【マギレコ】水波レナ「絶交は、約束」 (45)


かえで「ふゆっ!? 二人共、待ってっ」

魔女「くぁwせdrftgy」

ももこ「おっと、明らかにヤバイ攻撃の予備動作だね、ありゃ。サンキューかえで」

レナ「……フン」

ももこ「じゃ、アタシがアレを捌くから、その隙にレナが攻撃!」

レナ「OK」

ももこ「トドメはかえでがお願い。……出来る?」

かえで「……うん!」

レナ「来るわよっ、ももこ!」

ももこ「おっしゃ、じゃあ行きますかっ!」


魔女「あzsxdcfvgbhんjmk」ゴオッ

ももこ「ぐっ……アァっ! レナ! 今だ!」

レナ「わかってるっての……ーぃっけぇっ!!」

魔女「:;l、mkjんhbgvf!?」

レナ「そっち行ったわ。かえでっ、続けて!」

かえで「(落ち着いて……)これが今の私の、全部っ!!」ドグオォッ

魔女「おkjhgf…………」シュイーン


キャラ崩壊注意(特にももこは未所持)
書き溜めなし注意
その他二次創作に関する諸注意

時系列は多分かえでまほストからちょっと後くらい
レナもも前提


ももこ「今日も魔女退治成功、っと」

ももこ「(やっぱりかえでを誘ってよかったな。良いチームになりそうじゃないの、アタシ達三人!)」

ももこ「(ま、最初の頃はどうなることかと思ったけど。……と、魔女結界も解けるな)」

シュイーン

ももこ「二人共お疲れ~」

かえで「ももこちゃん! わ、私、出来たよ!」

ももこ「うんうん、初めて会った時とは見違えたよ!」ナデナデ

かえで「えへへ……」デレデレ

レナ「……っ、ちょっと!!」


ももこ「ん? どうした? レナ」

レナ「アンタの攻撃、レナに掠ったんだけど!」

かえで「ふゆっ!?」

レナ「ったく、当たったらどうすんのよ。主人に怪我させようっての?」

ももこ「おいレナっ、そんな言い方――」

かえで「……レナちゃんが、避けるの遅かったんでしょ!」

ももこ「――え?」


ももこ「(ここ最近、かえでもレナに言い返すようになってきたのは良い傾向だと思ってたんだけど……)」

レナ「何よ! レナが悪いっての!!?」

かえで「そう言ってるの!」

レナ「んなっ!?」

ももこ「(まさか、こんな強い口調で言うなんて)」


レナ「……だからチームを三人になんかしたくなかったのよ!」

かえで「!?」

レナ「もう懲り懲りだわ。アンタなんかとチーム組んでられないっての」

かえで「わ、私こそっ! いちいちいちいち突っかかってきて!」

レナ「はぁ? 下僕の分際で何言ってるの?」

かえで「私、悪くないもん!」

ももこ「二人共、やめなって……」


レナ「何よ! もう絶交よ、絶交!」

ももこ「おいレナっ! 言っていいことと悪いことが……」

かえで「私だって、絶交だもん!」

ももこ「かえでまでっ!?」

レナ「フン! 二度とそのツラ、見せんじゃないわよ」タッタッタ

ももこ「レナ、待てって! ……ったく」

ももこ「ごめんな、かえで。レナだって本心で絶交したい訳じゃない筈なんだ。売り言葉に買い言葉って言うかさ……」

かえで「ふゆっ、ぐすっ、どうしよぉ、ももこちゃん、どうしよぉ……」メソメソ

ももこ「はぁー……。よしよし(それはかえでも一緒か……)」ナデナデ


……………………
…………
……

かえで「ふううっ! 魔女が怯んだよ、ももこちゃん!」

ももこ「ナイスかえで! チャンス逃して堪るかぁ!」ザシュ

魔女「mjんhgvfcdxs」

ももこ「(倒し切れないっ)まだまだ! もっとっ!!」ザシュッザァン

魔女「じゅhybgvtfr…………」シュイーン

ももこ「はぁはぁ……。やっと、倒せたか」

かえで「長かっ、たぁ……。はぁ、はぁ……」


シュイーン

ももこ「ふー。お疲れ、かえで」

ももこ「(アタシとかえでの二人でもやってやれないことはないけど……やっぱレナが居ないと火力が足りないな)」

かえで「うん、お疲れ様、ももこちゃん」

ももこ「グリーフシードも手に入ったし、今日はもう解散しよっか?」

かえで「え、えぇと、その……」

ももこ「うん? どした?」

かえで「……今日から明日の土曜日、私の家、お父さんとお母さん居なくて……」

ももこ「ええっ!?////」


かえで「でね、家に一人で居るのなんて初めてだから寂しくて……」

ももこ「あ、ああ……(そゆことか。レナが遠回しに誘ってくる時と同じ言葉だから勘違いしちゃったよ)」

かえで「それでね、一緒に居て欲しくて、出来れば泊まっていってほしいなって……」

ももこ「うーん(参ったな。明日の朝からちょっと用事が……そうだ!)」

ももこ「かえで……レナのヤツも、呼んでいいかい?」

かえで「ふゆっ!?」


――秋野家前――

レナ「……ねぇももこ。急に呼び出して泊まる用意して来いとか言ったと思ったら……ここ、誰の家なの?」

ももこ「いいからいいから、入った入った」

レナ「(表札に秋野……)レナ、ここの家の子と絶交してると思うんだけど」

ももこ「気にすんな。早く来いって」グイッ

レナ「ちょ、引っ張らないでよ!」


かえで「い、いらっしゃい! ももこちゃん……と、レナちゃん」

ももこ「おう、邪魔するよー」

レナ「……レナ、帰る」

ももこ「まぁ待てって。折角来たんだし泊まってけって」

レナ「はぁ!? 絶交したヤツと一晩一緒に居ろっての!?」

ももこ「? そうだけど」

レナ「何よその『何当然のこと言ってんの?』みたいな反応……」

ももこ「まーまー。ほら、靴脱いで上がれって」

レナ「……ったく、強引ね」


レナ「うっわ。ムカつくくらい広いわね、アンタの家」

かえで「えっ……」

ももこ「入って来てまずそれかよ……」

レナ「うるさいわね……。で、来たはいいけど、何するの?」

かえで「それは、えっと……」

ももこ「もう良い時間だし、晩ご飯食べよっか」

レナ「賛成。久し振りに一人で魔女狩ってクタクタよ」

かえで「…………」

(イベスト公式かえレナ供給ありがてぇ……)


…………

かえで「ごちそうさま。ももこちゃん、料理上手だったんだね」

ももこ「ふふん、まぁね。……意外だった?」

レナ「(当たり前じゃない。ももこは女の子らしいところ、沢山あるんだから。料理だけじゃなく家事は一通り出来るし)」

かえで「い、いや、そういう訳じゃ……」

ももこ「ああ、別によく言われることだから気にしなくていいよ」

かえで「ご、ごめんね?」

ももこ「いやー、ほんと謝んなくていいってばー」


ももこ「……よし、と。じゃ、そろそろアタシは帰ろうかな」

かえで「あ、もうこんな時間」

レナ「はぁ!? ももこ、帰る気!? 泊まらないの!?」

ももこ「ごめんな、ちょっと用事あって……」

レナ「……じゃ、レナも帰る」

ももこ「まあまあ、折角用意してきたんだから泊まってけってー」

ももこ「……かえで、両親居なくて寂しんだってさ。一緒に居てやってくれ」ヒソヒソ

レナ「いや理由になってないわよ!」


ももこ「じゃあ私は帰るから」

かえで「じゃあね、ももこちゃん」

レナ「ちょ、待ちなさいよ!」

ももこ「二人共仲良くなー」バタン

レナ「はぁ……。ほんっとありえない」チラッ

かえで「っ! …………」ビクビク

レナ「(レナも帰ろ。コイツだって、レナと二人きりよりはまだ一人の方がいいでしょ)」ガサゴソ

かえで「…………ま、待って!」


レナ「はあ? まさか絶交した相手を泊まらせたいなんて言うんじゃ――」

かえで「ご、ごめんなさいっ!」

レナ「――え?」

かえで「あの時は、レナちゃんが危ない思いしたのに、私、ももこちゃんに褒められたからってムキになっちゃって……」

レナ「…………」

かえで「私がもう少し戦闘に慣れてたら、もっと上手く攻撃出来てたと思うの……。だから、ごめんなさい!」

レナ「……ったく、謝んじゃないわよ。正しいのはアンタなんだから」

手綱握るの上手くなっててワロ

>>21
ももこが公認してるのも地味に注目ポイントですよね。ホミさんが強すぎてあまり話題になってないですけど

アッ済みません。書いてはいたんですが順番に書いてなかったので更新出来ずにいました(言い訳)
更新します。


かえで「……え?」

レナ「攻撃が掠ったなんてのはね……口実よ、口実! 掠ったってことは、当たってないってことだし」

レナ「もっと上手く攻撃なんて出来る訳ないでしょ? タイミングも、角度も、あの時のアンタは……完璧だったんだから」

かえで「ど、どういうこと……?」

レナ「(これ言っちゃったら、その場の勢いなんかじゃなく嫌われそうだけど……)」

レナ「レナが気に食わなかったのはね……アンタが、ももこに褒められてたとこなの」

かえで「っ!?」


レナ「笑いなさいよ。嫉妬よ嫉妬。……ちっぽけなね」

かえで「笑わ、ないよ……」

レナ「しかもそれを隠しながら別の理由で捲し立てたのよ? 卑怯でしょ、幻滅したでしょ」

かえで「そんなこと……ない」

レナ「……別に、無理しなくてもいいわよ」

かえで「レナちゃん、ももこちゃんとすっごく仲良いのは……分かってる、つもりだから」

かえで「私も、逆の立場だったら嫉妬しちゃう……かも」

レナ「(『すっごく仲良い』……ねぇ)」


レナ「まぁとにかく……その、悪かった、わよ……。あんな理由で怒鳴りつけて……」

かえで「レナちゃん…………!」

レナ「……」

かえで「……」

レナ「…………」

かえで「…………」

レナ「……はぁ、もうこの話やめっ! お風呂、借りるわよ」

かえで「っ! うんっ!」パアァ


…………

レナ「えっと……レナ、どこに寝ればいいの?」

かえで「……あっ」

レナ「……もしかして、来客用の布団とか無くて、ベッドも一つしか無いわけ?」

かえで「ふゆ……今まで、友達を泊めたことって無くて……」

レナ「ったく……(かえでがいつも寝てるベッドか……)」ボスッ

かえで「レ、レナちゃん!?」

レナ「ふふ……。あー、もーレナ疲れたー。ベッドから動けないー」


かえで「わ、私だって! 疲れてるもん」ボスッ

レナ「レナ今日一人で魔女退治したんですけどー。それに、こういうのはお客さん優先でしょ?」

かえで「私だって、魔女退治してきたもんっ」

レナ「…………ぷっ、ふふふ」

かえで「えへへ……じゃあ一緒に寝よっか」

レナ「ふふ、そうね……」

レナ「……え?」

(「まぁかえでたちも喜ぶし、いっか」ってもー、『"かえで"たち』で括ってるのもー、ほんともー)


…………

レナ「(な、ななななななな、なんでレナ、かえでと同じベッドに入ってるの!?)」

かえで「電気消していい? レナちゃん」

レナ「(まずい……。今日はももこと"する"つもりで来たからか……今のレナ、ムラムラしてる……っ)」

レナ「……オレンジのヤツだけ点けといて(かえでの方、向かないようにしなくちゃ)」ゴロン

ピッピッ

かえで「ふふ、レナちゃん。そんなに詰めなくてもいいんだよ?」

レナ「別に……レナの勝手でしょ。この方が寝やすいのよ」

かえで「それに、こっち向いて欲しいなって」

レナ「っ!?////」


レナ「ど、どういう意味よっ」

かえで「いいからいいから♪」グイッ

レナ「ちょ、かえでっ」ゴロン

かえで「……やっぱりレナちゃん、可愛い////」ドキドキ

レナ「なっ、何言ってんのよっ(かえでの方が、可愛いじゃない////)」ドキドキドキドキ

かえで「ねぇ、レナちゃん……」

レナ「な、何よ」

かえで「キス、していい?」

レナ「はぁっ!?」


かえで「だ、ダメ……?」

レナ「(我慢……耐えるのよ、水波レナ)あ、アンタ頭大丈夫? 女同士じゃない」

かえで「レナちゃんさえ良ければだけど……私はいい、よ……?」ウルウル

レナ「(~~っ! そんな目で見られたら、そんなこと、言われたら――)ばかかえで!」ガバッ

かえで「ふゆっ!?(レナちゃんが私に覆い被さって……?)」

レナ「(――我慢出来る訳、ないじゃない!)ちゅっ」

かえで「んむっ!?(レナちゃんからキスしてくれた!?)」


レナ「はむ、ちゅ、ぺろ、ちゅー、ぷはっ……。はぁ、はぁ」

かえで「はぁ、はぁ……。キス、しちゃったね、私と」

レナ「ーっ!(そうだ。レナにはももこが居るのに何やって……)」

かえで「……ももこちゃんとも、こういうことするの?」

レナ「な、なんで知ってっ!?」

かえで「やっぱり、そうなんだ」

レナ「あっ……いや、その……」

かえで「別に、誤魔化さなくてもいいよ。何となく、察してたから」

レナ「…………そう」

かえで「……えっと、それでさ」モジモジ

レナ「ん?」


かえで「着替える時にちょっと見ちゃったんだけど……レナちゃん、すっごく可愛い下着着けてるよね」

レナ「ちょっ!? いきなり何!?」

かえで「その下着も、ももこちゃんに見せるためだったんでしょ? ももこちゃんと"する"つもりだったから……!」

レナ「違っ…………。いや、隠してもしょうがないわね……」

かえで「ももこちゃんが、レナちゃんの傍に居るたった一人の女(ヒト)だから……?」

レナ「ええそうよ、その通りよ! レナにはももこだけなのっ!!」

かえで「レナちゃん……。これからは、私も居るよ……?」ニギッ

レナ「かえでっ、かえでぇっ……!」ギュッ

かえで「ふふっ、レナちゃん……」

レナ「……でもね、ももこは、レナだけじゃ、レナとかえでだけじゃ、ないのよ……」

かえで「……確かに、そうだね」


レナ「皆がももこを好きで、ももこも皆が好き……。レナは、その皆の一部に過ぎないんだなって、思うことが、あるのよ……」

かえで「うんうん、わかるよ……。ももこちゃんってさ……」

かえで「格好良くて、凛々しくて、頼りがいがあって、お人好しで、包容力もあって、それでいて女の子らしいところもあって、可愛くて……」

レナ「うん…………」

かえで「……ずるいよね。好きに、なっちゃうよね、あんなの。初めて会った時も、とっても格好良かった」

レナ「……!(まさか、かえでもももこが?)」

かえで「でもね、そんなももこちゃんが霞むくらい衝撃的な出会いがね、私には、あったの」ガシッ

レナ「!?」

かえで「一目惚れ……って、言うのかな? レナちゃんと、初めて会った時から――」グイッ

レナ「(抱き寄せられっ!?)」

かえで「――こういうこと、したかった」チュ

(遅筆でよかった……。思いっ切りmtmさん出すところだった……)


レナ「んむぐっ!?(か、かえでから、キス!? というか、かえでがレナに一目惚れ……!?」

かえで「ちゅ……ぷはっ。……レナちゃん」

レナ「な、何よ」

かえで「脱がしていい?」

レナ「へっ!?」

かえで「脱がすね」スッ

レナ「ちょ、待ちなさいよ! まだ脱がしていいって言ってないってば」

かえで「『まだ』?」

レナ「あっ! うぅ……////」

ハラッ


かえで「おっきぃ……。あと、やっぱりブラ可愛いね」

レナ「あ、あんまりジロジロ見るんじゃないわよ」

かえで「じゃあ、触るね」

レナ「なんでそうなっ……ふゃあっ!?」

かえで「すごい……。全然私の手に収まりきんないや……」モミモミ

レナ「ぁう、かえでっ、やめっ……」

かえで「わかった、やめるね」

レナ「(……ほっ。まだ、まだ引き返せる……っ)」

かえで「…………ブラの上から触るのは」ダキッ

レナ「!?(また抱き寄せられっ!?)」


かえで「うーんと……」サワサワ

レナ「(どうしたんだろ。かえで、さっきからずっとレナの背中触ってる……)」

かえで「あれぇー?」サワサワ

レナ「……ど、どうしたのよ」

かえで「その……レナちゃん、ブラのホックは?」

レナ「えっと……これ、フロントホックなのよ(な、何答えてるのよレナっ!)」

かえで「ふゅっ、フロントホック!?(同じ中学生なのに……!?)」

かえで「…………レナちゃんの、えっち♪」ボソッ

レナ「~~っ////」ゾクゾクゾクッ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom