武内P「アイドル達に慕われて困っている?」 (41)

武内P「常務、それの何が問題なのでしょうか?」

専務「専務の美城だ。今後、間違えることのないように」

武内P「……」

専務「まあ良い。私も、何が原因でこうなったのかわからない」

専務「しかし、実際に見れば何が問題なのかがわかる」

武内P「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509802732

武内P「アイドルに慕われて問題があるとは、私には思えないのですが……」

専務「見ればわかると言っただろう」


……┣¨┣¨┣¨┣¨ドド!


武内P「? この足音は――」


ガチャッ!


茜「ボンバー!!」

茜「……」ペコリ


バタンッ!


武内P「……日野、茜さんですね」

専務「……わかったかね、問題が」

武内P「問題……入室前にノックをしなかった事でしょうか?」

専務「そんな細かい事を言っているのではない」

武内P「失礼しました。常務は、そういうマナーに厳しい方かと……」

専務「……それ以前の問題があるだろう」

武内P「……?」

武内P「私には、日野さんらしさが溢れている、とても良い笑顔の挨拶に見えました」

専務「……」

専務「それが君の言う個性なのなら、私には理解出来ないな」

専務「それと、私は専務だ」

武内P「確かに、いきなり『ボンバー』は驚きます」

武内P「……ですが、常務がそれを問題とするのなら、注意すれば良いのではないかと」

専務「無論、私も日野茜には注意をした」

武内P「……」

専務「そうしたら、大声で泣かれてな。許可せざるを得なかった」

武内P「……」

武内P「……まさか、他にも同じような事が?」

専務「……そろそろ来るだろう」

武内P「……」


ガチャッ


フレデリカ「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」

フレデリカ「ミッシーおっはー♪ うわお、CPのプロデューサーもおっはー♪」


武内P「おはようございます、宮本さん」

専務「おはよう、宮本。それと、ミッシーはやめたまえ」

フレデリカ「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」

武内P「別段、変わった所は無い様に思いますが」

専務「見ていればわかる」


フレデリカ「今日の髪型はー、三つ編みにしようかな? それともお団子?」


武内P「……なるほど」

専務「毎朝、彼女はここに来て私の髪型をいじっていく」


フレデリカ「フンフンフフーンフンフフー、フレデリカー♪」


武内P「宮本さんの自由奔放さが感じられる、とてもいい笑顔です」

専務「……」

専務「自由には犠牲がつきものだ。そして、それが今の私だ」

武内P「彼女達アイドルを輝かせる犠牲になら、私はなってもいいと考えます」

専務「ならば、今すぐに変わり給え」

武内P「いえ、それはお断りします」


フレデリカ「かんせーい♪ ミッシーばいばーい♪」


……バタンッ


武内P「見事な編み込みですね。とても、よく似合っていると思います」

専務「……」

武内P「常務、クローネのメンバーである宮本さんには、やはりとても慕われていますね」

専務「専務だ。慕われていると言っても、程度があるだろう」

武内P「……念のためお聞きましますが、注意は?」

専務「したとも。目を見開いて大粒の涙を零され、許可せざるを得なかった」

武内P「……」

専務「許可せざるを得んだろう」

武内P「……それで、他にもまだ?」

専務「君、無表情の中に呆れを混ぜるのはやめたまえ」

武内P「……」

専務「あとは……そうだな」


ガチャッ

文香「……おはよう……ございます」


武内P「おはようございます、鷺沢さん」

専務「……おはよう、鷺沢」

文香「……今日は、昨日の続きを……持ってきました」

専務「そうか、昨日の分はデスクに置いてある」

文香「もう……全部読まれたんですね……」

専務「私はあまり気が長い方ではない。良い作品は、続きが気になるものだ」

文香「……では……今度からは、三冊ずつ持ってきます……」

専務「……世話をかけるな。感想は、全て読み終わってからにしよう」

文香「はい……楽しみに、しています……」

文香「それでは……失礼します」


……バタンッ


武内P「……」

武内P「あの……確か鷺沢さんは本好きで、とても、仲が良さそうに見えたのですが」

専務「そうだな、確かにそう見えただろう」

武内P「今の何が問題があったのかが、私にはわかりかねます」

専務「最初の内は良かった、一冊ずつだったからな」

武内P「……」

専務「一度、本の感想を言ったら次の日から二冊に増えて、遂に今日は三冊になった」

専務「断ろうとしたら、この世の終わりの様な顔をされたのだ……この意味がわかるか?」

武内P「……」

武内P「……無礼を承知で申し上げます」

専務「何だ、言ってみたまえ」

武内P「全て、貴女の自業自得かと」

専務「……だからこそ、君に頼みがある」

専務「私よりも、君はアイドル達の気持ちがわかるようだからな」

武内P「常務、その話、お受け出来ません」

専務「もしも断るなら、そうだな……私の権限で、CPの二期生に個性的なアイドルをねじ込もう」

武内P「!?」

武内P「待ってください! それは、あまりに強引すぎます!」

専務「君は、困っている上司を見捨てるのかね? それと、私は専務だ」

武内P「しかし!」

専務「そうだな、まずは世界レベルのアイドルを」

武内P「わかりました。力の限り、今回の件に取り組んでいきます」

専務「そうか、助かる。礼を言っておこう」

武内P「その必要はありません。貴女の後ろから見える虹色の光に魅せられただけですから」

専務「……」

専務「君、今の言葉は七光という意味かね?」

武内P「滅相もありません」

  ・  ・  ・

武内P「まずは日野さん、ですね」

専務「彼女を傷つける事なく、あの挨拶が止むように頼む」

武内P「……少し、耳を塞いでいてください」

専務「? 何をする気だ」


┣¨┣¨┣¨┣¨ドド!


茜「ボンb」


武内P「ボンバアアアアアアア!!!!」


茜「!?」


専務「!?」

茜「……ぼ、ボンb」


武内P「ボンバアアアアアイヤアアアアアアア!!!!」


茜「!!?」

茜「……ボ」


武内P「ギガボンバアアアアアアァァァァァァ!!!!」


茜「!!!?」

茜「……」ペコリ


……バタンッ!


武内P「……これで、当分の間は平気だと思います」

専務「……!?」

専務「今のが……解決策だと言うのか!?」

武内P「日野さんの挨拶を遮るような形で、大変心苦しかったですが……はい」

専務「……私には、理解出来ないな」

武内P「しかし、彼女はきっと成長して戻ってくるでしょう」

専務「!?」

武内P「それがいつになるかはわかりませんが、彼女の目からは力失われていませんでしたから」

専務「……」

専務「君、今の言い方だと、日野茜が次に来る時は、もっと大声になっていると言う事か?」

武内P「はい、きっと、今までよりもいい笑顔を見せてくれると思います」

専務「!?」

武内P「常務、そろそろ宮本さんが来るはずです」

専務「私は専務だ! 話を聞き給え!」


ガチャッ

フレデリカ「ミッシーおっはー♪ わお、CPのプロデューサーは今日も居るんだねぇ♪」


武内P「おはようございます、宮本さん」

専務「お、おはよう、宮本」

フレデリカ「フンフンフフーンフンフ」


武内P「プンプンププーンプンププー、プロデューサー♪」


フレデリカ「!?」

専務「!? お、おい、何をする気だ!?」


武内P「今日は、シャンプーとトリートメントを。おや、少し髪が傷んでいますね」


専務「何を……っ!? ほ、本当にシャンプしていないか!?」

武内P「プンプンププーンプンププー、プロデューサー♪」

専務「……!?」


フレデリカ「……」

フレデリカ「なんだか忙しそうだねぇ、ってことで、ばいばーい♪」

ガチャッ……バタンッ


武内P「プンプンププ……行ったようですね」

専務「……この後はどうするつもりだね?」

武内P「宮本さんの目から、髪型を変える以外の挑戦する意思を感じました」

武内P「……きっと、今度はカラーリングまで含めた本格的なヘアケアーをする事でしょう」

専務「……」

武内P「それと、ご安心ください。使用したのはただの水です」

専務「……そうか」

武内P「最後に、鷺沢さんですね」

専務「あえて一時的な解決を望み、今後事態が悪化するように仕向けてはいないか?」

武内P「待ってください! まさか、本当にそう思っているのですか!?」

専務「しかし、君のやり方ではその場の結果は出ても今後に支障が出る!」

武内P「専務は気が長い方ではないと言っていたので……」

専務「……確かにそう言ったが、しかし」


ガチャッ

文香「おはよう……ございます」


武内P「おはようございます、鷺沢さん」

専務「……おはよう」

文香「今日も……お約束通り、三冊持ってきました」

武内P「鷺沢さん。少し、お話があります」

文香「? はい……?」

武内P「実は、専務は昨日渡された分の本を読む時間が無かったのです」

文香「……!?……!!?」


武内P「――このノートを取ってくるのに、時間を費やしてしまったので」


スッ……


文香「あの……これは……?」

武内P「表紙を見ての通りです。プロジェクトルームに戻ってから確認してみてください」

文香「……わかり、ました。それでは……失礼します……」

武内P「感想、お待ちしています」


ガチャッ……バタンッ


専務「……やけに素直だな」

専務「一体、何を渡した? まさか、あれほど簡単に……」

武内P「専務が小学校時代から書き溜めていた詩集です」

専務「!?」

武内P「今西部長に協力してもらい、ご実家と連絡にし、取り寄せて貰いました」

武内P「これで、鷺沢さんも感想を考える時間が出来、しばらくは大丈夫でしょう」

武内P「その……失礼ですが、感想に困るものだったので」

専務「!?」

武内P「きっと、彼女なら感想を携えて来る事でしょう。微妙な笑顔かもしれませんが」

武内P「専務。アイドルに慕われるというのは、時に困難な事態に陥るかもしれません」

武内P「ですが、その時は私にご相談ください」

武内P「……それでは、失礼します」ペコリ


ガチャッ……バタン


専務「……優秀すぎるのも困りものだな」

専務「……」

専務「……ああ、もしもし、私だ」

専務「シンデレラプロジェクトを白紙に戻す。これは決定事項だ」



おわり

HTML化依頼だしておきます

慣らしで色々書いているのでゴミも量産すると思いますが、ご了承ください

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom