【艦これ】艦娘「ショタ提督が学校でいじめられた!?」 (205) 【現行スレ】

ショタ「…………」

吹雪「司令官!学校お疲れ様です!」

ショタ「……うん」

吹雪「司令官?って、その怪我はどうしたんですか!?」

ショタ「…………」

吹雪「黙ってないで答えてください!!」

ショタ「もう放っといてよ!」ダッ

吹雪「司令官……」

提督「呼んだか?あれ?あいつ帰ってきたの?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511021241

吹雪「あなたは司令官の叔父にあたる人」

提督「俺が提督だぞ」

吹雪「私達が認めているのは司令官だけですから。失礼します」

提督「あー艦娘のパンツ食いてぇ」


吹雪「司令官、失礼します」

ショタ「……」

吹雪「怪我をしたなら消毒して絆創膏も貼らないとバイキンが入りますよ?」

ショタ「うん……」

吹雪「消毒のお手伝いしても良いですか?」

ショタ「吹雪……ふぶきぃ!!」ムギュ

吹雪(んほおぉぉぉ!!)

ショタ「学校であいつらがいきなり、僕は何もしてないのに!」

吹雪「友達と喧嘩したんですね?」

ショタ「違うよ!いきなり叩いてきたんだよ!」

吹雪「司令官は何もしていないのにですか?」

ショタ「女の子と喋ってたら僕の事を女の子とばかり遊ぶオカマ野郎って」

吹雪「なるほど。司令官に女子が群がるのには納得ですね。蜂は花に寄ってくる。まさに逆ブルゾン」

ショタ「それで違うって言ったら突き飛ばされて……」

吹雪「喧嘩になった訳ですね」

ショタ「ううん。女の子がからかってきた男子達を袋叩きにして、下校の時に仕返しをされたんだ」

吹雪「小学生の頃は女の子の方が強かったりしますもんね……」

吹雪「わかりました!相手が分かっているならこの吹雪におまかせください!」

吹雪「さっそく苦情の電話をしてやりますよ!苦情の電話で害虫駆除!なーんて!」

ショタ「いいよそんな事までしなくても……」

吹雪「ダメダメ!ガツンと言ってやらなきゃ!!名前と住所は連絡簿で調べてっと……」

吹雪「あ、もしもし?小太郎くんのお宅でしょうか?」

母親「はい?どちら様で?」

吹雪「私、司令官の保護者の吹雪と言うものですが」

母親「それで何かご用ですか?」

吹雪「実はそちらのお子さんにうちの子がいじめられたみたいで、保護者としては」

母親「ちょっとちょっと、なに?うちの子がいじめをしたって言いました?」

吹雪「はい」

母親「ふざけないでもらえますか?何か証拠でもおありなんですよね?」

吹雪「ですから、うちの司令官がそう言ってまして」

母親「おたくの子の言い分だけで決めつけた訳ですか?」

吹雪「そう言うわけでは……」

母親「じゃあどういう訳なんですか!?あなたのとこの子が嘘をついてるんじゃありませんか!?」

吹雪「司令官は嘘なんて付きません!」

母親「うちの子だっていじめなんてする子じゃありません!」

吹雪「ぐぬぬ……」

母親「そう言えばうちの小太郎ちゃん、今日怪我をして帰ってきたんですけど、まさかそちらのお子さんがやったんじゃないんですか?」

吹雪「はい!?」

母親「どうしたのか聞いても答えてくれなくて。あの子優しいからおたくの子にやられたのを黙ってるんじゃないかしら?」

吹雪「ずうずうしい人ですねえ!!そっちの子供が怪我したのは司令官を助けにきた女子にやられた怪我ですう!!」

母親「まあ!反撃できないように女の子を使っていじめるなんて……なんて陰湿なのかしら!」

吹雪「はああ!?」

ショタ「吹雪、もういいよ……」

母親「それじゃあ私は忙しいので。この事は警察に相談させていただきます」

ガチャ

吹雪「ちょっと……」


吹雪
D敗北

加賀「おかえりなさい」

ショタ「……」

加賀「元気がないわね。それにその怪我……」

加賀「どうかしたの?」

ショタ「ちょっと転んだだけだよ」

加賀「本当かしら。嘘はついてない?」

ショタ「……」

加賀「あなたは嘘をつくような子じゃありません。本当の事を話してくれるわね?」

ショタ「かがぁ……」ギュッ

加賀(ふっ、ふふっ、ふふふ……笑っちゃダメよ、クールに、クールに……)

加賀「つまり下校時に八つ当たりで寄ってたかって暴力を振るわれたと」

ショタ「ちょっと叩かれて、あと倒されて乗られただけだよ」

加賀「私ですらまだ騎乗位なんて……」ブツクサブツクサ

ショタ「加賀?」

加賀「相手の住所はココに書いてあるのであってるのよね?」

ショタ「うん。幼稚園の時から家は変わってないから……」

加賀「では少しお灸を据えてきます」

母親「はい、どちら様で……」

加賀「そちらの子供にうちの子が虐められたのだけれど」

母親「は、はい?なんですか急に」

加賀「まぁ子供のした事、今すぐ謝罪するなら場合によっては許してあげても良いですけど」

母親「許すも何もうちの子に限っていじめなんてしません!そっちの子が嘘をついてるんじゃありませんか?」

加賀「黙りなさい。意地目小太郎なんていじめをする為に生まれたような名前をつけておいて何を今更」

母親「名前なんて関係ないでしょ」

ガキ「ママ、どうしたの?」

母親「いいから部屋に戻ってなさい!」

加賀「その子がやったのかしら?」

母親「変な言い掛かりはやめてもらえますか!?」

加賀「選びなさい。いまから歩いてうちに来て謝るか、気を失ってる間に運ばれるか」

母親「警察を呼びますよ!」

父親「なんだ?帰って来たら騒がしい」

母親「あんた!この変な女がいきなり来てイチャモンつけてくるんだよ!」

父親「あん?姉ちゃん、あんまり人様に迷惑かけ──」

ボスン!!

父親「…………」バタッ

母親「きゃー!!」

加賀
傷害罪 D敗北

鈴谷「ちーっす、提督おっかえりぃー」

ショタ「……」

熊野「あら、なんだか元気がありませんわね」

鈴谷「どったの提督?よく見たら怪我してんじゃん!?」

ショタ「なんでも……」

熊野「なんでも無くありませんわ!」

ショタ「……熊野」

鈴谷「そーそー、悩みがあるならお姉さんたちに言ってみー?」

ショタ「鈴谷……熊野…………うわあぁぁぁん!!」

熊野「あらあら、鈴谷がそんな怖い顔するから」

鈴谷「熊野がそんな平たい胸するから」

鈴谷「いやー、あの提督がいじめられるなんてねぇ。鎮守府じゃ弄り回されるだけなのに」

熊野「人間社会は荒んでいますわ!あんなに可愛い子が虐められるなんて」

鈴谷「とにかく直に話してみよっか」

熊野「ですわね」



鈴谷「すみませーん」

母親「なんですかあなた達?」

鈴谷「えーっと、なんて言うか、おたくの子にうちの超可愛い提督がいじめられたみたいなんですけどー」

母親「急に何を言いだすかと思えば。証拠はあるんですか?まさか子供が言ってた事を鵜呑みにしてうちの子を犯人扱いしてるんじゃありませんよね!?」

熊野「ギャーギャー大きな声でうるさいわねかぅ。お黙りなさい。ほんと下品なオバサンね」

母親「このガキ……!」

父親「おー、どうしたー?」

母親「あんた!このクソガキどもが変なイチャモンつけてくるんだ!!締めちまっておくれよ!!」

父親「どれどれ。くそ、エロい足しやがっ……あ」

鈴谷「あれ?このおじさんって確か」

熊野「この前車から2人で5万あげるから遊ぼうなどと言って近づいてきた男性じゃありません事?」

鈴谷「私たちは援交なんて絶対しないけど」

父親「ああああ」

母親「あんた?詳しく聞かせてもらえる?」

鈴谷 熊野

戦術的B勝利

ショタ「はぁ……なんて言おう……」

金剛「ヘーイ!提督ぅ!おかえりなサーイ!!」

ショタ「金剛!?」

金剛「そんなに驚いてどうしたデスカ?」

ショタ「な、なんでもないよ。後ろからいきなり声掛けてくるから」

金剛「こんな雨の日に傘もささずぼーっとしてるから……あれ?提督ぅ、朝は傘持って行きましたよネ?」

ショタ「…………」

金剛「ハッハァーン、わかりマシタ!」

金剛「傘もささずずぶ濡れで、身体は擦り傷だらけの泥んこ……これから察するに……」

ショタ「違う、違うから!だからみんなには黙」

金剛「傘でチャンバラごっこをして遊んだ結果、傘を壊して帰るに帰れなくなっていたに違いないデース!!」ドヤァ

ショタ「えーっと……」

金剛「わかりマシタ。みんなには見つからないようにお風呂までエスコートしてあげるネ!」

お風呂

ショタ「痛ッ」

金剛「ヘーイ、痛くても綺麗に洗わないとダメだヨ」

ショタ「分かってるけど……」

金剛「男の子ならパパッと洗っちゃいなヨ!」バアァァァン

ショタ「金剛も女の子ならもう少し隠したりして恥じらってよ」

金剛「サッパリしたら気分も晴れましたカ?」

ショタ「気分は知らないけどサッパリはしたかな」

金剛「今日の事は黙っててあげるから元気出すデース。ちゃんばらサムライボーイ!」

ショタ「金剛はいつも元気で羨ましいよ」

金剛「元気と可愛さだけが取り柄だからネ!」

ショタ「…………」

金剛「スルーしないでくだサーイ!」

ショタ「じゃあ部屋に戻るね。おやすみ金剛」

金剛「提督ぅー!」

翌日下校時間

ショタ「……」

男子1「おーい、そんなに急いでどこ行くんだよ」

男子2「今日も一緒に遊ぼうぜ。おとこおんなwww」

男子3「教室じゃ女に囲まれて俺たちとは遊んでくれないからな」

ショタ「もう帰るから」

男子1「おい!付き合い悪いなー。昨日みたいに相撲しようぜー」

金剛「ヘーイ、提督ぅ!今帰りデスカ!」

ショタ「金剛」

男子2「誰?」

男子3「こんな姉ちゃんしらねーよ」

金剛「私も買い物の帰りデース!じゃあ一緒に帰りまショー!」

ショタ「う、うん。じゃあそういう事で」

男子1「チッ……保護者かよ」

数日後

金剛「ヘーイ!提督ぅー!」

ショタ「金剛!」

男子1「今日も保護者がお迎えでちゅかー?」

男子2「幼稚園でもあるまいし恥ずかしい奴だなぁwww」

男子3「お迎えが来なくちゃ1人で帰れないのかなー?お子ちゃまだなぁ」

ショタ「ちがっ……」

金剛「さぁ提督、今日も帰ったら一緒にお風呂入りまショー!」

男子1「聞いたかよ!一緒にお風呂だってよwww」

ショタ「金剛!」

男子2「頭も綺麗に洗ってもらってんのかー?はっずかしーwww」

金剛「ホワッ?もちろん洗ってますよ?頭も身体も、隅々までこの金剛が……しっかりねっとり」

男子3「うっ……」

翌日

金剛「ヘーイ!提督ぅー!お疲れ様デース!」

男子1「またきてるよあの姉ちゃん」

金剛「私が来ると何か不都合でもあるデスカ?」

男子2「俺たちはそいつと4人で遊びたいんだけど」

金剛「じゃあ今から一緒に遊びに行きますカ?」

ショタ「金剛!?」

男子1「俺たちは4人だけの秘密の場所で遊びたいの。分かる?」

男子2「つまり大人は邪魔な」

男子3「僕はお姉さんと遊びに行きたいです!!」

バッティングセンター

金剛「ここがバッティングセンターデスカ。初めて来たデース」

ショタ「どうしてバッティングセンターなんかに……」

男子3「まえに父ちゃんと来た時買ったメダルがまだあったから」

ショタ「だとしても僕たちを誘わなくてもいいでしょ。意地悪ばっかりしてるのに……」

男子3「俺は!女子と仲良くしてるお前が羨ましくて!!しかもあんなお姉さんとまで!!」

金剛「バットの握り方はこうデスカ?」

男子3「もっと手をくっつけて、はい、そうです」

金剛「あとはクルッと……よーし、やってやるデース!」

金剛「提督ぅ、私から目を離しちゃノーなんだからネ!」

男子3「あっ!そこは150キロの──」


金剛「そーりゃぁー!!」ブンッ

ショタ「全然当たってないよ」

男子3(赤いのが見えた……)

金剛「棒で球を打つのはなかなか難しいデスネ」

男子3「最初はもっと遅い球で」

金剛「やっぱり弾はこうして拳で打ち返すのが……」

ボッ

金剛「1番簡単デース」

バキッ!!

男子3「えっ……?」

金剛「たーまやー♪あのボードに当たったデース♪」

翌日

男子1「今日こそは絶対逃さねーぞ」

男子3「なぁ……もうやめよーよ」

男子2「なんだよ裏切りモンが。買収でもされたんだろ!」

男子3「これ」

男子2「これって150キロのコースでホームラン打った人だけが貰える毎月二回無料のパスじゃん!」

男子1「これで買収されたのかよ」

男子3「確かに貰ったんだけどさ……」


男子2「は?素手で150キロの球を殴り飛ばしてホームラン?」

男子1「お前、頭おかしくなったのか?」

男子3「嘘じゃないよ。バッティングセンター行けば分かるけど、ホームランゾーンのボードが粉々になって今は無いから」

金剛「ヘーイ、提督ぅ!」

ショタ「金剛、今日も来てくれたんだ」

金剛「今日もたまたま通りかかっただけデスヨ」

男子1「だったらそのまま帰ってよ」

男子2「俺たち今から鬼ごっこして遊ぶんだ。だから大人は邪魔」

金剛「そうなんデスカ?」

ショタ「しないよ!鬼ごっこなんて……どうせまた鬼が3人で逃げるのは僕だけ──」

『危ない!居眠り運転のトラックが小学校の門の所へ!!』

ゴシャッ

男子1「うわあぁぁぁぁぁ!!」

金剛「提督はやりたく無いって言ってますヨ?」

男子2「車に轢かれてもビクともしないし話を普通に続けてる……」

男子3「もうダメだぁ……イジメがバレたら殺される……」

金剛「イジメ?」

男子2「な、なな、なんでもないです!」

男子1「もしそういう風に思われてたならごめんなさい!もうしません!」

金剛「こう言ってるけど提督はどうするデスカ?」

ショタ「僕は別に……普通にしてくれるなら」

金剛「じゃあもう明日からお迎えは来なくて良さそうですネ」

ショタ「金剛、やっぱり気付いてたの?」

金剛「提督の事はなんでもお見通しネ。みんなで仲良くしてくだサーイ」

霧島「金剛お姉様。そろそろ宜しいでしょうか?」バキッ

男子1「うわあぁぁぁぁぁ!ベコベコのトラックの運転席からドアを蹴破ってターミネーターみたいな姉ちゃんが出て来た!!」

榛名「無事終わったようですね♪トラックの後片付けは榛名におまかせください」

男子2「壊れたトラックを腕力だけで圧縮して片付けを……」

翌日から提督はイジメられなくなったが
イジメていた男子とは友達になれず敬遠されて避けられるようになった

金剛
戦術的敗北C

ショタ「はぁ……なんて言おう……」

金剛「ヘーイ、提督ぅ!お帰りなサーイ!」

ショタ「金剛?」

金剛「雨が降ってるのにこんな所に突っ立ってたら風邪ひくヨー!っと、なんだか泥だらけで怪我もしてマスネ」

ショタ「これはその……」

金剛「ハッハァーン、さては傘でチャンバラごっこをしてたんですネ!子供は元気が1番デース!」

ショタ「う、うん。そうなんだ」

金剛「とにかくお風呂に入って一緒にあたたまりまショー!先に行ってお湯わしておきマース!」タッタッタッ

ショタ「…………」

比叡「ヒエー!いきなり降るなんてきいてませんよー!」

比叡「あれ?司令、お帰りなさい!傘もささずに……って!どうしたんですか!!」

ショタ「傘……壊れちゃって。遊んでたら」

比叡「それにしたって擦り傷だらけじゃないですか!」

ショタ「……」

比叡「司令、比叡では頼りになりませんか?」

ショタ「そんな事ないよ」

比叡「では悩み事があるなら何なりとご相談ください!比叡は司令と金剛お姉様の為だけに存在しているんですから!」

比叡「なるほどなるほど……つまり女の子と話をしていたら妬まれてちょっかいを出された訳ですね」

比叡「相手の名前や家は知っているんですか?」

ショタ「うん……」

比叡「では今すぐ行きましょう!」

ショタ「いまから?」

比叡「はい!こんな怪我までさせられたんですから!黙っているわけにはいきません!」

ショタ「でも……」

比叡「ご安心ください。比叡が必ず坊ちゃんわ御守りいたしますから」

ショタ「比叡、坊ちゃんは恥ずかしいからやめてっていつも言ってるでしょ?」

比叡「はい!坊ちゃん!ではいきましょう!」

ショタ(大丈夫かな……)

比叡「ここですね」

ショタ「うん」

比叡「すみませーん!」


母親「なんですか騒がしい」

比叡「司令がいじめられたので抗議に来ました!」

母親「はい?」

比叡「あなたには二度と司令に悪さをしないようきつく叱っていただきます!」

母親「なんなんですかいきなり」

母親「おたくのお子さんがうちの子からイジメを?」

比叡「そうです」

母親「証拠は?」

比叡「こんなに汚れて怪我までしているじゃないですか!」

母親「そんなの見れば分かるわよ。それをうちの子がしたっていう証拠はあるんでしょうね?」

比叡「司令がそう言っていましたから間違いありません」

男子「母ちゃんどうした……ゲッ」

母親(こいつ……またバカなことしたわね)

母親「あんた!この子をいじめたりしてないわよね?」

男子「し、してないよ。なにも」

母親「ほら、うちの子はしてないって言ってるじゃないですか」

比叡「ならそちらのお子さんが嘘をついているんですね。坊ちゃんは嘘なんてつきませんから」

母親「あのねえ、だったら私はうちの子をしんじますから。嘘なんてつかないし、そっちが嘘をついてるんでしょ」

比叡「坊ちゃん、腕力で懲らしめましょうか?」

ショタ「暴力は絶対ダメだからね」


母親(さっきから……坊ちゃん?)

母親「ちょっと」

男子「な、なんだよ母ちゃん」

母親「あの子の家、お金持ちなのかい?」

男子「知らないけど……家の人は提督とかなんとか……」

母親「提督?……へー」

母親「そこまで言うなら警察を呼びましょう。あと裁判もね。名誉毀損で訴えてやりますから」

比叡「子供の事でそこまでするんですか?」

母親「もちろん。でも良いのかしら?おたくの親族には本当に提督がいるとか聞きましたけど?」

比叡「それがどうしたんですか」

母親「提督をやってるような人の親族が警察沙汰や裁判だなんて、さすがに影響あるんじゃないですか?」

ショタ「比叡、それはダメだよ。おじさんに迷惑がかかっちゃうし」

比叡「やっぱり司令はお優しいですね。でも本当に良いんですか?」

ショタ「うん。大丈夫だから」

比叡「わかりました」

比叡「そういう訳で坊ちゃんの寛大な心で許してあげると言っていますし、今回は無かったことにしましょう」

比叡「ですが今後もし同じようなことが起こった場合、宣戦布告とみなし即攻撃対象とみなしますから」

母親「ちょっと待ちなさい!なに逃げようとしているの?話は終わってないわよ」

母親「もし今回の事を公にして欲しくないなら慰謝料……示談金くらい貰わないと。私たち、疑われて傷つきましたからね」

母親「もし払わないと言うなら訴えても構わないんですよ?」

比叡「はぁ……仕方ありませんね……」

ショタ「比叡……」

比叡「分かっています。誰にも迷惑はかけませんから」

母親「そうそう。とりあえず金額は」

比叡「すぐに弁護士団を結成しますから」

比叡「知り合いのツテがありますから大臣やもっと上の位の人のお抱え弁護士を呼べるだけ呼びましょう!それとも闇の組織てきなやつが良いですか!?」

ショタ「そんな事できるの?」

比叡「はい!それにほら、最近テレビでよく35億ってやってるじゃないですか!男性だけで35億もいるんですよ?」

比叡「仮にある日突然人口が1人や2人減っても大して変わりませんよ」

母親「はあ!?そんな脅しで」

比叡「へ?脅しじゃありませんよ?」

比叡「私、司令と金剛お姉様と鎮守府の皆さん以外はどうなろうと興味ありませんから」

母親「ふざっ……」

比叡「裁判所であなた方に罰が下されようが」

比叡「どこか暗い所であなた方に罰が下されようが」

比叡「私はどっちでも良いんです」

後日、親子揃って真っ青な顔で謝罪に訪れたが、
噂は広まりクラスメイトとは距離ができた

勝利A

ショタ「ハァッ……ハァッ…………わっ!!」

ドンッ

ショタ「んん~……!」

時雨「おっと、大丈夫かい?狭い道なのにそんなに走ってちゃ危な……って、この匂いは提督じゃないか」ムギュッ

男子1「まてこらー!」

男子2「こっちに行ったぞー!」

時雨「なに?君たち。うちの子に用?」

男子3「うっ、知り合いかよ……くそっ!」

男子4「ちぇっ、学校の外でも女に守られてろ!!」

時雨「むっ……感じ悪いなぁ……」

時雨「でも今の僕は上機嫌だから許してあげるよ」

時雨「こうして提督が胸に飛び込んで来てくれたんだから♪」ムギュムギュ

ショタ「んん~!!」ジタバタ

時雨「あっ、ごめんね、つい発情しちゃった。大丈夫?」

ショタ「うん、ありがとう。時雨こそ大丈──」

時雨「提督!?よく見たら泥だらけだし、ここも、ここも……いっぱい怪我してるじゃないか!」

ショタ「平気だよこれくらい」

時雨「さっきの奴らにやられたの?多対1でイジメなんて許せないよ……」

ショタ「ほんとに大丈夫だから……うぅっ、ぐすっ」

女子「いたっ!大丈夫だった!?」

時雨「君たちは?」

女子「私たち、あいつらが追いかけ回してるの見て止めに来たんです!」

女子「教室にいるときは私たちがしっかり守ってるのに!あいつら持てないからって嫉妬してるんです!」

女子「あなたは初めて見る顔だけど……先輩ですか?」

ショタ「時雨は一緒に暮らし」

女子「お姉様ですね!」

時雨(原因はこの子たちが提督に群がってるからか)

女子「お姉様がいるなら安心ね!ではまた明日学校で!」


ショタ「はぁ……女子とは仲良くなれるのに、どうして男子とは仲良くなれないんだろう……」

時雨「それは提督が女の子にモテすぎるからだよきっと」

ショタ「モテたりはしないけど……女の子と2人で遊んだりしたこと無いし」


ショタ提督ファンクラブ鉄の掟

ショタ提督を独占するような行為を禁ず

許されるのは挨拶、軽い会話まで。抜け駆けには制裁をくだす。


時雨「とにかくあのメスガ……女子はともかく、提督を泣かせたり怪我させる男子は許せないよ」

翌日

男子1「まて!!」

ショタ「はぁ、はぁ……いたっ」

女子達「あんた達いい加減にしなさいよ!!」

男子達「おっと、校門から一歩でも出たらお前ら揉みまくってやるからな」

男子達「学校の敷地から出たら治外法権で何されても文句言えないんだぞ」

女子達「いやらしい……!」

時雨「君たち治外法権の意味分かってる?」

男子1「ちっ、またこいつか」

女子達「お姉様!」

男子1「お前ら!学校の敷地から出てんだから揉みまくってやれ!」

男子達「グヘヘ、いい身体しよってからに」

時雨「君たち本当に小学生かい」

男子達「姉ちゃん、乳揉ませろや」

時雨「……」

ショタ「時雨、暴力はダメだよ!」

時雨「分かってるよ。だから今日は彼を連れて来たんだ」

ショタ「彼?……まさか叔父さ」

最上「やあ、時雨。待ち合わせはここで良かったのかな?」


男子達「わわっ!中学生……いや、高校生の男だ!逃げろ!殺される!!」

男子1「あ、おい!くそっ!卑怯だぞ!覚えとけ!」

ダッ

最上「えーっと……まさか」

時雨「ありがとう最上、助かったよ」

最上「ちょ、ちょっと君たち!違うんだ!僕は女」

男子達「うわぁー!!追いかけて来た!逃げろ!!」

時雨「小学生にとって高校生くらいの男子が怖いって言うのは本当だったみたいだね」

時雨「明日からは最上にお迎えを任せようかな?」

最上「ひどいよ~」

時雨「ふふっ。さあ提督、もう大丈夫だから帰ろうか」

ショタ「う、うん……」

時雨「提督?どうかしたのかい?」

ショタ「ちょっと足が痛くて……」

最上「あっ!ここひどいキズになってる!アザも!」

時雨「こんなキズ昨日は無かったのに……まさか」

女子達「あいつ、また石でも投げたのよ!何か投げてたの見えたもの!」

最上「これは流石に学校へ連絡した方が良いよ」

時雨「……」

最上「君たちも見てないで先生に言わなきゃ」

女子達「でも……」

ショタ「違うんだよ最上、僕が言わないでって言ったんだ」

女子達「学校や家の人に迷惑かけたく無いって……言ったら絶交だって言われて私たち動けなくて……」

最上「でも流石にこれは」

時雨「提督、もう少しだけ我慢できるかい?僕がきっと解決してあげるから」

時雨「最上は明日からも提督のお迎えを頼めるかな?」

最上「それは構わないけど……」

数日後

最上「やっ♪」

男子達「うっ、またいるよ……」

ショタ「ごめんね最上、僕のせいで毎日」

最上「良いよ良いよ。でも明日からは作戦に参加するから来れないんだよね」

男子達「おい、聞いたか。明日から来ないんだってよ」

男子1「じゃあ明日シメるぞ。幸いにもあいつが毎日来て女子のガードも緩んできてるからな」

翌日

男子達「やっと授業終わったー(棒)」

男子達「今日も校門に怖い兄ちゃんいるだろうし早く帰ろうぜー(棒)」

女子達「あの人が来てくれてるから安心ね。また明日!」

ショタ「うん……」

男子1「今日はお迎えなしなんだってな。楽しみだな」ヒソヒソ

ショタ「!!」

ガラッ

先生「男子1いるか!!」

男子1「な、なんだよ」

先生「お前の家が火事らしい。今ご家族から連絡が」

男子1「えっ……」

先生「幸いみんな外出中で怪我人はいなかったらしいが、家は全焼でもう住める状況じゃないらしい」

男子1「そんな」

先生「とにかく迎えが来るまで職員室に。お前達も早く帰りなさい」


ショタ「…………」

時雨「やあ提督、今日はあいつらいないんだね。どうしたの?浮かない顔して」

ショタ「実は男子1くんの家が火事になって全焼しちゃったらしいんだ」

時雨「そっか、それは大変そうだ。でも怪我人が出なくてよかったね」

ショタ「うん…………あれ?僕いま怪我人はいなかったって言ったかな?」

時雨「さあ帰ろう。みんな待ってるよ」

数日後

時雨「あれから平和そうだし、やっぱ頭さえ居なくなれば」

ショタ「ただいま……」

白露「おかえりーって、どうしたのその怪我!?」

時雨「!?」

ショタ「えっと、転んじゃって……」

村雨「転んだくらいでこんな怪我する?」

ショタ「えっと、えっと……」

時雨「提督!!」

ショタ(時雨、ど、どうしよう)

時雨「……もう、またチャンバラごっこしたの?ダメだよ危ないんだから」

時雨「で、その怪我はどうしたんだい?」

ショタ「えっと……前と同じで」

時雨「でも主犯格のあいつは居なくなったんでしょ?」

ショタ「え?確かにしばらくは休んでたけどまた来てるよ?」

時雨「てっきり家が無くなれば母方の実家の鹿児島に行くと思ってたのに……」

ショタ「鹿児島?時雨はいろいろ知ってるんだね」

時雨「そんな事ないよ。まだ今どこに住んでるかも知らないし」

ショタ「聞いた話だけど3丁目の賃貸住宅が空いてて──」

時雨「知ってるの?今の住処」

ショタ「女の子達が話してるの聞いただけだなら詳しくは知らないけど……大体は」

時雨「ふーん……じゃあ明日、お見舞い持って言ってあげようよ」

ショタ「えっ、でも……」

時雨「大丈夫、僕もついて行ってあげるから」

翌日

ショタ「多分ココだよ」

時雨「そうなんだ」

ショタ「ほら、表札もあるから間違いないよ」

ショタ「今いるかな?時雨の言う通り少しでもこれで仲良くなれれば良いけど」

時雨「提督、やっぱりお見舞いはやめておこうか」

ショタ「え!?」

時雨「よく考えたら今はまだバタバタしてて大変な時期だろうし。また今度にしようよ」

ショタ「それもそうだね……」

数日後

先生「男子1!!またお前の家が火事らしい!!」

男子1「ええっ!?」

先生「また買い物に出ていて怪我人はいなかったらしいが……」


消防「出火元は台所のようですね」

母親「そんな……あの時は火を使うような事はしてません!」

消防「そうは言われましても」

消防2「火元と思われる台所から焦げた酷くフライパンが」

消防「火をかけたまま出かけたとしか」

数日後

先生「えー、男子1が鹿児島のお婆さんの家へ引っ越す事になった」

ざわざわ……


時雨「おかえり提督」

ショタ「ただいま」

時雨「元気ないね。どうかした?」

ショタ「男子1くんが転校するんだ」

時雨「ああ、鹿児島だっけ。流石に立て続けに火事を起こしちゃ仕方ないね……二件目は賃貸住宅だったし」

時雨「でもこれで主犯格はいなくなって提督をいじめる子はいなくなるんじゃない?」

ショタ「それは良いんだけど……でもやっぱり可哀想かなって。もし鹿児島でも火事にあったりしたら」

時雨「それなら大丈夫だよ。僕は提督の周りから居なくさえなれば良いと思ってたし」

ショタ「?」

時雨「本当に火の不始末とかしなければ大丈夫じゃないかな?」

ショタ「そうだね。僕たちも火の不始末には気をつけなきゃ」

時雨「うん♪」

時雨

完全犯罪S

夕立「てーとくさんっ!朝だから起きるっぽい!」

ショタ「…………」

夕立「提督さんがお寝坊なんて珍しい?早く起きないと夕立、お布団に突撃するっぽい~!」

ショタ「…………」

夕立「よーし……布団に潜って出てこないなら夕立も突撃~!」

モゾモゾ

ショタ「いたっ……ちょっと、夕立、変なところ触らないで……」

夕立「てーとくさんのふにょふにょ気持ちいいっぽい~♪」

ショタ「もう、本当にやめ──」

夕立「あれ?提督さん……泣いてるっぽい……?」

夕立「ごめんなさい!悪気はなくて、なかなか起きてこないから起こして来るように言われて、ぽ……ぽい~!」

ショタ「これは……気にしないで。夕立のせいじゃないから」

夕立「でも泣いてるから……何か嫌なことあったっぽい?」

ショタ「学校に行きたくない……かな」

夕立「あ!夕立もお勉強苦手だから分かるっぽい!難しい事ばっかり言われると頭がぐるぐるする~」

夕立「でもお勉強が終わったらみんなと遊べるのは楽しいから我慢するしかないっぽい!」

ショタ「みんなと遊べるのが楽しい……」

夕立「提督さん?」

ショタ「うん、そうだね。我慢しなきゃ……みんなにも心配かけちゃうし」

ショタ「ありがとう夕立、学校行って来るよ……」

夕立「提督さん……」

放課後

ショタ「はぁっ……はぁっ……」

夕立「あっ!提督さんおかえりなさいっぽい~!」

夕立「朝はなんだか様子がおかしくて心配だったから見に来たけど、あんなに走って帰って来るなんて元気いっぱいっぽい!」

男子1「待てよオイ!!女とは遊べて俺たちとは遊べねーのか!?」

ショタ「だって」

男子1「うるせぇ!!逃げるな!!」

ショタ「……」

夕立「何してるっぽい?」

男子1「なんだこいつ?」

夕立「夕立は夕立っぽい!」

男子2「ぽい?」

夕立「みんなで提督さんと何してたの?」

ショタ「夕立、中に入」

男子1「俺たちはアレだ、ごっこ遊びをしてたんだよ。なー?」

男子2「そうそう鬼ごっこで俺たちは鬼の役だったんだ」

夕立「おもしろそう!夕立も仲間に入れて欲しいっぽい~」

ショタ「夕立、もう良いでしょ」

男子3「あいつここの関係者みたいだな。いじめバレるのはヤバくない?」

男子2「なんか日本語も変だし金髪だし……外人?」

男子1「くそっ、揉みしだきたい身体してんな」

ショタ「夕立、帰るよ」

夕立「夕立も鬼ごっこしたいっぽい~!」


男子2「くっそー!いちゃつきやがって……!」

男子1「俺たちはもう帰るわ。また明日な」

男子3「明日も一緒に鬼ごっこしようなぁ(笑)」

ショタ「……」

夕立「はーい、やるっぽい~!また明日ね~」

ショタ「…………」スタスタ

夕立「あっ、提督さん!挨拶はちゃんとしなくちゃダメっぽい!おはようとサヨナラはちゃんとしなきゃダメだよ?」

ショタ「…………」スタスタ

夕立「もう!提督さん!みんな帰っちゃったよ!」グイッ

ショタ「痛っ……!」

夕立「わわっ……ごめんなさい!あんまり強く掴んでないけど痛かったっぽい……?」

ショタ「…………」

夕立「あれっ?…………スンスン」

夕立「提督さんの体から血の匂いがするっぽい」

夕立「提督さん、さっき夕立が掴んだ腕見せて」

ショタ「別にいいよもう……」

夕立「良くないよ!そう言えば朝も触った時に痛いって言ってたっぽい!!」

夕立「怪我してるなら応急修理か女神呼ばなきゃダメっぽい!」

グィッ

ショタ「いたっ……」

夕立「やっぱり怪我してる……誰にやられたっぽい?さっきのやつら?」

二度寝落ちしてまして

ショタ「ち、違うよ。これは昨日階段で転んで!」

夕立「それならもっと早く言って手当するっぽい」

ショタ「…………」

夕立「提督さん。夕立は頼りにならないっぽい?」

ショタ「そんな事ないよ。ただみんなに迷惑かけたくなくて……」

夕立「全然迷惑じゃ無いよ!むしろ頼りにされるのは嬉しいっぽい!だから本当の事言って?ね?」

ショタ「おじさんや他のみんなには内緒にしてくれる?」

夕立「うん。夕立と提督さんだけの秘密にする」

ショタ「…………ちょっとだけ、いじめられてるかも」

夕立「さっきの鬼ごっこしてた奴らっぽい?」

ショタ「うん。鬼ごっこって言うか、僕は追いかけ回されて逃げてるだけなんだ……」

夕立「どうして提督さんがいじめられるの!?こんなに良い子なのに!」

ショタ「それは分からないけど……でも何か気に入らないみたいなんだ」

夕立「体の怪我はこれだけっぽい?」

ショタ「他にも何箇所か……」

夕立「じゃあ早く入渠するっぽい!!」

ショタ「あはは……人は入渠しても怪我は治ったりしないよ」

夕立「そんな事ないよ!温泉は治癒なんとかが……えーっと、とにかくなおるっぽい!!」

ショタ「気持ちは嬉しいけど入渠ドックは艦娘用だから。男の僕は入れないよ」

夕立「それなら問題ないっぽい!みんな提督さんを妄想して色々やってるっぽい!」

入渠

ショタ「入渠ドックってどういう仕組みなんだろう……本当に怪我が治っていくんだけど……」

夕立「ね?夕立の言ったとおりっぽい!」

ショタ「うん!もうすっかり元に戻ったよ!これで怪我が誰かに見つからないか心配しなくて良いし!ありがとう夕立!」

夕立「どーいたしましてっぽい!」

ガラッ

足柄「はぁ、なんとか小破で済んで良かったわ」

那智「我ながらこんなかすり傷程度で情けない。さっさと入渠を済ませて戦場へ戻るぞ!」

足柄「はいはい。ほんとせっかちなんだから」

夕立「ぽ~い♪」

足柄「あら、夕立じゃない。あなたも出撃予定あったのかしら?」

夕立「夕立は提督さんのお供っぽい~」

那智「提督?」

ショタ「ごめんなさい!邪魔にならないようにすぐ出るから!」ザバッ

ポロン

那智・足柄「て、提督!?ててて、提督の小さい提督が」ドパッ!



那智・足柄大破。入渠ニ半日要ス

提督「ありがとう夕立。おかげで怪我もこの通りだよ」

夕立「それは良かったっぽい!」

提督「そうだ!お礼に間宮さんでアイスクリームご馳走するよ!」

夕立「やったー!提督さん太っ腹っぽい~」

夕立「それならあいつら殺すのは明日にするっぽい」

提督「じゃあ間宮さん行こっ…………ん?今何か言った?」

夕立「ぽい?」

提督「気のせいかな。いま殺すとか聞こえた気がしたから」

夕立「うん!提督さんをいじめた奴らは夕立がちゃんと殺しとくっぽい!」

ショタ「だ、だめだよそんな事しちゃ!」

夕立「ぽい?」

ショタ「人を殺したりしたら大問題だよ!」

夕立「でも提督さんをいじめてたなら殺した方が良いに決まってるっぽい!」

ショタ「絶対にだめだよ!」

夕立「でも深海棲艦は悪い事するから殺すよ?」

ショタ「それはそうだけど……」

夕立「海で暴れまわる深海棲艦なんかより、提督さんを虐めたあいつらの方が許せないっぽい!」

ショタ「怪我は大した事ないし、もう治ったから。ね?」

夕立「でもアザが出来てたっぽい。提督さんにアザができちゃうなんて、夕立……自分の腕がちぎれるより辛いっぽい!」

ショタ「気持は嬉しいけど……とにかく殺すなんてダメだからね?」

夕立「…………」

間宮

ショタ「アイスクリーム美味しいね」

夕立「……やっぱり分からないっぽい!どうして殺しちゃダメなの?」

ショタ「どうしてって……それが普通だからだよ」

夕立「夕立、普通じゃないっぽい?」

ショタ「そうは言ってないけど……ちょっと過激すぎるっていうか……」

夕立「うーん……難しい事は分からないっぽいー……」

ショタ「そうだ!じゃああそこに赤城と加賀がいるから2人ならどうするか聞いてみるね。あの2人は大人だし参考になるはずだから」

ショタ「赤城、加賀、お疲れ様」

赤城「あら、提督。お帰りなさい」

加賀「食べることに夢中で挨拶が遅れてしまってすみません」

ショタ「良いよ良いよ。皿が山積みで見えなかったんだし」

ショタ「それより聞きたい事があるんだけど良いかな?」

赤城「なんでしょうか?」

ショタ「もし、もしだよ?僕が学校でいじめられて体にアザを作ったらどうする?」

赤城「いじめに参加した者、見て見ぬ振りした者、全員殺しますね」

加賀「指導者なのにそんな事にすら気付けなかった教師も殺しますね」

ショタ「えっ……」

加賀「提督、まさか学校で」

ショタ「ないない!ほら見てよ!ここも、ここも、ここも!アザなんて無くてきれいでしょ!?」

赤城「まさか隠してる股間にアザが」

ショタ「そんなの無いよ!」ポロン

加賀「あら美味しそう」


赤城・加賀cond値100

夕立「ね?やっぱり夕立が普通っぽい!」

ショタ「そんな……他にも聞いてみるから!もっと大人しそうな……」



大井「もちろん私がすぐに始末します♪」

綾波「はい。できるだけ早く殺しちゃいますね♪」

龍田「そうねぇ……提督にアザを作った場所と同じ所の肉を削ぎ落としてからぁ──」

榛名「提督がいじめを?そんな事になったら可及的速やかに消しちゃいます!」

空母棲姫「ソンナ事ニナッタラ、私ガソイツラヲ沈メテアゲル」

潮「そういう人たちは死ねば良いと思います。えへへ……ああ、恥ずかしいです」

若葉「ニ度とイジメが出来ないように目を潰して腕を切り落とす」



ショタ「みんな普段は優しい子ばかりなのに……僕がおかしいのかな……」

夕立「ね?これが普通っぽい!」

途中、「ショタ」を「提督」と打ち間違いました

男子1「おーい、どこいくんだよーwww」

ショタ「……っ」

男子2「もしかして逃げようとかしてね?」

男子1「いやいや、早く鬼ごっこしたくて仕方ないんだろ?」

ショタ「僕は鬼ごっこなんてやりたく」

男子3「いーち、にーい、さーん」

ショタ「やりたくないって……」

女子「こら男子!またショタくんいじめてるんじゃないでしょーねー!!」

男子1「うっせえ!学校の外まで付いてきたら犯すぞ!」

女子「そ、そんなこと言っちゃダメなのに!先生呼んでくるから!!」

男子2「あーあ、めんどくせーなぁ」

男子3「俺たちも逃げなきゃダメじゃん」

男子1「じゃあ俺たちは先生から逃げる。お前は俺たちから逃げる。これでいいな」

ショタ「だから嫌だ……」

夕立「じゃあ夕立はお前ら全員追いかけるっぽい」

ショタ「夕立!?」

男子1「こいつ昨日の……」

夕立「いーち、にーい、さーん」

男子2「なんだ?目つむって数数え始めたぞ?」

夕立「よーん、ごー、ろーく」

男子3「今ならおっぱい触れるんじゃね?」

ショタ「夕立、だめだよ!やめてよ!」

夕立「なーな、はーち、きゅーう……」

男子「おっぱいウヒヒィ……」

夕立「じゅーう」

ショタ「あ、ああ……」

男子3「腕が……」

夕立「つかまえたー」

男子2「うわああああぁっ!!」

男子1「な、なんだよこいつ!!」

ショタ「夕立、ダメだよ、夕立……」

夕立「提督さんはココにアザができてたっぽいー」

ぐしゃっ

男子2「ぎゃああああああ!」

夕立「あれ?もっとこっちだったっぽい?」

びちゃっ

男子2「あ……が……」

ショタ「夕立!」

夕立「そんなに心配しなくても大丈夫っぽい。ちゃんとギリギリ死なない程度に出来てるっぽい!」

男子1「あっ……が……」

夕立「うーん……中に誰もいないっぽーい」

ショタ「ゆ、夕立、それ大丈夫なの……?ちゃんと生きてるんだよね?もうこんな事やめよ?」

夕立「提督さん……夕立、これ見てたら……」

ショタ「どうしたの?気分悪くなった?」

夕立「もつ鍋が食べたくなって来たっぽい♪」

女子「先生あっちです!あっちでショタくんがいじ……きゃああああ!!」

先生「な、なんじゃこりゃあぁぁぁー!?」

夕立「だれ?あのおじさん」

ショタ「僕の担任の先生だよ」

夕立「それじゃあ挨拶しなきゃだめっぽーい!」

男子2「せん……せい……、そいつら、が……」

夕立「はじめまして!夕立です!いつも提督さんがお世話になってるっぽい!」

先生「貴様ら!すぐに警察を呼ぶから大人しくしてろ!2人ともただじゃ済まんぞ!!」

夕立「どういうこと?提督さんもただじゃ済まないっぽい?」

先生「当たり前だ!この殺人鬼どもが!!」

夕立「ふーん……じゃあ仕方ないっぽい」

女子「はわわわわ……」

夕立「あなたも夕立達のことただじゃ済まさないっぽい?」

女子「わ、わた、わたしは……」

先生「にげ……」

ショタ「ダメだよ夕立!その子はいつも僕を助けてくれてたんだから!」

夕立「なーんだ、じゃあ夕立達はお友達っぽい!これからもよろしくお願いするっぽーい♪」

女子「う、うん……」

憲兵「動くな!艦娘が暴れていると聞いて来た対艦娘特殊憲兵だ!」

夕立「なにあいつら?ギリギリ殺してもいいっぽい?」

ショタ「殺しちゃダメだよ!」

バシュッ

夕立「痛っ…………あ、あれ?なんだか眠く……」

夕立「ん…………ここは……鎮守府?」

ショタ「夕立!大丈夫!?」

夕立「提督さん……?あれ?体が動かないっぽい……」

時雨「これだけガッチリ拘束されてるからね」

夕立「時雨?」

憲兵「では我々は暴走した艦娘を引き取らせてもらう」

提督「はいはい、喜んで!」

憲兵「おい、連れて行け」

夕立「夕立、どこかへ連れて行く行く彼りっぽい?」

憲兵「貴様はこれから脳内と全身の隅から隅まで解剖してデータをとったら処分だ」

ショタ「そんな!やめてよ!」

憲兵「なんだこのガキは」

赤城「」ピキッ

加賀「」ビキビキ

ショタ「夕立は僕を守ろうとしただけなんだ!だから許してあげてよ!」

憲兵「そんな訳にいくか!ええい!離せ!!」

ショタ「いた……っ!」

夕立「提督さん!」

山城「!?」

扶桑「山城、落ち着いて……殺してはダメよ……」

提督「こら!憲兵さんの邪魔をしちゃダメだろ!」

ショタ「夕立……」

夕立「提督さん…………夕立は大丈夫っぽい!だから元気出すっぽーい♪」

ショタ「夕立、僕、ぼくのせいで…………うわあぁぁぁぁぁん!!!!」

加賀「頭にきました」

赤城「流石にこれは……見過ごせませんね」

憲兵「なんだ貴様ら!歯向かう気か!!」

憲兵「歯向かうなら貴様らも全員──ガハッ!?」

扶桑「重い、重過ぎるわ……私達の艤装……」

憲兵「いつ……のま…………」

扶桑「艤装を外せばこんな風に一瞬で憲兵の首も握り潰すことが出来るのに……不幸だわ」

山城「本当に不幸ですね、姉様……」

憲兵2「貴様ら!その手を早く離さんとただじゃ済まんぞ!」

加賀「どう許さないのかしら?」

憲兵2「ええい!撃て撃てー!!」

カンカン!

日向「やれやれ、飛行甲板は盾ではないのだが」

憲兵2「ぐぬぬ……一時退却だ!!」

ズボッ

憲兵達「ひっ!!地面から腕が!?」

憲兵達「ぐわっ!あちこちから沢山……足を掴みやがる!!」

58「つーかまーえたー」

19「てーとくさんをいじめる奴はイク達が許さないの」

憲兵2「ひ、怯むな!動けるものは応援を呼んでこい!」

憲兵達「は、はい!」


飛行場姫「ねーえー、さっきこっちから私の提督の泣き声が聞こえたんだけどー?」

戦艦棲姫「我々の聞き間違いでは無かったようだな」

空母棲姫「なによー?艦娘が泣かせたなら皆殺しにするつもりで来たのにぃ」

憲兵達「あっ……」

憲兵「すみませんでした」

龍田「よし♪じゃマトを回すからダーツで刺してねー♪」

憲兵「いや、あの」

天龍「刺さった部位を破壊すっから気合い入れて釈放ゾーン狙えよ?」

憲兵「釈放ゾーンがパジェロくらいしかないんですけど……他は全部頭ですし……」

天龍「あん?釈放ゾーンあるだけ有難いと思え」

赤城「提督は?」

加賀「頭を打って気を失っているだけのようです」

天龍「おら!パッジェロ!パッジェロ!早く投げろ!」

憲兵「ええい!ままよ!!」

憲兵「………………!!」

龍田「あらぁ」

憲兵「や、やった!釈放ゾーンだ!!」

天龍「チッ」

憲兵「助かった……!みんな、やったぞ!!」

龍田「はい、じゃあ頭を破壊するわねー♪」

憲兵「な、なに言ってんだ!ダーツはちゃんと釈放ゾーンに刺さってるだろ!」

龍田「なに言ってるのかしらぁ……?天龍ちゃん、ダーツは頭の所に刺さってるわよねぇ」

天龍「ん?ああ、確かに頭の所だな」

憲兵「ふざけるな!ちゃんと見ろ!」

龍田「なぁに?私達が嘘をついてるって言いたいの?本当は釈放に刺さってるのに頭の所に刺さったって……」

憲兵「だって……あれは……」


飛行場姫「わっるい奴らねぇ。私達でも引くわぁ」

戦艦棲姫「艦娘はゲスだな」

空母棲姫「最低ね」

加賀「と言うかあなた達は何のこのこ鎮守府へ来ているんですか」

飛行場姫「まあまあ、いいじゃない♪」

加賀「提督を泣かしたのが私達でなくてもあなた達は私達を殺しにくるべきでは?」

戦艦棲姫「馬鹿を言うな。お前達を殺せば提督が悲しむだろう」

赤城「なんだか私達も妙な関係になっちゃいましたね」


龍田「じゃあいくわよー。チャー、シュー……」

ショタ「ダメだよ!」

加賀「提督、お目覚めになったんですね。ですがこの先はR指定ですから」

ショタ「みんな、これ以上ケンカしたら……」

ショタ「みんなの事きらいになるから!!」

龍田「……」ガタガタガタガタ

天龍「じょ、じょーだんに決まってんだろ?」アタフタアタフタ

ショタ「加賀の事もきらいになるから」

加賀「ちがうの提督、これは全部五航戦がした事なんです」

空母棲姫「なっさけないわねぇ。天下の一航戦さんが」

ショタ「おねえちゃん達もケンカするならきらいだから!」

飛行場姫「わ、私たちはとめたのよぉ?」

ショタ「ほんとに?」

戦艦棲姫「本当だ。神に誓ってケンカを止めたと言い切ろう」

ショタ「そっか……ありがとう、おねえちゃん達」

飛行場姫「んほぉ……っ!」

日向「私も止めたんだ。見てくれ、この弾痕はケンカを止めた時についたものだ」

ショタ「ほんとだ……ありがとう日向、日向がいてくれて良かった」ニッコリ

日向「やれやれ……これは妊娠確実だな」

伊勢「わ、私も止めたかも~……」

ショタ「伊勢もありがとうね」

伊勢「んふぅ……」

天龍「お、俺も止めたんだぜ!」

ショタ「そうだったの?ありがとう天龍」

天龍「ふぅ……」

龍田「えーっと……私も止めたのよー?」

飛行場姫「いやあんた、それは無理あるでしょ」

ショタ「そうだったんだね!鈍器のような物を振りかぶってたから勘違いしちゃった!ごめんね龍田!」

ショタ「でもみんなが止めてたんだったら、いったい誰がケンカしてたのかな……ケンカする声で目が覚めたんだけど」

憲兵「それは……」

加賀「五航戦です」

赤城「五航戦です」

ショタ「五航戦って」

加賀「瑞鶴がやりました」

天龍「瑞鶴がやった気がする」

飛行場姫「瑞鶴がやったわぁ」

日向「瑞鶴だな」

ショタ「もう、瑞鶴は今遠征でしょ!」

伊勢「瑞鶴がやりました」

赤城「流石に無理があり──

ショタ「瑞鶴が帰って来たらケンカはダメって言っておかないと」

扶桑「少しぬけている所も愛らしいわぁ……」


瑞鶴「へっくちっ!ううー誰がうわさしてるんじゃないのー?」

翔鶴「フフッ、いい噂なら良いわね」

瑞鶴「あーあ、提督さんが私のパンツの匂い嗅いでる所に出くわして弱み握りたいなぁ」

翔鶴「もう、瑞鶴ったらまたそんな事言って」

ショタ「みんな仲直りできて良かったよ」

憲兵「あのー……ですね、我々としても手ぶらで帰るわけには……」

ショタ「僕たちがした事は許される事じゃないもんね……」

加賀「分かりました。ではこうしましょう。提督のクビを差し出します」

ショタ「うん。元はと言えば僕が悪いんだしそうするよ」

憲兵「分かりました。では」

赤城「提督、お元気で。今までありがとうございました」

ショタ「やめてよ赤城、悲しくなるじゃない……」

龍田「今までお疲れ様」

天龍「まぁ……達者でな」

ショタ「みんなこそ……元気でね」

艦娘『さよなら、提督!』

提督「…………ん?」

提督「ああ、でしょうね。やっぱり俺に言ってるよね」

憲兵「ではこの鎮守府の提督が艦娘の不祥事の責任を取るという事で」

提督「やめろ!俺の階級な少将だぞ!」

憲兵「黙れ!貴様の称号はたった今より豚虫だ!」


時雨「問題が解決してゴミ掃除も終わり♪」

山城「一石二鳥……ですね」



災い転じてA勝利

キーンコーンカーン

先生「よーし、じゃあ昼休憩ー」

男子1「よっしゃ飯だー」

男子2「席ひっつけて食おうぜ」

ガタンガタン

ショタ「……」

男子3「何見てんだよ」

ショタ「僕も一緒に……」

男子4「無理無理!男女はあっちいけよ!」

ショタ「……」

女子「ちょっと男子!良い加減にしなさいよ!」

男子1「うるせーなぁ。文句あんなら今日もお前らが一緒に食ってやれよ」

女子「当然よ!いこっ!」

ショタ「……ありがと」

女子「はきゅん……っ」ジュンジュワ

男子1「チッ…………そーだ!ちょっと待ってろよ。4組からお友達を連れて来てやるからよ」

女子「は、はあ!?」


男子1「ほーら、4組でお前と同じ様にハミゴになってた男女を連れて来てやったぞwww」

男子「あ、あの……なに?」

男子「えっと……ボク、教室に帰っても」

男子1「お前は今日からこいつと飯食うんだよ。帰ったらぶん殴るからな」

男子「そんな……」

男子2「つか俺たちが殴らなくても教室帰ったらいじめられてんだろ?」

男子3「それで女子に守られてんだからお前らお似合いじゃん」

男子4「いっそ結婚したら?男同士でwww」

男子1「この男女ホモ野郎」

ショタ「ごはん、一緒に食べる……?」

男子「そうだね。ボクも帰れそうにないし。良いかな?」

ショタ「もちろんだよ!よろしくね」

男子「こちらこそよろしくね」

男子1「本当に一緒にメシくってらwww」

男子2「なんか女子にも無視されてかわいそーwww」

ショタ「ごめんね……僕のせいで」

男子「そんな事ないよ。さぁ食べよ」

女子1「…………」

女子2「ああ、かみさまお許しください……」

女子3「まさかショタくんと4組のプリンセスがコラボするなんて……」

女子「えっ?2人とも男の子なのよね?4組のプリンセスも男の子なのよね?」


ショタ「お昼はパンなの?」

男子「うん。キミのお弁当はすごく美味しそうだね」

ショタ「卵焼き食べる?」

男子「いいの?」


女子1「尊い……!尊過ぎて声がかけれない……!」

女子2「2人がセックスすれば良いのに……」

女子3「新しい扉が開きそう……」

ショタ「ごちそうさまでした」

男子「ごちそうさま」

ショタ「今日はありがとう。久しぶりに男の子とご飯食べて楽しかった」

女子3「んひぃ……!もうらめぇ!!」

男子「ボクも。……ねぇ、ボクたち友達になれるかな?」

女子2「なれる!2人なら夫婦にだってなれるよ!」

ショタ「うん!友達になりたい!」

女子1「なっちゃったのおお……!」

放課後

男子2「あー!男女が2人で帰ってるぞー!」

男子3「仲良く手でも繋いで帰れよホモ野郎!!」

女子1「ホモは悪くないでしょ!!」

女子2「むしろ百合よ!あれは百合よ!!」

男子3「お前らなんか今日こええよ……」

男子1「あ?くそっ、あいつらどっか行きやがった!追い掛けるぞ!!」

ショタ「はぁ……はぁ……」

男子「大丈夫?」

ショタ「うん、大丈夫……2人だと走るのも楽しいよ。えへへ」

男子「なにも考えず走って来ちゃったけどキミの家はこっちなの?」

ショタ「うん、すぐそこだよ」

男子「ここって……鎮守府?」

ショタ「うん。ここが僕のおうち」

男子「すごい……鎮守府の中ってどうなってるの?」

ショタ「うーん……おっきくて、運動場もおっきくて、艦娘がいっぱいいるよ」

男子「そうなんだ。艦娘って戦う人だよね!つよいの?」

ショタ「強いと思うよ!戦ってるの見た事ないけど」

ショタ「そうだ、これから遊びに来る?みんなに紹介したいんだ」

男子「いいの?」

ショタ「もちろん!」

ショタ「ただいまー」

愛宕「ぱんぱかぱーん♪今日はなんだかごんきねぇ♪」

ショタ「あのね!今日はえっと……お、お友達を連れて来たんだよ!」

愛宕「まあ、お友達だったのお♪私は愛宕、よろしくねー」

ショタ「それよりもさ、これから一緒に鎮守府で遊んでいい?」

愛宕「うーん。それはちょっとまずいかもしれないわねぇ」

ショタ「ええー、どうして!?いいでしょ?ねぇねぇ」

愛宕「一応私達は超機密情報だからあんまり鎮守府に一般人を入れちゃダメなのよねー」

男子「それなら残念だけど仕方ないね」

ショタ「愛宕、今日だけ!今日だけだから!」

愛宕「うーん……わかったわぁ」

ショタ「ほんとに!?」

愛宕「そのかわりい、私の部屋から出ない事。約束できる?」

ショタ「うん!愛宕の部屋いこっ!」

男子「お、おじゃましまーす!」


愛宕「はい……いただきます♪」


愛宕、戦術的大勝利S

ショタ「ただいまー」

陸奥「あら、お帰りなさい。今日はなんだか元気一杯ね♪」

ショタ「陸奥!あのね、あのね!」

陸奥「はいはい、落ち着いて。そんなに慌てなくても私は逃げたりしないわよ?」

ショタ「今日初めて男の子の友達が出来たんだよ!」

陸奥「……あら、すごいじゃない♪」

陸奥(え?提督、まさか学校に友達がいなかったのかしら……?)

ショタ「友達も鎮守府に入ってもいいでしょ?」

陸奥「もう、仕方ないわねぇ」

ショタ「やったぁ!陸奥大好き!」

陸奥「あらあら♪あんまり鎮守府でそんな事言ってるとレイプされちゃうわよ」

ショタ「おいでー」

男子「はじめまして……お姉さん」

陸奥「あらあら……あらあらあらあらあら……」

陸奥「へー……そう、あらあら……」

ショタ「こっちこっち!鎮守府の中見せてあげるよ!」

陸奥「ちょっと待て」

ショタ「なぁに?」

陸奥「実は今日、えらーい人が来てて今は鎮守府は立ち入り禁止なのよねぇ」

ショタ「えー……」

陸奥「ごめんなさい。すっかり忘れてたわ」

男子「仕方ないよ。また今度案内してね?」

ショタ「ごめんね」

陸奥「そうだわ。今回は私のせいでガッカリさせちゃったから良いところに連れて言ってあげる♪」

ショタ「いいところ?」

陸奥「あっちに見える……ほら、あそこに連れて言ってあげる♪」

男子「あっ、僕知ってる!川の近くにあるお城でしょ?」

陸奥「そう、正解♪」

男子「でもあっちは子供が近づいちゃダメって先生が……」

陸奥「大人の私がついてるから大丈夫よ♪」

ショタ「お城に入れるの?」

陸奥「もちろん♪おっきなベッドやお風呂もお部屋にあるのよ?」

男子「おもちゃはあるかな?」

陸奥「ええ♪大人のおもちゃも沢山あるわ♪」

ショタ「僕行きたい!」

男子「僕も行きたいです!」

陸奥「おっけー♪2人まとめてイかせて、あ・げ・る♪」

陸奥「あなたは何時ぐらいまで遊べるのかしら?」

男子「えっと、6時くらいまでなら」

陸奥「じゃあ3時間3980円コースね……」


完全ポルノ勝利H

ショタ「ただいまー」

秋雲「あー……おっかえりぃ……元気いいなぁ。若いって良いわやっぱり」

ショタ「ねぇ、秋雲!秋雲!」

秋雲「はいはい、秋雲さんは徹夜明けだから揺らさないのー」

ショタ「秋雲ー、聞いてよー」

秋雲「頭痛いからまた今度ねー」

ショタ「また今度見せてあげるからー」

秋雲「マジで!?」

ショタ「じゃーん、今日できた友達なんだ」

秋雲「ほえー。ってかじゃーんって古くない?」

男子「はじめまして……」

秋雲「どもー」

ショタ「こっちは秋雲。いつも裸の人の漫画を描いてるんだ」

秋雲「いやー、にしても提督が彼女連れてくるなんてねぇ。やるじゃん提督」

ショタ「何言ってるの?男の子だよ?」

男子「あはは、よく間違われるんです」

秋雲「男の娘!?」

ショタ「秋雲?」

秋雲「ちょっと待って!うん、うんうん、いいよいいよー!湧いて来た湧いて来た!」

ショタ「湧いて来た?」

秋雲「いいアイディアキター!!」

男子「?」

秋雲「よし!じゃあとりあえず2人とも!」

秋雲「ちんこ見せて!!」

夕雲「秋雲さん……?」


戦術的敗北C

とある日

曙「提督、あんた帰ったならちゃんと帰ったって言いなさいよね!」

ショタ「あっ、ごめんなさい。ただいま」

曙「はぁ?それじゃあ誰に言ってんのかわかんないでしょ!」

ショタ「ここには曙しかいないよ?」

曙「うっさい!」

ショタ「曙はいつも怒ってるよね。どうしてなの?」

曙「あんたがちゃんと挨拶しないからよ~!!」

ショタ「曙」

曙「なによ」

ショタ「怖い顔してるから鬼ね!」

曙「はあ?」

ショタ「にげろー!あははは」

曙「あっ!コラ!待ちなさい提督!この……っ、待てー!!」ニヤニヤ

完全勝利S

霞「司令官、あんた帰ってたならちゃんと挨拶しなさいよね!」

ショタ「今日はお昼までだったから早かったんだ」

霞「だったら早く私のところへ来なさいよ!あ、挨拶に!」

ショタ「うーん……でもみんな最初に挨拶しにくるように言うんだもん」

霞「私と他の子、どっちを優先すんのよ」

ショタ「金剛は1番最初に言ったらクッキー焼いてくれるから……」

霞「あの人は……!だったら私のところへ最初にきたらおせんべいあげるわよ!」

ショタ「おせんべいよりクッキーの方が好き」

霞「ぐぬぬ……司令官のくせに生意気ね」

ショタ「でもクッキーより霞の方が好きだから明日は1番に行くね」

霞「ふんっ!クッキーと比べられても嬉しくないわよ!」

ショタ「僕お菓子の中だとクッキーが1番大好きなのに」

霞「ああそう、私は1番より上ってわけね!はいはい」ニヤニヤ

完全勝利S

利根「我輩、ちと不思議なことがあのだが」

霞「なに?」

利根「いやな、他の鎮守府ではお主らと同型の艦はやれクソ提督だのクズ司令官だのいっておったのじゃが」

利根「お主らはそう言うことを言わぬのは何故なのじゃ?」

曙「子供にそんな事いっちゃ可愛そうでしょ」

霞「まぁクズでもないしね」

利根「しかしそれではお主らのアイデンティティがのう」

ガラッ

提督「おーい、霞、曙」

霞「死ね!クズ!!」

曙「こっちみんな!クソ!!」

利根「あー、なるほど。2人合わせてクソ提督とクズ司令官なのじゃな」

完全納得S

利根「しかし艦娘にこれほど嫌われるとは。提督よ、お主なにをしたのじゃ?」

提督「それが身に覚えがないんだ」

曙「鎮守府中の艦娘全員のパンツ集めて煮詰めたお湯とパンツを、湯船に入れてパンツ風呂したのはあんたでしょ」

霞「しかも残り湯を冷まして小分けに冷凍しだあと氷にして使うとかありえないわ」

提督「そんな事で怒ってたのか……」

曙「この反省の無さもムカつくのよ。このクソ」

利根「なるほど!」

利根「つまり我輩はパンツをはいておらんから実害がなかったのじゃな!」

筑摩「さすが利根姉さんです♪」

完全勝利S

男子1「駄菓子屋よっていこーぜー!」

男子2「当たり付きのラーメン売ってるかな」

ショタ「…………」

男子3「なに見てんだあいつ」

男子1「あー、あいつんち貧乏で小遣いないみたいだぞ」

男子2「マジかよwwwやーい、貧乏人!あっち行けよー」

男子3「100円くらい持ってこいよ貧乏人ー」

ショタ「……」

ショタ「お小遣い……欲しいけど……」

ショタ「ただいまー……」

提督「いや、だからだな。別にパンツを食べたとか食べてないとかじゃなく」

ショタ「……よし、おじさんに相談してみよう!」


ショタ「おじ──」

曙「だから!あんたがすぐ艦娘の下着にハサミで切れ目入れるからこの鎮守府はパンツ破産しかけてるんでしょうが!このクソ!!」

霞「なんでうちは燃料弾薬鉄鋼ボーキサイトパンツって5つも項目があるのよ!パンツ補給任務とかふざけんなクズ!」


ショタ「破産…………そんなの、お小遣い欲しいなんて言えないよ……」

ガタッ

ショタ「?」


青葉「ハァッ、ハァッ!青葉聞いちゃいました!司令官が……お小遣いくれたらなんでもするって!大スクープです!」


青葉、完全捏造S

青葉「金剛さん!金剛さん!いいお話ありますよう!」

金剛「いい話?」

青葉「はい!提督にまつわるいい話です!」

金剛「もちろん買いマース!!」

青葉「まいどあり!」


金剛「提督がお小遣いくれるなら何でもするって言ってたデスカ?」

青葉「はい!青葉聞いちゃいました!」

金剛「はぁ……」

金剛「またガセネタをつかまされたデース」

青葉「ガセネタじゃありませんよお!」

金剛「この前は提督の下着を売ると言って偽物を売りつけたネ」

青葉「あ、あれは魔が差して……」

金剛「ちょっとお灸を据えなくてはいけませんネ」

霧島「姉様、ヤッパ持ってきました」

榛名「小指の付け根は止血用にしっかり結んでおきますね♪」

比叡「とりあえずこの辞書の上でやりましょうか」

青葉「こ、怖い事言わないでください!霧島さんが言うと本当に怖いんですから!」

金剛「では質問デース。提督は何の為にお小遣いを欲しがっているデスカ?」

青葉「青葉の取材によると、どうやら駄菓子屋でお菓子を買いたいようですね」

金剛「お菓子なら私が毎日あげてるネ!」

榛名「材料費などを考えると駄菓子屋で使うレベルではないくらいお金をかけていますよ?」

青葉「それはきっと……だ、駄菓子屋に何か特別な思い入れが!」

金剛「お話にならないデース。こんな情報じゃお金は払えないネ」」

青葉「待ってください!」

ガチャッ

提督「金剛ー、クッキー……あれ?青葉どうしたの?」

金剛「ちょうどいいデース。提督に聞きたいことがありマース!」

ショタ「僕に?」

金剛「提督はお小遣いほしかったりしますカ?」

ショタ「えっ……なんで知ってるの……?」

金剛「ホワッ!?」

榛名「で、では、もしお私から小遣いが貰えるなら何でもしてくれたりなんて……」

ショタ「何でも?」

ショタ(お手伝い何でもするから欲しいな……)

ショタ「うん。お小遣いの為なら何でもするよ!」

榛名「ではあちらの寝室で榛名の壊れた蛇口を」

ショタ「榛名に蛇口なんてついてるの!?」

榛名「はい。今も水漏れがひどくてぐしょぐしょに」

金剛「ストーップ!その壊れた蛇口は弄ると更に壊れマース!!」

榛名「金剛お姉様?お話ください……♪」

金剛「蛇口直す前にその根性叩きなおしてやるネ!」

霧島「司令、100円どうぞ」

ショタ「いいの!?」

金剛榛名「なあっ!?」

霧島「それでその……約束の件なのですが」

ショタ「うん!お小遣いくれたから何でもするよ!」

比叡「ヒェー……。何でもするじゃなくて、お小遣いくれたから何でもするって言われると背徳感ハンパないですね」

霧島「では遠慮なく」

ショタ「うん!」

霧島「…………」

ショタ「霧島?」

榛名「霧島?まさか末っ子が出しゃばるつもりじゃないですよね?」

金剛「あー、でもあの様子じゃ大した事頼めなさそうネ」

比叡「まさに滝のような汗ですね」


霧島「て、手を、握っていただいてもよろしいですか?」

ショタ「そんな事でいいの?はい!」ギュッ

霧島「ふぐぅ……っ」

金剛「ほら、言った通りデース」

榛名「霧島がヘタレで良かったですね」

青葉「はいはい!司令官!お金をもらってその程度じゃダメですよ!」

青葉「手を繋ぐならせめて貝殻つなぎ。ぎゅっと両手で行きましょう!」

榛名「青葉さん?」

ショタ「こう?」

青葉「そして耳元で大好きと言っちゃいましょう♪」

金剛「青葉ワレェ!!」

ショタ「みんなの事大好きだけど、そうやって言うのは恥ずかしいね」

青葉「さあさあ♪」

ショタ「んー……霧島、大好」

青葉「おおっと、てがすべったぁ♪」

チュッ

金剛「ああああああああああああ!!」

榛名「耳に!耳に!霧島あぁぁ!」

ショタ「あ、青葉!もう!ごめんね霧島。……霧島?」

霧島「…………」

比叡「死ん……でる……」

霧島「……ハッ!!私はいったい?」

ショタ「霧島、お小遣いありがとう!」

霧島「い、いえ。それくらいならいつでも」

ショタ「じゃあ駄菓子屋いってくる!!」

ガチャッ

青葉「ふう、いい仕事しました♪」

霧島「なんだか耳が濡れているような」

榛名「霧島。私の可愛いたった1人の妹霧島。ちょっと耳を舐めさせてくれる?」

霧島「榛名お姉様!?」

榛名「ぺろぺろ」

霧島「ああああ!!……あっ」

金剛「くうぅ……せっかくのチャンスが台無しデース」

比叡「しかし司令が本当に駄菓子屋へ行きたがっていたなんて」

比叡「鎮守府に駄菓子屋を作りましょうか」

青葉「いやー、外の駄菓子屋ってのが良いんじゃないですか?」

比叡「じゃあ外に……今ある駄菓子屋を買い取りましょうか」

金剛「でも提督が鎮守府から居なくなるのは寂しいネ」

比叡「それなら隣の土地を買ってそこに駄菓子屋をたてましょう!すぐに立ち退きの話し合いを始めます!」

ショタ「急いで行けばみんな駄菓子屋にいるかな……?いそげいそげ」

扶桑「あら提督、お出かけですか?」

ショタ「うん!」

山城「行ってらっしゃいませ」

ショタ「いってきまーす!」

陸奥「あらあら、そんなに急いで走ってると転んじゃうわよ!」

ショタ「大丈夫だよー」

大鳳「気をつけて下さいね」

ショタ「はーい」

タッタッタッ

ショタ「わわっ!……っと、危ない危ない。もう少しで転ぶとこだった……あれ?お金がない!?」

ショタ「僕の100円…………あった!」

カラス「カァカァ」

ショタ「ああっ!」

カラス「カァカァカァカァ」

ショタ「まって!僕の100円返して!!まってよー!!」


大鳳「提督!?大丈夫?」

ショタ「うわぁぁぁん……」

陸奥「あらあら、だから言ったじゃない」

扶桑「大変だわ。提督が心に傷を……すぐに救急車を」

山城「提督が泣いているなんて……不幸だわ」

陸奥「ほんと、こんな良い子がどうして不幸な目にあうのかしら」

陸奥 大鳳
ショタ
扶桑 山城

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年12月05日 (火) 20:43:59   ID: pw04bULt

作品はいいのに作者は鹿児島になにか恨みがあるでごわすか?(鹿児島民)

2 :  SS好きの774さん   2017年12月11日 (月) 09:40:13   ID: 8mYimLVy

何故空母棲姫が鎮守府に

3 :  SS好きの774さん   2017年12月21日 (木) 20:16:32   ID: 5KGtXlr3

加賀さんの傷害罪エンドは流石に草

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom