武内P「ドスケベボディです」 (50)

未央「ふえあっ!?///」

卯月「ぷ、プロデューサーさん!?」

武内P「? はい、何でしょうか?」

未央「や、やばいよコレ! 本当に効いてるよ!」

卯月「はい……でも、まさか本当にかかるなんて……」

武内P「?」


凛「ふーん、私……催眠術の才能あったんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509290473

未央「ちょ、ちょっともう一回確認していい?」

武内P「はい、勿論」

未央「私の魅力って、どういう所だと思う? 笑顔以外で!」

武内P「笑顔以外と言われたら、やはりドスケベボディですね」

卯月「き、聞いてるこっちが恥ずかしくなっちゃいます///」

未央「いやいや、真顔でドスケベボディって言われる私の方が恥ずかしいよ!///」


凛「……」

未央「ドスケベって、私……そ、そんなにエッチかなぁ?///」

武内P「エッチと言うより、ドスケベと言う方が適切ですね」

未央「ぐ、具体的には?」

卯月「未央ちゃん!? つっこんで聞いちゃうんですか!?」

未央「しまむー……女は度胸だよ!」


武内P「そうですね、やはり15歳とは思えないバストサイズでしょうか」


未央「あ……う……///」

凛「……」

武内P「本田さん」

未央「ひゃ、ひゃい!?」

武内P「最近の写真撮影でも感じていたのですが、スリーサイズが変わっていますね?」

未央「え、えっと……あはは」

武内P「公開しているプロフィールも更新しなければならないので、今後はきちんと報告を……」

未央「あ、うん」

武内P「ありがとうございます。言いにくいとは思いますが、ご協力をお願いします」

未央「……うーん、やっぱりプロデューサーって見てる所は見てるよねぇ」

卯月「でも、端から見ててもその、成長してるのわかりましたよ?」

未央「……マジで?///」

凛「……」

未央「とりあえず、しぶりんの催眠術は本物みたいだね」

卯月「はい。だって、プロデューサーさんが、ど、ドスケベって言うなんて……///」

凛「……別に、思ってる事を包み隠さず話せって暗示をかけただけだよ」

未央「それでも凄いって! あ、でも、プロデューサーがかかりやすいってだけなのかも?」

卯月「そうだとしたら……ふふっ、なんだか可愛く思えちゃいます」

凛「……」


凛「そうかな。頭の中ではドスケベボディとか考えてたんだよ」


未央「お、おおう? なんだかしぶりんご立腹?」

凛「……別に、そんなんじゃないけど」

卯月「で、でもほら! いい機会だと思うんです!」

未央「そうだねぇ。プロデューサーって、普段笑顔しか言わないもん」

凛「まあ、それは確かにそうだけど」

未央「ってことで、二人も聞いてみちゃいなよ!」

卯月「えっ? わ、私達もですか?」

卯月「未央ちゃん、なんだかテンションが高いです」

未央「ふふふ! 笑顔とドスケベボディが魅力だってわかったからね!」

卯月「もー! 未央ちゃんったら!」

凛「……」


凛「……」グッ

凛「それじゃあ、どっちから先に聞く?」

卯月「え、ええと……」

未央「こういう時こそ、お姉さんの出番だと思うよ」

卯月「もう、こういう時だけお姉さん扱いするんですから!」

凛「ほら、卯月。はやく聞いてみなよ」

卯月「ええと、それじゃあ……ぷ、プロデューサーさん?」

武内P「はい、何でしょうか?」

卯月「私の……笑顔以外の魅力ってなんでしょうか?」


武内P「ドスケベボディです」


卯月「ふええっ!?///」

凛「……」

卯月「そ、その、ええと……///」

武内P「島村さんには伝えていませんでしたが、最近ではファンの間でも注目が集まっています」

卯月「え、ええっ!?」

武内P「瑞々しく、肉感的で、本田さんとはまた違った魅力があります」

卯月「私の胸が注目されて……で、でも、アイドルだからそういうのは、はい///」


武内P「いえ、注目を集めているのは見事なヒップラインです」


卯月「お、お尻ですか!?///」

未央「ほほう、しまむーのお尻には私も注目していたのですよ」

卯月「み、未央ちゃん!?///」

凛「……」

武内P「島村さん」

卯月「は、はい!」

武内P「島村さんのお尻には、貴女の魅力が沢山詰まっています」

卯月「う……うー///」

武内P「天性のものだけでなく、レッスンの中で培われているものも」

卯月「えっと、ダンスレッスンで引き締まってとか、そういう事でしょうか……?」

武内P「はい、努力は決して無駄にはなりません。これからも頑張ってください」

卯月「! はい!」


卯月「島村卯月、頑張ります♪」


凛「……」

未央「……私が胸で」

卯月「……私がお尻」


凛「プロデューサー」


武内P「はい、どうしましたか、渋谷さん」

未央「……おおう、しぶりんは聞きたがらないと思ったけどサクッといったね」

卯月「でも、私もちょっと気になります」

凛「私の、笑顔以外の魅力って……何?」


武内P「そうですね……ピアスが似合っていると思います」


凛「……」

凛「……は?」

凛「ねえ、流れがおかしくない?」

武内P「? 何が……でしょうか?」

凛「未央が胸で、卯月がお尻だよね」

武内P「はい、ドスケベボディだと、思います」

凛「うん、聞いてた」

武内P「はぁ……?」

凛「……」

武内P「……?」


未央「しまむー、私、今めっちゃ逃げたい……!」

卯月「わ、私もです……!」

凛「聞き方を変えるよ」

武内P「? はい」

凛「私の魅力を、5つ答えて」

武内P「5つ、ですか」

凛「それくらい答えられるでしょ? あんた、私のプロデューサーなんだから」

武内P「それは……はい、勿論です」

凛「……!」


未央「5つって、弱気なのと強気なのが入り混じってるよね、これ」

卯月「10って言っても駄目だったら……ですもんね」

武内P「まず、笑顔ですね。とても素晴らしい、良い、笑顔です」

凛「うん。で?」

武内P「そしてピアスです。クールな渋谷さんには、とてもよく似合って魅力が引き立っています」

凛「うん」

武内P「忘れてはならないのが歌唱力です。引き込まれる……そうですね、凄みを感じさせます」

凛「次」

未央「……ドキドキしてきた」

卯月「……心臓が飛び出そうです」

凛「……」


武内P「犬を可愛がっている姿も、普段とのギャップも相まってとても可愛らしいと思います」


凛「……っ///」

凛「つ、次!」

未央「あ、ちょっと嬉しかったみたいだね」

卯月「ですね。うふふ、凛ちゃん可愛いです」

武内P「そうですね――」

凛「ちょ、ちょっとストップ!」

武内P「? はい」

凛「……さ、最近シャンプー変えてさ」

武内P「……すみません。言われて気づきました」

凛「い、良いよ別に、謝らなくて。……っと、スカートの丈って、アイドルだったらもう少し短い方がいいかな?」

武内P「そうですね……渋谷さんが、思う丈が一番かと」

凛「ふ、ふーん。そういうものかな」


未央「髪か……ふとももを褒めて欲しいのかな、あれ」

卯月「頑張ってください、凛ちゃん……!」

凛「それじゃあ、今の会話を忘れないでよ」

武内P「はぁ」

凛「私の、5つ目の魅力って、何?」


武内P「実家が花屋という事でしょうか」


未央「ふわっとしちゃった」

卯月「ふわっとしちゃいましたね」

凛「……」

  ・  ・  ・

武内P「……」

武内P「!? いつの間にか、時計が30分程進んでいる……?」

武内P「一体、何が――」


凛「ねえ」


武内P「っ!? し、渋谷さん……?」

凛「ちょっとさ、見てもらいたいものがあるんだけど」

スルッ

武内P「!? 渋谷さん、どうして服を脱ぎだすんですか!?」

凛「プロデューサーが悪いんだよ」

武内P「わ、私が……!?」

凛「未央は胸、卯月はお尻」

武内P「服を……お願いします、渋谷さん! 服を着てください!」

凛「じゃあ、私は?」

武内P「その……ぴ、ピアスがとてもよく似合っていると思います……!」

凛「そういう事が聞きたいんじゃない!」

武内P「と、とても素晴らしい歌唱力ですし、あとは、い、犬とか花屋とか……」

凛「違う! あんた、全然わかってない!」


凛「私にも、ドスケベボディって褒める所見つけてよ!」


武内P「!?」

武内P「……!?」

武内P「ど、ドスケベボディ……!? 渋谷さん、一体何を……!?」

凛「ほら、下着姿の現役女子高生アイドルだよ!」

武内P「いけません! 渋谷さん、いけません!」

凛「逃げないでよ! ちゃんと私を見てよ、あんたプロデューサーでしょ!?」


ガチャッ

ちひろ「おはようござ――」


凛「ほら、早く! 私のどこがドスケベボディか言いなよ! ほら! ほら!」

武内P「許してください! もう、もう許してください!」


ちひろ「……」


二人「……あっ」

武内P「千川さん、助けてください!」

ちひろ「ぷ、プロデューサーさん?」

凛「――ねえ、ちひろさんはどう思う?」

ちひろ「はいっ!? と、いうか凛ちゃんどうして服を……!?」


凛「未央は胸、卯月はお尻で……二人はドスケベボディなんだってさ」

凛「それで、私のどこがドスケベか聞いても答えてくれないんだよ、プロデューサーは」

凛「だったら、こうするしか他に無いよね」


ちひろ「……成る程。わからないけど、わかりました」

ちひろ「プロデューサーさん。ちゃんと答えてあげないと駄目ですよ」

武内P「せ、千川さん……!?」

ちひろ「女の子は、不安になっちゃう時もあるんです」

武内P「……」

ちひろ「言いにくい事かもしれないですけど……凛ちゃん、待ってるんですよ」

凛「……」

武内P「……そうなのですか、渋谷さん」

凛「……さっきからそう言ってる」

武内P「……わかりました」


武内P「渋谷さんのどこがドスケベか、お答えします」


凛「!」

凛「……さ、催眠術はもうきれてるよね……?」

ちひろ「えっ? 催眠術?」

武内P「渋谷さん、私は今まで貴女と真剣に向き合っていなかったのかもしれません」

凛「……プロデューサーが鈍いのは知ってたよ」

ちひろ「凛ちゃん、催眠術ってなんですか?」

武内P「ですが、今回の件で今までの考えを改めました」

凛「もう……遅いよ」

ちひろ「凛ちゃん? ねえ、聞いてます? ねえ」


武内P「渋谷さん、貴女は立派なドスケベです」

凛「も、もう///プロデューサーったら///」


凛「……それで、私のどこがドスケベなのか教えて貰える?///」


武内P「頭です」



おわり

HTML化依頼出しておきます

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年11月03日 (金) 01:57:02   ID: smQ9BiRe

キラッ☆!(頭が)満開*スマイル!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom