっても美味しかったです」ペコッ

>>ありがとうございます。また来て下さいね~!

勇者「何してんだ、行くぞ」

僧侶「は、はい」タッ

勇者「あ~、食ったなぁ」ノビー

僧侶「(生きる、死ぬ)」

僧侶「(この人からその言葉を聞くたびにいつも思う。戦ってる時なんかは特に強く感じる)」

勇者「武器屋は向こうだったか?ま、人に聞けばいいか。やっぱりちょっと変わったんだな」

僧侶「(きっとこの人は、自分の最期を決めているんだということを……)」


【#7】連なる

僧侶「本当に良かったんですか?」

勇者「ああ、服と防具は買ったし残りは剣だけだ。そっちはすぐ終わる。腕輪と髪飾りだったよな?」

僧侶「は、はい。そうです」

僧侶「(これが宝石店?色んなものが置いてある。それに何だか、目がちかちかする)」

勇者「どれもこれも良い値段すんなぁ。種類もかなり多い。決められそうか?」

僧侶「……正直、かなり悩みそうです」

勇者「何なら別の日でもいい。数日は滞在することになるだろうからな」

僧侶「え?何でですか?」

勇者「あの騎士に頼みがあるとか言われただろうが。それに、少し時間が必要だと思ってな」

僧侶「時間?」

勇者「気にすんな。おら、いいから見てこい。俺はこの辺りを見てるから決まったら言え」


僧侶「じゃあ、ちょっと行ってきますね?」

勇者「おう(俺も少し見てみるか)」

スタスタ

勇者「(ん、この辺りも腕輪だな)」

勇者「(向こうまで全部か、本当に色んな種類があるんだな。見れば見るほど悩みそうだ)」

勇者「(へぇ、割かし大人しい感じのが多いんだな。まあ、派手すぎると品がないからな)」

勇者「(値段は高いけど確かに綺麗だ。欲しがるのも分かるような気がする)」

勇者「………?」

勇者「(こいつは凄いな)」

勇者「(連環、三つで一つの腕輪か。いや、一つを三つに見せてるのか?)」

勇者「(一つから削り出したのか、三つを組み合わせたのか、一目では判別出来ないな)」

勇者「(それぞれに銀線細工までしてある。かなり複雑な造りだ。見た感じ、これが一番意匠に凝ってる)」


僧侶「あの」

勇者「早いな、もう決まったのか?」

僧侶「いえ。向こうは髪飾りだったんですけど、あまりに多くて無理でした……」

勇者「そうか。それより見ろ、個人的に凄え気に入った腕輪があるんだ」

僧侶「(えっ、意外。全く興味がないと思ってた)えっと、どれですか?」

勇者「この中だ。三つの輪が重なってるようなやつがある。細部に至るまでかなり凝ってる」

僧侶「…………うわぁ、凄い」

僧侶「綺麗というか神秘的ですね。複雑に絡み合って、まるで輪が回ってるみたいに見えます」

僧侶「それに、銀の鎖がさらさらしてて不思議な感じがします。どうやって造ったんだろう……」

勇者「じゃあ、それで決まりだな」

僧侶「え!?」

勇者「気に入ったんだろ?」

僧侶「それはもう!でも値段が……」

勇者「そっちの金の腕輪の方が高い。このくらいなら何とかなる。細工を見れば安いくらいだ」


僧侶「あのぅ、本当に大丈夫なんですか?」

勇者「村の女にやった以外は殆ど手付かずだからな。このくらい問題ねえよ」

僧侶「……でも」

勇者「面倒くせえな、欲しいんだろ?店の奴呼んでくるから待ってろ」スタスタ

僧侶「ちょっ……行っちゃった」

勇者「あの」

>>はい、何でございましょう?

勇者「向こうの棚にある腕輪が欲しいのですが、宜しいですか?」

>>少々お待ちを……はい、どれでしょう?

勇者「これです。まず、支払いを」ジャラッ

僧侶「………」ポカーン

>>はい、確かに頂戴しました。

勇者「では、此方の女性にお願いします」

>>この箱に入れてお渡ししますか?

勇者「いや、いたく気に入ったようなので、この場で身に付けて行きます」

僧侶「へっ!?」

>>ふふっ。はい、かしこまりました。では、手を


僧侶「ひ、ひゃい」スッ

シャラ…サラサラ…

僧侶「わぁ、綺麗……」

>>とても良くお似合いですよ。

僧侶「そ、そうでしょうか……でも、とっても嬉しいです」

>>実はこれ、一点限りの品なんです。目利きの彼がいて良かったですね。

僧侶「いえ、私達はそんな間柄ではーーー」

勇者「では、行きましょうか」ニコッ

僧侶「は、はい」

>>ありがとう御座いました。

ーーー
ーー


勇者「良かったな」

僧侶「良かったんでしょうか。何だか少し罪悪感のようなものが湧き上がってきました……」

勇者「そのうち消える。大事にしろよ」スタスタ

僧侶「あの」

勇者「ん?」

僧侶「ありがとうございます。この腕輪、ずっとずっと大事にします」

勇者「そうしてくれ。その腕輪、俺も気に入ってるから。ほら、次は剣だ。行くぞ」

僧侶「はいっ!」タッ

サラサラ…


【#8】矛先

僧侶「はぁ~、色んなのがありますね」

勇者「武器屋だからな」

僧侶「武器とはいえ眺めている分には綺麗ですね。危なくないですし」

勇者「美術刀剣とかもあるからな。これも一種の芸術だ。名のある奴ならとんでもない値が付く」

僧侶「へぇ~、剣が美術品ですか」

僧侶「あっ、これなんか良いですね。色んな細工が施されてて、本当に美術品みたいです」

勇者「値段見てみろ」

僧侶「………止めましょう」

勇者「手伝う気なら、見た目じゃなくて使えるやつを探せ。短めで厚めの剣がいい」

僧侶「分かりました。じゃあ、向こうにあるのを見てきます!」

トコトコ

勇者「(はしゃいでんな。まるでガキだ)」

『これなんてどうかな?』

『ん~、まだ早いんじゃないか?最初は扱いやすいものにした方が良いぞ?』


勇者「(余計なこと思い出しちまったな)」

トントン

勇者「ん?」クルッ

僧侶「向こうにありましたよ。刀身が短めで厚いやつですよね?」ニコッ

勇者「………」

僧侶「?」

勇者「(そうか、今になって分かった。俺は、コイツと自分をーーー)」

僧侶「あの、どうしたんです?見ないんですか?」

勇者「いや、見る。値段はちゃんと見たのか?」

僧侶「お店の人いわく、お手頃価格らしいです」ハイ

勇者「……お手頃価格ね。んじゃ、見てみるか」

僧侶「はいっ」

コツコツ

僧侶「これです。短めで厚め」

勇者「へ~、しっかりしてんな」

勇者「色気はねえが重くていい。これなら長持ちしそうだ。念のため似たようなのを五、六本買ってくか」


僧侶「そんなに!?」

勇者「北に行くにつれて人里は減っていくからな。この辺りで買っておいた方がいい」

僧侶「でも金棒と鉄板があるんですよ?そんなに重いのを六つも持つのは無茶ですよ」

勇者「……四本にするか」

僧侶「いやいやいや、それでも大変ですよ。どうやって持っていくつもりですか?」

勇者「あの二つは背負うとして、これは腰に差す。左右に二本くらいなら行けるだろ」

僧侶「(かなり不格好になりそう……)」

僧侶「あっ、そうだ。二本は腰に差して下さい。残りの二本は私が持ちますから」

勇者「持てんの?つーか、この先も来るわけ?」

僧侶「勿論です」

僧侶「私はどうしたいのか、その答えはまだ出ていません……でも、貴方と共に歩む気持ちに変わりはありませんから」

勇者「…………」

僧侶「それに、あの時の武器の束に比べれば、これくらいなんともないですよ」ニコッ


勇者「じゃあ、お前のも買っとくか」

僧侶「えっ?私、剣なんて使えないですよ!?」

勇者「それでいいんだ。ちょっとこっちに来い」

僧侶「え、意味が……」

勇者「いいから、これを持ってみろ」

僧侶「短剣、ですか……」

僧侶「あっ、軽いですね。これなら私にも振れそうです。でも、これで魔物を倒せるかな」

勇者「それは魔物を殺すためのものじゃない」

僧侶「……じゃあ、人を?」

勇者「違う。人間を殺すためのものでもない。そもそもお前に人間は殺せないからな」

僧侶「あの、じゃあ何で持たせるんですか?」

勇者「理由は二つある」

勇者「一つは護身用としてだ、効果は薄いだろうけどな。もう一つは、自分で始末をつけろってことだ」


僧侶「!?」ビクッ

勇者「意味は、分かるな?」

僧侶「……っ、はい」ギュッ

勇者「言っとくが、お前だけの問題じゃない。その短剣の切っ先は俺にも向いてる」

僧侶「え?」

勇者「お前がそれに頼らざるを得ない状況になったら、俺もお終いだってことだ」

僧侶「………じゃあ、これを使う時が」

勇者「俺とお前の最期ってことだ」

僧侶「…………」

勇者「結論を急ぐ必要はない。此処には何日か滞在する。時間はある。その間にじっくり考えろ」

勇者「その結果、お前がどんな決断をしようが俺は責めない。来るか戻るか二つに一つだ」

勇者「もう一度、よく考えろ」

勇者「自分がどうありたいのか。俺と来る意味。その短剣を持つってことの意味を」

僧侶「……っ、はい、分かりました」


【#9】想起

勇者「やっと着いたな」

僧侶「こ、これ、見た目より重いですね」

勇者「だから俺が持つって言ったんだ。お前が遅いから着くのが遅れちまったじゃねえか」

僧侶「ごめんなさい。だけど、今のうちから慣れておかないとダメかなと思って……」

勇者「止めろ。さっき考えろって言ったばかりだ。もう忘れたのか」

僧侶「忘れなんかいません。分かってます……」

僧侶「宿に着くまでの間もずっと考えていました。だけど、やっぱり戻るなんてことは考えられません」

勇者「誓ったからか?」

僧侶「違います。取り払うのは難しいですけど、そういったものから離れて考えています」

勇者「…………」

僧侶「そうした時に思うことは一つだけ……貴方の力になりたいって、それだけなんです」

僧侶「付いて行くんじゃなくて、背中を追うんじゃなくて……何と言うか、一緒に歩きたいんです」

僧侶「短剣を渡された時は怖かったです。とっても怖かったですけど、それだけじゃなくて……」

勇者「……よく考えてることは分かったよ。でも、急がなくていい」


勇者「分かったな?」

僧侶「………はい」

勇者「なら、風呂にでも入って来い。もうじき夕方だ。迎えに来る前に気持ちを切り替えろ」

僧侶「(そ、そうだった。騎士さんが迎えに来るんだった。すっかり忘れてた)」

勇者「……その顔、忘れてたんだな。お前は一つのことしか考えられねえのか」

僧侶「だって……」

勇者「いいから入って来い。あんまり長湯するなよ」

僧侶「は、はい。じゃあ行ってきます!」ガサゴソ

ガチャ パタンッ

勇者「………慌ただしい奴だな」

シーン

僧侶『そうした時に思うことは一つだけ……貴方の力になりたいって、そう思いました』

勇者「……力になりたい、か」

『何で俺を見捨てない』

『ん、どうしたんだ急に?』

『俺は何の役にも立ってない。あんたみたいに化け物を倒せないし、魔法も使えない』

『ハハハッ!何だ、そんなこと気にしてたのか?』


『そんなことって何だよ!俺は本気で……』

『悪い悪い。でも、俺にとってはそんなことさ。お前は充分に、俺の力になってるよ』

『どこがだよ。いつも足引っ張ってるだけだ』

『……お前はまだ子供なんだ。そればっかりは仕方がないよ。剣術も武術もこれから学べばいい』

『それじゃあ遅いんだ』

『急いだって背は伸びない。いつかは一緒に戦える日が来るさ。そうならない方がいいけどな……』

『………』

『あんまり悩むな。お前はそのままでいいんだ』

『何だよ、それ……』

『俺は人間か?』

『………は? そんなの当たり前だろ』

『そうか。でもな、俺にはそう思えない。この力が、そうさせてくれない』

『?』

『俺は、お前がいるから人間でいられる。幾ら血に塗れようと、人間であることを誇れるんだよ』


『人間を、誇れる?』

『そう、俺は人として戦ってるって誇れるんだ』

『…………』

『人々は平和を願ってる。俺だってそうだ。みんな笑ってるのが一番良い。その為なら、幾らでも血に塗れるさ』

勇者「………」

コンコンッ

僧侶「あの、私です。入っても良いですか?」

勇者「ああ」

ガチャ パタンッ

僧侶「はぁ~、さっぱりしました!やっぱりお湯は良いですね。最近は水浴びばかりで……?」

勇者「………」

僧侶「どうしました?」

勇者「いや、何でもねえよ。風呂は気持ち良かったか?」

僧侶「はいっ、疲れが取れたような気がします」

勇者「気がするだけだろ」


僧侶「でも、気分は良いですよ?」

勇者「そうか、良かったな」

僧侶「貴方は入らないんですか?」

勇者「俺はいい。夜が更けて、人がいない時を見計らって入る」

僧侶「(……あっ、背中……)」

勇者「……もうじき迎えに来る頃だ。外に出て来るのを待つ。お前も来い」

僧侶「分かりました。でも、良かったんですか?」

勇者「何が?」

僧侶「今更ですけど、帰ってきた時に部屋を変えたじゃないですか」

僧侶「騎士さんが折角取ってくれたのに……しかも三部屋も取って……宿の主人も困ってましたよ?」

勇者「昔、何度か襲われたからな。癖みたいなもんだ。三部屋分の金は払ったんだから気にすんな」


僧侶「(そうだったんだ……)」

僧侶「(この人、本当に休めた時なんてあるのかな? 今日くらいは、ゆっくり休んで欲しいな)」

勇者「そろそろ出るぞ。部屋を変えたのを知られたくねえ」

僧侶「あ、はい」

勇者「……なあ、僧侶」

僧侶「何です?」

勇者「俺は、人間か?」

僧侶「えっ? 今、なんてーーー」

勇者「何でもねえ、行こう」

僧侶「は、はぁ」

ガチャ パタンッ

勇者「…………」スタスタ

僧侶「(一体どうしたんだろう?)」

僧侶「(何だか少し、寂しそうな顔をしていたような気がする。気のせい、なのかな?)」


【#10】芽生えつつあるもの

僧侶「あれ、何だか人が少ないですね」

勇者「化け物対策か何かだろ。奴等が活発になるのは夜だからな」

僧侶「魔物の数が以前にも増しているとは言え、街の中でさえ安心出来ないなんて……」

勇者「どこもかしこも化け物だらけだ。そうなるのも仕方ねえさ」

僧侶「……龍を倒せば終わるんでしょうか?」

勇者「何も終わらねえよ。人間か化け物か、どちらかが消えるまで殺し合うに決まってる」

勇者「化け物共を皆殺しにしようが、次は人間同士で殺し合う。戦は絶対になくならねえよ」

僧侶「………」

勇者「まあ、一時は穏やかになるかもな。でも、そう長くは続かねえさ。人は必ず、罪を犯す」

僧侶「……あの、貴方は何の為に戦ーーー」

コツコツ

騎士「お待たせしてしまったようで申し訳ない」

勇者「いえいえ、私達も今来たところですから」

騎士「わざわざ外に出ずとも、お部屋までお迎えに上がりましたのに……」


勇者「それでは偉そうでしょう?」ニコッ

騎士「そ、そんなことはありません! 勇者様に対して偉そうなどと……」

勇者「何もそこまで畏まらなくとも……私も一人の人間です。そうでしょう?」

騎士「………お優しい方なのですね。共に旅をしている僧侶様が羨ましいです」

僧侶「へっ? そ、そうですか?」

騎士「ええ。勇者様と共に戦うなど、私のような一介の騎士からすれば夢のまた夢ですから」

僧侶「(こんな風に思っている人もいるんだ。それなのに、私は……)」

勇者「……あの、お話ししたいことがあるとのことでしたが、場所は何処です?」

騎士「も、申し訳ありません。今からご案内しますので私に付いて来て下さい」コツコツ

勇者「はい、お願いします」

僧侶「………」

勇者「おい」ボソッ

僧侶「な、何ですか?」

勇者「今はこっちに集中しろ」

勇者「考えるのは宿に戻ってからでいい。俺はさっさと終わらせて休みたいんだ。ぼさっとしてんな」スタスタ


僧侶「あ、あのっ」

勇者「あ?」

僧侶「ありがとうございます。色々と気遣って……ううん、気付いてくれて……」

勇者「……お前が特別分かりやすいだけだ。顔を見れば誰でも分かる。ほら、行くぞ」

僧侶「はいっ」

トコトコ

騎士「僧侶様、個人的にお訊ねしたいことがあるのですが、宜しいですか?」

僧侶「はい、何でしょう?」

騎士「勇者様と旅をしてどれくらいに?」

僧侶「えっと、そうですね……二ヶ月近くにはなるでしょうか」

騎士「此処に来るまでに二ヶ月ですか?」

僧侶「ええ。馬車を魔物に破壊されてしまって、そこからはずっと徒歩でしたから」

騎士「……そうでしたか。此処までは、どんな旅を?」


僧侶「ひたすらに魔物を倒し続ける旅でした」

僧侶「襲ってきた魔物。それから、行き会った人から情報を得て退治に行ったりしました」

騎士「では、これまで遭遇した魔物の全てを?」

僧侶「(う~ん、そうなるのかな?)」

僧侶「はい、多分。この人は魔物を前にして逃げたことはありませんから」

騎士「………」

僧侶「騎士さん?」

騎士「も、申し訳ない」

騎士「何とも凄まじい旅路だと思いまして。言葉が出ませんでした。大変だったでしょう?」

僧侶「ええ。私は付いていくのに精一杯でそれどころではありませんでした。今もですけど……」

騎士「……あの、勇者様」

勇者「(ペラペラうるせえ奴だな)何です?」

騎士「何故そこまで戦えるのですか?」

勇者「目には見えなくとも、私が戦うことで助かる方がいると信じているからです」


騎士「目には見えなくとも、ですか?」

勇者「自分が逃げれば誰かが死ぬ。そう考えると逃げるわけには行かないでしょう?」

騎士「確かに……」

騎士「しかし、その気力をどうやって保っているのです? 後学のために是非とも教えて頂けませんか」

勇者「これといって特別なことはしていませんよ。ただ、やるべきことがあるからです」

勇者「それを終えるまでは、何があろうと潰えるわけにはいかない。それだけです」

騎士「………」

勇者「何の参考にもならなくて申し訳ない」

騎士「いえっ、そんなことは……」

僧侶「(それを終えるまでは? 終わったらどうするんだろう? まさか本当に……)」チラッ

勇者「………」

僧侶「(ダメだ。私には何を考えてるかなんて分からない。さっき言ったことは嘘なの?)」


騎士「到着しました。此処です」

勇者「……教会?」

騎士「ええ。現在は各地より派遣された修道騎士団の方々と合同で街を守っていますので」

騎士「本部は別の場所にあるのですが、人員が増えたことで教会に移動することになったのです」

勇者「なるほど、そうでしたか」

騎士「では、お入り下さい。詳しい説明は中で致しますので」

僧侶「………」

勇者「僧侶さん、行きましょう」

僧侶「はい……」

トコトコ

勇者『それを終えるまでは、何があろうと潰えるわけにはいかない。それだけです』

僧侶「(もやもやする……)」

僧侶「(全てを決めているようで、全てを諦めてるような……上手く言えないけど、何か嫌だな)」


【#11】月が満ちる時

騎士「どうぞお掛けになって下さい」

僧侶「ありがとうございます」トスッ

勇者「(あぁ、さっさと宿に帰りてえ)ありがとうございます」

騎士「狭いところですが、どうかご容赦下さい。この部屋しか空いていなかったもので……」

勇者「いえ、構いませんよ。それで、お話というのは?」

騎士「……ここ最近、騎士が殺害される事件が起きているのです。住民には伏せていますが」

僧侶「!?」

勇者「騎士の殺害ですか、事件の内容は?」

騎士「資料はこちらにまとめてあります。宜しければ見解を聞かせて頂けませんか」

勇者「分かりました」パラッ

僧侶「私も見て構いませんか?」

騎士「ええ、勿論です」

僧侶「………」ペラッ

僧侶「(殺害されたのは修道騎士団の男性三名。場所は全て自室。と言うことは教会内?)」


僧侶「(目撃情報無し)」

僧侶「(遺体は全裸で発見、目立った外傷は無し。但し、三名同様に射精した痕跡有り)」

僧侶「……夢魔?」

騎士「ええ、皆もそう噂しています。しかし、魔力を感じたものは誰一人としていません」

僧侶「そんな……」

勇者「壁に書き殴ったような印とありますが、これは?」

騎士「こちらです」スッ

勇者「……これは、我が信仰と良心を滅失しようとする異教徒に対する宣戦布告である」

勇者「騎士でありながら女に溺れるなど堕落している証である。つまり騎士とは堕落の象徴なのだ」

勇者「我が神を冒涜し、信仰を穢した罪は極めて重い。赦しは得られないものと知れ」

勇者「我が神の、偉大なる印を見よ……」ペラッ

僧侶「!!」

勇者「…………」

騎士「どうしました?」

勇者「……この印については調べましたか?」


騎士「勿論です」

騎士「何でも、ある奴隷商人が所持していた烙印だとか。ですが、その奴隷商人は既に殺害されていました」

僧侶「(じゃあ、やっぱりこの印は……)」

騎士「もう十年も前のことです」

騎士「彼は野盗に襲撃されて亡くなっています。しかし、その野盗も既に死亡している」

勇者「………」

僧侶「っ、その野盗というのは?」

騎士「当時はかなり恐れられていた集団らしく、何でも、村を一つ壊滅させたとか……」

騎士「野盗の集団は何者かによって全員殺害されたようですが、その詳細は未だ分かっていないようです」

騎士「しかし、十年経った今でも、まことしやかに囁かれている噂があります」

僧侶「噂?」

騎士「先の勇者様が野盗の集団が潜伏していた村に乗り込み、それを討伐した。と言うものです」

僧侶「(……もう疑いようがない。これは間違いなく、この人の背中にある烙印と同じだ)」


勇者「僧侶さん」

僧侶「は、はい」

勇者「夢魔。いや、魔が何かを信仰するとは聞いたことはありますか? 書物には?」

僧侶「魔の主である龍を信仰すると言うなら有り得なくはないですが、それ以外となると……」

勇者「なら、あくまで個人的に何かを崇拝している者の犯行でしょうか?」

騎士「私はそう思います。その何かが分かれば良いのですが、今のところは何も……」

勇者「我が神を冒涜したとありますが、殺害された彼等に共通していることは?」

騎士「それが全く分からないのです」

騎士「まず、犯人の言う神が何を差しているのかが分からない。比喩や暗号なのか……」

騎士「ただ単に騎士を標的にしていて、捜査を攪乱させたいだけなのかもしれません」

騎士「ただ、犯行は全て教会内て起きているということ。それから、満月の晩の犯行だということだけは分かっています」

勇者「満月の晩ですか。分かりました」

騎士「何か妙案が?」

勇者「次の満月の晩に来ます。今日はこれで失礼します。僧侶さん、行きましょう」ガタッ


僧侶「えっ?」

勇者「…………」スタスタ

僧侶「ちょっと待って下さーーー」

ガチャ パタンッ

僧侶「ごめんなさい。何だか、かなり気が立っているみたいで……」

騎士「あの、何かしてしまったのでしょうか?」

僧侶「いえ、騎士さんは何も悪くありません。きっと事件について苛立っているのだと思います」

騎士「そ、そうですか……」

僧侶「それより気を付けて下さいね? 夢魔だとしたら、女性も狙われる可能性がありますから」

騎士「えっ?」

僧侶「美しい女性を好むとも言います。騎士さんは綺麗ですから気を付けーーー」

騎士「あの、僧侶様?」

僧侶「はい?」

騎士「ご忠告は有り難いのですが、私は男です」


僧侶「………えっ?」

騎士「女顔だと言われることは多々ありますが、此処まで盛大に勘違いされたのは初めてです……」

僧侶「だ、だって、あの人に微笑みかけられた時に頬を染めてたり、声色が良いとか言われて俯いたりしてたじゃないですか!」

騎士「あ、あれは憧れの人と対面したからです!決して変な意味ではありません!!」

僧侶「ほ、本当に男性なんですか?」

騎士「はい、嘘だと思うなら胸でもなんでも触ってみて下さい」

僧侶「失礼します」

ペタペタ

僧侶「………申し訳ありませんでした」

騎士「い、いえ、大丈夫ですよ。信じてもらえたようで良かったです」ニコリ

僧侶「本当に男性なんですよね? 口調とか笑い方とか、とても男性とは思えなくて……」

騎士「本当に男です。何なら他の騎士に聞いてみて下さい」

僧侶「いえ、そこまでは流石に失礼なので……いや、先程も十分失礼でしたね」

騎士「お気になさらなくても結構ですよ。しかし女性だと思われていたとは……」


僧侶「申し訳ありません」

騎士「いえ。ですが合点がいきました。だから最初に会った時、私を綺麗だと言ったのですね」

僧侶「まさか男性だとは夢にも思っていませんでしたから……」

騎士「…………」

僧侶「どうしました?」

騎士「い、いえ、何でもありません。それより、勇者様がお待ちになっているのでは?」

僧侶「(あの様子だと多分待ってないと思うけど)そうですね。では、失礼します」ペコッ

騎士「送りましょうか?」

僧侶「いえ、大丈夫です。今日は色々とありがとうございました。では」

ガチャ パタンッ

勇者「…………」

僧侶「(あっ、待っててくれたんだ……)」

勇者「アホなことしてんじゃねえよ。ほら、さっさと帰るぞ」

僧侶「(こんな時は何て言ったら良いんだろう?気にしないで下さい?大丈夫ですか? 大丈夫なわけない。あぁ、ダメだ。何を言っても気休めにもならない)」アタフタ

勇者「透けてんだよバカ」

ポカッ

僧侶「あたっ…」

勇者「……お前は自分のことだけを考えればいい。俺のことは、俺が何とかするから」

僧侶「…………っ」ギュッ


【#12】理解と崇拝

勇者「………」スタスタ

僧侶「………」

勇者「(あの資料によれば初めに一人、次に二人を殺してる。二ヶ月で三人だ)」

勇者「(満月は月に一度)」

勇者「(条件によっては月に二度あることもあるが、この二ヶ月でそれは起きていない)」

勇者「(気になるのは二度目の満月で二人殺していることだ。何故次の満月を待たなかった?」

勇者「(相手は修道騎士だ。どんな殺害方法であれ、一晩で二人を殺すのは時間が掛かる)」

勇者「(危険を冒してまで二人を殺した理由は何だ。そもそも理由なんてないのか?)」

勇者「(それに、魔力を感じなかったと言っていた。夢魔に見せ掛けた人間の犯行かも分からない)」チラッ

勇者「(……上弦を過ぎた辺りだ。満月になるまで六日か七日、その間に色々調べてみるか)」スタスタ

僧侶「ち、ちょっと待って下さい!何処に行くんですか?」

勇者「何処って、宿に決まってんだろうが」


僧侶「宿はそこですよ?」

勇者「……そうか。そういやそうだったな、悪い」

僧侶「っ、私が言えたことじゃないですけど、あまり考え過ぎないで下さい」

僧侶「ずっと戦ってばかりで碌に休んでもいないんです。今は体を休めることを優先して下さい」

勇者「…………」

僧侶「あ、あの、聞いてますか?」

勇者「ああ、聞いてる」

勇者「お前にそんなことを言われるのは心外だと思っただけだ。あんまり気にすんな」

僧侶「何で私が慰められてるんですか!色々おかしいですよ!?」

勇者「ハハハッ、冗談だよ。でもまあ、そのツラを見てると少しは楽になるな……」

僧侶「……あの」

勇者「ん?」

僧侶「何か力になれることがあったら言って下さい。魔に関してなら割と知識はありますから」


勇者「お前はーーー」

僧侶「自分のことだけなんて考えられません!出来るならそうしたいですけど、私には無理です!!」

勇者「………」

僧侶「全てを自分で解決しようだなんて思わないで下さい。私にだって話を聞くくらいは出来ます」

僧侶「大して役には立てないかもしれない。力不足なのも分かってます。だけど、無理はしないで下さい……」

勇者「………分かったよ。だから、そんな顔をしないでくれ。暗がりだと怖いから」

僧侶「~~~っ!!」

ポンッ

僧侶「あっ…」

勇者「……ありがとう。さあ、そろそろ入ろう。外も冷えてきたしな」ニコッ

僧侶「(あ、笑った)」

僧侶「(こんな顔を見たのなんて初めてかもしれない。こんなに優しい顔で笑うんだ……)」

勇者「どうした?」

僧侶「いえ、何でもないです。全然何でもないです」フイッ


勇者「………」

僧侶「(マズい。このままだと読まれる!)は、早く宿に入りましょうよ!」グイッ

勇者「宿に連れ込むとか大胆な女だな」

僧侶「(無視無視)」グイグイ

勇者「(………まさか、コイツに励まされる時が来るなんてな。分からねえもんだ)」

ガチャ パタンッ

僧侶「(よしっ、何とか落ち着いてきた。これでもう大丈夫……)」

>>お帰りなさいませ。それにしても、男を引っ張って来るなんて元気なお嬢さんですな。

僧侶「へっ!? こ、これはそういうことではありませんっ」パッ

勇者「違うんですか?」

僧侶「違いますよ!!」クワッ

>>はっはっはっ、仲がよろしいようで微笑ましい。

僧侶「……仲が、良い?」

>>ええ、とても。まるでご兄妹のようです。

僧侶「(今の言い方からして私が妹なんだろうな。この人がお兄さんだなんて考えたこともないや)」


勇者「部屋に行きましょうか」

僧侶「そ、そうですね」

>>ああ、忘れるところでした。これを

勇者「手紙? 私にですか?」

>>はい。先程いらした女性に、お客様に渡してくれと頼まれました。

勇者「……どんな女性でした?」

>>修道服を着ていましたが顔までは……騎士団の遣いで来たと仰っていましたよ?

勇者「そうですか、ありがとうございます」

僧侶「誰でしょうか?」

勇者「さあな、誰だか知らねえが嫌な予感しかしねえ。部屋行くぞ」

僧侶「あ、はい」

トコトコ

勇者「何はともあれ、やっと帰って来られたな」

僧侶「ええ、そうですね」

勇者「……後は、この手紙だけか。あんまり見たくねえな」チャリ

ガチャ パタンッ


勇者「…………」カサッ

僧侶「事件についてですか?」

勇者「……ああ、どうやら犯人からみたいだな」

僧侶「えっ!?」

勇者「悪いが読み上げてくれねえか。文面が気色悪くて頭に入って来ねえ」

僧侶「わ、分かりました……」カサッ

僧侶「我が神よ、私は鮮烈に覚えています」

僧侶「貴方の姿、貴方の言葉、貴方の印、偉大さを目の当たりにした瞬間を」

僧侶「あの日、私の全てが変わりました。貴方との出逢いによって、何もかもが一変したのです」

僧侶「あれ以来、私が知る神は神でなくなり、貴方こそが神であるのだと悟りました」

僧侶「私は貴方によって生きる意味を与えられ、貴方によって自由を得たのです」


勇者「……その辺りは読みとばしてくれ」

僧侶「えっと……」カサッ

僧侶「この手紙は、この度の粛清について伝えるべく出した次第です」

僧侶「あの者共は貴方を公然と侮辱し、私の信仰を穢した大罪人。裁かれて当然の者共です」

僧侶「奴等は修道騎士とは名ばかり、信仰の何たるかをまるで分かっていない。皆、貴方を崇めるべきだ」

僧侶「これは粛清であり、堕落した異教徒との戦いであり、布教でもあるのです」

僧侶「あの者共は、貴方が何者であるかを認識し、貴方が何を与えているかを知るべきなのです」

僧侶「私は貴方を思い、貴方を理解し、貴方を愛し、貴方に全てを捧げる覚悟があります」

勇者「………」

僧侶「我が神よ、偉大なる我が主よ、次の望にお会い出来るでしょうか?」

僧侶「もし会って頂けるというなら、私は教会にてお待ちしております」

僧侶「ご迷惑かとは思いますが、私にはどうしても伝えたいことがあるのです。どうか、お許し下さい」

僧侶「次の望を、月満ちる時を、胸焦がす思いでお待ちしております。貴方の僕、殉教を望む者より……」


勇者「悪いな。そんなもん読ませて」

僧侶「……いえ。大丈夫ですか?」

勇者「かなり気分は悪いけど大丈夫だ。しかし、厄介な輩に慕われたもんだ」

僧侶「身に覚えはないんですか?」

勇者「いや、さっぱりだ。まるで分かんねえ。ただ、そいつの頭がおかしいのは分かった」

勇者「修道騎士団ってのは教皇に認められた連中だ。練度は勿論、信仰心も厚い」

勇者「そんな奴等を一晩で二人も殺すなんてのは普通の奴には無理だ。しかも教会内で誰にも気付かれることなくだ」

僧侶「……やはり夢魔の仕業なのでしょうか?」

勇者「さあな。犯人が夢魔だろうが人間だろうが、化け物には違いねえだろう」

僧侶「………魔女」ポツリ

勇者「ん?」

僧侶「魔女です。あの者なら可能かもしれません。馬車に乗っている時、見られている気配がしました」

僧侶「もしかしたら付けていたのかもしれない。貴方に固執してましたから、可能性はあると思います」


勇者「可能性としてはあり得るな」

勇者「だが、あの女なら回りくどい真似はしねえだろう。おそらく真正面から来るはずだ」

僧侶「確かに、あれ程の力があれば隠れる必要もないですね。でも、異常性は近いものがあると思います」

勇者「………まあいい、今日はこの辺にしとこう。調べるにしても明日からだ」

僧侶「そ、そうですね」

勇者「あ~、今ので疲れたな。ちょっと風呂見てくる。眠いなら寝てても良いからな?」

僧侶「あ、はい。分かりました」

ガチャ パタンッ

僧侶「(殉教者。一個人をこれ程までに崇拝するなんて異常だ。一体何があったらここまで?)」

僧侶「……やめよう」

僧侶「はぁ、ちょっと眠れそうにないな。あの人が戻って来るまで待っていよう」ウン

シーン

僧侶「(思えば色々あった二日間だったな。龍が現れて、魔女が現れて……)」

僧侶「(それから、あの人も変わった気がする。普通に話せてるし。もしかして少しは認めてくれたのかな?)」

僧侶「……………へへっ、そうならいいなぁ」


【#13】受難の告知

僧侶「(ま、まだかな……)」ソワソワ

僧侶「(と言うか、何でこんなに緊張してるんだろう。それに、何だか落ち着かない)」

僧侶「(今まではこんなことなかったのに……同じ部屋で寝るのが初めてだからかな?)」

僧侶「(……思えば、こういう街とか、落ち着いた所で過ごすのも初めてのことだ)」ウン

>>こんな時に何を考えてるわけ? 相変わらずバカな女ね。

僧侶「!?」バッ

シーン

僧侶「(姿がない。気配も……)」

魔女『そんなに警戒しなくても大丈夫よ。声を届けているだけだから』

僧侶「(一体何処から? そうだ、法力を辿ればーーー)」

魔女『居場所を探ろうとしても無駄よ? それより話があるの。とっても大事な話がね』

僧侶「貴方と話すことなどありません」

魔女『あらそう。聞かないのなら別に構わないけれど、聞かなければ彼が死ぬわよ?』


僧侶「そんな言葉には惑わされません」

魔女『頭の固い女ね。まあいいわ、殉教者の手紙はどうだったかしら』

僧侶「何でそれを……っ、やはり貴方が!」

魔女『違うわよバカ。手紙は届けたけど、あの殺しは私がやったんじゃないわ』

僧侶「そんな戯言を信じろと?」

魔女『信じようが信じまいが貴方の勝手、そう思いたいのならそうすればいい』

僧侶「(どちらにせよ、犯人と関わりがあるのは間違いない。なのに何故、私に……)」

魔女『話があるって言ったでしょう』

魔女『大体私が犯人だとしたら、わざわざ手紙を出した意味がないじゃない。接触したら台無しだもの』

僧侶「(……確かに、それでは行動と矛盾する。ただ、この者の場合は分からない)」

魔女『聞く気になったかしら? 彼が来る前に終わらせたいの』

僧侶「………」

魔女『それでいいのよ』

魔女『安心なさい、そう難しい話じゃないわ。バカな貴方にも分かるように話してあげる』

僧侶「さっさと話して下さい。貴方の下らないお喋りに付き合ってる暇はありません」


魔女『へぇ、言うようになったじゃない』

魔女『まあいいわ。話は単純、貴方が殉教者と戦わなければ彼は死ぬ。全ては貴方の意志次第』

魔女『ただ、戦うことを選んだ場合は耐え難い苦痛を受けることになる。それだけは覚悟することね』

僧侶「…………」

魔女『本当に彼の力になりたいと思うのなら、その時までに準備しておきなさい。生きる為にではなく、殺す為に』

僧侶「……何故、断言出来るのですか」

魔女『分かるからよ』

魔女『彼は貴方を巻き込まない為に一人で戦おうとする。貴方はそれに甘え、その甘えによって彼は命を落とす』

僧侶「(……分からない)」

僧侶「(この者の目的は勿論、本来なら馬鹿馬鹿しいと思うはずなのに、何故こんなにも真実味があるの?)」

魔女『続けてもいいかしら?』

魔女『殉教者は彼に心酔し、崇拝している。目的は彼との交わり。そして、神と同化すること』

僧侶「同化?」

魔女『そう言っていたわ。まあ、私には狂人の考えることなんてさっぱり分からないけど』


僧侶「(どの口が……)」

魔女『それからもう一つ。彼について』

僧侶「?」

魔女『彼は十年前、先の勇者によって救われている。これは知っているわね?』

僧侶「………ええ」

魔女『先の勇者は彼を連れて旅をした。剣術、武術、勉学、様々な教育を施しながらね』

魔女『二人が旅をして五年が経った頃、先の勇者は龍と戦い、彼に力を託して世を去った』

魔女『当時十四かそこらの少年に、先の勇者は全てを託したの。勇者様も酷なことをするわよね?』

僧侶「……何が言いたいのですか」

魔女『最後まで聞きなさいよバカ』

魔女『力を託されてからの五年間、彼は力を付ける為に旅をした。来る日も来る日も魔物を殺し続けた』

魔女『そして五年後の現在、彼は姿を現した』

魔女『人間の為などではなく復讐の為に、龍を殺す為だけにね……この意味分かる?』

僧侶「……あの人は、そこで終わる」

魔女『その通り。彼は既に選択しているわ。私の目的は、その選択を覆すこと』


僧侶「っ、ふざけないで下さい!」

僧侶「今朝方あんな真似をしておいて、あの人に生きて欲しいとでも!?」

魔女『それだけではないけれど、極単純に言えばそうなるわね』

魔女『彼を生かす為なら魔に堕とすことも厭わない。手段も問わない。私の目的の為に彼が必要なのよ』

僧侶「貴方は狂っています」

魔女『何を言われようと構わないわ。私は私のやりたいようにする。ただそれだけ』

僧侶「………」

魔女『それじゃあ、この辺で失礼するわ』

僧侶「……待って下さい。それ程の力がありながら何故私に? 何故魔女になどなったのです?」

魔女『前者は、貴方でなければならないから。後者は、そうしなければならなかったから』

僧侶「(意味が分からない。この者には何が見えているというの?)」

魔女『ああ、そうだったわ。彼は貴方のことなんてちっとも信頼なんかしていない』

僧侶「………っ」キュッ

魔女『彼は、貴方と過去の自分を重ねているだけ。何も出来なかった。守られていた頃の自分にね』


魔女『貴方のことなんて見てやしない』

魔女『力になりたいのなら、そこから脱却したいのなら、頼るのは止めて戦いなさい』

魔女『このまま行けば、貴方自身が彼を死に追いやることは確実なのだから』

僧侶「(……分かってる)」

魔女『そろそろ汚れなさい』

僧侶「え?」

魔女『人間なんて生き物は汚濁の中で生きているようなものなのよ』

魔女『世界も人間も、貴方が思っているほど美しくない。穢れから目を背ければ、彼と共には歩けない』

僧侶「…………」

魔女『精々頑張ることね。生き延びる為には戦い続けるしかないのだから。進むか戻るか、二つに一つ……』

シーン

僧侶「……私が戦わなければ、あの人が死ぬ」シャラ

サラサラ

僧侶「(あの者が真実のみを語るとは到底思えない。だけど、その可能性があるのなら……)」

僧侶「(………そう、進むか戻るか二つに一つ)」

僧侶「(何度考えても結果は同じ。これから何度考えようと、きっとそれは変わらない。もう、答えは決まってる)」ギュッ


【#14】片鱗

勇者「おい」

僧侶「んっ…」モゾモゾ

勇者「おい、朝だぞ。さっさと起きろ」

ペチペチ

僧侶「……あさ……っ!!」ガバッ

勇者「どうした?」

僧侶「私、寝てたんですか?」

勇者「俺が戻った時には布団に入って寝てたな」

僧侶「(寝ていた? じゃあ、あれは夢?)」

僧侶「(ううん、そんなわけない。夢にしては鮮明過ぎる。あの嘲るような声だって、まだ耳に残ってる)」

勇者「顔色が悪いな。悪い夢でも見たのか?」

僧侶「いえ、大丈夫です。それより貴方は? 眠れましたか?」

勇者「ああ、そこそこ眠れた。お前のいびきが五月蠅くて何度か起きたけどな」

僧侶「(……嘘。毛布はずれてるけど敷き布に皺一つない。きっと横にもなっていないんだ)」

勇者「さてと」ザッ

僧侶「え、何処に行くんですか?」

勇者「ちょっと教会に行ってくる。もう少し詳しい情報が欲しい。現場も見ておきたいしな」


僧侶「私も行きます」

勇者「駄目だ。お前は休んでろ」

僧侶「でもーーー」

勇者「いいから、休める時には休んでおけ。話を聞いてくるだけだ。すぐに戻る」

僧侶「………はい」

魔女『ああ、そうだった。彼は貴方のことなんてちっとも信頼なんかしてないわ』

魔女『貴方と過去の自分を重ねているだけ。何も出来なかった、守られていた頃の自分をね』

僧侶「…………」

勇者「じゃあ、行ってくる」

僧侶「あの、この金棒と鉄板は?」

勇者「あぁ、そっちは持って行かねえ。色々聞かれそうだし、昨日買った二本を腰に差してるからな」バサッ

僧侶「……そうですか、気を付けて下さいね?」

勇者「お前、何か変だぞ? 本当に大丈夫か?」

僧侶「ええ、大丈夫です。少し休めば良くなると思います」

勇者「……そうか。なら、しっかり休め。腹が減ったら宿の主人に頼めばいい」


僧侶「分かりました。行ってらっしゃい」

勇者「ああ、行ってくる。鍵は閉めとけよ」

ガチャ パタンッ

僧侶「………」

魔女『本当に彼の力になりたいと思うなら、その時までに準備しておくことね。生きる為にではなく、殺す為に』

僧侶「(……その時まで。確かにそう言った)」

僧侶「(あの時に語った言葉が現実になるとしたら、私が戦わなければあの人を死なせてしまうことになる)」

僧侶「(かと言って私に何が出来る? 戦いの中で術法を使ったことは一度だけだ)」

僧侶「(対人であれ対魔であれ、戦闘中に上手く術法制御出来るかなんて分からない)」

僧侶「(訓練するにしても時間がない)」

僧侶「(月が満ちるまで五日か六日、今からでは遅い。確実な方法を見つけるのは不可能だ)」

僧侶「(何しろ戦闘経験がない。訓練期間があったとしても、それを生かすことは出来ない)」

僧侶「(十中八九、法力は乱れる。そうなれば術法を使うことすら困難になってしまう)」

僧侶「(極論を言えば、どんな状況でも術法を使えればいい。というか、それを可能にしなければ戦うことすら出来ない)」


僧侶「……ダメだ。分からない」

僧侶「(方向を変えよう。どうやったら術法を扱えるかではなく、術法がなければどうするか)」

僧侶「(術法を封じられたと仮定して、どうやって戦えばいい? もしそんな状況になったら……!!)」

勇者『お前がそれに頼らざるを得ない状況になったら、俺もお終いだってことだ』

僧侶「……短剣だ」ガタッ

ガサゴソ

僧侶「………」チャキ

僧侶「(もしそうなったら、これを使うしかない。問題はどう扱うかだ。普通に使っても意味はない)」

僧侶「(あの人が使ってる武器なら振り回すだけでも脅威になるだろうけど、こんな短剣を振り回したところで怖れはしないだろう)」

僧侶「(何より威力的な面で劣ってる。それに加えて、私自身には剣を扱える技量も経験もない)」

僧侶「……金棒、鉄板」

ガシッ

僧侶「(見た目通り、かなり重い。持ち上げることすら容易じゃない。あの人はこれを振り回し、尚且つ使い熟している)」

僧侶「振る。振り回す……」

僧侶「(そうか、振ることさえ出来ればいいんだ。買った剣は計四本、残りの二本を使って試してみよう)」

ガシッ

僧侶「うっ…」ヨロッ

僧侶「(持てるには持てる。だけど、かなり重い。重量を生かしつつ、これを振るにはーーー)」


【#15】密談

勇者「騎士団の不和?」

騎士「この街に元からいた私たち北の騎士団と、そこへ派遣されて来た修道騎士団があります」

騎士「現在は協力関係にありますが、修道騎士団が指揮を執ることになった際には少なからず衝突がありました」

騎士「あまり考えたくはないのですが、犯人が人間だと仮定した場合、我々北の騎士団の中にいる可能性が高いと思われます」

勇者「……確かに筋は通りますが、それだけの理由で修道騎士を殺害するでしょうか?」

勇者「後に発覚することを考えれば、殺意があったとしても軽々には行動に移せないでしょう」

騎士「そこなんです」

騎士「如何に現状に不満があるとは言えど、不仲が理由で殺人を犯すなど考えられない……」

騎士「現場に書かれていた文字を見て感じたとは思いますが、あれには深い怨恨や狂気が刻まれている」

騎士「しかも、殺害された三名が不可解な死を遂げているという事実。疑問が募るばかりです」

勇者「……それについてなんですが」

騎士「何でしょう?」

勇者「これを……」スッ

騎士「手紙?」

勇者「昨夜、私宛てに届いたものです。おそらく犯人からだと思います」


騎士「なっ!?」

勇者「内容が内容なだけに見せるのは躊躇われるのですが、この際、そんなことは気にしていられない」

騎士「……拝見しても宜しいですか?」

勇者「勿論です、その為に持参して来ました。貴方の見解を聞かせて頂きたい」

騎士「分かりました。私でお役に立てるか分かりませんが……」カサッ

勇者「…………」

騎士「…………」

勇者「……どうですか?」

騎士「………一つだけ、思い当たる節があります」

勇者「何です」

騎士「事件が起こる前、殺害された三名が貴方を……その、軽視するような発言をしていました」

勇者「具体的にはどんなことを?」

騎士「こんな小僧が勇者などとは認めない、何故我々がこのような者に協力せねばならないのか」

騎士「我々は神の為に戦う。この者の為にあるのではない。勇者など所詮は消耗品ではないか、と」


勇者「……そうでしたか」

騎士「お気を悪くしたのなら謝罪します」

騎士「しかし、修道騎士団の皆がそういった認識ではありません。それだけはご理解下さい」

勇者「いえ、大丈夫です。私は気にしていませんよ。慣れていますから」ニコリ

騎士「……これまでも、このようなことを?」

勇者「ええ、挙げればきりがない程に言われてきました。ですが、こればかりは仕方のないことです」

勇者「修道騎士団と言えば選ばれた集団。優れた力と品格、強い信仰を持った歴戦の方々ですからね」

騎士「…………」

勇者「それより、今後狙われそうな方はいますか? 何か心当たりは?」

騎士「……一人だけ」

勇者「誰です?」

騎士「修道騎士団、管区長です」

騎士「先に殺害された三名が慕っていた人物であり、反勇者とも言える思想を持っています」

騎士「殺害された三名以外にも、彼の影響を受けた者はいます。修道騎士団だけでなく、我々の中にも……」


勇者「管区長ですか」

勇者「では、次に狙われる可能性が高いのは彼ですね。それとなく、護衛を付けるように言って頂けませんか」

騎士「了解しました。しかし、犯人の捜査はどうしますか?」

騎士「異なる騎士団の衝突程度ならば調べは付いたでしょうが、こうなってはどちら側にいるか見当も付きません」

勇者「……手紙を見せてはどうでしょう?」

騎士「何を仰るのです!これを見せれば貴方がどうなるか分かったものではない!!」

勇者「何故です?」

騎士「犯人は貴方を神と崇めている」

騎士「殺害動機の裏に貴方の存在があると分かれば、貴方にも捜査の手が及ぶのは必至」

騎士「あらぬ疑いを掛けられ『勇者が犯人を操っている』とでもなれば、取り返しの付かないことになります」

騎士「ただでさえ管区長のような人物がいるのです。良くて拘束か拷問。最悪の場合、神を語ったと見做され処刑されてしまう」

勇者「私の存在が国王陛下や教皇猊下に認められていても、ですか?」

騎士「……正直に言うと、彼等は何をするか分かりません。そのような手段に出てもおかしくはないと思われます」

勇者「………分かりました。では、今の案はなかったことにしましょう」

騎士「是非ともそうして下さい。この手紙の件は私の胸の内に秘めておきますので」


勇者「お気遣い感謝します」

騎士「いえ。しかし未だに信じられません。貴方に、その……烙印があるなど……」

勇者「知られたら大騒ぎになるでしょうね」ニコリ

騎士「大騒ぎでは済みませんよ!」

騎士「勇者とは神に選ばれ神に愛された存在。奴隷の烙印があるなどと知れたら……」

勇者「蔑みますか?」

騎士「まさか!それは悪意ある者によって押されたもの、貴方が勇者様であることに違いはありません」

勇者「……ありがとうございます」

勇者「貴方のような方と出逢えて良かった。貴方でなければ、こうはならなかったでしょう」

騎士「そんなことはありません」

騎士「私以外にも貴方を尊敬し敬愛してる騎士は大勢います。私でなくとも同じことをしましたよ」

勇者「その言葉、とても励みになります」

騎士「それより勇者様、この手紙はくれぐれも他の者の目に触れぬようにして下さい」スッ

勇者「分かりました。ですが困りましたね、犯人の捜査はどうしますか?」

騎士「……っ、申し訳ありません。そろそろ時間です。これより職務がありますので」


勇者「ご多忙のようですね」

騎士「ええ、実は先の団長が戦闘で負傷した為、私が代理を務めているのです……」

勇者「そうでしたか。ご多忙の中、申し訳ない」

騎士「いえ。此方こそ協力して下さり恐縮です。では、続きはまた明日ということで宜しいですか?」

勇者「ええ、勿論。あ、そうでした」

騎士「?」

勇者「昨夜は申し訳ありませんでした」

勇者「事件の概要を聞いて動揺してしまい、冷静さを欠いて失礼な振る舞いをしてしまった……」

騎士「そんなっ、謝ることなどありませんよ。酷く気味の悪い事件です。胸を痛めて当然です」

勇者「そう言って頂けると助かります。では、失礼」ガタッ

騎士「お気を付けて。明日、また此処でお会いしましょう」

勇者「ええ。では、また明日」ニコリ

騎士「は、はいっ、お待ちしております!」

ガチャ パタンッ

勇者「……………」ザッ


勇者「ご多忙のようですね」

騎士「ええ、実は我々北の騎士団の団長が戦闘で負傷してしまった為、私が代理を務めているのです」

勇者「そうでしたか。ご多忙の中、申し訳ない」

騎士「いえ。此方こそ協力して下さり恐縮です。では、続きはまた明日ということで宜しいですか?」

勇者「ええ、勿論。あ、そうでした」

騎士「?」

勇者「昨夜は申し訳ありませんでした」

勇者「事件の概要を聞いて動揺してしまい、冷静さを欠いて失礼な振る舞いをしてしまった……」

騎士「そんなっ、謝ることなどありませんよ。酷く気味の悪い事件です。胸を痛めて当然です」

勇者「そう言って頂けると助かります。では、失礼します」ガタッ

騎士「お気を付けて。明日、また此処でお会いしましょう」

勇者「ええ。では、また明日」ニコリ

騎士「は、はいっ、お待ちしております!」ペコッ

ガチャ パタンッ

勇者「……………」ザッ

>>322は誤りです。以後気を付けます。


【#16】探求

僧侶「(瞬間的な力、そして持続)」スラスラ

僧侶「(うん、いい感じ。後は法力供給と伝達かな? こうすれば私の精神が乱れても動くはずだ)」

僧侶「(物質に属性を付与する方法は既に学んでる。実際にやるのは初めてだけど、陣の組み立てはそれほど難しくない)」

僧侶「(問題はそれを実現出来るかどうか。これに則って法術を補助として扱えば大丈夫だとは思うけど……)」スラスラ

僧侶「(よし、細かな調整は出来た。後は陣を彫るだけだ。さ、ここからが本題だよ)」

僧侶「(焦らず、慎重に、ゆっくりゆっくり。集中して図面通りに、出来るだけ小さく)」

カリカリ カリカリ

僧侶「…………よし、出来た。さあ、来て」

フワリ

僧侶「や、やったぁ!」ガシッ

僧侶「(繋がりを感じる。私から流れてる力が伝わってるんだ。後は補助が機能するかどうか)」

僧侶「(部屋の中だと危ないかな。でも外でやるわけにもいかないし、一度だけ試してみよう)」


僧侶「ふ~っ。やるぞぉ……んっ!」

ブオンッ グルンッ

僧侶「わっ!?」ドタッ

僧侶「(あ、危なかった。予想以上に勢いが凄い。補助は上手く行ったけど筋力が足りないんだ)」ムクリ

僧侶「(私が振り回してると言うより、私が振り回されてるような感じだった。でも、振り回されることを前提で動けば……)」

ブオンッ ゴゥッ

僧侶「……で、出来た」

僧侶「(此処まで徒歩で来たのが活きた。腕はともかく、足腰は問題なさそう。これならーーー)」

カチリ

僧侶「(か、帰ってきた!隠さないと!!)」

ガチャ パタンッ

勇者「………」

僧侶「ハー、ハー、お帰りなさい」

勇者「息上がってるけど、何してたんだお前?」

僧侶「し、食後の運動をしていただけですよ」

勇者「……へ~、運動しただけでこんなに部屋が散らかるのか。随分激しい運動したんだな、色んなもんが吹っ飛んでるぞ」


僧侶「へっ?」

ゴチャァ

僧侶「えっと、これはその……」

勇者「なに? 一人が寂しくて暴れたの?」

僧侶「違いますっ!!」

勇者「あ、そう。まあ何でもいいや、とりあえず片付けろ」

僧侶「あ、はい」

ガタゴト

勇者「……色々見てきたよ」

僧侶「何か分かりましたか? んっしょ」

勇者「次に狙われるのは管区長。この街に派遣された修道騎士団の長だ」

僧侶「管区長!? 偉い人じゃないですか!?」

勇者「そうみたいだな。そんじょそこらの修道騎士がなれるもんじゃない。腕も立つだろう」

僧侶「でも、大丈夫でしょうか」

僧侶「人間なら問題ないかもしれませんが、夢魔だとしたら厄介です。夢に入り込んで誘惑しますから」


勇者「強いのか?」

僧侶「意志が強ければ撥ね除けるのも可能ですが、その者の弱い部分に付け込んで来るとも言われています」

僧侶「夢魔そのものが非力だとしても、悪魔の誘惑は侮れません。対象の望む姿で現れ、誘惑しますから」

勇者「満月の晩にしか襲わない理由についてはどうだ? 夢魔にも何か習慣のようなものがあるのか?」

僧侶「私も色々考えてはみました。でも、どれも憶測です」

勇者「憶測で構わない。話してくれ」

僧侶「満月の晩は最も魔力が高まりますから、その時に襲うのが最善だと考えている」

僧侶「または何らかの儀式のようなもので、満月の晩に生贄を捧げている」

僧侶「最後に考えたのは、魔力が弱い為に満月の晩にしか襲うことが出来ない。この三つです」

勇者「現場に残ってた魔力は少なかった」

勇者「同種族であっても個体によって魔力に差が出るのは分かるが、どうだろうな……」

僧侶「あの、部屋はどうでしたか? 匂いとかはありました?」

勇者「ああ、交わった匂いがしたよ」

勇者「あれは一度や二度じゃねえだろうな。何しろ死ぬまで搾り取られたんだ。何らかの薬を使ったのかもしれねえ」

勇者「殺された三人は天国を見ながら地獄に堕とされた。夢魔だとしたら、さぞかし心地良い夢を見せたんだろうな」


僧侶「他人事ではありません」

僧侶「貴方だって誘惑される可能性はあるんです。広く知られている悪魔ではありますが手強い相手です。侮ってはダメですよ」

勇者「……分かってるさ」

僧侶「何か策を思い付いたんですか?」

勇者「まあ、そんなとこだ。夢を見せられる前に殺す方法を見付けた」

僧侶「夢を見せられる前……それは、月が満ちる前に夢魔を倒すということですか?」イソイソ

勇者「出来ればな。あ、これ忘れてんぞ」ピラッ

僧侶「ありがとうございま……ふんっ!!」バッ

勇者「もう少し大人っぽい下着にしたらどうだ? 色気は役に立つぞ?」

僧侶「そんなの必要ありませんっ!」

僧侶「大体、下着なんて他人に見せ付けるものじゃないんです。最近の人が変なんですよ」

勇者「そうだな。今の世の中、どいつもこいつもおかしな奴等ばかりだ。何処に行っても……」

僧侶「?」

勇者「片付けが終わったら風呂に入ってさっぱりしてこい。あ、ついでに下着でも買いに行くか?」


僧侶「結構です!!」

勇者「ハハハッ、冗談だよ」

僧侶「(……大人っぽい下着かぁ)」

勇者「朝っぱらから歩き回って疲れたな。あいつの話は長えしよぉ。何だか眠くなってきた」

僧侶「(それはそうですよ、全然寝てないんですから。あ、そうだ)」

僧侶「少し眠ったらどうですか? 私は部屋にいますから大丈夫ですよ?」

勇者「……そうか。じゃあ、ちょっと寝る」ボフッ

僧侶「あ、はい。ゆっくり休んで下さい。夕方には起こしますから」

勇者「……ん、頼む」

僧侶「あの、おやすみなさい……」

勇者「…………お休み」

僧侶「あっ…」

勇者「…………」ゴロン

僧侶「(あ、背中向けちゃった。さて、起こさないように静かに片付けよう。そして夜まで寝てもらおう)」


【#17】決意

勇者『荷は積んだな。行け』

村娘『……ねえ』

勇者『何だ』

村娘『あんたは何で、あたし達を助けてくれたの?』

勇者『依頼通りのことをしただけだ』

村娘『依頼?』

村娘『洞窟の魔物ならやっつけたじゃないか。あたし達のことなんて含まれてなかったはすだよ?』

勇者『村長の依頼は、村を襲う化け物共の排除。村の中にも化け物がいた。だから殺した。それだけだ』

村娘『……化け物』

勇者『そうだ、化け物だ』

勇者『お前等を餌にして、お前等を差し出して、人間を喰らって生き延びようとする化け物だ』

村娘『…………』

勇者『あれが人間だというなら、この世は地獄だ』

勇者『奴等の悪魔のような所業を知って尚、あれを人間だという奴がいるのなら……』

勇者『同じ目に遭わせて分からせてやる。そうしたら、そいつは必ずこう言うだろう。悪魔め、ってな』


村娘『………』

勇者『ほら、さっさと行けよ。早く行かねえと残った化け物に何をされるか分かんねえぞ』

ぎゅっ

村娘『ありがとう』

村娘『あたし達だけだったら何も出来なかった。この村から出ることさえ出来なかったと思う』

村娘『しかも武器やお金まで……何から何まで本当にありがとう。幾ら礼を言っても足りないよ』

勇者『………』

村娘『……あんたみたいな人間が来てくれて本当に良かった。皆、そう思ってる』

勇者『そうかよ』

村娘『あんた、意外に照れ屋なんだね』

勇者『うるせえ。それより、いつまでくっついてるつもりだ。とっとと離れろ』

村娘『ん。ねえ、旅人さん』

勇者『あ?』

村娘『ごめんね。あたし達の為に、手を汚させちゃって……』

勇者『気にすんな』

勇者『人間の為……いや、化け物を殺せるなら幾らでも汚れる。というか既に汚れてる』

村娘『……あんた、本当は旅人なんかじゃないんだろう? 何か使命みたいなものがあるんじゃないのかい?』


勇者『………』

村娘『顔を見れば分かるよ。きっと大変な旅なんだろうね。どうか死なないでおくれよ?』

勇者『お前等もな。逃がしたのに死なれちゃあ格好が付かねえ』

村娘『まったく、これから旅立つってのに縁起でもないこと言わないでおくれよ』

勇者『……生きろよ。何があっても』

村娘『ああ、今度は戦うよ。何があっても逃げやしない。抗って、立ち向かってみせる』

勇者『……そうか』

クイクイ

勇者『?』

少女『ねえ、お兄ちゃんは来ないの?』

勇者『……本当なら何処かの街まで送ってあげたいけど、それは出来ないんだ』

少女『なんで? いっしょに来たらいいよ。そうしたら、お姉ちゃんもうれしいのに……』

村娘『こらっ、我が儘言わないの』

少女『だって……』

勇者『……悪い奴がいるんだ』

少女『わるいやつ?』

勇者『そう。大きくて、おっかなくて、とても倒せるような奴じゃない。だけど、どうしても倒さないといけないんだよ』


少女『たおせないのに、たたかうの?』

勇者『うん。それが旅の目的だからね』

少女『そっかぁ……じゃあ、えっと、えっと……すっごくがんばってね!』

勇者『ははっ。ああ、凄く頑張るよ。君も頑張るんだよ? お姉ちゃんに負けないくらいにね』ニコッ

少女『うんっ!』ニコッ

村娘『さ、お話はお終い。中に戻りな』

少女『は~い』

村娘『時間取らせて悪かったね』

勇者『いいさ。ほら、行け』

村娘『ああ、そうするよ』

ガラララ

勇者『………?』

バサッバサッ

勇者『!?』バッ

古龍『実に下らぬ。其奴等を救って何になる? あの男と同じ道を辿るつもりか?』


勇者『何でてめえが……ッ、逃げろ!!』

古龍『無駄だ。何もかもが無意味だ。小僧、貴様の命はそんなことの為にあるのではない』

古龍『見たはずだ、五年前のあの村で。知ったはずだ、人とは貴様にとって何なのかを』

勇者『黙れ』

古龍『それでも希望を捨てきれぬというのなら、今尚も希望などという幻想を抱いておるのなら』

勇者『やめろッ!!』

古龍『儂が消し去ってくれよう』

ゴォォォォッ

勇者『くそっ!』ダッ

村娘『うっ…』

少女『お兄ちゃん、助けて……』

勇者『おいっ、しっかりしろ! 俺ならここにいる。目を閉じるな、死ぬんじゃーーー』

ガシッ

勇者『!?』

僧侶『貴方の罪が消えることはない。赦されもしない。過去は貴方を逃がさない』


勇者『何でーーー』

僧侶『例え過去から逃れたとしても、自分からは逃げられない。貴方は貴方であることをやめられない』

勇者『………』

村娘『あんたさえ来なければ死なずに済んだのに。この疫病神、悪魔、人殺し……』

少女『……お兄ちゃんはあの人にはなれない。お兄ちゃんは殺す人、救う人になんてなれっこない』

勇者『…………』

古龍『小僧、己を見失うな』

古龍『己の在るべき姿を見よ。貴様は勇者ではない。貴様は勇者になど成り得ない』

古龍『忘れるな、貴様の目的は救うことではない。復讐だ。復讐こそが、貴様の生きる道なのだ』

勇者「ッ!!」ガバッ

僧侶「大丈夫ですか!?」

勇者「…ハァッ…ハァッ……あ、ああ、大丈夫だ」

僧侶「でも、酷くうなされて……」

勇者「気にするな。時々こういう夢を見るんだ。ここのところは見なかったけどな」


僧侶「悪夢……まさか夢魔が?」

勇者「いや、これは違う。そういう類じゃねえ。きっと、俺が俺に見せてるんだ。忘れるなってな」

ピトッ

勇者「何してーーー」

僧侶「貴方の額に手を当てているだけです。少しだけ、じっとしていて下さい」

僧侶「(動悸、呼吸の乱れ、手先の震え。これはおそらく、極度の緊張状態によるもの)」

勇者「もういい」

僧侶「ダメです。軽い眩暈や倦怠感があるでしょう? 今は動かない方が良いです」

勇者「……分かったよ」

僧侶「そのまま横になって楽にして下さい。手を握りますよ?」

ギュッ

勇者「…………」

僧侶「…………」

勇者「……そういや暗いな。夜か」

僧侶「はい。気持ち良く寝ていたので起しませんでした。それに、お疲れのようでしたから……」


勇者「そうか、お陰でよく眠れたよ」

僧侶「今のは嫌味ですか?」

勇者「嫌味じゃねえよ。久しぶりに眠れたのは本当だ。夢さえ見なけりゃ最高だったけどな」

僧侶「…………」ギュゥ

勇者「……僧侶、話しておくことがある」

僧侶「何です?」

勇者「明日、管区長に会いに行く。会って、この手紙を見せようと思う」

僧侶「なっ!? そんなことをしたらーーー」

勇者「分かってる。そんなことをしたら犯人との関与を疑われて捕まる。尋問もされるだろう」

僧侶「分かっているなら何で……」

勇者「満月までそれほど時間はない」

勇者「あの騎士と話しても時間を無駄にするだけだ。俺が捕まれば犯人を釣れるかもしれない」

勇者「それに、管区長は俺が嫌いらしい」

勇者「おそらく付きっきりで尋問してくれるだろう。そうなれば被害者も出ないはずだ」


僧侶「……自分を餌にする。ということですか」

勇者「ああ。自分の崇める神が捕まったと知れば、殉教者は必ず助けに来るだろう」

勇者「俺に何を伝えたいのかなんて知りたくもねえ。満月まで待ってやる必要もない」

僧侶「来なかったら!? 犯人が現れなかったらどうするんですか!!」

勇者「来るさ。必ず来る」

僧侶「何で、そうやって……」

勇者「化け物を殺せるなら何だってする」

僧侶「(っ、もうダメだ……)」

僧侶「(何かに取り憑かれたような目をしている。こうなったら何を言っても耳を貸さない。でもーーー)」

勇者「どうした?」

僧侶「っ、む、無理して戦わなくたっていいじゃないですか? まだ傷も癒えていないんですよ?」

勇者「そうか、そうだよな」

勇者「見て見ぬふりをして街から出る。それが出来れば確かに楽だ。でも、それは出来ねえんだ」

僧侶「………分かっています。貴方がそういう人だってことくらいは」ギュッ

勇者「いいか、お前は何があっても動くなよ。事の発端は俺だ。これは、俺が終わらせる」

僧侶「………」

魔女『彼は貴方を巻き込まない為に一人で戦おうとする。貴方はそれに甘え、その甘えによって彼は命を落とす』


僧侶「…………」

勇者「ほんの四、五日だ。すぐに終わる。それまでは待ってろ。ただ、用心はしておけよ」

僧侶「………分かりました」

勇者「よし。じゃあ、そろそろ交代だな。次はお前が休む番だ。見張りは俺がする」

僧侶「あ、あのっ」

勇者「ん?」

僧侶「もう少しだけ、このままでいさせてくれませんか? せめて、貴方の熱が引くまでは……」

勇者「断っても続けるんだろ?」

僧侶「はい」ニコッ

勇者「だったら聞くなバカ」

僧侶「ごめんなさい」ギュッ

勇者「…………」

僧侶「(あの者の言葉が真実ならば、この先に何かが起きる。そして、この人は死ぬことになる)」

魔女『戦うことを選んだ場合、耐え難い苦痛を受けることになる。それだけは覚悟することね』

僧侶「(覚悟はしてる。準備も出来てる。後は、その時を待つだけだ。もう逃げはしない)」

僧侶「(誰かを傷付けることになろうと、この手を汚すことになろうと……死なせはしない)」


【#18】下層

従士「何の用だ」

勇者「管区長にお伝えせねばならないことがあります。急を要しますので通して頂きたい」

従士「何を馬鹿な、こんな早朝にーーー」

管区長「通しなさい」

勇者「(コイツが管区長か、笑っちゃいるが腹の内で何考えてるか分かんねえな)」

従士「し、しかし」

管区長「いいのです。実を言うと、私も勇者殿にお訊ねしたいことがあったのですよ」ニコニコ

従士「……承知しました」ザッ

管区長「部下が失礼を……さあ、此方へ」

勇者「(地下に行くのか?)はい、ありがとうございます」

コツコツ

勇者「(牢獄。誰もいないな)」

管区長「ああ、そうでした」

勇者「?」

管区長「確か、今日は北の騎士団長代理と予定があったはずでは?」


勇者「(内通者か? 誰も信用出来ねえな)」

勇者「ええ。しかし、彼と幾ら話しても時間を浪費するばかり……初めからこうすべきでした」

管区長「そう、貴方は初めから私に会いに来るべだった。何せ彼は、貴方とお喋りするだけで満足していますからね」

勇者「………」

管区長「しかし、素直に非を認めるのは良いことです。私も貴方を誤解していました」

勇者「誤解、ですか」

管区長「ええ、誤解です。貴方は信仰の厚い人物だ。まあ、詳しいことは下でお話ししましょう」

勇者「(まだ下があんのかよ)分かりました」

ギギィ バタンッ

勇者「(尋問部屋。いや、拷問部屋か?)」

管区長「どうぞ、お掛けになって下さい」

勇者「ありがとうございます」

管区長「私から先に話しても?」

勇者「ええ、勿論です」

管区長「貴方がこの街に来る数日前、我々修道騎士団は難民を救出しましてね」

管区長「その難民は錯乱しており、ある男に村を滅ぼされたなどと喚き散らしていました」


勇者「ある男とは、おそらく私です」

管区長「素晴らしい、貴方は実に正直者だ。益々好感が持てる。いや、失礼。続けましょう」

勇者「………」

管区長「私は疑問に思いました」

管区長「我々修道騎士団同様、教皇直々に認められた勇者殿が殺人を犯すわけがない。この者達は何かを隠していると」

管区長「そこで訊ねてみたのですよ。何故そうなったのかと……しかし、彼等は頑なに話そうとしなかった」

管区長「私はそこで確信しました。彼等には、何か後ろ暗いものがあると……」

勇者「……彼等は話しましたか?」

管区長「ええ、勿論。全てを告白しましたよ」

管区長「彼等は悪魔に屈し、あろうことか婦女子を供物として捧げていた。なので、火刑に処しました」

勇者「そうでしたか」

管区長「しかし、貴方にも罪はある」ズイッ

勇者「如何なる理由があろうとも、個人の判断で裁いてはならない。ですね?」

管区長「その通り。どういった処罰を下すかは修道騎士団が、私が決める」

管区長「まずお聞きしたいのは、それを分かっていながら何故に裁いたのか。ということです」

勇者「あの場に貴方はいなかった。私以外に剣を取る者もいなかった」


管区長「ふむ、それで?」

勇者「恐怖に震える子供達、絶望した女性達。彼女等を救うには、それしかなかったのです」 

勇者「罰せられるのを覚悟で、私は剣を振るいました。これは罪だと分かっていながら……」

管区長「……素晴らしい」ブワッ

勇者「(何泣いてんだ、気持ち悪ぃ)私を罰しないのですか?」

管区長「貴方を罰するならば、我々もまた罰せられなければならない」

勇者「何故です? 貴方に罪はないでしょう」

管区長「いえ。我々はいるべき時にいなかった」

管区長「そして、貴方は咎を背負う覚悟で剣を振るった。それを誰が責められましょう」

勇者「(変わった奴だな)」

管区長「貴方は全てを話した。彼等の語ったことと一切の矛盾もない。私も安心しましたよ」

勇者「?」

管区長「己を神だと勘違いしている輩だとしたら、例え勇者殿であろうと裁かなければならなかった」

勇者「………」

管区長「どうしたのですか? 随分と浮かない顔をしていますが……」


勇者「お話があるのです」

管区長「ああ、そう言えば私に伝えたいことがあると言っていましたね。何でしょう?」

勇者「これを……」

管区長「………」カサッ

勇者「………」

管区長「何という侮辱。邪教徒、異端者めが……」

勇者「管区長殿には、その者を捕らえる為に協力して頂きたいのです」

管区長「それは構いませんが、この偉大なる印とは?」

勇者「騎士団長代理から聞いていないのですか?」

管区長「ええ、残念ながら何も……彼等は我々に対してあまり協力的ではないのですよ」

勇者「そうですか。では、言葉で伝えるより見せた方が早いでしょう。失礼します」スルッ

管区長「………」ゾクッ

勇者「これは幼い頃に野盗によって押されたものです。手紙から分かるとは思いますが、犯人は何らかの理由で私を崇拝している」

勇者「私を拘束すれば、犯人を誘き寄せることが出来るかもしれません」


管区長「………」

勇者「(さて、どう出る)」

管区長「勇者殿、自らその烙印を晒した貴方の勇気には頭が下がります。しかし!!」

勇者「………」

管区長「如何なる理由、如何なる過去、如何なる事情があろうと、それは今や異端の象徴」

管区長「既にご存知かとは思いますが、我々修道騎士団の騎士三名が犠牲になっている」

管区長「それも、貴方を神と崇める異端者の手によってです。この意味は分かりますね?」

勇者「勿論です」

管区長「宜しい。例え遠因であろうとも、あのような残虐性を持った異端を生んだが貴方の罪」

管区長「そうである以上、私は貴方に対して協力することが出来なくなってしまった」

管区長「本来であればこの区の司教に任せなければなりませんが事が事です。そこで……」

管区長「我々修道騎士団。そして管区長たる私が、貴方に対して異端審問をしなければならない」

勇者「覚悟の上です」

管区長「潔し。直接ご協力はできませんが、異端者、邪教徒を炙り出すことはお任せ下さい」

管区長「貴方の全てを利用し、忌まわしい異端者を炙り出し、この手で処刑します」

管区長「その後、事の次第によっては貴方の処刑も検討されるでしょうが……ご容赦下さい」


【#19】虜

勇者「………」ジャラッ

管区長「素晴らしい」

管区長「貴方は実に協力的だ。これから何が行われるかを知りながら抵抗一つしなかった」

管区長「感服します。私はこれまで、貴方のような人物を見たことは一度足りともない」

管区長「此処へ連れられた者は大抵は泣き喚き、罵詈雑言を吐きながら暴れる。或いは自らが助かる為に他者を突き出します」

勇者「罪は罪です。無様な真似はしませんよ」

管区長「……その言葉、罪を認める心、協力的な姿勢、これまで尋問した者達に是非とも聞かせてやりたい」

勇者「(この世にいねえのにどうやって聞かせるんだよボケが。頭に蛆でも湧いてんのか)」

勇者「お褒め頂きありがとうございます。しかし、私を吊す必要はないと思いますよ?」

管区長「鎖で吊したのは抵抗させない為です」

管区長「しかし、勘違いしないで頂きたい。私は貴方が抵抗するなどとは微塵も思っていない」

管区長「痛みによって身悶え、体を捩るような事があれば余計に痛みが増す。脚の重りもそうさせない為の処置です」

管区長「終われば外しますので、ご容赦下さい」

勇者「寛大な処置、感謝します」

管区長「いえいえ。では、始めましょうか」ニコニコ

勇者「(拷問好きか、変態か。それとも自分を真っ当だと思ってる異常者か。どれも最悪だな)」


勇者「ええ、どうぞ」

管区長「いきなりで申し訳ありませんが、まずは肩口付近にある皮膚、烙印を削ぎ落とします」

管区長「それが在るが故に異端者が生まれた。貴方を神と崇める輩が今後現れないとも限らない」

勇者「芽を摘むというわけですか」

管区長「その通りです。これは貴方の為でもある。その穢れ、私が取り除いて差し上げましょう」

勇者「お願いします」ニコリ

管区長「………」

勇者「どうしました?」

管区長「始める前にこのような事を話すのはどうかと思いますが、話しても宜しいですか?」

勇者「(何だ急に)ええ、構いませんよ?」

管区長「……貴方は実に美しい人間だ」

管区長「彫刻家が細部まで計算して造り上げたような顔立ち、触れるのも躊躇われるような真白い肌、四肢に至る全てが芸術のように見える」

勇者「………」

管区長「貴方が如何に神に愛された者なのか、此処へ来て、やっと理解出来たような気がします」


勇者「私の裸体を見た方は皆そう言います」

勇者「国王陛下も教皇猊下も、私を勇者だと認めた方々は皆、私の体を愛してくれました」

勇者「これは誇張や自負でもない。単に事実として言っているので誤解なきようお願いします」

管区長「……愛したとは?」

勇者「私を抱いたということです」

管区長「っ、申し訳ない。どうやら器具の手入れが出来ていないようです。少々お待ち下さい」

勇者「分かりました」

管区長「(抱いた?抱いたと言ったのか?)」カチャカチャ

管区長「(あの体に触れ、あの体を思うがままに愛したというのか。まさか愛し合ったのか?)」

管区長「(何だこれは?嫉妬か? いや、違う。これは嫉妬などではない。これは羨望だ。しかしーーー)」

勇者「………」

管区長「(しかし今は、私の物だ)お待たせして申し訳ありせん。では、始めましょう」

勇者「お願いします」

管区長「(この体に触れるのは私だけだ。誰にも触れさせはしない。この体に傷を付けるは私だ)」

管区長「(今や、この焼き印を押した者さえ許し難い。この体を我が物とするなど許されない)」

ザクッ ゾリッゾリッ

管区長「(そう、許されないのだ。許されないからこそ、これ程までに愛おしい)」


勇者「………」

管区長「(国王陛下だろうと教皇猊下だろうと、独占することは許されない)」

管区長「(それを分かっているからこそ、お二人も手許に置くことはしなかったのだ。この、神の造り上げた芸術を……)」ザクッ

ゾリゾリ ベリッ

管区長「……ひとまず終わりました。どうです?」

勇者「長年に渡るの苦痛から解放されたような感覚です。この痛みすら幸福に思います」ニコリ

管区長「それは何よりです」ニコニコ

管区長「(私は修道騎士団、管区長だ。私に邪な感情など一切ない。これは職務、触れるのは当然のことだ)」

勇者「その烙印の皮膚は異端者の炙り出しに役立て下さい。私にはもう必要のないものですから」

管区長「ええ、有効に活用しますよ」

管区長「しかし、身動き一つしないとは驚きました。それも勇者の力、神の加護ですか?」

勇者「いえ、痛みはあります」

管区長「(削ぎを、耐えたというのか)貴方には非凡な力があると聞きますが?」

勇者「ええ。ですが、それはあくまで魔物を倒す力であって……長くなりますが宜しいですか?」

管区長「ええ、勿論です。お気になさらず。どうぞ、その先をお話し下さい」


勇者「この場で抵抗するのは容易い」

勇者「しかしそれをしてしまったら、私だけの為に、私の都合で力を使ってしまうことになる」

勇者「これは私に宿った力ですが、私個人の為に授けられた力ではない。私はそれを理解しています」

管区長「…………」

勇者「人々の中には怖れを抱く者もいますが、それは当然のことです。私はそれを受け入れている」

勇者「私に対しる怖れも、この力に対する怖れも、その全てを受け入れています」

管区長「貴方自身は?」

管区長「立場上こんな質問はしたくはありませんが、加護を怖ろしいと感じたことは?」

勇者「ただの一度もありません」

勇者「周囲の恐怖、自身の恐怖、力への恐怖。そんなものに囚われて怖れを抱くのは恥です」

勇者「忌み嫌われようと、畏怖の目で見られようと、疎まれ蔑まれようと、私は戦わなければならない」

勇者「万が一、恐怖に囚われ己を見失うようなことになれば、私がこの手で自分を終わらせます」

管区長「……貴方は、正に勇者と呼ぶに相応しい方だ」

管区長「加護を授けられた神も、貴方を誇りに思っておられることでしょう」

勇者「そうであるなら良いのですが……」

管区長「異端者のことが気掛かりなのですね? 大丈夫です。後は私にお任せ下さい」

管区長「しかし、異端者が現れるまで此処から出すことは出来ない。異端審問も終わることはない」

勇者「はい、承知しています」

管区長「……宜しい。では、続きを始めましょう。より確実に、異端者を炙り出す為に……」


【#20】偉大なる印

管区長「ハァッ、ハァッ…」

勇者「(……あれから何時間経った?)」

勇者「(俺を気に入ったとこまでは良い。しかし、休みなし交代なしで続けるとは恐れ入る)」

管区長「熱が入りすぎてしまいました。少し間を置きましょう。これでは貴方も保たない」

勇者「……ありがとうございます」

管区長「貴方の尋問は全て私がやります。他の者には一切手出しはさせませんので、ご安心下さい」ニコニコ

勇者「(どうやら焚き付け過ぎたみたいだな)」

勇者「(そういう質だとは思っていたが、これ程まで執心するとは思わなかった。目がいっちまってる)」

コツコツ

管区長「誰です」

従士「私です。余りに遅いものですから、管区長に何かあったのかと心配で……!?」

管区長「尋問中です。他の者も言っておきなさい、此処への立ち入りは厳禁すると」

従士「り、了解しました」

管区長「ああ、待ちなさい」

従士「はっ、何でしょう」

管区長「この板に、これを打ち付けておきなさい。そこにある勇者殿の手紙と一緒に」


従士「うっ…これは」

管区長「それは異端の象徴、勇者殿から削り取ったものです。それを全ての騎士に見せなさい」

管区長「修道騎士団、北の騎士団問わず、全ての騎士に見せるのです。踏み絵にして構いません」

管区長「応じなかった者は全て捕らえなさい。これも、修道騎士団、北の騎士団問わずです」

従士「…………」クラッ

勇者「(何だ?)」

管区長「聞いているのですか?」

従士「はい、速やかに全騎士に見せます」

従士「踏み絵に応じなかった者は異端者は見なして拘束します。命令は以上ですか」

管区長「ええ、以上です。行きなさい」

従士「はい。では、失礼します」

コツコツ

勇者「(気のせいか? いや、一瞬だが確かに空気が変わった)」

勇者「(魔力は感じなかったってことは魔術じゃない。それに、満月まではまだ日がある。だとしたら、さっきの違和感は何だ……)」


管区長「勇者殿」

勇者「……何です?」

管区長「貴方は鞭で打たれたことがありますね? 背中の古傷からもそれが見て取れる」

勇者「ええ、幼い頃に。それが何か?」

管区長「貴方に傷を負わせたのはどのような輩ですか? どのようにして痛め付けられました?」

勇者「(嫉妬か。聖職者が呆れるぜ)」

勇者「(修道騎士団に身を置いてなけりゃあ、ただの拷問好きの変態野郎じゃねえか)」

管区長「答えて下さい」

勇者「焼き鏝、鞭打ち、拘束、水責め。心得がある人物だったようで執拗に拷問されました」

勇者「食事を与えられたかと思えば、何も与えられない時もありました。思い出せるのはこれくらいです」

管区長「他にもあるでしょう」ズイッ

勇者「………両親が死ぬところを見ました。その頃に親しかった人物が苦しむ姿も」

管区長「そうですかそうですか。では、これを装着した経験はないということですね。安心しました」


勇者「……それは?」

管区長「対象の睡眠を妨げ、自白しやすい状態にするものです。異端者の突き匙、異端者の肉叉とも言われています」

勇者「(楽しそうなツラしやがって……)」

管区長「まず、天井に吊した状態でこれを装着させる」

管区長「眠ろうとすると頭が下がる。頭が下がれば咽か胸に突起が刺さり激痛が走る。という仕組みです」

勇者「異端者との関与を疑っていると?」

管区長「私自身、その可能性は低いと考えています。私に異端者からの手紙を見せていますからね」

管区長「しかし、これは異端審問です。あらゆる可能性を考慮し、あらゆることをしなければならない」

管区長「貴方の潔白を証明する為にも、今夜からはこれを装着してもらおうかと考えています」

勇者「(何を言ってやがる。結局はお前がやりたいだけだろうが……?)」

コツコツ

従士「………」

管区長「立ち入りは厳禁だと言ったはずですよ。異端者は捕らえたのですか?」

従士「はい、今から捕らえます。私一人では手に負えないので他の者達も呼んで来ました」


従士「皆、神を救うのだ。異端者を捕らえろ」

ゾロゾロ

管区長「一体何をーーー」

従士「嗚呼、我が神よ。何故です。何故、月が満ちるまで待って下さらなかったのですか……」

勇者「……お前は」

従士「我等は殉教者。此処にいる全員が殉教を望む者です。我が主よ、今、お救い致します」

ゾブッ

従士「………ゴフッ」

管区長「……その様子、どうやら惑わされたようですね。残念ですが仕方がありません」グイッ

ガシッ

管区長「!?」

勇者「(刃を素手で……)」

従士「武器は封じた。この異端者を、異教徒を捕らえよ。神の救出後、速やかに異端審問を行う」

>>了解
>>了解
>>了解
>>了解

管区長「目を覚ましなさい。悪魔に惑わされてはなりませーーー」

ゴキャッ ドガッ ゴシャッ

勇者「(何だ、何が起きてる? あの騎士連中、どいつもこいつも目に光がねえ。この短時間で何がーーー)」

チクッ

勇者「なっ…んだ……」

従士「主よ、まずは傷を癒やさなければなりません。暫しの間はお休み下さい。何も考えることはありません」

従士「我等は既に修道騎士団と北の騎士団を掌握しております。何も心配は要りません」

従士「後は、貴方を堕落させた女を始末するのみです。月が満ちる時を、貴方に会える時を、心よりお待ちしております」


【#21】戯曲の時

僧侶「…………」ゴロゴロ

僧侶「(あの人は今頃どうしているんだろう。尋問されているとしたら、今も続いているのかな)」

僧侶「(ここ数年の異端審問は激しさを増し、各方面からは残忍だとして問題視されている)」

僧侶「(でも、あの人は勇者だ。国王陛下、教皇猊下及び教皇庁によって正式に認定されている)」

僧侶「(それを鑑みれば、そこまで酷い扱いは受けないはずだ。修道騎士団とは言え、そこまでの権限はない)」

僧侶「(もし仮に不当な扱いを受けたなら、この区域を担当する修道騎士団の立場が危うくなる)」

僧侶「(あの人はそれを分かった上で、あの手紙を管区長に見せると言ったんだ。だから、きっと大丈夫)」

僧侶「(……大丈夫だと思いたい。そうだと信じたい。だけど、どうしようもなく不安になる)」

僧侶「………」ギュゥ

僧侶「(今思えば、あの人と旅に出てから一人になったことはなかった)」

僧侶「(ほんの数日前までは喧嘩してばかりだったけど、それでも一日たりと離れたことはなかった)」

僧侶「(馬鹿だ阿呆だ足手まといだと言いながら、私を見捨てようとしたことは一度もない)」

僧侶「(眠らずに見張りをして、戦って庇って傷付いて悪態ついて、それでも私を見放さなかった)」

僧侶「(……あの人の言う通り、私はバカだ)」

僧侶「(バカで、ガキだ。今更になって、一人になって初めて気が付いた。ずっと守られていたということに)」


僧侶「……せめて、安否を知りたい」

勇者『いいか、お前は何があっても動くな。事の発端は俺だ。これは俺が終わらせる』

僧侶「(っ、ダメだ。耐えなきゃ)」

僧侶「(これはあの人が決めたことだ。私が行って余計な面倒を起こしたら全てが台無しになる)」

僧侶「(それにきっと、今はその時じゃない。明確な何かが起きるはずだ。それまでは……?)」

コンコンッ

僧侶「だ、誰ですか!?」

騎士「僧侶様、私です!!」

僧侶「騎士さん!? どうしたんです!?」

騎士「申し訳ありませんが中に入れて頂けませんか、追っ手が来るかもしれない」

僧侶「追っ手? わ、分かりました。どうぞ」カチリ

騎士「急に押し掛けて申し訳ない。ですが、緊急事態なのです。騎士団内で反乱が起きました」

僧侶「反乱!?」

騎士「いや、あれを反乱と呼ぶべきかどうかも分からない。まるで何かに取り憑かれているようでした」

僧侶「(震えてる。余程怖ろしいものを見たんだ。そうでなかったら、ここまで怯えるはずがない)」

僧侶「あの、まずは落ち着いて下さい。騎士団内で何が起きたんですか?」

騎士「も、申し訳ない。少し呼吸を整えます」


僧侶「………話せますか?」

騎士「ええ、もう大丈夫です。現状をお話しします」

僧侶「………お願いします」

騎士「……つい先程、管区長の警護を担当する従士が教会内の騎士全員を呼び出しました」

騎士「これは管区長の命だと言って、修道騎士団と我々北の騎士団を含めた全員をです」

僧侶「……どうなったんです?」

騎士「彼は手に何かを持っていました。遠くからで見えませんでしたが、看板のようなものだったと思います」

僧侶「看板……」

騎士「ええ。そしてそれを見た途端、彼の周囲にいた騎士が一斉に地下へと向かったのです」

騎士「後から看板を見たと思われる騎士も同様です。皆一様に地下へと向かって行きました」

騎士「まるで以前から訓練していたかのような、統率の取れた動きで……気味悪さを覚える程でした」

僧侶「……地下には何があるのですか?」

騎士「牢獄です。更に下層へ行くと尋問部屋……異端審問を行う拷問部屋があります」

騎士「教会内が騒然とする中、勇者様が今朝方、管区長と共に地下へ向かったという情報を聞きました」

僧侶「か、彼等は何を?」

騎士「彼等はすぐに地下から現れました」

騎士「拷問によって傷付いたと思われる勇者様を寝台に寝かせて担ぎ上げ、暴れ狂う管区長を引き摺りながら……」


僧侶「!!」

騎士「それから修道騎士団、北の騎士団、双方入り乱れて争い始めたのです」

騎士「最早、誰が正気で誰が錯乱しているのかさえ分からない状態でした」

僧侶「あの、争い始めた理由は分かりますか?」

騎士「……神……」

僧侶「えっ?」

騎士「地下へ向かった者達は皆一様に、勇者様を神と言っていました。神を救うのだと」

騎士「そこから、管区長を助けようとする騎士と錯乱した騎士とで争い始めました」

僧侶「………神。殉教者」

騎士「ええ、私もそう考えていました。おそらくは従士が何かをしたのだと思います」

僧侶「(管区長の従士が殉教者?)」

僧侶「では、他の方々は何らかの魔術、或いは暗示のようなもので操られているのでは?」

騎士「操られているとしても危険なことに変わりはありません。あのままでは勇者様に何が起こるか分からない」


僧侶「他には何か気付いたことはありますか?」

騎士「残念ながら、そこから先は覚えていません。私は正気を保っている部下と共に命からがら教会から脱出しました」

騎士「ただ一つ確かなことは、今教会内にいるのは正気を失った者だけだということです」

僧侶「………」

騎士「今現在、私の部下が正気を保っている騎士を集めています」

騎士「極めて不利な状況ですが、街全体に混乱が広がる前に事態を沈静化しなければならない」

騎士「そして勇者様の救出、管区長も救出しなければらない。そこで、僧侶様にも力を貸して頂きたいのです」

僧侶「(……その時だ)」

僧侶「分かりました。お役に立てるかどうか分かりませんが精一杯やってみます」

騎士「ありがとうございます。では早速参りましょう。早く止めなければ何をするか分からない」

僧侶「んっしょ……行きましょう」

騎士「あの、それは確か勇者様の武器。金砕棒でしたか? そんなものを背負って大丈夫ですか?」

僧侶「はい、少しばかり細工を施しているので平気です。それに、剣はあまり使いたくはないので……」

騎士「直接戦わずとも僧侶様は魔術……失礼、術法による後方支援さえして頂ければーーー」

僧侶「いえ。戦の状況によっては術法を行使出来ないかもしれませんから……」

騎士「……分かりました。では参りましょう。部下もそろそろ準備が出来たと思いますので」

僧侶「はい」

ザッ

僧侶「(戦わないとあの人が死ぬ。誰も傷付けたくなんかないし、私だって傷付きたくない)」

僧侶「(だけど、戦うことでしか救えないのなら戦うしかない。そうですよね……)」ギュッ


【#22】暗夜の火

>>此方です。

騎士「分かった。僧侶様、此処から迂回して教会へ向かいます。離れないで下さい」

僧侶「分かりました」

騎士「それから、教会までの戦闘は避けられたとしても教会に入れば戦闘は避けられない。それだけは覚悟しておいて下さい」

僧侶「はい」ギュッ

騎士「では、行きましょう」

タッタッタ

僧侶「あ、ちょっと止まって下さい。広場の方に灯りが見えます。人も集まっているみたいです」

騎士「そんな馬鹿な。住民には家から出ないようにと呼び掛けたはずなのに……?」

>>これは何の騒ぎだ?
>>修道騎士団から悪魔憑きが出たらしい。

>>おいおい冗談だろ、あれは管区長じゃないか
>>管区長が悪魔憑き? そんな馬鹿な……

従士「静粛に」

従士「この者は管区長という立場にありながら大罪を犯した。あの勇者様を拷問したのだ」

ザワザワ

従士「己の立場を利用し、私的欲求を満たそうとした。拷問に興奮を覚えたとも自供している」

従士「我々は修道騎士団だ。信仰に身を捧げ、異端者及び悪魔と戦うのが我々の役目である」

従士「その役目を放棄し、己の欲求を満たす為だけに拷問するなど到底赦されるものではない」

従士「この件は教皇猊下及び教皇庁に報告する。そうなれば我々も裁かれるだろう」

従士「しかしその前に、栄誉ある修道騎士団の名を汚した大罪人を処刑しなければならない」


従士「他ならぬ、我々の手で」

管区長「待て! これはでっち上げだ!!」

管区長「この者達こそが悪魔に惑わされているのです!! 惑わされてはなりまーーー」

従士「悪魔憑きと呼ばれた者は、皆そう言います。そうでしょう、管区長殿?」ニコリ

管区長「ッ!!」

従士「ではこれより、この者を火刑に処す!!」

ザッ

騎士「それが真実だとしても、従士である貴方にそんな権限はないはずです」

従士「……これはこれは北の騎士団長代理。そうは言いますが、私達以外に裁く者はいない」

騎士「ならば書簡を送り、裁量は教皇庁に任せるべきです」

従士「黙れ!!」

従士「この者は私の神を穢した大罪人!! 私の信仰、私の神、私の全てを穢した!!」

僧侶「(め、目が血走ってる。正気じゃない)」

騎士「住民の皆さん、今すぐにこの場から離れて下さい!!」

>>な、何が何だか分からないが逃げようぜ!
>>騎士団内でいざこざかよ!勘弁してくれ!!

>>は、早く行きましょう!巻き込まれるわ!
>>皆、早く逃げろ!巻き込まれるぞ!!

騎士「まずは此処にいる騎士達を拘束し、管区長殿を救い出す。皆、行くぞ!!」ジャキッ


騎士「陣形が整う前に抑えろ!!」

ガキンッ ガキンッ

従士「面倒なことを……貴方達は此処で彼等の足止めをしなさい。私は先に神の許へ行く」ザッ

騎士「ッ、僧侶様、奴の後を追って下さい!! 彼等は私達が引き受けます!!」

僧侶「は、はいっ!」

タッタッタ

騎士「怯むな、続け!!」

騎士「彼等は操られている!出来るだけ急所は狙うな!武器を狙って無力化しろ!!」

ガキンッ ガキンッ

騎士「…………もう行ったかな?」

騎士「よし、もう姿は見えないですね。そろそろ大丈夫でしょう………はい終わり」パンッ

シーン

騎士「さあ皆、下らないお芝居はもう終わり。武器なんかさっさと下ろして、そいつを燃やしましょう」

管区長「な、何を言ってーーー」

騎士「もう演じる必要はなくなった。貴方に従うこともない。実に晴れ晴れとした気分です」

騎士「ああ、今回の一件は修道騎士団の一大不祥事として教皇庁に報告させて頂きます」


管区長「……まさか、まさか貴様」

騎士「ふふっ。ええ、そうですよ?」

騎士「お考えの通り、私が夢魔事件の首謀者。勇者様を、偉大なる神を崇拝する殉教者です」ニコリ

管区長「っ、目を覚ましなさい!悪魔はそこにいるのです!! この者を裁くのです!!」

騎士「何を言っても無駄ですよ? 今の彼等には貴方こそが異端者として映っていますから」

騎士「そして、この私こそが神だと信じている。修道騎士団にとって神の命は絶対でしょう?」

管区長「神?神だと!? 貴様、私の前で神を騙るか!!」

騎士「事実、神ですからね。ほら」スルッ

管区長「そ、その烙印はーーー」

騎士「ええ、お揃いです。偉大なる神の印」

騎士「ふふっ、どうですか?羨ましいでしょう? しかし、私には貴方の方が羨ましい」

騎士「髪の毛はどうでした? 肌触りは? 唇の感触や指先の滑らかさは? 鞭打つ感覚は堪らなかったでしょう?」

管区長「そんなものは感じない」

騎士「隠しても無駄ですよ? 貴方の汗から匂うのは男女が交わる時のそれです」


管区長「な、何を馬鹿な……」

騎士「まあ、どちらでもいいですけどね」

騎士「ただ、私より先に神に触れ、あろうことか傷付けたのは赦せない。予定通り火刑に処します」

騎士「さあ、やりなさい」

>>了解
>>了解

管区長「や、やめなさーーー」
ボウッ ゴォォォォッ

管区長「ヒッ…いぎゃあああああああ!!!」

騎士「おや、どうしました?」

騎士「今こそ祈る時ですよ管区長殿。信仰を貫き、神に助けを求めてはどうですか?」

騎士「神よ、神よ、神よ。いつも飽きるほど言っているでしょう。ほら、高らかに呼んで下さい」

管区長「ハッ…かっ…アアアアアア!!?」

騎士「そうだ、苦しみに喘げ」

騎士「これまで貴方が燃やした者達と同じように、救いを求めて死ぬがいい。神を呪いながら」

管区長「かっ…ひゅ…ひゅ…」

騎士「……ああ、誰も死んでいないのは不自然ですね。そこの連中は神の為に首を斬りなさい」

ブシュッ

騎士「……勇者様、貴方が無茶をしなければ誰も犠牲にならず、こんな茶番を演じずとも済んだのに」

騎士「あっ、駄目。堪えないと……」

騎士「もう少し、もう少しで私は私として勇者様に会える。嗚呼、満月が待ち遠しい。その時が、待ち遠しい」


【#23】開花

僧侶「はぁっ、はぁっ、はぁっ」

僧侶「(……うん、やっぱり変だ)」

僧侶「(数では圧倒的に向こうが勝っていた。なのに、護衛も連れずに一人で逃げる意味が分からない)」

僧侶「(わざわざ広場に来たのも妙だ)」

僧侶「(あの時は管区長の姿に気を取られたけど、あれでは阻止してくれと言っているようなものだ)」

勇者『いいか、僧侶。俺に何かがあった時、一番最初に行動を起こした奴を疑え』

僧侶「(……管区長に会いに行く前、あの人はそう言っていた)」

僧侶「(一番最初に行動を起こしたのは管区長の従士。話を聞く限りでは暗示か催眠を掛けたのは彼だ)」

僧侶「(となれば、三件の殺人も彼の仕業である可能性が高い。あの話を聞いた後なら当然そう考える)」

僧侶「(……だけど、私に対して一番最初に行動を起こしたのは騎士さんだ)」

僧侶「(部屋を変えたのに迷うことなく私のいる部屋の扉を叩いた。暗示や催眠に掛かっている様子もない)」

僧侶「(一番おかしいのは、私に従士を追わせたことだ。誰が見たって戦闘に不慣れな私を……)」

僧侶「(それに、騎士さんはあの人を尊敬、敬愛している。殉教者である可能性は十分にある)」

僧侶「(断定は出来ない。騎士さんが犯人であるという証拠もない。だけど……っ、ダメだ)」

僧侶「(疑い始めたらきりがない。もしかしたら、今夜の出来事さえも仕組まれた罠かもしれない)」

僧侶「(でも、仮にそうだとしたら意味が分からない。私を罠に掛ける理由はなんだろう?)」


僧侶「はぁっ、はぁっ…着いた」

僧侶「(でも、罠だとしても行かなくちゃ。これが、その時ではないとしても………)」ザッ

ギギィ バタンッ

従士「来たぞ、あの女だ」

僧侶「(……やっぱり罠だ)」

従士「あの女こそが勇者様を堕落させた魔女。直ちに捕らえ、火刑にするのです」

ガチャガチャ

僧侶「(軽装備多数、重装備は少数。やっぱり私を待ち構えてたんだ。あの人はどこに……!!)」

僧侶「(礼拝堂の祭壇に寝かされてる。騎士の数が多い、この人数を避けて通るのは無理だ)」

僧侶「(相手は騎士、戦いたくない、もの凄く怖い。今も膝が震えてる。だけど、だけど……)」ズシッ

従士「!?」

僧侶「……待ってて下さい。今、行きます」ザッ

従士「あの女を近付けてはなりません。捕らえられない場合はこの場で殺しても構いません」

>>了解
>>了解

僧侶「(重装歩兵。焦っちゃダメだ。冷静になるんだ。あの人の戦い方を思い出すんだ)」

僧侶「(こういう時は自分から動かず、動きを見て、相手が武器を振り上げた瞬間にーーー)」


僧侶「叩く」

ドゴンッ!

僧侶「はぁっ、はぁっ…出来た」

僧侶「(でも、まだまだ沢山いる。この人達全員を倒さないとあの人の所には……!?)」

ザクッ ボタボタッ

僧侶「っ、うぅ…」

僧侶「(痛い、傷口が熱い。あの人はいつも、こんなに痛い思いをしてたんだ。治療したいけど、そんな時間はーーー)」

ザシュッ

僧侶「あぅっ…」ガクンッ

僧侶「(っ、囲まれた。囲まれたら……)」

僧侶「(……一人を突き飛ばして輪の外に出る。とにかく、輪の中心にいちゃダメだ)」ダッ

ドゴォッ ガシャァン

僧侶「はぁっ、はぁっ…んっ!!」グルンッ

僧侶「(押し退けて輪の外に出たら一気に切り崩す。出来るだけ早く、出来るだけ多く倒す)」

ズドンッ ドゴォッ メゴォッ

僧侶「(倒しても安心しない。次を見る)」

僧侶「(それから、それから、大きい相手は膝とかを狙って動きを止める。止めて、叩く)」

ゴギッ ゴギャッ

僧侶「(位置を見る。脚を見る)」

僧侶「(長い武器で突いて来たら、退かずに前に出る。攻撃は一直線。怖いけど怖くない)」

僧侶「(避けた後は手許を狙って武器を壊す。武器を壊したら、勢いそのままに潜り込む)」


僧侶「(胴を狙って、打つ)」

バギンッ ドズンッ

僧侶「(動きを止めない。武器の長さを生かす)」

僧侶「(動揺してたり密集したりして相手の動きが止まったら、動き出す前に勝負を決める)」

ゴンッッ メギャッ ゴギャッ

僧侶「はぁっ、はぁっ…(ごめんなさい)」

僧侶「(終わった。きっと正気を失っているから動きが鈍かったんだ。平常時なら敵わなかった)」

従士「……これは凄いですね。貴方のことを軽く見ていたようです」

僧侶「はぁっ、はぁっ…」ボタボタッ

従士「腕の筋肉や腱が損傷していますね。貴方の体躯でそんなものを振り回せば当然そうなる」

僧侶「……貴方の目的は何です」

従士「貴方を殺すことです」ニコリ

僧侶「私を殺す為だけに他の騎士の方々を操ったのですか。何故そんなことをーーー」

従士「理由なら既に申し上げたでしょう。貴方は勇者様を堕落させた魔女だと……」ジャキッ

僧侶「………」ズシッ

従士「貴方は神を堕落させ、人の身に堕とした大罪人。決して赦すことの出来ない存在です」ザッ

僧侶「あの人は神ではない。人間です」

従士「私は、私の神を取り戻す。それだけです」ダッ


僧侶「(来る)んっ!!」ブンッ

従士「見た目と圧力は凄まじいですね」

僧侶「(っ、躱された)」

従士「しかし一撃が大きい」

従士「今のように空振りした場合、貴方の体では体勢を保てない。武器に振り回され、よろける」

僧侶「………っ」グラッ

従士「何より次が遅い。一度振ってしまえば無防備になる。覚えておくことですね」ダンッ

僧侶「……そんなことは分かっています」グルンッ

従士「!?」

僧侶「私には武器を振り回す力も技量もない。だから、振り回されることにしたんです」ミシッ

ドゴォッ

従士「がっ…」ガシャァン

僧侶「っ、はぁっ、はぁっ…あぅっ…」ブシュッ

僧侶「(腕が……でも、これで全員倒した。後は、あの人を助けるだけだ)」

僧侶「(でも、あの者……魔女が言ったことは結局何だったんだろう。全部嘘だったのかな)」

僧侶「……今考えるのはやめよう。とにかく、あの人を早く助けないとーーー」


騎士「残念ながら、それは無理です」

僧侶「!?」

ガツンッ!

僧侶「うぁっ…」ドサッ

騎士「いやはや、まさか一人で全員を倒してしまうとは思いませんでしたよ」

騎士「ですが、戦闘中に魔術を使えないのは事実だったようですね。確かめておいて良かった」

騎士「勇者様の行動によって予定通りとはいきませんでしたが、貴方を捕らえることは出来た」

僧侶「……うっ…うぅっ」

ズリ…ズリ…

僧侶「(目を閉じちゃダメ、まだ動ける。あの人は私が助ける。私は、助けるために来たんだ……)」

ズリ…ズリ…

騎士「…………」ギリッ

僧侶「はぁっ、はぁっ…」ギュッ

勇者「…………」

僧侶「……お願いです、目を覚まして下さい……早く、此処から逃げて……」

騎士「その手を、離せ!!」

ドゴッ!

僧侶「ゲホッ…ゲホッ…」

騎士「……何とも忌々しい女だ。おい、そこの、この女を例の場所に連れて行け」


僧侶「待っ…」

騎士「いい加減に黙れ!鬱陶しいぞ!!」

ドスッ

僧侶「うっ…」ガクンッ

騎士「ハァッ、ハァッ、ハァッ……」チラッ

勇者「…………」

騎士「申し訳ありません、勇者様。貴方の御前でこのような真似をしてしまって……」

騎士「ですが、咎はあの女にあるのです。あの女は、貴方から嘗ての輝きを奪い取ってしまった」

騎士「私を虜にした貴方を、私の中にある貴方を、私が思い続けてきた貴方を奪ったのです」

勇者「…………」

騎士「あの女には裁きを下さなければなりません。厳しい罰を、苦痛を受けるだけの罪がある」

騎士「生きることすら放棄したくなる程の、耐え難い苦痛を与えます。貴方の為に……」

勇者「………」

騎士「………っ」

ぎゅっ

騎士「(嗚呼、今すぐにでも交わりたい。私の中へと迎え入れたい。貴方の精を感じたい)」

騎士「(早く私を喘がせて、早く私を蕩かして、この体に貴方の全てをぶつけて欲しい)」

騎士「(けれど、それは今ではない。今の私では交われない。どうかお待ち下さい。月満ちる時を……)」

ちゅっ

騎士「私が貴方を取り戻してみせます。必ず取り戻してみせます。この命に代えても……」


【#24】決壊

僧侶「……んっ」ジャラッ

騎士「やっと起きましたか。目覚めるのを今か今かと待っていましたよ」

僧侶「…………」

騎士「その状態で私を睨み付けるとは大したものだ。魔女に聞いていたより肝が据わっている」

僧侶「………」

騎士「おや、お喋りは嫌いですか?」

騎士「なら、私が一方的に話すことにしましょう。まずは自己紹介も兼ねて昔話でもしましょうか」

騎士「私は夢魔と人間の間に生まれました」

騎士「父は夢魔、母は人間です。私は夢魔として生を受け、夢魔として生きる。はずだった」

僧侶「………」

騎士「私はどちらでもなかった」

騎士「どちらでもないと言うのは種族に限ったことではない。性別に関しても、どちらでもない」

僧侶「えっ…」

騎士「やっと興味を持って頂けましたか」

騎士「私は夢魔でも人間でもなく、女でも男でもなかった。勿論、すぐに捨てられましたよ」


騎士「母にとっては望まぬ妊娠」

騎士「それに加え、夢魔によって孕まされた望まぬ子ですからね。捨てられて当然です」

騎士「一時は人間として教会に引き取られましたが、こんな体ですから馴染めるわけもない」

騎士「私は教会から抜け出しました。いつ殺されるか分かったものではないですからね」

僧侶「………」

騎士「ずっと孤独でした」

騎士「友と呼べるような存在もいない。いや、私と同じものは誰一人として存在しないのだから」

騎士「先程も言いましたが、幼い頃の私は人間でも夢魔でもなく、男でも女でもなかった」

僧侶「(幼い頃?)」

騎士「次第に胸は膨らみ、女性としての体になっていきました。けれど、男性器が消えることはなかった」

騎士「どちらでもない不安定な時期、体調も優れない日々が続きました。何せ異常な体ですからね」

僧侶「………」

騎士「しかし、そんな私に転機が訪れた」

騎士「ある日、この体を面白がった男達に捕まり、乱暴に服を破かれ、あちこち弄られました」

騎士「その時、私は神に祈りました。どうか助けて下さいと、私は何も悪いことはしていないと」


騎士「当然ですが、神は現れませんでした」ニコリ

騎士「必死に抵抗しましたが相手は大人の男性。私は諦めて犯されるのを覚悟しました。その時です」

騎士「その時、彼は現れた」

僧侶「……彼とは、あの人ですね」

騎士「ええそうです。私と変わらぬ年頃の男の子が、大の大人を打ち負かしたのです」

騎士「彼は暫く動きませんでした。自分が打ち負かした男達を、ただじっと見つめていた……」

騎士「はだけた服、肩口に見えた偉大な印」

騎士「慈悲の一欠片もないような凍て付いた瞳に心を奪われた。私は、そこに神を見た」

騎士「彼の冒涜的とまで言える美しさ、背筋を駆け抜ける何かが、私の魂を強く震わせたのです」

僧侶「………」

騎士「彼は私に上着を羽織らせると、そのまま手を引いて歩き出しました。その時初めて、胸が高鳴るのを感じました」

騎士「私にとっては同性でも異性でもない存在。どちらでもない彼に、私は初めて恋をした……」

騎士「夢魔の恋です。笑いますか?」

僧侶「……いえ、笑いません」

騎士「………その日、彼には色々なことを話しました。これまで誰にも話せなかったことを全て」

騎士「彼は話し終えるまで傍にいてくれました」

騎士「でも、ふと気になって聞いてみたんです。私のことが気味悪くないの……とね」


僧侶「あの人は何と?」

騎士「逆にこう聞かれました」

騎士「もし自分で決められるなら、お前はどっちになりたいんだ?」

騎士「私は真剣に悩みました」

騎士「答えが出る前に彼は街を去ってしまいましたが、それでも悩み続けた。その結果、私は男になると決めたのです」

僧侶「えっ?」

騎士「きっとその頃の私は、彼に憧れていると思ったのでしょう。それが恋だとは気付かなかった」

騎士「だから、彼のような男になりたいと願ったのでしょう。そう強く願った結果、妙なことになりました」

僧侶「妙なこと?」

騎士「満月までは人間の男性として、満月の間だけは夢魔の女性として生きることになった」

僧侶「!!」

騎士「何とも妙な話でしょう?」

騎士「原因など私にも分からない。これは正に、神の悪戯と言えるものです。悪意に満ちた、ね」

僧侶「………」

騎士「彼が街を去った後は騎士団に入りました。勿論、夢魔の力を使ってね」


僧侶「何故騎士団に……」

騎士「彼への憧れもありますが、どうしても欲しかったものがあったからです」

騎士「当時、ある村を襲い、先の勇者様によって討伐された野盗から押収されたもの……」スルッ

僧侶「っ!!」

騎士「神の印です」

騎士「どうです?美しいでしょう? 私は彼と同じになりたかった。種族も性別も何もかも……」

僧侶「(狂っている。と言えるだろうか)」

僧侶「(人間である私に……女として生まれ、女として生きる私にそう言えるだろうか?)」

僧侶「(彼でも彼女でもない苦悩)」

僧侶「(そこから生まれた彼、または彼女の歪みを、単に狂っていると断じることが出来るのだろうか?)」

騎士「でも、それは叶わない……」

騎士「月が満ちれば、男の精を求める夢魔と成り果ててしまう。夢魔の性が顔を出す」

騎士「女である自分を消し去ることは出来ない!男である自分も消し去ることは出来ない!!」

騎士「こんな体になって更に痛烈に突き付けられた!! 私が独りだということを!!!」

僧侶「(そうか、だから縋ったんだ。あの人に……)」

騎士「誰も助けてはくれない。この苦しみを分かってくれる同類などいない」

騎士「私を救ってくれたのは後にも先にも唯一人、勇者様だけ。同じ印を持つ、たった一人……」


僧侶「…………」

騎士「せめて逆なら……人間の女として生きられる時があるのなら、まだ良かった」

騎士「もしそうなら、人として勇者様と愛し合えることが出来たかもしれない」

僧侶「………だから、あの人の傍にいる私が憎いのですか? 人間である私が、女である私が」

騎士「……ああ、その通りだ」

騎士「人として、女として、勇者様の傍にいるお前が赦せない」

騎士「あの瞳に温もりを与えたお前が、勇者様を変えたお前が憎い」

僧侶「もし変わったのだとしたら、私が変えたのではなく、あの人が変わっただけです」

騎士「…………まあ、いいでしょう」

騎士「お喋りはこの辺にして、実は貴方に見せたいものがあるんです。引き摺りますけど我慢して下さいね」ニコリ

グイッ ズルズル

僧侶「うっ…」

騎士「この分厚い扉の向こうに、貴方の知らない真実がある。それを今から見せてあげます」

ギギィ

僧侶「……捕囚所」

騎士「残念、違います。此処に収容されているのは騎士団が保護した難民の方々です」

僧侶「何で難民が地下に……保護した難民は王都に送られるはずじゃ」

騎士「ふふっ、そんなものは嘘ですよ。王都は安全であると喧伝する為のね」


僧侶「じゃあ何でーーー」

騎士「これを造る為ですよ。ちなみにこれは、貴方の所持品から拝借したものです」チャプン

僧侶「……聖水?」

騎士「ええそうです。この地下収容所にいる難民の方々は、これの材料になっています」

騎士「ああ、先に言っておきますけど教会の指示によるものですからね」

僧侶「そんなのデタラメです」

騎士「なら、向こうを見て下さいよ」グイッ

僧侶「あぅっ…」ドサッ

騎士「あの服には見覚えがあるんじゃないですか? あれは修道士ですよね?」

僧侶「嘘だ………」

僧侶「ほら、よく見て下さい」

僧侶「あの薄汚い水槽で人間が溶かされる。どうやら、ああやって魂を抽出するらしいです」

騎士「詳しい仕組みは知りませんし知りたくもないですが、魂の穢れを取り除いて精製する。らしいです」

僧侶「こんなの有り得ない。嘘だ……」

騎士「だから嘘じゃありませんよ」

騎士「ほら、どんどん出来上がってるじゃないですか。これと同じ瓶が沢山並んでいるでしょう?」


僧侶「こんなの教会が認めるわけーーー」

騎士「だから教会の指示なんですよ」

騎士「それより聞こえないのですか? それとも聞こえないふりをしているのですか?」

僧侶「(嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ)」

騎士「さあ、耳を澄まして下さい。ほら、聞こえるでしょう?」

>>教会の糞野郎共、くたばりやがれ!!
>>こんなことをして何とも思わないのか人でなし!!

>>嫌だ!離せ!やめてくれ!!
>>何が教会だ!貴様等は人間じゃない!悪魔だ!

僧侶「あ…あ……」

騎士「これが現実です。人は人の血肉を喰らって生きている。貴方も、その一人なのですよ?」チャプン

僧侶「うっ…あっ…あ…あああああっ!!」

騎士「さあ、そろそろ戻りましょうか」

騎士「貴方にはもう一つ、どうしても話しておかなければならないことがある」グイッ

僧侶「あうっ…うぅっ……」

ギギィ バタンッ

僧侶「…………」ドサッ

騎士「さて、続きを始めましょう」

騎士「貴方はこれまで勇者様の傷を何度治しましたか? 大怪我はしましたか?」


僧侶「…………」

騎士「では、龍との戦いで酷く負傷しましたか? 致命傷を負いましたか?」

僧侶「………」ビクッ

騎士「ふふっ、反応しましたね」

騎士「では次に、魔術によって何度も治療された人間がどうなるか知っていますか?」

僧侶「(聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない聞きたくない)」

騎士「魔術による度重なる治療は治癒力を著しく減退させ、遂には魔術でしか回復しなくなる」

僧侶「そ、そんなの知らーーー」

騎士「知らない? それは尚更質が悪い」

騎士「貴方が治療する度に、勇者様の体は貴方の魔力、法力によって蝕まれていた」

騎士「言うなれば無意識に首に手を掛け、勇者様を殺そうとしていたも同然なんですよ」

騎士「………………気を失ったか」

騎士「まあいい、目覚めたらまた見せてあげるよ。そして、時が経てば経つほど理解していくだろう」

騎士「真実は拒絶出来ない。拒絶しようがない。その脆弱な精神がいつまで保つか見物だね」


【#25】蝕みの声

僧侶「(私が、あの人を蝕んでいた……)」

騎士『度重なる魔術による治療は対象者の治癒力を著しく減退させる。遂には魔術でしか回復しなくなる』

僧侶「(そうか、だからあの人は……)」

勇者『術法には頼りたくねえんだよ』

僧侶「(あの人が頑なに術法による治療を拒んでいたのは、そういうことだったのかな)」

僧侶「(私はあの人に毒を盛っていたんだ。火傷を治した時なんて、通常の何倍もーーー)」

騎士「…………」

バシャッ

僧侶「ゲホッ…ゲホッ」

騎士「殻に閉じ籠もって後悔している暇など与えませんよ。まだ二日目だ。こんなものでは済まさない」

騎士「聖水の件については未だ疑っているようですから、教皇庁からの書状を持ってきてあげました」

騎士「要点だけ読み上げますから、しっかりと聞いて下さいね。貴方も教会に身を置く人間だ。知る義務がある」

僧侶「嫌っ、やめーーー」

騎士「難民の受け入れは限界を超えている」

騎士「しかし、受け入れ拒否は民や信者の不信を招くことになりかねない」

騎士「そこで、修道騎士団またはその地域を守護する騎士団は彼等を一度は保護すること」


騎士「その後は以下の通り」

騎士「住居提供するまでの間として収容所に入れたのち、修道士に明け渡す」

騎士「修道士は各地域にある錬金施設にて、収容した難民を速やかに還すこと」

騎士「まあ、簡単に言えば受け入れは困難であるから難民は殺せと言うことですね」

騎士「しかもただ殺すのではなく、難民を利用して聖水を造れとまで書いてある」

騎士「詳しい製造過程なども書いてありますが、これらも読み上げましょうか?」ニコリ

僧侶「……嘘だ。そんなこと、するわけない」

騎士「いい加減に、現実を見ろ」グイッ

僧侶「あぅっ…」

騎士「見ろ。その目で、この印を見るがいい」

騎士「これは紛れもなく教皇庁の印だ。君も見たことはあるだろう?」

僧侶「違う。こんなの偽物だ……」

騎士「なら、目を逸らさずにしっかり見たらどうだい? 本当に偽物かもしれないよ?」

僧侶「嫌、嫌だっ…」

騎士「仕方がないな。なら、別の話をしよう」

騎士「君は何故、勇者様と共に旅をすることになったと思う? 本当の理由を知っているかい?」


僧侶「………」

騎士「魔術に優れているからではない。それが方便だということは君も分かっていたはずだ」

騎士「ただ、君が考えているように、忌み子として厄介払いされたわけではないんだよ?」

僧侶「(えっ? じゃあ何で……)」

騎士「瞼が動いた。僅かに期待しているね? 良い答えを、自分が望む以上の使命を」

僧侶「……」ビクッ

騎士「ふふっ、警戒しなくても大丈夫だよ」

騎士「君の役目は、君が思っている以上に重要で崇高なものだ。これは嘘じゃない」

僧侶「(っ、甘い声色に騙されちゃダメだ。何を言われても意識をしっかりーーー)」

騎士「神聖娼婦」

僧侶「……………えっ?」

騎士「はははっ! 驚いたかい? 君は神聖娼婦として勇者様に同行させられたんだよ」

騎士「度重なる戦いによって獣性を抑えられなくなった時、その昂ぶりを鎮めるのが君の役目だ」

騎士「戦いの経験もない、魔術の素養はあっても実戦で魔術を使えない足手まとい」

騎士「そんな君に出来るのは、神聖娼婦として勇者様の性欲を満たすことくらいだ」

騎士「まあ、体よく教会から追い出されたわけだ。女として使えなければ捨てればーーー」


僧侶「そんなの嘘だ!!」

騎士「否定するのは自分を保つためだ」

騎士「その怒りは偽りだ。恐怖を隠すためだ。それより、君は気付いていたんじゃないのかい?」

僧侶「………」ギュッ

騎士「女である私が何故? 戦いの経験もない私が何故? 何で私が勇者様と?」

騎士「君は疑問に思ったはずだ。そして、そこから行き着く答えなんて一つしかない。女だからだ」

僧侶「そんなことない!!」

騎士「なら言ってごらん。他に何がある?」

僧侶「それは司教様が私を……」

騎士「守るため、かい? はははっ、笑わせてくれるね。希望的観測、現実逃避だ」

僧侶「っ、貴方の言葉だって何の根拠もない!!」

騎士「なら、これを見てごらん?」

騎士「これには勇者様に対する協力要請。それから、細かな情報が記載されている」

騎士「勿論、君のことだって詳しく記載されているんだよ。ほら、此処には何と書いてある?」

僧侶「うそだ……だってこれは……」

騎士「君は何度も見たことがあるだろう? 見間違えようがない。何せ、司教様の印だからね」

僧侶「なんで、こんなの何かの間違いだ。きっと、こうでもしないと私をーーー」

騎士「確かにそうかもしれない。こうでもしないと君を守れなかったのかもしれない」


騎士「だけどね。かもしれない、だ」

騎士「どんな圧力、どんな事情があったにせよ、印を押したのは事実なんだよ?」

僧侶「…ハァッ…ハァッ…っ」ギュッ

騎士「ハハハッ!どうだ!?」 

騎士「お前は世界に疎まれ、神にさえ見捨てられたんだ!居場所など何処にもない!!」

僧侶「…………」

騎士「……何だ、その目。まだ何かがあるな。君を支える何かが、耐えることの出来る何かが」

僧侶「(大丈夫。大丈夫。気を強く持つんだ。私は負けない、悪魔の言葉に負けたりしない)」

騎士「それが何なのか当ててみせようか?」

僧侶「私は信じてる。神を信じてる。悪魔に屈したりしない。私は、信じる」

騎士「……健気だね。けれど、君が信じているのは神なんかじゃない」

僧侶「何を……」

騎士「君は先程から手首にある何かをしきりに触っている。それは十字架か? 違う。彼に貰った腕輪だ」

騎士「君が待ち望んでいるのは神の救いじゃない。君が心から待ち望んでいるのは彼だ」

騎士「信仰を覆され、信頼する人物の裏切りを目の当たりにしても、君は未だに保っている」

騎士「何故か。それは君の心を支える存在がいるからだ。それを何というか教えてあげようか?」

僧侶「私は神を信じてーーー」

騎士「違う。それは偽りだ。偽りの答えだ。神に背く行為だからと、己を騙しているに過ぎない」


僧侶「違うっ!!」

騎士「君は、彼を愛しているんだよ」

僧侶「そんなんじゃない!愛してなんかいない!!」

騎士「そうか。では、君の心には誰がいる?」

僧侶「!!」

勇者『神なんぞどうでもいい。お前はどうだって聞いてんだよ。お前の芯のところは?』

勇者『何処の誰に誓おうが構わねえが、お前の意志はどうなんだ。それでいいって言ってんのか?』

勇者『いいか、戦いの中に縋るものなんてありはしない。自分で何とかするしかないんだ』

勇者『縋るなって言ったのはそういうことだ。自分を何かに預けるな。それはお前の命だろ?』

勇者『お前を一人にしておくと碌なことが起きないんだよ!目を離すとすぐに泣くだろうが!!』

勇者『少しは外を見ろ。そうすりゃあ違ったもんが見えるかもしれねえだろ?』

勇者『……ありがとう。さあ、そろそろ入ろう。外も冷えてきたしな』

僧侶「………っ」ギュッ

騎士「ほらね。私が壊すまでもなく、君の信仰など既に消え去っている。胸の内は彼で溢れている」

僧侶「やめて……」

騎士「自覚しているかどうかの問題だ。今はそうでなくとも、君はいずれ必ず彼を愛するだろう」

僧侶「やめてっ!!」

騎士「結論、君は神を、信仰を捨てた」


【#26】月、満ちる

勇者「(夜? 此処は……)」ムクリ

勇者「(っ、視界が揺らぐ。それに何だ、この妙な浮遊感は……そうか、薬を打たれて……!!)」

僧侶『はぁっ、はぁっ…』

ギュッ

僧侶『……お願いです、目を覚まして下さい……早く、此処から逃げて……』

騎士『その手を、離せ!!』

ドゴッ!

僧侶『゙ホッ…ゲホッ…』

騎士『……何とも忌々しい女だ。おい、そこの、この女を例の場所に連れて行け』

勇者「僧侶……ッ」ドタッ

勇者「(くそっ、体に力が入らねえ。あれから何が起きた。ずっと眠ってたのか? 何で宿にーーー)」

ガチャッ パタンッ

魔女「あら、ようやく目が覚めたみたいね」

勇者「……何でお前が此処にいる」

魔女「さあ、何ででしょうね。それより窓を見たら? 今日は待ちに待った満月よ」

勇者「………大凡の見当は付いた。夢魔の目的は何だ。僧侶は何処に連れて行かれた」

魔女「それは会ってからのお楽しみ。あの子なら騎士団本部の地下にいるわ。夢魔と一緒にね」

魔女「念のために言っておくけれど、今夜中に行かなければあの子は殺される」

勇者「化け物が待ってんだ。そんなことを言われなくても俺は行く。逃げるわけねえだろうが」


魔女「ふふっ、そうよね」

魔女「何があろうと、貴方が逃げ出すわけがない。貴方はそうでなくちゃならないわ」

勇者「そうかよ」ダンッ

ドズンッッ サァァァァ

勇者「(……投影。器、抜け殻か)」

魔女『折角教えてあげたのに殴り掛かるなんて失礼ね。お腹に穴が空いちゃったじゃない』

勇者「黙れ。何処から見てるのか知らねえが、お前にもう用はない。さっさと失せろ」

魔女『化け物を殺す。理由は本当にそれだけ?』

勇者「……何が言いたい」

魔女『囚われのあの子を助けたいんでしょう? まあ、そうさせる為に利用したのだけど』

勇者「僧侶に、何をした」

魔女『そんなに怖い顔しなくてもいいじゃない」

勇者「答えろ」

魔女『ちょっと背中を押しただけよ』

魔女『街に到着した夜。あれは確か、貴方が丁度お風呂に行った時だったかしら』

魔女『戦わなければ貴方が死ぬって脅かしたのよ。そしたらあの子、すぐその気になっちゃってね』


勇者「…………」

魔女『貴方に黙って戦う準備をして、貴方の為に必死に頑張ったのよ?』

魔女『使い慣れない武器なんか振り回して、私があの人を助けるんだ……ってね』

魔女『それが罠だと分かっていながら、あの子は単身で教会に向かった。そして捕らえられた』

勇者「……………」

魔女『捕らえられて四日目』

魔女『夢魔はあの子に随分と嫉妬しているようだったから、今も手酷くやられているんじゃないかしら』

勇者「もういい、黙れ」

魔女『一応言っておくけれど、私はちゃんと警告したのよ? 戦えばそうなるってね』

勇者「聞こえなかったのか。黙れ」

魔女『この話題はお気に召さないようだから、違う話題にしましょうか』

勇者「…………」

魔女『貴方は化け物を殺すために戦うの? それとも、あの子を救うために戦うのかしら?』

勇者「…………」ガチッ

魔女『ま、いいわ』

魔女『あぁ、防具はそのままみたいだけど貴方の武器なら全て没収されたわ。残っているのは、あの子に買ってあげた短剣だけ』


勇者「…………」ギュッ

魔女『散々に嗾けておいて何だけど本当に行くつもりなのね。薬も抜けていない状態で勝てると思うの?』

勇者「俺が負けると思うのか」

勇者「悪魔、魔物の王。偉大なる龍から次期魔王に指名されたんだ。お前も期待してんだろ」

魔女『ふふっ。ええ、とっても期待しているわ』

勇者「期待には応えるさ。龍をぶち殺したら、お前も殺してやる。必ずな」

魔女『あら怖い。王様にはならないの?』

勇者「生憎、人間を辞めるつもりはねえ」

魔女『そのうち気が変わるわ。必ずね』

勇者「…………」チャキ

魔女『それより、今宵は満月』

魔女『満月は魔力が高まる時。修道騎士団と北の騎士団は夢魔の支配下にある。夢魔を殺せばーーー』

勇者「暗示は解ける」

魔女『その通り。そして騎士団とやり合えば、今まで積み上げた何もかもを失うことになる』

勇者「………」ガチリ

魔女『民の認識も一変する』

魔女『あんな思いをしてまで手に入れた安全や後ろ盾、勇者としての認定さえも取り消されてしまうでしょう』


勇者「…………」

魔女『貴方は人間の敵になるのよ』

魔女『魔物には勇者として、教皇庁には神の敵として、何より国賊として他の修道騎士団や騎士団に追われる』

勇者「だとしても、化け物は殺す」

魔女『それだけじゃないでしょう。貴方はあの子を助けようとしているのだから』

勇者「…………」バサッ

魔女『たった一人の女の為に、たった一人を救う為だけに、貴方はそれら全てを捨てるの?』

勇者「そうさせるのがお前の目的なんだろう。それが目的で夢魔と手を組んだ。違うか」

魔女『ええ、そうよ』

勇者「なら、願ったり叶ったりだな」ザッ

魔女『待って。一つ聞かせて欲しいの』

魔女『貴方にとってあの子は何なの? そこまでして助けようとする理由は何かしら?』

勇者「…………」

魔女『哀れみ? 憐憫? 同情? それとも、あの子に自分を重ねているから放っておけないのかしら?』

勇者「…………」

ガチャッ バタンッ

勇者「………………………」ザッ


【#27】殉教の時

僧侶「…………」

騎士「聞こえているかどうか分からないけれど、君とのお喋りはとても楽しかったよ」

騎士「今の君の姿を見ていると、傷を与えるのもあながち悪くないと思えてくる」

騎士「管区長が拷問に喜びを感じていたのも、何となくだが理解出来たような気がする」

騎士「私の場合は肉体的にではなく、精神的に追い詰め、痛め付けたに過ぎないがね」グイッ

僧侶「…………」

騎士「それでも楽しかった」

騎士「その虚ろな瞳を見ていると、自分のやったことが誇らしくさえ思えてくる」

騎士「それに、他人の信仰を穢し、その者の根底を否定するというのは実に気分が良いものだよ」

騎士「自分の信じる神こそが絶対なのだと確信出来る。彼こそが唯一無二であるとね」

僧侶「…………」

騎士「出来ることなら、もう少しだけ眺めていたいところだけど……そろそろ時間だ」

騎士「本来なら此処で待っているつもりだったけれど、満月時になると抑えが効かなくてね」

僧侶「…………」

騎士「今の君には分からないだろうね。この昂ぶり、内側から燃え上がるような感覚……」

騎士「何を言っているか分からないかな? なら、特別に教えてあげようか」グイッ

騎士「彼が目覚めた。勇者様が、私の神が、ようやく目覚めたんだよ。君は何を感じる?」


僧侶「…………」ピクッ

騎士「……これは凄い。まだ残っているのか」

騎士「けれど、彼が助けに来たとしてどんな顔をして会うつもりだい? 神を捨てた君が、彼を思う君が」

僧侶「…………」

騎士「おや、また閉ざしてしまったか」

騎士「まあ、それが答えならそれでもいい。それが一番楽だ。目を閉じ、耳を塞ぎ、心を閉ざす」

騎士「何も考えず、何も感じず、ただただ殻に籠もる。自分から目を逸らし、醜く生き続けるがいいさ」パッ

僧侶「…………」ドサッ

騎士「では失礼するよ」

騎士「ああ、言い忘れていた。君に神のご加護があることを心から祈ってる。それじゃあ」

ギギィ バタンッ

騎士「(さて行こうかな)」ザッ

騎士「(大体、こんな薄暗い地下施設で再会を果たすなんて耐えられない。何せ十年振りの再会だ)」

騎士「(そう、十年だ。再会するなら、もっと相応しい場所でないといけない。此処では駄目だ)」

騎士「(……月明かりの下が良い)」

騎士「(満月の下で、彼の目の前で変わる。今の私を見せる。彼がくれた私を、彼に見せる)」


騎士「…………」ドクンッ

騎士「(っ、早く会いたい、早く変わりたい。彼に飛び付いて、彼の腕の中で思いを伝えたい)」

騎士「(しかし、今は我慢だ。一時の情動に駆られて再会を台無しにするなんて以ての外だ)」

騎士「(もうすぐだ。もうすぐ会える。この階段を上って地上へ出れば………?)」

>>何処に行かれるのですか。

騎士「……騎士団長か」

騎士団長「何処に行かれるのですか」

騎士「(やれやれ、従順だが面倒な人形だな)予定変更だ。私はこれから神の許へ向かう」

騎士「君は命令通り、地下錬金施設の修道士及び難民を監視を……いや、待て」

騎士団長「はい」

騎士「君達騎士団には罰が必要だ」

騎士「教皇庁に従い、悪行に荷担、救いを求める難民の声を無視した罪は重い。あの修道士共と同罪だ」

騎士「本来なら首を斬れと言っているところだけど、君達には特別に意味ある最期を与えてあげよう」

騎士団長「ありがとうございます」

騎士「君は動ける部下を率いて地下錬金施設の修道士を皆殺しにしろ。一人として生かすな」

騎士「その後は地下で待機。君達のことは、私の神が直々に裁いてくれるだろう」


騎士団長「ありがとうございます」

騎士「(しかし、これだけでは難民が混乱してしまう可能性が非常に高い)」

騎士「(今まで自分達を助けようともしなかった騎士団が、急に修道士を殺したら混乱は避けられないだろう)」

騎士「(勇者様には騎士団を悪として討って貰わなければならない。そうしなければ真の目的は達成出来ない)」

騎士「(教会及び修道士、修道騎士団及び北の騎士団。それらは総じて悪であるということを、難民に改めて認識させなくては……)」

騎士「もう一つ、命令を与える」

騎士団長「はい」

騎士「修道士を殺害する時は、今から言う言葉を繰り返し口にしながら殺せ」

騎士「全ては私のため、これは夢魔の生贄だと。難民には、そうだな……お前達も後で生贄に捧げるとでも言っておけ」

騎士団長「了解しました」

騎士「後は任せたよ。さあ、行け」

騎士団長「了解しました」ザッ

騎士「……本当の生贄は君達だけどね」

コツコツ

騎士「(暗示が解けて正気に戻ったところで、修道士を皆殺しにした事実は変わらない)」

騎士「(例え全てが私の仕業だと言い張ったとしても、これまでやってきたことは変わらない)」

騎士「(あの薄汚い水槽の中で溶けていく人間と、それをただ眺めているだけの人でなし……)」

騎士「(弱者を守るなどという者は誰一人いない。何もしなかったこと、それが罪だ)」


騎士「(難民には我々が悪魔に見えたことだろう)」

騎士「(しかし今夜、彼等は光輝なる者を目の当たりにする。あの薄暗がりの中で……)」

コツコツ

騎士「(それこそが私の神、勇者様だ)」

騎士「(彼は決して悪を見逃さない、決して悪魔を見逃さない。決して逃げ出さない)」

騎士「(地下の光景を目の当たりにすれば、何があろうと必ず殺すだろう。無論、私を含めて……)」

>>何処に行かれるのですか。

騎士「私は先に神の許へ行く。君達はいつも通り騎士団本部を防衛しろ」

>>了解しました

騎士「(……罪の後には罰がある)」

騎士「(遅かれ速かれ、彼等も私も神に裁かれる。そして、その罰は神が直接下す)」

騎士「(人間も悪魔も関係なく、法や道徳さえも超越した絶対の存在が、容赦なく罰を下す)」

ガチャ バタンッ

騎士「……行こう」ザッ

騎士「(懐かしむ時間なんてないかもしれないな。何せ、殺されに行くようなものだ)」

騎士「(地下で待っていた方が安全だ。そんなことは分かっている。だが、今や安全かどうかなどどうでもいい)」

騎士「(私はどうしても会いたいんだ。あの月の下で、あの瞳の前で、この思いを伝えたい)」

コツコツ

騎士「……今夜、私は神を見る」

騎士「そして、あの時の私と同じように、彼等もまた神を見る。この濁りきった世界、唯一の光を……」


【#28】月夜の懺悔

騎士「…………」

コツコツ

騎士「(彼の気配を感じる。距離も近い。魔力で勘付かれてしまったか、これだから私はーーー)」

勇者「…………」タンッ

騎士「(音、何処から……っ、屋根のーーー)」

ガシッ ドサッ

騎士「うっ……!?」

勇者「まさか来てくれるとは思わなかった。まあ、殺しに行く手間が省けて良かった」ジャキッ

騎士「勇者様、待って下さい」

勇者「この月明かりだ。俺の顔はよく見えるだろう。どうだ、こんなツラをした奴が待つと思うか」

騎士「いえ」

勇者「なら言うな」

グサッ ブシュッ

騎士「あっ…」

勇者「何だ、姿が変わらねえな。確かな魔力を感じたが化け物じゃなかったのか」

勇者「(ってことは、体だけは人間か。なら、こいつを殺したら暗示が解けるってのは嘘か?)」

勇者「(まあいい、さっさと行こう。騎士団本部の地下だったな。面倒なことになりそうだ)」


騎士「ゴフッ…ゲホッゲホッ」

ガシッ

騎士「待って下さい。まだ行かないで」

勇者「男に跨がる趣味はない。さっさとくたばれ」

騎士「ふふっ。なら、女であるなら問題ないということですね?」ニコリ

ぎゅうっ

勇者「(ッ、この力は何だ。人間の出せる力じゃねえ。コイツ、やっぱり化け物か)」

騎士「ねえ、感じる?」

勇者「妙な声を出すな、気色が悪いんだよ」

騎士「まだ感じない?」

勇者「(……何だ、妙な音がする。それよりコイツ、さっきより体が小さくなってーーー)」

騎士「さあ見て、今の私を……」パッ

勇者「ッ!!」

夢魔「あっ、そんなに飛び退くことはないじゃないですか、今のままで良かったのに……」ムクリ

勇者「………お前、どっちだ」

夢魔「それは性別についてですか? それとも、悪魔か人間かということですか?」

勇者「全部だ」

夢魔「どちらでもありませんが、満月の夜だけは夢魔の女です。もう一度跨がってみますか?」ニコリ


勇者「化け物に乗る趣味はねえな」

夢魔「……そうですか。なら、私が上になります。勇者様は楽にしていて下さい」トッ

勇者「(ッ、コイツ、速ーーー)」

ガシッ ドサッ

勇者「ぐっ…」

夢魔「あはっ、さっきとは逆だね? 嗚呼、こんな風に出来るなんて夢みたいだ」

勇者「さっさと離ーーー」

ぎゅっ

夢魔「ダメ、まだ薬が抜けてないんだから無茶しないで? 何もしないから落ち着いて。ね?」

勇者「何もしない? 笑わせんな。そう言って何もしなかった奴を見たことがない」

夢魔「大丈夫。貴方に嘘なんて吐かない」

勇者「…………」

夢魔「ねえ、私を見て……」スルッ

勇者「(っ、何だ……目が離せねえ。この甘ったるい声を聞いてると頭がぐらぐらしやがる)」

夢魔「そう、しっかり見て。貴方が与えてくれた私を、貴方が変えてくれた私を見て……」

勇者「……何を言ってる」

夢魔「私を……ううん、僕を忘れたの?」

勇者「知らねえな。もし人間として会ってたら、お前みたいな女を忘れるわけがない」

勇者「もし化け物として会ってたら間違いなく殺してる。だから、化け物と再会するわけがない」


夢魔「違う、違うよ」

夢魔「あの頃の僕はどっちでもなかった。何者でもなかったんだ。十年前、君と出会った頃は……」

勇者「………十年前…」

『ねえ、君は僕が気味悪くないの? 僕の体を見た人は皆そう言うよ?』

『お前なんか全然だ。さっきのオヤジ共の方がよっぽど気味が悪い。それより』

『なに?』

『もし自分で決められるなら、お前はどっちになりたい?』

勇者「…………」

夢魔「思い出してくれた?」

勇者「……ああ、思い出したよ」

夢魔「はぁ~、良かったぁ。君に忘れられてたらどうしようかと思ったよ」

勇者「どうするつもりだったんだ」

夢魔「……多分、悲しくて泣いてたと思う」

勇者「化け物が泣く? ふざけんな」

夢魔「ふざけてなんかないよ!!」

夢魔「人間も悪魔も関係ない!大好きな人に忘れられたら誰だって悲しいよ!! そうでしょう!?」


勇者「…………」

夢魔「確かに僕は化け物だ。だけど、君に忘れられたら、僕はとっても悲しいよ……」

勇者「………そうか」

夢魔「どうしたの? 何を考えているの?」

勇者「……ようやく分かったよ。お前は、俺が生んだ化け物だったんだな」

夢魔「そんな顔しないで、君は何も悪くないよ。全部、僕がしたことなんだから」

勇者「お前を変えたのは俺だ」

夢魔「違う、それはきっかけ。変わったのは僕だ。僕は、僕の意思で変わったんだよ」

夢魔「だから、君に一切の罪はない。それでも罪悪感を覚えるなら、それも僕の罪だ」

勇者「人間みたいな口を利くんだな」

夢魔「それはそうだよ。だって、僕はどっちでもあるし、どっちでもないからね」ニコッ

勇者「…………」

夢魔「……ねえ」

勇者「?」

夢魔「くっついていいかな?」

勇者「断る」

夢魔「この月明かりだ。僕の顔はよく見えるでしょ。そう言われて諦めるようなツラに見える?」


勇者「なら聞くな」

夢魔「フフッ、やった!」

ぎゅ~ すりすり

勇者「(………あった)」

夢魔「森で見た時から思ってたけど本当に大きくなったね。もう、男の子じゃないんだね……」

勇者「(もう少しだ、もう少しで届く)」

夢魔「僕、ずっとこうしたかったんだ。満月の下で君を抱き締めて、こうやって顔を埋めてさ」

勇者「……………」ジャキッ

夢魔「僕を殺すの?」

勇者「ああ」

夢魔「……そっか。でも、その瞳を見られて良かった。君はあの頃とちっとも変わってない」ニコリ

勇者「お前は変わった」

夢魔「僕にも色々あったんだ。十年経ったんだよ? 人も悪魔も、十年あれば変わるよ」

勇者「………そうだな。そうかもしれねえな」

夢魔「…………」

勇者「…………」

夢魔「……ねえ、一つだけ聞いて欲しいことがあるんだ。命乞いじゃないから、聞いて欲しい」


勇者「………何だ」

夢魔「お散歩しながら、お話ししたい。満月の下で、二人っきりで」ニコッ

勇者「何言ってんだお前」

夢魔「逃げたりしないよ?」

勇者「そういうことじゃーーー」

夢魔「ほら、行こう?」スッ

勇者「……いい、一人で立てる」

夢魔「そっか。じゃあ、騎士団本部まで歩こうよ。そこまででいいからさ」

勇者「(何で殺さない? 俺はどうかしちまったのか? 人間だとでも思ってるのか?)」

夢魔「どうしたの?」

勇者「………何でもねえ」

夢魔「……そっか。じゃあ、お散歩しよう?」

トコトコ

夢魔「夜風が気持ち良いね?」

勇者「………よく裸で歩けるな」

夢魔「君を見てると体が熱っぽくなるんだ。だから、これくらいで丁度良い」


勇者「答えになってねえよ」

夢魔「あ、そうだね。ごめん」

夢魔「街の皆には寝てもらってる。だから裸でも平気なんだ。満月の夜はいつもこうしてる」

勇者「一人で?」

夢魔「うん、いつも一人だよ? 変わった姿を見られるわけにもいかないしね」

夢魔「でも、この時だけは自由になれる。何でも出来る。何者にも縛られず、自由でいられるんだ」

勇者「何でも。殺しもか」

夢魔「……そうだね。対象が眠ってる間なら何でも出来るよ。殺した時も街全体を眠らせた」

夢魔「精液もそうやって奪ってる」

夢魔「眠ってる間に自分がどうなってるか、何が起きたのかなんて、誰にも分からない……」

勇者「(街全体。誰一人気付かなかったわけだ)」

夢魔「これを見ても何も言わないんだね」

勇者「良い思い出じゃねえからな。剥ぎ取られて清々してる」

夢魔「……痛かったよね。ごめんね、もっと早く助けてあげられなくて……」


勇者「助けなんか求めちゃいない」

夢魔「分かってる。でも、僕が嫌なんだ」

勇者「……騎士連中がおかしくなったのは暗示か」

夢魔「うん。満月時に烙印を見せておいんだ」

夢魔「本当は自分に何かあった時の為だったけど、君を助けることが出来て良かったよ」

トコトコ

勇者「…………」

夢魔「……月、綺麗だね」

勇者「………ああ、そうだな」

夢魔「本当はね?」

勇者「?」

夢魔「本当は君と交わりたかった。でも、その目を見てたら恥ずかしくなってきちゃった」

勇者「何故だ、慣れたもんだろ」

夢魔「うん、そうだね……」

夢魔「変な話だけど、何でもない人なら恥ずかしくないんだ。精液を奪う時だって何ともない」

夢魔「君以外の男なんて嫌だけど、君以外の男だからこそ平気でいられるんだよ」


勇者「…………」

夢魔「本音を言うなら今すぐにでも交わりたい」

夢魔「君の精液が欲しくて堪らない。僕の虜にしたい。求められたら何だってしてあげる」

夢魔「でもね? 君にそんな姿は見せたくない。君の前では、君に対しては、綺麗でいたいんだ」

勇者「…………」

夢魔「……君は特別で、君だけは違う」

勇者「俺は神じゃない」

夢魔「違うって言ったのはそういうことじゃない。今のは、そういうの意味じゃないよ……」

勇者「なら何だ」

夢魔「君を愛してる」

夢魔「あの時から君を思って、君だけを愛し続けてきた。心の中で、夢の中で、ずっとずっと、君だけを……」

勇者「そうか、ありがたくも何ともないな。気持ちの一欠片も受け取る気はない」

夢魔「化け物だから?」

勇者「ああ、そうだ」

夢魔「人間なら? もし、僕が人間の女だったら愛してくれた?」

勇者「もし人間だとしても、お前はもう化け物だ。お前は自分で化け物になったんだ」


夢魔「あの子が好きなの?」

勇者「僧侶は関係ない」

夢魔「……そっか。なら、行かない方がいいよ」

勇者「……どういう意味だ」

夢魔「あの子は壊れてる。どうでもいい存在なら助ける必要はないでしょ?」

勇者「あいつに何をした」

夢魔「少し意地悪しただけだよ。君の傍にいるのが羨ましくてね。正直言うと嫉妬したんだ」

勇者「………そろそろ着く、言いたいことはそれだけか」

夢魔「待って、もう一つだけあるんだ」

夢魔「騎士団本部の地下には沢山の難民がいる。あの人達を、君の手で助けてあげて欲しい」

勇者「何で難民がいる」

夢魔「地下は錬金施設になってる。そこで難民を聖水にしてるんだ。教皇庁からの命令だよ」

勇者「……それで終わりか?」

夢魔「うん、終わり」

勇者「そうか」ジャキッ

夢魔「……ねえ」

勇者「何だ」

夢魔「……我が儘を聞いてくれてありがとう。こんなに楽しい夜を過ごせたのは初めてだよ」ニコリ


勇者「そうか、じゃあな」グイッ

ザクッ ボタボタッ

勇者「……死ねるか?」

夢魔「………っ、うん。それより早く行って、僕が死ねば暗示は解ける。地下には騎士がいるんだ」

夢魔「彼等には修道士の殺害を命じてある。正気を取り戻したら、何をするか分からない……」

勇者「何でーーー」

夢魔「ゲホッゲホッ…だって、君は魔術に弱いから……あんな奴等、君が殺すまでもない……」

勇者「……っ、意味が分かんねえ。お前は何をしたかったんだ」

夢魔「女は複雑な生き物なんだ。それに、何がしたかったのかなんて今はどうでもいい……」

ぎゅっ

夢魔「……こうやって君の手で死ねる。これだけで満足だ。ぼくは、ひとりぼっちじゃない、しあわせ、だ」

勇者「…………」

夢魔「……嗚呼、ああ、やっぱりそうだ。きみも、ちょっとだけ、かわったよ」

勇者「十年あれば、人間も悪魔も変わる」

夢魔「……ふふっ…うん、そうだね……ねえ、ぼくは、どっちかなぁ?」

勇者「さあな、お前はどっちになりたい」

夢魔「どっちでも、いい。きみの、そばに、いられれば、それでよかった……」

勇者「……目を閉じろ。夢を見るんだ。お前の夢は、誰も邪魔しないから」

夢魔「ありがとう……さあ、もう行って……あの子が、まってる。きみを、まってるから」

勇者「……ああ、そうするよ」

夢魔「ぼくは…夢を………見るよ……」

勇者「……………」

ザッ

勇者「………………………」ギュッ


【#29】善行か悪行か

騎士団長「(何だ、これはどうしたことだ)」

騎士団長(何故、修道士が殺されている?我々がやったのか?だとしたら何故?我々は一体何を…………!!」

騎士『君達騎士団には罰が必要だ』

騎士『教皇庁に従い悪行に荷担、救いを求める難民の声を無視した罪は重い。あの修道士共と同罪だ』

騎士『本来なら首を斬れと言っているところだけど、君達には特別に意味ある最期を与えてあげよう』

騎士『君は動ける部下を率いて地下錬金施設の修道士を皆殺しにしろ。一人として生かすな』

騎士団長「(ッ、そうだ)」

騎士団長「(我々はあの夢魔に、あの騎士に何かをされたのだ。これは我々の意思ではない。断じて違う)」

騎士団長「(これら全ては夢魔の仕業だ。我々はあの女に魔術で操られていたに違いない)」

>>おい、何だよこれ……

>>ち、違う。俺はやってない

>>うおえぇぇぇ

騎士団長「(……いや、奴のことはどうでもいい。今最も重要なのは、この場をどうやって収めるかだ)」

騎士団長「(他の連中はまだ呆然としているが、誰かが口を開けば何が起きるか分からん。錯乱した連中同士で殺し合いが始まるかもしれん)」

騎士団長「(しかしどうする?)」

騎士団長「(何より、この事態が発覚したら我々は間違いなく処刑される。何と弁明しようが、魔に惑わされた我々が悪だとして断じられるだろう)」

騎士団長「(だが、幸いにも修道士の連中は全員死んでいる。この場さえ乗り切れば、まだやりようはある)」


騎士団長「………皆、落ち着いて聞け」

ザワザワ

騎士団長「いいか、これは我々の意思ではない。我々は操られていたに過ぎない」

騎士団長「これまでの一連の出来事は全て騎士の、夢魔の仕業だ。我々は一切関与していない」

騎士団長「だが、これが発覚したら我々全員の処刑は免れない。おそらく、教皇庁直属である聖騎士団がやってくるだろう」

騎士団長「いいか? これは個人の問題ではない。これは我々の、騎士団全員の命に関わる問題だ。分かるな?」

>>し、処刑なんて冗談じゃない

>>俺達は操られていただけだ!これは俺達がやったんたじゃない!

>>あの騎士を掴まえて差し出せば……

>>駄目だ!どの道異端審問に掛けられて殺される!

>>じゃあ、どうすればいいんだよ!

>>知るかよ!少しは自分で考えろ!

騎士団長「(……よし、掴んだ)」

騎士団長「皆、一つ提案がある」

騎士団長「これらは全て、牢を抜け出した罪人による暴動。我々はそれを鎮圧した」


>>罪人?

>>罪人なんて何処にも……此処には難民しか……

騎士団長「彼等は罪人だ」

騎士団長「牢に入れられているのが難民か罪人かなど誰にも分かりはしない」

騎士団長「第一、この場所は知られていない場所。いや、誰にも知られてはならない場所だ」

騎士団長「修道士を殺したのは脱走して暴徒化した罪人達、我々がそれを鎮圧、罪人は全員死亡した」

騎士団長「性急且つ強引なやり方だが、教皇庁にはこれで手を打たせるしか方法はない」

>>そ、そう上手く行くでしょうか?

騎士団長「事を公にしたくないのは教皇庁も同じことだ」

騎士団長「地下錬金施設の存在が民に発覚すれば奴等も終わる。処理の仕方でどうとでも出来る」

>>で、ですが夢魔は?夢魔はどうするんです?

騎士団長「夢魔のことなど今はどうでも良い」

騎士団長「悪魔が自ら教皇庁へと赴き、この事態を報告するとでも思うのか?」


騎士団長「どうだ?」

シーン

騎士団長「よし、質問は以上だな。では始めるぞ」

ザワザワ

騎士団長「(この期に及んでまだ決めかねているのか、難民に情などないだろうに。面倒な連中だ)」

騎士団長「何を迷う、やらなければどうなる?」

騎士団長「あらぬ疑いによって愛する家族と引き離された挙げ句、終わりのない拷問を受けるんだぞ?」

騎士団長「皆、家に帰りたいだろう? 妻に、子に、両親に、兄弟に会いたいだろう?」

ザワッ

騎士団長「我々は一蓮托生だ」

騎士団長「我々が生きる為にはそれしか方法はない。皆が辛いのは良く分かる。俺も同じだ。たが、これしか方法はない。分かるな?」

>>……やろう

>>っ、そうだな、やろう。これは、生きる為だ

>>女子供でも容赦するなよ。此処にいる全員の命が掛かってるんだ

>>分かってる。誰か一人にでも口を割られたら終わりだからな

騎士団長「(……よし。これで何とかーーー)」

ザッ

騎士団長「誰だ!!」

勇者「…………」

騎士団長「(何だ、あの男は………っ、あれは勇者!?何故奴が此処にいる!?何故此処に来た!?)」

勇者「……地下に難民がいるってのは、どうやら本当だったみたいだな」


騎士団長「(どうする?どうすればいい?)」

勇者「…………」ザッ

騎士団長「待て、それ以上近づくな!何をするつもりだ!!」

勇者「遺言でな」

騎士団長「何?」

勇者「ある女から、地下に捕まっている難民を救って欲しいと頼まれた。今から、そうする」

騎士団長「駄目だッ!!」

勇者「ただの保身だろうが」

騎士団長「ッ、ああそうだ!そうだとも!!」

騎士団長「それの何が悪いと言うんだ!! 助かろうとすることの、生きようとすることの何が悪い!!」

勇者「別に悪いなんて言わねえよ」

勇者「生きようとするのは当然だ。好き好んで死にたい奴なんていねえからな」

勇者「だから、お前らはお前らの好きなようにやればいい。俺は俺の好きなようにする」ザッ

騎士団長「ッ、此処の連中を解放すれば自分がどうなるか分かっているのか!? 教皇庁に盾突くことになるんだぞ!!」

勇者「だから何だよ」

騎士団長「なっ…自分が何を言っているのか分かっているのか!? 今からでも遅くはない冷静になれ、良く考えろ。貴様は勇者なんだろう!?」

勇者「………お前等を見逃して、そのまま知らぬ存ぜぬで済ませるのが勇者だってのか?」


騎士団長「そうだ!勇者でありたいならそうしろ!!」

勇者「………そんな勇者は御免だ。そんなことをしちまったら、あの人に申し訳が立たねえ」ザッ

騎士団長「な、何をぶつぶつ言っている。止まれ!聞いているのか!!」

勇者「第一、そんな勇者は必要ねえ。勇者である意味も、勇者として戦う意味もない」

勇者「そもそも、勇者と呼ばれるべきはあの人だけだ。俺は勇者じゃなくていい。勇者を演じる必要もない」

騎士団長「(何だ、奴の様子がおかしい。ふらついている?傷を負っているのか?)」

騎士団長「(……好機だ、奴が難民を解放しようものなら我々が終わる。勇者だろうが何だろうが構うものか)」

勇者「…………」ザッ

騎士団長「っ、奴は国に徒なす反逆者だ!奴は傷を負っている!武器もない!恐るるに足らず!!」

ガチャガチャ!

勇者「(化け物がうじゃうじゃといやがる。化け物なら、殺さねえとな)」タンッ

ガシッ ゴキャッ

勇者「(ッ、早いとこ済まさねえと体が保たねえな。気を張らねえとぶっ倒れそうだ)」ダッ

ガシッ ゴキャッ

騎士団長「(容易すく首を……まるで大型の獣が獲物を食い散らかしているようだ。人間の出来る動きじゃない)」

騎士団長「(あの異様な眼光、身の熟し、凄まじい膂力、どれも人間のそれではない……化け物め……)」


騎士団長「っ、獣、化け物め……」

勇者「何だお前、まさか自分は真っ当な人間だとでも言いたいのか? 犬畜生にも劣る奴がよく言うぜ」

騎士団長「何だと!?」

勇者「難民を皆殺しにして保身に走ろうとした奴が人間様を騙るなって言ってんだよ」

騎士団長「黙れ!人殺しが!!」

勇者「事実そうだろうな。だがな、俺はお前らのような奴を人間だなんて思っちゃいない」ダンッ

ゴキャッ ドズン ガギンッ

騎士団長「(っ、何だ、奴は一体何なんだ!!)」

騎士団長「(既に何度も斬られているはずだ、何度も刺されているはずだ。なのに何故止まらない?何故止められない?)」

勇者「はぁっ、はぁっ…」ガクンッ

騎士団長「い、今だ!!やれッ!!」

ザシュッ グサグサッ! 

勇者「がっ…ああっ!!」

ガシッ ゴキャッ ザクッ

勇者「(何を必死こいてんだ俺は……)」

勇者「(善人振って助けようとするから痛い目を見るんだ。斬られて刺されて、しこたま血を流してーーー)」

夢魔『騎士団本部の地下には沢山の難民がいる。あの人達を、君の手で助けてあげて欲しい』


勇者「(……ああ、そうだった。約束だったな)」

勇者「(あいつは紛れもない化け物だ。だが、少なくともあの時だけは人間だった。人間を案じる人間だった)」ジャリッ

騎士団長「!!」

勇者「(約束は、守らねえとな……)」

騎士団長「っ、何故立てる。化け物め……」

勇者「化け物は、テメエ等だろうが……ッ!!」ダッ

ゴシャッ ドゴォッ ザンッ

勇者「はぁっ、はぁっ…」ボタボタッ

騎士団長「馬鹿な……」

騎士団長「(あれだけいたはずの騎士が、ほんの瞬きの間に次々と倒されて……こんなことが有り得ーーー)」

勇者「……おい、戦の最中に何処見てんだ」

騎士団長「!!」ビクッ

ザシュッ ボタボタッ

勇者「…………」ザッ

騎士団長「ヒッ…」

勇者「逃がすと思うのか」

騎士団長「く、来るなッ!!」ブンッ


勇者「…………」ガシッ

騎士団長「ッ!!」

勇者「人に生まれただけの化け物、人に生まれて化け物になった奴等……お前のような奴は嫌って程に見てきたよ」

騎士団長「わ、我々がそうなら貴様こそ化け物だ!!躊躇いなく人命を奪う狂人が!!」

勇者「清々しいまでの開き直りだな。あいつよりも化け物してるぜ」

騎士団長「だ、誰かーーー」

ドゴォッ

騎士団長「ゲホッ…うおえぇぇぇ」

勇者「誰も来やしない。誰もいない。周りを見てみろよ。後はお前だけだ」

騎士団長「お、お前は一体何なんだッ!!」

騎士団長「それだけ傷を負っていながら何故生きていられる!!それが勇者の力か!?」

勇者「…………」ジャキッ

騎士団長「ま、待て、やめてくれ。頼む助けてくれ。家族が、子供がいるんだ……」

勇者「何処の誰にでも家族はいる。あの檻の中で、俺とお前を見てる奴等にもな」

騎士団長「ッ、俺は世界の仕組みに従っただけだ!!それが悪か!? 悪なら何故裁かれない!!」

騎士団長「裁かれないのは俺が間違ってないからだ!! 国に、神に、権力に従って行動しただけだ!!」


勇者「……………」

騎士団長「大体、奴等は国にも世界にも神にも見放された連中なんだぞ!! 命の価値は平等じゃない!奴等の命にそこまでの価値はないんだ!!」

勇者「そうみたいだな」

勇者「確かにお前は間違っていないんだろう。国と世界と、人の神に従って奴等を見放しただけだ」

騎士団長「だったらーーー」

勇者「だが、俺は見捨てない。誰もお前を裁かないというのなら、俺がお前を裁く」

騎士団長「ふざけるな!俺が何をした!!」

勇者「奴等の目を見れば分かるだろう。俺がやらなくても、奴等を出せばお前はどの道殺される」

騎士団長「ッ、救世主にでもなったつもりか!? たった一人で世界を変えられるとでも思っているのか!!」

勇者「救世主なんぞいない。此処には王も教皇も神もいない。此処にいるのは俺とお前だけだ」

勇者「だから、お前をどうするかは俺が決める」

勇者「さっき、命の価値は平等じゃないと言ったな。その通りだ、お前の命にそこまでの価値はない。俺にとってはな」

騎士団長「!!」

勇者「お前は俺に見放されたんだ。国にも世界にも神にさえ愛されたのに、残念だったな」

騎士団長「ま、待て、このことは誰にも話さない。だから見逃しーーー」

グサッ ブシュッ

騎士団長「ガフッ…ゲホッゲホッ…この…外道め……呪って…や……る……」

勇者「そうか、好きにしろ」


【#30】蓮華に座す者

勇者「…………」ザッ

>>お、おい、こっちに来るぞ

>>酷いな、血塗れじゃあないか

>>見てよ、あの目付き。もしかして私達まで殺すつもりなんじゃ……

>>滅多なことを言うんじゃない。我々を助けに来たと言っていただろう

>>おい、来たぞ

勇者「……………ッ」ガシッ

ミシッ ギギギギ

少女「…………」

勇者「(こんな子供まで……)」

勇者「(クソッ、何が命の価値だ、何が世界の仕組みだ、それを作ったのはテメエ等自身だろうが)」

少女「ねえ、無理矢理開けるつもりなの? 鍵なら修道士の一人が持ってるよ?」

勇者「そうか、教えてくれてありがとよ」

勇者「でもな、あの数の死体から探すのは面倒だ。戦闘の最中に落ちた可能性だってある」

勇者「それに、騎士はあれで全てじゃない。街にはまだ騎士がいる。死体の山から鍵を探してる暇はない」ボタボタッ


少女「でも、血がたくさん出てるよ?」

勇者「色々あって血止めしても無駄なんだよ。つーか俺のことは気にすんな。すぐに出してやるから黙って待ってろ」

少女「落ちてる武器とかで壊せばいいのに」

勇者「うるせえガキだな」

勇者「あの程度はやつは俺が振っただけで簡単にぶっ壊れる。破片に当たって死にてえのか?」

少女「…………」

勇者「それより聞きたいことがある」

少女「なあに?」

勇者「四日くらい前に女が連れて来られなかったか? 俺と同じ年頃の女だ」

少女「うん、来たよ」

少女「僧侶なら奥にある鉄扉の部屋に連れて行かれた。騎士とかいう人に縛られて引き摺られてた」

勇者「……そうか」

少女「大切な人なんでしょう? 先に助けなくてもいいの?」

勇者「………………」

夢魔『あの子は壊れてる。どうでもいい存在なら助ける必要はないでしょ?』

勇者「…………いいんだ。あいつに会うのは、最後でいい」


少女「そっか」スッ

ギュッ

勇者「おい、何してんだお前、俺に触るな。血で汚れる」

少女「治してあげるの」

勇者「そうか、お前は魔術を使えんのか。そいつは凄えな。さっさと手を離せ」

少女「手を離したら治せないよ?」

勇者「うるせえな、いいから離せ」

少女「イヤだ」

勇者「ッ、本当に面倒くせえクソガキだな。お前じゃ無理なんだよ。分かったら手を離せ、邪魔すんな」

少女「なんで治せないの?わたしも治せるよ?」

勇者「………はぁ。とにかく、お前じゃ無理なんだ。俺の傷は、あいつじゃないと治せない」

少女「うん、知ってる。だから、わたしも治せるの。タマシイの傷までは治せないけど」

勇者「お前、何言ってーーー」

少女「ほら治った」

勇者「(腕の傷が塞がってる。痛みもない、寒気もしない。おそらく、さっき負った傷も……)」


少女「痛いの消えたよ?」ニコッ

勇者「お前は一体………」

少女「わたしは巫女だよ?」

勇者「いや、そういう意味じゃ……」

巫女「?」キョトン

勇者「(妙な奴だ。他の奴等は顔も合わせやしないのに、何でそんな顔で俺を見る?)」

勇者「(……白い髪に真白い肌。見た目も雰囲気も何もかもが違う。此処にいるのに、此処にいないような……)」

巫女「どうしたの?」

勇者「何でもねえ。まあ、お前が何処の誰だろうがどうでもいい。治してくれてありがとよ」

勇者「(どうやら薬も抜けたみてえだな。体が軽い。これなら、すぐに開けられる)」

巫女「………………」

勇者「(よし、行ける)」ググッ

ミシミシ バキンッ

勇者「おら、開いたぞ。何してる、さっさと出て来い」

ゾロゾロ

>>ほら、やっぱり優しい子じゃないか。この年頃の子は悪ぶるものなのよ

>>そうねぇ、男の子ってのは斜に構えたい時期ってのがあるからねぇ

>>何よそれ。見た目はともかく態度が悪いのよ。血塗れだし怖いったらないわ

>>態度が悪いのはお前の方だ小娘。彼は我々を助けてくれたんだぞ

勇者「(思ったより元気だな。いや、此処の奴等だけか? 人も他と比べるとやけに多い)」


>>ありがとうございます、勇者様

勇者「礼はいい。つーか、俺は勇者じゃねえ。今さっき国賊に成り下がったところだ。あんた等も見てたろ」

>>いえ、我々にとっては貴方こそが勇者です

>>俺達を人として救ってくれたのはアンタだけだ。感謝してる。ありがとうよ……

勇者「………そうかよ」

勇者「早速で悪いが、牢の鍵を探してくれないか。俺はその間に開けられるだけ開けておく」

>>分かりました。皆、行こう

>>しっかし酷い有り様だな、これは苦労しそうだぞ

>>今更何てことはないわ。あれに溶かされて聖水にされるよりマシよ

勇者「ちょっと待ってくれ」

>>はい? 何ですか?

勇者「あんた達が入っていた牢屋だけ人が多いのは何故だ? 順番でもあるのか?」

>>おそらく、その子のお陰かと思います

巫女「?」

勇者「こいつが? どういうことだ?」

>>その子が来てから、我々がいる牢屋から選ばれることはなくなりました

>>何をしたのかは分からん。ただの偶然やもしれ。しかし、事実は事実なんだよ


勇者「このガキはいつから?」

>>それが、何というか、我々も分からないのですよ

>>そう、気付いた時にはいたのよ。まるで、最初からそこにいたみたいにね

>>僕達からすれば幸運の女神様さ。この子の笑顔には何度救われたか分からない

巫女「えへへっ」

勇者「(要は何も分からねえってことか)引き留めて悪かった。鍵は頼む」

>>はいっ、任せて下さい!

>>ケッ、出て早々に死体漁りかよ。嫌になるぜ

>>この恩知らず!外が気に入らないなら牢屋に戻ればいいじゃない!!

>>じ、冗談だよ

>>無駄口を叩く暇があるなら鍵を探せ。早くしねえと牢屋に逆戻りだぞ、小僧

勇者「(騒がしい連中だな。まあ、暗いよりはマシか)さて、他のとこも開けるか」

クイクイッ

勇者「あ?」

巫女「わたしも行く」ウン

勇者「お前は来なくていい、あいつらと一緒に鍵を探してこい。邪魔なんだよ」

巫女「イヤだ、わたしも一緒に行くっ!!ジャマしないから連れてって!!」ジタバタ

勇者「(コイツは何でこんなにはしゃげるんだ……)」

勇者「(しかし、これ以上喚かれると面倒だし連れて行った方が良さそうだ。そのうち飽きるだろ)」


巫女「わたしも行くの!」

グイグイ

勇者「分かった。喚くな騒ぐな暴れるな。これを守れるなら付いて来ても良い」

巫女「わかった。約束した」ハイ

勇者「……はぁ。時間がないんだ、さっさと行くぞ。いいか、俺から離れるなよ」

巫女「うんっ!」ニコニコ

勇者「(俺の姿を見て何とも思わないのか? 子供ってのはよく分かんねえ生き物だな……)」

テクテク

勇者「待ってろ。今、開ける」ググッ

バキンッ

>>ありがとうございます!ありがとうございます!

>>まさかこの牢獄から出られる日が来るなんて、夢みたいだ

>>彼が、勇者……

>>何が勇者だよ、もっと早く来てくれれば兄貴は死なずに済んだのに

>>お、おい、何てことを言うんだ!!

>>だって事実だろうが!!コイツは俺達がこんな目に遭ってるなんて知らずにいたんだぞ!!

勇者「黙れ」

ビクッ!

勇者「別に何を言われようが構わない。恩を売りたくて出したわけじゃないからな」

勇者「恨むなら勝手に恨めばいい。お前等にどう思われようが知ったことじゃないんだよ」


勇者「他に何か言いたいことがある奴はいるか?」

勇者「恨み言に付き合ってやってもいいが、残りの騎士が来たらお前等で何とかしろよ?」

シーン

勇者「無いなら無駄口を叩かずに動け。動ける奴は向こうの奴等と一緒に鍵を探してくれ」

ゾロゾロ

勇者「…………」

巫女「偽悪的に振る舞うのは好かれるのを怖れているから。貴方は他者との?がりを怖れている」

勇者「!!?」

巫女「傷付きを怖れて他者を突き放す。貴方は弱く、そして脆い。故に、今尚も揺らいでいる」

勇者「(何だ、この威圧感は……)」

巫女「貴方は過去に縛られ、過去に身を置き、憎しみに身を浸した。復讐に囚われた哀れな子」

勇者「……ガキのクセに小難しい言葉を知ってんだな。うるせえから黙ってろ」

巫女「私達はいつでも貴方を見ている。貴方を見て、私達は決めなければならない」

巫女「そして、私達を決めるのは貴方でなければならない。貴方の役目は、私達に見せること」

勇者「何をーーー」

巫女「私達は、そうすると決めた」

勇者「(何なんだコイツは、さっきとはまるで雰囲気が違う。子供の出せるそれじゃない)」

勇者「(子供の振りをしていたとは到底思えない。中身だけが綺麗さっぱり何かと入れ替わったようなーーー)」

>>勇者さん!鍵が見付かりましたよ!!

>>残りは私等で開ける。アンタは早くあの子の所に行ってやりなさい。助けに来たんでしょう?


勇者「あ、ああ、そうするよ……」チラッ

巫女「なあに?」キョトン

勇者「(戻った、のか?)」

勇者「(さっき感じた威圧感も消えてる。顔付きも子供そのものだ。演技じゃないとしたら、あれは一体何なんだ)」

巫女「どうしたの? まだ痛いの?」

勇者「(……今考えてる暇はないな。他の騎士連中が来たら終わりだ。急がねえと)」

巫女「ねえ、大丈夫?」クイクイッ

勇者「あ? ああ、何でもねえよ」ザッ

巫女「ほんとう? 具合悪そうだよ?」テクテク

勇者「大丈夫だ、何ともない。お前は部屋の前で待ってろ。この中がどうなっているか分からない」

巫女「………うん、わかった」

勇者「……………」ガシッ

ギギギ

巫女「まって」

勇者「………何だ」

巫女「あなたは僧侶を救いたいの? それとも僧侶に救われたいの?」


勇者「それを聞いてどうする」

巫女「知りたいの」

巫女「わたし達は知らなきゃならないの。見て、聞いて、感じて、知って、決めなきゃならないの」

勇者「(さっきも似たようなこと言ってたな。さっきと違って中身は子供のままみたいだが)」

勇者「何を決める」

巫女「それは、まだ分からないの」

巫女「でもっ、わたし達はそうしないとダメなの。わたし達が決めたことだから……」

勇者「(……妄想やら空想やらで頭がぶっ飛んでるってわけじゃなさそうだな)」

勇者「(コイツは俺の傷を治してみせた、突然現れたって証言もある。何者かは知らねえが普通じゃないのは確かだ)」

巫女「おねがい、答えて」

勇者「………あいつを救うだとか、あいつに救われたいだとか、そんな大層な理由じゃない」

巫女「じゃあ、なんで助けるの?」

勇者「顔が見たいだけだ」

巫女「?」

勇者「前は苛ついたけど、最近はあのツラを見てると安心するんだ。何故かは分からないけどな」

巫女「あなたは、やすらぎを得たいの?」

勇者「言っただろ、大層な理由なんかないってな。質問には答えた。お喋りはこれで終いだ」ガシッ


勇者「(僧侶、今行くからな)」ググッ

ギギィ バタンッ!

巫女「………………魔女、見ているんでしょう。彼は、あなたが考えているほど簡単に堕ちない」

魔女『そんなことは分かってるわよ』

魔女『でも、私はもう決めたわ。人心の荒廃と堕落、憎悪と狂気が渦巻く世界を終わらせる。彼を使ってね』

巫女「終わり。それが、あなたの答え?」

魔女『ええ、そうよ。それを私の役割としたわ』

魔女『私達は役割を持つ為に分かたれた。完全なる一つではなく、異なる思考を持った、異なる存在としてね』

巫女「…………」

魔女『それで? 貴方はどうするのかしら? 随分と回りくどい接触をしたようだけれど』

巫女「まだ、わからないの……」

魔女『なら、早く決めなさい』

魔女『人の業は、既に浄められないところまで来ている。それは貴方も目の当たりにしたでしょう?』

巫女「わたしは、もう一方を見極めてから決める。どんな結果になろうと見届ける」

魔女『あら、そう。それは随分と気の長い話ね。終わりまでに決まることを祈ってるわ』

巫女「終わらせなくちゃダメなの? 美しい者もいるよ? 人にも、魔にも……」

魔女『美しい者は悪しき者の手によって虐げられているわ』

巫女「救えないの?」

魔女『救うべき者は次々に殺されている。道徳や倫理も失われつつある。正に暗黒時代ね』

巫女「…………」

魔女『巫女、諦めなさい。この悪徳の時代に、希望なんてものはありはしないのだから……』スッ

サァァァァ

巫女「…………希望」


【#31】光を

ギギィ バタンッ!

僧侶「!?」ビクッ

勇者「……僧ーーー」

僧侶「こ、来ないで下さいっ!!」

勇者「…………」ザッ

僧侶「来ないで!!」

ボウッッ!

勇者「…………」ザッ

僧侶「……やめて、お願いです。それ以上、私に近付かないで下さい」

ギュッ

勇者「僧侶、何があった」

僧侶「手を離して!私に触らないでっ!!」

勇者「目を逸らすな、俺を見ろ」

僧侶「あ、貴方なんかいなくなればいいんだ!! 貴方が、貴方がいたから私は!!」

勇者「俺がどうした」

僧侶「貴方のせいで全てが壊れたんだ!信仰も神も、私が信じていたのは全て偽物だった!!」

僧侶「修道士が人間を聖水に変えていたんです!何事もないように淡々と!まるで何かの作業みたいに!! 人を、命を、あんなことっ………」

僧侶「神に仕える者が、救いを求める人々の命を奪っていたんです。叫び声を無視して、家族の目の前で、顔色も変えずに………」


勇者「……………」

僧侶「っ、私はあれに頼っていた!!貴方も知っているでしょう!?」

僧侶「私は人の命を道具として扱ってたんです!!私は人殺しだった!! 何人も何人も殺してたんだ!!」

勇者「……………」

僧侶「貴方と出逢って全てが変わってしまった!貴方とさえ出逢わなければ何も知らずに済んだのに!!」

勇者「………そうかもな」

僧侶「っ、もう行って下さい。私は貴方の役には立てません。もう、いいです」

勇者「それが本心なら、何で目を逸らす」

僧侶「う、うるさいっ!!」

バチンッ!

勇者「……気は済んだか?」

僧侶「私を見ないで!! もう出て行って下さい!! 貴方の顔なんか見たくないっ!!」

勇者「何があった。話せ」

僧侶「何もないですっ!!」

勇者「嘘が下手なんだよ、お前は。大方、夢魔に何か吹き込まれたんだろう」

僧侶「な、何もないって言ってるでしょう!! 私は貴方なんてーーー」

騎士『君は、彼を愛しているんだよ』

騎士『ほらね。私が壊すまでもなく、君の信仰など既に消え去っている。胸の内は彼で溢れている』

騎士『自覚しているかどうかの問題だ。今はそうでなくとも、君はいずれ必ず、彼を愛するだろう』


僧侶「っ、私は貴方なんてっ!!」スッ

ガシッ

勇者「俺が、何だ。言え」

僧侶「……………」

勇者「言うんだ」

僧侶「…………私は神を捨てたのだと、貴方を愛しているのだと、夢魔にそう言われました」

勇者「……………」

僧侶「事実、貴方だったんです」

僧侶「全部、貴方だった。助けを祈った時、浮かんで来るのは神ではなく貴方だった……」

僧侶「何度祈っても、何度目を閉じても、浮かんで来るのは貴方の顔、貴方に掛けられた言葉。それだけだった」

勇者「…………」

僧侶「見たことのない景色、触れたことのないもの、貴方がくれたものばかりが浮かぶんです」

僧侶「私には、それが怖ろしくて堪らなかった。今までの全てが壊れてしまったようで怖ろしかった……」

勇者「……………」

僧侶「……貴方に会いたくなかった」

僧侶「こんな自分を見られたくなかったから。それなのに、貴方が来てくれたことが嬉しくて堪らないんです」

僧侶「私には、もう何が何だか分からなくなりました……何が正しくて、何が間違いなのか……」

勇者「誰を愛してるかどうかなんて、お前自身が決めることだ。誰かに言われて決めることじゃない」


僧侶「…………」

勇者「お前は追い詰められて参ってるだけだ」

勇者「こんな場所で四日も責め続けられたんだ。そうなるのも仕方がない。自分を責めるな」

僧侶「っ、でもーーー」

勇者「僧侶」

僧侶「は、はい」

勇者「何が正しくて、何が間違いなのか分からないって言ったな」

僧侶「…………」コクン

勇者「俺にだって、何が正しくて何が間違いなのかなんて分からない」

勇者「絶対に正しいなんてことはないんだ。正しく見えても間違ってることだってある」

勇者「でもな、俺は此処に来たことを間違いだなんて思わない。正しいことをしたと信じてる」

僧侶「っ、うぅっ…」

勇者「……よく耐えたな。お前が無事で良かった。ありがとう」ポンッ

僧侶「っ!!」バッ

ぎゅっ

僧侶「怖かったです。本当に、本当に怖かったです。暗くて、寒くて、独りで、ずっとずっと……」

勇者「…………」ギュッ

僧侶「あっ…」

勇者「………僧侶、遅くなって悪かったな。もう大丈夫だ。さあ、此処から出よう」

>>461訂正
巫女「偽悪的に振る舞うのは好かれるのを怖れているから。貴方は他者との繋がりを怖れている」


【#32】観測者の心情

勇者「立てるか?」

僧侶「はい、大丈夫で……あぅっ」クラッ

勇者「無理するな。ほら、掴まれ」

僧侶「ご、ごめんなさい……」ギュッ

グイッ

勇者「謝らなくていい。ほら、行くぞ」

僧侶「ま、待って下さい!」

勇者「どうした?」

僧侶「……腕の傷が完全に癒えているようですけど、誰かに治癒を?」

勇者「ああ、さっき牢屋から出したガキが治した。血塗れなのは変わらねえけどな」

僧侶「治せたんですか!?」

勇者「そんなもん見りゃあ分かるだろう。何を驚いてんだ?」

僧侶「……夢魔に聞いたんです。魔術による度重なる治癒は対象の治癒力を著しく低下させる」

僧侶「最終的には魔術でしか治癒しなくなり、治癒させた者の魔力しか受け付けなくなると」


勇者「そりゃあ重度の魔力依存だな」

僧侶「……やっぱり、知っていたんですね」

勇者「ああ、知ってた」

僧侶「っ、ごめんなさい……」

勇者「謝るなって言ってんだろ」

勇者「大体、龍に焼かれた時にお前が治癒しなかったら俺は死んでたんだ。感謝してる」

僧侶「でも私、何も知らなくて……それなのに何度も貴方を治癒してーーー」

勇者「お前は知らなかったんじゃない。知らされてなかったんだよ。おそらく意図的にな」

僧侶「えっ?」

勇者「お前には悪魔や魔術の基礎知識がある」

勇者「それなのに、魔術による治癒の危険性を知らないってのはどう考えてもおかしい」

勇者「これは憶測だが、重篤患者を治癒する際に罪悪感を自覚させない為の措置だったんだろう」

僧侶「…………」キュッ

勇者「色々言われたみたいだが気にすんな。俺はそうなっちゃいない。その証拠にガキの魔術で傷は治った」

僧侶「っ、今はそうかもしれない!! でも、私は貴方を確実に蝕んでる!!」


勇者「…………」

僧侶「癒しているように見えるだけなんです」

僧侶「確かに傷は癒える。だけど、私が癒すたびに貴方の体は着実に壊れていく!! まるで……っ、まるで毒を盛るみたいに!!」

ガシッ

勇者「自分を追い詰めるな、少し落ち着け」

僧侶「でもっ、私は今までーーー」

勇者「いいから呼吸を整えろ。そのままだとぶっ倒れちまう」

僧侶「……っ、はい」

勇者「よし、そのまま聞け。お前は考え過ぎだ。傷を癒すことは罪じゃない」

勇者「傷を癒したいと思うことも罪じゃない。小難しいことは考えるな、間違ったことはしていないんだ」

僧侶「頭では分かっているつもりです。でも、私が貴方を蝕んでいるのも事実です」

勇者「相変わらず面倒くせえ奴だな。俺が気にすんなって言ってんだから良いだろうが」

僧侶「……嫌なんです」

勇者「あ?」

僧侶「もし貴方がもしそうなってしまったら思うと、それを想像するだけで嫌なんです……」

勇者「お前が嫌でも、これは戦の旅なんだ。傷を負うことは避けられない。俺も、お前もな」

僧侶「……分かっています」

勇者「なら、話は終わりだ。解放した奴等も外に出さなきゃならない。さっさと行くぞ」


僧侶「…………はぃ」

勇者「(コイツ、また何か余計なこと考えてるな。そう言えば、こういう奴だったっけな)」

僧侶「(せっかく助けてくれたのに迷惑を掛けてばっかりだ。やっぱり、私なんかが一緒にいるからーーー)」

勇者「おい」

僧侶「え? あ、はいっ。何でしょう?」

勇者「……………」

僧侶「あ、あのぅ、どうかしました?」

勇者「お前には随分と救われてる」

僧侶「へっ?」

勇者「俺には傷を癒やせない。お前がいないと困るんだ。だから、いつまでも俯いてないでさっさと来い」

僧侶「…………」

勇者「どうした。来るのか、来ねえのか」

僧侶「い、行きますっ!!」

勇者「そうか。なら、これを持て。お前のだ」スッ

僧侶「短剣……」

勇者「お前が使う前に俺が使っちまったが、これからはお前が持ってろ」

僧侶「ありがとうございますっ」ギュッ

勇者「……ほら、もう行くぞ。さっさと出ないと面倒なことになる」


僧侶「はいっ、分かりました」

勇者「(少しは吹っ切れたみたいだな。後はどうやって奴等を出すかだな……)」ザッ

僧侶「(良かった、本当に良かった)」

僧侶「(私の魔力に依存していなかったんだ。これからは私も戦おう。少しでも、この人が傷を負わなくて済むように)」ギュッ

勇者「……………」

ギギィ バタンッ

巫女「あ、来た」

勇者「何だ、本当に待ってたのかお前」

巫女「みんな待ってるよ?」

勇者「分かった。今すぐ行く」

僧侶「あの、この子は?」

勇者「巫女っていうらしいが詳しくは知らねえ。コイツが俺の傷を癒したガキだ」

僧侶「この子が……」

巫女「あのね? この人、すっごく頑張ったんだよ? また会えてよかったね」ニコッ

僧侶「う、うん」

僧侶「(何だろう、この不思議な感じ)」

僧侶「(法力、魔力は感じる。だけど、この子自身の色がない。無色透明というより、薄膜に包まれて見えないような……)」


勇者「何してる。行くぞ」

僧侶「あ、はい」

クイクイ

勇者「何だ、一々引っ張るなクソガキ」

巫女「おんぶして?」

勇者「……ついさっきも汚れるって言っただろうが、それでも構わねえってんなら勝手に掴まれ。その白い服が大事ならーーー」

ヨジヨジ

巫女「しゅっぱつ!」

勇者「(本当に何なんだコイツは、普通なら近付きたくもねえはずだ。嫌悪や恐怖、何も感じないのか?)」チラッ

僧侶「?」

勇者「(まあ、それはコイツも同じか。この姿を見て悲鳴一つ上げなかったしな)」ザッ

巫女「ねえ」コソッ

勇者「あ?」

巫女「あなたは僧侶の魔力に依存してる」

巫女「龍と戦った傷を癒された時から様子はおかしかったはず。あれは蘇生に限りなく近い治癒だったから……」

勇者「…………」

巫女「今や小さなかすり傷ですら僧侶の魔力なしには治らない。なんで嘘を吐いたの?」


勇者「…………」

巫女「彼女を傷付けたくないから? それとも傷付いてる彼女を見たくないから?」

巫女「その優しさは本当の優しさじゃないって、あなたも分かっているはずなのに……」

勇者「……黙ってろ」

巫女「これからも見せてね、あなたを。あなたが何を見せるかで、わたし達は決まるの」

勇者「(わたし達ってことは他にも妙なのがいるのか? まあいい、コイツから話を聞くのは後だ)」

僧侶「どうしました?」

勇者「いや、なんでもない」

僧侶「?」

巫女「♪」フフーン

勇者「(コイツの魔力は僧侶と同じだった)」

勇者「(魔力の完全一致なんてのは双子でも有り得ない。なら、コイツはーーー)」

>>来た!みんな、勇者さんが来たぞ!

>>あの娘も無事だったのか、良かった……

>>しかし、残ったのは我々だけか

>>ええ、連れて来られた時はあんなにいたのに。本当に少なくなったわね……


勇者「ちょっと話してくる。ほら、下りろ」

巫女「は~い」トスッ

勇者「僧侶、お前はコイツを見ててくれ」

僧侶「あ、はい。分かりました」

勇者「頼むぞ」

ザッ

僧侶「(あの背中、凄く久し振りに見たような気がする。まだ四日しか経ってないのに……)」

巫女「ねえ、おねえちゃん」

僧侶「はい?」

巫女「おにいちゃんって優しいね」ニコニコ

僧侶「……うん。そうだね」

巫女「え~、それだけなの? もっとないの?」

僧侶「あ、あるよ! 沢山ある……」

僧侶「だけど上手く言えないの。優しいとか、そういうことだけじゃない。言葉にするのが難しいだけ」

巫女「……そっか。おねえちゃんは、あの人の傍にいたいの? つらくても一緒にいたい?」

僧侶「うん。もう何も出来ないのは嫌だから。どんなに苦しくても、一緒にいたい」


巫女「なんで?」

僧侶「えっ、何で? 何でかな……」

巫女「…………」

僧侶「多分、安心するからだと思う」

僧侶「あの背中を見てると安心するの。でもね? それだけじゃないんだよ?」

巫女「?」

僧侶「あの人には本当に心休まる時なんてない」

僧侶「だから、少しでも安心させたいなぁって思うんだ。迷惑を掛けてばかりだけど……」

巫女「たくさん痛い思いをしたのに一緒にいたいの? これからだって、きっと……」

僧侶「うん。それでもいい」

巫女「………後悔しないの?」

僧侶「きっと、何度後悔しても一緒に行くと思う。変えたいことがあるから」

巫女「変える?」

僧侶「あの人が生きたいと思えるようにしたい。旅の終わりを、あの人の終わりにしたくない」

巫女「それが、あなたの叶えたい夢?」

僧侶「そ、そんなに大層なものじゃないよ。ただ、そうしたいなぁって思うだけだから……」

巫女「(過去の境遇への同情ではない、復讐に生きる彼への憐憫でもない。なら、これは何?)」


勇者「僧侶、ちょっと来てくれ!!」

僧侶「はい、今行きます!」

巫女「(魔女の意志は固い)」

巫女「(魔女は何としても彼を絶望させようとするだろう。この荒廃と堕落の世界、全ての穢れを滅ぼすために)」

僧侶「さあ、行こう?」ニコッ

巫女「うんっ」

巫女「(でも、そうなると決まったわけじゃない。まだ不確かではあるけれど、覆すことは出来る)」

巫女「(彼女の決断、或いは彼女の行動次第で大きく変わる。彼さえ魔女に堕とされなければ)」

テクテク

僧侶「どうしました?」

勇者「眼や脚が不自由な奴等がいるんだ」

勇者「それから病人もいる。劣悪な環境下で悪化したんだろう。急で悪いが今すぐに治してやって欲しい」

巫女「わたしも手伝う!」

勇者「……分かった。僧侶の邪魔はするなよ」

巫女「ジャマしない。大丈夫です」ハイ

勇者「(全てを知ってるような口を利いたかと思えば、無垢な子供みたいに笑いやがる。掴めねえ奴だ)」

僧侶「(治癒。大丈夫なのかな……)」

勇者「心配しなくても大丈夫だ。あの程度じゃ魔力依存にはならねえよ」

僧侶「(うっ、相変わらず見透かされてる)」

勇者「向こうに集めてる。早く行って治してやれ。俺は動ける連中と一緒に街から出る用意をしてくる」


僧侶「えっ、一緒に?」

巫女「……………」

勇者「牢屋から出して終わりじゃないからな」

勇者「こいつ等には居場所がない。外に出ても化け物共の餌になるだけだ。出したからには最後までやるさ」

僧侶「(やっぱり変わったのかな?)」

勇者「しかし、難民狩りとはな」

勇者「俺が思ってた以上に世の中は腐ってるみてえだ。もっと用心深くならねえと……」

僧侶「…………」キュッ

勇者「あの時の、村の女達も無事だといいんだが……」

僧侶「っ、きっと無事ですよ!」

僧侶「お金だって沢山渡したんでしょう? だったら今頃空き家を買って、それで、きっと幸せに……」チラッ

勇者「…………そうだな」

僧侶「(ううん、違う)」

僧侶「(やっぱり変わってなんかいない。この人は元々こういう人なんだ。悪魔や魔物、龍さえ絡まなければ……)」


勇者「取り敢えず、治療は頼む」

僧侶「はい、分かりました」

勇者「よし。俺達が行けば此処には年寄りと女子供しかいなくなる。その時は任せたぞ、いいな」

僧侶「は、はいっ!」グッ

勇者「張り切るのはいいけど力抜け。此処には来させないようにする。でも、万が一の時は頼む」

僧侶「えっと、はい」ダラン

勇者「っ、ハハハッ! 何だよそれ。ちょっと猫背になっただけじゃねえか。あ~、腹痛え」

僧侶「(力抜けって言うから真面目にやったのに……)」

勇者「そんじゃあ、行ってくる」

僧侶「あのっ、気を付けて下さいね?」

勇者「ああ、分かってる。お前等、準備は出来たな!行くぞ!!」ザッ

>>言われた通り甲冑着たけど大丈夫なのか?

>>今更何をビビってんだ? 此処で死ぬよりマシだろうが

>>俺達が死んでも嫁子供は逃げられる。いい加減に腹を括れ

>>……そうだな、その通りだ。分かったよ

ザッザッザッ

僧侶「(色んな人があの人と一緒に歩いてる。何だか変な感じ。なんていうか、本当にーーー)」

巫女「おにいちゃん、本当の本当に勇者みたいだね? みんなが勇者って言ってるよ?」

僧侶「う、うん、そうだね」

僧侶「(でも、彼等を助けたことで勇者ではなくなってしまう。正しいことをしたのはずなのに……)


巫女「あのね?」

僧侶「ん? どうしたの?」

巫女「命には価値があるんだって」

僧侶「えっ…」

巫女「それでね、わたし達の命には価値がなくて、わたし達を助けたら世界にも神様にも嫌われちゃうんだって」

僧侶「誰がそんなことをーーー」

巫女「騎士の偉い人が、あの人にそう言ってたの。世界と神様に従ってるだけで自分は悪くないって、そう言ってた」

僧侶「………っ」ギュッ

巫女「おねえちゃん?」

僧侶「そんなの間違ってる。難民を、人間を聖水にするなんてどう考えても間違ってる」

僧侶「でも、今は間違ってることが当たり前になってる。きっと、そういう風に出来てるんだ……」

巫女「…………」

僧侶「あっ、ごめんね?」

僧侶「向こうで患者さんが待ってるから治療に行こう? 今は出来ることをしないとね」

巫女「うん、わかった」

トコトコ…

僧侶「(そう、考えてる暇なんかない)」

僧侶「(とにかく患者さん達を治すんだ。誰かを助けたいという気持ちは、間違ってなんかいない)」


僧侶「……はい、もう大丈夫ですよ」

僧侶「でも、まだ治療した直後ですから安静にお願いします。もう少しで出られますからね?」

>>嬢ちゃん、ありがとうよ

>>あの子も疲れているだろうに……大したことは出来ないけど、私らも何か手伝おう

>>うん、そうだね。じゃあ、何か使えそうなものがないか探してくるよ

>>私達も行く。上が本部なんだ、毛布か何かをありったけ持ってこよう

巫女「…………」

僧侶「……ふぅ、もう一頑張りだ」ウン

巫女「休まなくてもいいの?」

僧侶「うん、平気。あの人も頑張ってるから」ニコッ

巫女「(本当に不思議だ)」

巫女「(彼女は彼に、彼は彼女に同じものを見出している。きっと、それこそがーーー)」

僧侶「大丈夫? どうかしたの?」

巫女「ううん、なんでもない」

僧侶「?」

巫女「(変えられるかもしれない)」

巫女「(もしかしたら別の在り方に辿り着けるかもしれない。彼の結末は変えられないとしても)」

>>475訂正
僧侶「もし貴方がそうなってしまったらと思うと……それを想像するだけで嫌なんです……」


【#33】羊の群れを率いる男

勇者「出来たか?」

>>ええ、馬車の準備は出来ました

>>騎士団の使ってる馬か、流石にいい馬だな。これなら長く走れそうだぞ

>>いやぁ、本部の傍に厩があって助かったよ。戦うのは御免だからね

勇者「食糧は?」

>>騎士団本部の食糧庫から手分けして運んでいるところです

>>あるだけ持って行こう。どれだけ持って行っても困るものじゃない

勇者「…………」

>>勇者君、どうしたんだい?

勇者「ん? いや、妙に静かだと思ってな」

>>言われてみればそうですね。いつ見廻りの騎士が来るかと冷や冷やしていたんですが……

>>なあ、勇者さん。やっぱり地下にいた奴等で全員だったんじゃないのかい?

勇者「いや、それはないはずだ」

勇者「この街には二つの騎士団、北の騎士団と修道騎士団がある。あれで全てだとは思えない」

勇者「とは言え、見廻りがいないのは好都合だ」

勇者「馬車に食糧を詰め込んだら地下の奴等を呼べ。速やかにこの街を出る」ザッ

>>あの、勇者さん? 一体何処へ?

勇者「武器を取り返しに行く」

勇者「この街から無事に出られたとしても外には化け物が待ってる。流石に丸腰じゃあ行けない」


勇者「お前達は此処にいろ」

>>あの、取り戻すと言っても心当たりはあるんですか?

>>騎士団本部にはそれらしいものはなかったぜ? 別の所にあるんじゃないか?

勇者「ああ、それは分かってる。此処にないってことは教会にあるはすだ。すぐに戻る」

勇者「もしも見廻りの騎士が来たら本部の中でじっとしてろ。戻って来たら片付ける」

>>ちょっと待ってくれないか

勇者「あ?」

>>勇者君、私も行くよ

>>俺も連れて行ってくれ。探すなら人手があった方がいいだろ?

勇者「何を言ってるか分かってんのか? 何が起きてるか分からないんだぞ?」

>>何か起きてたら大人しく引き返すよ

>>そうだな、折角助かったのに死にたくないし

>>アンタみたいに戦えないが、隠れて探すくらいなら出来る

>>まあ、何だ、少しくらいは役に立たせてくれや

勇者「…………悪いな。助かるよ」

>>お礼は要らないよ。さ、そうと決まれば早く行こう

>>お前、膝が笑ってるじゃないか。怖いなら無理して来なくても良いんだぞ?

>>正直行きたかねえよ。でもな、此処で行かなかったから嫁にどやされるんだ


勇者「…………」

>>勇者さん、どうしたんだい?

>>何を突っ立ってんだ? アンタが動かなきゃ始まらないだろう

勇者「あぁ、悪い。教会は向こうだ、行こう」

ザッ

勇者「(助けた後は手のひら返し)」

勇者「(そこからは、何で早く来なかっただの罵詈雑言の嵐。そうなるとばかり思ってた)」

勇者「(まさか手伝うなんて言い出すとはな。こういう奴等って、まだいたんだな………)」

ザッザッザッ

勇者「…………」

『何であんな奴等を助けたんだよ』

『ん?』

『あいつ等、あんたに助けて貰ったくせに当たり前みたいな顔してるぜ?』

『世の中には色んな人がいるんだ。そればかりは仕方がないんだよ』

『っ、だからって、あんな奴等の為にまで血を流すのかよ!! 何でそこまでーーー』

『ああいう人達ばかりじゃない。親切な人だっている。この前のお婆さんは優しかっただろ?』

『……あんたは信用し過ぎなんだ。人間を』

『疑って生きても苦しいだけだぞ?』

『あんな奴等、どうやったら信じられるんだよ』

『無理をしてまで信じる必要はないよ。ただ、自分を信じてくれる人くらいは守れるようになれ』

勇者「(……そうは言うけどさ、俺はあんたのようにはなれないよ)」


【#34】亡骸の王

>>うっ…な、何だよこれ

>>っ、酷い有り様だな。床一面が血に塗れてる

>>通りで静かなわけだ。まさか教会の騎士全員が死んでいるとは……

>>ゆ、勇者さん、一体何があったんでしょう? 何者かに殺害されたんでしょうか?

勇者「いや、殺されたってわけじゃなさそうだ」

勇者「どの遺体も武器を持ってる。おそらく、こいつらは殺し合ったんだ。それが自らの意思かどうかは分からないけどな」

シーン

勇者「……取り敢えず、武器を探してくれ」

勇者「俺は地下を探しに行く。お前達は聖堂と上の階を手分けして探してみてくれ」

勇者「一つは金砕棒、もう一つは鉄の板みたいなやつだ。後は短めの剣が四つ。見れば分かるはずだ」

>>わ、分かりました

>>さ、さっさと見付けて此処から出ようぜ。こんな所に長居したくねえよ

>>ああ、そうだな。騎士連中は心底憎いが、この惨状は見ていて気分が良いものじゃない

勇者「(これも夢魔の仕業なのか?)」

勇者「(暗示が切れて混乱状態にでも陥ったのか。それとも、こうするように指示してあったのか)」

勇者「(……考えても仕方がないな、俺も探そう。地下への入り口は向こうだったな)」ザッ


勇者「(さて、行くか)」

ガチャ コツコツ

勇者「(階段にも死体があるな)」

勇者「(どれも背中を斬られてる。地下に逃げ込もうとして斬られたのか。ってことは、正気の奴もいたってことか?)」

夢魔『街の皆には寝てもらってる。だから裸でも平気なんだ。満月の夜はいつもこうしてる』

夢魔『この時だけは自由になれる。何でも出来る。何者にも縛られず、自由でいられるんだ』

勇者「(……夢魔は満月時なら操れると言っていた。なら何故、全員を暗示に掛けなかった?)」

勇者「(これにも何か意味があるとしたら別だが、騎士を皆殺しにするのが目的だとしたら妙だ)」

勇者「(どうにも嫌な感じがするな。さっさと出た方が良さそうだ。最悪、武器は諦めてーーー)」

ギギィ

勇者「(何だ?)」

従士「アアアアアッ!!」ブンッ

勇者「っ、危ねえな」

従士「ハァッ、ハァッ、き、貴様、勇者か!?」

勇者「(こいつは確か、管区長の従士)」

勇者「(かなり取り乱してるが、まだ正気は失っていないみたいだな。危険な状態に変わりはねえが)」

従士「私の質問に答えろォォッ!!」ブンッ

ガシッ

従士「ヒィッ!? 離せッ!離せえッ!!」

勇者「うるせえ奴だな、質問するたびに剣を振り回すんじゃねえよバカが」


従士「し、正気なのか!?」

勇者「お前よりはな」

従士「そ、そうか。貴様は異端者だがこの際どうでもいい。私を助けてくれ!急に殺し合いが始まったんだ!!」

従士「目が覚めたら武器を持った連中が目を血走らせて襲い掛かって来たんだ!!」

勇者「分かった。分かったから落ち着け。俺の武器は何処にある?」

従士「あ? あ、ああ、貴様の武器なら騎士が持ってきた。奴の部屋にあるはずーーー」

勇者「おい、どうした」

従士「違うッ!! 違う違うッ!!」

勇者「おい、何を言ってる?」

従士「聞いてくれ!私じゃない!!」

従士「あいつに操られていたんだ!そうだ、私は殺してない!! 管区長を殺したのは私じゃない!!私は異端者などではないッ!! 殺してない私は殺してない私は殺してない!!」

ドゴォッ

勇者「うるせえ。そんなもん知るか、俺に言うな」

従士「私じゃ…ない……」

勇者「チッ。仕方ねえ、奥の部屋にでも入れとくか。また騒がれても面倒だしな」

勇者「(つーか、コイツも騎士なら地下施設に関わってたはずだ。だったらコイツも此処で殺ーーー)」


従士「……女が…来た……」

勇者「何?」

従士「あの女、黒い服、黒い女が、笑ってる……」

勇者「っ、クソッ!!」ダッ

勇者「(魔女だ。教会は夢魔の仕業じゃない。あいつがやりやがったんだ)」

勇者「(俺が武器を取り戻しに来るのを分かってたのか? 奴はまだ教会にいるのか?」

勇者「(いや、教会に入った時は気配を感じなかった。今も感じない。奴は何を企んでる?)」

勇者「(もう武器なんぞどうでもいい。さっさとあいつ等を連れて此処から出ねえと)」

ガチャ!

>>あ、勇者さん! 見付けましたよ!

>>それにしても重いな。うっ、腰にくる

>>勇者君の言ってた通り、正しく鉄の板だ。切っ先もなければ刃すらない

>>これを刀剣とするなら処刑人の剣に酷似しているな。刃もなく、大きさも違うが

勇者「お前ら!武器はもういい!! 今すぐ此処から出るぞ!!」

サァァァァ

勇者「ッ!!」バッ

魔女「ふふっ。折角来たんだもの、そんなこと言わないでゆっくりして行きなさいよ」フワッ


勇者「出やがったなクソ女」

魔女「あら、酷い言われようね。宿屋で助言してあげたのに、悲しいわ……」

勇者「黙れ。事ある毎に絡んで来やがって、お前にはうんざりなんだよ。声も聞きたくねえ」

魔女「つれないこと言わないで頂戴。それに私、貴方以外に興味なんてないもの」

勇者「前置きはいい。何が目的だ」

魔女「あら、貴方の為に教会にいる騎士共を掃除してあげたのに、お礼の一言もないわけ?」

勇者「礼だと? 頭湧いてんのかボケが」

魔女「あの子は無事だった?」

勇者「武器をくれ」ガシッ

勇者「よし。お前達は戻ってろ。こいつを片付けたら、俺もすぐに行く」

魔女「はぁ、せっかちなのは相変わらずね。夜は長いのよ? もう少しお喋りしましょ?」

勇者「てめえと話すことなんぞねえよ!!」ダンッ

ブォンッ

勇者「チッ…」ズダッ

魔女「(以前より力が増している。けれど、まだまだ足りない。これでは勝てない)」スッ

ズズズ…

勇者「またそれか、芸のねえ奴だな」

魔女「前とは違うわ。退屈な女だと思われないように、今回はちょっと趣向を凝らしてみたの」


勇者「(何だ、死体が……)」

ズルズル ゴキッ メキメキッ

勇者「(死体が、一ヶ所に……!!)」

ズズンッ

魔女「どうかしら? これなら退屈しなくて済みそうでしょう?」

勇者「(バカみたいにでけえ。今は四つん這いだが、起ち上がれば聖堂の天井に届きそうだ)」

魔女「自作の人形、亡骸の王様。中々に良い出来栄えじゃない?」

勇者「随分と気色の悪いお人形だな。お前の趣味の悪さを改めて理解した」ダッ

バギャッ!

勇者「(脆い。見てくれだけだな。腕を破壊した後で頭をぶっ壊せば終いだ)」

ゴシャッ!

勇者「そのまま這いつくばってろ」

魔女「流石に数多の血を吸ってる剣は違うわね」

勇者「(うるせえ奴だ。さっさとコイツを片付けてーーー)」

魔女「その剣、あまり見ない類いの武器だから気になって調べてみたのよ」

魔女「そしたら、調べていく内に意外なことが分かったの。先の勇者様って処刑人だったのね」

勇者「!?」

魔女「あら、知らなかったの?」

勇者「……下らねえことを言うな。次にあの人を語ったら殺すぞ」


魔女「あら、これは事実よ?」

魔女「優秀な処刑人であった彼に贈られたのが、貴方が今持っている処刑人の大剣なのよ」

魔女「剣として扱うことなど不可能なそれで、彼はとある罪人の首を刎ねたわ。何と、その罪人こそが先の先の勇者様」

勇者「黙れ」

魔女「彼は力を受け継ぎ、後に出奔した」

魔女「処刑人という在り方に疑問を抱いたのか、人々に忌み嫌われる処刑人の生き方を恥じたのか、それは分からないけれどね」

魔女「彼は自らの罪を雪ぐかのように善行を重ねた」

魔女「きっと貴方を救ったのも自分の罪から解放されたかったからじゃないかしら? 結局は自己満足ね」

勇者「黙れって言ってんだろうがッ!!」ダンッ

魔女「いいの? よそ見なんかして」

勇者「!?(腕? 腕は破壊したはずーーー)」

ドガッッ ガシャンッ

勇者「ぐっ…」

魔女「そういうところはあの女と同じね」

魔女「疑いもせず、盲目的に信じている。貴方が慕う勇者様にも後ろ暗い過去があるのよ?」

勇者「……お前、何か勘違いしてねえか」

魔女「?」

勇者「あの人に救われたってことに変わりはないんだ。過去に何があろうと関係ない」

勇者「あの人が処刑人だろうが何だろうが、俺にとってはあの人こそが勇者なんだよ」


魔女「…………」

勇者「罪からの解放だ? ふざけんな」

勇者「何も知らねえクセに知ったような口を利きやがって、テメエのような化け物があの人の心を語るんじゃねえ!!」ダッ

ゴシャッ!

勇者「……おら、下らねえ人形遊びは終わりだ。さっさと降りてこい、その口を塞いでやる」

魔女「そうね、楽しいお遊戯はこの辺でお終いにして、そろそろ本題に入りましょうか」スッ

ドッッッ!

勇者「(ッ、骨が弾けーーー)」バッ

サァァァァ

勇者「(……何だ、痛みも何もねえ。あの野郎、逃げやがったのか?)」

魔女「さて、どうかしら?」

勇者「あ?」

魔女「あら、一瞬のことで気が付かなかった? 自分の体を見てみたら?」

勇者「(……骨? いや、これは甲冑か? 甲冑にしては妙だ。関節や指先、全身が包まれてる)」

勇者「(重みも息苦しさもない。甲冑越しなのに剣を握る感覚がはっきりし過ぎてる)」

魔女「それが、これからの貴方よ」

勇者「へえ。で、これがどうした」

魔女「それは引き寄せの甲冑」

魔女「いえ、正確には甲冑ではないわね。それは痛みも何も防げない。言わば、新たな皮膚」

魔女「甲冑に見えるだけで血は流れる」

魔女「血を流すのは貴方ではなく甲冑だけれど、痛みは直接感じるわ。肉体にではなく、魂にね」

勇者「……………」

魔女「私が生きている限り、その甲冑を外すことは出来ないわ。私が外そうと思わない限りはね」


勇者「なるほどな」

勇者「要はさっきの骨やら血肉やらを貼り付けて、俺を化け物にしたってわけだ」

魔女「あら、驚かないのね」

勇者「姿形がどうなろうとやることは変わらないからな。殺してやるから降りてこい」

魔女「ふふっ、あはははっ!! 私、貴方のことがますます好きになったわ!!」

勇者「気狂い女が」

魔女「はぁ、貴方って本当に素敵よ? どんな姿になっても輝きは失われないもの……」

勇者「…………」

魔女「貴方は独りでいるべきだわ。勇者ごっこなんかさっさと辞めて、復讐を果たしなさい」

勇者「お前の指図は受けねえよ」

魔女「あらそう。別に強要はしないわ。でも、その姿でどこまでやれるかしらね?」

魔女「その甲冑は貴方を狙う者にとっての導となる。人魔に拘わらず引き寄せられるでしょう」

魔女「そうなれば、貴方が救った人間にも災いが降り掛かる。勿論、あの女にもね」

勇者「…………」

魔女「あの女は化け物となった貴方を、悪魔となった貴方を受け入れてくれるかーーー」

勇者「(目を切った)」ダンッ

ドズッッ

魔女「けほっけほっ…ふふっ、やっぱり貴方は最高だわ」ボタボタッ

勇者「やっと当たりか、初めて会った時からこうしたくて堪らなかったぜ」

魔女「あら、それは嬉しいわね。貴方になら何をされても構わないわよ?」ハラリ


勇者「!?」

魔女「あら、見られちゃった」

勇者「…………」

魔女「ふふっ、私の顔を見ただけで驚くのね。自分の体が変わっても驚かなかったのに……」

勇者「お前はーーー」

魔女「焦らないで? それはまだ秘密。とにかく、貴方の驚いた顔が見られて嬉しかったわ」

ちゅっ

魔女「これで二度目ね」ニコッ

魔女「それじゃあ、また会いましょう? 私の愛する人でなし、亡骸の王………」

サァァァァ…

勇者「…………」

>>勇者君、無事かい!?

>>見てて冷や冷やしたぜ。おい、大丈夫か?

勇者「えっ? あ、ああ、俺なら大丈夫だ。っていうか何でーーー」

>>助けてくれた人を見殺しには出来ないからね

>>あんたに何かあったら大変だろ?

>>あんたが倒れたら、頃合いを見て担いで逃げようと思ってな。庭の茂みに隠れてたんだ

勇者「隠れてたってことは聞いてたんだろ?」

>>あ~、うん。悪いけど、かなり気持ち悪いよ

>>剥き出しの骨は真っ黒だし、血管は浮き出てるし牙あるし、なんか脈打ってるし

>>顔面だって酷いもんだぜ? 夜中に見たら確実に卒倒する自信がある

>>そこら辺の魔物なら近付けないくらい怖いと思うよ? 正直僕だって怖い


勇者「見た目のことを言ってるんじゃない」

勇者「俺といると魔物が寄ってくるんだ。その意味、危険性が分からないのか?」

>>逆に聞くけどよ。あんた以外に誰を頼れって言うんだ?

>>魔物を引き寄せようと、姿形が怪物だろうと、我々を救ってくれたのは君だろう?

>>他の奴がやろうともしなかったことを、あんたはしてみせたんだぜ?

>>あんたは、俺達にとっての勇者なんだよ

勇者「…………」ギュッ

勇者「(勇者ごっこか、確かにそうかもな。ここで投げ出せば、ごっこ遊びで終わる……)」

>>勇者さん、何を考えているんだろう?

>>さあ、表情が分からないから怖いんだよな

>>戻ったら他の奴等に説明しないと

>>どうやって説明するんだ? 魔術はさっぱりだから説明しようがないぞ?

>>……そこら辺は知らん。魔女の呪いに掛かったとかでいいだろう

>>いやいや、おとぎ話じゃないんだから……

>>やかましい!それ以外に説明のしようがないだろうが!!

勇者「(こんな時に呑気な連中だ)」

勇者「(こいつ等が死ぬのは見たくない。やれるとこまで、無茶だろうが何だろうが死ぬ気でやってみるか)」

『無理をしてまで信じる必要はない。ただ、自分を信じてくれる人くらいは守れるようになれ』

勇者「(出来るかどうか分からないけど、やってみるよ。俺を信じてる奴等くらいは守りたいんだ)」

勇者「………行こう。皆が待ってる」ザッ


【#35】馬車の行き先

ガラララ

僧侶「あのぅ」

勇者「あ?」

僧侶「ひぃっ!」ビクッ

勇者「あのなぁ、無理して一緒に乗らなくても良いって言っただろうが」

僧侶「が、外見で判断するのはーーー」

勇者「はいはい、口では何とでも言えるよな。心は貴方だから、どんな姿でも平気だとか何とか」

僧侶「うっ…だって想像以上に怖いんです。こればっかりは仕方がないと思います」

勇者「そいつは悪かったな。で?」

僧侶「えっ?」

勇者「えっ、じゃねえよ。何か話したいことがあったんじゃねえのか?」

僧侶「あっ、そうでした。ちょっと皆さんの反応に驚いてしまって……」

勇者「しこたま石ころ投げられたな。お前は魔術使おうとしてたしな」

僧侶「ご、ごめんなさい……」

勇者「ま、仕方ねえさ」

勇者「こんなのを見たら誰でもそうなる。元は人間ですとか言われても問答無用で殺してる。俺の場合」

僧侶「……まあ、貴方ならそうするんでしょうね。じゃなくて、その後の行動ですよ」


勇者「ああ、聖水の件か」

勇者「実の所、考えてはいたんだ。でも、まさか向こうから提案してくるとは思わなかったな」

僧侶「使う気だったんですか?」

勇者「いや、使う気はなかった」

勇者「真夜中の移動だ。聖水を使うのが一番現実的なんだろうが、中身は奴等の肉親だ」

勇者「だから、馬車に聖水を使うってのを提案したところで拒否されるのは分かり切ってた」

僧侶「それを、貴方に使ったんです」

勇者「…………」

僧侶「その意味は分かるでしょう?」

僧侶「どんなに怖ろしい姿になっても、彼等は貴方を勇者として見ているんです」

勇者「みたいだな。本当に変わった連中だよ」

勇者「気の良い奴等だ。出来ることならこうなる前に出会いたかったよ」

僧侶「……あの、勇者さん」

勇者「お前にそう呼ばれたのは初めてだな。寒気がするからやめろ。気持ち悪ぃ」

僧侶「ふふっ。はい、分かりました」ニコッ

勇者「……にしても、勇者か」

僧侶「?」

勇者「本当の勇者は凄えんだろうな。街の一つや二つ簡単に救っちまうんだろう」

勇者「誰もが納得するような方法で、誰が犠牲になることもなく、誰も傷付かず、綺麗にさ」


僧侶「…………」

勇者「対して、俺はこの様だ」

勇者「大勢殺して、助けた連中なんて一握り。今や国賊兼化け物だぜ? ざまあねえよな?」

僧侶「そんなこと知りません」

勇者「何怒ってんだお前」

僧侶「比較対象がいないので分かりません。私が知っている勇者は貴方しかいませんから」

勇者「…………」

僧侶「………貴方が勇者なんです。他なんていない。だから、そんなことは言わないで下さい」

勇者「………分かったよ」

僧侶「あの」

勇者「ん?」

僧侶「その体は、痛みでなくても感じるんですか?」

勇者「ああ。仕組みは分からねえが、こうなる前と何も変わらない。感触は直に伝わる」

ギュッ

勇者「…………」

僧侶「……あの、分かりますか?」

勇者「分かるって言っただろ。つーか冷えてるな、毛布でも被っとけ」


僧侶「…………」

勇者「…………」

ガラララ

僧侶「東、でしたよね」

勇者「巫女の話が本当ならな。今はそれを信じるしかねえ。他に行き場なんてないからな」

僧侶「……彼等を送り届けたら、龍と戦うんですか?」

勇者「それが元々の目的だからな。奴を殺して、この旅は終わる」

僧侶「貴方は?」

勇者「あ?」

僧侶「貴方は龍を倒したらどうするんですか?」

勇者「さあ、どうだろうな。そんなこと考えたこともねえよ。どうしたんだ急に」

僧侶「い、いえ、ちょっと気になっただけです」

勇者「……終わりの事なんて考えるな。これからは更に厳しくなるんだ。俺もいるしな」

僧侶「私も頑張りますから大丈夫です。何があっても、貴方と一緒にいますから」

勇者「…………」

僧侶「…………」

ガラララ

勇者「なあ、僧侶」

僧侶「はい?」

勇者「これからも頼む」

僧侶「はいっ!」

ここで一旦終了します。


続きはこのスレに書きます。
きちんと章立てて書いているわけではないですが、始まりから森を出るまで、騎士との出会いから街脱出までで区切っています。

外見について
サムライミ監督、トビー・マグワイア主演のスパイダーマン3に登場するヴェノムの体表面を骨にしてBIOHAZARD resident evilのモールデッドを足したような感じです。

なるべく会話の中で分かりやすく説明するようにと心掛けてはいるのですが、不明な点や疑問などありましたら質問して下さい。

一話一話書き溜めてからの投稿になるので時間が掛かるとは思いますが、引き続き読んでくれると嬉しいです。

感想、ありがとうございます。


※※※※※※


悪が物質から来るものとすれば、われわれには必要以上の物質がある。


また、もし悪が精神から来るものとすれば、われわれには多過ぎるほどの精神がある。




ヴォルテール


【#1】痕跡

村娘「よいしょ…」

女将「あ~、くたびれた」

村娘「あ、女将さん。お疲れさまです!」

女将「元気だねえ。やっぱり若いっていいわ」

村娘「若くても大変ですよ。若いだけじゃ、お客さんは満足してくれないし……」

女将「ふっ、はははっ! まったく、相変わらず面白い子だね。雇って正解だったよ」

村娘「そうかなぁ。あたしは女将さんみたいに聞き上手じゃないし、話し上手じゃないよ?」

女将「そういうのは後から付いてくるもんだよ。気取ってないからいいのさ」ニコッ

村娘「(こんな風に、綺麗な笑い方が出来る人になりたいな。もっと頑張ろ)」カチャカチャ

女将「仕事には慣れた?」

村娘「後片付けと洗い物は好き、かな」

女将「喋らないから?」

村娘「……うん。相手は酔ってるし、何言ってるのか分からないし」

女将「聞いてあげればいいのよ。下手に口を挟まずに、きちんとね」


村娘「なるほど……」フム

女将「ふふっ。さてと、後は私がやるからあがって良いわよ? 妹が待ってるでしょうから」

村娘「えっ? でも、まだこんなに……」

女将「いいのいいの。ほら、早く行きなさい」

村娘「ありがとうございます。じゃあ、また明日!」

女将「はいはい。明日も頼むよ?」

村娘「はいっ!」

キィィ パタンッ

村娘「(こんなに早い時間にあがれたのは初めてだ。気を遣ってくれたのかな。いつかお礼しないと)」トコトコ

ドンッ

村娘「あ、ごめんなさい」ペコッ

ガヤガヤ…

村娘「はぁ…」

村娘「(街は広い、人も多い、仕事は大変だ。でも、あの村にいた頃よりはずっといい)」

村娘「(きっと、いつかはこの街を好きになる日が来る。皆で、幸せになるんだ)」

ガヤガヤ…

村娘「(……あの子が待ってる。早く帰ろ)」

トコトコ…


村娘「ただいま~!」

少女「おかえりなさいっ!」トテテ

村娘「おっとと。遅くなってごめんね? 大丈夫だった?」

少女「うんっ、今日もなってないよ? お姉ちゃん、毎日おつかれさまです」ニコニコ

村娘「あははっ、ありがと。お腹空いてるでしょう? 今作るから、ちょっと待っててね?」

少女「見ててもいい?」

村娘「勿論。さて、始めようか」

トントントン…

少女「お姉ちゃん」

村娘「ん~?」

少女「みんなはいつ帰ってくるかな?」

村娘「もうちょっと掛かるんじゃない? どこも人手が足りないから大変なんだってさ」

少女「そっか…今日はみんなで食べたいなぁ」パタパタ

村娘「そうだね。この家に二人じゃあ、ちょっと広いから……」


少女「うん……」

村娘「……寂しい?」

少女「朝はへいきだよ? でも、夜はさみしい」

村娘「お友達は出来たんでしょ?」

少女「うん。でもね、そういうのじゃないの」

少女「この街に来てから、空も山も、動物とかも、全部全部遠くに行っちゃったみたいでこわい」

村娘「そうかもしれないね……」

少女「お姉ちゃんはどこにも行かない?」

村娘「何言ってんの、あたしはあんたのお姉ちゃんだよ? どこにも行かないよ」

少女「よかったぁ」ホッ

村娘「(不安にさせちゃったか。ここの所、仕事にばっかり気を取られてた。こんなんじゃダメだね)」

村娘「(新しい土地に来て不安を感じてるのはあたしだけじゃない。この子だって毎日頑張ってるんだ)」チラッ

少女「ふふーん」パタパタ

村娘「(お金はまだあるけど、あのお金には極力頼らないようにしないといけないし。しっかりしないと)」


少女「お兄ちゃんは元気かなあ?」

村娘「きっと元気だよ。ちょっとやそっとで挫けるような男じゃないからね」

少女「いつかまた会いたいね?」

村娘「そうだね。また会えたら、嫁にでもしてもらおうかね?」ニコッ

少女「お婿さんがいいなぁ。そしたらね、みんなで一緒にごはんが食べられるもん」ニコニコ

村娘「あははっ、婿か。そいつはいいね」

ドンドンッ

少女「お客さんだ!」トテテ

村娘「あ、ちょっと……もう」

トコトコ

村娘「(誰だろ。女将さんかな?)」

ドンドンッ

村娘「はいはい、今開けますよ」ガチャ

狩人「今晩は、お嬢さん」

狩人「私は狩人。貴方にお訊ねしたいことがあるのです。少しばかりお時間宜しいですか?」

村娘「(何だか気味が悪いね)ちょっと奥に行ってて、すぐに終わるから」


少女「は~い」

狩人「小さな小さなお嬢さん」

少女「わたし?」クルッ

狩人「君は、この人物を知っているかな?」スッ

村娘「悪いけど、そんな男はーーー」

狩人「貴方には聞いていないのだがね」

村娘「(っ、コイツ……)」

狩人「お嬢さん、彼を知っているかな?」

少女「うん、知ってるよ?」

狩人「ありがとう。助かったよ」ニコリ

村娘「(っ、こうなったら仕方ない)後はあたしが話すよ。ちょっと待っててね」

少女「うん」

村娘「……で、何を聞きたいんだい?」


狩人「中に入っても?」

村娘「妙なことをしたらーーー」

狩人「先程から心外だな。私は、貴方が想像しているような悪しき人間ではない」

狩人「誓って言うが、危害を加えるような真似はしない。私はただ、彼に関わった人間から話を聞きたいだけなのだよ」

村娘「それは悪かったね」

村娘「あんたが普通の人間とは雰囲気が違うから警戒してるんだ。肌も、妙に青白いし……」

狩人「そうか、それは実に分かり易い理由だ。しかし、私には貴方を安心させる術がない」

狩人「私を信用してくれ。と言うほかに方法がないのだが、どうだろうか?」

村娘「……外でも良いなら」

狩人「有難い」

パタンッ

村娘「そんなに時間はないよ。あまり一人にはしておけないんだ」

狩人「分かっているとも。質問の前に、貴方は彼が勇者であると知っていたのかね?」

村娘「この街に来るまでは知らなかったよ。村では旅人だって言ってたから」

狩人「彼が勇者だと知ったのは?」

村娘「少し前に勇者の似顔絵とかが出回っただろ? それで知ったんだ。あたしも、皆もね」


狩人「(嘘ではなさそうだな)」

村娘「あたしも聞きたいね。あんたは何者なんだい? 何の為にあたしのところに?」

狩人「私が何者か? それについては簡単には説明出来ないな。少々複雑な経緯なのでね」

狩人「此処へ来たのは彼を捕らえる為だ」

狩人「居場所は特定出来るが、彼の人物像が見えない。捕らえるに当たって、少しでも多くの情報が欲しいのだよ」

村娘「随分と正直だね」

狩人「得る為だ、正直に話すとも」

村娘「捕らえると言ったけど、捕らえてどうするつもり? あの人が何をしたって言うの?」

狩人「捕らえるのは保護する為だ」

狩人「現在、様々な勢力が彼を狙っている。それより先に、勇者を手に入れなければならない」

村娘「………」

狩人「彼が何をしたかについてだが……此処だけの話、とある街から連絡が途絶えてね」

狩人「どうやら、騎士団が壊滅したらしいのだよ。それが彼の仕業だとされている」


村娘「そんなバカな話がーーー」

狩人「信じようが信じまいが関係ない。私は正直に話したのだ。貴方にもそうして欲しいものだね」

村娘「っ、分かったよ」

村娘「先に言っておくけど、そんなに知らないよ。関わったと言っても、ほんの短い間だからね」

狩人「構わない。貴方がどういう経緯で此処にいるのか、それは既に知っている」

狩人「私が知りたいのは、彼がどういう人間だったのかということだ。そこで、幾つか質問したい」

村娘「あたしの答えでいいんだね?」

狩人「ああ、貴方個人の答えで構わない。まず、彼は何故に貴方達を?」

村娘「自由になりたくはないかと聞かれたよ。力になりたいとも言ってた」

村娘「そう言われた時、あたし達は初めて助けを求めたんだ。何が起きたのか、何をされたのか、すべて話したよ」

狩人「彼を信用した理由は?」

村娘「声を聞いてくれたからだよ。泣いて何言ってるのか分からないのに、それでも傍にいてくれた」

狩人「他には?」

村娘「他には何も。後は俺がやるから、お前達は待っててくれって、それだけさ」


狩人「(ふむ……)」

村娘「ただ、心底憎んでるのは確かだと思う。悪魔だと言ってたから」

狩人「村人を悪魔と?」

村娘「そう。あんな行いは人間には出来ないって言ってたよ。あたしもそう思う。今でもね」

狩人「(やはり、自身の過去と重ね合わせたとして間違いはなさそうだ。衝動的とも言えるが)」

狩人「(強い憎しみと、復讐の念が根底にあるのだ。激情に振り回されているのかもしれない)」

村娘「質問は終わりかい?」

狩人「いや、もう少しだけ。殺人を好む傾向にあると感じたかな?」

村娘「そんな風には思わなかったね。あたし達に笑いかけた顔は、とっても優しかったから」

狩人「優しい? 貴方達を助けるだけならば殺人を犯す必要はなかった。私はそう思うがね」

村娘「あんたには分からないさ」

狩人「何か理由が?」

村娘「話したところで理解出来ないよ。あんたのような、強い人間にはね……」


狩人「彼は理解していたと?」

村娘「多分ね」

狩人「……ふむ。では、もう一つ。彼女、僧侶について何か知っているかね?」

村娘「特に何も、考え込んでるみたいで話すことは殆どなかったよ」

狩人「………」

村娘「そろそろいいかい?」

狩人「ああ、参考になったよ。最後に一つ。此処へは個人的に来た。貴方への調査を命じられたわけではない」

狩人「貴方が勇者と関わったことは口外しない。それについては安心してくれたまえ」

村娘「それはどうも」

狩人「では、私はこれで」

村娘「……ねえ、あたしからもいいかい?」

狩人「何かな?」

村娘「あんた、あの人を殺すつもりなんじゃないのかい?」

狩人「まさか、私の目的は捕らえることだ。戦うのが目的ではないよ」


村娘「その言葉、信じても良いんだね?」

狩人「ああ、勿論だとも」

村娘「………」

狩人「………」

村娘「………正しいやり方では救われない奴もいるんだ。あたし達みたいにね」

狩人「覚えておこう」

村娘「っ、それじゃ」

ガチャ パタンッ

村娘「はぁ……」

少女「お姉ちゃん」

村娘「あっ、待たせたね。さて、料理の続きーーー」

ぎゅっ

村娘「どうしたんだい?」

少女「……ここには、来ないよね?」

村娘「!!(こんなに震えて……ここ最近は大丈夫だったのに……)」

少女「お姉ちゃん、この家には来ないよね? 大丈夫なんだよね?」

村娘「っ、大丈夫。もう大丈夫だよ」

村娘「あの連中はもういない。旅人のお兄ちゃんが、勇者がやっつけてくれたんだ」


少女「ほんとう?」

村娘「本当に本当さ。悪い奴はもういない。だから、怖がることはないんだよ?」

少女「……うん」

村娘「もう少し、こうしてようね」

村娘「もう大丈夫。お姉ちゃんは何処にも行かないから。皆が帰って来たら、ご飯食べようね」

少女「うん……」

村娘「(傷は消えない。終わってなんかいない。私にも、皆にも、ずっと続く)」

少女「お姉ちゃんはこわくないの?」

村娘「お姉ちゃんは大丈夫。あんたが一緒にいれば怖くない。幾らでも強くなれる」

狩人「(…………成る程)」スッ

ザッザッザッ

少女『……ここには、来ないよね?』

少女『お姉ちゃん、この家には来ないよね? 大丈夫なんだよね?』

狩人「(だからか、だから勇者は村人を……ああいう類の正義を貫く輩は実に厄介だ)」

狩人「(性格上、素直に聞き入れはしないだろう。やるべきことに変わりはないが、一人では手こずりそうだな)」

狩人「(……ふむ。向こうに着いたら助手でも捜してみようか。使える者がいればいいが……)」


【#2】真偽

ガヤガヤ

兵士「(街の住人は呑気なものだ)」

兵士「(自分達だけは安全だとでも思っているのだろうか? 知らないというのは幸せだな)」

トントン

兵士「?」

衛兵「よう、お疲れ」

兵士「お疲れ様です。随分と遅かったですね。今から昼食ですか?」

衛兵「ああ、地下の調査に時間が掛かってな。まったく酷い有様だよ。教会はどうだった?」ストッ

兵士「教会も同様です。修道騎士団の従士1名だけが生存していました。気が触れているようでしたが」

衛兵「生き残りは一人か。皆殺しと変わらないな。しかし、一夜にして全滅するとは……」

兵士「あれは、事実なのでしょうか?」

衛兵「勇者の仕業って話か?」

兵士「はい、勇者とは国王陛下と教皇によって正式に認められた人物です。民も我々も、そう認知しています」

兵士「そんな人物があのような凶行に及ぶなんて、俄には信じられませんよ」

衛兵「………」モグモグ

兵士「先輩はどう思いますか?」

衛兵「さあな、俺にも分からないよ。だが、上がそう言ってる。既に部隊は編成されてるって話だ」

衛兵「勇者を捕らえるのか、それとも殺すのか。我々国王軍か教皇庁か、どちらが捕らえるかで話はまた変わる」

衛兵「どちらにせよ、勇者には居場所も逃げ場もない。世界を敵に回したようなものだからな」モグモグ


衛兵「ただ」

兵士「?」

衛兵「ただ、何かあるのは確かだろう」

衛兵「罪人を逃がす為に騎士を皆殺しにするなんて有り得ない。流石に無理がある」

兵士「裏があると?」

衛兵「大体、何故勇者が騎士を殺す? 得るものはなく、全てを失うだけだ。そんな真似をする意味が分からない」

衛兵「正直な話、彼を陥れる為の罠か何かだとしか思えない。あんな取って付けたような説明では納得出来ない」

衛兵「もし本当に彼の仕業だとするなら、そうせざるを得ない何かがあったんだろう。何かがあって、そうしたんだ」

兵士「そうせざるを得ない何か、ですか?」

衛兵「俺はそう願いたいね。勇者が人間を裏切ったなんて考えたくもない」モグモグ

兵士「そうですね……」

衛兵「ふぅ、ごちそうさま」

兵士「………」

衛兵「どうした、急に黙り込んで」

兵士「実は、気になることがありまして」

衛兵「気になること? 何だ、話してみろ。溜め込んでも良いことないぞ」

兵士「教会の地下室で従士を発見したのは自分なんです。何があったのかと問うた時、彼は……」


衛兵「………」

兵士「彼はとても怯えた様子で、騎士達は突如として殺し合ったのだと、そう言いました」

衛兵「殺し合った?」

兵士「はい。他にも、これは全て悪魔の仕業だとか、自分は異端者ではないとか……」

兵士「何を訊ねてもそればかりを呟いて、最後には暴れ出したんです」

衛兵「気が触れていたんだろう? お前が言っていた通りじゃないか」

兵士「気が触れているのは確かだと思います。しかし、階段の遺体はどれも切り口が違っていました」

兵士「おそらく、別々の人間がやったのだと思います。どの遺体も武器を握ったままでした。殺し合ったというのは嘘ではないかもしれません」

衛兵「色々と引っ掛かるのは分かる。あんな話をしたばかりだからな。しかし、それだけでは何ともーーー」

兵士「それだけじゃないんです」

衛兵「何?」

兵士「遺体が足りないんですよ」

兵士「聖堂には四散した肉片や骨がありました。しかし、遺体が何処にも見当たらない」

兵士「勿論、同行者である僧侶が魔術を行使したという可能性もあります。或いは他の者の仕業かも分からない」

兵士「そういった可能性を一切考慮せず、全ては勇者の仕業であるとしている。それが不可解なんです」


衛兵「確かに。となると本当に……」ウーム

兵士「……あの、先輩」

衛兵「ん?」

兵士「調べてみませんか?」

衛兵「本気か?」

兵士「はい」

衛兵「お前の気持ちは分かるよ。俺だって真実を知りたいさ。でもな、その先を考えろ」

兵士「危険だということですか?」

衛兵「それだけじゃない。危険を冒して真実を知ったとして、その先はどうするってことだ」

衛兵「何かを変えたいのか? 上に真実を話せとでも言う気か? 言っとくが、そんなことは不可能だぞ?」

衛兵「言いたかないが、俺達のような者には何も変えられない。勇者のようにはなれないんだ」

兵士「分かっています。自分はただ……」

衛兵「何だ、言ってみろ」

兵士「自分はただ、納得して戦いたいんです」

兵士「もし何かを隠蔽しようとしているのなら、そうした理由が知りたい」

衛兵「それが到底許容出来ない事実だとしてもか? だからこそ隠蔽しているのかもしれないんだぞ?」

兵士「そうだとしても、疑問を抱いたままで戦うよりはマシです」

衛兵「……分かった。仕方ない、付き合うよ。放っておいても一人でやりそうだしな」


兵士「すみません……」

衛兵「いいさ。俺が焚き付けたようなものだしな。但し、今夜だけだ」

兵士「何故です?」

衛兵「何度も忍び込めるとは思えない。今夜中に何も見付けられなければ諦めろ」

衛兵「ヘマをしたら俺達は勿論、隊の仲間にも疑いの目が向くかもしれない」

衛兵「だから、今夜が最初で最後だ。何もなければ、それで納得しろ。俺もそうする。いいな?」

兵士「……はい。分かりました」

衛兵「そんな顔するな。やるからには本気でやる。きちんと協力するよ。俺だって知りたいからな」

兵士「先輩…ありがとうございます……」ペコッ

衛兵「今夜だけだぞ? 忘れるな?」ニコッ

兵士「はいっ!」

衛兵「決まりだな。準備は俺がしておく。細かいことは夜に話そう」ガタッ

兵士「分かりました。では、夜に」

衛兵「そわそわして気取られるなよ? いつも通りにしろよ?」

兵士「はい、了解しました」

衛兵「じゃあ、夜にな」

ザッザッザッ

衛兵「(見張り番でも代わって貰うか。教会か騎士団本部か、どちらかを調べられれば御の字だ)」

衛兵「(出来ない場合は潔く諦めるしかないだろう。こればかりは運次第だな……)」

ここまでとします。

体調が優れず、中々書けませんでした。申し訳ありません。
続きは近い内に投下します。


【#3】暴きの瞳

兵士「騎士団本部の地下」

衛兵「ああ、お前は教会を見てるからな。調べるなら地下の方がいいだろう」

衛兵「調べられるのは地下だけだ。見張りを代わったのは良いが時間は限られてる。良いな?」

兵士「了解しました」

衛兵「一応、こっちの服に着替えておけ。その方が楽に入れるだろう」

兵士「済みません。何から何まで任せてしまって……」バサッ

衛兵「いいさ、気にするな。さて、まだ時間があるな。何か気になることはあるか?」

兵士「地下には何かありそうでしたか? 何か気になった点は?」

衛兵「いや、俺は何も見付けなかった」

衛兵「と言うか、何かを気にしてる暇はなかった。教会とは違ってそこら中に遺体があってな。俺は搬送が主だったんだ」

兵士「………」

衛兵「安心しろ。そう簡単に痕跡は消せないさ。幾ら有能な連中でも痕跡の抹消は不可能だ」

兵士「そうでしょうか……」

衛兵「ああ、もし本当に隠蔽しようとしているなら何かしらは残っている」

衛兵「どんなに些細なことも見逃さなければ必ず見付けられる。と言うか、それが出来なければ何も掴めないぞ?」

兵士「っ、そうですよね。了解しました」

衛兵「だが、限られた時間でそれを見付けるのは困難だろうな。そればかりは運だ」


兵士「運ですか?」

衛兵「運は大事だぞ? 幸運の後には不運が、不運の後には幸運が来るって言うだろう?」

兵士「少々意外です。先輩はそういったものは信じていないと思ってました」

衛兵「信じてるというか、何だろうな……理屈では説明出来ないこともあるだろ?」

衛兵「運と言うより偶然ってやつだな。そういうものに助けられる時もある。その逆もな」

兵士「なるほど。しかし、深く考えると怖ろしい話ですよね。何か、人智を超えた力が働いているようで……」

衛兵「そんな何かがいるなら、さっさと世の中を良くして欲しいもんだ。さて、そろそろ時間だな」

衛兵「いいか、何か異変があればすぐに中止だ。例え何かを見付けてもだ。いいな?」

兵士「了解しました」

衛兵「改めて聞くが、これは疑いを晴らす為であって何かを証明する為じゃない。そうだな?」

兵士「はい。自分は知りたいだけです。混乱や更なる疑念を招くつもりはありません」

兵士「何もなければ、それで納得します。金輪際このようなことはしません。追求もしません」

衛兵「……それを聞いて安心したよ。さ、行こう」ザッ

兵士「先輩」

衛兵「どうした?」

兵士「協力ありがとうございます。それから、自分の我が儘に付き合わせてしまって申し訳ありません」

衛兵「良いんだよ。昼間に言っただろ? 俺も知りたいってな。ほら、行くぞ」

兵士「はいっ!」

ザッザッザッ…


>>お、来たか

衛兵「無理を言って済まないな」

>>そっちが例の?

衛兵「ああ、そうだ」

兵士「………」

>>しっかり見張れよ? ヘマしたら懲罰じゃあ済まないからな

兵士「はい(深い意味はなさそうだ。考えすぎか……)」

衛兵「どうした?」

兵士「いえ、少し肌寒いなと思いまして」

衛兵「そう感じるのも無理はない。気分の良い場所じゃないからな……さあ、下りるぞ」

兵士「……はい」

コツコツ…

兵士「(一段毎に不気味さが増していくようだ)」

兵士「(嫌な空気だ。充満した湿気が纏わり付いてくる。こんなのは体感したことがない)」

兵士「(この先で何が起きたのか、見なくとも容易に想像出来る。肌が、粟立つ……)」


キィィィ

兵士「………っ」

衛兵「大丈夫か?」

兵士「は、はい。少しだけあてられたようです。でも、この程度なら影響はありません。始めましょう」

衛兵「ああ、そうだな。別れて探索しよう。何かあれば言ってくれ。俺は入り口近辺を見てみる」

兵士「了解。自分は牢獄付近を見てきます」ザッ

ザッザッザッ

兵士「………」

兵士「(錆び付いてはいるけど強度は問題なさそうだ。この辺りは無理矢理開けられた形跡があるな)」

兵士「(ひしゃげている。素手でやったのか? 血痕と血塗れの足跡。同じ跡が数ヶ所ある)」

兵士「此処に立って、格子を掴んだ……」スッ

兵士「(ひしゃげているのは此処までだ。他は牢は鍵で開けられている)」

兵士「(妙だな。鍵があるなら、何故最初から鍵で開けない? 何か問題でも起きたのか?)」

兵士「(それに、僧侶の足跡がない。共に戦ったのなら彼女の足跡も残るはずだ)」

兵士「……此処にはいなかったのか?」

兵士「(魔術による破壊は見られない。床や壁にあるのはどれも物理的な傷だ)」

兵士「(向こうも見てみよう。地面に何かしらの痕跡があるかもしれない。しかし、やけに広いな……)」ザッ


兵士「………」

ザッ

兵士「(土の盛り上がり、焦げ跡、何でもいい。何かあってくれ)」

ジャリッ

兵士「……?」スッ

兵士「(硝子片? 分厚いな。それらしいものは何もなかったけど、何でこんなところに?)」

兵士「(この辺りだけ何もないな。血の跡も、何も……いや、あったのか? あったから、ないんだ)」

兵士「(此処には何かがあったんだ。だから血の跡も何もなかった。しかし何が?)」

兵士「(広くししてるのは何かを設置していたからだ。そうでなくてはこの区画を設ける意味がない)」

兵士「(ほんの僅かに擦ったような跡がある。大きい、箱のようなものだ。それが幾つもある)」

兵士「(想像すると異様な光景だ。此処は本当に監獄なのか? 何か別の目的があったんじゃないのか?)」

兵士「(大体、こんなものが置いてあったら気付かないはずがない。嫌でも目に入るはず……)」

衛兵『いや、俺は何も見付けなかった』

衛兵『と言うか、何かを気にしてる暇はなかった。教会とは違ってそこら中に遺体があってな。俺は搬送が主だったんだ』

兵士「なら、先輩は……」

衛兵「この場合、運が良かったと言うべきなのかどうか分からないな……」


兵士「!!」バッ

衛兵「お前は凄い奴だよ。目が良い。勘も良い。そんなものを見付けるなんてな」

兵士「どういうことです……」ザッ

衛兵「そう構えるな。俺は何もしない」

コツ…コツ…

兵士「(誰か来る。見たことのない服だ。あれは兵士じゃない。何だ、この悪寒は……)」

衛兵「お前のお陰で助かったよ」

兵士「(先輩は何を言ってるんだ? 理解出来ない。僕は殺されるのか?)」

コツ…コツ…

衛兵「条件は揃ってる。これで良いんだろう?」

狩人「ああ、君に用はない」

兵士「先輩、待って下さい!! これは一体どういうことなんです!?」

狩人「説明は私がしよう。行きたまえ」

兵士「先輩!!」

衛兵「…………悪いな」ザッ

ザッザッザッ…

兵士「そんなっ…」

狩人「そう怯えることはない。私が疑問に答えよう。知れば、怖れは消えるさ」


兵士「あ、貴方は一体……」

狩人「私は狩人。自己紹介は後にして答え合わせをしようじゃないか」

兵士「何をーーー」

狩人「彼も運が悪い。あるはずのないものを見てしまった。偶然とは怖ろしいものだ」

兵士「……僕を、売ったのか」

狩人「察しが良いじゃないか。概ねその通りだ。見て、知って、彼は殺されるはずだった」

狩人「だが、私が条件を出した。真実を見定める瞳を持つ者を差し出せば助けてやるとね」

狩人「結果を見れば彼は運が良い。君を差し出し、見事生き延びることが出来たのだから」

兵士「此処はただの監獄じゃない。先輩は何を見たんですか」

狩人「ははは。君は面白いな。知識欲が恐怖に勝っている。実に素晴らしい逸材だ」

兵士「答えて下さい」

狩人「……ああ、答えるとも。此処は地下錬金施設。人体から魂を抽出、聖水を精製していたのだよ」

兵士「勇者はそれを知って……騎士団との衝突はそれが原因で……」

狩人「彼には許せなかったのだろうね。全ては人間の為だと言うのに、愚かなことだ」

兵士「………」

狩人「このような施設があるのは此処だけではない。人は今、数多の人命の上に立っている」


兵士「上に立つ?」

狩人「ふふっ。良い生徒だな、君は。まあいい、教えようじゃないか……」

狩人「今や世に蔓延る魔物。それが都に侵入出来ない理由は何だと思うね?」

兵士「………」

狩人「外壁の真下。水路に似せて張り巡らせた陣に聖水を流しているのだよ。仕組みは街によって異なるが、都では常に流れている」

狩人「失われた多く命が、今も流れ続けている。民には知らされていない秘密だ」

兵士「何故、それを僕に……」

狩人「君は知りたいのだ。善悪に囚われず、知りたいのだよ。それは生まれ持った性だ」

狩人「私は君のような存在を捜していた。私情に流されず、真実を優先する人間を」

兵士「僕はそんなーーー」

狩人「惚けるのはやめたまえ。私が真実を告げた時、君はどうした? 驚きさえしなかった」

兵士「(そんなことは、ない……)」

狩人「知識、真実を得るためならば死をも怖れない。君は超絶の精神を持っているのだよ。片眼を失った彼のようにね」

兵士「……何と言われようと構いませんよ。僕に何をしろと言うんです?」

狩人「私と共に来い。君は良い助手になる。求めるものは与えよう」

兵士「僕が行かなければ先輩は助からないんでしょう?」


狩人「ああ。君が断れば、彼は死ぬ」

狩人「彼だけではない。知ってしまった以上、君にも消えてもらわなければならないだろう」

狩人「喋られては困るからね。非常に残念だが、そうせざるを得ない。全ては人の為だ」

兵士「ひ、人の為人の為って、何なんですかそれは!!」

狩人「聖水が生命で造られていると知ったらどうなるかね?」

兵士「それは……」

狩人「そう、知らなくて良いのだよ」

狩人「ただ待っていれば良い。新たな時代が訪れるまでは目隠しをしなければならない」

兵士「目隠し?」

狩人「醜さになど気付かなくていい。残酷な現実など見なくともいい」

狩人「いずれ人の醜さを知る者は消えるだろう。そして、穢れを知らない美しい時代がやってくる。私はその為に戦うのだよ」

兵士「(この人は、本気だ……)」

狩人「さあ、どうする?」

兵士「(っ、選択肢なんてない。そんなの断れるはずがないじゃないか)」


狩人「答えたまえ」

兵士「…………きます」

狩人「もう一度」

兵士「行きます」

狩人「結構。君は今この時より私の助手だ」

狩人「さあ、私に付いて来たまえ。旅立ちの前に酒でもご馳走しよう」

兵士「別にそんなことしなくてもーーー」

狩人「私がそうしたいのだ。君は表情が固い。飲めば緊張も解れるだろう」

狩人「今日は実にめでたい日だ。自己紹介も兼ねて、じっくり話そうじゃないか」ニコニコ

兵士「(悪い人ではなさそうだけど気持ちが付いて行かない。でも、こんなに綺麗な人が何でーーー)」

狩人「何かな?」

兵士「いえ、何でもないです。あの、旅の目的は?」

狩人「勇者を捕らえ、勇者を手に入れる。それだけだよ。さあ、早く行こう」

兵士「捕らえるって……」

狩人「彼は要らざることをしたのだ。あろうことか材料を解放して逃亡した」

狩人「分かるかな? 危うく目隠しが外れるところだった。それは好ましくない、非常にね」


兵士「だから彼を?」

狩人「当然の判断だろう。彼の正義は弱者を救うが、同時に多くの悲しみを生む」

狩人「彼からすれば悪魔なのだろうが、此処で散った騎士にも家族がいた。彼は危険なのだよ。良くも悪くも、刺激が強すぎる」

兵士「………」

狩人「私が嫌いか?」

兵士「好きとか嫌いとか、そういう話じゃ……ただ、分からないだけです」

狩人「今はそれでいい。君はただ、私に付いてくる他にないのだから」

兵士「………先輩は、助かるんですよね?」

狩人「勿論だとも。そういう約束だ」

兵士「(良かった……)」ホッ

狩人「フフッ。君は変わっているな」

兵士「そんなことはないと思いますけど……」

狩人「普通なら自分を売った人間を気に掛けはしないよ。怒り、憎むだろう」

狩人「それに加え、他人の生死には敏感なのに自分の生死には鈍感だ。更には知的好奇心と欲求。自覚はないだろうが君は中々に……」

兵士「?」

狩人「いや、何でもない。急ごう」

コツ…コツ…

兵士「………」

狩人「(……中々に、狂っているよ)」

ここまでです。


【#4】狩人の夜

狩人「掛けたまえ」

兵士「………」トスッ

狩人「酒を持ってこよう。少し待っていてくれ」

コツ…コツ…

兵士「(言われるままに付いて来たけど大丈夫だろうか。助手と言っていたけど本当なのか?)」

兵士「(あの人が何を考えてるか分からない。いきなり首を斬られたりしても不思議じゃないぞ)」

兵士「(いや、やめよう。此処まで来たんだ。腹を括るしかない。何か別のことを考えよう)」

兵士「………」キョロキョロ

兵士「(この家、貴族でも住んでたのかな)」

兵士「(剥製に毛皮、高価な燭台と食器類。部屋の内装も随分と凝ってる。ん? あれは何だろう?)」

兵士「(何だか変わった形をしてる。分類としては曲刀になるのか? 大きいし、使い手を選びそうだ)」

狩人「あれに興味があるのかね?」

兵士「っ!?」ビクッ

狩人「これは失礼。驚かせてしまったかな?」ニコ

兵士「(絶対わざとだ。はぁ、死ぬかと思った。と言うか、生きた心地がしない……)」


狩人「さてと」トスッ

狩人「待たせて申し訳ない。置いてあるのはどれも良い酒でね。少々迷ってしまったよ」

トクトク…コトッ…

狩人「では、乾杯」スッ

狩人「…コクンッ…うん、これは良い酒だ。あまり詳しくないが、そうに違いない」

兵士「………」

狩人「ははは。そう怖がらなくても大丈夫だ。毒など入っていないよ」

兵士「いや、別に疑っていたわけでは……」

狩人「フフッ、本当かな? まあ、無理して飲む必要はないよ。少しばかり寂しいが我慢しよう」

兵士「いえ、頂きます…コクンッ…」

狩人「美味しいだろう?」ニコリ

兵士「とても飲みやすいです。あまり飲まないので味とかは分からないですけど……」

狩人「気に入ってくれて良かったよ」

兵士「(正直、酔わないと保てそうにない)」

狩人「ああ、そうだった。自己紹介がまだだったね。私は狩人、勇者捕縛の命を受けた者だ」

兵士「えっと…兵士です。軍には志願して入隊しました。他には何もないです」


狩人「年齢は?」

兵士「17です。あの、狩人さんは?」

狩人「ああ、これは済まなかった。私は十九だ」

兵士「えっ!? あっ、失礼しました」

狩人「ははは。別に構わないさ」

兵士「(凄く落ち着いてるから二十代半ばくらいかと思った。大人っぽい人だ)」

狩人「君と出逢えて良かったよ」

兵士「ングッ、ケホッ…ケホッ…」

狩人「大丈夫かい?」

兵士「ケホッ…はい、何ともないです。そ、それより聞きたいことが」

狩人「何だね?」

兵士「地下錬金施設のことです。監獄にいたのは本当に罪人なのですか?」

狩人「あそこにいたのは難民だ」

兵士「……隠さないんですね」

狩人「教えると言ったからね」

兵士「あの話は、やはり偽りだったんですね。勇者は難民を救出する為に戦っていた」


狩人「理由はどうあれ、彼は叛逆者だ」

兵士「しかし、それではあまりにーーー」

狩人「私に言わないでくれ。君と善悪について議論する気はないよ。楽しくないからね」

兵士「………」

狩人「いいかね? これは善悪の問題ではない。聖水の加護がなければ人は生きていけないのだ」

狩人「納得するしないの話でもない。あれがなければ、滅びてしまうのだからね……」

兵士「(……そうか、狩人さんは分かっているんだ。人間が間違いを犯していることを)」

狩人「後悔しているのか?」

兵士「後悔というか複雑な気持ちです。やり方はどうあれ、人々を守る為に行動している」

兵士「難民を救い出した勇者も、人の存続に尽力する国も、どちらも分かります。相容れないのだと言うことも……」

狩人「………」

兵士「知りたかったのは認めます。でも、真実を受け入れられるかどうか分かりません」

狩人「真実とはそういうものだよ」

狩人「輝いて見えたそれが、ひとたび近付けば目を被いたくなるほどに醜く歪む。だから、人はそれを必死に隠す」


兵士「………」

狩人「ん? 私の顔が気になるのか?」

兵士「い、いや、別にそういうわけでは……」

狩人「ふむ。気のせいか」

兵士「(一瞬、存在が薄らいだように見えた。どこか悲しげで、今にも消えてしまいそうな……)」

兵士「(彼女も何かを知ったのだろうか? 一体何を知れば、あんな表情が出来るんだろう)」チラッ

狩人「…コクッ…」

兵士「(病的なまでに白い肌、凍て付いたような瞳、どう見ても戦に不向きな華奢な体)」

兵士「(それなのに、不思議と勝てる気がしない。彼女を女性として見るのが躊躇われるくらいだ)」チラッ

狩人「………」ジー

兵士「!!」

狩人「少し手を伸ばせば簡単に触れられる距離だ。盗み見るような真似をしなくてもいいだろう」

狩人「それに、観察するようにちらちらと見られるのは気分が悪いな」

兵士「申し訳ありませんでした……」

狩人「私に興味があるのか?」

兵士「は? いや、興味と言えばそうですけど、その、狩人さんは女性ですよね?」


狩人「失礼な奴だな」

兵士「違います。決してそういう意味ではーーー」

狩人「違う? なら、どういう意味で言ったのかね?」

兵士「それはその、何故貴方のような女性が危険な旅をするのかと疑問に思ったんです」

狩人「命を受けたと言ったはずだが」

兵士「そうじゃなくて……いや、もういいです。忘れて下さい」

狩人「何だそれは、弁明するならしっかりしたまえ」

兵士「……差別的な意味ではなくて、女性一人では大変ではないかと言いたかったんです」

狩人「最初からそう言えばいいものを、妙なところで気を遣うんだな、君は」

兵士「(そう言うと怒らせてしまいそうだから言えなかったんですよ……)」

狩人「……ふむ」

兵士「?」

狩人「成る程、理解した。先程の熱っぽい視線はそういうことだったのか。君、私に惚れたな?」

兵士「なっ、違いますよ!!」

狩人「何を焦っている。冗談だよ」

兵士「からかうつもりなら真剣な顔で言うのはやめて下さいよ。吃驚しますから……ゴクゴク…」

狩人「それは済まなかったね。む、こんな時間か、私はそろそろ風呂に入ってくるよ」

兵士「ッ…ケホッ…ケホッ…気が利かなくて申し訳ありません!! すぐに帰ります!!」ガタッ


狩人「何を言ってるんだ君は」

兵士「僕は何一つおかしなことは言ってないですよ。帰ります」

狩人「明日から共に旅にするんだ。今日はこの家に泊まると良い」

兵士「(まるで話を聞いていない……)」

狩人「どうしたのかね? 何か不都合が?」

兵士「いや、気持ちは有難いですけど荷物とかあるのでーーー」

狩人「安心したまえ。君の荷物なら既に寝室に運ばせてある」

兵士「……ありがとうございます」

狩人「此処は貴族の屋敷だったようだ。旅に出れば風呂になど滅多に入れない。堪能するといい」

兵士「……そうします」

狩人「風呂は私の後でも構わないかね?」

兵士「お先にどうぞ、僕は暫く後に入りますから……」

狩人「そうか、では先に入るとしよう」コツコツ

ガチャ パタンッ

兵士「(はぁ、振り回されてばかりだ……)」

兵士「(まさか荷物まで運び込まれてるとは思わなかったな。全ては狩人さんの手の内か)」

シーン…

兵士「(………明日から旅に出るのか、まるで現実感が湧かない。勇者を捕らえるだなんて可能なんだろうか)」


狩人「何を言ってるんだ君は……」

兵士「いやいや、僕は何一つおかしなことは言ってないですよ。帰ります」

狩人「明日から共に旅にするんだ。今日はこの家に泊まると良い」

兵士「(まるで話を聞いていない……)」

狩人「どうしたのかね? 何か不都合でも?」

兵士「気持ちは有難いですけど荷物とかあるのでーーー」

狩人「安心したまえ。君の荷物なら既に寝室に運ばせてある」

兵士「……ありがとうございます」

狩人「此処は貴族の屋敷だったようだ。旅に出れば風呂になど滅多に入れない。堪能するといい」

兵士「……そうします」

狩人「風呂は私の後でも構わないかね?」

兵士「お先にどうぞ、僕は暫く後に入りますから……」

狩人「そうか、では先に入るとしよう」コツコツ

ガチャ パタンッ

兵士「(はぁ、振り回されてばかりだ)」

兵士「(全ては狩人さんの思惑通りか。まさか荷物まで運び込まれてるなんて思わなかった……)」

シーン…

兵士「(………旅か。まるで現実感が湧かない。勇者を捕らえるだなんて、そんなことが可能なんだろうか)」


【#5】旧き名を

兵士「はぁ……」

兵士「(失敗した。先に部屋の場所を聞いておけば良かった。勝手に探すわけにもいかない、お風呂から上るまで待っていよう)」

シーン…

兵士「(……結構長いな)」

兵士「(それも当然か。狩人を名乗っていても女性なんだ。きっと、髪の手入れとか大変なんだろう)」

兵士「(しかし不思議だ。彼女ような女性なら戦わなくても生きていける。嫁ぐとか、奉公に出たりとか、方法は幾らでもある)」

兵士「(そういう生き方に抵抗があったのか? だから戦う道を……いや、止めておこう。失礼だ)」

狩人「おや、まだ此処にいたのか」

兵士「ひぃ!!」ビクッ

狩人「ははは。何だ今の情けない声は、君は本当に面白いな」

兵士「……狩人さん、足音を消して近付くのはやめて下さい。お願いします」

狩人「で、どうしたのかね? 私を待っていたのか?」

兵士「(頼むから話を聞いて欲しい)」

狩人「何かな?」

兵士「……いえ、何でも。部屋の場所を聞いていなかったので案内して頂けますか」

狩人「ああ、そう言えばそうだったね。すっかり忘れていたよ」


兵士「(意外と抜けてるのかな……)」

狩人「風呂そっちの扉を出て一番奥にある。君の寝室はこっちだ。来たまえ」

コツ…コツ…

兵士「(こんな屋敷に泊まるのは初めてだ。何だか歩いているだけで緊張するな)」

狩人「此処だ」

兵士「ありがとうございます」

狩人「今日はゆっくり休みたまえ。明日からは忙しくなるからね」

兵士「あの」

狩人「何かな?」

兵士「勇者を捕らえると言いましたが、居場所は分かるのですか? 手掛かりがなければ追うのは困難だと思いますが」

狩人「そう言えば話していなかったな。安心したまえ。手掛かりはある」

兵士「手掛かり。既に捜索を?」

狩人「そうではないよ。存在を感じるのだ」

兵士「あの、意味が」

狩人「説明するのは少々難しい。魂の音色とでも言うべきか、それが非常に強く発せられている」

兵士「魂の音色……」

狩人「ああ、彼のそれはこの世に二つとない稀有なものだ。この街で事件が起きた時と同じくして、それは突然感じられるようになった」


狩人「力の発露、或いは暴走か……」

狩人「理由は解明出来ていないが、彼のものに違いはないだろう」

兵士「あの、そんなものをどうやって? 僕には何も感じませんよ?」

狩人「ははは。いずれ分かるさ」

狩人「その方法は旅の中で授けよう。気になるのは分かるが、今日はもう休みたまえ」

兵士「す、すみません。引き留めてしまって……」

狩人「構わないよ。君はそれでいい」

兵士「………」

狩人「……君は私の助手だ。明日から宜しく頼むよ?」

兵士「は、はい、了解しました」

狩人「では、私はそろそろ休むとしよう。今日は疲れただろう? 風呂に入って、ゆっくり休むといい」

コツ…コツ…

兵士「狩人さん」

狩人「?」

兵士「明日から宜しくお願いします。お休みなさい」

狩人「お休み。良い夢を」

コツ…コツ…

兵士「(何をすれば良いのか分からないけど行くしかない。役に立たないと分かれば消されるかもしれないんだ)」

兵士「(……駄目だ。どうしても悪い想像ばかりしてしまう。お風呂に入って休もう)」


ーーー
ーー


兵士「んっ、眩し…」

狩人「よく眠れたかね?」

兵士「ひぃ!!」ドタッ

狩人「くくっ、ははは」

兵士「は、ハハハじゃないですよ!! 悪戯はやめて下さい!! って言うか何してるんですか!?」

狩人「悪戯ではない。君が中々目を覚まさないものだから起こしに来たのだ。感謝したまえ」ウン

兵士「(ああ言えばこう言う。子供じゃないんだから……)」

狩人「何だ、不満かね?」

兵士「……いえ、有難いです。でも、普通に起こして下さい。お願いします」

狩人「着替えも持ってきた。今日からは制服ではなく、これを着用するように」

兵士「(無視か……)」

狩人「何をしている。早く着替えたまえ」

兵士「分かりました。今すぐ着替えますから出て行って下さい」


狩人「む、何だかキツい物言いだな」

兵士「……今すぐ着替えますので部屋の外で待っていて下さい。お願いします」

狩人「良いだろう」

ガチャ パタンッ

兵士「(人をからかうのが好きなのか? 思っていたより子供っぽいのかもしれないな)」ヌギヌギ

狩人『出来たかね?』

兵士「まだですよ!! 分かってて聞いてるでしょう!?」

狩人『ははは』

兵士「(また笑ってるよ。気に入られたのか馬鹿にされてるのか……早く着替えよう)」

兵士「(何か、外套みたいな感じだな。昨夜、狩人さんが着ていたものと似ている)」バサッ

兵士「(よし。えっと、荷物はこれだけか、大体は支給された物だったからな……行こう)」

ガチャ パタンッ

兵士「お待たせしました」

狩人「うむ。中々に似合っているよ。ところで、昨夜は眠れたかな?」

兵士「お酒を頂いたので、すぐに眠れました」

狩人「そうか、それは良かった。さあ、朝食を食べよう。用意はしてある」

コツ…コツ…


兵士「(あ、いい匂いがする)」

狩人「さ、掛けたまえ」

兵士「あ、はい。あの、これは狩人さんが作ったんですか?」

狩人「ああ、家庭料理を作るのは初めてだが、きっと美味いだろう。私が作ったのだからね」

兵士「(その根拠のない自信はなんなんですか、味見くらいして下さいよ……)」

狩人「では、頂こうか」モグモグ

兵士「………」

狩人「おや、食べないのかね? 中々美味しく出来ているよ?」

兵士「(何か妙なことしてないか不安だけど、食べないのは失礼だ。もし悪戯してたら怒ろう)」モグモグ

兵士「……あ、美味しい」

狩人「フフッ、そうだろう。遠慮せずに食べたまえ」

兵士「は、はい。ありがとうございます」

モグモグ…

兵士「……ごちそうさまです。あの、食器は何処に?」

狩人「いや、片付けはしなくていい。それより、話しておくことがある」


兵士「話しておくこと?」

狩人「君はもう兵士ではない。兵士の君は昨夜に死んだ。近い内にご家族にも連絡が行くだろう」

兵士「(存在の抹消。秘密を知った以上、生かして帰すことは出来ないと言うことか……)」

狩人「冷静だな。それでいい」

兵士「狩人さん」

狩人「何かな?」

兵士「……先輩は本当に無事なんですか? 軍が許すとは思えない」

狩人「私は約束を守った。軍がどうするかなど知ったことではないよ」

兵士「そんなっ……」

狩人「運が良ければ今も生きているだろう」

狩人「しかし、彼の生死を確かめる術はない。君は今日から、彼とは別の道を歩むのだから」

兵士「………」

狩人「何を悲観する。これは君が選んだ道だ」

狩人「私と出会ったのはその結果に過ぎない。秘密を暴き、真実を求めたのは君だ」

兵士「っ、分かっています」

狩人「結構。君は今から助手と名乗りたまえ」

助手「……はい。了解しました」

狩人「新しい人生を歩むのだ。君にはもう、悔いる過去などない。私が何もかもを見せてやろう」


助手「何もかも……」

狩人「そうだ、君は旅を通して様々なことを知るだろう。そして、全知の者となる」

狩人「君はただ付いて来ればいい。それが今の君に出来る唯一なのだからね」

助手「(全知? 何を言ってるんだ。まるで意味が分からない……)」

狩人「疑問は必ず解ける。だが、今ではない。さあ、馬は手配済みだ。そろそろ出発しよう」

コツ…コツ…

助手「………」ザッ

狩人「(そうだ、君は抗えない。私と出会う前から魅入られているのだ。何もかもに)」

キィィィ バタンッ…

狩人「君はそちらに乗りたまえ」

助手「はい…」

狩人「新たな門出だ、そう暗い顔をしないでくれ。君を裏切るような真似はしないよ。約束だ」

助手「(……そんなの、信用出来るはずがない)」

狩人「嫌われたものだな。まあ、それも仕方のないことだ。すぐに信じろとは言わないよ」

狩人「だが、いつまでもそんな顔をしないでくれないか? 私が面白くない」ニコリ

助手「っ、了解しました」

狩人「宜しい。では出発しよう。私から離れるなよ」


【#6】到来

ガガッ…ガガッ…

狩人「勇者は東に向かっている」

狩人「しかし、どうもおかしい。騎士の調査書によると龍は北端の山村にいるとあった」

助手「彼の目的が見えませんね……」

助手「東側は被害が大きいと聞きます。わざわざ向かう理由がない。しかし、此処から直接東側と言うと」

狩人「ああ、山を越えるしか方法はない。通常なら危険を避け、北東から迂回するように進むだろう」

狩人「何を焦っているのか分からないが、一刻も早く東側に行きたいのだろうな」

助手「……どうするんです?」

狩人「迂回して行こうと思う。危険を冒さずとも追い付ける。彼が引き付けてくれているからね」

助手「?」

狩人「彼の存在を感知出来るのは人間だけではないのだよ。魔物、悪魔と呼ばれる者も同様だ」

狩人「今の彼に味方はいない。人間にとっても悪魔にとっても危険な存在となってしまったからね」

助手「……それでも山越えを選んだのは、軍との戦いを避ける為でしょうか?」

狩人「かもしれないな。しかし、魔物との戦闘は避けられない。当然、その歩みは遅くなる」

狩人「麓の森は深い、山へ入るにも一苦労だ。それに加えて魔物の襲撃がある」

狩人「疲弊は相当なものだ。これなら、余裕を持って追い付くことが出来るだろう」


助手「(彼は、一体何のために…)」

狩人「北東に進むと放棄された砦がある。まずはそこを目指す」

助手「はい、了解しました」

ガガッ…ガガッ…

助手「(もうずっと走り通しだ。日も傾き始めた。砦まで保つだろうか)」

狩人「止まれ」

助手「どうしたんです?」

狩人「どうやら、何かが来ようだ」

助手「(何だ? あれは兵士? 何処の隊だろう? 彼等も勇者を捕らえる為に……!?)」

狩人「仕方ないな」スタッ

助手「何をしてるんですか!? 早く逃げましょう!!」

狩人「残念だが既に気付かれている。今更逃げても無駄だよ。馬を下りて私の後ろに来たまえ」

助手「そんな無茶なーーー」

狩人「来いと行っている。何度も言わせるな」

助手「っ、分かりました」スタッ

狩人「………」

助手「(見えてきた。何なんだあれは、あんな魔物は見たことがない)」

助手「(姿は人に近い。馬に乗って、剣を持って、鎧だって装備してる。あれが、悪魔なのか?)」


狩人「……か」

助手「え?」

狩人「伏せたまえ」グイッ

助手「(っ、狙いは僕達なのか? あれは勇者に向かっているんじゃないのか?)」

狩人「………」ジャキッ

助手「曲刀? まさか戦う気ですか!? どれだけいるか分からないんですよ!?」

狩人「戦う以外にないだろう。悪魔と話し合いなど出来るわけがない。さあ、頭を下げるんだ」

ガギャッ

助手「うわっ!?」

狩人「大丈夫だ。君に触れさせはしないよ。そのまま、じっとしていろ。すぐに終わる」

ギャリッ

狩人「………」

助手「(何とか防いでいるけど、こんなの無理ですよ。そもそも数が違うんだ)」

ガキンッ ザンッ ボタボタッ…

助手「……血?」

狩人「っ、何をするんだ。痛いじゃあないか」

助手「狩人さん!!」

狩人「……ハァ…ハァ…」

助手「(今度は数騎で向かって来る。こんなの捌ききれない。何とかして助けないと)」


狩人「動くなと言ったはずだ」

助手「!!」ゾクッ

狩人「(まだ早いな。まだ、まだ、まだだ……さあ、来るがいい。刈り取ってくれる)」

ガガッ…

狩人「…………死ぬがいい」ガチリ

ヒュパッッ…ドサドサッ…

助手「(曲刀が、鎌に……)」

狩人「ははは。馬を止めたか。動揺したね?」トッ

狩人「それでは、殺してくれと、そう言っているようなものだよ。さあ、死にたまえ」

ズパンッ…

狩人「…………」

>>ビクッ!

ガガッ…ガガッ…

狩人「…………退いたか。知恵はあるようだ」

助手「大丈夫ですか!?」タッ

狩人「ああ、これくらいの傷なら何のことはないよ。それより、早く馬をーーー」


助手「腕を見せて下さい!!」グイッ

狩人「………」

助手「……っ、酷い。止血だけでもしておきましょう」スッ

グルグル…ギュッ…

助手「これでよし」

狩人「ありがとう。助かるよ」

助手「いえ、僕にはこれくらいしか……魔術でも使えれば良かったんですが……」

狩人「君は」

助手「?」

狩人「君は、実に忙しい奴だな」

助手「はい?」

狩人「先程までは這い蹲って泣き叫んでいたのに、私の心配をしたり、落ち込んで見せたりする」

助手「泣き叫んではいないですよ……」

狩人「はははっ。それは済まなかったね。取り敢えず、荷物を拾って歩けるだけ歩こう」ザッ

助手「了解しました。何処かに身を隠せるような場所があればいいですけど……」

ザッザッザッ

狩人「(……あのような悪魔が現れるとはな。これ以上の面倒が起きなければいいが、そうもいかないのだろうな)」

ここまでです。



【#7】心音

助手「馬は見付からなかったですね……」

狩人「荷物があっただけでも幸いだよ」

狩人「しかし、このまま進むのは危険だな。引き返したところを見ると、何処かに陣取っている可能性がある」

助手「では、引き返しますか?」

狩人「うむ、私の目的は勇者の捕縛であって悪魔討伐ではないからね。それに、馬がなければ先回りするのは困難だろう」

狩人「面倒だが少しばかり引き返して麓の森に入り、そのまま勇者を追う」

助手「了解しました。あの、狩人さん」

狩人「何かな?」

助手「先程の悪魔は新たに現れたのでしょうか?」

狩人「おそらくはそうだろう。この近辺に悪魔が現れたという報告はなかった」

狩人「出現が偶然なのか、それとも勇者を狙って現れたのか、それは分からないがね」

助手「……何だか、嫌な予感がしますね」

狩人「予感で終わるのを願うばかりだよ。さあ、頭を働かせるのは後にして、そろそろ行こうじゃないか」ザッ

助手「そ、そうですね。了解しました」

ザッザッザッ…


ーーー
ーー


ザァァァ…

助手「(暗いな。木々のざわめきが不気味だ)」

狩人「向こうに洞穴があるな。中を見てみよう」

スタスタ

助手「(まるで怖がっていない。きっと魔物なんて敵じゃないんだろう。さっきも全く動揺してなかった)」

狩人「何もいないようだ。今日は此処で休もう」

助手「了解しました」

狩人「では、洞穴の入り口にこれを撒いてきてくれ」

助手「(これは、聖水……)」

狩人「どうしたのかね? 何か問題が?」

助手「っ、いえ。問題はありません」

狩人「そうか。では、頼むよ」

助手「了解しました」

ザッザッ

助手「(何を躊躇っているんだ、僕は。今まで何度も使ったことがあるじゃないか)」

助手「(狩人さんだって言っていた。正しいかどうかじゃない、これは必要なことなんだ)」チャプン

助手「これが、命……」

助手「(こんな小瓶に詰め込んで、生きるために命を撒くのか。これに入っているのは誰なんだろうか。彼、彼女にも人生があって、家族だって)」


助手「……っ!!」

パシャパシャ ポタッ…ポタッ…

助手「(気が狂いそうになる)」

助手「(幾ら否定したって使わざるを得ないのは分かってる。でも、そう簡単には受け入れられない)」

助手「………はぁ。戻ろう」クルッ

ザッザッ

助手「戻りました」

狩人「どうした? 浮かない顔をしているが」

助手「いえ、何でもありません。ただ、悪魔なんて存在を見たのは初めてだったので」

狩人「そうか。では、今日はもう休むといい」

助手「あの、狩人さん」

狩人「何かな?」

助手「さっきはありがとうございました。軍にいたのに守ってもらうなんて情けない話ですけど」

狩人「礼など要らないよ。約束しただろう?」

助手「(何で、そんな涼しげな顔で……僕のことを足手まといだとか迷惑だとか思わないんだろうか)」

狩人「明日からは山に入る。決して私から離れるな。君は先程のようにしていればいい」

助手「えっと、それは這い蹲っていろってことですよね?」

狩人「そうだが、何か問題が? 他に何か出来るというなら話は別だが」

助手「(うっ、はっきり言う人だな。でも、変に気を遣われるよりはずっと良い)」チラッ


狩人「何かな?」

助手「あの、何か役立てることはないですか?」

狩人「今のところは何もないな」

助手「そ、そうですか……」

狩人「ははは。そう落ち込むな」

助手「(普通は落ち込みますよ)」

狩人「出来ないことは出来ないのだと受け入れることだ。無理に背伸びをする必要はないよ」

助手「………」

狩人「あまり考えるな。明日からは戦闘も増えるだろう。今は脳も体も休めることだ」

助手「了解しました。しかし、この調子で追い付けるのでしょうか? 僕はまだ歩けますよ?」

狩人「問題はないよ。あの悪魔が現れた時と同じくして、勇者も歩みを止めている。今もね」

助手「なら、今こそ追うべきでは?」

狩人「それでは君が保たないだろう?」

狩人「先はまだ長い。道々で君が倒れた場合、どの道止まらなければならなくなる」

狩人「君の実力を過小評価しているつもりはないが、過大評価するつもりもない。現段階の能力以上のものは期待しないよ」

助手「(ひ、一言一言がキツい……だけど、狩人さんの言う通りだ。僕は狩人さんのようには戦えない)」


狩人「質問は以上かな?」

助手「あ、はい、以上です」

狩人「そうか。では、今日はもう休むといい」

狩人「それから、食料はそこの鞄に入っているから空腹なら食べるといい」

助手「分かりました。お休みなさい」

狩人「おやすみ」

助手「(狩人さんは横にもならないのか……このまま、お荷物でいるのは嫌だな)」ゴロン

助手「(何かを見込まれたようだけど、僕には何が出来るんだろうか……)」

ーーー
ーー


助手「んっ…?」

助手「(いつの間にか寝ていたのか。あれ、狩人さんがいない。何処に行ったんだろう?)」ザッ

ザッザッ…

狩人「………」

助手「(外を眺めてる。どうしたんだろう?)」

狩人「何だ、もう目が覚めたのか。まだ夜は明けていないよ?」

助手「いや、何だか目が冴えてしまって。狩人さんは眠らないんですか?」

狩人「一度は横になってみたのだが眠れなかった。私も目が冴えてしまってね」

助手「(意外だ。狩人さんも悩んだりするのだろうか)」


狩人「君には」

助手「?」

狩人「君には、私が冷酷に見えるか?」

助手「えっ、どうしたんですか急に……」

狩人「ある女性から、私のような人間には弱者の気持ちなど分からないと言われてね」

狩人「その女性からすると、私は強い人間なのだそうだ。君もそう思うか?」

助手「……そう思いたくなるほどに強い人だとは思います」

狩人「ふむ。成る程」

助手「その女性の言葉を気にしているのですか?」

狩人「気にしていると言うか妙に耳に残っている。何故かは分からないが」

助手「……その女性を理解したいと、そう思ったとか?」

狩人「そうだろうか?」

助手「え、いや、聞き返されても……」

狩人「ははは。そうだな、すまない」

助手「(悩んでいると言うよりは、悩む自分に戸惑っているように見える。気のせいだろうか)」

狩人「しかし、強者が弱者に寄り添うのは、弱者からすると嫌味なだけではないだろうか?」

助手「それはまあ、そういうこともあるかとは思います。人によるでしょうが」


狩人「そうだろう?」

狩人「だから誤解を生まないために、弱者は弱者として接した方が良いと思うのだが」

助手「え、それだと傲慢だとかって余計に誤解されるんじゃ……」

狩人「む、そうか、中々に難しいものだな」

助手「……強くなりたくても強くなれない人もいます。弱者だって、そのままでいいとは思ってないんです」

狩人「そうなのか?」

助手「ええ、まあ……(自分で言ってて悲しくなってくる)」

狩人「強くなれないというのは、それほどに苦痛なのか? 諦められないほどに」

助手「弱い自分が恥ずかしいとか、認めたくないとか、色々ありますよ……」

助手「強い人の傍にいれば尚更にそう思うはずです。自分の弱さが浮き彫りになりますから」

狩人「………」

助手「(この表情は理解してなさそうだ)」

助手「(きっと止まったことがないんだろう。強くなろうとして、強くなれる人なんだろう)」

狩人「………ふむ」

助手「(でも、あまりに鈍い気がする。他人と関わったことがないのかな)」


狩人「君もか?」

助手「え? 何がですか?」

狩人「先程言っていたように自分の弱さに苦しんだり、恥じたりするのか?」

助手「は、はい」

狩人「…………すまない。考えてはみたが何と声を掛けて良いのか分からない」

助手「い、いえ、大丈夫です。変に気を遣わなくてもいいですよ」

狩人「そうは言うが、君が不憫でならない」

助手「(うっ、言い方が……本人が馬鹿にしてるつもりじゃないのが余計につらい)」

狩人「座って目を閉じたまえ」

助手「は?」

狩人「早く」

助手「わ、分かりました」ザッ

狩人「何か見えるかね?」

助手「いえ、何も……」

狩人「それでいい、君は正常だ」


助手「これに何の意味がーーー」

狩人「両手を伸ばせ」

助手「は、はい」スッ

ギュッ…

助手「!?」

狩人「動揺するな、集中しろ。脈は感じるか?」

助手「……感じます」

狩人「流れを想像したまえ。君と私の血の巡りは両腕を通して繋がり、行き来する」

助手「(行き来する)」

狩人「呼吸は深く、血の流れに意識を集中させる。体を手放すように脱力する」

助手「…………」

狩人「感覚は広げず、私にのみ集中しろ。感じるものだけを感じればいい」

助手「……はい」

狩人「………」

助手「………」

狩人「今度はどうだ。何か見えるかね?」

助手「……………薄ぼんやりとですが、光の粒のようなものが見えます」


狩人「私が見えるか?」

助手「えっと、形は見えます。でも、脚が見えません」

狩人「光の粒を全体に行き渡らせるのだ。それは君の意のままに動く」

助手「(粒を、流れを、全体に……)」

狩人「………」

助手「見えました」

狩人「宜しい。一度手を離すが、その状態を維持しろ。手を離したら、自分の手に集中したまえ」

助手「や、やってみます」

狩人「………」スッ

助手「……狩人さんが消えました」

狩人「自分の手は見えるかな?」

助手「手は見えます」

狩人「では、光の粒を操って私を捉えろ。私を描け」

助手「(急に難度が高く……でも、やってみよう。こんなところで失望させたくない)」

狩人「焦るな、徐々にでいい。私を描けるまで続けるのだ」

助手「り、了解しました」

助手「(線でなぞろうとすると途切れてしまうな。粒を貼り付けるような感覚の方が良さそうだ)」


助手「(段々と見えてきた)」

助手「(それに、粒を通して音を感じる。これが狩人さんの言ってた音なのか?)」

狩人「………」

助手「(あまり起伏はないけど落ち着く音色だ。魂にも性格が出るんだろうか?)」

助手「(でも、何だか覗き見してるみたいで気が引けるな。これ以上は止めておこう)」

狩人「………」

助手「狩人さん、出来ましたよ?」

狩人「…………」

助手「狩人さん?」パチッ

狩人「………すぅ…すぅ…」

助手「寝てる。はぁ、待たせすぎたな」

狩人「………すぅ…すぅ…」

助手「(でも、何で急に……)」

狩人『…………すまない。考えてはみたが何と声を掛けて良いのか分からない』

助手「(気を遣ってくれたのか? いや、多分そういうことを出来る人じゃない)」

狩人「……ん…」

助手「(理由なんてどうでもいいか。力になってくれたことは事実なんだ。素直に感謝しよう)」

助手「(しかし不思議だ。感覚的には魔術ではなさそうだし、一体どんな力なんだろう……)」


【#8】迷い子

狩人「……?」

助手「(あ、起きた)」

狩人「……眠っていたのか」

助手「ええ、ほんの少しですけど」

狩人「そうか。まだ夜明け前のようだが、君はどうだ? 眠らなくてもいいのか?」

助手「はい、睡眠は充分です」

狩人「……ふむ」

助手「どうしますか?」

狩人「そうだな、少しばかり早いが食事を取ってから出発しよう。これ以上休む必要もない」

助手「了解しました」

ーーー
ーー


助手「………」モグモグ

狩人「ところで、成功したのかね?」

助手「あ、はい。時間は掛かりましたが何とか出来ました」

狩人「私はどう見えた」

助手「あの状態で見ると、粒の集合体のように感じました」


狩人「その他には何かを感じたかね?」

助手「はい、音を感じました」

狩人「……そうか、それは良かったよ」

助手「あの、あれは何なのですか? あんな感覚は初めてです。魔術ではないですよね?」

狩人「ああ、魔術ではない。あれは元々、人間に備わっていたものだ。言わば、魂そのものの力」

狩人「遠い過去の人間は、日常生活の中で当たり前のように使っていたようだ」

助手「(魂そのもの……)」

狩人「理解を深めることで範囲は広がり、更に多くのものを見聞きすることが可能になる」

狩人「熟達すると、遠く離れた場所の出来事さえも手に取るように分かるという」

助手「あの」

狩人「何かな?」

助手「何故そんなに便利な力が失われてしまったんでしょうか?」

狩人「さあ、原因は私にも分からないよ」

狩人「魂が曇っただとか、肉体に囚われ続けた結果だとか、それらしい理由はあるがね」

助手「(そんなものを何処で知ったんだろう。というか、どうやって修得を……)」

狩人「何が原因であれ、閉ざすという意味では過去も現在も変わらない」


助手「どういう意味ですか?」

狩人「結局、何も見たくはないのさ。これは目を逸らし続けた結果たのだと、私はそう思う」

狩人「もしかすると耐えきれないのかもしれないな。真実、或いは現実というものに」

助手「………」

狩人「そんな中で君のような存在は珍しいと言えるよ。未知を怖れながら、未知に踏み込もうする」

助手「……街の一件は未知ではなく、隠匿されていただけです」

狩人「ははは。確かにその通りだ。あれは世が、人が直隠しにしていただけに過ぎない」

狩人「しかし、施された目隠しを自らの手で外したのは君だけだ。誇っていいと思うが」

助手「そんな風には思えませんよ。探ったのは自分の意思ですが、先輩に誘導されたのも大きいです」

助手「結局あの夜の僕は、狩人さんの思惑に沿った行動をしたに過ぎないんですから……」

狩人「だから、君を助手にしたのだ」

助手「………」

狩人「何だ、踊るのは嫌いかね?」

助手「いえ、踊るだけなら問題はないです。ただ、踊らされるのが嫌いなだけで……」

狩人「ははは。では、次は気付かれないように踊らせてみせよう」


助手「勘弁して下さい……」

狩人「さて、冗談はこの辺にしてそろそろ出発しようか。食事が済んだかね?」

助手「あ、はい。もう大丈夫です」

狩人「そうか。では、早速出発しよう。君はそっちの荷物を頼む」

助手「了解しました」

狩人「何度も言っているが私から離れるな。私に何があっても、何もするな。いいね?」

助手「……分かりました」

狩人「宜しい。では行こう」ザッ

助手「(まだ一日二日なのに、狩人さんの背中を追うことに慣れてきてる。情けない話だ……)」ザッ

ーーー
ーー


カァー カァー

助手「っ、酷い臭いだ……」

狩人「魔物の死骸か、どれも損傷が激しいな」

助手「何か大きなもので叩き潰されたのでしょう。通常の刀剣ではこうはならない」

助手「狩人さん、向こうを見て下さい。死骸はこの先にも続いているようです」

狩人「ふむ。これは彼の仕業だろうな」

助手「……凄まじいですね。この数の魔物を相手にしながら進んでいるなんて」

狩人「確かに。これを見ると、単純に強いだけではないことがよく分かるよ」


助手「…………捕らえるんですよね?」

狩人「何だ、不安なのかね?」

助手「不安というか、可能なのでしょうか? こんなに獰猛な人物を相手にするんですよ?」

狩人「ははは。獰猛か、そうかもしれないな」

助手「笑ってる場合じゃないですよ……」

狩人「そう怯えるな。私達に対しても『そうする』とは限らないのだからね」

助手「これを見た後だと、そうされるような気がしてなりません。話が通じる人であることを切に願います」

狩人「それは私もだよ。話し合いで説得出来るのなら、それに越したことはない。さあ、進もう」ザッ

助手「了解しました」ザッ

グチャ…

助手「(っ、嫌な感触だ。飛び散った肉片か何かだろうか? 確かめる気にもならない)」

助手「(というか、人間にこんなことが可能なのか? 魔物の仕業ではないかと疑いたくなる)」

狩人「……勇者に動きはない。この調子で行けば追い着けるかもしれないな」

助手「あれから一歩も動いていないんですか?」

狩人「ああ、何か問題でも起きたのだろう。これ程に歩みを止めたことはなかったからね」

助手「問題……」

狩人「何はともあれ、私に運が向いているのは確かだ。出来るだけ距離を縮めよう」

ザッザッザッ…


助手「山道が荒れていますね」

狩人「魔物が増えて山道を利用する者、山に立ち入る者自体も減った。その影響だろう」

助手「……また歩けるようになるといいですね。何かを怖れることなく、安全に」

狩人「時代は変わる。そしていずれ、魔物のことなど知らない世代が現れる」

助手「魔物のいない時代ですか……」

狩人「信じられないかね?」

助手「何とも言えないです。魔物が存在して当たり前ですから、消えるなんて想像出来ませんよ」

助手「でも、そうなったら世界は劇的に変わるでしょうね。きっと、穏やかになるはずです」

狩人「穏やかに、か」

助手「ええ、自然に囲まれて生活する。なんてのが当たり前になるんです」

助手「外で昼寝したり、子供達が山で遊んだり。今ならあり得ないことが、当たり前に……」チラッ

狩人「………」

助手「狩人さん?」

狩人「ん? ああ、そんな世界なら美しいだろうね」

助手「狩人さんにはないんですか? 世界がこうなったら、みたいなーーー」


狩人「来い」グイッ

助手「うわっ!? 何をーーー」

どちゃっ…

助手「ひぃっ!? な、何ですかこれ?」

狩人「ぱっと見ただけでは分からないが、どうやら吹き飛ばされた頭部のようだな」

助手「でもこれ、空から降って来ましたよ!?」

狩人「説明なら後で幾らでもする。まずは落ち着きたまえ」

助手「も、申し訳ありません……」

狩人「おそらく、この先で魔物と戦っている者がいる。魔物同士かも分からないがね」

助手「……どうしますか?」

狩人「此処まで登って来たのだ。今更引き返して別の道を探すわけにも行かないよ」

狩人「君の声で気付かれた可能性もある。逃げたところでどうにもならないだろう?」

助手「すみません……」

狩人「なに、過ぎたことだ。気にするな。なるべく周囲の様子を窺いながら進もう」

助手「は、はい。了解しました」ザッ


ザッ…ザッ…

助手「狩人さん、これは……」

狩人「ああ、昨日現れた悪魔のようだ」

助手「ということは、あの後に勇者を追って来たのでしょうか?」

狩人「かもしれないな」

狩人「ある程度の統率も取れていたようだ。指示を出す存在がいるのだろう」

助手「魔物が指示を? そんなはずーーー」

狩人「これまでの常識は捨てたまえ。君も見たはずだ。馬に跨がり、武器を持った悪魔の隊列を」

助手「………」

狩人「奴等は私と交戦し、仲間がやられたと見るや即座に撤退した。それも見たはずだ」

狩人「悪魔を知性なき獣などと思うな」

狩人「軍で何を教えられたのか知らないが、それは誤った認識だ。あれは、人間の敵なのだ」

助手「人間の、敵……」

狩人「そう、敵だ。人間を誇るのは良い。ただ、侮るのは止めたまえ」

助手「はい、了解しました」

狩人「宜しい。では、先に進もう」ザッ

助手「(………怖ろしい存在だということは分かる。でも、魔物と何が違うんだ?)」

助手「(悪魔って一体何なんだ。何処にいて、何処から現れる? 何故今まで現れなかった?)」


狩人「止まれ。こっちに隠れるんだ」

助手「え? どうしたんでーーー」

ゴシャッ…メキャッ…

狩人「どうやら、あれのようだな」

助手「うっ…何なんですか、あれは」

ゴシャッ!

助手「(酷いな、死骸を潰しているのか? あんなに大きな武器を軽々と……)」

ゴシャッ…ビチャビチャ…

助手「(っ、まだやる気なのか。もう死んでいるのに、何故あそこまで執拗に叩き潰す必要がある)」

助手「(もう全身が真っ黒だ。髪なんかガチガチに固まって所々逆立ってる。血を浴びてから日が経ってるんだ)」

ゴシャッ!

助手「(っ、悪魔なのだと、そう言われた方がしっくりくる。それ程までに、あれは異様だ……)」

>>ビタッ

助手「(止まった。このままやり過ごして)」

ジャリッ…

助手「(こ、こっちに来る!!)」

狩人「………」ザッ

助手「(狩人さん!? 何でーーー)」


狩人「初めまして、私は狩人と申します。貴方は僧侶さんですね?」


【#9】対

僧侶「狩人……」

狩人「ええ、そうです。勇者さんの姿が見えませんが、彼は何処に?」

僧侶「あの人を、追ってきたのですね」

狩人「その通りです」

助手「(な、何で素直に言ってしまうんですか!?)」

僧侶「貴方の目的は何です?」

狩人「勇者を捕らえよとの命を受けましてね。街で彼が何をしたかのか、それは貴方も御存知のことだろう?」

僧侶「命じられたと言いましたが、何に属する誰にです?」

狩人「国そのものに」

僧侶「命じられたのは貴方だけですか」

狩人「ええ、そうです。私のような存在はそうそういないのでね」

僧侶「そうでしょうね……」

狩人「私から手荒な真似はしないと約束します。会わせては頂けませんか?」

僧侶「それは出来ません」

狩人「………貴方は何故此処に? 下山していたのには何か理由があるのでは?」


僧侶「言いたくないです」

狩人「彼を渡せば、貴方だけは助けますよ?」

僧侶「私だけが助かっても意味がないですよ。あの人の傍には、沢山の人間がいますから……」

狩人「成る程。人間ですか」

僧侶「はい、人間です。この世の何処にも居場所のない、居場所を奪われた人間です」

狩人「あくまで彼を信じると? 人間の敵となると、そういうのかね?」

僧侶「本当の人間は、人間の命を食べたりはしません。命を奪って命を救うなんてこともしない」

狩人「そうしなければならないということは知っているはずだ」

僧侶「貴方は受け入れたんですね……」

狩人「ああ、私は現実を受け入れた。それだけだよ」

僧侶「こんな現実を、今を作ったのは誰なのでしょうね」

狩人「それは彼の影響かな? 困ったものだ」

僧侶「私はこれで良かったと思っています。あの人と歩いたことに後悔はしていません」

狩人「彼によって希望を奪われた人々はどうする? 遺族達はどう生きればいいのだね?」

狩人「人の世の平和。それが目的であることを何故理解しない? 全ては未来の為だというのに」

僧侶「居場所を失い、国に裏切られ、目の前で家族の命を奪われた人々はどうするのですか?」

僧侶「あの小さな瓶に詰めて、いなかったことにするのですか? 全てを過去に置き去りにして」


狩人「…………」

僧侶「…………」

狩人「そうか、貴方の考えは分かった。否定はしない。肯定もしない。ただ、非常に残念だ」

僧侶「もう一つだけ、あの人を捕らえてどうするつもりですか?」

狩人「勇者は人間の為に戦う存在だ。人間には勇者が必要なのだよ。勇者がね」

僧侶「……そのまま立ち去ってはくれませんか。私にもやらなければならないことがあるのです」

狩人「彼を捕らえたら、速やかに立ち去るよ」

僧侶「そうですか……」ズシッ

狩人「僧侶が金砕棒を振るうとは世も末だな。とてもじゃないが聖職者には見えないよ」ジャキッ

僧侶「これでいいんです。悪魔に教えは説けませんから……それに、祈るだけでは誰も救えない」

狩人「ははは。私は悪魔かね?」

僧侶「どうでしょう。あの人なら、そう言うかもしれません」

狩人「戦いに馴れていないのだろう? 無理はしない方がいいと思うが」

僧侶「いえ、戦います。あの人なら、きっと戦いますから」ダッ


狩人「(踏み込みは早い)」

僧侶「んっ!!」

ブォンッ!

狩人「(振りも早い。風の補助か)」トンッ

僧侶「………」グルン

ブォンッ!

狩人「(付け入る隙はあるが、その割に次が早いな。あの圧力と攻撃速度は脅威的だ)」

狩人「(うっかり飛び込めば一瞬でやられるだろう。疲弊するのを待つか……)」スタッ

僧侶「………」ジャキッ

狩人「背中に金砕棒、腰に剣を四つ。そんなに武器を持っていて大丈夫かね?」

僧侶「もう慣れました」ザクッ

狩人「(地面に剣を……)」

バキンッ! ザクザクッ…

狩人「成る程、剣に魔方陣を……器用なものだな」ボタボタッ

助手「狩人さんっ!!」

狩人「何故来た。動くなと、何度も言ったはずだが」

助手「それ以上は無茶ですよ!! 腕の傷だって癒えていないんです!! もうやめましょう!?」


狩人「煩いよ」

助手「でもーーー」

狩人「分かった、分かったよ。だから、耳許で叫ぶのは止してくれ………」

助手「っ、僧侶さん、この氷を消してくれ。このままでは狩人さんが死んでしまう」

僧侶「………」

助手「もう決着は付いたんだろう? 早く消してくれ、お願いだから……」

僧侶「その人は、貴方が思っているような人間じゃありませんよ」

助手「何をーーー」

ミシッ…ガシャッ!

狩人「助手にあれこれ言うのは止めてくれないか。さあ、君は下がっていろ」ダンッ

助手「(じ、自力で砕いたのか!? それに、傷も塞がり始めて……)」

ガギャッ…

僧侶「っ!!」

狩人「騙していたわけでも隠していたわけでもない。ただ、口で説明するより見せた方が早いと言うだけの話だ」ガチッ

僧侶「(武器の形状が変わーーー)」

ヒュパッ…ブシュッ!

僧侶「うっ…あぅ…」ボタボタッ

狩人「悪く思わないでくれたまえ。生まれながらにこういう体質なのだよ」

僧侶「はぁっ…はぁっ…」ジャキッ

狩人「二度目はないよ」

ギャリッ…ガランッ…

僧侶「(強い、私じゃ敵わない。でも、諦めちゃ駄目だ。あの人の所へは絶対に行かせない)」



僧侶「っ、はぁっ…はぁっ……」

狩人「さて、どうするね」

僧侶「(何か、何か方法を考えないと。でも、どうしたら………!?)」ダッ

助手「えっ!?」

僧侶「伏せて!!」

助手「!!」バッ

ゴシャッ!

僧侶「(痛っ…腕が……)」ボタボタッ

助手「(は、背後に悪魔が迫っていたのか……じゃあ、彼女は僕を守るために……)」

僧侶「はぁっ…はぁっ……」ドサッ

助手「出血が……早く止血しないと」

ザッ

狩人「…………」

助手「狩人さん、彼女は僕をーーー」

狩人「ああ、分かっているとも。さあ、早く治療箱を出したまえ」

助手「は、はいっ!!」

狩人「(遂に勇者は現れなかったか)」

狩人「(彼の性格からして、彼女に任せるような真似はしないはずだ。これで、彼の身に何かが起きたのは確実と言えるだろう)」

ここまでとします。


【#10】欺き

助手「眠っているみたいです」

狩人「随分と無理をしていたようだな。傷よりもそちらの影響が大きい」

狩人「睡眠を取っていない上に、慣れない戦闘での疲労が蓄積していたのだ。私と戦わずともいずれはこうなっていただろう」

助手「しかし、こんなになるまで戦うなんて……」

狩人「守ろうとしていたのかもしれないな」

助手「勇者は動けない状態にあると?」

狩人「私はそう考えている」

助手「だとしたら単独行動をする意味が分かりません。彼女は法術を使えます。勇者が傷を負ったのなら既に治療しているはずでは?」

狩人「何か理由があるのだろう。魔を憎む彼が、彼女一人に悪魔を任せるとは考えられない」

狩人「何せ、龍に一人で挑むような人物だ。動けるのなら彼自身が戦っているはずだ」

助手「龍に、一人で……」

狩人「彼の根底にあるのは私怨なのだよ。それが戦う理由であり、生きる目的でもある」

狩人「それ故に強い。強いが、その場の感情に流されやすい。非常に厄介な人物と言えるだろう」

助手「あの、私怨とはどういうことですか?」

狩人「彼は野盗によって故郷と家族を失った。育ての親は龍との戦いで命を落としたそうだ」

狩人「全ては分からないが、それらの出来事が多大な影響を及ぼしたのは確かだろう」


助手「彼の目的は復讐でしょうか……」

狩人「そう単純であれば良かったのだが中々に複雑なようだ」

狩人「復讐心や憎悪が龍にのみ向いていれば問題はない。しかし彼は、それを人間にさえ向ける」

助手「それは、地下施設でのことですよね」

狩人「街で見た騎士の手記などによると他にもあるようだ。人としても問題が多い」

助手「……疑問を持たず、悪魔や魔物を倒すことにのみ尽力すべきだと、そういうことですか」

狩人「勇者とはそう在るべきだ」

狩人「勇者は人類へ奉仕し、存続させるべく戦う存在。感情に任せた行動は愚か者のそれだ。結果として混乱しか生まない」

助手「…………」

狩人「彼の行いは人間の行く末に直結する」

狩人「これは決して大袈裟な表現ではない。彼は自分が何者なのかを自覚するべきだった」

助手「(狩人さんの言うことは分かる)」

助手「(確かに彼は国のやり方に背き、罪を犯した。その行いは間違っている)」

助手「(でも、人間を存続させる方法そのものが間違っている。だから勇者は戦った)」

助手「(勇者はその方法を否定したんだ。それも理解出来る。しかし、他に方法がない以上は納得出来なくても受け入れるしかーーー)」


僧侶「……ん…」

狩人「目が覚めたようだね」

僧侶「………」

狩人「そう睨まないでくれないか」

僧侶「私をどうするつもりですか」

狩人「何もしないよ。私から危害を加えるつもりはないと言ったはずだ」

狩人「第一、襲い掛かって来たのは貴方だろう。私は身を守ったに過ぎない。違うかね?」

僧侶「………」

狩人「(随分と嫌われたものだ。こうも警戒されていては何も聞き出せそうにない)」

狩人「(彼女が人質として役立つかどうかだけでも知りたかったが仕方がない。まだ距離はあるが勇者の下へ向かった方が早そうだ)」

僧侶「………」

助手「あの、僧侶さん」

僧侶「……何です」

助手「勇者に何が? 貴方は何の為に山を下りていたんですか?」


僧侶「話したくありません」

助手「我々を信用出来ないのは分かります」

助手「しかし、このままでは何も進展しない。それは貴方だって分かっているはずだ」

僧侶「…………」

助手「っ、貴方はやるべきことがあると言っていた!! それは勇者に関わることではないんですか!?」

僧侶「……っ」キュッ

助手「僧侶さん」

僧侶「…………あの人は死の際にいます」

狩人「何?」

僧侶「昨日、悪魔が放ったと思われる矢から私を庇って倒れました」

助手「思われる? それは一体……」

僧侶「目視出来ない場所から放たれたんです。私には引き抜くことも破壊することも出来ませんでした」

狩人「それだけで死ぬとは思えないが」

僧侶「刺さった矢が胸に向かって徐々に動いているんです。矢は、魔力の塊のようでした」

僧侶「これは推測でしかないですけど、矢を放った者を倒す以外に取り除く方法はないのだと思います」

狩人「(成る程、山を下りていたのはその為か。動けないのは好都合だと思っていたが厄介なことになってしまったな)」


僧侶「疑うのなら確かめてみて下さい」

狩人「それは最後まで聞いてから判断する。猶予は」

僧侶「進行は遅らせましたが保って二日程度かと思います」

狩人「(これが事実なら捕らえたとしても意味がないな。彼に宿った力が消えてしまえば、人間は勇者を失ってしまう)」

僧侶「(この人の狙いが私の思っている通りなら、あの人を救える。そうでなかったら、戦うしかない。次は確実にーーー)」

狩人「位置は分かるのかね?」

僧侶「山の北東です。後を追ってきた悪魔もそこから来ています」

助手「僧侶さん、一つ疑問が」

僧侶「何です?」

助手「それ程に強力な矢を放てるのなら、何故もう一度仕掛けて来ないんでしょうか?」

僧侶「放たないのではなく、放てないのだと思います。追っ手を差し向けたのはその為でしょう」

助手「差し向けたということは」

狩人「組織されているということに間違いないだろう。策を用い、勇者を抹殺しようとしたのだ」

助手「悪魔が、軍を……」

狩人「数は分からないが、どうやらそのようだ。何せよ、排除する他に道はなさそうだ」


助手「わ、我々だけでですか!?」

狩人「勇者を失うわけにはいかないだろう?」

助手「それは分かります。ですが、こういう場合は援軍をーーー」

狩人「編成から出発までにどれだけ掛かる?」

狩人「二日以内に片が付くなら今すぐにでも伝えに行くが、そうも行かないことは君が良く知っているだろう?」

助手「それは……」

僧侶「…………」

狩人「(それに、彼女をこれ以上刺激するのは避けたい。私が何かを企んでいると思えば何をするか分からない)」

狩人「(平静を装ってはいるが精神肉体共に危うい状態だ。この類の眼をした人間は何でもする)」

助手「しかし、追って来たであろう悪魔だけ見ても相当な数です。何か策をーーー」

僧侶「大丈夫ですよ」ポツリ

助手「え?」

僧侶「大丈夫です。数は減らしましたから」

助手「(っ、悪魔を叩き潰していた時と同じだ。この目は何だ、彼女は正気なのか?)」

僧侶「貴方はどうするんですか? あの人の所へ行きますか?」

狩人「そう怖い顔をしないでくれないか。勇者を失って困るのは私も同じだ。貴方に協力しよう」ニコニコ

僧侶「そうですか、それは助かります。では急ぎましょう。あの人も皆も待っていますから」ニコリ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2018年02月15日 (木) 12:07:57   ID: Qpjq6mut

素晴らしい

2 :  SS好きの774さん   2018年03月13日 (火) 12:00:46   ID: bfQoAlyj

国の上層部が揃いも揃ってホモかよ、たまげたな

3 :  SS好きの774さん   2018年03月27日 (火) 14:17:55   ID: CBjVhmGc

わりと騎士が活躍した時代とかってホモつーか両刀使いが多いぞ?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom