武内P「また、捕まってしまいました」 (27)

未央「あー……それなら仕方ないかー」

凛「正直、プロデューサーが職務質問されるのには慣れたよね」

卯月「も、もう! それで、大丈夫だったんですか?」


武内P「今回は、二人の内一人が以前、その……お世話になった方だったので」


未央「あはは! 警察の人の方も慣れて来てるじゃん、それ!」

凛「ふふ、警察にお世話になるのに慣れるって、物凄く人聞きが悪いよね」

卯月「ふ、二人共~! あんまり笑っちゃかわいそうですよ!」

武内P「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509362547

未央「でも、珍しくプロデューサーが居ないからビックリしたよ」

凛「うん。この時間は、いつもデスクに座って怖い顔してるから」

武内P「怖い顔、ですか?」

卯月「し、真剣な顔って事ですよ! ね、凛ちゃん!」

凛「……うん、そうだね。ごめん、からかいすぎた」

武内P「いえ、渋谷さんの指摘ももっともですので……」

未央「あーあー! しぶりんがプロデューサーいじめたー!」

凛「ちょっと未央! 怒るよ!?」

卯月「私はプロデューサーさんの真剣な顔、その、カッコイイと思いますよ!」

武内P「島村さん……ありがとう、ございます」

二人「……」

未央「でもさ、しまむー」

卯月「え? なんですか?」

未央「プロデューサーが真剣な顔をしてると、警察に捕まるんだよ」

卯月「ええ~っ!? ど、どうしてそうなるんですか?」

凛「私達はもう慣れたけど、卯月も実は最初怖かったんじゃないの?」

卯月「それは……その……」チラリ

武内P「……」

卯月「ええと……はい……」

武内P「……」

武内P「そう、だったのですね」ションボリ

卯月「で、でも、警察に捕まる程じゃないと思うんです!」

未央「いいや、甘い! 甘いよしまむー!」

凛「卯月って、プロデューサーが捕まってるのそんなに見てないよね」

卯月「それは、そうですけど……」


未央「これはね、この前の休みにプロデューサーと買い物に行った時の話なんだけど」


凛「待って、その話は初耳なんだけど」

未央「あれ? 言ってなかったっけ?」

卯月「き、聞いてませんよー!」

未央「ゴホン! まあ、話は最後まで聞こうよ二人共」

凛「……ふーん、買い物ね」

卯月「休みに……ですか」

未央「そう! 休みに、買い物に行った時の事――」


武内P「あの、誤解の無い様に申し上げますと、ネットで公開する写真の撮影を兼ねてですので」


二人「ああ、成る程」

未央「――って、もうちょっと二人をからかわせてよプロデューサー!」

武内P「は、はぁ……」

凛「まあ、そんな事だろうとは思ったけど」

卯月「……」

未央「とにかく、プロデューサーと撮影がてら買い物に行ったんだけどさ」

凛「大丈夫、もう話のオチは読めたから」

未央「そりゃないよしぶりーん!」

凛「どうせ、ちょっと目を離した隙にプロデューサーが捕まってたんでしょ?」

武内P「……」

未央「まあ、そうなんだけどね。一日付き合ってもらうつもりが、午前中でお開きだよ」

武内P「……その節は、ご迷惑をおかけしました」

未央「ちょ、良いって良いって!」

未央「それにそのー、た、楽しかったからさ///」

武内P「はい。時間は短くなりましたが、十分、いい笑顔が撮れたと思います」

未央「え、えへへ///」

卯月「……」

凛「ふーん、未央の撮影の時は街中で捕まったんだ」

未央「うん。でも、『ああ、またか』って思うだけだった」

武内P「……そう言っていただけると助かりますが、複雑です」

卯月「……」


凛「私と公園に行った時も捕まったよね、プロデューサー」


未央「あれ? なにそれ初めて聞いた」

凛「うん。今、初めて言ったから」

卯月「……」

凛「私の時は、ハナコと一緒の撮影だったんだよね」

未央「へえ、それで公園まで散歩がてら?」

凛「そう。散歩コースじゃないんだけど、ね」

武内P「……」

凛「公園の中をハナコを連れて歩いてたらさ、後ろを見たらプロデューサーが居なくて」

武内P「……渋谷さんにも、度々ご迷惑をおかけして申し訳ありません」

凛「別に良いよ、気にしてない」

凛「それに……休みの日にプロデューサーとハナコと三人で散歩なんて、思ってもなかったから」

武内P「はい。アイドルの時とは違った、渋谷さんの自然体の魅力が撮影出来ました」

凛「……も、もう///急にそういう事言うとビックリするから///」

卯月「……」

未央「でもさ、写真撮影ならスタジオでも出来るよね?」

凛「うん。それは私も気になってた」

武内P「今回の撮影のコンセプトは、皆さんのリラックスした、自然な姿です」

二人「リラックス?」

武内P「はい。ですので、お二人が趣味を楽しんでいる様子を撮影しようと」

未央「趣味って……前に、趣味がショッピングって言ったの覚えてたの?」

凛「私も、ハナコの散歩って言ったの大分前だと思うんだけど……」

武内P「勿論、覚えています。とても、大事な事だと思いますので」

二人「……」

二人「……///」


卯月「……」

未央「――よっし! 今日は、気合入れて頑張っちゃおうかな!」

凛「――だね。プロデューサーも休みの日に付き合ってくれたんだし、こっちも頑張らないと」

武内P「……お二人とも、今日のレッスン、頑張ってください」

未央「まっかせて! それじゃ、ボイスレッスンで美声に磨きをかけますか~!」

凛「私はトライアドの方でダンスレッスンだ。……それじゃ、行ってくるね」

武内P「お二人とも……いい笑顔です」

二人「……」


二人「そればっか!」


ガチャッ……バタン


卯月「……」

卯月「……」

武内P「? 島村さん?」

卯月「へっ!? は、はい! 何でしょうか!?」

武内P「あの、今日は島村さんもレッスンの予定があったと」

卯月「そ、そうですね……」

武内P「……」

卯月「……」

武内P「あの……何か、悩みでも?」

卯月「えっ? ええと、別に、悩みという程の事では……」

武内P「……」

卯月「……」

武内P「島村さん、まだ、レッスンまでは時間があります」

卯月「そ、そうですね」

武内P「私で良ければ、話していただけませんか」

卯月「で、でもその……ちょっと、どうしようも無い事というか」

武内P「それでも、話してください」

卯月「ぷ、プロデューサーさん?」

武内P「はい。私は、貴女のプロデューサーですから」

卯月「……」

卯月「……わかりました」

卯月「……プロデューサーさんは、休みの日に二人と出かけたんですよね?」

武内P「はい。あくまで撮影のため、ですが」

卯月「も、勿論お仕事のためだってわかってるんですよ!?」

武内P「……すみません、続けてください」

卯月「え、ええと……お仕事だってわかってても、二人がちょっぴり羨ましいなぁ、って」

武内P「……それは」

卯月「プロデューサーさん、私の趣味って覚えてますか?」

武内P「それは……はい、覚えています」


卯月「――友達と長電話」


卯月「えへへ、これじゃあ、お休みの日に付き合って貰えないなぁ、って」

武内P「……島村さん」

卯月「だ、だけど、こればっかりはしょうがないですもんね!」

武内P「……島村さん」

卯月「って、もうこんな時間! 私も着替えて、レッスンに行かないと!」

武内P「ま、待ってください!」

卯月「我儘言っちゃってすみません! 私、二人よりお姉さんなんだからしっかりしないとですよね!」

武内P「……」


卯月「それじゃあ、島村卯月、今日もレッスン頑張ります!」


ガチャッ……バタンッ


武内P「……」

  ・  ・  ・

卯月「……プロデューサーさん、困った顔してたなぁ」

卯月「……」

卯月「ううん、今からレッスンなんだか、頑張らないと」


オーネガイ♪シーンデレラー♪


卯月「? 電話?」

卯月「誰から……って、ぷ、プロデューサーさん!?」

卯月「どうしたんだろう……も、もしもし?」


武内P『島村さん。少しだけ、宜しいでしょうか?』


卯月「え? は、はい」

武内P『島村さんの趣味にその、私が付き合うのは難しいです』

卯月「……はい。プロデューサーさん、忙しいですし」

武内P『……ですが』

卯月「?」


武内P『私はプロデューサーで、友達と、という訳ではないですが……それでも構わないでしょうか?』


卯月「へっ?」

武内P『長電話も、その……そもそも、長く会話をするのが得意でないもので』

卯月「……」


卯月「……ふふっ!」


武内P『島村さん?』

卯月「もう! そんな事を気にして、電話までかけてきてくれたんですか?」

武内P『それはその……』

武内P『……』

卯月「……プロデューサさん、ありがとうございます♪」

武内P『島村さん。貴女は、今、笑顔でいますか?』

卯月「はい♪」

卯月「あ、でも、お休みの日に付き合って貰ってる訳じゃないから、ふふっ、どうでしょう!」

武内P『いえ、それに関しては、その……』

卯月「えっ?」


ちひろ『ぷ、プロデューサーさん!? 休日出勤はやめてくださいって言ってるじゃないですか!』


武内P『……と、言うことですので』

ちひろ『専務になってからそういうのに物凄く厳しいんですから!』

武内P『れ、レッスン、頑張ってください』


卯月「――はいっ♪ 島村卯月、頑張ります♪」


武内P『……それにしても』


武内P『また、捕まってしまいました』




おわり

HTML化依頼出しておきます

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom