狼娘「ここがボクの縄張りだ、文句があるなら力づくで━━━」男「ほう?」ムキムキィ (294)

男「お前か、最近うちの私有地の山を荒してるの
は」ムキムキッ

狼娘「な、何だい君は......(な、何だこいつ......デ力でカイ!何て筋量!!お、鬼の類いか!?)」

男「この山の土地の所有者だ。」ムキィ

狼娘「なっ......に、人間!?(う、嘘だ!こんな人間見たことない!!)」

男「さて......たしか力づくで、とかなんとか言ってたよな?」ドドドドド

狼娘「ひ、ひぃっ......」

男「まあまずは......お互い穏便に......」ドドドドド

狼娘「」ガタガタガタガタ

男「話し合おうか......」ドドドドド

<キャアー!!!!!

~二ヶ月前~

男「どうしたんだよお爺ちゃん、夜にこんな改まって」


爺「......実はの、孫よ。わしはもう長くない。もう身体は思うように動かせぬし、体力も落ちていく一方じゃし、発作も酷い」

男「そんなこと言わないでくれお爺ちゃん、お爺ちゃんはまだまだ元気で生きて欲しいんだ。」

爺「いや、自分の身体は自分が一番良く分かる......もう茶碗が異様に重たく感じるのじゃ。だから、死ぬ前にお前にお願い事があるのじゃ」

男「何だよ爺ちゃん、俺じゃあ力不足かもしれないが、何だって聞くさ」ムキムキ

爺「......その身体のどこが非力なんじゃ。ともかく、わしは遺産として......お前にこの家と山を、金も土地も全てお前にやろうと思っておる」

男「なっ......!俺に、託すつもりなのかい?しっかりしてくれよ」

爺「いや、お前は父も母もいなくなり、孤独と深い悲しみを経験したのに立派に育ち......育ち過ぎるほどに育ったがの。そして勉学に励みながらわしの農業を手伝ってくれた。この野菜や果物は孫とわしとで作り上げた、わしの誇りじゃ」

男「お爺ちゃん......」

爺「大学も、バイトをしながら頑張っているのじゃろ?休みでも遊ぶことを放り、わしの事を手伝う度に、わしは、とても嬉しかったのじゃよ......ゲホッゲホッ!」

男「爺ちゃん!?だ、大丈夫か!?今救急車を......」

爺「ふっ、無駄じゃよ男よ......わしは、今察した。婆さんの所へ行く時が来たのじゃ。惜しむらくは、後一ヶ月だと言うのに、お前の卒業式に行けなかったことかの......」

男「ば、バカ言うなよ爺ちゃん。しっかりしろって━━━」

爺「男よ、よく聞け!!」ガシッ

男「!?」ビクッ

爺「最近、何かがわしの山が荒らされておるのじゃ......頼む、わしにはもうあの山は守れぬ。だから、お前に託す......!今度は、お前が守ってくれ......!!」

男「あぁ、約束する。だからしっかりしてくれよお爺ちゃん!」

爺「ありがとう、男よ......あぁ、それを聞いて、安、心した......」ガクッ

男「爺ちゃん!?爺ちゃん!!爺ちゃーーーん!!!」



そうして俺は、爺ちゃんの誇りを胸に刻んだ。
爺ちゃんの残した、この山を、守ると。




男「......という事なんだ。怖がらせてすまなかった」

狼「い、いや。ボクも急に悲鳴を上げて悪かったよ......(暗いから怖さが増してつい叫んでしまった......)」

男「そういえば、名前を聞いてなかったな。君、名前は?」

狼娘「ボクは、狼娘......君は?」

男「俺は男、だよ。狼娘、お願いだ......あの山は爺ちゃんの形見なんだ。もう、山の幸を勝手に取ったりしないでくれ」

狼娘「......それは、出来ない。」

男「......なぜか、理由を聞いても?」

狼娘「ボクだって......ボクだって、他に行くところが無いからだ。それに君は勝手だよ。君達人間は僕たちから居場所を奪って、勝手に自分の物にしただけじゃないか。あの山だって、きっと誰かの物じゃ無かった筈だ」

男「......」

狼娘「だったら、ボクだって奪っても良いはずだ。もうこの山はボクの物だ。悪いけど、君を可哀想だ何てボクは思わない、家族が......家族がいないのが、君だけと思うな!!」

男「!!(声を、荒げて......)」

狼娘「ほ、欲しいなら......ち、力づくで来たらどうだい!人間は一人じゃ何も出来ない癖に!!」ガクガク

男「(震えてる......こんなに小さな女の子が、自分の居場所を守るために、自分より大きい者相手に懸命に勇気を振り絞ってる)」

男「(でも、ここで引き下がることは出来ない。俺だって爺さんが託した山を、渡すわけにはいかない)」

男「(でも......こんな娘を、殴る訳にも......)」

狼娘「そっちが来ないなら!」バッ

男「うおっ!?ま、待て!!」サッ

狼娘「わ、わわっ!」ズルッ

男「おい、危ない!」ダキッ

狼娘「なっ......!?は、離せ!!///」ジタバタ

男「離したらまた襲いかかるだろ!(いや、待てよ?)」

男「そうだ、力づくだろ!ならこのまま勝負だ、月が出るまでに振りほどけたらお前の勝ちだ、山をくれてやる!」ギュー

狼娘「なっ、ななな!?それまで離さないつもりかい!?///少なくとも一時間はこうしなきゃならないんだぞ!?///」

男「そ、そうだ!」ギュー

狼娘「じょ、上等だよ......ボクに力で勝負を挑む何て、後悔するがいいさ!!」



~一時間後~

狼娘「ふっ、くっ、ぐぬぬぬっ!」

男「」ギュー

狼娘「はぁっ、はぁっ......(お、おかしい!相手は人間なのに!何なのこの人外じみた筋力は!!)」

男「」ギュー

狼娘「(そ、それに......)」チラ

男「?」ギュー

狼娘「(何で、いつもより力が入らないのっ......!///この人の匂いとか、身体の熱さとか、硬さに包まれてると......何故か、力が出ない......!!///)」カァ

狼娘「(人間なんて、大嫌いな筈なのに!!)」

男「......」スル......

狼娘「(あ、あれ?少し、力抜けた?)」

男「その......悪い、痛かったか?急に抵抗が弱くなったから」

狼娘「ぅ......な、何でも無い(な、何で。強く力を入れるべきなのに、何、で......)」

男「......」ギュ

狼娘「(何で、そんなに優しく、.抱くの.....)」ドキ ドキ

~一時間後~

男「......」ギュ

狼娘「......何時まで、そうしてるつもりだい?」

男「え?」

狼娘「負けだよ......もうとっくに前から、月は出てる。気がつかなかったのかい?」

男「あ......まぁ、な。悪い」スッ

狼娘「......嘘だね。こんな雲一つ無い空で、こんな暗い山の中で、何よりも気にするはずの月光を浴びてるのに感じない訳がない」

男「あー、その......」ポリポリ

狼娘「何も言わないでくれ......きっとこれじゃあ、まともに戦ったって勝負は見えている。君みたいに甘い人間に負けたのは悔しいけどね」

男「......」

狼娘「約束は約束だ、ボクはどこか違う山に行くよ━━━」

男「......待ってくれ」

狼娘「......何だい?まだ何かあるのかい?」

男「━━━俺の所に、来ないか?」



狼娘「......」ソワソワ

男「麦茶で、良かったか?」コトッ

狼娘「あ、あぁ......ありがとう。」

男「はぁ、俺も喉が乾いた」ゴクッ ゴクッ ムキッ

狼娘「(ただ麦茶を飲んでるだけなのに、筋肉の主張が凄い......)」

男「すまないな、さっきは......勝負に勝ってから言うのも何だが、君の言ったことは正しいと思う」

狼娘「えっ......(な、何で、こいつは自分の祖父が残した山を勝手な理屈で占領されたというのに、そんな態度を?)

男「すまない......」

狼娘「い、いや、ボクも......家族がいないのは同じはずなのに、酷い事を言ってしまった。申し訳無い」

男「......なぁ、狼娘。」

狼娘「何だい?」ゴクッ

男「お前、俺と一緒に暮らさないか?」

狼娘「ぶふっ!?///」

男「お、おいおい大丈夫か?」フキフキムキムキ

狼娘「き、君が変なことを言う出すからだろ!?///」

男「冗談で言ってる訳じゃない、本気だ」

狼娘「な、なっ......!なん、でボクなんかに構う必要がっ」

男「お前、俺と何か似てるしさだ。放っておけないな」

狼娘「確かに君とボクは境遇は似ているけどもっ!決定的な違いがある!!」

男「 は?何が?」

狼娘「な、君にはこの耳と尻尾が見えてないのかい!?」

男「......え?」

狼娘「......は?」

男「ちょっとお耳を失礼」フニッ

狼娘「ひゃっ!?///っ、い、いきなり触る奴がいるか!!///」

男「うわっ!温かい!?お前、人間じゃないの!?」

狼娘「い、今さらかい!?」

男「いや、だって妖怪とかなら力とか強い筈だろ?てっきり新しいファッションなのかと」

狼娘「君が規格外過ぎるんだよ!で、でもこれで分かっただろう?君とボクは━━━」

男「まあでも、これだけならパーカー着せるか帽子でも被せればいいか」

狼娘「......は?」

男「尻尾とかは......どうやって隠そうか。あっ、尻尾身体に巻き付けて服の下に隠すとかどうだ?」

狼娘「だから、そういう問題じゃあ」グギュウ~

男「......とりあえず、飯にするか?」

狼娘「むうぅ......///」

男「出来たぞ、カレーだ」

狼娘「......ボクはいらないよ」

男「嫌いなのか?」

狼娘「君の世話になるつもりが無いだけだ」ツーン

男「ふーん......美味いのに」モグモグ

狼娘「......」

男「なら、これならどうだ?」

狼娘「?」

男「ほいっ」トンカツドーン

狼娘「!!」グギュウ-

男「美味そうだろ?お前の分もあるんだがなー」サクサクウマウマ

狼娘「うっ......そ、そんなことで......」

男「そうか、なら......、これだ」チーズトローリ

狼娘「!!」グギュギュー

男「チーズカレー、最高だぞ?」ガツガツモグモグ

狼娘「だ、だが、ボクは屈しないぞ......!!」プルプル

男「まだダメか、なら......」

狼娘「な、なんだい?もうそれ以上のトッピングは無いだろう?」フフン

男「いや、デザートに冷やした桃があるだけだ」ウマウマ

狼娘「卑怯者!!」グギュギュギュー

男「よく食ったな、お前。随分腹減ってただろ」

狼娘「(結局、おかわりもして桃も頂いてしまった)」

男「さっ、食器も洗ったし風呂入って寝ようぜ」

狼娘「いや、ボクはまだここに住むと決めた訳じゃ!」

男「行く当てあるのかよ」

狼娘「無い、けど......!ボクが人間社会で生きれる訳が......」

男「俺が守る」

狼娘「えっ......」

男「お前、しばらく一人で生きてたんだろ?」

狼娘「だ、だったらなんだい?」

男「俺はさ、今までお爺ちゃんがいた。危険から直接守ってくれる、みたいのは無かったけど、俺を大事に育ててくれた。そういう意味じゃ、お前とは違うかも知れない。お前から見れば俺は恵まれてるかもな」

狼娘「......」

男「でもだからこそ、俺はお前を放っておけない。」

狼娘「同情とか、やめてくれないか......お前は人間だから分からないんだ、誰かに迫害され続ける苦しみが━━━」

男「俺がまともな人間扱い何て、されてるように見えるか?」ムキムキッ

狼娘「あっ......いや、それは、えっと......」

男「同情とかじゃない。俺はお前の苦しみをそこらの奴等よりかは理解できる。だから、助けたい。損得とか関係無しにお前を」

狼娘「ぅ......」

男「だめか?」

狼娘「わかん、ないんだよっ。こんな、こんな優しくされたことも、助けられたことも、無いから」ポロポロ

男「......狼娘」

狼娘「ボクは、ずっと、一人で」ポロポロ

男「俺が守る、俺のお爺ちゃんがしてきたように。今度は俺の番だ」ギュ

狼娘「うっ、うぅ、うわああぁぁぁん!!!」ギュー

男「......」ナデナデ


狼娘「......」スヤスヤ

男「泣きつかれて寝ちゃったか」ナデナデ

男「仕方ない、とりあえず俺の布団に移動させて、俺は風呂にでも入るかな」

狼娘「......」スヤスヤギュー

男「......悪いけど、離れてくれ」グイッ

狼娘「ふぇ......」グズッグズッ

男「よ、夜泣きって......わ、悪かったよ」パッ

狼娘「......」ギュ

男「そっか......もしかして久しぶりに、誰かと寝るのかな」

狼娘「......」スヤスヤ

男「もう怖く、ねぇのかな」ナデナデ

狼娘「ん......///」スヤスヤギュー

男「......仕方無い、一緒に布団に入って寝るか」ヒョイ

男「おやすみ、狼娘......」モゾモゾ

狼娘「......」スー、スー

とりあえず今日はここまで。飽きない限り頑張る

オオカミって玉ねぎ平気なのかなあ、カレーに入ってるっしょ

R板にある…それだけで期待せずにはいられない


男がムキムキなのでゴミの様な腹筋スレになるんじゃないかとヒヤヒヤしたぜ

>>11
男がムキムキだから狼娘が大変な事になりそうですね

すごい迂遠なパーカーボクっ娘と聞いて

~次の日・朝~

狼娘「ん......朝......」ムクリ

狼娘「ここは......そっか、ボク昨日ここに泊まったんだっけ」



『俺が守る』



狼娘「!!///」カアァ

狼娘「い、いやいや!まだボクはここに住むつもりは無いし、それに!」

男「それに、何だよ」ガラッ

狼娘「わあぁ!?///」

男「起きたなら早く飯食おうぜ、昨日の残りだけどさ」

狼娘「う、うん......」

男「ん。じゃあ、降りてこいよ」バタンッ

狼娘「......?」クンクン

狼娘「身体から、あいつの、匂いがする......」クンクン

狼娘「.....///(守ってくれる人の、匂い)」クンクン

男「早く来いよ」ガラッ

狼娘「わ、分かってるってば!///」

狼娘「(な、何でこんなにドキドキするんだ......心を許すにはいくら何でも早すぎるだろう///)」カアァ






男「で、食べながら聞いてほしいんだけどさ」モグモグ ムキィ

狼娘「......何だい(なるべく、意識しないようにしないと......主張してくる筋肉も)」モグモグ

男「俺は今日バイトで夕方まで帰ってこれないから、今日は留守番して貰ってもいいか?」

狼娘「......まだボクは、住むと決めた訳じゃ無い」

男「そんなに嫌か?」

狼娘「......あ、あんな狭い寝床で毎日寝てられないからね。おかげで背中が痛い」モグモグモグモグ

男「そ、それは......お前がずっとしがみついてたからだろ」

狼娘「なっ!?///」カチャンッ

男「でも良かったよ」

狼娘「な、な、何を!言って!!///」

男「怖いからとか、そういうんじゃなくてさ」

狼娘「えっ?あっ......別に、怖いとかは、無い」

狼娘「た、ただ......今日はその、一宿一飯のお礼の為に残るだけだ」モグモグ

男「あぁ、ありがとう。でも礼って何をするんだ?」モグモグ

狼娘「......掃除、とか?洗濯、とか?」

男「掃除機と洗濯機の使い方分かるのか?」

狼娘「......」

男「まあ、そうだろうな。大丈夫だ、帰ってきたら教える。礼何てそう焦らなくて良いからな?」

狼娘「むぅ......」

男「今日は洗い物も俺がするから、見て覚えてくれ。あの冷蔵庫って奴開ければ昼食もあるから腹減ったら食って良いからな?」

狼娘「......分かった」

男「さて、ご馳走さま。さ、片付けるか......って、狼娘。口元汚れてるぞ?ちょっとこっち向きな」ティッシュバッバッ

狼娘「じ、自分で拭けるのに......(近い、また男の匂いが......///)」フキフキ

男「よし、綺麗になった。じゃあ洗い物するからよく見てろよ?」

男「まずこれを上げて水を出してすすぐ。」ジャー

狼娘「み、水が湧いた!?」

男「そしたらこのスポンジにこいつをつけて、少し揉んで泡立てたら軽く擦って汚れを落とす」

狼娘「果物みたいな匂いだね」クンクン

男「身体に良くないから舐めちゃダメだぞ?汚れが落ちたらすすぐ。」ジャー

狼娘「おお......真っ白になった」

男「そしたらここに皿を入れて乾くのを待つ。大体こんな感じだ、お昼ご飯食べたらやってみな」フキフキ

狼娘「分かった、やってみる」

男「よし、良い子だ。じゃあ俺はちょっと支度するからな?」ナデナデ

狼娘「うっ......き、気安く撫でるな///」カアァ

男「よし、忘れ物は無いな。じゃあ、行ってくる」

狼娘「ん......」

バタンッ

狼娘「......」

狼娘「留守番、か」

狼娘「外に出たいけど、今は人間の時間だし......頼まれたなら、仕方無い」

狼娘「......人間は、普段どんな生活をしてるのだろうか」

狼娘「確か様々な道具を使う生き物だった筈だ、ちょっとだけ色々見てみよう」スタスタ

~風呂場にて~

狼娘「水で濡れてる......雨雲も無いのに。近くには男の脱いだ服。この穴がたくさん空いた物、さっき男が洗い物をした時に使った物と似ている。もしかして、身体を洗えるのか?」チョンチョン

狼娘「なら、ここから水が出るのだとしたら、多分この辺を弄れば......」クイッ

シャワー「」ザバー

狼娘「わわっ、つめたっ!?いや、温かい......?」ザバー

狼娘「こ、これを弄れば温かい水が出るのか......と、とにかく止めなきゃ。」クイッ

狼娘「うぅ、しかし服が濡れてしまった......これでは風邪になる。着替えはこれしかないし、あるとすれば」

狼娘「男の、服......」

狼娘「......」クンクン

狼娘「......クゥン///」キュン

狼娘「!?(な、何だ今のボクの声は!?///)」

狼娘「うぅ......(や、やっぱりおかしい。あいつに抱き締められてから、胸がキュウってする)」

狼娘「......身体、拭こう。男の匂いのする大きい湿った布と、ただの乾いてる布がある。これで拭くんだな」ヌギヌギフキフキ

狼娘「......これ、着るしかないよね」モゾモゾ

狼娘「ん、あっ......///(男の、匂い。昨日抱き締められたみたいに、匂いで包まれて......)」キュンキュン

狼娘「ふっ、んっ、はぁ......///(良い匂いで、まだちょっと温かくて、お腹の奥、熱くなって、少し、切なくて......)」トロ......

狼娘「クゥン......///」キュンキュン

狼娘「うぅ......ボクは一体どうしたんだろう」ドキドキ

狼娘「少し、横になろう。落ち着かないと......」ピタリ

狼娘「......男と寝た、布団」

狼娘「(だ、ダメ。今そこに行ったら、また切なく!でも、身体が行きたがってる!何で、こんな......)」ポフッ

狼娘「あっ......(男の、匂い)」キュン

狼娘「(......あれ?)」モゾモゾ

狼娘「さっき身体を洗ったのに、太ももがぬるぬるしてる......」

狼娘「おしっこ......ではない?とりあえず拭かないと。男が口拭いてくれた時に使った、薄い布。これで良いよ、ね......」フキフキ

狼娘「......んぁっ!?」クチュリ

狼娘「今の、何......?」ドキドキ

狼娘「確か、ここに触った時......」クリッ

狼娘「ふあぁっ......///」ヘタッ

狼娘「うぅ、はぁ......もう、一回」クリクリ

狼娘「うああっ、ああっ!」ピクン

狼娘「だめ、気持ちいい、止まらない!男、男......!!」クリクリ

狼娘「あ、ダメ、や、ぁ、あっ......!」クチュリ、クチュ

狼娘「んああっ!!やっ、あっ、はっ......///」ビクンビクン

狼娘「はっ、はっ、はっ......!なん、で、男の、顔が......思い浮かぶの......?」ヒク、ヒク

狼娘「あ、また、ぬるぬるに......」

狼娘「......さっき、男の匂い嗅いだ時に出たのと、同じ......まさか、男の匂い嗅ぐと、ボクは......気持ちよく、なっちゃうの?」

狼娘「ボクは......男が、好きなの?でも、出会って一日目なのに......」ドキドキ

狼娘「(優しくされただけで......ボク、結構簡単な女なのかな......でも、これ、こういう事だよね......)」ドキドキ

狼娘「男......」

狼娘「ん......ふわぁ、寝ちゃってた......」ムクリ

狼娘「お腹すいた......男が、れーぞーこにご飯あるって言ってた......」ガチャ

狼娘「色々あるけど、これかな......皿に乗ってるし」

狼娘「トマト、レタス......薄い肉?がふわふわに挟んである」

狼娘「......」パクッ

狼娘「美味しい......でもこれ、何の肉?」モグモグ

狼娘「山に戻るときが来たら、フクロウのおじさんに聞いてみるかな」パクッ

狼娘「......フクロウのおじさん、恋の相談とかもしてくれるかなぁ」モグモグ

狼娘「......///」カアァ

狼娘「な、何をボクはバカな事を言っているんだ......!///」パクパクモグモグ

狼娘「......」モグモグ

狼娘「男、まだかなぁ......」パクッ




狼娘「ご馳走さま」

狼娘「よし、じゃあ男に言われた皿洗いというのをしようじゃないか。一つしか無いけど」ジャー

狼娘「えっと、スポンジ?にこれをつけて、揉んで......泡立てたら、擦って......」キュッキュッ

狼娘「あっ!」ツルッガシャーン!!

狼娘「ど、どうしよう......壊しちゃった......」

狼娘「このままじゃ危ない、片付けなきゃ......」ヒョイヒョイ

狼娘「いたっ......!」サクッ

狼娘「くぅっ......結構簡単だと思ったのに......とりあえず破片は......テーブルに置こう」

狼娘「しかし、細かい破片はどうしよう......指で摘まむと危ないし......」

狼娘「そうだ、ボクの尻尾なら絡め取れそうだ。その後水で洗い流せば良い」フサフサ




狼娘「ふぅ......やっと片付いた。しかし、帰ったら男に謝らないとな......」シュン

狼娘「夕方頃、と言っていたな......お昼を食べるのが少し遅かったから、もうすぐだろうか......」

狼娘「怒る、かな......」ソワソワ

<ガチャ

狼娘「!!」

男「ただいまー」ムキィ

狼娘「お、おかえり」トテトテ

男「......あぁ、ただいま」ナデナデ

狼娘「な、なぜ撫でるんだい///」

男「まあ......ただいまって言われたのが久しぶりなのと......いてくれて良かったなってさ」ナデナデ

狼娘「むぅ......///(照れ臭い......)」

男「ちゃんと留守番してくれたみたいだな、良かった」

狼娘「......」

男「狼娘?」

狼娘「あ、あの、男......実は、ね......」

とりあえず今日はここまで。読んでくれる人ありがとう。

>>10たまねぎは盲点だった。まあ大丈夫ということで。

>>11
>>12
ご覧の通りやで

>>13
パーカーはもうちょい待っといて


どうでも良いけど一日のペースとしてこれは遅いのかな
もうちょい力抜けば書けるんだけど、どうしてもこのリーダー?「......」が便利すぎて多くないか気になるから手直ししたくなる。

今日ちょっと予定あるので書くの遅くなる。すまんの

今日ちょっと予定あるので書くの遅くなる。すまんの

今日書くの11時以降になると思う、すまんの

何か書き込めないと思ったら普通に表示されてたは、マジですまん

男「なるほど、そうだったのか......怪我は大丈夫か?」

狼娘「破片を拾った時に指を切った以外には......」

男「どれ?んー、もう血は止まってるけど、一応絆創膏だけ貼るか」ニギッ ペタッムキッ

狼娘「......///(さりげなく、手を握らないでおくれ)」

男「ところで、さ」

狼娘「なんだい?」

男「何で俺のYシャツを着てるんだ......?」

狼娘「えっ、あっ、それは、だね......そう!尻尾に着いた破片をシャワーで落とした時、着替えが無くてね!やむを得ず着替えを借りたのだよ!!」

男「(ぜんっぜんサイズ合ってないからめっちゃエロい......!)」

狼娘「?」※ぶかぶか裸Yシャツ

男「あ、あぁ、そうだったのか。いや、大丈夫だ......とりあえず、狼娘の服は洗濯して、乾いたら服を買いに行こう」

狼娘「......ボクは、これでも構わないけど」ボソッ

男「え?」

狼娘「な、何でもない!!そ、それより洗濯と掃除の仕方を教えてくれないか?」

男「あ、あぁ......でもそんなに張り切らなくてもいいんだけどな」

狼娘「今日の失態を明日取り戻したいからね」

男「......!そうだな、明日一緒にやってみよう」

男「(明日も、か......何だかんだ、嫌では無いのかな)」

男「大体こんな感じかな。実践は明日にして、夕飯にするか」

狼娘「ボクも手伝うよ」

男「じゃあ食器出してくれないか?そこの皿とか」

狼娘「料理の手伝いは?」

男「じゃあ、俺がまず見本見せるから。包丁とかピーラーとか使い方間違えると怪我するから良く見といて」

狼娘「あぁ、宜しく頼むよ」



男「結構上手いじゃないか、器用何だな」トン、ムキッ、トン、ムキッ、トン、ムキッ

狼娘「そうなのかい?ありがとう」トン、トン

男「始めてやったとは思えない」

狼娘「君こそそのなりで手慣れているじゃないか」

男「まぁ、そりゃあね」

狼娘「......すまない」

男「いいさ、気にしてない。それに、今は君がいるから寂しくないし」

狼娘「......また、そういう事言って///」ボソッ

男「何か言ったか?」

狼娘「な、何でもないよ。それよりこっちは終わったよ、次は?」

男「じゃあ、次は玉ねぎをこう、細く切って」トン、ムキッ、トン、ムキッ、トン、ムキッ

狼娘「分かった。何だ、料理なんて、大した事グズッ、無い......グスッ」トン、トン、トン......

狼娘「男ぉ......なんだい?これは......」

男「玉ねぎは切ると反撃してくる」

狼娘「防ぎ方は?」グスッ

男「無い、気合いだ」

狼娘「分かってて頼んだね......いじわる」ウルウル

男「!!(やば、かわいい)」

狼娘「もう......」トン、トン

男「(涙目の女の子って、めっちゃ可愛いんだな......)」ドキドキ

狼娘「今炒めてるこれは何て料理だい?」

男「チンジャオロース。油跳ねるから離れてな。そう言えばピーマン食えるか?」ジュー

狼娘「分からない、どれだ?」

男娘「この緑色の奴。カレーは知ってるのにピーマンは知らないのか?」ヒョイ

狼「はふ、あむあむ......うん、嫌いじゃない。まあ、森で人間の事を教えてくれるのがいるんだ、文字とか、数字とか、言葉も」

男「えっ......ようは、保護者みたいな感じか?」

狼娘「そんな感じだね。会ってみるかい?」

男「あ、あぁ......しかし、そんな人がいるのにここに来て良かったのか?」

狼娘「今更何を言ってるんだ君は......ここは一宿一飯の礼でいるだけさ、気にしなくて良い。それに、人じゃないよ。」

男「(人じゃない......狼娘みたいなのがいるのだろうか)」

狼娘「もう焼けたんじゃないのかい?」

男「あ、あぁ。皿に移そう」

男「できた。チンジャオロースにオニオンスープ、ポテトサラダ。デザートに梨。」

狼娘「随分多いね、いつもこんなに?」

男「いや、狼娘を歓迎する意味でもな。もっと豪勢なのは服を買って、外で食べよう」

狼娘「別に、ボクは良いのに......」

男「いいからいいから、それより食べよう。いただきます」パクッムキッ

狼娘「いただきます」パクッ

狼娘「......美味しい」モグモグ

男「ありがとうよ、おかわりあるからたくさん食えよ」

狼娘「本当に、昨日のカレーに負けないくらい美味しいよ」

男「普段何食ってるんだ?」

狼娘「山菜とか、魚とか、果物とか。後はたまに猪とか狐とか狸とか」

男「......狩るの?」

狼娘「当然だろう、しかし焼いた肉がここまで美味いとは」

男「えっ、生で食ってるの?魚も肉も?」

狼娘「火なんか起こせないし、火事になったら大変だろう?まあ、だから......人間の食事は、少し憧れていた」

男「狼娘......これから、いっぱい美味い物食わせてやるからな」ナデナデ

狼娘「な、撫でるな///」カアァ

男「ふー、ご馳走さま。」

狼娘「ご馳走さま。」

男「うし、じゃあ片付けるか」

狼娘「男、その......」

男「なんだ?」

狼娘「皿洗い、もう一度挑戦しても......いいかな?」

男「あぁ、いいよ」

狼娘「い、いいのかい?」

男「もちろん、ありがとう」

狼娘「うん......任せてくれ。次は失敗しないから」

男「怪我さえしなきゃ別に気構えなくても良いんだけどな......」ハハハ




狼娘「男!できたよ!」

男「おぉ、凄いじゃないか」

狼娘「まあ、ボクにかかればこんなものさ」

男「ははは、ありがとうな。じゃあ先に風呂入ってきて良いぞ」

狼娘「えっ......」

男「ん?」

狼娘「......」モジモジ

男「......?」

男「あぁ、こういう事か」ナデナデ

狼娘「なっ、誰もそんなこと!///」

男「いや、でも嬉しそうだし」

狼娘「そんなこと無い!///」

男「でもお前、撫でられるといっつも尻尾振ってるし」

狼娘「えっ......」

尻尾「」ブンブンブンブンブン

狼娘「やっ、ちがっ、これは、その......!お、お風呂入ってくる!!」クルッタタタタ

男「ぶっ!」

男「(し、尻尾が振れてるせいでYシャツめくり上がって......ていうかあいつ下何にも穿いてないのかよ!!)」

狼娘「ふー......男の、バカ」チャポン

狼娘「......というか、ボクの尻尾のバカ。何で、そんな......」

狼娘「何で、こんなに男の事意識してるんだろう」

狼娘「別に他の動物の雄何か見たことたくさんあるし、人間だって遠くからなら見たことあるのに」

狼娘「そりゃ、人間の雄と話したのは始めてだけどさ......」

『俺が守る』

狼娘「......///」カアァ

狼娘「やっぱりボク、簡単な女なのかな......」

男「おーい、狼娘」コンコン

狼娘「な、ななな何だい!?」

男「着替え、Yシャツとジャージしか無いけどここに置いておくからな」

狼娘「あ、あぁ、わ、分かったよ。ありがとう」

男「おう」スタスタスタスタ

狼娘「わいしゃつ、じゃーじ......」

狼娘「また、男の匂い、かげるのかな」

狼娘「......///」カアァ

狼娘「も、もう上がろうかな、うん」ザバァ

狼娘「わいしゃつ、じゃーじ......これかな」ヒョイ

狼娘「あれ......?」クンクン

狼娘「(良い匂い、だけど......男の匂い、あんまりしない。)」

狼娘「(あぁ、そうか......洗濯した、奴なのか)」

狼娘「......」シュン






狼娘「上がったよ......」シュン

男「おう......何かあったのか?」

狼娘「いや、何も......」

男「そうか?じゃあ、俺も入ってくるよ」

狼娘「!」ピコーン

狼娘「そ、そうだね。早く入って来ると良いよ。良い湯加減だったから」

男「?」

<ジャー......

狼娘「......」コソコソ

狼娘「男が、脱いだ、服」

狼娘「......」クンクン

狼娘「はぅ......///」キュン

<キュッキュッ

狼娘「何か、いけない事をしてる気分だけど......」クンクン、ギュー

<チャポン......

狼娘「良い、匂い......///」キュン

狼娘「......着てみよう、かな」

狼娘「少しくらい、良いよね......」ドキドキ

狼娘「ふふ......」ヌギヌギ

<ザバァ ムキィ

狼娘「えへへ、男......」ドキドキドキドキ

男「あー良いお湯だった」ガララ ムキッ

狼娘「えっ......」

男「......えっ?」ムキッ?

狼娘「や、いやあああぁぁ!!」ミギストレート

男「ぐおっ!?」クリティカルヒット

狼娘「っ~~~!!!」トテテテテ......

男「な、何だったんだ......」ノーダメージ

男「あー、その......」ポリポリ

狼娘「......」

男「いや、悪かったって」

狼娘「見た......?」

男「な、何を?」

狼娘「全部!!」

男「み、見てない見てない!何にも見て無いから!!」

狼娘「本当に......?」

男「ほ、本当だって」

男「(嘘です。大きな真っ白の中にピンクが二つ見えました、もう今夜は寝れません)」

狼娘「なら、いい......寝よう」

男「な、なら布団もう一枚ひくから、ちょっと待って」

狼娘「もう!そんなことしなくていいからさっさと寝よう!!」

男「は、はい!」

男「......え?」

とりあえず今日はここまで。読んでくれる人ありがとう。

ペースはとりあえずこれくらいが良いかな。
話によっては量が上下する。3レス位しかしない時もあるかもしれないけど許して。
後、基本書く時間帯が19時半or23時くらいになるから更新確認してくれる方はその辺りを参考にしてください。


後、ボクっ娘良いよね。クーデレボクっ娘は更に良い。
自分はクーデレ書けないから、クール気取ってるけどデレたらデレデレになる娘に路線変更したけどボクっ娘可愛いよボクっ娘

男「......」ドキドキムキムキ

狼娘「......」ドキドキ

男「なぁ、狼娘。何で二人で一つの布団に━━━」

狼娘「いいから、このままで良い」

男「いや、でも身体が痛いって」

狼娘「いいから」

男「あ、あぁ......」

狼娘「......(男だけ、意識してないのはズルい)」

狼娘「......(だから、今日は......!)」ギュッ

男「!?」ムキッ!?

狼娘「緊張......してるんだね、君も。身体、硬いよ。筋肉は緊張してなければ柔らかいからね」

男「そりゃ、な......」

狼娘「ボクは、どう?」

男「なっ......えっと、そのだな。まあ......柔らかい、かな」

狼娘「じゃあ他の人間と比べて、どう?」

男「そんなの分からねぇよ......」

狼娘「ふふ、そっか......比べることが出来ないなら、一緒に寝るのはボクが始めてかな?」

男「......お前って、頭の回転早いよな」

狼娘「肯定と受けとるよ?」

男「......まあ、その通りだよ」

狼娘「そっか......♪」ギュッ

男「うっ......」

男「な、なぁ、やっぱり聞いて良いか?何で二人で、こんな狭い中で......」

狼娘「やれやれ、男は狼の習性を知らないのかい?」

男「狼の、習性?」

狼娘「狼は群れで行動するんだ。移動も、狩りも、寝る時も。だから一人じゃあまり寝れないんだ。昨日は......その、実は久しぶりに誰かが近くにいて、寝すぎて身体が痛かったんだ」

男「そ、そうなのか......?」

狼娘「そう、だからこれはボクの安眠の為だから。男はさしずめ抱き枕、ってところだね」ギュッ

男「う......あ、あんまり引っ付かないでくれ」

狼娘「何で?」

男「何でってそりゃ、お前......」

狼娘「そっかそっか、男は女の子と一緒に寝た事も無いもんね」

男「わ、悪かったな。経験無くて......もう俺で遊ぶのは勘弁してくれないか?」

狼娘「......」




狼娘「なぁ、男」

男「今度は何だ?」

狼娘「少し......仰向けになってくれないか?」

男「良いけど、狭くなるぞ......?」ゴロン ムキン

狼娘「大丈夫だよ......ボクが君の上で寝るから」ノシッギュッ

男「なっ!?」

狼娘「なぁ、男......私もなんだ」

男「な、何が、だよ」

狼娘「他の雄と寝た事も、抱き締められた事も、撫でられたことも、一度も無い。ましてや人間に何て一度も。こうして胸を合わせると、分かるだろう?ボクの鼓動はこんなにも早いんだ......」ドキドキ

男「(いや、そんなことより、大きさと温かさと柔らかさしか感じねぇって......しかもこいつ、ノーブラだから余計に......!)」ドキドキドキドキムキムキ

狼娘「ねぇ、男......君のせいだよ、こうなったのは。君といるせいで、ボクはおかしくなり始めてる。何で、だろうね......」ギュッ ドキドキ

男「さ、さぁ、何で、だろうな」ドキドキ

狼娘「教えて、くれないの?」ギュー

男「教えろも何も、分からねぇって」

狼娘「じゃあ、分かるまでこのままね......♪」

男「くっ、クソッ......」


~数分後~

狼娘「......」スヤスヤ

男「ちくしょう、先に寝やがって......ズルいぞ」

狼娘「ん......」スリスリ

男「しかし、クールと思えば何だか寂しがり屋だし、マジメかと思えば今日みたいな悪戯をしてくるし......良く分からねぇな、女の子って」ナデナデ

狼娘「ん......♪」ギュー

男「おうっ......とりあえず、離れてくれ。色々と」グイッムキッ

狼娘「ふぇ......」グスッグスッ

男「また夜泣きか、でも今日は無理。色々とヤバイから、理性と童貞のヘタレが総動員してもヤバイから」グイッ

狼娘「んー......」ニギッ

男「ぐ......ま、まぁ、手くらいなら、良いか」

狼娘「おと、こぉ......」ムニャムニャ

男「!?」ビクッ

狼娘「んぅ......」スヤスヤ

男「寝るとこうなるし......ほんと、女の子って不思議だな......」

男「俺も眠くなってきた......おやすみ」ニギニギムキムキ

狼娘「......♪」スヤスヤ

狼娘「ん......ふわぁ。朝か」パチッ

狼娘「あれ、男......まだ寝てる」

男「......」スヤスヤムキムキ

狼娘「あ......手、握ってくれてたんだ」ニギニギ

狼娘「......どかしたな、ヘタレ。襲っちゃえば良かったのに」ツンツン

男「......」スヤァムキィ

狼娘「(だって......ボクはそういうこと、ほとんど知らないし)」

狼娘「......男は、知ってるのかな」

狼娘「もしも、昨日みたいにこんなことし続けたら......本当に、襲われちゃうのかな」ノシッギュッ



男「ん......」スヤスヤムキムキムクムク

狼娘「?(何か、太ももに硬いのが当たってる)」ペロン

男「......」ギンッギンッムッキムキィ

狼娘「う、わ......これ、男の......昨日は、こんなに大きく無かったよ、ね?何か、今にも服を突き抜けて飛び出しそう......」ツンツン

男「うっ......」ググググ

狼娘「わ、もっと、大きく......どうなってるんだろう、これ」ジー

狼娘「......」クンクン

狼娘「は、ぁ......っ!!///」ヘタッ

狼娘「(何、これ......腰、砕けて、力、抜ける......!)」キュンキュンキュン

狼娘「(やっ、ダメ、これ......変な、気分に......)」クンクン

狼娘「(あっ、だめ、我慢出来ない!)」クチュ

狼娘「ふあっ、あっ、んぅ......!///」クチュ、クリ、クリ、クチュ

狼娘「(ボク、男のこれ、嗅ぎながら、男にお尻見せつけるようにしながら、弄って......!)」クチュ、クチュ、クリッ

狼娘「(今起きられたら、今度こそ、襲われちゃう、でも、止められ、な......)」クニュッ、クチュ、クチュ、キュンキュン

狼娘「んあぁっ!あっ、あぁ、ん、はっ......!」ビクン、ビクン

狼娘「(昨日、より、凄いの、来たぁ......///)」

狼娘「しゅ、ご......」ヘタッ

狼娘「......」チラ

男「......zzz」スヤスヤムキムキ

狼娘「......」ホッ

狼娘「お風呂入ってこよ......♪」

男「ふ、わぁあ......あれ、狼娘......?」ムクリ ムキリ

男「いないな......トイレか何かか?」

男「......そういや、あいつトイレの使い方とか分かるのかな。人間について色々と教えてくれる奴がいるみたいだけど」

男「もし知らなかったら、俺が......」

男「......」ムラッ

男「......狼娘はいない、愚息は朝から元気。となると、今くらいがチャンスだな」

男「抜く!」PCポチー

男「さーて、何のエロ動画見よっかな~」

男「絶対服従、私はご主人様のペット。どうかこの発情した雌犬の子宮にお仕置きを......」

男「......」ゴクリ

カチカチッ

男「ふぅ......まあまあだったな」スッキリムッキリ

男「よし、そんじゃスリープモードにしてっと。シャワー浴びて飯作るか。狼娘も待ってるだろうしな」

狼娘「ふぅ、さっぱりした......」ガララ

狼娘「あ、また着替えの事忘れてた......タオル巻いて、男に貰えばいいかな」フキフキ

狼娘「......ちょっとは、ドキドキ、してくれるかな」ワシャワシャ

男「朝風呂朝風呂~♪」ガララ

狼娘「......え?」

男「......は?」


<クリティカルヒット!
<ノーダメージ

男「で、何で朝からシャワーなんて......」

狼娘「ね、寝汗を掻いたんだよ。そういう男こそ!」

男「お、俺も寝汗だ」

狼娘「(朝からエッチな事したから何て言えない)」

男「(朝からシコってたから何て言えるか)」

狼娘「うー......」

男「とにかく、俺もシャワー浴びるからな。朝食はちょっと待ってくれ」スタスタ

狼娘「分かったよ......っ!?」キュン

男「どうかしたか?」

狼娘「な、何でも、無い(今、男がすれ違い様に漂った匂いを嗅いだとき......また、キュンってした......!)」

男「......?大人しく待ってろよ?」

狼娘「あ、あぁ(何だったの......?)」

とりあえず今日はここまで。見てくれる人ありがとう。
切り悪いけど書き溜めもしたいし、次回はデート前編したいしね。

あと擬音気に入ってる人ありがとう。

これ無いと男が何の個性も無い奴になるからシュールギャグにならないかなと思っていれてる。
今後シリアス展開になろうとも擬音は絶対入るからマジメな話期待してる人にはごめんね。

あと鼻ティッシュは良いこと聞いた、今度小ネタとして入れてみたい。

今日は23時頃に書く、すまんな

<ジャー

狼娘「......うーん、流石に昨日の今日は、脱衣所に確かめには行けないな」

狼娘「朝御飯の準備しよう。お皿出して、調理器具用意して......」

<キュッキュッ ガララッ フキフキ ムキムキ ゴソゴソモゾモゾ ムキムキ

狼娘「あ、出てきたのかな。早風呂なんだなぁ......」

男「お、用意してくれてたのか」ガチャ

狼娘「ん、まあね。暇だったから」

男「昨日みたいに覗きに来たらどうしようかと思ってたが、感心感心」

狼娘「の、のぞっ!?い、いやあれは......も、もう!忘れてくれよ!」

男「ははは、さあ作ろうか」

狼娘「むぅ......(覗きと勘違いされてしまった......)」

男「よし、朝飯完成。手伝ってくれてありがとうな」

狼娘「いや、これくらい大した事無いよ」

男「今日は掃除と洗濯が終わったら買い物に行こうか」

狼娘「買い物......ちょっと楽しみだよ、人間しかしない事だから。何を買うんだい?」

男「お前の服と、食材。まあそう時間は掛けないさ」

狼娘「ボクはこれで良いのに......」

男「お前今ノーブラノーパンだろうが......とにかく、出掛ける前にとりあえずの服も渡すからな?」

狼娘「分かったよ。あ、皿洗いは今日もボクがするから」

男「ありがとさん、終わったら撫でてやるよ」

狼娘「それが目的でしてる訳じゃないから!///」ブンブン

男「尻尾」

狼娘「はっ......うぅ」

男「ふー、食った食った。皿洗いありがとうな、助かるよ」ナデナデ

狼娘「別に撫でなくていいから......///それより、洗濯は大体どのくらいの頻度でやるんだい?」

男「大体週一回だな。掃除も元々そんなにしてないし、掃除機少しかけたら目立つ埃を取るくらいでいい。ただ風呂掃除とトイレ掃除は念入りにやってくれ。料理は二人でやろう」

狼娘「半日も掛からなそうだし、思ったより忙しく無いね」

男「じゃないと毎日何て無理だしな」

狼娘「ふーん......」

男「そういえばお前、トイレの使い方分かるのか?」

狼娘「知ってるよ、山の下の公園のを使った事も何回もある」

男「そうか......」

狼娘「何でそんな残念そうな顔をしてるんだい?」

男「な、何でも無い。とりあえず今から教えるからな」

男「......とまぁ、大体こんな感じだ。これからは今日教えたようにやってくれ」

狼娘「分かった、ありがとう」

男「さて、じゃあお前のお出掛け用の服だ。昨日買っといたジーンズとTシャツ、あと帽子だ」

男「(流石に野郎一人でスカートとか買う勇気は無かった)」

狼娘「じーんず、てぃーしゃつ、ぼうし」

男「ベルトもあるからそれで調整してくれ」

狼娘「これが、べると。男も腰に巻いてる奴だね。分かった、着替えてくる」



男「(おっ......適当にボーイッシュっぽい格好にしてみたけど、結構可愛いな)」

狼娘「......男、尻尾きつい」

男「......すまん、しばらく我慢してくれ。」

狼娘「耳、蒸れる......」

男「すまん......耳は隠さないといけないからな」

狼娘「分かってるけどさ......」

男「うし、じゃあ行くか」

狼娘「男、車持ってたの?」

男「元々はおじいちゃんのだけどな」

狼娘「そうなんだ......ボク、車乗るの始めて」

男「シートベルト締めろよ?って、どれか分からないか......今締めてやる」スッ ムキッ

狼娘「わっ、わっ(ち、近いって///)」

男「うし、次からはこうやって締めて......どうかしたか?」

狼娘「な、夏の車の中が暑すぎるだけだよ......///」

男「あぁ、悪い悪い。今クーラー着けるからな」ピッ ムキッ

狼娘「あっ......涼しい」

男「じゃあ、行くか」ブゥン

狼娘「わ、動いた!」





男「」ブーン ムキィ

狼娘「......」ジー

男「」カッチカッチブーン ムキィ

狼娘「......」ジー

男「」ブーン......ムキィ

狼娘「(景色よりも、運転する度に動く半袖から見える筋肉の方が面白い)」

男「(何か見られてる......どうやって運転してるのか気になるのか)」

男「よし、着いたな」

狼娘「でっかい......」

男「ショッピングモールって言うんだ、まずは服だな服。とりあえずあの店にするか」

狼娘「うん、分かった」





男「じゃ、とりあえず気に入った服とかどんどん持ってきてくれ。」

狼娘「ボク買い物の事はよく分からないけど、お金とか大丈夫なの?」

男「金ならお爺ちゃんの遺産があるし、バイト代も貯めてる。

狼娘「でも、無限にあるわけじゃ......」

男「いいって、俺が使うより可愛い女の子に使った方がお爺ちゃんも喜ぶだろうし」

狼娘「か、かわ......///も、もう、分かったよ。でも、人間のオシャレ何かボク分からないよ?」

男「そこはほら、あそこの店員さんに聞くとか、そこのマネキンが着ているの丸々持ってくれば良いさ」

狼娘「分かった、じゃあ早速聞いてくるよ」スタスタ

男「おぅ、いってらっしゃい」

男「......ん?何か大事な事を忘れているような」

<スミマセーン、イイフクッテドレデスカ?
<オススメデシタラ、コチラニナリマス

男「......」

男「あいつ何にも穿いてないじゃん!?」ダッムキッ

男「ま、まずは下着から、な......あっちのランジェリーショップに行くぞ」ゼーハー ムーキー

狼娘「そ、そんなに焦らなくても......店員さん、怖がっていたよ」

男「......何時ものことだよ、ほら行くぞ」

狼娘「え......?あ、待ってってば!」



男「......」

<ヒソヒソ
<ザワザワ

男「(居心地が悪い!)」

狼娘「男、どういうのが良いかな」

男「お、俺に聞くのか!?」

狼娘「どれが変で、どれが良いのかボクには分からないから」

男「こ、こう、絵みたいな奴がある奴じゃ無きゃ良いと思うぞ?(てかランジェリーショップにも子供パンツってあるんだな......)」

狼娘「絵......あぁ、こういうのか。イチゴが書いてある物とかか」

男「まあ、そういうのは子供向けだな」

狼娘「じゃあ、こういうのとか?」

男「く、黒のレース付き......お前凄いセクシーなの選んだな」

狼娘「まあこんな薄い布、毎日穿かないと思うけど」

男「いや、下着は毎日着けろ、頼むから」

男「しましま水色ストライブ、黒のレース、真っ白純白、エトセトラエトセトラ......パンツだけでこんな大量の女性用下着、見たこと無いな」

男「うおっ、ビキニまである。あいつ下着と間違えて入れたな......」ヒョイ ムキィ

狼娘「ねぇ、男」

男「何だ?」

狼娘「ぶらじゃー、っていうの?ボクに合うサイズのあんまり無いんだけど」タユン

微乳客「......」ズーン
貧乳店員「......」ハァ......
無乳女子高生「......」グスン

男「......それは日本故に仕方ない。後、あんまりそういうのは言わない方が良いぞ」

狼娘「?」タユタユン

男「(まあ俺も人の事言えないほど服には困ってるが)」ムキムキン

男「よし、一回会計するから、終わったら試着室で穿いてこい」ヒソヒソ

狼娘「分かった」

男「これ、お願いします」ドスンムキン

店員「ヒィッ!?か、かしこまりまし、た......」ガクガクブルブル

狼娘「お、おい大丈夫か?具合でも......あなた、まさか」

店員「ししし、失礼しました!申し訳ありません!!」

男「いや、いい。慣れてるよ」

狼娘「男!いくらなんでもあれはあんまりだろう!!」

男「良いんだ、狼娘......すみません、店員さん。」

店員「こここ、こちらこそ、申し、訳......うぅ......ううぅっ!」グスッ

狼娘「なっ━━━いい加減に!」

男「やめろ」グイッ

狼娘「でも!」

男「頼む......止めてあげてくれ」

狼娘「ぅ......分かった、よ......」

店員「」ガクガクブルブル

狼娘「全く、何て失礼な人何だ」プンプン

男「良いんだ、狼娘。良くあることだ」

狼娘「でも......男の顔見て、泣き出す何て。確かに身体は大きいけど、見た目で判断するのは......」

男「違うんだ、狼娘。顔とか見た目とかじゃないんだ」

狼娘「え?だってあの店員さんは、男が大きくて怖かったんじゃ」

男「理屈じゃないんだ、本能なんだよ」

狼娘「ほん、のう......?」

男「......それよりも、行こう」スタスタムキムキ

狼娘「男......」

とりあえず今日はここまで。読んでくれる人ありがとう、モチベ上がるよ。

ぶっちゃけ擬音入れるとド素人からしてみたら表現省けるし、長ったらしくならないから書きやすいんだ、許して。

あと、明日はちょっと書きにこれない。多分25時とかになると思う。
必ず書きに行くから許してくれ。

あ、あと狼娘の服装と下着募集中。
女の子のファッションとか知らんのや、良いな、と思った奴はたまに描写する。







男「ほら、このデニムなんて良いんじゃないか?」 ムキッ?

狼娘「凄い短いね......動き安そうだから良いけど。尻尾が......」

男「無理に中に入れないで尻尾だけ出してシャツの中に隠したらどうだ?弛めのシャツ着れば大丈夫だって」ムキムキ

狼娘「それなら、まあ......」

男「お、このワンピースも良いな。麦ワラ帽子も買っちゃおうぜ!」ムキッ!

狼娘「あぁ、これは良いね。尻尾が楽だ」

男「このパーカー何てどうだ?フード被れば耳も気にならないし」ムキィ?

狼娘「軽くて良いね、そっちの袖が無い奴も涼しそうだから欲しいな」

男「お、それもいいな。じゃあ次は━━━」

狼娘「男」

男「」ビクッ ムキッ

狼娘「無理して元気出さなくて、良いよ」

男「別に、無理何て......」

狼娘「ボクは、平気だよ」ニギッ

男「!!(手を......)」

狼娘「ボクは、その......男何か、ぶっ飛ばしちゃうくらい強いんだから。だから、全然怖く無いよ」

男「狼娘......あぁ、ありがとうな。」ナデナデ

狼娘「......べ、別に。男がそれだとこっちまで調子狂うだけだから」モジモジ

男「ははは、でも本物の元気出たよ」

狼娘「ふん......///」

男「あ、でもあのパンチ2発とも全然痛くないぞ」

狼娘「えっ......(これでもボク、猪とか仕留められるんだけどなぁ......)」

男「たくさん買ったなぁ、一度駐車場に戻って車にしまうか」ズッシリムッキリ

男「(明らかに耳や尻尾が隠せないのも買ったが、もうそう言うのは穴空けて部屋着にしちゃえばいいか)」ムキムキィ

狼娘「男、重いなら少し......余裕そうだね」

男「女の子に荷物を持たせた事が無いのが自慢だな」

狼娘「そうかい、じゃあボクも運んでくれよ」ピョンッ

男「っと、いきなり背中にしがみつくな......っておいおい、どこまで登るんだ」

狼娘「おお、見晴らしが良いね」ヒョイ

男「お前、肩車って......!(さっき買ったショートデニムを早速穿いてるせいで、太ももで顔が挟まれている......!そして頭の上に乗っている暖かくて柔らかい物は、まさか!!)」

狼娘「男?大丈夫かい?」

男「よ、よゆーよゆー(柔らか天国)」

男「そろそろ昼か、何か食べようか」

狼娘「前に言っていた歓迎会かい?」

男「いや、それは夜にしよう。その時は酒も飲みたいから、車で来てる今日はパス。今回は普通のファミレスだな」

狼娘「ファミレス......」

男「まぁ、来ればどんなところか分かる。着いてきな」




狼娘「おぉ......何だか綺麗だね」ソワソワ

男「大衆向けのレストランだから緊張しなくても大丈夫だって」

店員「あ、の......二名様で、よろしいでしょう、か」ガクガクブルブル

狼娘「む......また......」

男「二人、禁煙席で」

店員「そ、それではご案内致します!」スタスタ

狼娘「......」

男「ほら、行こう」

狼娘「うん......」

店員「ご、ご注文お決まりになりましたら、その、呼び出しボタンで、お呼びくださいませ......」ソソクサ

狼娘「......何でみんなしてそんな」

男「......狼娘は優しいな」

狼娘「なっ、ボクはただ、納得いっていないだけで」

男「ありがとう、救われる」ニコッムキッ

狼娘「むぅ......///」

男「それより、何が食べたい?この絵の中どれでも好きなの頼んで良いぜ」

狼娘「おぉ......これ、めにゅーって奴だろ?色々あるね......しかし、本当にお金は大丈夫なのかい?」

男「大丈夫大丈夫、めっちゃ安いから」

狼娘「じゃあこのステーキ、というのが食べたい」

男「じゃあそれセットにしてサラダとスープとご飯つけようか。俺はパスタが良いかな、それとドリンクバーもつけるか」

狼娘「ドリンクバー?」

男「あぁ、あそこにあるジュース飲み放題だ」

狼娘「おぉ......!」

男「決まったらこのボタンで呼ぶんだ」ピンポーン

<ハ、ハヤクイケヨ
<ナ、ナンデワタシガ
<ダ、ダッテコワイシ
<ワ、ワタシサッキイッタモン!
<マタセルトヤバイッテ

狼娘「......」イライラ

男「......」ムキムキ

男「どうだ?美味いだろ?」モグモグムキムキ

狼娘「あ、あぁ。とても美味しいよ(美味しい、凄く美味しいけど......何だか、悲しい)」モグモグ

男「ははは、ぎこちないな、まだ緊張してるのか?」

狼娘「う、うるさいな。良いじゃないか、初めてなんだし」

男「あははは」

狼娘「わ、笑うな!」

男「お前がいるから笑顔になれるんだよ」ニッ ムキッ

狼娘「......!」

男「だからお前も変な事気にしないで笑っとけ」ニッ ムキッ

狼娘「男は......お人好しで、バカだね」

男「なっ!?」ガーン ムキーン

狼娘「そういう“優しいところ”ボク......良いと思うよ」

男「......狼娘」

狼娘「......(流石に、好きとは言えなかった///)」カァ

男「照れてるのか?顔赤いぞ」ニヤニヤムキムキ

狼娘「う、うるさい!赤くない!!」

遅れた上に、短いけど今日はここまで。書き溜めとかあんまりしてないからスローペースで本当にすまんな。
見てくれる人ありがとう、待ってるとか言われてムキッとしちゃったよ

服装について言ってくれた人ありがとう。
メインストーリーの中にサブストーリーとして日常回をちょこちょこ入れて水増しするSSだからこういうの助かるよ。

後誤字脱字あったみたいですまんな、毎回見直してはいるんだがなぁ

>>90>>91の間で抜けたシーンがあった。本当に申し訳無い。


店員「お、お待たせ致ししました。ご注文は、お決まりでしょうか......」オドオドビクビク

狼娘「ずいぶん遅かったね?」ジロッ

店員「っ......」ビクッ

男「あんまり意地悪言ってやるな、店員さんも忙しいんだから。えっと、これとこれとこれを━━━」

店員「はい、はい、はい......」

狼娘「(目も合わせずにひたすら機械を見つめて頷いてるだけ......)」

<ザワザワ

<シーン......

<ガタッ......

狼娘「(良く見れば、遠くの席の人はこちらを見て妙にざわついて、近くの席は凍ったように黙ってる。席を立つ人も、一人を皮切りに近い人から次々と出ていっていく)」

狼娘「(男は、私よりも人間に恐れられている)」

『理屈じゃないんだ、本能なんだよ』

狼娘「......そんなの、悲しすぎるよ」ボソッ

すまん、今日も書きに行けるのは23時頃になる......

すまん、間違えて上げてたみたいだからやっぱり投下する。

男「怒るなって、デザート頼んでやるから、な?」

狼娘「......どれでも良いのかい?」

男「あぁ、好きなの選びな」

狼娘「じゃあこの、じゃんぼぱふぇが食べたい」

男「おぅ、頼んでやるよ」ピンポーン ムキン

<シ、シンジン、オマエイッテコイヨ
<ハ、ハイ!ワカリマシタ!

新人店員「お、お待たせしました!」ビシッ

狼娘「(あれ?この娘はすぐ来た)」

男「ジャンボパフェ一つと、コーヒーください」

新人店員「かしこまりました!ご注文は以上でよろしいでしょうか!!」ビシッ

男「うん、それだけ」

新人店員「で、では少々お待ちくださいませ!」ビシッ

男「そ、そんなかしこまらなくて良いからな?」

新人店員「い、いえ!私は店員で、お客様はお客様なので!」ビシッ

新人店員「あっ、いえっ、意味不明ですよね、申し訳ありません。何て言うか、これがお仕事する上で大事だと思うというか、誰であってもキチンと仕事をするべきだと言いますか」オロオロ

男「......いや、ありがとう。気持ちは伝わったよ。まあでも本当に普通で良いからな?研修中か、頑張れよ」

狼娘「うんうん、さっきの奴何かよりよっぽど気持ちが良い」

新人店員「は、はい!ありがとうございます!失礼します!!」パアッ

狼娘「......良い人も、いるんだね。最初の店員さんやあの下着屋さんにも見習わせたいよ」

男「そうだな、真面目で可愛い娘だった」

狼娘「......」ムー

男「ど、どうした?」

狼娘「何でもないよ」プイ

狼娘「そういえば、男はあるばいと......要は働いているのだろう?何の仕事を?」

男「解体現場での作業とか、道路工事とか、トンネル掘りとか、日雇いの土方仕事だな」

狼娘「あぁ、あのうるさい奴か......男もあのでっかい機械を動かせるのかい?」

男「いや?」

狼娘「じゃあ何をしてるんだい?」

男「だから、解体作業。建物ぶっ壊すんだよ」

狼娘「でも、あれは機械が無ければ......まさか」

男「そのまさか」

~男のアルバイトのとある一時~

男「ふんっ!」ドゴガラガシャムキーン

男「はぁっ!」ガシャーンガラガラガラドガムキィーン

男「うおりゃあ!!」ゴッ ドゴォーンガシャガラガチムチーン

作業員1「本当、あいつむちゃくちゃだよな......」

作業員2「そこらの重機よりも早くて安い。まさかマジでできるとはな......」

現場監督「男ー!休憩だ、買ってやるから自販機来い!」

男「はいっ!」ムキッ

作業員1「しかし、監督も良くあの化物と普通に接する事ができるよな。俺なんか未だに恐いんだよな」

作業員2「お前あいつとそんな話した事無いからな。案外悪い奴じゃないぜ?」

作業員1「そりゃ俺だって知ってるけどさ......」

作業員2「まぁ、気持ちは分かるけどよ。俺も今でも話すと少し緊張するんだよ。ただ異様にムキムキだけど、あいつの事は分かってるのに、何でだろうな?」

作業員1「そりゃお前あれだよ、本能って奴だろ。ガメラと仲良くできるのは子供だけだって」

作業員2「本能、ねぇ......」

男「休憩入りまーす」ザッムキッザッムキッザッムキッ

作業員1「あ、あぁ」ピクッ

作業員2「お、おぅ。言ってこい」ピクッ

作業員2「ほっ......」

作業員2「......!(俺は、今なぜ安堵の溜め息をついたんだ......?)」

作業員1「うしっ、俺達は休憩終わらせて仕事進めようぜ」

作業員2「あ、あぁ」

作業員2「(やっぱり、本能なのかね......)」

狼娘「む、無茶苦茶だね」

男「でも給料は高いぞ」

狼娘「そんな仕事をさせる方もさせる方だよ......怪我とかしないの?」

男「したこと無いな」

狼娘「本当に人間かい......?ボクみたいに尻尾とかあるんじゃないだろうね」

男「......実は、自信無いんだよな。最近お前と会ったせいで、ファンタジーな奴がいるって段々実感してきたんだよ。だからもしかしたら俺もそうかもって」ムキムキ

狼娘「そこは確信持とうよ......両親は普通だったのかい?」

男「親の顔、実は覚えて無いんだよな......俺が赤ん坊の頃に、あの山で捨てられてたみたいで。その時お爺ちゃんに拾われたんだよ」

男「この筋肉が病気なんじゃないかってお爺ちゃんに診てもらった時も、現にムキムキになりまくる......なんだっけな。ミオスタ何とか。とにかくそういう病気は実際あって、俺みたいのは少ないけど他にもいるんだと」

狼娘「変だけど、少なくとも人間ではあるんだね......待って、診て貰った?君のお爺さんはお医者さんなのかい?」

男「元だけどな。俺を拾った時にはもう引退したって言ってた、自分で自分の事を『わしは神の腕を持つ男として何人も救って来たんじゃ!』とか自慢してたよ」

狼娘「そうなんだ......しかもその上山まで持ってるなんて。凄い人だったんだね」

男「まあな、自慢のお爺ちゃんだったよ」

店員「お、お待たせしました。コーヒーでお間違い無いでしょうか......」

男「お、来たか。ありがとう」ムキッ

狼娘「(最初の注文の時の奴......よくもまぁ、あそこまで目が泳げるものだ。見ていて危なっかしい......やっぱりみんなあの娘のようには行かないか)」

店員「し、失礼します......あっ!」ツルッ ガシャーン!

狼娘「きゃっ!!」

男「狼娘!大丈夫か?怪我は?火傷はしてないか?」

狼娘「あ、あぁ、大丈夫だよ」

店員「ももも、申し訳ありませんでしたぁ!大変失礼しました!!」

男「......」

狼娘「いや、大丈夫......男?」

男「何で頭を下げてる方向が俺なんだ?」ギロッムキッ

店員「えっ......」

男「俺じゃなくて、彼女に謝れ。窓際の席の俺より通路側の彼女の方が明らかに近いんだ、そっちの方が怪我する可能性が高いんだ」ゴゴゴゴゴムキキキキキ

店員「ひいっ、その......申し訳、ありませんでし、た......」ガクガクブルブル

狼娘「いや......良いよ、もう。男、パフェは良いから早く出よう」

男「......分かった」ガタッ ムキッ

店員「......」ガタガタガタガタ

レジ「お、お釣り○○円お返しします、ありがとうございましたー......」ボソボソ

男「はぁ、何だか最後で残念な気分になっちゃったな」ガチャ ムキッ

狼娘「男......ボク、今日の夕食はお家で食べたい」

男「えっ......で、でも歓迎会は」

狼娘「確かに、美味しかったよ。レストランのご飯。でもあれじゃあ、男が参っちゃうよ」

男「狼娘......」

狼娘「本当は外で食べるの、好きじゃ無いんでしょ?だから大丈夫だよ」

男「......分かった、ありがとう。でも歓迎会はやるぞ」

狼娘「えっ、でも......」

男「家で歓迎会やろう、美味いものたくさん作ってやるからな」ニッ ムキッ

狼娘「う、うん......ありがとう///」

狼娘「(男......君みたいな人間は初めてだよ。力はボクより強くて、でも優しくて。親のいないボクの悲しみを、男は同情何かじゃなく共感として分かってくれている)」

狼娘「(やっぱり、これはきっと恋なんだ......ボクは、男が好きなんだ......)」ニギッ

男「......ん」ニギッ

狼娘「......(手、暖かい)」

狼娘「ここが、すーぱー......色々あるね」

男「迷子にならないように近くにいろよ?」

狼娘「どうやって離れるんだい?」クスクス ニギッ

男「ま、まぁ、一応言っただけだ」ニギッ ムキッ

狼娘「男、この薄い肉は何?前男が用意したふわふわと野菜に挟んで入ってたけど」

男「あぁ、それはハムだよ。ふわふわは食パンで、野菜と挟んだのがサンドイッチっていうんだ」

狼娘「男、魚が死んでる......」

男「生きたまま売ってた方がこえーよ」

狼娘「男、知らない野菜や果物がたくさんあるね。これはなんだい?」

男「ドリアンとか俺もよく知らない物を......めっちゃ臭い果物けど美味いらしいな」

狼娘「男、お菓子買って」

男「子供かお前は。まあ良いけどさ......」

狼娘「男」

男「今度はなんだ?」

狼娘「これが俗に言う、デートって奴かい?」

男「妙な事は知ってるのな......まぁ、その......コホン。最初っから、デートだよ」

狼娘「そうか......ふふ、ボクは男とデートしてるんだね」ギュッ

男「ま、まあな(う、腕に当たってるって)」ドキッ ムキッ

男「ふー、すげぇ買ったな」ムキィ

狼娘「男、また肩車して」

男「ダメ」

狼娘「なんでだい?」

男「......その、暑いからだ」

狼娘「今もボクは君の腕に抱きついてるじゃないか」

男「うっ、しかし、だな」

狼娘「じゃあおんぶ。ボク歩き疲れたよ」

男「山の中で暮らしてたくせに......まあ、おんぶなら」

狼娘「ふふ、ありがとう」ピョン ムギュッ

男「(せ、背中に柔らかいのが!うわ、やべ、やっぱ女の子の足スベスベやばい!!)」ドキッムキッ

狼娘「男、背中大きいね」

男「ま、まあな」

狼娘「......頼もしい背中だ」ギュッ

男「(あれ、何かスゲーデレてね、これ)」ドキドキムキムキ

とりあえず今日はここまで。読んでくれる人ありがとう。

後不快に思った人はすまんな、ストーリー的にこれからちょくちょく男はこういう扱いを受ける描写がある。

ちなみに男の顔は割りと普通な方だよ。体はドラゴンボールのブロリーみたいな感じをイメージしてる。

今日も23時頃に書くよ

すまん、仕事立て込んでて来れんかった
狼娘「♪」

男「......(今日は本当に楽しい一日だったなぁ)」ブーン ムキーン

男「......(彼女は、こんな俺でも変わらず接してくれてる。普通、何かのきっかけで俺が誰かと仲良くなっても、長い時間を掛けないと完全に恐怖は取り除かれない)」

男「(でも、彼女は......違う。俺に対してほとんど恐怖の色は無い。というか、最初以降はほとんど無い。長年怯えられて来たんだ、分かる)」

男「(狼娘が人間じゃないからかもしれないが、今の俺にとっては......救いだ)」キキッ ムキッ

狼娘「男」

男「ん?なんだ?」

狼娘「そ、その、ね?これからはボクが、いるから......だから、もう寂しくない、よ」ピト

男「あぁ、ありがとう━━━」ハッ ムキッ

狼娘「男?」








男「(待て。じゃあ、このままじゃダメだろ)」

男「(今日の一件で彼女は人間に良い印象を持たなかっただろうし、俺もなるべく人を避けてると思った筈だ)」

男「(でもそれだと、一緒にいる彼女はどうなる。彼女まで人に避けられる苦しみを味わうことになる)」

男「(現に、お爺ちゃんは━━━)」

『......悪いことは言わねぇ。あんたあの子、手放した方がいいよ』

『何を言うのじゃ!もうこいつはワシの孫じゃ!!』

『ダメだよ、あんな子と一緒にいたらあんたまで不幸になっちまう』

『頼むよ、村のためにも。子供達が怯えてて仕方無いし、それに、正直俺達も恐いんだ』

『断る!こいつはワシが守るし、万が一の事はワシが起こさせん!!』

『はぁ、ダメだこりゃ......もうどうなっても知らないからな』スタスタ

男「(......ずるずると逃げ続けて20年。向き合うには遅すぎたかもしれない、けど)」

男「(彼女に同じ苦しみは味あわせたくないし、それにあわよくば就職にも役立つかもしれない)」

男「(これから俺は人から恐れられない人になる、そして、それまでは君は━━━)」チラッ ムキッ

狼娘「?」

男「俺が、守る」

狼「!?///」ボッ

狼娘「ななな、いきなり、何を言って!」

男「あ、あれ、声に出てたか!?いや、これはだな」

<プップー

狼娘「男、信号青!」

男「や、やべやべ」ブーンムキーン

狼娘「も、もう。急に変なこと言わないでくれ......///」モジモジドキドキ

男「わ、悪かったよ」

狼娘「(守る、か......今まで親のいないボクは守る側の立場だった。自分の身を、他の動物を、時には人間も)」

狼娘「(でも今は......男の人に、守られる立場)」ドキドキ

狼娘「(優しくて、寛容で、ボクを心配してくれる、ボクより強い、雄の人)」キュンキュン

狼娘「(うぅ、またムズムズしてきた。男の事を、考えると......)」キュンッ



男「ただいまー」ガララッ

狼娘「ただいま」

男「はいおかえり」

狼娘「男もおかえり」

男「じゃあ、飯にするからテレビでも見て待っててくれ」

狼娘「えっ、手伝うよ」

男「歓迎会だっつーの。お前はゆっくりしてろ」

狼娘「でも......」

男「良いから良いから」

狼娘「分かったよ...... でも明日からは普通に手伝うからね?」

男「おう、そんときは宜しく」

すまん、ちょっとまだ忙しいから続きは後で3時以降とかになる

男「はい、準備完了」

狼娘「男、これは何?」

男「ホットプレート。食材を焼くための物だ」

狼娘「何を焼くんだい?」

男「決まってるだろ?肉だ!今日の飯は焼肉!好きなだけ食え!!」ジュウウウゥゥ

狼娘「おぉ......これが、焼肉......」ジュルリ

男「じゃんじゃん焼いて、ガシガシ食うぞ!!」ガツガツムキムキ

狼娘「美味しい、凄く美味しいよ」モグモグモグモグモグモグ

男「そしてビール!」ゴキュッゴキュッムキュッゴキュッ

男「ぷはっ!美味い!」

狼娘「......」ジー

男「狼娘はオレンジジュースな」

狼娘「ボクもそれ、飲みたい」

男「お前何歳だよ」

狼娘「分からないけど、男と同じか下くらい」

男「お前童顔だから判断つかないんだよな......まぁ、今日くらいは良いか。ほらよ」プシュッムキュッ

狼娘「ありがとう、いただくよ」ゴクッ

狼娘「......変な味だね」

男「喉ごしを楽しむんだ、ゆっくり味わう物じゃないさ」

狼娘「......」ゴクゴクゴクッ

男「おお、良い飲みっぷりだな」

狼娘「......ちょっと気に入ったかも」ケフッ

狼娘「男、ビールぅ」

男「お前、飲みすぎじゃないか?」

狼娘「酔って無いからビールぅ」スリスリ

男「わ、分かったから頭を擦りつけるなって」

狼娘「えへへ......」ゴッキュゴッキュ

狼娘「ぷはー♪」スリスリ

男「結局くっつくのか」ドキドキムキムキ

狼娘「だって、男とこうしていたいもん。ねぇ、なでなでして?」

男「あ、あぁ......」ナデナデムキムキ

狼娘「んふー......あっつい......」ベッタリ

男「だったら離れろって」

狼娘「あっつい......」ヌギヌギ

男「なっ、なっ、お前っ何脱いで!やめ、せめて下着は残せ!」アセアセムキムキ

狼娘「あっ......スッゴいこれ、ドキドキする......」ドキドキ

男「そ、そりゃいかんな!早く服を着なきゃな!!」メソラシ

狼娘「ほら、触ってみて?本当にスゴいよ?」ガシッ

男「えっ」ムニュン ムキン

狼娘「あっ......」ピクン

男「ば、ばばば、ばか、お前、やわらか、じゃなくて!」

狼娘「気持ちいい......」ピク、ピクン

狼娘「男、もっと......触って?」

男「お、おまおまおま!待て!俺にも理性の限界があってだな!」

狼娘「男に、もっと気持ちいいことしてほしい......」

男「」

狼娘「男......」

男「う、うおおおぉぉ......」ピュンッダダダダダ......

狼娘「あっ......逃げた......」

男「(良く持った!俺の理性!そして俺のバカ!このヘタレ!)」ザアアァァァ

男「しかし、マジ危なかった......酔うと絡み癖&脱ぎ出すとか。もうあいつにビールは二度と......」

男「......」

男「あ、あまり飲ませないようにしよう。これからは適量でやめるように言おう」キュッキュッ ムキュッムキュッ

男「そう言えば、狼娘放って行っちまったけど大丈夫かな......」ワシャワシャムキャムキャ

狼娘「よんだぁ?」ガララッ

男「そ、その声は狼娘!?(ヤバイ、シャンプーしてるから目が開けられん!)」ムキョッ

狼娘「えへへ、背中流してあげるね......」ムギュッ

男「(背中にやわらか!そして感じる二つの粒は!!)」

狼娘「背中、やっぱり大きい......」スリスリ

男「(さっきヘタレとか言ってすまん!頼むよ俺の理性!もうちょっとだけ残業して!!)」

狼娘「気持ちいい?」ゴシゴシ

男「(耳元で囁くのやめて、それ理性さんの弱点だから)」



男「な、なぁ、これじゃあ目が開けられないから頭のシャンプーも流して欲しいんだが」

狼娘「後でまとめて流しちゃえば良いでしょ?」ゴシゴシ

男「いや、目が開けられないと困る━━━」

狼娘「前、洗うね?」

男「ま、待て待て前は良いから!」サッ

狼娘「うわぁ......」

男「ま、待って。その反応はどっちなんだ」

狼娘「男、手どけて?」

男「絶対ダメだ!」

狼娘「ケチ、もっと良く見たいのに......ふふ、良い匂い」クンクン

男「な、なぜ匂いを」

狼娘「朝した男の匂いと、似てる......不思議だけど、良い匂い」

男「(朝から抜いたのバレてるーーー!!?)」ガーンムキーン

狼娘「洗うね?」ゴシゴシ

男「クソッ......なぜ股間を隠しながらこんな醜態を晒さなければ......」

狼娘「腕、上げて?」

男「勘弁してください」

狼娘「流すよー」ザアアァァァ

男「あぁ、やっと解放された......って、うおっ!おま、何で前に!!」

男「(見ちまった見ちまった見ちまった!全部見ちまった!!ヤバイ、想像以上にでかいしツルツルだった!はっきり言って俺の理想だわこれ!)」

狼娘「男」

男「な、なんだよ」

狼娘「次は私を、洗って?」チョコン

男「......っ」ドキドキムキムキ

男「逃げる!」ダッ

狼娘「あっ、男ぉ」





男「ふぅ......」

男「......ぜんっぜん収まらねぇ」ギンギンムキムキ

男「クソッ、男と女が一つ屋根の下って言うのでちょっとした下心はあったが、まさかこんなに理性が役立たずになるのが早いとは」ムキムキフキフキ

男「あー、皿洗い......水でつけてるし、鉄板も洗剤で浸したから洗うのはいいか。何か疲れた」

男「狼娘には悪いけど、先に寝て明日を待とう......」

狼娘「男ー」ガララッ

男「(はえーよ)」

狼娘「寝ちゃった?」

男「(寝てますよ)」

狼娘「じゃあ私も寝るね......お休みなさい」モゾモゾムギュムギュスリスリ

男「(...............)」

男「(ちょっとくらい揉んでもバレないかな)」

とりあえず今日はここまで。読んでくれる人ありがとう。

まだちょっとバタバタしてるからここらで、また23時に

狼娘「......」スヤスヤ

男「......」モミッムキッ

狼娘「ん......」

男「(触っちまった......でもやべぇ、めっちゃ柔らかい。すっげぇ興奮するなこれ)」モミモミムキムキ

狼娘「ん、ふっ......」

男「(しかしブラ着けてないじゃないか。せっかく買ってやったのに)」コリ、コリ、ムキッ

狼娘「あっ......やっ......」

男「(ちょっと触っただけでこんなに硬くしやがって、感じやすいんだな)」キュッ ムキッ

狼娘「ふっ、ぁ、あっ......」

男「(下、触ってみようかな。挿れるのは流石にヤバいけど、ちょっとだけここがどういうもんか......)」クチ......

狼娘「んぅ、あ、ぅ......」ピクン

男「(え、何かすげぇビッチョビッチョじゃね?胸揉んだだけで女ってこうなるの?いやいや、AVでもこんなんならないだろ)」

狼娘「ん、ふっ、んっ......///」ピクン ピクン

男「(な、何かバレそうで怖くなってきた。これ以上弄るのはやめよう......)」

狼娘「んぅ......」ゴロン

男「!!(ま、待て待て今こっちに寝返りうったら!)」ツプッ......

狼娘「んあぁっ!!///」

男「(やっちまったあああぁぁ!)」

狼娘「んっ、はぁっ、男......?」

男「(ヤバいヤバいヤバいどうするどうする何か言い訳は思い付かないかいやもうこりゃダメだ土下座するしか)」

狼娘「手、止まってるよ......?」モジモジ

男「えっ?」

狼娘「早く、続きをしてよ......あまり、焦らさないで欲しいな......///」カアァ

男「(こ、こいつ......まさか!)」

狼娘「......?」トロン

男「(エロい夢でも見てたな!!)」

男「ま、任せろ。お前はじっとしてな」

狼娘「う、うん......」キュッ

男「(何て好都合な......てか何だよこいつのされるがまま感。しがみついて赤くなって......めっちゃ可愛いな)」クチュ クチ ムキッ

狼娘「んぅ、あぁっ!!」

男「すっげぇ、キツい......気持ちいいのか?」

狼娘「うん、気持ちいい、よ!ボク、さっきから、もうダメなの!!」

男「な、なにが?」

狼娘「こうして、男とぴとってして......男の匂い嗅ぎながら、ボクのここ弄られるだけで、あぁっ!」クチュ、グチュ

男「(じ、自分から腰揺らしてやがる......!)」

狼娘「ダメに、なっちゃうの......ボクの全部男に委ねて、捧げて、めちゃくちゃにされたくなっちゃうの......」ギュッ

男「お、狼娘......」

狼娘「お願い、もっとして、下さい......ご主人様」

男「狼娘!」クチュクチュグチュグチュ

狼娘「んあぁっ!!らめ、やぁっ、ふわぁっ!!」

男「お前、何回俺をその気にさせたら気が済むんだ、このっ。エロ過ぎるんだよ!」クリクリ

狼娘「やあぁっ!?そこは、ダメ、きちゃう!もうきちゃう!!気持ちいいのきちゃう!!」

男「イクって言うんだ!覚えとけ!!ほらイケ!イケ!!」クリクリクチュクチュグチュ

狼娘「あっ、んあっ!男、男、男!イ......クっ!ああっ、ふっ、ああっ!!」プシュッ ビクンビクン

狼娘「は、あっ、や、ぁ......見ない、で......」チョロロロ......

男「(潮吹いておまけにお漏らしとか、エロ過ぎるだろ......もう止まらねぇ。前見たAVとシチュエーションまんまじゃねぇか)」

男「もう俺も我慢できないからな......本番行くぞ」ヌギヌギムキムキ

狼娘「あ、ふ......」ピクンピクン

男「足、開くぞ......力抜けよ?(ここに来ていよいよ童貞卒業か......穴ってここだよな、うん。やっべぇ、色々すっ飛ばしてる気がするけど、緊張するなこれ)」

狼娘「......」

男「......あれ、狼娘?(反応が無いな、放心してるのか?)」

狼娘「ん、むぅ......」スヤスヤムニャムニャ

男「......ウソ......だろ?」

男「(ここまで来てお預けかよ!?イッたら眠くなるタイプかこいつ!!もう挿れちまうか?いやいや、それは流石に可哀想だし、ここが最後の引き時かもしれないし)」

狼娘「」スヤスヤ

男「(よくよく考えたら寝ている女の子に悪戯+酔った勢い+寝ぼけてる娘を良いようにって、大分鬼畜だな俺......このままゴムも無いのに生で挿れて無理やりヤッたら役満だな)」

俺「シャワー浴びよう......そもそも明日は大学だ。布団敷き直して寝よ」フラフラ


狼娘「ん、ふわぁ、あっ......」ノビー

狼娘「もう朝かぁ......何か身体がだるい......」ボー

狼娘「ん?何か濡れて......」

濡れ布団「」ユウベハオタノシミデシタネ

狼娘「お、お漏らし?ボク、この歳でお漏らししちゃったの?でも昨日はお風呂入った後ちゃんとトイレに行ったはず......」

狼娘「き、のう......!!」ハッ

狼娘「...............!!!///」プルプルプル



男「ふわぁ......眠いな。今日はベーコンエッグでいいか......」ジュー

狼娘「男!!」ドタドタドタドタバターン!!

男「うおっ!?な、何だ狼娘か。お、おはよう」

狼娘「そ、そそそ、そのっ、昨日!き、君は!ボクを!!」

男「(落ち着け俺、ここまで想定内。脳内シミュレーション通りにやるんだ)」

男「昨日?あぁ、風呂場に乱入したことだろ?別に気にしてないから大丈夫だって」

狼娘「そ、そ、そ、それも、だけど!その、後!!」

男「その後?何かあったのか?俺は寝てたから分からねぇよ」

狼娘「えっ......(じゃあやっぱり、夢?)」

男「それより何か言うことあるんじゃないのか?」ニヤニヤ

狼娘「うっ、あ、ぅ......その......」

男「んー?」ニヤニヤ

狼娘「あの、お漏らし、して、ごめんなさい......」

男「あぁ、謝ったんだから許すよ。とりあえずシャワー浴びて来な。布団は俺が片付けとくよ」

狼娘「うん、ありがとう......」トボトボ

男「(作戦成功)」

狼娘「夢、だったんだ......」ボソッ

男「あぁ、そうそう。俺は大学に行かなきゃいけないから、家で留守番してくれ」モグモグムキムキ

狼娘「分かった。昨日教えられた掃除と洗濯、やってみるよ」パクパク

男「冷蔵庫に昼飯あるから、腹減ったらそこの電子レンジに入れて、大きいオレンジ色のボタンを押してくれ。温めてくれるから」モグモグムキムキ分かった。

狼娘「へぇ、凄いね」パクパク

男「ご馳走さまっと......じゃあ、皿洗いは任せた。ついでに昨日の鉄板とかも洗ってくれないか?」

狼娘「うん、やってみるよ」



男「よし、じゃあ行ってくるよ」ガチャ ムキッ

狼娘「うん、いってらっしゃい」フリフリ

<バタン

狼娘「大学......勉強する場所か」

狼娘「楽しいのかな......」

男「......(さあ、今日から俺は変わるんだ。人から恐がられない優しいオーラを持った人間になると)」

<ザワザワ......

男「(駅内の道行く人がモーゼの如く俺を避けようとも!!)」ムキッ

幼女「うわーん!ママ、どこー!!」

男「(あれは......迷子か。よし、チャンスだ。ここで優しいお兄さんとなるんだ!)」

幼女「うわーん!」

男「君、大丈夫?迷子?(まずは優しく声を掛け、しゃがんで目線を合わせ、笑顔で!)」ニコッ ムキッ

幼女「......?」クルッ

男「お兄さんが一緒にママを探してあげようか?(どうだ!?)」ニコニコ ムキムキ

幼女「キャアアアァァァ!!!?」

男「(ですよねー)」



幼女「あ、あぁ、た、助けて......これからは、良い子にしますから、ママ、助けて......」ガタガタガタガタ

男「(やっぱりダメか、昔から子供と顔をあわせるとすぐこれだ......一発目から心が折れそうだ)」

???「あ、あの......」

男「はい?」

女「だ、大丈夫、ですか?その娘、泣いてますけど......」

幼女「ふえぇ......」グスグス

男「あ、その、ちょっと迷子みたいで......」オロオロ ムキムキ

女「そうだったんですか......よしよし、大丈夫大丈夫。あなた、お名前は何て言うのかな?」ナデナデ

幼女「幼女......」

女「幼女ちゃんね?私がママ探してあげるから、泣かないで?」ナデナデ

幼女「うん......」グスグス

男「よ、良かった......」ホッ

幼女「でも、違うの......」グスグス

女「何が?」

幼女「お兄ちゃんが、ちょっと怖かっただけなの......」グスグス

男「だろうな......」ガクッ ムキッ

女「あ、あはは......よしよし......」ナデナデ

男「いや、俺は慰めなくて良いですから......」

女「大丈夫だよ、このお兄ちゃんはね?幼女ちゃんを心配して声を掛けたんだよ?見た目はとっても怖いけど、でも優しいお兄ちゃんなの」ニコッ

男「(女神か)」

幼女「そうなの......?」

女「うん、だからあなたをいじめるような人じゃないよ」

幼女「そうなんだ......」トテトテ

男「?」

幼女「お兄ちゃん、いきなり泣いてごめんなさい」ペコッ

男「(天使か)」

男「あぁ、いいよ。じゃあ一緒にお母さん探そうか?」ナデナデ

幼女「」ビクッ

男「(やべ、調子乗った)」ビクッ

幼女「......」ジー

男「......(え、なに?)」

幼女「お兄ちゃん、不思議......すっごく怖いのに、おてて、パパみたいに優しくてあったかいの」ニギッ

男「!!」

女「ふふ、良かったですね」

男「あ、ははは......すみません、なんだか」

女「いえ、良いんですよ。さぁ、探しに行きましょうか」

男「えっ、良いんですか?」

女「えぇ、もちろんですよ。いこっか、幼女ちゃん」ニギッ

幼女「うん!」

とりあえず今日はここまで。読んでくれる人ありが
とう。

昨日は遅れてすまんかった、エロ書いたから許して。
ただ本番的なアレはもうちょい先になるかも。
理性は休日出勤です。新キャラも出たしこのペースだといつ終わるのか心配になってきた。
できるだけサクッと読めるよう毎日更新は頑張るよ

今日11時に出せないので半分くらい今出します。残りは帰ったら書く


男「しかし、どうやって探そう」

女「まあ、声を出してこの娘のお母さんに気づいてもらうしか無いですね......」

幼女「おかあさーん!どこー!」

女「この子のお母さんを知りませんかー?」

男「よし、俺も......」コホン スウウウゥゥゥ

男「子 供 が 迷 子 に な っ て い ま す ! 心 当 た り の あ る 方 は い ま せ ん か ! ? 」ビリビリ ムキムキ

女「!?」ビクゥ

幼女「!?」ビクゥ

サラリーマン「!?(何だ、今の心に迫る恐ろしい声は!?)」ビクゥ

高校生「!?(に、逃げたい!なぜだか分からないけど、この場から離れたい!!)」ピタッ

駅員「!?(で、でも足がすくんで、動けない!!)」ガタガタガタガタ

電子表示板「」ピシッ

<シーン......

男「......静かに、なった(こんなところで大声出したこと無かったから知らなかったけど、こんな事になるのか)」

女「さ、さぁ、幼女、ちゃん」

幼女「!?」ビクゥ

女「い、今のうちに、お母さんの事を、呼んで?」

幼女「お、おかあさーん!」

幼女母「こ、この声は幼女の!」ハッ

幼女母「幼女!」バッ

幼女「おかあさん!」ダキッ

幼女母「ごめんね、幼女!怖かったね!ごめんね!!」ギュウウウ

幼女「おかあさーん!うわあぁーん!!」ピー


幼女母「大丈夫?怪我は無い?」

幼女「お兄ちゃんとお姉ちゃんが助けてくれたの!」

幼女母「えっ......この方が?」

女「み、見つかって良かったですね」

男「何だか複雑だ......」

幼女母「あの、えっと......助けて、頂いたんですよ、ね?ありがとうございました」フカブカオソルオソル

男「あ、いえ......そんな大したことは」

女「そんな、大丈夫ですよ」

幼女母「いえ、本当にありがとうございました。ご迷惑をお掛けしてしまい、どうお礼をすればいいか」

女「そ、そんなお礼何て!」

男「......(何かちょっと、違うな)」

男「(何か、態度の中に感謝以外の感情が見える気がする......凄く、嫌な感じだ)」

男「......あ、ああっ!こんな時間だ!そろそろ電車が来るので僕は失礼しますね、では!!」

女「あっ......え、えっと私も失礼します!」

幼女「ばいばーい!」

幼女母「......」ペコリ

幼女母「......」ホッ

男「はぁ......」スタスタムキムキ

女「ま、待ってください!」

男「あ、あれ?どうしたんです?」

女「い、いや、その......ほら、まだこの路線は電車が来る時間じゃないですよ?私もこっちなので、分かるんですよ」

男「そ、そうでしたね、ははは......あぁ、名前、まだでしたね。始めまして、男と申します」

女「私は女です。それと、始めましてじゃないですよ?」

男「え?」

女「昨日会ったばかりなのに、もう忘れちゃったのですか?今日は髪降ろしてますから、ちょっと分からないですかね?」

男「あっ......もしかして、昨日の新人店員さん?」

女「はい、覚えててくれましたか!」

男「えぇ、印象的だったので」

女「あー、まだバイトに慣れて無いだけ何ですからね?」ムー

男「いや、そうじゃなくて。ほら、凄く真摯に接客してくれたから良い人だなって。怖かったでしょ?」

女「えっと、その......はい。確かに、そうでしたね。でも......」

女「今は違いますよ。凄く優しい人だって分かりましたから」ニコッ

男「あ、ありがとうございます(うおっ、可愛い......言葉に震えがあんまり無いあたり、大体は本音っぽいな)」

女「男さんはこれから大学ですか?」

男「えぇ、●×大学です」

女「えっ!?私も今日そっちに転学するんです!」

男「え、そうなの?凄い偶然だね。あ、じゃあ大学の中も後で案内しようか?」

女「良いんですか?」

男「うん、さっき手伝ってくれたお礼」

女「ありがとうございます、じゃあよろしくお願しますね?」

男「へぇ、学部も学年も同じなんて凄い偶然だね」

女「本当ですね!」

<マモナク デンシャガ トオリマス

男「あ、電車が来ましたよ」

女「行きましょうか」



男「女さん、席座って良いよ」

女「えっ、隣空いてますよ?」

男「俺が座ると隣に誰も座りたがらないんで」

女「あ、えっと......ごめんなさい」

男「大丈夫ですよ、慣れてますし」

女「じゃあ、私も立ちます!」

男「えっ、いや、それは......」

女「良いですから♪」

男「(女神か。ていうか何でこの人は怖がらないんだ......?)」

~△□駅~

男「女さん、備えてください」

女「えっ?」

サラリーマンs「うおおおぉぉぉー!!!」ドドドドド

女「ひいっ!?雪崩れ込んできた!?押し潰される!!」

サラリーマン1「(妻と子の為に!)」

サラリーマン2「(あんな化け物のせいで乗り遅れてたまるものか!!)」

サラリーマン3「(この15分さえ耐えれば会社などオアシス!)」

サラリーマン4「(気合いだ!気合いで行くんだ!!)」

女「......って、あれ?あんまり狭くない」

男「そうでも無いですよ」ギュムギュム

女「(ひ、人の波を身体一つで塞き止めてる!?)」

男「そっちは大丈夫っぽいね、良かった」

女「(あなたの後ろが凄いことになってますけど!!)」


とりあえずここまで。投下するの3時とかになるかも

酉バラしていくスタイル。
もしもしマンだからか知らないけどスマホだと酉一々打ってるからいつかやらかすと思ってた。
ちなみに楓は作者がキャラに愛着持たせるために密かに着けた名前だったり。どうでも良いか。

というわけで帰ってきたのでこれから書きます。

女「にしても凄いね、男君......何か、強いって言葉が凄く似合う」

男「それ褒めてる?」ムキムキムキムキ

女「褒めてる褒めてる、だってこういう本当に絶対強い!って分かる人いないもん。それに優しいし、守って貰ってる気分になっちゃうなぁ」

男「そ、そんなに褒められた事無いから、何かむず痒いなぁ」ムキィ

女「そうなの?男君は凄い人だよ、みんなちょっと怖がりすぎだよ」

男「女さんが純粋でまっすぐだからだよ」

女「ふふっ、それ褒めてる?」

男「あはは、褒めてる褒めてる」

女「あー、笑ってるなー?」

男「ごめんごめん、でも本当に女さんは良い人だなって思うよ」

女「ありがとう。あと女、でいいよ。何か堅苦しいし」

男「そう?分かった、改めてありがとう女」

女「どういたしまして♪」

サラリーマンs「(朝からいちゃついてんじゃねぇよ)」イライラ



男「あ、着いたな。降りようか」

女「うん、いこっか」

サラリーマン「(......)」ホッ


男「まあとりあえず職員室まで一緒だね」

女「うん、ボディーガードお願いね?」

男「あいよっ」

友「おっす、おはよう男......えっ、この人は?」

女「男君、早速チャラい人が!不良が!パツキンヤンキーが!!」サッ

男「その感想はまっすぐ過ぎない?」

友「えっ、何この仕打ち。で、男。その人本当に誰?」

男「女さん、ちょっと知り合いで......」

女「もう男君は。友達、でしょ?それに女でいいってば」

男「!!」

友「!?」

男「あ、ありがとう......」

友「ちょ、ちょっと待て男。ちょっと良いか?」ヒソヒソ

男「なんだよ、友」ヒソヒソ

友「お前、友達できたのか?」ヒソヒソ

男「......ようやく、な」ヒソヒソ

友「......良かったな、お前。本当に良かったぜ」グスッ

男「な、何でお前がちょっと泣いてんだよ」

友「うっせ、ばーか」グスッ

男「お前、本当に良い奴だな......ありがとうよ、お前がいたお陰でもあるんだぜ?結構救われてたんだ」

友「男、お前......」

女「うんうん、友君もすっごく良い人だね」ヒョイッ

友「うおっ!?聞いてましたか!!」

女「もちろん、最初から全部。私、女っていうの。よろしくね、友君」

友「おう、よろしくな!」

友「へぇ、そんな風に知り合ったんだ。本当に凄い偶然だな」

女「でしょ?凄いよね」

友「ていうか......お前が連れてた彼女ってのも初耳何だけど」

男「だから、彼女じゃなくて親戚預かってるだけだって」

女「なーんだ」

男「俺が彼女とかあり得ないっての」

友「ツッコミ辛い事言うなよ」

男「じゃあ俺がツッコミ入れるからボケてくれよ」

友「二重の意味で無茶ぶり言うなや!」

女「あはは、ツッコミだ」

友「はぁ、全く......」

女「そう言えば、男君と友君はどうやって知り合ったの?」

友「あぁ、あれは高校の時だな......」

今日はとりあえずここまで。読んでくれる人ありがとう。
ていうか本当に酉についてはマジでごめん、信じてしか言えねぇ。本当にすまん。

フォローありがとう、とりあえずこのまま書く。

後、ちょっと変な書き方してつまづいてるから更新オソルオソル遅くなるかも。
友この書き方だと男でも女でも表現できるから女キャラにして狼娘との関わり増やすか、男キャラにしてヒロイン少なくして纏めやすくするかめっちゃ迷う。

メインにはあんまり影響無いからどっちでも良いんだが、どうしよう。ちょっと考えさせて。
下手したら両方のパターンがっつり書いて吟味したりするかもしれない。

~四年前・入学式~

「なぁ、あいつって噂のチームの......」

「うわっ、この学校に入学してたのかよ......」

友「ふん......(どいつもこいつもビビりばっか、パシリと財布が多くて助かるってもんだ)」

友「(でも刺激が無さそうだな......退屈になりそうだ。つまんねぇ)」

???「あ、あのー......」

友「(チッ、どこの物好きだ?こちとらイラついてるってのによ)」

友「あぁ!?んだよ、何か用かよ!!」クルッ

男「あー、えっと」ムキムキィ

友「ひっ......!?(な、何だこいつ!?本当に高校生か!?筋者でもこんなオーラ出さねぇぞ!!)」

「え、何あいつ。めっちゃこえぇ......」ザワザワ

「うわっ、俺あいつ知ってる。前の中学の不良全員殺したとか」

「俺も知ってる、近くのヤクザの事務所潰したとか」

友「!?(こ、こいつが噂の巨怒の男!!あまりの強さに先輩達もこいつが通学路のルートには近寄らない程の!!)」

友「(や、やべぇ、どうしよう......)」ガタガタガタガタ

男「まぁ、その......」

友「な、何だ、よ(実物見て分かった、噂はマジだったんだ。近寄られただけで足がすくむ、舌が回らねぇ!!)」

男「......落としましたよ、これ」ポリポリムキムキ

友「な、な、なに、を(怖い怖い怖い!落とすって何だ!?私の命か!?お前はもう死んでいるって奴か!?)」ガタガタガタ

男「はい、どうぞ」

キーホルダー「」ニャーン

友「」






友「(よ、よりにもよってそれかよ!クソッ、昨日ゲーセンに行って取ったのがポケットに入れっぱなしだったのか!!わざわざ帽子とマスクと眼鏡までして変装して行ったのに!!)」

「にゃん丸の、キーホルダー......」

「意外と可愛い趣味なんだー......」

男「その......めっちゃ可愛いキーホルダーっすね!」

友「なっ、ち、ちち、ちげぇよ!私のじゃねぇ!!(や、やべ、声が震える)」

男「えっ、いやでも確かにあなたのポケットから」

友「う、うるさい!ちげぇってんだろ!!」スタスタスタ

「あ、逃げた......」

「まあ、あんなのに絡まれたらそりゃな......」

「でも見たか?やっぱり可愛い物好きだったり怖がったりしてるあたり、女の子だよな」

「な、ちょっと可愛かったよな」

男「......(あー、やっぱりダメだったか。不良っぽい人なら物珍しさとか、タフな人とかが多そうだから仲良くできると思ったんだけどな)」

男「(またとないチャンスだったのに)」ハァ ムキィ




友「(クソ!クソクソクソ!!最悪だ!!あいつ、入学初日に無様な所晒させやがって!!)」

友「(絶対ぶっ飛ばしてやる!先輩達はビビってたけど、もう許さねぇ!放課後呼びつけて━━━)」

『落としましたよ』ドドドドドムキムキムキムキムキムキ

友「......」ブルルッ

友「(ま、まぁちょっと準備整えてからでもいいか)」



~体育館内~

友「あー、たくっ。最悪だった......入学式、ダルいな」

男「あっ」バッタリ

友「えっ」バッタリ

男「さっきの......」

友「(く、クソッ!こいつ同じクラス、しかも番号隣かよ!!)」ギロッ

男「(お、睨んでる。もしかしてチャンスか?この子ならいけるか?)」ワクワク ジー

友「な、何ガン飛ばしてんだよ......」

男「あ、いや、別にそういう訳じゃ」ムキッ

友「っ!」プイッ

男「あ、目逸らした」

友「なっ!?そ、逸らしてねぇよ!!」

男「お、じゃあもっかいやるか?」

友「じょ、上等だコラ!」キッ

男「......(にーらめっこしましょ、笑うと負けよ)」ジー ムキー

友「......」プルプル

男「......(あっぷっぷ)」ゴオォ

友「ひっ!?」メソラシ

男「な、何で怯えるんだよ。むしろ今の笑うところだろ」

友「わ、笑える訳ねぇだろ!何だ今の顔!!」

男「なっ、お前顔に文句言うのは失礼だろ!」

友「!!」ビクッ プイッ

男「あ、ご、ごめん......」

友「う、うるせぇ、いきなり大きな声出すな、バカ......」

男「(おぉ、軽口が止まってない。すげぇ根性)」

男「(てかこいつしおらしくなるとメッチャ可愛いな。不良っぽいのとギャップがあって何か良い......)」

友「......何か変なこと考えてるだろ」ギロッ

男「あ、いや別に......てか、三回戦始めるの?」

友「なっ、何終わったみたいに言ってんだ!私はまだ負けてねぇ!!」

男「あはは、負けず嫌いだな」

友「う、うるせぇ、とにかく続きを━━━」

体育教師「コラそこぉ!もうすぐ始まるから静かにしろぉ!!」

友「うっせぇな、黙ってろ!今忙しいんだ!!」

体育教師「なっ、貴様━━━」

男「あ、すみません先生」ペコリ ムキリ

体育教師「なっ!?(こ、こいつが噂の!書類でも確認して覚悟を決めていたが、実物はやはりオーラからして違う!!)」

友「あっ、あっ!今目逸らした!私の勝ちだ!!」

男「あっ、ズルくないか!?」

友「うるさい!もう終わりだ、こっちみんな!!」

男「くっ、分かったよ。じゃあもう終わりな?」

体育教師「ま、全く。終わるまで静かに、してくれよ?(最低でもこいつと一年間......やっていけるのか、俺)」

友「(ったく、これから一年間はこいつと一緒かよ......)」ゾロゾロ

男「なぁ」

友「何だよ!」ガルル

男「んなデカイ声出さなくても良いだろ」キーン ムキーン

友「(虚勢でも張ってないと怖いんだよ!!)」プルプル

男「俺、男って言うんだ。お前は?」

友「......友」

男「友ね、よろしく」

友「気安く呼ぶな、ばーか」

男「そういうなよ、だってほら」ユビサシ

友「ん?」

男「隣の席みたいだし」

友「ま、マジかよ......」



男「友、帰り道そっちか?なら一緒に帰ろうぜ」

友「何で私がお前なんかと!」

男「でも誰かと帰る訳でも無いんだろ?」

友「余計なお世話だ」

男「それに、ほら。パスっ」ポイッ ムキッ

友「っと、いきなり何だよ。って、これ......私のキーホルダー」

男「何だ、やっぱりお前のじゃん」

友「う、うるさい!」

男「怒鳴るなよ、この辺りなら誰もいないから渡したって良いだろ?」

友「......誰かに言ったら、リンチして殺す」

男「言わねぇよ」

友「......なら、良いけど」プイッ

男「あ、俺こっちだから。じゃあ、また明日な」スタスタムキムキ

友「......」

友「ありがとう」ボソッ

女「へぇ、友君と男君、最初は喧嘩してたんだぁ」

男「喧嘩っていうよりは、懐いてない猫が近くにいるイメージだったな」

友「う、うるせぇ。あん時は本当に怖かったからな」

女「しっかし、男君凄いあだ名あったんだね。巨乳の男?確かに巨乳だね!」ペチペチ

友「!?(あの男に、躊躇なく触れている!?)」

男「巨怒だ巨怒。しっかし、まさに中学生のセンスって感じの名前だよな。正直今でもはずい」

女「あはは、確かに!そうそう、それで、そこからどうやって仲良くなったの?」

友「あ、えっと、それはだな......」

男「おしゃべりも良いけど着いたぞ?」

女「あ、本当だ。じゃあ私職員室に行くから!また教室でね?」

男「おう、じゃあな」

友「またな」

友「しかし、変わった子だったな。お前に負けず劣らず」

男「お前も大分変わってるけどな」

友「私は良いんだよ、好きでやってんだから」

男「類は友を呼ぶって奴だな」

友「だな......ようやく来てくれて良かったな」ポン

男「......ありがとう」

担当講師「という訳で、今日からこの大学に転学した女さんだ」

女「女です、これからよろしくお願いします」ペコリ

<ザワザワ

友「やっぱり美人だからか、人気出そうだな。大変な人と友達になっちゃったな、男」ヒソヒソ

男「可愛いだけならお前でも人気出るだろ」ヒソヒソムキムキ

友「褒めてる?貶してる?」ヒソヒソ

男「想像にお任せする」ヒソヒソムキムキ

友「今ちょっと言ってて恥ずかしくなっただろ」ヒソヒソニヤニヤ

男「うるせぇ」ヒソヒソムキムキ

担当講師「じゃあ、早速講義を始める。好きな席についてくれ」

女「あ、じゃああそこで」

<ザワッ......

担当講師「えっ......!?」

女「よろしくね♪」

男「お、俺の隣なの?」

女「ダメ?」

男「いや、ダメじゃないけどさ」

友「何デレデレしてんだよ、鼻の下伸ばしやがって」ゲシゲシ

男「してねぇよ、変なこと言うな。あと足癖悪いぞ」

女「本当、二人とも仲良いね」ニコニコ

今日はとりあえずここまで。読んでくれた人ありがとう。

オソルオソル遅くなるって何だよ、あと下らないお知らせにageてすまんかった。
あと選考の結果、友は不良娘になりました。
書きやすいし、あとこっちの方が愛着がわく。

てか最後のレス酉間違えてるな。ほんっと毎回ガバガバですまんな。
明日はまた1時くらいに書くよ。

~講義中~

女「」カキカキ

男「」カキカキムキムキ

友「」スヤァ

男「(今ごろ狼娘、どうしてるかな......)」カキカキムキムキ


~一方その頃~

狼娘「よし、掃除と洗濯終わり。洗濯機が洗い終わるまでちょっと暇だな......」

狼娘「本とかあるかな?男の部屋に行ってみよう」

狼娘「んー、本、本......あった」ヒョイ

狼娘「うっ......回りくどい書き方だ、読めないな。小説、という奴かな?」

狼娘「これは......歴史の本か」

狼娘「へぇ、ちょっと読んでみよう」ペラ

狼娘「石器時代、人間がまだ野生だった頃か......」

~1時間後~

狼娘「本能寺の変......明智光秀......織田信長......」

狼娘「っと!つい夢中になってしまった。洗濯物洗濯物」パタパタ

狼娘「かごに入れて、外の物干し竿に......っと、フード被らなきゃ」

狼娘「ん、良い天気だ。すぐに乾きそうだ」バサァ

狼娘「......男、まだかな」

狼娘「そうだ、山に行こう。外出は禁止されて無いし、会いたい奴もいる」

狼娘「ボクの今の格好、見たら驚くだろうな」

狼娘「ふぅ、着いた着いた......」

梟『おや、久しい顔だ。どこに行ってたのかね?』

狼娘「君なら見ずとも知れるだろうに」

梟『あぁ、そう言えば。君が人気の無い夜の山奥で、鬼の様な男に長い間抱き締められ、心奪われ山を去ったと遠目から見たような』

狼娘「な、な、なっ......!」

梟『合っているかな?』

狼娘「......もしかして、怒ってるのかい?」

梟『いやいや、君は人間の道を歩む事に怒りも失望も無い。でも、事情を説明するにはちょっと遅くないかね?』

狼娘「わ、悪かったよ」

梟『それで?何があってどんな暮らしをしていたのかね?』

狼娘「うん、それが中々刺激的でね......」

梟『......へぇ、それで一宿一飯の礼に家事をしていると。その格好もその人間から貰ったものか』

狼娘「うん、そうだよ」

梟『それは嫁入りって奴じゃないか?』

狼娘「なっ!?ぼ、ボクはあんなのに心を許したなんて一言も!!」

梟『おや、君の好意の有無については何も言ってないのだがね』

狼娘「ぐっ......」

梟『まぁ、あの雄は見るからに強い。あれほどの強者の気配は無いよ。君があれに発情するのも無理は無い』

狼娘「は、発情って......もっと他に言い方は」

梟『無いよ』

狼娘「なっ......」

梟『君、あの男に会って何日目だ?』

狼娘「......三日」

梟『人間の雄と交遊したのはいつ以来かな?』

狼娘「あいつが、初めて」

梟『いつから彼を意識し始めた?』

狼娘「何が、言いたい」

梟「それは本当に恋かい?」

狼娘「えっ......」

狼娘「な、何を言っている!この気持ちは、紛れもない恋だよ!」

梟『今まて恋も発情もしたことも無いのになぜ区別がつく?』

狼娘「それは......」

梟『狼娘、私は心配してる。人間の本質は三日じゃ分からない。なのに君はその男を盲目的に良い人だと思い込んでいる。彼はもしかしたら危険なのかもしれない』

狼娘「か、彼は、見た目で差別されてるだけで━━━」

梟『彼が過去に何かしたから恐れられている、とは考えないのかい?』

狼娘「えっ......」

梟『君の話を聞く限り、彼が見た目で恐れられているにしては異常だ。それこそ化け物のような容貌なら分かるが、如何にあのような強者と言えど、そこまではいかない筈だ』

狼娘「っ......」

梟『今は優しい笑顔の仮面を張り付けているかも知れない、だがもしもその裏に凶悪な本性があるなら、それはすぐに現れるだろうね』

梟『生き物というのは、そこまで我慢強く無いのだから』

梟『悪いことは言わない。狼娘、奴から離れろ』

狼娘「しかし、あいつにはボクしかいない!」

梟『だからどうした。時限爆弾と暮らす君を黙って見過ごせと?ただの強者に発情するならまだしも、そんなのと暮らす何て認められない』

狼娘「発情じゃない!ボクはあいつが好きだ!!」

梟『......強情な。なら、満月を迎えてごらん。すぐに君の本能が浮き彫りになる。自分がどういう奴かよく分かるだろう』

狼娘「満月......?」

梟『あぁ、今から26日後だ。君があの人間と会ったのも満月だったね、恐らくこれのせいもあるんだろう。その時にもう一度ここに来たまえ』

狼娘「......分かった」

梟『まぁ、その間彼を爆発させないように注意することだね』

狼娘「男はそんな狂暴な奴じゃない......もう、帰る」

梟『帰るじゃない、行くのさ。君が帰る場所はここ以外に無い』

狼娘「......ふんっ」

狼娘「......」ザッ ザッ

『それは本当に恋かい?』

狼娘「......」ザッ ザッ

『理屈じゃないんだ、本能なんだよ』

狼娘「......この気持ちが、生殖本能であって、たまるか」ザッ ザッ

狼娘「だって、それじゃあ」ザッ ザッ

『いや、いい。慣れてるよ』

狼娘「それじゃあ男は、誰となら心を通わせられるんだ......」ポロポロ

狼娘「......!」ゴシゴシ

狼娘「大丈夫、ボクは大丈夫......だって、男のために今涙が出たんだ」

狼娘「男の事を大切に思いたい気持ちが、確かにあるってことなんだ」

狼娘「男、君は大丈夫......男には、ボクがいる。ボクは君が、好きだから」

狼娘「早く帰ろう、ボクだけが彼と心を通わせてる者なのだから。もし帰ってきてボクがいないと心配する」ザッ ザッ

~お昼頃~

女「それで?友君と男君はどうやって仲良くなったの?」モグモグ

男「まだそんな話するのか?」バクバクムキムキ

友「何だよ、こっからが良いところ何じゃねぇか」モキュモキュ

男「でもなぁ......」

友「へへ、あんときはちょっと惚れそうになるくらい超かっこよかったんだぜ?」

女「どういうこと?」

友「まぁ、何だかんだ私も男もボッチだったからよ。私は恐怖に毎日戦いながらも、男と帰ってたんだよ。」

男「(......本当は、段々恐怖何て慣れたのか克服したのか、日に日に無くなっていたけどな)」

友「そういう日を繰り返して数ヵ月ちょっと経った、ある時な......」

~四年前・秋~

友「ふわぁ~あ......もう夜だし、寝ちまうかな......」ピロリン

友「ん?LINE?」

「緊急。今すぐ例の場所に集合」

友「あー、そういや最近下校すると疲れて寝ちまうから、ここんところあいつらに顔だして無かったな......たまには行くか」

友「そうだ、あいつらにも男のこと紹介してやるか。男がいりゃ私のチーム最強じゃん」

友「えーっと、今すぐこの住所に集合、っと......」



友「おーっす」

不良1「......ようやく来たか」

不良2「ここんところ全っ然来なかったからな。死んだのかと思ったぜ」

不良3「もしくは、な......」

友「んだよ、緊急ったから来たのに野郎しか集まってねぇじゃん」

不良1「まぁな。そりゃ良いんだよ、お前が来たから始められる」

友「......何だよ、怖い顔しやがって」

不良2「お前最近、あの巨怒とつるんでるんだって?」

友「だからどうしたんだよ、別あいつはいつか私がぶっ飛ばしたいから━━━」

不良3「ふざけんじゃねぇよ!」

友「!?」ビクッ

不良3「お前、あの巨怒とくっついて、どういうつもりだ?あ?」

友「な、何だよ。何か悪ぃことあんのかよ」

不良1「お前、あいつともう関わんな」

友「......は?」

不良2「何せあいつは本職でもビビる化け物だ。だがあいつは俺らみたいなタイプじゃないから良かった」

不良3「だがよ、あいつがお前みたいのと仲良しこよしになると話は別だ。あいつが本気出したら俺らなんて一発だ。分かるか?あいつをこっちに興味持たせるような事は絶対すんな」

友「でもよ、あいつらが私らの仲間になりゃ......」

不良2「それであいつが俺らのトップになったら最悪だろうが!!」

友「......」

不良1「そういう訳だ、分かったな」

友「あぁ、分かったよ」

不良2「へっ、なら良いんだよ」

友「お前らが底無しの腑抜けって事はな」ギロッ

不良2「テメェ!今の一体どういう意味だ!」

友「二回も言わねぇと分かんねぇのかバーカ。私はあいつと相手したってこれっぽっちも恐かねぇってのに、やれお前らはもしもだのもしかしたらだの、女々しいんだよ」

不良2「てめぇ......」

友「あーあ、あほくさ。これじゃあここも終わりだな。私帰るわ」クルッ

不良3「おい、今のはチーム抜けるってことか!?」

友「ったりめーだろ。私は私で自由にやらせて貰うからな」スタスタ

不良1「そうか......じゃあ」

不良1「落とし前、着けなきゃな?」ニヤリ

友「なっ━━━」バチンッ

友「(スタン、ガン......)」フラッ......ドサッ

不良1「おい、そいつ車に乗せろ」

不良2「任せろ、ククク......」

不良3「あ、俺足持つわ」

不良2「あっ、ずりぃぞお前」

不良3「どうせ後からいくらでも拝めるだろ?ケケケ」




男「ったく、友の奴......真夜中からこんな場所に呼んで、何なんだよ......」スタスタムキムキ

男「くっそ、時間過ぎてら......いきなり言われてもすぐ来れねぇよ。怒ってるだろうな......ん?」

不良1「よし、後ろの座席に放り込め」

不良2「あいよっ」

男「(今の、友......!?)」

不良1「よし、乗れ。出すぞ」ブーン

男「あ、友!!警察は......クソ、車の番号見失った!」

男「......仕方ねぇ!」ダッ

とりあえず今日はここまで。読んでくれた人ありがとう。

大学の奴はもうちょい調べりゃ良かった、反省。色々教えてくれた人ありがとう。
遅いわりにありがちだったり短かったりしてすまんな。
中々エロも出せなくて申し訳無い、とりあえず仕事の関係上投下する時間が深夜になるかもしれない。
本当にすまんな。 また明日もよろしく

不良2「オラ、どんな気分だおい?」ペチペチ

不良3「これからガシガシ輪姦してやるんだ、頭ぶっ壊れるまでな」

友「っ、ふっ......(身体が、動かない......!)」

不良2「良い眺めだなおい、なぁもう今ここで味見しちまうか?」

不良3「いいねぇ、やっちまうか」

友「......!!」

不良1「おい、俺の車だぞ。あんまり汚すなよ」

不良3「へへ、分かってる分かってる。おい、大人しくしてねぇと怪我する......あぁ、そっか動けないか!」ビリッビリッ

不良2「くはは、下着も全部ナイフで切り裂いちまおうぜ。かー!良い眺めだなおい」ビリッビリッ

友「(やだ、やだよぅ、助けて......)」

友「(男......!!)」

ドドドドド......

不良1「......ん?」

不良2「な、何か聞こえないか?」

不良3「あぁ?何だよ、突然」

ドドドドドドドド......

不良1「何か、音が近づいて来て無いか?」

不良2「バイクのエンジン音、では明らかに無いな」

友「......?」

不良3「......後ろから?」クルッ

不良3「......!?!!?!?」ガクガクブルブル

不良2「おい、どうしたんだよ」

不良3「う、うぅ、うっ、うし、ろ......」

不良2「後ろ?」クルッ

不良1「?」チラッ

男「」ドドドドドドドドドド

不良2「ひいっ!?」

不良1「な、ななな、何だよあれ!?」

不良3「お、おい!もっと飛ばせよ!!」

不良1「時速60kmだったんだぞ!何で追い付いてるんだよ、クソッ!!」ブーン

不良2「お、おい!早くしろ!!こっち来た!」

男「......」ドドドドド

友「......!?(男!?)」

不良3「巨怒だ......こいつ、巨怒だ!!」

不良1「う、運転席に来る......!?クソッ!!」

男「ふんっ!」ガシャーン

不良1「ひいいぃっ!?」

不良2「ま、窓ぶち破りやがった!?」

男「ふんっ!ふんっ!」ドガッガギッゴッ

不良3「車のドアぶっ壊そうとしてやがる!?」

不良1「助けて、誰か助けて!!助けて!!」

男「っらぁ!!」ガシッ ベキベキ ガッシャーン

不良3「ひ、引きちぎりやがった!」

不良2「ば、化け物だ......」

不良1「もうダメだ......おしまいだぁ......」ガクガクブルブル



トラック運転手「」スヤスヤ

トラック「」ブーン



男「おい、車止めろ」ドドドドド

不良1「は、はひっ!ま、まって、足、うごかなっ」ガタガタガタガタ



トラック運転手「」ムニャムニャ

トラック「」ブーン



男「今すぐだ、早く」ドドドドド

不良2「あ、あああ、あぁっ」ガタガタブルブル



トラック運転手「」グーグー

トラック「」ブーン


友「男......」

男「もう大丈夫だ、友」ドドドドド



トラック運転手「」スヤァ

トラック運転手「」ブーン!



不良3「ま、待て!止めるな!そのままアクセル踏め!!」

不良1「な、な、何言ってんだよ、このままだと、こ、こ、ころされ」

不良3「良いから!そのまま!!」

男「......」ギロッ

不良3「ひいっ!?は、早く!早く来てくれ!!」

不良2「来るって、何が━━━」

男「早く止まがぎっ」ゴシャッ

友「男!?」ガバッ

不良1「な、今、何が?」キキィッ

不良3「轢き逃げだよ......運転席側走ってたからトラックに轢かれたんだ......ははっ、ははは、ざまあみろだ」

友「男!男ぉ!!」ジタバタ

不良2「お、おい!大人しくしてろ!!」

友「早く、早く救急車!!」

不良3「死んでるに決まってんだろ!!」

友「えっ......」

不良1「ブレーキ音がしねぇ、ありゃ居眠り運転だな......今ごろバラバラ死体だろうよ、へ、へへっ」

友「そん、な......男......」

友「(私のせいだ、私が、あそこに呼ばなければ、男は)」ポロポロ

不良2「何泣いてんだこいつ、腹立つな......こちとら死にかけたんだぞ?」

不良1「車も滅茶滅茶だ、クソが」

不良3「あいつ呼んだのてめぇだろ、なぁ?あー、段々クソムカついて来た。決めた、こいつオナホにした後サンドバッグにしようぜ」

不良2「あぁ、ただ犯すんじゃ収まらねぇ」

友「うっ、ぐっ、うぅ、ふっ......」ポロポロ

不良1「まあ待てよ、とりあえず仲間に声かけて車を......」ドガンッ

不良2「!?」

不良3「な、何!?」

不良1「えっ」ガシッ

不良1「う、うわあああっ、あああぁぁっ!!」ズルッ

不良2「ひいっ!!?」

不良3「不良1!?」

ドゴッ


不良2「お、おい!今の、何の音だよ!何されたんだよ!!」

不良3「く、暗くて、分かんねぇよ!」

友「......?」

ベキィ、ギリギリギリ......ガギャッ!

不良3「ど、ドアがっ!?」

不良2「ひいっ!こ、これは!?」ガシッ

不良2「ゃめ、たすけっ」ズルズルズルズル

不良2「くそっ、刺し殺してやるっ、しねっ、しねっ」ガキンッ

不良2「えっ━━━」

ドゴッ

シーン......

不良3「......」ガクガクブルブル

不良3「う、うわあああっ!誰か、誰か助けてくれっ!!」ガチャ タッタッタッタッ

不良3「ひいっ!?」ガシッ

不良3「あ、ああっ、あああっ」クルッ

男「......」ゴゴゴゴゴ

不良3「や、やめ、はな、し、ごめ、なさっ」ガクガクブルブル

男「......」スッ

不良3「いやだ、たすけ、やめ、しにたくない、しにたくない!」

不良3「いやだあああああぁぁぁっっっ!」






ドゴッ

男「友、大丈夫か?」

友「......う、うん」

男「......ほら、上着」

友「あ、うん......ありがとう......」

男「......」

友「ねぇ、男ってさ......本当に人間?」

男「......あんまり自信無い」

友「そっか......」

男「立てるか?」

友「腰、抜けちゃって、無理......」

男「参ったな、その格好じゃタクシーも呼べないし」

友「うん、だからおぶって」

男「......大丈夫なのか?」

友「大丈夫。何でか分からないけど、男の事恐いってあんまり思わないんだよ」

男「そ、そうか?じゃ、じゃあ失礼して......」ヒョイ

友「......背中。でかくて、暖かい」

男「......ありがとう」

友「(何だか、むしろ......牽かれるくらい)」

友「......重くないか?」

男「めっちゃ軽い」スタスタムキムキ

友「そっか......なぁ、その......怪我とか、してないのかよ」

男「.........サイドミラーに当たっただけだから、大したことないよ」

友「それでも平気そうな辺り、お前凄いな......」

男「なぁ、お前はその、何かされなかったか?」

友「何かって?」

男「いや、その......」

友「言ってみろよ、ほら♪」ボソッ

男「お、おい、俺はマジで心配してんだよ」

友「あはは、お前がすっ飛んで来てくれたおかげで無事だよ」

男「そっか......」ホッ

友「何かお礼しなきゃな、ククク」グイグイ

男「お、押し付けるなって!」

友「嫌か?」

男「嫌じゃねぇけど、よ」

友「私とヤリたくなってきた?」

男「そんなお礼はいらん!」

友「ヘタレ、童貞かよ」

男「うるせぇ」

友「じゃあ何なら良いんだよ」

男「......じゃあ、今度ゲーセンにでも行こうぜ」

友「は?そんなんで良いのかよ」

男「今日はお前と遊べる日が来たと思って楽しみにしてたんだぜ?だからその埋め合わせしろ」

友「......変な奴。あぁ、良いよ」クスッ

男「お、マジで!?」

友「大袈裟過ぎだろ、当然だろ?」

友「お前はもう、ダチなんだから」

女「へぇ、凄いね!ドラマみたい!!良いなぁ、良いなぁ」

男「えっ、信じるの?」

女「へ?嘘なの?」

男「(真っ直ぐに信じちゃってるよこの子、純粋過ぎだよ)」

友「嘘じゃないぜ、マジのマジ」

女「やっぱり!ところで、男君ってその不良達に何したの?」

男「デコピン」

女「えっ?」

男「デコピン」

女「おぉ、リアル指先一つでダウンさ......!!男君って人間?」

男「マジで未だに自信無い」

女「自信持とうよ!」

男「どうやってだよ!」

友「まあまあ。男が例えギガンテスでも、俺はお前の味方だぜ?」

男「目二つあるだろうが」

女「よしよし、大丈夫だよ男君。私もついてるから」ナデナデ

男「何の慰めだよ......」

女「......?(男君、おでこの肌が一部色が違う......)」

とりあえず今日はここまで。読んでくれた人ありがとう。
昨日遅かったから今日は少し早めに書いた。

書いてて今さら思ったんだけど、キャラクターの過去編とか心情の移り変わりって、もうちょい後にやるもんじゃね。
まぁ今さらいいか。

男「さて、そろそろ次の講義の時間だ」

友「はぁ、かったるいな......」

男「いっつも寝てるだろ?」

友「乙女の寝顔を見てんじゃねーよ」

男「じゃあ隣に来るなよ」

友「隣じゃないとお前のノート見れないだろ!」

女「ふふふ、友君ったら」

友「な、何だよ」

女「本当は白馬の王子様と一緒が良いんだよね?」

友「なっ!?そ、そんなんじゃねぇよ!!」

女「分かる、分かるよ友君。ピンチの時に男の子が助けに来るのは、乙女の憧れのシチュエーションだもんね?」

友「だ、だから違うってのに!」

女「じゃあ何で男君と一緒の学校なのかな~?」ニヤニヤ

友「そ、それは!偶然!!偶然だってば!///」

女「ふーん、偶然同じ専門学校かぁ」

友「そ、そうだよ!」

女「顔、赤いよ?」

友「!?///」

男「おーい、何してんだ?早く来いよ」

友「ほ、ほら行くぞ!///」

女「はーい♪」

男「あー、やっと今日も終わったな......」ゴキッゴキッ ムキッムキッ

友「首鳴らしてると恐いぞ?」

男「お前が恐がらないなら良いんだよ」

友「もうお前何かにビビらねぇよ」

女「私はちょっと恐いなー?」

男「う......わ、悪い」

女「冗談冗談、男君は可愛いなぁ」

男「可愛いって......」ポリポリムキムキ

女「いじめたくなっちゃうな......」クスクス

友「......!」ムッ

女「......これも、冗談だよ?」チラッ ニコッ

友「......はっ!!(今、本当にからかわれてたのは私か!?)」

男「どうかしたか?」

友「な、何でもねぇよ!それより今日は飲みに行こうぜ、女さんの歓迎会ってことで!」

女「えっ、歓迎会!?ありがとう、行く行く!」

女「あ、でも男君は大丈夫なの?」

男「あー、すまん。今日は帰ったら飯作らなきゃいけないからさ」

友「あー、そっか。お前親戚預かってるもんな」

男「あぁ、だから明日とかでも良いか?ちょうど祝日だしな」

友「私は良いぜ」

女「私も大丈夫」

男「おう、じゃあ明日にな。女さん、俺の連絡先交換しよう」

女「うんっ、いいよ?」

友「じゃあ、私ここで降りるから」

男「おう、じゃあな」

女「またね~」フリフリ

男「今日は何だか色々あったな......」ムキィ

女「あはは、そうだね。でも私は楽しかったよ?」

男「ん。まあな......なぁ、何であの朝の時、話しかけれたんだ?」

女「なんで?」

男「いや、だってさ。俺みたいな奴があんなちっこい子に悲鳴まで上げられてたら、さぁ」

女「男君が優しい人だって知ってたから、そういう誤解は殆ど無かったよ?」

男「優しい?」

女「うん、男君言ってたじゃない。俺じゃなくてこいつに謝れー!って。他人のために怒れる人って、素敵だと思うな?」ニコッ

男「な、何か照れ臭いな」ドキッ

女「かっこよかったんだよ~?他のみんなは怯えてたけど、それは違うと思うな」

女「みんな男君の事、恐がらずに知ってくれれば良いのに」

男「(知ってもらう、か......そうすりゃ、恐がられる事も無くなるかな)」

男「(友も、そうだったしな)」

女「じゃあ、私こっちだから。また明日ね、男君」

男「あぁ、また明日」

男「さて、帰ったら飯だな。何が良いかな......暑いから冷やし中華でも作るか」スタスタムキムキ

男「(何か......最近幸せだな、俺)」ガチャ ブルル ムキキッ

男「(お爺ちゃんが死んで、心通わせられる人間は友と、バイト先の監督くらいのものだったのに、いつの間にか狼娘や女さんと出会えて)」ブーン ムキィ

男「(小、中学の時はこんなの考えられなかったな......)」ブーン ムキィ

男「(......)」カッチカッチ ブーン...... ムキッ

男「(......やべ、嫌なこと思い出しかけた。あれはもう関係ない。大事なのは今だ)」ブーン ムキーン キキッ ムキッ

『お前はもう、ダチ何だから』ギュッ

『これからはボクが、いるから......だから、もう寂しくない、よ』ピトッ

『友達、でしょ?』ニコッ

男「(大事に、しなきゃな......)」ガチャ バタン スタスタ ムキムキ


男「ただいまー」ガチャ ムキッ

狼娘「あ、男。おかえり」パタパタ

男「おう、どうだった?」

狼娘「案外楽だったよ、でも......少し、寂しかったかな」

男「うっ......す、すまん」

狼娘「今度、本をくれないかい?時間が空くと暇なんだ。今日男の部屋にあった本、中々面白かったからさ」

男「え?どんな本を?」

狼娘「これさ、歴史の本」

男「俺が中学の時の教科書......」

男「中学......」

狼娘「男?」

男「な、何でも無い。今度たくさん本が借りられる場所に行こうぜ」

狼娘「デートかい?」

男「ま、まあな」ポリポリ ムキムキ

狼娘「ふふっ、嬉しいよ。でも、あんまり長居しなくていいよ。ボクは家にいる方が落ち着く」ピト

男「(それじゃあ、ダメ何だよな......)」

狼娘「......?」クンクン

男「狼娘?」

狼娘「......雌の、匂い。それも、濃いのが二つ」ボソッ

男「えっ?」

狼娘「何でも無い。お風呂沸かしてあるから入ってきたらどうだい?」

男「あ、あぁ。ありがとう」スタスタムキムキ

狼娘「......」

狼娘「ズキズキでも、ソワソワでもない。これが、嫉妬」

狼娘「ムカムカして、イライラして......なるほど、醜い感情だと教わったけど、確かにこれ程自分よがりな事は無い」

狼娘「......恋って、楽しいことばかりじゃないんだね」

狼娘「......」スタスタ





<ザアアアァァ......

狼娘「......」クンクン

狼娘「......雌の匂い、邪魔」ムゥ

狼娘「......」チラッ

狼娘「......流石に、入るのはダメだよね」スタスタ

狼娘「......」モグモグ

男「......」モグモグ ムキムキ

男「(な、なんか気まずい)」

狼娘「男」

男「な、なんだ?」

狼娘「今日は何をしてたんだい?」

男「何ってもな......勉強、かな」

狼娘「......友達と?」

男「あぁ、まあそうだな。あんまりいないけどな」ハハハ ムキキ

狼娘「......仲、良いの?」

男「一人は4年の付き合いだ。もう一人は今日こっちに来たんだ」

狼娘「今日?」

男「あぁ、あのファミレス行った時に真面目に応対してくれた可愛い娘。凄い偶然だろ?」

狼娘「......あぁ、そうだね」

男「その人がまた気さくで━━━」

狼娘「ご馳走さま。お風呂入ってくる」スタスタ

男「......あれ?」

狼娘「......」ムー カチャカチャ

男「(な、何か風呂から上がってもずっと不機嫌だな......)」

男「(ソファに座ってテレビでも見るか)」ピッ ムキ

<ワハハハ

狼娘「......」チラッ カチャカチャジャー

男「......」ボー

狼娘「......」キュッキュッ フキフキ

男「......」ボー

狼娘「......」スタスタチョコン

男「お、皿洗い終わったのか?ありがとうな」

狼娘「......男、テレビを消してくれ」

男「え?あ、あぁ」ピッ

狼娘「......」ムギュッ

男「お、狼娘?」

狼娘「......」ギュー スリスリ

男「あ、あぁ、寂しかったよな。本当にごめんな?でもほら、 毎日って訳じゃないからさ、な?」ナデナデムキムキ

狼娘「半分は、正解」スリスリ

男「半分は?」

狼娘「残りの半分は......男に、私の匂いをつけたい」スリスリ

今日はとりあえずここまで。読んでくれた人ありがとう。

遅くなって本当にすまんな、これからもちょくちょく忙しくなるからちょっとペース落とそうかと思う。
前のペースはやっぱりキツかった。
とりあえずその日書けた文を投下していくことにした。

あと専門学校提案してくれた人ありがとう、めっちゃ楽になった。
早速採用させていただきます。

男「待てって、いきなりどうしたんだ」グッ

狼娘「男は、ボクしかいない訳じゃなかったんだね」

男「え、いや、その......でも、俺はお前の辛い所とか分かるし」

狼娘「そう、でもボクを分かってくれるのは男しかいない。ボクは男しかいないの」

狼娘「君の本質を理解してくれるのは私だけじゃなく、他に二人いる。でも私は......男しかいない。だから......取られないように匂い着ける」ギュッ

男「なっ......(そんな、子供みたいな......)」

『家族がいないのが、君だけと思うな!!』

男「あっ......(俺は、爺ちゃんがいたから前向きになれて、爺ちゃんがいたから大人になれて)」

男「(もし、俺に爺ちゃんがいなかったら)」

━━━━━━━━━━━━━━

「めろっ!やめろっ!」

爺「もうやめろっ!男っ!」

男「だって、こいつら爺ちゃんの畑をっ、土地を!」ギリギリムキムキ

ヤクザ「がっ、あっ、」ピクピク

爺「もうやめるんじゃ!」

ヤクザ「くぞっ......本当に、中坊がよ......」

男「まだ喋れる元気があるのか?ちょっと加減しすぎたか」

ヤクザ「ひっ......」

男「何が土地開発だ、こんな奴ら寄越してまでして、俺達の居場所を奪って金儲けだ?ふざけんなよてめぇら!!」バキッムキッ

ヤクザ「ぐげぇっ!?」ドサッ

爺「......!!」

男「もう俺達に近づくなよ」ザッザッザッ

爺「男よ」

男「ん?」

爺「歯を食いしばれぃ!!」バキッ

男「うぉっ、何すんだよ爺ちゃん!」0damage!

爺「男よ、良く聞け。人は完璧にはなれぬ。自らの為に、誰かの為に、もしくは愚か者を成敗するために力を行使してしまう。わしはそれは仕方無いと思っておる」10damage!

爺「じゃが、正しく力を使っても鬼になってはダメじゃ。力の大きさを見誤れば、それは畏れにしかならぬ。それはどんなに強いお前でも押し潰してしまう、周りも不幸になってしまう」ヒリヒリ

男「爺ちゃん......」

爺「お前もいつかワシから離れなくてはならぬ。その時、お前は力が枷となり、周りがお前を離してしまわぬかワシは心配なのじゃ」ヒリヒリ

男「爺ちゃん......!俺、俺!!」ダキッムキッ

爺「強くなるのじゃぞ、孫よ。その体格に負けぬ程にな」ポンポン

男「分かった、分かったよ爺ちゃん......!」ミシミシミシミシ

爺ちゃん「お、男!?お前本当に分かっておるのか!?折れる、折れる!!」30damage!

男「(爺ちゃんがいなかったら......今頃俺は子供みたいに感情的に、力を振り回して......まるで鬼になってたんだろうな)」

男「すまなかった、狼娘。ちょっと照れてただけなんだ。拒絶してる訳じゃないからさ、そのくらいなら全然━━━」

狼娘「......」

男「狼娘?」

狼娘「男......良い匂い......」スリスリ

男「は?」

狼娘「男っ」グッ

男「な、なんだよ。いきなり突き飛ばして」

狼娘「むー......横になる!」グググ

男「え、えぇ?」

狼娘「いいから!」

男「あ、あぁ......こう?」

狼娘「んっ......よいしょ」ムギュ

男「(やわらかっ、やっぱり慣れねぇこれ)」

狼娘「良いかい、男。ボクは今日とっても不安だったんだ。家は静かだし、君の匂いは微かだし、友人に会えばボクが君といることに反対した」

男「え?友人?え?」

狼娘「でもボクを分かってくれるのは男だけだし、男の悲しみを真に理解してあげられるのはボクしかいないと思ってた。なのにどうだい、帰って見れば君の他に雌の匂いが二つも着いてる」

男「な、なんか目が据わって無いかお前」

狼娘「はぁ......君のせいだよ。ボクをこんなにしたのは」クンクン

男「やめ、くすぐったい」

狼娘「......服が男の匂い、隔ててる」

男「え?」

狼娘「脱がすよ」

男「はぁ!?」

覚えてる奴らいるかわからんけど、エタってすまんかった。
仕事優先してたら何かだれちゃったんや。やっぱり1日これくらいは書く、みたいな目標建てないとオラダメだ

本当にマジすまんかった

男「狼娘、落ち着け!?何か目に光が宿ってないぞ!?」ムキッ

狼娘「うっ、す、すまない。少し冷静さを欠いていたようだ」

男「いや、本当今日はお前の気持ちを考えると悪かったけどさ。ちょっとは俺も男性として意識してくんないと困るってか」 

狼娘「男性として、意識......」

『俺のところに、来ないか?』

狼娘「......」ムズムズ

『俺が守る、俺のお爺ちゃんがしてきたように。今度は俺の番だ』

狼娘「......」ムラッ
 
『狼娘』

『狼娘?』

『狼娘ー』

狼娘「///」キュンキュンムズムズウズウズ

男「お、狼娘?」ムキッ?

狼娘「えっ、な、何だい?///」ドキッ

男「な、何か具合でも悪いのか?いきなりボーッとしてるっつーか、違う世界に行ってたっつーか」

狼娘「!!(い、いけない。これ、鼓動と少し違う。お腹の奥が熱くなって、下の方触りたくなって......こっちはきっと、発情だ)」

狼娘「(服を脱がせたくなったのも、男の匂いを嗅ぎたくなったのも、発情だ。ボクは人間の心を持って、彼に恋してるんだ。こんな下品で衝動的な本能に、負けちゃダメだ)」

男「おーい、狼娘ー?」ムキ-?

狼娘「な、何でもない。何でもないよ。ごめん、困らせてしまったね。やっぱり今日はすぐ寝よう」スッ

男「......」



男「ほらよ」ギュッムキッ

狼娘「ひゃっ!?」ギュッ

男「まあ、その、なんだ......聞けるかどうかはわかんねぇけどさ。わがままとか、甘えたいのとか、遠慮無く言って良いから」ポリポリムキムキ

狼娘「......うん」ギュッ

男「......」ナデナデムキムキ

狼娘「でもごめん!もういっぱいいっぱいなんだ!」ダッ タッタッタッ...

男「お、狼娘!?」

男「浴室に行っちまった......また風呂入るのか?」

━━━━━━━━━━━━━━━

狼娘「ん、ふっ、はっ、あっ、あっ、あっ!!」クチュクチュクチュクチュ

狼娘「っ~~~~~!!!」ビクンビクンビクン

狼娘「はぁ、はぁ、はぁ......」ピクッピクッ

狼娘「大丈夫、大丈夫......そのうちきっと、慣れる......大丈夫......」

狼娘「今は、あっ!こんな、だけど、んんっ!いつか、克服、して!」クチュクチュ、クリッ

狼娘「ん、あっ、ふあっ、きちゃう、イク!いっちゃう!!」クチュクチュクリクリ

狼娘「男、男!!ん、ひあっ、はっ、ふわっ、あっ、あっ、あっ!!」ビクンビクン

狼娘「はっ......あっ......」ピクッピクッ

狼娘「身体、流そう......」

狼娘「......」サッパリ

男「あ、上がってきた。もう遅いから寝るぞ、髪乾かしてやるから来な」

狼娘「乾かせるのかい?」トテトテ

男「ドライヤーつってな、暖かい風が来るんだよ」ブオオオォォ

狼娘「不思議な感じだね......暖かい風何て初めてだ」

男「そういや自然界には暖かい風何て無いもんな......嫌じゃないか?」

狼娘「んーん......気持ちいいくらいさ」

男「なら良かった、ほら髪もとかしてやるよ。慣れて無いから痛くても我慢しろよ」

狼娘「フフッ、男は女性経験が乏しいらしいね。髪を整えたのもボクが初めてかい?」

男「う、うっせぇな。そもそも女と暮らしたこともましてや付き合ったことも無いっての」

狼娘「......良く一緒に暮らそう何て言えたね。やましい事を思ったんじゃないだろうね」

男「ね、ねーよ。バカな事言うな」ドキッムキッ

狼娘「......無いんだ」ボソッ

男「え?なんつった?ドライヤーの音で聞こえなかった」ブオオオォォ

狼娘「何でもない、何でもないよ」アセアセ

時間無いからとりあえず今日はここまで。前より更新遅くなるけどすまんやで。
また明後日な、おやすみ

男「よし、じゃあ今日は寝るか」

狼娘「う、うん」ドキッ

狼娘「(きょ、今日も一緒に......)」

男「もう布団敷いといたからな、お前のはそっち」

狼娘「......」

狼娘「えいっ」ズイッ

男「ちょいちょーい、なーんで離してたのにわざわざくっつける?」

狼娘「もしかして......男はボクと寝るのは嫌なのかい?」シュン

男「い、いやじゃないけどよ」

狼娘「ならいいね、おやすみ」ゴロン

男「ど、ど真ん中で寝やがった......」

男「はぁ、仕方ねぇな。おやすみ......」モゾモゾムキムキ

狼娘「......♪」

男「(あ、明日あいつらと飲みに行くの言うの忘れてた......)」

狼娘「ん、ふわぁ......」ノビー 

男「zzz」スヤスヤムキムキ

狼娘「......昨日は本当に寂しかったんだからな」ツンツン

男「zzz」スヤァムキィ

狼娘「......」ドキドキ

狼娘「ん......」ギュ

男「んー......」

狼娘「!!」ビクッ

男「......」スヤムキィ

狼娘「ほっ......」

狼娘「ふふ......ボクの匂いを着けてやる」ギュ-スリスリ

狼娘「......///」スリスリ

狼娘「......」スリ スリ

狼娘「......zzz」スヤァ


男「ふわぁ......よく寝た」ノビームキムキムキムキ

男「ん?」チラッムキッ

狼娘「zzz」スヤスヤ

男「(年の近い妹が出来た気分だな)」ナデナデムキムキ

男「(とかちょっと昔のラノベキャラなら言うんだろうなぁ、無理無理。何でこの子こんな無防備なの?ヤバい、良い匂いするし柔らかいし暖かいし寝顔可愛いしおっぱいおっきいし)」

男「起きよう......朝から煩悩にかまけるのは人としてダメだ」ムクリ





男「あー、昨日寂しい思いさせた手前、飲みに行って遅くなる何て言いにくいよな......どうすっかな......」トントントン

男「連れていく訳にも行かないし、予定変えてもらうか?でもバイトの都合上今日以外はちょっと飲むには曜日がなぁ......」ジュージュー

男「......狼娘、まだ寝てるよな」

男「......」サラサラカキカキ

男「うし、俺の朝飯昼飯はコンビニで済まそう。すまん狼娘、いってきます」ガチャバタン

とりあえず今日はここまで、読んでくれた人ありがとう。
というか四日前、あんなにたくさんの反応来てて正直かなりビビった。待っていてくれた人マジでゴメン、とりあえず2日ごとに書けたら出すで行くよ。

どうしても無理そうな時は事前に書き込むよ、本当みんなありがとう

よく見たら祝日設定やんけ、夜以外は狼娘と一緒にいれるやんけ

ちょ、>>269の最後の台詞無かったことにして。
うーわ、久しぶりに書いたせいでやっちまった。うーわ

最後の台詞ってか下から三行くらいまでだな。
あーテンパってる。あー、死にたい

あーもう良いや、あれだ、祝日なのに電車乗るまで気づかないとかよくあるだろ。よくあるよくある。うん、それでいこう。

男「はぁ......気が重いな。逃げるように置き手紙で済ませちまったけど」ガタンガタン

「今日は遅くなる。朝飯と昼飯は冷蔵庫にある、夜は出前頼んでおくから」

男「時間無かったとはいえ、素っ気なさ過ぎるよなぁ......」

男「にしても今日はあんまり電車が混まないな、どうしたんだ?」スマホポチー

スマホ「今日は祝日だぜ」

男「......」

男「急いで戻ろう!今なら間に合う!!」ムキィ

乗客「!?」ビクッ

男「あ、すみません......」





狼娘「ふわぁ......二度寝しちゃった」

狼娘「男?いないのかい?」キョロキョロ

狼娘「そうか、もう行っちゃったのか......」

狼娘「ご飯食べる前にお風呂入ろうかな♪」

狼娘「ふー、気持ち良かった......」フキフキ

狼娘「ついでに掃除もしたからか、お腹空いたな。でも、その前にお風呂上がりのじゅうすを......」フキフキ スタスタ ガチャ

男「ただいまぁ!!」ガチャムキィ

狼娘「!?」ビクッ

男「急げ急げ急げ!」ドタドタムキムキ

狼娘「お、男!?待って、今は━━━」

男「」ガチャムキ

狼娘「」タオルスガタ

男「あ、あー。これ見た?」

狼娘「い、いや、読んでない......お風呂上がったから、飲み物取ろうとしただけだから......」

男「そ、そっか」

狼娘「み、見た?」

男「た、タオルで隠れてるから、見えてないよ」

狼娘「......」

男「......」

狼娘「いつまで見てるんだ、スケベ!」ゲシッ

男「わ、悪かった悪かった!」

狼娘「......」モグモグ

男「......」モグモグムキムキ

狼娘「......男」

男「は、はい?」ビクッムキッ

狼娘「がっこーは?」

男「きょ、今日は休みなのをすっかり忘れててさ。あは、あははは」

狼娘「それは良かったね」モグモグ

男「(き、気まずい......どうにか機嫌を直して貰わないとな)」モグモグ

男「そ、そうだ狼娘。お昼食べたら図書館行かないか?昨日言ってた本がたくさん借りられるし、たくさん読めるぞ?」

狼娘「......」ピクッ

男「(お、食いついたか?)」

男「帰りは買い物もしてさ、お菓子も買ってやるからさ。だから行こうぜ?」

狼娘「......それは、デート?」

男「え、いや、まぁ......そう、なるな」

狼娘「じゃあ、行く」

男「お、おう」

狼娘「♪」

男「(何とかごまかせたか)」


とりあえず今日はここまで、読んでくれた人ありがとう。

展開遅かったりgdgdなったりしてすまんな、てかマジで物語が進むのが遅すぎる。ちょっとペース上げないと終わらんなこれ、二人がくっつくまでいつまで掛かるんだ、早く×××シーン書きたいしマジでペース上げるから許して

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom