武内P「『次はお前だ』」 (43)

武内P「『三村かな子に気をつけろ』……?」

武内P「覚えの無いメモ書きがデスクに入っていましたが……」

武内P「……」

武内P「疲れて、いるのかもしれませんね」

武内P「このメモも、恐らく以前三村さんの体重管理をした時のものでしょう」

武内P「……」

武内P「……――さて、そろそろキャンディアイランドの皆さんを送り届ける時間ですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509609178

  ・  ・  ・

かな子「智絵里ちゃんが遅れるなんて、珍しいですね~」

武内P「先程連絡が取れ、今、こちらに向かっているそうです」

杏「ふわ~ぁ、智絵里ちゃんも来てないし、今日はお休みで良いよね?」

武内P「双葉さん、それは、その……困ります」

杏「冗談だよ、冗~談」

武内P「……」


かな子「――そうだ!」

パンッ!


武内P「? 三村さん?」

かな子「智絵里ちゃんを待ってる間、クッキーでもどうですか?」

杏「おおっ、良いねぇかな子ちゃん。でも、杏は飴の方が嬉しかったかな~」

武内P「三村さん、以前も申し上げましたが、間食は出来るだけ控えてください」


かな子「おいしいから大丈夫ですよ~」

智絵里「はぁ……! はぁ……! お、遅れてすみません~!」


武内P「! 緒方さん、おはようございます」

かな子「おはよう、智絵里ちゃん」

杏「おはよ~」


智絵里「ふぅ……おはようございます。待たせちゃって、ごめんなさい」


武内P「いえ、まだ時間には余裕がありますので」

武内P「それと、今日の髪型はサイドテールなのですね。とても、よく似合っています」

武内P「しかし、収録の際にはツインテールに戻しておいて頂けると――」


智絵里「えっ? わ、私……髪型はいつもサイドテールですけど……?」


武内P「……」

武内P「えっ?」


かな子「うふふ、クッキーおいしいですぅ」

武内P「あの、緒方さんはいつも大きなツインテールをしていたはずですが……」

智絵里「えっ? えっ?」

杏「もー、馬鹿な事言ってないでさっさと行こうよ」

武内P「いえ、ですが……」

智絵里「わ、私……この髪型じゃ駄目でしょうか?」

武内P「い、いえ、そういう訳ではありません」

智絵里「サイドテールの私じゃ、見捨てられちゃいますか……?」

武内P「……」


武内P「そんな事はありません。私は、貴女を見捨てる事は絶対にありませんよ」


智絵里「……良かった」

杏「んじゃ、話もまとまった事だし、はよ! 早く帰って寝たいんだからさ~」


かな子「うふふ、おいしい~♪」

   ・  ・  ・

武内P「――収録、お疲れ様でした」

智絵里「ありがとうございます。終わるまで、待っててくれたんですね」

武内P「はい。今日は、皆さんの収録が最後でしたので」

かな子「それにしても、杏ちゃん遅いですね~」

武内P「楽屋にぬいぐるみを忘れたので取りに行ってくる、と」


かな子「――そうだ!」

パンッ!


智絵里「? かな子ちゃん?」

かな子「杏ちゃんを待ってる間、飴でもどうですか?」

智絵里「飴……ふふっ、杏ちゃんの分を残しておかないとだね」

武内P「三村さん、収録前の移動中にもクッキーを食べていましたし、その」


かな子「おいしいから大丈夫ですよ~」

杏「お待たせ~。あー、余計に疲れちゃったよ」


武内P「双葉さん、捜し物は見つかりましたか?」

かな子「はい、杏ちゃん。飴あるよー」

杏「おおっ、サンキューかな子ちゃん!」


杏「それで……捜し物って、何の事?」


武内P「え、いえ、いつも持っているウサギのぬいぐるみを忘れた、と」

智絵里「えっ?」

杏「もー、何言ってるのさプロデューサー」


杏「いくら杏が小さいからって、さすがにぬいぐるみは持ち歩かないよ」


武内P「……」

武内P「えっ?」


かな子「うふふ、飴おいしいな~」

智絵里「……プロデューサー、今日は何だかおかしい気がします」

杏「うんうん。智絵里ちゃんがツインテールとか言ったりさ」

武内P「いえ……ですが…・…」

杏「働きすぎたらこうなっちゃうみたいだし、やっぱり働くべきじゃないね」

智絵里「あ、杏ちゃん!?」

杏「休むのも大事だよ、プロデューサー。最近、ずっと働いてるじゃん。疲れてるんだよ」


武内P「疲れている……そうですね、そうなのかもしれません」


杏「ってわけで、杏は週休八日でヨロシク~」

智絵里「えーっと、えーっと、な、なんでやねん!」


かな子「おいしいおいしい♪」

  ・  ・  ・

武内P「おはようございます、島村さん、渋谷さん」


卯月「おはようございます、プロデューサーさん♪」

凛「おはよう……って、どうしたの? 凄い顔してるけど」

卯月「うわわわ! 本当、顔色が悪いですよ!?」


武内P「……いえ、大丈夫です」

武内P「ところで、そのケーキは……?」


卯月「あ、これ、かな子ちゃんが持ってきてくれたんですよ」

凛「かな子、お菓子作るの本当に好きだよね。食べるのもだけど」


武内P「……そう、ですか」

武内P「ニュージェネレーションズのミニライブも近いですし、間食する場合は程々に……」

卯月「でも……おいしくて、つい、その……えへへ」

凛「これだけおいしいと、食べ過ぎちゃうのが怖いかな」

武内P「……」

武内P「それにしても、本田さんはまだ来ていないようですが……?」


卯月「えっ? 本田さん?」


武内P「? 島村さんは、いつも本田さんの事を『未央』と呼んでいたと思うのですが……?」


凛「それじゃあ、本田……未央さん? ねえ、プロデューサー」


卯月「それ……誰の事ですか?」


武内P「!?」

武内P「ま、待ってください! ニュージェネレーションズの一員の、本田さんです!」

卯月「ええっ!? ええと、その、本田さん? 未央ちゃん? が……一員?」

凛「何言ってるの。ニュージェネレーションズは、元々私と卯月二人のユニットでしょ」

武内P「!?」

武内P「……お二人共、さすがに冗談にしても、少し悪質だと――」


かな子「あ、プロデューサーさん、おはようございまーす」


卯月「あっ、かな子ちゃん!」

凛「かな子、なんだかプロデューサーの様子がおかしいんだけど」

かな子「えー?」


かな子「おいしいから大丈夫だよ~」

卯月「おいしいからって、もー! かな子ちゃん!」

凛「……真面目に話してたのに、その顔を見てたら気が抜けちゃったよ」

かな子「あ、今日のケーキはどうだった?」


かな子「今回のは、自信作なんだー♪」


卯月「あ、はい。とってもおいしかったです♪」

凛「かな子はアイドルとしても、パティシエとしてもやっていけるよね」

かな子「でも、私……作りながらつまみ食いしちゃうからなぁ」


かな子「――ねえ、プロデューサーさん」


武内P「っ!?」


かな子「プロデューサーさんも、一口どうですか?」

武内P「わ、私は……その、遠慮しておきます……!」


かな子「えー、おいしいのにー」

武内P「……兎に角、話を戻しましょう。本田さんに関して――」


かな子「――そうだ!」

パンッ!


武内P「っ!?」

かな子「今日は、ケーキだけじゃなくスコーンもあるんですよ♪」

武内P「あの、三村さん、今はその話をしている場合では――」


卯月「あーっ! もうこんな時間! レッスンに遅れちゃいます!」

凛「これは、急がないと間に合わないね」


武内P「ま、待ってください!」

武内P「お二人とも、話しを――……!」

卯月「ごめんなさい! 終わったら、絶対聞きますから!」

凛「そうだね。私も、その本田未央さん? の事は何か気になるし」

武内P「……お願いします。後ほど、必ず」

凛「もう、いつも変だけど、今日は特別変だよ、プロデューサー」

武内P「……レッスン、頑張ってください」

卯月「はい♪」


卯月「島村卯月、なんかその……なんというか、えへへ、うーん、ふふっ♪」


武内P「……!?」


かな子「スコーンもおいしいな~♪」

武内P「……」

かな子「? どうしたんですか、プロデューサーさん?」

武内P「……いえ、何でもありません」

かな子「あの、スコーン食べますか?」

武内P「今は……少し、食欲がないので」

かな子「ちゃんと食べないと駄目ですよ。私みたいに、倒れちゃいます」

武内P「……」


かな子「……」

スッ……


武内P「っ!?」ビクッ

かな子「それじゃあ、私もそろそろレッスンに行きますね」

武内P「……はい、頑張ってください」


かな子「はい♪ 三村かな子、頑張ります♪」


武内P「……!」


かな子「うふふ」

  ・  ・  ・

武内P(あれから一週間……シンデレラプロジェクトのメンバーは変わっていった)


美波「おはようございます、プロデューサーさん」

武内P「……新田さん、おはようございます」


武内P(新田さんは――プロジェクトルームでは服を着なくなった)

武内P(その事を不思議に思う人間は、私一人だけだった)

武内P(……三村さんは、おいしそうにホットケーキを頬張っていた)


アーニャ「おはようございますプロデューサー。今日も一日宜しくお願います」

武内P「アナスタシアさん、おはようございます」


武内P(アナスタシアさんは――生粋の日本人になっていた)

武内P(だというのに、名前等の違和感には誰も気付かない)

武内P(……三村さんは、メトヴィグというロシアのケーキを頬張っていた)


かな子「おはようございます、プロデューサーさん」

武内P「……おはよう、ございます」

蘭子「どうしたんですかプロデューサー? 顔色が悪いですよ?」

武内P「……すみません、少し、休憩します」

武内P(神崎さん……貴女の熊本弁は、恐らくビスケットに)


智絵里「後で……何か持っていきますね」

武内P「……ありがとう、ございます」

武内P(緒方さん……貴女はショートカットでは無かったはずです)


かな子「――そうだ!」

パンッ!


武内P「っ!?」

かな子「疲れには、飴が良いんですよ~」

武内P「……」

武内P「……お気遣い頂き、ありがとうございます、三村さん」

かな子「いえいえ~」

智絵里「それじゃあ……私達もレッスンに行きますね」

武内P「はい……今日は、キャンディアイランド三人でのレッスンでしたね」

智絵里「えっ?」

武内P「……――まさか」


かな子「はい、飴ですよ~プロデューサーさん♪」


武内P「ん……ぐっ」

智絵里「はうう、あ~ん、だなんてかな子ちゃん大胆……!」

かな子「うふふ、おいしいですかプロデューサーさん?」

武内P「……!」


かな子「おいしいから大丈夫ですよ~」

   ・  ・  ・

武内P「……」

カサッ……

武内P「この、メモを見つけてから、おかしくなってしまった」

武内P「……おかしくなっている事に気づくようになったのか」

武内P「それとも……私がおかしくなってしまったのだろうか」

武内P「……」

武内P「しかし、私はシンデレプロジェクトの、全員のプロデューサーだ」

武内P「誰か一人が欠けてもいけない、絶対に」

武内P「……だから、出来るだけの事はしておかなくては」

カキカキ……

武内P「……」


コンコン!


武内P「千川さんですか? どうぞ――」


ガチャッ


かな子「すみません、忘れ物を取りに来ました~」


武内P「……三村……さん」

武内P「……忘れ物、ですか?」

かな子「はい、レッスンが終わった後のオヤツが無いなぁ、って」

武内P「……成る程」

かな子「はい。ケーキなんか良いですよね、大きい、ケーキ」

武内P「……」


武内P「三村さん、貴女はアイドルとしてとても魅力的です」

武内P「しかし、今のペースで間食をしていてはせっかくのカロリー制限も無駄になってしまいます」

かな子「……」

武内P「……ですので、次からは」


パンッ!


かな子「おいしいから大丈夫ですよ~」

  ・  ・  ・

ちひろ「あっ、おはようございますプロデューサーさん」

ちひろ「その顔……昨日も飲みに付き合わされたんですか?」

ちひろ「シャキッとしてください! アイドルの子達に笑われちゃいますよ?」

ちひろ「はい、スタミナドリンクです」

ちひろ「……書類の位置がわからない?」

ちひろ「もー、デスクの中に入ってないんですか?」

ちひろ「……メモ書き? いえ、私はプロデューサーさんの机はいじってないですけど……」


ちひろ「何て、書いてあるんですか?」


『次はお前だ』



『三村かな子に気をつけろ』



『シンデレラプロジェクトを頼む』




おわり

HTML化依頼出しておきます

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom