吹雪「絶対に笑ってはいけない鎮守府?」前編 (63)


北上「いやぁ寒い寒い、やっぱり冬だねぇ」テクテク

吹雪「ですねー」テクテク

曙「あ~あ、こんな寒い日に遠征なんて・・・・やっぱりクソ提督だわ」テクテク

島風「島風は遠征すきだよ、だって島風はやいもん」テクテク

雷「それは会話のキャッチボールになってないわよ」テクテク



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1512390034


龍驤「おーやっときたか」

北上「あ、おつかれーっす」

吹雪「龍驤さん含めて、この編成で向かうんですね。珍しい・・・」

雷「そうねー」

曙「じゃ、さっさと遠征いきましょ。はやくかえってこたつでぬくぬくするんだから」


龍驤「ん?なにゆうてんのや曙。遠征ちゃうで」

曙「は?今日の任務は遠征でしょ?クソ提督から聞いたんだけど」

雷「私も司令官からそう聞いてるわ」

龍驤「あーあれな、あれ嘘やで」


龍驤「ん?なにゆうてんのや曙。遠征ちゃうで」

曙「は?今日の任務は遠征でしょ?クソ提督から聞いたんだけど」

雷「私も司令官からそう聞いてるわ」

龍驤「あーあれな、あれ嘘やで」


曙「はあ?意味わからないんだけど」

龍驤「あれはお前らみたいなアホをおびきだす作戦や。お前らはまんまと引っかかったんや」

雷「アホ………」

龍驤「ほな、行くでー」スタスタ

曙「ちょっ、ちょっと!どこ行くのよ!ちゃんと説明しなさいよ!」



龍驤「じゃ、お前らこのバスに乗ってもらえるかー」

北上「えー………ちょっと意味わかんないなー………」

龍驤「だからお前らはアホなんや。アホ、ドアホ」

吹雪「だいぶ攻撃的ですね……今日の龍驤さん……」


龍驤「そんなお前らのド頭を改善するために、司令官がありがたーい演習を用意してくれたんや」

曙「余計なお世話よ」

龍驤「いいか、このバスに乗った瞬間から笑うのは一切無しや。笑ったらキツーイお仕置きが待ってるで」

吹雪「えっ………?笑わない演習ってことですか?」

龍驤「そや」

吹雪「それが一体、何の役に……」

デデーン 吹雪 アウトー


島風「アウト?」

龍驤「口答えするからや」

曙「うわっ!全身黒タイツがこっちに走ってきてる!」

吹雪「えっ!?ちょっとなになになになに、いっだぁあああああ!!!」バッチーン

北上「わぉ……フルスイングのケツバット………いたそー」


龍驤「こういうことや」

曙「ますます意味わからないんだけど」

龍驤「この演習じゃあ笑うとケツバット。だから笑わないように努めることや」

吹雪「いった………いったい………」サスサス

龍驤「さっ、乗った乗った」


~バス内~

北上「いやー、いまだに状況がわかんないねぇ」

曙「どうせクソ提督のふざけたイベントよ。私達をダシにして……まったくくだらないわ」

雷「どうしてこのメンバーが集められたのかしら、私達はともかく、北上さんまで」

島風「たいして仲良くないのにねー」

曙「ちょっ………あんまりダイレクトに言わないでよ。笑ったら叩かれるんだから」


吹雪「……」プルプル

島風「吹雪どうして空気椅子なんかしてるの?座ったら?」

吹雪「………りが………」ボソ

北上「えっ?聞こえないよ」

吹雪「……りが………くて…………」

曙「聞こえないわね。島風、なんて言ってるのか教えて」

島風「いいよ」


吹雪「……」ボソボソ

島風「あー、なるほどー」

北上「なんだって?」

島風「人類みんな死ねだって」

曙「ぼふっWWWWWWWWW」

雷「んふっWWWWWWWWWW」

デデーン 曙 雷 アウトー


島風「あっ、バス止まるんだ」

曙「言ってないwwwwwww絶対そんなこと言ってないwwwwwwwww」

雷「仮に言ってたとしてもwwwwwwwwwなんで空気椅子wwwwwwwww」

曙「ああああッ!!!!」バッチーン

雷「いっだぁあーい!!!!」バッチーン

北上「おー、ナイススイング!」パチパチ

吹雪「……」プルプル


曙「しまかぜぇ………あんた許さないから………」スリスリ

雷「身内同士で争うのはやめましょう………ねっ………?」サスサス

島風「テヘペロ!」ペロ

曙「しっかし、ほんと痛いわね……」

雷「空気椅子もしたくなるわ…」


吹雪「……」プルプル

北上「まだやってるの?そんなに痛い?」

曙「めちゃくちゃ痛いですって………一回、受けて見たらわかりますから…」

北上「いや、私今日はいっさい笑わないつもりだから」

曙「無理でしょ……」

島風「んー、でもそろそろ空気椅子もしんどいんじゃない?座ったら?」

吹雪「うん、そうだね」ストン

曙「ブフッwwwwwwwwwwww」

雷「あはっwwwwwwwwwwwwww」

北上「ん“っ………んん…………」

デデーン 曙 雷 アウトー


曙「ふぶきっwwwwwwゆるさっwwwwwゆるさないからっwwwwwいだぁぁあああ!!!」バッチーン

雷「ああっ!いやっ!いやっ!」バタバタ

島風「無駄な抵抗はよせっ!」

吹雪「人類みんな死ねっ!」

北上「ん“ふっ!wごほっ!ごほっ!」

雷「やめで!やめっ!」

雷「しれ“い”かぁぁあ“あ”ーーーん“!!!!!」バッチーン

北上「んほっwwwwwwwひひっwwwwwww」

デデーン 北上 アウトー


北上「どんなっwwwwwwwどんな断末魔なのwwwwwwいぎぃぃ!!!」バッチーン

曙「……あんたが言ったじゃない。身内同士で争わないようにって」

雷「あれ?そうだっけ?」

北上「いっでぇ………こりゃ想像以上だわ」

曙「でしょう?」


曙「それにしても、あのふたり腹立つわね」

北上「妙に引き締まった表情してるのが余計にねー」

吹雪「…………」

島風「…………」

雷(私この二人ダメかもしれない)


パァー

曙「バスが止まった?」

吹雪「誰か乗ってきますね…」

那珂(売れないアイドル)「はぁー売れないなー」

川内(マネージャー)「くそー」

曙「………」

雷「………」


那珂「那珂ちゃん才能ないのかなぁ……自信なくなってきちゃった」

那珂「歌も下手、踊りも覚えきれず、おまけにトークも壊滅的・・・・やっぱり那珂ちゃん、アイドルの才能ないんだ・・・・ウジ虫以下のゴミクズなんだ………」

北上「・・・・・」

川内「そんなことないって、那珂は才能あるよ」

那珂「そうかも!」

吹雪「どふッwwwwwww」

曙「んっふwwwwwwww」

デデーン 吹雪 曙 アウト―


吹雪「切り替えはやすぎるでしょうwwwwwwwwあっだッ!」バチーン

曙「なんなのよもうwwwwwwwいっぎ!」バチーン

川内「うんうん、そのいきだよ。なにごとも練習練習」

川内「そうだ!ここのひとたち相手にトークの練習したらいいんじゃない?」

北上「おぉ…………マジか…………」

那珂「わっかりましたー!それじゃ!那珂ちゃんのトークライブはじめちゃうねー!じゃあ、君から!」

島風「え、私!?君からってどういうこと!?私が何か話さないといけないの!?」


那珂「・・・・・・」

島風「いやなんで黙ってるの・・・?こういうのはいいだしっぺが先に・・・・」

川内「オ“ォ”イ“!!コ”ラ“ァ”!!!」グイ

島風「あんッッッッ!!!!!」グイー

北上「んっんっwwwwwwww」

曙「ぷひゅぅwwwwwwwww」

雷「ひひwwwwwwwwww」

吹雪「wwwwwwwwwww」

デデーン 北上 曙 雷 吹雪 アウトー


北上「怖いwwwww川内が急にwwwwwwwwwwあばぁっ!!」バッチーン

曙「ドスが効きすぎてwwwwwwwwwwやんっ!!!!」バッチーン

雷「しまかぜっwwwwwwwwあんっwwwwwwwwあぁぁぁんんんっ!!!!」バッチーン

吹雪「ずるいよwwwwwww島風ちゃんずるいwwwwwwwぎゃびぃ!!!」バッチーン


島風「やめてぇー、ころさないでー」バタバタ

曙「三文芝居が始まったわね」

雷「狙った笑いはそんなにおもしろくないわね……」

川内「………」

島風「うわーん、ころされるぅー」バタバタ

吹雪「もういいよ島風ちゃん………やけどするだけだよ………」

島風「だれかーたすけ」バッチィィィィン(川内からのガチビンタ

川内「しまかぜ、ちょっとうざいよ」

島風「………えっ?………あの………いってぇ」

北上「んっふwwwwwwwwwwwwww」

曙「うひひひwwwwwwwwwwww」

雷「wwwwwwwwwwwwwww」

吹雪「えひひwwwwwwwwww」

デデーン 北上 曙 雷 吹雪 アウトー


北上「マジかwwwwwwマジかせんだいwwwwwwwwwwいっだああ!!!」バッチーン

曙「ほwwwwwほんきで怒られてるwwwwwwwwwあああああ!!!」バッチーン

雷「かおっwwwww呆然とした島風の顔wwwwwwwwwwいいいいい!!!」バッチーン

吹雪「ひどいwwwwwwwwwwwwwwあああぁぁぁいい!!!!」バッチーン

川内「もういいから、座って」

島風「すみません…………」

北上「可哀想に」

吹雪「この演習本当に大丈夫なんですか?のちのちの関係にひびとか入らないですよね」


川内「どう、那珂。少しくらいは勉強になったかな」

那珂「うん!すっごく勉強になった!ありがとうお姉ちゃん!」

川内「うんうん、他のアイドルたちに負けないように頑張ろうね」

那珂「じゃあ、そろそろ行こっ!ライブに遅れちゃう!」パタパタ

川内「そうだね」パタパタ

曙「あー……災難がさったわ」

吹雪「割と少ない時間で助かりましたね…」


ブロロロ~

北上「あー、またああいうふうに刺客たちがやってくるんだろうなー」

曙「みんな何やってるのよ……任務もほったらかして………」

島風「………」

吹雪「島風ちゃん、元気出して?」

島風「ウイッ!」

吹雪「ん“ん“………そういうのはいいからね?」


パァー

雷「来た………」

瑞鶴「はぁ~、正規空母は何かと出番多くて肩凝るわねー」

曙「なんかムカつくんだけど」

葛城「先輩!置いてかないでくださいよぉ」

吹雪「この二人か………」

雷「………」(唇を引き締める


瑞鶴「もう、あんまり引っ付かないでよ」

葛城「いいじゃないですか~、えへへ」

瑞鶴「あーめんどくさい後輩ねー」

?「センパァ~イ!」

北上「えっ?ほかにも?」

吹雪「………」

加賀「瑞鶴センパァ~イ、置いてかないでくださいよぉ~!」クネクネ

曙「…」(絶句

雷「ぷひゅーwwwwwwwww」

島風「ひひwwwwwwwwwwwww」

デデーン 雷 島風 アウトー


雷「ウソwwwwwwwwウソでしょwwwwwwwwwwあぎゃあ!」バッチーン

島風「あのwwwwwwww一航戦がwwwwwwwwwいいいいいああああ!!!!」バッチーン

加賀「瑞鶴センパイっ」

曙「ちょっと引くんだけど…」

吹雪「あんまり笑えないなぁ…」

北上「…」(頬を膨らませて耐えている


加賀「もうっ!雲龍型ばっかりセンパイにくっついて!ずるいっ!」プンプン

葛城「先輩は私のモノですー」

瑞鶴「こら、あんたのモノじゃないわよ」

雷「ァァァ」(小声でうめいて気を紛らわす

加賀「私もセンパイの隣に座りたいっ!」

瑞鶴「といわれてもねー」


瑞鶴「この席、二人掛けだから、葛城が座ってる間は座れないわよ?」

加賀「えーっ!?」

葛城「へへーん」

吹雪「こんな加賀さん見たくなかった」

曙「加賀さんにここまでさせる演習って…」


加賀「かわってよー!」

葛城「いやでーすー」

加賀「分をわきまえなさい、ひよっこが。死にたくなければね」

葛城「ヒッ」

北上「ははははwwwwwwwwwww」

曙「ぶっふwwwwwwwwwwww」

雷「ひひひwwwwwwwwwwww」

吹雪「かがさんwwwwwwwいつものかがさんwwwwwwwwwww」

島風「wwwwwwwwwwwww」

デデーン 全員 アウトー


北上「ずるいでしょwwwwwいまのはっwwwwwwwwああいいいだあああ!!!」バッチーン

曙「これよwwwwwwwwこれをまっていたあああああああ!!!!!!」バッチーン

雷「安心するwwwwwwwwwwwwwwwwいやぁぁああん!!!!」バッチーン

吹雪「wwwwwwwwwwwwwwあぎゃばあ!!!」バッチーン

島風「やっぱりかがさんじゃんwwwwwwwwwwいいぃぃぃぃー!!!」バッチーン

葛城「ヒィ」サッ

加賀「ありがとっ!」ストン


瑞鶴「もー加賀ったらー、あんまり葛城をいじめたらダメだよ?」

加賀「今、私の事呼び捨てにしたかしら」

瑞鶴「加賀さん、あまり後輩に活をいれるのはいかがなものかと」スゥッ

北上「あっはっははははwwwwwwwww真顔wwwwwwwww」

島風「ダメだwwwwwwwwwこれ笑うってwwwwwwwwww」

デデーン 北上 島風 アウトー


北上「かがさんのメンタルwwwwwwwwwwあっびゃ!!」バッチーン

島風「いつもはっwwwwwwwwクールな加賀さんううんんーー!!!!」バッチーン

加賀「えー?いじめてないよぉ」

瑞鶴「それならいいの、ふたりとも仲良くね?」

島風「はやく終わってよ………」


加賀「センパァ~イ」スリスリ

瑞鶴「う“っ”…………もーあんまり引っ付かないでってばー」

曙「いま、本気で恐怖に引きつった顔したわね」

吹雪「葛城さん、直立不動ですし……」


加賀「センパァ~イの好きな食べ物って何ですかぁ~?」

瑞鶴「えー?そうねー」

加賀「七面鳥~?」

雷「ひふっ…………」

瑞鶴「もう、違うってー」

加賀「七面鳥」

瑞鶴「七面鳥です」スゥッ

北上「んんああwwwwwwwwはっははははwwwwwwwww」

雷「ふふふふwwwwwwwwwwwwww」

島風「ひっひひwwwwwwwwwwwww」

デデーン 北上 雷 島風 アウトー


北上「暴君じゃんwwwwwwwwwwwあいだい!!」バッチーン

雷「一択しかないわwwwwwwwwwぶべらぁっ!!!」バッチーン

島風「おわってよwwwwwwおねがいwwwwwwwオネガァァ!!!」バッチーン

加賀「ターキーぃ~」スリスリ

瑞鶴「…」スゥッ

吹雪「やめっ…………真顔はやめてください、瑞鶴さん」

曙「…」(こめかみを強く刺激している


加賀「センパァ~イの真顔かっこいいなぁ~」

瑞鶴「そう?人の真顔って大体変じゃないかな」

加賀「真似してみたぁ~い。お手本みせてくださぁいよぉ」

北上「来るね………」

曙「…」(さらにこめかみを強く刺激する

瑞鶴「じゃあ行くよ?」


瑞鶴「アウトレンジで、決めたいわね」スゥッ

北上「ん“ッ!!」

曙「…………ヒヒッ」

加賀「鎧袖一触よ。心配いらないわ」スゥッ

吹雪「あふっww」

葛城「機動部隊旗艦葛城、抜錨する」スゥッ

曙「んんふふふふふwwwwwwwwwwwwwww」

雷「あはははははwwwwwwwwwwwww」

吹雪「ふふふふふふwwwwwwwwwww」

島風「あっはっはっははははwwwwwwwwwwww」

デデーン 曙 雷 吹雪 島風 アウトー


曙「もうやだwwwwwwwwwwwwwいいっだああ!!!」バッチーン

雷「wwwwwwwwwwwwwwいいぃぃん!!」バッチーン

吹雪「さんにんともっwwwwwwwwwwwwwあぎゃあ!」バッチーン

島風「wwwwwwwwwwwwwwww」バッチーン

北上「ん“ん”ん“-っ………ん”ん“…………ん……」


瑞鶴「…」スゥッ スタスタ

加賀「…」スゥッ スタスタ

葛城「…」スゥッ スタスタ

吹雪「真顔で帰っていきましたね」

曙「そういうこといわないのっ!必死に耐えてるんだから……」

島風「あー、やっと終わったよー…」


ブロロロ~

吹雪「このバス、どこに向かってるんでしょうかね」

曙「どこでもいいからはやく終わりたいわ」

北上「あー………痔になるよ、これ」

島風「肛門カリフラワー?」

北上「肛門カリフラワー」

島風「………」

北上「………」

島風「ぶふっww」

北上「ひひっww」

デデーン 島風 北上 アウトー


曙「なにをやってるんですか……」

北上「だってwwwwしまかぜがwwwwwwwwああああ!!!!」バッチーン

島風「きたかみさんがっwwwwww普通に返してくるって思わなくてwwwwwwあああい!!」バッチーン

雷「勝手に自爆しちゃった」

吹雪「痔がですか?」

雷「…」パチン

吹雪「いたいです!」


パァー

北上「まだあるのぉ…?」

曙「もういいって………長いってバス………」

川内「はぁ~、ライブ疲れたね、お疲れ様」

雷「また……」

加賀「疲れたけど、お客さんの笑顔で加賀ちゃん、元気になったよ!」

北上「ええええっへっへっへっへっへっwwwwwwwwwww」

曙「ウソだぁwwwwwwウソだってwwwwwwwwwww」

雷「何回出てくるのよwwwwwww」

吹雪「wwwwwwwwwww」

島風「wwwwwwwwwwwwwww」

デデーン 全員 アウトー


北上「あべらぁ!!」バッチーン

曙「やんっ!!」バッチーン

雷「いぎゃ!」バッチーン

吹雪「ピィッ!」バッチーン

島風「オウッ!」バッチーン

川内「いやぁ、加賀ちゃんはすごいねぇ」

加賀「ううん、加賀ちゃんもっと頑張らなきゃッ!」


加賀「でも加賀ちゃん、ときどき思うの。われ思う故に我ありなの」

川内「へぁっ?w」

北上「わ、わらってんじゃんっ………そっ、そういうのはナシでしょ……」

加賀「あれっ?聞こえなかった?もう一度言っちゃおうか?」

川内「いやっ、大丈夫だよっ、加賀ちゃんっ………」

加賀「Je pense, donc je suisなの」

北上「あっがあぁあwwwwwwwwwwwwwwwははwwwwww」

曙「やめてくださいwwwwwwwwwwやめてwwwwwwwww」

雷「フランス語wwwwwwwwwwやたらと流ちょうにwwwwwwww」

吹雪「まさかっwwwwwwこのためだけに練習をwwwwwwww」

島風「さすがっwwwwwwww我らの一航戦wwwwwwww」

デデーン 全員 アウトー


北上「いってぇ……あぁ………」

曙「もうやだ………」

川内「加賀ちゃんはっ……語学が堪能なんだね……?」

加賀「?堪能ってどういう意味なの?」

川内「あっはっw」

北上「ぶぶぶふふふーっwwwwwwwwwwww」

曙「なんでよっwwwwwwwww」

デデーン 北上 曙 アウトー


曙「ずるくない……?ああいうのは………」

吹雪「加賀さんが出てくること自体がずるいよね……」

北上「おーい黒服―!川内笑ったぞー!川内も叩いてやってよー!」

川内「んんっ………えーと、何を思ってるの?加賀ちゃん」

加賀「あのね、アイドルって歌う前に決め台詞みたいなものあるでしょ?そういうの加賀ちゃんも欲しいなーって」

川内「あぁっ、そういうことね」


加賀「何かいいのはない?」

川内「え“っ?わ、わたし?」

加賀「うん、あなた」

吹雪「……あれ?なんだか川内さんの様子が……」

曙「…たぶん加賀さんの無茶ぶりね。きっと逆襲なんでしょう」


川内「あの………打ち合わせと違う…………」

加賀「何かいいのはない?」

川内「………あー……えっとね?うーん………」

北上「困ってる困ってる」ニヤニヤ

川内「………そうだね、えー………う、うーん」

川内「………加賀ちゃん頑張るぞー………とか………?」

加賀「………」スゥッ


加賀「それで行こう!」

デデン!デーデデデデン!

北上「なにぃwwwwwww加賀岬のイントロがはじまったぞwwwwwwwww」

曙「気に入ったwwwwww予想外wwwwwwwwww」

島風「カガチャンガンバルゾーwwwwwがんばれwwwwwwwww」

デデーン 北上 曙 島風 アウトー

加賀「この手に寄せる袱紗朱の色……」


加賀「翼束ねて波濤を超えてあげる……」スタスタ

川内「www」スタスタ

北上「加賀岬………」

曙「やっぱり歌うのね。歌うと思っていたけど」

吹雪「生歌でしたね。ちょっと感動したなぁ」

雷「こんなとこで歌ってほしくなかったわ」


龍驤「おまえら、そろそろつくでー。準備しいやー」

雷「あぁー!やっとね!」

吹雪「もうお尻がダメです……」

島風「カリってる?」

吹雪「えっ?」

島風「肛門カリフラワーってる?」

吹雪「ウイ!」

島風「ウイ!」

雷「ひふっ…………ふぅーっ!」


龍驤「全員、準備はいいかー?ほな、いくでー」

北上「あぁーっ、こっからが本番かぁ………」

曙「もういや…………」

雷「お尻が………」

吹雪「正直、もう帰りたいです………」

島風「うー、長い一日になりそうだね」



吹雪「笑ってはいけない鎮守府?」中編につづく………

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年12月08日 (金) 19:48:44   ID: SSADhYt4

一航戦www

2 :  SS好きの774さん   2017年12月10日 (日) 13:29:26   ID: zrzKMsL5

ボノたんマイフレンドとかいって
霧島(蝶野)にビンタされそう

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom